「川柳少女(TVアニメ動画)」

総合得点
67.7
感想・評価
162
棚に入れた
621
ランキング
1340
★★★★☆ 3.4 (162)
物語
3.3
作画
3.4
声優
3.6
音楽
3.4
キャラ
3.5
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

るるかん

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

春アニメ 気楽に川柳 楽しもう

最終話まで
15分作品としては楽しめました。いい話が多かったですね。
10話
いい仲間と仲の良い二人の笑顔で、こっちも笑顔になります。いい話でした。
9話
毒島くんも七々子のこと好きなんだよね・・・(今さらw)もうちょっとビシッと気持ちを明らかにしてあげたらいいのに・・・。どちらかというと七々子の方が積極的だしね~。そういう時代なのかな・・・w
8話
個人的には、{netabare}七々子の水着は一番最初に試着したワンピが一番可愛いかったと思う。結局、白のビキニで友達とプールに行ったらエイジ君に遭遇して・・・恥ずかしい気持ちと見て欲しい気持ちが入り混じって、川柳も字余りになってたりして、{/netabare}気持ちが複雑に揺れ動いてて、まぁ~微笑ましいお話でした。お友達のアマネ、タオ、キノもそれぞれ個性的で面白さを持っているので、楽しめる作品ですね~。
7話
微笑ましいお話。部長はいい奴ってことですね!
6話
{netabare} 反抗期か・・・親の気持ちになったことがないので、それがどれほどのショックなのか想像はつかないなぁ。{/netabare}俺だったら、こんな風にはならないと思うが・・・。
5話
占い師登場。{netabare}七々子とエイジの占いの結果は最悪だったが、エイジが強く否定して七々子は満足。しかしエイジの名前の字が間違っていて本当は相性抜群だったというオチ。{/netabare}この二人の幸せの一ページって感じのお話w
4話{netabare}
また話せないキャラが登場w 今度は絵の上手なキノ画伯。自分の言葉はコメント付きのイラストでコミュニケーションをとるみたい。七々子とはいい関係になりそうです。エイジ君のことを意識すると照れる七々子ですが、独占欲は強そうですね。いつもエイジ君の隣にいるしね!キノ画伯はレギュラーメンバーになるのかな?話せない「〇〇少女」がいっぱい出てこないことを祈るww{/netabare}
3話 {netabare}
エイジ君は七々子ちゃんには優しいね~。アマネ部長の粋な性癖のおかげでデートをすることになった二人はお似合いな感じで微笑ましいです♪七々子ちゃんもエイジ君には積極的で可愛いです。しかし、川柳少女っていうから、川柳が好きな女の子の話かと思ったら、川柳でしかコミュニケーションがとれない女の子のお話で、{/netabare}それがいい方向に出ていると思います。

2話 {netabare}
エイジのお姉さん?登場。琴姉さんのアメリカ陸軍格闘術部の方も気になりますけどね。しかし、家族とも短冊で会話とか・・・怒る時も短冊なんかい(笑)。七々子とエイジってほとんど彼氏と彼女じゃないかなぁ。{/netabare}チープな感じだけど、まぁ~これはこれで楽しいです。
 
1話{netabare}
川柳を短冊に書いて会話をするんですね(笑)。七々子ちゃんは口下手なだけで全く喋れないわけではなさそうですね。いつかしっかり自分の口で話す日がくるのかな?ほんわかするようなショートアニメでざーさんの声にも癒されるので継続視聴しようと思います。しかし、考えがまとまらなくて話せないのに川柳にすると大丈夫っていう矛盾を覆す設定には、なってなさそうなので気楽に楽しみたいと思います。{/netabare}

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 69
サンキュー:

10

テナ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

575

原作からです。
1巻の発売あたりから読んでいましたがアニメ化との事で期待していました。
原作は4コマ漫画方式で話しは短くアニメも役10分〜15分とのことですがしっかりした話し作りが出来ていてこのくらいが丁度いいかな?と思います^ ^
川柳をあまりしない人も楽しめるし是非一度見てみてください。

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 3
サンキュー:

2

はちくじまよいちゃん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ほのぼの

ほんわかしていてよかったです。

投稿 : 2019/07/14
閲覧 : 9
サンキュー:

3

scandalsho

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

第2期が あるなら見るに 決まってる!

原作未読。最終話まで視聴。

皆思う 『羨ましいぞ! エイジくん』
本作は この一言に 尽きますね!

口下手で 川柳で会話 七々子ちゃん
七々子ちゃん ちょっと天然 系美少女

15分 あっという間の ラブコメディ
第2期が あるなら30分で 見てみたい!



このくらいで勘弁して下さいm(__)m

投稿 : 2019/07/12
閲覧 : 42
サンキュー:

20

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想を 川柳使い まとめたいw

[文量→中盛り・内容→各話感想系]

【総括】
設定が 少し変わった ラブコメだ。

川柳で 気持ち表す リズム良し。

ヒロインが アワアワしてて 可愛いし。

暇なくも ショートアニメで 観やすいよ♪

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
五七調、使って書こう、本レビュー。これ以下は、長歌形式、使いますw

1話目「しゃべらない ことで引き立つ 魅力かな」
{netabare}
散々に、やりつくされた、ラブコメも、ガチでしゃべらぬ、ヒロインは、レアな存在、ちゃんと可愛し。
{/netabare}


2話目「短冊に その使い方 あるんかいw」
{netabare}
短冊を、フルに使いし、その姿勢、作者のセンス、こだわりに、好印象だ。新キャラの、琴姉いつか、ライバルに、なってくるのか、わからぬが、七々子には、勝てぬ戦い、無理せずいこう。 {/netabare}

3話目「遊園地 異世界だから 言えること」
{netabare}
先輩が、いい性格を、してやがるw 序盤はギャグが、満載で、靴ナメるとこ、笑ったわw。遊園地、普段は言えぬ、ことだって、言ってしまえる、七々子さん。あざといが、確かに萌えた、靴紐に、気づかぬエイジ、総ツッコミだw
{/netabare}

4話「新しき コミュ障少女 ノリは良し」
{netabare}
川柳の、次は絵画で、表現を、している少女、登場し、ツッコミが、冴える部長の、キャラが立つ。既存のキャラの、関係を、崩さずプラス、アルファーを、付与す新キャラ、素晴らしい。七々子とエイジ、変わらない、イチャイチャを、温かく見る、キノの立ち位置。
{/netabare}

5話「Tシャツに 萌える童貞 愛らしいw」
{netabare}
どんどんと、七々子がデレる、ラブコメの、基本おさえた、展開が、面白いけど、マンネリに。サブキャラ使い、変化出す、けれど結局、ゲストキャラ。ユキ姉の、三角要素、必要かもね。
{/netabare}

6話「反抗期 ナナコは無縁 メチャ良い子」
{netabare}
父親の、暴走ネタを、取り入れて、マンネリ防ぐ、家族愛。されど記憶に、残るのは、ナナーコという、謎呼び名、後は七々子の、可愛さだけだw
{/netabare}

7話「雨の日も 小屋壊れても 素敵な日♪」
{netabare}
雨で髪、気にする七々子、ちゃんと女子。えいちゃんの、ウサギ伏線、活かしてる、サブキャラもいて、賑やかな、回ではあるが、ふと思う。まともな人は、いないのかw 相合傘は、男のロマン(笑)
{/netabare}


8話「水着とは 何着るかより 誰着るか(笑)」
{netabare}
水着着る、前に選んだ、その過程、しっかり魅せて、萌えを生む。ビキニでも、カメオつけても、変わらない、結局誰が、着るかだから。
{/netabare}

9話「何人(なんぴと)も 恋するナナコ 止められぬ」
{netabare}
サブキャラの、日常見せる、それだけで、楽しく観れる、優秀な、アニメの証。ラーメンの、クダリはかなり、笑ったわw 麦わら帽子、似合ってる、恋するナナコ、無敵の可愛さ。
{/netabare}

10話目「何を見る よりも大切 誰と見る」
{netabare}
胆試し、演出わりと、ちゃんとして、ガチで怖がる、視聴者もw ホタル見た、感想上五、えいちゃんと。ナナコにとって、ホタルより、えいちゃんと見る、ことが大切。
{/netabare}

11話目「花火より 指輪が光る 河川敷」
{netabare}
お祭りで、テンション上がる、ナナコさん、可愛さ倍増、レア顔も。想い人、前で平気に、イカ焼きを、食べるナナコは、素敵だな。花火より、光るナナコを、見つけたエイジ。
{/netabare}

12話「川柳が 繋ぐ二人の 恋模様」
{netabare}
最終話、0話に戻る、構成に、消化不良を、感じるが、もし二期あれば、繋がるな。馴れ初めも、可愛い二人、応援を、したくなったな、これからも。まあ結局は、ナナコ可愛い、だけなんすけどw
{/netabare}

……もう2度と、こんなメンドイ、書き方は、しないと誓う、午前2時w このアニメ、結局ナナコ、可愛いくて、許されている、だけなんすよね(笑)
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆3
なるほど、少し変わったラブコメながら、アニメだと心の声も入るから、違和感なし。毒島君にも魅力あり。七々子も、大人しくて可愛いな。「なな、ご、ね(笑)

「しゃべらない ことで引き立つ 魅力かな」

2話目 ☆4
17音、崩れてない? 腹さわらせるとこ、可愛かったですね♪

「短冊に その使い方 あるんかいw」

3話目 ☆4
遊園地回、先輩、良い性格してやがる(笑) 靴をナメるマスコット(笑) 七々子、わりと積極的だな。

「遊園地 異世界だから 言えること」

4話目 ☆4
折った(笑) 別タイプのコミュ障害。実際の音声(笑) メタネタもあるんですね(笑) 意外としゃべる(笑) 優れた適応力、、、ノリツッコミ(笑) てか、川柳作れよ(笑) 「毎日君を見てるから(萌)w」

「新しき コミュ障少女 ノリは良し」

5話目 ☆4
しゃばいこと、って久々に聞いたな(笑) イチャイチャすんなや(笑) 言い直して攻撃力アップ(笑) 下ネタか(笑) 五位野雷(笑)

「Tシャツに 萌える童貞 愛らしいw」

6話目 ☆3
アグー、豚じゃん(笑) 反抗期娘を持つ父親は大変だな(笑) ナナコの、メンチ顔w 父親は、最弱だしな、家族内で(笑) ナナーコ(笑) ウサギって、食糞するんかい? 本当にエイちゃんうんち食べてるの?(笑)

「反抗期 七々子は無縁 メチャ良い子」

7話目 ☆3
ナナコ、意外とというか、結構ちゃんと女子だよな。この学校、まともな人間いないんかい(笑)

「雨の日も 小屋壊れても 素敵な日」

8話目 ☆3
水着ってほとんど下着、ですよね(笑) ホント、わりとよく喋る(笑) 赤子以来(笑) 短冊の可能性(笑)

水着とは 何着るかより 誰着るか

9話目 ☆4
恋するナナコ、可愛いな~。エイちゃんも、可愛いし。ナナコにいじめられてた設定は、良いと思う。エイちゃんに惚れる理由にも説得力が生まれる。サブキャラの日常を魅せるのも良かったね。

「何人(なんぴと)も 恋するナナコ 止められぬ」

10話目 ☆3
ホタル、普通に周りにいたな(笑) ナナコ、蛍キャラ、似合っているな。タロット手裏剣。これは怖いよな(笑) ででででも(笑) 気合い?(笑) エイちゃんと、から始めようとするあたり、本当にベタ惚れな(笑)

「何を見る よりも大切 誰と見る」

11話目 ☆4
ナナコが満面の笑みなのが良いね♪ ナナコ、叫ぶとか、テンション高いな♪ イカ焼きを食べるのがまた、ナナコの可愛らしさ♪ 指輪の伏線も効いてたし。

「花火より 指輪が光る 河川敷」

12話目 ☆4
中学生かよ! と思ったら、中学生だったな(笑) 9話のイジメ伏線も効いてたし、多少浅かろうと、エイジに惹かれる過程を描いてるのは良いね。

「川柳が 繋ぐ二人の 恋模様」
{/netabare}

投稿 : 2019/07/12
閲覧 : 32
サンキュー:

22

ninin

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

何でも川柳

原作未読 全12話 1話15分枠の作品

言葉より、短冊に書いた川柳で伝える主人公の雪白 七々子(ゆきしろ ななこ)、見た目は強面ですが優しい毒島 エイジ(ぶすじま エイジ)が所属している高校の文芸部の部長さんや、エイジの幼馴染、2人の家族、友人等の交流を描いたラブコメ作品です。

七々子の会話はすべて短冊なので心の声で観ている方は会話している感じがしますが、実際は無音だと思うので想像するとなんと言えませんw

後輩の矢工部 キノちゃん(話すのが苦手でスケッチブックでイラストともに伝える)と七々子との会話は無音同士で面白かったですね。

ほのぼのとした作品なので箸休めにどうぞ〜

OPは井上苑子さん、EDは逢田梨香子さんが歌っています。

最後に、川柳なのかな?と思うような怪しい川柳が結構ありましたねw

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 34
サンキュー:

17

レイン

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最終回良かった。

原作未読。

何でも川柳にして話しちゃう女の子と見た目はヤンキーなのに川柳が好きな男の子の物語。
他にも濃いキャラが出て来て楽しいです。

作画は結構良かったです。
最後まで安定していたので安心して見られました。

声優なんですが、私は花澤香菜が好きなんですが今回はキャラに合っていないというか、
この演技はどうなんだろう?浮いていた気がする。
他の声優は違和感なくて良かったです。

最終回は二人が出会った話で、ほっこりとしていい話でした。
続編があったら見たい作品ですね。
その時は30分枠でやって欲しい。

いい作品をありがとうございました。

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 13
サンキュー:

5

ネタバレ

ぐver0

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ほのぼの日常系

花澤香菜さん可愛い。

エイジ君の川柳がめっちゃ自由で和む。

次回予告を2人で言うのがなんか良かった。

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 13
サンキュー:

3

プラたん

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

香菜ちゃんが 好きならゼッタイ 見てください!

言わずと知れた花澤香菜ファンである私が推薦する。この香菜ちゃんボイスは、ノスタルジーを感じて、非常に癒される。久しぶりに「物静かなかわいい系」のボイスを聴けて、それだけで非常にうれしいし大満足。

・・・アニメの内容については、特に。

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 44
サンキュー:

6

shitasama

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

天使だ…

キタコレ!七々子様可愛すぎるわ
出来れば30分でやって欲しかった〜

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 33
サンキュー:

3

ネタバレ

MuraBustan

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

お幸せに

多彩な変わり者キャラを揃えて面白い。

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 32
サンキュー:

4

buon

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

えいちゃん、かわええ

無口系コミュニケーティブ黒髪ロング美少女のナナコと
見た目ヤンキー優しい男子えいちゃん
がイチャつく話。

ヒロインはえいちゃん。
なんかかわええ。

えいちゃんは見かけヤンキーだが、文芸部に所属している。
川柳が好きなんだって。

笑顔も下手、
社交辞令も下手、
学ランが正装・普段着、
あと優しい。

あとナナコもかわええ。

変なキャラがたくさん。

15分で見易い。

やっぱえいちゃんがかわええ、って作品。

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 39
サンキュー:

7

ISSA

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

「なんだこれ・かんそうなぜか・ごうひちご」

1話視聴

川柳少女のレビューも五・七・五にしろ…強迫観念が凄いw

「ヒロインは・ざー さんあんてい・みやすそう」
「きんぱっの・かれしはなぜか・しすこんか」?
「ななこちゃん・かいわはいつも・ひっだんか」
「あとアニメ・なぜかしもねた・みだらあお」

尺は15分と短いけど、だれないしテンポもいい感じ。


視聴完了
テンポの良さで見やすかったです。
ただ題材が入口が入りやすいけど、奥の深い川柳ってのハードル高かったかも。

読まれてる川柳がパロディ中心で「あっ …なるほど、奥深い…」みたいな詩が読まれなかった。

あと最終回みたいな、ちょっとイイ話が多かったらキャラの掘り下げもあって良かったかも。

「せんりゅうの・おくのふかさが・ほしかった」
お粗末。

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 71
サンキュー:

21

ネタバレ

オカモン

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

七々子がエイジに出会えたこと喜びとそれを見守るアニメ

まず川柳といいつつも特に季語があるわけではなく、文学的でもなく、ただただ自己表現をするには575でしか表現できない女の子が主人公のお話。

物語の後半では、やはり主人公の表現がゆえに嫌な思い出もありましたが、エイジとの出会いで救われています。

こちらも原作が気になりアニメを見たあとに原作漫画を全て買って読みました。
読んでて癒やされるほんわか系ラブコメです。

キャラが全体的にみんな個性的でとてもよいです!
部長は終始ギャグポジションですが、なんだかんだいつも全力な部長にもぜひ春が来てほしいです(原作ではその予感も?!

同時期アニメでの「女子かう生」は完全にセリフなし系アニメでした。
川柳少女も実際は川柳で表現しているのでセリフありなしは議論になるかもですが、個人的には川柳をセリフ化することで可愛らしさが表現されていたので自分はありだと思いました。
逆に「女子かう生」はセリフなしアニメだったのですが、少し違和感がありました。もう少し喋ってくれてもよかったかな…それもあって川柳少女はセリフありで良かったと思ってます。

エイジのちょっと古い感じが逆に新鮮で可愛かったです。

2期あるといいなあ!

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 32
サンキュー:

5

える908

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

川柳で レビューしたくて してみます(`_´)

週末の 川柳少女 観てみたよ(@_@)
初回では 作画は割と いい感じ(^o^)
脚本は どうなんでしょう 微妙かな(-.-;

五七五の レベルの低さ 気に掛かる(>.<)
文芸部 名乗るのならば 和歌でしょう?
ちはやふる 気にして和歌を 避けたかな?

短冊と 筆はしっかり 持つけれど…
五七五を 歌い上げてよ 七々子ちゃん!
これもまた 花澤さんの 無駄使い?

然りとて 川柳少女 可愛くて(///▽///)♪
金曜の 夜はとうぶん 楽しそう(*^_^*)
フルバスも ぼっちもこれも いい出だし(^~^)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
漫然と 視聴終了 にべもなし(-.-)
ギミックの 川柳だけが みせどころ?
展開が 何もないのが 退屈で・・・
最後まで みてはいたけど 惰性かな(><)


川柳も 文藝なのに ぞんざいな!
原作が よくなかったのかも知れず(・_・)
短冊に なんのひねりも ないままに・・・
五・七・五が なかったならば 何もなし(๑`^´๑)


アニメには 不向きな素材 だったかも(ーー;)
青ちゃんの 引き立て役に なっちゃって(´△`)
ざーさんの ちからをしても 楽しめず( ・ὢ・ )
やっぱりね 川柳縛り 駄目ですよ!!!




■■■ここからは勝手に俳句詠みました■■■

つゆしらず庭木をすべる梅雨の露

傘の柄が隔つきみとの梅雨そぞろ

梅雨の降りみてTo Youと独りごち

梅雨のみず乳呑み児のごつつち吸いし

投稿 : 2019/06/26
閲覧 : 83
サンキュー:

27

Wraith

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

雪白七々子は短冊を読んではいけない

この作品はアニメ化出来ないと思っていた。
言いたいことは川柳で。コミュ障の雪白七々子。川柳を自分で読み上げてしまったら、しゃべってるのと変わらない。七々子の思考と息づかいだけCV使って、短冊とオノマトペはCV無しが良かった。

投稿 : 2019/06/26
閲覧 : 37
サンキュー:

6

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ざーさん喋んなくても良かったのでは?

原作未読


タイトルに惹かれたのがきっかけ。“文学的”ななにかを期待しての視聴開始です。
蓋をあけてみれば、コミュニケーション手段が川柳のみという内向的な少女を主役にしたラブコメ寄りのショートストーリーでした。1話15分で全12話。
雪白七々子(CV花澤香菜)が自分の想いを五七五で短冊に書きとめて、周囲が各々アクション/リアクションしていく進行が基本的な流れです。


で、これ、、、ツッコんだらだめなんでしょうけど、すごい不自然です。
{netabare}何より不自然なのは、ヒロインがなんでこの方式!?を採るまたは採らざるを得なかったかの説明が最後までなかったこと。特異なコミュニケーションスタイルの理由背景は欲しかったかな。{/netabare}

短冊どこにストックしてんの?
いつ書いてるの?

なーんてのは微塵も気にしてません。会話が一往復、あっても二往復止まりです。それは筆談しかも五七五縛りと制約があることが影響しているのでしょう。会話の内容もテンポも悪くなってしまいました。
また、七々子が句を詠みあげる音声が視聴者には聞こえても、登場キャラには文字情報だけでリアクションする設定ですから、キャラと私たちとで受け取る感覚に差が生じます。


そして川柳…

捻りもなければ奥行きも感じられない凡句のオンパレード。俳句や川柳は短い語の組み合わせだからこそ言外に意味を含ませるようにするものです。堅苦しいものではありません。サラリーマン川柳の入賞作など身近なやつを検索してみればわかります。
または技法。韻を踏むことも言葉遊びもありません。あくまで口頭会話の代替手段で音だけを五七五に収めただけ。それ以上の意味を成さないため五七五が単なる足枷にしかなってないのがもったいない。設定の独自性をもっと活かして欲しかったところでした。

{netabare}例えば、
 ・回の終わりの“今日の一句”のようなパートで渾身のやつをあてがうとか。
 ・返歌のイメージで以前詠んだ句を想像させるような句をもってくるとか。{/netabare}

それなりに川柳だということを意識させる仕掛けをやろうと思えばできたはずなのに。
音や動きの入るアニメだと原作漫画では目立たなかったであろう“粗”が出てきちゃったんでしょう。漫画止まりでアニメ化しないでも良かったのではないかと思います。



そして悲しい哉、設定を活かせないぶん他で活路を見出さざるを得ず、皮肉にもそこが本作の良いポイントでありました。
以下の点だけでもニーズはあると思いますので、ご興味のある方はどうぞ。それは、

 雪白七々子の表情

句を披露する時。相手の反応に応えるかたちで。はにかんだり、恥じらったりと。このへんのざーさんの演技はさすがです。画も表情は頑張ってた気がします。
恥ずかしがり屋さんがもじもじするところを愛でるにはとても良い、とあまりその気のない私でもそう思うクオリティでした。

{netabare}結局キャラでもたせるしかなくて、絵でのみ会話する子を登場させたり、水着回(第8話)設けて隠れ巨乳設定入れてみたり、と後半は顕著になっておりました。{/netabare}

ヒロイン以外にも触れとくと、喋らない七々子の通訳としての片桐アマネ(CV矢作紗友里)の存在が救い。矢作パイセンのツッコミはさすがのキレがあります。
想い人のはずの毒島エイジ(CV畠中祐)がここにのっかかってくればもう少し違ったでしょうがちょっと影が薄かったですね。



総論としてはこんな感じ↓


 川柳で なくてもいいじゃん キャラだけじゃん


コミュニケーションの不自然さはしょうがないですが、私の場合“文学的”ななにかを期待してしまったことで追い打ちをかけられちゃいました。これはもう私の失敗です。


うーん、これ全く別物になるんでしょうけど、七々子の句を会話相手が代読するみたいな台本は考えられなかったんでしょうか?
七々子の表情の豊かさはそのままに。ざーさんの台本は「あ」とか「うーん」止まり(笑) ここに全てを集中してもらうのです。
「なんて贅沢な使い方をするんだ」と話題先行させといて、ここ一番でざーさん情感たっぷりに句を読み上げる(心の声)!みたいなので良かったんじゃないかなあと夢想してます。



■余談
エーちゃんは「しゃばい」と何度言っただろう 若い子は分かるんかいな

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 195
サンキュー:

38

マイケル----

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

Senryuu shoujo is proof that it does not have to be complex to be good.

The story is simple, with cool and charismatic characters and lightweight segment.
The animation is cool, nothing too much. Almost null the scenes with animation above average, however, deliver what you ask for perfectly.
The design is normal.
The music is normal, the mix is ​​normal.
The dubbing is good. The characters are well represented and combine with the voice, which helps in comic relief.

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 28
サンキュー:

6

ato00

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

川柳で ラブコメディーは どうなのよ

川柳筆談でしかコミュニケーションをとれない七々子。
顔の怖い単純鈍感なエイちゃん。
好意が隠しきれない奈々子とそれに気づかないエイちゃん。
そんな二人によるオーソドックスラブコメディーです。

個人的には脇を固める登場人物が楽しい。
ワンテンション高くつっこむ部長さんとか。
七々子ねこかわいがりの父とか。
物静かなマイペース占い師とか。
なかでも、スケッチでしかコミュケーションをとれない女の子がかわいい。
顔とセリフがスケッチで、しゃべらないけどノリがいい。
「テヘペロ」的なお茶目な顔が個人的ツボでした。

ヒロイン七々子のセリフがすべて川柳、そして心の声。
実際のセリフは「あっ」とか、「ふぁ」とか、「うふふ」とか。
花澤香菜さんの魅力が半減でした。

穏やかで感動的なエンディング曲をBGMとしたピックアップ映像。
余韻を感じられていい演出でした。
その一方、次回予告の川柳が何とも言えず微妙です。

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 40
サンキュー:

18

ネタバレ

ひつまぶし

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

部長のツッコミがクセになる

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 16
サンキュー:

4

ネタバレ

ValkyOarai

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ざーさんは今日も通常運転です

この少女は喋るのが苦手で、575の筆談と仕草で学校生活を過ごす模様
だが好きな子がおって...

3話
ラブコメ恒例のアレ...
しかし部長&義理の姉貴もついてくる...前者はラインで嘘ついてでも...

4話
まーた無口な子が...
彼女はスケッチブックで表情を描く模様、まあ兎に角描いてみよう

5話
今日はよく当たる占い師に占ってもらうことに
主人公とヒロインの好感度は?

6話
親父の勘違い劇...
それはさておき、うさぎの世話~

8話 いつもの
って部長以外寒がりだから夏服になっていない件
すげえ珍しいなこれ

11話
こっちも祭り~
でも周りを見たら見たらで...

12話
思えば二人はじいちゃんばっかの川柳教室で出会った
いつも通り575のリズムに乗ってこれからも歩みだす...

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 103
サンキュー:

8

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

川柳系の会話障害(第12話めまで視ました)。

事前情報はハーフ枠アニメなことを知っているだけ。

全十二話視聴記念書込。
川柳で喋るって制約大きそう。最初の方はそう思っていました。でもヒロイン以外の人たちが状況やお題を補足してくれたりするので、思って以上に話がスムーズに感じました。なお、視ていて癒されるほど微笑ましいヒロインと主人公のやり取りがとてもヨカッタと思います。さらに他のキャラたちも各々キャラ立ちしてお話を盛り上げていたと思います。続編があれば、アニメで視たいです。



第一話視聴記念書込。
言うまでもなく、一話視ただけでは、せいぜい設定や作品のトーンが少しわかるだけに過ぎない。
 オーソドックスなガールミーツボーイの物語なのだろうか。喋るのが苦手だが、紙に五七五の音に区切って筆談すれば、コミュニケーションがちゃんと成立する女子の物語のようだ。未登場女子キャラがあと三人いるので、どんな活躍をしてくれるのか楽しみ。

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 48
サンキュー:

12

ネタバレ

元毛玉

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

川柳で織りなすラブストーリー

原作未読
久しぶりの綺麗な花澤さんです。(ここ最近なかった気がする)

お話のざっくり概要
毒島君はヤンキーなんだけど、なんてか不器用な男の子
川柳を通じて七々子とエイちゃんの距離が縮まっていく…
もう爆発しろよ
そんな感じ

終始ほんわかラブコメでした。気軽に見れていいですよ。
部長さんに素敵なカレシができますように七夕で祈っておきますねw

見ると川柳も悪くないなーと改めて思います。
俳句より敷居が低くて自由度が高いのがいいですねー

お父さん割と好きっす。なんていうか
親バカなお父さんはなんか凄い好きなんですよねw
{netabare}「お母さん、お父さんがいつもの」{/netabare}
ってのも笑いましたw

それでは自分も一句
「久しぶり 花澤さんが 黒くない」
七々子かわいかったです♪

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 52
サンキュー:

25

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

たった17音で紡がれる二人の日常

この作品の原作は未読です。
ですが、香菜ちゃんが主人公を演じると聞いていたので視聴を楽しみにしていた作品でした。

この物語の主人公である高校1年生の雪白七々子は、言いたいことを五七五の川柳で伝える女の子です。
普段は口下手なので人と殆ど会話することはありません。
でも、彼女の考えが手に取るように分かるのは、七々子の表情筋がとても豊かだから…

もどかしさを感じない…といえばきっと嘘になります。
川柳での表現には限界がありますし、何より会話にタイムラグが生じるので、会話の流れが澱んでしまうことだってゼロではありません。

でも、七々子の所属する文芸部はそんなこと何処吹く風か…
文芸部は七々子の理解者ばかりで、七々子の大切な居場所なんです。
そんな七々子の大切な居場所にまで昇華させた最大の理由は、毒島エイジの存在があったからにほかなりません。

毒島エイジは強面のため昔はケンカばかりしていましたが、とある出来事がきっかけで川柳を詠むようになりました。
そして句会で七々子と知り合って現在に至る訳ですが、二人の馴れ初めは本編を視聴してのお楽しみ…

七々子と毒島が並んで歩くと、周りからは物凄い凸凹コンビに見られるんでしょう…
でも、毒島と一緒にいる七々子の笑顔が半端無く可愛いんです。
そこに香菜ちゃんの声がキャラに絡み合うんです…

「至福のひととき」って、きっとこういうのを言うんだろうなぁ…などと思いながら視聴していました。
「癒される」というか「耳が幸せ」というか…
香菜ちゃんボイスが起点になっているのですが、七々子と毒島の会話のキャッチボールから毒島の優しさが感じられるのも拍車を掛けていたと思います。

個人的にジーンときたのは夏祭り回かな…^^
七々子を思う友達の好意から始まる一連の騒動…
断れる訳なんかない…

でも、この夏は一度きりしかなくて寝れないくらい楽しみだった時間が全く予期せぬ方向に転がりだしたら、きっと誰だって困惑します。
七々子の涙に私も思わず貰い泣きでしたが、起死回生の展開が待っていてくれました。
七々子は本当に色んな表情を見せてくれますが、一番似合っているのはやっぱり満面の笑みでしたね。

他にも七々子の魅力溢れるシーンは沢山ありますし、登場するキャラも超個性的なので見ていて飽きない作品です。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、井上苑子さんの「コトノハノオモイ」
エンディングテーマは、逢田梨香子さんの「ORDINARY LOVE」
どちらも作風に合っていましたが、個人的に好きだったのはエンディングの方でした。
スローペースな曲が七々子にピッタリだったので…

1クール全12話の物語でした。
七々子と毒島の二人に、溢れんばかりの笑顔に囲まれた未来が待っているのを期待しています。
しっかり堪能させて貰いました!

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 38
サンキュー:

25

ZORRRO

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

七々子ちゃんを応援したくなる癒し系アニメ。

【ストーリー・キャラ】

簡単に言ってしまえば、作品名通りの川柳少女と、不良少年のラブコメです。

見どころはまず、
引っ込み思案・話すのが苦手・奥手な川柳少女(ヒロイン・主人公)七々子による癒やし。
相方エイジの絶妙な見た目とのギャップ。
そのカップリングを見守るその他サブキャラたちのセンス。特に部長と七々子の父は良いキャラしてました。

個人的には川柳少女の川柳よりは、リアクションと表情ばっかり見てしまうアニメだと感じました。

な、なんで川柳…?というのも多少回想でも触れられたりしていました。

考えて見るようなアニメではありません。見て癒やされよ!ということだけ。


【作画】

この『ふわ~ん』とした雰囲気にぴったりな作画だったように思えます。
上にも表情について書きましたが、キャラたちのわかりやすい表情が非常に良い。
全体的にも綺麗でした。





15分x12話のショートアニメではありましたが、それがまた丁度よかった。
2人を応援したくなりました。

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 29
サンキュー:

13

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

川柳だけで話が解決してしまう世界とは!?

※4話まで視聴
【視聴きっかけ】
SNS上でお勧めされた春アニメなのでとりあえず視聴枠に入れてみました。
ただそれだけですw

【良い点】
■話は普通の会話になってしまっているギャップ感
今までのコメディというのは誰かが話題を振って
そこから女子高生たちみんなでおしゃべりをするような
流れがあったけど、川柳で会話を続けるコメディというのは
新しいなあと思いました。

【悪い点】
■逆に川柳だけなのでコメディとしてはマイナスなイメージを持ちがち
今回正直に言うとこちらの方がダメージがでかいです。
面白いと言われると正直悩んでしまう

どうしてか?

それはコメディとしてなっていないから!

コメディというジャンルにおいてただ川柳でシナリオを進めるのは
コミックならではの面白さはあってもいざアニメになると
アニメの価値観として見てしまうので面白さがいまいちよく
分からない風になっているのが現状です。

【感想】

1話
まだまだ様子見だけど、
正直マイナスの方向に寄りがち
なんでも川柳にする女の子という設定はいいけど、
会話すらしないというのはこういうコメディ系は
合わないと思ってしまうけど、それが強みの部分では
あるのかな

2話
特に変化なし
一応見ているけど、「ふーん」的な感じで
視聴してしまうのはやはり1話の影響がでかいかもしれない

5話まで
個人的にはあまり面白いところがないです。キャラの良さが5話になってから
エロさを出すようにしているのであまりこの作品に対しては×かなと思います

6話
今回は七々子が反抗期疑惑が出る回でしたね
実質全然違ったような感じで終わりましたがw

今回一番良かったのは誰という必要まではないだろう
そう俺は間違いなく父だと思う。

中学生って本当に反抗期になる時期なんですよね
※私も反抗期になっていました
親が邪魔とか一人でも行けるとか余計なお世話だと
思ってしまう時期で結構頭の中がよく分からない状態に
なるんですよね

そんな時期に親というのは辛いと思うんですよね
なので父の気持ちも何となく共感出来る
何気ない一言から変化していまう状況なので
どうしようかはもう過去の話になってしまうことが
多いので注意したくもなります。

それなのに七々子は父の日のために
ケーキを作ってくれてかつ「お父さん 育ててくれて ありがとね」
はかなり響くものだと思いました。

【総評】
ラブコメに関しては、評価は高いかもしれないが、
主人公が喋らないというのがある意味良かったベースだったのかもしれない

最初の方は、そういう主人公の設定の慣れが必要だった感じもするが、
後半になってくれば慣れてきて、どれも良かった感じがする
意外と予告編とかが好きだった。

そして、ストーリー展開としては、前半が少し勢いがなかった感じがしました。
しかし、後半からの追い上げがとても評価出来ました。
でも、もう一度みたいという感じの作品にはなりにくい感じもあったかな。
最終話の話みた後は「もう一度見ようかな」とも思いましたね。

一番良かったのは最終話だったかもしれない。
手紙みたいなやりとりを川柳で合い、川柳で恋愛をする。
こういう演出は素晴らしかったです。

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 84
サンキュー:

13

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

部活もの? ショートアニメの ラブコメか?

公式のINTRODUCTION
{netabare}
言いたいことは五七五の川柳で伝える女の子・雪白七々子と、見た目は怖いけど心優しい文芸部の毒島エイジ。
たった17音で紡がれる二人の日常は、いつだって幸せいっぱい!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:五十嵐正邦「川柳少女」(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督・シリーズ構成:神保昌登
キャラクターデザイン:橋本真希
アニメーション制作:CONNECT
{/netabare}
キャスト{netabare}
雪白七々子:花澤香菜
毒島エイジ:畠中祐
片桐アマネ:矢作紗友里
大月琴:逢田梨香子
矢工部キノ:久野美咲
花買タオ:上坂すみれ
{/netabare}


1話ずつの感想


第一話 五七五系女子
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
桜咲く 君との出会いが 嬉しくて
季節は春、言いたいことは五・七・五で伝える雪白七々子。彼女の日常は少し変わっていて・・・目つきが悪い毒島エイジの為、笑顔の練習を提案してみるも上手くいかない。今日も部長の片桐アマネと一緒に川柳を詠むのだが・・・
{/netabare}
感想
{netabare}
15分のショートアニメだから、おはなしはあらすじくらい。。

話すのニガテな七々子と、狂暴系だけどホントはやさしいエイジくんの
学園ラブコメみたいな感じかな?


七々子がふつうに明るいのに話しベタ、ってゆうキャラと
エイジくんがケンカするけどいい人、ってゆうのがよく分からないけど
2人とも言葉にするのがニガテみたいで
川柳を使って好きを伝えるおはなしになったりするのかな?

そういえば「GO! GO! 575」ってゆうアニメもあったけど
五七五って学園アニメになりやすいのかも?

文芸部って、小説を書くとかだったらムズカシイけど
川柳でよかったら俳句よりかんたんそう^^


それから、七々子が言いたいこと、いちいち短冊に書いてたけど
おこづかいが足りなくなりそうw

あと、玉ねぎがダメって、牛丼とオムライスを取りかえてたけど
オムライスってふつうに玉ねぎ入ってるよね^^ケチャップにも^^
{/netabare}
{/netabare}
第二話 七々子のダイエット
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ヤンキーの 姉キがどえらい 巨乳美人
エイジの幼馴染、大月琴も登場して更に賑やかになる七々子の周り。放課後になり部活では、周りから敬遠されるエイジの好感度を上げる会が開催されるが、どんどん話は脱線していって・・・
{/netabare}
感想
{netabare}
エイジくんのお姉さんは、ホントのお姉さんじゃなくって幼なじみ^^

エイジくんのこと、よくかまうなって思ってたら
やっぱり好きだったんだね^^

でも、今の関係をこわせないから、お姉さんでいいや、って思ってるみたい
琴がちょっとかわいそうだった。。



エイジくんが校内ランキングで、見た目と部活のギャップ2位
ってゆうネタで、2位が気になったけど
琴さんが来て部活が「アメリカ陸軍格闘術部」だって知ったアマネが
ランキング1位はぜったいこの人だ!ってつぶやいたのがおかしかったw

あと、アメリカ陸軍格闘術?って気になってウィキったら

「組技はブラジリアン柔術を中心にレスリングと柔道、打撃技はムエタイやボクシングから、ナイフ格闘などの武器術はフィリピン武術より採用」で
レベルが4つに分かれてるんだけど
レベル認定試験の最重要項目は強さとかより指導力なんだって^^

琴姉、指導力ありそうw


七々子が牛丼の玉ねぎが食べれるようになったところは
オムレツが食べれるんだから、たぶん、食べずぎらいw


今回は小ネタが多くっておもしろかった♪
{/netabare}
{/netabare}
第三話 遊園地に行こう
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
絶叫系 なんでもござれ 大好物
桜も咲き終えた5月、部室で遊園地の思い出をテーマに川柳を読んでいた。「みんなで遊園地に行きたい」と言う七々子の提案で、文芸部メンバーで遊びに行くことに。当日、アマネは急用ができたらしいのだが・・・
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はみんなで遊園地、って思ったら
ラブコメでよくある
ほかの人は急用でこられないってウソついて、実は2人の尾行回w


七々子って コミュ障だけど 肉食系w

遊園地のキャラクターにエイジくんのファーストキスを取られて
「このサイズしか売ってなかった」って、ウソまでついて
七々子がカップル用ジュースを買ってきたところは
ちょっと「あーっ!?」ってw

あと「くつひもが切れて。。」ってゆうのもウソで^^;
甘え上手ってゆうか、意外と肉食系でちょっとビックリ^^
でも、バレてるしw


あと、七々子のお父さんがちょっと変^^
{/netabare}
{/netabare}
第四話 キャンバス少女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
もしかして あなたが噂の ストーカー?下校中の二人、エイジが誰かの視線を感じると言い、正体を確認しようとする。ある日の通学路、エイジの背後に人影が。電柱の影にはスケッチブックで意思表現する矢工部キノの姿が・・・
{/netabare}
感想
{netabare}
矢工部キノ登場回で
こっちも話すのニガテな子だけど、絵がトクイで
話す代わりに何でもスケッチブックにイラスト付きで書いちゃうの^^


ストーカーがエイジくんのこと好きな女子じゃないか?って、言われた七々子が心配するところがおかしかった^^

ラブコメが進んでるみたいで楽しい^^

あと、新キャラのキノも無口で無表情なのに、絵だとノリがよくってメタおかしいの^^


今回は、今までで1番おもしろかったみたい☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第五話 占い少女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
いいですね! 私占い 大好きです!占いの話題で盛り上がる文芸部メンバー。よく当たると噂の占い師の元へエイジと向かう七々子。アマネからもらったメモの場所には長蛇の列、順番が回ってきた七々子とエイジは二人の相性を占ってもらうが・・・
{/netabare}
感想
{netabare}
エイジくんたちとおなじ高校で同学年の女子
占い師のタオの登場回だったけど
占いをネタにして、2人でリア充してただけみたい^^

デートにアマネがついてくるの分かるけど、どうしてタオまで!?ってw


どうでもいいけど、占いって当たらないって思っても気になっちゃうよねw
{/netabare}
{/netabare}
第六話 七々子の反抗期
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
違うけど そう見えたなら 嬉しいな
動物の写真を見せ合う文芸部。
エイジの飼っているウサギの話になり、見せてもらう約束をする七々子。
ウサギのアグーと妹の毒島ハナビを連れてきたエイジ。家ではいつも七々子の話をしているらしく・・・
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、ハナビちゃんとブサウサギさんがかわいかった^^

ウサギってウンコを食べるってゆうけど
食べる用(やわらかい)と、食べない用の2種類あって
食べる用のはお尻に直接口をつけて食べるから
今回のおはなしみたいにはならないとみたい^^


でも、今回のおはなしは
七々子のお父さんの方が、メインだったかも^^

子どもの反抗期の見分け方、ってゆう本を読んで
朝、コンタクトと耳栓してる七々子にあいさつして返事がないって
反抗期じゃないか?って心配するボケがおかしかった^^

でも、洗濯はべつべつにする、ってゆうか
気にするんだったら自分の分は自分ですると思うけど^^


さいごはお父さんに手作りケーキのプレゼントしてたけど
パパにやさしくしてると
特にほしいものがあったときとか、こっそりおねだりしやすいかも^^
ママはキビシイからw
{/netabare}
{/netabare}
第七話 七々子と雨の七不思議
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
雨はやだ! だって湿気で 髪もじゃる
季節は梅雨に入り憂鬱な七々子。
しかし、アマネから相合傘にまつわる七不思議を聞き、エイジと一緒に帰ろうと約束をする。
しかし雨はあがってしまい、さらにはウサギ小屋の修理も頼まれて・・・
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、アマネがいい役、してたよね^^

はじめに七々子に七不思議とか言って相合傘をすすめておいて
小屋からウサギが逃げたときには校内放送でお知らせしてくれて
さいごにカサがない2人に自分のカサを貸してあげて。。って^^



何人かいたけど、放課後の短い間にウサギ小屋を建て替えるってすごいね♪
エイジくんって、将来は大工さんになった方がいいかも^^

タオの占いもよく当たっててすごい!こんなによく当たるんだったら
将来は占い師より、デイトレイダーとかのほうがよさそうw

キノはマンガ家か芸術家になるつもりかな?
アマネは結婚相談所とかはじめたらいいかも^^

七々子はもちろん、エイジくんのお嫁さんだよね☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第八話『七々子が水着に着替えたら』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
水着って ほとんど下着じゃ ないですか
夏休みにプールに行く予定を立てる文芸部メンバー。
水着を持っていない七々子の為、タオやキノを誘ってみんなで水着を買いに行くことに・・・
{/netabare}
感想
{netabare}
水着回。。

ちょっとダイタン水着を着て女子だけでプールに行ったら
エイジくんが妹をつれて来てて
見られてはずかしい思いした七々子は引っこんじゃったけど
ちょっとだけなら見ていいから、ここにいて、って^^

はずかしいけど、好きな人には見せたい、ってゆう感じだったのかな^^


あと、タオが水着にホントにメロンパン入れてておかしかったけど
もうちょっといい方法がありそうw
{/netabare}
{/netabare}
第九話『エイジと七々子のお父さん』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
父さんが 会ってみたいと エイちゃんに
夏休みに入りリビングでくつろぐ七々子の所へ、父・吉彦がやってきて友達を自宅に招いてみてはと提案する。
一方エイジはスマホをカップ麺の中に落とし、修理に出す。
外出のついでに街中を散策すると、次々と知り合いを発見して…。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、スマホをカップ麺に落としたエイジくんが
街で次つぎ、いつもの子たちと会うおはなしで
エイジくんのツッコミとかを楽しむおはなしだったみたい^^

みんなのふつうな日常がおかしかったw


後半は、やっと七々子に会って
家に連れてかれてお父さんに会うおはなしで
いつも通りのお父さんのリアクションで
いつも通り大げさすぎて、あんまりおもしろくなかった^^

それより、エイジくんといっしょにいて
楽しそうな顔してる、七々子の顔を見るおはなしだったのかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第十話『七々子と蛍と肝試し』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
怖いけど 生でホタルを みたいもの!
ホタルが見てみたいと言う七々子のお願いで、ホタルの他にも出るとウワサの森へ来た一行。
ウワサに違わずホラー感満点のスポット。
七々子とエイジの距離を近づける為、肝試しを決行するが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、エイジくんと七々子には知らせないで
ホタルの池で肝だめしドッキリのおはなし^^


みんな演技がうまくって
にゃんまで「ホントに出るのかな?」って思っちゃった^^

さいごに女の幽霊がみんなといっしょに出てきて
にゃんもちょっとドッキリしたあと!

もしかして、気がついたら1人多かった。。オチ?
って思ってよく見たら、琴姉だったんだw


七々子はつり橋効果で、ますますエイジくんのこと好きになったかな?^^
{/netabare}
{/netabare}
第十一話『あなたと花火を』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
エイちゃんと 花火見るのが 楽しみで…
夏祭りにやってきた文芸部。
出店を見て回り楽しむ中、エイジはくじ引きで当てたオモチャの光る指輪を七々子にプレゼントする。
二人がトイレに離れている間、七々子はクラスメイトに連れていかれてしまい…。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半が3人で、夜店をまわるおはなしで
2人が幸せそうなのはよかったけど
イチャイチャデートを見せつけられるアマネがかわいそうだった^^;

あと、エイジくんが、
連れていかれた七々子をさがしに行くところも
荷物を持ったアマネを無視してどんどん行っちゃうし
今回はアマネがかわいそうなおはなしだった。。

でも、エイジくんの家族に会えて
いっしょに花火見れたから、少しはよかったかも^^


エイジくんが七々子を見つけて、手をにぎるところは
ちょっとドキドキしちゃった^^

ふつう、つき合ってなかったら、そんなことしないと思うな^^
{/netabare}
{/netabare}
第十二話『七々子とエイジ』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
誰よりも 私が側で 見ていたい
季節は遡り去年の冬。
川柳の交流会に訪れたエイジは隣の中学に通っている七々子と出会う。
エイジの拙い句に拍手を送る七々子。
しゃべるのが苦手な七々子にエイジは優しい言葉をかける。
「あの時の事を覚えているか」と尋ねる七々子にエイジは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、2人が出会ってからのおはなしで
川柳の交流会で知り合って
それから会えなかったけど
会の掲示板で、川柳で文通するようになって。。

ってゆうおはなしで
お花見の約束しようってしたら、来てなくって
あちこち探して、やっと見つけた!って思ったら
エイジくんは、七々子のこと、おぼえてもいなかったみたい!?


七々子が好きになって、がんばって、それだけだったみたい。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。

話すのニガテで、何でも川柳にして伝える少女と
ヤンキーっぽい男子のラブコメで
15分くらいのショートアニメだったけど、ふつうにおもしろかった☆

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 185
サンキュー:

47

アガパンサス

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

失語症?の女子高生の恋物語か?

常にヒロインは筆談しかできない。しかも川柳。
何らかの原因により、声を使用できないと考えられる。
話すことが先天的に不可能な人たちにとって癒し・救いとなり得る作品である。

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 18
サンキュー:

4

ネタバレ

ロッタ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最終話♪七々子とエイジ♪幸せに♪

終わっちゃいましたね。
話数が進むにつれどんどん可愛くなってく
七々子ちゃん。
意識的にそう作ってたのかな?
見る側がそう思っただけかな?
とにかく七々子の変化が楽しみでした。
七々子ちゃんはいい女になるね。
隠れ巨乳だしw
終わっちゃうのが寂しく感じる作品と
なりました。
満足です(*´꒳`*)


第10話見ました。
七々子ちゃん、可愛いよー
お姉さんがあんなこと、こんなこと
いっぱい教えてあ・げ・る
話数が増すにつれてほんと可愛さマシマシw
七々子ちゃん、蛍を日中見たことある?
ヤバイくらいにグロテスクなんだよ
まさしく虫なんだから。
虫だいっキライ(。-_-。)


第8話見ました。
七々子ちゃんが選んだ水着は白のビキニ♪
白のビキニって黒より難易度高いと思います。
肌が白いと特にセクシー度が高くなるというか。
それに七々子ちゃんは隠れ巨乳だから
余計にエッチく見えましたね(*´꒳`*)
話数が増すにつれどんどん可愛くなってる
気がします♪


第6話見ました。
みるタイツ見たあとにこれ見たんですけど
七々子ちゃんも黒タイツねw
七々子ちゃんの黒タイツはあんまりエッチぃ
感じしませんね。そんなことない?
きっと下着は純白?
そこのあなた、妄想してるでしょ?(๑˃̵ᴗ˂̵)


第5話見ました。
七々子ちゃんがとっても可愛いく思えてきました♪
この美のうさみん的可愛さですね♡
どうやら七々子ちゃんは着痩せするタイプらしいですw
このアニメのOP凄く好きです。
15分アニメにはもったいないです。


第一話見ました。
これ見てから自然と五七五で喋っちゃわないか
心配です(๑˃̵ᴗ˂̵)
視聴継続確定です(*´꒳`*)

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 137
サンキュー:

21

おきに

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

575

面白かった
七々子とエイジ、その周りのキャラ全員よかった
七々子が照れてあたふたしてるところとかは最高に可愛い

投稿 : 2019/06/22
閲覧 : 24
サンキュー:

4

次の30件を表示

川柳少女のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
川柳少女のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

川柳少女のストーリー・あらすじ

言いたいことは五七五の川柳で伝える女の子・雪白七々子と、見た目は怖いけど心優しい文芸部の毒島エイジ。たった17音で紡がれる2人の日常は、いつだって幸せいっぱい!(TVアニメ動画『川柳少女』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
CONNECT
公式サイト
senryu-girl-official.com/
主題歌
【OP】井上苑子「コトノハノオモイ」【ED】逢田梨香子「ORDINARY LOVE」

声優・キャラクター

花澤香菜、畠中祐、矢作紗友里、逢田梨香子、久野美咲、上坂すみれ

スタッフ

原作:五十嵐正邦「川柳少女」(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:神保昌登、シリーズ構成:神保昌登、キャラクターデザイン:橋本真希

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ