「賭ケグルイ××(TVアニメ動画)」

総合得点
71.8
感想・評価
288
棚に入れた
1175
ランキング
769
★★★★☆ 3.6 (288)
物語
3.4
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

KANO

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期程では

1期と比べると、内容的にはトーンダウンですかね。
顔芸と早見沙織さんの演技は、絶品です。
3期があれば、楽しみなんですが。

投稿 : 2019/08/16
閲覧 : 23
サンキュー:

5

うにゃ@

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

相変らずの顔芸

1期に比べ、若干展開に飽きが出てくるのと、生徒会役員の方が個性がある印象が強く百喰一族のキャラの厚みが少し減った感じ。
学園アニメだけにキャラがどんどん増えていくだけで、減らないので薄まってしまうのは仕方がないのかもしれない。
ギャンブル漫画の王道展開ではあるが、やはりアイドル勝負だけは厳密的には勝負して何かを賭けるので、ギャンブルなのだが、微妙に感じてしまう。
相変らずの顔芸に声優とクオリティーの高い展開が続く。
3期期待したい作品。

100点中80点

投稿 : 2019/08/01
閲覧 : 20
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「賭ケグルイ」の2期で、生徒会選挙編。。

公式のINTRODUCTION
{netabare}
良家の子女が集う名門、私立百花王学園。ギャンブルで支配されたこの学園の頂点に君臨するのは、弱者の人生を支配し、政財界にすら影響力を持つ絶対的な支配者、生徒会だった。しかし、生徒会長の桃喰綺羅莉は突然、生徒会の解散・総選挙を宣言する。
選挙のルールは一人一票。全生徒に学園の頂点を目指すチャンスが与えられる。カオスと悦楽を求める綺羅莉の思惑による選挙戦。さらに、その機に乗じ、新たな脅威が訪れる。百喰一族――綺羅莉と夢子に連なる者たちが。
蛇喰夢子と友情を深めてきた鈴井涼太、早乙女芽亜里、皇 伊月の4名は、この仕組まれた総選挙の中、自らの信念をかけた闘いを迫られる。
弱肉強食の学園で「餌」となるか、他を喰らい生態系の「長」となるか。ギリギリの選択が心を揺さぶる「究極の選挙バトルロイヤル」がいま始まる!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:河本ほむら、尚村透「賭ケグルイ」
掲載誌:ガンガンJOKER(スクウェア・エニックス)
監督:林祐一郎、松田清
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:秋田学
美術監督:松田春香
色彩設計:末永絢子
CGディレクター:奥納基
撮影監督:柳田貴志
編集:武宮むつみ
音響監督:藤田亜紀子
音響制作:HALF H・P STUDIO
音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
制作:MAPPA
製作:「賭ケグルイ××」製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
ャスト
蛇喰夢子:早見沙織
早乙女芽亜里:田中美海
鈴井涼太:徳武竜也
皇伊月:若井友希
西洞院百合子:奈波果林
生志摩妄:伊瀬茉莉也
夢見弖ユメミ:芹澤優
豆生田楓:杉田智和
黄泉月るな:鵜殿麻由
五十嵐清華:福原綾香
桃喰綺羅莉/桃喰リリカ:沢城みゆき
等々喰定楽乃:潘めぐみ
等々喰ユミ:井上遥乃
蟲喰恵利美:竹達彩奈
陰喰三欲:内山夕実
陽喰三理:大久保瑠美
和楽喰淑光:高垣彩陽
狛喰希:北原沙弥香
骨喰ミラスラーヴァ:斎賀みつき
尾喰茨:細谷佳正
尾喰凜:石田彰
×喰零:朴ロ美
{/netabare}


1話ずつの感想


第1話 再ビ賭ケ狂ウ女タチ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ギャンブルの強さが絶対的基準とされる私立百花王学園。その一室で、蛇喰夢子、生志摩妄、そして拷問を家業とする蟲喰家の息女・蟲喰恵利美の3人によって、一歩間違えると自らの“指”を失うギャンブル『指切りギロチン』が行われていた。

時を遡る事数日前、会長の桃喰綺羅莉は生徒会役員たちを招集する―。
{/netabare}
感想
{netabare}
ギャンブルしてるところからはじまって
だんだんどうなってるかを説明してくスタイルみたい^^


今回のギャンブルは指切りギロチンで
用意されたミニギロチンには指を入れる穴が3つと
横から20本の糸が出てるんだけど、そのうち1本は刃につながってて
その糸を切ると刃が落ちるシカケ。。

そこに3人が指を入れて、代わりばんこに1本ずつ糸を切ってくの。。

早く指を抜いた方が負けだから
ギャンブルってゆうか、チキンゲーム。。


それであとの方でちょっと説明が出てきたけど
とにかく、生徒会長の桃喰綺羅莉が生徒会の解散・総選挙を言いだして
そこに百喰一族があらわれて。。ってゆうところで終わったから
まだどうしてギャンブルをしてるかよく分からないんだけど

たぶんを票をかけて、勝ったらその票をもらう、とかじゃないのかな?


今回のギロチンって、恵利美が持ってきたもので
刃が落ちても、指が切れないシカケがしてあって
恵利美は、夢子と妄が先に下りるって思って、安心して勝負してたんだけど

とちゅうで夢子が、装置を点検した選挙管理委員に
ちゃんと取り外したか確認してから
恵利美は「取り外したのは、指が切れないシカケ」なんじゃないか?って
こわくなって泣きだしちゃったの。。



夢子と妄は、あぶない賭けほど好きなの分かってるから
今回もゼッタイ先に下りない、って思ってたけど
恵美理が先に下りそう。。

にゃんは、たぶん夢子はシカケに気がついてるんじゃないかな?
って思ったけど、どうなんだろう?


このおはなしって、そうゆう裏の話とか、トリックとかがおもしろいと思う

あと、美人キャラの変顔かな^^
ギャップ萌えとか^^


今回は夢子の顔がちょっと丸くなったみたいな気がしたけど、気のせいかな?
{/netabare}
{/netabare}
第2話 百喰家の女たち
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
桃喰綺羅莉は、自らが本家当主を務める百喰一族の分家の面々を学園に呼び集め、新当主の座をも賭けた生徒会長選挙の開催を宣言する。選挙のルールは、生徒一人ひとりに与えられた票をチップとして使い、ギャンブルで奪い合うというもの。夢子は再び綺羅莉とギャンブルをするために票を使うつもりでいたところ、百喰一族の世話役・×喰零から声を掛けられる。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、どうして指ギロチンがはじまったか?ってゆう
説明みたいなおはなしが半分で、後半は指ギロチンのつづき。。


今週も変顔いっぱいで、気もち悪かった^^;


先週、泣きだしちゃった恵利美だったけど
何とか持ち直して勝負がつづいて、さいごの2本になったところで
妄がヒモを2本とも切っちゃって、指を抜いた恵利美が負けで
反則した妄も失格。。

けっきょくシカケははずされてなくって、刃は指を切らなかったの^^



にゃんは、外から来たヒモが中で刃につながってる部分をとったのかな?
ってとちゅうから思ってた^^

じゃなかったら、さいごの2本までつながったままって運が良すぎるから。。

恵利美のインチキに気がついた夢子が、選挙管理人の子に言って
逆ドッキリ、みたいなシカケにしたとか^^

夢子がシカケに気がついてたかどうかわからなかったけど
やっぱりにゃんが思ったとおり、指は切れなくってホッとした^^

でも、キレイに切れた指って、すぐに手術したら
わりときれいにくっつくみたいだし

ギャンブルってゆうか、ただのチキンレースで
今まで、このおはなしって、そんなにひどいオチってなかったから
たぶん指は大丈夫、って思ってたから
ロシアンルーレットみたいなドキドキはなかったかな。。

それに、取り外したのが、机のすべり止め、ってゆうオチは
あんまりおもしろくなかったみたい。。


これからおもしろくなるといいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第3話 この女触れるべからず
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
謎の人物からギャンブルの招待状をもらった夢子が、鈴井涼太と共に指定された場所へと向かうと、そこには陰喰三欲と陽喰三理が待っていた。選挙管理委員長・黄泉月るなの立ち会いのもと、三人でのギャンブルが開始されようとするが、突如鈴井も参加を申し出る。
一方その頃、早乙女芽亜里は副会長の桃喰リリカからギャンブルを挑まれていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、見どころが多かったみたい。。

副会長から呼び出された夢子が会長選ギャンブルに行くと
陰喰三欲と陽喰三理が来て
三欲が夢子にとつぜんハグしてきて、このごろ多いユリ要素?って思った^^


それから、夢子の手伝いをするために
涼太クンも賭けに参加するんだけど
へやに入る前に三欲に毒を注射されたみたいで
夢子は勝負のとちゅうでたおれちゃったの。。


そのころ芽亜里はリリカから、コイン100枚賭けて
勝っても負けても会長選にいっしょに参加することになる勝負にさそわれて
リリカの仮面を取ったうえに勝負をことわるんだけど

たおれた夢子の代わりに三欲たちと勝負することになって
けっきょくリリカのコインを使うことになったんだ。。


毒の血清と、負けたら自分たちも毒を刺す、ってゆう条件で勝負がはじまってたおれた夢子から「芽亜里のゆうことをよく聞け」って言われてた涼太クンは
芽亜里のゆうことを信じて手持ちのカードをみんなの前で見せたの

それを見た芽亜里は「勝てる!」って言って三欲の賭けた30枚のコインを
100枚にレイズしたところでオシマイ^^



相手にインチキさせておいて勝つ、ってゆうのは夢子がよくやるけど
今回は芽亜里がまかされちゃったみたい^^


リリカの仮面をはがして、断ったり
夢子のあとを引きついで、ギャンブルをはじめたりする
芽亜里がかっこよかった☆

あと、芽亜里を信じる涼太クンも^^


副会長のねらいは芽亜里を新会長にすることなのかな?


あと、イジメられてるミケの女子を助けた×喰零がイケメン^^
男子のかっこうしてるけど、実は女子みたい^^


今回は頭脳戦ってゆう感じかな?

1期は夢子がギャンブル勝負で弱い人たちを守るヒーローになってたけど
今回は芽亜里がヒーローになるのかな?

おもしろそう☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第4話 通じる女たち
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
毒で倒れた夢子に代わり、ギャンブル『二ム零式』に挑む芽亜里。彼女は勝つために鈴井に手札を見せるよう告げ、鈴井も芽亜里を信じて手札を晒す。
一方、“通し”を駆使する三欲・三理姉妹は、その圧倒的有利な立場から勝利を確信。自信の表れから、三欲が甘い言葉で、鈴井の心をかき乱す。
{/netabare}
感想
{netabare}
実は選挙管理委員の黄泉月るなはカードを切るときにトリックをつかってて
それに気がつけば勝つのはそんなにむずかしくなかったみたい。。

夢子はそれに気がついてて、芽亜里を呼んだみたいで
芽亜里ももちろん気がついてたんだけど
姉妹は人に気づかれないように合図できて毒まで使ってたから油断してて
そんなことに気がつかないで芽亜里に負けちゃった。。


芽亜里の強気と、涼太クンが夢子と芽亜里を信じ続けてくれてよかった☆

涼太クンに手を取られて感謝されてデレる芽亜里がおかしかった^^

さいごに眠ってる夢子に芽亜里が
生徒会長になる、って言ってたけど
2人は戦うことになるのかな?


涼太クンは自分でも気がついてないけど、天然プレイボーイかも?w

芽亜里だけじゃなく、×喰零にも声をかけてて
零は何か言いたそうだったけど、かくしてることでもあるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第5話 かわる女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
生徒会長選挙が始まって一週間。学園アイドルの夢見弖ユメミは、自身のファンクラブから票を集め保持票数上位の座に着いていた。
だが、まだまだ票が足りないと感じた彼女は、新たなファンを獲得するべく、再び夢子にアイドルユニットの結成を持ちかける。
そんな中和楽喰淑光が現れ、票を持つユメミには目もくれず夢子にギャンブルを申し込む。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は学園選挙速報からはじまって
ユメミがもっと票を集めるために、夢子と
「どりくりしすた~Z」の再結成ライブをしようってしてたんだけど
そこにハリウッド女優の名足カワル(和楽喰淑光)がやってきて
夢子に選挙戦の申し込みをしてきたの^^

それで、どくしZ対カワルの演技対決3本勝負がはじまったんだ。。

ユメミはトクイな歌で1番目の勝負をしかけたけど、カワルの歌がうますぎて
会場を買収してたのに92対8でどくしすの負け^^;


ユメミがカワルに
「あなた。。女優をなめすぎている」ってにらまれたところでオシマイ。。



今週はここまでの中で1番おもしろかったみたい^^

演技力対決って、もうギャンブル超えてるみたいだし
夢子とユメミの歌もあって、終わるのが早かった^^
カワルのアメージング・グレイスもよかった☆


和楽喰淑光って、速報で7位だった顔を長い髪とマスクでかくした子だったね

陰キャなだけなのかな?って思ってたけど
有名人だってバレないようにしてたのかな?
ハリウッド女優だったら、特殊メイクで変装の方がおもしろかったかも?w


あと、妄とユメミの会話で、妄にホントのこと言われて
メチャキレてるのに笑ってられるユメミはすごいって思った^^
{/netabare}
{/netabare}
第6話 ハリウッドスターの女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
淑光の正体は、ユメミが憧れるハリウッド女優・名足カワルだった。夢子とタッグを組んで、カワルと『演技力対決三本勝負』で戦うことを決めたユメミは、あらゆる手段を用いて勝ちに行く。しかし、一本目の歌唱対決はまさかの惨敗。出鼻を大きく挫かれたユメミは、二本目の対決でさらなる勝利への執念を見せるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
カワルは再買収してたんだけど、条件は「心が動かされた方に投票する」で
インチキにはインチキで返す、じゃなくって
インチキにはインチキを消すだけで
こっちはインチキなしで勝負って、かっこいいよね☆


2回戦は「やせがまんデスマカロン」で
自分の指を折ってまで辛いフリをしたのに
見やぶられたユメミがあきらめちゃったところは、よく分からなかった。。

カワルってカンが鋭いだけで、演技とはあんまり関係ないような気がする。。
自分の回では、夢子にブラフを見やぶられちゃったし^^

もしかして、それを演技力のせい
ってユメミに思わせたのが演技力だったのかも?


あきらめちゃったユメミにがっかりする夢子の顔が
妖怪みたいでおかしかったw


ファンと仲間の声で、ユメミの気もちが変わったところは
いいおはなしみたいだったけど、総集編みたいな感じで
何となくしか分からなかったし
あんまり気もちは伝わってこなかったみたい。。


さいごはユメミもカワルにみとめられたし
マジメにアイドル目指そうってするところとかはさわやかでよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第7話 裏切りの女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
保持票数第2位の等々喰定楽乃が、同じ百喰一族の骨喰ミラスラーヴァや尾喰茨、元生徒会役員の皇伊月といった保持票数上位者たちを学園の一室に集めていた。集められたメンバーが定楽乃に理由を問うと、夢子から持ちかけられたギャンブルに乗ったためと答える。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のギャンブルって
前にYoutubeか何かで見た、囚人のジレンマってゆうのに似てるみたい。。

うらぎって白状したほうは釈放されるけど黙秘してた人は10年の刑
2人とも裏切ったら5年ずつ、2人とも黙秘してたら6年ずつの刑のとき
1回だけだったらうらぎった方がいいけど
何度もあるんだったら、協調して黙秘する方がいいんだって。。

リクツはよく分からなかったけど
長くつき合おうってする相手には協調して
1回だけだったらうらぎりがいいみたい。。

でも、はじめは協調して
相手がうらぎったら、うらぎりかえして
相手が協調して来たら、こっちも協調する
しっぺ返し作戦が1番いいみたい。。


決着をつけたかったら、みんなで勝ったあと
別の勝負をすればいいだけみたいな気がする。。


あと、楓が豆生田に、立ち直ってほしいって思ってていろいろしてるけど
まだ通じてないみたい。。

たぶん夢子もそう思って
豆生田クンをこのギャンブルにさそったんじゃないかな?


でも、さいごはそんな夢子の気もちが伝わらなくって
豆生田クンは夢子がうらぎってる、って言ってたけど
夢子は、豆生田クンがそう言うってゆうのも考えてるのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第8話 負ける女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夢子たち保持票数上位者によって始まったギャンブル『公共財ゲーム』は、“裏切り者”の出現によって荒れていた。すると元生徒会会計の豆生田楓は、かつて自身を絶望のどん底に落とした夢子を指して「裏切り者だ」と宣言する。一方、誰も信じられないこの状況に恍惚とした夢子は、参加者全員が負ける危険を孕んだ作戦を持ちかける。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のおはなしって、ややこしくって、にゃんはあんまりよく分からなかった

ほんとにうらぎってるのは誰か?ってゆうのが分からなくなりかけたけど
賭けでうらぎっても、人はうらぎらない人が誰か?ってゆうのが分かったら
勝つためにはどうしたらいいか?ってゆうのが分かるおはなしで
次つぎタネアカシされてくのがおもしろかった☆

けっきょく伊月が豆生田先輩のことが好きで
立ち直ってほしかった、ってゆうおはなしだったみたい。。

みんな気がついてるのに
豆生田クンだけがドンカンってゆうのがおかしかった^^



夢子の、賭けは考えてやれば勝つ確率は上げられるけど
それが当たるかどうか分からないから楽しい♪ってゆう気もちって
パラシュートなしでスカイダイビングするのと似てるのかも?

ちゃんと準備してたら大丈夫のはずだけど
ネットに着くちょっと前に強い風がふいたらOUT!ってゆう。。
アレってロシアンルーレットみたいだよね?

にゃんは考えるだけで、足が動かなくなっちゃうからムリだけど
そうゆう、あぶないから好きってゆう人もいるみたい^^

でも、それは夢子だけじゃなく、綺羅莉もおんなじみたい。。
その気もちが清華にはわからなくって、悲しいことなんだけど
さいごに百合の花が落ちたところはおかしかったw


でも、パラシュートなしダイビングだって
何度もやってたらそのうち死んじゃうんじゃないのかな?

それとおんなじで、ギャンブルでもあぶないことばっかりしてたら
そのうちほんとに死んじゃうかも?
{/netabare}
{/netabare}
第9話 傍の女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「公共財ゲーム」の結果、保持票数上位者の順位が大きく変化。生徒会書記の五十嵐清華は、順位を上げる夢子に危機感を覚えるが、彼女が心酔する綺羅莉はこの状況を楽しんでいる様子。さらに、夢子が綺羅莉に直接ギャンブルの誘いをかけるのを目の当たりにした清華は怒りの表情を浮かべ、自ら夢子に勝負を挑む。
{/netabare}
感想
{netabare}
清華は夢子に負けたくない、ってゆうより
綺羅莉会長にみとめてもらいたい、ってゆう方が正しそう。。


だから今回の夢子とのギャンブルの掛け金は「会長との縁を切る」で
夢子は「ギャンブルをやめる」

それに追加で「負けた方はギャンブルで使われた塔の5階から飛び降りる」

ギャンブルのルールは書かないけど
すごろくで、進む数を決めるのがパズル、みたいな感じが近いかも?

それも、正答が正解じゃないってゆう、頭がくらくらしそうなパズルw

にゃんみたいに頭がわるいと、問題も分からないんだけど
分かっても、それが正解じゃないってゆうんだったら
どうしたらいいのかな?w

ってゆうか、見てても、何してるのかよく分からないんだけど^^;
このおはなしって、頭が悪い人が見てもあんまりおもしろくないのかも?

夢子が、外にしか飛び下りられない扉を開けたのは
何かたしかめたかったからだと思うけど
もしかして下にマットが置いてないかチェックしたとかかな?

だって、このおはなしって人を殺すようなギャンブルはないみたいだから
飛びおりても平気なようになってるって思う。。



そう言えば、にゃんは小学校のとき、ちょっとそろばんを習ったんだけど
むかしのそろばんって5の珠が2つ、1の珠が5つだったみたい。。

どうやって使うかフシギだったんだけど
このおはなし見ながら16進法ってそろばんだとどうなるのか考えてたら
アレって16進法用だったんだって、今気がついたw

で、調べたら、むかし中国は16両で1斤って計算してたみたい。。

あと、パウンドケーキってゆう名前は
バター、砂糖、小麦粉、卵を1パウンドずつ使うからって聞いたことあって
その1パウンドも16オンスなんだって。。

16進法って「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」にも出てきてたけど
コンピューターだけじゃなくって、むかしはふつうだったのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第10話 理の女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夢子と清華の勝負は、ギャンブル専用の建物『扉の塔』で行われることになった。ギャンブル開始後すぐに「扉」の謎を見抜いた清華は、着実に歩みを進めていく。そして自分が夢子よりも一歩先を進んでいることを知り、勝利を確信するのだった。一方、夢子は綺羅莉が用意した『扉の塔』を隅々まで味わうため、無意味と思われる扉を開くが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
清華が賭けに負けたのは
綺羅莉と似てる夢子は、綺羅莉が考えてることが分かったから。。

清華が夢子にやきもち焼いてるのは
夢子が綺羅莉と同じタイプだったから。。

清華が綺羅莉のそばにいたいって思ったのは
綺羅莉が自分とはぜんぜんちがうタイプだったから。。

清華は、自分が夢子みたく綺羅莉のことを分ってあげれなくって失望したけど
綺羅莉が清華をそばに置いておきたいって思ったのは
綺羅莉が自分とはぜんぜんちがうタイプだったから。。

そうゆうおはなしだったみたい。。


ギャンブルのおはなしだったはずだけど
自分とちがうタイプの人にひかれる百合カップルのおはなしだったみたい^^

出てくる花がぜんぶ百合とかって
百合推しが強すぎるのはちょっと引いたけど
ラブストーリーとしてはふつうによかったと思う

でも、夢子は2人の仲をたしかめるために使われただけみたいで、
うまくからんでなかったし
ギャンブルとしても「?」ってゆう感じで
あんまりおもしろくなかったかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第11話 ×を背負う女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夢子や鈴井、芽亜里の元へ「100票オークション」という謎のイベントへの招待状が届く。招待状に従って会場へと到着した夢子たちを出迎えたのは、オークショニアを名乗る零。そして零は姿を現さない主催者から預かったという大量の票チップを皆の前で見せる。夢子たちは零が次々と出品する100票を、手持ちの票で競り落とすことになるになるが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
それで、参加者がいろいろためしてみて
とうとう夢子が、×喰零がラスボスだって気がついて
前に勝った30億円を持ってきて零に勝負をしかけて
零が正体をあらわしたところでオシマイ。。



票をオークション、ってゆうけど
オークションで賭けた票は、自分が負けると没収されちゃうから
けっきょくルールは「二ム零式」みたいな
「チキンレース式ギャンブル」とあんまり変わらないみたい。。

おはなしも、いい人そうに見えてた零がラスボスって王道だった。。


あんまり関係なさそうなのによく映るから
にゃんは零が何かありそう?って思ってたら今回のラスボスだったなんて。。

ってゆうか、このおはなしって、そうゆうおはなしだったんだね^^
気がつかなかった、おもしろくなってきたみたい☆
{/netabare}
{/netabare}
第12話 零の女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
主催者の思惑にハマり、手持ちの票を大量に奪われてしまう参加者たち。
だが30億円の大金を投じた夢子の挑発により、零はオークションの主催者が自分であると明かす。そして選挙戦に勝利して百花王学園と百喰一族の頂点に立つことを宣言する。
それを聞いた夢子は不敵に笑いながら「ギャンブルを続けましょう」と口にするのだった
{/netabare}
感想
{netabare}
百喰一族の零の家がギャンブルに負けて名字の百をとられて×喰になって
生まれたときから家畜あつかいされてた零が
復しゅうしようってしたのが今回のギャンブルだったけど

夢子の101票で落札作戦で、みんなが競争すると負けるって気がついて
はじめに落札した人と争わないことにしたから
1番はじめに1票ででも落札した人が100票落札できることになって
早押し合戦みたいになった、ってゆう感じかな?

でもそうなったら零は、あっとゆう間に負けて
さいごに夢子と、夢子が用意した30億円をかけて勝負することになって
それにも負けちゃったけど
心は自由になった、ってゆうおはなしだったみたい^^



零に「自分は人間だ」って教えてくれた人が百喰家の争いに負けて
その復しゅうのためだったみたいだけど
夢子と似た声だったから調べたらお姉さん役で、声は能登麻美子さん^^
能登さんの声ってちょっと低いだけで、早見さんとそっくりだよね^^


夢子はオークションで票をたくさんゲットしたけど
そのあと、ルーレットでどんどん負けてて
頭を使ったり、インチキギャンブルには強いけど
運だけのギャンブルだと、ふつうに負けることもあるんだね^^

でも、もしかしたら、大きな勝負のために運をためてたりするのかも?^^



けっきょく夢子って、ギャンブルすることが楽しいからやってるだけで
復しゅうとか、勝ったお金とかチップを役に立つことに使おうとか
ぜんぜん考えてないみたい^^
夢子らしくっていいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。

1期のつづきだけど、大きなお金のギャンブルじゃなくって
生徒会会長になるためのギャンブルで
生きるか死ぬか、みたいなギャンブルはあんまりなくなったけど
人と人のつながり、みたいないいおはなしがふえて
これはこれでよかったっと思う☆

おはなしはよかったけど、
ギャンブルのルールは説明されても分かりにくいのが多かったみたい^^

ルールはあんまり、気にしない方がいいかも?

投稿 : 2019/07/29
閲覧 : 296
サンキュー:

52

ネタバレ

Yuyu

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

さぁ、ギャンブルの時間だ。

良いですね。

柵みだらけの一族や、階級社会に生きる人たちが賭ける話だから深みがでるのだと思いましたよ。

そんな奴らが全てを賭ければ、その人の本性が現れ、たとえ負けたとしても己の柵みから解放されて自由になることさえできるかも知れない。

全てを賭けるのって勇気が入りますものね。
でも、その全てだと思ってたものは実は粗末なことだったりするのかも知れません。

金の損得より、相手の気持ちが知りたいとか、『これだから女は』と普通の世なら言われそうですけど、物語としてみると、こういう人生もありなのかなと思っちゃいました。

特に今の世の中、そんなに金あっても使うことないですからね・・・。

私は金より、アニメを観る時間が欲しい!!!


続きが観たい。
3期お待ちしてます。

投稿 : 2019/07/24
閲覧 : 26
サンキュー:

4

めかぶ

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

はやくも失速

作画については前作に続き非常に安定しています

最初は顔芸パワーアップしてる!期待できそうと思ったんですが
いきなり新キャラ大量に登場で
「ええ・・・こんなにキャラ増やして大丈夫?」
と不安になりましたが、それが見事に的中

当然新しく増えたキャラが絡むエピソードが多くなり
また夢子が他キャラと共闘することによって
主人公である蛇喰夢子の存在感がかなり薄くなってしまいました

前作では一匹狼の夢子の目が赤く光るたびうひょーとゾクゾクしていたんですが
それもほぼなくなっていたように思います

相変わらずギャンブルのルールそのものはよく考えてありますが
説明がまたあっさりしているので
観ているうちに
「どんなルールだったっけ?」とわからなくなることも

お話については中途半端に終わってしまっているので
三期ありきではないかなと思います
というか是非三期制作して盛り返してもらいたい

個人的には好きな作品ですので頑張っていただきたいと思います

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 72
サンキュー:

4

ネタバレ

pister

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

観終わった

前期面白かったので今期始まった時は「やったぜ」と喜んで見てたのだけど…なんか違う。
あれ?何が違うんだ?と考えてもハッキリとした理由が浮かばず、感想も書かずに放っておいたのだけど…こういうのってある時ピーンと閃くことがありますよね。

JAVA美と組むなり対決するなり、とりあえず一緒にギャンブルをした人間は何故か救われるという展開が続く。
JAVA美は意図してだか意図してないんだかは知らん…恐らく意図してないんだろうけど結果的に救われてしまう。
「まるで“ハンドシェイカー”みたいだぁ」ってのは見てた頃にも気付いてたんだけど、結局これだと、その…「JAVA美のやってることは正しい」ってことになってしまってな~んか物足りない。
あいや、やってることが正しくても構わないのだけど、誰か破滅してくれないことには“ギャンブル狂”のテーマから遠のいちゃってるような気が…。
あれだ、JAVA美が救済活動家になっちゃってる、これじゃあちょっと、ねぇ。

まだ続くのかな?
3期は是非とも誰も犠牲を払わず美談で終わる展開は止めて欲しい。
誰かしら地獄の業火に焼かれないとギャンブルって気がしない。
できればほにゃららバミ家のエラい人か選挙管理委がホセメンドーサみたいな目に遭うことを期待するけど…ってあれ、それもう豆生田がやっちゃってるか。
ま、まぁそれに匹敵するくらいのナニかをね、たのんます。

投稿 : 2019/06/18
閲覧 : 63
サンキュー:

11

プラたん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

続きが気になる・・・

一期に引き続き、キャラクターがみんな濃くて見てて飽きなかった。

内容は、12話かけて生徒会総選挙の途中まで。一期は生徒会長vs夢子が引き分けに終わって放送終了。二期は二人はギャンブルで戦うことなく、アニメは終了した。続きが気になって仕方ない・・・

なんといっても、メインキャラクター二人の演技力がすごい。早見沙織と沢城みゆきの実力はのコンビ。早く最終決戦で豹変する二人の演技が見たい。

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 29
サンキュー:

2

ネタバレ

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

パワーダウンが気になる

オープニングからして気合入りまくった恐るべき画力であり、原作のケレン味を超えて独自の世界感を確立し、今期どころかアニメ史に残るくらい絵が上手いです。

スタッフが女性中心で固められているのでしょうか。。「ジョジョの奇妙な冒険」にある「濃厚さ」は男臭さとスタイリッシュさを武器にしているのですが、

「賭けグルイ」はスタイリッシュさと女性の艶めかしさ、イヤラシさを前面に押し出す「濃厚さ」で、このエロさは男では描けないでしょう。

あと、百合アニメとしてみても。。これぞ「薔薇百合(造語)」という感じのホモホモしいならぬレズレズしい感じが素晴らしく、「やがて君になる」を軽く超えました。これぞ正真正銘の女性が考える「百合」の世界観でしょう。

しかし原作もそうですが、本当にお話自体は大して面白くなく、劣化版福本漫画なので非常にそこが残念。

アニメーション技術は、キャラクターデザイン、演出、作画、全てオールAですが、ストーリー構成がDといった感じ。

しかし、このレベルのアニメはそうそう見れないのでオススメです。ジョジョの「濃さ」を軽く超えました。

12話全話視聴:漫画の売れ行きが悪いのでしょうか。。。うーん。。微妙な感じに終わってしまったことが残念です。オープニングは良いのですが、全体を通してみると煮詰まってる感じがします。構成がうまくいっていないですね。エネルギーダウンしていました。アニメーターも疲れが出ているのかも。

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 109
サンキュー:

19

衛狸庵

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中だるみぃ~

女子高生がギャンブルするお話。

困った時の神頼みならぬ、お話が詰まったら新キャラ出すんだよねぇ。
それが白ける元。
しかも大量に新キャラ出ます。
まぁ、最初の指切の勝負はそれなりに面白かったが、なに?演技力勝負って?
これもギャンブルなのかと白けてしまう。
最後の勝負も何なのあれ?わけわからん。
一期は勢いがあった気がしたのですが……
2期3期と続くと同じパターンで来られると新鮮味が無く白けます。
そこを何とかしようと泥沼にはまり込んだ感じかな。
まぁ原作がそうなんでしょうけど。

キャラは、相変わらずぶっ飛んでいました。
主人公は刺激的なギャンブルが出来るなら、自分の命なんて小さな存在でしかないと言う、変態です。
刺激的なギャンブルが出来るなら勝ち負け等関係なく、いかに自分のギャンブル欲を満たしてくれるのかが重要な要素だそうです。
キャラ達の表情も個性的でなかなかいいですね。
ゲーム自体は面白くなくとも、キャラ達の表情に魅力を感じます。

中途半端に終わったと言う事は次期もあるようですね。
お話としては限界を感じるので期待していませんが、キャラ達がどんな表情を見せてくれるのか楽しみです。

投稿 : 2019/06/15
閲覧 : 48
サンキュー:

3

聖剣

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

名作への条件

少々間隔が空いてからの続編とあって
改めて1期を見直さないと内容が把握出来なかったが、
この2期
北斗の拳でいったら
シンを倒した後、次はラオウかと思いきや
次々と南斗の将が表れたくらいのタイミング

このまま進むと連載マンガにありがちの
ラスボス出る出る詐欺に行き着き、
その先にはパワーインフレバトルの陳腐化が見透けてくるところが
賭け事なので、単純にそうはならないことだけが唯一の救い。

とはいえ、
あまりラスボスを引っ張りすぎると
視聴者(読者)から飽きられるのは時間の問題
切りの良いところで物語を終わらせるのが得策だろう
そうでないと
名作になるはずが
蛇足が過ぎて迷作になった作品が世に幾万とあろうか(詠嘆)
次があるのならそこでキッチリ終わらせてほしい

投稿 : 2019/05/19
閲覧 : 81
サンキュー:

11

秋月双真

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

★★★★☆☆

おもしろくなるかと思ったがそうでもなかった。

おもしろくない理由

・主人公が勝つ事に執着しておらず死力を尽くさない。

・勝ち負けにこだわらない主人公に全く感情移入できない。

・ゲームの内容がわかりにくく「勝つためにはどうするべきか」が見えない。

以上からただ眺めているだけのアニメとなっている。

投稿 : 2019/05/01
閲覧 : 48
サンキュー:

4

ninin

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

みなさんとご一緒に賭ケグルイましょう〜

原作未読 全12話

賭ケグルイの2期です。1期から観ることをオススメします。

今回は生徒会選挙がメインとなっており、その選挙に生徒会長の桃喰 綺羅莉の一族、百喰一族たちも参戦、票を賭け事で奪い合うお話です。

この作品の賭け事で負けたらかなり大変なことになるような感じですが、1期で敗者になったキャラも復活して出てくるのがいいですね。

1期同様、新しいギャンブルや顔芸も健在、顔芸は名人並みになってきましたw

少し色々なことがわかり始めた2期、切りのいいところで終わってはいますが内容はまだまだ途中でしたね〜

原作がどこまで進んでいるか分かりませんが、続きを観たい作品です。

OPはJUNNAさん、EDはD-selectionsさんが歌っています。1期と同様、OPの作画が斬新で曲にもマッチしていました。

最後に、出てくる皆さんの名前が難しすぎてふりがながない読めませんねw

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 77
サンキュー:

21

ネタバレ

ストライク

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

こんな高校生活はいやだ

億を超えるお金や命まで賭けるギャンブルとか
シャレになんない
鉄拳のネタにできそうな高校ですw
(最近はもうあのスケッチブック芸はやってないのかなぁ?)

原作:漫画 未読

2期目

全12話

感想
1期も思ったけど、タイトルから連想したのは、純粋に賭け事の勝負を、運を天に任せ、結果が出るまでドキドキして快感することに狂うっていう意味だと思ったんだけど・・・
その賭けの勝敗を分けるトリックというか勝ちの法則を見破る事に趣きを置いている感じで、勝ちの法則を見つけてしまえば賭け狂いもクソもないような気がして、そういう意味じゃないんだなぁっと。
負ければ人生半分以上詰むようなものを賭け、その勝負の勝ちのパターンを見つけるまでの間ドキドキすることに対して狂うっていう意味なら認めますが。。。
僕はそう解釈してた次第です。

2期も顔芸は相変わらずで、みんないい顔してて面白かったです。
作画の方も、その顔描くレベルは高くて力入ってましたねw

観てる方も、段々勝負事の勝ちパターンを見破る種を予想するのが楽しくなってきてました。
その辺はライアーゲームに近かったです。
でも、2期はもう普通の純粋な勝負事がなく、いかに勝ち筋を見つけた方が勝つというそういうゲームになってるので、たまにはトランプ程度の、多少頭は使うけど、運が大きく勝負の明暗を分ける純粋なゲームも見てみたいですね。(笑)

主題歌では何気にOP&EDともよくって、両方とも車で聴いてます。

最後に一言
夢子が眼帯してる生志摩 妄を完全無視してスルーする件が可笑しくてw
怒らすと一番怖いのは夢子ですね(苦笑)

投稿 : 2019/04/23
閲覧 : 66
サンキュー:

26

のか

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

やっぱりこうゆう作品は苦手です^^;

原作未読  全12話

あらすじ
ギャンブルに狂う女子高生のお話し


では感想を
苦手克服出来ず^^;
でも、一応完走出来ましたwww

面白さが分からない!!
誰か、私にこのアニメの魅力を教えてください~

って感じで、個人的にこのアニメの魅力が全く分かりません(苦笑)

1期は顔芸アニメ&心理アニメって思っていたんですが、
2期は顔芸とリアクションアニメ?って感じです。

何でしょうね?1期よりパワーダウンした感じが否めません。
でも、完走出来た。


作画は相変わらずスタイリッシュ!
綺麗な作画だと思います。
私は苦手系ですけどwww

声優さんは1期と変わらず高レベル
でも、普通

音楽は特に印象なし
個人的なツボにはハマらず

キャラは1期に比べると少し落ちたような気がしますね。
なんかどこかで見た事あるような感じでした


こうゆうシリアスな心理描写や駆け引きなどが好きな方にはハマると思います。
個人的に苦手アニメなので、私にはこのアニメをお勧めする事は出来ません。

そんな苦手なアニメでも心が折れることなく完走出来ました
内容の薄いアニメではないと思います。

少なくともギャグとか恋愛に期待しちゃ駄目なアニメですね。
気になる方は他のレビューワーさんを参考にしてくださいな



では最後に一言
絶望した~!自分がギャンブルアニメ、漫画にハマらない事に絶望した~!
なぜかって自分にギャンブル運がない事を知ってるからです~!
ビンゴや宝くじとかtotoやロトとか当たったことないで~す!
こ~ゆ~アニメや漫画を見ると自分もって思っちゃいますよ~!
最期に大金とか掴んで夢を見させるアニメや漫画に絶望した~!

現実(リアル)って本当に辛いですよね(ため息)

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 80
サンキュー:

17

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

キワモノたちの賞味期限

原作未読 1期視聴済


生志摩妄(いきしまみだり)をそこそこ愛でる私。
のっけからエンジン全開で粘膜の至るところから体液まき散らすみだり女史を拝めたとあってはなんて俺得なんだー!

となるかと思いきやそうでもない。
作品へのツッコミは数多くあれど、1期は構成の手堅さを評価してました。
2期は良くも悪くも1期と同じと言いますか、同じ路線で顔芸に磨きがかかって、新たな敵!?が現れとインフレ方向で話が展開しました。

少々飽きました。1期踏襲となれば『賭ケグルイ』世界に対する評価も大きく変わらないので、詳述している1期レビューに詳細は譲ります。

・生徒会長を超える逸材が出てきてない ←ここが大きい!
・メアリや鈴井ら主役級がカースト下位から這い上がるサイドストーリーのあった1期

百喰一族大量投入の2期は早々に登場人物が確定し、学園内という狭いコップの中の水を掻き回す作業に似ておりました。
作中のギャンブル(ゲーム)はどれもよく練られたもので、原作者さんの苦労が伺えます。しかしながら新鮮味は薄れていきました。
好意的に捉えれば円熟味が増したということですね。ギャンブル(ゲーム)のアイディアが尽きなければ3期でも4期でも続けていってもらいたいです。
少し飽きがきた理由も

 キワモノたちの賞味期限

が到来したわけで、キャラ先行の鑑賞だと遅かれ早かれということで間違いありません。生徒会長のキャラ幅を広げるか、もしくはそれを超えるキャラの登場が待たれます。


さてマンネリ感漂う2期の特徴について、

1.底辺が底辺を動かす
一発逆転はギャンブルの醍醐味。カースト下位奴隷が“取り戻す”物語を鈴井やメアリら主役級がはったのが1期とすれば、脇役らが演じきったのが2期。
{netabare}×喰(ばつばみ)良いキャラでしたね。男装の麗人ということで動きがイチイチ宝塚だったのがツボでした。{/netabare}
{netabare}主体が脇役。モブが×喰に託し、、という構図だったため{/netabare}カタルシスみたいなのは希薄でした。
底辺にとってかわられる恐怖すら楽しめる連中(キラリや夢子)との勝負には勝てる気がしませんよ。

2.魂の解放!?
身の破滅ではなく呪縛を解き放たれた人達がいました。擦り切れて倒れる弱肉強食の世界なのでほっとできます。作品としてはOK!
自分はどうしても違和感が拭えませんでした。なんかいい話に収めてますが、賭博と心温まるエピソードとの相性の悪さが見え隠れします。
{netabare}さやかが吹っ切れたように晴れ晴れとした表情を見せ、×喰さんも復讐や誰かのためのギャンブルから自分を解放できて、と。{/netabare}
賭博ものにどうしても求めてしまう“身も蓋もない絶望感”が足りないんですよね。その期待値をキャラが上回った1期はともかく、今期は弱かったです。
解放された二人とも対象への執着をけっこう簡単に捨てられる状況にあったのにぃ、と思ってしまいます。



蛇喰夢子がことあるごとに“賭ケ”の対象がそれでは手ぬるいとベットを上げてきました。天井は人生です。
ただどうしてもその人生の上限値というものは、背負うものの多寡という点で高校生ではまだまだ低い。負けても悲壮感はなく勝っても高揚しない理由はここにあります。この作品はそこで勝負しちゃいけません。
あくまでキャラでいきましょう。責任はもちろんとりませぬ。

{netabare}俺たちのギャンブルはこれからだ!{/netabare}

頼みますぜ3期!
鈴井も今回は影薄かったしね。

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 176
サンキュー:

35

ネタバレ

不如帰

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

常軌の範疇ではとても観られないアニメ

1期も含めた評価として記入します。

まず全体を通して、一見あるように感じるストーリー性が実は無かったという感想。
根拠としてはストーリー展開が強引というか枠から飛んでしまって繋がりを見出すことはできませんでした。
これは個人的な好みではとても致命的。
個人個人の背景が描かれているのは良しとしても、それを色付けるためのアフターケアは全く成されていません。
よって物語に対する評価は激低。

次にこのアニメの良いところを挙げるとするなら、雰囲気、描写、ギャンブルのテーマ性、そういったところに激しい個性を感じたことでした。
逆に言うなら、これがあったから最後まで完走できたと言ってもいいでしょう。

他、キャラクターは大変良かったが声優選定は微妙。
作画については個性も相まって上々の評価。
音楽についても然り。

以上のことから、単純に常識はずれのギャンブルアニメを楽しめるかどうかというところが評価のキーポイントになると思いました。

個人的なことを言えば、一度観れば十分のアニメ。
2度目はないと思います。
一発屋に近い存在感のアニメだと思いました。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 43
サンキュー:

3

ストックトン

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

2期になって百喰一族なんかが登場してきて
ストーリーが新たな方向に展開されていってて
よかった。
演技力対決三番勝負とかなんじゃそら?
って思ってしまうようなのもあったけど。
3期目への展開がちょっと楽しみ。

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 20
サンキュー:

2

ネタバレ

天地人

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

もっと私的アニメ感想簿81

ついに始まった待望の2期ですが、あれっ?もっと面白かったはずなのに・・・何か物足りないような(う~ん)
相変わらず蛇喰夢子がエロいし、カワイイ女の子の変顔は面白いんですけど、も、もっと刺激が(おいっ)

どうも刺激が強すぎて、1期と同じ程度じゃ満足出来なくなってしまっている自分が(あわわわわっ)
まあ、これに尽きますね(汗)
今回は生徒会長選挙編という事で、投稿(ギャンブル)によって票(サンキュー)をやり取りし、30日間の間で最も多くの票を獲得した者が生徒会長となるものです。
な~んだ、あにこれと一緒じゃないですか(違)
さあ、もっとネタ狂いましょう(いいかげんにしろーっ)

しかし、結局生徒会選挙終わってないんですよね、これ。
3期やりますよね。
でも、ますます刺激に慣れてしまい、駄目だし感想を書いてしまう予感が
天地人
「えーい、やって欲しいのか、ほしくないのかどっちだ」
生志摩妄
「そうだよな、じゃあひとつ賭けようじゃないか(え、ええっ)」
「なあ、夢子(聞こえてるのに無視する夢子)そ、そんな~(涙)」

投稿 : 2019/04/19
閲覧 : 46
サンキュー:

18

オカルトマン

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

感想

1期は新鮮だから最後まで見れたけど、2期は1話で断念。

なんかギャンブル狂ってよりキチ〇イばかりで、なんかギャンブルアニメじゃない気がしてきたので・・・。

タイトルのとうり狂ってます。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 52
サンキュー:

7

はちくじまよいちゃん

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中途半端で終わったけど

 相変わらずゲームの内容はイマイチ理解してなかったりするのだけれども、顔芸が面白かったです。まだ会長選挙の決着がついていないので最後まで見たいですが、今流行りの劇場でだと悲しいですね。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 39
サンキュー:

5

ネタバレ

STONE

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 基本的には1期を踏襲しているようなテイスト。
 ギャンブルの内容はより多様化したようで、ネット上の感想でも「これはギャンブルか?」などと
言う疑問も見受けられたが、個人的には「参加者の合意があれば何事もギャンブルに
なるのだろう」と改めて思った。

 今回の目玉は生徒会長選挙で、この選挙を巡っては大きく分けると現在の生徒会、乗り込んできた
百喰家分家、生徒会以外の在校生の三極になるのかな。
 百喰家分家はそれぞれ色々な部分のエキスパートでそれを駆使するが、それとギャンブルはやはり
別物といった展開が面白い。
 この百喰家分家が等々喰 定楽乃を筆頭に生徒会、ならびに百喰家の当主を狙うという至極
真っ当な目的で挑んできているのに対して、もう一極の雄である生徒会長の桃喰 綺羅莉はこの
混乱を喜んでおり、生徒会長選挙でありながら、この綺羅莉と主役である蛇喰 夢子だけはまったく
別なモノを見ているような感じ。この二人は対峙する関係でありながら、ギャンブルに対する
スタンスなどは一番近い存在みたい。
 1期の後半から見受けられたが、本作は夢子の単独行動だけでなく、夢見弖 ユメミとの
タッグや、毒に犯された夢子に代わって早乙女 芽亜里が立ち向かうなど、
「かっての敵が味方に」のような少年バトル漫画によくある展開が燃える。

 極限における心理状況が表に出てきたような変顔も本作の見所の一つだが、それにしても主役を
張る美少女の夢子にさえ、ここまで凄い顔をさせるとは。。。、この振り切ったようなスタンス
好きです。

2019/04/18

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 23
サンキュー:

2

ネタバレ

すがさ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ギャンブルは素晴らしい(錯乱)

ギャンブルバトルアニメの2期。


1期の時のこのアニメのイメージは、
{netabare}《イカサマを振りかざしてイキってるキャラを夢子が粛清する!》
…って感じだったんだけど、{/netabare}

2期では趣向が大きく変化していて、
{netabare}ゲームの攻略よりもキャラクターの心に焦点が当たっていたのと、
ギャンブル後にはみんなが笑顔になっているという、優しいお話が多かった。

まあ、フィクションを現実と掛け合わせても仕方ないし、「賭博行為は法律で禁止されています。」ってテロップもちゃんと流れてるんで、モラル的にはなんら問題ないでしょう。

個人的にはこっち(2期)の方が好きだった。

印象に残っているのは、
{netabare}2話・生志摩にブチ切れる夢子と、5-6話・アイドルVSハリウッドおばさん回。

あと、ラストのコイントスに既視感があると思ったら、そういえば『ノ◯◯◯』の最後もコイントスでしたねw{/netabare}{/netabare}


生徒会長選挙がまだ途中なので、3期が制作されることを気長に待ちたいと思います。

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 77
サンキュー:

25

buon

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

変態だし変顔で頭いい

断然、早乙女芽亜里です。
マジかっけー

彼女だけ戦う姿勢が異なる、というわけではないが単純だ。
やられたから、侮られたから、やり返す。
感情と信条を混ぜ合わせ意思と理性を闘志を昇華させている。
よく分からんことを言っているが、要するにチョー好きだ。


さて、1期で会長を除く生徒会の手の内ならぬ腹の内はさらされている。
そこでハムハムハム太郎丸一族全員集合。
ハムハムがトップを食む食むしてやるぞって意気込んでいる、
トップハムは会長。
そして決着は続編を見るんだピョン!

蛇喰夢子は相変わらず狂っているが、
彼女の狂い方はいい、
人を信じるという賭けをする。
信念なのかなんなのか分からないが、
そこに温かな何かを感じる。
だからおかしいんだけどね。
人を信じて人生を命を運命を賭け金として差し出す。

ここまで狂うと、面白い。
突き抜けると面白いものだが、
こんな小さなくだらなそうな世界を
広くて愛おしいと思わせるような熱演と変顔には
敬意を示したくなる。

どれ、私も一つ賭けをしよう。
内容は、還暦となる未来の私が未婚か否かだ!!!!!

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 67
サンキュー:

9

三毛猫メリー

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

賭ケグルイ2期

2019.4.14視聴完了。

生徒会長選挙、百喰一族登場などが今回の内容。

見ていて思うのがギャンブルって
エスカレートしていくよね。
3期も続くのなら今までと同じじゃ物足りなく
感じるようになるのは、とても怖いことだね。

個人的には楽しませてもらいました。
思わず「顔~!」ってつっこんでたし。

関係ないけどアニメに出てくる鈴井さんを見ていて
「水曜どうでしょう」で嫌いな甘いものを
食べさせられている鈴井さんを思い出します(笑)

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 46
サンキュー:

10

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

闘え、それぞれの誇りを賭けて。

この作品は、「賭ケグルイ」の2期に位置する作品です。
物語の内容に繋がりがあるので、1期未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。

劇画調の作画が、私立百華王学園の生徒たちがギャンブルに乱れ狂う様相を後押ししてくれた作品です。
本作の主人公である蛇喰 夢子の赤く艶めいた瞳が彼女のギャンブルに対する狂気のスイッチが入った証…
そんなヒロインの魅力を最大限引っ張り出すのがはやみん…
この最強タッグが功を奏した作品です。
1期から相当盛り上がった作品だったので、2期の視聴が楽しみな作品の一つでした。

物語の舞台となる私立百華王学園は、創立122年を迎え上流階級・政財界の子女が数多く通う名門校…
そこは、生徒同士のギャンブルによる階級制度によって支配されたこの学園の頂点に君臨するのは、弱者の人生を支配し、政財界にすら影響を持つ絶対的な支配者、生徒会だった。
しかし、生徒会長の桃喰 綺羅莉は突然、生徒会の解散・総選挙を宣言する…

公式HPのIntroductionの一部を引用させて頂きました。
何て言うか…どうして物語ってこうも面白くできるんだろう…と本気で思わせてくれる作品です。

百華王学園の生徒会は、絶対的な権限を持っているんです。
そしてその門扉は全生徒に対して均等に開かれている…
より良い人生を送りたいと考えるなら、喉から手が出るほど欲しい…そのためなら何の犠牲も厭わない…
人間であるが故に惹きつけられる権力なんです。

そりゃ気持ちも揺れますよね…
目の前に転がっているのはこれまで絶対的な権力を持っていた桃喰 綺羅莉の椅子なんですから…
まぁ、事はそんなに単純でも無かったんですけれど…
何故ならそんなに美味しい話に食い付くのは一般の生徒だけ…という訳ではありませんでしたから…
そう、綺羅莉が籍を置く桃喰家を本家とする百喰一族が総選挙に名乗りを上げてきたんです。
しかも一癖も二癖もありそうな人たちばかり…

これで物語が盛り上がらない筈がありません。
この強制イベントによって否が応でも視聴意欲が増しましとなった私なのですが…
完走して頭をよぎったのは、私たち視聴者以上に蛇喰 夢子がこの状況に興奮していたんじゃないか、ということです。
こうして総選挙の火蓋が切って落とされ…物語が動いていきます。

この作品の最大の魅力は賭け狂う蛇喰 夢子の言動なのですが、その源泉であるギャンブルそのものの面白さが回を追うごとにヒートアップするので何とも堪りません。
1期でも狂気の沙汰のようなギャンブルはありました。
でも、今期の方がギャンブルの内容・質ともに1期を凌駕していたと思います。

まぁ、こんなギャンブルは現実では起こり得ないのでしょうけれど…
でもギャンブルが身を亡ぼす爆弾である点だけは、現実でも変わらないと思います。
若い頃は、パチンコや競馬を嗜んでいましたが、今ではすっかりご無沙汰です。

でもパチンコで気になっている事が…
実は私の通勤経路にパチンコ屋さんがあるのですが、「新台入荷!」のパネルが壁に大々的に張り出されています。その中に結構アニメの作品を目にするんです。
つい最近ではリゼロ…その他地獄少女、ガルパンやゆゆゆなど、様々な作品があるので、「今度は何の作品の新台なのかな…?」という視点でパネルを見るのが密かな楽しみになっていたり…

気になるのは、登場時期です。
「何故その作品が今なの…?」というのを多く感じるんです。
メディアアミックスの一貫とも考えましたが、周囲の脈絡が正直良く分かりません。
パチンコはしないので、知らなくても問題は無いのですが一アニメファンとして気になっています。
最近は、パチンコ台の前でじっと座っている時間があるなら、その時間をアニメの視聴に充てたいという気持ちの方が強いですから…^^;

という訳で、私自身はギャンブルとは縁遠い生活を送っている…という訳ではありません。
人生そのものがギャンブルみたいなモノですから…
でもそんなスローなギャンブルより急転直下の早さと幅が半端無いのがこの作品の真骨頂…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、JUNNAさんの「コノユビトマレ」
エンディングテーマは、D-selectionsさんの「AlegriA」
どちらも抜群に格好良い曲です。
エンディングはAmazonMusicのFRESH ANIMEにチョイスされていました。

1クール全12話の物語でした。
はやみんとみゆきちの戦いを楽しみにしているのですが、もう暫くかかりそうですね。
時間はたっぷりかけて頂いて構いません…
この総選挙の行方がどうなるのか、続きもアニメ化されることを切に願っています。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 58
サンキュー:

23

シャベール大佐

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まあこんな感じかな、といった感想の普通の2期

ギャンブルの強さが全てを決めるという私立高校を舞台にした賭博アニメの2期。全12話。
学園の生徒会長選挙を物語の軸に、主人公・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)を始め、どこか性格の歪な登場人物たちが、異常な条件の下でギャンブルを繰り広げる様子を描いていきます。作風は基本的に前作と変わっておらず、ゲームの駆け引きや勝敗よりも、強烈な顔芸や声の演技のほうが見どころといった感じ。内容は別につまらないわけではありませんが、ややマンネリという印象は否めませんでした。また個人的には、夢子以外のキャラにそれほど魅力を感じなかったので、もっと完全に夢子中心の、いっそ馬鹿馬鹿しいくらいの主人公最強系の物語にしてしまっても良かったかな、なんて思ったりもしました。
作画、声、音楽などは問題なく、アニメとしての出来自体は悪くなかったです。
最後まで観終わって、まあこんな感じかな、といった感想の普通の2期でした。顔芸などのインパクトが薄れてしまうと、あとは特にこれというものがないので、もうちょっと何か新しい部分が欲しかったです。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 134
サンキュー:

16

askima

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

既視感が拭いきれない2期

早見たんが狂っているのは変わらずだが、1期から時間があいたせいで既視感が拭いきれなかった。飽きるというか何というか。
後はOPとEDは1期がとても良かっただけに、やっぱり残念だった。

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 27
サンキュー:

4

pooki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

<70> 知性と狂気が混ざり合う、イかれた JK ギャンブラー。二期。

知性と狂気が混ざり合うイかれた JK ギャンブラー。二期。
イかれた絵も雰囲気も一段とパワーアップ。顔芸とちょいエロを織り交ぜた、ちょっとエゲツない JK 心理戦だけど、無邪気で純粋。割とコミカルで意外とすっきり観れてしまう。一方で、ギャンブルの解説は不足気味。
OP/ED もゴージャス。三期も期待。

1 話視聴。
知性と狂気が混ざり合うイかれた JK ギャンブラー。二期。
イかれた絵も雰囲気も相変わらず、というかむしろパワーアップしてるような。要所で顔芸とちょいエロを織り交ぜる、騙し騙されなエゲツない系の JK 心理戦だけど、無邪気で純粋。浮世離れが過ぎるのか、意外とすっきり観れてしまう。
OP/ED も贅沢。ある意味、コメディなのかも。

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 26
サンキュー:

6

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

いやぁ~ 堪能した

いやぁ~ 堪能した 面白い 面白いの一言に尽きますね
ギャンブル系にはずれは ないですよね・・
とりあえず 続きが見たい

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 27
サンキュー:

4

ポテ☆とと

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一期を越えてきた!

こう言うアニメは、
一期でスゴいインパクトがあるから、
二期では落ちぎみになりがちだが、
越えてきたね!
これが賭ケグルイのイイ所ですな!
三期に期待が爆発!

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 34
サンキュー:

5

次の30件を表示

賭ケグルイ××のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
賭ケグルイ××のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

賭ケグルイ××のストーリー・あらすじ

良家の子女が集う名門、私立百花王学園。ギャンブルで支配されたこの学園の頂点に君臨するのは、弱者の人生を支配し、政財界にすら影響力を持つ絶対的な支配者、生徒会だった。しかし、生徒会長の桃喰綺羅莉は突然、生徒会の解散・総選挙を宣言する。選挙のルールは一人一票。全生徒に学園の頂点を目指すチャンスが与えられる。カオスと悦楽を求める綺羅莉の思惑による選挙戦。さらに、その機に乗じ、新たな脅威が訪れる。百喰一族――綺羅莉と夢子に連なる者たちが。蛇喰夢子と友情を深めてきた鈴井涼太、早乙女芽亜里、皇 伊月の4名は、この仕組まれた総選挙の中、自らの信念をかけた闘いを迫られる。弱肉強食の学園で「餌」となるか、他を喰らい生態系の「長」となるか。ギリギリの選択が心を揺さぶる「究極の選挙バトルロイヤル」がいま始まる!(TVアニメ動画『賭ケグルイ××』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
MAPPA
公式サイト
kakegurui-anime.com
主題歌
【OP】JUNNA「コノユビトマレ」【ED】D-selections「AlegriA」

声優・キャラクター

早見沙織、田中美海、徳武竜也、若井友希、奈波果林、伊瀬茉莉也、芹澤優、杉田智和、鵜殿麻由、福原綾香、沢城みゆき、潘めぐみ、井上遥乃、竹達彩奈、内山夕実、大久保瑠美、高垣彩陽、北原沙弥香、斎賀みつき、細谷佳正、石田彰、朴璐美

スタッフ

原作:河本ほむら/尚村透(月刊「ガンガンJOKER」連載)
監督:林祐一郎/松田清、シリーズ構成:小林靖子、キャラクターデザイン:秋田学、美術監督:松田春香、色彩設計:末永絢子、CGディレクター:奥納基、撮影監督:柳田貴志、編集:武宮むつみ、音響監督:藤田亜紀子、音響制作:HALF H・P STUDIO、音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ