「7SEEDS(Webアニメ)」

総合得点
59.6
感想・評価
34
棚に入れた
238
ランキング
4219
★★★☆☆ 2.9 (34)
物語
2.9
作画
2.5
声優
3.3
音楽
3.0
キャラ
2.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

シン☆ジ

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.5 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

超期待したコールドスリープ後の原始世界サバイバル

原作は全巻持ってます。
それほど惹かれた作品。
ついに来たか!という感じ。
我慢しきれず、「観たい」時点でレビュー書き込みをしてしまいました。
ようやくNETFLIXで視聴しましたが・・

まず、放送開始が予定より遅れただけあって、
まあ、作画というか動画がイマイチ。
キャラデザも微妙だし、
走って行ってるのに身体の大きさがあまり変わらなかったり、
水に浮いている人の身体と水面の線が波打っておらず立体感もない一直線だったり、人によっては作画崩壊と評するかも。

ストーリーは長い話をよくまとめたとは思うけど
なんか悲壮感とか臨場感とか伝わって来ない。

個人的にはCVもちょっとミスマッチ感あり。
{netabare}
主人公のcvは好きな声優さんだしこの役への思い入れがあったことも知ってますがちょっと花のイメージではなかったかな。あくまで個人的な感覚ですが。
{/netabare}
是非とも2期を、制作会社を変えてやって欲しい。
十二国記もそうだけど、原作が売れてるとアニメ制作に金をかけたくなくなるものなんでしょうか・・ちょっと残念。

投稿 : 2019/08/16
閲覧 : 196
サンキュー:

5

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これ、原作少女漫画だったんですか!?

この作品の原作は未読です。
Netflixによる独占配信…こういうオリジナル作品を視聴できるのがNetflixの旨味だと思います。
完走してwikiをチラ見した際に知ったのですが、原作漫画は「別冊少女コミック」→「月刊フラワーズ」で掲載されていたんだそうです。
キャラの線も細くないし、内容的にも少女漫画に掲載されていた作品とは思いもよりませんでした。


累計1600マン部超(デジタル含む)
田村由美原作、近未来サバイバルSFストーリー

少女ナツが目を覚ますと、辺りは海。
突然荒れ狂う海に放り出された彼女は、嵐と蝉丸、牡丹と共に島へと辿り着く。

その島には未開のジャングルが広がり、巨大化した植物や、
狂暴化した動物や昆虫に次々と襲われ、死と隣り合わせのサバイバル生活への放り込まれる。

そんな中、ガイドだと名乗る人物より信じられない計画の話を聞かされる。

それは、【~禁則事項~】「7SEEDS計画」の話だった。
彼女らはその計画に選ばれた人間なのだと初めて知り愕然とするのであった。

「7SEEDS計画」に選ばれた若者たちは変わり果てた世界で、過酷な環境にさらされながらも懸命に生きてゆく。


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

物語は、この作品の主人公である岩清水 ナツの所属する夏のBチームの物語から始まります。
各チームに随行してくれるガイドから当面の目的は教えて貰えるものの、最初は何もかもが手探りでした。

物語が進むにつれ分かってくるのは、チーム構成に関する以下の3点。
・チームは春夏秋冬それぞれに分散配置されている
・夏だけAとBの2チーム存在する
・それぞれのチームには最初8名ずつ所属する

ですが、ここでの生活を始めるタイミングはチームによってバラバラだったんです。
中には数年以上の違いがあるケースもあったり…
つまり、チームによって情報量、経験に大きな差があるということです。
こういう場合、情報量の多さが役立つのは常套…
ですが、彼らを待ち受けていたのはそんな生易しい世界ではなかったのです。
知る事は判断材料を増やすでもありますが、同時に諦めることにも直結しているんです。

夏Bチームは衣食住が保存されている目的地の一つに辿り着きます。
そこに本拠地を作り安定な生活の基盤を作って根付くのも一つの生き方だと思います。
でも、人にはどうしても譲れない矜持があります。
自分の故郷がどうなったかを確認したいと夏Bチームの青田 嵐が言いだした一言がきっかけとなり、夏Bチームは2つに分かれて…物語が動いていきます。

実は、この物語が一気に面白くなってくるのはここからなんです。
他のチームだってこの世界で一生懸命生きているんです。
様々な願いや思いを持つのは誰だって一緒…
そんな全てのチームの動きが分かるように群像劇的に物語が描き出されるからです。

最初は一本調子の物語だとばかり思っていたので、この展開は嬉しい誤算でした。
夏Bチームのメンバーには一戦級の声優陣が配置されています。
主人公のナツに奈央ぼう、それにあすみんや碧ちゃんとこれだけでも私の耳は大喜びです。

ですが、春チーム…正確には春チームの主人公である日笠さん演じる末黒野 花が登場してきてから、一気に物語の厚みが増しただけでなく、面白さが加速度的に増した気がしました。

この花のキャラが格別なんです。「父親にサバイバル技術を教え込まれた前向きな少女。」と公式HPのキャラ紹介欄には記載がありましたが、分け隔て無い優しさと悪いことを悪いとハッキリ言える芯の強さを持ち合わせているんです。
彼女の良さはそれだけじゃありません。
一度目標を決めたら絶対に折れないんです。どんなに苦しくても前進を選択するんです。

「暁のヨナ」のヨナや、「それでも世界は美しい」のニケが頭の中で被っていました。
勿論、人間だから強さと弱さを併せ持っていて当然です。
でも自分以外のためにどんな危険も顧みず身を挺することのできる私の尊敬すべきキャラがまた一人増えた気がします。
そんな彼女の廻りには、彼女を応援したいという人間が集まってくるのも自然なことなんだと思います。

こうして物語は一喜一憂しながら進んでいきます。
驚愕な事実が明るみになって愕然としたこともありました。
どんなに経験を重ねても天災には勝てない…身の危険を感じたこともありました。
世の中の理不尽に対する解釈は一つじゃないことを教えて貰いました。
勇気と知恵と…ほんのちょっとの幸運がこの物語を支えていたと言っても過言ではないでしょう。

これからだと思っていたのに…
どうしてあの場面で終わっちゃうかな~
原作が全35巻の一大巨編だから、続編の区切りを考えるとここで切るのがベストだったの?
これで終わったら完全な消化不良になってしまいます。
でもその位続編を楽しみにできる作品です。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、天月-あまつき-さんの「Ark」
エンディングテーマは、majikoさんの「WISH」

1クール全12話の物語でした。
Netflixのオリジナル作品は続編の作られるケースが多いので、この作品の続編も期待しています。

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 40
サンキュー:

8

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おいおい えらいところで・・

おいおい えらいところで・・終わらしたなぁ いくら中途半端でも もう少し。。あるでしょう
こんな 絶対2期みなあかんやん・・ でも 2期見るころには 内容絶対覚えてないがする
しかし 最初のほうは 回想やら あちこち 話が飛ぶから・・ 誰が誰やらわからなかった・・ さすがに 途中くらいから 相関図は わかってきたけど・・

投稿 : 2019/07/24
閲覧 : 110
サンキュー:

0

とろろ418

★★★☆☆ 2.5
物語 : 3.5 作画 : 1.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これはアニメではございません

これは『7SEEDS』のアニメではなく、ただの質の悪いダイジェスト映像です。
原作未読でこれから見るという人がいるのであれば、知っておいて欲しいポイントが2点。

・原作15巻までの内容
  アニメを漫画巻数で換算したことがある人は分かると思いますが、1クールに詰めるには明らかに異様な量です。
  異様さを表すために例を出しますと、『ちはやふる』は2クールで9巻分でした。
  『7SEEDS』は心理描写が主なので、3~4巻くらいでも詰め込んだ印象が出そうなところをまさかの15巻分。驚愕です。

・最大の売りの欠如
  前述の通り、キャラクターの心理描写が最大の売りになるはずの作品です。
  そこが全くと言っていいほどに描かれていません。
  最早詰め込んだというより、根こそぎ削り落としたと言っていいレベル。
  過程が大事な作品で、過程を切り離して結果だけを示しています。開いた口が塞がりません。

これだけを見て『7SEEDS』という作品に対する評価を下すのは絶対に止めた方がいいです。
原作は深く心に刺さる作品で、名作と言っても過言ではありません。
興味があるなら原作を読んで下さい。
好き嫌いを語るのはそれからでも遅くないはず。

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 370
サンキュー:

5

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少女漫画では珍しい「SFサバイバルもの」

ネットフリックスが出資しているだけあって、作品のチョイスが単なる「恋愛」や「BL」などではなく、しっかりとした骨太なテーマがある作品を選んでいるところが海外資本らしい選択です。

原作は未読ですが、元来少女漫画には恋愛要素に加えてファンタジーやSFなど結構マニアックなところから持ってくる漫画家もいるので、侮れません。

本作も「ウォーキングデッド」や「ロスト」などの海外ドラマでよくある「サバイバルもの」でありますが、少女漫画特有の人間の複雑な関係性も描けていてよかったように思います。

しかし、ちょっと古風ですかね。。今のトレンドであるかどうかは非常に微妙な気がしました。

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 174
サンキュー:

9

TFBit96935

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

なんじゃこりゃ

 世界観や設定は魅力的なのに、残念なところが多い。

 キャラ設定をつかみきれない者が多いし、作画の質は言わずもがな。

 原作未読のため分からないが、もう少し工夫した展開にできたのでは。

投稿 : 2019/07/05
閲覧 : 191
サンキュー:

2

ネタバレ

じゃんが

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少女漫画って聞いてので

ちょっと見る前に調べて、少女漫画原作と知ったのでそこを注目しながら見てみた。
たしかに登場人物が独り言を言うシーンが多かったり、自分の感情を吐露することが多かったので少女漫画といえば少女漫画っぽいなとは思った。
内容は面白かった。一番面白いと思ったのは、黒髪の臆病な女の子が背の高い優しい男に惹かれていく様だった。映像でこの子は今彼を気にしているのかなと気にさせていたので映像を見るのが面白かった。

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 162
サンキュー:

1

ネタバレ

うり

★★★☆☆ 2.3
物語 : 2.5 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

不安的中。

一度書いたレビューが感情的に書き過ぎていたように思い、整理して再投稿します。(評価自体は変わりませんので酷評です。)

まずあらすじ。

隕石落下という大災害に見舞われた地球。
各国で若者を冷凍保存して未来の地球に残すプロジェクトが「7SEEDSプロジェクト」。
{netabare} 日本では7人ずつ「春」「夏A」「夏B」「秋」「冬」という5つのチームが残された。
何も知らされず変容した未来に放出された{/netabare}若者たちのサヴァイバルが始まる。

原作は全35巻の超大作。
変容した地球でのサヴァイバル、放出された若者たちの絶望と成長、過酷な土地で暮らす人間の苦悩と闘争、和解。それらが全て盛り込まれている作品。

そして出来上がった本作。

まずは絵について。
昨今のアニメレベルから見て「崩壊」と称されるレベル一歩手前かと。立ち絵、アップなどで同一人物に見えないことも。後半、少し改善してくるけれど、ばらつきが酷い。

物語としては、シリアスな展開が続き、声を荒げたり、疑心暗鬼なエピソードが多く、明るい要素がない(もともともそういう話だが、原作からかなり削られてしまってもいる)。その手が好きな人は気にならないかもしれないが、苦手な人は苦痛かも。

また、全体的に「間」がなく、とにかく忙しくいっぱいいっぱい。
エピソードごとの緩急、移り変わりもはっきりせず、知らないうちに知らない人物たちの話になっている、と置いてきぼりをくらいかねないスピード重視の構成。
豪華声優陣の起用も、演技する時間的余裕がなく、言い切るだけで精一杯という印象。BGMも平坦さが悪目立ちし、場面の盛り上がりを打ち消している。

ただただ

「若者達(群衆)が崩壊した未来の日本で何やらサヴァイバルする話」

と割り切ってみても、正直おススメできるレベルではない。
そして、最終話(12話)、いくら続きがある前提でも「これはないだろう」という形で終了。原作を知らないなら、なおさら「ふぁ!?ここで終わり?」となるだろう。

原作未読で見るにはあまりにも不親切で、原作知っている人にとっては、改悪ばかりが目立ち、もはや誰に見せたいのかわからないアニメとなってしまっています。

最後だけ。
原作好きからすると、エピソードのブツ切り、順番/内容改悪、キャラの性格描写すら変わっている本作で、原作の良し悪しを判断しないでほしいと思ってしまう悲しい内容でした。原作自体を評価するなら、物語★5、作画★4(好き嫌いはありそう)、キャラ★4.5です。

2期も多分見ます。
アニメとして、よりよい形で決着することを切に祈ります。

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 449
サンキュー:

2

ヒロウミ

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

GONZOの落ち目、哀れなり

作品の全てをオタク女子のために捧げた二次創作レベルの物語。


物語のあらすじは置いといて、リアルサバイバル系作品と頭のなかお花畑物語の少女マンガとの親和性は皆無である。設定全てがいびつで違和感しか感じれないものである。
医薬品の不足、予め目覚める場所にあれば良いはずの物資がほぼ全くない、冬眠させた人間が明らかに少ない、化け物だらけの世界で都合のいいときだけしか襲ってこない化け物、気持ち悪いほど臭いセリフのオンパレード、良い歳した男女が居ながらなぜかセッ◯スレス。

「アニメだからそういうもの」というパワーワードを用いたとしてもキャラクターデザインがザ・少女マンガ。化け物のデザインも「プブプッ!なんじゃこりゃwww」なレベルで描写も血生臭さを究極に抜いてる。いや、この作品サバイバルなのにワーストレベルのダサさ。
背景だけはまともなんですけどね。GONZOらしからぬキャラクター描写がカクカクだったりリアリティ抜きのアクションだったりで見所皆無。話数を進めていくほどどんどん手抜きされていく作画。


女の子なんて少女マンガ原作でイケボ主人公にしてモブも豪華声優にしとけばどーせたかってくるやろ、といった制作陣の思惑が素人目にも明らかでマジでサムい。Netflixからの横槍もありそうだがここ何年かの作品の出来の悪さ、商業実績を考えてもGONZO再起はもう無いのだろう。その辺の三流制作会社と変わらんです。


物語、設定、デザインのすんごいショボい原作であれども落ち目のGONZOだからこそ政治的思惑でアニメ化できたのだろう。ただ世の中へこのようなものを出してしまえばそれは会社の劣悪な評価となり一時的に金は入れども新しい仕事が入るとは思えないのだが・・・。

いや、化け物だらけなのに徒歩で由布院から阿蘇越えするとかー、音の出ないパイプオルガン弾いて「良い演奏だったよ!」とかー、電車の中で腹話術芸人がインカム付けっぱとかー、コードギアスの「撃っていい奴は」パロとか動物の死骸を入れて更には殺されて風化するほどの人間の死体が入ってる肥溜めに入って感染症にならないとかマジウケるんですけど~!チ◯コもケツの穴も無いのかよw

イセスマ並みのネタアニメ、その程度で構えて見れば豪華声優陣にキャッハウフフできるでしょう。んでも最終話が続編ありきな終わりかたですんごいすっきりしないのだがイセスマ並みの作品を2期見る人どんだけおるんやろうかね。一体ダレトクだよ、この駄作。

投稿 : 2019/07/02
閲覧 : 453
サンキュー:

13

アニメ散策

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

途中で断念

7話の途中で断念しました。先が気になる物語ではあるのですが、観ていてしんどくなりました。

基本的に展開が遅いと思います。もうちょっと早い展開の方がよかったです。登場してまもない良く分からないキャラクターの長い回想を見せられても感情移入するのは難しいです。特に面白いエピソードというわけでもないので、どんどん退屈になっていきました。ナツとアラシとハナのほうが気になりました。

物語においてサバイバルのための生活の様子とか、現在の世界の状況を知ることができる情報や展開がもっと欲しかったところです。キャラクターは各々個性があって良かったと思います。一方、キャラクターデザインはあまり好みではありませんでした。長髪の男が多すぎるのが気になりました。見ていてうっとうしいし、そもそもサバイバルには邪魔でしょう。

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 125
サンキュー:

2

J

★★★☆☆ 2.9
物語 : 4.5 作画 : 1.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

もったいなさ過ぎる

壮大で興味深い設定と奥深い群像劇のストーリー、多様なキャラ造形と心理描写が魅力的で最後まで一気に観させられました。

一方で、雑な作画と展開飛び過ぎのダイジェスト仕様には心底がっかりしました。豪華声優陣には金をかけるのに、肝心のアニメーションの質には金をかけない本末転倒な制作手法はいかがなものか。声優の演技は良かったけど、こういう作品では新人を抜擢して長く育てるくらいのスタイルでいいと思います。

ニコニコで腐女子相手にドル売りしている歌い手の採用も安直で鼻に付く。なんだか全体的に作り手の情熱が感じられず、本筋と別のところで手っ取り早く売り上げて処理しようというやっつけな姿勢が透けて見えてしまいます。アニメの制作者が原作を好きで作ってるわけじゃないんだろうな、と思ってしまうような、チープな作品作り。

原作未読勢ですが、それでもアニメではこの作品の魅力が台無しになってしまったであろうことが容易に想像できます。こんなに良い素材なんだから、作画と演出とスケジュール管理で上手く調理すれば人気も出ただろうに...ゴンゾは猛省すべきです。本当にもったいない。

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 122
サンキュー:

2

ネタバレ

きのび

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:今観てる

原作との差

少女漫画と思えないSFサバイバルストーリーです。
Netflixでアニメ化すると聞いていて、ずっと楽しみにしてました。あの大作に動きと音がついて、躍動感や迫力ある素晴らしいものになるんだろうと。
でも正直、今のところは微妙です。
絵と動きも演出も、イマイチです。
このクチコミを書くためだけに登録しました。
それくらい言いたい不満が多い。

何話で終わる予定なのか知りませんが、どこまでをアニメ化するつもりなんだろう?
アニメの冒頭部分やころころ切り替わるストーリー展開は、早々にネタバレしながらスキップ再生してる感覚です。
限られた話数にムリやり詰め込んでる感じがします。
アニメ2話の時点で漫画3巻くらいまで進んでいます。
原作を読んでいない人は、この飛び飛びの展開でストーリーにのめり込めるのかな?と疑問です。
読み手が一緒に推測しながらハラハラできる展開や、そういう事だったのかと分かった時の感情、長期連載だったからこそ繊細に描かれていた登場人物同士の関係の変化や成長物語が、どこまでアニメで再現できているのか…。

主人公ナツと面倒見良くリーダーシップのある誠実なアラシ、そしてそんな2人に悪絡みするセミマル。
原作通り最初のせめてアニメ1話の間くらいはこのチームの視点だけでよかったですし、冒頭はナツの最後の晩餐から突然海上で目覚める方が良かったと思います。

原作は、15年以上かけてこの大作をよくぞまとめあげたと思うほどの壮大な設定の中での素晴らしいストーリーに、心が動かされます。
登場人物が多いのにごちゃごちゃしすぎず、むしろ各々きちんと存在感があるのも凄い。脇役と思う人がいない。

アニメは2話まで観てるところですが、見手が感情移入できず、登場人物が泣いてるシーンも独りよがりに見えます。
登場人物が多いので、この急ぎ足ではなかなか誰が誰か分からなくなると思います。

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 174
サンキュー:

2

ネタバレ

タック二階堂

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

コールドスリープした7人チームのサバイバル。

詳細は公式あるいはネトフリでも。

地球に隕石がぶつかることにより、地球環境が
変わって人類が滅亡することを予測して、人類から
7人ずつのチームを抽出してコールドスリープさせ
人間が住める環境になったら起こしますよという
話です。そして実際に目覚めた先は……。

というお話。

Netflixオリジナル作品ですね。
3話まで観ました。一気に12話も上がるものだから
一気には観られないので、少しずつ観ていきます。

ここまでですが、ストーリーは悪くないです。
声優はヒロインの東山奈央を中心に、日笠陽子、
阿澄佳奈、悠木碧、石田彰、能登麻美子、福山潤、
津田健次郎など、豪華絢爛。さすが潤沢な資金が
あるNetflixですね。

ただねえ!何で制作がGONZOなのかと…
作画がだいぶ微妙です。やー、「それが声優」とか
「かくりよの宿飯」で微妙な作画だったのが、
ここでも出ている感じです。

とりま感想は完走後にでも。

=====第12話視聴後、いちおう感想です。

こんなところで、ぶった切るようにおしまい?
まあPart1とか言ってますし、Netflixなら当然
続編を作れるでしょうから、心配はしてませんが。

というわけで、ここまでの感想を。
未視聴で、観る予定があるなら、ネタバレになる
ので読まないでください。
{netabare}
基本、話は春夏秋冬のチームによるサバイバル
という構図で、春チームがどうやらメインヒロイン
の日笠演じる「花」のチーム。夏はAとBの2チーム
があり、Aは未来に送られるために選抜された
エリート集団、Bは主人公「嵐」のいる何の能力も
ない落ちこぼれチーム、秋チームはカースト制が
ハッキリした女帝の姉御が率いるチーム、冬チーム
は15年前に目覚めて次々と死んでしまって、
1人甲子園のエースだった男だけが生き残った
チームという様相です。

それぞれに未来に送られた背景があり、それによっ
てサバイバルにおける行動や立ち位置が異なる
わけで、そこから共闘を組んだり、殺害を企てたり
する感じ。終始シリアス展開が続きますよ。
{/netabare}
ストーリーは非常に面白いです。
ただ、他の方も言うように演出が最悪。
そして作画も、たまに良かったりしますが(ヒロイ
ンの花が襲われて半裸になるシーンは秀逸)
基本的には低クオリティです。
ふだんアニメをほとんど観ない嫁が、ちらっと観て
「何でこんなに絵が下手なの? このアニメ」って
言うぐらいですから、察してください。

GONZOだからかなと言わざるを得ない。
どうせ金かけるなら、WITとかA-1 Picturesに発注
すればよかったのに……。

というわけで、作画と演出がストーリーの足を
思いっきり引っ張っているのが残念でなりません。
続きが気になるので続編は観ますけどね。

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 82
サンキュー:

5

古川深夜

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:今観てる

最高に面白くないです

完璧にクソみたいなアニメです キャラとの会話は不自然かつ気持ち悪い 場面がいちいち切り替えてるような会話劇 声優の人達も可哀想ですこんな内容がないアニメの会話劇しないといけないし 繋げ方がとにかく下手 製作陣の質の低さ 意味わからない設定に加え
どんどん遭難者が増えていく ただでさえ 興味が持てないキャラクターが最初に4人ぐらい居て またおかしいキャラクターどんどん増えてもはや苦痛 ギャグアニメとして最後まで観ていきたいと思います 本当にこのアニメを観るのはオススメしません 駄作をバカにして見たいとゆうかたのみ 観てください はっきり言ってレビューすら書きたくないぐらいゴミ

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 147
サンキュー:

0

とらお

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

ネトフリ最後までやる? 2年以上かかる・・・

BASARA書いた田村先生による人類崩壊後のサバイバルもの

類似のさいとうたかお「サバイバル」は男児向けで生存方法に実際的でしたね
この7seedの原作は少女コミックなので、感情の喚起を好む人向けです
よーするに、悲劇、恋愛、BL、もろもろの人間関係がイイんだ~というタイプにはうってつけ
レヴューに「泣きました」と書いちゃう人はぜひ見ましょう
こまけえ矛盾を気にしない人や、気がつかないならなおよし
実際は超ご都合主義ですが・・・でもたしかに感情を揺さぶる話ですよ!

キャラごとの過去も見所なのですが、メインキャラが多いんだよね
海外サバイバルドラマの「ロスト」のように過去が作品のメインかよってなりそう

7seedは古い少女SFブームの作品の匂いを感じる
30年以上前に流行った感じで懐かしいかも

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 192
サンキュー:

1

ネタバレ

dbman

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

壮大サバイバル作品がアニメ化 満を持して

原作:漫画/配信期間:2019年4月-/アニメーション制作:GONZO

原作は全35巻あり、少女漫画ながら物語は途方もないほど壮大なスケールのサバイバルものとなっており、連載時は新刊が待ち遠しくて仕方なかったほどクソ面白い作品。

あらすじは、「来たる人類絶滅を回避するため誕生した『7SEEDSプロジェクト』。この計画に選ばれた若者たちは変わり果てた世界で、過酷な環境にさらされながらも懸命に生きてゆく」といったもの。

登場するキャラクターは30人を超える人数となっており、メインとなるキャラクターは少なく見積もっても10数人は超えているため、原作では幾人か混同しがちだったので、その書き分けをどう見せてくれるのかも見どころのひとつとなりそう。

Netflixにて独占配信予定とのことで、この壮大な物語を何話で制作されるのかも気になるところ。原作の面白さをそのまま再現できれば、2019年の覇権さえ取ってもおかしくない作品。制作会社がGONZOということや、現時点で発表されているキャストを見るにベテランや実力派声優が名を連ねているのでその本気度からも大いに期待してよさそうだ。


▼キャスト
{netabare}・夏のBチーム
岩清水ナツ:東山奈央
青田嵐:福山潤
麻井蝉丸:小西克幸
早乙女牡丹:沢海陽子
天道まつり:阿澄佳奈
守宮ちまき:石田彰
草刈螢:悠木碧
百舌戸要:井上和彦

・春のチーム
末黒野花:日笠陽子
雪間ハル:野島裕史
角又万作:置鮎龍太郎
新草ひばり:喜多村英梨
鯛網ちさ:能登麻美子
野火桃太郎:広橋涼
甘茶藤子:伊藤静
柳踏青:江川央生

▼制作
原作:田村由美/漫画:全35巻
監督:高橋幸雄
シリーズ構成:待田堂子
キャラクターデザイン:佐藤陽子
アニメーション制作:GONZO
{/netabare}

投稿 : 2019/01/22
閲覧 : 166
サンキュー:

16

むち

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/15
閲覧 : 0

ニャンキチ君

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 0

ビスケット

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/11
閲覧 : 0

AKIRA777

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/03
閲覧 : 0

LaVbF41110

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/18
閲覧 : 1

deen

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:----

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 1

kuronotuki

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 4

カシア

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 0

ポンタ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 0

Tadano

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 3

デミウルゴス

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 3

楽人

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 5

矢吹丈

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 3

ねも

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 4
次の30件を表示

7SEEDSのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
7SEEDSのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

7SEEDSのストーリー・あらすじ

少女ナツが目を覚ますと、辺りは海。突然荒れ狂う海に放り出された彼女は、嵐と蟬丸、牡丹と共に島へと辿り着く。その島には未開のジャングルが広がり、巨大化した植物や、凶暴化した動物や昆虫に次々と襲われ、死と隣り合わせのサバイバル生活へと放り込まれる。そんな中、ガイドだと名乗る人物より信じられない計画の話を聞かされる。それは、人類絶滅を回避するため、若く健康な人間を冷凍保存し、災厄が過ぎ去った後の世界に人類の種を残そうという壮大な計画「7SEEDS計画」の話だった。彼女らはその計画に選ばれた人間なのだと初めて知り愕然とするのであった。「7SEEDS計画」に選ばれた若者たちは変わり果てた世界で、過酷な環境にさらされながらも懸命に生きてゆく。(Webアニメ『7SEEDS』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
Webアニメ
放送時期
2019年6月28日
制作会社
GONZO
公式サイト
7seeds.jp/
主題歌
《OP》天月-あまつき-『Ark』

声優・キャラクター

東山奈央、福山潤、小西克幸、沢海陽子、阿澄佳奈、石田彰、悠木碧、井上和彦、浅野まゆみ、三宅健太、加隈亜衣、石川界人、小松未可子、阪口大助、星野貴紀、津田健次郎、佐々木望、野島健児、桑島法子、小野賢章、櫻井孝宏、千菅春香、嶋村侑、寺島拓篤、佐藤拓也、皆川純子、菅原正志、速水奨、興津和幸、寿美菜子

スタッフ

原作:田村由美「7SEEDS」(小学館「flowersフラワーコミックスα」刊)
監督:高橋幸雄、シリーズ構成:待田堂子、脚本:待田堂子/森田繁/朱白あおい、キャラクターデザイン:佐藤陽子、総作画監督:佐藤陽子/齊藤佳子/芝田千紗、プロップ・サブキャラクターデザイン:齊藤佳子、クリーチャーデザイン・クリーチャー監修:乙幡忠志、アクション・エフェクト監修:SNIPES、美術デザイン:杉本あゆみ、美術ボード:小林雅代、美術監督:池田裕輔、色彩設計:大西峰代、特殊効果:入佐芽詠美、撮影監督:浅川茂輝、編集:齋藤朱里、3DCG制作:OKINAWA GONZO、3DCG制作協力:Type ZERO、2Dデザイン・モニターワークス:荒木宏文、音響監督:鶴岡陽太、音響制作:楽音舎、音楽:未知瑠、音楽制作:ユニバーサル ミュージック

このアニメの類似作品

この頃(2019年6月28日)の他の作品

ページの先頭へ