「スター☆トゥインクルプリキュア(TVアニメ動画)」

総合得点
65.4
感想・評価
10
棚に入れた
69
ランキング
2064
★★★★☆ 3.2 (10)
物語
3.3
作画
3.2
声優
3.1
音楽
3.3
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

スター☆トゥインクルプリキュアの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

15年を超えて宇宙に挑む 43話:仮面劇のその後と例のアレ

15周年を超え、16章のプリキュア、平成と令和を跨ぐことになる
追加は令和のため、彼女こそが令和第一号となる
17章以降、令和第1章~となる

平成最後を飾ったラスボスジョージ、貴方はまさに15年間の集大成だった
皆を拘束させ、はなを一瞬だけ堕ちさせたのだから
だがそれでも友に後押しされたはなに勝つことは、ままならなかった(元を辿ればリストルがアンリを勧誘できなかったことが敗因の一つ)

未来のはな(断髪しなかった方)のために、涙を流してまで勝ちたかった(時間を止めての幸せ)ことだろう
勝負に勝ちたいという思いは、悪役だって同じことだ

自分の見解における敗因分析(他にも多々あるのであくまで一部)
{netabare}ジャアクキングとゴーヤーンは見てないので除外

もしカワリーノが本編でできなかった、従業員にした王国の妖精を『殺していたら』?
デスパライアが1回対峙した後、何故勝手に出掛けたことを追究しなかった?
館長は見てないのでわかりませーん

ノーザが『町の調査』をして西さん(ラビリンス住人)を虜にする、ドーナツ『感情を得る因子』を買い占めていたら?
クラインが侵入者対策を強固にしていたら?メビウスの洗脳能力を強化できなかったのか?

ダークプリキュアが可能とした妖精を殺したとしても、デューンに『砂漠化の動機』があったら?

ノイズ様は愛に流されたメフィスト、ポンコツだったトリオザマイナー以外の『優秀な人民』をランドで洗脳していたら?(実際問題、追加組のエレンが優秀だったから最後まで引き延ばせば...)

ジョーカーが怠け玉使ってみゆき達を捕まえた後、『慢心・自惚れ』しないで、キャンディの『挑発に乗らず』、そのまま『逃げていたら』...?
外道ながら1番勝率が高かった奴は何故逃げなかった!?
キャンディという「1%の勝率」を『直感&洞察力』で見抜いていたら...?
ミラクルジュエルのありかを『拷問』してまで問いただせたら?(実際は取り調べまでしかできなかった。表現の壁に阻まれるから仕方がない)

プロトジコチュー(影が薄く人を使役するが弱い)
レッド(実力はあるが人を使役するのは変わらず)
デウスマスト(世界変化に視点がいったことで意識されず)は大方製作者のプロットミス自体が敗因なので除外

だがクローズに敗因はない...『絶望は消えないと言う執念』を持ってフローラに立ち向かい、勝ちも負けも無い『引き分け』に持って行ったんだから...(80年代ドロンボーの1分けと同じく称賛に値する)

そしてエリシオは人間の心を舐めていた『自惚れ』、決戦の時に沸いた『平和な世界にメスが入ることの怒り』が敗因だった
仮にノワールやディアブロが『管理』をしっかりしていたら...?
ならば次の敗因は...{/netabare}

世界はリセットされ
貴方よりも強い奴が空の上、Universに待っている...
只々そいつに会いに行くだけだ...

次のピンクは...アイカツにおった星宮いちごの母さん!?
フツーは能登さんなんだが、歌ったら...そこにいるッ!
今度のピンクは、起用が違うゥ!

{netabare}1話 弁当屋とアイドル以外の副業 キラやば~≒マジやばくね?
{netabare}へ?描いたら妖精生まれた!?じゃなくてワープ!?
そしてまたOPで向こうに追加組がいそうな予感...
1人は確定だが、もう1人来るだろうか!?

1回煌びやかな宇宙に夢で行って、翌日
2人目がロケットでやって来た
Alenが...

そして最初の幹部が
河童...声、ライナーじゃねーか!久しぶりの巨人組!
だが更に見たら...え?玄士郎様演じてたの!?それとアカデミアにもおるし

一昨年ぶりの構成員、キラプリでも後半におったけどもあんま目立っては...
ハトプリは奈々さん効果もあったから良作にはなったが、ハピプリはボスさえ間違えなければ...
変身すれば息が可能、まあドキプリでもあったな
(急に歌って)エントロピーが凌駕され、奴らを退けたのち
堕ちていく、流れ星として...{/netabare}

2話 遊び人は万能だった...!?
{netabare}この青い子の中人は詐欺作のあそびあそばせにおった眼鏡っ子...
そしてフワはツインテールの子だったな...
まさかここで惹かれ合った...
っつーか宇宙に法律あるんだ。となると曲げる訳にはいかないよね、最低限
河童は1週間水分補給してた模様wwwww
そしてあの電気技、やよいを思い出す...!!
ん?○望ピース?あんなんネタ顔だよ、ネタ顔...{/netabare}

3話 揃い踏みのセキレイ組
{netabare}この√、魔法プリのリコと同じく...
2人目の刺客は天狗、声らきすたにおったみゆきさんじゃないっすか!お久しぶりです!
待て、セキレイの松さんだから...あれ?
ほぼ全員揃ったよね...出雲荘の主人公達...
皆人さんはカナタで...結、月海、風花3人はプリキュアで
くーちゃんはGoプリ劇場版の王女様で
大家さんがパップルさんだから...

こいつは隊列を組む模様、前回の飛びかかって来る河童とは兵士の起用法が違う...光線銃使うから完全にフリーザ軍じゃないっすか...
右脳のスターならば、左脳のミルキー
これが今の戦士だッ!
最初の星座はおうし、回収は始まったばかり...
中の人はケイさんじゃないっすか、貴女プリキュアできるはずなのに~{/netabare}

4話 あんハピにおった不健康の目覚めor雄英のビック3
{netabare}ロンダートからのひねり...牡丹だったら骨折待ったなしwwwww
っつーか変身で歌ったら喉やられるはずwww

そしてクラスメイトの中人がついに...!この姫乃城さんで
ア ン ツ ィ オ 組 揃 っ た...さてはスパゲティ作ってたぺパロニだなおめー
そして勝木さんポジションwww

尚、先週学習した天狗は...
更なる学習をしないと勝てねえよ...

あのローブを着た三つ目の爺さんはハーゴンポジション
封印してあるもんがラスボス、即ちシドーがいる...
流石にピエーロやプロトジコチューにはならないだろう...
もしかしたしたら、いつもの下剋上?
しかしまだ執事持ちの一つ目の刺客も...
彼女は開発担当だった、先陣に立つ?

アイワーン=二葉あおい、にゃ~たん、メグ
バケニャーン=メカブトン、トリック・ザ・ハード
ガルオウガ=ペルソナ4のタフガイ&ナイスガイ、バイソン(ストⅣ)
あとマヤ一人でチマメ隊も揃うっ...!でもμ'sのメンバーはここに来ないよね...{/netabare}

5話 令嬢なら戦車持ってるよね...?
{netabare}前回ララを見つけた子は、生徒会に属していた
そして姫乃城も令嬢として「超えるべき壁」とぶつかっている立場だった...
アンタも戦車乗ってるでしょwwwカルロベローチェをwww
まあ彼女はM3リーですからwwwそして空を見上げているからwww

後ろから後をつけてきたまどか
親父に秘密をバラす!?そんなんはどーだっていい
貴女はどうしたい?それが貴女の答えだ

今日は数を多くして来やがった。まるでアニメカービィにおった宇宙船、デスタライアみたいに...
そして4つのエントロピーは凌駕される...

まどかの親父さんって、懐かしい殺生丸か...
犬夜叉組も揃ってきたな
だが、天然の母さんはまさかの蝶野さん!?
マズイ、10式戦車が来るッ...!!勝てる気がしないッ...!!{/netabare}

6話 この√はキラプリ?だがあの爺さんおるからスイプリ√?
{netabare}やっと魔獣解禁ッ!
やっぱ戦闘員よりも魔獣がいないとこの世界は映えない
そしてアイワーン、貴女は未来のデザトリアン確定wwwww勿論声的に
次はしし、やはり先は長い...半分で折り返しだろう
しかも中の人は知波単の玉田、もしくはフリント...
ま た ガ ル パ ン{/netabare}

7話 かんせ~
{netabare}雑兵を掃除して出来上がり~~個別部屋(アジト)ができとるし^^
そしてUniversへ...ってアンタがワープさせるのかよwww
1日日帰りで帰還できるのだろうか?
これもしかしたら時間の流れが地球とは異なってるかも...
ドラえもんのひみつ道具博物館みたいに{/netabare}

8話 神回が最初の惑星、やってることは十分同じ
{netabare}やって来た惑星は毛むくじゃらの宇宙人がおる、骨が雨みたいに降る場所
しかしその3人があのトーテムを...
アオベエ、キスケ、アカネ「ファッ!?!?」

確かに宇宙を守るのも、宇宙を乗っ取るのも、やってることは
イコールで結べるんだよね...
どう線引きで分けるのかが今後の課題だろう
まあ最終的に銅像の一部分が修復されたので、ペンは無事に回収~
今度はてんびん、次で1/3回収か
その声はまさかの...
両奈キタ――(゚∀゚)――!!

久々に登場の河童はロケット団の如く飛ばされる~~wwwww{/netabare}

9話 プロ野球開幕&まどかのターン
{netabare}どうやら日帰りで帰れる模様、なーんだ安心したのも束の間
彼女は忙しい
ああ、やっぱまどかは大野晶と同じ立場みたいなもんか...
っつーか迎えの車にしれっと入って来るピンクが度胸あって恐ろしすぎるwww
今日は一つ目のターン、まだ量産できてないのか...
そして魔獣のベースがまさかの...思えば勝木さんは経験して無かったな...
これでまどかも皆呼び捨てになった
強化技は覚えたが、合体技は?{/netabare}

10話 ジョージよ、泣けよ、泣き崩れろ
{netabare}なんだけどやっぱペン探し~次は重力が倍&天候が急に変化する星
そこに強化された奴らが...
封印されてあの力だからジョージよりも強い!?
もしかしたらカッパード達の境遇はウルフルン達と...

これがジェットコースター...!
トゥインクルジェットコースター...!!
悲鳴上げながら満喫するひかる達の

下でカッパード達がグッとbしていたり、手を振っているwwwww
フロント面はあのお方のクリスタルwwwwww
そんなイメージ

今までいい流れだった罰だッ...!
{netabare}奪ったペンはたったの1本、もし全部奪っていたら...{/netabare}
ララの機転で地球に撤退したが、矢先に親父がッ...!{/netabare}

11話 run for precure 逃走中
{netabare}ひかるははなと違い、好奇心の塊
はなは知力も体力も無く、力が欲しかったのを祭りで願っただろう...
そして暴走したチャラ男にモナドバスタ―を繰り出そうとしたが...
前回の強化は執事だけ除外だった...となると彼が下剋上?

安直な行動で星の民とペンをマモレナカッタひかるは...?
前回は母さんが助け舟を出したが、今回は奴しかいねえ
そう、サザンクロスは剣(ペン)となることを...
ひかるははなと同じ√...

宇宙の隅っこから派生した悪党なんて考えたこともねーよ、3人がおるだけで、それが剣になるッ!andドーナツ
毎年恒例の踏みつけキャッチが時期的に早いな...
しかしカッパードが言うには、自分の惑星を追い出されたのは誰だか分からない模様、となれば事の元凶はパレスともノットレイダーとも違う第三者の正義...?{/netabare}

12話 ここで1クール終了、ルールーはここで調査開始
{netabare}3人は執事が回収、ペンと次の1戦は日を改めよう...同時にラスボス(予定)のダークネストがサザンクロスに呼応して目覚めた...!
なんぞあのオッサン?これで声がもしブンビ―さんだったらwww
ってアンタ、Alenじゃねーかwwwww確かミニサイズの宇宙人って...DB超におったあの第三惑星の破壊神じゃねーか!!wwwww
因みに声はモンスターズインクにおったランドールだった...懐かしい因縁よ...{/netabare}{/netabare}

{netabare}13話 平成ラスト放送、トワはここで宣戦布告したが...あれ?来ない?
{netabare}ついに苗字を手に入れたララ、そして学校へ...トゥットゥルー
そうか、隣の席が空いていたのは遅刻の子がおったからか、ってなんやこの軽いノリの男は...
やっぱAI抜きだとダメだったララ、だからその翌日、AI持って来たら言動が固くなってしまう模様
ララはどうして学校に行こうと思ったの?そう聞くひかるなのだが...
そして河童もハイライトを...!(実際は武器強化だったので、ジュリオみたいな印象)
ならば天狗もやるだろう(予告でやりましたwww)
っつーか堂々とUFOと一緒に目の前に現れやがってwww
でも奴の兵隊、飛ばされるだけでなーにもしていないという事実www踏ん張れや

こうして平成最後は終わりを告げた
ピーサードの歌舞伎から悪役のあるべき姿を映してきた
2人で戦ったあの時を...15年の時を経て、河童で終わった...
また悪役は令和から刻まれることだろう{/netabare}

14話 記念すべき、令和第1話...でも来ない!?早く来てー✖2
{netabare}夏まで待てないよー折角ララがクラスメイトから愛称呼びになったのにー
次はえれなのターン、ああ...親父さんを見るとあの映画を思い出す...
始めてしんちゃんがメキシコに行ったあの時を...
そして通訳業をしている母さんもお出ましや
ラッキーなことに天狗が別の5本目持っていた^^(オマケに登場の下りが前回と同じwwwww行進したら分かるに決まってるだろ、学習しろwww)
河童は期待できんし、アイワーンが駄目なら彼女から叩けばいいんだwww
オマケに助けたプリンセス、定型句喋らなくなったしwww

カルロス=部長(この美)
天宮かえで=クリス、石動乃絵、五月田根美香子
とうま(スマホっこ)=篠宮可憐
れいな=モブ多し
たくと・いくと=モブ多し
あんな=信楽こゆず、藤本彩乃

ついに(家族だが)あやひーキタ――(゚∀゚)――!!
後は未来や切歌とか調が来てくれたらッ大歓迎ッ!!{/netabare}

15話 3つ目の惑星、そこで令和第1号の追加組キタ――(゚∀゚)――!!
{netabare}まさかの怪盗キッド枠...!!完全な第三者か?それとも?
そして勝ち取るのは!?
そう、平成の歌姫、クソアニメのOPを歌ったあの...!!
ガルパンの歴史に1ページ...クロアンの歴史に1ページ刻まれた...!!

急に歌うよ~(^^♪
そしてオークションにあった6本目
おいくらで落札すんの?
カネでやるんじゃねえ、アレだッ...!
そして現れた...彼女が...
この1戦は...ISとM3リーを思い出す...!!
だがガルパン本編で相手したのは38t、即ち磯部さんらなんだよね~
しかし、ペンを預ける形となったマオ、先に絡んだのはまどか
次はどう絡む?アイワーンとも因縁がありそう...{/netabare}

16話 まーたまどかのターン、マオは連続で来ない模様、どっかで変装してる可能性も大
{netabare}なんぞ、あのハチマキをつけたライバル?(ぼっちじゃ勝てねーよ、俺ガイルから学習しな)
そして
ケロロだったらナレーター(サラマンダー男爵)が「解説ありがとうございます」と返す感じで説明する桜子
ってアンタ金星になりたかったのかよwwwwwもうみんないねーしwwwww
あんだけオホホ笑ってると、ToLOVEるのギャグ担当の天条院さんを思い出すな~
中の人もおるけど、おうし座のプリンセスでwww{/netabare}

17話 ?「カチューシャのために助っ人をお願いしたいのですが」
{netabare}帰って来た3つ目の惑星ゼニー、そこでマオと金持ちドラゴンがまたしても!?
ああ、分かった。貴女は怪盗ドラパンやルパンと同じだ...!
令和に入ったから、ホントにチャレンジを始めたようだな、だって機械相手なら...
と思ったらメカじゃなくて定刻通り河童www
7本目も無事に回収
さーて、あの(ペンを回収する)眼差し...どう(マオも含めて)ピンチに陥れるか?
ガルオウガが出動するか?ラスボスが嵐を起こすか?{/netabare}

18話 ひかるの母さんは描いていた、帰って来たバクマン。
{netabare}思えばサイコー(藍原ゆうき)、シュージン(シャット)、見吉香耶(一条らんこ)の中人はGoプリで奇跡的に出会ったよなぁ...そして遅れて亜豆美保(はーちゃん)も
皆を仕事場に連れて来たら...「天啓が、来た!!」だったが...
ボツを食らってしまい凹んだ母さんだったが、ひかるが助けを...
私は嘗て母さんが描いた漫画を読んでいたんだから...{/netabare}

19話 騙すにはまず...
{netabare}遂に訪れる4つ目の惑星、レインボー、そこに彼女は...
この惑星を復活させるために...
アジトに8本目(2つ目の惑星分)をひかる達が得たのだが...
あの動き...ほまれのスケートッ...!
そして理解される、気候が変動する惑星での『誘導』...!!{/netabare}

20話 ゴルフを越えて、覚醒の幾何学模様は描かれる
{netabare}ついに目覚める、平成生まれの歌姫
そして令和第一号(但し追加組)
この目覚る話数、ルールー&えみると同じ...

そしてブルーキャット、貴女はロックとは違う
だって変身デバイスは奪わなかったから...!

ヤバイ...変身の声が完全に
POP TEAM EPICを思い出す...!!

しかし、河童よ
ア ン タ も 援 護 し ろ{/netabare}{/netabare}

{netabare}21話 ネスト「...また力が欲しいか?」
{netabare}2度纏うラスボスの力、数話前は制御できたアイワーン
だが...
は?想像力を消す!?その言葉にひかるは...
こいつらは機械的なラスボスなのか?
ならばメビウスの強化版だろう、違うのは国民を持たないこと
さて、ジョージと同じく座り続けられる?
2本足で立ってるけど、まだ不完全の模様...
でも巨大化したら...(自分が負けちゃう(´;ω;`))
ジョージでも自ら巨大化しなかったのに...{/netabare}

22話 ラストシンフォギアァ!始まったぁ!!
{netabare}それと同じくひかるの親父の帰還
ビッキーは3期の途中で...
ファーストコンタクトにて
リト君「どんだけ宇宙人に関してフランクなんだ?」

幼い頃UMAを探しに行ってた模様
世界で離れていても、あの大空がある限り...{/netabare}

23話 ネスト「体が不完全なので...」
{netabare}いつもの神回がまさかの...
遊戯「罠カード発動!!増殖!!」
餌付けすれば消えるのだが...
これどちらかというと、ひみつ道具のバイバイン...

み ん な の ト ラ ウ マ
地球\(^o^)/オワタ
おい令和キュアさん、一人で抱えるんじゃねーよ、お約束だろ
って朝から急に歌って、誘導も大変やな
って河童よ、そのヌンチャク痛くねーしwwwww
そして馬跳び...
ルールー「私を踏み台にした...!?」
そーんなもふもふ、日常系じゃないと通用しない...www{/netabare}

24話 ?「ついに僕が英雄になる時がッ...!」
{netabare}今日もペン探し~次は雪の惑星
そこのユキオっていう住人がッ...!5期に渡り
シ ン フ ォ ギ ア ラ ス ボ ス 揃 い 踏 み
尚、1、3期は女性がラスボス
2,4期は男性がラスボスだったため、やっぱ5期もラスボスは女性(ヴァネッサ)か...?いや訃堂(ありすの父)?

しかし本題はまどかのピアノの件
最近引いていない模様、だからユニにどうやって観客を引き付けるのかを聞いてみたが...聞けず
ユキオは女の子に恋している模様、そこで...{/netabare}

25話 ガルパンの波動を感じる...!
{netabare}夏祭りで出会うクラスメイト達、そこに彼女も...!
かるろべろーちぇじゃあISに勝てるわけないwwwwww
射的に挑むまどか、って...これ朧さんじゃない!つぐみんや!!wwwww{/netabare}

26話 ララに兄が!?但し声はロクでなしのグレンです
{netabare}ララの故郷にワープ~
できなかったのでロケットで過ごす
夏休みなので
エレン「だいじょーぶ!」
おい、ジュラシックパークじゃなくてジャマシックパークwwwww
しかしえれなは去年の黄色と...そしてまどか夏休み後、留ga...(固有結界フラグ...){/netabare}

27話 帰ってきたアレ(アイカツならフツーにできる)
{netabare}河童が襲撃したのでロケットは半壊、直すために別の惑星に寄り道せねば
だがロケットに無断で入ってきたやどかり宇宙人:ヤンヤンの惑星に行けば直せる模様...
っつーか、プルンスってた ん じ ゅ ん(同じ描写ばっか)
そして1か月待ったヤツの帰還...今こそリベンジに燃える時
だがどれだけペルソナ(仮面)使っても
「私は私よ!」{/netabare}

28話 ?「もっと熱くなれよぉ!!」
{netabare}こんな熱いからこそ、河童は来る...www
ロケット直す宇宙人も...炎を纏っているわ、イカタコだわ...
そして直しに入るのだが、これ温泉のふいごじゃんwww
流石の体力コンビも限界が...
だが人は
限 界 に 挑 む 生 物
極 め ろ 己 の 限 界 を
今日の河童はハイライトやってこなかったな
まあ水があればそれだけで強化になる!それでも二人は譲れない...!{/netabare}

29話 とうちゃ~く
{netabare}相変わらずギャグ扱いされるひかるwww
トト=みゆきの親父さん
カカ=ラムちゃん

ララ、貴女の憂鬱が...
だってひかる達の正体をバラしたら、みんなの『自由』を奪うことになる
いくらマザーAIに支配されていても、自分を出せなくちゃ意味が...
研究していたペンで残すは1本だったのに...
盗人扱いされちゃあ溜まったもんじゃねえよ!{/netabare}

30話 run for AI 逃走中2
{netabare}チャンス後にピンチ、ピンチ後にチャンス
やっぱアニメは野球みたいなもん
っつーかアイワーン、AIに守られている惑星にどうやって入ったwwwww惑星がザル過ぎるwww
しかし、バックアップを実はしていたAI...
ココロを背負ったその時点で(向こうの)負けは決まってる...!{/netabare}{/netabare}

{netabare}31話 ああ...強いな...トラウマシャドウ
{netabare}プレイして無いが完二さんのボスはトラウマもん
だって男に毒、女に激昂をかけるもん
そして星空連合とのおっかけが始まった。そしてネスト手前のガルオウガも...!
この流れ...3年前の巨大化ラブーと空間に放り出されたみらい!?
いや、これは奴の執念?ペンを探していた河童はただ見てるだけ...笑う所じゃねえ、手出し無用の精神は認めざるを得ない
しかし、そう簡単に地球人口約70憶人を守れるか?{/netabare}

32話 滅んだ星、奴の心内は...
{netabare}思えば妖精の覚醒はキャンディやペコリン以来か?
しかし、これでも完全覚醒ではないという...
そんな矢先、奴は来る。おい、折角のチャンスをwww

ネストに力を委ねたのは、星が滅んだから、それだけ
優しい・易しい理由よのぉ...
この世界(宇宙)は広いから...それでも心に変わりはないッ!{/netabare}

33話 器≠フワなら良いのだが
{netabare}ネストよ、捻りを加えるか?
イマジネーションっつっても、ノーヒントで探さないといけない
積極性が出て来たフワだったが、皆と足踏みが合わないご様子で...前回のガルオウガの影響を受けている模様、そんな時こそフォローが大事
因みにララは数学は苦手って...やよいじゃねーかwwwwwいっそのことイカちゃんの頭脳を与えたいwww

って桜子完全にニアミス過ぎるwwwそりゃあ衣装着て後姿だったら人だと勘違いするよね
そして河童よ、コイツポーズしてないと死んでしまうんじゃないの~☆{/netabare}

34話 出た!〇〇の訪問者
{netabare}シンフォギアに最後のありがとうと挨拶した後にやってきた宇宙人
その姿がピンクボールじゃなくて...
サ ボ テ ン
しかし彼は嘗て他の星々を回っていたのだが...
その夜、仕事(シンフォギアXV終了後)帰りの母さんが助言を...

その翌日、そのサボテン宇宙人は別人だったことがあの監督から判明(ザルいのう...)
それで『謝るために』拳を握るのであった{/netabare}

35話 6年前を思い出す
{netabare}あの最強ピンク・マナ
そのポジションをまさかひかるが!?
3年前のリコの時は辞退したが...
そこに来るはカルロベローチェの桜子...明日はどっち?
いくらまどかと同じモノマネをしていてはいけなかった
『相手を理解すること』、それが最後の剣...!
なあひかる、貴女は会長じゃなくて、galaxyになれ...{/netabare}

36話 10/9ミラクル9におった追う者と追われる者
{netabare}去年と同じく映画は惹かれ合う
ブルーキャットを追う犬のおまわりさん
彼女が映画に出ることに...
だがひかるはお宝盗みに反対のご様子で...「話せば分かる」がトリガーになるか?{/netabare}

37話 賢者の孫のラスボスと同じく
{netabare}本来正体バラしはラストバトルに持っていくもんだが...
商店街に来た河童は昔の惑星を思い出して...例え種族が違えば争いは起きるもの...これが金田一やコナンだったら殺意に...
そう、令和になってもヒャッハー(私利私欲の第三者)は変わらなかった
住んでた惑星の資源は有限だった。幼かったときに奪われた
警察や法律は無かった
それで彷徨い歩いてた時にネストに出会った

「奪われる前に、奪えばいい」
それが今回の一件に繋がる
しかしそうなればネストは『理解できなかった悲しみの塊』か?
もしくは『理解への恐れ』か?{/netabare}

38話 2人目の発端
{netabare}
ぼっちだった一つ目、それを拾ってくれたのは...
最後の剣(イマジネーション)を探るべく、占いの星へ
そこにいたのは...そう、バケニャーンの老いた姿...
彼を真似ることで世界をうろつくことになったユニだった
代金代わりに沢山ある周りの星々を見て来いと...

そしてやっぱりの結論だった
家康「憎しみでは駄目なんだ!」
それが顕現する条件だった
最初の剣を手にし、
ビッキーと同じく手を差し出したユニだったが...{/netabare}

39話 天狗の過去と〇〇は基本
{netabare}ユニが変装して奴らを騙していたならば、それを応用するのみ!
ってことで...
しかし、何故煌びやかな惑星だったのに、河童と違い、ヒャッハーに奪われなかったのに自ら星を裏切った?
笑顔が建前に見えたからだった
でもえれなは昔、ハーフだった故に皆から距離を置かれていた
しかし、それを救ってくれたのは...{/netabare}{/netabare}

40話 そして終わりへと向かい出す
{netabare}やっと動き出したまどかの親父(何故前回現場に第三者が...?)
初代ぶりぶりざえもん「じゃあな...」
とは言わせねえ...!!
トワよ、国民の力でアレを、カ・ディンギルを建てよ

あの覆い被さるシーン
完全にメイドラゴンと一致なんだよなあ、ひかるがトールでララが小林さんで、フワがカンナという、ほぼ奇跡的な立ち位置...!

しかし...いつものバトルが、去年のはな達とは大違いだった...!!
例えまどかの親父に流されたとしても
私は私なんだルン!
これが、2本目の剣...{/netabare}

41話 れいか「...!!」
{netabare}7年前...
体は氷で出来ている。
I am the bone of ice.

血潮は水で、心は鏡。
Water is my body, and mirror is my blood.

幾多もの道を歩んで不倒。
I have run through over a thousand roads.

ただ一度の棄権もなく、
Unaware of stand still.

ただ一度の完走もなし。
Nor aware of completion.

走者はここに独り、
Withstood pain to endless marathon,

吹雪の丘で氷を育む。
waiting for one's arrival.

ならば我が歩みに意味は不要ず。
I have no regrets. This is the all way.

この体は、無限の氷で出来ていた。
My whole life was "UNLIMITED ICE WORKS".

かつての弓兵が遺した意思を、まどかよ、継ぐがいい
そして心で叫べ

ペルソナアアアアア!!{/netabare}

42話 選ぶ笑顔
残る剣は2本、となればひかるは早くてもクリスマス、遅くても新年に持ち越しだろう
まどかの道は選択肢として残った
ならばえれなの道は?
その笑顔は建前か?本音か?
そんなん黙って「ちょせえ!」でぶっ飛ばせ
肩からの砲弾
完全にMega Death Partyじゃねーか、やだーwwwww
それでも天狗は皆、笑顔は建前だと思っている
しかし、剣は...

43話 発動する「個性」
アンタの母星で、答えを見いだせ
そしてえれなは答えを見出した
そして貴女の夢は...?
笑顔もそうだけど、涙でも仮面は作れることを...

44話 デスパライア「!?」
はえークリスマス
その時、奴は動き出す、そして、例のアレとは何か?
カワリーノよ、もう10年以上経ち、悪の在り方が変わり後悔してるだろう...

投稿 : 2019/12/14
閲覧 : 232
サンキュー:

5

十万億の微笑み さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:今観てる

世に二つとないズタボロ作品。全くの倫理破綻。※随時追記

結論から言えば最低最悪です。
※字数制限のため日時の古い追記は新規と入れ替え&各項目に要約して追加。


×キャラクター
・羽衣ララ
 先にプリキュアになられただけでひかるに直接お門違いの不満をぶつけても(逃げる事しかしてないくせに烏滸がましい)
情報を足で稼ごうというひかるに対して分析をただ待つという対案になってない意味不案を持ち出して発狂しても(並行してロケット修理ぐらいしろ)
ロケットの中に入ってきただけに過ぎない仲間達を追い出しても、宇宙の危機は承知でロケットの修理をサボって遊んでた自分を棚に上げて八つ当たりしても、
AIに介護されてる癖に他人に訊く事すらせず水入ったバケツひっくり返して涙目敗走しても(相手は謝ってる)、全く悪びれもしなければ謝らないってよくこんな不良品をゴリ押そうと思ったな。

 殊第二話に関しては、嫉妬をひかる本人にぶつける陰湿さを発揮してて悪い意味でギャップがすごかったですね。
二話以外では、大人しいけど根は明るいみたいな人好きするタイプに見えましたが、そんなことは無かったみたいです。
伝説のプリキュアが目の前に現れたなら、興奮冷めやらないし変身する方法を探るのが普通でしょうし、
悩むにしてももっとノットレイダーと戦う力が欲しい、故郷を救いたいといった切実さがあればいいのにただの醜いやっかみ。
自分が落ちたからって試験に受かった人に噛みついてるぐらいノリが軽いしみっともない。
いっちょ前に文句言うくせに自分は何の努力もしなくて提案も論外とかストレートにどうしようもないク×なだけ。
あまりにもダメダメすぎてオレスキーには大層気に入られるレベルのアレですね。
 こんな嫌わせたいとしか思えない描写にもかかわらずバンク等ではぶりっ子させてるのが痛いです。いかにも作ってる感じで臭い。
端的に言って生理的嫌悪感しかないです。キュアピースに迫るだか超えるだか世迷い言のたまってた節穴さんたちまじドンまい☆ける。

 贔屓するからにはスペックを盛ったり描写を拘ると思ったのですが、頼らないと決めた翌日に結局縋るほどAI無しじゃ不能も不能。
二桁の計算も自力で出来ないほど能無しってAIが壊れた時どうするんですかね。百億光年の孤独を抱えて船内で黒い幕を閉じるか
どこかに不時着したとしてもコミュ力も無いんだから客死確定では?流刑に処された罪人かというくらい無理無謀無明ですね。
 また、敬語は使わない方が効率的と得意気に抜かしてからの「お邪魔してます」「ごめん」「ありがとう」(全て遼じいへの言葉)に加えて
AIにはしっかり敬語を使わせる出鱈目っぷり。ずぶの素人でもお気に入りキャラぐらいはきちんとお世話するのに。やる気、無し!w
モップを渡されてバケツの水ぶちまけるってのも本当に地頭悪すぎですね。びちゃびちゃのままやるならまだしもどんなけパーなの。
 ちゃん付けで怒ってた癖に激寒呼称のルンちゃんには無反応なのもすごく杜撰です。呼び方ごときで一話丸々使ったのに無に帰すなよ。
韓国人をニダちゃんと呼ぶのと同じで名前にちゃん付けよりかなり失礼だと思うんですけど。頭サマーン星人ヤバすぎ。
 周りからもヨイショされるかと思えば、学校に来たかった理由を尋ねられて「地球の文明に興味を持ったから」と答えるも嘘八百だと弾丸看破され
なんともダサすぎる本音「楽しそうだったから」を吐き出させられる有り様。ケンネル星でも「あんな挨拶嫌」と蔑んでましたし全く無礼で下品で幼稚ですね。
尊重する気はさらさらなくて映画や漫画を下らないだの何だの切り捨ててたノットレイダーと違いはあるのでしょうか?
レインボー星に来て犠牲者はただの数じゃないとか言ってましたけど、他所の星を学ぶ気も無ければ敬意を払う気もない奴が何言ってんだって話です。
えれな回同様他なら誰でも良かったのに致命的なるミスチョイスを二度も致しますか。悪臭放つ媚びバンクで力尽きてしまったみたいですね。

 挙句の果てには、、本を逆さまに持つ描写をまた引っ張り出す引き出しの少なさ。バカかわいいと騒がれたかったのでしょうが
漫画の見方も分からないって洒落にならないですよ。文字はおろか人物や風景の上下も判らないって、どうすればそうなる?
おそらく文字しか書いてなかった本を上下逆さまに持ってた頃より明らか退化してる。全身羽衣ララって損なのー?←損なんだよっ!


・ブルーキャット
 義賊のつもりらしいが悪人とは言い難い金持ちたちから盗るのは普通に手癖が悪くて薄汚い泥棒ですね。せめてノットレイダーだけ狙えよ。
再登場させてまでドラムスを悪い奴に仕立て上げようとしてましたが、初回の「タカビーだけど根はイイ奴」の印象は突き崩せず終い。悪足掻き。
同じドラ息子でも時代劇でよくやっつけられる、街に繰り出しては人ぶん殴ったり店荒らしてるような悪代官のそれの足元にも及ばないです。
そういう、法で裁けない悪党を成敗するダークヒーローだからこそ義賊は魅力ですがポイントを全く押さえてないのが涙を誘います。
 そのドラムスとの勝負はあくまで互いのペンを賭けるのが条件でしたのに他の宝に手を出して恥ずかしくないのでしょうか。
ドラムスは自ら宝を破壊し始めた時でもペンを渡さないとは言ってないのに一方的にルールに背いてます。激昂して周りが見えなくなってる人より分別が無い。
オークションの品を盗まれたり宝に手を付けられたからゲス化し、怒り狂ってしまったと考えると整合性が取れるのですがそういうことですか?
自分の都合で他人様を苦しめ狂わせてしまう犯罪者、罪深いことですね。

 プリキュアも正義のヒロインなのにこんな犯罪者に手を貸すなんてどうかしてます。何故、助けた人に見返りを求めてそれを盗人にくれてやる必要があるのでしょうか。
目的によって手段を正当化出来るとするなら寄付さえすればその辺の人間からスッても強盗しても可という事になるのに愚かしや。
故郷のレインボー星を石化して強奪した宝を売り払った仇敵アイワーンと同じことやってる泥棒もそいつを助けるプリキュアもくそダサいです。
弱者を盾にしないだけアイワーンの方が見てて気持ちーねー!敵に見劣りしてる正義の味方ってなんなんでしょうね、ア×なんでしょうね。
8話だかでどんな理由でも人の物を取ろうとすることは外道と同じとか描いてましたけど、轢き潰されて全くの無駄と相成りました。南無。

 他所で見かけた批判「アイドルならチャリティー活動しろ」は大変俗な言い方ですが正論としか言いようがないです。
セコセココソコソ盗むよりよほど金が集まってくるし法に触れず啓発にも繋がりますからね。
1人でも多くの人が他人を労わる気持ちを育めばそれだけ世の中良くなることは間違いないです。
そんな体たらくで義賊を気取ったところでただの言い訳、自分の盗みを弱者のせいにしてるのと同じ。卑劣。
付け加えればマオの姿でドラムスに接触すれば難なく入手できたんでは?バレてないしすぐデレデレするんだから余裕でしょう。
展開の為の展開をやったばかりに二重三重にやらかす大馬鹿マジック。CrazyGonnaCrazy.

 同じ東映でも極悪非道のギャングから盗品を取り返してるだけでも本人たちは盗人と自覚していて
もう一方の主人公側も呉越同舟で共闘はしても犯罪者だという認識は変わらなかった戦隊をやったばかりでこれか。
長年勧善懲悪のヒーローものを取り扱ってきたからには倫理観はしっかりしてるのかと、思ってた。

 更には本来の姿は耳や尻尾だけでなく肌や鼻も特徴的なのにプリキュアに変身すると
耳と尻尾だけがあるブルーキャットを基にしたデザインのキュアコスモになるのが終わってます。
ありのままの姿を受け入れるのが多様性なのにこの様は何なのでしょうか。個性を奪い去って何が多様性ですか。差別でしょう。
この点でもモノアイでも肌が浅黒くても手を加えず受容するノットレイダーに完全に劣ってます。

 出て日が浅いある意味期待のルーキーは紛う事なき犯罪に走ったことでチキチキク×キャラ猛レースのトップ独走中❢❢❢
ゲストも主役のプリキュアも食って心を闇に蝕ませたり、口では否定しながら犯罪幇助させる勢いには目を見張るばかり。
こんな汚らわしい犯罪者に多様性を象徴する虹色を使う、これほどこのアニメのズレっぷりを象徴するものは無いですね。
敢えて書けば犯罪は多様性でも容れられないですよ?他人の権利を侵害する行為が認められるわけないだろ・・・。寛容のパラドックスも存じないらしい。
虹=多様性のイメージを培ってきた人々への嫌がらせ超えてガチアンチ行為に他ならないですね。
最早このアニメをぶっ壊してくれることしか望んでなかったとはいえこの働きは想像以上のもの。やば。


・香久矢まどか
 強硬派の娘にしたくせに少しずつ誤解を氷解させるわけでもなくあっさり懐柔されるしょうもなさ。
自ら触れたこともないのに親の教育で偏見を持ってるキャラというのは多様性を描くにあたって大事ではないのですか?
誰しも知らないものを恐れたり善からぬ偏見を抱いてるものですが、自ら確かめて誤りと認める事が共生社会への一歩ですからね、ヘラパンニ…。
 連チャンでメイン回ぶっ込まれても父親の傀儡から抜け出す気配は微塵もなく、それどころかより深刻らしい事が見て取れました。
弓道は自分と向き合う競技だと言われて、オヤジにベッタリの自らを省みなかったのでしょうか。疑いすら持たないって末期でないの。
中学生になってもあれしろこれしろと命令するばかりで個人として見ない親をパパパパパパパパ慕うって、何を見せられてる?
夢の途中で気が付けば知らぬ間に随分もう娘に避けられ距離置かれるようになった冴えないおっさんが自らを慰めているかのようだ。

 取り敢えず何をするにも他所の星行っても父親の影ばかり追うdaddyのdolly、しかし誘われれば思いを裏切りサボる半端者。
常識がズレてるとか陰ではだらしないといった真面目・金持ちのテンプレ味付けさえも無いとここまでつまらないのか。
映画ポスターにも表れてる様にひかるとララ×スが中心で、まどかはえれなと併せてトロフィーワイフもといトロフィーフレンドであることが存在意義みたいですね。

 いいとこのお嬢キャラでも一休さんの露姫は家の都合に猛反発するほど自立してて好感が持てます。
べしゃりも上手いし親や暴漢にも怖気づかない胆も据わってるし付け届けのような不正義には丸太落としで阻止。
暴れるだけでなくて仲間と安楽を分かち合ったり艱難には心を痛める人情をきちんと持ち合わせてるから格好いいです。
およそ半世紀前のアニメが婦女子の自立を描いてる一方で、こっちは多様性テーマで親のパペット?ちょっと何やってかわかんない。


・星奈ひかる
 こんなアニメの主人公だというのに意外にもマシな方に入るキャラクター、だった。
まどかを無理矢理連れ回して習い事をサボらせたこと以外はそんなに思うところは無かったのですが、ドラムスに助けた恩を売って
あろうことかブルーキャットに宝を差し出させるという、まさに盗人に追い銭のような真似をさせたことに引きました。

 一休さんにも助けてやった見返りを桔梗屋に求めて、さよ坊含めた寺の者から一時的に総スカン食らった話がありましたけど
桔梗屋に謝礼分の物資を直接貧しい人たちへ配らせてたから腑に落ちました。人助けするにもお金は必要ですし、貧困を目の当たりにさせるのも大事なことです。
だいたいこういう星って郊外はスラム街と決まってんですから、強請るにしたってそういう人たちへ自ら配給させれば面子が保てたのに、
本当に配ってるのかわからない奴に一任するって頭イッてんじゃないですか、盗品売り捌いてるような奴を肯定するって。
同じ会社が製作したオリジナルアニメとは思えないぐらい差がドイヒー。かつての気配り見る影もなく。

 ついでに、過酷な環境でも良さがあるとか無神経抜かしてノットレイダーから尤もな怒りを買ってましたが
増税も楽しからずやとかなんとかの広告出して炎上した豊田商事もとい某自動車メーカーを思い出しますね。


・天宮えれな
 問題児や犯罪者といった頭キラヤバ揃いのプリキュアの中では一番まとも。その代わり出番とトレードオフで(メイン回の筈なのに変な触角の虫けらに割り込まれるほど)
それに伴い、周りがろくでもないことをやらかしても止めなかったり乗っかる共犯に仕立て上げられてます。明日を得る代わりに冷や飯とは実に気の毒なことです。
主にあの田吾作星人のヒステリーを注意しないもんだから周りも同時に評価下がりますよね。クラスメイトや桜子はきちんと注意してた分余計に呆れる。
特に、せっかくドラムスとの諍いをペンだけで収めようとしたのに後ろから↑の強請り集りに撃たれたのは、熱く切なくて・・・。

・フワ
  喃語から急にペラペラ喋り出して気味が悪い、正義感に共鳴するでもなく自分を守るという都合がよい意思にだけ反応して力を与えてるのが気持ち悪い。
ブルーキャットに対していいにおいいいにおいとやたら言うのも普通に引きますね。一回だけでも危うい発言を何度もって完全にやべー奴。
ヒロインたちにセクハラかましながらもばぶばぶよちよちされたいおじさんが宿ってるだろ、これ。やべー奴。

・プルンス
 えれなと同じく脚本によって無礼者にされたり、盗人にそそのかされて言を曲げるなど問題も見られるものの、基本は正常で
何も努力してないくせに力だけ欲しがる戯けた陰キャに当てつけるように拳を振るいノットレイダーと戦うなどまともな武類。
ケンネル星でスターカラーペンを渡すようしつこく求めた時はあたかも悪者のように扱われてしまったが
17話での新基準によりそんなに間違ってなかったことになった(つべこべ言わず盗む・強奪するのが正解☆

・AI
 休憩も挟まず酷使するだけで作業効率を口にしてるとんだ欠陥品。地球の科学に明らか劣ってる。ちゃんと進んでる異星人が廃棄したヴィンテージものの粗悪品なのでは?
兎も角AIがあるからと勉強もせず何でも委ねてると何にもできないサマーン星人のように堕してしまうと、来るべきAI社会に警鐘を鳴らしている社会派描写と言える。

・遼じい
 劇中唯一の癒やしキャラクター。ゴミ溜めの鶴。箱の底の希望。
相対評価抜きに真人間なのだが、善意に付け込まれてプリキュアどもにまるで無人かのように挨拶も何も無く
天文台にズカズカと汚い足で奥に上がり込まれるという、まともな奴ほどFeel so badな悲劇に遭った。
脚本のせいだけど破落戸のgo-getterならいざ知らずちゃんと身分を明かした公務員相手に、お願いされてないのにとぼけるのは不自然すぎ。

・ノットレイダー
 倫理が破綻している作品でもちゃんと悪役として悪役やってるだけで正常。
特定個人の私兵として働いている点はホコリ玉の手下どもと同じで一見ギスギスしてる様ではあるが、
誰かさんたちとは異なり気兼ねなく文句を言い合いもすればきちんと褒めたりと肝胆相照らしてる連中。
三人で制御するノットリガーを練習も無しに最初から息ピッタリで動かしたのも全く説得力があったくらい。

・カッパード
 過酷な環境に生きる者たちに上から目線で配慮に欠ける失言をしたひかるに正当な怒りをぶつけた戦士。
宝物庫の場所も探り当てられない怪盗を尻目にバルコニーから穏やかに侵入したばかりか
ペンにしか興味を示さないが故に泥棒に便宜を図って金品を無心した犯罪幇助人たちとは違って紳士に見えた。

・テンジョウ
 出始めたころは陣形を組んだり目くらましをするなどの戦法を駆使していたが早くもネタが尽きたのか
手下をあっけなく蹴散らされてすぐ逃げたり人間をダサいノットレイにして巨大化させるだけの雑キャラになった。
妖怪がモチーフなのだからノットリガーとは別の怪物、何とか入道にでも変化させればまだいいがその程度の芸も無いらしい。

・アイワーン
 知性派のつもりらしいがAIに介護されてて実の伴わないトンマエイリアンとは異なり、一人でも根気強くペンを探しつつレーダーの精度を反省する学者肌な面を見せたり
バケニャーンに諫められてもヒステリーを起こさず失敗すれば気まずそうに強がるという愛嬌もあるので正に対極に居るキャラと言える。
ピンチに陥っても石化した人間からノットリガーを生成する可能性に賭けた点も、チェーンスモーカーのごとくペンを使い捨てる集団に見習わせたい姿勢。

・バケニャーン(ブルーキャット)
 上に書いた通りアイワーンとの掛け合いは一種の清涼剤だったのだが大変残念な結末(ブルーキャットの変装)に。
自分の星を滅ぼした組織に入り込んでいるという設定は有名どころで言えばジュウオウジャーのクバルと似ているが
組織の重役を担っている発明家付きの執事を任される割には相応の働きを見せてないので都合展開にしか感じない。
二心を抱くキャラは人一倍忠義を見せて疑心を抱かせないように勉めるのが定石では?少なくとも何かしらの実力ぐらいは見せておけという話である。
変装できるから入り込めてましたではあまりにも安い設定でお粗末としか言いようがない。レンタルおじさんか。

・ガルオウガ
 出番は少ないが逆切れヒステリー星人とは違い怒鳴るなどの失敗続きの部下にパワハラは全く働かないどころか
周りから侮られている子供のアイワーンの実力を認めを幹部に据えるなど度量が窺えるリーダーである。

・ケンネル星の住民
 プリキュアをノットレイダーと同じだと早々に見抜き喝破した予言の民。
ペンを取ろうとする態度を非難してのことに過ぎなかったのだが、あろうことか
人の物を奪う泥棒に手を貸しプリキュアとして迎え入れてしまったため現実のものとなったのであった。

・ドラムス
 初登場した時はマオに頼まれてプリキュアをオークション会場に入れてやったり
面子を保つ為とはいえまどかを称えてペンを譲るなど悪どさの欠片も見えなかったのだが
脚本都合でその二話後には生身の人間を閉じ込めて危害を加えるという、ノットレイダーでもしない悪行に走らされた悲劇の人。
自分が競り落とした宝を盗られっぱなしになっただけでなく、宝物庫の品々さえもプリキュアに強請られ譲らされた悲運の人。

・レインボー星の住民
変化の能力を人々に恐れられレインボー星に流れ着いた流浪の民。
石化を逃れ生き残った同胞のブルーキャットことユニに変化の能力を悪用され
仇であるアイワーンと同じ犯罪を働かれている。要は死体蹴りをされている哀れな人たち。
こうして二重にダサくて罪深いことが浮き彫りになったのであった。


×勢力
・捜査局
 まどかの父が長官を務める捜査局は協力する立場に押し込めないと詰むとはいえ、そうなるにしても振り回し方が酷いですね。
無許可でデカい飛翔体飛ばしたり爆破したりと、人々を不安に駆らせるテロ行為に及んでる映画監督ごときに外交問題ガーと
植民地根性丸出しの発言をしたかと思えば、首相の鶴の一声を聞くや否やヘラヘラと胡麻擦りに走る木っ端役人ムーブが本当にド酷い。
高名な映画監督が鬱蒼と生い茂る夜なのに独りでカメラ片手に彷徨ってておかしく思わないのでしょうかね?
限りなくルックスライク自分を有名監督だと思い込んでいる精神異×者が官憲に通じてしまうおっそろしい世界。
親の側が小学生相手レベルの嘘に騙されて誘拐されたり孤児院なのに里親の審査をまともにしてなかったどっかのチャージマン並みです。
こんなみんな純粋で人を疑う事をしらないアンパンマンのノリ持ち込むなら最初からそんな組織出すなよという話です。
ご覧の有様にもかかわらず16話になって実は不本意だった、まだ疑ってるヅラしてましたが今更何を言ってるのかと。もうとっくの昔に終わってるんだよ。

・宇宙星空連合
 宇宙星空連合に至っては捜査局よりもドベです。スターパレスが壊滅して全宇宙存亡の危機だというのに自称職員は映画撮影なんかに興じてます。
それでもララ×スの不法滞在を咎めて強制送還をするかと思えば、演技が良かったとかいう謎理由で急遽独断で取り消し。いい歳こいて心配になるくらい権力描写がめっちゃくちゃ。
そんなペーパーユニオンにゼニ―星やレインボー星が非加盟などとわざわざ説明されてましたが、この人は野鳥の会に入ってませんと紹介されるぐらい何も伝わりません。でっていう。
 この宇宙星空連合の扱いには本当に驚きましたね。プリキュアを支援する組織が出てきて舞台設定も掘り下げてくれるだろうと思っていたのですが、その真逆。
星空界の、恐らく、最大の組織が、町内の異変は嗅ぎ付けてる、地球の一国の一組織未満の認識って、ほんまに?
あまりにも不自然すぎて騙りなんじゃないかとまだ疑ってます。そういうアニメだと思い知らされてもさすがに捨てるに捨てられない。
スターパレスはどっかのバイストン・ウェルみたいに常人には知る由もない異世界なのかとも思いましたが、例の×ス(のAI)でも異変を感知できたくさいのでそれは無いか。
せめてスタープリンセスが色々語ってくれたりサポートしてくれれば結果オーライなのですが終わり際にお礼台詞言う些末な出番だけ。
自ら大枚叩いて新たなペンを入手してくれたドラムスや、届けに来てくれるノットレイダーの方がよっぽど協力的と言えますね。


×アイテム
・スターカラーペン
 敵も味方もしこしこ集めてますが劇中での描写が完全に失敗してる。
全宇宙を守護するスタープリンセスの力が宿ってるとの謳い文句なのに敵はちょい強めの怪人や怪物をつくれるだけに止まり
プリキュアに至っては新技を獲得するでもなく、易しめの間違い探し程度にしか必殺技が変化せずセーフティロックでも掛かってるのかという程に貧弱。
倒すとドロップする形式ならまだしも戦闘中に手から落っことしたり盗まれる接待プレイをかます敵さんも敵さんなら、
誰が言ったかそのお届けデリバリーに頼ってばかりで、今ある力を使って状況を打開できないプリキュアも情けない限り。
差別化出来てないからそうなるとはいえ、ペンが即死蔵化するのが頂けないですね。最近の特撮より大分アイテム数が少ないのにどんだけ活かさんの。
その回で手に入れてすぐ使うのがルーチンなのでブルーキャットが手渡す流れも全く盛り上がりません。渡す奴が違うだけで販促ありきの激流に流されただけ。
 こういう変身ヒロインものの乙女座♍と来たなら大正義扱いで断トツの力かと思ったのですが例に漏れず手抜きバンクでガッカリ。
ところがどっこいどっこいどっこいのどんぐり性能にもかかわらず入手回が入手回(犯罪幇助)なだけに悪い意味では印象に残るのでした。 
 それからバンク飛ばして見てるから忘れましたけどサザンクロスアタックだかで使うあのぶっとい蝋燭はただでさえアレな戦闘をさらにつまらなくしてますしダサいですね。
百均とかド田舎の生協の菓子コーナー隣接の玩具棚で売ってるなんちゃって魔女っ子ステッキの方が洒落てる。


×ストーリー
 普通ならペンが敵の手に集まると一巻の終わりぐらいに止めておくものですが、三話の時点で既に予断を許さない状況で
さっさとスタープリンセスをみんな復活させないと宇宙滅亡というタイムリミットが課せられてます。何クールアニメの設定だよ。
というか、こんな状況にもかかわらず学校に闖入して遊びくさっといたくせに急に使命感生やして発狂した例のゴミ×キーが、
まるでホームラン級のバカで白痴でノータリンみたいじゃん!事実か。こりゃいっかw

 異星に行く回はゲストの面々に尺が割かれたり風景など色々違う分マシと言えるのですが、
日常回はすごくつまらないです。ゲストが藪から棒に突っかかって来たりしていちいち衝突起こしてめんどくさいです。
その都度ジメジメさせないとお話書けないのか?とにかく暗くすれば重たいとか、メッセージ性が強いとか勘違いしてるみたいね。
間違いなく深夜帯ならエログロ鬱を盛って大人向けぶるタイプ。子供は勿論、大人の方も向いてない事には決して気付かない類。
 習い事を勝手に決めて自分の理想を押し付けてくる父親、心理攻撃をしてくるスポーツマンシップの欠片も無いぼっち選手
苦手ジャンルだとわかってて描かせようとする漫画編集など明らか言動に問題抱えてる「敵」を設定しないと描けないんですね。
つまんなくてもいいので大会に向けて一緒に特訓とか結婚式のお手伝いといった明るい話にしてほしいです。
 そういう「敵」を出すのは見逃すとしても、何故そうなったのかという説明がない上に勝手に改心するので意味がわかりません。
一方の描写だけで済ませようとするなんて大した多様性ですわ。まさかまどか父も反エイリアンになった経緯描かない気じゃないよね。

 細かいところで言えばロケットの扱いも大分無理があります。劇中時間は不明ですが数話経ってるにもかかわらず
ロケットが白昼堂々飛んでも住民は映画撮影だと未だに思ってます。仮にも有名な監督がロケしてれば間近で観に行こう撮りに行こうとする人は出てくるでしょう。
それ以前に山に落下した時点で明らかに人が集ってきてバレるでしょう。カプセル設定なんか生やしたところで遅すぎ。
ただでさえバズ欲しさに自らの迷惑行為でも撮ってネットに上げる人種がいる時代なのに全く世相反映してません。人間舐めすぎですね。
最初から誰にもバレてないことにした方が遥かに賢かったのに要らんことして。これ本当に大人がつくってるの?
 及び、ロケットの部品をどうやって調達したのかについて説明なしなのは無理がありますね。中学生がどうやって揃えるんですか?
大人連中なら余程高価でない限りいざしらず子供があんだけ買い揃えられますかね。まどかは親の玩具だから自由にお金使え無さそうですけど。

 ブルーキャットの正体バレも問題です。プリキュアに自らの正体を明かす意味が無いのは勿論
屋根の上で変装を解こうものなら監視カメラどころか監視衛星に映るのではないでしょうか。
無法地帯とはいえ高級リゾート地ですからセキュリティーは万全でしょう。即時配信され星空界全域を揺るがしそうなものですが何故かバレてません。
他にも変身が解けて生身なのにノットレイダーが怯むくらいの噴射圧でロケットが間近に着陸(光線銃を撃って落とそうとしないのも謎)
ドラムスの屋敷に閉じ込められた時に至ってはカメラでバッチシ見張られてるにもかかわらずマオの変装にノーコメントで終わるなどグッダグダ。

 前の話と繋がってない展開もいくつかあるのもそれはそれは致命的。
上に書いた通りララの見苦しい自己矛盾ヒステリー(サボリ・ちゃん付けなど)もそうなのですが、
プリキュアがドラムスを強請りブルーキャットに宝を渡させて幕を閉じた衝撃の17話の2話後で
奴のアジトでその時接収させた宝の山を見たまどかが「ブルーキャットが奪ったの!?」と驚く場面があります。
施せば犯罪に走ってもいいという立場を取るなら取るで貫けばいいのに尻尾きりに走ったみたいですごく印象悪いです。
倫理も義理も欠いてる主人公勢って一体全体何があんねんこいつら。目を疑うほどの行き当たりばったり。
憶測にすぎませんが、いくら何でも一時共闘するだけで金目の物をくれさせてやる展開では無かったのでしょうが、
「仲間にするんだからもっと距離近づけよう」みたいな安易な考えで変更した為に浮いてしまった台詞の気がしてなりません。
 道を踏み外した結果倫理もストーリーも破綻してしまうなんて、やっぱり、人間正直に生きるのが一番ですね。


×戦闘
 華のない必殺技さえもろくに駆使せず、かと言ってバンク無しでがんばる訳でもなく敵とちょっとじゃれ合うばかりの手抜きバトルが毎度お馴染み。
おニューのペンが出る時はあっさり手に入れマイナーチェンジ版必殺技使って終わり。色んな技で敵を蹴散らして爽快だった他のプリキュアが恋しい。
サザンクロス回後はそればっかり使う止めで終わり。ここまで酷い使い捨てアニメは見たことが無いですね。話もキャラもダメなら描写も駄目、聳え立つ×ソ。
その中でも19話は特につまらないものでしたね。仮にも幹部相手なのに一人ずつ銃のビーム受けるだけ。
太刀打ちできないくらい強いから幹部は狙いにいかないという体なのにこれでは茶番です。大事なペンをすぐ落としたり盗られるようなドジばかりとはいえ余計格落ち。
アイワーンだけノットレイを連れてこない謎縛りが悪い方向に炸裂しましたが、最初からしょぼくするだけで無意味でしたね。
他のプリキュアは仲間が雑魚を蹴散らしてる間に、一人二人で怪物と互角以上に戦うのに束にならないと戦えないって・・・ザコすぎだろ・・・。


×テーマ
『多様性』
・注意されない及び謝らないなどの特定キャラ贔屓(平等とは程遠い)
・ヒスパニック系のステレオタイプど真ん中『大家族で社交的な陽キャ』のえれな
(マイノリティを非の打ち所がないような聖人にするのは敬遠してるのと同じ。差別)
・人間に寄せた容姿にされる犯罪者キュアコスモ(多様性の枠外及び否定)
・父親や周りに流されるだけの人形のまどか(女性の自立・児童の人権尊重は無し)
・没個性の変身動機「ホコリ玉を守る」(モノトーン)
こんなんで何が多様性・価値観の違いだよ。気が違ってんじゃないのか?
何よりも悍ましいのは犯罪者のことは全く非難しないどころかあたかも多様性の一つとして描いてるのに
まどかで見られるように女性は尊重してない事。近頃問題になってるパンプス強要も当然のものとしそう。恥を知るべき。
 多様性を描きたいなら母子家庭やその陰に隠れがちな父子家庭・施設入所児童、力仕事してる女の人や主夫を登場させたり
異なる人種信仰国籍etc.同士で遊んだりしてる場面をごくごく自然に出すだけでいいのですが
逆に弓道大会の委員長が爺さん、編集長がおっさんという定番の属性なところにダメさが出てますね。
「偉い人=年食った男」の凝り固まったイメージをなぞって何の意味があるのでしょうか?何も考えて無いべ。
流行りだかに乗って多様性を騙る前にキング牧師の演説でも百篇読んだ方がいいと思います。
母親が長距離トラック運転手な上に女任せにしないで家事をする誠司を出してたハピチャの足元にも及ばない。

『宇宙』
 星空界とかいう異世界を旅する為の乗り物がロケットというだけで別に宇宙は関係ないですね。
モノホンの宇宙に行ったのは初回とサザンクロスがどうとか言ってた8話?ぐらいですか?
星座も結局は地上から観測するものなので宇宙要素は薄いです。これでも星空界の色んな星を巡ってればまだいいんですが
ペンを探す為に降り立つだけで現地人と全く交流しないドライな日帰りツアーなんで。利害が絡まないと他者とは関わらないって悲しいですね。


×倫理観
 最大の問題である犯罪幇助は既述の通りなのでここでは触れませんが17話のドラムスに対して特別言うことがあるのではないでしょうか。
プルンスが居なければ死んでる高さから落とし、手下に襲わせてきても、「悪い人じゃないから変身して戦えない」などと何故渋るのでしょう。
プルンスが実際レーザーに少し焼かれてしまった事に何も感じないのでしょうか?無力化・武装解除ぐらい何だってんだよ。
仮にも正義を気取るヒロインたちなら人を傷つけようとする行為には怒って然るべきだと思います。
 また、スターカラーペンを渡していただけるよういちいちお願いするのもズレてます。
相手は知らない事とはいえスタープリンセスが宿ってる以上は拉致監禁してるのと同じですからね。他人の生命・身体を侵害する自由はありません。
通告して、返さなければ非難する手順を踏まないからだらしなく見えます。守るべきものは何?


 そんなに沢山アニメは見てないですけど他に類を見ないくらい酷い創作と言わざるを得ません。
あまり炎上してないのはプリキュアブランドに守護られてるだけで、それが無ければ何とは言わないが
ク〇アニメの代名詞としてあちこちで引き合いに出されるあれやこれやと同じカテゴリーに入れられてることでしょうね。
或いは事はもっと単純で言うほど見てる人が居ないのか。
 もうこんな臭い作品を平気で世に送る病膏肓デビュースタッフには到底期待できませんし、
犯罪肯定集団のスタプリが先輩面して出るなんて想像するだに具合が悪くなるので、プリキュアの新シリーズはもぉマヂ無理。。絶対見なぃ。。。
 願わくばこんだけ酷くて目も当てられないものはこれっきりにしてほしい。
スタプリの前にスタプリなく、スタプリの後にスタプリなし。是非そうしてくれ。





※8/25分
×29話
ゴ×ルキーゴミ×キーと言ってたらゴミに関係する仕事に就いてたのが発覚したでござるの巻き。
AIを盲信して支配を賛美するサマーン星人の醜いこと。
誰もが宣託を疑うことなくそれに従って社会の歯車として生きるとはどこの敵組織の理想なのか。このアニメのことだから価値観の一つの形として否定しないまま流しそうだが、否定すれば2WAYショットでAIから父親に替わっただけのまどかの家にも直撃する模様。
効率を言うなら成人しているのだから家族やその他が表彰式に来る必要などなく、中継を見ていればいいのでは?報告ごときでいちいち戻るというのもまどろっこしい。通信網ぐらい整えろ。
極み付きはノットレイダーの襲撃を受けても駆け付けなかったドローンが、役人だか研究員だかがパニックを起こしただけで即座に駆け付け中継をしたことだろう。もはや効率以前の問題である。
警報まで作動しているのにこのポンコツどもはいったいどこで何をしていたのか?仮に戦えないにしても、どこに敵が現れたのか程度はすぐに知らせて避難を促すべきではないのか?
どこぞの虫けらの故郷だけはある支離滅裂さであった。
また、宇宙星空連合のリーダーなどを今更出されても何の感情も湧かない。
まとめあげてるなどと持ち上げられていたが、活動実態が無いのでわからない。強制送還も急に取り止めていいレベルだしな。荷物見ててと言われてほんとに見てるだけみたいな存在。
そもそも地球で活動してるアブラハムは本部と一切連絡を取り合っていないのか。プリキュアを組織に加えたいという意向など今まで一度も出ていない話だろう。
出立する際に「ペンが手に入る」とユニが言っても無反応だったのだからプリキュアの正体を知っているはずだが。知らないのならペンを見に行くだけの一行を家族に嘘吐いてまで送ったやべー奴になるが。
ノットレイダーもノットレイダーでダークネストから集めろと直々に命じられてるペンを宙ぶらりんのままにしていたのが意味不明。あまりにもふざけていて、思わずどこにあるのかと巻き戻して確認した。わざわざ斧置いてるクッパかよ。
盗るなら突っ立ってないでとっくに去っていることは明らかだろうに、被害妄想に駆られて盗られたとギャンギャン吠え散らすオチもただただ雑。AIに訊け。

※9/1分
×30話
AIに自我が芽生えるという脈絡を放り捨てた意味不明展開。芽生えは芽生えでも唐突に生えてきたとしか言いようがない。
愛情を持って接されたことで心が宿るのが定番だが、乗り物に搭載されてるコンピューターでしかない上に出番も少ないし、何処行ってもゴ×ルキーの介護をさせられていただけなので、全く以って思い当たる節が無い。
そんな体たらくなのでAIと過ごした場面のつもりで流された回想もまるでピンとこない。ロケットとの思い出やんけ。
こんなので自我が生えるなら他のサマーン星人のパーソナルAIとやらにも生えてくるだろうとしか思えない。付けてないので名前すら呼べず仕舞いな為、ここまで響かないお涙頂戴があるのかと驚いた。
「学校で教わった」などと虫がデカい口を叩いていたが、変わってると言われただけで効いてAIに泣きついてただけ、1クールぐらい学校描写が無くて最後も弓道大会だったと思うが取り敢えず居ただけだろう。何の重みも無い。
そして宇宙星空連合は相も変らぬ無能ぶり。ノットレイダーの存在さえ知らないような言動をするとは正しく呆れ果てた。スターパレスを滅ぼし、ペン目当てで各地を襲っている集団を未だ把握してないとはとんだ見掛け倒しである。
そればかりか、前回んら急に、近寄ってはいけないいかがわしい組織かのように扱われ始めて何が何やら。無能は無能でも今までの描写からするに害は無いだろう。こんな後半でペン一本入手しただけで表彰式なんか開いて、襲撃に対策もしないで。ずっとプリキュアだと明かさなかった理由をこれで説明したつもりなのか?
比較的初期から存在が明かされたのに行き当たりばったりも甚だしい。
また、身内が投降を呼びかけただけで状況が何も変わってないのに出頭しようと提案するのが急すぎる。最初も逃げる必要なかったろ。盗ってないなら盗ってないでその旨を主張すればいいだけなのに徒に疑いを深めただけ。
ワーストと言っても何を重視するかによって変わってくるのだが、取り敢えず基本設定が支離滅裂・戦闘もバンク突っ込んだだけの恐るべき雑さで終わったのでそういった面では最悪回の一つとして数え上げられるだろう。
ゴリ押しキャラメイン回でこの様とはどれだけ杜撰な現場なのか窺い知れる。ダメ回続きで麻痺してたがそういう連中だということを再び確認させてもらった。

※9/8
×31話
ついに始まったガルオウガ戦だがちょっと殴り合った後は必殺技乱打、ヒビ一つ入ってない腕輪が壊れて窒息しそうになりながら敗走というダサさで一気に格を下げた。
一人じゃないという流れで他が駆け付けた後に最後もタイマン勝負になっていたのも謎。
ノットレイダーの過去が窺える回想すら挟まれなくて守る守ると連呼するだけで、また要らないキャラが増えたという感じである。
ここ数話ウダウダやってる宇宙星空連合はライターの手に余りまくりで、アブラハムがプリキュアについてトッパーへ報告してなかったのがただのサボリだと判明。
実はプリキュアだと知らないのではないかとさえ疑っていたのだが、どうしようもなくつまらない結果だった。連合に入ると日常を失ってしまうから隠してあげたという気遣いも何も無かった。
また、プリンセスを守れなかったと涙するほどのトッパーであるが何故スターパレスに行ってプリンセスに会ってないのか?話をしてプリキュアに伝えてもらえばこんな遠回りをしなくて済んだのではないか。
合わせる顔が無いと言うのはただの逃げ。責任を感じればこそ恥を忍んで何か協力できないか打診してもらうのが筋だろう。少なくともノットレイダーの存在さえすらしらない雑魚に尊厳なんか主張できない。
そしてそんな体たらくの連合をあたかも避けるべき組織としてネガキャンしてたラ×カスはどういう了見なのか。
特定集団を名指ししてマイナスイメージを植え付けるのは歴とした差別だが?多様性テーマなのに相互理解を促すどころか対立させようとするとはどういう神経をしているのか。
ゴ×ルキーの言うことだからと周囲には聞き流されていたようだがこれは問題だろう。ゴリ押しキャラである虫けらにこんなク×ムーブをさせるのがらしいっちゃらしいが。

※9/15
×32話
「奪うなんておかしい」とガルオウガを咎めた結果、泥棒が言うなと正論で返されたユニが何とも惨め。敵に説教されたりクリティカルヒット打たれるの何回目だ?
痛い所を突いてくるなどと強がっていたが、弱味を自覚しているなら償いぐらいしたらどうなのか。悪いところがあると分かってて誤魔化す事しか出来ないとはか、ブライブサンシャインのパクリ騒動のスタッフかよ。
スタープリンセスが全員揃ってもフワが進化しただけで終わるとは何とも甲斐のないことである。せめてレインボー星ぐらいは復活させられないのか?
自分の一族の為だけに戦ってきたユニが自分の気持ちでプリキュアとしてみんなを守りたいという成長を見せてもいい頃だし、
力が100パーまでは戻ってないとはいえ、たかがダークペン一本が暴走して起こった惨劇程度も元に戻せないとは、本当に宇宙の守護者なのかこいつらは。
そのフワについて言えばフワを守るフワを守るとお題目唱えるプリキュアがカルトくさくて気持ち悪い。つくづく、ダークネストダークネスト崇めてる敵との違いがわからない。
更にガルオウガ二戦目なのにあの厄介なテレポート対策を取っておらず、バラバラに戦って各個ぶちのめされる酷い有様。素人で構成された烏合の衆か?
間髪入れずに複数で攻撃したり必殺技もちゃんと叩きこんでいた前回の方が上手く立ち回れていたレベルである。
早く始めて長めに時間をかけた戦闘だというのに無駄話をしては一匹一匹殴るの繰り返しでテンポが悪すぎる。まあバトル前にフワだと気付かないくだらないギャグを入れて水を差していたので、こんな様だろうな。
無駄に続いた宇宙星空連合との一件も引っ張ったくせに容易く引き下がってトゥインクルイマジネーションとやらの情報があれば伝えるというオチ。自由に航行できるよう許可証を発行するぐらいしたらどうなのか?
参加にこだわる理由があったのではないかと思っていたが何も無かった。脚本が飽きたから以外の理由が思いつかない。
ついでに「フワより自分が上だと思ったことは無い」とかのたまってたゴ×ルキーであったが、卑下するような発言をしている奴が言っても全く噓臭いとしか言いようがない。連合をあたかも使い倒してくる組織かのようにネガキャンしていたことといい、上下関係を設定したがるク×なのだから仮に下だとは思っていなくても上だとは思っているのだろうな。ひどく卑しい虫けらである。

※9/22
×33話
戦闘で既に役立ったにもかかわらず唐突に役に立ちたい役に立ちたいとヒステリーを起こし始めたのが謎とはいえ、
フワばかり責められているのはどうなのか。休み明けてから課題やってるバカ二匹はどうなんだ?
効率効率うるさい虫けらは予定を立ててやっていたとか言ってたが終わってないなら無意味なのだが。
上に書いた通りてめえが遊んでた癖に宇宙の危機だとヒスってた頃から全く進歩の見えない要領の悪さである。
ユニもロケットの中で腐ってるだけだったのが何ともだらしない。辺りを探るくらいのことはしたらどうなのか。
人手が増えたはずなのだが同じく手がかりの無かった第3話以下の探索描写でまさしく呆れ果てた。肉でも焼いてろ。
フワ関連でさらに言えばカッパードは何故捕まえなかったのか。捕獲命令が出ているのにご丁寧に何故ぶっとばして返してやったのか。今までの接待プレイがかわいく見える雑さ。
そしてまた雑魚殲滅に苦戦して何故かまたペンを使うことなく通常技ばっかり撃って新技撃って終わり。

※9/29
×34話
ポケモンのドレディアをキモくしたようなゲストに地球を案内する話なのだが、視察員で無かったということが発覚したのは後のこととはいえ、エイリアンが地球に滞在するのはご法度では無かったのか?直ちに連合が保護して航行禁止にすべき案件だろう。
強制送還の話を数話前にわざわざ蒸し返したばかりなのにこの体たらくなのだから正しく呆れ果てた。
そもそもプリキュアが案内する必要などどこにもないだろう。その力やペンの解析をして今後に役立てるという話でもあるまいし視察など勝手にやればいい事。
更に言えばアブラハムはトッパーが直々に命じて左遷となったはずなのに何故地球に居るのか。
正確には照明が並ぶスタジオらしきところに居たのだが異星だとしてもまだ何かの撮影をやって居られて、普通にサボる奴まで出るとはどれだけ無能の集まりなのか。
戦闘もとうとう雑魚が見てるだけで怪人任せでろくたらダメージも与えてないのに必殺技撃って終わり。
これが最終四クール目間近の話か。

※10/06
×35話
宇宙人を呼んで学校のみんなで案内するとかいう謎のプレゼンが行われていたが、再び航行禁止設定をシカトする暴挙に出るとはまさか思わず。
バカすぎて話にならないがそれは見逃すとしてもワープするのに連合の宇宙船で10年はかかるという設定は何処行ったのか。フワにやらせるのか?すっかり便利道具扱いだな。
そしてまどかを模倣しようとするひかるが反省して一転して対立候補の桜子の応援に回るのが意味不明。真似事がダメだと断じるのはいかがなものか。他人にも関わる問題な以上、先任者の良いところは受け継ぐのは良いことだろうし、そんなあっさりと引けるほどの熱意なら端から出るな。
身も蓋もないことを言ってしまえば泥棒に加担して罪も清算させない様な倫理の欠片も無い奴が立候補するなと言う話だが。まどかも他人の都合も考えられないこんなのを推薦するな。
戦闘中に出た「知りたいし知ってほしい」という台詞も何とも軽い。ペン欲しさで接触しかしてないくせに何を言っているのか。
まあ、タカビーに見えるが学校をより良くしようと目安箱で生徒たちから少しでも沢山の意見を拾って、膝を突き合わせて語り合うことも考えてる実直で健気な桜子が見られただけこの回はマシであった。くだらない絵空事に感けてトゥインクルイマジネーション探しを投げ出しているプリキュアもこの真摯さを見て大いに反省すべきであろう。虫けら含む他人に注意出来る姿勢もな。

※10/13
×36話
反省してるかはともかくプリキュアになった以上はもう犯罪に手を染めないだろう。そんな見通しは甘かった。全員で犯罪を働いた。最後も怪盗は続けるけど悲しませないとかいう改心らしき告白を聞いて納得する意味不明なオチ。
マフィアが存外話が通じると分かったり、警察も泥棒も相手を騙してるから同じだという屁理屈で黙らせる幼稚な場面もあり、考えたくないほどドベドベ。戦闘も前回に引き続きノットレイ棒立ち見守りと言う糞仕様。
倫理破綻とタイトルに冠していたが、ここまでトチ狂っているとはまさか思わなかった。
本当にこれ程ズタボロな作品は存在するのだろうか。

※10/20
×37話
コソコソと人気のない所でばかり襲ってきたノットレイダーが初めて街中で戦闘を挑んできたにもかかわらず、住民を避難させないで茶番で応じるのが意味不明。宇宙人の存在が知られると不味いなんて設定もう無きに等しいだろう。地球は滞在禁止だというのにサボローを連れ回した話をもう忘れたのか。その後も地球に他のエイリアンを呼び込むとか言っていたが?
ただ居るだけで地球にも他所にも特に興味を示していないどころかマウントを取りたがる虫けらが「地球に興味を持った」とほざいたことといい、独りで好き勝手やってるユニが祭りに進んで参加したことといい、設定と描写がいい加減すぎる。
そしてコスプレにさえUMAを絡めてきて何とも飽き飽き。色んな格好をするのが醍醐味じゃないのか。引き出しが少ないとは正にこのこと。
「素の姿で堂々居られるのが良い」とか言っていたユニぐらいか、面白かったのは。耳と尻尾を露出していいのにロケットでも何処でも変身しても獣人姿で居る事を許されず整形を強要されているクソ演出への熱い批判と言える。

※10/27
×38話
ハッケニャーンの姿をパクっていたというのが驚き。他人の姿でテロ組織に属するなど到底許されない事では無い。連合にはテロリストの一人として指名手配され賞金首になり、ノットレイダーにも裏切り者との関与が疑われて付け狙われかねないだろう。ここにきて別の罪が増えるとは思いもよらなかった。自分に代わって見てこいなどと言われてどう曲解すればこんな暴挙に出られるのか。
そしてレインボー星を滅ぼしたアイワーンに謝罪する意味もわからない。ただの因果応報だろう。こんなもので罪悪感覚えるなら窃盗をドラムス他に詫びるのが先だろう。
更に身も蓋もないことを言えば裏切り者とも何とも思われていない様なのだから、ノットレイダーに戻ろうと思えば戻れるはずだが?これで永久追放ものなら失態ばかりの他の連中はどうなる。
今に始まった事ではないがいくら何でも積み重ねとやりたい描写がまるで噛み合ってない。

※11/10
×39話
率直に言ってこんなえれなの過去エピソードは弟が出てきた時にまとめられただろ。
ユニが理不尽な整形をされていたり犯罪に手を染めてる状況で、違いは良いだの何だのとほざかれても時既に時間切れ。全く説得力が無い。笑顔で居る事に拘ってるから犯罪も何も注意出来ないのだろうな。
テンジョウの潜入ももっと早くからやって居ればいろいろ掘り下げられたのに全く空費も空費。鉱脈を少しも掘らずに捨てる脅威の無能采配。
戦闘も雑魚を放置するのを止めたかと思ったら吹っ飛ばす一枚絵を入れるだけで終わるという何とも手抜き感あふれるものだった。

※11/17
×40話
2クールもほったらかされていたまどか父が急にしゃしゃり出すのも不自然だが尻尾を掴むと言いに来たり無理筋。異星人は危険だと思っているのなら刺激しないだろ。追い詰められて暴走するとは考えないのか?
そしてクラスメイトとの絆描写もペラペラ。積み重ねがまるで無い。それもそのはず学校回自体ろくにやらずほぼ放置されていたのだから。
それでも誰か一人ぐらいは噂を否定したり、直接その目で確かめた訳でもないのに疑うのはどうかと疑問を呈したりしてもいいだろうが、流言飛語であっさり手のひら返して、相手が虫けらとはいえ集団イジメに走るとは何ともはしたない。
途中で差し込まれた字の勉強をしただの本がどうだのって話も薄っぺら。練習も何も描かずいつの間にか読めるようになっただけ・読むようになっただけ。捏造に等しい。
また、正体バレの回なのに目の前で変身する必要性が全く感じられなかった。変身してから現れても全く問題ないシチュエーションでこれとかいくらなんでも雑すぎるではないか。
アブラハムも何故地球に居るのか?追放されたと思うが宇宙の存亡が懸かっているのに報告を怠った罪はこんなに軽いのか。
戦闘はただただ冗長にバリアー張ってただけの安定の雑さだったのだが、その後に「異星人じゃなくてクラスメイト」とかいう爆弾発言が飛び出した。普通は異星人でも何でもクラスメイトであることに変わりはないと言うべきところだろあず、異星人であることは問題だから目を背けるらしい。そうやって覆ったって全く意味が無いというか覆うことこそ問題なのだがわからないようである。

※11/24
×41話
まどかが賛美される意味がわからない。会長として何かやった描写なんて何も無かっただろ。選挙の時だけかと思ったがまた空虚な称賛をやるのか。
あたかもまどかがプリキュアとしての活動を通じて父に意見出来るだけ成長したかのような描写だが、
当時ブルーキャットのユニの犯罪行為をきちっと否定していた昔の方がよっぽどまともだったのだが。
今となっては盗みに反対するかと聞かれて「良いとは言えません」にまで後退し、犯罪行為に手を染めていて目も当てられない。
戦闘はレインボー星回を除く今までの話と比較にならないぐらい動いてはいたが動いていただけでひたすら背後の取り合いで雑、射撃ばかりで雑、何と言っても他の連中がずっと床ゴロしてただけなのが雑。3回目なのに弱すぎだろいくらなんでも。
しかもまどか父が反異星人の態度をとっていた理由がただ命令されたから、とは何とも驚いた。何かしらの伏線かと思ったのだがこんな打ち棄てるか普通。

※12/1
×42話
端的に言って3話前の焼き直し。急に笑顔笑顔と言い出してひたすらしつこい。
義務的に行ってると勘違いして悩んでるとわかったのなら話し合えばいいだろうとしか言いようがない。そのぐらい話が薄っぺらい。こんな内容をまだ続けるのか。

※12/8
×43話
他と違うことを勝手に意識してただけで結局自己解決出来たえれなと、周りから嘲られてたらしいテンジョウを一緒くたにするのが無理筋。
自分自身の問題と周りの問題は全く別物。レイヤーが違う。
そもそもテンジョウの被害妄想にしか見えない。鼻が低いと見向きもされないというが、プルンスが変な同情を一人にされていただけでは根拠薄弱にも程がある。上から目線というのもトッパー直々に来訪されたことを誇ってただけで違うだろ。褐色肌だから雑にまとめたとしか思えないぐらいいい加減すぎる。
今回も笑顔笑顔としつこかったが、「みんなの笑顔」で流れた回想が身内だけで何ともお寒い。星空界の連中は全く関係ないと?どんだけ積み重ねてないか自白してるも同様である。
戦闘はまた主役以外は雑に転がされていただけ。工夫が無い。

投稿 : 2019/12/08
閲覧 : 109
サンキュー:

1

70366 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:今観てる

!?

自分で歌いながら変身するという革命をリアルタイムで目撃。衝撃的すぎる。

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 76
サンキュー:

2

石川頼経 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

なかなか面白いです

今回のプリキュアは宇宙人をはじめ、
様々なオカルトが大好きの主人公が活躍するお話し。
敵もカッパのような敵患部が出てきたり、
ロボット戦闘員のようなザコ敵軍団が出てきたりと
今までのプリキュアとは変化球でなかなか楽しい作品です。
これは期待度大です。

今のところ、プリキュア史上でも稀有なほどの面白さ、楽しさですね。
プリキュア勢も可愛いですし、敵幹部も魅力的。

特に好みは主人公のひかるちゃん、早くも人気突出の宇宙人プリキュアのララちゃん、アニメ史上でもレアな一つ目美少女の敵幹部アイワーンちゃんです。

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 113
サンキュー:

13

shanpon さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

今度のプリキュアは宇宙が舞台!壮大なテーマ!

ついに来ました!僕にとって8番目のプリキュアシリーズ!今回はついにモチーフが宇宙となるので壮大なテーマだと感じています。キャラデザは川村敏江さんと並ぶデザイナーである高橋晃さん!前作に続いて超大当たりなキャラデザです!前作でアンドロイドがプリキュアとなりましたが、今度はなんと宇宙人がプリキュアに…。ロケットが出たシーンで早くもテンションが上がりまくりました!ただ、しいて言えば主人公の声優が本業声優ではなくアイドルなのでそこだけ少し引っかかりますが…聞き慣れたら違和感がなくなってきました。ともかく今後に期待です!

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 53
サンキュー:

1

あおちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/11/21
閲覧 : 2

七瀬はじめ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 1

とらんせる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/04/04
閲覧 : 7

ASKA さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/02/03
閲覧 : 13

スター☆トゥインクルプリキュアのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
スター☆トゥインクルプリキュアのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

スター☆トゥインクルプリキュアのストーリー・あらすじ

わたし、星奈ひかる!星座と宇宙が大好きな中学二年生!

今日も星空をみながらオリジナルの星座をノートにお絵かき。
そしたら、いきなりその絵が光って、不思議な妖精『フワ』と一緒に宇宙へワープ!
ついに!ずっと夢見てた宇宙にきちゃった!!

次の日、部屋をとび出したフワを探していたら、なんとなんと、ララちゃんとプルンスっていう宇宙人に出会っちゃったー!きらヤバ~☆

でも、フワを狙う悪い宇宙人もやってきたみたいで……(TVアニメ動画『スター☆トゥインクルプリキュア』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
東映アニメーション
公式サイト
www.toei-anim.co.jp/tv/startwinkle_precure/
主題歌
【OP】北川理恵「キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア」【ED】吉武千颯「パぺピプ☆ロマンチック」

声優・キャラクター

成瀬瑛美、小原好美、安野希世乃、小松未可子、木野日菜、吉野裕行

スタッフ

シリーズディレクター:宮元宏彰、シリーズ構成:村山功、音楽:林ゆうき/橘麻美、キャラクターデザイン:高橋晃、美術:増田竜太郎/飯田理恵、製作担当:澤守洸/堀越圭文、色彩設計:佐久間ヨシ子、プロデューサー:田中昂/矢﨑史/柳川 あかり

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ