「ガラスの仮面[エイケン版](TVアニメ動画)」

総合得点
68.9
感想・評価
14
棚に入れた
70
ランキング
1308
★★★★☆ 3.6 (14)
物語
4.1
作画
3.2
声優
3.5
音楽
3.5
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ガラスの仮面[エイケン版]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

不良中年 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

短いけどこれはこれで良かった。

 先に東京ムービー版を見たので、あまりの駆け足に少々戸惑いもありました。
さすがに2005年制作の東京ムービー版とでは作画の出来が違い作画崩壊?と思うようなところもありました。

東京ムービー版が原作に忠実に淡々と行くのに対して、エイケン版は尺の都合上駆け足が目立と同時に結構話の設定を変えているので「アレッ」と思いつつもそれなりに楽しめました。しかし原作を知らない人が見たら話に付いて行くのは大変かもしれないです。

月影先生がマヤを見出すきっかけのシーンは無く、いきなり大晦日のラーメン配達勝負で始まり海に飛び込んだマヤを見た月影先生が「やっと千の仮面を持った少女を見つけたわ」とか言ってるのが可笑しかったです。

それ以外にも全編通して省かれたり変更されたシーンが多く原作を知らないと少しきついかも。

東京ムービー版と違い良い所は、絵は雑なんだけど感情表現する場面などが丁寧に表現されているなと思いました。声優さんの演技だけではなく絵でも微妙な感情を表現しているシーンがあり良かったと思います。

どちらが好きかと思いましたが、正直甲乙つけられません。東京ムービー版は絵が綺麗だし話も長くて長く楽しめる。声優さんもマヤの声はもうこの人しかいないと思ったけれど、エイケン版を見たら最初から違和感なく受け入れている自分がいてどちらも素晴らしいと思います。

面倒なことは置いといてガラスの仮面が好きなら黙って両方見ましょう!
絶対損はしません。

そうそう最後にオープニングの曲ですが作詞が売野雅勇さんで曲調も当時流行っていたドラマみたいで当時を知る人は懐かしさひとしおです。
難点なのはオープニングのマヤちゃんのダンスが戴けないです。

投稿 : 2018/04/12
閲覧 : 94
サンキュー:

0

ネタバレ

もじゃくん さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白い

現代版やドラマも色々と観てますが、やはりエイケン版のガラスの仮面が面白いと思います。あの世界観に、エイケン版の作画というか、その時代にしか出せない古さというかノスタルジックさが、今のCG全盛の綺麗なアニメには出せない味というか、そんなのか感じられてすごいハマりました。

投稿 : 2016/03/13
閲覧 : 164
サンキュー:

0

ネタバレ

kain さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

アニメは1984年版と2005年版がありまして、
他にもOVAや 安達祐実のドラマ版、演劇版に 『紅天女』の 能楽版まであります。
 でも1984年版しか見ていません。

最初に衝撃を受けたのは、
劇団の入団試験を受けた時に、「横倒しになっている椅子に座れ」
という問題にマヤが答えたところです。

その後も色々と有りましたが、紫のバラって高額そうですね。


投稿 : 2011/08/09
閲覧 : 346
サンキュー:

2

bee5000 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/07/16
閲覧 : 11

rosinbolle さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/12/28
閲覧 : 18

pORNZ25038 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/08/18
閲覧 : 64

タクボン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/02/10
閲覧 : 36

ガラスの仮面[エイケン版]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ガラスの仮面[エイケン版]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ガラスの仮面[エイケン版]のストーリー・あらすじ

13歳の北島マヤはどこにでもいる平凡な少女だったが、演劇に対する熱い情熱だけは誰にも負けなかった。ふとしたことから、かつての大女優・月影千草に素質を見いだされ、劇団つきかげに入団したマヤだったが、それは辛い闘いの日々の始まりだった。謎の人物"紫のバラの人"に暖かく見守られながら、幻の名作『紅天女』を演じることを夢見て、マヤは試練に耐えて成長してゆく…。(TVアニメ動画『ガラスの仮面[エイケン版]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1984年春アニメ
制作会社
エイケン
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BB%AE%E9%9D%A2#...
公式サイト
eiken-anime.jp/works/detail?work_id=23
主題歌
《OP》芦部真梨子『ガラスの仮面』《ED》芦部真梨子『パープル・ライト』

声優・キャラクター

勝生真沙子、松島みのり、野沢那智、中西妙子、北浜晴子

スタッフ

原作:美内すずえ(白泉社「花とゆめ」連載)
総監督:杉井ギサブロー、監督:坂本雄作/角田利隆、キャラクターデザイン:国保誠、総作画監督:進藤満尾、美術監督:金村勝義、美術デザイン:遠藤守俊、音楽:大谷和夫

このアニメの類似作品

この頃(1984年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ