「グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION(アニメ映画)」

総合得点
68.5
感想・評価
73
棚に入れた
361
ランキング
1346
★★★★☆ 3.6 (73)
物語
3.4
作画
3.8
声優
3.6
音楽
3.5
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATIONの感想・評価はどうでしたか?

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

OVAとしてはなかなか綺麗

アダルトゲーム原作らしく人気が高いみたいですが、なるほど。言われてみれば、人気アニメデザイナーの渡辺明夫さんを起用しているので、その人気がすごいんでしょう。

しかし、内容は可もなく不可もなくといった感じですが、こういったマニアックなアニメには珍しく作画が気合入ってます。

まあしかし、マニア向けなのであまり注目するような内容でもない気がします。

投稿 : 2020/01/19
閲覧 : 178
サンキュー:

3

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

過去を打ち抜くたび、少女は大人になる―。

この作品の前進である「グリザイアの果実」「グリザイアの迷宮&グリザイアの楽園」は視聴済です。
主人公だった「風見雄二」は確かに格好良かったですけど、印象強く残っているのは彼と一緒に美浜学園で学ぶ5人の少女たち…
中でも物語後半で見せてくれた入巣蒔菜と小嶺幸の雄姿は今でも脳裏に焼き付いています。


日米合同対テロ組織「防衛省中央調査部諜報2課分室」通称CIRS、会場油田爆発事故が引き金となりその存在は公のものとなった。
秘匿組織としてのCIRSは刷新されて以降、極秘活動を引き継ぐ形で新組織SORDが発足された。
将来的に国防を担う人材の育成を目的として設立されたSORDは、全国各地の学園組織に間借りする形で展開していった。
廃校後、私設の解体費用もままならぬまま放置されていた「美浜学園」は個人に買い取られ、新たに「特殊技能訓練校」としての役目を得た。
そんな学園で、様々な理由で行き場を失くした少女達に与えられたのは銃と実弾。
国防の名目のもとに、彼女たちは命すらも顧みることのない危険な超放棄的活動を繰り返す。

どうせ磨り潰される命なら、銃を手にして戦うことを選んだ少女達の未来は…?


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

前作のヒース・オスロと風見雄二との確執、そして5人の少女たちによる大奪還劇は記憶に新しいです。
そう、グリザイアといえばこの6人という図式が出来上がっていたのですが、この作品では登場人物が総入れ替えになっていました。

そういえば前作で風見雄二と5人の少女たちは無人島に移住していましたからね…
思い返してみるとその島にも美浜学園が出来たと記憶しているのですが、きっと分校だったのかもしれませんね。
きっと今頃みんなで悠々自適な生活を送ってるんだろうなぁ…
でも一人だけ今作でも登場するキャラがいますけどね^^

そんな皆さんの生活っぷりも気になるところですが、
本作は序盤からそんな懐かしい思い出など一瞬で打ち消す展開から物語が始まります。
しかも声優さんの配役もバッチリ決まっているので、迫力と見応えは抜群です。

主要登場人物と声優さんを紹介させて貰います。

深見玲奈(CV:まややん)
獅子ヶ谷 桐花(CV:あやねる)
鯨瀬・クリスティナ・桜子(CV:名塚佳織さん)
狗駒 邑沙季(CV:種崎さん)

作り手の皆さんは、誰に誰を演じて貰うのが一番良いかをちゃんとご存知でした。
どうです、この非の打ちどころの無い布陣は…?
彼女たちが役どころをキッチリ把握した上、完璧なまでの演技でキャラに命を吹き込んでいるんです。
そんなキャラが画面一杯所狭しとぬるぬる動くのだから堪りません。

視聴を進めていくうちに少しずつ明らかになるのは彼女たちの生い立ち…
ここまでで分かるのはごく僅かなことだけ…
生まれ育った環境はお世辞にも良いとは言えず、物心のつく頃には人生の選択肢を迫られる…
選択肢といっても2択しかないんですけどね。

久しぶりに見た美浜学園…そして彼女たちの宿舎は前作のまま登場するので
懐かしさを感じるところですが、彼女たちは前作より相当追い込まれた窮地で生きている…
その窮地こそ自分たちの居場所だと思っている節を感じました。

それを決定付けたのがこの台詞…

「―私達は、この世界に生かしてもらっているんですよ…。
でも、生かしてもらっているだけではダメなんです、
それじゃあ生きている意味がない。
だから、生かされるだけではなく、自分の力で生きるんです、
戦い抜いて、生き残るんです。
そして生き残った子だけが、生きることを許されるんです―」

彼女たちは花の女子高生なんです…
年相応の女の子が追い求めているのは、保護者の庇護のもとで恋に化粧やファッションetc…
自分を着飾ることで目一杯なお年頃の女の子の口から出る台詞とは到底思えないんですが、これが彼女達の抱える現実なんですよね。

私も年相応の生き方しかしてこなかったので偉そうなことは言えません。
だからこそ自分で歩めなかった道を一歩一歩進んでいく彼女たちが輝いて見えるのかもしれません。
彼女たちが自分の存在意義をどの様に認識しているのか…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、黒崎真音さんの「幻想の輪舞」
エンディングテーマは、南條愛乃さんの「サヨナラの惑星」
この作品における2人のコンビも鉄板になりつつありますね。

OVA全2話の物語でした。
物語は全然完結していませんが、「#03 スターゲイザー」のアニメ化プロジェクトが始動しているのは嬉しいお知らせです。
どの様な形でお目見えできるかは未だ分かりませんが、視聴できるのを楽しみにしています。

投稿 : 2019/11/24
閲覧 : 148
サンキュー:

7

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未プレイ。
 運用内容こそ変わっていたが、美浜学園が舞台で、ヒロインアクションが主体というこで、
グリザイアシリーズのテイストは感じられた。
 キャラは総とっかえでしたが、タナトスさんが健在だったのはちょっと嬉しいところ。

 これまでのシリーズは登場キャラのバックボーン描写がドラマに深みを与えていた感があったが、
本作はそれがなかったのが残念。
 まあ、尺が短いからしょうがないか。

2019/10/13

投稿 : 2019/10/13
閲覧 : 104
サンキュー:

1

ネタバレ

カボチャはんたー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

美浜学園いつの間にか暗殺者育成機関になってたw

グリザイアシリーズ待望の新作
ファントムトリガーMX放送ようやくキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
漫画よりカボチャはアニメ派かもしれない

このためにグリザイアシリーズ見直しました(笑)

1話前編{netabare}
タナトスさん( *´艸`)
今回のJKたちはバリバリ気質ではない雰囲気なのよさー
見事なヘッドショット(笑)
玲奈の殴ってるときの目えげつない(笑)
反射的に人を殺すやんけw

タナトスさん( *´艸`)
裏稼業って響きがかっこいいよねん(^_-)-☆
グリクロが面白そう

玲奈昨日との落差w
ツインテール狙撃手桐花ちびかわいい
桜は寮母さんみたい
邑沙季は忍者の子

新任教師ちゃんロリだなぁ
勝負の最中に隙を見せたやつが悪いのは道理

すごいな目隠しイヤホンで剣道やってたのかよ長髪君
まだ教師ではなかったのか
美浜学園久しぶり

学園長超美人やんけ
春人遠目からみたら女子やん
特殊な環境下の学園は今回も♪
美浜学園はあの頃のままなのかな
殺し屋養成学校になってたー

学園長ユーモアに長けた人だなwナイスバディw
サーズでやらかしたのは…ww
行き場のない若者の…受け入れ先…ね
教師も選ばれる理由があるのね

インターン先やばいところばっかりだろう(笑)
精神衛生はこの時代大事(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

玲奈ってこんなきゃぴきゃぴ系なのな
バカっぽいwww食いしん坊ガンマンw

桐花、片付け出勤
なかなかきっつい性格のようでw
マークスマン=長距離スナイパー

クリス…情報担当兼会計兼何でも屋
クラスのおかん、生き様がおかん

邑沙季…ロシア忍者
四季折々マフラーしてる子好き( *´艸`)
出身はネオサイタマ
なかなか個性的なメンツですねんw

今回は教師がフューチャーされてるのね

春人はたしかに先生の威厳ある
銃を撃つ訓練とか普通の学校ではないよな
春人は銃は苦手なのかな?
山本レンジマスター

玲奈イチャイチャする系の子なんだね
ご主人様成分w
どこにでもいるのが忍者wにんにん
パンツ丸見えやんけ(笑)

抱きしめたくなるような子である玲奈
春人の鉄砲撃ち代わりなのねん
{/netabare}

蒼井 春人(あおい はると)
美浜学園の戦術教導員であり、伝習員(ハンドラー)として学生達の指導をする元CIRS職員。若く見えるが現場における実戦経験は多く、現役CIRS職員にも知人が多い。
性格は温厚で爺むさいと評されているが、実際の所は美浜の「苛める大魔王」であり、
主に女性からはガキっぽいと評されることもある。
自分の過去をあまり語りたがらず、また、当人の記憶自体もあいまいなことも多く、履歴においても空白な部分が多い。銃が苦手で、上手く的に当てることが出来ない。

深見 玲奈(ふかみ れな)
拳銃使い。銃を使おうとしないハルトの代理で銃を撃つために雇われ、美浜学園に在籍している。陽気で誰にでもなつく人懐っこい性格で、身長がやや高く均整のとれた身体を持ち、長い四肢は滑らかで力強く、活動的で頑健。また、責任感や警戒心も強く、常に周囲に注意して目を配り、雇用主であるハルトに対してとても従順で忠誠を尽くすタイプ。
身体能力が高い反面、座学などの成績が伸び悩むこともあり、厳しく叱るといじけてしまうが、基本的に学習意欲は旺盛なので、褒めれば褒めるほど伸びるタイプ。
大型自動二輪の運転免許を所有し、夜中にバイクでこっそりと寮を抜け出し、ラーメンを食べに行く健啖女子。

1話後編{netabare}  ただものじゃない雰囲気を醸し出してるハルトのシューターだけあってすごいな玲奈
たしかにスポーツっぽいけど人殺しの練習しているんだもんな…
スナイパー桐花かっこいい

有坂先生落ち込んでるところに…謎のバックを渡されるw
銃入ってるしw

あれ?この目つきの人見たことあるような…
有坂さん拉致られたのね(笑)
違法取引の場に居合わすとかねw

助けに行くテンションwwww
タナトスさん( *´艸`)
玲奈…基本的にはスペック高いけどバカなんだなw
どうでもいいけどタナトスさんにバカってののしってほしいw

悪者で生き残ってるやつは勘がいいんだろうな
制圧ってこんな簡単だっけw
スタントマンもびっくりだわw
さすが暗殺者だな

命からがらも日常茶飯事
冷静になったらあの惨状はきついだろうな
近距離なら銃よりも刀のほうがいける?
ファントムトリガーの由来

有坂先生は思ったよりずぶとかったw
桐花のツンデレ具合嫌いじゃないw
プロローグって感じね

あら?まだ続きあったのね
稲垣バニラとチョコ、かわいくて物騒な双子だあ(笑)
トーマスベネディクト行方不明

邑沙季の忍者っぷり(´Д⊂ヽ
姉妹校と相性悪いのな
玲奈とチョコwwwwwwwwww

タナトスさん( *´艸`)ぱねぇっすw
トーマスもう壊れてた(笑)
死体の心臓が抜き取られてる?

サーズの局次長が心臓を輸入してたのか
たしかにやる気がなくなる…事態だな(笑)
次の任務は心臓奪還
 {/netabare}

獅子ヶ谷 桐花(ししがや とうか)
狙撃手。アメリカ人の父とドイツ人の母を持つハーフ。元軍人の父親やその同僚たちに幼い頃から護身術やライフルを仕込まれて育ち、地元の射撃大会でライフル競技部門の最年少優勝記録を持つ。母親の死後、父親と共に2年間PMC(民間軍事会社)に所属していた経験がある。性格は、極めて好戦的であり、衝動的に暴力行動をとることもあり、いわゆる[Tsun-Dere]であるといえる。
好奇心旺盛ではあるものの、面倒や無駄を嫌う合理主義的な側面もあり、幼くも愛らしい見た目によらず気が強く、警戒心も強い。「仲間」と認識した相手に対しては強い依存性を見せる。基本的に「友達」や「仲間」を作るのは苦手で、身体が小さいことにコンプレックスがあり、それを払拭せんがために大人びた対応をすることも多い。

鯨瀬・クリスティーナ・桜子
爆弾とコンピュータのスペシャリスト。上海出身のイギリス人。
座学の成績は美浜学園148名中8位と上位に位置し、クラスでは勉強を教える係になっている。極めて柔和で人辺りもよく礼儀正しいが、実は怒らせると一番怖いとの噂がある。
ハルト同様あまり銃を好まず、携行することを拒否することもある。支給されているセルフディフェンスガンは、製造工場の工作ミスで返納される予定だった物を使用しているほど無頓着。

2話前編{netabare} 崖の上が似合うな邑沙季
船越、ポニョ以来じゃない
心臓の奪い合いってわけねニコラヴィッチ

タチアナさんなまりすごw
ちびじゃねーよぼけw
ちゃんと聞いたら口の悪い日本語(笑)

狂犬の真紀ね
バニラもきっつーいなww
暗殺者たちって我慢できないのかな
心臓は奪還した模様

輸送要員早いな来るの
玲奈、結構自由な狂犬よねw

仲介業者じゃないやつが転売したのか
仲介の仲介って
心臓の奪い合い激しいな
荷物が奪われるの早すぎだろw

玲奈のバイクは惚れ惚れするよね
まさかの狂犬同士の邂逅、そして顔見知り…

シックスとバックス
ホームレス同士の熾烈な縄張り争い
可愛い子だったら拾いたいというゆがんだ大人の妄想…

殺し屋か娼婦しか選べないなんてね
袂を分かってしまった姉妹との再会
顔見知りならせめて自分で仕留めたいわな

あれ?EDはお初?

他社依存っ子
だったのが捻くれちまって…まぁ
脱ぐことに躊躇いがないのは今も昔も変わらず
  {/netabare}

狗駒 邑沙季(いこま むらさき)
自称ロシアン忍者。自らをニンジャと称してはいるが、その素性の多くは謎に包まれている。当人の弁によれば、忍者の地方(ローカル)資格では赤バッジ(スペシャリスト)を所持し、国際(ユニバーサル)資格では金バッジ(ニンジャ・マスター)の資格を取得しているとのこと。変装を得意とし、潜入工作などの仕事を担当することが多く、22口径の亜音速弾を使用する銃で暗殺なども行う。小口径の自動拳銃やクナイなど、比較的小型のコンシールドキャリーに優れた武器を携行し、ライフルや刀などの大型の武器は好まない。つかみどころのない性格をしており、他人にあまり本心を見せず、妖しげな言動で周囲の人間を混乱させることを楽しんでいる節も見受けられる。

有坂 秋桜里(ありさか しおり)
詳しいことは何も知らされずに、とんでもない学園に着任してしまった不遇の新任教師。
性格は至って真面目。真面目過ぎて使い物にならないぐらいに真面目。「控えめ」といえば言葉を選んだ感があり、率直に言ってしまえば単に臆病なだけである。

2話後編{netabare}   転んでもただじゃ置かないのが教訓
玲奈さん…とんでもないゴリラタイプだった模様www

バックスも強いじゃん
キャットファイトもたまにはいいな
えげつない一撃放つな
狂犬は仕えるべきマスターがいるととんでもなく強い
まさかの黒幕は近くにいたよw
なんだろ…いい話風

心臓は最初から使い物にならなかったのね…
玲奈思ったより大けが…
勝っても怪我をしたらダメ
春人イケメンだと思う
上司ならこういう上司がいい
なんだかんだ妹のこと好きなんだな

最後のはぁ?は素だろうな(笑)
バックス改め真紀
なんだかんだ依存してたのかもな
ヤンキーっぽいw

大けがしてる姉妹w
邑沙季の変装すごいんだな

有坂先生、真紀にビビるww
クリスにだけはしっかり挨拶
お母さん感すごいな(笑)
量えげつないなw

宇宙に行く任務もいつかありそう(笑)
ここは温かい場所なんだな
{/netabare}

井ノ原 真紀(いのはら まき)
通称:ソウルスピードのマキ。昔の通り名はバックス。
ロシアの犯罪組織に買われ、殺し屋兼運び屋として仕事をしていた。
大柄で体力がありケンカが強く、無謀とも言える速度で青銀のGSX-Rを乗りこなす。
幼少期を“殺し屋育成施設ホロゥ・ハウス”で過ごした為か、攻撃的な性格で健啖家。
満腹になった後はどこででも寝ることができる。
警戒心が強く気難しいため、攻撃的な態度を取るが実はナイーブな性格である。 大切にしている物はスイスの機械式時計。 銃はグロック26を4丁持ち、それぞれに名前をつけている

投稿 : 2019/10/05
閲覧 : 133
サンキュー:

3

ネタバレ

rFXEy91979 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

初グリサイアは過去シリーズ関係無しの完全新作?

#01「SORD」
{netabare}まず…よく分からない。

美少女アサシンものらしいけど、原作ゲームは未プレイなうえ、これまでのアニメシリーズもまるで存じずちんぷんかんぷん。ただアバンのアクション描写で過激な要素はあると知った(といってもこの手のレベルじゃまだまだ良し悪し判断出来ず)。少なくとも一見さんには優しくないってとても思った。

1話のみだと、世界観の簡易説明ぐらいの印象。2話で何か起爆剤が起こってくれたら嬉しいかな?{/netabare}

投稿 : 2019/09/09
閲覧 : 125
サンキュー:

0

ネタバレ

コウホウ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

次の作品が待ち遠しい

物語の冒頭からフルスロットルでアクションシーンが繰り広げられます。
素晴らしい音楽と見る映像は圧巻です。

この作品には期待しかありません!

投稿 : 2019/08/17
閲覧 : 102
サンキュー:

0

ネタバレ

もっちょん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

グリザイアシリーズ

僕としてはグリザイアの果実、迷宮、楽園をアニメで見ており、そのシリーズとして新しくファントムトリガーが出たということて見て見よう思いました。前作のキャラたちは出てきませんでしたが、楽しめました。それにしても、声優結構豪華になってました。

投稿 : 2019/08/04
閲覧 : 115
サンキュー:

0

めー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

作画きれい。女の子かわいい。

シリーズのタイトルだけ知ってるレベルでこちらだけ単発で見た。

作画きれいで女の子かわいいから楽しく見れた。
内容はハードなんだけどそこまでグロとは感じなかった。
女の子の銃撃戦と肉弾戦と両方楽しめる。

時間が短い中では充分まとまって面白かった。
続くみたいだけど、これ単独で話は終わってすっきり。
短い分物足りなく感じたのと、好きな感じなので、他のシリーズも機会があったら見たい。

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 87
サンキュー:

1

ネタバレ

褐色の猪 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

シリーズのストーリーや背景がわからなくても楽しめた

バンダイチャンネルにて視聴


コンパクトに纏めたストーリー

動作に特化し丁寧な作画

キャラに同化す声優陣

BGMも問題ナッシング

このシリーズは「グリザイアの果実」を過去に1話観ただけ、
ストーリーや背景もよくわかってませんが、{netabare}冒頭パートの「竿師」発言に大ウケしてしまい視聴継続、{/netabare}そつのない作り込みに惹入完走しました。

殺人などハードなストーリーに拒否無い方、
シリーズ過去作はもちろん「プリンセス・プリンシパル」や「RELEASE THE SPYCE」がお好きな方は気に入るんじゃないでしょうか(^^)

投稿 : 2019/06/11
閲覧 : 157
サンキュー:

7

ガイヒラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

続きが楽しみです。

グリザイアシリーズ最新作。今回も良い!劇場版ならではのハイレベルな作品。続篇も決定!!原作のゲームも遊んでみたい!

投稿 : 2019/06/08
閲覧 : 76
サンキュー:

2

ネタバレ

ジャスティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

いつでも帰れる場所を求めて

【視聴きっかけ】
ずっと気になっていたのは事実です。
でも、見る時間がなかったり、見ようかな?と思っていたのに
全然見ていなかったのはすいませんというところ。
気になっていたのは確かになんですw

【良い点】
■グリザイアのテーマ「帰る場所」というのがもっと明確化
これが一番視聴者に伝えたかったと思った最終テーマそれが
「帰れる場所」ということ!

今回登場したシックス(レナ)とバックスという流れで過去の話が
きましたが、このシーンでは、絶望的な社会の生活で
殺し屋をするか?娼婦になるか?という選択が
マスター的なやばそうな男らしき人から与えられる
悲しい世界観でしが、実際これが一番グリザイアの深いテーマなのではと思います。

それはどういうことか?

グリザイアの果実の 雄二編を語るとしよう。
雄二編では過去にあったトラウマから麻子に拾われて
最終的にはCIRSに入ることになりましたね

雄二には、麻子といないともう生きていけないというのが
子供の頃に思っていた時期がありました。
麻子を守るため、恩返しをしたいがために
CIRSに入ったこともありました。

そして、ラストの楽園のシーンでは、
「もう死んでも良いよな?」というシーンもありました。
それはやってはいけないことでした。
それは楽園に入ってから変化した
天音たちが居たからまだ死ねないとも回答が出ました。
ラストシーンでそれは榊さんからも
そういう会話がありましたね。

雄二に関しても今回のテーマが重なります。

実際、今回もレナたちもそうだけど、
みんなそんな感じでしたね。
バックスにおいては、マスターも死んでしまったのに...
私はどこに居れば良いのか分からなくもなっていました

それは雄二編でいう母親が死んでしまったら辺。

そうその後に麻子に救われたように
果実を作ることを目的として雄二は強くなった

バックスも新しく名前で美浜学園で努力することで
レナの妹として頑張ることが出来るのではないでしょうか。

グリザイアのテーマが重くて、最高!!

投稿 : 2019/05/25
閲覧 : 76
サンキュー:

3

ごる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

とくに前作と絡みもなく…

前作の主人公のお姉さん一姫は、タナトスシステムとして画面上には出てきますが、他にこれといった展開はないです(´・ω・`)
単体だけでもぜんぜん見れますが、尺不足感がするって感じです(;´∀`)

投稿 : 2019/05/14
閲覧 : 122
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

気に入りました

原作未プレイ

前作アニメが好きなら楽しめると思う
今のところ前作知らなくても問題ない
キャラクターは今作のほうが好き 特にムラサキ

このクオリティで最後までアニメ化されるなら楽しみ

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 120

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

Gun&Girlsの1つの到達点!ぽよよんろっく美少女が!!ぽよよんろっく美少女を!!!ブッ飛ばす!!!!

PCアドベンチャーゲームを原作とした『グリザイア』シリーズの第4作…
なのですが正直に申しますとオイラ自身が『グリザイア』シリーズにはあまり明るくない;
ですので今作に関しては“エロゲではない(全年齢対象)”ことに加え“エピソード毎にパッケージを小分けにして発売しており原作は未だ継続中”ということ以外よく知らない、というのを前以って断っておきます
それを踏まえても今作は大変素晴らしい作品だと評価しているのは、前作までの世界観を踏襲しつつも登場人物を一新、尚且つ全年齢対象ということで作風も多少変えてきていることにあります
もうとにかくこの手のジャンルが好きな人には堪らない一作に仕上がっていると思いますね


国家の諜報組織CIRS(サーズ)の諜報部員養成機関として再建された美浜学園
そんな殺し屋養成学園で学生ながらに実際に汚れ仕事の現場に立つ、SORD(ソード)と呼ばれる5人の学生
伝習員(ハンドラー)のハルト、拳銃使い(シューター)のレナ、狙撃手(マークスマン)のトーカ、情報処理と爆発物のスペシャリストのクリス、ロシアン忍者のムラサキ
そんな非常識な学園に新任教師として赴任してきた有坂秋桜里(アリサカシオリ)
あくまで庶民な有坂先生だが一般教科と生徒達の精神衛生管理を任される
あまりに非日常的な生徒達の生活に距離感を計れずにいた有坂先生だったが、そんな矢先に不運にも彼女は暴力団に拉致されるという事件に巻き込まれる
有坂先生救出に実戦投入されるSORD達
SORD達の戦いを間近に観てしまった有坂先生は苦悩の末、SORD達に優しい大人として向き合う覚悟を決める
SORD達も殺し屋としてしか自分達を観ない大人がほとんどの中で気心許せる存在になった有坂先生を受け入れる…
そしてSORD達に下された次なる指令は行方不明になった要人の捜索
その事件の影には、幼き日のレナと姉妹の契りを交わした、レナと同じ孤児出身の殺し屋であるマキの姿があったのだが…


北米圏のヲタクの間では今作の様に美少女キャラがガンアクションを行う作品のジャンルを「Gun&Girls」と呼ぶのですが、そんなGun&Girlsとしては1つの到達点を築き上げたと呼べるほどハイクオリティな作品に仕上がっています


アニメ化に際してCAMPFIREとKICKSTARTERでクラウドファンディングを募り、国内外から多くの援助を受けて潤沢な資金を確保
天衝監督と過去の『グリザイア』シリーズのメインスタッフで立ち上げた新興制作会社のバイブリーアニメーションが制作を担当
原作ゲームの原画も担当しているぽよよんろっく先生こと渡辺明夫が自らキャラデザ&総作監
これが特に凄くて、渡辺さんが自身のキャラをここまで長尺に渡って丁寧に描いたのは、恐らく初めてじゃないか?と思う作画クオリティなのです
アクション作品ということもあって戦闘シークエンスも動く動くw
特にクライマックスでのレナとマキの一騎打ちは、アクション作画が好きな人なら一見の価値があります
それに加えて何気ない日常シークエンスですらも良く動くことのなんのw
こういう露骨な萌えキャラデザでこれほどの作画クオリティを放った作品はかなり貴重だと思います


内田真礼、佐倉綾音、名塚香織、種崎敦美、南條愛乃…
といった豪華なキャスティングも良い意味で期待を裏切ると思います
なぜかと言うと、どのキャラも可愛らしい女学生という面と殺し屋という面の二面性を持ち合わせており、その表裏のギャップをこの一流キャストが渾身のお芝居で表現しているんですね
特に南條愛乃の演じるマキの豹変っぷりは怪演を通り越して気持ち良さすら感じます


今作は原作のvol1とvol2をテレビ放送なども全く考慮していない1エピソード約45分というたっぷりの尺で描いておりますが、どうやら今後登場するキャラやまだまだ掘り下げられていないキャラもいる模様


このクオリティ、このゆったりとしたテンポ感で作ってもらえるのなら是非とも続編を作って頂きたい!
と、渇望してやまないです


内容はホント厨二病の極みwと、いうかGun&Girlsというジャンルは全部そうなので受け入れ難い人は少なからずいると思います
んだけんども、オイラはそんなのどうでもいいんですわw
好きなんですわw
Gun&Girlsってw
けみかけは『グリザイア:ファントムトリガー』を応援しています!


個人的なお気に入りはムラサキちゃんですかねw
口を開くたび妖しい声を出す怪演声優こと種崎敦美のお芝居も相まって不気味さと可愛さとが絶妙に混在してるのが堪らないw
ニンニン

投稿 : 2019/03/29
閲覧 : 254
サンキュー:

3

ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こういう学園は、あくまでここだけのお話で!

 上映劇場も限られているせいか?、平日昼間なのに見に来る人も多かったし、上映4日目でパンフ完売状況だったです。

 いきなり任務で、敵を追い詰めることから始まったです。女の子が殺し屋要請学園??にいて、危険な人たちを倒していくことが、目立つお話だったです。3話形式です。

 この世界観だからなんだろうけど、簡単に人を殺すことにためらいもなく普通としている女の子たちの感覚が、ある意味マヒしているようにも見えたです。

 日常生活において、ごくどこににでもいるような学園生活を送っている女の子たちだけれども、指令がくだると任務とはいえ態度が、豹変するように見えたし、またゲーム感覚のような感じに見えたです。{netabare}敵を倒すというより、殺すという言葉になるような、当たり前にしているところなど、倒された敵の無残な姿などもR12指定だったのかなぁ?です。
 また、学園長がふざけて大胆な格好をしたり、出てくる女の子の一人の過去に出てくる娼婦がでてくるところもそうなのか?と思ったです。{/netabare}

 特殊任務ということはわかるのだけれども、私には過激にみえたのが印象的です。戦闘シーンが、女の子にしては凄かったです。
{netabare} 盛り上がっていたと思われるシーンは、3話目の昔の姉妹の再開から、戦闘、仲間になるその辺のいきさつだったと思うです。{/netabare}この出てくるキャラ独特の価値観の違いがある、キャラ達にしかわからない通じ合い、友情、つながりがあったと思うです。 


 

投稿 : 2019/03/19
閲覧 : 184
サンキュー:

4

さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/05/13
閲覧 : 10

ゅず さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/05/01
閲覧 : 1

超天才 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/04/06
閲覧 : 2

ちゃちゃ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/04/02
閲覧 : 2

osakajoe さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/03/03
閲覧 : 4

しるまりる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/02/29
閲覧 : 4

clovis さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/02/23
閲覧 : 3

AKIRA777 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2020/02/01
閲覧 : 6

nana さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/01/26
閲覧 : 7

::::: さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/01/16
閲覧 : 7

( ´_ゝ`)y─┛ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/01/06
閲覧 : 7

pikotan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/01/05
閲覧 : 9

フトマユ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/29
閲覧 : 8

Rairai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/13
閲覧 : 10

ぽ~か~ふぇいす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/12
閲覧 : 10
次の30件を表示

グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATIONのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATIONのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATIONのストーリー・あらすじ

“国の組織CIRS(サーズ)"によって新たに作られた、特殊技能訓練校「美浜学園」… 様々な理由で行き場を失くした少女たちに与えられたのは、銃と実弾。 拳銃を使用するレナ、狙撃を得意とするトーカ、爆弾と情報処理のクリス、諜報活動担当の忍者ムラサキ。 彼女たちは、日々、SORD(ソード)のメンバーとして、警察や自衛隊には解決できない事件にあたり、危険な活動を繰り返す。K県U港――。入国予定だった要人が突如として姿を消した。 SORDのメンバーは失踪事件の捜索を開始するが、消えた“荷物"を捉えようとする度に、もう少しの所で逃げていく。 姉妹校『京船桜が丘』のSORDメンバーである、双子姉妹との協力、および確執。 そして――夜の街を疾走する謎の女ライダー「ソウルスピード」・マキの噂――。 追跡はやがて壮絶な死闘となり、心身ともに引き裂かれてゆく。…しかしそれは、レナたちの出逢いにまで遡る過去への旅でもあった。(アニメ映画『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2019年3月15日
制作会社
バイブリーアニメーションスタジオ
公式サイト
grisaia-pt.com/gptanime/
主題歌
《OP》黒崎真音『幻想の輪舞』《ED》南條愛乃『サヨナラの惑星』

声優・キャラクター

内田真礼、佐倉綾音、名塚佳織、種﨑敦美、南條愛乃、代永翼、井澤美香子、行成とあ、近江知永、北垣内春香、ブリドカットセーラ恵美、須藤翔

スタッフ

原作:フロントウイング、原案:藤崎竜太
監督:天衝、副監督:村山公輔、企画/プロデューサー:山川竜一郎、シリーズ構成・脚本:天衝、キャラクターデザイン/総作画監督:渡辺明夫、色彩設計:林可奈子、美術設定:塩澤良憲、美術監督:後藤俊彦、撮影監督:熊澤祐哉、CGIプロデューサー:根本繁樹、CGIディレクター:高橋将人、編集:武宮むつみ、音響監督:濱野高年、音響制作:マジックカプセル、音楽:藤間仁/松本文紀、楽曲プロデューサー:西村潤、公式サイト/MV制作:.MP、アソシエイトプロデューサー:小林亨庸尊、配給:角川ANIMATION/MBSアニメーション

このアニメの類似作品

この頃(2019年3月15日)の他の作品

ページの先頭へ