「八月のシンデレラナイン(TVアニメ動画)」

総合得点
65.3
感想・評価
195
棚に入れた
596
ランキング
2310
★★★★☆ 3.2 (195)
物語
3.3
作画
2.7
声優
3.3
音楽
3.4
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

八月のシンデレラナインの感想・評価はどうでしたか?

既読です。 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

テンプレ通りで外さない制球力。

いやいやいや

学ランとか猫耳フードとか
観ていて笑ってしまった。

一応スポ根ものなので
仲間が結束していく様など
最後まで楽しく観れました。

「幸腹グラフィティ」もだけど
続編作らないかな?

投稿 : 2020/03/17
閲覧 : 87
サンキュー:

4

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

スポ根じゃないスポーツもの

野球同好会から始まって素人の集まりからなぜか強豪ピッチャーをあっさり打ち崩すとても浅いお話。
美少女揃いだとか、髪の毛が膝まであるふわっふわのロングとかくるくるツインテールとか、ありえない設定はアニメなので寛大なスルーが必要。
スポーツものは清々しいのでどうしても採点が甘くなる。
主人公ですらキャラの掘り下げを全くしないという大胆さがあるが、他校も含めると尺的には仕方ないと思わせるバランスの良さはあった。
EDがキャラがカバーする「どんなときも」で挿入歌でも「世界でいちばん熱い夏」だったりして、個人的にはこういうのが大好き。
野崎さんの巨乳にすら誰も突っ込まない健全なスポーツもの。

投稿 : 2020/02/25
閲覧 : 93
サンキュー:

5

ネタバレ

テレ美 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

ゲーム未プレイ


最後まで見れたのでストーリーは悪くなかったんだと思います。
一話冒頭で、ロングの髪の子が髪の毛まとめずにバッサバッサさせながら野球やってるシーンみて「あ、コレ真剣にみたらアカンやつや」というのは分かったので、力を抜いて流し見たのが良かったのかも。
作画微妙です。特に野球のシーンとかはクレイアニメを彷彿とさせるぎこちなさのシーンもあって、可愛い女の子をみせたいだけで野球を見せる気は無いんだなぁと。(その女の子達も一話以降作画微妙だったけどね)
応援団長キャラの女の子がいるんですが(名前知らない)その子のシーンだけ2、3回くらい急にぬるぬる動くシーンがあって力の入れ具合が全然ちがってた。重課金ユーザー抱えてるキャラか、推してるスタッフがいるのかな?とか思ったり(笑)
{netabare} 全話録画済みの一気見だったんですが、一覧のサブタイトルをざっと見て最終話の「世界で一番あつい夏」の文字をみた瞬間に「最終回はプリプリの曲かけながらダイジェストとかやりそう」とか思ってたらホントにソレだったからなんかミュージカルみた時の恥ずかしさみたいなのがこみ上げて来てそのシーンは消音で倍速にしてしまった。(ミュージカル苦手な人種です){/netabare}
悪くは無かったけど…別段オススメでもなかったかな。
気に入ったキャラは…九十九伽奈かな?物静かでかっこいい系のキャラで安心して見れた。髪もロングじゃないので野球してる姿も違和感なかったし(笑)

投稿 : 2020/02/15
閲覧 : 43
サンキュー:

1

ネタバレ

チィ千 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

スポ根の王道展開

良い点
・野球の面白さが伝わる
・キャラクターが一人一人話があるのでなかなかいい
・演出がにくに(終盤)
悪い点
・止め絵が多い
・作画がちょっときつい
・キャラデザに癖がある(これは人による)

投稿 : 2020/02/06
閲覧 : 48
サンキュー:

2

木村天祐 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

女子野球部はじめました

面白いです。
部活モノでかなりの当たり作品でしたね。
ソシャゲの方までやりたくなるくらいのレベルだったので、私の中でも相当評価が高いです。
昔はソシャゲアニメ=ゴミでしたが、アニメ界全体で原作ソシャゲでもいい作品多くなってきたと思います。

キャラたちに野球を始めるまでの背景があり、ドラマ性を感じました。
同じ女子野球でも大正野球娘なんていう良作品が昔ありましたが、私の中でそれを超えましたね。
キャラそれぞれのドラマに現代人のありがちな悩みが多く、共感しやすかったと思います。下手くそなアニメ脚本家がやりそうな無理やりなアクシデントが起きないことが非常に良かった。それでいて野球を続けたい、うまくなりたいという思いが伝わってきましたね。

作画音楽共にとくに特筆する所はなし。声優はこれから勢いが来そうな人たちが何人かちらほらいる気がします。

他の方にもぜひ見て欲しい作品です。

投稿 : 2019/12/07
閲覧 : 68
サンキュー:

2

sMYVP12210 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲームからアニメ組。作画ひどすぎだろ

表題のとおり、ゲームをある程度まで遊んでからのアニメ視聴。
止まり絵から動画になるとこうも質が落ちようとは、、、だめだこりゃ。
12話だけど、ほぼ全話で作画のバランスが悪い。まあいわゆる「気合入っていない」絵。適当すぎて「ダレこれ?」状態。
作画崩壊までは行ってないかもだけど、手抜きっぷりが見たい方は是非!

んで、物語はずっごい設定、背景はちゃんと作ってるんよねこのゲーム。
だからなんだけど、12話じゃ全然足りてない。ゲームにメインキャラが全然話しに絡んでこれなかったけど、最終回で強引にチョイ出し。まだまだキャラいるからもったいない題材ですね。個性も設定がちゃんとしてるから52話くらいでちゃんと絵描くなら、もしかしたら天下とれたかもよ?

元ゲーム知ってるだけに本当に残念。。

ただ、ゲームのほうも単調すぎて もう放置してるけどね・。・

うーん アニメ制作会社が最悪な いいお話のアニメでした。
興味あるかたはスマホでもパソコンでも遊べるのでゲームもやってみてください。無料で十分です。

投稿 : 2019/12/01
閲覧 : 96
サンキュー:

2

クタフィン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

野球の楽しさと辛さ

八月のシンデレラナインは女子硬式野球というマイナーなジャンルのスポーツアニメだ。放送からだいぶ経ってはいるが今回はそんな八月のシンデレラナイン 通称「ハチナイ」を見てきたので感想を述べていこう

この作品は元々スマートフォンで展開されているゲームだ。どうやらゲーム内では部員が30人いるらしいが今作は11人になっている。また、ゲームではプレイヤーがキャラとして登場するが今回はいない。ゲームについてはこのぐらいにしておいて、アニメについて紹介していくとする

【ストーリー】
この作品は主人公の有原翼が女子硬式野球部を立ち上げるところから物語がスタートする。近年のスポーツアニメだったら最初から凄い実力の選手が集まってきそうだがこの作品はそうではなかった。スポーツが苦手な人がどうしたら楽しめるのか?野球の何が魅力なのか?を1話で表現していた。まずは部員をどんどん集めていくのだが最初に部に入るキャラクター2人の設定が面白い。1人はスポーツが苦手な女の子宇喜多。もう1人は団体競技が苦手な女の子野崎。翼は彼女らに三角ベースという簡略版野球を河川敷の子供たちとやることを提案した。試合の中で彼女たちに野球の楽しさを伝える描写は中々グッとくるものがあった。スポーツは真剣勝負な時もあるかもしれない。だが、まずは楽しいと思わないと始まらないものだ。BGMも中々良くて第1話は凄く好印象だった。
近年のスポーツアニメは凄いレベルの高い選手のぶつかり合いを見せる手に汗握る熱いアニメというのが多い中八月のシンデレラナインは1話のようにスポーツに対する苦手意識・人間関係・環境の違いなどにスポットをあてた作品になっている。私は学生時代スポーツは苦手だっただけに、この作品で描かれる状況に過去の自分を照らし合わせてしまい共感してしまう部分も多かった。逆にスポーツが得意な方もどこかで共感できる部分はあるかもしれない。このようなスポーツの技術以外の話を終盤まで見せてくれる。こういうアニメもあっていいのではないか?と思わせてくれた作品だった。

【音楽】
アニメを何のきっかけで見るのか?はその作品事に違うが私の場合はその作品のOPEDを聴いて「見たい!」となることが多く、八月のシンデレラナインもそのうちの一つだ。この作品はEDテーマに槙原敬之さんの「どんなときも。」のカバーを採用している。勿論曲自体は知ったいたが改めて聴いてみて凄くいいと思えたのでハチナイを見ることを決意した。歌詞と作品があっていなければ意味ないが勿論リンクしていて良いチョイスだったと思う。カバー曲が最近は少し増えてきたので今後もたまにそういうのがあっても良いのではないのだろうか?BGMも作品の展開を盛り上げに大きく貢献しており音楽面でもこの作品の魅力の1つになっているだろう。

【作画】
私は細かい作画の表現などは分からないがそれでも、誰でも分かる「作画が良い・悪い」があるだろう。例えば蒼穹のファフナーは劇場版以降圧倒的な美しい映像を届けており逆に俺が好きなのは妹だけど妹じゃないは携帯がスマホからガラケーに変わってしまうように見えたりなどなどこんな感じで「誰でも何となく分かる作画が良い・悪い」は八月のシンデレラナインにも恐らく言えるだろう。結論から言うと八月のシンデレラナインの作画はかなり悪い仕上がりになっていた。第1話は頑張っていたが回を重ねる事に劣化していった。前の話とキャラクターの目の大きさが全然違ったりボールを投げるフォームがすごく不自然な動きになっていたりなどちょっと擁護しきれない物になっていた。作画が良くなかったらアニメは見れないという方もいるぐらいにアニメにおいて作画というのは重要で評価を落としてしまうポイントだろう。

【声優】
八月のシンデレラナインの声優はキャリア的には中堅ともいかない新人声優が多いイメージだが、声による不自然さなどは全く感じなかった。物凄く「上手い!」という程ではないが明るく元気な主人公や冷静で声のトーンが高くないキャッチャーなどキャラと声のイメージがリンクしていたと見終わってから思い返すと感じる事ができるので、声優の分野で違和感はあまり感じないと思われる。ハチナイの声優が他の作品で見れる事を期待しよう。

【キャラクターの魅力】
八月のシンデレラナインのストーリーはとても魅力的だ。個人的な感覚になってしまうがストーリーに魅力を感じたらキャラクターも魅力を感じる事が多く、八月のシンデレラナインも例外ではなかった 。どのキャラも魅力的で特に1話かけて1人もしくは2人をフィーチャーした回は印象も強まり、個人的には主人公の有原翼・幼馴染の河北智恵・キャッチャーの鈴木和香などの回は特に印象的でお気に入りのキャラだ。他にも魅力的なキャラがおり、人間ドラマを描いた作品でもあるのでこれを読んでる貴方にも1人は魅力的なキャラを見つけられると私は思っている。

【総合評価】
私がアニメを見る際にここが良いと胸に響くと思うポイントが上に書いている5つの項目だ。これを100点満点の点数式で評価するなら100÷5で1つの項目に20点満点で評価をしていけば最終的な評価が出来るのではないか?と思い今回からこの形式で総合評価を入れていこうと思う。あくまでもこれは私の主観も入ってしまうので参考程度に見てもらえればと思う。 

【ストーリー】12/20【音楽】15/20【作画】4/20【声優】10/20【キャラクターの魅力】12/20

【総合得点】53/100

53点…この点数が高いのか低いのかは今後こういう形でアニメの評価を付けていくと分かっていくのだろう重ねて言うがあくまでも個人的な評価なので参考程度に留めてくれると助かります。

【最後に】
八月のシンデレラナインは作画が辛いがストーリー・音楽・キャラクターなど魅力的な部分も多くあり、個人的に好きな作品になった。嫌いな作品というものはほぼないが…好きな作品をどんどん増やしていく事もアニメファンにとっては幸せな事ではないかと思っている。八月のシンデレラナインを作ってくれたスタッフには感謝しかない。2期があるなら是非とも見たい!と思える作品だった。

投稿 : 2019/11/21
閲覧 : 50
サンキュー:

4

GJ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

おしい!

美少女の野球という今まで無かったスポコンで、設定は良かった。けど肝心の試合シーンが躍動感が無く、美少女キャラを楽しむだけのアニメでした。EDのカバー曲は良かった!

投稿 : 2019/10/22
閲覧 : 86
サンキュー:

2

ネタバレ

Progress さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

八月のシンデレラナイン レビュー

Introduction(公式サイトより引用)
市立里ヶ浜高校に入学した有原翼は、
野球部のないこの学校に「女子硬式野球部」を立ち上げる。

そこに集うのは、
野球にはじめて触れる少女や、
一度はプレーをあきらめた少女、
高い壁に挑み続ける少女……。

時にぶつかり、競い、支え合って、
里高女子野球部は青春を駆け抜ける!

世界で一番あつい夏がはじまる――


さて、あんまり覚えていないのでサックリ書いてこうと思います。

物語に関しては、体育系部活作品によくある、楽しいと勝負の両立のテーマを一つの視点としてありましたね。
仲間内の楽しいだけでやるときの友情と、意見の対立後の和解、からの深い友情を描いていたと思います。
この作品の物語を見て野球をやりたいと思う事はなかったと記憶してますが、青春友情物語としては面白かったですね。

キャラクターの造形について、私が気になったのは唇の艶やかさを共通に入れた事。これってアニメの別作品でも結構見受けられますよね。遠目のシーンでは使われないけど、キャラアップのシーンでかなり気になりますね。
確かに、今作品はリップのツヤや色が色気があったのは、主人公の有原翼でいえば、元気系の少女の中に女性らしさを持たせることが出来たのではないかなと思います。
キャラクター達全体でそれを使った効果を言えば、少女から女性に変わるような時期である作品だと感じさせることが出来ているんじゃないかな。
あとユニフォームは実際の物がどうかはわからないけど、かわいいと思います。
キャラクターの個々の個性については特にいう事はありませんが(全体的に非リアルな髪色ではありますね)それぞれに明るさ、かわいさ、美しさ、気品、などはあったと思います。それが作画によって活かされたかは別ですが…。

作画については、残念であるとしか言いようがないです。いや、日常シーンのキャラクターのアップシーンは、前述した艶のあるリップなど、こだわりは感じますが、空間の奥に配置されたキャラクターや、何気ないシーンに顔が崩壊するシーンがありそれは残念だったかな。
野球シーンに関しては、同時期にやっていた「MIX」の作画を比較としてみるとちょっとね。

オープニングテーマ「エチュード」
映像に関しては作品のキーアイテムでもある向日葵畑が明るく印象的。
音ハメや、キャラと向日葵を回転させて躍動感がでた長回しが気持ちよかったりと結構気に入ってます。

エンディングテーマ「どんなときも。」
原曲をキャラクターがカバーしています。映像の方はほぼ1枚絵。曲の力でかなり少年時代への郷愁感があるような時間に仕上がってます。
原曲の力もありますが、作品の登場人物達が歌うのはどこか別の力が付与されますね。なんとなく、劇中の友情、絆の深まりを過去として思わせる郷愁感がある気がします。


さて、まとめ。
キャラクターデザイン的には魅力的な登場人物達が、少し対立しつつも明るさを維持して友情を深めていく青春物語として、結構楽しめた作品でした。ただ、キャラの魅力を活かす作画、本気で彼女たちがやりろうとした野球の作画。それら作画が残念であった為に、物語に集中できないことがあるかもしれません。見てほしい部分もありますが、作画の為にオススメしづらいのは残念ですね…

投稿 : 2019/10/20
閲覧 : 84
サンキュー:

17

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

女の子でも「野球しようよ!」

こっちはスマホ版の大正野球娘
スマホ主人公は怪我をして甲子園を諦めていたのだが監督として甲子園を目指すことに
EDがどんなときものカバーか...

初期ナイン
有原翼=マキナ・中島
東雲龍=一之瀬花名
野崎夕姫=モブ多し
河北智恵=卯月さくら
宇喜多茜=シズ、花小泉杏
中野綾香=ハルディナ・クリサントゥ
鈴木和香=記載なし
岩城良美=久海菜々美
阿佐田あおい=有栖川麗子

{netabare}新学期の部活動説明会
そこである子は勝手に硬式野球部を紹介したことが始まりだった
尚、ここの高校はかつて女子高で野球部があった模様

まずはキャッチボール~
そして次は子供達と三角ベースをやってみるか
どう?楽しかった?⇒...うん!

その翌日、主人公達を探していたが...
は?練習でけへん!?場所が無くて!?

悪いが後者の裏はガラス割るからだーめ
ってことで場所を探したんだけど、まあまず草むしりや
そこで同行した生徒会の子が昔を思い出して...{/netabare}

3話 悪いが私は「ごっこ」は嫌いなの
{netabare}今度は別高校の応援団?それと新聞部までもが...
みんなでバッセンに行ったらそこに隣のクラスの子が言って来た
「諦めたんじゃ無かったの!?」{/netabare}

4話 中学での過去とトライアウト
{netabare}最後の大会で有原はグランドスラムを打ち、優勝
そして受験のため、野球を止めることになった
そうか...野球に友達取られた~という気持ちになったのは有原の友人だったんだ
1回諦めたとしてもまた続ける...それが私の夢...{/netabare}

5話 そして練習試合
{netabare}何だけど...まずユニホーム
でも金が...
それと最大の問題が
皆浮かれ過ぎじゃない?という東雲だった
そうだよ、やる前から、ケリはついていた

(もしここが大洗だったらあんこう踊り確定~)
その後、浮かれていたのは私だったと言ったのは有原だった
だから、後ろを信じろ、それ冥利に尽きる{/netabare}

6話 肩書
{netabare}さてあの強豪校に勝つためには練習強度を上げる必要があるのだが
テスト期間が襲い掛かる
だったが...折角約束したのに...
親友でもなく、戦友でもないならば
あなた達は一体何になる?
あの泣いた所で絶対「好き」って言おうとしただろ、翼さんよぉ...ラブコメなら確定事項なのに{/netabare}

7話 昇格と新人
倉敷舞子=モブ多し
九十九伽奈=古橋文乃
{netabare}まだ同好会のため、費用が無い
だから部活として認めて貰わねば
だが、調査にやって来た生徒会の子も十分な戦力なのだが、乗り気でない模様
でもあの赤髪の子は...投手として優秀なのだが、背負っていた過去が...
そりゃあ親に振り回されていたら怒りたくなるよ
だから、貴女には笑っていてほしい
だから同好会にいてほしいんだ{/netabare}

8話 
そして大会へ
出場チームは30校程度で5勝、戦車道は4勝だったから1つ多い
大正時代からやっていたんだな
だが、顧問が壁にぶつかる時...

10話
強豪、向月高校との練習試合
しかし相手は3軍、確かに初見だから舐められるけども、組ませてくれるだけありがたい

11話 ガルパンと同じく...
始まった全国、そこで何を得る
そして初戦の相手が...練習試合では初回で捕まったが...今度は先発があの子だから...!

12話 例え大洗女子学園の√じゃなくても
私達の夏はこれから...!!
テッペンを目指してこれからも...

投稿 : 2019/09/28
閲覧 : 287
サンキュー:

5

ネタバレ

元毛玉 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

もう少し丁寧に作って欲しかった…

原作未プレイ

女子野球物って初めてだったので期待して視聴しました。
アニメが良かったら原作プレイするかなーと思ってて
未プレイ…つまりはそういう事です(苦笑)

お話のざっくり概要
中学時代に全国優勝経験のある翼が、
一時期はやめていた野球を高校に入って、復帰
だけど高校には女子野球部は無かった
ほぼゼロスタートの女子野球部立ち上げ活動
未経験者をざくざく集めてついに野球部設立!
(あ、トライアウト落ちた経験者も一人いるよ)
女子野球部として練習に励み、全国を目指す…
って感じ

■物語
ストーリーは割と王道です。
作画と演出、構成としての魅せ方をしっかりやれば
十分面白くなったと思われます。

ストーリーが王道な分、構成は少しひねった方が
味が出たと思います。
例を挙げると
{netabare}
レギュラー落ちの所とか、時系列変えた方が
興味も惹くし、展開的にもしまったかな…と

先にベンチから応援だけしているシーンと
くやしさを滲ませる部分を先に描いて
その暫く後にレギュラーメンバーの所持ってくる
{/netabare}
とか

工夫でもう少しメリハリつけれたと思うのですが
終始淡々と展開していきます。

■作画
うーんと、、、まぁ微妙です。
ちょいちょい崩れてたり色指定が間違ってたり
女子野球部って事で、野球の動きの良さか
女の子の可愛さかは頑張って欲しかったけど
どっちも微妙という感じで残念。。。
せめてどっちかが良ければもう少し擁護したけど
両方だと厳しいなぁ…
CMでみたゲーム原作の絵は女の子可愛いですw
どうしてこんなに差が…(苦笑)

■声優
作画レベルに合わせたのか、原作からの作風なのか、
音響監督の好みなのか、分からないのですけど
あまり気持ちのこもったような演技では無かったです。
良くも悪くも重くならず全体的に軽い演技
作画や構成と相まって、より淡々とした単調な印象に…
全体のメリハリの弱さが浮き彫りになっています。
ゲームならそれでも良いかもですけど、
スポーツ物アニメだと勿体ないなぁ~と

あ、一応擁護しておきます。
キャストはあまりメジャーな人は少ないですが
何人かは知ってて、本来もっと巧い演技できるはずで
どう考えても、そういう演技指導があったと思います。

■音楽
OPはそこそこ良かった
EDは有名曲のカバー
BGMは記憶にもう無いぐらいなので、
まぁそんな感じです(苦笑)

■キャラ
個性的なキャラは一応一通り揃っているのかな
まぁ若干個性的すぎる気もしなくもないですw

ただ、魅力あるキャラクターとしてどうか?
となると、ちょっと弱い気がします。
自分はそのキャラクターをずっと見ていきたい
応援したい とかそういった感情が沸いた
(ファンになった)キャラを魅力的としています。
それは一人もいなかったです。
キャラが悪いとも言い切れず、
構成・演出次第で磨けば光る物は合ったかと…

他のレビュアーさんに「名前全員言えますか?」
って言われて…「う、無理っす」って思ったw
もう調べないとほとんど名前出てこないw
自分の記憶力がやべーw

■その他
B級ハンターとして認定しますが、ややB級です。
B級ランカーとしてはまだまだって所です。
{netabare}和尚さんの{/netabare}エピソードは中々にレベルの高いB級
そこだけで全体を釣り上げたのは凄い。

(。´・ω・)ん?何の話をしているのかって?
なぜかB級アニメ好き認定されて
「ハチナイはイケルっしょ?」ってなこと言われ
うーん、、、そこまでB級じゃないと思ってたので
あえてB級度を評価しましたw

自分の中でのB級の定義は「意味不明」につきます。
「ぶっちゃけこのキャラクターいる?」
「え?このエピソードいるの?何なの?」
って素で思えるのがB級ランクが高いのです。
二流≠B級 が持論なのでw

基本的にキャラクターもストーリーも展開も
そんなに奇をてらったものはなく、
極めて王道だと判断しました。
{netabare}ただ和尚さんの下りだけはガチでB級だったw{/netabare}

《B級に関する全く関係ない余談》
{netabare}
B級話題を振られて真っ先に思い出したのが
{netabare}
デニスフェルドマンのキツイ刑事(英タイトルはREAL MEN)
{/netabare}
こういうのがガチ勢のB級っす。
マジで意味不明だったなぁw
監督の頭の中が宇宙人だろ!!って思ってましたw

設定が既に意味不明、展開も読めない。
どうしてそれが必要なのかが全く理解できない。
全体的におかしい。ツッコミどころしか見当たらず

それがB級っす。
{/netabare}

《作中で思った超どうでもいいこと》
{netabare}
レギュラー落ちエピソード入れたかったんだと思います
でも11人いるし、8月のシンデレライレブンじゃね?
って思ったっす。

野球やめてサッカーにすれば皆レギュラーで
皆試合に出れて幸せ♪目指せなでしこジャパン!
とか不心得な感想を抱きながら視聴してましたw
{/netabare}

構成を練って、作画をしっかり書いて
全体的に丁寧に女子野球を描けば
良作になった可能性を秘めていた作品です。
それだけにちょっともったいないなと思いましたー。

投稿 : 2019/09/10
閲覧 : 291
サンキュー:

35

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 3.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ラジオドラマで楽しむ

分かりやすい展開で、アイドル系のラブライブにちかいノリの展開のスポ根もの。ソシャゲからのアニメという空気を容易に感じることができる。
王道の王道という感じ。語尾キャラがいるので、ますますアイドル系に感じてしまう所がある。
作画が色々な会社が入ってる為、製作大変だったのだろうなぁ、ラジオドラマにした方がクオリティが高かっただろうなぁという感じ。
この問題なければ次も期待できたかもしれない。

100点中54点

投稿 : 2019/08/27
閲覧 : 57
サンキュー:

5

プラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

惜しい。

テーマと内容は良い感じ、なつメロのカバーも良い・・・・ただ、作画が崩れることが多かったのが残念。作画が良くないせいで、野球アニメとしても、萌えアニメとしても、価値を落としてしまっている。世の中には有名な野球アニメがすでにたくさんあるというのに、こんなクオリティではただの声優売名のためのアニメだとか、単なるソシャゲの販促アニメだと言われてしまっても仕方ないかなと思ってしまう。


(たったの数か月で全国大会で一勝できてしまう業都合主義は置いておいて・・・)

部活アニメというものはそそられる。高校生なりの苦悩や葛藤・部活を通じての成長・仲間たちとの絆の育て方などなど、良い要素は詰まっていたと思う。ただ、もう少し練習風景を描いてほしかった気がする。アニメをさらっと通してみた感じでは、”必死さ”はあまり伝わってこなかった。「世界でいちばん熱い夏」を表現するには、細かい描写でアニメを見てる人たちを楽しませてほしかった。

もう一度、一から作り直して欲しい。

投稿 : 2019/08/18
閲覧 : 83
サンキュー:

8

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

大当たりを観たい題材

内容的には、普通に観れた作品でした。
作画は残念でした。野球のシーンは流石に…
今迄に野球関連は、山ほど観てるので、どうしても違和感を感じざるを得ませんでした。
エピソードもキャラも悪くは無かったので

何とか、女子野球で大当たりの作品が出来る事を望みます。

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 87

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 2.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

どんな人に対しても可能性が示されている。(2周目視聴&ソシャゲ版プレイ開始して)

※ゲーム版未プレイです。

>2話まで視聴して
今調べて初めて知ったのですが、ゲーム版は2年前くらいから稼働してたんですね。
・・てっきり、某ウマ娘のようなアニメ先行型かと思ってました。

1話視聴開始時には「ゲーム版のための媚び媚び作品なんじゃないの~?」
って思ってましたが、2話観終えた時点ではそんなに悪くないです。続きが気になります。

ふと「キャプテン」や「FIELD OF DREAMS」思い出しました^^。

気になってるのが、ED。
曲はモチロンあの超有名曲ですが、音域が広い曲なのかな?。
せっかくいい曲なのに、キーが苦しそう・・。下手したら逆効果??。

あと、EDでのあのビジュアルは、未来予想図?。過去?。
なんで登場キャラが○○○○なの?。ちょっと謎で気になってます。


---------------------------------------------
>8話まで視聴して
世間?某まとめサイト様あたり?当サイトでも?結構酷評されてますねw。
・・でも自分はなぜか本作に好感もってます^^(ソシャゲ?には無関心ですが)。

作画・・は、確かに誉められたものではないですね><。
外注先がどうのこうの・・って記事を見かけることもありますが
状況変化を追ってゆけば、自分は作画はあまり気にならないかな・・。
(スライディング作画とか、逆においしいネタでは?w)

というのも、もっと専門的な本格的な描写もやろうと思えばできたかも??だけど
もともと運動が苦手な人や、内気な人、その他もろもろ全部ひっくるめて
どんな人に対しても、”始めてみる可能性”と
”それらにのめり込める可能性”があることを示してくれている気がして
そこはやっぱ個人的に大きく評価してしまいます!!。
(ED曲「どんなときも」にカブせてる?))

キャラの役割構成は全く異なりますが
作品全体のイメージとしては
やっぱ”女性版キャプテン”
・・といっても、言い過ぎではないのでは?。

某話で、EDの風景が一変しましたね♪。
・・不意にやられてしまいました(誉め言葉)。
歌の聞こえ方も、なんか少しずつ変化してる気さえも(気のせい?)。

その回で追加参入された最後のメンバーキャラ?。
「なんか最近既視感あったな~」って思ってたら
最近やっと視聴終えた「ヲタクに恋は難しい」に中盤~終盤に登場した某キャラと
自分の中でなんかリンクしてカブってしまいました(いい意味で)。
双方ともにいいキャラなので、今後の動向が双方さらに楽しみに^^。


---------------------------------------------
>12話まで視聴して
自分は本作を高く評価します!。

一部ヘンテコな作画は、自分にとっては”むしろ面白い”んですがww。

技術が進んでしまった現代
CGだとか何だとか
スゴい作画?、高精細?、実写さながら・・?

確かにそういうのも評価基準であってもいいとは思うのですが

いや~、でも自分は
むしろ「え~っ!?wwww」って
いろんな意味で驚かされる作品に惹かれるかもです♪。

今、覚えてる範囲で驚かされた点をあげてみます。
・今まで見たことのない野球シーン描写(ある意味誉め言葉)
・意味不明だった序盤のED絵(誉め言葉)
・モブ的なキャラの方が、作画が良い!??
 (実はゲーム版では全員登場キャラだったりするのかな??)
・まさかの唐突なオ○○○展開w(・・夏だからアリ?)
・悪球○○じゃなかったww(思い込んでたのに・・w)。
・序盤貢献重要キャラの終盤での扱いww


では良かった点。
・ストーリー(自分のレビュータイトルの意味で
       上手く始まり、上手く〆めた作品だったと思う!)    
・キャラの表情や表情変化、目の色や描写
・OP曲、ED曲+挿入歌(選曲込みで♪)、BGM全般ほぼ全て
・”スコアブック+タイトル+格言?+ピアノの音色”
 の組み合わせが、なんか心地良い^^。
・12話ラストで初めて、OP曲で気になってた某キャラの描写と繋がった 
・他にもいろいろ細かいところが工夫して練られている!

・・あれ、気づけばこれ、お気に入り作品なのでは!?。

あー、2期ないかな~?。
ないだろうなあ~。でも、あったらいいなあ♪。

(でもソシャゲはしませんw)

---------------------------------------------
>2周目視聴&ソシャゲ版プレイ開始して
「しません」って言ってましたが、開始してしまいました、ソシャゲ。
今のところ無課金プレイです。

なかなか面白いです、ソシャゲ版(てのひらw)。
どこがいいかというと、今始めてもストーリーをちゃんと最初から体験できる。

ストーリーを追いたいだけなら、無課金でもそこそこ楽しめるんじゃないかな?。
(まだ序盤なのでなんともいえませんが)
若干P4(ペルソナ4チックな演出・フォント等含めて)彷彿させられる。


ソシャゲ版プレイ開始したうえで本編2周目視聴開始したところ
「ああ、なるほど~」ってさらにいろいろ楽しめました。

ソシャゲ版で、たくさんのキャラ設定+キャラエピソードが作成されている中から
今回のアニメ版として再構成されていたのですね。

ですのでソシャゲ版序盤の進行はアニメ版とも異なっています。

ですが、キャラ固有の性格や、メンバー同士のエピソードや絆等は
ちゃんと共通した世界観になっており、どちらからどちらへ移行しても
そんなに違和感なく楽しめることがわかりました。


本編で気になっていた高クオリティーのモブキャラ?達ですが
ソシャゲ版の主要人物ばかりだったことがわかり、抱いていた疑問が解消されました^^。


男子競技があって女子競技のない?スポーツ。
このテーマも本作があったおかげで考えさせられました。
土俵に女子が上がれない?。(間違ってたらごめんなさい)
甲子園に女子が上がれない?。(間違ってたらごめんなさい)
某動画サイトで、高校野球部のノックが上手い女子マネージャーの動画も見ました。
いろんなことをみんなが疑問に思って、変わっていくきっかけになればいいな。
女子プロ野球リーグがあること、本作見るまでしりませんでした。
地上波でも放送したらいいのにね。
もしかしたら本作を見た少女が将来プロの選手になるきっかけになることもありえるのでは?。


あと、やっぱ本作の制作においては予算や人員が限られていたのかな?。
某まとめサイト様の情報なので、鵜呑みにはできないのですが
アニメ制作における下請けやさらにその下請け、予算・人員・などなど
いろいろ大人の事情はありそうですね・・・><。
でも、限られた状況・環境だから生まれるものもあると思います。

自分は2周目視聴した正直な感想としては
やっぱ途中の話数での作画乱れがひどかったとは思いますが
作品全体通して描かれていたものは素晴らしかったと思います!。
それはアニメ作品は作画がすべてではなく、そのストーリー展開、演出
声優さん方の演技、音楽、ほかにもいろいろ詰まっていると思います!。
できればBD発売するのであれば、できる限り仕上げ切った状態で発売してほしいものです。

野球シーンの作画を比較するうえで
ひさしぶりになつかしの「キャプテン」序盤を観てみましたが
野球描写のシーンについては大差なかったように感じました^^。

投稿 : 2019/08/10
閲覧 : 161
サンキュー:

21

ネタバレ

ダレイオス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ストーリーはとても良かったのですがアニメーションとして頑張ってほしかった。

高校が舞台で主人公の女の子の「有原」が硬式野球を始めるために
硬式野球同好会を作る所から始まる開始で
スポーツものとしては開始時点でのラインが低い状態から
スタートする設定
出てくるキャラの人数は1話の時点では私は知りませんが
野球なので最低9人はいるだろうと予想は簡単につくこともあって
1話から出てくるキャラは多い。
それを意識してか出てくるキャラのキャラクターデザインは
髪型や髪の色や派手に塗られたまつ毛の色で区別していて
印象に残りやすく誰が誰だかわからないことはなくてその点は見やすかったです。

ただ作画は気になるなキャラの作画が不安定で枚数が少なく
構図とかも工夫とかがないので平面なキャラの絵を描いている感じなので
キャラクターデザインは区別しやすいのはいいが作画レベルは低い。
さらに野球している時の作画もな・・・
バット振っているシーンやボール投げているシーンが
1枚絵だったり迫力がなかったりでプレイしているシーンで
「おっ・・・」と思えるシーンがないのがな・・・
うーん、このような作画ではキツすぎる。
アニメーションとしては面白味はない。

やっていることは硬式野球同好会を立ち上げて
部員募集を呼び掛けて
メンバーを集めて練習をやるという内容を地味にやっている。
集まったメンバーがなぜ入部したのかなどの経緯の過程の
キャラクター描写があり
それらはきっちりを入れてきているのでその点は好感が持てました。
うーん、実際野球の練習をしてみてその難しさや楽しさを学んでから
入部した子がいたり過程は描けていた。
主人公に関してもなぜ辞めていた野球を再び始めようと思ったのかが
描けていて、それに影響されて野球を始めた子の描写も上手く出来ていたので
そういった丁寧さは良かったです。

野球の描写自体も地味かな野球の道具を調達したり、野球の道具の説明をしたり
練習場所を確保したり、投げたボールをキャッチする方法などを教わったり
バッティングの仕方を教わったりの展開で地道にやっていましたね。
凄いことをしているわけではないですが
主人公以外は初心者なので初心者が野球の道具の知識を身に付けたり
地道に練習して上手くなろうとする過程や
地道に練習して上手くなりたいと思う理由の掘り下げなどが描けていたので
過程の丁寧さは良かったです。
そして下手だったけど上手くなった・・・と感じさせる
作りなので見ていて良かった・・・良かった・・・と思えるものでした。
このストーリー構成は中々

人間関係の部分もやっていて
主人公と友人の女の子の関係はこれから野球をしていくメンバー
として厳しく接していけばいいのか?友人として接していけばいいのか?
などの部分も描けていたりでキャラクターの描写は深い部分まで描けていた。

主人公側の顧問の先生はいるだけでなくて見せ場や
主人公側のチームのために色々やってくれてるので
そういった部分も良かったな

敵側のチームのキャラの描き方は悪い人というよりは
良きライバル、時には良き相談相手的な感じだったので
好感が持てましたし、そのおかげでキャラ立ちもしていたので
主人公側以外のキャラも良かったです。

全体のストーリーは同好会を立ち上げ、仲間集め、練習して、練習試合での
悔しさを味わったりして
その後、部活動への昇格と段階を踏んで
公式戦に挑んでいったしっかりとしたストーリーの作りでした。
問題があるとすればやっぱり作画かな
本格的に試合をやっているシーンの作画は苦しかった。
スポーツものでなければ多少は我慢出来ただろうけど
この出来だとアニメーションとしてはな・・・と思った。

声優さんについては気持ちを込めないといけない場面や
キャラ同士での言い合いのシーンでの演技は中々でした。

まとめると人数が多い作品だけど
キャラクターデザインは描き分けが出来ていて
誰が誰だか・・・になってないのは良くて
同好会から初めて公式戦に挑むまでの過程を丁寧に描いて
そこで起こる苦悩、喜び、頑張りを表現し
上手くまとめていたストーリー自体はかなりのものでした。
結局、アニメーションとして頑張ってほしかったに尽きる。

投稿 : 2019/08/09
閲覧 : 81
サンキュー:

9

ひき さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

残念な野球アニメでした。

市立里ヶ浜高校に入学した有原翼は、
野球部のないこの学校に「女子硬式野球部」を立ち上げる。

どこにでもあるようなストーリー、
そして何より野球シーンの作画が非常に残念でした。
躍動感が全くない上に、使い回し場面もあり、
とても野球アニメとは思えなかった。

投稿 : 2019/08/03
閲覧 : 113
サンキュー:

8

ネタバレ

郷音 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

世界で一番あつい夏がはじまる――

2019年放送アニメ。

同名ソシャゲが原作。ちなみに未プレイ。

中学時代シニア全国優勝チームの選手だった主人公の女の子が進学した女子高で女子野球部を作り甲子園を目指すストーリー。

原作を知らないからアニメのストーリーと違うのかはわからないけど結構面白い内容でした。

まぁ初心者がいきなりめちゃくちゃ上手いのは違和感あったけどね

違和感と言えば作画がね…w

最後の試合以外はコメント流してみたらめっちゃ笑いましたw

{netabare} ロックマンスライディングとか謎投球とかw {/netabare}

OPはけもフレでおなじみみゆはん、EDは槇原敬之のどんなときも。をキャラクターによるカバーです

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 67
サンキュー:

5

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あ、ソフトボールじゃないの?

視聴理由 特になし

序盤 ソフトボールかと思ったら野球でした...チクショー!!!

中盤 ああ、可愛いな

終盤 ゲーム原作なんだ

この話はとある学校で「女子硬式野球部」が設立された話
ジャンルは野球・青春
あ、女子でソフトボールじゃくて野球なんだ。本当にあるのかな?(2011年から本当に大会がひらかれているようです)

良いね!青春!私も!したかった!
正直恋人いなくていいから(欲しかったけど)青春したかった
まぁそんな私の自語りはともかく
内容としては満足。どんな葛藤や壁を乗り越えた先に彼女たちは何を見いだしたのか、を注意して見て貰えると彼女たちの成長が見えると思います
あと主人公たちは決して最強ではありません。強豪校ですらないです
しかし野球が好きな彼女たちの努力や成長などは見るべきものだと思いました

この作品はゲーム原作らしいです。いつかやってみたい
作画は普通。キャラは可愛く、性格もGood
opは「けものフレンズのed」を歌ったみゆはんさんの「エチュード」
edは槇原敬之さんの「どんなときも」両方神曲。ていうか懐かしい曲だなぁ

p.s. ゲーム始めました
結構ストーリーが違うのね。普通に面白いから続けてみようと思う

総評 青春したかった人達はこれを見るべき

投稿 : 2019/07/25
閲覧 : 130
サンキュー:

14

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲームなんだね

ゲーム未プレイ。
本来、プレイヤーが彼女達を育成して全国を目指すものらしい。
アニメとしてはよくある部活発足からのそれと同じである。スポ根要素よりは青春(友情・葛藤)の方が色濃いと思われる。試合の作画がちょっと酷い以外はそこまで指摘する部分はなかったかに思う。
やや、物語の評価を高目にしたのは、この作品がスポーツ(競技)に身を置く誰もが抱えるジレンマをあっさりとではあるが描いているからである(私感)。例え親友であろうと創立時のメンバーであろうと実力(上手・下手)の差というものは歴然としてあるという事を誤魔化さず描いているのである。誰しも競技(芸術においても)に身をおいた方は経験があると思うが努力では埋めようがない差を痛感した時のあの絶望感、喪失感といったら・・・。子供の頃は憧れやヒーローと思えばそれで済む。思春期は人生最初の挫折である。無論そのエネルギーを勉学方面(こちらは努力がある程度報われると思う)だったり、自分の役割を見つけたりしてその後の人生の糧になるわけだが、あっさりとそこから逃げてしまったら何も残らないのだ。かといって無理してあがき自分を傷つける必要があるかといえば一概にはいえない。特に昨今では演劇で全員桃太郎とか徒競争は全員手を繋いでゴールとか明らかに個人差というものがあるという事を誤魔化して育ててしまっている子供にいきなり思春期でそこに挑み続けて理解しろというのは無理である。そして体よくネットという非現実社会が彼らの現実逃避を助けてしまっているのだ。それはそれで必要なのかも知れないがつくづく間違った教育というものが人間形成においてどれだけ大きな代償を払わせているのだろうと考えさせられてしまった・・・ん?何の話だ(笑)。

私のツボ:ぼちぼち甲子園の古めかしい因習は改善されてもよいのでは?

投稿 : 2019/07/23
閲覧 : 67
サンキュー:

8

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

感動?

2回目以降の絵が手抜き激しかった。内容も薄い。

投稿 : 2019/07/22
閲覧 : 68
サンキュー:

8

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未プレイ。
 はっきり言って作画はよろしくなかった。特に試合や練習シーンであまり躍動感が無かったのは
スポーツものとしてはかなり痛い。

 しかし、それに反してストーリーはかなり良く、正統派スポーツものとしてなかなか良くできて
いたんじゃないかと。
 メインモチーフである野球も魔球のような荒唐無稽な技や能力は登場しない世界で、試合内容
なども結構リアル寄りな展開。こういったともすれば地味に見えそうだが、堅実な雰囲気の作風は
個人的にはかなり好感が持てた。

 野球ものと言えば大半の作品が男子である中、本作は女子野球部を扱ったものだが、単に
男子ものよりキャラが可愛くなったといった変化だけでないところが興味深かった。
 日本においてはメジャースポーツである野球だが、これが性別が変わるだけでかなり状況が
変わってくる。
 里校女子野球部では有原 翼を始め数人しか野球経験者がいないが、男子の高校野球部ならまず
ありえない世界で、逆に一からチームを作り上げていくような楽しさがあった。
 現実の女子野球の現状などを語るシーンもあり、知識的な楽しさもあった。

2019/07/20

投稿 : 2019/07/20
閲覧 : 49
サンキュー:

7

オカルトマン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感想

個人的には大好きなタイプのアニメ
ネコみたいな子可愛いネ^^

不満点は、例えばラブライブとかは一人一人のキャラ丁寧に書かれてるけど、少し雑かな・・・と思った。
全員のキャラ覚えにくかった。

それ以外は普通に感動したし2期やるなら見たい。

投稿 : 2019/07/19
閲覧 : 49
サンキュー:

6

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

アイドル野球

感想

元が野球ゲームだそうで・・・未プレイです。
なんかよくある廃部寸前とか、新しく部活の創設とか、そんなありきたりな立ち上がりで始まり、キャラもどこかで見たことあるような人物ばかり。

野球未経験者が多く、練習も和気あいあい
リアルの部活動等で野球やってた人達からしたら、これでどう感動しろと?と、疑いたくなるような内容です。
スポコンっていうよりアイドルが野球はじめました!ってのがしっくりきます。
コスチュームも、スカートにスパッツで、太ももから下は生足。
これでスライディングとか・・・やったら血だらけだよ? アリえねーです。
作画も素人目でも解るくらい酷いし・・・
この春に始まった頃、ネットでこの作品を作ってるとみられるディレクター?らしき人の書き込みがあり、なんでもアニメーターが不足して作画崩壊&間に合わない!って本気で悩んで相談してたサイトがありました。
結局、どう対処したのか?は解らず終いでしたが、1週落としてたんだからやっぱそういうことなんだろうなぁっと。

選手育成シュミレーションゲームとしてなら成立して楽しめるかもだけど、アニメとしては作画含め駄作という烙印押されても仕方ないのかなぁ。


余談
EDで槇原敬之さんの歌「どんなときも。」を聴いて、良い曲だな!って書き込んでるまとめサイトを読んだ時、時代だなぁっとしみじみしたよ(苦笑)

投稿 : 2019/07/18
閲覧 : 72
サンキュー:

25

みのるし さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

うーんこの…

とはいいつつ、毎週ウルッと来てました。

なんかまあいろいろたぶん大変なアレだったでしょうけども、ハナシはおもしろかったし、毎回なんだか感動するし、キャラクターもみんな特徴あって誰が誰だかわかんねーみたいなこともなく。

実は野球はほとんど見ないので全然詳しくないので、ホントに女子硬式野球の高校大会とかあるのかと思って見てました。

いや。あるんですか?

とにかくホントなのかウソなのか背景は全然わからんのですが、だからこそなのか『こんなのほんとにあるんだ~』と思いながら見てました。

まあとにかく。
ここまで汗臭さの無いスポーツもんもなかなか珍しくてですな、よかったんやないすかね!!

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 90
サンキュー:

10

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

意外にもガチで野球をやる……、のか!?

== [下記は第1話視聴時レビュー: 以下、追記あり。] ==
スマホゲームアプリが原作らしいです。

あまり真面目に観る気はなかったのですが、意外と悪くないかも?

・男子の野球部すらない詳細な理由は不明だが共学校。
・最初に部員募集していた子は少年野球経験者らしい。
・キャッチボールで握り方や投げ方からちゃんと教えてる。
・人数が足りなければ三角ベースでもやろうとする野球への意欲(笑)!
・最初は部員が足りず同好会からというスポ根もののセオリー通り。

意外と普通のスポ根ものとして観られるのかもしれません。前クールの『サークレット・プリンセス』かそれ以上には楽しめるかも。過大な期待は抱かないもののとりあえず視聴継続します。

補足: 男子の硬式野球部がない点については、作中で「元女子高だからじゃない?」といった感じの生徒の台詞がありました。ただ、世の中にはそれで甲子園出場まで果たしている愛媛の済美高校(共学化から3年目で春(初出場で優勝)/夏(初出場で準優勝)ともに甲子園出場)などもあるのでそれだけでは何とも言えませんよね。
== [第1話視聴時レビュー、ここまで。] ==

2019.7.16追記:
最終回まで視聴終了しています。楽曲的には「どんなときも。」(槇原敬之: 1991年)や「世界でいちばん熱い夏」(PRINCESS PRINCESS: 1987年)のカバーが使用されるなど、30年近く前の歌が出てくる「懐メロ」仕様でしたね。

そして第二次世界大戦でのメジャーリーガーの不在などをきっかけに創立された女子プロ野球リーグを題材にした映画『プリティ・リーグ』(1992年)を彷彿とさせる市立里ヶ浜高校女子硬式野球部のユニフォーム。

そして部活の内容は野球ということで、これらを懐かしく思える年代というと40代後半以上ということになりそうですが、そんなターゲットの狭さはさておきストーリーは部活物としてはわりと王道でそんなに悪くなかったとは思います。

ただ、作画面に関しては終始不安を感じさせる不安定さでした。ただ、可能な作業量を計算し尽くした結果なのか決定的な「作画崩壊」を迎えるには至らずなんとか全話乗り切った感じです。
(それでも「残念」な感じはありますが。特に比較的キャラクターデザインは良かったと思うだけに、なおさら…。)

ということで個人的にはそこそこ楽しめましたが、セールス的には厳しいみたいですね。私自身、本作の円盤やグッズに一銭も使っていません…。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 196
サンキュー:

42

ネタバレ

オカモン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 2.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

女子野球がテーマなのは社会的にも意義があるがゆえに…

くそぉ…くそぉ…
なんでこんなにつまらなくて盛り上がらないんや…
これだからソシャゲ原作アニメはダメだと思われてしまうんや…

展開は王道で、野球部として試合をやるためにメンバーを集め、その中で人間ドラマがあって、練習して成長して、最後に公式試合に出るというもの。

王道展開なのは全然問題ないんだけど、見どころが全くないです。。。
中学の頃の全国大会経験者レベルの子が何人かいるのであれば、そのあたりの魅力を出したり、すごく下手だった子が成長してこんなにうまくなった部分を見せたりとか、なにかやりようがなかったのかなあ。

同時期にダイヤのエースやMIXなどの野球アニメもあってそちらがすごく面白いだけに8月のシンデレラナインがすごく霞んでしまいました…。

EDの「どんなときも。」のカバーは良かったですね。懐かしいなあ!

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 56
サンキュー:

9

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

ひざ、すりむくぞ(苦笑)

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
女子野球を題材にしたアニメ。まあ、野球の深いところを魅せるというより、野球に燃えている美少女をどう魅せるかに力を割いた作品ですね。だから、ストーリー的には、特に語ることもありません。

あと、作中やEDなど、昭和生まれなら誰でも知っている名曲のカバーが流れていましたが、若いレビュアーさんが、最近の曲だと思って誉めているのを見ると、なんだか微笑ましくてw 年取ったな~と思いました(笑)

あと、作画はダメダメです。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
野球、好きです。草野球ですが、たまにやりますし。五番、ファースト(かセカンド)が定位置(守備は良いんですが、あまり送球が良くなくて)です(笑)

なので、「多少は野球を知っている」身から観ても、ホントにリアリティがなくて。

視聴してすぐに思うのは、「そのユニフォームだと、膝を擦りむくぞ」です。イメクラじゃないんだから(行ったことないけど)w

それから1話目、小学生の三角ベースとはいえ、軟式球と金属バット使うなら、最低の最低限、キャッチャーマスクだけは被らんと。ゴムボールにマスコットバットとかなら、良いんだけどね。

あと、これはいつも思うし、むしろ羨ましいとすら思うんだけど、「スポーツを楽しむ」って感覚が分からないんですよね。

バスケとかバドミントン、卓球やらスキー、スノボみたいに、自分が人並み以上に出来る競技は楽しいけど、(特に苦手な)ボーリングなんか、全く楽しくない(ちなみに、ボーリングの時に、変に手首捻るのが良くないらしいんだけど、マジで100超えない時の方が多いしw)。

やっぱり、スポーツは「出来るから楽しい」。「勝つから楽しい」。

ということで、共感は出来なかったし、ご都合にイライラすることも多かったのですが、最後は敵味方関係なく、爽やかに楽しそうに野球やってたんで、まあ、良いかなという感じでしたね。
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆2
スカートだと、膝擦りむかないか? 女子硬式野球部が30校て、リアルな数字なんかな? まずは仲間集めね。ん? エロゲ原作? って雰囲気だが、男がでないから、違うんだろう。軟式野球でも、キャッチャーマスクは被らんと、大怪我するぞ。

ED、懐かしい♪ 30代なら好きだよな♪

2話目 ☆3
じゃあ、1話の河原でやったら? 剣道部の練習、大事(笑) 除草剤まこうぜ(笑) か、学校なんだから、芝刈機くらいまであるでしょ、用務員さんに可愛くお願いすれば、何とかなる(笑) 裏方も、めっちゃ面白いけどね。

3話目 ☆3
作画、ガタガタしてないか? 首振るところとか。語尾が面倒くさい人が増えてきた(苦笑) シニアの優勝チームに女子って、去年、そんな子いなかったっけ?

4話目 ☆2
いくら(技術的に)上手くても、女子でホームラン、打てるか? ランニングなら、なくはないか? いや、これはハズいよな(笑) 作画、だいぶ酷いな。

5話目 ☆1
2ヶ月でバントは、ムリ。それだけやったならともかくね。欺く意味なし。素人集団で、5回12点なら、大したもんだよ。

6話目 ☆4
しっかし、動かないアニメだね。秘密特訓。親友より、戦友。その通り。互いに甘えてた。チームメイトの一人に、格下げ? 格上げ? なんか、良い話風だな~。私たちになる。

7話目 ☆


8話目 ☆


9話目 ☆3
合宿回。まあ普通に普通だな。と思ったら、まさかのホラー展開(笑)に、エース誕生。なかなか面白かったw

10話目 ☆3
メンバー落ち、コーチャーのところはまあ、王道ですな。

11話目 ☆


12話目 ☆3
相手のピッチャーが良くて、打者、走者が素人もどきの場合、スクイズはヒッティングより難しい。
女子でホームランか。まあ、楽しそうに試合してて、いいかな。
{/netabare}

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 102
サンキュー:

20

shitasama さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

意外と面白かった

ゲーム原作ということであまり期待をせずに見たのだが、面白かった!
内容や絵的に野球版ラブライブ?みたいな感じかな?
多分2期は無いのだろうが少し続きが気になるかな
取り合えずアプリやってみるかな…

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 58
サンキュー:

7

takigawa さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.5 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

低予算でスポーツものは無理がある

スマホアプリ原作だそうで未プレイ

作画がスポーツの作画ではない
キャラの動きが70年代アニメみたいで
キャッチボールの場面で切った人も多いかと

脚本やキャラ配置などはまあ定番の展開

最終話の試合では作画をカバーする
動きを意識させないうまいカット
もあったりして、中の人の苦労がしのばれる

edがカバーなのもおそらく予算の関係なのでしょう

一応視聴完了

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 79
サンキュー:

8

次の30件を表示

八月のシンデレラナインのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
八月のシンデレラナインのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

八月のシンデレラナインのストーリー・あらすじ

市立里ヶ浜高校に入学した有原翼は、野球部のないこの学校に「女子硬式野球部」を立ち上げる。そこに集うのは、野球にはじめて触れる少女や、一度はプレーをあきらめた少女、高い壁に挑み続ける少女……。時にぶつかり、競い、支え合って、里高女子野球部は青春を駆け抜ける!世界で一番あつい夏がはじまる――(TVアニメ動画『八月のシンデレラナイン』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
トムス・エンタテインメント
公式サイト
anime-hachinai.com/
主題歌
《OP》みゆはん『エチュード』《ED》有原翼(CV.西田望見)東雲龍(CV.近藤玲奈)野崎夕姫(CV.南早紀)河北智恵(CV.井上ほの花)『どんなときも。』

声優・キャラクター

西田望見、近藤玲奈、南早紀、井上ほの花、花守ゆみり、緑川優美、高木友梨香、山下七海、佐伯伊織、白石晴香、八島さらら、立花理香

スタッフ

原作:アカツキ、原案:山口修平
監督:工藤進、シリーズ構成:田中仁、アニメーションキャラクターデザイン:野口孝行、音楽:小畑貴裕

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ