「彼方のアストラ(TVアニメ動画)」

総合得点
64.5
感想・評価
93
棚に入れた
605
ランキング
2318
★★★★☆ 3.3 (93)
物語
3.3
作画
3.3
声優
3.3
音楽
3.2
キャラ
3.3
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

てん

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

言い方が楽しい

カナタやキトリーの節々のツッコミ・ボヤキとか、

シャルスが未知の生物にテンション上げまくっているときとか、

アリエスの特徴的な笑い方とか、

他にも諸々言い方が好きな箇所が多いです。

声優さん達に感謝。



宇宙の彼方に飛ばされ、子ども達の手だけで乗り越えていく話。

1話を見たときはまさか全巻セットを買うなど思っていませんでした。

6話まで視聴済みですが最終回まで原作は封印。

どんな背景(?真相?)があるのか、誰が刺客なのか楽しみ。

投稿 : 2019/08/18
閲覧 : 8
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

少年ジャンプ+のコミック原作の「宇宙でもソウナンですか?」

公式のINTRODUCTION
{netabare}
宇宙への往来が当たり前になった近未来で、
9名の少年少女たちが惑星キャンプへと旅立つ。
宇宙旅行に胸を躍らせながら出発した彼らを待ち受ける、
予想外の事態とは……!?

「マンガ大賞2019」大賞を受賞!
『SKET DANCE』の篠原健太が描く大人気SFサバイバルストーリーが
待望のTVアニメ化決定!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:篠原健太(集英社ジャンプコミックス刊)
監督:安藤正臣
シリーズ構成:海法紀光
キャラクターデザイン:黒澤桂子
メイン総作画監督:黒澤桂子
サブ総作画監督:山本由美子
メカデザイン:有澤寛
プロップデザイン:本多弘幸
宇宙生物デザイン:廣瀬智仁
助監督:柴田裕介
美術監督:甲斐政俊
美術設定:虎順、羽根広舟
色彩設定:多田早希
撮影監督:酒井淳子
CGI:ラークスエンタテインメント
CGディレクター:加藤大輔
2Dデザイン:いまむら
モニターデザイン:山田可奈子
編集:宮崎直樹(森田編集室)
音楽:横山克、信澤宣明
音楽制作:KADOKAWA
音響監督:飯田里樹
音響効果:奥田維城
制作プロデューサー:比嘉勇二
アニメーション制作:Lerche
製作:彼方のアストラ製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
カナタ・ホシジマ:細谷佳正
アリエス・スプリング:水瀬いのり
ザック・ウォーカー:武内駿輔
キトリー・ラファエリ:黒沢ともよ
フニシア・ラファエリ:木野日菜
ルカ・エスポジト:松田利冴
ウルガー・ツヴァイク:内山昂輝
ユンファ・ルー:早見沙織
シャルス・ラクロワ:島﨑信長
{/netabare}


1話ずつの感想


#01 「PLANET CAMP」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
宇宙旅行が当たり前になった時代。ケアード高校の生徒アリエス・スプリングは、初めての惑星キャンプに胸をときめかせていた。
同じ班になったのは、宇宙港で顔を合わせたカナタ・ホシジマら計9名。
一行は無事に惑星マクパに辿り着つくが……予期せぬ事態が発生する!
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめて会って、いっしょの班になった
個性の強い9人が宇宙に飛ばされて
そこで見つけた無人の船を使って
みんなで協力して帰る、ってゆうおはなしみたい^^



みんな個性が強くって、ギスギスしそうだったけど
宇宙に残されたアリエスを助けようってするところでみんなが協力したりして
そんなにギスギスしなさそうだからよかった。。

それに、ひったくりと知ったかぶりをまちがえるとか
「そんなボケしないでしょ!?」ってツッコミたくなる
ダジャレギャグが多かったけど、コメディが多いから
あんまりシリアスにならなくってよかったみたい^^

それに、こうゆうときはどうしたらいいか?みたいな
パズルみたいな問題をとくおもしろさもあったみたい^^


ただ、アリエスをつれたカナタを助けるとき、みんなで手をつないでたけど
あれって、巻き戻したワイヤーを誰かがつけて
2人が船の近くまで来るのを待って
つかまえたらよかっただけなんじゃない?

ザックはIQ200の天才って言ってたけど
IQ200の人って、もっと頭がいいんじゃないのかな?って。。
{/netabare}
{/netabare}
#02 「WILDERNESS」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
20日分の食料と水を手に入れるため、惑星ヴィラヴァースに降り立ったカナタたち。特異な生態系に翻弄されながらも生存のために協力し、メンバーは少しずつ環境に順応していく。しかし、十分な食料と水が確保できるとわかった矢先、再び謎の球体が現れる!
{/netabare}
感想
{netabare}
どうやって頭が釘みたくなってるあの木にのぼったの?とか
いくら固くても枝の上なんだから、ふわふわして助走できないんじゃない?
お腹に、やりがささっただけですぐ死ぬドラポンって弱すぎない?
毒にもいろいろあるから、あんな機械で食べられる実かどうかわかるの?とか

いろいろツッコミどころは多かったけど、コメディパートも多いし
ちょっと薄かったけど、いいおはなしもあって
謎の球体がついてくる謎と”この中に、通信機をこわした犯人がいる”
ってゆう謎まであって、盛りだくさん^^

あんまり考えないで見たら楽しく見れそう☆
{/netabare}
{/netabare}
#03 「METEOR」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
通信機を壊した犯人がこの中にいる――。カナタはメンバー一人一人に疑いの眼差しを向けるが、証拠となるものは見当たらない。猜疑心に苛まれながら、ついにメンバーに事実を打ち明けるカナタ。誰もが混乱に陥り、疑心暗鬼になる中、アストラ号の壁が突然爆発する!
{/netabare}
感想
{netabare}
ナゾがどんどんふくらんできたところに
隕石衝突で、大さわぎ。。やっと星にぶじに着陸できた。。ってゆうおはなし



フニシアがラファエリ家に来る前、養護施設に入ったばっかりのとき
夜中、園長とサングラスの男がフニが養子になるとか話してて
「B-5、にーれて、いっせーさ、処分」とか言ってたって。。

これってみんなは「B-5班に入れて、一斉に殺処分する」って言ってたんだ
って思ってるみたいだけど
フニは「児童養護施設」のことも「起動用骨折」って言ってたくらいだから
にゃんは「もしかしてほかのこと言ってた」ってゆうオチかも?って思った^^

あと、みんなは「この中に犯人がいる」って思ってるけど
未登録の鳥が宇宙船の中を飛んでたくらいだから
犯人が、みんながこの宇宙船に来るって知ってて
かくれてた、ってゆうこともあるかも?

あと「犯人は、みんなを殺したあと、自分も逃げれないから
犯人も殺処分されるはずなんじゃないか?」みたいな話になってたけど
仲間がいたら、ぜんぶ終わったあと、助けに来てくれるんじゃないのかな?


にゃんは、これって、やっぱり、何かのテストなんじゃないかな?
って思う。。

さいごにそれが分かって、ハッピーエンドとか^^
{/netabare}
{/netabare}
#04 「STAR OF HOPE」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
墜落の危機を乗り越え、アストラ号は第2の惑星シャムーアに到着する。犯人を探すことをやめ、全員で生き抜くことを優先するカナタ。惑星探査は順調に進み、食料と水の見通しも立った。色めき立つカナタたちだが、ユンファだけはどこか表情が曇っていて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半ギャグが多くって、後半は毒の胞子をバラまくキノコのナゾをといて
みんなを助けるおはなしで、ギャグはよかったんだけど
ユンファにきついことゆうウルガーが
イヤガラセみたいでユンファがかわいそうだった。。


今回のおはなしは、いいおはなしになりそうだったけど
OPなしで、EDも特殊EDみたいにしてあって、それでも
ギャグ、ユンファのコンプレックス、シャムーアの動植物、毒キノコのナゾ
って、おはなしがいっぱいありすぎて、時間がぜんぜん足りてなかったみたい

2話に分けるか、劇場版みたく1時間半くらいでやってもよかったくらい
もったいなかったと思う。。
{/netabare}
{/netabare}
#05 「PARADISE」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
B5班を救い、メンバーと打ち解けたユンファ。旅の楽しさを分かち合いながら、アストラ号は次なる惑星を目指そうとしていた。一方、ケアード高校にはカナタたちの親が集められ、行方不明の子どもたちを死亡扱いとする失踪宣告の手続きが始まろうとしていた!
{/netabare}
感想
{netabare}
ケアード高校はあらすじみたいな感じだけど
アストラ号はパラダイスみたいな星で、みんなのんびり。。

さいごにルカのお父さんがエスポジトってゆう政治家だって聞いたウルガーが
ルカの頭に銃をつきつけて
みんながウルガーが犯人!?って思ったところでオシマイ。。



今回は海で水着回と、伏線バラまき回だったのな?

みんなの親が、あきらめはじめてて
ルカのお父さんがDNA登録に行ったとか
今回の惑星の生物はメスだけで子どもをふやすとか
記憶の移植の話とか出てたから

もしかしてエスポジト議員って
クローンを作って自分の記憶を移そうってしてて
ジャマなルカを殺そうってした、とかなのかも?

さいごのシーンはたぶん、ウルガーが犯人なんじゃなくって
エスポジト議員が悪いことしてるって知ってるウルガーが
ルカもグルだと思った、とか、そんな感じじゃないのかな?


たぶん、これからもっと伏線が出てきて
実はほかの親たちも、関係あったりするのかも?

犬とか猫だって、いなくなったら半年くらいはさがすのに
子どもがゆくえ不明になった親って
たぶんそんなにかんたんにあきらめないって思う。。


あと、ユンファのイメチェン、かわいかった♪
{/netabare}
{/netabare}
#06 「SECRET」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ルカの父親マルコ・エスポジトは、ウルガーの仇だった。大切な兄を奪ったマルコに復讐するため、ウルガーは銃の腕を磨き、その機会をうかがっていた。ルカを殺せば、マルコに同じ苦しみを与えられる。その引き金に込められた憎悪に、ルカは……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ジャーナリストのお兄さんが何かのスキャンダルをつかんで殺されて
ウルガーはルカのお父さんがやったと思って、ルカを殺そうってしたけど
ルカも自分と同じように、お父さんから愛されなかった
って知って、殺せなかった。。ってゆうおはなしがメインみたい。。

それから
津波にさらわれそうになったウルガーをルカとカナタが助けたりして
ルカがかっこよかったし
心を閉ざしてたウルガーが、みんなを仲間だと思いはじめてよかった♪

あと、落ちそうになったウルガーを
子どものときの事件で、先生を助けられなかったから
「こんなときのために筋トレしてきた」って言って
がんばって助けたカナタもかっこよかった☆


あと、ルカは性別が女に変わる病気?だって分かったり
このB-5班の仲間には、何か共通点がありそう、ってゆうのも出てきて
さいごに、シャルスがウソをついてる、ってゆうのがバレて
ナゾもふえて、次回が楽しみ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#07 「PAST」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
惑星イクリス到着を前に、B5班に衝撃が走る。シャルスはもともとケアード高校の生徒ではなく、惑星キャンプの直前に転校してきたというのだ。なぜ、シャルスは転校生であることを不自然に隠していたのか? 今明かされるシャルスの出自に、カナタたちは……。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半はシャルスの、どうしてみんなにだまってたか、ってゆう説明で
実はシャルスは貴族で、仲よくなった平民の子を貴族エリアにつれて来て
警備兵とモメてつき飛ばされてからイシキがもどらなくなって
その子の家族はどこかに行ったから、その子もたぶんどこかで眠ったまま。。

それでシャルスはケアードに転校してきたばっかりだった。。
ってゆうおはなし



「進撃の巨人」のエレンのお父さんのおはなしみたいだったけど
こうゆう差別とかイジメみたいなおはなしって
見てるとウルウルしてきちゃうって。。

でも「彼方のアストラ」って、こうゆうところにも伏線とかありそう。。
その子か家族がシャルスをうらんでた、とか。。



後半は、新しい星に着いたんだけど
宇宙船がこわれて直せないから、もう宇宙は飛べなくなって
この星で暮らすしかない、って思ってたときに
アストラ号とそっくりのこわれて動けなくなった宇宙船を見つけたの

中にはコールドスリープしてた人が1人いて
おこしたら、女の人が出てきた、ってゆうところでオシマイ。。



たぶん、おんなじ型の宇宙船だったら
部品を取りかえて、動くようにする、とかかもしれない?


でも、広ーい宇宙で、たまたま2回も変な球に吸いこまれて
何かあったら、近くにたまたま船が落ちてて
それがおんなじ型って、ぐうぜんじゃないよね?

実は、みんなはフルダイブでバーチャルリアリティな世界に来てて
何かのテストを受けてる、とかかも?

それだったら、誰かの命があぶなかったら
すぐ、現実にもどすとかできるから。。
{/netabare}
{/netabare}


投稿 : 2019/08/16
閲覧 : 173
サンキュー:

29

2010sw

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

何が起こるかわからなくて良し~

宇宙に取り残されて・・のサバイバル。

出来すぎーなトコもあるけどそこは置いといて
(何故そこに宇宙船がある?とか
そんなに素早く仲直りするもんかね・・
ってなことは置いといて、)

毎回、予想を超えた事件が起こってドキドキだ。

いやーさすがにソレは・・とか
これは困った~・・
ってな感じで・・

無重力の表現とかもしっかりしていて、
へー・・そうなのか・・ってこともしばしばで、
好感が持てる。

2019夏、遭難モノ好きなヒトには、
ほかに、毛色が違うけど
ソウナンですか? もオススメー

投稿 : 2019/08/16
閲覧 : 17
サンキュー:

2

ネタバレ

ロッタ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

宇宙の旅は嫌いじゃないです♪

アリエスの天然さについていけない!って
なりましたけどストーリー自体は面白そう
ですね♪
いろんな惑星?に辿り着いて行く過程で
それぞれの特技が活かされるシーンが
ありそうですね。
私の楽しみはユンファ・ルーの活躍シーン♪
私の好みのタイプなので♡
彼女の特技はなんでしょうかね?
中華料理?な訳ないですねw
男の子ではウルガー・ツヴァイクかな。
ギャグっぽい宇宙人とかは出ないで
欲しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)

2019.7.11
第2話
遭難4日目 惑星ヴィラヴァース到着
見たことのない動植物がいっぱい♪
次の惑星到達までに必要な20日分の
水と食料を調達できるか?
ちょっとワクワク♪
乗組員の人間模様も描かれていて
ちゃんとした脚本のようなのでまずは
安心しましたw
女の子の表情が豊かに感じました。
凄く面白くなりそうな予感プンプンです。
はいっ、次の惑星にレッツゴー(*´꒳`*)

2019.8.15
7話見ました。
アリエス可愛いくなりましたよね?
変な天然ボケも影を潜めて好感度アップです。
アストラ号壊れちゃいましたね。
故障してる船見つけたから部品とか使えるのかな?
故障してる船のカプセルに女の人がいましたけど
仲間に加わるのでしょうか?
これはワンクール?
だとしたらあと5話くらいしかないけど結末まで
描ききれるのかなー。
ちょっと心配です(๑˃̵ᴗ˂̵)

投稿 : 2019/08/15
閲覧 : 87
サンキュー:

19

ネタバレ

褐色の猪

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

壮大な SF ファンタジー

{netabare}
9人しかいねえ!
{/netabare}


----------


{netabare}
1人増えたw
{/netabare}



----------

投稿 : 2019/08/15
閲覧 : 56
サンキュー:

6

pooki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

<65> 高校生の宇宙漂流記。宇宙船ていう閉じた世界で登場人物も 9 人だけ。

1 話視聴。
高校生の宇宙漂流記。初回は約 48 分。
宇宙船ていう閉じた世界で登場人物も 9 人だけ。舞台は整った感じ。SF 的にはやや甘めかな。
好みだし、じゅうぶん面白いけど、初回としては少し物足りない。今後に期待。

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 24
サンキュー:

1

haiga

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

少年少女の宇宙漂流記

今観ています。

閉鎖ミステリーって感じで面白いですね。
ちょっと主人公含め未熟で短略的な行動を取りまくるところは若さゆえと納得させています
(ちょっとキツくなってきたが…以下理由を書きます)

視聴者って無意識に観る時の基準というか期待値みたいのを設定してると思うんですよ。
彼方のアストラの場合は未成年だけで宇宙に放り出さられてる状況。ギャグ要素はあるけど基本1歩間違えたら死ぬ危険がある未知の惑星を、ミス無く綱渡りで旅をして地球に帰る必要があると言う設定。

燃料も食料も限られており自ずと慎重に行動する必要がある。幸い頭の良い天才の仲間もいるし、植物や医学に精通した仲間もいる。最大限仲間の協力を仰ぎつつ旅をする為には、人間関係もケアしてよく相談しながら活動しなくてはいけません。
そのため主人公はリーダーに名乗りを上げて旅をリードしてゆく。
ここまでは問題ありません。

でもでも、ちょっと軽率過ぎるんですよね。未開の惑星に挑むにしても毒味もしないで現地の食べ物を食べたり、武装もせずに探索に行ったりあまりに適当過ぎるんですよ。(なんか食べられるか判定の機械は作りましたが)地球のサバンナやジャングルに行くのでももっと備えて行くと思います。

ぶっちゃけ地球でもその辺の空き地の雑草や木の実にもヤバい毒がある植物がありまくるのに、ましてや他の惑星です。能天気に探索したり昼寝したり緊張感が無さすぎると思えてしまいます。

主人公がリーダーの自覚が無さすぎて、気合いと根性でクルーの命を天秤にかけているように見えてだいぶ視聴が厳しくなって来ました。

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 78
サンキュー:

10

niratama

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

無人惑星サヴァイヴ?

注)
アニメになってる物は基本原作は後回しな人ので
原作マニアな人が見ても参考にはなりません

1話見て無人惑星サヴァイヴ?
かと思ったけどロボが出ない銀河漂流バイファry

投稿 : 2019/08/08
閲覧 : 76
サンキュー:

2

ネタバレ

へも

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

大長編・かな太の宇宙漂流記

原作未読。既に完結済みで、定評を得ている作品のため今後に期待していますが・・・
現時点ではレビュータイトルのような雰囲気を感じていますww
要所要所にギャグを挟みつつも割とシリアスに展開していくのかな?と拡大1話を視聴して思いましたが、その後の展開はすごーく都合の良い話が続いてて萎えてきてます;

でも巻き返しを待ってます!!(評価はデフォのままにしておきます)

投稿 : 2019/08/04
閲覧 : 86
サンキュー:

8

ネタバレ

かんぱり

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

遭難というよりも遠足みたい(-_-;)

原作未読です。
宇宙に放り出された9人の少年少女が、力を合わせて地球に帰還しようとするお話。
5話まで見ましたが、結果として断念しました(>_<)理由は最後に。
以下、各話の簡単なレビューです。

1話。{netabare} 選ばれた9人で、ある惑星にキャンプをしに行くことに。
そこで謎の球体に飲み込まれて宇宙に放り出されるみんな。(先生除く)
そしてそこには謎の無人宇宙船があって、それに乗って帰還しようとするけど、地球から5012光年離れてて帰還は困難。。
なんか5000光年離れてるって言われても距離感つかめなくてピンとこないなあ。計算してみた。9光年で4時間かかるんだから、5012光年だと・・3か月ちょっとかかる距離なんだね。なるほどー。でも宇宙船にはそんなに食料が積んでいないから問題なんだね。
でもカナタの発案で、近くの惑星で食料を補給しながら帰還していくことになるんだけど・・{/netabare}

2話。{netabare} 第2の惑星に到着。恐竜の惑星?
なんか相変わらずギャグ多め。作品的にはもう少しギャグ少な目でもいいかな。なんとなく他のジャンプ系アニメと似てる雰囲気あるかも。
また謎の球体が発生!でもアリエスの映像記憶能力のおかげで危機を脱したみんな。
夕方になると上昇する木に乗ってしまったフニシアを助けるために命をかけて助けるカナタ。
そんなカナタを見て、キャプテンはカナタだと認めるメンバー。
でも、誰かに通信機が壊された痕があって・・犯人は誰?{/netabare}

3話。{netabare}誰が犯人か、メンバーを観察しまくるカナタ。と同時にキャラ説明も兼ねてるのかな。
フニシアの何気ない話から、この9人が揃ったのは仕組まれた罠の可能性が出てきて・・
このメンバーの中に犯人がいるかもしれないという話を聞いてパニックになるキトリー。
でもアリエスのおなかの鳴る音で落ち着いて。。マイペースだなあ(*^_^*)
で天然かと思ったら、鋭い推理も披露するアリエス。犯人も死のうとしてる!?実はできる子?
突然船に穴が開いて、惑星に墜落していくところを、みんなのチームワークでなんとか着陸できたけど・・{/netabare}

4話。{netabare}2番目の惑星に到着。犯人捜しはしないと言うカナタ。でもそんなんで大丈夫なのかな?
着陸した惑星は殺風景で、植物は食べられるけど、すぐ腐って保存には向いてないみたい。
動物もいるけど、なんか優しそうなやつだから殺すのは忍びないし。。
そんな時、ユンファが書置きして船を出ていってしまう。目立ちたくない透明になりたいというユンファ。
安全な惑星だと思ったら、毒を出す植物の胞子を吸い込んで倒れるメンバーたち・・
解毒キノコを探しに行くカナタと、殻をやぶって歌を歌いはじめるユンファ。
でも、マスクを外して毒を吸わないと解毒キノコが見つからないというカナタの理屈が意味不明だった。。{/netabare}

5話。{netabare} みんなユンファの歌のおかげとか言ってるけど、そんなにかなあ(-.-)かわいくはなったと思うけど。あと惑星でる時にみんな大泣きしてたのは大げさに感じた。3番目の惑星に到着。水着でバカンス気分で楽しむみんな。でも地球では失踪扱いになってて・・そしてウルガーが・・{/netabare}

だめだー。だって実際宇宙で遭難してるし、たまたま良い惑星がいい感じで点在してるから命をつなげていられるのに、この緊迫感のなさ、遠足みたいな感じはついていけない・・地球では身内が心配してるのに・・
シリアスベースの物語にコメディとかギャグが入るのは嫌いじゃないんですが、これは私には合わなかったみたいです。視聴断念します!絵は綺麗で良かったと思います。

投稿 : 2019/08/03
閲覧 : 134
サンキュー:

15

KANO

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

期待してます

5話迄視聴
原作未読ですが、
おそらくそろそろ話しが、一気に動いて行きそうな雰囲気ですね。
期待して観ます

投稿 : 2019/08/02
閲覧 : 24
サンキュー:

2

ネタバレ

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

SFがんばってるう

原作は少年ジャンプで「スケットダンス」を連載していた中堅のコメディ漫画家、篠原健太さんのジャンプ+で連載されていた漫画。2019年度漫画大賞受賞作だそうです。

安藤監督は知り合いの監督さんなので、期待していましたが、富野由悠季監督作品が大好きということで、そういう意味で硬派なSF作品として作ってるみたいです。

「そして誰もいなくなった」などのミステリーや「ワンスアポンタイムインアメリカ」などの所謂クローズドサークルや特定の集団行動内での人間心理という意味では、海外ドラマを意識したシリーズ構成であり、昨今の海外のアニメファン向けに作っているところも見所かもしれません。往年のハリウッドSF映画「ゼログラビティ」や「オデッセイ」などを模倣したシーンがちらほら見え隠れしています。

最近のアニメは、海外でも人気が高いためグローバル志向になることは見えていましたので今後の作品はどんどん海外メディアにも注目される作品作りになることは間違いありませんし、監督や原作者、演出家、脚本家に至るまで更に視野の広い作品作りが試されている場になっていることも事実です。
最近は海外コミック勢(MARVELのディズニーやワーナーのDC、その他もろもろのフランスやアメリカやイギリスのコミック会社)が非常に強いのでシェアの奪い合いが早くも始まると予想しております。

投稿 : 2019/07/29
閲覧 : 48
サンキュー:

8

はげん

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

これから

原作既読
他の評価を見るとイマイチって人が多いですね。

前半は各々の詳しいキャラ紹介って感じですかね、伏線もたくさんありますが
後半からは予想外な展開や伏線回収があり、とても秀逸です。

なので今のところイマイチって方も
是非視聴を続けてほしいですね。

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 42
サンキュー:

3

聖剣

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

決意

各所の展開に陳腐さが悪目立ちし
もう限界かな?って思っても持ち堪えたのは
マンガ大賞等での受賞経歴
それも
原作連載終了後に話題になったとあれば
序盤でのガマンは必須ってことだろう

というわけで
とりあえず4話まで見て
まだ高校生が主人公である必然性は感じないし
各人が専門分野に長けているご都合主義に、
スラスラと説明の長セリフが出てくる状況に「またか…」と思っても
静観は継続
たぶん、こっちの「静観」はお家騒動には発展しないので
目くじらを立てずに、優しい気持ちで見守ろうっと

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 62
サンキュー:

9

takigawa

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ちょうどよいタイミング→

漫画原作既読

原作はなかなか面白かった記憶あり

…なのだが内容はおぼろげ
自分的にはちょうどよいタイミングでのアニメ化

作画きれいっすね。色味が好みなのでそう見えるのかな

視聴継続

投稿 : 2019/07/26
閲覧 : 18
サンキュー:

1

ネタバレ

Yuyu

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観たい

彼らはとんでもない物を盗んだ

1話感想

出だしは某N○Kアニメまんまなんですが

凄いですねぇ彼ら

宇宙船を鹵獲して速攻で発進しちゃいましたよ。

そりゃーこの船が伏線になるのは当然なんでしょうけどね。

未来の中身をぶちまけるトランクケースにもビックリしましたけど

ヒロインを救出しようとした時に使ったワイヤーじゃ明らかに尺が足りないでしょ。

慌ててるし宇宙船使わないのは分かるけどね。

これは突っ込みアニメになってしまうのか

とりあえず、でも面白いです。

投稿 : 2019/07/26
閲覧 : 69
サンキュー:

1

ネタバレ

不良中年

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

面白いかも

今季不作ばかりの中、やっと面白い作品に出合った。

最初、主人公の一人アリエスのキャラがアホっぽくこの作品も外れかと思ったが、宇宙に出てから面白くなってきた。

集まったメンバーは良くありがちなキャラが揃っているが、そこはサバイバル物のお約束という事で我慢しよう。

最終的にキャプテンとなったカナタは基本熱血キャラ。チョット抜けてるところもあるが冷静で行動力がありキャプテンにふさわしい人材。

また、時々入れるツッコミもナイス!

次回も楽しみだ。

#2019/7/12 加筆

さっき2話を視聴した。
面白いから今後も継続視聴します。

ただ、他の方も言ってますが、不必要なギャグが多いです。
これから未知の惑星に降りるというのに、虫取りとか意味わからん。

そういう小学生低学年レベルのギャグなど入れなくて結構。
十分に物語は成立しているのにもったいないです。

あと、やたらと環境が整った惑星が多すぎのような、さすがにそれはないわと思う。今の時代天文科学も進んでおり地球的な環境を持つ惑星は限りなく少ないことは分かっているので、水や食料を仕入れるにしてももう少し捻って欲しかったと思う。しかしそれだと話が進まないから仕方ないのか。

それと、せっかくのSFものなんで、登場する惑星や動植物など科学的な裏付けがあるものにした方がいいと思う。

あのドラゴンモドキは、あの体じゃ絶対に飛べないでしょ。
異世界ものじゃないんだから安直なキャラ設定は止めるべき。

#2019/7/25 加筆
4話を視聴した。
意味のないギャグは以前より少なくなった。
今回は2番目の惑星の着陸したのだが、相変わらず生態系が適当というか、植物はともかく、動物がポケモンだ。

なんだか、自分が子供の頃(昭和40年代)の宇宙ものアニメのようで、もう少し何とかならないのかな。

これいっそ宇宙というのをやめて異世界ものに替えたら、何の不満もなく視聴できるのだが。
ウーン、残念。

投稿 : 2019/07/25
閲覧 : 59
サンキュー:

3

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

いい雰囲気は感じる

1話2話視聴した感じ、引き込まれそうな何かを感じます。ただ、まだ目的とした目的が何なのかわからないという感じで、評価するのはもう少し後になりそう。

現状4話まで見て悪くはないです。それぞれ何か抱えた少年少女が、絆を深めながら惑星を渡っていく。
それぞれの物語があるといいですね。
シリアス風の内容ですかね。
ここまで、物語の大きな波はまだないですかね。

投稿 : 2019/07/25
閲覧 : 31
サンキュー:

5

古川深夜

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:今観てる

どんどん面白く無くなってきた

4話の歌の回はやばすぎる 寒気がでました 歌を歌う地味な子は一切なにもしていないし 薬のある場所をあのメガネ男はわかってて カナタに取りに行かせただけ てかユンファはかかってなかったのに 完治薬草があったのをみつけてるのに 次行ったカナタはユンファと同じ状態なのに見つけられない謎 意味がわからなすぎる あと歌で終わるのは頭かかえてしまった
1話だけがましで そこからは 裏切り者がいる中 ワキアイアイとしてるのが イカれてる あと裏切り者は結局 皆を巻き添えにするためにいろんな細工してるけど 皆んなが助かるように行動してる矛盾意味がわからない 原作をみてないけど 原作もそんなに面白いとは思えない ある程度はアニメと同じだと思うし これは話数を重ねるほど面白くなくなってきてます

投稿 : 2019/07/25
閲覧 : 64
サンキュー:

4

ネタバレ

アニメ好き

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

1話が面白かった、2話は普通 3話は(^_^;)

無人惑星サヴァイヴというアニメが好きなので、ほぼ同じ展開のこの宇宙漂流もののアニメも気になっている。
話の至るところにご都合展開があり、作者が助っ人ダンスの人らしいので死者がでなさそう。2話を見たらユルい宇宙漂流ものになるんだろうなと言う気がしてしまった。
一応伏線が張られていて、1話の時点で地球に帰るという物語の大目標も示してくれているので視聴したくなる
設定が2050年くらいで光の早さを越えて移動する乗り物がある時点でSF要素はお察しである。作者は細かいところを考えるような人ではないだろうし気持ちいい物語が書ければ良いタイプの漫画家だと思う。
3話ネタバレ↓
3話は
{netabare} 話がぐちゃぐちゃしてました。犯人を探すのかと思ったら、この事故は仕組まれていたものだとわかって、突然船体に穴が空いて原因は隕石?
このままだと着陸で死んじゃうから重力装置に電気を供給しようとしたら飛行生物がいて重力発生できない???
何で未登録の飛行生物がいたら重力発生できないの?
都合良く連結できるケーブルが沢山おいてあって、みんな連携して動いて9分で繋ぐ?あなた達高校生が何で船の電気系統の構造完璧に知ってるの{/netabare}訳ワカメですわ(›´ω`‹ )

見るたびに評価が下がっていってしまう。悲しい ニコニコでコメントありで見たいけどネタバレしまくってるし 困ったもんだ。これから面白くなるんたよな!?頼むよー

投稿 : 2019/07/24
閲覧 : 50
サンキュー:

2

ネタバレ

あぶら

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

途中経過

このマンガがすごい!3位に選ばれたとあって、ある程度の期待を持って視聴を開始したが、回を追うごとに先が気になる展開に、どっぷりはまっている自分がいる。現状3話まで視聴しているが、よほどのことがない限りは安定した面白さで最後まで行くだろうと思われる。

 世界観設定やストーリーに特段の目新しさは感じない。学生のみの宇宙船、と聞くと「無限のリヴァイアス」を真っ先に思い出すが、今作とリヴァイアスには決定的に違うポイントがある。船内の雰囲気である。リヴァイアスは基本的にクルー同士の中は悪く、誰が主導権を握ったとしても軋轢は避けられない重苦しい旅路であったが、今作のクルーは基本的に善人が揃っている(ように感じる)。各話で多少のいざこざはあるものの、たいていはキャプテンのカナタやヒロインのアリエスのおかげで丸く収まり、すぐに全員で問題の解決に取り掛かることができている。こう聞くと緊張感に欠けるように見えるかもしれないが、次々に起こる問題はどれも深刻なものばかりで、どのように乗り越えていくのかを考えるとハラハラすることも多い。

 ストーリーは、現代よりもはるか未来の話で、学生のみの宇宙キャンプとして自然公園に指定されている惑星に降り立った少年少女9名が、謎の球体に飲み込まれ、母星より5200光年先の宇宙空間に放り出される。少年たちは偶然発見した宇宙船『アストラ号』に乗船し、近くの惑星で補給をしながら、母星への帰還を目指す、といったものになっている。この物語の最大の謎は、言うまでもなくB5班がキャンプに送られた目的、およびそれを仕組んだ人物である。劇中では今のところ、B5班はランダムではなく意図的に集められた集団ではないかということ、またそれができたのは教職、ないし学校に影響力がある人物ではないかという想像がされている。伏線は各惑星ですぐに回収される小さなものや、ウルガーの銃や船内の裏切り者など、後々に関わってきそうなものもある。いずれにしろ、現在の段階では先の展開は読めない。個人的に好感が持てたのは、一番想像しやすいといえる第3者の仕掛けた試験、という可能性を、ルカが劇中で発言することで潰したことである。この状況には絶対的な悪意があり、それを跳ね除けるストーリーである、と考えておく方が、のちの展開に期待が持てる。

 キャラクターデザインや描写は、そつなく出来ている。アニメーションの作画は良いし、万人受けしそうな顔立ちであると感じる。各クルーのそれぞれに得意な分野があるのも、キャラクターを立たせるうえで不可欠である。しかし、尖った特徴が無いのも事実で、特定のキャラクターに入れ込むといったようなアニメではないようだ。

 欠点としては、ところどころ挿入されるギャグ、コメディパートが決定的につまらないということである。笑える・笑えないと感じるのは、個人個人の感性によるものなので、あくまで個人的に合わなかっただけかもしれないが、あれらのギャグはあってもなくても話の本筋が全く変わらない。内容は骨太でワクワクするだけに、ギャグ描写は最低限、キャラクターの味付け程度に収めてほしかったものだが、それができないのは原作者が元ギャグ漫画家であるためか。ストーリー展開も、特に序盤は惑星をたどって帰ることを真っ先に考えつかないものか、母星に帰らずとももっと近くの地球管轄の惑星で救助を待つことはできないのか、などやや無理があると感じたが、欠点と呼ぶまでには至らないと思える。

 総評としては、手堅いキャラクター・世界観と先の読めないストーリーで、安定感ある面白さのアニメとなっている。原作が完結済み、なおかつそこまでの長編ではないということもあって、原作に忠実な描写で進んでいくだろう。9人が無事に母星へ戻れるかどうか、今後も期待して視聴させてもらおうと思う。

投稿 : 2019/07/19
閲覧 : 106
サンキュー:

1

ネタバレ

イヌイル

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

ギャグ濃き冒険物語。

2話まで視聴。
見る前からマンガでは賞を受賞と期待をかけまくって見ました。
驚きました。
ギャグがあるのです。
あらすじを見たときはそんな感じはあんまりなく、冒険ならではのワクワク感やハラハラ感があるのかと思いました。
最初のところはギャグがあっても違和感がありませんでしたが、途中から最後のところでギャグがでるとは意外だなと思いました。
まあ、2話では感動もありとても面白かったです。
でもギャグはもうちょっと出すなら面白くしてほしいなと思いました。
わがままでしたね。すいません。
でも、ストーリーは面白いなと思ったので見続けたいと思いました。

投稿 : 2019/07/19
閲覧 : 66
サンキュー:

4

ネタバレ

佐藤くん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

SF & ギャグ & ちょいシリアス

スケットダンスの人が原作です。
なので、しょっちゅう飛んでくるギャグを許容できるかが視聴の基準になるかと思います。
この後もたまにシリアスしつつギャグ挟んでくるので、そのギャップが嫌ならキツそう・・・

許容できるなら面白いことは保証できる作品です!
ギャグを楽しむなり、ストーリー考察するなり、楽しみましょう!

投稿 : 2019/07/14
閲覧 : 34
サンキュー:

6

Roulen

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

ギャグが合うかどうか

他コメ追ってるとギャグが合わないって人が多いけど、自分は問題なくむしろ面白く見れた。シリアス+ギャグっていうと銀魂が人気だけど、自分は逆に銀魂のギャグは受け入れらないタイプ。この辺は本当に人によるんだろうなとしか。
原作見てないけど、物語としてはメンバーの名前を既に知っている人物がいたり、所々にカメラ演出が入っていたり、伏線がちりばめられてる感じがしてよし。キャラデザはすこぶるかわいい。OPのサビはアルペジオOPのコード進行に激似で若干萎え。

投稿 : 2019/07/13
閲覧 : 29
サンキュー:

2

金麦

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:今観てる

なんで茶化すのだろう

ヒロイン?の娘のボケがかなりキツイ。
これだけでかなり減点。あとSEにもう少し工夫が欲しい。2話以降にとりあえず期待。

【追記】
2話観たけど駄目だコレ。
相変わらずギャグはつまんない。
そして一番駄目なのが、シリアスな場面なのにいきなり下らないギャグを入れて台無しにしてくれたことかな。
一々ギャグを入れるのが、この作品のスタンスなのかなあ(本格的な遭難物を期待した自分が間違っていたのかな)

まあもう少し様子見で。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 58
サンキュー:

4

ネタバレ

shino73

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ゼロ グラビティ

勝手に「ゼログラビティ」を想像し、
宇宙空間に於ける「生」の極限を見せてくれると、
そんな期待が砕け散る初回1時間SPでした。
というのもギャグ満載のSFコメディなのですね。

生徒だけで惑星で5日間を過ごすという課題。
その惑星キャンプの目的地である惑星マクパで、
{netabare}生徒たちは謎の球体に遭難し宇宙空間に放出される。{/netabare}
そこから予期せぬ生存を賭けた、
生徒だけの宇宙漂流(航海)が始まるのです。

期待と違う演出で戸惑いましたが、
物語にミステリー要素も加わり楽しくなる気配。
評判の良い原作と聞いています。
その一端が見え始めたといった所でしょうか。

少年ジャンプ的、主題の肯定。

様々な苦難をどう乗り越えるのか。
暗闇の中、手を繋ぎ、声を合わせ、
それぞれの意志を「力」へと変える。

何かしら人生の岐路に立つ人に、
優しくて楽しい作品になればと期待しています。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 96
サンキュー:

30

ネタバレ

かぐや

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

初回1時間ということで

今期楽しみにしてた作品の一つ!
いのりん好きなので見ます!笑
話の内容的にも、自分は好きな部類の作品です。
真面目キャラや、天然キャラなど個性あるキャラが豊富で、これからの展開が楽しみです!


2話視聴しました。
{netabare}
初めキトリーのことはあまり好きではなかったのですが、フニシアとの過去の出来事などキトリーにとって辛いこともあって、ああいう性格なんだなと納得しました。次回から協力的に動いてくれそうで楽しみです!{/netabare}

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 37
サンキュー:

4

ネタバレ

ERRUE

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:----

SF定番の宇宙漂流もの

最近、「なろう系」出身のタイトルが長い作品を視聴して頭が痛くなっていた頃に、私の好きなSFジャンルものが始まったので迷わず視聴。

SFものに関しては、世界観や設定が完全にフィクションなので、

現代学園もの・変にリアルが混じった異世界もの(例えば、主人公は現代日本出身、異世界なのに日本語やら英語が出てくる)に比べて話の内容を受け入れやすいです。

≪1話≫
{netabare}
学校のキャンプ(惑星)へ出発し、無事惑星探索をすることになりますが、

SFあるあるの「勝手な行動をする迷惑なメンバー」が1話から出てきましたw

カーブラックホール?的なものが急に目の前に現れ、メンバーの一人が不用意に触れた瞬間に、吸い込まれ宇宙空間に飛ばされることに。

主人公が吸い込まれたときに、空間の歪みや縮んだ演出があることから、「ブラックホール」の作用がある何か?に巻き込まれたのは間違いなさそう。

その後、生徒の眼が覚めた時は、宇宙空間に放り出された状態で、たまたま近くに無人の宇宙船があるという王道設定。

そして救助を求めようとしたが、5012光年も飛ばされたことが判明。
この瞬間に、「宇宙漂流」が確定したなと感じました。

≪感想≫

ありふれた設定ではありますが、最近の「なろう系」作品の酷さに頭が痛くなっていたので、普通に視聴できそうで何より^^

これから、漂流先の惑星で永住することになるのか。はたまた、「ブラックホール」的なものに飛び込み、元の宇宙に帰れるのか? 次回以降のストーリー展開に期待ですね。
{/netabare}

≪2話≫
{netabare}

冒頭から、漂流している緊張感が皆無という珍しい空気から始まりました。

まあ、某ハリウッド映画のSFものでも、緊張状態が長時間続くと精神がHighになるそうなので^^; そのように受け止めるしかないですねw

その後何とか人が住めそうな惑星に辿り着いたようで、食料?を集めるわけですが、「確認なしに、いきなり口に入れる」といったあまりにも危険な行為が横行。

実際の宇宙旅行なら、確実に死にますねw まあ、フィクション・作り物だと思えば・・・。そして謎の「ブラックホール?」的なものには追われているようです。

最後には、お約束の「裏切り者」の存在を匂わせる展開が。これも「エイリアンシリーズ」の映画でもあるあるの設定です。

2話に関しても「あるあるの王道」設定のストーリー展開ですが、完全にフィクションとして割り切れば面白いですね。

ただ、初対面の人間同士が宇宙漂流して、食料の奪い合いやリーダーの横暴・ギクシャクした空気に成らないのは、作者側の意図なのかは謎のままでした^^;

{/netabare}

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 37
サンキュー:

3

透明猫

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

シリアス設定ギャグ漫画

原作は知らずに視聴しました。

シリアスパートとコメディパートを織り交ぜて進行していくのですが、
コメディパートがコテコテのギャグ漫画ノリ過ぎて、全く付いていけませんでした。

これがあるせいで、緊迫する展開がスリリングに描かれても、
どこか冷めて見てしまいます。

ストーリー物に時々ギャグが挟まるとか、
コメディベースの作品でシリアス展開が発生するとかは良く見るのですが、
こんな妙な配分になっている物は初めて見ました。
狙いがよくわかりません。

また、個人的な好みの問題なのでしょうが、
キャラクター描写についても深みを感じる事ができず、入り込めませんでした。

2話で脱落となりました。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 20
サンキュー:

4

TaXSe33187

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

面白いけど初回一時間は要らなかったのでは…?

SF要素はすごく面白いし、冒頭の噴射器も使えない中一人宇宙を漂うカットは美しさと絶望感のバランスに感動した

ただ、そこから日常パートがひたすら残念
ヒロインの天然キャラが、天然ではなくただの無知、非常識と履き違えたような描写も多くかなりしんどかった
初登場という事もあってキャラの性格を見せるための演出だろうけど、全員見せたいキャラ付けと実際に描かれているキャラに乖離がある印象

正直あの冗長なシーンを無くしてしまっても成立したんじゃ…?とか思ってしまって、そこで視聴継続するか割と迷った

ただ、SFサバイバルが本格化してからはやはり面白かった
「11人いる!」とか「LIVE A LIVE SF編」で感じたワクワク感が蘇るような感覚がある
まあ、「手を繋がずワイヤー持って近づけよ!」とかあるけどそこは結束に繋がる演出だしスルー出来る程度
これから滞在する惑星でどういうドラマがあるのか、閉鎖された宇宙船で人間関係がどう変化するのか、今から非常に楽しみ

原作の評判も良いみたいなので、ネタバレ踏まないよう注意しつつ視聴を続けていく予定

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 24
サンキュー:

5

次の30件を表示

彼方のアストラのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
彼方のアストラのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

彼方のアストラのストーリー・あらすじ

宇宙への往来が当たり前になった近未来で、9名の少年少女たちが惑星キャンプへと旅立つ。宇宙旅行に胸を躍らせながら出発した彼らを待ち受ける、予想外の事態とは……!?(TVアニメ動画『彼方のアストラ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年夏アニメ
制作会社
ラルケ
公式サイト
astra-anime.com/
主題歌
《OP》nonoc『star*frost』《ED》安月名莉子『Glow at the Velocity of Light』

声優・キャラクター

細谷佳正、水瀬いのり、武内駿輔、黒沢ともよ、木野日菜、松田利冴、内山昂輝、早見沙織、島﨑信長

スタッフ

原作:篠原健太(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督 安藤正臣、助監督:柴田裕介、シリーズ構成:海法紀光、キャラクターデザイン:黒澤桂子、メイン総作画監督:黒澤桂子、サブ総作画監督:山本由美子、メカデザイン:有澤寛、プロップデザイン:本多弘幸、宇宙生物デザイン:廣瀬智仁、美術監督:甲斐政俊、美術設定:虎順/羽根広舟、色彩設計:多田早希、撮影監督:酒井淳子、CGI:ラークスエンタテインメント、CGディレクター:加藤大輔、2Dデザイン:いまむら、モニターデザイン:山田可奈子、編集:宮崎直樹、音楽:横山克/信澤宣明、音楽制作:KADOKAWA、音響監督:飯田里樹、音響効果:奥田維城、アニメーションプロデューサー:比嘉勇二

このアニメの類似作品

この頃(2019年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ