「セキレイ(TVアニメ動画)」

総合得点
74.3
感想・評価
1160
棚に入れた
7643
ランキング
575
★★★★☆ 3.6 (1160)
物語
3.5
作画
3.6
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

イムラ

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おっぱいアニメと侮るなかれ

<2019/8/19 追記>
録画消し忘れて毎週予約したままにしてたら2期まで録画されてました。

で、なんとなく勿体無くなって続きをちょっと見てみたら最後まで観てしまい・・・あれ?案外面白い。

主人公以外のキャラクターは敵味方問わず個性も花もあり、設定も変でなかなか興味深い。
前も書きましたが言葉のセンスは割と好み。
さらに1期のOPEDは病みつきになる感じ。

そして、
バリエーション豊富で熱く盛り上がるバトルと少しホロッとくる展開などストーリーも◯。


惜しむらくはやはりマイナス要素が大きいこと。
おっぱい出してもやらしくないから、
エロを求める不健全な男の子の興味はさほど惹けず、
女子からは「やらしい」と見向きされず
(そうじゃない人もいるかもですが)
つまり、おっぱい丸出し損
ホント意味わかんないよ。

ハーレムも要らねえ・・・は自分がハーレム苦手なだけなんでしょうけどでもやっぱ邪魔だったかな

あと、「巨乳」「百合」「ロリ」「腐女子」といろいろGeekな要素が詰め込まれてるのもマイナスな気が・・・一つでも厳しいのに全部許せる人なんてなかなかいないでしょ 笑

まあでも、シビアに見えて肩の力が変な抜け方してる辺りは独特でそこは好みでしょうか。

完走した割に評点低めですがそれは魅力とマイナス要素が相殺したため。

イロモノの類でもいろんな装飾取り除いてストーリー楽しめる人にはオススメできるかも。

なんか中途半端なとこで終わってますがその先が気になるところですね。

ところでこれ、作者は女性なんですねぇ。
なるほどという気もします。

<2019/8/11 初投稿>
原作未読
今日、ATXで一挙放送やってたので5話くらいまで観ました。

本作はいわゆる異能なおっぱいハーレムアニメで自分の守備範囲外なんですが。
たまにはこういう作品のレビューも書いてみないと栄養が偏っちゃうしね(意味不明 笑)

というわけでレビューです。

おっぱいハーレムと書きましたが何から何までいろいろ丸出しでいやらしさは全く感じませんでした。
ヌーディスト・ビーチを眺めてるような丸出し感。

更にストーリーも軽い。
羽毛のような軽さのフェザー級。
もしかしたら後々重くなるのかもしれませんが

女の子たちは「セキレイ」と呼ばれる{netabare} 謎の力を持った超人{/netabare} で、「葦牙(あしかび)」はセキレイのパートナー(♂)
セキレイは葦牙と{netabare} 契りを結ぶ(つまりチュー)ことで真の力を発揮する{/netabare} そうです。
このセキレイと葦牙の関係性の設定もハーレムのためって感じで、なんだかなぁ

つまり、なんだかよくわかりませんでした。

というわけで5話で挫折

ただいくつか気に入った点などもあり、だから5話まで見られたし、レビュー書いてみたいという気にもなったのです。

それらを挙げると

・OP曲とED曲が秀逸。
OPはサクラ大戦のそれのような高揚感湧き上がるアニメらしい良曲。
EDもOPとは違った意味でアニメらしい中毒性があります。
これで5話までもったようなもんです。

・セキレイがその力を発揮するときの、背中に光の羽が生える様がきれい

・「セキレイ」とか「葦牙(あしかび)」という語感が結構好き。
葦牙ってなんだろ?と思って調べたら「植物の葦(アシ)の新芽」だそうです。
「シドニアの騎士」に登場したのは「カビ刺し」でしたっけ?
こういうのなんか和風っぽくて良いですね。

と列挙してみると・・・やっぱ弱いですね。
自分はやはりハーレム系苦手なんだと思いました。

ところで声優陣。
ヒロインの結(むすび)役の早見沙織を始め、花澤香菜、井上麻里奈、遠藤綾と凄いですね。
こんな売れっ子でもこういう作品に出演するんだ、とびっくり。

投稿 : 2019/08/19
閲覧 : 84
サンキュー:

22

めかぶ

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白いけれど不満も残る

簡単に言えばセキレイ計画とは超お金持ちの壮大なお遊びです

まあほぼテンプレハーレムなんですが
設定は決して悪くないと思うんですよね

色んな戦闘能力を持つ108羽のセキレイが放たれ葦牙(あしかび)と呼ばれる
パートナーとつがいになり羽化することによって
バトルロイヤルに参加することが出来て頂点を目指すというお話

特に水を操るセキレイ月海が出てきてからは個人的には彼女の言動に夢中になりました
セキレイとしての誇りが高く
女としてのプライドや嫉妬が見た目と違ってとても可愛らしい

ただ、いい人ってだけでヘタレの主人公には全然感情移入できなく
なぜあんなにモテるのかもよくわからないけれど
セキレイ達はとても魅力的です

不満点としては
あしかびとセキレイの絆や愛という言葉が
ちょくちょく出てくるんですけれど
キスだけでそれが成就するっていうのは
大人の視点から見るとどうしても物足りなく説得力に欠ける

まあそういうところの描写をしてしまうと放送できない訳ですし
そこは想像力で補ってもらおうと
わざわざ「粘膜接触」という言葉を使っているんだと思いますが

それにしたって主人公
月海にあそこまでド直球に言われて何もしないっていうのは
やはり男としてどうなのって思ってしまいます
(彼女がその後はぐらかしたとはいえ)

いつでもいいから
「男女の関係になった」と匂わせる描写があってもよかったのでは?
その方が物語にも深みが出て面白みもグンと上がったと思いますが
そこまで求めるのは酷というものでしょうか

バトル物としてはやや中途半端な感じで
バトルロイヤル的な描写も弱いですがお話は面白いと思います

是非お気に入りのキャラを見つけてください
二期もあります

投稿 : 2019/08/09
閲覧 : 21
サンキュー:

1

ネタバレ

くあれ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

空から女の子が降ってくるテンプレでハーレム

あらすじはあにこれ参照。

物語はテンプレなハーレム作品だけど、今回の目的は声優さんの演技や演出、画のクオリティ等の別視点で注目して視聴した。後半からの展開で後が読みやすい話が多かったが自然と引き込まれた。もしかしたらこの作品の見どころである、『恋』や『絆』といった要素に移入したのかも。

【第壱羽 セキレイ】
{netabare} 空から女の子が降ってくるというありきたりな展開から始まり流れる。ただし世の設定としては一風変わった感じ。M・B・Iっていうトップ企業がなにか企んでる様子です。主人公である佐橋皆人は二浪していてアパートを借りていたが追い出された(理由は省略)。さて一体どうなる {/netabare}
【第弐羽 新屋ノ扉】
{netabare} 住むところもなくなって苦行の道を行くかと思ったが、予想がはずれすぐ見つかり出雲荘というところに住むことになった模様。同じく二人…?ほど住居者がいる様子だが全員ワケありみたいだ。というより全員ワケあり?いや出雲荘全体がなにかありそうな予感。
幼女の夢を主人公がみるという伏線も出てきた。 {/netabare}
【第参羽 緑ノ少女】
{netabare} 壱羽で出会った敵?のセキレイの葦牙の男とバイト先で出会うという急展開。戦闘が始まるかと思ったがフレンドリーなタイプのようであっさり打ち解ける。前話で伏線となっていた幼女とは、その男の先導もあり会うことが出来た。途中邪魔が入ったりしたけど、一件落着だ。マスクつけた男出てきたけど、あの人って…あの人だよな。 {/netabare}
【第四羽 出雲荘奇談】
{netabare} ここで二羽目のセキレイを羽化させたんだね。ここで察することができるんだけど、キービジュアルみてもやっぱりそうだよね。これって何羽か羽化させてハーレム築くんだよね。羨ましいわ。話は変わるけど出雲荘でアレが出るらしいってのが今回のお話。もちろんアレってのはセキレイだよね。うん。さてどうなることやら。と思ったら案外三羽目のセキレイにも好意を抱かれて羽化させた模様。というかこれ、セキレイ側は自分の葦牙様(運命の人的な)が分かるようだね。 {/netabare}
【第伍羽 水ノ鶺鴒】 【第六羽 出雲荘花軍】
{netabare} ほう、井上麻里奈さん演じるキャラ月海が登場。シングルナンバーといういかにも強そうなキャラである。戦力面ではこの月海と結がカバーするのかな。クーちゃんと松(三羽目のセキレイ)は戦闘向きではなさそうだし。羽化させるまでの道程で戦闘があったりしたけど、流れがテンプレだったので、あまり心には刺さらなかったかな。月海の羽化にも成功したのでこれで五羽目のセキレイが仲間になりました。 {/netabare}
【第七羽 黒ノ鶺鴒】
{netabare} ハーレムアニメあるあるの主人公争奪合戦。ただただ羨ましい。そして皆人を取り合う中でクーちゃんの表情や声がすごく可愛い。ここ共感してくれるひといるかな?一方では、今後の敵になりそうなキャラが出雲荘に訪れてきた模様。鴉羽というキャラ。見た感じシングルナンバーだなこれ。そしてまさかの大家さんもセキレイ説が出てきた。これは面白くなってきたな {/netabare}
【第八羽 閉じた帝都】
{netabare} どうやら月海が羽化したことがきっかけでM・B・Iの計画が第弐段階へ入ったようで、セキレイ同士のバトルロワイヤルが始まってしまった。中には戦いたくないというセキレイと葦牙が帝都から脱出しようと試みているようだが、帝都はすでに封鎖されてしまっている模様。一方では、バトルロワイヤルに勝利してもそのまま名乗り出ず立ち去ってしまう包帯のセキレイが出た。強かったし、シングルナンバーかな? {/netabare}
【第九羽 比礼ト風】
{netabare} 最弱のセキレイ久能というキャラが出てきたんだけど、包帯のセキレイのターゲットにされて大ピンチになった。けれど、ちょうど結と月海がその不届き者を成敗するという名目で包帯のセキレイと相対することに。ただでさえ混乱する場面で、まさかの新たなセキレイ登場。風花というらしい。どうやらこのセキレイシングルナンバーのNo.03。もうやばそう。月海と結ではキツいなこれ。さてどうなる。 {/netabare}
【第十羽 脱出前夜】
{netabare} 久能とその葦牙ハルカと打ち解けた皆人は脱出の手伝いをすることにしたようでいろいろ作戦を練っていたんだけど、どうやら脱出を阻む懲罰部隊というのがM・B・Iにいるらしい。全員シングルナンバーかな?ヤバそう。成功するのかね。まぁするんだろうけど、どうやってするのか期待だね {/netabare}
【第十一羽 鶺鴒紋消失】
{netabare} 脱出計画は順調に進むと思いきやあと少しのところで懲罰部隊が阻止に入ってきた。シングルナンバーかと思ったけど3桁だった。けど戦闘力は桁外れだった。強すぎる。月海が計画に乗り気じゃなくて今回の作戦に参戦していないのもあって結一人と懲罰部隊の二人、人数的にも戦力的にも圧倒的に不利な状況。これはどうなるか見もの。 {/netabare}
【最終話 緑ノ鶺鴒】
{netabare} 遅れて月海が参戦してきたけど、結はもう戦闘不能状態で鶺鴒紋が消えてしまった。月海も戦闘に参加したけど、タイミングも悪く大ピンチと思われたが、まさかの結の鶺鴒紋が復活して、人格が変わったようにNo.08とか言い出したぞ。お前80代だったでしょ。いつの間にかシングルナンバーに。よく分からないまま困惑してたら懲罰部隊二人をあっけなく排除。某アニメのR団のように飛ばされた。結は人格が元に?戻って事は一件落着した感じ。
二期もあるみたいだから詳しいことはそこで描かれるのかな。観てみます。 {/netabare}

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 64
サンキュー:

1

01oinaris

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ストーリーは悪くないし、面白い。だが…

いわゆるバトル系ハーレム微エロアニメの典型例。
バトル系ハーレムエロのお約束として、服は破けるしパンチラ多いし、佳境になればパンイチバトルです。
でも最後の一枚だけは決して破けないんよね…服は脆いのにパンツは最強…傷一つつかず。
一体どんな生地を使ってるんだろうか…興味津々。

斬新だったのはメインヒロインのキャラ設定。
体育会系脳ミソ筋肉バカ(いわゆるサ●ヤ人のようなヤツ)をメインヒロインにするとは…これは新しい。でもこれはこれで面白かったし、ストーリー的にキャラが浮くこともなく、まとまっていた。
その他、おんぼろアパートの管理人さんが美人で料理上手で怒るとめっちゃ怖いとか…音無響子(めぞん一刻)を思い出したり。
全般的に悪くはない。第二期もあるから見ますよ、私は。

残念な点を挙げるとすれば…そしてこれが致命的なんだろうけど…
女の子キャラがあまり可愛く無くて萌えない。
ハーレム系で女子に萌えないって…すごく残念。
原作者をちょっと調べてみると、BL系をよく描いておられる方みたい。
どおりで、男性キャラは普通に上手く描けているし美男子多いわけだ。
(しかもED曲中で一部BL系の描写有り…腐女子は萌えるが男は萎える…)
あとは、登場人物が多い割にはあまり顔やキャラの違いが鮮明でなく、途中から誰?これ?となってくる。
もう少し女の子キャラを上手く描くことができれば、もっと男を惹きつける作品になるはず。
とりあえず第二期も見てみます。

投稿 : 2018/03/16
閲覧 : 283
サンキュー:

6

ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

よくあるようなおっぱいエロハーレムバトルアニメ

ヘタレ男主人公と契約した巨乳ヒロイン(セキレイと呼ばれる。ロリもいる)たちが、ローゼンメイデンやFateやエルフェンリート&ブリュンヒルデや舞-HiMEのような設定でバトルロイヤルするアニメ(この手のほんと多いよな…)。

メインヒロインが早見沙織ボイスの巨乳アホ毛ヒロインなので「そらのおとしもの」が好きな人は見るといいと思う。そらおとの主人公がもっと性格が真面目で、イカロスがもっと積極的だったらいいのにと思っている人にはお勧め。ただそらおとより作画が悪いけど。というかキャラデザから良くないような。その代わりアクション作画は良く動く。これはリリカルなのは等の草川監督作品に共通の傾向だろうか。

欠点はセキレイが108羽もいてさらにそれらのマスター(葦牙)もいるため登場キャラが多すぎること。
マスターである主人公が全く能力が無いのに戦いに参加して足手まといになるのも不可解。Fateみたいにマスターもそこそこ強いとかならまだいいが。マスターから離れた所でドールたちが戦うローゼンはやはり偉大だった。
{netabare}ところでローゼンと言えば草野と椎菜の設定がまんま翠星石と蒼星石ですぅ。
でも12話で久能が奥の手の祝詞を使って歌い、血を吐いて倒れるのはシンフォギアの絶唱に影響を与えたのかもしれない。{/netabare}

ただ上で挙げたようなアニメよりも、バトルがシリアスではなく軽いノリで、そこがこの作品の特長になっている。上で挙げたアニメはギャグ要素もあるんだけど、バトルになると重苦しくなるんだよね。

あと、dアニメストアなのに乳首が丸見えだった。たまにあるんだよね。
それにしても早見沙織は今は「聲の形」みたいな高尚な質アニメに出ているイメージがあるけど、この頃はずいぶんヨゴレ仕事してたんだなーって思う。

投稿 : 2017/09/24
閲覧 : 204
サンキュー:

8

ヒロウミ

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.5 作画 : 1.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

巨乳大好き原作者!

んー、初めてコメントに困った物語。

ストーリー設定を生かし切れない作画力。3流エロビデオ並みの酷い作画力だとドシロウトの私でも認識できますね。見事に全部ぶち壊してくれてます。
声優さんたちも聞いたことがある声が多く良い感じなんだけど主人公の演技でぶち壊してます。
結局全部ぶち壊してて絶句って感じの作品です。通しで見ちゃった私はバカなんです。

投稿 : 2017/09/12
閲覧 : 155
サンキュー:

4

otoan

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おっぱいアニメ

風が吹けば服が破れ、格闘すれば服が破れ、基本的にパンツ一枚で戦っています。くだらないなーと思いながら、全部観てしまいました。

投稿 : 2017/08/19
閲覧 : 244
サンキュー:

2

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

可憐な乙女たちの戦い

このアニメで記憶に残るのは、
第一位 胸、○くび
第二位 せきれい
第三位 早見さんのきれいな歌声

かな。
第一位に関しては、規制のゆるい感じかなw
でも、とても真面目で可憐な女の子たちなので、いやらしくはないのがいい。

第二位がセキレイ。
漢字で書くと、鶺鴒。
結構よく見る鳥で、白と黒の小さい体で、地面をすごいスピードで歩いてるのをよくみる。
なぜかなかなか飛ばないで、走って逃げる姿がかわいい鳥。
このアニメでセキレイを覚えたな。
昔途中まで見て、そのままだったので。

第三位が、オープニングとエンディング曲。キャストの女性声優さんたちが、きれいな歌声だと思う。

内容は、うーん。
あまりカタルシスがなく、でも戦いがあるので、淡々としてるわけでもないけど、つまらないっていう個人的には、微妙なアニメ。
キャラもアニメとしては正統派な考え方のキャラでいいのだけど、いまいちつかみが弱いというか…。

戦いものは、最後敵を倒すんだろうなって先読みしてしまうので、次が気にならないという難点をどう克服するかが重要なんだろうな('-')

投稿 : 2017/05/13
閲覧 : 134
ネタバレ

kakelu

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

1話の感想 ★★☆ 2.5
{netabare}セキレイと出会う

早見さんの声が若い!!
主人公の声優さんの声はあんまり好きじゃないな〜
まだまだ下手なのかな?
最近のこの人が出てるの見てないから分からないけど。
物語の中身では、なぜ下乳の部分だけ服が破れる!?
狙ってるのかね?{/netabare}

2話の感想 ★★☆ 2.5
{netabare}新居探し

今話では、セキレイと思わしき人物が多数登場。
それにしても、この作品は地味に声優が豪華だね。
早見さんに続き、阿澄さんに花澤さんまで…
これだけでも見る価値はあるね。
ただ、主人公がどうにも苦手だ。{/netabare}

投稿 : 2017/03/06
閲覧 : 86
サンキュー:

1

ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルから除霊系とかのアニメかと勘違いしていましたw

 ジャンル バトル+ハーレム

 ストーリー

 2浪が決定してしまったミナトくん

街でぶらぶらとほうけていると・・・

 空から「どいてくださーい」という声が

1人の美少女 もといスカイガールズwと出会ったことが物語の始まり



 物語

 主人公が住む 帝都に

108人のセキレイという能力者がいて

その能力者の能力をひきだすことができる人間をアシカビと言い

 108人のセキレイのバトルロワイヤルを

最期の1人まで行うというお話し

 ざっくばらんな説明をすると

主人公のもとに 上手いことセキレイがあつまり

ハーレム生活を行うお話し



 キャラ

 好きなキャラトップ3

1:月海 (久しぶりに井上麻里奈さんがでてるアニメを見た気がする)

2:くーちゃん (なんか、花澤さんの個性が全然出てない気が・・・)

3:ゆかり (犬とはさみは使いようの 妹を思い出しましたw)



 感想

 むすびちゃんの服とセキレイというタイトルから

霊退治のアニメと勘違いしていましたw

 アニメ本編に関していえば、不完全燃焼なんですが

二期もあるため そこでしっかりとうまいこと終わっていればいいのかな

と個人的におもっています

投稿 : 2017/01/21
閲覧 : 94
サンキュー:

2

ネタバレ

あいき

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よかった

よかった

投稿 : 2016/11/22
閲覧 : 146
サンキュー:

0

K.S

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とても面白かったです。

実にけしからんですな。
まぁお金はないけどさ・・・
ドハーレムじゃねぇの。

2期あるんですね。
見よ見よ。

投稿 : 2016/05/19
閲覧 : 153
サンキュー:

1

エクスカリバー

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

54点 おっぱい格闘アニメ

おっぱいが大量に出る
能力系バトルアニメで植物やら炎やら使う中
メインヒロインのコの能力が「拳系」ってw
巨乳率が高すぎる

投稿 : 2016/05/01
閲覧 : 208
サンキュー:

2

ネタバレ

どらむろ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良い意味でベタな王道ハーレムバトル。巨乳美少女のあざとさ良し♪

主人公の浪人生の元に美少女が集まり、他の大勢の美少女とバトルロワイアルを繰り広げる。
それなりにバトルはありますが、かなり気楽に視聴できるハーレムエロコメディーです。
物語の本筋の方はスローテンポかつ中途半端で、シリアス面は過度な期待は出来ず。
可愛いセキレイ達に萌えるのが吉、2期もあります。

{netabare}『物語』
基本設定は「金色のガッシュ」をハーレム物にした感じ。
「アシカビ」という人間のパートナー(大抵男)と「セキレイ」という異種生命体(美少女、一人だけショタも)が組んで、互いにバトルロワイアルする。
黒幕のお調子者っぽい男による「セキレイ計画」なる企画で戦わされるのですが、大半のセキレイ&アシカビ達は戦い望まず、展開はスローテンポで日常系ハーレムエロコメが続く…。
戦う目的がひたすら自衛で積極的に戦うモチベーション殆どなし。
この為「舞-HiME」に比べシリアス感は極めて希薄、本格派のストーリーはほぼ期待薄です。
半面、気楽に視聴できるのが良いところかと。

主人公・皆人(みなと)の元に、次々とセキレイ達が集っていく。
良い意味でご都合主義なハーレム展開。ベタな争奪戦、仲裁する実力者の大家さんのお約束が楽しいです。

セキレイ計画とは何なのか?帝都が閉じられ、望まぬ戦いが避けられないのか?
皆人チームが呑気に過ごしつつも外敵のセキレイとバトルしつつ、次第に平穏がジリジリ脅かされる不安感あり、スローテンポな割には飽きさせない展開上手いです。
各ヒロインとの絆深めつつ、終盤の帝都脱出戦が盛り上がりました。

良いところで2期に続く。
ベタなハーレムエロコメとお色気バトルのバランスが取れていて面白かったです。


『作画』
基本的にセキレイは皆、巨乳美少女。可愛いです。
バトルで衣服破れたり乳揺れたり、あざといエロあり。
エロ面では一線を超えない奥ゆかしい面もありバランス良し。

『声優』
立花慎之介さんは良い感じに頼りなさ出てました。関俊彦さんのはっちゃけぶりも。
結(むすび)ちゃんは早見沙織さん2番目のメインヒロイン、天然美少女はまり役でした。
井上麻里奈さんのクールツンデレも良い感じ。
花澤香菜さんの幼女もあざといです。
ユカリちゃんの阿澄佳奈さんもナイス。

『音楽』
主題歌「セキレイ」が非常に良曲。サクラ大戦っぽい曲調で、かつ歌詞が主題にベストマッチしている。
歌った声優陣の中では早見さんの美声が良い感じ。

『キャラ』
主人公の皆人は典型的な一昔前のハーレム系主人公、善良だが能力も判断力も平々凡々な草食系。
だがそれが良い。美少女増えても何気に一貫してむすびちゃんラブなのも良い。

ヒロインは幼女からお姉さままでよりどりみどり。
結(むすび)ちゃん、清楚な可愛さに巫女服っぽい衣装に巨乳、純真無垢…非常に可愛いです。
安心して見ていられるメインヒロインでした。

中々デレなかった月海(つきうみ)が一番魅力ありました。
次第にデレていく過程がかわいい、最初から好感度マックスな結より印象強いです。

草野(通称くーちゃん)幼女萌え♪
鬼の管理人さんコワイ!
皆人の妹のユカリちゃんが一番好みでした。

もう一人のアシカビ、瀬尾の方が面白味のある男でした。
黒幕の御中(みなか)は悪というよりも面白半分にやっている印象なのも、本作のシリアス感(良い意味で)薄めている感じ。{/netabare}

投稿 : 2016/04/13
閲覧 : 132
サンキュー:

30

蟹チャーハン

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

108人の美少女が競演するハートフルおっぱいぽろりストーリー(シングルナンバーのお姉さま方もふくむ

美少女てんこもり。
規制がゆるい時代だったのか、dアニメストア視聴でも
ぽろりシーンもぼかしも光も暗黒も一切なしで見られます。

もとは宇宙から飛んできた? 
らしい謎の美少女たちが108人

それぞれ生き残りをかけて街中でサバイバルして
バトルして、たったひとりのクイーンを決める
という前提の模様。

そもそも一人になるまで戦わないとダメって前提が
仕組まれてたぽいんだけど、すみません
そこらはもう忘れましたw ←重要でしょ

とにかく108人ですからね
名前を覚えるのも大変です ←覚える気もないけど

108に意味があるのかわからないけど、
普通に考えると除夜の鐘、煩悩の数なんでしょうかね。

とりま主人公の皆人(みなと)くんが最後まで一般人で、
超人的能力をなにひとつもっていないのは好感もてました。

ほぼ巻き込まれ役。
そばにいても迷惑かけるだけ。
もっている武器は“信頼”と“愛情”だけ。
でも、そこがいい。

美少女たちはそれぞれ得意の武器とかスキルがあるんですが、
つがいとなる人間とキスすると能力アップするようで、
その羽化したシーンがキレイで印象的でした。

背中からふわりと光につつまれた羽が広がるあのシーン。
東京グールのトーカもだけど、あのアイデアはステキですね。

皆人くんは、誠実さを認めれて数々のセキレイたちに惚れられて、
意図せず一夫多妻制の王みたいになっていきます。

ストーリーらしいストーリーはなく、いろいろあっても
最後までバトルが続くしでやや単調ですが、
それでも数々の危難を乗り越えていく皆人と結ちゃんペア
の最後が気になって、アニメ視聴後は勢いそのまま
ネカフェに飛び込みましたw

昨年末にタイミングよく完結してたんで、
読み終えて、すごいスッキリしたのを覚えています。
連載開始から10年くらいたっていたはずで、
まだ続いてるの?と思ってた人が多かったようですね。

個人的にはアニメに興味もちはじめてみはじめた4作品目くらいで、
108人の美少女とか、男子として危険すぎる設定だろ!
と妙に興奮してました。

まぁ、現実にはありえないんですけどね。
アニメだし
アニメだし
アニメだし

投稿 : 2016/03/26
閲覧 : 141
サンキュー:

3

ネタバレ

setuchi

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

頭を使いません。

最初から最後まで、全く頭を使わずに観れました。
疲れているけど、ちょっと暇だなとゆう日曜日の午後に
寝ながら観ると丁度いいかもしれません。

俗にいうハーレムアニメのテンプレな作品です。
主人公君は底抜けに優しい、基本頼りない。
ヒロイン達は全員強い。特殊能力保持。
一人、また一人とヒロインが増えていく。
ヒロインが主人公をとりあう。
紆余曲折でみんなで共同生活。
時々バトル。そんなこんなでお話が進んでいきます。

胸等がボンと出てきますが、ハイスクールDDで記述したように
特に何も感じず、むしろ爽やかでした。
恥らう事は色々な意味で大事です。

メインヒロインを筆頭に各ヒロインがきちんと描写されていて
感情移入しやすくなっています。
男性にとっては大切な要素かも。

主題歌は声優さんが歌ってます。アニメの雰囲気と合っていて◎。
現在第一線で活躍している声優さんが多数出演されてます。

投稿 : 2016/03/23
閲覧 : 109
サンキュー:

3

ネタバレ

鼎映

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラストが泣きそうになる

最終回に結が死んで(この時点でヤバかった)、絶体絶命の時に結の中に眠る結女が死んだ結の身体に乗り移って敵を倒して、結女がまた眠りに着くと、死んだはずの結が生き返った…
結推しなんで辛かった…
学校の部活中に観てた(普通に学校で観ていい描写じゃないけど)ので、周囲に気を配ってたはずが、ラストは悲し過ぎて周囲を忘れて、友達に観られましたが、全力で感動したことを語ると、アニメについては大丈夫でしたが、普段口数が少ないので語ったことに引かれました(笑)

投稿 : 2016/02/21
閲覧 : 100
サンキュー:

1

なかやまん

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

お色気バトルアニメ

お色気バトルアニメ、
というわれると紛れもなくそうなんだけど、
キチンとバトルものとしてもやっているというか
結構引き込まれてラストまで見れます。
キャラも天然、ツンデレ、ロリ、メガネと個性豊かに揃っているし、OP、EDもいいので一回見てみる価値はあるのでは。
女性キャラほぼ巨乳だけどね、

投稿 : 2016/02/19
閲覧 : 109
サンキュー:

4

ichinana

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

巨は微を兼ねるんだよ!!!!!! (嘘だっ!!!!!!!!!)

鶺鴒計画だとか葦牙だとか色々ありますけど・・・きちんとしたレビューはPure Engagementにまわすとして、とりあえず叫びます。

大きすぎだろ!!! 大きすぎだろ!!!!!! 大きすぎだろ!!!!!(←うれしい)
全く!!!! わびさびも雅もあったもんじゃない!!!!!(←めちゃうれしい)
和装してりゃぁ喜ぶとでも思っているのか!!!!!!!(←大当たりじゃん)

確かに和服、袴はおっぱいが強調されるけどさっ!!!!(帯マジックだぜ!!)
JKの弓道部員マジたまんないけどさっ!!!!!!(胸当てサイコー!!)

確かにくーちゃんいたけど・・・その他Fullボインじゃん!!!!
嬉しいけど・・・嬉しいけど・・・嬉しいけど(また3回言いやがった・・・)、肉だけじゃなくて魚も食べたいんだよ!!!!(もはや意味不明・・・)

あっ、ちなみに私はまりーな、ゆかな派ね(管理人という響きで大原省も)。

というわけで2期に続く。

投稿 : 2016/02/08
閲覧 : 97
サンキュー:

4

褐色の猪

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おっぱいハーレム

1期「セキレイ」 - OVA1本 - 2期「セキレイ Pure Engagement」と完観。
前知識無しで見始めたので1期は何度も見返しながら視聴、面白いです、結構のめり込みました。
2期は先の展開が読み易くやや冗長に感じた。

3期もやってほしいですね。

投稿 : 2016/01/23
閲覧 : 144
サンキュー:

0

ネタバレ

keylove

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

余分なものが多いって感じだったけど、この設定は悪くないかな?追記です。

多少のネタバレがないと概略も紹介できないので、ネタバレレビューとしておきます。
少しでも知りたくない人は気をつけてください。



----------------------------------------------------------
追記部分ですが、しょうもないことですけどこのアニメ
いわゆる乳首が見えるアニメです。
そしてパンツが見えるアニメです。
二期までしか知りませんけど、一期は特にその傾向が強いですね。
あとはみんながそうなんで書いてませんが、セキレイはみんな
ヒロインです。
とても魅力的な。
それだけ書いておきます。
二期は少し様相が変わりますので、それは二期のレビューで。
それと点数も変えておきます。
やっぱりキャラはけっこう良いと思うので。



セキレイと呼ばれる女の子たち、そして葦牙(あしかび)と呼ばれる人たちが繰り広げる物語。
まあこれを書かないと何も伝わらないので書きますけど、つまりそのセキレイたちが個々の能力を使って戦うってお話です。
でもそれよりもドタバタハーレムが多いかな?
最後まで観たいという感じはありました。

でもあんまり細かい設定を気にして観ると、つまらないって感じるかもしれない作品だとも思いました。

なんというか、ハーレムものだったりちょっとした能力ものとしてはいいんだけど、「その設定は必要ですか?」って思うシーンもありました。
その細かいツッコミどころを書くつもりはないですけど、一つだけ言わせてほしいです。

こんなにでっかい乳は必要ですか?
と。。。

ここまででっかいおっぱいがあったらある意味、気持ち悪いですよー!

ということで、巨乳好きの男子たちにはオススメかもしれません。

僕がそれを目的で観たのではないということをここに記載しておきます。
きっぱり(笑)


ただ、うらやまけしからん、というタグがあにこれでありますけど、それは本当にそうだろうなって思います。
無理はあるけど、こういうのもたしかに羨ましいですね。
まあ、ハーレムものが好きな男性なら誰もが思うことでしょうけど。

でもこの作品、声優さんはけっこう贅沢なんですよね。
だからとりあえず完走できたというのもあります。

そのキャラたちを紹介しておきますね。


佐橋 皆人(さはし みなと)-立花慎之介さん
この作品の主人公で、大学二浪でわりとヘタレな男子。
先に書いた、あしかびという存在で、セキレイたちとの関係はいいんですけど、もうちょっと芯がある主人公だと良かったかな?
cvの立花慎之介さんは、いつか天魔の黒ウサギ、神様はじめました、ハイキュー!! 、などで活躍されています。


結(むすび)-早見沙織さん
皆人と出会った最初のセキレイ。
明るくて超天然。
でもって超巨乳です。
cvの早見沙織さんの存在は大きかったですね。
まあ、演技というような感じでもなかったですけど。。。
その早見さんは、俺の妹がこんなに可愛いわけがない、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない、魔法科高校の劣等生、など多数で大活躍されています。
このセキレイは初期の早見さんですね。


草野(くさの)-花澤香菜さん
皆人の二番目のセキレイで通称くーちゃん。
年齢は10歳に満たないというぐらいの幼女。
もちろん乳はないです。
cvの花澤香菜さんは、このくーちゃん役ではそれほど花澤ボイス全快という感じではなかったですけど、それでも可愛さ満点でした。
その花澤さんは、Angel Beats!、凪のあすから、STEINS;GATE、など多数で大活躍されています。


松(まつ)-遠藤綾さん
皆人の三番目のセキレイ。
オタク気質なところがあり、そして妄想家。
そしてエロを表に出すところありな性格。
cvの遠藤綾さんは、らき☆すた、とある魔術の禁書目録II、新世界より、など多数で活躍されています。


月海(つきうみ)-井上麻里奈さん
皆人の四番目のセキレイ。
金髪なのにとても古風な言葉を使う、典型的なツンデレキャラ。
とてもウブなところがあって、他のセキレイとくだらない争いをいつもしている女の子。
cvの井上麻里奈さんは、図書館戦争、IS 〈インフィニット・ストラトス〉、僕は友達が少ない、などで大活躍されています。


浅間 美哉(あさま みや)-大原さやかさん
このセキレイたちや皆人が住む「出雲荘」の管理人。
でも、怒るとセキレイたちの誰もが恐れをなしてしまうほどの人物で、実際にセキレイたちの手合わせをしていても、それを凌駕するほど。
cvの大原さやかさんは、ARIA The NATURAL、とらドラ!、シドニアの騎士、など多数で活躍されています。


他にも魅力的なキャラがたくさんいますが、二期があるのでそちらで紹介したいと思います。


総合的に、すごいアニメ作品というイメージはありませんけど、それでも娯楽作品としては充分に楽しめるものだと思います。


豪華声優さんたちの初々しい演技もまた一つの見どころだと思います。


本当に!
ここまで乳がなければなお良しという感じの作品だと思います(笑)

あ、巨乳好きさんには素敵な作品ですよ^^

投稿 : 2016/01/20
閲覧 : 161
サンキュー:

17

てーお

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キュンとくるのか、こないのか、ズバーンときてスカ―ーーっ!!

格ゲーのようなスピード感、ヒロイン達かわいい

メインの戦闘タイプのヒロイン達、全て巨乳

ツンデレ派の私の押しは月海かと思わせといて、メインヒロインの結が
一押しw

作画安定感上々

爽快巨乳格闘ハーレムアニメの決定版w

お勧め度、7-

。・。。。あ、趣味に偏りが・・・w

投稿 : 2015/11/18
閲覧 : 126
サンキュー:

1

dakiramk3

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

晴天の霹靂のAREA-B

 内容的にはそこそこの美少女アクション。作画も時代を考えるとそこそこ。
しかしこの作品の真価はそこではない。

 東京MXにて放送された第10話が、なんとB地区丸出しだったという事実こそが重要。それまで他の局でもMXでも同じようにモヤモヤな修正が施されていたが、この回だけ何故か全開だった。

 円盤版が誤って放送されたとか露骨な円盤の反則だとか諸説有り、素人の私が真相を知る由もないが、私が視聴している範囲の地上波では、実に四年ぶり、そして現在までで最後のB地区丸出しアニメという意味で、とても強く脳裏に存在が刻み込まれている。

投稿 : 2015/10/11
閲覧 : 153
サンキュー:

2

ネタバレ

cecil♪

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とりあえず3期、話はそれからですw

あらすじはあにこれのを見てくださいね。



1期、2期とも観ました。
設定が興味深かったので観始めたのですが予想どおりには面白かったです。
パターン通りにセキレイが仲間になるのではなく、いろいろ紆余曲折してるとこも凝ってるなあと思います。
ストーリーも結構好きです。

ただ2クール進んだのに未解明の謎が多すぎ。
と言うかユカリとしいなを皆人とくーちゃんに会わせないの引っ張りすぎです。
そこから大きな展開があるとは全く思えないのに、引っ張られて喉に魚の骨が刺さったまんま状態で見せられた感がハンパないです。
って原作に注文つけても仕方ないですが...w

ということで2期から5年経つので可能性低そうですが、とりあえず3期が来なければ話になりません。
現時点での評価は「3期はよ!」ですw

投稿 : 2015/10/05
閲覧 : 159
サンキュー:

2

ネタバレ

こたまろん

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白かった(*^o^*)

全12話+ova1話。
あらすじはアニコレのものを参考にしてください。

ハーレム系バトルアニメなのかな??
でも 出てくるキャラの個性やら姿が自分的にはツボでした(*^o^*)
でも みんな胸の露出多すぎでしたね。。。
物語の進み方とかも変に遅すぎずで ちょうど良いテンポで見ることが出来ましたが、登場キャラが多すぎて ちょっと名前と顔が一致しない事もありました(´・_・`)

従順でちょっとうっかりな{netabare} 結ちゃん{/netabare}
みんなの妹的存在で癒してくれる{netabare} くーちゃん {/netabare}
ハッキングが得意で皆人の修羅場を楽しむ{netabare} まつさん {/netabare}
ツンデレで皆人を人一倍想う{netabare} 月海 {/netabare}
その他にも 多くの個性豊かな方々がでてくるので 飽きるとか一切なかったです(*^^*)
個人的には やはりくーちゃんに癒されちゃってます\(//∇//)\

2クール作品なので 1期では2期への伏線が多くあり、1期は楽しめた人は間違いなく2期は楽しめると思いますので 皆さんこの機会にぜひ*\(^o^)/*

投稿 : 2015/10/05
閲覧 : 122
サンキュー:

3

くまきっちん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おっpry

おっぱいバトルアニメの王道作品

こういった作品によくある主人公が熱血という設定がなく主人公は冷静というか冷めている感じ

ハーレムラブコメ要素もあるためおっぱい信者にはありがたい

ただ私が言いたいのは

「貧乳が少ない!」

投稿 : 2015/09/30
閲覧 : 130
サンキュー:

1

キルト

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ほかのアニメにはない要素がある

ほかのアニメにはない要素があると思う。
ほかのアニメは恋愛だったりバトルなだったりで、破天荒な作品ばっかりだけど、この作品は落ち着いている。主人公の感情が爆発することもそんなにないしね。でも、恋愛だったり、バトルだったりするしなんか面白い。

投稿 : 2015/09/30
閲覧 : 149
サンキュー:

0

いしゆう

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 1.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

萌萌 ハーレム バトル アニメ です。

108羽のセキレイがバトルロワイヤルで最後の一人になるまで

戦う物語です。

セキレイとは見た目は人間だが個々に特殊能力を持っていて、

その力が最大限に発揮できるのはアシカビと呼ばれる

ペアと契(キス)を結ぶと発揮できます。

アシカビは何人ものセキレイと結ばれることが出来る為、

一大勢力ができたりそれは戦国時代の如くです。

ただ 2話目にもなり クーちゃんが登場するともう 萌えです

物語のシリアスさが 皆無です 

そりゃもう 話を重ねるごとに・・・。

なのでタイトルにあった 萌萌 ハーレム バトル が好きなら

ハマると思いますよ。

投稿 : 2015/09/12
閲覧 : 141
サンキュー:

5

てんてん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

普通

なにこのゆるいアニメ
めっちゃわらったわ
最後の敵を投げ飛ばして終わりってwww

しかも、内容があまりはいってこんかった。
エロさも普通。

投稿 : 2015/08/28
閲覧 : 401
サンキュー:

1

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ひん乳フェチでなければ楽しい

おっぱいバトル物のなかでは、お話が面白い作品
個人的に女の子バトルはキライなんですが、設定やストーリーがかなり楽しい
ハーレムの成立要件の描き方は絶賛したい
ただひん乳好きにはツライ

投稿 : 2015/07/17
閲覧 : 120
次の30件を表示

セキレイのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
セキレイのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

セキレイのストーリー・あらすじ

2020年、新東帝都に聳え立つ超巨大企業M・B・Iのビル頂上で、一人の男が高らかに鶺鴒計画の発動を宣言した。放たれた108羽のセキレイは、葦牙と共に最後の生き残りを掛けて闘い合うのだ、と…。
主人公・佐橋皆人は2浪決定の日、謎の美少女・結と出会う。この出会いが、平凡でさえない男・皆人の運命を大きく変えていくことになる…。(TVアニメ動画『セキレイ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年夏アニメ
制作会社
セブン・アークス
公式サイト
www.sekirei-tv.com/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4_%28%E6%BC%AB%E7%94...
主題歌
≪OP≫結(早見沙織)月海(井上麻里奈)草野(花澤香菜)松(遠藤綾)『セキレイ』≪ED≫結(早見沙織)月海(井上麻里奈)草野(花澤香菜)松(遠藤綾)『Dear sweet heart』

声優・キャラクター

立花慎之介、早見沙織、井上麻里奈、花澤香菜、遠藤綾、大原さやか、甲斐田ゆき、小西克幸、甲斐田裕子、根谷美智子、生天目仁美、朴璐美、福山潤、関俊彦、阿澄佳奈、石塚さより、小林ゆう、矢作紗友里

スタッフ

原作:極楽院櫻子 ヤングガンガン(スクウェア・エニックス刊)、 監督:草川啓造、脚本:吉岡たかを、キャラクターデザイン:友岡新平、美術監督:東潤一、美術設定:泉寛、カラーデザイン:甲斐けいこ/篠原愛子、撮影監督:中山敦史、編集:布施由美子/野尻由紀子、音楽:佐野広明、音響監督:明田川仁、効果:高梨絵美、音響制作:グロービジョン

このアニメの類似作品

この頃(2008年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ