「ヴィンランド・サガ(TVアニメ動画)」

総合得点
66.7
感想・評価
43
棚に入れた
358
ランキング
1602
★★★★☆ 3.5 (43)
物語
3.5
作画
3.7
声優
3.5
音楽
3.5
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

snow

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

海の子バイキング<62>

3話まで視聴。
{netabare}
まとめて放映されたので連休まで置いといたやーつー。
連載で最近の展開がアレだったのでフローキが若い!ということばかり印象に残った。

少年マガジン始まりアフタヌーン移籍な作品だけに序盤の展開は少年誌を意識してるのかにゃー。
1クール目は「命は鴻毛より軽し」な、ヴァイキングのイカレ具合を楽しむ作品になるのでしょう。

原作を越えたネタバレっつーかキングダムで秦が統一するレベルなんだけど、ヴィンランドに移住しても結局全滅するのよね。
インディアンの食生活から学んだり海獣を食べたりせずにヨーロッパから持ち込んだ生活様式のまま寒冷化で滅んだとどこぞで見たような。

作画も力入ってるけど、OPのカメラぐるぐる動かすのはコストの割にセンス無しやねー。
本編のアクションは大丈夫なんでしょか。
{/netabare}

投稿 : 2019/07/17
閲覧 : 25
サンキュー:

1

ネタバレ

pister

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ズンズズ ズンズズ ヨッホッホイ

3話までの感想{netabare}
お、面白そう…ではあるんだが、あるんだが…!
先長そう。
う~ん、途中で脱落しそう。
ってかなんだいこの放送方式は、フィギュア17?
ヤマト2002やガンダムジオリジンみたいなOVAだか劇場の連続モノ…のペースを放送でやるって感じなのかな?
クオリティ高いしそれに文句は無いんだけど、ど~~~しても途中で脱落しそうw

いやぁクオリティは凄いです。
なによりそこに住んでる人間の文化をちゃんと描いてて、そこらの異世界モノに何が足りてないのか見せ付けてくれます。
ただ話の展開は随分とスローな気が。
しかも脱落しそうってのが頭にあるせいか先の展開をあまり期待できない。
「うおー面白れー」と思っても、次まで長い期間待たされるんでしょ?
う、う~ん…。{/netabare}

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 41
サンキュー:

6

ネタバレ

だい

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

感動

原作のファンだからアシェラッド見てるだけで涙出てくる。

それはともかく、奴隷を羊八頭で買い取ったシーンはこの作品の根幹に触れる部分だと思う。
トールズの心情を思うと辛い。
皆逃げてきた者達だから。
ここではないどこかへ。
と、原作とは時間軸の見せ方が違う為、幼少期から見せるのは原作を知らない方からするといまいち入り込めないかもしれないが、これから面白くなっていくのが分かるので期待大です。
早く動くトルケル閣下を見たい。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 37
サンキュー:

3

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

シリアス系のバイキングの話なのかな..(第3話めまで視ました)。

原作未読、視聴前情報特になしで、視聴開始。

一挙放送の三話めまで視ました。シリアスなお話が、息つく間もないほどのペースで流れていきます。まだ始まったばかりなので、どう展開していくか想像もつきませんが、楽しみです。重い話だけど、暗い話ばかりではないので何とか視聴継続できそうです。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 34
サンキュー:

8

ISSA

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

衝突する文化

以前読み出したら止まらなくなってしまった漫画のアニメ化。

作者
名作アニメ「プラネテス」の作者、幸村誠

現在コミックはアフタヌーンより21刊連載中の長編漫画。


世界観は中世ヨーロッパが舞台なので「ベルセルク」や「クレイモア」のイメージに近い感じ。

ただベルセルク&クレイモアはフィクションなのに対してヴィンランド・サガは当時の史実、文化、風習などを再現していてノンフィクションに近い感じです。

登場する国もアイスランド、フェロー諸島、イングランド王国、デンマーク王国、ウェールズ、フランク王国(ドイツ)

物語はアイスランド出身のバイキング、主人公の成長と生き様を描かれて見所の一つ。

またアジアの日本では味わえない。中世ヨーロッパの風習、建築物、宗教感など日本漫画とは思えない世界観も魅力です。

また迫力有りすぎて、「ベルセルク」「クレイモア」に近いグロい戦闘シーン も魅力。

「ベルセルク」&「クレイモア」や世界史、中世ヨーロッパの地理や文化に興味ある方、ゲーム信長の野望とか歴史好きにはお勧めアニメになるかと。


萌えなど一切無いし無骨過ぎるので若い男の子や女性には向いて無いアニメかも。

サガと言えば昨年秋まではゾンビランドサガでなくってヴィンランド・サガだったw


視聴開始
クオリティの高さや派手さは無いけど、重厚感、じっくり見せる原作の雰囲気が出て良かった。

ED曲、Aimerさんの曲もいいですね、出だしは外国人の方かと思った…
ブレスの所で凄く聞かせるいい曲ですね。

始まる前に紹介したけど、安心した滑り出し。

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 113
サンキュー:

19

taijyu

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

クオリティはとにかく抜群。内容は興味深く惹きつけられる。

3話まで見ても、内容としてはまだまだ始まったばかりという感じですが…。
でもまあ今どきの1話で引っ張って引きつける、的な勢い重視の内容とは全く違いますね。
内容の深い、今期でも屈指のクオリティの高さを誇る作品です。
まのでまだ本格的には始まっていないとか気の短いことを言わずに、古代ヴァイキングの世界観と重厚な内容をしっかり楽しんでいきたいと思っています。

まあ原作はマガジンでは読んでいたので面白いことは重々承知ですしね。
とにかく楽しみです。

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 30
サンキュー:

2

ニワカ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

Thanks, NHK

原作既読だけど前半の内容をほぼ忘れかけていたので、このアニメ化はとてもうれしい。ありがとう、NHK。

作画はかなりよく、声優もアシェラッド以外はイメージにピッタリだった。

物語自体はもう面白いことは知っているので、この分だと今季ベストアニメになると思う。

投稿 : 2019/07/14
閲覧 : 13
サンキュー:

2

ハイゼンベルク・サガ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

鳥肌立ちすぎて鳥になりそう

トルフィンやトールズが喋ってるだけでお空に羽ばたけそうです

他の方のレビューを読ませて頂くとつまらなそうと観るの止めてる方がいますが

自分も最初原作読んでる時はつまらないと思ってたけど
とある所で王様が出てきます
個人的に王様が出てきて少ししたら一気に面白くなるから根気よく頑張って
是非そこまで見てほしい
そこまですこーし長いかもだけど

只のバトルアニメじゃないのです

投稿 : 2019/07/13
閲覧 : 65
サンキュー:

5

ネタバレ

ずんたろ

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

世界史は苦手でした

でもこれは大丈夫。お勉強じゃないからね!

とはいえ名前は入って来づらいのは事実で
{netabare}トールズの息子がトルフィンなのはまだわかるんですが
トルケルまで出てきてしまうともうトルトルでトルトルです{/netabare}

あと今回は3話まで放送されたんですけど
次回からはどうなるんでしょうか?
と思って公式サイトを見たら7/28だそうですね。

また1~3話のように連続でやってくれるととても見やすいです。

投稿 : 2019/07/13
閲覧 : 26
サンキュー:

4

ネタバレ

アニメ好き

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

1話見た 続きが長そうでそこまで見たいとも思わない

見ず知らずの人を助けるのに村の貴重なメスヤギを8頭も引き渡すシーンで、偽善臭というかそのキャラをかっこよく見せたいだけなうさんくささを感じた。
24話くらいやりそうだし、特に物語の目標も1話で語られなかったので、次を見る気が起きない。水や波の表現が素晴らしかった
CGも使い分けていて、キングダムとか好きな人がはまりそうな作品だと思った

投稿 : 2019/07/12
閲覧 : 50
サンキュー:

4

ririrukari

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

引き込まれる

OPとEDが神がかっています。

EDのAimerさんの声がもう…言葉にならないほど素晴らしい。

内容も素晴らしくて一気に引き込まれてしまいます。

こういうアニメを待っていました。

極上のアニメ、最後まで見届けたいと思います。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 33
サンキュー:

6

ネタバレ

かんぱり

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ヴァイキングの壮大な物語

名作プラネテスと同じ原作者ということで、見ることにしました。原作未読です。
アイスランドに住むヴァイキングのお話。初めにいきなり3話連続ってすごいなあ。
絵もきれいだし、雰囲気も良いので、あとはストーリーに引き込まれるかどうかかな。
以下、各話の簡単なレビューです。

1話。{netabare}ヴィンランドってアメリカ大陸のことなのかな?
バイキングってノルウェーってイメージだったけど、北に移住してきた人たちなんだね。
トルフィンって金髪の少年が主人公かな。
雪に埋もれていた奴隷の男を助けるトルフィンの父親のトールズ。
この奴隷の男が話のキーになるのかと思ったら、あっけなく死んじゃうし。。
トールズが優しい男だということを言いたかったのかな?
まだ話がどう転がっていくのかよく分からない感じです。{/netabare}

2話。{netabare}海の向こうからデンマーク軍の小隊長フローキがやってきて、トールズにイングランド攻めに加わるように
言われて、村人が殺されるのを恐れて戦争に加わることにするトールズ。
戦争の話に湧く村人たち。トルフィンも戦争に行きたいと気がはやる。
フローキが部下?にトールズを殺せと命令してたけど・・
次回、話が動き出すのかな?{/netabare}

3話。{netabare}フローキに暗殺を依頼された男は凄腕みたい。
アイスランドから出航するトールズ一行。あんな巨大なオールで漕げるってどんだけバカ力なのよ。
船に密航していたトルフィン。このままイングランドに向かって大丈夫?足手まといになりそう。。
途中で立ち寄ったフェロー諸島で襲撃されるトールズたち。
武器を持った相手を素手で倒していくトールズ。強すぎでしょ(゜o゜)
でもこのまますんなり終わらないような感じが・・・{/netabare}

まだ物語は動き始めたばかりなので何とも言えませんが、壮大な物語っぽいですね。アニメも丁寧に作られているなあと感じました。とりあえず視聴継続します!

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 38
サンキュー:

10

37111

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:硬派系。想像していたのと違うけど人がバタバタ死ぬのだけは勘弁してほしいなぁ。期待度は高い。
期待度:★★★★★

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 31
サンキュー:

7

古川深夜

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

これこれ!!

1話みたとき うーんってなりました キャラクター同士に興味が持てなくて 旅人してたぽい おっさんとクソガキが喋ってるだけだったので 微妙だなと思ったら 2話で急展開 戦争の隊員として 父を勧誘しに来て それに感化されて町の人たちも参加を希望してきて
最後には 裏があった話でした 1話ごとに面白くなっていってて やっぱりアニメは回を追うごとに面白くなるのが1番です

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 60
サンキュー:

3

とろろ418

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

注目作

いいですね。これは期待するなって方が無理がある。
静かな導入に重量感のある世界観。正直、今の流れとは真逆にある作品だと思います。
それを分かった上での3話連続放送。
流れを汲むのであれば、多少無理をしても導入で奇を衒う構成に持っていくのでしょうが、あえてこういう形にしたところに意欲と自信が感じられます。
おそらく原作への厚い信頼があるのでしょうね。
故に原作も含め、興味津々です。

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 44
サンキュー:

5

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

                               
【各話感想】

◯1話~3話
{netabare}中世ヨーロッパを舞台とした硬派な戦記モノといった印象。
1話時点では物語になかなか入っていけず、正直視聴断念を考えたけれど、2話以降でトールズがかつてヨーム戦士団の戦鬼(トロル)だったことが明らかになり、戦争に赴く展開で面白く感じ、視聴継続を決意。
主人公・トルフィンの成長物語でもありそうだから、少年期からどういう経緯を辿って青年期に入るかも気になるところ。
それにしても今のところトールズが強すぎて、それが逆に死亡フラグを思わせるなぁ…。{/netabare}

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 30

きはる

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

面白い

良い話。 音楽も素晴らしく、オープニングもエンディングも素晴らしいです。 グラフィックとアニメーションはとてもスムーズです。 このアニメを2019年夏の最高のアニメにノミネートしました

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 25
サンキュー:

3

ネタバレ

Takaさん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

アニメ化でどこまでやるのか???

上手くアニメ用にキャラが落とせている感じ。
全24話予定らしいけど、どこまでやるんだろう?
{netabare}ブリテン編までで終わればいい感じかな{/netabare}

駆け足でいくのは勘弁。

1話~3話
{netabare}
アシェラッドの声がこれじゃない感が…

もっと渋めのオジサンだよ(ToT)
{/netabare}

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 51
サンキュー:

3

ネタバレ

ロッタ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

トルフィンは悪い子(๑˃̵ᴗ˂̵)

NHKで3話まで見ました。
トールズは強そうだけど流石にひとりじゃ
そんなに大きなことはできないよね?
トールズが殺されて息子のトルフィンが
大人になるまでにいろんな仲間を増やして
ヴィンランドなる大地の長になるみたいな
話しなのかな?全然違う?

トルフィンみたいに隠れてついてくる子供は
嫌いですw
船出の時に見当たらなかったから絶対船に
隠れてると思ったんだ(๑˃̵ᴗ˂̵)
次回は7月末みたいだから忘れないように
しないと。
わくわくする展開だったらいいな♪

Aimerさんのエンディングはいいですね♪
彼女の声質は神様からの贈り物だね。
好きな曲いっぱいあるけど彼女の歌は
カラオケでは歌いません。
この声あっての曲だと思うから。
脱線しました。
まずはトルフィンが素敵な青年に育ちますように。
☆〜(ゝ。∂)

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 40
サンキュー:

11

金麦

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

進撃ロスを癒してくれる作品になれるか

進撃の巨人のWITSTUDIOが制作というわけで、まあそりゃあ期待しまくりで3話連続で視聴しました。

作画はもう、流石としか言いようがない。空、海、建物等の美術が劇場版レベルの凄さで、コレだけで視聴する価値はある。
シナリオは原作とはちょっと入れ替えてあるみたいだけど、解りやすくて◯。

惜しむらくは、次回放送が3週間後になるという事か(続きがマジで気になる)

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 37
サンキュー:

3

ネタバレ

うざっしー

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

1話切り。懐かしいなレイフ・エリクソン。受験世界史で暗記したわ。

1話
後のアメリカ大陸をコロンブスより先に発見したレイフ・エリクソンに憧れる少年の冒険譚。
ファンタジー要素もSF要素もない史実ベースの話なのでかなり地味な内容になりそう。
バトルシーンのある世界名作劇場って感じ。
主人公の父親が{netabare}死にそうな奴隷を羊8頭で買うとか、{/netabare}中世の人間にありえない安っぽいヒューマニズムを晒したので薄っぺらい内容と読んで切ることにした。

作画はWIT STUDIOなので良いけど、進撃やカバネリ程ではない感じ。

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 83
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

「アフタヌーン」のコミック原作の冒険物語

公式のINTRODUCTION
{netabare}
千年期の終わり頃、 あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした 最強の民族、ヴァイキング。 最強と謳われた戦士の息子トルフィンは、 幼くして戦場を生き場所とし、 幻の大陸"ヴィンランド"を目指す―― 激動の時代で巻き起こる、 本当の戦士の物語(サガ)。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:幸村誠「ヴィンランド・サガ」(講談社「アフタヌーン」連載)
監督:籔田修平
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
脚本:猪原健太
キャラクターデザイン:阿比留隆彦
美術:Bamboo
特殊効果:MADBOX
色彩設計:橋本賢
美術監督:竹田悠介
美術ボード:平林いずみ、大貫賢太郎
撮影監督:川下裕樹
撮影:MADBOX
編集:木村佳史子
3DCG監督:竹鼻まゆ
3D CGI:Chiptune
デジタルワーク:荒木宏文
音響監督:はたしょう二
音響制作:サウンドチーム・ドンファン
音楽:やまだ豊
制作:WIT STUDIO
製作:ヴィンランド・サガ製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
トルフィン(幼少期):石上静香
トルフィン(少年期):上村祐翔
トールズ:松田健一郎
アシェラッド:内田直哉
クヌート:小野賢章
トルケル:大塚明夫
ビョルン:安元洋貴
フローキ:斧アツシ
レイフ:上田燿司
ヘルガ:高梁碧
ユルヴァ:生天目仁美
ラグナル:浦山迅
ヴィリヴァルド:日野聡
アスゲート:竹内良太
スヴェン王:菅生隆之
トルグリム:後藤ヒロキ
アトリ:高橋伸也
耳:古川慎
アーレ:市来光弘
ハーフダン:下山吉光
{/netabare}


1話ずつの感想


第1話 ここではないどこか
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
辺境の地アイスランドで暮らすトルフィンは、冒険に憧れ、広い世界に興味を持つ元気な少年。
レイフから聞かされる理想郷「ヴィンランド」に夢を馳せながら、かつて強力な戦士だった父・トールズと共に静かで平穏な毎日を送っていた。
ある日、逃亡してきた奴隷をトールズが助けたことから戦士達の物語の歯車が回り始める。
今ここに、男達の壮大なる物語(サガ)が始まる……
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
はじめ、船の上でのバトルからはじまって、血がいっぱい飛びちってたから
またバトル系かな?って思った

でも、そこで戦士だったトールズが
家族で平和に暮らしてるシーンになったあと
ある日、逃げてきた奴隷を助けて。。ってゆうおはなしになって
追いかけてきた、奴隷の持ち主から、トールズが奴隷を買ったの

それで、その奴隷だった人はすぐに死んで
娘が「高い買い物だった」みたいに泣いてたけど
トルフィンは、自分たちの祖先が逃げてきた
ってゆうのが気になってたみたい。。

「じゃあ、ここからも逃げたい人はどこに行くの?」
って、トールズに聞いてたけど
そのころ、大きな船が攻めて来そうなシーンがあって終わってた。。



バトルもあるけど、戦争反対、奴隷反対
みたいなおはなしだったのかな?って。。

反対、ってゆうか
人を殺したり、売ったり買ったりするような世界から逃げて
ヴィンランド、ってゆうユートピアを目指すおはなしなのかな?って。。

レイフおじさんがおみやげに持ってた羽のカンムリって
インディアンのみたいだったから、ヴィンランドって、アメリカなのかも?


今、地図で見たら
ノルウェーからアイスランドより、アイスランドからグリーンランドのほうが近いし
グリーンランドからカナダは、ノルウェーからアイスランドとおんなじくらいだから
アイスランドに住んでた人たちが、アメリカ大陸を見つけててもフシギじゃないって思う。。


これからどんなおはなしになるか分からないけど
にゃんは戦うより逃げる方が好きだから
あんまりバトルバトルしたおはなしにならないといいけど☆彡


あと、トールズの娘って
自分が奴隷だったら?とかって考えないんだろうな?

それって、ふつうの人が、自分が牛とかブタだったら?
って考えないのとおんなじなのかも?

トールズはバトルで平気で人を殺してたけど
相手も人間なんだ、って思う気もちを無視して戦ってたのかな?

なんだかトールズが「ゴールデンカムイ」の杉元さんに似てたかも?
{/netabare}
{/netabare}
第2話 剣
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
1002年。
イングランド軍のヴァイキング襲撃を機に、両国の戦争は激化の一途を辿っていた。
ある日、トルフィンの村にヨーム戦士団の軍船が現れる。
それはトールズがかつて大隊長を務めていた軍団であり、これからの戦のために彼を呼び戻しに来た。
{/netabare}
感想
{netabare}
大きな船はトールズを呼びもどしに来たフローキの軍艦で
トールズが来なかったら村を攻撃するっておどかしてきて
トールズは軍艦1艘と村の仲間を連れて戦争にもどる約束したみたい。。

でも、フローキがトールズを呼びもどしに来たのは、実は殺すためで
チンピラみたいな海賊に、トールズの船をおそって
トールズを殺すように命令したところでオシマイ。。



トールズって戦うより、逃げる方がいいって思うタイプで
いつもにゃんが思ってることとおんなじだから応援したくなる。。

にゃんは、人を殺したことはないけど
殺されるんじゃないか、ってこわかったことは何度もあったし
誰かを殺すくらいだったら、逃げた方がいいって思うけど
トールズの村のみんなって、戦争が好きだよね。。

どうしてみんな、戦うのが好きなのかな?

誰だって負けるのはイヤだと思うけど
自分が勝つためにはたくさんの人を負けさせないといけないんだから
負けるのはイヤなことだ、って知ってる人ほど
戦いたくなくなるんじゃないのかな?

別に、戦うのが好きだったら、好きな人どうしで戦えばいいんだけど
イヤな人まで、巻きこまないでほしいな☆彡


トールズはトルフィンに、敵はいない、って言ってたけど
にゃんはそうやって
イヤな人まで戦いに巻きこもうってする敵って、いると思う。。

でも、逃げてかくれたら、どこかに行っちゃうし
戦ってたら、いつまでたっても、新しい敵があらわれそう。。


人間って、生まれてきたんだから、かってに死ぬのはちがうって思うけど
生きるために、ほかの人を殺すってゆうのも、ちがう気がする。。

人を殺してもいいってゆうことは
自分を殺してもいいってゆうのと、ホントはおんなじなんじゃないかな?

だったら、人を百人千人殺すのってムズカシイけど
自分が1人死ぬだけで、世界中の人が消えるんだったら
そっちの方がずっといいんじゃないのかな?って。。
{/netabare}
{/netabare}
3話 戦鬼
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
アシェラッドは、ヨーム戦士団のフローキから、かつてヨームのトロル(戦鬼)とよばれたトールズを「殺せ」と名も知らぬたった1人の戦士の処刑を命じられる。
そんな事も露知らず、初めての戦に心を踊らせる村人たち。
トルフィンもまた同じであった。イングランドを目指し、厳しい航海の旅が始まる。
{/netabare}
感想
{netabare}
とうとう旅に出て、補給地のフェロー諸島の入り江を入ったら
アシェラッドたちが待ち伏せしてて、入り江をふさいでおそってきたの

トールズは剣を抜こうってするみんなを止めて
自分1人で敵の船に飛び移ったの

それで、剣でおそってくる相手を
素手でなぐりたおし始めたところでオシマイ。。



トローズは5人の仲間と船に乗ってレイフは付きそいみたいな感じだったけど
ほんとはとちゅうで仲間をレイフにあずけて
ノルウェーでやとった戦士たちをつれてイングランドに行く予定だったみたい。。

トローズってやさしい人だし
そのトローズ気もちが分かってるレイフもいい人だよね^^

トルフィンもついてきちゃってたけど、どうなるのかな?
{/netabare}
{/netabare}



投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 60
サンキュー:

20

ネタバレ

タック二階堂

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

召喚されたゾンビがアイドルを目指す話……ではない。

詳細は公式でも。

NHKのニチヨル深夜枠。つまり進撃の後番組の枠
です。制作は同じWIT STUDIO 。
ノルウェーやアイスランドのバイキング時代の話。
要は「小さなバイキング・ビッケ」のシリアス
バージョンといったところ。

ハルバル父さんならぬトールズは、かつて最強の
戦士だったが、殺し殺されの戦場に嫌気がさし、
アイスランドで隠遁生活を送っていました。
そんな時、かつての僚友が戦線に復帰すれば
不問にするということを伝えに訪れます。

トールズは村の若者5人だけを連れて、戦地に
向かいますが、その船にはなんと6歳の息子・
ビッケならぬトルフィンが隠れていて……。

というお話です。

「カバネリ劇場版」でも恐ろしいほどの美しい作画
を見せてくれたWIT STUDIO。今作もそれに匹敵
する高レベルな作画です。
編成の都合か、意図的か、3話一挙放送でしたが、
これが奏功して物語にグッと引き込まれました。

もともと週刊少年マガジンで連載していた原作も
非常に高い評価を得ていて、満を持してアニメ化
されたという感じです。

まさに今期の大本命作品。
その船出は順風満帆です。

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 47
サンキュー:

5

ネタバレ

shino73

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

オウガバトル サガ(仮)

原作幸村誠、制作WIT STUDIO。

風は雄弁に語り、鳥と戯れ、
ロングシップは新天地を求め航海を続ける、
彼の地の名はヴィンランド。

10世紀を前後して、
西欧諸国を恐怖に陥れたヴァイキングですが、
スカンジナビア半島の単なる略奪者ではなく、
新天地や交易を求める商人であったと、
最新の文献では伝えているみたいだ。
これは想像に容易く、
永久凍土の大地では農耕に適さない。
家畜の生産性もきっと上がらない。
生きるための必然的選択であったのでしょう。

主人公にモデルがいる事を知り、
なるほどやはり新天地を求める物語でした。
{netabare}ヴィンランドとは新大陸アメリカである。{/netabare}

人気を獲得してきた原作です。
きっと物語に底力があるのでしょう。
その片鱗が垣間見える開幕でした。

Aimerの楽曲が静かに心に響く。
壮大な歴史活劇に思いを寄せますね。

今年の夏アニメは例年になく楽しい。

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 86
サンキュー:

24

ネタバレ

ぽ~か~@夏期講習

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

プレミア上映会で1話見てきました

視聴中につき点数未評価

6月頭に行われたプレミア上映会に行ってきました

原作は幸村誠による漫画です
幸村誠はあにこれでも評判の高いプラネテスの原作者でもあります
2005年に週刊少年マガジンで連載が始まり
開始当初から話題になっていたのですが
週刊誌のペースに間に合わず
月刊アフタヌーンへ移籍

ここで月刊少年マガジンではなく
月刊アフタヌーンへの移籍になったというのが
この作品の性質を如実に表していると思います
アフタヌーンの読者はどちらかというと
子供向けの娯楽作品よりも
大人向けの芸術作品を好む層です
移籍前のヴィンランド・サガは
少年誌連載作品らしいバトル中心の内容でしたが
この作品のテーマが明らかになってくるにつれて
少年誌よりもアフタヌーンの方が作風に合っていると
だれもが感じるようになっていきました

今回のアニメ化は2クールということで
おそらくは割とバトル中心の内容になると思います
しかしNHKがこの作品に目をつけるということは
その先をアニメ化することを見据えてという感じではないでしょうか?

作品が転機を迎えたあたりで
キャラクターが実在の人物をベースにした作品だと知りました
実在の人物をベースにドラマチックな脚色を加えた作品と言えば
同じNHKのキングダムが思い出されます
あちらはクソみたいなCGのおかげで大ブレーキがかかって
気がつけば今年やった実写映画の方がアニメより人気が出ている始末
今回もその2の舞にならないだろうか?
という思いでプレミア上映会に行ってきました

1話だけしか見れていませんが
作画、劇伴、キャストなどは申し分なく
これならばアニメキングダムの二の舞にはならなくて済みそうです
まぁWIT STODIOなのであまり心配していませんでしたがw

しかし思いっきり期待外れだったことが一つだけ
私が1話先行に行く理由の一つは
いわゆる1話マラソンがしんどいので
少しでも負担軽減したいという部分にあります
しかしそこで発表されたスケジュールは
7月7日に1~3話連続放送でスタート!

って全然負担軽減できてないじゃーん!!!

おまけ(舞台挨拶レポート)
{netabare}
司会はビョルン役:安元洋貴

トルフィン(幼少期)役:石上静香

石上:「原作を読んで先に青年編が少しあるので
   上村君の演技をみてそれに寄せていこうと思ったら
   まさかのアニオリ構成で自分が先で焦った」
プロデューサー:
   「お話をいただいた時に最後まではできないなというのがあって
   2クールでどこまでやるかというところから逆算して
   時系列順に並び変えることになった
   やはり、回想シーンと実体験としてやるのとでは
   意味合いが大きく変わってくる」

なるほど・・・

1話先行で観られると思っていたものと違うものが出てきたのはそういうことでしたか
まぁしかし3話連続からのスタートなので
おそらく初日で序盤のクライマックスなところまでいくのかな?

トルフィン役:上村祐翔

上村:「逆に自分は石上さんの演技を見学していて
    その続きとして演じられたので
    演じていて自然と石上さんの姿が浮かんできて
    心情的にも役に入りやすかった
    感情の爆発がすごかったですね」
安元:「この二人に決まったのは何か
    バランスとかを考えてのことですか?」
監督:「つながりはあんまり考えずに
    それぞれのシーンでのベストを考えてオーディションしました」

トールズ役:松田健一郎

松田:「トールズは作中でも最強の存在として描かれる
    錚々たるメンバーの中で
    自分の役が最強って言われた時のプレッシャーがすごくて
    どうすればいいのかわからなくて
    ほんと泣きそうだった」
安元:「本当に熱量のすごい現場で
    トールズとの闘いは死ぬかと思った」

ここでサプライズゲストの登場
金髪の幼児とヴァイキングの鎧兜に身を包み斧を担いだ男

安元:「原作者の幸村誠先生と小さなトルフィン君が
    応援に駆けつけてくれました」
幸村:「わるいごはいねがー!!!」

なまはげかよ

幸村:「おはようございます幸村誠です
    今日はヴァイキングの恰好で来ちゃいました
    実はこの衣装私物なんです」

そこは嘘でも作品資料って言っておこうね

幸村:「さっきここに来るまでの10分くらいの間で
    警察に職質されちゃいましたw」

日本の警察は優秀ですね

幸村:「本放送見ないやつは皮を剥ぐ!」
安元:「不穏な発言は止めてください」

トルフィン君のところには松田さんが
肩をしっかり掴んで

松田:「お前に敵などいないんだ」
トルフィン君:「???」

まぁ連れてきたはいいが
本人はなんで連れてこられてるかもよくわかってない模様w

そして最後の挨拶

幸村:「見ないやつは皮を剥ぐ!」
安元:「先生!先生!?」

先生自由過ぎるwww{/netabare}

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 38
サンキュー:

12

ネタバレ

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

ワイルドハント

ユダヤ教やキリスト教が西洋を支配するまで、主に北欧の民族は「ケルト神話」や「ギリシャ神話」、そして「北欧神話」を信じ、万物に神が宿るとされいていた。

それぞれは主に文明のシンボルであり、アメコミなどにおける英雄像に他ならないが、豊穣の神、農耕の神、性愛の神、闘争の神など。。人間の様々な感情を擬人化したものである。

アメリカで流行っているアメコミ映画や、「ゲームオブスローンズ」「ウィッチャー」「ウォーキングデッド」などによるヒロイックでシンボリックなキャラクターたちが「シビルウォー」という内乱をしているのも、西洋が元々は奴隷制と強奪などによる血塗られた歴史を積み重ねてきたことを再現するものであり、

特にアメリカにおける黒人やアジア人は奴隷として働かされる理由で連れてこられた訳だし、そもそもはネイティブアメリカンや南米の先住民族の人々をイギリスやフランスやスペイン人が殺して今に至ったのである。

「ヴィンランドサガ」でも恐らくはそういう描写が描かれるだろうが、どこまでそれを表現できるのかが気になるところではあります。

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 78
サンキュー:

6

ponsuke

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

この海の向こうに楽園はあるのか

またまた大好きな漫画のアニメ化ですが・・・・
かなり過激な戦闘シーン満載なので規制されまくりで何してるか判らなくなる可能性が怖いです。。。

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 34
サンキュー:

1

とらお

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

世界的人気を得るであろう作品

外人様はベルセルクみたいな中世風が好きなんですよ
そして本作は戦乱まっただ中なヴァイキング全盛の時代
日本より海外で前評判が異様に高まってます
これで製作は進撃作ってるとことくれば、巨人大好きな外人様は大騒ぎです

2クール確定ということで動乱の8巻までやるわけですが、
ここから別の視点で述べますと、
8巻まではAクラス入りバトル漫画
9巻からは8巻までがあるからSクラス漫画になる作品です
なので攻殻だビバップだオネアミスだ~とコア層と自覚してる人は、
アニメ見た後に漫画版を読みましょう

原作ナウシカだ寄生獣だAKIRAだ~
というワードを発する人は漫画を読んで判断しなければなりません

興味がわいた人はヴィンランドで検索してWikipedia読みましょう
短い概要だけが掲載されており、作品の背景がつかめてアニメを楽しめます
しかし!
人物のリンクを踏むと漫画版でも描かれていない未来が読めてしまうのでリンク禁止ですぞ!

投稿 : 2019/06/22
閲覧 : 51
サンキュー:

4

ぶたまん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 1

tiki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/07/14
閲覧 : 1
次の30件を表示

ヴィンランド・サガのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ヴィンランド・サガのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ヴィンランド・サガのストーリー・あらすじ

千年期の終わり頃、
あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした
最強の民族、ヴァイキング。
最強と謳われた戦士の息子トルフィンは、
幼くして戦場を生き場所とし、
幻の大陸"ヴィンランド"を目指す――
激動の時代で巻き起こる、
本当の戦士の物語。(TVアニメ動画『ヴィンランド・サガ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年夏アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2019年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ