「女子高生の無駄づかい(TVアニメ動画)」

総合得点
70.6
感想・評価
121
棚に入れた
782
ランキング
896
★★★★☆ 3.7 (121)
物語
3.6
作画
3.6
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ジャスティスブレイド

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

何も考えずに見ましょう

今期って女子高生多くないですか?
中でもこの作品はアタマ空っぽにして見れるいい作品ですね(-.-)
田中(バカ)がいい感じにバカです笑

難しい作品を見て、疲れたあとの息抜きには最適です。

投稿 : 2019/09/16
閲覧 : 19
サンキュー:

3

ネタバレ

イムラ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

ひらひらと神が舞い降りた第七話

<2019/7/6 初投稿>
原作未読。
観始めなので評価はデフォルトの3.0

今1話観ました。
モテたい、彼氏を作りたい
そんなことばかり考えてる女子高生が主人公。
ボケ役です。

つまりコントアニメ。
主人公のボケ役の子は個人的には好感度高く、割と面白い。

しかし。
おしむらくはツッコミが弱い。
ツッコミは大事。

ヒナまつりの新田さん並みのツッコミ役がいれば化けるのにな。

<2019/7/16 追記>
錦織を圧倒したフェデラーを
最後の最後、精神力だけで打ち倒すジョコビッチ
ジョコのメンタルはどうなってるんだろう?

というわけで2話観ました。

今週のツボ
「足が曲がらない病気」
なんか昔、そんな話聞いたことある 笑
下手な少女漫画あるあるだったかな

ところで作者はヲタに自己投影してますね。
ヲタのエピソードの時、やたら生き生きしてました( ・∇・)

<2019/8/5 追記>
5話まで見たんですけど。
主人公のバカ、割と好きなキャラなんですけどねえ。
笑いがつまらない。

周囲のキャラの方が面白いんだよなー。

ところで毎回出てくる公園とか通学路、妙に雰囲気が良いっすね。
実在なんでしょうか。

<2019/8/16 追記>
第7話
街ブラ番組なんかで定番の顔を嵌める観光地の"あれ"
実際やってみるとさして面白いわけでもない"あれ"

そんな"あれ"で奇蹟的に笑いに包まれてしまった。
それは笑いの神がひらひらと舞い降りた瞬間。

このアニメ、たまに一発入る。
侮れないっす。

<2019/8/24 追記>
8話、水着回。

確かに水着回だったけど、笑いのツボはフジツボでした。

秋田だったか青森だったか
食用フジツボの養殖やってますね。
食用は結構でかい。
高級和食店で出されてるそうです。
一説では精力剤だとか。

まあでもフジツボと言えばやはり
「膝の皿の裏側にびっしり」
の都市伝説が定番で私はちょー苦手です。
群体恐怖症の気があるのかも

<2019/9/16 追記>
11話

今回はぴーなっつPの話(ウソ)笑
それにしても落合福嗣さんはモグゾウといい凡田夏之介といい、良い味出してます。

今回は「何も知らない{netabare} お父さんが突然客で来てうろたえるキャバ嬢{/netabare}」みたいな話・・・であってますか( ・∇・)?

主役はヲタですが
ヲタ回はやっぱり作者の情感こもってる気がするなー。

もうすぐ終わりなのでとりあえず評点つけてみました。

ワセダとミロの区別がつかなくなりつつあるのは私だけでしょうか?

投稿 : 2019/09/16
閲覧 : 213
サンキュー:

37

ISSA

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

進撃のバカ

登場人物

田中望/バカ(赤碕千夏)
斜め下行く思考回路と隠しきれないバカ

菊池茜/ヲタ(戸松遥)
女子無駄の常識人と隠しきれないBL

鷺宮しおり/ロボ(豊崎愛生)
斜め上行く思考回路と隠しきれないマイペース臭

百井咲久/ロリ(長縄まりあ)
純真と隠しきれない可愛いは正義…それ以外の言葉出ない

山本美並/ヤマイ(富田美憂)
テンションマックス中二病と隠しきれない小市民

一奏:にのまえかなで/マジメ(高橋季依)
恐るべしポテンシャルと隠しきれない残念女子

染谷リリィ/リリィ(佐藤聡美)
圧倒的な女子力と隠しきれない百合変態

九条翡翠/マジョ(M.A.O)
残念系オカルト女子と隠しきれない隠れ美少女

佐渡正敬/ワセダ(興津和幸)
メガネツッコミと隠しきれないリクルートスーツ

九条琥珀/マジョ妹(上田麗奈)
姉の全てを吸いとった常識と隠しきれない姉愛


1話視聴
普通に爆笑した、マシンガントークなので笑いの情報量が凄い。
「ちおちゃんの通学路」、「あそびあそばせ」思い出したけど、トークのみで笑わせにきてる。
バカ(赤碕千夏さん)のツッコミに戸松遥さん&豊崎愛生さんがボソッと鋭くツッコめるかが笑いの鍵かな?

経験豊富で好きな声優さん多いし楽しみなアニメなりそう。
ロリ可愛い、長縄まりあさん相変わらずロリボイス。
あとバカのニックネーム候補で「家族が裸族」がツボに入った。


7話まで
バカ×ヤマイ×ワセダの絡みは面白すぎる、爆笑した。
登場人物が全員個性的すぎで面白いけど、ワセダとチョイ役のロリのおばあちゃんのツッコミが冴えてる。


11話
女子無駄の世界観を壊さないでチョットいい話の変化球投げてくるの流石だ。
ヲタの歌ってた低所得Pの「16:20」をうたってみたVer akane(ヲタバージョン)普通にYouTubeにあるので聴いてみて下さい。
ワセダの作った経緯がろくでもないので思い出すと笑える。
戸松遥さん歌だとSAOのED曲「ユメノセカイ」アスナの高音イメージ…
この曲だとヲタバージョンなので高音抑えてヲタのイメージのまま。

あとコミケのワセダ隣に居たデブ君、ピーナッツPは落合福嗣さん
プロ野球選手で三冠王の落合博満氏の長男、テレビ愛知だと放送終了後のCMが…落合博満講演会のCMだったのが笑えたw

投稿 : 2019/09/15
閲覧 : 140
サンキュー:

19

ネタバレ

ValkyOarai

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

女子高の日常を捧ぐ、サービスからたまには離れるのもいい

いつもはキャッキャウフフしている日常枠
しかし、ここはそうはいかない女子高だった

田中 望/バカ=森サマー、テイルイエロー、板場弓美
菊池 茜/オタ=アスナさん、ララ、いおな
鷺宮 しおり/ロボ=唯ちゃん、モモデビルーク
百井 咲久/ロリ=カンナカムイ
山本美波/ヤマイ=ガヴリール、ソフィー、緒方理珠
一 奏/マジメ=みらい、エル君、雨野狭霧
リリィ / 染谷リリィ=律、千夜
マジョ / 久条 翡翠=ヴァネッサ、ひな子

{netabare}まず一人がパンの袋を咥えて登校し、ぶつかることを願っている件www
そして女子高だから恋愛でけへん...
だから先生狙おうかと思ったが自己紹介で「私は女子大生派だ」と告白wwwwwいいのか!?www
その次は百葉箱の上に乗りながら痛い台詞を言っている子も
あれは...邪王神眼の亜種!?

次は小さい子、あの髪型...
みなみけの千秋!?
似てる子はさておき、ザコキャラとか二等身とかあだ名で呼ばれるのは...wwwww
出会いのルートを模索してみた
まず図書館に行かないだろ、幼馴染もいないだろ
交通事故で輸血の協力するわけないだろ
すき屋にも行かないだろ...
おいちょ、鳩のエサも食べないだろwwwww{/netabare}

2話
{netabare}何故、安西先生の名言をwwwまあ確かに諦めたらそこで試合終了だけども...
先生...どこまで猫舌なんだwww
次はチョコ菓子1個だけ残ったのでジャンケン...
なんだけど、何故グーから始めるんだろと疑問を持つ
そして何故エックスから始まるwwwww
しかもオタは警察手帳を持ってるしwww返しました
後、チョコ菓子もプレゼント...(地面に落ちたけど)www

マンガをオタが描いてみる。どうよ~
いや作画ミスが目立つ...{/netabare}

3話
{netabare}ロリの婆ちゃん、いい人過ぎる件
っつーか何故床にへばりついてまで遊びたいのか、バカよwww
夕方まで居やがるしwwwww帰れwwwww

折角体操服届けに来たのに、バカが誘導するためなかなか渡せないwww{netabare}

4話 
{netabare}今日はマジメのターン
そう羨望の眼差しで見られても困る...
ファミレスにて、すげえ高速舌舐めwwwww声優ってすげえなって今でも思う

ってマジメってオタのことがs...よりもストー...

おいバカのテスト点数がロイヤルストレートフラッシュにwwwww
雨降りの帰り、ロボが傘を忘れた。そこにマジメが...
すげえチャンス...{/netabare}

5話 りりぃという転入生
{netabare}りりぃの中人は千夜か
まあお約束、ってハーフなのに日本語しか話せないのか
だが彼女は触られると...じ ん ま し ん
納豆駄目
おい、ヤマイが木の上にwww

マジメはモテる模様、でもじんましんは出るためどうにかして治したい
だからアイマスクを試して視界を遮断しようとしたが...

親に相談しようとすると何故か弱くなるヤマイ
2秒で進路が文系に決まったwwwww{/netabare}

6話 
{netabare}まじょってあだ名の子が来ていない
このままじゃ出席日数足りなくなるってことで彼女の妹が3人に相談に
って二本足のツチノコでおびき出すのかよww

とりあえず学校に来ることはできるようになったが、彼女はコミ障
長いローブを羽織ってる、ミサイルは絶対出ませんwww
ってことで妹が気晴らしに映画館に連れていくことに
そこにロリが...!
折角妹が感動して観賞しているのに、色々と考えるまじょとロリwww
おい楽しめよwww
ロリは心がピュアよのう...

ああ、なかなか話せない...
そう掃除しながら思っていたら、そこにヤマイが...
おい、見えるぞwww
で、話しかけていたら勘違いの嵐が...
ヤマイがまじょをガチ勢だと思ったからだwwwいくら頸動脈を斬るのが好きでもwwwww{/netabare}

7話 何故校歌に英語入るwww
{netabare}ヤマイが包帯をずっとしているので、外してくれないと先生に言われた
だから外してみたら...あせもwwwww
額には...ニキビwwwww
そりゃあ包帯で隠すわな

ゲーセンに欲しいぬいぐるみが...
よし、獲ろうってことで財産使うけど...獲れん
なら他の人がやった後に横取りを狙うけど...無理
店員がサービスで獲りやすくしても...学習できんwwwww
だがそこにマジメがやって来た...!
知力を生かしてゲット~~

登校時、パネルに顔突っ込んで抜けなくなったヤマイ
そこでバカとも出会って
一緒に来るのかよwwwww顔ハマってwwwww
しかも先生共に自撮りしてるしwwwww{/netabare}

8話 恒例のアレ
{netabare}こんなコメディでもアレは外せない
ドリンクバーだけで贅沢とは言わないだろう...いくら16歳で初経験しても...
折角アレ買ったのに、福引で貯金箱しか当たらない...売っても30円wwwww
おい、アイキャッチでレベル測定すんなwwwwww
みんなの「さしすせそ」で笑いを取りつつ...

次は忘れ物をしたからリリィとロリが取りに行くことに
そしたらそこにみんなおるwwwww
しかも主人公3人は卓球してるしwww
大丈夫や、先生に許可は得ているしwww何故か急に雨降ったからずぶ濡れ..
オマケに更衣室にあったから泳ごうぜ!^^

ってこれを夢で済ましていいのだろうか...?{/netabare}

9話 
{netabare}0分丈って...それはないwww
今日はロリの話、買い物帰り、小学生のいじめを目撃
注意したら小学生と勘違いされた...wwwレベル無いから...
ってことでどうやったらレベルを上げられるかをリリィやオタ、マジメに聞いてみることに
でも、そのレベルを見せられるのは好きな人だけなんだが...
ロリは完全に分かってないwww心がガキンチョよのぉwwwww
リリィよ、余計な回答はいらねーよwww
じゃあジャスコ行こうか、チョイスチョイス
そんで大人っぽく着替えて今度こそは!と意気込んだロリだったが...
アレの落下で泣いた...
今度は眉毛を剃ってみたら...失敗...だから描いたwww

次はロリの家にやって来たマジメとリリィ
えらいねえマジメは、菓子折り持参^^
そしてばあちゃん、心の中でツッコむwwwそりゃあ全ての部屋に案内する訳ないからwww
んでもって、着替えさせてるだけで(*´Д`)ハァハァwwwwwなんだこいつら...
3人は松屋で飯を食べ、マジョは妹のダチと占いをするわで忙しいし
ヤマイは相変わらずだしwww{/netabare}

10話 進路決め
{netabare}なんだけど、バカは決まっていない...だって理由が、意識飛んでる系ってwwwww
激おこのバカだったが...まあこれ使え⇒無限プチプチ
ハ~~~

次はロボに惚れたある男子高校生のターン
何で食事したものに徒然草で返すwww
それと読んでいた本を貸してくれました^^でもストーキング...捕まらなかっただけマシだと思えwww

今度はバカとロボが喧嘩
思えば中学受験の時にロボは感情的になったんだな
でも肝心の原因が、微生物入ったシャーレをぶっ壊してwwwww
帰り道、現れたのは男子高校生
その光景を別の男子が見てて...遺伝子レベルで分析してたのかよwww
そんでもって先生はニコ動を見てたwww{/netabare}

11話 高校生クイズのせいで
{netabare}前半が切られたので後半付近から
って先生コミケにおるwwwそしてそこに来るのはオタ...
...バレルのも時間...だから変装と目線逸らしで誤魔化せるか...!?

しかし...隣の汗っかき(中人チャラリートwwwww)
に後押しされた先生、追いかけに行って
夢を壊すかもしれない、でも言っておく
ありがとう...

それでも、私は先生のことが...!
だからこそ!!私はプロの漫画家になるんだから!{/netabare}

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 187
サンキュー:

9

ネタバレ

かんぱり

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

おバカすぎる女子高生の日常アニメ

今期のコメディ枠の本命かな?原作未読です。
毎話のタイトルが、その話のメインキャラのあだ名が特徴になるみたい。
以下、各話の簡単なレビューです。

1話「すごい」。{netabare}田中(バカ)メインの話。
すごい女子高生ってなに(-_-;)家族がら族とか田中アホすぎw
「それでも町は廻っている」の歩鳥を数倍アホにした感じ?
まさに「バカ」って感じ。でもこういうキャラ好きだなあ(*^_^*)
他の登場人物もみんな一癖あって面白い。もちろんワセダもね。{/netabare}
2話「まんが」。{netabare} 今回は菊池(オタ)メインの話かな。
パセリ丼ってどんなん(-_-;)パセリ嫌いにはありえんわ。。
鷺宮(ロボ)の漫画評ズレてる分だけえげつない。。ヒザ曲がらないとか(-_-;)
くすっと笑えるネタはいくつかあったけど、1話に比べてちょっと落ち着いたかな。
一番笑ったのは、山本(ヤマイ)とワセダの絡みかなあ。ヤマイ回が楽しみになりました♡{/netabare}
3話「わすれもの」。{netabare} 今回は百井(ロリ)の話かな。
バカは相変わらず、すごいを連発。心臓を守るために胸毛必要ってあんただけだよ(-_-;)
ロボは相変わらずマイペース。この2人を足して割れば良くなる・・わけないか(・_・;)
ロリ今でもサンタさん来ると思ってるんだね(*^_^*)かわいいなロリ。
はじめてのおつかいみたい。。気持ちも行動も見た目も小学生なんだね。
でも買い物でお金が足りなくてお肉よりもお菓子を選ぶとか、小学生というか幼児レベルだよ。。
バカ、床に寝て張り付いて離れないとかバカというか幼児レベルでしょ(-_-;)
バカって相手かまわず誰にでもバカみたいに接するんだね。お前も幼児か!と言いたい。。
今回はロリ回に合わせたのか、幼児っぽいギャグが多かったかも。。{/netabare}
4話「まじめ」。{netabare}今回は一(マジメ)の話だね。というかタイトルまんまだし。
バカ、いつも同じようなすごい会話してんのね。これ毎話冒頭のテンプレなのかな。
ロボに対して密かに憧れてるマジメ。何か勘違いしてるような。。
バカはポッキー口で大量に咥えたり、友達のジュースに細工するとかやってることが子供すぎ。
ロボと仲良くなりたくて、バカ観察ノートをつけてるマジメ。
でもバカが文字を見ると眠くなってノート読まれなくて良かったね。
ハゲカツラかぶって登校する女子高生いたら面白い超えて変人だわwでも笑った(^O^)
あと学校に培養してる菌が入ったシャーレを持ち込んでるロボはやっぱり変人だと思った。。{/netabare}
5話「りりぃ」。{netabare}今回のすごい話なんだろと思ってたら・・バカらしいなー(-_-)ロボは無駄に知識すごいし。
今回は・・ん?転校生の話なの?変化球きたな。女の子とオスって露骨すぎ(-_-)
そんなリリィにお菓子食べながらだいぶ変わってる奴だなと面と言えるバカもだいぶ変わってると思うよ(^O^)
リリィはバカが苦手なんだね。でワセダに訴えて席替えしてもらうリリィ。
リリィのキャラってヤな感じだけど、バカたちにいじられ役になると面白くなるかも。
何か今回はメイン話よりも、ロボがさりげなく実験やハンダ付やってたり、ヤマイが木に登ってたりしたとこはくすっと笑えたかな。ED後のヤマイとワセダの面談もね♪{/netabare}
6話「まじょ」。{netabare}3年ものの食パンって中学の頃から保存してたのかよwキモすぎでしょ(-_-)
あれ?また新キャラ?今回はどうやら翡翠(マジョ)の話。不登校の子なのかな?
というか、ホルマリンの瓶が並んでる部屋って(+_+)
バカの誰でも平気に会話できるとこはいいとこだね。おかげでマジョはバカたちと友達になれて。
わかってくれる人だけ大事にすればいい・・ロボいいこと言うね。
恋愛映画を観るマジョ姉妹とロリ。三者三様の感想が面白い(^O^)
ヤマイって高いとこが好きなんだね。木とか下駄箱の上とかw
マジョがロリをほのぼの映画に誘うけど・・(゜o゜){/netabare}
7話「やまい」。{netabare}オタの挙動からパンツの話を思いつくバカってすごいな。
今回は私待望のヤマイの話。まずは安定のワセダとの絡みから。
まんじゅう1つで陥落するヤマイの信念。。肌弱いのに包帯巻いてあせも誘発ってバカだ(-_-)
ダイオウグソクムシ娘のぬいぐるみ・・キモかわいいから意外と人気でるかも。私はいらないけど。
マジョ妹の部屋も真実の口のレプリカ飾ってるとかなかなか。ガスマスク持ってるマジョには負けるけど。
カラコンすると充血はあるあるだよね。目には良くないけど。
マジョのガスマスクをメ○カリで入手して学校に持ってきてかぶるヤマイ。
マジョからガスマスクの由来を聞いて引くヤマイ。マジョの話はヤマイと違ってガチ話だからね。
とここまではいつもの感じだったけど・・!
ははは(^○^)なにこのヤマイ鹿とバカコアラ!おかしすぎる。。お茶飲んでたら絶対噴きだしてたわ!
しかも首が抜けなくなってそのまま2人で学校に行くとか、ワセダが一緒に記念撮影するとかもうね。。
バカの一本締めとか、さいのたま校歌とかも面白かった。{/netabare}
8話「みずぎかい」。{netabare} ヲタ意外とスタイル良くてびっくり。
今回はサービス回なのかな?というかずいぶんストレートなタイトルだな(-_-)
ロリが忘れたスマホを取りに夜の学校に行くけど、なぜかみんな学校にいるしw
あれ?屋上のプールあんなに汚かったのに綺麗になってるし。バカたちが掃除したの?
で急に雨が降って濡れるみんな。あーここでマジメの濡れるのが好きネタが来るとはうまいなあ。
なんで学校に水着が置いてるのか知らないけど、水着に着替えるみんな。
マジメもスタイルいいんだね。バカが胸大きかったのは意外だった。
ヤマイは相変わらず高いとこが好きなんだね。
翌日、バカがまたプールに行ってみると・・ってえーーっ!そういうオチ!?だから話が出来すぎてたのか。
結局ヲタ以外のスタイルはバカの妄想だったってことね(-_-;){/netabare}
9話「おしゃれ」。{netabare}んー。今回もある意味サービス回なのかな?
ロリのまゆげボーンは笑った。なぜそうなる(-_-)しかも鉛筆で書いてるとか。。
着せ替えロリ人形可愛いかった(*^_^*)
なるほど。百合=Lilyなんだ。今頃気づいた。。でも百合とかBLとか受け付けられないので(-_-)
今回はあまり笑えるところが少なかったけど、かわいい子とか百合好きの人は面白かったのかな。{/netabare}
10話「ろぼ」。{netabare} なんでロボくち動かしてんの?動画ミス?と思ったらガタンゴトンて(-.-)
今回はロボの話。そういえばまだやってなかったんだね。
ぷちぷちとか鉛筆けずりとか糸通しとかで、はあっ♡となるバカ。バカらしくない声色出して笑った。
そんなバカたちをうまくとりなすロボってすごい。
そんなロボがバカとヲタと一緒の高校を選ぶくだりはちょっとじわっときた。
ヲタが大好きな低所得Pってワセダだったんだね。それヲタが知ったらどうなるんだろ。{/netabare}
11話「ゆめ」。{netabare}ワセダの話から始まったけど、今回のメインなのかな?
ヲタが憧れてやまない低所得P。ボカロPの即売会に出店したワセダ。そこにヲタが逢いに向かって。。
今日のヲタかわいいな。そして変装?したワセダに自分の想いを打ち明けるヲタ。
そして、ワセダもヲタを追いかけて、自分が低所得Pだと打ち明ける。。ショックを受けるヲタ。
でも・・あらためて自分が低所得Pが好きで憧れてる気持ちを再確認して自分も漫画家を目指そうとするヲタ。
なんだろう。。美容院のおじさんとか、即売会のぴーなっつおじさんの難解例えとか笑える要素はあったけど、今回の話はじわっときてちょっとうるっときてしまいました。。{/netabare}

いつのまにか、今期アニメで一番楽しみなのはこれになってました。
最初は面白いアニメだなあ、と見始めましたが、11話まで見て、これは結構な良作なんじゃないかと思い始めてます。
とうとう次回が最終回ですね。。ギャグアニメなのにとても寂しい気持ちです。ホント2期やってくれないかな。。

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 220
サンキュー:

23

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

女子高生の日常~♪

ギャグ強めというかギャグ。


男子高校生の日常と同じ臭いがする。
ギャグがすごく多いわけではない感じ。日常のほんわかが強め。
個性の強い女子高生。
(あれ?この担任、変態かな?)
この先生はヤバイ。

この金髪の中二病の子いいな。
一ってかいて、ニノマエか。

(とまっちゃんのキャラクター好き。クールっぽいけど、なんか抜けてる感じ。かっこいい声。)


撤回。ギャグ多いわ。雑魚キャラ笑った。

2話。安定してていいと思います。
やっぱりヲタの女子高生いいキャラ。面白い漫画かくやーん。

3話。ロリちゃんかわいいし純粋ないい子や。
おばあちゃんこなんだな。そうだ、おばあちゃんのいう通り、田中に着いていったらいけない。

おつかい偉いな。いい子だ。(高校生なんだよな)
おばあちゃんの知恵袋。豆腐ハンバーグ。

4話。この学校そんなにお馬鹿だったのか(知ってたけど)。残念な子しかいない。田中観察から鷺ノ宮と近づくとは強レベル。真面目ちゃん…

りえりー面白いキャラやるなぁ(笑)

中二病ちゃんすこ。

5話。新キャラ。まさかの田中を両生類と判定笑

山本さんかわいい。

6話。魔女さん登場。ロリちゃんと分かり合う。
ロリちゃん、純情すぎる。

死に方あみだ。斬新な遊び方。
いいキャラいっぱいやな。

7話。今回やばかったですね。早稲田と山本と田中のエンジン前回。
校歌もいやだよw

9話。ろりちゃんと真面目とりりぃ。この3人いいですね。個人的に、真面目ままの、りりぃのガチに気づくのがツボでした。


11話。低所得p早稲田かよ!
ヲタが泣くぞ!(歌はうまい)

この歌と床屋の組み合わせは反則だろ(笑)
店長鬱陶しい。
曲の解釈違いが激しい。

先生、バレルか?ヲタに?

ヲタ、ガチ恋か?

なんだこれ(笑)ええ話やないか!

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 106
サンキュー:

10

ネタバレ

ミュラー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

満点じゃ満点!(参考にならないレビュー)

第2話での、オタの「低所得P!」の一言に驚き、原作者など調べてみた。
ビーノさん、ボカロPじゃん!一気に親近感がわきました。それだけで満点だ!

ニコニコ静画の原作も一気に見て、ビーノさんのボカロ曲もチェックしました。
ちなみに「auRelia」というGUMIの歌っている曲、以前から良く聞いてたんですよ。アニメのヒットで過去のボカロ曲を聴く人も増えてるみたいですね。

ということで、アニメと関係ないところで盛り上がってしまいました。今期、他のアニメで傑作がたくさんあるのですが、この作品、今期限定でナンバーワンです!

少しはアニメのレビューを書きましょう・・。
8/10キャラ追加による更新
8/16 #7話でまさかの「auRelia」が冒頭で流れるとは!
   偶然とは言えビビったよ!

オープニングとっても気に入ってます。いかにも女子高生がインスタに上げそうな映像を使い、曲は意味のない歌詞をラップのように歌ってます。何回も聞いてしまうノリの良さ。

内容はバカ、ヲタ、ロボの3人組女子高生を中心とした学園生活を描いています。昨年の「あそびあそばせ」のような破壊力は無いものの、リアル寄りなだけに、実際あるよね感がありますね。実力申し分ない声優さんが演じているだけに、安心感もあるのでしょう。
毎週楽しみに見ています。
各キャラの印象などを書いておきます。

・バカ:性格は好きだけど決して付き合いたくない
・ヲタ:かわいい!どんどんオタ活にのめり込んでほしい
・ロボ:もう少し心を開いてもいいのでは
・ロリ:こういう純粋な子は将来幸せになってほしい
・マジメ:とても性格がいいんだけど、もう少し常識があればなあ
・ヤマイ:まともに会話できねーだろ
・リリィ:めんどくさそう
・ワセダ:決して嫌いじゃないわ
・マジョ:ツボにハマれば饒舌になりそう。ホラー映画談義がしてみたい

9/14更新
最終回前にして早くもロス気味。終わっちゃったら何を楽しみに生きればいいんだよう・・。しくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしく(T_T)。

公式でやっていたキャラの人気投票、ヲタかマジョで悩んだんですが、マジョに投票。結果は御存知?の通り、ヤマイでした。ヤマイ大人気じゃん!
個人的には、ロボの要素が少ない気がして。原作にはロボの面白い話が結構あるのになあ。

9話Cパートでの「おいしいもの摂取中」のヲタの行動に分かりみありすぎる。そこだけ無限リピート!自分もボカロのいい曲に出会うと、ウオー、すげえってつぶやきまくっているので。
ついでに第11話の「ゆめ」放送の前に、原作者ビーノさんが低所得Pと結婚していることを明かしてました。内容に合わせたのかな。とっても微笑ましくて、ますます応援したくなりました。また、アニメに合わせて新曲も投稿。曲も画像もそのままアニメに使われていました。
こんなに身近に感じるアニメに、これから先、出会えるのだろうか・・。
これからも頑張って欲しいです。願わくば、またアニメ化されるといいなあ。

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 113
サンキュー:

13

ネタバレ

にゃん^^

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

コミックNewtypeのコミック原作のおばかJKコメディ

公式のINTRODUCTION
{netabare}
浪費する、青春――。
WEBコミック誌「コミックNewtype」で大人気連載中の
学園ガールズコメディが待望のTVアニメ化決定!

ちょっと残念な女子が集う、さいのたま女子高校を舞台に、
とてつもないバカ・田中(通称:バカ)、
アニメや漫画を愛するオタク女子・菊池(通称:ヲタ)、
いつも無表情でロボットのような少女・鷺宮(通称:ロボ)を中心に、
個性豊かで魅力的な仲間たちが、女子高生というキラめきに溢れた青春を
無駄に浪費していく抱腹絶倒のJK学園コメディが今、幕を開ける!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:ビーノ(KADOKAWA「コミックNewtype」連載)
総監督:高橋丈夫
監督:さんぺい聖
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:安田祥子
サブキャラクターデザイン:古川英樹、番由紀子、満若たかよ
監督補佐:橘紗央莉
美術監督:斉藤隆博
美術設定:中村嘉博
色彩設計:鈴木咲絵
撮影監督:山本弥芳
編集:丹 彩子
音響監督:明田川仁
音楽:菊谷知樹
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:パッショーネ
{/netabare}
キャスト{netabare}
田中望:赤﨑千夏
菊池茜:戸松遥
鷺宮しおり:豊崎愛生
百井咲久:長縄まりあ
山本美波:富田美憂
一奏:高橋李依
染谷リリィ:佐藤聡美
久条翡翠:M・A・O
佐渡正敬:興津和幸
{/netabare}


1話ずつの感想


第1話「すごい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
かつてとあることをきっかけに何となく疎遠になってしまっていた田中、菊池、鷺宮の三人は、偶然にも同じ高校に進学したことによって再会を果たす。久しぶりに会う旧友を前に、ぎこちなさを隠せない菊池だったが、昔と何一つ変わらない田中と鷺宮のやりとりを見ているうちに、自然とツッコミを入れてしまう。クラス分けでも同じクラスになった三人は、そのまま入学式に出るが、途中から何やら落ち着かない様子の田中。入学式が終えて、教室へと向かう途中で、田中は取り返しのつかない失敗をしてしまったと話し始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
田中(バカ)が、今ごろ女子校に入ったことに気がついて、出会いをもとめて
ひたすら「カレシほしい!!」ってクラスのみんなに言って回るおはなしと
みんなにあだ名をつけたり、自分のあだ名をいやがったりするおはなしで
だいたいメインキャラの紹介が終わったみたい。。



そんなにテンポはよくないけど
学校におくれそうになってパンをくわえて出かけるときに
食パン袋ごとくわえてたりして、ジミにおかしいw

キャラは、無表情のロボ、ロリ、中二病のヤマイ、オタ、マジメ、とかって
よくあるキャラだけど、名前がおぼえやすくっていいw


おばか女子たちの日常系のおはなしで
男の先生がザンネンイケメンだから、たぶん。。って思って調べたら
原作者の人はやっぱり女の人みたい^^

みんなおばかすぎるみたいだけど
偏差値低い高校の女子だけのクラスって、こんな感じ^^

でも何人か、まちがえて入ってきたみたいな頭のいい人もいるけど^^
{/netabare}
{/netabare}
第2話「まんが」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クラス全員にあだ名をつけるという田中の試みによって、菊池はヲタ、鷺宮はロボ、そして田中自身はバカというあだ名が定着したある日の日曜日。ヲタはベッドに寝転びながら、低所得Pの新曲を聞いたり、アニメを観てみたり、漫画を読んでみたりと、週末を満喫していた。バカから暇過ぎるからという理由で、大量に送られてくる自撮り写真を完全に無視して、趣味を謳歌するヲタは、いつか自分も有名になって夢の印税生活をしてやると奮起し、描きかけで止まっていた自らの漫画を描き始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、ヲタのおはなしをメインに、小ネタをやって
さいごはヤマイと先生のおはなしで終わった。。


ヲタが「あたしもいつか、夢の印税生活!」
って言ってすぐ寝ちゃったけど、ホントに夢の中で印税生活してたりしてw

でも、バカの「あきらめたらそこで試合終了」
ってゆう言葉を思い出して、またやる気を出したり
小学生のころ描いたマンガを読み直して
「今の自分は進歩してる」って、また、やる気を出したり

バカの言葉も、ヲタのヤル気もそんなに無駄づかいじゃなかったみたい^^


小学生のときのマンガに、今の自分がツッコむところは
小学生の描いた絵アルアルでおもしろかった^^
階段がジャングルジム、ビルが板チョコ、だったり、ってw

でも、エジプトの壁画だって
顔と足は横向いてるのに体は前を向いてたり
すわるとき以外はひざがまっすぐだったりするから
今のマンガだって進歩してるのかも?w

だからって誰も「エジプト人の無駄づかい」なんて言わないよね^^

ワセダとゴツモリ先生のBLはゴツモリ×ワセダかな?って思ったけど
ワセダがイケメンどSってゆう設定のほうが萌えるかもw


あと、Cパートのヤマイの中二病ボケと先生のツッコミがおかしかったけど
ヤマイはホンキで言ってたみたいで、中二病ってゆうか、電波系に近いかも?

「腕のほくろがドラゴンの紋章に見える」ってゆうボケに
「それはおひつじ座くらいムリがある」ってゆうツッコミがおかしかったw
星座って、ゼッタイそう見えないよね?
{/netabare}
{/netabare}
第3話「わすれもの」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
百井咲久は、その可愛らしい見た目から、周囲にいつも小さくて可愛いと言われ続けてきた。自分の容姿にコンプレックスを抱き、グレてやるとまるで尖ったナイフのように生きているのにも関わらず、周囲の反応は変わらない。そしてバカにロリというあだ名をつけられてしまい、事あるごとにあだ名を連呼されることに怒ったロリは、もうバカとは口を聞いてやらないと宣言するが、バカの巧みな誘導によって、つい返事をしてしまう。さらにはバカの嘘にまんまと騙されてしまい、ロリはバカに対して最高の悪口を言うのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
おばあちゃん子で小さな子どもみたいな性格なのに
それをかくそうってしてワルっぽく見せようってしてるけど
ぜんぜんかくせてない、そんなロリの回。。


夕食のお買い物に行ってバカたちに見つかってからまれて何とか逃げて
ハンバーグに必要なお肉の代わりにお菓子を買っちゃった。。
ってゆう、ホントに子どもみたい^^

そのショッピングセンターで、バカは床に寝っころがってたけど
高校生がやってたら、お店の人から注意されそう。。

ヲタとロボが引きはがそうってしてたところはマトモそうに見えたけど
そうじのおじさんまでつれてきたところは、やっぱりおバカw
こうゆう子ってホントにいそうだけど
そんな3人のコントに乗ってくるおじさんもおばかw

でも、マンガだから笑ってられるけど
リアルでやって、バカッターとかで炎上する子もいるから気をつけて☆彡


後半、ロリが忘れた体操着をとどけに来た、ひざが悪いおばあさんを
おぶってあげてたバカは、だけで気もちはやさしいみたい。。

ロリが、親の海外転勤についてかないで
おばあちゃんといっしょに残ったおはなしもよかった☆



今回も、おばかでおかしかったけど
ちょっといいおはなしで、イヤな気もちにならないおはなしだったと思う♪
{/netabare}
{/netabare}
第4話「まじめ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
高校受験当日、高熱をはじめあらゆる体調不良によって、志望していた高校に落ちてしまい、さいのたま女子高校に入学することになったマジメこと一奏。辛い3年間が始まると落ち込んでいたマジメだったが、入学式のクラス分けが貼られた掲示板に、ずっと憧れていた鷺宮しおりの名前を見つけ、奇跡が起きたと喜ぶ。しかし、そんな喜びも束の間、中学では一度として崩れなかったロボの表情が、バカによっていとも簡単に崩されてしまったのを見て、衝撃を受けるマジメ。マジメはどうにかロボとお近づきになろうと、バカの観察を始めるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
マジメ回。。

どうして頭がいいマジメが、この学校に入ったか分かってよかった^^
その代わり、どうして頭のいいロボがこの学校に入ったのか気になるw


でも、マジメ回なんだけど、ほんとはバカ回で
ロリがさし出したポッキーを、一口で半分以上食べて泣かしちゃったり
ファミレスで、大きな声で「ウン○ウン○」って言ったり、小学生みたい。。

いっしょにいてもいいことはないけど、おもしろいってゆうのがヲタの感想

マジメにノート借りてって、まじめすぎて眠くなったから写さなかった、とか
から揚げが好きだから、世界の通貨になればいいとか言って
マジメが、そうゆうのがウケるんだって思って
好きなロボに言ってみたら「意味が分からない。。」ってスルー^^;

でも、雨に濡れたまま帰ろうってするロボに自分のカサを貸して
「着衣のままぬれるのが好きなんです」って、ボトルの水をかぶったりしたら
ロボの評価は「おもしろい子」になってたから
バカのマネをする、って、いい案だったのかも^^

あと、木にのぼって下りれなくなったヤマイを助けてほめられたし
じわじわ、みんなの仲間入りをしてるみたい^^



Cパートで、細菌を育ててるシャーレを先生に取り上げられそうになって
「空気にふれるとヤッカイな細菌なので、取り扱かいに注意」って言ったら
先生は返そうってしてたけど、そんなあぶない細菌を学校に持ってきたら
没収だけじゃなくって、停学とか退学になりそうw
{/netabare}
{/netabare}
第5話「りりぃ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
バカたちのクラスに転入生がやってきた。転入生の名前は染谷リリィ。さらさらのロングヘア、ぱっちりとした大きな瞳、瑞々しくぷるんとした唇、扇情的な隆起を描く豊かな胸、きゅっとした細い腰に、すらりとした長い足、そして透き通るような白い肌という、リリィの完璧な美少女ぶりを見て、ヲタは思わず格差社会かと叫んでしまう。リリィはにっこりと微笑んで、自己紹介をするのだが、その内容が好き嫌いのくだりに入ったとき、その可憐な容姿からは想像もつかない斜め上の言葉が次々と飛び出していき……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ザンネン美人のリリィが転入してきて
いつの間にか、バカたちのグループに近づいてたおはなし^^


リリィは男性恐怖症で女子が好き
オスにさわるとアレルギー反応が出るんだけど
どうしてか、バカにさわってもアレルギー反応が出るの。。

でも、先生には服の上からさわっただけでアレルギーが出たから
それってやっぱり、ニガテなものアレルギーなだけなのかも^^


今回1番おもしろかったのは、やっぱりCパートかな^^

ふつうの人対中二病ってゆうのは
「中二病でも恋がしたい!」とか、いろいろあるけど
ボケのセリフが作りやすいのかも?

「親御さんを呼ぼう」って言われたら、すぐふつうになるって
本物の中二病じゃないよね。。
{/netabare}
{/netabare}
第6話「まじょ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ファミレスで、いつものようにバカのすごい話を聞いていたヲタとロボ。そんな三人に久条琥珀という見知らぬ少女が話しかけてくる。琥珀の話によると、双子の姉である翡翠が、バカたちと同じさいのたま女子高校に通っているのだが、とある事情で数えるほどしか学校に行っていないらしい。このままでは出席日数が足りずに、退学処分になってしまうかもしれない。翡翠にどうにか学校に通ってもらうため、バカたちに翡翠と友達になって欲しいという。話を聞いたバカたちは、快く友達になることを引き受けるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はマジョの回だったけど
趣味がドロドロしてるだけで、スナオでいい子だったね^^

それでバカって、ほとんど何にも考えてないから
誰とでも仲よくなれるみたいで、マジョともふつうに話ができてよかった

ただ、話はぜんぜん合ってなかったみたいで
この前のリリィのときと違くて、バカとはあんまりからまなかったみたい。。

その代わり、ヤマイとロリとはよくからんでたみたい?

ヤマイはこわがらせちゃったみたいだけど
ロリとは、スナオなところがあってるかも?

でも性格は、細菌を飼ってるロボのほうが合いそう^^

ただ、どっちもあんまりしゃべらないキャラだから
からんでも、あんまりおもしろそうなおはなしにならないのかも


あと、Cパートの転生あみだくじ。。バカの来世は「顔ダニ」だって^^

「顔ダニ」って調べたら、
「顔だけでも約200万匹がほとんどの人の皮膚の上に生息していて、ひとつの毛穴には5~6匹住んでいる」で「普段であれば悪さをしない常在菌の仲間で むしろ皮脂の量のバランスを保つのに役立っている」みたい、よかったね☆
https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/052600028/052600004/

あと、「何とかダニ」って名前にダニがつくと気もち悪い感じがするけど
それだと、のりのつくだにも食べれなくなりそう^^
{/netabare}
{/netabare}
第7話「やまい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
屋上の給水タンクの上に座って、人間はもっとプライドを持たなければならないとつぶやくヤマイ。そんなヤマイに話があるから降りてこいと言うワセダだったが、ヤマイはワセダの言葉には屈しないと返す。しかし、ワセダが内緒で饅頭を一つやろうと言うと、あっさりと降りていき、いつものごとく進路指導室へと連れて行かれる。ワセダはヤマイの包帯がいつもに増して多いことを心配していて、いったい何があったんだと問いかけるが、ヤマイは大したことじゃないから案じるなと反論し……。
{/netabare}
感想
{netabare}
中二病のヤマイとみんなの、1on1の漫才回で

おまんじゅうで釣ってヤマイとの面談して
包帯ボケ(実はアセモとかニキビとか消せなくなった落書き)に
ワセダ先生が、心と口でツッコむのがおかしかったw


それからUFOキャッチャーで景品を取れなくって
リア充カップルにバカにされてるところにマジメが来て取ってくれて
そのときの2ショットをSNSにUPして
リア充の仲間入りしてみたりw


ネットで買ったガスマスクを気に入ってたんだけど
マジョが出品したものだって分かって
戦争で死んだ人が使ってた、って分かって、気絶しちゃったり^^;


保健室に行ったら、養護の先生がいい人で
話を聞いてくれたから長話になっちゃった。。
でも保健室って、たぶんそうゆう生徒がいっぱい来てるから
先生も分かってて、中二病につき合うフリして教室に返されたり^^


ウラから顔を出す看板にはまって取れなくなってたらバカが来て
いっしょにはまって学校まで来るとか

成績の良かった部活の表彰式で
バカと拍手のさいごの一手を打つ競争をするとか
きっとバカの次くらいにおバカで気が合うみたい^^

おばかな勝負をマジメにするのって
「ベントー」とか「競女!!!!!!!!」みたいでおかしいよね^^


今回は校歌まで、ほとんどずっとクスクスが止まれなかった♪
{/netabare}
{/netabare}
第8話「みずぎかい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある夏の昼下がり、ファミレスに集まっていたバカ、ヲタ、ロボの三人。するとバカが、もしかして人生で一度きりの16歳の夏休みを無駄に過ごしている自分たちは、ものすごい贅沢をしているのではないかと話し始め、さらに女子高生が水着で武装すれば無敵じゃないかと語る。このあたりに海はないと返すヲタに、電車に乗ればすぐ海に行けるし、なんだったら海外でもと言うバカ。すかさずそんな金はないとヲタに一刀両断されるバカだったが、都合良く福引きで特賞が当たるなんてこともあるかもしれないと言い、三人は量販店に向かう。
{/netabare}
感想
{netabare}
おバカ女子高生のおはなしに水着回があるなんて、思ってなかったけど
やっぱり男子サービス回は必要だったみたいw

そんなに水着を着たかったら、入間川でも行ったらいいかもwって調べたら
7年前、入間川中3年の女子4人が夜、学校のプールに忍びこんで
金魚300~500匹を放していっしょに泳いだ、ってゆう記事をみつけたけど
もしかして、同じ埼玉だし、このマンガのモデルになったのかも?w


モテる女の「さしすせそ」は
ただのダジャレみたいであんまりおもしろくなかったけど
夜の学校でクラスメートが次々あらわれるところがおかしかったw

マジョの降霊術で、世界史で分からないところがあったから、って
偉人の霊を呼び出すところがおかしかったw

そんなことができるんだったら
ロード・エルメロイも降霊術で、イスカンダル大王を呼び出したらいいかもw

ほかにもよび出そうってするマジョにリリィが
「そうゆうのは家でやったほうがいいんじゃない?」ってゆうツッコミが
当たり前すぎてふいちゃったw

みんながそろって、水着もあって。。って
うまく行きすぎみたい。。って思ってたら
バカが考えた最恐の学校の怪談だった、ってゆうオチは思ってなかったw
{/netabare}
{/netabare}
第9話「おしゃれ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある日、スーパーで買い物を終えたロリは、帰り道で同級生をいじめている小学生たちを見かける。彼らにいじめをやめるように注意をするロリだったが、小学生たちは言うことを聞くようなそぶりもなく、ロリに対してどこの小学校に通っているんだと凄む始末。小学生に間違われたことに憤慨し、自分が高校生であると主張するロリ。しかし、小学生たちはロリの言うことをまるで信じようとしない。高校生ならもっと胸が大きいはずだと言われたロリはショックのあまり、買い物袋を落としてしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ロリがオシャレに目ざめたおはなしで
失敗ばっかりだったけど
いろいろやってみようって思うのはすごいな^^

にゃんは家にいるときは顔を洗った後に乳液をつけて
あと、ときどき眉毛をそろえるくらいだけど
眉毛を書くとき左右がズレておかしくなっちゃったり
リップをどこまで塗っていいかとか気になるから
週に1回くらいはYouTubeとか見ながらメイクの練習はしてるw


それから、リリィがロリのオシャレを手伝ってたけど
百合系女子だから、ときどきおじさん目線になるところがおかしかったw

でも、こうゆう友だちがいたら、コーデとかいろいろ聞けて
困ったときには助かるかも。。百合だけどw

あと、マジメのショートヘアのアレンジは参考になった^^
自分ではできなさそうだけどw


オタのおいしいもの食べてるときって、周りにメイワクw
ふつうの子かなって思ってたけど違かったw

リリィ(リリィって百合のことだよね^^)のガチ百合ネタに
オタの腐女子ネタを入れて、コントラストをつけたのかも?


それから妹の友だちが来て、引きこもってるマジョに戸を開けさせるのに
「あっ!半透明のマイケルジャクソン!」で開けたマジョがおかしかったw
それと、占いのカードの絵も、なにげにおかしかったw



今回は、笑えるネタはあんまりなかったみたいだけど
オシャレ教室はちょっと役に立ったかも^^

あと、ワセダ先生が出なくって、ちょっと気になったw
{/netabare}
{/netabare}
第10話「ろぼ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
廊下の掲示板に張り出された2年生に進級したときのコース分け。事前に文系か理系かを選択し、そこには選んだほうが記載されているはずにも関わらず、バカのところには未定と書かれていた。まだ進路希望の紙を提出してなかったのかと聞くヲタに対して、ちゃんと出したはずと答えるバカだったが、そこにワセダが現れ、お前は進路希望を意味を理解していないと、バカを進路指導室へと連れていく。進路指導室から教室に戻り、貴重な休み時間が減ったと喚くバカに呆れるヲタ。そしてふとしたことからバカとヲタの喧嘩が始まってしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ロボのおはなしだったけど、ヲタとバカのことも。。

3人が性格とか、ぜんぜん違うのに
いつもいっしょにいるのが、ちょっと気になってたけど
3人って、幼なじみだったんだね^^

ヲタとバカがケンカしたときに
ロボがバカのことよく知ってるなぁ。。って思った^^


天秤はよく分からなかったけど
鉛筆削りのカスとか、プチプチとか、針に糸を通すとか
オセロを全部自分の色にするとか、にゃんでも、ケンカを忘れちゃいそう^^

あとは、リンゴの皮とかも1回も切れないでむけたら気もちいいよね^^


あと今回は「男子高校生の無駄づかい」。。ってゆうか
ふつうだったらラブコメになりそうなんだけど
ラブギャグになって「友達の家はなぜほんのり臭いのか?」ってw

でも、友だちじゃなくっても、ほかの家って臭うよね^^
あと、修学旅行から帰ったときとかって、自分の家でも臭う^^

さいごは男子がコクろうってしたんだけど
なぜかBLオチになって、ヲタがアスナで
2人の男子がキリト、ユージオだったのもおかしかったw


それからヲタの好きな低所得Pが、実はワセダ先生ってゆうのが分かったけど
これっていつか、ヲタが気がつくのかな?

それとCパートで、いつものワセダ先生とヤマイのコントだったけど
ヤマイのキャラが変わってて、あんまりおもしろくなかった。。
{/netabare}
{/netabare}
第11話「ゆめ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
年末が近づいたある日、机に向かって漫画を描いていたヲタだったが、中々アイディアが浮かばずスランプに陥ってしまう。気分転換をするために、低所得Pの楽曲を聞き始めたヲタは、こんなに素敵な曲をどうやって作っているのか、作っている人はどんな人なのだろうと恋にも似た思いを馳せる。どうにかしてこの熱い思いを届ける方法はないかと考えているうちに、ヲタはかつて歌ってみたをやるために、機材一式を買い揃えていたことを思い出す。一度は難しくて挫折してしまった歌ってみただったが、低所得Pに気持ちを伝えるため、ヲタは再び歌い始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
ただのさえない先生が、あこがれの低所得Pだって分かったヲタが、
自分も低所得Pに負けないようにがんばろう!って思うおはなし。。


いつものおばかな日常系のおはなしをやりながら
ふだんは空気みたいに思ってた人が
実は、人生の中でとっても大事な人だった。。ってゆう感じで
オチがあるのかな?って思ってたけど、ふつうにいいおはなしだった☆


先生がヲタを追いかけて会場を出て
正体をあらわすところとか、ちょっとカッコよかった♪


ギャグはシュールでよく分からないのが多かったけど
ピーナッツの服を着た人が、変なコメントをするところがおかしかったw


あと、ワセダ先生って
あんなふつうの日常からいい曲を作るって
とっても繊細な気もちを持ってるのかも?

尊敬する人が、こんなに近くにいるっていいね☆
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 230
サンキュー:

36

ネタバレ

アレイ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

毎週見てる

8話視聴 {netabare}
夜にプール許可なんて出ないから夢オチと思ったら妄想オチだった。でも妄想オチだったとはいえ勢揃いでプール楽しんでるシーンが楽しそうでよかった。勢揃いで楽しんでると嬉しい気持ちになる。

バカの胸水増しは「だよねー!やっぱ、オチだったよね!(謎の安心感)」という気持ちになった。 {/netabare}

11話{netabare}
2人が会ったらどうなるんだろうかと僕もハラハラしてました。
オタ良かったね。一つ大人になれたんじゃないか?(^^)
オタとワセダの最後のノートのやりとりはいい締めでした。
最後のバカの占いは何だろ?
ギャグなくても全然いい話でした! {/netabare}

投稿 : 2019/09/13
閲覧 : 62
サンキュー:

13

ゴンザレス高山

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

是非二期を、1話できったらもったいないぞ!!!!

このアニメは1話の途中でノリが寒いような気がして1度観るのをやめてたけど、ふともう一度観ようと思いしっかり観て見たら2話からだんだんハマってしまった。
色々な女の子同士の絡みがあり、みんなキャラが立っていてどの組み合わせも面白い。
バカを嫌う人がいるけど、バカは最初好きじゃなかったけど話を重ねる毎に好きになります。噛めば噛むほど美味しくなるスルメタイプです。
またバカの原作にあるおそらくアニメの続きになるであろう話ではめちゃくちゃ泣いたし大好きになりました。(面白すぎて原作買ってしまった)
OPもEDも癖になる

9話の時点でもう終わりが近づいていることに絶望してる…みんな個性があって好きだぞ

投稿 : 2019/09/13
閲覧 : 59
サンキュー:

5

まさき

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

3話目までは、見て下さい!!

1話、2話と見て、見るのをやめようかと思いましたが
3話目でハマりました。

コメディ要素が大半なんですけど、友情あり、家族愛ありで
ホロっとさせてくれます。

学校生活、こんな友人が欲しいな、欲しかったなと思わせてくれます。

投稿 : 2019/09/13
閲覧 : 44
サンキュー:

4

eFGrK79102

★★★★☆ 3.2
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

おもしろい。

女子高生いらなくないか?と思えるギャグアニメ。
わたしのお気に入りは、OPです。耳から離れん。
現実的には中学生の会話に聞こえる(下ネタ除く)
アホ、中二、BL、百合、などぶっ飛んだ濃いキャラが登場するお話です。完全に視聴者を選びます。生徒会役員共が好きならどストライクかも。

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 47
サンキュー:

5

スワンa

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

別に無駄な浪費があったっていいのです。

個性際立つ女子高生達が繰り広げる笑いのある日常。

各々が主人公と成り得る程のしっかりとした世界と魅力を持ち、
互いが揶揄いながらも認め合う。またその生き方を決して根本
から否定することは無く、仲間として正面から向き合っている。
ここがこの作品の最も好きなところです。

ただ人を笑わせるだけのお馬鹿な作品に終わらず、それぞれの
個性がぶつかり合って生まれて来る笑いだからこそ、ちょっと
した感動さえも与えてくれるのだと思っています。

そして映像の拘り。第一話冒頭、ディゾルブを用いないマッチ
カット(正面から見たヲタの家と部屋)や一点透視図法の多用。
作画は基より技法に拘った映像など、凝った作りが印象的です。

アインシュタインはある時こう言いました。(えッ?)

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクション」と。

この作品で描かれる彼女達の自由な生き方や発想を時に軽蔑し、
一風変わった者と判断する者達こそ、固定概念に囚われ、見え
るべきものが見えなくなった『偏見の塊』なのかも知れません。

だからそれに拘らない彼女達の周りには、作り物では無い本物
の笑いがいつもある。結構真面目にそう思っています。(笑)

しかし二話のロボ「鈴木はパー」と七話のバカのパンツの話題。
「中二病」以来久し振りです、こんなにも腹抱えて笑ったのは。

因みにパンツが男女本格的に穿かれるようになったのは世界的
に見ても第二次世界大戦後の話です。有名な話として出てくる
豊臣秀吉のエピソードはあくまでもポルトガルからの献上品と
して。それを穿いた秀吉の姿はちょっと怖いものがありますが、
恐らく穿いてはいないと思います。また、今のパンツの姿とは
全く違うズロースの様な物だったそうです。実際に身に着ける
様になったのは、明治維新後の女性から。当時の着物文化には
必要の無いものだったんですね。ご参考まで。(笑)

※2019/9/8 視聴中の為、配点はあくまで暫定です。

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 44
サンキュー:

14

ネタバレ

Progress

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

女子高生の無駄づかい レビュー

ー---------ー---------
introduction(公式サイトより引用)
浪費する、青春――。
WEBコミック誌「コミックNewtype」で大人気連載中の
学園ガールズコメディが待望のTVアニメ化決定!

ちょっと残念な女子が集う、さいのたま女子高校を舞台に、
とてつもないバカ・田中(通称:バカ)、
アニメや漫画を愛するオタク女子・菊池(通称:ヲタ)、
いつも無表情でロボットのような少女・鷺宮(通称:ロボ)を中心に、
個性豊かで魅力的な仲間たちが、女子高生というキラめきに溢れた青春を
無駄に浪費していく抱腹絶倒のJK学園コメディが今、幕を開ける!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず言わなきゃいけないのは、これがコメディとして面白いことです。
ほとんどが「伝わる」ネタで構成されており、別作品のオマージュによる「わかる」ネタではないように思えます。
テンションの上下であったり、勘違いネタ、痛いキャラに突っ込みを入れるネタなど、日本の漫才的な要素が含まれているように思えます。

なぜコメディとして面白い、密度が高いという感情を理由付けしたいのではありますが、作品中におけるネタのボケとツッコミの関係の成立を一つ一つを説明するのは手間です。
そこで着目したのは、「伝わる」ネタと「わかる」ネタの違いについてによって、ボケとツッコミの関係を考えてみます。

例として、ポプテピピックのような、わかるネタによって構成されている作品は、ボケが作品であり、ツッコミが視聴者です。つまり、ボケに対して視聴者はボケを「わから」なければいけません。(作品によるボケは、登場人物だけでなく、場面によってもボケを作っています)
分からないネタが入ることによって、時間的に笑いの密度は下がっていきます。(ポプテピは、そこを補完する声優交代方式など、万人に面白さを伝わらせる仕組みを作ってはいましたが)

一方で、「伝わる」ネタは、別作品を見ていなくても面白いネタです。伝わるネタの仕組みは、作品中にボケとツッコミの人物が存在します。作品中では、一般的なことからかけ離れた事をいうボケに対し、ツッコミが秀逸な「返し」で落とす。これの連続がすべてわかることによって、笑いの密度が高く感じるのだと思います。そして、このボケが滑っていないこと、ボケがわかりやすいという要素によってこの作品の笑いの連続、密度の高さが維持されているのでしょう。

(蛇足ですが、この作品の、電車内での他愛のないバカ会話という、場所に関係ないネタ、ポプテピのように場面まで作ってオマージュでボケる作品によるネタ、この違いも、作品構造において重要な物があると思いますが、今は回答を保留しておきます。)



さて、本題として話したかったのは、「無駄遣い」部分について。
タイトルに縛られる方式は好きではありませんが、確かに時間の無駄遣いだと、内容からタイトルの意味へフィードバックされた感があるので、少しまとめます。
まず、作品の内容、物語としては、登場人物たちが、女子高生の横の繋がり(edにおける人物が横に流れる演出から想起される)を描く、友達としての会話の中でとりとめのない日常(密度の高いコメディ)が進行します。

ここにおいて、とりとめのない日常など、過去の作品を見れば、いくらでもあるじゃないかと言えばそうなのですが、私がこの作品で評価したいのは、登場人物それぞれが、女子高生の世界と別の世界を持っている事を描くことに成功している事だと思います。

例えば、オタに関して言えば、腐女子世界やボカロ世界といった世界を持っています。ロボに関して言えば科学全般の世界です。ロリは家族の世界等々、色々な世界があります。なぜ趣味と言わないのか、と言えば、ロリを参考にすれば、おばあさんとの生活は、趣味ではないからです。バカは、普通の人には思いつかないバカの考え方によるバカの世界(世界の見え方が、バカは考え方によって変わっていること)があります。

そして、そのジャンルに関連してメインの物語が進行する、というわけではなく、あくまで作品の主軸は女子高生の世界にあり、登場人物達はその世界に入りこもうとはしないのです。(教養小説のように一つの分野に主人公が入り込んでいき、人間的に成長するという事が今作品にはないのです。)

ボケとツッコミの話に戻れば、ツッコミが女子高生世界の住人であり、ボケは別世界が行っています。
簡単にロリのストーリーからそれを考えていきます。ロリはおばあちゃんとの世界の住人であり、その世界で育成されたロリの閉鎖的な一面、つまり普通の女子高生より擦れておらず、化粧の仕方もわからず、下着の知識も乏しい。そういった、別世界によって作られたキャラクター性を、女子高生世界の住人達が、驚きというツッコミによってコメディとし、物語を進行させています。

また、ボケとボケによるボケの重ねにツッコミという少しレベルが上がったネタがあり、女子高生世界に別世界の住人二人と、女子高生世界のツッコミ一人というトリオ構成が、この作品では多いのです(opの三人でジャンプのシーンから想起される)。

こういった、登場人物一人ひとりの世界を作りつつ、女子高生の世界の中に複数の世界を収めてコメディな日常を進行させるという、作品を全体で見たときの面白さがあると感じました。(これは、「けいおん!」に代表される女子高生が特定の趣味に没頭する作品と、構造が違うところが、私の興味を引いた理由なのだと思います。)

コメディの話にそれましたが、話を戻すと、それぞれの登場人物が、それぞれ別の世界を縦軸に持ち、高校というコミュニティの中で世界が横軸に会話の回数や時間によって接続しあっているのにも関わらず、なにか物質的なあるいは芸術的な創造が全くなされることがない、相関関係がないことから、確かに無駄遣いというタイトルは適当であると。

しかし、彼らのZ軸、関係軸というのが適当かはしりませんが、視聴者が視点を変えることによって見えてくる、横軸とZ軸のとの相関関係を感じることもできるのではないでしょうか。それは、物質的または芸術的な、五感によって感じるものではなく、人間のかかわりあいの中に感じる関係性の深さ、友情と呼ばれる物を、各話によって描かれる繋がりの回数や出来事によって得ることができるのかもしれません。

ただそれぞれの縦軸と横軸に相関関係がないことから、あの日常の中で一つの世界を深めるようなことによる、社会的文化的価値の創出が描かれていないのですが、Z軸を価値のあるものをして、もしくは「尊さ」と言われる友情の判断基準を使うと、この作品の人物達のコミュニケーションの価値が、作品の価値の一つとして提示できるのではないでしょうか。この価値基準は、特定の趣味に没頭する女子高生たちが深める友情の尊さという物と同じ軸にあるとは思いますが、友情の深め方の違い、過程の違いがあるという事、とりとめのない日常に存在する友情という物が、果たして一つの事に没頭して生まれた友情(文化的な縦軸とも関係性が生まれた物)と優劣をつけていいものか、そんな疑問を問いかけてくる作品だと思います。

投稿 : 2019/09/07
閲覧 : 89
サンキュー:

20

ネタバレ

古川深夜

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

評価できるいい作品

まあ ボケも面白いですし
一番驚いたのは 終盤になったときの演出が素晴らしいと思います ホルマリン漬けにしたチョコバットをみて一生忘れないとゆう ラストや 表現がうまいのが驚きましたね センスもある

投稿 : 2019/09/07
閲覧 : 48
サンキュー:

2

ネタバレ

KANO

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ほんまアホやで

7話まで視聴

7話流石に笑いました。ここが勝負回でしょうか。
教師も大変ですね、本当にこんな生徒いたら。
にしても面白い回でしたね。最後まで笑わせてください。最後に大阪弁で
ほんまアホやで

9話迄視聴
リリィのあだ名はなるほど、今頃気付きました。
それにしても二人揃ってハァハァ言うなよ(^^)

投稿 : 2019/09/06
閲覧 : 80
サンキュー:

15

(*´ω`*)

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

おもしれーアニメ

じわじわくる面白さ
主役の「バカ」を演じる赤崎千夏さんの声を聴くと安心します
愛嬌があるのに、どこかウザい
ハマり役だと思います

どのキャラも個性に溢れ、後半になる程面白くなる
次話が待ち遠しい!


第8話の「みずぎかい」はアニオリ回なんですね
キャラ設定がしっかりあると、勝手にキャラが話を作り始めるんでしょうか?
話の構成もひねりがあって好きな回でした。

投稿 : 2019/09/05
閲覧 : 44
サンキュー:

4

SHVPc23999

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

おもしろい!

各キャラのバランスがよくテンポよく
観れます。

投稿 : 2019/09/03
閲覧 : 33
サンキュー:

3

小田原富士夫

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:今観てる

ばか 大好き~

ばか 大好き~。
笑える楽しいアニメです。おすすめ。

投稿 : 2019/09/03
閲覧 : 33
サンキュー:

2

Wraith

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

『日常』をリアルに寄せて、女子高生の設定を有効に使ったアニメ。
疲れなくて良い。気楽に観ていられる。
OPクセになる。

ぐはぁロリ可愛いなぁ(見た目じゃなく)。傷つけまいとするクラスメイトも優しくて良い。

半透明のマイケルジャクソン?

投稿 : 2019/09/01
閲覧 : 35
サンキュー:

1

便座カバー

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

面白い!

最新話まで視聴 キャラが立ってて結構面白いです笑笑 毎週楽しく見させてもらってます

投稿 : 2019/09/01
閲覧 : 50
サンキュー:

4

四文字屋

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

馬鹿三昧ww

「劇的でなければならない!」
という青春のひとときを、
何の刺激もなく、茫洋と生きる女子高生の群れ。

何も起こらないという
「すっごい事件」を体感し続ける、
とくにフォーカスの当たっている8人の夢のように他愛ない日々。

これはもう、
いいとか悪いとかいった価値基準では
到底語れない、
人の生き様の極北を描いて、
戯画に仕立てて、
若さを、生きることを、儚んでいるのだ・・・

なんてことは、
全然無いゾ。

変な奴らが、刺激(=男子生徒)のない女子高に吹き溜まったらこんなふうになってしまうという、
まあ教訓といえなくもない・・・
要するに、
みんな遠慮なく馬鹿に成り切ると
それだけで
みてて笑いが止まらないってことなんだ。

投稿 : 2019/08/29
閲覧 : 70
サンキュー:

27

のんちくん

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

今期はこれ一本ループだわ

どんな名作でも、やはりギャグには負けてしまう。
そう思う人間である。

しかし、ギャグや漫画のような笑いというものが、存在すら否定する人もいるくらいだから、ましてJKなど意味のないくだらないものとか思っている人はいてもいいけど、口にはするな。

あと、ギャグならいいって人間でもないからな。
これを読んで、先走るのはやめよう。

ネタはベタで突っ込みたい人は多いだろう。
しかし、その新しさは映像にしないとわからないものなのだ。
想像と類似してはいても、同一ではない点に注意してほしい。
ギャグだけじゃないけど。

投稿 : 2019/08/27
閲覧 : 66
サンキュー:

10

Redils

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

待ち望んでいたのはこんな感じの日常系

原作:『ニコニコ静画』⇒『コミックNewtype』連載中
制作:パッショーネ

原作未読⇒アニメ視聴中に上記サイトで無料公開分はチェック

女子高生の日常系なんてにわかアニメファンの私でも相当の数の作品に触れてきたけど、また量産型かと思いつつ視聴

部活物ではありません。タイトル通り女子高生物ではあります。しかし無駄づかいです。残念な方です(笑)

かなーり笑えます。作画も安定しててなんかかわいいと思えてくる…

あえて作品名を出してしまうが『帰宅部活動記録』や『てさぐれ部活ものシリーズ』で味わった物足りなさがこの作品には無い

プロによるアニメ化の情熱の差とでも申しましょうか。センスがいい!

しいて言えば声優さんの演技はちょっとキャラと同化出来ていない部分が感じられます(個性的すぎて難しそうだから無理もないか…)

今季は秀逸な女子高生物が多くて大変だけどきっとこの作品は完走確定かな(笑)

評価は暫定デス

投稿 : 2019/08/26
閲覧 : 54
サンキュー:

10

ネタバレ

しゅう

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

毎回楽しみ

8話まで視聴済。
ありふれた異世界ものより数倍面白いです。
ホントくだらないんだけど、シュールなお笑いが好きな自分にはツボでしたd('∀'*)
特に7話は序盤から飽きさせず神回かと…
やまい&わせだ、やまい&バカの絡み最高でした✨

投稿 : 2019/08/26
閲覧 : 37
サンキュー:

7

三突

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

ぶっちゃけ面白い

スルーしてましたが途中の1話みたら面白すぎて1話から見直してみるとなかなかするめの様な面白さが楽しみが1つ増えましね~♪
なかなか楽しいですねこれは
以外とOPがめっちゃいい感じでですね

投稿 : 2019/08/25
閲覧 : 44
サンキュー:

3

ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

3話。「男子高校生の日常」の女版だな。

1話。
まぁ「男子高校生の日常」の一部として「女子高生は異常」というのもあったけど。
主人公のバカが異様に男に飢えてて、終始彼氏欲しいと言い続けたまま終わった。百合厨はさようならするしかない。でもロリちゃんはかわいかったが。

この辺が中堅なら夏アニメは大丈夫だね。このアニメがもし春だったらぶっちぎりでトップだっただろう。ほんと春アニメは地獄だった。

主人公はバカ役やらせたら天下一品の赤﨑さんだし声優陣はがっちりはまってる。

作画が妙にしっかりしているが、さすがひなこのーとのパッショーネ。

2話
やっぱこれギャグが微妙だな…ハズレが多い。
{netabare}小学生の絵あるある{/netabare}はちょっと笑ったけど。

3話
Aパートはカメラ動かし過ぎで酔うw
{netabare}今回はロリ回でロリ分を堪能した。おばあちゃんのツッコミが有能。
Cパートはいつも中二病の子なのか。{/netabare}

【総評の準備】
メイン3人のバカ・オタ・ロボのキャラが「日常」のゆっこ・みお・麻衣と全く同じなのが気になる。
インタビューでは作者はあずまきよひこ先生、増田こうすけ先生(原作絵はギャグマンガ日和にかなり似てる)、うすた京介先生を尊敬していると言っているが、あらゐけいいち先生は挙げないでいいのかと思った。

最初、今期では中堅クラスの作品だと思っていたが、今期もまた不作なのでこれがトップクラスになってしまった。逆に言えば春は女子無駄のような作品が無かったから不作だった、と言ってもいいかもしれない。
女子無駄は「三ツ星カラーズ」くらいの作品だと思うんだけどね…今はその程度のアニメすらめったにない。

投稿 : 2019/08/24
閲覧 : 177
サンキュー:

7

アニメ好き

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

1話2話でギャグが面白くないと思ったけどだんだん面白くなってきた!主人公達3人がいない回ほど面白い。7話はだいぶ面白かった

二話までの感想
一言で言うならアニメ「男子高校生の日常」の下位互換。
上記アニメを目指して作ったっぽいが肝心のギャグや笑い所がクスリとも来ないので、どうにもなら無い 日常系ギャグアニメでギャグが滑ってたら見るところがない
声優さんが実力があってクオリティ高い気がする
2話のCパートは良かった
OPは今期一番センスがある気がする、OP見て解散する感じにしようかな

5話まで見ました。
相変わらずアホの子がアホすぎてイライラするレベルなのと、他二人も魅力がないのですが
主人公3人組以外のサブキャラが良い感じです。
釘宮 中二病 男性恐怖症 イケメンムーヴ女子 など色々なキャラが出てきて、退屈しません
特にCパート担当の中二病と先生の会話がお気に入りです。
1話2話が嫌いだったので
主人公組があまり絡まなければ普通に面白い日常ものになるのかも?見る人の好みですかね。

7話は神回でした!初めて主人公のバカが生きた回かも
サブキャラが絡まないと主人公3人組が空気のような感じになるのはどうかと思うが、
これからもサブキャラメインで話しを進めていってほしい

投稿 : 2019/08/24
閲覧 : 70
サンキュー:

5

ネタバレ

けいぴぃ

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

レビューの無駄づかい

女子高生のノリをそのままアニメにしたような作品だな。

{netabare} 同じクラスの生徒に勝手にあだ名つけたり、 勝手にキャラ付けしたりして、{/netabare}
こういった行為がカーストを生み
イジメにつながったりするよな。

あとまだ一話しか観てないけど、あの先生どうなん?
先生は普通でも良いと思ったけど。

ただopが面白いクセになりそう

第2話視聴
1話より面白かった
あの先生もそこまで悪い人じゃなさそうだ。

6話まで視聴
一話以外は面白い
真面目やロリも可愛いけど
ヲタが何気に可愛い一番好き
しかも主要キャラで一番まともなのは
ヲタだよね。

投稿 : 2019/08/23
閲覧 : 139
サンキュー:

9

moto1115

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

OPは中毒性あり

だんだん面白くなってきましたね。
OPは最強ではないでしょうか。
DLして毎日聞いてます。中毒になってます。

投稿 : 2019/08/22
閲覧 : 43
サンキュー:

3

次の30件を表示

女子高生の無駄づかいのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
女子高生の無駄づかいのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

女子高生の無駄づかいのストーリー・あらすじ

ちょっと残念な女子が集う、さいのたま女子高校を舞台に、とてつもないバカ・田中(通称:バカ)、アニメや漫画を愛するオタク女子・菊池(通称:ヲタ)、いつも無表情でロボットのような少女・鷺宮(通称:ロボ)を中心に、個性豊かで魅力的な仲間たちが、女子高生というキラめきに溢れた青春を無駄に浪費していく抱腹絶倒のJK学園コメディが今、幕を開ける!(TVアニメ動画『女子高生の無駄づかい』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年夏アニメ
制作会社
パッショーネ
公式サイト
jyoshimuda.com/
主題歌
《OP》田中望(CV.赤﨑千夏)菊池茜(CV.戸松遥)鷺宮しおり(CV.豊崎愛生)『輪!Moon!dass!cry!』《ED》田中望(CV.赤﨑千夏)菊池茜(CV.戸松遥)鷺宮しおり(CV.豊崎愛生)『青春のリバーブ』

声優・キャラクター

赤﨑千夏、戸松遥、豊崎愛生、長縄まりあ、富田美憂、高橋李依、佐藤聡美、M・A・O、興津和幸

スタッフ

原作:ビーノ(KADOKAWA「コミックNewtype」連載)
総監督:高橋丈夫、監督:さんぺい聖、シリーズ構成:横谷昌宏、キャラクターデザイン・総作画監督:安田祥子、サブキャラクターデザイン:古川英樹/番由紀子/満若たかよ、監督補佐:橘紗央莉、美術監督:斉藤隆博、美術設定:中村嘉博、色彩設計:鈴木咲絵、撮影監督:山本弥芳、編集:丹彩子、音響監督:明田川仁、音楽:菊谷知樹、音楽制作:KADOKAWA

このアニメの類似作品

この頃(2019年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ