「女子高生の無駄づかい(TVアニメ動画)」

総合得点
83.1
感想・評価
712
棚に入れた
2762
ランキング
280
★★★★☆ 3.8 (712)
物語
3.8
作画
3.7
声優
4.0
音楽
3.7
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

女子高生の無駄づかいの感想・評価はどうでしたか?

やまと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

カレーが食べたくなるBGM!、笑

これもギャグアニメなんだけど
男子高校生の日常
女子バージョンみたいなイメージです、
勝手なイメージですけどwww
キャラクターがめちゃめちゃ個性的すぎて
それがいい味出してるのよね
バカとかロリとかロボとか割とストレートでおもしろいなまえなので覚えやすいですよね!!
そして舞台がまんま地元なのでしびれました
しってるところばっかりなのでそこも楽しめました!!
オープニングはほんとに中毒作品ですね
カレーが食べたくなるBGM!!wwwっ

投稿 : 2021/07/12
閲覧 : 25
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ボク的真実(妄想)

バカだ…

超が付く程のバカだ…

こんなにバカバカしく、ただ笑わせて貰った作品は
「行け。稲中卓球部」以来かもしれない…。

しかも、女の子のキャラ達でココまでやるとは…。

「けいおん」で抱いた女子高に対する淡い、
恋にも似た感情を、モノの見事に打ち砕いていった…。

なんと言うコトでしょう…。

我が国の女子高ではココまでハイレベルな
おバカの応酬が繰り広げられているというのか…。

あれだけのコトが繰り広げられているというのであれば、
我が国の流行が女子高生によって作られているという
どこかで聞いた話も納得せざるを得ないのかもしれない…。

しかし…

気づいた…

ボクは気づいてしまった…

この作品はそれだけではないというコトを…

この作品のバカバカしさのウラに隠された意図を…



きっと…

きっとこの作品は…

あの超有名作品…

「SLAM DUNK」のキャラ達への

リスペクトが含まれているのだとっ!!

分かってしまった…

それぞれのキャラがリンクしているのだと!!


バカ(田中)=桜木花道
言わずと知れた主人公。無自覚であるが故に
突拍子もない行動をするが、潜在能力は超一級品。
コイツが成長するたびにチーム(グループ)もより
(バカ的に)強くなっていく…。コイツが自分で
「(バカ的に)天才ですから…。」と言ったとしても
誰も文句は言わないだろう…。

オタ(菊地)=宮城リョータ
チーム(バカ達グループ)の司令塔。
コイツの采配(ツッコミ)によってバカ達攻撃陣が活きる。
その上、自身でも切り込める(ボケれる)チカラも持つ。
コイツの能力(巨乳)を過小評価し、
いつでもブロックできると思っているとイタイ目にあう。
今はただのグッドプレイヤー(隠れ腐女子)だか、
周りの影響でナンバーワンプレイヤー(真性腐女子)として
世に認められる日も近い。

ロボ(鷺宮)=赤城剛憲
チーム(バカ達グループ)の精神的支柱。
コイツがいないとチームがまとまらない重要なバランサー。
厳しい檄(ツッコミ)を飛ばしチームを引き締める。
絶対的な守護者としてチームを守る。そして
あまり表には出さないが、チームを一番愛しているのは
バカでもオタでもなくコイツ。

ヤマイ(山本)=流川楓
桜木(バカ)と双璧を成す天才(バカ的な意味で。)
特化した攻撃力(バカさ加減)は桜木(バカ)にも勝る。
異常とも言える情熱(中二病)はもはや誰も止められない。
コイツはいつでもパス(友情)が来るのを待っている。

マジョ(九条翡翠)=三井寿
引きこもっていた時期があるため、体力はあまりないが
コイツのセンス(天然さ)は流石の一言。
コイツのシュート(ボケ)はスゴすぎて皆が引くレベル。
飛び道具(オカルト趣味)は他の追随を許さない。
「先生…バスケ(みんなでワチャワチャ)がしたいです…。」
と言ったのはあまりにも有名。

リリィ(染谷)=牧伸一
現ナンバーワンプレイヤー(モテ女子的な意味で)。
テクニック(女子力)がスゴいがパワー(おっぱい)もある。
ライバルポジでチーム(バカ達グループ)に立ちはだかる。

ロリ(百井)=清田信長
桜木(バカ)といつも小競り合いをするライバルキャラ。
桜木(バカ)の突拍子もない行動に振り回されがちだが、
コイツ自身の攻撃力(無邪気な天然)もなかなかのモノ。

マジメ(一)=高砂一馬
赤城(ロボ)程のインパクトはないが、
アタマが良く海南大付属をウラから支える技工派。
地味であまり目立たないが、後方では
イイ仕事(巨乳的な意味で)をする。

きっとこの作者はっ、

「SLAM DUNK」愛からキャラの着想を得て、

その愛をそれぞれに込めたに違いありませんっ!!

二期があったら他のキャラ達も出てくるコトでしょう…。

(今度SLAM DUNKが映画化されるみたいなコト聞いて、
無理矢理やってみた全部勝手なこじつけです…。)

なんていう妄想するくらいしか感想が書けない程に
バカバカしさのオンパレードでした。

OP曲も含めてすんごいインパクトで、落ち込んで、
バカ笑いして吹き飛ばしたい時には
この作品を見ようと思います。

ヤマイとワセダのやり取りはサイコーに面白かった!!

ただ、水着回の田中(バカ)の巨乳(願望含む)は
コレじゃない感がハンパない…。

投稿 : 2021/06/12
閲覧 : 100
ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

!!嫌いなキャラがいない!!

女子高生の無駄遣い 

物語 ★★★★☆

キャラ ★★★★★

ギャグ ★★★★☆

感動  ★★★☆☆

鬱   ☆☆☆☆☆

音楽  ★★★★☆

【良かった点】
・キャラ設定が良かった8人皆キャラが被らないそしてそれぞれの個性が飛び抜けている。またこれだけ多種多様でキャラが濃いと必ず好きになれるキャラも見つけられる

・露骨な顔芸ネタ、下ネタに走らないのもまた良かった

・私はこの作品の1つ前に見た『琴浦さん』より、このアニメの方が感性にあっていたのか、めっちゃ笑った。

・ギャグの他に軽い百合シーン(百合キャラがいた)があったのも良かった。

・前半はギャグ10.11話は感動回もある、ほんと色んな感情を味わえるので見てて飽きない。

・opの音楽センスが神!

【悪かった点】
・超おバカキャラには好きになれない人が多いいかもしれない。特にスーパーでねっ転ぶシーンは何してんの?って感じになる。おバカというよりはただの非常識人間、、、、って思った。

ーー
感想: いやぁ〜凄く面白かった!ギャグセンスも自分好みだし、嫌いになるキャラがいなかった。

やっぱ途中で挟む百合はいい!
ロリちゃん可愛い(*´`)
アニメ見るとどんどん百合にハマってしまう笑。
私もこんな風に青春謳歌したいな、現実で落ち込んだ時また見よ𓂃𓈒໒꒱‪𓏸

投稿 : 2021/05/21
閲覧 : 55
ネタバレ

GAMMA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

男子が考えた理想の女子高

【視聴の動機】
日常系っぽかったから

【概要】
女子高を舞台に繰り広げられる日常系ギャグアニメ

【雑感】
この作品はクスッと笑える。

顔の良さを売りにしている芸能人が
漫才や落語の芝居をしているとき、
とても薄ら寒い感覚を抱いたことはあるだろうか。

前述の事象から、かわいい人、カッコいい人に
笑いを求めること自体間違いだと思っていた。
だから、本作の視聴を開始するときも日常パートだけ
楽しんで、アンニュイな時間を過ごせればそれで満足だった。

でも今回は私が間違っていた。
登場人物は、総じて黙っていれば美人なのに、
漏れなくどうしようもないバカで芸人気質である。

久しぶりにギャグだけで勝負しているアニメを見たので感動した。

【オススメする視聴者層】
お笑い芸人のネタ番組が好きな男子学生
お笑い芸人を志す人

【今後について】
原作コミックを買ってしまうかもしれない。

投稿 : 2021/05/19
閲覧 : 149
サンキュー:

16

ネタバレ

もも さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

勉強

最後の話しは深い意味があるのではないか。勉強しなけねば、どんな結果があるか。それは残酷な現実だ。
勉強するべきのとき、ちゃんと勉強するはずだと思う。勉強の重要性はもちろん、アニメを見ることも重要だ。
超面白いアニメだぜ。

投稿 : 2021/05/16
閲覧 : 84
サンキュー:

3

特にありません。 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

笑っちゃいます。

非常に変わった女子高生達の日常のやり取りを、
頭も心も空っぽにして見る事が出来る作品です。
キャラクターも良い形で個性が表現されています。
思った以上に楽しめました。
笑いもストレートで、素直に笑っちゃいます。

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 75
サンキュー:

4

コタロー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女子校生活?

この作品は見る側のコンディションでも分かれる作品だと思います。
男子校のワタシには女子校がどうなのかわかりません。
しかし、元気の良い娘だと思います。

歌がいいですね
楽しくなります。

元気の無いときに見るほうがいいかも・・・

投稿 : 2021/03/14
閲覧 : 92
サンキュー:

1

Hatomy さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こんな感情が芽生えるとは

ノリが好きで
楽しく視聴していました
JK達が みんなとても可愛い

後半 あれ?
いつもと流れが違う
あたたかい気持ちになり...
最終話は感動すら覚えました

もちろんお気に入り棚に

投稿 : 2021/03/13
閲覧 : 114
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもしれー女

気に入った。声優繋がりでキルミーベイベーが好きな人にオススメできます。自分的には「糸色望のいないさよなら絶望先生」みたいだと思いましたね。
キャラ個性が飽和しない程度に詰め込まれていて絡みが非常に楽しいです。

投稿 : 2021/03/05
閲覧 : 71
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

残念なJKたちのくだらない日常

原作未読。最終話まで視聴。

個性豊かなJK8名と担任教師の、日常系学園コメディ。
少し(?)残念なJKたちの、くだらない日常に、笑いが止まりません。

個人的なお気に入りは、{netabare}バカがヒラメキで考えたあだ名が、クラス中に浸透してる{/netabare}点。

豪華声優陣によるテンション高めかつ、テンポの良い演技が本作の魅力です。

あと、ワセダも良いですね。
ヤマイと真面目に向き合っているシーンとか最高です。

投稿 : 2021/02/11
閲覧 : 388
サンキュー:

58

ネタバレ

アニメ量減らしたい さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アホさ加減がくせになる。

【2019年9月~】12話

残念な女子高生のJK学園コメディ。
何も考えずに笑って観れる○

田中(バカ)、菊池(オタ)、鷲宮(ロボ)の3人組を中心にバカバカしい1話完結系で見やすい。

反抗期中の良い子(ロリ)
重度の中ニ病(ヤマイ)
体と頭が弱い優等生(マジメ)
男性アレルギー百合ガール(リリィ)
コミュ障オカルトマニア(マジョ)
JD大好き担任(ワセダ)*実はオタの好きなアーティスト/低所得P

と濃ゆい面々。
ワセダとヤマイなどの問題児との面談がツボ。

1クールに1作品欲しいくすくす枠(笑)

投稿 : 2021/02/10
閲覧 : 81
サンキュー:

8

よっぴ~ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なめてました!

キャラがバカ、BL、ロリ、グロ、中二病、etc...みんなすごくてかわいいです。
学園ストーリーでこんなに楽しくって、二期が楽しみなのは、「からかい上手の高木さん」以来かも
あっという間の全12話でした。

投稿 : 2021/02/05
閲覧 : 44
サンキュー:

3

ハムレック さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:----

タイトルなし

opの中毒性高いそして11話は必見です

投稿 : 2021/01/28
閲覧 : 106
サンキュー:

9

ネタバレ

にゃんにゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:----

バカが笑いのツボです。

1話2話くらいは

笑いのツボじゃないかな?
と思いましたが
3話くらいからこのシュールギャグに
ハマりました。

バカの行動が本当に面白くてゲラゲラ笑いました。
最終回のバカが留年しそうになる話。

素晴らしいコメディーは
キチンと人間ドラマが描かれてるから
すこししんみりしましたを。

こういったコメディーは本当に大好き。

投稿 : 2021/01/07
閲覧 : 100
サンキュー:

6

ケンシロウ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラが立ってる

キャラ全員が深刻なレベルで特徴があって飽きない。
シュールなコメディアニメとして非常に面白かった。

投稿 : 2020/11/19
閲覧 : 80
サンキュー:

2

はなちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラクターの個性が強い

主要人物3人ともに個性が強いが、その他に登場する人物も確りとした個性を持っています
また、キャラクターが多い割には、各々の個性も特徴的で絡みが多いので好みにハマるキャラクターを見つけやすいかもしれません

ただ、萌えとした観点ではなく、あくまでも面白い個性のキャラクターが多いので、そういった事を求められておられる方には残念感があるかもしれません

日常系で様々なキャラクター層を楽しみたい方にはハマれる作品となっております

投稿 : 2020/11/17
閲覧 : 57
サンキュー:

4

ネタバレ

takigawa さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アホの娘集団、楽しいっす

漫画原作だそうで最初の数話のみ読んだような記憶が…

2話まで視聴

アホの娘集団っすね
特大が一人居ますが、周囲も結構なお点前です
楽しいです

今時 {netabare} ジャスコ{/netabare}は無いだろう
と思って調べたら、原作の大元はweb発表作だそうで
その頃の名残なんでしょうな 
{netabare} ジャスコのイオンへの業態転換 {/netabare}
は2011年2月28日だったそうで

視聴継続

視聴完了

2019年夏1位っす 楽しめました
アホが複数だと足し算ではなく掛け算になりますね

投稿 : 2020/11/03
閲覧 : 106
サンキュー:

5

秋月双真 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

★★★★☆☆

おもしろかった。
ワセダが意外といいやつ!

投稿 : 2020/10/10
閲覧 : 52
サンキュー:

2

よいよい さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

めちゃくちゃおもろかった笑 

投稿 : 2020/10/10
閲覧 : 64
サンキュー:

2

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最初は観る気なかったんだ・・・

最初は観る気なかったんだ・・・。


某アベマなTVでやっていたのをチラ見、チラ見の連続で、大部分を視聴。
そのうちに全話視聴。


これは・・・、
なんていうジャンルに入るんですかね。

女子高生日常系コメディ?
ナンセンス?スラップスティック?

よくわからいないな。



その名のとおり「女子高生の無駄づかい」というジャンルと言われた方が納得できる気もする。


複数の女子高生の学生生活と日常を描いたアニメなんだろうけど、
クセが凄い・・・。

苦手なネタにあたると好き嫌いが出てくるかもしれませんが、
それぞれのキャラクターにすごいクセがあって、そこを楽しめれば勝ちです。

田中(バカ):清々しいほどのバカ。愛嬌もあるがこの娘を好きって人いるかな?

菊池(ヲタ):漫画家志望、ボカロ曲好き、これだけでヲタって呼ばれてるのか?

鷺宮(ロボ):無表情キャラ、変なものを飼育している、意表を突いたツッコミ、時に人間離れした挙動。割と好きな人いるかもネ。

百井(ロリ):少女っぽい高校生、ばあちゃん子、遅れてきた反抗期、いい子、うぶ。リリィとセットになると特定の層に絶大な人気ありそう。

山本(ヤマイ):中二病全開。

一(にのまえ)(マジメ):一番まともと思いきや、いろいろと・・・。この娘もリリィとセットになると特定層に人気ありそう。

染谷(リリィ):一番の美形。男に触れるとジンマシン、なぜかバカには反応してしまう。ロリのお世話を焼きたがる。百合。

久条(マジョ):引きこもり、人見知り、コミュ障、オカルトマニア、グロ耐性、双子の妹。キャラ的には人気ありそう。

と言った女子高生たちが繰り広げるクセ有系、女子高生の日常。



リリィが(下心はあるものの)ロリのお世話やマジメのお世話をしてあげる話が割と好きだった。
クセが強い中にも、割と友情を感じさせるシーンがあったりで飽きさせなかったと思う。
私的にはヤマイは苦手だった、リリィやマジョやマジメは割と好き。

ワセダとヲタのボカロエピソードも割と好き。

あとワセダの頭の面倒見た美容師・・・超苦手w





まぁ、確かにこの時期ってば、
時間も無駄にある(様な気がする)し、無駄に体力あって元気だし、勉強して、部活して、飯食って、ガッコ行ってりゃ怒られないもんなぁ。
あらゆるものを無駄に使っていたかもなぁ。。。自分も。

いや・・・、ここまでではなかったけどさ。




結局、最初は観る気のなかった私ですが、
複数回、暇なときに見ちゃったりしてました。

不思議な魅力はあると思います。
・・・別に為にはならんと思うケド・・・。

機会がありましたら、お暇つぶしにでも観てみて下さい。

投稿 : 2020/10/09
閲覧 : 103
サンキュー:

20

zeroone01 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

(良い意味で)バカだねぇ。

 日常系学園ギャグアニメ。

 無駄づかいってかバカだねぇって感じ。

 個性豊かな登場人物たち。みんなそれぞれ良いキャラしてます。
あだ名で呼び合ってるのも面白いし覚えやすい。
個人的にはロリとリリィの関係が良かった。

 でも実際に「バカ」みたいなのがいたらうざいだろうなw

何も考えず気楽に見れば面白いと思います。

(もう一回観たらやっぱり面白いので評価し直しました)

投稿 : 2020/09/25
閲覧 : 105
サンキュー:

8

れい78 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

頭空っぽにして観れるアニメ

何も考えなくて観れるアニメの1位!!癖になる声優さん達の名演技。先生とヲタの的確なツッコミ。やまいとバカの脳みそツルツルの素晴らしい会話。全話好きな話ですが、中でも一押しは第8話みずぎかいが最高です!!!

投稿 : 2020/09/21
閲覧 : 66
サンキュー:

3

老倉育 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ロリ(cv長縄まりあ)が可愛すぎた

女子校の女子高生の日常コメディ。

男子高校生の日常の女子高生版っぽい感じ。女子校ってみんなおっとりしていてお嬢様というイメージがあるかもしれないけど、実際はこんな感じ(学校にもよるけど)。サブ黒板に落書き、むしろいじめはなくて結構みんな趣味全開で、恥ずかしがることなくみんなの前で変わったことしたり下ネタ言ったり大声出したり。なんかリアルだったなw面白かった。

op映像は流行りに敏感な女子高生っぽさが凝縮されている感じで良かった。

投稿 : 2020/09/18
閲覧 : 92
サンキュー:

7

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

コミックNewtypeのコミック原作のおばかJKコメディ

公式のINTRODUCTION
{netabare}
浪費する、青春――。
WEBコミック誌「コミックNewtype」で大人気連載中の
学園ガールズコメディが待望のTVアニメ化決定!

ちょっと残念な女子が集う、さいのたま女子高校を舞台に、
とてつもないバカ・田中(通称:バカ)、
アニメや漫画を愛するオタク女子・菊池(通称:ヲタ)、
いつも無表情でロボットのような少女・鷺宮(通称:ロボ)を中心に、
個性豊かで魅力的な仲間たちが、女子高生というキラめきに溢れた青春を
無駄に浪費していく抱腹絶倒のJK学園コメディが今、幕を開ける!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:ビーノ(KADOKAWA「コミックNewtype」連載)
総監督:高橋丈夫
監督:さんぺい聖
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:安田祥子
サブキャラクターデザイン:古川英樹、番由紀子、満若たかよ
監督補佐:橘紗央莉
美術監督:斉藤隆博
美術設定:中村嘉博
色彩設計:鈴木咲絵
撮影監督:山本弥芳
編集:丹 彩子
音響監督:明田川仁
音楽:菊谷知樹
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:パッショーネ
{/netabare}
キャスト{netabare}
田中望:赤﨑千夏
菊池茜:戸松遥
鷺宮しおり:豊崎愛生
百井咲久:長縄まりあ
山本美波:富田美憂
一奏:高橋李依
染谷リリィ:佐藤聡美
久条翡翠:M・A・O
佐渡正敬:興津和幸
{/netabare}


1話ずつの感想


第1話「すごい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
かつてとあることをきっかけに何となく疎遠になってしまっていた田中、菊池、鷺宮の三人は、偶然にも同じ高校に進学したことによって再会を果たす。久しぶりに会う旧友を前に、ぎこちなさを隠せない菊池だったが、昔と何一つ変わらない田中と鷺宮のやりとりを見ているうちに、自然とツッコミを入れてしまう。クラス分けでも同じクラスになった三人は、そのまま入学式に出るが、途中から何やら落ち着かない様子の田中。入学式が終えて、教室へと向かう途中で、田中は取り返しのつかない失敗をしてしまったと話し始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
田中(バカ)が、今ごろ女子校に入ったことに気がついて、出会いをもとめて
ひたすら「カレシほしい!!」ってクラスのみんなに言って回るおはなしと
みんなにあだ名をつけたり、自分のあだ名をいやがったりするおはなしで
だいたいメインキャラの紹介が終わったみたい。。



そんなにテンポはよくないけど
学校におくれそうになってパンをくわえて出かけるときに
食パン袋ごとくわえてたりして、ジミにおかしいw

キャラは、無表情のロボ、ロリ、中二病のヤマイ、オタ、マジメ、とかって
よくあるキャラだけど、名前がおぼえやすくっていいw


おばか女子たちの日常系のおはなしで
男の先生がザンネンイケメンだから、たぶん。。って思って調べたら
原作者の人はやっぱり女の人みたい^^

みんなおばかすぎるみたいだけど
偏差値低い高校の女子だけのクラスって、こんな感じ^^

でも何人か、まちがえて入ってきたみたいな頭のいい人もいるけど^^
{/netabare}
{/netabare}
第2話「まんが」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クラス全員にあだ名をつけるという田中の試みによって、菊池はヲタ、鷺宮はロボ、そして田中自身はバカというあだ名が定着したある日の日曜日。ヲタはベッドに寝転びながら、低所得Pの新曲を聞いたり、アニメを観てみたり、漫画を読んでみたりと、週末を満喫していた。バカから暇過ぎるからという理由で、大量に送られてくる自撮り写真を完全に無視して、趣味を謳歌するヲタは、いつか自分も有名になって夢の印税生活をしてやると奮起し、描きかけで止まっていた自らの漫画を描き始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、ヲタのおはなしをメインに、小ネタをやって
さいごはヤマイと先生のおはなしで終わった。。


ヲタが「あたしもいつか、夢の印税生活!」
って言ってすぐ寝ちゃったけど、ホントに夢の中で印税生活してたりしてw

でも、バカの「あきらめたらそこで試合終了」
ってゆう言葉を思い出して、またやる気を出したり
小学生のころ描いたマンガを読み直して
「今の自分は進歩してる」って、また、やる気を出したり

バカの言葉も、ヲタのヤル気もそんなに無駄づかいじゃなかったみたい^^


小学生のときのマンガに、今の自分がツッコむところは
小学生の描いた絵アルアルでおもしろかった^^
階段がジャングルジム、ビルが板チョコ、だったり、ってw

でも、エジプトの壁画だって
顔と足は横向いてるのに体は前を向いてたり
すわるとき以外はひざがまっすぐだったりするから
今のマンガだって進歩してるのかも?w

だからって誰も「エジプト人の無駄づかい」なんて言わないよね^^

ワセダとゴツモリ先生のBLはゴツモリ×ワセダかな?って思ったけど
ワセダがイケメンどSってゆう設定のほうが萌えるかもw


あと、Cパートのヤマイの中二病ボケと先生のツッコミがおかしかったけど
ヤマイはホンキで言ってたみたいで、中二病ってゆうか、電波系に近いかも?

「腕のほくろがドラゴンの紋章に見える」ってゆうボケに
「それはおひつじ座くらいムリがある」ってゆうツッコミがおかしかったw
星座って、ゼッタイそう見えないよね?
{/netabare}
{/netabare}
第3話「わすれもの」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
百井咲久は、その可愛らしい見た目から、周囲にいつも小さくて可愛いと言われ続けてきた。自分の容姿にコンプレックスを抱き、グレてやるとまるで尖ったナイフのように生きているのにも関わらず、周囲の反応は変わらない。そしてバカにロリというあだ名をつけられてしまい、事あるごとにあだ名を連呼されることに怒ったロリは、もうバカとは口を聞いてやらないと宣言するが、バカの巧みな誘導によって、つい返事をしてしまう。さらにはバカの嘘にまんまと騙されてしまい、ロリはバカに対して最高の悪口を言うのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
おばあちゃん子で小さな子どもみたいな性格なのに
それをかくそうってしてワルっぽく見せようってしてるけど
ぜんぜんかくせてない、そんなロリの回。。


夕食のお買い物に行ってバカたちに見つかってからまれて何とか逃げて
ハンバーグに必要なお肉の代わりにお菓子を買っちゃった。。
ってゆう、ホントに子どもみたい^^

そのショッピングセンターで、バカは床に寝っころがってたけど
高校生がやってたら、お店の人から注意されそう。。

ヲタとロボが引きはがそうってしてたところはマトモそうに見えたけど
そうじのおじさんまでつれてきたところは、やっぱりおバカw
こうゆう子ってホントにいそうだけど
そんな3人のコントに乗ってくるおじさんもおばかw

でも、マンガだから笑ってられるけど
リアルでやって、バカッターとかで炎上する子もいるから気をつけて☆彡


後半、ロリが忘れた体操着をとどけに来た、ひざが悪いおばあさんを
おぶってあげてたバカは、だけで気もちはやさしいみたい。。

ロリが、親の海外転勤についてかないで
おばあちゃんといっしょに残ったおはなしもよかった☆



今回も、おばかでおかしかったけど
ちょっといいおはなしで、イヤな気もちにならないおはなしだったと思う♪
{/netabare}
{/netabare}
第4話「まじめ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
高校受験当日、高熱をはじめあらゆる体調不良によって、志望していた高校に落ちてしまい、さいのたま女子高校に入学することになったマジメこと一奏。辛い3年間が始まると落ち込んでいたマジメだったが、入学式のクラス分けが貼られた掲示板に、ずっと憧れていた鷺宮しおりの名前を見つけ、奇跡が起きたと喜ぶ。しかし、そんな喜びも束の間、中学では一度として崩れなかったロボの表情が、バカによっていとも簡単に崩されてしまったのを見て、衝撃を受けるマジメ。マジメはどうにかロボとお近づきになろうと、バカの観察を始めるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
マジメ回。。

どうして頭がいいマジメが、この学校に入ったか分かってよかった^^
その代わり、どうして頭のいいロボがこの学校に入ったのか気になるw


でも、マジメ回なんだけど、ほんとはバカ回で
ロリがさし出したポッキーを、一口で半分以上食べて泣かしちゃったり
ファミレスで、大きな声で「ウン○ウン○」って言ったり、小学生みたい。。

いっしょにいてもいいことはないけど、おもしろいってゆうのがヲタの感想

マジメにノート借りてって、まじめすぎて眠くなったから写さなかった、とか
から揚げが好きだから、世界の通貨になればいいとか言って
マジメが、そうゆうのがウケるんだって思って
好きなロボに言ってみたら「意味が分からない。。」ってスルー^^;

でも、雨に濡れたまま帰ろうってするロボに自分のカサを貸して
「着衣のままぬれるのが好きなんです」って、ボトルの水をかぶったりしたら
ロボの評価は「おもしろい子」になってたから
バカのマネをする、って、いい案だったのかも^^

あと、木にのぼって下りれなくなったヤマイを助けてほめられたし
じわじわ、みんなの仲間入りをしてるみたい^^



Cパートで、細菌を育ててるシャーレを先生に取り上げられそうになって
「空気にふれるとヤッカイな細菌なので、取り扱かいに注意」って言ったら
先生は返そうってしてたけど、そんなあぶない細菌を学校に持ってきたら
没収だけじゃなくって、停学とか退学になりそうw
{/netabare}
{/netabare}
第5話「りりぃ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
バカたちのクラスに転入生がやってきた。転入生の名前は染谷リリィ。さらさらのロングヘア、ぱっちりとした大きな瞳、瑞々しくぷるんとした唇、扇情的な隆起を描く豊かな胸、きゅっとした細い腰に、すらりとした長い足、そして透き通るような白い肌という、リリィの完璧な美少女ぶりを見て、ヲタは思わず格差社会かと叫んでしまう。リリィはにっこりと微笑んで、自己紹介をするのだが、その内容が好き嫌いのくだりに入ったとき、その可憐な容姿からは想像もつかない斜め上の言葉が次々と飛び出していき……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ザンネン美人のリリィが転入してきて
いつの間にか、バカたちのグループに近づいてたおはなし^^


リリィは男性恐怖症で女子が好き
オスにさわるとアレルギー反応が出るんだけど
どうしてか、バカにさわってもアレルギー反応が出るの。。

でも、先生には服の上からさわっただけでアレルギーが出たから
それってやっぱり、ニガテなものアレルギーなだけなのかも^^


今回1番おもしろかったのは、やっぱりCパートかな^^

ふつうの人対中二病ってゆうのは
「中二病でも恋がしたい!」とか、いろいろあるけど
ボケのセリフが作りやすいのかも?

「親御さんを呼ぼう」って言われたら、すぐふつうになるって
本物の中二病じゃないよね。。
{/netabare}
{/netabare}
第6話「まじょ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ファミレスで、いつものようにバカのすごい話を聞いていたヲタとロボ。そんな三人に久条琥珀という見知らぬ少女が話しかけてくる。琥珀の話によると、双子の姉である翡翠が、バカたちと同じさいのたま女子高校に通っているのだが、とある事情で数えるほどしか学校に行っていないらしい。このままでは出席日数が足りずに、退学処分になってしまうかもしれない。翡翠にどうにか学校に通ってもらうため、バカたちに翡翠と友達になって欲しいという。話を聞いたバカたちは、快く友達になることを引き受けるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はマジョの回だったけど
趣味がドロドロしてるだけで、スナオでいい子だったね^^

それでバカって、ほとんど何にも考えてないから
誰とでも仲よくなれるみたいで、マジョともふつうに話ができてよかった

ただ、話はぜんぜん合ってなかったみたいで
この前のリリィのときと違くて、バカとはあんまりからまなかったみたい。。

その代わり、ヤマイとロリとはよくからんでたみたい?

ヤマイはこわがらせちゃったみたいだけど
ロリとは、スナオなところがあってるかも?

でも性格は、細菌を飼ってるロボのほうが合いそう^^

ただ、どっちもあんまりしゃべらないキャラだから
からんでも、あんまりおもしろそうなおはなしにならないのかも


あと、Cパートの転生あみだくじ。。バカの来世は「顔ダニ」だって^^

「顔ダニ」って調べたら、
「顔だけでも約200万匹がほとんどの人の皮膚の上に生息していて、ひとつの毛穴には5~6匹住んでいる」で「普段であれば悪さをしない常在菌の仲間で むしろ皮脂の量のバランスを保つのに役立っている」みたい、よかったね☆
https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/052600028/052600004/

あと、「何とかダニ」って名前にダニがつくと気もち悪い感じがするけど
それだと、のりのつくだにも食べれなくなりそう^^
{/netabare}
{/netabare}
第7話「やまい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
屋上の給水タンクの上に座って、人間はもっとプライドを持たなければならないとつぶやくヤマイ。そんなヤマイに話があるから降りてこいと言うワセダだったが、ヤマイはワセダの言葉には屈しないと返す。しかし、ワセダが内緒で饅頭を一つやろうと言うと、あっさりと降りていき、いつものごとく進路指導室へと連れて行かれる。ワセダはヤマイの包帯がいつもに増して多いことを心配していて、いったい何があったんだと問いかけるが、ヤマイは大したことじゃないから案じるなと反論し……。
{/netabare}
感想
{netabare}
中二病のヤマイとみんなの、1on1の漫才回で

おまんじゅうで釣ってヤマイとの面談して
包帯ボケ(実はアセモとかニキビとか消せなくなった落書き)に
ワセダ先生が、心と口でツッコむのがおかしかったw


それからUFOキャッチャーで景品を取れなくって
リア充カップルにバカにされてるところにマジメが来て取ってくれて
そのときの2ショットをSNSにUPして
リア充の仲間入りしてみたりw


ネットで買ったガスマスクを気に入ってたんだけど
マジョが出品したものだって分かって
戦争で死んだ人が使ってた、って分かって、気絶しちゃったり^^;


保健室に行ったら、養護の先生がいい人で
話を聞いてくれたから長話になっちゃった。。
でも保健室って、たぶんそうゆう生徒がいっぱい来てるから
先生も分かってて、中二病につき合うフリして教室に返されたり^^


ウラから顔を出す看板にはまって取れなくなってたらバカが来て
いっしょにはまって学校まで来るとか

成績の良かった部活の表彰式で
バカと拍手のさいごの一手を打つ競争をするとか
きっとバカの次くらいにおバカで気が合うみたい^^

おばかな勝負をマジメにするのって
「ベントー」とか「競女!!!!!!!!」みたいでおかしいよね^^


今回は校歌まで、ほとんどずっとクスクスが止まれなかった♪
{/netabare}
{/netabare}
第8話「みずぎかい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある夏の昼下がり、ファミレスに集まっていたバカ、ヲタ、ロボの三人。するとバカが、もしかして人生で一度きりの16歳の夏休みを無駄に過ごしている自分たちは、ものすごい贅沢をしているのではないかと話し始め、さらに女子高生が水着で武装すれば無敵じゃないかと語る。このあたりに海はないと返すヲタに、電車に乗ればすぐ海に行けるし、なんだったら海外でもと言うバカ。すかさずそんな金はないとヲタに一刀両断されるバカだったが、都合良く福引きで特賞が当たるなんてこともあるかもしれないと言い、三人は量販店に向かう。
{/netabare}
感想
{netabare}
おバカ女子高生のおはなしに水着回があるなんて、思ってなかったけど
やっぱり男子サービス回は必要だったみたいw

そんなに水着を着たかったら、入間川でも行ったらいいかもwって調べたら
7年前、入間川中3年の女子4人が夜、学校のプールに忍びこんで
金魚300~500匹を放していっしょに泳いだ、ってゆう記事をみつけたけど
もしかして、同じ埼玉だし、このマンガのモデルになったのかも?w


モテる女の「さしすせそ」は
ただのダジャレみたいであんまりおもしろくなかったけど
夜の学校でクラスメートが次々あらわれるところがおかしかったw

マジョの降霊術で、世界史で分からないところがあったから、って
偉人の霊を呼び出すところがおかしかったw

そんなことができるんだったら
ロード・エルメロイも降霊術で、イスカンダル大王を呼び出したらいいかもw

ほかにもよび出そうってするマジョにリリィが
「そうゆうのは家でやったほうがいいんじゃない?」ってゆうツッコミが
当たり前すぎてふいちゃったw

みんながそろって、水着もあって。。って
うまく行きすぎみたい。。って思ってたら
バカが考えた最恐の学校の怪談だった、ってゆうオチは思ってなかったw
{/netabare}
{/netabare}
第9話「おしゃれ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある日、スーパーで買い物を終えたロリは、帰り道で同級生をいじめている小学生たちを見かける。彼らにいじめをやめるように注意をするロリだったが、小学生たちは言うことを聞くようなそぶりもなく、ロリに対してどこの小学校に通っているんだと凄む始末。小学生に間違われたことに憤慨し、自分が高校生であると主張するロリ。しかし、小学生たちはロリの言うことをまるで信じようとしない。高校生ならもっと胸が大きいはずだと言われたロリはショックのあまり、買い物袋を落としてしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ロリがオシャレに目ざめたおはなしで
失敗ばっかりだったけど
いろいろやってみようって思うのはすごいな^^

にゃんは家にいるときは顔を洗った後に乳液をつけて
あと、ときどき眉毛をそろえるくらいだけど
眉毛を書くとき左右がズレておかしくなっちゃったり
リップをどこまで塗っていいかとか気になるから
週に1回くらいはYouTubeとか見ながらメイクの練習はしてるw


それから、リリィがロリのオシャレを手伝ってたけど
百合系女子だから、ときどきおじさん目線になるところがおかしかったw

でも、こうゆう友だちがいたら、コーデとかいろいろ聞けて
困ったときには助かるかも。。百合だけどw

あと、マジメのショートヘアのアレンジは参考になった^^
自分ではできなさそうだけどw


オタのおいしいもの食べてるときって、周りにメイワクw
ふつうの子かなって思ってたけど違かったw

リリィ(リリィって百合のことだよね^^)のガチ百合ネタに
オタの腐女子ネタを入れて、コントラストをつけたのかも?


それから妹の友だちが来て、引きこもってるマジョに戸を開けさせるのに
「あっ!半透明のマイケルジャクソン!」で開けたマジョがおかしかったw
それと、占いのカードの絵も、なにげにおかしかったw



今回は、笑えるネタはあんまりなかったみたいだけど
オシャレ教室はちょっと役に立ったかも^^

あと、ワセダ先生が出なくって、ちょっと気になったw
{/netabare}
{/netabare}
第10話「ろぼ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
廊下の掲示板に張り出された2年生に進級したときのコース分け。事前に文系か理系かを選択し、そこには選んだほうが記載されているはずにも関わらず、バカのところには未定と書かれていた。まだ進路希望の紙を提出してなかったのかと聞くヲタに対して、ちゃんと出したはずと答えるバカだったが、そこにワセダが現れ、お前は進路希望を意味を理解していないと、バカを進路指導室へと連れていく。進路指導室から教室に戻り、貴重な休み時間が減ったと喚くバカに呆れるヲタ。そしてふとしたことからバカとヲタの喧嘩が始まってしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ロボのおはなしだったけど、ヲタとバカのことも。。

3人が性格とか、ぜんぜん違うのに
いつもいっしょにいるのが、ちょっと気になってたけど
3人って、幼なじみだったんだね^^

ヲタとバカがケンカしたときに
ロボがバカのことよく知ってるなぁ。。って思った^^


天秤はよく分からなかったけど
鉛筆削りのカスとか、プチプチとか、針に糸を通すとか
オセロを全部自分の色にするとか、にゃんでも、ケンカを忘れちゃいそう^^

あとは、リンゴの皮とかも1回も切れないでむけたら気もちいいよね^^


あと今回は「男子高校生の無駄づかい」。。ってゆうか
ふつうだったらラブコメになりそうなんだけど
ラブギャグになって「友達の家はなぜほんのり臭いのか?」ってw

でも、友だちじゃなくっても、ほかの家って臭うよね^^
あと、修学旅行から帰ったときとかって、自分の家でも臭う^^

さいごは男子がコクろうってしたんだけど
なぜかBLオチになって、ヲタがアスナで
2人の男子がキリト、ユージオだったのもおかしかったw


それからヲタの好きな低所得Pが、実はワセダ先生ってゆうのが分かったけど
これっていつか、ヲタが気がつくのかな?

それとCパートで、いつものワセダ先生とヤマイのコントだったけど
ヤマイのキャラが変わってて、あんまりおもしろくなかった。。
{/netabare}
{/netabare}
第11話「ゆめ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
年末が近づいたある日、机に向かって漫画を描いていたヲタだったが、中々アイディアが浮かばずスランプに陥ってしまう。気分転換をするために、低所得Pの楽曲を聞き始めたヲタは、こんなに素敵な曲をどうやって作っているのか、作っている人はどんな人なのだろうと恋にも似た思いを馳せる。どうにかしてこの熱い思いを届ける方法はないかと考えているうちに、ヲタはかつて歌ってみたをやるために、機材一式を買い揃えていたことを思い出す。一度は難しくて挫折してしまった歌ってみただったが、低所得Pに気持ちを伝えるため、ヲタは再び歌い始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
ただのさえない先生が、あこがれの低所得Pだって分かったヲタが、
自分も低所得Pに負けないようにがんばろう!って思うおはなし。。


いつものおばかな日常系のおはなしをやりながら
ふだんは空気みたいに思ってた人が
実は、人生の中でとっても大事な人だった。。ってゆう感じで
オチがあるのかな?って思ってたけど、ふつうにいいおはなしだった☆


先生がヲタを追いかけて会場を出て
正体をあらわすところとか、ちょっとカッコよかった♪


ギャグはシュールでよく分からないのが多かったけど
ピーナッツの服を着た人が、変なコメントをするところがおかしかったw


あと、ワセダ先生って
あんなふつうの日常からいい曲を作るって
とっても繊細な気もちを持ってるのかも?

尊敬する人が、こんなに近くにいるっていいね☆
{/netabare}
{/netabare}
第12話「なかま」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
年明け早々にワセダから、今度の期末で相当頑張らないと留年してしまうことを宣告されたバカ。どうやら1教科でも赤点を取ったら本当に留年してしまうらしい。落ち込むこともなく笑いながら、ワセダから留年するかもしれないと言われたことをヲタやロボに話すバカに対して、ヲタは一つも笑えないと返す。さらにマジョからも占いの結果が良くないことを示していたと言われるが、どこ吹く風のバカ。どうやら以前からとっておきの勉強法を実践しているから、何の心配もないと言うのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
バカが留年しそうで、ヲタとロボを中心にして
クラスのみんなも心配してくれる、いいおはなしだった^^



今日のおはなし見てて、バカが入学できたことの方がフシギだったかも^^

にゃんの学校でも試験はあったけど
あんなにむずかしいことおぼえなかったw

にゃんは進学校じゃなかったから
3年でも数Ⅱ・Bまでで、それもとちゅうまでで終わっちゃったし
地理とか歴史なんかはおぼえれないから選択は公民だったし
普通科だったらぜったい落第してたと思う^^


バカが養豚場で働いてるところは、よかったかな。。

ブタに、クラスのみんなとおんなじあだ名をつけて、話しかけてるところは
ジミにおかしかった^^

ヲタたちがむかえに来てくれたところはよかったけど、勉強がニガテだったら
養豚場とかではたらくのもいいかも?って、思ったけど
にゃんは、力がないからムリかな。。


けっきょく、バカたちが進級できたのって、追試がかんたんだったから?

バカより、ヤマイの方がワセダに心配されてて
さいごは補習で進級させてくれたくらいだから調べたら
普通科でも出席日数が足りてて、授業態度がふつうだったら
ほとんどみんな卒業させてくれるみたい^^


さいごは、進級したのに前のクラスに行った、ってゆう
日常コメディとかでよくあるネタだったけど
2人も間違えてる、とか、友だちの顔が分からない、とか、終わってるよねw
{/netabare}
{/netabare}

見おわって。。


おばかJKの日常で、おもしろいほうだと思う^^

物語の評価の☆はストーリーよりギャグの点数^^

ギャグ系が好きだったら、おすすめ☆

投稿 : 2020/09/13
閲覧 : 448
サンキュー:

72

ペンギン丸 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

みんなちがって、みんないい

それぞれのキャラの個性がしっかり立っていてみんな魅力的(あえて言うならバカがときどき不快)。
見てて笑顔になれるおすすめの日常系ギャグアニメ。

投稿 : 2020/09/12
閲覧 : 72
サンキュー:

3

かんぱり さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

バカでいいと思います!

とある女子高の個性的すぎる女の子たちのおバカすぎる日常のお話です。

登場する女の子たちはみんな、あだ名がつけられています。

バカとかロボとかヲタとか、一見するといじめっぽい名づけで大丈夫?と心配になるのですが、彼女たちはお互いにそう呼び合い、普通に自然体で付き合っています。
ファンタジーかもしれないけど、そういう自然体な関係っていいなって思います。

バカ(たなか)の自然体というか、裏表がない性格は好きですね。ちょっとうるさいけど・・
でも相手のドリンクに異物入れたり、ポッキー全部食べたり、床に寝たままフジツボのようになったりしてたとこは子供っぽくてちょっと嫌かも。
そんなバカだけど、不登校気味のマジョに気兼ねなく友達になってあげたり、誰とでも嫌味がなく付き合えるとこはバカのいいとこですね!

そんなバカたちとまた友達になりたくて、頭が良くてもっと上の高校に行けるのに、バカたちと同じ高校に入学したロボ(さぎのみや)。
感情の起伏があまりなくて、菌をペットにしてたりと変な子だけど、時おりつぶやく的確なツッコミが面白いです。
わかってくれる人だけ大事にすればいい・・ロボが言った言葉だけど、いい言葉だなって思いました。

漫画家志望で腐がちょっと入ってて、バカのボケにいつもつっこむヲタ(きくち)。
彼女が描いた漫画の話が面白くて、ヒザが曲がらない病気とか笑った。。
ボカロPの低所得Pの大ファンで、即売会に逢いに出かけたヲタが低所得Pの正体を知る話はいい話で、じわっときました。

あと好きだったキャラは、金髪ツインテールで体に絆創膏や包帯をしている中二病のヤマイ(やまもと)。
アニメのキャラになりきってて、高いところが大好きで木に登ったりしてるけど、実は結構寂しがりやだったり。
担任教師のワセダ(佐渡)との絡みがすごく面白くて好きでした。
バカとの絡みも好きで、ヤマイ鹿とバカコアラはツボってお茶噴出しそうになりましたw

そのほかのキャラたち、ロリ(ももい)、マジメ(にのまえ)、リリィ (りりぃ)、マジョ(くじょう)もそれぞれ個性的で、ロリのまゆげボーンや、マジメの濡れるのがスキ、は笑えました。

1話の冒頭の、ヲタが昔のアルバムを見ているシーンや、バカ・ロボ・ヲタが高校でばったり再開するシーンは、10話をみた後もう一度見ると、じわっときますね。

基本ギャグアニメではあるんだけど、時々じわっとくるシーンがあったりして、そういうところもこの作品の好きなところです。

OPは妙に耳に残る曲でしたね!EDも好きでした。

この作品を見てから原作も読み始めたんですが、アニメは5巻の途中までで、このあと新キャラが登場するなど、相変わらずとても面白いです!
最終話でちょっと出てたピンク髪の女の子のお話などじわっとくる良い話もあるので、ぜひ2期をやって欲しいです。

余談ですが、毎回のタイトルの頭文字が黒くなってるのを見て、これはもしかして毎回のタイトルの頭文字をつなげるとすごいことが!としばらく思ってた私もたいがいバカです。。もう、バカでいいと思います(>_<)

投稿 : 2020/09/12
閲覧 : 237
サンキュー:

24

ゆい さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

かなりおもしろい、だいすき

おもしろーい!だいすきだわ!!
日常とか、坂本ですが?みたいなコメディがだいすきなんだけど、これもこのくらい面白い
個性豊かなキャラばかり。
終わったのが残念。二期きてほしい!
ていうか、クレヨンしんちゃんみたいにずっと続いてほしい

投稿 : 2020/07/30
閲覧 : 119
サンキュー:

10

ホタテ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

本来の女子高生の姿!?

物語→個性豊かな女子高生たちが繰り広げる日常を描いたアニメ。特に内容は無いですが、コメディ、ギャグが好きな方はゆるっとした感じがハマると思います。テンポは少し遅いかなと感じました。
作画→可もなく不可もなく、普通でした。
声優→変わったキャラが多いですが、皆さん自然に演じられていたと思います。特に赤崎さん演じるバカは本当に頭が悪そうな感じで、とても良かったです。
音楽→OPがクセになります。
キャラ→一人一人のキャラづけが上手で、人数もちょうど良く感じました。

投稿 : 2020/07/25
閲覧 : 86
サンキュー:

5

yosshi____ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

普通に面白かった

女子高生の日常ギャグアニメって感じで、特にストーリーがあるわけではないが、ギャグが面白かった。
見ていて飽きない作品だった。

投稿 : 2020/07/07
閲覧 : 164
サンキュー:

5

どりを さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何故だろうか

ランキング上位のこのすばというアニメよりこちらの方が圧倒的にセンスがいいと思うのだが…

最近のランキングはあてになりませんね…
まあギャグセンスのツボは人それぞれですね。
このすばが微妙だった方には圧倒的にこちらをオススメします。

年代にもよるのかな…

投稿 : 2020/06/20
閲覧 : 162
サンキュー:

5

次の30件を表示

女子高生の無駄づかいのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
女子高生の無駄づかいのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

女子高生の無駄づかいのストーリー・あらすじ

ちょっと残念な女子が集う、さいのたま女子高校を舞台に、とてつもないバカ・田中(通称:バカ)、アニメや漫画を愛するオタク女子・菊池(通称:ヲタ)、いつも無表情でロボットのような少女・鷺宮(通称:ロボ)を中心に、個性豊かで魅力的な仲間たちが、女子高生というキラめきに溢れた青春を無駄に浪費していく抱腹絶倒のJK学園コメディが今、幕を開ける!(TVアニメ動画『女子高生の無駄づかい』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年夏アニメ
制作会社
パッショーネ
公式サイト
jyoshimuda.com/
主題歌
《OP》田中望(CV.赤﨑千夏)菊池茜(CV.戸松遥)鷺宮しおり(CV.豊崎愛生)『輪!Moon!dass!cry!』《ED》田中望(CV.赤﨑千夏)菊池茜(CV.戸松遥)鷺宮しおり(CV.豊崎愛生)『青春のリバーブ』

声優・キャラクター

赤﨑千夏、戸松遥、豊崎愛生、長縄まりあ、富田美憂、高橋李依、佐藤聡美、M・A・O、興津和幸

スタッフ

原作:ビーノ(KADOKAWA『コミックNewtype』連載)
総監督:高橋丈夫、監督:さんぺい聖、シリーズ構成:横谷昌宏、キャラクターデザイン・総作画監督:安田祥子、サブキャラクターデザイン:古川英樹/番由紀子/満若たかよ、監督補佐:橘紗央莉、美術監督:斉藤隆博、美術設定:中村嘉博、色彩設計:鈴木咲絵、撮影監督:山本弥芳、編集:丹彩子、音響監督:明田川仁、音楽:菊谷知樹、音楽制作:KADOKAWA

このアニメの類似作品

この頃(2019年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ