「女子高生の無駄づかい(TVアニメ動画)」

総合得点
70.6
感想・評価
121
棚に入れた
782
ランキング
896
★★★★☆ 3.7 (121)
物語
3.6
作画
3.6
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ValkyOarai

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

女子高の日常を捧ぐ、サービスからたまには離れるのもいい

いつもはキャッキャウフフしている日常枠
しかし、ここはそうはいかない女子高だった

田中 望/バカ=森サマー、テイルイエロー、板場弓美
菊池 茜/オタ=アスナさん、ララ、いおな
鷺宮 しおり/ロボ=唯ちゃん、モモデビルーク
百井 咲久/ロリ=カンナカムイ
山本美波/ヤマイ=ガヴリール、ソフィー、緒方理珠
一 奏/マジメ=みらい、エル君、雨野狭霧
リリィ / 染谷リリィ=律、千夜
マジョ / 久条 翡翠=ヴァネッサ、ひな子

{netabare}まず一人がパンの袋を咥えて登校し、ぶつかることを願っている件www
そして女子高だから恋愛でけへん...
だから先生狙おうかと思ったが自己紹介で「私は女子大生派だ」と告白wwwwwいいのか!?www
その次は百葉箱の上に乗りながら痛い台詞を言っている子も
あれは...邪王神眼の亜種!?

次は小さい子、あの髪型...
みなみけの千秋!?
似てる子はさておき、ザコキャラとか二等身とかあだ名で呼ばれるのは...wwwww
出会いのルートを模索してみた
まず図書館に行かないだろ、幼馴染もいないだろ
交通事故で輸血の協力するわけないだろ
すき屋にも行かないだろ...
おいちょ、鳩のエサも食べないだろwwwww{/netabare}

2話
{netabare}何故、安西先生の名言をwwwまあ確かに諦めたらそこで試合終了だけども...
先生...どこまで猫舌なんだwww
次はチョコ菓子1個だけ残ったのでジャンケン...
なんだけど、何故グーから始めるんだろと疑問を持つ
そして何故エックスから始まるwwwww
しかもオタは警察手帳を持ってるしwww返しました
後、チョコ菓子もプレゼント...(地面に落ちたけど)www

マンガをオタが描いてみる。どうよ~
いや作画ミスが目立つ...{/netabare}

3話
{netabare}ロリの婆ちゃん、いい人過ぎる件
っつーか何故床にへばりついてまで遊びたいのか、バカよwww
夕方まで居やがるしwwwww帰れwwwww

折角体操服届けに来たのに、バカが誘導するためなかなか渡せないwww{netabare}

4話 
{netabare}今日はマジメのターン
そう羨望の眼差しで見られても困る...
ファミレスにて、すげえ高速舌舐めwwwww声優ってすげえなって今でも思う

ってマジメってオタのことがs...よりもストー...

おいバカのテスト点数がロイヤルストレートフラッシュにwwwww
雨降りの帰り、ロボが傘を忘れた。そこにマジメが...
すげえチャンス...{/netabare}

5話 りりぃという転入生
{netabare}りりぃの中人は千夜か
まあお約束、ってハーフなのに日本語しか話せないのか
だが彼女は触られると...じ ん ま し ん
納豆駄目
おい、ヤマイが木の上にwww

マジメはモテる模様、でもじんましんは出るためどうにかして治したい
だからアイマスクを試して視界を遮断しようとしたが...

親に相談しようとすると何故か弱くなるヤマイ
2秒で進路が文系に決まったwwwww{/netabare}

6話 
{netabare}まじょってあだ名の子が来ていない
このままじゃ出席日数足りなくなるってことで彼女の妹が3人に相談に
って二本足のツチノコでおびき出すのかよww

とりあえず学校に来ることはできるようになったが、彼女はコミ障
長いローブを羽織ってる、ミサイルは絶対出ませんwww
ってことで妹が気晴らしに映画館に連れていくことに
そこにロリが...!
折角妹が感動して観賞しているのに、色々と考えるまじょとロリwww
おい楽しめよwww
ロリは心がピュアよのう...

ああ、なかなか話せない...
そう掃除しながら思っていたら、そこにヤマイが...
おい、見えるぞwww
で、話しかけていたら勘違いの嵐が...
ヤマイがまじょをガチ勢だと思ったからだwwwいくら頸動脈を斬るのが好きでもwwwww{/netabare}

7話 何故校歌に英語入るwww
{netabare}ヤマイが包帯をずっとしているので、外してくれないと先生に言われた
だから外してみたら...あせもwwwww
額には...ニキビwwwww
そりゃあ包帯で隠すわな

ゲーセンに欲しいぬいぐるみが...
よし、獲ろうってことで財産使うけど...獲れん
なら他の人がやった後に横取りを狙うけど...無理
店員がサービスで獲りやすくしても...学習できんwwwww
だがそこにマジメがやって来た...!
知力を生かしてゲット~~

登校時、パネルに顔突っ込んで抜けなくなったヤマイ
そこでバカとも出会って
一緒に来るのかよwwwww顔ハマってwwwww
しかも先生共に自撮りしてるしwwwww{/netabare}

8話 恒例のアレ
{netabare}こんなコメディでもアレは外せない
ドリンクバーだけで贅沢とは言わないだろう...いくら16歳で初経験しても...
折角アレ買ったのに、福引で貯金箱しか当たらない...売っても30円wwwww
おい、アイキャッチでレベル測定すんなwwwwww
みんなの「さしすせそ」で笑いを取りつつ...

次は忘れ物をしたからリリィとロリが取りに行くことに
そしたらそこにみんなおるwwwww
しかも主人公3人は卓球してるしwww
大丈夫や、先生に許可は得ているしwww何故か急に雨降ったからずぶ濡れ..
オマケに更衣室にあったから泳ごうぜ!^^

ってこれを夢で済ましていいのだろうか...?{/netabare}

9話 
{netabare}0分丈って...それはないwww
今日はロリの話、買い物帰り、小学生のいじめを目撃
注意したら小学生と勘違いされた...wwwレベル無いから...
ってことでどうやったらレベルを上げられるかをリリィやオタ、マジメに聞いてみることに
でも、そのレベルを見せられるのは好きな人だけなんだが...
ロリは完全に分かってないwww心がガキンチョよのぉwwwww
リリィよ、余計な回答はいらねーよwww
じゃあジャスコ行こうか、チョイスチョイス
そんで大人っぽく着替えて今度こそは!と意気込んだロリだったが...
アレの落下で泣いた...
今度は眉毛を剃ってみたら...失敗...だから描いたwww

次はロリの家にやって来たマジメとリリィ
えらいねえマジメは、菓子折り持参^^
そしてばあちゃん、心の中でツッコむwwwそりゃあ全ての部屋に案内する訳ないからwww
んでもって、着替えさせてるだけで(*´Д`)ハァハァwwwwwなんだこいつら...
3人は松屋で飯を食べ、マジョは妹のダチと占いをするわで忙しいし
ヤマイは相変わらずだしwww{/netabare}

10話 進路決め
{netabare}なんだけど、バカは決まっていない...だって理由が、意識飛んでる系ってwwwww
激おこのバカだったが...まあこれ使え⇒無限プチプチ
ハ~~~

次はロボに惚れたある男子高校生のターン
何で食事したものに徒然草で返すwww
それと読んでいた本を貸してくれました^^でもストーキング...捕まらなかっただけマシだと思えwww

今度はバカとロボが喧嘩
思えば中学受験の時にロボは感情的になったんだな
でも肝心の原因が、微生物入ったシャーレをぶっ壊してwwwww
帰り道、現れたのは男子高校生
その光景を別の男子が見てて...遺伝子レベルで分析してたのかよwww
そんでもって先生はニコ動を見てたwww{/netabare}

11話 高校生クイズのせいで
{netabare}前半が切られたので後半付近から
って先生コミケにおるwwwそしてそこに来るのはオタ...
...バレルのも時間...だから変装と目線逸らしで誤魔化せるか...!?

しかし...隣の汗っかき(中人チャラリートwwwww)
に後押しされた先生、追いかけに行って
夢を壊すかもしれない、でも言っておく
ありがとう...

それでも、私は先生のことが...!
だからこそ!!私はプロの漫画家になるんだから!{/netabare}

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 187
サンキュー:

9

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

女子高生の日常~♪

ギャグ強めというかギャグ。


男子高校生の日常と同じ臭いがする。
ギャグがすごく多いわけではない感じ。日常のほんわかが強め。
個性の強い女子高生。
(あれ?この担任、変態かな?)
この先生はヤバイ。

この金髪の中二病の子いいな。
一ってかいて、ニノマエか。

(とまっちゃんのキャラクター好き。クールっぽいけど、なんか抜けてる感じ。かっこいい声。)


撤回。ギャグ多いわ。雑魚キャラ笑った。

2話。安定してていいと思います。
やっぱりヲタの女子高生いいキャラ。面白い漫画かくやーん。

3話。ロリちゃんかわいいし純粋ないい子や。
おばあちゃんこなんだな。そうだ、おばあちゃんのいう通り、田中に着いていったらいけない。

おつかい偉いな。いい子だ。(高校生なんだよな)
おばあちゃんの知恵袋。豆腐ハンバーグ。

4話。この学校そんなにお馬鹿だったのか(知ってたけど)。残念な子しかいない。田中観察から鷺ノ宮と近づくとは強レベル。真面目ちゃん…

りえりー面白いキャラやるなぁ(笑)

中二病ちゃんすこ。

5話。新キャラ。まさかの田中を両生類と判定笑

山本さんかわいい。

6話。魔女さん登場。ロリちゃんと分かり合う。
ロリちゃん、純情すぎる。

死に方あみだ。斬新な遊び方。
いいキャラいっぱいやな。

7話。今回やばかったですね。早稲田と山本と田中のエンジン前回。
校歌もいやだよw

9話。ろりちゃんと真面目とりりぃ。この3人いいですね。個人的に、真面目ままの、りりぃのガチに気づくのがツボでした。


11話。低所得p早稲田かよ!
ヲタが泣くぞ!(歌はうまい)

この歌と床屋の組み合わせは反則だろ(笑)
店長鬱陶しい。
曲の解釈違いが激しい。

先生、バレルか?ヲタに?

ヲタ、ガチ恋か?

なんだこれ(笑)ええ話やないか!

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 106
サンキュー:

10

ネタバレ

ミュラー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

満点じゃ満点!(参考にならないレビュー)

第2話での、オタの「低所得P!」の一言に驚き、原作者など調べてみた。
ビーノさん、ボカロPじゃん!一気に親近感がわきました。それだけで満点だ!

ニコニコ静画の原作も一気に見て、ビーノさんのボカロ曲もチェックしました。
ちなみに「auRelia」というGUMIの歌っている曲、以前から良く聞いてたんですよ。アニメのヒットで過去のボカロ曲を聴く人も増えてるみたいですね。

ということで、アニメと関係ないところで盛り上がってしまいました。今期、他のアニメで傑作がたくさんあるのですが、この作品、今期限定でナンバーワンです!

少しはアニメのレビューを書きましょう・・。
8/10キャラ追加による更新
8/16 #7話でまさかの「auRelia」が冒頭で流れるとは!
   偶然とは言えビビったよ!

オープニングとっても気に入ってます。いかにも女子高生がインスタに上げそうな映像を使い、曲は意味のない歌詞をラップのように歌ってます。何回も聞いてしまうノリの良さ。

内容はバカ、ヲタ、ロボの3人組女子高生を中心とした学園生活を描いています。昨年の「あそびあそばせ」のような破壊力は無いものの、リアル寄りなだけに、実際あるよね感がありますね。実力申し分ない声優さんが演じているだけに、安心感もあるのでしょう。
毎週楽しみに見ています。
各キャラの印象などを書いておきます。

・バカ:性格は好きだけど決して付き合いたくない
・ヲタ:かわいい!どんどんオタ活にのめり込んでほしい
・ロボ:もう少し心を開いてもいいのでは
・ロリ:こういう純粋な子は将来幸せになってほしい
・マジメ:とても性格がいいんだけど、もう少し常識があればなあ
・ヤマイ:まともに会話できねーだろ
・リリィ:めんどくさそう
・ワセダ:決して嫌いじゃないわ
・マジョ:ツボにハマれば饒舌になりそう。ホラー映画談義がしてみたい

9/14更新
最終回前にして早くもロス気味。終わっちゃったら何を楽しみに生きればいいんだよう・・。しくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしくしく(T_T)。

公式でやっていたキャラの人気投票、ヲタかマジョで悩んだんですが、マジョに投票。結果は御存知?の通り、ヤマイでした。ヤマイ大人気じゃん!
個人的には、ロボの要素が少ない気がして。原作にはロボの面白い話が結構あるのになあ。

9話Cパートでの「おいしいもの摂取中」のヲタの行動に分かりみありすぎる。そこだけ無限リピート!自分もボカロのいい曲に出会うと、ウオー、すげえってつぶやきまくっているので。
ついでに第11話の「ゆめ」放送の前に、原作者ビーノさんが低所得Pと結婚していることを明かしてました。内容に合わせたのかな。とっても微笑ましくて、ますます応援したくなりました。また、アニメに合わせて新曲も投稿。曲も画像もそのままアニメに使われていました。
こんなに身近に感じるアニメに、これから先、出会えるのだろうか・・。
これからも頑張って欲しいです。願わくば、またアニメ化されるといいなあ。

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 113
サンキュー:

13

ネタバレ

にゃん^^

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

コミックNewtypeのコミック原作のおばかJKコメディ

公式のINTRODUCTION
{netabare}
浪費する、青春――。
WEBコミック誌「コミックNewtype」で大人気連載中の
学園ガールズコメディが待望のTVアニメ化決定!

ちょっと残念な女子が集う、さいのたま女子高校を舞台に、
とてつもないバカ・田中(通称:バカ)、
アニメや漫画を愛するオタク女子・菊池(通称:ヲタ)、
いつも無表情でロボットのような少女・鷺宮(通称:ロボ)を中心に、
個性豊かで魅力的な仲間たちが、女子高生というキラめきに溢れた青春を
無駄に浪費していく抱腹絶倒のJK学園コメディが今、幕を開ける!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:ビーノ(KADOKAWA「コミックNewtype」連載)
総監督:高橋丈夫
監督:さんぺい聖
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:安田祥子
サブキャラクターデザイン:古川英樹、番由紀子、満若たかよ
監督補佐:橘紗央莉
美術監督:斉藤隆博
美術設定:中村嘉博
色彩設計:鈴木咲絵
撮影監督:山本弥芳
編集:丹 彩子
音響監督:明田川仁
音楽:菊谷知樹
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:パッショーネ
{/netabare}
キャスト{netabare}
田中望:赤﨑千夏
菊池茜:戸松遥
鷺宮しおり:豊崎愛生
百井咲久:長縄まりあ
山本美波:富田美憂
一奏:高橋李依
染谷リリィ:佐藤聡美
久条翡翠:M・A・O
佐渡正敬:興津和幸
{/netabare}


1話ずつの感想


第1話「すごい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
かつてとあることをきっかけに何となく疎遠になってしまっていた田中、菊池、鷺宮の三人は、偶然にも同じ高校に進学したことによって再会を果たす。久しぶりに会う旧友を前に、ぎこちなさを隠せない菊池だったが、昔と何一つ変わらない田中と鷺宮のやりとりを見ているうちに、自然とツッコミを入れてしまう。クラス分けでも同じクラスになった三人は、そのまま入学式に出るが、途中から何やら落ち着かない様子の田中。入学式が終えて、教室へと向かう途中で、田中は取り返しのつかない失敗をしてしまったと話し始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
田中(バカ)が、今ごろ女子校に入ったことに気がついて、出会いをもとめて
ひたすら「カレシほしい!!」ってクラスのみんなに言って回るおはなしと
みんなにあだ名をつけたり、自分のあだ名をいやがったりするおはなしで
だいたいメインキャラの紹介が終わったみたい。。



そんなにテンポはよくないけど
学校におくれそうになってパンをくわえて出かけるときに
食パン袋ごとくわえてたりして、ジミにおかしいw

キャラは、無表情のロボ、ロリ、中二病のヤマイ、オタ、マジメ、とかって
よくあるキャラだけど、名前がおぼえやすくっていいw


おばか女子たちの日常系のおはなしで
男の先生がザンネンイケメンだから、たぶん。。って思って調べたら
原作者の人はやっぱり女の人みたい^^

みんなおばかすぎるみたいだけど
偏差値低い高校の女子だけのクラスって、こんな感じ^^

でも何人か、まちがえて入ってきたみたいな頭のいい人もいるけど^^
{/netabare}
{/netabare}
第2話「まんが」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クラス全員にあだ名をつけるという田中の試みによって、菊池はヲタ、鷺宮はロボ、そして田中自身はバカというあだ名が定着したある日の日曜日。ヲタはベッドに寝転びながら、低所得Pの新曲を聞いたり、アニメを観てみたり、漫画を読んでみたりと、週末を満喫していた。バカから暇過ぎるからという理由で、大量に送られてくる自撮り写真を完全に無視して、趣味を謳歌するヲタは、いつか自分も有名になって夢の印税生活をしてやると奮起し、描きかけで止まっていた自らの漫画を描き始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、ヲタのおはなしをメインに、小ネタをやって
さいごはヤマイと先生のおはなしで終わった。。


ヲタが「あたしもいつか、夢の印税生活!」
って言ってすぐ寝ちゃったけど、ホントに夢の中で印税生活してたりしてw

でも、バカの「あきらめたらそこで試合終了」
ってゆう言葉を思い出して、またやる気を出したり
小学生のころ描いたマンガを読み直して
「今の自分は進歩してる」って、また、やる気を出したり

バカの言葉も、ヲタのヤル気もそんなに無駄づかいじゃなかったみたい^^


小学生のときのマンガに、今の自分がツッコむところは
小学生の描いた絵アルアルでおもしろかった^^
階段がジャングルジム、ビルが板チョコ、だったり、ってw

でも、エジプトの壁画だって
顔と足は横向いてるのに体は前を向いてたり
すわるとき以外はひざがまっすぐだったりするから
今のマンガだって進歩してるのかも?w

だからって誰も「エジプト人の無駄づかい」なんて言わないよね^^

ワセダとゴツモリ先生のBLはゴツモリ×ワセダかな?って思ったけど
ワセダがイケメンどSってゆう設定のほうが萌えるかもw


あと、Cパートのヤマイの中二病ボケと先生のツッコミがおかしかったけど
ヤマイはホンキで言ってたみたいで、中二病ってゆうか、電波系に近いかも?

「腕のほくろがドラゴンの紋章に見える」ってゆうボケに
「それはおひつじ座くらいムリがある」ってゆうツッコミがおかしかったw
星座って、ゼッタイそう見えないよね?
{/netabare}
{/netabare}
第3話「わすれもの」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
百井咲久は、その可愛らしい見た目から、周囲にいつも小さくて可愛いと言われ続けてきた。自分の容姿にコンプレックスを抱き、グレてやるとまるで尖ったナイフのように生きているのにも関わらず、周囲の反応は変わらない。そしてバカにロリというあだ名をつけられてしまい、事あるごとにあだ名を連呼されることに怒ったロリは、もうバカとは口を聞いてやらないと宣言するが、バカの巧みな誘導によって、つい返事をしてしまう。さらにはバカの嘘にまんまと騙されてしまい、ロリはバカに対して最高の悪口を言うのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
おばあちゃん子で小さな子どもみたいな性格なのに
それをかくそうってしてワルっぽく見せようってしてるけど
ぜんぜんかくせてない、そんなロリの回。。


夕食のお買い物に行ってバカたちに見つかってからまれて何とか逃げて
ハンバーグに必要なお肉の代わりにお菓子を買っちゃった。。
ってゆう、ホントに子どもみたい^^

そのショッピングセンターで、バカは床に寝っころがってたけど
高校生がやってたら、お店の人から注意されそう。。

ヲタとロボが引きはがそうってしてたところはマトモそうに見えたけど
そうじのおじさんまでつれてきたところは、やっぱりおバカw
こうゆう子ってホントにいそうだけど
そんな3人のコントに乗ってくるおじさんもおばかw

でも、マンガだから笑ってられるけど
リアルでやって、バカッターとかで炎上する子もいるから気をつけて☆彡


後半、ロリが忘れた体操着をとどけに来た、ひざが悪いおばあさんを
おぶってあげてたバカは、だけで気もちはやさしいみたい。。

ロリが、親の海外転勤についてかないで
おばあちゃんといっしょに残ったおはなしもよかった☆



今回も、おばかでおかしかったけど
ちょっといいおはなしで、イヤな気もちにならないおはなしだったと思う♪
{/netabare}
{/netabare}
第4話「まじめ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
高校受験当日、高熱をはじめあらゆる体調不良によって、志望していた高校に落ちてしまい、さいのたま女子高校に入学することになったマジメこと一奏。辛い3年間が始まると落ち込んでいたマジメだったが、入学式のクラス分けが貼られた掲示板に、ずっと憧れていた鷺宮しおりの名前を見つけ、奇跡が起きたと喜ぶ。しかし、そんな喜びも束の間、中学では一度として崩れなかったロボの表情が、バカによっていとも簡単に崩されてしまったのを見て、衝撃を受けるマジメ。マジメはどうにかロボとお近づきになろうと、バカの観察を始めるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
マジメ回。。

どうして頭がいいマジメが、この学校に入ったか分かってよかった^^
その代わり、どうして頭のいいロボがこの学校に入ったのか気になるw


でも、マジメ回なんだけど、ほんとはバカ回で
ロリがさし出したポッキーを、一口で半分以上食べて泣かしちゃったり
ファミレスで、大きな声で「ウン○ウン○」って言ったり、小学生みたい。。

いっしょにいてもいいことはないけど、おもしろいってゆうのがヲタの感想

マジメにノート借りてって、まじめすぎて眠くなったから写さなかった、とか
から揚げが好きだから、世界の通貨になればいいとか言って
マジメが、そうゆうのがウケるんだって思って
好きなロボに言ってみたら「意味が分からない。。」ってスルー^^;

でも、雨に濡れたまま帰ろうってするロボに自分のカサを貸して
「着衣のままぬれるのが好きなんです」って、ボトルの水をかぶったりしたら
ロボの評価は「おもしろい子」になってたから
バカのマネをする、って、いい案だったのかも^^

あと、木にのぼって下りれなくなったヤマイを助けてほめられたし
じわじわ、みんなの仲間入りをしてるみたい^^



Cパートで、細菌を育ててるシャーレを先生に取り上げられそうになって
「空気にふれるとヤッカイな細菌なので、取り扱かいに注意」って言ったら
先生は返そうってしてたけど、そんなあぶない細菌を学校に持ってきたら
没収だけじゃなくって、停学とか退学になりそうw
{/netabare}
{/netabare}
第5話「りりぃ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
バカたちのクラスに転入生がやってきた。転入生の名前は染谷リリィ。さらさらのロングヘア、ぱっちりとした大きな瞳、瑞々しくぷるんとした唇、扇情的な隆起を描く豊かな胸、きゅっとした細い腰に、すらりとした長い足、そして透き通るような白い肌という、リリィの完璧な美少女ぶりを見て、ヲタは思わず格差社会かと叫んでしまう。リリィはにっこりと微笑んで、自己紹介をするのだが、その内容が好き嫌いのくだりに入ったとき、その可憐な容姿からは想像もつかない斜め上の言葉が次々と飛び出していき……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ザンネン美人のリリィが転入してきて
いつの間にか、バカたちのグループに近づいてたおはなし^^


リリィは男性恐怖症で女子が好き
オスにさわるとアレルギー反応が出るんだけど
どうしてか、バカにさわってもアレルギー反応が出るの。。

でも、先生には服の上からさわっただけでアレルギーが出たから
それってやっぱり、ニガテなものアレルギーなだけなのかも^^


今回1番おもしろかったのは、やっぱりCパートかな^^

ふつうの人対中二病ってゆうのは
「中二病でも恋がしたい!」とか、いろいろあるけど
ボケのセリフが作りやすいのかも?

「親御さんを呼ぼう」って言われたら、すぐふつうになるって
本物の中二病じゃないよね。。
{/netabare}
{/netabare}
第6話「まじょ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ファミレスで、いつものようにバカのすごい話を聞いていたヲタとロボ。そんな三人に久条琥珀という見知らぬ少女が話しかけてくる。琥珀の話によると、双子の姉である翡翠が、バカたちと同じさいのたま女子高校に通っているのだが、とある事情で数えるほどしか学校に行っていないらしい。このままでは出席日数が足りずに、退学処分になってしまうかもしれない。翡翠にどうにか学校に通ってもらうため、バカたちに翡翠と友達になって欲しいという。話を聞いたバカたちは、快く友達になることを引き受けるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はマジョの回だったけど
趣味がドロドロしてるだけで、スナオでいい子だったね^^

それでバカって、ほとんど何にも考えてないから
誰とでも仲よくなれるみたいで、マジョともふつうに話ができてよかった

ただ、話はぜんぜん合ってなかったみたいで
この前のリリィのときと違くて、バカとはあんまりからまなかったみたい。。

その代わり、ヤマイとロリとはよくからんでたみたい?

ヤマイはこわがらせちゃったみたいだけど
ロリとは、スナオなところがあってるかも?

でも性格は、細菌を飼ってるロボのほうが合いそう^^

ただ、どっちもあんまりしゃべらないキャラだから
からんでも、あんまりおもしろそうなおはなしにならないのかも


あと、Cパートの転生あみだくじ。。バカの来世は「顔ダニ」だって^^

「顔ダニ」って調べたら、
「顔だけでも約200万匹がほとんどの人の皮膚の上に生息していて、ひとつの毛穴には5~6匹住んでいる」で「普段であれば悪さをしない常在菌の仲間で むしろ皮脂の量のバランスを保つのに役立っている」みたい、よかったね☆
https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/052600028/052600004/

あと、「何とかダニ」って名前にダニがつくと気もち悪い感じがするけど
それだと、のりのつくだにも食べれなくなりそう^^
{/netabare}
{/netabare}
第7話「やまい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
屋上の給水タンクの上に座って、人間はもっとプライドを持たなければならないとつぶやくヤマイ。そんなヤマイに話があるから降りてこいと言うワセダだったが、ヤマイはワセダの言葉には屈しないと返す。しかし、ワセダが内緒で饅頭を一つやろうと言うと、あっさりと降りていき、いつものごとく進路指導室へと連れて行かれる。ワセダはヤマイの包帯がいつもに増して多いことを心配していて、いったい何があったんだと問いかけるが、ヤマイは大したことじゃないから案じるなと反論し……。
{/netabare}
感想
{netabare}
中二病のヤマイとみんなの、1on1の漫才回で

おまんじゅうで釣ってヤマイとの面談して
包帯ボケ(実はアセモとかニキビとか消せなくなった落書き)に
ワセダ先生が、心と口でツッコむのがおかしかったw


それからUFOキャッチャーで景品を取れなくって
リア充カップルにバカにされてるところにマジメが来て取ってくれて
そのときの2ショットをSNSにUPして
リア充の仲間入りしてみたりw


ネットで買ったガスマスクを気に入ってたんだけど
マジョが出品したものだって分かって
戦争で死んだ人が使ってた、って分かって、気絶しちゃったり^^;


保健室に行ったら、養護の先生がいい人で
話を聞いてくれたから長話になっちゃった。。
でも保健室って、たぶんそうゆう生徒がいっぱい来てるから
先生も分かってて、中二病につき合うフリして教室に返されたり^^


ウラから顔を出す看板にはまって取れなくなってたらバカが来て
いっしょにはまって学校まで来るとか

成績の良かった部活の表彰式で
バカと拍手のさいごの一手を打つ競争をするとか
きっとバカの次くらいにおバカで気が合うみたい^^

おばかな勝負をマジメにするのって
「ベントー」とか「競女!!!!!!!!」みたいでおかしいよね^^


今回は校歌まで、ほとんどずっとクスクスが止まれなかった♪
{/netabare}
{/netabare}
第8話「みずぎかい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある夏の昼下がり、ファミレスに集まっていたバカ、ヲタ、ロボの三人。するとバカが、もしかして人生で一度きりの16歳の夏休みを無駄に過ごしている自分たちは、ものすごい贅沢をしているのではないかと話し始め、さらに女子高生が水着で武装すれば無敵じゃないかと語る。このあたりに海はないと返すヲタに、電車に乗ればすぐ海に行けるし、なんだったら海外でもと言うバカ。すかさずそんな金はないとヲタに一刀両断されるバカだったが、都合良く福引きで特賞が当たるなんてこともあるかもしれないと言い、三人は量販店に向かう。
{/netabare}
感想
{netabare}
おバカ女子高生のおはなしに水着回があるなんて、思ってなかったけど
やっぱり男子サービス回は必要だったみたいw

そんなに水着を着たかったら、入間川でも行ったらいいかもwって調べたら
7年前、入間川中3年の女子4人が夜、学校のプールに忍びこんで
金魚300~500匹を放していっしょに泳いだ、ってゆう記事をみつけたけど
もしかして、同じ埼玉だし、このマンガのモデルになったのかも?w


モテる女の「さしすせそ」は
ただのダジャレみたいであんまりおもしろくなかったけど
夜の学校でクラスメートが次々あらわれるところがおかしかったw

マジョの降霊術で、世界史で分からないところがあったから、って
偉人の霊を呼び出すところがおかしかったw

そんなことができるんだったら
ロード・エルメロイも降霊術で、イスカンダル大王を呼び出したらいいかもw

ほかにもよび出そうってするマジョにリリィが
「そうゆうのは家でやったほうがいいんじゃない?」ってゆうツッコミが
当たり前すぎてふいちゃったw

みんながそろって、水着もあって。。って
うまく行きすぎみたい。。って思ってたら
バカが考えた最恐の学校の怪談だった、ってゆうオチは思ってなかったw
{/netabare}
{/netabare}
第9話「おしゃれ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある日、スーパーで買い物を終えたロリは、帰り道で同級生をいじめている小学生たちを見かける。彼らにいじめをやめるように注意をするロリだったが、小学生たちは言うことを聞くようなそぶりもなく、ロリに対してどこの小学校に通っているんだと凄む始末。小学生に間違われたことに憤慨し、自分が高校生であると主張するロリ。しかし、小学生たちはロリの言うことをまるで信じようとしない。高校生ならもっと胸が大きいはずだと言われたロリはショックのあまり、買い物袋を落としてしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ロリがオシャレに目ざめたおはなしで
失敗ばっかりだったけど
いろいろやってみようって思うのはすごいな^^

にゃんは家にいるときは顔を洗った後に乳液をつけて
あと、ときどき眉毛をそろえるくらいだけど
眉毛を書くとき左右がズレておかしくなっちゃったり
リップをどこまで塗っていいかとか気になるから
週に1回くらいはYouTubeとか見ながらメイクの練習はしてるw


それから、リリィがロリのオシャレを手伝ってたけど
百合系女子だから、ときどきおじさん目線になるところがおかしかったw

でも、こうゆう友だちがいたら、コーデとかいろいろ聞けて
困ったときには助かるかも。。百合だけどw

あと、マジメのショートヘアのアレンジは参考になった^^
自分ではできなさそうだけどw


オタのおいしいもの食べてるときって、周りにメイワクw
ふつうの子かなって思ってたけど違かったw

リリィ(リリィって百合のことだよね^^)のガチ百合ネタに
オタの腐女子ネタを入れて、コントラストをつけたのかも?


それから妹の友だちが来て、引きこもってるマジョに戸を開けさせるのに
「あっ!半透明のマイケルジャクソン!」で開けたマジョがおかしかったw
それと、占いのカードの絵も、なにげにおかしかったw



今回は、笑えるネタはあんまりなかったみたいだけど
オシャレ教室はちょっと役に立ったかも^^

あと、ワセダ先生が出なくって、ちょっと気になったw
{/netabare}
{/netabare}
第10話「ろぼ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
廊下の掲示板に張り出された2年生に進級したときのコース分け。事前に文系か理系かを選択し、そこには選んだほうが記載されているはずにも関わらず、バカのところには未定と書かれていた。まだ進路希望の紙を提出してなかったのかと聞くヲタに対して、ちゃんと出したはずと答えるバカだったが、そこにワセダが現れ、お前は進路希望を意味を理解していないと、バカを進路指導室へと連れていく。進路指導室から教室に戻り、貴重な休み時間が減ったと喚くバカに呆れるヲタ。そしてふとしたことからバカとヲタの喧嘩が始まってしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ロボのおはなしだったけど、ヲタとバカのことも。。

3人が性格とか、ぜんぜん違うのに
いつもいっしょにいるのが、ちょっと気になってたけど
3人って、幼なじみだったんだね^^

ヲタとバカがケンカしたときに
ロボがバカのことよく知ってるなぁ。。って思った^^


天秤はよく分からなかったけど
鉛筆削りのカスとか、プチプチとか、針に糸を通すとか
オセロを全部自分の色にするとか、にゃんでも、ケンカを忘れちゃいそう^^

あとは、リンゴの皮とかも1回も切れないでむけたら気もちいいよね^^


あと今回は「男子高校生の無駄づかい」。。ってゆうか
ふつうだったらラブコメになりそうなんだけど
ラブギャグになって「友達の家はなぜほんのり臭いのか?」ってw

でも、友だちじゃなくっても、ほかの家って臭うよね^^
あと、修学旅行から帰ったときとかって、自分の家でも臭う^^

さいごは男子がコクろうってしたんだけど
なぜかBLオチになって、ヲタがアスナで
2人の男子がキリト、ユージオだったのもおかしかったw


それからヲタの好きな低所得Pが、実はワセダ先生ってゆうのが分かったけど
これっていつか、ヲタが気がつくのかな?

それとCパートで、いつものワセダ先生とヤマイのコントだったけど
ヤマイのキャラが変わってて、あんまりおもしろくなかった。。
{/netabare}
{/netabare}
第11話「ゆめ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
年末が近づいたある日、机に向かって漫画を描いていたヲタだったが、中々アイディアが浮かばずスランプに陥ってしまう。気分転換をするために、低所得Pの楽曲を聞き始めたヲタは、こんなに素敵な曲をどうやって作っているのか、作っている人はどんな人なのだろうと恋にも似た思いを馳せる。どうにかしてこの熱い思いを届ける方法はないかと考えているうちに、ヲタはかつて歌ってみたをやるために、機材一式を買い揃えていたことを思い出す。一度は難しくて挫折してしまった歌ってみただったが、低所得Pに気持ちを伝えるため、ヲタは再び歌い始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
ただのさえない先生が、あこがれの低所得Pだって分かったヲタが、
自分も低所得Pに負けないようにがんばろう!って思うおはなし。。


いつものおばかな日常系のおはなしをやりながら
ふだんは空気みたいに思ってた人が
実は、人生の中でとっても大事な人だった。。ってゆう感じで
オチがあるのかな?って思ってたけど、ふつうにいいおはなしだった☆


先生がヲタを追いかけて会場を出て
正体をあらわすところとか、ちょっとカッコよかった♪


ギャグはシュールでよく分からないのが多かったけど
ピーナッツの服を着た人が、変なコメントをするところがおかしかったw


あと、ワセダ先生って
あんなふつうの日常からいい曲を作るって
とっても繊細な気もちを持ってるのかも?

尊敬する人が、こんなに近くにいるっていいね☆
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 230
サンキュー:

36

ネタバレ

アレイ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

毎週見てる

8話視聴 {netabare}
夜にプール許可なんて出ないから夢オチと思ったら妄想オチだった。でも妄想オチだったとはいえ勢揃いでプール楽しんでるシーンが楽しそうでよかった。勢揃いで楽しんでると嬉しい気持ちになる。

バカの胸水増しは「だよねー!やっぱ、オチだったよね!(謎の安心感)」という気持ちになった。 {/netabare}

11話{netabare}
2人が会ったらどうなるんだろうかと僕もハラハラしてました。
オタ良かったね。一つ大人になれたんじゃないか?(^^)
オタとワセダの最後のノートのやりとりはいい締めでした。
最後のバカの占いは何だろ?
ギャグなくても全然いい話でした! {/netabare}

投稿 : 2019/09/13
閲覧 : 62
サンキュー:

13

ネタバレ

Progress

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

女子高生の無駄づかい レビュー

ー---------ー---------
introduction(公式サイトより引用)
浪費する、青春――。
WEBコミック誌「コミックNewtype」で大人気連載中の
学園ガールズコメディが待望のTVアニメ化決定!

ちょっと残念な女子が集う、さいのたま女子高校を舞台に、
とてつもないバカ・田中(通称:バカ)、
アニメや漫画を愛するオタク女子・菊池(通称:ヲタ)、
いつも無表情でロボットのような少女・鷺宮(通称:ロボ)を中心に、
個性豊かで魅力的な仲間たちが、女子高生というキラめきに溢れた青春を
無駄に浪費していく抱腹絶倒のJK学園コメディが今、幕を開ける!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず言わなきゃいけないのは、これがコメディとして面白いことです。
ほとんどが「伝わる」ネタで構成されており、別作品のオマージュによる「わかる」ネタではないように思えます。
テンションの上下であったり、勘違いネタ、痛いキャラに突っ込みを入れるネタなど、日本の漫才的な要素が含まれているように思えます。

なぜコメディとして面白い、密度が高いという感情を理由付けしたいのではありますが、作品中におけるネタのボケとツッコミの関係の成立を一つ一つを説明するのは手間です。
そこで着目したのは、「伝わる」ネタと「わかる」ネタの違いについてによって、ボケとツッコミの関係を考えてみます。

例として、ポプテピピックのような、わかるネタによって構成されている作品は、ボケが作品であり、ツッコミが視聴者です。つまり、ボケに対して視聴者はボケを「わから」なければいけません。(作品によるボケは、登場人物だけでなく、場面によってもボケを作っています)
分からないネタが入ることによって、時間的に笑いの密度は下がっていきます。(ポプテピは、そこを補完する声優交代方式など、万人に面白さを伝わらせる仕組みを作ってはいましたが)

一方で、「伝わる」ネタは、別作品を見ていなくても面白いネタです。伝わるネタの仕組みは、作品中にボケとツッコミの人物が存在します。作品中では、一般的なことからかけ離れた事をいうボケに対し、ツッコミが秀逸な「返し」で落とす。これの連続がすべてわかることによって、笑いの密度が高く感じるのだと思います。そして、このボケが滑っていないこと、ボケがわかりやすいという要素によってこの作品の笑いの連続、密度の高さが維持されているのでしょう。

(蛇足ですが、この作品の、電車内での他愛のないバカ会話という、場所に関係ないネタ、ポプテピのように場面まで作ってオマージュでボケる作品によるネタ、この違いも、作品構造において重要な物があると思いますが、今は回答を保留しておきます。)



さて、本題として話したかったのは、「無駄遣い」部分について。
タイトルに縛られる方式は好きではありませんが、確かに時間の無駄遣いだと、内容からタイトルの意味へフィードバックされた感があるので、少しまとめます。
まず、作品の内容、物語としては、登場人物たちが、女子高生の横の繋がり(edにおける人物が横に流れる演出から想起される)を描く、友達としての会話の中でとりとめのない日常(密度の高いコメディ)が進行します。

ここにおいて、とりとめのない日常など、過去の作品を見れば、いくらでもあるじゃないかと言えばそうなのですが、私がこの作品で評価したいのは、登場人物それぞれが、女子高生の世界と別の世界を持っている事を描くことに成功している事だと思います。

例えば、オタに関して言えば、腐女子世界やボカロ世界といった世界を持っています。ロボに関して言えば科学全般の世界です。ロリは家族の世界等々、色々な世界があります。なぜ趣味と言わないのか、と言えば、ロリを参考にすれば、おばあさんとの生活は、趣味ではないからです。バカは、普通の人には思いつかないバカの考え方によるバカの世界(世界の見え方が、バカは考え方によって変わっていること)があります。

そして、そのジャンルに関連してメインの物語が進行する、というわけではなく、あくまで作品の主軸は女子高生の世界にあり、登場人物達はその世界に入りこもうとはしないのです。(教養小説のように一つの分野に主人公が入り込んでいき、人間的に成長するという事が今作品にはないのです。)

ボケとツッコミの話に戻れば、ツッコミが女子高生世界の住人であり、ボケは別世界が行っています。
簡単にロリのストーリーからそれを考えていきます。ロリはおばあちゃんとの世界の住人であり、その世界で育成されたロリの閉鎖的な一面、つまり普通の女子高生より擦れておらず、化粧の仕方もわからず、下着の知識も乏しい。そういった、別世界によって作られたキャラクター性を、女子高生世界の住人達が、驚きというツッコミによってコメディとし、物語を進行させています。

また、ボケとボケによるボケの重ねにツッコミという少しレベルが上がったネタがあり、女子高生世界に別世界の住人二人と、女子高生世界のツッコミ一人というトリオ構成が、この作品では多いのです(opの三人でジャンプのシーンから想起される)。

こういった、登場人物一人ひとりの世界を作りつつ、女子高生の世界の中に複数の世界を収めてコメディな日常を進行させるという、作品を全体で見たときの面白さがあると感じました。(これは、「けいおん!」に代表される女子高生が特定の趣味に没頭する作品と、構造が違うところが、私の興味を引いた理由なのだと思います。)

コメディの話にそれましたが、話を戻すと、それぞれの登場人物が、それぞれ別の世界を縦軸に持ち、高校というコミュニティの中で世界が横軸に会話の回数や時間によって接続しあっているのにも関わらず、なにか物質的なあるいは芸術的な創造が全くなされることがない、相関関係がないことから、確かに無駄遣いというタイトルは適当であると。

しかし、彼らのZ軸、関係軸というのが適当かはしりませんが、視聴者が視点を変えることによって見えてくる、横軸とZ軸のとの相関関係を感じることもできるのではないでしょうか。それは、物質的または芸術的な、五感によって感じるものではなく、人間のかかわりあいの中に感じる関係性の深さ、友情と呼ばれる物を、各話によって描かれる繋がりの回数や出来事によって得ることができるのかもしれません。

ただそれぞれの縦軸と横軸に相関関係がないことから、あの日常の中で一つの世界を深めるようなことによる、社会的文化的価値の創出が描かれていないのですが、Z軸を価値のあるものをして、もしくは「尊さ」と言われる友情の判断基準を使うと、この作品の人物達のコミュニケーションの価値が、作品の価値の一つとして提示できるのではないでしょうか。この価値基準は、特定の趣味に没頭する女子高生たちが深める友情の尊さという物と同じ軸にあるとは思いますが、友情の深め方の違い、過程の違いがあるという事、とりとめのない日常に存在する友情という物が、果たして一つの事に没頭して生まれた友情(文化的な縦軸とも関係性が生まれた物)と優劣をつけていいものか、そんな疑問を問いかけてくる作品だと思います。

投稿 : 2019/09/07
閲覧 : 89
サンキュー:

20

ネタバレ

古川深夜

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

評価できるいい作品

まあ ボケも面白いですし
一番驚いたのは 終盤になったときの演出が素晴らしいと思います ホルマリン漬けにしたチョコバットをみて一生忘れないとゆう ラストや 表現がうまいのが驚きましたね センスもある

投稿 : 2019/09/07
閲覧 : 48
サンキュー:

2

ネタバレ

KANO

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ほんまアホやで

7話まで視聴

7話流石に笑いました。ここが勝負回でしょうか。
教師も大変ですね、本当にこんな生徒いたら。
にしても面白い回でしたね。最後まで笑わせてください。最後に大阪弁で
ほんまアホやで

9話迄視聴
リリィのあだ名はなるほど、今頃気付きました。
それにしても二人揃ってハァハァ言うなよ(^^)

投稿 : 2019/09/06
閲覧 : 80
サンキュー:

15

ネタバレ

しゅう

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

毎回楽しみ

8話まで視聴済。
ありふれた異世界ものより数倍面白いです。
ホントくだらないんだけど、シュールなお笑いが好きな自分にはツボでしたd('∀'*)
特に7話は序盤から飽きさせず神回かと…
やまい&わせだ、やまい&バカの絡み最高でした✨

投稿 : 2019/08/26
閲覧 : 37
サンキュー:

7

ネタバレ

タック二階堂

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

うーーーーーーん……から一転。一気に面白さアップ。

詳細は公式でも。

女子校に通うことになった3人組。モテたいけども
モテないのはなぜ? と自問自答するコメディ。
という感じです。

まあ、要は「日常」とか「あそびあそばせ」と同じ
構図なわけですよ。女子3人組のコントという。
ただ、初回に関しては上記の2作品には遥かに
及ばないです。

せっかく赤崎、戸松、豊崎という、なんとも豪華な
キャストなのになえ。

とりま3話まで様子見です!

=====第2話視聴後、追記です。

と、初回の手応えは微妙と思っていたのですが、
2話に来て一気に面白く感じてきました。

なんというか「あそびあそばせ」感もあり、古くは
「稲中卓球部」的な何かがある気がしています。

これは継続視聴しましょうかね。

=====第3話視聴後、追記です。

あれ?
これ、すげえ面白いんじゃ…?

今回はロリ回。
ロリとロリばあちゃんの心温まる?話でした。
いつ「マジやばくね」って言い出すかって感じ
でしたがw

ちょっと期待してもいいかもです。

=====第7話視聴後、追記です。

序盤からレギュラーで出ている、やまい掘り下げ回
Death。

この作品ほど評価うなぎのぼりなモノはないです。
何というか、凄く丁寧に作っているのが観ている
こちらに伝わってきます。
作画もかなり良いです。個人的には、まじょの
キャラデザが好みです。かわいいですね。

今回最大のダークホースは、これでしたね。

投稿 : 2019/08/19
閲覧 : 75
サンキュー:

7

ネタバレ

ちゃろう

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

主人公をどう感じるか

それでこの作品の面白さがかなり変わってくると思います。

この手の作品の王道のキャラづくりである、バカ、オタク、ミステリアスのトリオを軸に中二病や真面目キャラ等、わかりやすいキャラはそれだけで魅力があるし王道である分とっつきやすさはあります。

が、主役3人組のバランスがいまいちよくない。というのも主人公のキャラだけが突き抜けてしまっているのでうざく感じてしまう。

バカ、オタク、ミステリアスのトリオでぱっと思いつくのが「日常」の三人組だがゆっこのような愛嬌や可愛げが全くなく、ただのいらんことしーのうざいだけの描写ばかり。そしてそのいらんことしーの行動に対して何も痛い目に合っていないから見てるこっちもイラっとしたまま終わる。

さらに性格が気が強い目、空気を読まずぐいぐい行くほどの図々しさ、我が強い等、かなり強めな性格に対してルックスは地味でモブの様。これが悪いギャップを出してしまってるからなおさらイラっとする。

主人公なのでキャラを濃くするのは別に構わないが可愛げがないとこの手のキャラはただのうざい奴になってしまう。

例えば4話でロリがボッキーをお裾分け、全部食う、ロリ号泣、ここまでは話の展開として別にいい。だけどそこから何も痛い目を見ずさらに「夢だー」とか「乗り越えろー」とかうざい発言をかぶせられても正直面白くもなんともない。ただうざいだけだし後味の悪い不快感だけが残る。

その他のキャラは良いと思います。特にロリは小さい、けど口調はきつい、だけどおばあちゃんっ子といいギャップを出してる。
先生だっていいキャラだ。
他のキャラも王道で分かりやすくとっつきやすい。

それだけに主人公の愛嬌のなさ、可愛げのなさがもったいない。主人公だけに登場時間は長いですからね。

投稿 : 2019/08/15
閲覧 : 23
サンキュー:

2

ネタバレ

イヌイル

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

バカを求めたらここにたどり着いた

1話まで視聴
去年を思い出しました。
どうしても比べてしまいますが、面白いです。
最初の時点でそっちをくわえるのかよ!
ミwドwリwムwシw
センセーーーーw w w w
突っ込み所満載です。
キャラも全体的に濃いなと思ったんですが
バカだけが飛び抜けている感が半端なかったですね。
まあ、これから期待ですね。
面白かったです。見続けたいと思いました。
レビューを見ていただきありがとうございます。

投稿 : 2019/07/19
閲覧 : 38
サンキュー:

4

ネタバレ

ERRUE

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:----

男子ならぬ「女子高校生の日常」

タイトル通り、一昔の日常ギャグ漫画の再来のような内容でした。
とにかく、声優陣の演技が面白くてツボにはまりましたw

≪1話≫
{netabare}
登校シーンがまさに「男子高校生の日常」。これはキャラのモーションだけで笑わせにくる作品だと感じました。

まず担任の教師の言動がアウト過ぎて爆笑しましたw

そして、強烈な個性の塊の女性陣3人。

クラスメイトに「あだ名」を付けるという何気ない行為で、此処まで笑えたのは久々。

中学校時代に暇を潰してました。主にニキビを潰してました。はある意味明言w

特に「戸松遥」さんの演技は、完全に素の性格丸出しで笑えました。「SAO」のアスナさんしか知らない方はギャップの差に悶絶かも知れません^^;

まあ、ストーリーは例えクソだったとしても、ギャグだけで十分笑えそうなので、このまま視聴続行ですねw
{/netabare}

≪2話≫
{netabare}

何か色々とクラスメイトにも痛い人が目立ち始めました^^; 明らかに中二病的な子がいますが、トリオのバカが頭一つ抜けてヤバイ子なので、中二病がマシに見えてしまうのは何でだろうw

また、最期のお菓子をめぐってのジャンケンには笑わされるw「最初はエックス!」そんな掛け声は初めてw

ヲタの漫画では、面白い・つまらないのコメントすら出ず、構図・パースの取り方から突っ込みどころ満載で笑わされました。

この作品を視聴してて、中二病や痛いキャラを出すなら、ギャグやコント系のアニメにしないと駄目だなぁと痛感。

{/netabare}

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 37
サンキュー:

4

ネタバレ

Dr.k(甘味亭)

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

気だるげな時間に挟まるちょっとした葛藤。これぞ...

青春と言わずして何という、という感じですね。

基本的にはシュールよりのコメディ(笑い)だけれども、笑いだけではなく……少し心の底に残る何かがある。この"何か"を言語化するのが難しい。月並みな表現だと「青さ」と言うことになるのか……?
ともかく、その感覚が観ていて心地よい。

加えて個人的にロボさんのツッコミのセンスが堪りません。彼女のセンスとユーモア、一体どこから出てきているのだろう。

2話のオタさんフォーカス回も面白かったです。
{netabare} 膝のくだりものすごく笑いましたが……
これ、二次創作とかしている人には笑えない話なのかもと思ったり。{/netabare}

2話まで視聴して……
(世間的にはそこそこの評価のようですが)私のツボにかっちり合う作品が来た!という印象。

OPも、よくあるキャラソンとは一線を画したちょっとオシャレな曲。何度も聴きたくなります。このOPは飛ばせない、むしろ見ていたくなる……。

最後までしっかり楽しんで観ていこうと思っています。(適宜…最低でも12話終了後には加筆します)

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 30
サンキュー:

5

ネタバレ

カボチャはんたー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

現実のJKと大差なし!!

JKという限られた貴重な3年間
マジで皆さんあっという間なので大切にしてください(´ω`*)ノ
この子めっちゃ腐女子や

1話{netabare} !
パンのくわえ方(笑)
田中望って子がバカってことはわかったw
こういうOPもいいな

いつ面集合って感じだな
小学校ぶりって感じか
往来で食パンくうなw
なんでジャムも…ミドリムシってw
腐女子ちゃんツッコミ役か

望バカだw
どんな名前だよw寝てて受かったってw
頼みの綱担任…女子大生派とか何言ってるんだこいつw
真面目な顔して何言ってるんだ(笑)
JKの恋愛なんてファンタジー名言だな
よろしくといえる雰囲気じゃない諦観

菊池なめられてるw
鷺宮ちゃんは微生物系女子なのね

何?百葉箱に乗ってる子に話しかけるなw
中二病なんだからwww
ちっちゃい子で可愛かったら目立つよな
発想がバカだなぁw

一と書いてにのまえ
ヘッドホン系女子
株価とかチェックしてる=真面目につながる
ろくでもないやつ
ドアノブ、ダイオウイカ、クラスのやつの渾名適当につけすぎ
菊池=キモオタ、鷺宮=ロボ
お前のキャラはバカだろw

時々ではなく全部悪口だろうw
二等身に決定(笑)

JKってバカな会話してるのな
こいつすごい自信だなw
ざわざわ(笑)(笑)(笑)

百井ちゃん=ロリってあだ名言うなw
おばあちゃんっ子見られた(笑)
雑魚キャラw
家族が裸族www
結局どの渾名でもメンタル削られるww

先生よく補修にお付き合いしてるな
なぜモテないのか?という人生の問題

こういうやつにJD語らせると長いぞ
こいつの思考回路あほ過ぎだろ
モテたいというだけで行動をするこいつ

運命的な出会い
幼馴染もいないし図書館もいない
お前血液型AB型RH-でもないだろw
菊池のツッコミ的確w
結局おもしれー女って言われたいの?
結局おもしれー女(笑)

ありのままのこいつ…か
渾名=バカに決定
おもしれー女第二候補だな

バカってたまに真芯突くけど
オタとロボの冷静さ流石だわw
女は案外評価してるからな~
{/netabare}

田中 望(たなか のぞみ)バカ
渾名の通り、底なしのバカで、本能の赴くままに行動することが多い。誰とでも分け隔てなく接することができ、何事にも物おじしないが空気も読めない。特に何も考えていないため、ときどき物事の核心をつくこともある。


2話{netabare} さすがバカ前置きが長いw
諦めたらはwたしかに安斎先生のセリフだわ
菊池ちゃんのツッコミ力と鷺宮ちゃんの抜身の刀のような発言グッジョブw
この作品試合終了間際な奴よく出てくるよなw

菊池ちゃんがまごうことなきオタクで(笑)
無視される友達wwwwww
この子漫画家目指してるのか
夢の印税生活なんて夢のまた夢

ラインみただけで殴りたいwwww
男落とす自撮り顔ってww
鷺宮ちゃんすごく寝れちゃうタイプなんだな

山本ちゃん…あー先生大変だなぁ
菊池ちゃん…そういうボケもできるんだな
望…諦めるな(笑)(笑)(笑)

服を脱がそうとするという蛮行に励むバカ
一ちゃん真面目だなぁ
たしかにメンタルに大けがを負ってるな
かわいそうなやつだなっていう目
そして強がってるんだよな~(笑)
僕っ子なのはポイント高いな

チョコ菓子一つで争うJK…
菊池ちゃんのツッコミ力
鷺宮ちゃん改めロボの適応力w
警察手帳を落とした鈴木最低だな
醜い争いだな

少女漫画描いてるのか
オタの漫画を読んでほしいか
バカは…あー
今の漫画家は全部電子上でできるんだな

細かいところ気になるわな
作画は大事だな
ギャグとしてなら面白かったと思うぞ

出た!魔法少女まほw
膝が曲がらないなんてポンさんくらいしか思い浮かなばないのだがw
悪の化身パンデミックw
これ…ギャグとしてなら面白い

休みたくなる時ありょね
オタうるせーなwwwwwwwwww
顔が作画崩壊するんだオタ(笑)
ロリにはまだ早い

素に戻るのは現実を見させるのが
オタとことん腐りきってるな
いけちゃったやつだな(笑)

昔描いた漫画とか黒歴史だろ
だけど発想力は当時の方が上だな
パーツの概念ってツッコミが一番好き
内容は面白かったな

昔から見たら画力上がってるな
膝頑張れwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

この作品基本みんなボケてオタがツッコミいれるだけで面白いと思う

中二の子…頑張れ(笑)
先生って職業大変だな
先生もツッコミ上手いな
JD絡まなせければまともなのかもしれない
ダークソウルは身近にいた
楽しそうだなこの学校
{/netabare}

菊池 茜(きくち あかね)オタ
アニメやマンガが好きなオタク趣味のある少女。そのほかは至って普通なため、バカの言動に対して反射的にツッコミを入れてしまう。漫画家を志しており、自作の漫画を描くこともしばしば。低所得Pの大ファン。

投稿 : 2019/07/13
閲覧 : 60
サンキュー:

4

ネタバレ

chaosT

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

1話

1話の後半でこっちの体力ゼロでした
1笑いもないまま1話終了
いやこれマジでどの年齢層狙ってるの?
久々に1話で心折れました

投稿 : 2019/07/13
閲覧 : 51
サンキュー:

4

ネタバレ

TaXSe33187

★★★☆☆ 2.7
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

「おバカキャラ」じゃなくて「バカ」

1話ラスト付近の「おもしれー女」連発の部分は割と笑えた
ただ、それもツッコミにいじらせないと単体で笑えるような感じでもないかな、という

おバカな女子高生によるギャグ主体の日常もの、というのは今となっては安定した面白さのメジャージャンルなんだけど、これはなんか笑えないかな……

「賢いけど悪ふざけがすぎる」とか「アホだけどユルい天然キャラ」とかじゃなく、「全方面にバカ」ってのは妙なリアリティがあってキツい

「キルミー」くらい登場人物全員おかしいギャグ特化ならまだしも、舞台設定が割と普通なだけに「おバカキャラ」じゃなくてマジな感じの「バカ」に見える
今期の「荒ぶる~」みたいな「全員普通なんだけど結果暴走してギャグ化」と違って「マジで常識ない人間が非常識な振る舞いをする」みたいな印象
そこに一切のギャップが無いから、「あーはいはい、こいつバカだからそりゃ何でもするだろ」っていう呆れが先に立ってしまう

入学直後の同級生にいきなり男を紹介しろと絡んだ挙げ句適当なあだ名を付けていく、授業で堂々と分からないことをアピールする、補習でふざけ続ける……
こんなことを終始続ける人間が馬鹿なことをしても何の起伏もない
というか行動の半分以上が周囲の人間への迷惑になるって普通に不快でしょうと
結果として友人のツッコミがボケへのツッコミというか、ダメな友人をフォローするだけ、みたいな状態になってしまっている

もっと飛び抜けてギャグに向かっていくか、ユルいコミュニティの会話主体にするかしてくれると嬉しいかな、という感じ

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 43
サンキュー:

2

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

女子校JKたちが笑いを取るようです(第一話視ました。)

(タイトル漢字間違訂正;07/JLY/2019)
勿論コメディです。高校一年生ぐらいの時分の自意識過剰や同級生との距離感などの感情や行動をたぶん上手く表現しているのでと思います。

CV陣を貼っておきます。
田中 望(バカ):赤﨑千夏
菊池 茜(ヲタ):戸松 遥
鷺宮しおり(ロボ):豊崎愛生

百井咲久(ロリ):長縄まりあ
山本美波(ヤマイ):富田美憂
一 奏(マジメ):高橋李依
染谷リリィ(リリィ):佐藤聡美
久条翡翠(マジョ):M・A・O
佐渡正敬(ワセダ):興津和幸

第一話は、クラス全員のニックネームを田中 望(バカ)が考えていました。登場キャラたちはみな個性的な特徴を持っているようです。「バカ」はものすごくカレシが欲しいようです。

次回もたぶん視ると思います。

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 11
サンキュー:

7

ネタバレ

taijyu

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

面白くないことは無いですが笑えたかというと微妙。可愛くは無い

1話感想

1話を見るときは見続けるか切るかを判断するのが第一目的です。
でまあ本作は微妙なライン。

内容としてはギャグで、ギャグってのはヒットするかしないかすっぱり分かれて、ダメな時は本当にダメです。
でまあ本作については…微妙。
面白かったとは言えるのですが、笑えたわけではない。

とりあえず田中はあまり可愛くないですね。
長瀞さんとか宇崎ちゃんとか、世の中うざいけど可愛い女子高生が多い中で、うざくて可愛くないのはちょっときついです。

でもまあ面白かったのは確かなんですよね。田中のあけすけなバカさ加減はまあ微妙に面白かった。あと担任。
ただ面白かったけれど吹いたり笑ったりはしなかったのはあまりツボにはまらなかったってことだとは思う。
というわけで視聴ラインかどうか非常に難しいですね。

可愛くもないし才能もない自分にあるのは若さだけ、という発言は非常に自分のことをよくわかっていてそこは納得できました。非常にごもっとも。
でもその通りだから女子高生を無駄使いしている場合じゃないよ、と言ってやる人が居ないところが何かモヤモヤします。
皆冷たいですが優しくするだけの価値が田中にないのも確かで…。

面白いとか笑えるとかより、何かこうモヤっとする方が多い感じですね。
このモヤッと感が面白いと言えば面白いのですが、心地よくは無いのであまり見たくなくて悩んでる感じです。
まあもうちょっと考えます。

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 91
サンキュー:

4

robuspi

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2019/09/11
閲覧 : 1

lRRTT05530

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/09
閲覧 : 4

kororin

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/09/09
閲覧 : 4

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 5

万華夢

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 1

22

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/09/03
閲覧 : 1

燕雨

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/08/31
閲覧 : 1

蛍火

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/08/31
閲覧 : 1

トラビス

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/08/28
閲覧 : 6

ニッケル水素電池

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/08/28
閲覧 : 2

deen

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/27
閲覧 : 2
次の30件を表示

女子高生の無駄づかいのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
女子高生の無駄づかいのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

女子高生の無駄づかいのストーリー・あらすじ

ちょっと残念な女子が集う、さいのたま女子高校を舞台に、とてつもないバカ・田中(通称:バカ)、アニメや漫画を愛するオタク女子・菊池(通称:ヲタ)、いつも無表情でロボットのような少女・鷺宮(通称:ロボ)を中心に、個性豊かで魅力的な仲間たちが、女子高生というキラめきに溢れた青春を無駄に浪費していく抱腹絶倒のJK学園コメディが今、幕を開ける!(TVアニメ動画『女子高生の無駄づかい』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年夏アニメ
制作会社
パッショーネ
公式サイト
jyoshimuda.com/
主題歌
《OP》田中望(CV.赤﨑千夏)菊池茜(CV.戸松遥)鷺宮しおり(CV.豊崎愛生)『輪!Moon!dass!cry!』《ED》田中望(CV.赤﨑千夏)菊池茜(CV.戸松遥)鷺宮しおり(CV.豊崎愛生)『青春のリバーブ』

声優・キャラクター

赤﨑千夏、戸松遥、豊崎愛生、長縄まりあ、富田美憂、高橋李依、佐藤聡美、M・A・O、興津和幸

スタッフ

原作:ビーノ(KADOKAWA「コミックNewtype」連載)
総監督:高橋丈夫、監督:さんぺい聖、シリーズ構成:横谷昌宏、キャラクターデザイン・総作画監督:安田祥子、サブキャラクターデザイン:古川英樹/番由紀子/満若たかよ、監督補佐:橘紗央莉、美術監督:斉藤隆博、美術設定:中村嘉博、色彩設計:鈴木咲絵、撮影監督:山本弥芳、編集:丹彩子、音響監督:明田川仁、音楽:菊谷知樹、音楽制作:KADOKAWA

このアニメの類似作品

この頃(2019年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ