「あかね色に染まる坂(TVアニメ動画)」

総合得点
77.7
感想・評価
1761
棚に入れた
9862
ランキング
409
★★★★☆ 3.5 (1761)
物語
3.4
作画
3.5
声優
3.8
音楽
3.3
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Dkn

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

オリジナル声優を使わないなんてきらいだあ

風音とミンゴスを出せぃ!(ワガママ

投稿 : 2019/05/26
閲覧 : 45
サンキュー:

3

ネロラッシュ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ツンデレ

ギャルゲーのアニメ版。
ツンデレ許嫁&妹&ハーレム物っす。

物語のテンポがいいし、釘ちゃんのツンデレはさすがですけど、元永慶太郎氏&上江洲誠氏School Days タッグにしてやられた。
ラストがそっちとは( ̄▽ ̄;)

なんかゲームを買って全員攻略したくなった。
同時攻略は不可だろうが(苦笑)

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 72
サンキュー:

2

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

制服の可愛さに惹かれた

●視聴したきっかけ
{netabare}
あにこれでなんか恋愛ものないかなと...
探していたときにこの作品に出会いました。

第1印象が凄く制服が可愛らしくて
これは絶対に見るべきかなと思いました。
もしかしてしたら一番可愛い制服かもしれない。

{/netabare}

●評価するポイント
{netabare}
今回素晴らしいのは、キャラへの愛情です。
物語はそこまで特化はしておらず、
原作18禁ゲームの力を生かしており、
特に制服姿のみんながとても魅力的に描かれています。

またこの作品は、
【Toloveるシリーズ】みたいに白い線や白い煙がありません。
(dアニメストアで確認)
何故なのかは分かりませんが、
取り敢えずラッキーと思いながら視聴していました。
この作品の絵柄が凄く【ましろ色シンフォニー】と似ているのは
気のせいかな?
でもましろ色シンフォニーは原作はパレットなので、
違う会社のはずなんだけど...まあ、いっかあ。

先ほどキャラへの愛情と言いましたが、
私は特に妹が可愛いが可愛くて死にそうでした。
久しぶり推しキャラ登場という感じです。
キャラ的に【D.C.~ダ・カーポ~】の音夢ちゃんと性格が似ているし、
もしかして声優さん同じなようにも聞こえる。

この作品のストーリー構成は、
今でも昔でもありそうな展開ばかりで面白いという感じではなく、
単純に可愛いキャラを見るだけのアニメと思ったほうが全然良いと思います。
きらら系みたいな捉え方になるのかな。
{/netabare}

●全体の感想
{netabare}
ストーリー ★ 2.5
{netabare}
ストーリーに関しては本当にテンプレな感じです。
ストーリーは誰でも「次はこういう展開だろうな」
と思えるほどわかりやすい作品です。
そこがいいと思う人もいるかもしれませんが...

少し自分で考えただけで直ぐその展開が起きるというのはいかがなものか。
テンプレの展開だとストーリーに関しては
全く力を入れていないように捉えてしまいがちだと思っています。

原作18禁ゲームのアニメでは後半からが本編なので
前半だけ見ると酷く見えることが多いのが欠点とも言える。
今アニメを放送すると視聴者獲得は難しい。
人それぞれかもしれないが、3話切りなどする人は意外と多い場合が
あるため、後半まで見てね。ということは
ある意味視聴するのが苦痛と感じてしまうことがあるのではないだろうか。

これは現代でいう「異世界なろう系」の象徴的なことと似ている。
特にこの時代では恋愛アニメ = 原作18禁ゲーム という概念が多い。
それはもうなろう系に近く、そのようなジャンルを多く見てきた
視聴者は、「またこういう系か」と思う方が多いのかな。
この頃のアニメに関してはにわか知識なので間違ている可能性はあるかも。
{/netabare}
作画    ★ 3.5
{netabare}
作画面に関しては、当時からすると
わりと安定していたほうだと思います。

当時は、全く深夜アニメを視聴しておらず、
どのくらいのクオリティが凄いのか分かりませんが、
この年代のアニメからすると優秀なように感じます。
意外とキャラの裸シーンでの
全体絵が比較的に上手いように見えるのは気のせいかな?
{/netabare}

{/netabare}

●話数ごとの感想
1話 - 5話 2019/01/15 初視聴
{netabare}
何だろう「こんなにテンプレな展開あるかぁ」
というぐらいテンプレすぎて
ストーリーは面白くないといった方がいいかもしれないが、
キャラデザインと制服がどの作品よりも可愛らしい。

制服のセンスありすぎw
胸の描写ありなんだ。
流石というかこの頃から優秀すぎないかw

{/netabare}
6話 - 7話 2019/01/16 初視聴
{netabare}
ここまでのハーレム状態を作れるのが羨ましいかもしれないです。
そろそろ湊ちゃんと優姫の対立が起こりそうで続きが気になります。

これって【D.C.~ダ・カーポ~】みたいに
後半からシリアス展開とかにならないよね...
{/netabare}
8話 2019/01/16 初視聴
{netabare}
ついに同居がバレかけるようになるんですね。
「流石に気づくだろ」と思ったけど
思うのほか平気なのが気になる。
【おくさまが生徒会長!】みたいな展開かな。
先が結構気になる。
そういえば、優姫の父親の対立はどうしたんだろう?
{/netabare}
9話 2019/01/18 初視聴
{netabare}
兄さんのお誕生日会。
ケーキ作りに励む優姫ちゃん。
ケーキのレシピを試行錯誤して完成させた湊ちゃん。
ケーキに満足する兄さん。

二人の距離が近づいていく優姫と
距離が近づいていくに連れて
妹の存在意義がなくなっていくような感じになった
湊の気持ちが強くなっていく。

10話から少しずつ人間関係が壊れそうで恐ろしい。
これ...絶対に崩壊するパターンだよね?

今だけど、妹のテニスウェアの姿が可愛い。
【俺妹】みたいに妹が勝利するパターンがありそう。
でも、このパターンだとその逆があるかもしれない。
{/netabare}
10話 2019/01/18 初視聴
{netabare}
ついにこのパターンが来てしまったか。
ここから先が見たいようで
見たくないと気持ちになってしまう。

【D.C.~ダ・カーポ~】と同じような展開になりつつあるかな。
どうしてこうなってしまうのか
そろそろ一夫多妻制度入れてもいいじゃないですかね

このような場合って可愛いほうがいつも切ない感じがする

{/netabare}
11話 2019/01/18 初視聴
{netabare}
テンプレってすいませんでした。

絶対に妹ルートの方向に持っていくと予想していました、
私の中で優姫の株がストップ高状態。
優姫は優しすぎる。

テンプレ展開だらけだったので
妹の可愛さと優姫の可愛さが最高でした
ここに来て一番この話が好きになりました

これだから最後まで見て分からないアニメってありますよね。
結局は主人公が一番ダメな人間性だったのか
私自身も人間性がダメなような感じもしてくる

私も優柔不断な人間だったので、主人公の気持ちも
分からなくないけど、こうなるのは結局自分自身に
降りかかってくるものですよね

そしてEDが少し変化していましたね。
今までの準一にアピールしてきた数々が描かれていましたね。

そういえば、結局妹の湊は本当の家族だったのか?
多分合っているようにも思えるが
{/netabare}
12話 2019/01/18 初視聴
{netabare}
主人公の心の心情を表しているいたのは、
ジェノキラーだったんですね。
1-2話ぐらいのときに良く登場していたのは
ここのシーンに繋ぐものだったとは。

素直な感想と言いたいのは
ハッピーエンドで本当に良かったです。

準一がしっかりと「湊のことが好きだ」といったのは
準一の大きな成長に繋がったと思います。

成長出来たのには、二人が一度準一と離れたことで
準一は一人になることが出来ました。
そう、準一は一人になる機会が無かったのです。

一人になるというのは孤独感もありますが、
最大のメリットとしては、
人に干渉されないこと
そして自分自身の気持ちを整理出来ることです。

気持ちを整理出来ることで
今自分はどうしたいのかが良く分かり
これからの自分の行動に移す力があります

だからでこそ、二人が一旦離れたことで
一人だとどのくらい自立していないかが
本当に良く出るので
私も自立するときに
準一みたいになるのだろうか...
{/netabare}

投稿 : 2019/01/18
閲覧 : 101
サンキュー:

5

デューク

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

制服が可愛いので見てしまいました

茶系の制服が可愛くてついつい見てしまいましたが、実はこの頃のキャラデザはちょっと苦手でして、時々うううってなります。
妹が年上に見えたり、生徒会長が宇宙人に見えたり、かれんがヒゲ生やしてるみたいに見えたり。でもユウヒは可愛かったです。

お話は最後かわいそうでしたので、お気楽に見たい方はご遠慮された方がよろしいかとおもいます。


ちなみにワンピース型の制服かと思ったら、ハイウエストのスカートとボレロの組み合わせでした。

投稿 : 2018/12/16
閲覧 : 51
サンキュー:

0

ネタバレ

ダレイオス

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

エロゲ原作なのに1人のヒロインとの関係を丁寧に進めるのはいいね。

原作はエロゲでアダルトゲーム
主人公の準一はなさけない性格で
一般的に魅力的には見えない冴えない主人公
ヒロインである妹の湊は可愛くて世話焼きとエロゲ原作ぽいですね。
さらにもう1人のヒロイン、優姫は大金持ちで転校生で主人公の許嫁と
当たり前だけどエロゲ設定かな
許嫁と準一の家で暮らすことになるのも
個人的にはうーん、暮らすのはいいのだけど理由が
とってつけたような理由で展開としては苦笑いしてしまいました。

ただしストーリーはそんなに悪くはありませんね。
情けない主人公なのでヒロイン達からは
それ相当の扱いを受けているし
最初から主人公マンセーで意味もなく好意を抱いていないのは自然でした。
さらに優姫は準一に対してやや暴力的ではありましたが
普段は意外に常識人で話がわかる性格なのも良かったかな
あの主人公ならしょうがないかなと思える所が納得は出来た。

ヒロイン同士も日常生活をしているうちに
仲が良くなっていく過程は面白く
女の子同士で普通に仲がいい感じの演出が出来ていて良かったかな
湊は世話焼きなので優姫との相性が良くて会話は面白かったです。

3話からはイチバンのヒロインだと思われる優姫
と仲良くなるためのイベント起きるものでしたね。
最初は仲が悪いけど一緒にいたり、色々なイベントをこなすうちに
好きになるというオーソドックスなものですね。
比較的ドタバタしながら、若干滑り気味なギャグを含めながら進みます。
滑り気味なギャグは自分は好きなので楽しめましたが
ギャグが中心なのでギャグが合うかどうかでしょうね。
優姫は暴力的ではあるけど準一がいさぎよさのなさのせいで
優姫の気持はわかるけど主人公が・・・な展開ですね。
ただし、優姫と準一の掘り下げは丁寧で
他のエロゲ原作なら色々なヒロインが登場しフラグを立てるのだろうけど
そうなってなくて1人のヒロインと段々仲良くなる過程は良かったかな

他のキャラもこういったアニメではお馴染みの
お嬢様キャラもいて第一印象はキツそうな性格に見えましたが
実際は性格は柔らかくて親しみやすい性格で
いい人ぽい人なので見やすくて良かったかな
こういった意外性は良い。

一応、準一にもフォローを入れときますけど
彼も結構カッコいいシーンはありました。
なんで序盤~中盤は女の子と仲良くなるアニメとしては出来は良いと言えるでしょう。

ただ後半は大きく話が動きます。ここまで築き上げた関係を否定するもので
やや抵抗がありますね。
確かにそうなるような思わせぶりなシーンはみられましたが
伏線を張り上手く誘導していたかとなると
それがないので唐突感があり
うーん、やっぱり苦しい展開でしたね。
モラル的にもかなりギリギリというかアウトだとは思うので・・・
でも苦しい展開でもキッチリ話し合って思いやりのあるシーンもあるので
曖昧に終わらせるよりは終わらせたという意味では納得はしました。
納得出来たのは中盤まで丁寧だったのでキャラの気持は伝わってきたのが大きいかな

気になる部分は両親についても、なんのために毎回存在感のあるシーンが
流されていたのか、わからなかった。
何かあるのだろうと思ったけど・・・最後まで見たら何もなかったと
気になる部分でした。

作画については2008年ごろの作画としてはギリギリ普通
最初はまずまずだったけど段々崩れてきた感じがややある程度かな
キャラデザインも特徴的で髪の毛の形が固まっているようなのは違和感がありました。
驚いたのは最終回かな当時のアニメとしては作画は良いと言えるくらいに
クオリティーアップしてました。最終回の出来が全体的に出来ていれば
少し作画も評価出来ました。

声優さんについては失礼ですがエロゲ原作にしては声優さんのイメージが強い方が
やっていてキャラというか声優さんのイメージが強くて
そのキャラの声として思えるまで時間がかかったかな
下手ではないですがどうしても気になった。
でも最後の方は慣れてこれでいいと思いました。

女の子と仲良くなる過程やヒロイン同士が仲良くなる過程も
描かれているので内容の出来は良いと言えるでしょう。
1人のヒロインを丁寧に掘り下げたのもポイントかな
だからこそ最後が・・・になるのですが
最後がなければ物語の評価はもう少し高めになってました。
でも納得はしています。
個人的にはエロゲ原作アニメだけど良かったです。

投稿 : 2017/09/13
閲覧 : 329
サンキュー:

5

ネタバレ

スカルダ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

煮え切らない男

灼眼のシャナとクラナドを足して2で割ったようなダブルヒロインもの。
釘宮病患者向けのラブコメかと思ったら痛い目見るぜ・・・

以下ネタバレ。

{netabare}ハッピーエンドは10話で終わり、11話からドロドロの展開へ。
どう考えても妹一択の展開だったので、最後には満足。

失ってみて初めてわかる本当の気持ちもあるよね〜(汗
煮え切らない男って最低ですねwww

ダブルヒロイン&煮え切らない男といえば、
School Daysの方が良かったなぁ(鬼畜)

優しい男って最低な結末を迎えるしか無いんでしょうね。{/netabare}

投稿 : 2017/08/22
閲覧 : 174
サンキュー:

3

ネタバレ

kobaroko

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良作

テンプレに載せた様なアニメでした。
作画やキャラデザも良く、声が違うという意見が多いですがアニメから見た自分は気にせず見ることが出来ました。テンプレに載せたと言っても安っぽいとかではなくヒロインが主人公を想う心がうまくかけていたと思います。

投稿 : 2017/08/22
閲覧 : 92
サンキュー:

0

べーやん

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

駄作

原作をプレーして大好きだった作品の為コンシューマー含め視聴してたのですが、がっかりな内容でした。
原作とアニメが全てにおいてかけ離れ過ぎており、全く別物になっていた。

投稿 : 2017/07/19
閲覧 : 97
サンキュー:

0

プラたん

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

優姫ちゃんかわいい!!

原作のゲームと声が違う気が・・・おや、誰か来たようだ(

投稿 : 2017/07/17
閲覧 : 94
サンキュー:

0

Marsa

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ゲームせずに観ました。

特に面白い場面なく、予想できる内容で、よくある話、オーソドックスだなーって感じです。

投稿 : 2017/07/07
閲覧 : 117
サンキュー:

1

ネタバレ

あすは

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後が意外でした。

妹と最後結ばれるのが結構意外でした。
自分が、見てきたアニメの中でも見たことがない終わりだったので(自分が知らないだけでたくさんあるのかもしれません)驚きでした。
見た当時、釘宮病の患者だったのでこの作品を見初めたのですが、見てよかったです。
自分も、こんな妹が欲しかった!w

投稿 : 2017/06/22
閲覧 : 111
サンキュー:

2

ネタバレ

カミカゼ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

えええ・・・。

最後に妹を選んじゃうのかよ!!

妹よりもメインヒロイン?の許嫁の子の方が良かった。
あれ、許嫁の子の声優って釘宮さんだったような…。
もしかして自分は・・・(+o+)

投稿 : 2017/04/09
閲覧 : 168
サンキュー:

14

ネタバレ

ニャン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

茜色

面白かったです。

投稿 : 2016/10/10
閲覧 : 97
サンキュー:

0

はーめるん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

んー

あんま面白くない

主人公が嫌い

ゆうひはかわいかった

投稿 : 2016/08/26
閲覧 : 100
サンキュー:

0

モンテネグロ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

甘々な評価です

ご存知の通りエロゲが原作。
原作未プレイの状態で視聴
メインヒロインが釘宮さんの演じる世間知らずのツンデレお嬢様。
主人公は平野綾さんが演じる妹と二人暮らし。
そこにヒロインが住み込むことから物語がはじまる。
主人公の周りは楽しい変人がたくさん。
主人公の親友ポジションが石田彰さんだったり
先生が小山力也さんだったりと声優が豪華
期待せずに見れば普通に見られるが
超展開や思わぬ展開を期待してしまうと
平凡なストーリーにがっかりしてしまうかも。
ラブコメアニメが好きなら普通に見れます。
ぜひ一度みてくださいとオススメします。
とらドラとかをみてもっとラブコメ作品を見てみたいという思いで
この作品をみるとがっかりします。
しっかりしたストーリーがないからです。
テンプレ展開に大袈裟なギャグ。
裏で暗躍する者たち。
地味に楽しめるので是非どうぞ

投稿 : 2016/08/15
閲覧 : 164
サンキュー:

2

ネタバレ

しぎょぼん

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

タイトルなし

ある意味面白かったけどもすっきりしない

投稿 : 2016/08/03
閲覧 : 116
サンキュー:

0

ネタバレ

まがはし

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

片桐優姫

{netabare}ちょっと待って~!なんか俺失恋したわけじゃないのに、なんか失恋した気分なったんですけど~!!{/netabare}

原作がゲームということで、やはり多少の齟齬のようなものは感じられましたが、比較的見やすかったです。

まあ、なんと言ってもこの作品の魅力は優姫のかわいさでしょう!⬅
私はやっぱり彼女派ですね~(笑)

ネタバレになりますが、中途半端かなと思った部分は{netabare}親のくだりと、声優目指してた子(名前覚えてなくてごペンなさい)のルートみたいなところですかね~{/netabare}まあ。時間もないのでなかなか難しいとは思いますが。

投稿 : 2016/07/12
閲覧 : 120
サンキュー:

0

★スフィア★

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

王道

王道のラブコメです(^◇^;)

少し設定が飛んでますが…

そこは気にせず見て頂きたいと思います❗️

設定は 兄:じゅんいち と 突如現れた許婚:ゆうひ との

三角関係のお話です。

ここで名前を出すとネタバレなので最終話まで見て頂きご確認下さい。

1人孤独に過ごしたじゅんいちいつからか ジェノキラーと呼ばれ

人々から怯えられる存在に

そんなじゅんいちが助けた1人の少女との

出会いのお話ですです。

テンポも良くとても観ていて気持ちいいです♪( ´▽`)

私の場合は一気見してしまいました(^◇^;)

何だか素直になって言えない気持ち…

この頃にはあるかなと共感まではいきませんが

心をくすぶる感じがしました。。。

原作がエロgとの事ですが

アニメではそういった部分はありませんので

安心して視聴頂けると思います。

ラストの展開には少しビックリでしたが

気になる方は是非見てください!!

投稿 : 2016/06/28
閲覧 : 110
サンキュー:

5

ネタバレ

四畳半愛好家

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

くぎゅう病感染源作品のうちの一つ

 彼女のツンデレ演技を堪能できるラブコメ作品。
いやぁ~釘宮さん、良いですねやはり…

 内容としましては「親が決めた許嫁と同居する」という、うらやまけしからん「あるある王道作品」ですが、終盤は割かしシリアスで、気軽なラブコメ好きには辛いかもしれません。

 気軽というより、がっつりした恋愛もの好き向けかも。
 ストレスのない作品が好みの方には合わない感じがします。
 釘宮さんのツンデレ好きなら必見かと。

 以下ネタバレ付き個人的感想{netabare}

物語:終盤までは可愛い萌え作品です。ただ、主人公に想いを寄せているキャラが多いので、穿った見方をすると、案外最初から切なくて辛い会話のシーンも多いかも…。
 私の中でのヒロインは釘宮さん演じる優姫(ゆうひ)だったので、終盤は辛かったです。スクイズの監督であるからか、ほんの少し主人公に「誠感」が感じられたり、シリアスシーンで胃が痛くなる感じがあります。優姫が凄くいい人だったからこそ、こじれなかったと言えると思います。

声優:釘宮ヒロインの破壊力もさることながら、全体的に非常に豪華です。
 羽多野渉・平野綾・井上麻里奈・広橋涼・田中理恵・加藤英美里・石田彰・小山力也…その他多数。
 とても満足のいく演技でした。

キャラ:主人公は格好いいような、最低なような…って感じですが、心情的に同情できるキャラだと思います。モテるのも分かります。
 ただ、主人公を含め、全体的に自分の心を押し殺しているキャラが多くて、ヒロインたちも、純粋に心配して相談に乗っているのか、チャンスをうかがっているのか判断がつきにくいです。そこが少し気持ち悪い。
 そんな中、あまのじゃくとは言え、結局しっかりと自分の気持ちを伝えているのが優姫だったりします。ツンデレだけど裏がない。そこらへんも魅力的に感じられました。それだけに可哀想だなぁ~。
 その他、綾小路さん(クラスの金髪お嬢様)も作中では珍しく自分の感情をしっかり出すタイプの女性でして、「ライバル宣言」等、気持ちのいいキャラだったと思います。
 なごみ(広橋キャラ)や冬彦(石田キャラ)など、恋愛に関係ないキャラたちも魅力的だったと思います。

作画:怪しいところもありますが、キャラの表情が色々描けていて、普通に可愛いと思いました。

音楽:正直印象的な楽曲がなかったです。

 「みんな可哀想だし、ハーレムで良いじゃん」って感じのアニメ脳に陥りそうな作品ですが、やはり特別なひとりにならないと、結局いつかは傷つき、幸せになれないってもんですよね…。優姫に背中を押された感じですが、主人公が自分の気持ちに正直になれたので、一番いい終わり方なのかも知れません。
 とは言え、優姫ファンの私は、終盤のシリアスの手前の交際段階で視聴をやめていれば、むしろスッキリできた気がします…
{/netabare}

投稿 : 2016/05/16
閲覧 : 97
サンキュー:

6

ジュン

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

そうきたかー((*゚∀゚))

見終わりました(*≧艸≦)

うーんみんなが評価している感じそのままかな?( ̄▽ ̄)
まさかのこの展開か!!っぉもいました!


みてみてねー☆

投稿 : 2016/04/25
閲覧 : 102
サンキュー:

1

ネタバレ

TCKVL63947

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

複雑

俺的には優姫派だったから何というか湊エンドになったのは少し残念
あと優姫がなかなか自分が準一のことを好きだということに気づかないのがとてもムズムズというかイライラした

投稿 : 2016/03/28
閲覧 : 70
サンキュー:

1

noindex

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

くぎゅうラブコメ。終盤ちょっとシリアス

内容はよくあるようなハーレムラブコメ。あにこれの点数は過大評価気味な気がするが釘宮理恵のおかげだろう。
ただし、9話まではドタバタだが10話からのシリアス展開になると多少話が締まってくる。ドロっとした微妙な気まずい空気感や修羅場の描き方はさすがはSchoolDaysの監督。
最後のオチはちょっと意外性はあるけどうまくまとまったような感じで終わる。

作画はかなり酷い。結局はキャラに萌えるアニメなので、これはかなり痛い。特に髪の表現がしょぼいのが萎える。
最近思うんだが、エロゲ原作アニメは同時代のそうでないアニメより絵柄が古くて作画が悪いことが多い気がする。

声優は豪華だが(主人公除く?)原作がエロゲなので色々ありそうだけど、そこは知らぬが花なのだろう。
平野綾が優しい妹役をやってるのでなんかイメージとギャップがある。
ヒロイン以外では、主人公の友達が石田彰(異様に出番が多い)で先生が小山力也で母親が田中敦子という脇役の鉄壁すぎる布陣で、声については気持ちよく見られた。
EDの声優キャラソンの種類も多いのでそれ目当てで見るのもありだと思う。

投稿 : 2016/01/23
閲覧 : 170
サンキュー:

11

ネタバレ

yuki

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

懐かしい感じ

なかなか面白かったです。
ちょっと懐かしいストーリー展開といいますか。

まあ、放送時期が2008年なので当たり前といえば当たり前ですが。
{netabare}
原作はゲームとのことですが、やってない私でも十分楽しめました。

ちなみに、当時のキャッチコピーは、
「全国2000万のツンデレファンとわりとそんなでも無い人達に贈るドラマチックツンデレ許嫁&妹AVG」
だそうです。
なんじゃそりゃw

最近ありがちな、初めから主人公の好感度マックスで、
3,4話でハーレム完成!
みたいなノリではなく、話数を重ねて親密になっていくといった感じです。

昔はよくあったそんな物語ですが、逆にそれが新鮮に感じるようになるとは…。

テンポは初めゆったりと、後半急展開といった感じ。
途中に挟まる両親パートはCMくらいに思っていてくださいw
ただ、最後はあれが正解なのかなー?
という含みも残しつつ。

昔ながらのラブコメをお探しの方はぜひ。
{/netabare}

投稿 : 2016/01/16
閲覧 : 88
サンキュー:

3

全身タイツ

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

気合いで完走しましたが

5話辺りで飽きてしまったので断念しそうになりましたが、せっかくなのでと思い最後まで観させていただきました。

学園ラブコメハーレム、原作はPCゲームだそうですが未プレイだと厳しいかな?と思います。

投稿 : 2015/12/26
閲覧 : 116
サンキュー:

1

退会済のユーザー

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

学園ラブコメ・原作知らない方が楽しめます

くぎゅうううううううううううううううううううううううううううううな1本
レバ刺しをささげて正座視聴
さて学園ラブコメのご紹介ですっ・・・!
ハーレムものに該当します
相手を最終的に明確に絞ら世の中は利用する側とされる側その2種類しかいないのだ・・・!ラブコメ作品が多い中...!本作では明確に相手を選択常軌を逸するという選択をしている点はっ・・・!明確なオチが好みでどこかわからぬ・・・地中の底の底・・・・私にとって...!非常に好印象でした...!倍プッシュだ・・・、印象的なシーンが坂で展開される中...!潰滅的物語の終演にまだわかんねえのかよっ・・・!ても...!潰滅的本作のメーン要素でどこかわからぬ・・・地中の底の底・・・・女子を選んで告白常軌を逸する舞台をタイトルに準拠して選んだ点が...!締めにふさわしく感じ...!好印象でした。
キャラデザもよく戦った…彼らは勝った、ゆえに人格まで肯定されている…!圧倒的・・・!圧倒的ヒロインは魅力的ではありませーんっ...!ゼロゼロゼロっ...!
ギャルゲヒロインは味付けが濃くてよい…!!よね
ギャグテイストが...強めなのも特徴
ただし特定のヒロインに肩入れして視聴常軌を逸すると終盤に不満がでますっ・・・!
ギャルゲーのアニメ化…!!んだっ・・・!分かれよっ・・・!ストーリーを〆るために多少強引に展開するのも野ご容赦ッッ....!!もう一度チャンスをくれッッ!!
原作未潰滅的プレイでも楽しめますっ・・・!し寧ろ
知らゼロゼロゼロっ..ありませ~~んっ...ほうが良いかも...しれません

投稿 : 2015/12/24
閲覧 : 75

みけねこ+

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

釘宮病の人はみてもいいかも。

Dアニメストアで「恋愛・ラブコメ」タグで検索して、
あにこれの「衝撃のラスト」タグもあって気になって見てみた作品。

●感想
・キャラ
釘宮さん演じるヒロインではかなり上位にくるぐらい可愛い。
いつもどおりツンデレキャラなんだけどね^^

・物語
そこそこ楽しめましたけど「衝撃のラスト」というほどではなかったかな。
10話ー最終話までは引き込まれてみてましたけどね^^

日常のギャグパートがちょっとさむいのはやや減点。
あと各話にちょくちょく出てくる両親のカットは全く必要性を感じ
なかったなー。両親は結局何者なんだろう?

まぁ、釘宮さん好きな人は見てもいいと思うよ。

投稿 : 2015/12/22
閲覧 : 122
サンキュー:

14

ネタバレ

ニートっぽいやつ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

原作知らないと楽しめないのかもしれない

原作をしらない アニメから入って全話なんとか見ることができました

途中から見るのが少しきがすすまないことが続きましたが もう何話もみてるからと

変な義務感に後押しされ 完走することができました

あまり深い内容はないです 

主人公との濃厚なラブシーンはないです

さっぱりした恋愛ものです

ほぼツンツンしているいいなづけと まるで優しいお母さんのような妹との

軽い三角関係ものです

うーん 中身が ないです

すごい修羅場が起こるわけでもないし 主人公もがつがつしてないへたれですし

原作を知らない人には面白くない

向いてないアニメだと思います

投稿 : 2015/12/10
閲覧 : 91
サンキュー:

0

退会済のユーザー

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

キスから始まるラブコメ

■原作PCゲームプレイ済み。

原作は、ツンデレの名作ゲームとして名を馳せましたが、アニメはなぜオリジナルストーリーにしてしまったのか。
全くキャラにもストーリーにも入り込めないまま終わってしまいました。

せめて、原作に忠実に作ってもらっていたらと思うと、実に残念な作品でした。

このアニメを好きな方には申し訳ないが、ラブコメ作品を見たいのであれば、この作品は勧められませんね。
ぜひ、この作品は原作ゲームで触れてもらいたい。

投稿 : 2015/12/06
閲覧 : 141

しゃう郎

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よかった

原作プレイしたことがあり、それからアニメを見ました。
キャラはみなかわいいし、話のストーリーも好きです。声優がゲーム版と少し違うのが気になりました。あとアニメなのでしょうがないですが、足りない話がある分物足りない感はあります。
ただ、OP・EDテーマはすごく印象に残っていていいなと思いました。話の勢いもあり最初から最後まで、引き込まれるような内容でした。
ジェノキラーというあだ名がすごいシュールで覚えています(笑)

投稿 : 2015/11/29
閲覧 : 102
サンキュー:

1

ネタバレ

yokumra

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

第2話みました。

第1話
終盤5分くらいで一気にたたみかけてきました。
釘宮さんがCVにいると、二重人格とか心の中のもう一人とかの追加設定が決まって出てきてないか?
もう、見るまいかなと思っていた矢先にこの世界に引き込まれました。次が待ち遠しいです。

第2話
ときどき不意に入るコマンダーみたいな人のアクションシーンは何?
ユウヒと同居。
豪邸で家事に一切触れていなかったユウヒのスーパーやキッチンのはしゃぎ様は可愛かった。ユウヒのセリフ「本当は兄弟じゃないかも」に対するミナトの反応は何か裏がありそう。
ユウヒの可愛いところ目白押しだった。

投稿 : 2015/11/29
閲覧 : 103
サンキュー:

1

次の30件を表示

あかね色に染まる坂のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
あかね色に染まる坂のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

あかね色に染まる坂のストーリー・あらすじ

私立アミティーエ学園に通う主人公・長瀬準一は高台にある夕陽丘公園から見える綺麗な夕焼けと、夕焼けに染まる街並みを見るのが大好きだった。ある日、準一の目の前に現れた少女・片桐優姫が親同士の決めた許婚と知らされる。突然の知らせに驚愕する準一だが…。
準一の妹・湊も含めた共同生活が始まる。(TVアニメ動画『あかね色に染まる坂』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年秋アニメ
制作会社
ティー・エヌ・ケー
公式サイト
www.mmv.co.jp/special/akasaka/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%AD%E8%89%B2%E3%81%AB%E6%9F%93%...
主題歌
≪OP≫橋本みゆき『初恋パラシュート』≪ED≫片桐優姫(釘宮理恵)『Sweet Gift』、綾小路華恋(加藤英美里)『少女テストは難しい』、霧生つかさ(井上麻里奈)『ラブダイビング』、白石なごみ(広橋涼)『ワタシと彼の事情』、椎名観月(田中理恵)『Chu.chu.ruの約束』、長瀬湊(平野綾)『目覚めないWish…』

声優・キャラクター

羽多野渉、釘宮理恵、平野綾、井上麻里奈、加藤英美里、広橋涼、田中理恵、葉月絵理乃、福原香織、石田彰、小山力也、コング桑田、田中敦子

スタッフ

原作:feng、 監督:元永慶太郎、シリーズ構成:上江洲誠、キャラクターデザイン:平山まどか/堀井久美、総作画監督:原将治、プロップデザイン:岩畑剛一、サブキャラクターデザイン:渡邊義弘、衣装デザイン協力:湯川純、美術監督:下山和人、色彩設計:鈴城るみ子、撮影監督:笠井亮平、編集:櫻井崇、音響監督:蝦名恭範、音響効果:川田清貴、音響制作:デルファイサウンド、音楽:末廣健一郎

このアニメの類似作品

この頃(2008年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ