「CLANNAD AFTER STORY-クラナド アフターストーリー(TVアニメ動画)」

総合得点
92.6
感想・評価
10184
棚に入れた
32283
ランキング
13
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

CLANNAD AFTER STORY-クラナド アフターストーリーの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

海原正吉 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一期とは大違い

一期の時点では物語に没頭することができずにいました。
しかしながら、二期の完成度は驚くほど高いです。
中盤からは涙腺崩壊しまくりで、つらかったです。

投稿 : 2021/09/16
閲覧 : 99
サンキュー:

1

ネタバレ

アニマル さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

人気の割にイマイチ‥

感動!泣ける!と噂の割にそんなに泣けなかったです。

個人的に岡崎を好きになったヒロインたちが岡崎→渚への好意を自覚するシーンと、春原が妹を守りに行くシーンは好きです。
しかし、泣けよとばかりに人が死ぬシーンの繰り返しは無印同様冷めてしまいました。
特に主人公である岡崎が渚と結婚し、子供を作った後出産と引き換えに渚が亡くなった事により自暴自棄になり育児放棄してパチンコするシーンは胸糞でした。
昔、岡崎が嫌っていた岡崎の父親そっくりになっていく様はそういう演出なんでしょうが。
親になる覚悟も持たずに子を作って、子供に心の傷を残さないで欲しい。
よくインターネットで「岡崎サイコー!」と叫んでいる人が居ますが最低です。

投稿 : 2021/09/10
閲覧 : 141
サンキュー:

4

ネタバレ

ねっち さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人ってこんな泣けるんだ

 ちょっと余韻が凄まじくてサラサラと感想が出てきません。アニメを好きになって、CLANNADに出会えて良かったなと思いました。
 実はCLANNAD無印からアフターストーリーの途中までにかけては合わないなと思っていました。明確に空気が変わったのは12話の朋也のプロポーズです。プロポーズの言葉を聞いた瞬間にあぁ、この二人はこれから一緒に歩んでいくんだなと感じました。ここでキャラの感情にグッと引き寄せられましたね。
 泣けるポイントはたくさんあるのですが一番はやはり18話ではないでしょうか。汐ちゃんが朋也の胸の中で泣くシーンはアニメの中でも屈指の名シーンと言って間違いないでしょう。ほんとうに一生忘れることのない作品でした。

95/100点

投稿 : 2021/08/04
閲覧 : 129
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いっぱい泣いちゃった

え~っ!て思ったことがたくさんあったなぁ

だけどとってもよかったよ
家ぞくってほんとに大事なんだなって思ったから。。


渚のお父さんとお母さんって
ともやのこともほんとの子供みたく思ってたんじゃないのかなぁ。。

とちゅうはすごくショックで苦しいくらいだった
でもおわりまで見ててよかった☆

クラナドより悲しいところが多くってもっと泣いちゃった

クラナドを見てない人は先に見てね~

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

みんなのレビュー読んで。。

このお話しがきらいとかありえないとかって
そうゆう人もたくさんいるみたい。。


お医者さんに行ってお金がかかるのに
ともやがアルバイトみたいな仕事しかしてないとか
{netabare}
それってお父さんたちは分かってたから
きっと渚にこっそりお金をわたしてたって思うけど。。{/netabare}

あと{netabare}
ともやが汐ちゃんと信じられないくらい長い間会わなかったのだって
きっとすごく思いこんじゃう人だからで

思いこんで行っちゃう人だから渚と結婚できたってにゃんは思う。。{/netabare}

{netabare}
ともやってアツいけどほんとにダメなお父さんだよね
汐ちゃんにひどいことばっかりしてたし。。
汐ちゃんが生まれてから
ともやがきらってたともやのお父さんみたいになった。。

ダメなお父さんに育てられて
ともやもやっぱりダメなお父さんになっちゃったのかな?

もしかしてともやがふつうに結婚して男の子が生まれたら
その子もともやみたくなってまたおんなじことがおきたのかも。。{/netabare}


ぜんぜんまちがったりしない正義のみかたが
正しいことするアニメっていっぱいあるけど
そうゆうお話しだったらきっと
そんなに感動したりってしないんじゃないのかなぁ。。って


にゃんはともやってバカなんだって思う

自分がまちがってるなんて考えないで思いこんじゃって
うわ~っ!!って行っちゃって
でも。。とってもとってもまちがってて。。


大人の人っていろんなこと知ってて
なんでこいつこんなばかなことしてるの?ってすぐに思っちゃうかも。。

でもにゃんもおばかだからともやのこと分かる気がする。。
今までもいっぱいまちがえて
きっとこれからもいっぱいまちがえちゃうんだろうなぁ。。って

だから自分がまちがえたって気がついて反省したら
それからよくなってほしいって思うし
ごめんなさいって言ったらゆるしてほしい。。

そんなことってリアルじゃアリエナイって
ほんとはそうなのかも。。

でもリアルってそれだけで奇跡とかなかったら
まちがってばっかりのにゃんなんかきっと死んじゃったほうがいいのかも。。


「クラナドは神」だってみんなが言うのって

いつか自分がまちがえてたって気がつくよ。。って
だから生きてたらきっといいことがあるんだよ。。って

おしえてくれるから。。
ゆるしてくれるから。。

それってぜったい
そんなことできるのってぜったい
神サマだけだってにゃんは思うんだ。。

だったらクラナドって「神アニメ」だよね?


だからクラナド見て感動しなくっても
クソアニメだ!って思ったとしても
そんなこと言わないでほしい☆

もし誰かから聞かれたら
「自分はクソアニメだって思うケド
神アニメだって思ってる人いっぱいいるみたいだよ」って
言ってくれたらにゃんはうれしいな☆

投稿 : 2021/08/01
閲覧 : 3470
サンキュー:

539

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

(感動で涙が)で、でますよ・・・

 さあ、2期がやってきました。本来ならば1期で視聴を止めようと思ってました。しかし、ネットの評判で「2期が本番」という文をよく見かけましたし、せっかくだし面白くなるんだろう!と見てみました。

 そしたら、、、うーーーーーん、やっぱり面白くなかった、、、

 ただ一概に悪いとは言えません。特に印象に残ったのが{netabare}主人公・朋也が高校を卒業後、就職する場面です。これを見てた時、僕は就職活動しようとしてた時だったので、そのときは朋也に感情移入しました。これから就職するにおいて心構えの一端を見たような気がします。{/netabare}

 それ以外は特に何も、、、あ、そういえば{netabare}渚にプロポーズして結婚し、一緒に暮らすところでしょうか。自分も将来、責任ができてあんな風に生活するのかなぁ~と漠然と思ってました。{/netabare}

 良いところはここまでですかね。次にいまいちだった点を言います。これは京アニ作品のキャラの多くに言えることですが、まずキャラに人間味を感じず感情移入できないんですよね。皆の精神年齢が低く、今の高校生そんなにバカじゃあないよ!と突っ込みたくなります。そしてギャグもわざとらしく面白くない。別にギャグは面白くなくてもいいんですけど、見ててうんざりしちゃうギャグだったので、これはマイナスですよ。

 そしてストーリーについて。{netabare}いまいちだったのが後半の展開でしょう。汐を出産するというシーンです。なんと渚が亡くなってしまいます。これはどうだろう。これも感動の押し付けというか、そんな感じがして冷めました。{/netabare}

 その後、{netabare}朋也が自暴自棄になり、妻が死んでも産んだ我が子を義理の両親に任せてしまいます。これはどうなんだろ?なんか無理矢理に感じました。え、そんなことするか?と疑問だらけでした。{/netabare}

 その後は{netabare}一番の感動シーンと言われる汐と朋也が一緒に泣くところです。仲直りしてよかったね、と泣けはしませんでしたがここは素直に良かったです。{/netabare}

 ただ、また問題点が生じます。{netabare}汐が体調不良で、命が危ぶまれています。さらに雪の日に汐を連れて行き、なんと汐までもが亡くなってしまいます。ここはなんだか無理矢理な演出に感じました。親なんだから子が外に出たいと言っても止めるべきだと思うんですがそれは、、、{/netabare}

 しかも最後、{netabare}急に朋也がパラレルワールドに移行して、無理矢理ハッピーエンドになります。ここは「?????」でした。あれ?それでいいの!?と思いました。{/netabare}

 、、、っと、これで感想は終わりです。ここまで長くなったのは、いまいち物語に乗り込めずツッコミどころばかりが目立ってしまったためです。

 この作品はファンが多いと思うので、僕の意見は少数派だと思います。途中不快にさせてしまう言葉があったら申し訳ございません。とりあえず思ったことをありのままに書いてみました。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2021/07/03
閲覧 : 534
サンキュー:

18

ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ひとつの家族の物語

KeyのPCゲームのアニメ化第2シリーズです。2008年10月から半年でした。
第1シリーズは2007年10月から半年間の放送でした。本編は全22回です。

第1期の終盤で朋也が渚に告白するところで終わったのですが、その後の交際が
序盤で描かれます。それとともに他のキャラクター同士の関係、他キャラクター
とのエピソードが丁寧に描かれていきます。中盤で渚の卒業とともに結婚。
まもなく渚が汐を出産しますがもともと蒲柳の質だった彼女はそのまま死去。
第17話からは残された朋也と汐との親子が描かれていきます。ここからテンポが
早くなっていき、通して観ると映画を1本観たような感覚になります。
そして次第に大きい時間を割かれていく幻想世界の少女とガラクタのエピソード。
第21話での汐の死、そしてそれとともに最終回で動き出す幻想と現世との時間の
動き。
時間が巻き戻り(この辺は人によって解釈が違うかと思います)、朋也・渚・汐は
もう一度やりなおしになります。
そして彼らの住んでいる「街」とその住人達が家族でもあること、
その街の変化とともに彼が生まれ、生き、死んでいく存在であること
も描かれます。

Key特有(麻枝氏と言ってもいいかも)の幻想や過去などの時間空をうまく使い
ながらの人間関係の掘り下げが巧みに行われ、かなり涙腺に来ます。

「家族って、こうなんだな」というのが実感として理解できる構成になって
います。まあ実際の三次元の家族ではこんなにドラマチックにはなりませんがw。

京都アニメーションが手掛けた作画動画は非常にレベルが高いです。樋上いたる
さんのキャラ原案はAir→Kanon→Clannadと来るにつれて消化度が高くなって、この
After Storyでは「いたる絵」の特徴はほぼ感じなくなってきています。

ただ元々がPCゲーム出自ということで、本来顔のない主人公を目立たせるために
(これは他のPCゲームからのアニメに共通しますが)、主人公をややエキセントリック
かつ幼稚な性格、いいかえれば直情径行というか自分の心情をストレートに行動に
移すキャラクターなので、その辺が気になる人はいるかもしれません。
今回の朋也もそういうところは見えます。

音楽は「Air」に比べるとおとなしめが曲が並びますが、イージーリスニングに
するにはもったいない程度のインパクトのある楽曲が並びます。元ゲームのイベント
に準じた起用方法だったようです。

第1期で一人ひとりの関係性や性格を掘り下げていくのがこの第2期に生きてくる
ので、少々長い&冗長と思っても第1期から通して観た方がいいです。
逆にPCゲーム的世界観(女の子が非常に多い、不条理な社会関係が出てくる等)が
合わない方はとことん合わないかもしれません。PCゲームアニメの集大成というか
ある意味突き詰めたような作品になりますので。

投稿 : 2021/05/23
閲覧 : 115
サンキュー:

10

ネタバレ

のーがき さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゲームもプレイしてみたけど、やっぱアニメの完成度高いな

CLANNAD2期。

まあぶっちゃけ1期は泣かなかったね。いや、良い話だったけどさ、ゲーム原作だからしょうがないんだけど、ストーリーが進まない。いわゆる、日常回ってやつだからな。

そんで、この2期。1人の少青年が、大人へと成長していった。見事な完成度の作品へと仕上がった。

では、内容について。重い。ひたすらに重い。1期であれほど共にいた人が死ぬのは辛いよ。まさか渚が死ぬとは思ってなかったから、良い意味で裏切られたよね。1期と2期合わせると相当多い話数である。1期の長い日常回は今思えば、渚と共にいた時間。その長い時間があったからこその辛さだったと思う。そう考えると、1期も大事だ。

そして、その後の朋也の変化。ここについては視聴者も色々思うところがあると思う。クズだと思ったね。でも仕方がないとも思った。だって、彼自身も親とはどのようなものかまだわかってなかったから。

早苗さんとおっさんの助力により、彼は変われた。そして、これから、という時にまたもや悲劇。ほんとに辛かった。でも、これほど辛い気持ちになったのは、作品がそれ程優秀ということの現れ。泣いたよ。

からの、別世界の伏線回収。ハッピーエンドで終わってくれてほんとに助かった!泣くわ!何という完成度の高さ。そう、この作品を評価するとしたら、外せない点は完成度の高さだ。アニメをあの五角形の評価をしたら、綺麗なペンタゴンができる気がする。

イラストについて。苦手な人が多いかもですね。でも、まあゲームだしね。古いアニメだから仕方がないとこはあると思う。わたしもそんなに得意でもない。でも、CLANNADはなんだかんだでこの絵柄でしっくりくる気がする。

音楽について。opからなんからてさ相変わらずkeyは名曲を揃えてくる。凄くいい。

声優についても触れておくと、特に朋也の声優がいい味出してると思った。

最後に、「CLANNADは人生」についても書いておこう。よく、CLANNADは人生、と言う人がいる。間違っちゃいないと思う。でも、それは智也を描いた1つの生き方に過ぎない。たしかに1つの人生であることは間違いないが、「人生」という大層な看板を持たせてしまうのはちょっと違う気がするだよなあ。あー、表現が難しい!言いたいことわかってくれ!

はい、ということで、視聴後3ヶ月くらい経ってるので、いざ感想書こうとすると案外書けませんでした(笑)
でも、まあ、おれの中ではシュタゲと並ぶくらい完成度が高い作品だということには変わりはない。いやぁ、得るものが多かった。

投稿 : 2021/05/08
閲覧 : 264
サンキュー:

3

ネタバレ

CR さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

素晴らしい作品

メインは渚が死んで自暴自棄になった主人公が自分を父と重ね合わせて、立ち直り子供と真摯に向き合うといった作品

個人的に父親との和解回が一番良かった。もちろん汐と仲直り(?)するシーンとかひまわり畑の回も良かったけど。
それに前半のコメディ部分でもかなり楽しめる

ただ最終回でなぜか汐を死なせて、タイムリープでこのあたりの回ごとなかったことにされたのはかなり残念だったかな。それで-☆0.5

投稿 : 2021/02/11
閲覧 : 142
サンキュー:

5

ネタバレ

みどりーぬ さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

エヴァーガーデンのストーリーと作画を極限まで下げた作品

お涙頂戴ですね。人が死ねば何でもいいの?
キャラデザ我慢してまで見るやつじゃない。時間の無駄。
伏線回収が全くない。意味不明なまま空中分解。
一期から引っ張ってた冒頭のヤツは結局何だったんだ?
親父が自分の大好きで、推薦までもらったスポーツをやれなくして、尚且つシャブかなんかで逮捕。これだけやっておいて、祖母かなんかに不器用だったんだ的なセリフ言われただけで許せてしまう主人公。全くもって感情移入できない。
まぁ、まだ酒に酔って暴力くらいならわかるけど、闇取引はダメでしょ。不器用じゃ済まされないし、許すべきじゃない。部活がやれなくなる辛さは運動部なら誰しもわかるはず。それを簡単に許すなんて普通できない。しかも光の玉がどうとか、死んだと思ったら生き返ったり、意味がわからん。説明無しに、最後むりくりハッピーエンド。
全てがキツい。ご都合主義。むり。
これは完全にシナリオライターの責任。京アニに罪はない。これは見る側が言うべきことではないのかもしれないが、言わせてもらう。
アニメ制作は一話につき、人の人生の貴重な30分を使うんだから、もっと考えるべき。俺もこの類の職種ならそうする。
このシリーズは全44話という余りある時間の中で、ギャルゲー路線と感動ストーリー路線を行き来して、はっきりせず、ろくにメインキャラ達の背景の掘り下げやストーリーの伏線回収もせず、メイド回やお庭のお掃除回を重ねて話数を浪費し、殺して、救われれば何とかなるやろと人殺しとご都合を重ねた作品。例えるなら、友達が来る前の慌てた部屋掃除。
いくら体裁よく着飾っても、突けばすぐにボロが出る。
みんなが同じ方向を向いているとき、それは誰もそれを考えていない時だ。的な名言があった気がするが、まさにそれ。
本当に良いものを見定めなくては、と改めて感じた。
クラナドは人生というが、私にとっては時間の大切さを教えてくれた作品だった。こんなものに使う時間はあるのか、と。
けれど、こんな所で酷評を垂れ流す私はきっと何も学んでいないのだろう、と思う。
よってこの作品から学んだことは皆無に等しい。
これが私の萌え系アニメ嫌いの根源と言っても過言でない。
key作品はどうも私の肌に合わない。新作もガッカリだし。
この作品の使い方があるとすれば、ヴァイオレットと見比べて時の流れを感じるか、修行用くらいだろう。以上。

投稿 : 2021/01/30
閲覧 : 207
サンキュー:

3

ネタバレ

ふとさん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

岡崎 朋也の

人生。1期~アフターと十分な尺が取られているため、感情移入しやすい。

投稿 : 2020/12/12
閲覧 : 104
サンキュー:

1

ネタバレ

Jun さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

約束された悲劇と奇跡

キャラデザインに抵抗感があり、三度目の挑戦で完走。

卒業までは前作同様、ギャグとシリアスが交互にくる。

卒業後は普通の大人のシリアスな生活が続く。仕事、結婚、出産、育児。父親との確執。そして病気。高校時代の友人達は思い出したようにしか登場しない。仲の良かった友人でも卒業したらそんなもんだろう。

どんなに努力をしても、どんなに強く信じていても、個人のレベルでは治療法の確立していない病気が治癒できるという保証はない。人間は万能ではない。そして優しく率直な人達は弄ばれるように、約束された悲劇へと転がり落ちてゆく。

最後の最後に奇跡にすがるのが人間ではあるが、幻想的な過去改変で手に入れた幸せを結論にするのは、少し安易な気がする。悲劇がなんのためにこの世に降臨するのか理解させて欲しい。

むしろ自分が共感するのは、岡崎父の惚けたように「やり切ったのか、、、」という自問自答。もう一つは、古河さなえの数年間耐え忍んだ後の嗚咽だろう。

汐死後の主人公を冷酷に描いて欲しかった。

投稿 : 2020/12/10
閲覧 : 123
サンキュー:

11

ネタバレ

ファースト さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「人生」という感想に納得。1期無印から是非観て。

言葉を飾った感想が無意味なほど良い作品だと思う。
これほどあらゆる感情を揺さぶってくる作品はほかにないと思う。
誰かにこの作品をお勧めするときは「~話だから観て」ではなく「とにかく観ろ」と問答が不要になるほど語彙力が欠如してしまう。
ともかくCLANNAD AFTER STORYは1期に比べシリアス面が強い作品だということは間違いない。それゆえに1期の笑いなどを含めた人物像を加味したうえで観るべき作品だと思うので、まずは1期をお勧めしたい。
とりあえず言えることは、潮の回で泣かないやつとかいるの・・・?

私的なアニメのTOPがこの作品ですが、評価が4.9なのは、今後これを超える作品がアニメ界に現れることを願ってのものです。

投稿 : 2020/11/22
閲覧 : 107
サンキュー:

8

ネタバレ

DIPIMP さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

泣ける

麻枝潤の泣けるアニメの決定版でしょう。
泣けるアニメでこれ以上のものは多分ない。
もともとはゲームな訳で、その時点で神ゲーだった。
泣きたくなったらまた見よう

投稿 : 2020/10/18
閲覧 : 102
サンキュー:

2

ネタバレ

まーたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あにこれ1位にくるべきアニメ

CLANNADは人生って言うけどホントのことだった。これはもうアニメファンは皆見るべき作品。出会いから結婚まで描くとか凄すぎる。
朋也くんと春原がめいちゃんの事で喧嘩して殴りあったのは名シーン。俺も春原みたいな友達欲しかったな。
朋也くんと父親の話もよかった。汐に朋也くんが「渚、見つけたよ、やっと見つけたんだ、俺にしか守れないもの、俺にしか守れないかけがえのないもの、それは、ここにあった」のシーンはもう涙止まらなかった😭
本来CLANNADがあにこれ1位になる作品よ?見て損は無いというか全人類観ろ。それと便座カバー

投稿 : 2020/10/18
閲覧 : 221
サンキュー:

7

ネタバレ

名前を入力してくださ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

Humans are fragile.

1期といえば単なる山あり谷ありな学園ドラマでしたが、2期は突然「人生」が苛酷に主人公に突き付けられます。こういうドラマ(もはやこれアニメの範疇ではないのでそう呼びます)はそうそう見られるもんではないです。なんたって人生のエッセンスを全部凝縮しやがってますから。育児だって放棄してるやないですか。人が生きる上での苦悩を片っ端から書いてます、この物語は。汐が朋也に「泣いていいの?」ってあのシーンは目からメタノールを生成してしまった・・・

不満点。Keyお得意のパラレル異世界構成ですが、これのせいで果たしてこの物語をファンタジーとして見るか現実でのヒューマンドラマとして見るかどっちつかずになっています。AIRなどと異なり世界観や生活風景などはリアリティを十二分にもって描かれているので、2つの大きい世界を同時に持ってきて「いっぱいいっぱい」という印象でした。

あとOP何拍子やねん。分からんわ。でも良い曲!

個人的に好きなシーンは14話のアレです。人生アニメの名に恥じない名シーンです。はい

投稿 : 2020/10/05
閲覧 : 102
サンキュー:

3

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

まぁ泣きたい人にはいいのかな。

ファンタジーで泣かせにくるのは残念だったな正直。まぁ所詮そんなもんかといった感じ。泣く=良作とはならんよという事。泣きたい人にはおすすめ。ただそれだけ、物語内容はそんなに褒められたものじゃない。
まぁ言ってしまえばあの5人の中で1番興味無いのが渚だったんだが。てか渚1番魅力ないと思ったね。藤林杏がメインヒロイン進行の方が絶対良かった。姉妹関係の問題を挟みつつ良作になれたと思うけど。
結局渚と普通に交際して出産も普通に成功しましたで終わってる。
まぁ珍しくネタバレありコメントを書いたわけだが、それは藤林杏編が良かったから。まぁこれ見てるなら全員見てると思うけど見てない人がもしいたら絶対見た方がいいよ。

投稿 : 2020/09/22
閲覧 : 220
ネタバレ

アニメ大好き さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

死ぬまで忘れないアニメ

見てない人絵柄じゃないんだよこのアニメは

投稿 : 2020/09/17
閲覧 : 131
サンキュー:

2

ネタバレ

sjbぁ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろい!

clannadの魅力が十分に伝わる作品でした

投稿 : 2020/08/14
閲覧 : 79
サンキュー:

1

ネタバレ

モモテン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

泣くならNo.1のアニメ

何回泣いたことか…ヤバいよねこのアニメ。
原作ゲームでは主要キャラクター全員に見事に泣きどころがある完璧な作品。アニメの都合で泣きどころは1/5位にカットされてますが、それでも泣きアニメNo.1です。アニメ観て気に入ったら、原作ソフトをプレイを是非ともプレイして欲しいです!

投稿 : 2020/08/07
閲覧 : 156
サンキュー:

3

ネタバレ

オッチー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

素晴らしいアニメだということに間違いはない[93.1点]

時系列的にCLANNADの続きがそのまま描かれている。開始時はまだ主人公岡崎は3年生。しかし、時は流れ岡崎は高校を卒業。社会人になり、仕事に就く。

1期は笑いと感動有りの青春ストーリーだったが、2期になり(決してコメディシーンがないわけではないが)、少々シリアス度強めの展開だった。大人になると自分で食べていかなくてはならない、自立していかなくてはならない。そんな社会の厳しさを感じる描写も多々あった。

さて、あまり内容に触れるとネタバレも多くなるので、ストーリーに関しての言及はここまで。ただ、このクラナドアフターストーリーを通して感じたのは「家族愛」の大切さ、これに尽きると思う。そしてこのアニメを見ると、もっと家族との時間を大切にしよう、自分は立派な父親になれるのだろうか、などと色々考えさせられてしまう。まあ、よく家族愛を描いたアニメを見た後は本当にそれで頭がいっぱいになります。

なんか簡単にまとめて書きましたが本当に素晴らしいストーリーです。ただこの「感動」ストーリーに対しては、1期のこの作品に対する思いというのが重要になってくるでしょう。もちろん、その感動シーンだけを見ても心にくる人はたくさんいるでしょう。しかし、1期からの様々なキャラ同士のやりとり、何気ない日常シーンを見てるか見てないか、またはそれらを印象良く感じたか感じてないかで感情移入の度合いは大きく変わるでしょう。まあいわゆる登場人物に対して感情移入できる状態であったかというところです。他のアニメでも感動シーンに向けての過程は大事なのは言うまでもありませんが、この作品は「特に」です。

さて、ここからは物語以外からの観点から書いていきます。見終わって注目したのは、「音楽」「作画」です。CLANNADはOPの良さが全体的に目立ちました。1期に続き2期OP「時を刻む唄」は歴代見てきたアニメの中でも印象に残ってます。key作品は主題歌の良さに定評がありますので聞くだけでもストーリーを思い出してしみじみした気分になります。BGMもほんわかとした日常系から感動を誘うような切ないBGMまで頭に残ってます。非常に良い役割を担ってたと思いますよ!そして「作画」について。アニメーション制作は京都アニメーション。CLANNADは全体的にキャラの目が大きい印象を受ける人が多いようですが、まあ見てたら慣れてくるでしょう。そして京アニの作画の素晴らしさはご存知の方が多いと思いますが、その「素晴らしさ」にも色々種類があります。絵が綺麗だったり、背景画が色鮮やかだったり、キャラの動きがぬるぬる(滑らか)だったり…、しかし京アニで最も良いところを挙げるなら、「キャラの感情表現に長けている」所でしょう。表情の変化をアニメーションで表すのは簡単なことではありません(※友人談)。そしてここはアニメーションによっても本当に表現の差ができる所です。アニメの中のキャラの表情が豊かだとより見ていて感情移入できるというのも個人的に感じます。そしてこのCLANNADもキャラの動きや絵が綺麗というよりかは、この感情表現が素晴らしいと思います。(まあ絵もかなり綺麗ですし、動きも申し分ないです)

以上のようにどれをとってもレベルは高いです。よく「CLANNADは人生」という言葉を感想欄で目にしますが、間違い無いと思います。人生についても色々考えさせられるでしょう。ただ全話見終わった時に納得できない人は必ずいるでしょう。ストーリー構成上仕方のないことだと思います。ネット上ではストーリー解説を書いている方もたくさんいますので、全話見終わった後に見てみると良いでしょう。

投稿 : 2020/08/04
閲覧 : 126
サンキュー:

11

ネタバレ

ナッシュ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

CLANNAD一期ハマんなかったけどこれはさすがだった。

自分はCLANNAD無印はハマれずあんま面白いとは感じなかったです。
(おそらくAIRを先に見たから話の展開がものすごく遅く感じたため見てて退屈だった。)
ですが、AFTERSTORYは完全に別格でした。
最初の友達の妹が来る話から最後まで楽しめました。
もちろん泣きましたw
いや〜おもろいね。
正直無印の方は楽しめなかったから不安だったけど、
見て本当に良かった。これはまた近いうちに見たい。

投稿 : 2020/07/18
閲覧 : 151
サンキュー:

3

ネタバレ

クロ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「わたしのパンは…○○だったんですねーっ!」「俺は大好きだーっ!」

前期CLANNADと対になる後期です。
正直いい歳してアニメでボロ泣きした作品はこのAFTER STORY以外にありません。

前半はややだれた感じですが、寮長と猫のエピソードなど感動できるものが随所にあります。そして、本当のクライマックスは中盤~後半にあります。
渚との結婚と娘である汐の誕生、そして奇しくも嫌っていた父親と似た運命を辿ることによって初めて理解した自分への父親の愛情と家族の和解。この怒涛の展開を私は涙なくして見ることができませんでした。

最後の21話と22話の繋がりがちょっと分かりにくいので、自分なりに考えたことも載せてみます。
単純に解釈すると、渚が生きていたというのはもう一つのあったかもしれない可能性である。或いは渚が死んだというのは只の夢であったということになります。しかし、それでは本編中に出てきた緑の玉の説明ができません。

恐らく、緑の玉は主人公がこの町に住む住人とかかわり、幸せにすることによって放たれる幸せの欠片なのではないかと思います。他者を幸せにすることによって放たれた緑の玉は町という器(平衡世界)に溜っていった。
玉が緑なのは、幼い渚が死にかかったときに父の秋生が娘の無事を町に願い、それによって渚が町とリンクする形で命を繋げたことと関係があります。渚とその娘汐とリンクした町という存在が、開発によって奪われる生命力の緑を補填する意味合いもあるかもしれません。渚や汐が冬に具合が悪くなるのは恐らく緑が町から失われてしまうからです。

つまり、あの汐が弱ってしまうまでの過程は夢でもなんでもなく、実際に主人公の身に起こったことであるが、他者を多く幸せにしたことによって、その幸せパワーが渚と町とのリンクを切り(或いは幸せパワーによって緑が減ることによる渚や汐の生命力減少が軽減された)あふれた幸せが主人公を過去に飛ばして、もう一度渚が生き延びた状態で人生をやり直させたのではないかと思います。
他人をいっぱい幸せにした行為が最後の最後で悲しみと苦しみの中にいる主人公を奇跡で救ったわけですね。

そういう意味で、この作品には「家族」や「人生」というテーマが割り当てられることが多いですが、私には「アガペー(他者に幸せを与える愛)」こそ自分が幸せになれる究極の愛の形である、ということが真のテーマに思えます。

投稿 : 2020/07/09
閲覧 : 202
サンキュー:

8

ネタバレ

どりを さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一期の思い出があったからこそ

一期でのなぎさとの思い出、仲間たちとの思い出があったからこそ輝く二期

一期より二期の方が評価が高いのは一期で私たちに思い出を見せてくれたからこそのものです。

二期の方が評判いいアニメは珍しいです。
だからこそ絶対一期を見て二期を見てほしいです
確かに一期は感動よりギャグよりです。
絵もクセがあって挫折しやすいかもしれません。
だんご大家族も最初聴いたら幼稚でおかしな曲だと思うかもしれません。
これも最後に聴くと考えさせられるものが溢れてきます。

ただ、作画の力ではないってことを証明してくれた作品でもあります。

最近のアニメは作画頼りなところがあり内容が薄いものが多く感じられます。

絵より内容が超えるものは本当に人の心を惹きつけるものだと思います。

作画より内容
難しい曲より幼稚な曲

全てがひっくり返される作品です。

投稿 : 2020/06/23
閲覧 : 130
サンキュー:

5

ネタバレ

梨子友 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

高校生の教科書

人生、と呼ばれているアニメです。

私はこのアニメを見た時は小学校6年生でしたがかなり考えさせられました。

自粛期間で今見ても非常に良いアニメだだと思います。

アフターストーリー(2期)が高く評価される中、
1期も素晴らしく、主人公の学校にいる寝たきりの生霊の話などは涙なしでは見れませんでした。

定期的に視聴する事で家族の大切さを教えてくれます。

是非視聴をお勧めします。

投稿 : 2020/06/10
閲覧 : 162
サンキュー:

4

ネタバレ

hyoi さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全アニメの中で一番泣けるであろうアニメ! そして人生!

一期で、だいぶ泣かせにきていたので、二期では泣かされないように頑張ろうと思ってみたが、結局5話くらいでボロ泣きしていた…
そこから、ネタバレになるが、渚が赤ちゃんを産んで、疲労と衰弱で亡くなったところから、もう最終回まで永遠と泣き続けていた…
渚がなくなったところがいちばんのなきポイントかと思ったら、渚と岡崎くんの娘の潮ちゃんがいい子すぎて泣いた…そして、最終話が切なすぎた…
もうしばらくはアニメ見れなくなります。
ありえないくらいの喪失感に襲われますご注意下さい

投稿 : 2020/06/10
閲覧 : 155
サンキュー:

6

ネタバレ

GHQ部部長 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

CLANNADは人生、それと便座カバー

1期で見るのをやめてしまった人は本当にもったいない。当たりの宝くじを結果を見る前に捨ててしまうようなものである。

それと便座カバー

投稿 : 2020/05/26
閲覧 : 109
サンキュー:

4

ネタバレ

まつまつ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最後は怒涛の展開ではあったが、、、          CLANNADは人生という言葉にはまぁ納得

評判がすこぶる良い作品だったので観てみたが、正直長く感じた。
汐との旅行からはなかなか怒涛の展開で一気に観たが、全体的には朋也と古河家の境遇が不遇過ぎて観るのが辛かった。
もう出産前に渚の死亡フラグは立っていたし、まさか汐まで死んでしまうとはあまりにも悲しすぎるだろ。
朋也から全てを奪ってしまってからのラストは別世界にタイムリープして再び渚との出会いから始まり、3人で幸せな生活を送るという展開だったけど、これはハッピーエンドなのか?
ジョジョの6部や鬼滅の刃とも共通するパターンかもしれないが、ラストはみんな死んだ後に転生した世界でハッピーエンドエンドという設定は、ある意味バッドエンドとも捉えられる。
原作のゲームの場合、違う展開が何パターンかあるだろうからこういう展開になるのも分からなくはないが個人的にはちょっとイマイチだった。

古河夫妻も芳野さんも凄い良い人で、他にも色々な人に支えられ苦難を乗り越えていく朋也の成長していく姿は観ていて良かった。

投稿 : 2020/05/20
閲覧 : 138
サンキュー:

4

ネタバレ

ずみ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

大号泣した

「CLANNADは人生」という言葉を作ったくらい、この作品には泣かさせていただきました笑
特に渚の出産シーン 汐と朋也のお花畑のシーン 朋也のお父さんとの別れのシーンでは鼻水 大泣きしました笑

投稿 : 2020/05/08
閲覧 : 153
サンキュー:

4

ネタバレ

かがみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

セカイから日常へ

本作の特徴は、セカイ系的な想像力から出発しつつも「無力な少年」が、その位置を脱して曲がりなりに「父」の位置を引き受ける所までを描き切った点にある。こうした想像力の源泉はおそらく村上春樹氏に由来すると思われる。例えば本作でも物語の重要な鍵となる「幻想世界」は村上氏の代表作の一つである「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」の影響を色濃く受けているとされる。もっとも「世界の終わり」の倫理的作用点が前期村上作品を象徴する「デタッチメント」であったのに対して、CLANNADにおける倫理的作用点はむしろ、後期村上作品で打ち出された「コミットメント」にある。

当初の朋也は、痛めた肩と堕落した父親を言い訳に傍観者気取りで現実から逃げ回る「デタッチメント」に終始していたが、渚の真摯さ、熱さ、純粋さに徐々に心を動かされ、自らも泥まみれになりながら人生へと向きあう「コミットメント」へと踏み出していく。

この成長の過程は今観ても心を打たれる。「CLANNADは人生」という評価は決して大袈裟ではないと思う。けれども同時に、本作に対してはコミットメントのコストをヒロインに転嫁する搾取的構造があるという村上作品に対する批判と同様な批判が当てはまってしまう所がある。こうした本作の限界性は美少女ゲームというジャンルの限界性に他ならない。

しかしながら一方で、本作にはまた別の想像力を胚胎させている。本作のもう一つの特徴は主人公とヒロインの性愛的関係性のみならず、ヒロイン相互の友愛的関係性にも光を当てている点にある。

こうした想像力の中には、ゼロ年代後半以降に花開いた「日常系」の萌芽を見る事が出来ないだろうか。そういった意味では本作は「セカイ系」という前世代の想像力から「日常系」という次世代の想像力にバトンを渡す役割を担った過渡期の作品だったとも言える。

投稿 : 2020/03/31
閲覧 : 144
サンキュー:

4

ネタバレ

kapita さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

CLANNADと合わせて

CLANNADと合わせて一気に見ました。
評価の高さで見始めましたが、ホント泣けました
ストーリーがホントよかったです
二期を見てこその「CLANNADは人生」だと感じました
悲しい最後かと思いきや、平行世界でのハッピーエンド
よかった~と心から思えるほど感情移入してしまいました
恋愛だけでなく、家族愛や友情もあって見応えがあります
作画は10年以上前の作品なので、少し我慢しても必見の価値があると思います

投稿 : 2020/02/13
閲覧 : 136
サンキュー:

12

次の30件を表示

CLANNAD AFTER STORY-クラナド アフターストーリーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
CLANNAD AFTER STORY-クラナド アフターストーリーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

CLANNAD AFTER STORY-クラナド アフターストーリーのストーリー・あらすじ

『CLANNAD ~AFTER STORY~』は、「CLANNAD -クラナド-」の第2期シリーズ。「世界の終わりは悲しい色に満ちていた」あの感動のストーリーが再び――。制作は第一期に引き続き京都アニメーションが担当し、脚本も引き続き原作ゲームの大ファンと公言している志茂文彦氏という、黄金タッグで作られている。(TVアニメ動画『CLANNAD AFTER STORY-クラナド アフターストーリー』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年秋アニメ
公式サイト
www.tbs.co.jp/clannad/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/CLANNAD_%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%29

このアニメの類似作品

この頃(2008年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ