「とある魔術の禁書目録[インデックス](TVアニメ動画)」

総合得点
88.0
感想・評価
7833
棚に入れた
33855
ランキング
88
★★★★☆ 3.9 (7833)
物語
3.9
作画
3.9
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

とある魔術の禁書目録[インデックス]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

超能力と魔術が入り混じった世界?

再視聴したので感想を書きます。
レールガン3期が始まって、レールガンの1期2期を見直して
でも、なぜ黒子が入院中なのかがわからず、たしか大覇星祭
の話もインデックスの中にあったようなと思い再視聴しましたが、
インデックス2期でやっとわかりました。インデックス2期について
の感想はこの後に書きます。

話は超能力者を教育する学園都市で魔術師がやってきて色々事件が
起こる話でしたね。
主人公の上条が超能力者ではないのに右手で超能力も魔術も無効化
してしまうという超チートの能力を持っています。
その右手を使って色々な出来事や事件を解決していきます。

最初のエピソードでインデックスの記憶を1年ごとに消さないといけ
ないことを解決して逆に自分の記憶がなくなってしまった時の病室
でのやり取りは泣けましたね。

アクセラレータの話も1期だったんですね。

再視聴しましたが、忘れている内容もあったので楽しく視聴させて
いただきました。

投稿 : 2020/01/28
閲覧 : 17
サンキュー:

10

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

超電磁砲3期が始まるので再視聴

シリーズを通して主人公の分かりやすい正義感を気持ち良く感じるアニメ。
禁書目録1期は25話あっても展開が早く組織もいろいろ出てくるので、この人どこの所属だったっけ?とか敵対関係とかを見失うし忘れる。
とあるシリーズは沢山あるので観る順番や登場人物がゴチャゴチャになりがち。
禁書目録一期はシェリーがボスで終わり。
放送時期は下記の順番となる。
・とある魔術の禁書目録
・とある科学の超電磁砲
・とある魔術の禁書目録Ⅱ
・とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟(映画)
・とある科学の超電磁砲S
・とある魔術の禁書目録Ⅲ
・とある科学の一方通行
・とある科学の超電磁砲T(2020年冬)
禁書目録以外は外伝という扱いになるみたいだが、それぞれ十分主役を果たしていると思う。
インデックスが可愛い。

投稿 : 2020/01/08
閲覧 : 54
サンキュー:

2

HUMMER さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

展開がスムーズでキャラも個性的で面白い

世界観の設定が細かく、キャラも個性的でそれでいてストーリーもしっかりしていて面白かった。
この作品は多数の登場人物の視点で描かれる群像劇というタイプの作品で設定も比較的細かい方だと思うが、だいたい4話前後できれいに完結する話を続ける構成になっているためあまり視点が変わりすぎて話の全容がわかりにくいというデメリットはないように感じる。
魔法や超能力ものはあまりそれぞれのキャラに個性を持たせすぎると、キャラが増えるごとに管理しきれなくなったりして、グダりがちな気がするがこの作品は魔法と超能力の両方を扱ってそれぞれの背景を細かく用意しつつ、それの対立なども描いているにも関わらず上手く話をまとめており、そういった雰囲気は感じなかったところは凄いと思った。
さらに登場するキャラは汎用的な魔法や超能力を使う感じではなく、それぞれ違う能力を持っており、それをストーリーに絡ませてくる感じは良くできている。
だがどんどん登場人物が増えるのでどこまでグダらずできるのか気になるところでもある。
2クールだが原作のストックに余裕があるせいか、この作品では中盤でアニメオリジナル要素を出してグダったり、引き延ばしたりするようなことなく最後までちゃんと面白かった。

投稿 : 2019/12/18
閲覧 : 29
サンキュー:

0

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スピンオフの方が人気あるのね。

インデックスといい、先生といい、アニメを知らない人に観てるところを、ちょっと見られたら、ロリコンと誤解された。

投稿 : 2019/12/11
閲覧 : 115
サンキュー:

0

ウィラード さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラノベ界の設定作品

設定を凝っているラノベ作品を掲げるならとあるシリーズだと思います
最終的には主人公の幻想殺しで倒してしまいますが

能力や設定が面白いので
設定資料で楽しくみる作品かなと思いました


設定はありますが、主人公が説教+パンチが多いので
そういうのが好きな方と
凝った設定が好きな方に
合うと思います

逆に能力で圧倒しなければいやだという方からは低評価中評価くらいになると思います

投稿 : 2019/11/29
閲覧 : 86
サンキュー:

1

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

電撃文庫ラノベ原作のSFファンタジー作品。

観終わりました。
原作は電撃文庫の人気ラノベです。
メディアミックスもされていて人気の作品です。
「とある魔術の~」がTVシリーズ3期まで、スピンオフの「とある科学の超電磁砲」もシリーズ2期まで、来年は超電磁砲3期が放送予定ですし、劇場版も作られています。

お話も超能力者を育成する学園を舞台にして、いろいろな能力者が主人公上条当麻の周りに現れて、かわいい女性ヒロインも登場します。
バトルも迫力あり、日常回とのバランスも取れていて面白いです。

投稿 : 2019/11/19
閲覧 : 85
サンキュー:

19

鬼猿 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ぶっちゃけつまらん

途中まで頑張って見てるけどつまらん。
好きな人には申し訳ないですが面白さの理解が不可能。
淡々と進むけど、色々説明が足りなすぎ。結局のところ魔術と科学の争いで、どちらの効果も無効に出来る当麻が物語のキーってこと…なのかな?
インデックスがかわいいってだけは理解できたが、前半の時から比べるとめちゃくちゃ出番少ない。物語に全く関係なくなってきてね?
キャラ各々の魅力が薄い。バトルシーンに関しては熱さが伝わらん。アクセラレータ戦なんか「え、こんな相手なのに右手のパンチだけで勝てんのやばくね?さすがに意味わかんなくね?」って感じ。
設定は嫌いじゃないんだけど見せ方がなー。
とりあえずは最後まで見てみる。

投稿 : 2019/11/10
閲覧 : 133
サンキュー:

2

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

超能力とか魔法とか

ずっと見たいなーと思っていたけれど、とあるシリーズはどれから見ていいかわからず放置していました。でも、やっと視聴!!!
人気な作品だけあって面白かったです。

超能力者であふれた学園都市で生活する、不思議な力をすべて打ち消す力を持つとうま。ある日ベランダで白い服を纏った女の子を拾う。彼女はインデックスと名乗り魔術は存在すると語る。
何話かで話が区切られているので見やすいし面白かったです。

{netabare} 最初のインデックスの話も、周りの人達のこと考えると切ないし。みさかの話も殺されるために作られたとか切ないし。なんでこんなことに。。。って思う。不思議な力を持つとこうなるのか。。。{/netabare}
アクセラレータがお気に入りです。なんかいいやつですよね。見た目と中身のギャップ良きです!!!

続きものんびり視聴していきます♪

投稿 : 2019/10/09
閲覧 : 278
サンキュー:

9

Rottel さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原点かつ頂点

長い長いとあるシリーズの歴史の原点であり、頂点だと思います。
10年以上前だとは思えない出来具合でした。
アニメだと禁書目録よりも超電磁砲の方が人気がありますが、やっぱり本編である禁書目録があっての超電磁砲なので、禁書目録の方が面白いです。(もちろん超電磁砲も面白いです)
量産されているそこらへんのバトルアニメとは違うので是非見て欲しいシリーズです。

投稿 : 2019/09/20
閲覧 : 170
サンキュー:

6

ELFピエール・元春 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

私をアニメの世界に惹き摺り込んだ思い出深い作品

デミウルゴスの中の人が当時、学生の頃。
何気ない気持ちでTSUTAYAでレンタルしました。

それまでは観るアニメと言ったら、ゴールデンタイムにやっている様なジャンプ作品の
NARUTOやBLEACHなどの少年誌をアニメ化した作品をたまに観る程度でした。


まず少年誌とは違うなと感じたのが、世界観の設定
科学と魔術、それぞれが一つの作品として成立できるだけの要素を詰め込んでおり
科学と魔術が交差するとき物語は始まるの代名詞の通り
二つの要素が交差し、物語が進む。
とても惹かれましたね。


それまで少年誌にしか触れて来なかった私には、ラスボスが設定されてないのに話が成り立つの?!
といった感じでした。
決められた道筋が設定されていないにも関わらず
ストーリーが展開するものなの?と疑問に感じた訳です。


そして何よりも驚いたのが能力の設定
少年誌のバトル物の能力と言ったら、火、風、水、雷、光、闇などの単純な自然現象の能力がメインだったので
一方通行のベクトル変換をアニメで観ていた際に
何じゃそれ!?こんなの最強だろ!?と心躍ったものです。
ベクトル変換の能力に関しては、私に限らず誰ものが初見の能力設定だったと思うので驚いた筈です。


あと作画の良さに驚いたのが記憶に残っています。
昨今のアニメ作品に比べれば1期は拙いレベルの作画ですが
放送当時、今までジャンプ系のゴールデンタイムの時間のアニメしか観て来なかった私には
凄いと感じさせるには十分でしたね。


そんなこんなで私をアニメの世界に惹き摺り込んだ思い出深い作品です。
最近、禁書目録を1期~3期まで一気観しましたが
やっぱり面白い!
個性豊かなキャラクターが能力被ることなく戦い、そして展開して行くストーリーには心躍らせられますね。

ただ3期の作画が酷過ぎて悲しくなりましたが、4期があるとすれば、2期の時の様な素晴らしい作画でお願いしたいです。

投稿 : 2019/09/16
閲覧 : 66
サンキュー:

7

ひき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アクセラレーターカッコよかった。

住人の約8割が学生という「学園都市」。
ここの生徒は超能力を開発するという特殊なカリキュラムが組まれていた。
レベル5が頂点とされている中で、上条当麻は無能力のレベル“0”。
しかし、当麻の右手には能力を打ち消す不思議な力を持っていた。
そんなある日。当麻の部屋に純白のシスターが空から降ってきた…。

普通に面白かったが、色々と腑に落ちないことが…
・「禁書目録(インデックス)」彼女は10万3000冊の魔道書を記憶しているが、
あまり使い道がない?当麻に救われた後もほったらかし状態?
でも可愛いから許す。
・記憶障害に陥った当麻。でも記憶障害になる必要性があまり感じられなかった。
・レベル0、能力を打ち消す力を持っているとしても基本受け身の能力。
当麻のあそこまでの自信はどこから?

しかし、アクセラレーターとラストオーダーのはなしはとてもよかった。
アクセラレーターを見直した、いい奴だった。
スピンオフ楽しみです。

それとレールガンこと御坂美琴。
カッコいいなぁ。
早速「とある科学の超電磁砲」見てるがこっちの方が面白いな。

でもこのシリーズキャラクター豊富で楽しそうなので
スピンオフも含めてみたいと思います。

投稿 : 2019/08/05
閲覧 : 139
サンキュー:

7

ネタバレ

プラント浜口 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

辻褄があってないように思えて断念

■世界観は面白い
・超能力や魔術が当たり前の世界で「非日常とバトル」が好きな私には合う
・その中で主人公が葛藤する姿も良い

■辻褄が合ってないように思える
・主人公が考えるロジック(敵は、組織とヒロインのためを思ってやってる。一方で主人公は目先しか見ずに行動してる。ように思える)が狂ってるようにしか思えずに、納得いかず。。。

総じて、あまり感情移入ができず、好きなキャラも出来なかったので、友人からの紹介であったが、時間の無駄と考えて断念。


#2019/07

投稿 : 2019/07/23
閲覧 : 137
サンキュー:

3

ootaki さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

上級者向けの作品?

アニメをかなり見ていて、ラノベを読んでいる方にはわかるがアニメから見た方は割と切ってしまったのでは?
独特の世界観ですので、慣れるのに時間がかかるタイプです。
慣れれば、面白いです。
中二病的な要素もあるので、見る人を選ぶ作品かもしれないです。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 338
サンキュー:

7

シワーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良くも悪くも少年心をくすぐるのではないか

主人公は正義感にあふれて友情にもあつい。熱血漢が気合でたたかう感じ。

超能力が使える人は学校でそれを習得し、できない人は魔法を習得するという、面白い設定の世界でした。

原作はラノベらしいけれど、少年漫画みたいなキャラと展開だなという印象でした。悪く言えば子供っぽい話で、大人が見るにはあまり楽しめないかもしれない。

物語はいろいろな方向に拡散していき、どこに着地しようとしているのか分かりづらい。一直線にボスとの戦闘に進んでいく話ではないです。それを魅力と感じるか、解りづらいと感じるかで、物語の評価も異なるかもしれません。その世界観を堪能するには長丁場を覚悟しよう。

私は、ロリ・萌え・ハーレム展開が苦手なので、観続けるのが苦痛に感じるときもありました。

アクションの作画が良く、それを盛り上げる劇伴や効果音も優れていて、緊迫感の演出は素晴らしいと思いました。

腹出しTシャツで片方だけ生足をおがませてくれるカンザキさんは、現実世界にいたら頭がおかしいとされるでしょうが、視聴者にとっては良いサービスになっていました。

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 75
サンキュー:

3

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

インデックスが空気になっていく

レールガンに比べ世界感が広く本筋の話は禁書目録なのだろう、というのは理解できるが、インデックス自体が話の展開が進むにつれて存在価値がなくなっていくのが残念。
学園都市の世界観は中二好みに作られており、特殊能力が好きな人、普通の人と違う自分が好きな人は視聴してて楽しめる作品だと思う。

タイトルと全く関係なく、イマジンブレーカーという特殊能力で自分の幸福を消され不幸になっている上条がいろんな事件にことごとく巻き込まれていくのが話の大筋。
基本的に科学陣営・魔法陣営が特殊能力の力技を使って話が大きくなり、最後は上条のイマジンブレーカー付素手のワンパンからのお説教までが一セット。
一セットが数話で2クール中に数セットのストーリーを積み上げて、少しづつ学園の謎・科学と魔法の謎に迫っていくので、2期3期と世界観を楽しみながらまったり見ていくアニメ。

上条のお説教や語尾縛りに苦にならない人は楽しく見れるし、少々話が複雑でも個々のキャラがそれぞれ個性的なので力技で視聴つづけれる。

個人的にはアクセラレーターが好き。

100点中84点

投稿 : 2019/06/11
閲覧 : 165
サンキュー:

5

ネタバレ

kawadev さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原作を読んでいないけど楽しめた

超電磁砲の存在がなければ、まだ、見ていなかったかも。

科学には能力者名が、魔術には魔法名があり、両者をきっちり分けて見られるのは面白かった。

原作が凄いと聞いたので、続編が楽しみだった作品。

投稿 : 2019/06/10
閲覧 : 85
サンキュー:

3

ターコイズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

登龍門

すごく個人的なことでもあるんですけど、おそらくこの深夜アニメ台の登龍門たる作品のひとつではないでしょうか?
ヒーロー然とした主人公とそれを慕うヒロイン達
深夜アニメ特有のお色気シーンからドラマ顔負けの密なストーリー設定たち。

どれをとっても素晴らしい。

今からアニメ世界に入る若者にぜひ薦める作品です。

投稿 : 2019/06/10
閲覧 : 71
サンキュー:

3

ナリキン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キャラがすごい個性だ

投稿 : 2019/05/31
閲覧 : 55
サンキュー:

2

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

グーで殴るの?

1期2期視聴済み。原作未読。
私は軽めの超電磁砲の方が好きなんで…。
この作品はとにかくどんどんキャラが登場してきます。あぶれてきます(私はそう感じてます)。難解な内容もあって作者は頭いいんだろうなぁと思ったりするんですが正直、理由はどうあれ女子の顔をグーパンチはないだろうというのが私の感想です。皆さんはどう思われます?観てみて下さい。

私のツボ:お前ら、このままでいいのか!


劇場版視聴済み。
映画館で観たけど・・・あんま覚えてない。歌ってたな。


3期視聴済み(2019.5)
えーーと、8年振り?のアニメ化ですか・・・超電磁砲からでも5年?そんなに経つのかぁ・・・。多分旧約?は最後まで行ったんじゃないかな。1.2期で多分13巻位だと思うので14~22巻・・・26話とはいえちょっと走りすぎなんじゃ・・・。OP・EDを飛ばしてまで尺を確保する努力?は評価すべきなんでしょうかね?正直、頭の悪いおじさんにはこいつ誰だっけ?から今どこ?で要は何と戦っているんだーーー!的な感じで終わりました(笑)。うーーん、ダイジェスト版?もっと詳しく知りたかったら是非原作読んでね!そんな感じでしょうか?勿論作者もO.Kだったんでしょうからね。結局登場キャラは多いし主人公的な奴は増えるし(そこがこの作品の売りなんだろうけど・・・)殴るわ、殺すわ、死んでないわ、冬のロシアを防寒具着ないわ、結局仲良くなるわ、個人的にはやっぱ超電磁砲の方がいいわ(笑)。

私のツボ:もともと近未来な世界観がガラケーひとつで物凄く過去な感じ。

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 287
サンキュー:

10

ネタバレ

リタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

やっと見終わった♪

すごく評判が良いのに、1〜3話くらいで何度も何度も先に進まず挫折していたけど今回は気合を入れて観てみた。

10話前後くらいから?急に何かのきっかけで面白くなってきて、そこから一気に最後まで楽しめた。
多分主人公不遇系が苦手なので段々仲間的なものが増えていくあたりから面白くなってきた気がする。

ストーリーもしっかりしてるし、主人公のヒーロー精神も苦にならず、このまま二期もシリーズものも楽しもうと思う。 見続けてよかったー。

投稿 : 2019/04/25
閲覧 : 154
サンキュー:

4

ストックトン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

魔術と科学の世界が入り混じって繰り広げられる
抗争という認識でいいのかな?
面白くてずっと観てたけど、ストーリーの根幹を
いまいち掴みきれないまま観ていた気がする。
ストーリーが壮大すぎるのかなあ、話が進むにつれて
どんどん広がっていってたような感じ。
2期3期と合わせた感想だけど。

投稿 : 2019/04/24
閲覧 : 79
サンキュー:

2

ジパミィナ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

着地点が見えてこない 69点

1話から完走するまで3年以上費やしたかもしれません。

レールガンを先に視聴してからでしたので、何となく展開は予想していましたが、想像通りの展開流れでした。

時間を費やした理由としては、何となくストーリーに入り込むことが出来なかったからかと思います。
連続して視聴しないと前回の展開が思い出せず、繰り返している内に期間が空いてしまい、疎遠になってしまったからかと思います。

各キャラの設定自体は悪くはないと思いますが、お約束の展開に魅力が無いため、マンネリ化されるとキツイかと思います。
また、戦闘自体は強敵としていても、終わり方があっけ無いことが多く、超展開に頼っている感があります。

全体的な印象は、主人公は男女問わず鉄拳制裁を行うことと、ほとんどのキャラが不死身と言っても良いくらい丈夫なことくらいでした。

繰り返し視聴したいという方向には届いていないので、一度視聴する程度かと思います。

投稿 : 2019/04/19
閲覧 : 110
サンキュー:

1

芝生まじりの丘 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

久しぶりに見てみれば、、、

前に見たときには毎話入れ替わりでてくる女の子たちやら、その変な語尾やらに震え上がっていたものだが、いつのまにか、ラノベの提供するコンテンツにもいい加減なれてしまった。。ストーリーは一貫性がないし(一本のアニメ作品として評価するなら)、敵のキャラ設定のずさんさ、主人公の独善性、上から目線やら諸々特別褒められないが、能力もありそうでなかったようなのを結構考えていたり、主要な恋愛的絡みはほぼ2人のみ(というかほぼ美琴ちゃんが一人でゴニョゴニョしてるだけ、ここまで恋愛しないラノベも珍しい?)とか、他のラノベ作品群に比べれば、うん、大分おとなしいんじゃないかな、、、

ただ当然厨二的なSF設定の快楽を許容する方にしか進められない。

アクセラレーターとか厨二の欲望の塊にはうっとり。他の敵キャラもこれくらい魅力的にしてくれればいいんだけどな

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 214
サンキュー:

4

ジョガマヤ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ストーリーがわかりにくい

レールガンの方が面白いです。ストーリーが難解です。登場人物が多すぎて把握しきれません。原作からのファンの方なら大丈夫なのでしょうが、アニメから入るのは大変でした。

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 86
サンキュー:

2

るるかん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

命題に対する回答をどこにもっていくのかが興味深い

最初の5~6話くらいを見てふと頭によぎったのは1973年に公開された名作ホラー『エクソシスト』だった。科学が万能だという世の中で起こる少女の不可解な悪魔的行動を最新の医療で解決しようとしても不可能で、結局は悪魔払いという宗教的儀式に頼るまでの過程が描かれた秀逸な作品だ。
 
本作はそういう恐ろしいホラーとは違うが、超能力(科学)は万能ではないという概念と魔術(禁書目録)の実効性の肯定が根本にあり、その両方を制圧できる上条を中心にして、同一宗教における宗教観の相違で起こる問題や超能力(科学)者の問題点を軽く抉っている点がとても興味深い。
 
別に重苦しいストーリーでは無いけれど、明るいハッピーエンドの話でもないのがとても良い。随所にアニメらしい滑稽なエピソードも上手に取り入れてあり、各キャラクターの個性が楽しめるような演出が施されていてバランスは良かった。
 
シリーズがⅢまで続いているので、それを全て見るまではこの作品の是非を問うのは避けるが、この1期は楽しめる内容です。
 
個人的には、インデックスはもう少し品があっておしとやかだったら良かったかな・・・と思うけど・・・。あくまで私個人の意見なので・・・。
 
姫神は好みのキャラですが、今後何か重要な役を担うのか楽しみです。
 
色々と気になる点もあるのですが、今後の展開がとても気になる1期でした。ようやく見ることができて良かったです。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 72
サンキュー:

2

ニワカ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

上条当麻がいいやつすぎる

ただただ上条当麻がいい人。
いい人すぎて理由なしにいろいろな人を助けるからなんか中身が薄っぺらく感じる。動機ってものが見えてこない。
自分的にはそこまでな作品。

投稿 : 2019/03/17
閲覧 : 97
サンキュー:

2

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タバコを吸う女の人は嫌いなんですぅ?

『とあるシリーズ』の大ファンです。
私はたまたま『超電磁砲』の方から見始めてしまいましたが、この『禁書目録』も名作に分類されると思います。

超能力や魔術などの、異能系学園“都市”バトル物。
ラノベ原作にはよくある『説明不足の状態で話が進んでしまう』ところが苦手な人も多いようですが、私のような原作未読者はwikiとか見ながら視聴した方が良いかも…です。

{netabare}
主人公は無能力者なのに最強の右手を持つ少年・上条当麻。
2人のヒロインであるインデックスと御坂美琴。
最初は悪役として登場し、後にミサカ20001号『ラストオーダー』と出会い最強のダークヒーローとなったもう一人の主人公・アクセラレータ。
{/netabare}

数多くの魅力あふれる登場人物が登場します。

小萌先生 可愛すぎます!

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 457
サンキュー:

75

プクミン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まさにラノベ

最初にざっくりと作品内容から。
超能力者がたくさんいる学園都市。そこの学園に通う、無能力者の上条当麻が主人公。その主人公のベランダにシスター干されていて「お腹空いたから何か食べさせて」というところから二人の出会いが始まる。
このシスターこそ、インデックス(禁書目録)であり、本作のメインヒロイン。

あとは、インデックスを巡って、魔術側の人とバトル。
インデックス関係無く、超能力者とバトル。
基本バトルは、主人公vs敵で1:1。
みどころはずばり、バトルシーン!!

作中に出て来る難しい話はどうでもいいんですよ。
「ふ~ん、そういうのもあるんだ」と思いながら話を進めていって「あー、そういうのもあったなー」と記憶の片隅にでも置いておけばいいんです。それがどんなものだったか何って具体的に覚えておく必要ありません(だって多すぎるし複雑過ぎるし面倒だし)。

Q.他にこの作品の魅力はありますか?
A.主人公の能力を打ち消す能力、幻想殺し(イマジンブレイカー)ですね。

この物語は、魔術と超能力がメインですが、主人公の能力はそれらの能力を打ち消す能力なので、どんなに強力な魔術や超能力でも彼の右手に宿る幻想殺しで無効化。

Q.キャラはどうですか?
A.いっぱいいます。

インデックスを始め、御坂美琴、アクセラレーター、ラストオーダー等、キャラが多いだけでなく魅力的なキャラも多数います。

かなりテンポ良く話が進み(内容に頭が付いていけないけど)、アクションシーンや可愛いキャラを見ているだけでも楽しめる作品です。

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 103
サンキュー:

6

ネタバレ

noRespect さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

監督交代しないかな

原作読んでるけどうーん…

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 81
サンキュー:

1

ネタバレ

Re:アニメ好き さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何故、設定に超能力とありながらメインを魔術にしたのか?

1期と2期を見終わったものです。

公式のあらすじ...
{netabare}東京西部に位置する巨大な『学園都市』。 総人口230万人を数え、その約8割を学生が占めるこの都市では、超能力開発のための特殊なカリキュラムが実施され、学生たちの能力は「無能力レベル0」から「超能力レベル5」までの六段階で評価されていた。

とある高校生・上条当麻かみじょう・とうまも、学園都市に住む学生のひとり。
彼は自分の右手に宿る力――異能の力なら神の加護すら打ち消す
『幻想殺しイマジンブレイカー』のため、落第寸前の『無能力』(LEVEL 0)の評価を受け、不幸まっしぐらの人生を送っていた。

そんな上条の学生生活は、夏休みのはじめに空から降ってきた純白のシスター(インデックス)によって、大きく変わってしまう。
「魔術」の世界から逃げてきたという彼女――『禁書目録インデックス』との出会いに始まって、さまざまな事件に巻き込まれていく上条...{/netabare}

感想
{netabare}原作未読
全24話

まず、ハッキリ申し上げると、とても面白かったです。
最初は子どもっぽいキャラデザが気になりましたが、ストーリーは24話ある割にテンポも良くまるで1クールしか見ていないように颯爽に見終りました。

僕がこの作品を最初に観たのは大分前で見た当時はそこまでなあ...って感じでしたけど他の作品を見ていくに連れいかにこの作品が良いのかということが分かっていったので、今回の書き直しに至りました。

って、いっても書く事ほとんど書いちゃったんですけどねw。

もっと、細かくストーリーについて語りますと、良いところでギャグを入れたり途中でちょびちょび出てくる御坂ミコトと上条のラブコメっぽのも結構個人的には好きでした。

しかしながら勿体無いのが、背景の設定に超能力があるのにメインを魔術にしているという事。
まあ、それは「とある科学の超電なんとか...」を出すためには必要だったのかもしれませんが、どうしても個人的には勿体ないと思ってしまいます。

個人的にはとてもおすすめの作品です。
見ていない方は是非。{/netabare}

投稿 : 2019/02/06
閲覧 : 247
サンキュー:

24

次の30件を表示

とある魔術の禁書目録[インデックス]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
とある魔術の禁書目録[インデックス]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

とある魔術の禁書目録[インデックス]のストーリー・あらすじ

超能力が科学によって解明された世界。能力開発を時間割り(カリキュラム)に組み込む巨大な学園都市。その街に住む高校生・上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると言う。こうして、上条当麻はオカルトの世界へと足を踏み入れる。(TVアニメ動画『とある魔術の禁書目録[インデックス]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年秋アニメ
制作会社
J.C.STAFF
公式サイト
toaru-project.com/index_1_2/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%81%82%E3%82%8B%E9%AD%94%E8%A1%93%E3%81%AE%...
主題歌
≪OP≫川田まみ『PSI-missing』、川田まみ『masterpiece』≪ED≫IKU『Rimless ~フチナシノセカイ~』、IKU『誓い言~スコシだけもう一度~』

声優・キャラクター

阿部敦、井口裕香、佐藤利奈、伊藤静、谷山紀章、勝杏里、こやまきみこ、新井里美、岡本信彦

スタッフ

原作:鎌池和馬、原作イラスト:灰村キヨタカ(電撃文庫/アスキー・メディアワークス刊)、 監督:錦織博、キャラクターデザイン:田中雄一、シリーズ構成:赤星政尚、美術監督:廣瀬義憲、プロップデザイン:岩瀧智、色彩設計:安藤智美、撮影監督:福世晋吾、編集:西山茂、音響監督:蝦名恭範、音響制作:デルファイサウンド、音楽:I'veSound/井内舞子

このアニメの類似作品

この頃(2008年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ