新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(TVアニメ動画)」

総合得点
82.8
感想・評価
721
棚に入れた
2681
ランキング
315
★★★★☆ 3.7 (721)
物語
3.7
作画
3.6
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

主人公の人たらしぶりの面白さ

 原作は未読。
 ネット小説では悪役令嬢ものというのは一ジャンルとなっているぐらい多くの作品が
あるらしいが、個人的にこのジャンルに接するのは本作が初めて。

 異世界転送ものでゲーム世界に転送するような話の多くは、プレイヤーが自身で扱っていた
キャラとして転送するのに対して、本作の主人公であるカタリナ・クラエスの場合、元ゲームの
「FORTUNE・LOVER」においてはNPC、と言うかプレイヤーの障害物のような存在で
あるところが面白い。
 カタリナの転送前の人(名前判らん)が「FORTUNE・LOVER」のプレイヤーだったことも
あって、ハッピーエンド時のカタリナの破滅的結末を判っており、本作ではその破滅フラグを
回避しようとするのだが、先が見えている状態でそれを回避しようとする展開はタイムリープもの
なんかに通じる部分も。

 本来ゲームでは主役であるマリア・キャンベルがヒーローキャラと結ばれることでカタリナが
破滅するわけだが、じゃあこの世界では「マリアの恋を妨害すればいいか?」と言うと、それは
悪役としての正しい行動で、むしろマリアとヒーローキャラを結びつけることに協力することに
なるわけで、この破滅フラグ回避ミッションは結構難しそう。
 結局、カタリナが破滅フラグを回避しようと意図した行動より、本人の感情の赴くままの
行動が、悩める登場キャラを救い、更に好感度を持たれてしまうことで破滅フラグを
回避してしまうが、本人は至ってそれに気付いていないという点が面白いところ。
 このカタリナが次々と登場キャラを籠絡していく様が痛快で、本作のハイライトとも言えそうな
部分。
 その人たらし振りは一種のチート能力とも言えそうな感じだが、本人の人柄の良さもあって、
嫌味な感じはないし、作中世界では重要な能力である魔力の方はお粗末なことでうまいこと
バランスを取っている感がある。

 こうやって次々とカタリナ好きを増やしていく展開は当然カタリナの人柄によるものが
第一なのだが、カタリナに好きなようにやらせているルイジとミリディアナの両親の存在も
大きいように思える。ミリディアナは小言こそ言うもののやはり基本的には放任主義の印象。
 この二人自体、カタリナによって夫婦仲が良くなったように、カタリナによって変えられた
部分もあるのだろうが、クラウス家内部の問題であるキース・クラエスやアン・シェリーの
エピソードを観るに、ルイジなどは根本的に偏見や差別意識がないような人みたい。

 中盤以降はレギュラーキャラによるカタリナ争奪戦の様相を呈してくる。
 客観的には婚約者であり、王子であるジオルド・スティアートが有利なのかな?と思うが、
他のキャラも遠慮ない感じなので、横一線で終わっていった感じ。
 相手が王子であろうと平気で妨害していくところなど、この作品世界では貴族の勢いが強くて、
王権はそれほど強くない世界なのかな。

 作中世界ではマリア、メアリ・ハント、ソフィア・アスカルトのような優しい顔立ちが良しと
されているようだが、自身が悪役顔と言うカタリナもキリッとした感じがなかなか良いと
思うんだけど。

2020/06/29
2022/06/27 追記・修正

投稿 : 2022/06/27
閲覧 : 133
サンキュー:

9

NQTYX23206 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

有りそうで中々無い作品

男性からみても面白いです。内容は省きますがカタリナは清々しい性格です。ラノベは児童向けかと思いますし色々勉強になると思います。アニメは1.2期も安定して面白かったです。因みに名前が男性っぽかったので男性かと思ってましたが女性作家さんだったのも驚きました。

投稿 : 2022/04/26
閲覧 : 105
サンキュー:

3

ネタバレ

さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

なんか

笑える所あるから見れたけど、カタリナとジオルドがどうしてもキャラが喋ってるように聞こえず、声優が喋ってるようにしか聞こえなかった。

投稿 : 2022/04/15
閲覧 : 96
サンキュー:

1

ネタバレ

himen さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

乙女ゲームの造詣が浅くても楽しめる良い作品。

私は30代の男ですが、幾つかの乙女ゲームをプレイしたことがあります。ですが全ての男性がそうではないと思いますし、いきなり乙女ゲームの世界に放り込まれた作品を見ることに抵抗を覚える方もいらっしゃると思います。しかしこの作品はキャラクターの幼少期の出来事から丁寧に描写されていますので、「乙女ゲームのアニメ」ではなく、サクセスストーリーを描いたドタバタコメディとして観ても何の問題もありません。

●ストーリー
乙女ゲームに激ハマりしている女子高生が交通事故で命を失い、その時プレイしていた「FORTUNE・LOVER」というゲームの悪役令嬢「カタリナ」に転生してしまったというストーリー。
とはいえ、最初から自分が「異世界の人間である」ということを自覚していたわけではなく、幼少期に石畳に頭をぶつけてしまい、その衝撃で前世での記憶を思い出すというところから始まります。

「FORTUNE・LOVER」では攻略対象が複数人存在し、その結末次第では”良くても”国外追放。最悪の場合殺害されてしまうことを思い出し、その「破滅フラグ」を回避するために東奔西走します。

これまでは傍若無人を絵に描いた様な高慢でわがままお嬢様でしたが、文字通り人が変わったかの様な野性味溢れるお転婆な性格へと変貌してしまい、両親やメイドたちは困惑するばかり。

しかし、変わってしまったのはカタリナの性格だけではありません。ゲームの世界でもたらされた第二の命を守るための行動が、「FORTUNE・LOVER」に登場するキャラクターの運命をも大きく変えてしまいます。

●主人公の性格が良い
前世の記憶を取り戻したあとの主人公「カタリナ・クラエス」は、とても魅力的な女性です。困っている相手を放っておくことができず、立場の違いを気にすることなく親切に立ち振る舞う。そして、誰よりも純粋で、誰よりも真っ直ぐな感情の持ち主。そんな「乙女ゲームの主人公」の様な性格が、観ていてとても気持ちのいいものでした。異世界転生系の作品だと主人公の性格が鼻につくことがありますが、そんなことはありませんでした。ただし、今まで色恋を経験したことが無いという設定の主人公のため、鈍感系主人公として描かれています。その点は人を選ぶかもしれません。

●魅力的な登場人物たち
この作品に登場するキャラクターが、どうして主人公に行為を寄せるのか。その理由がすべて語られています。ハーレム物にありがちな薄っぺらい恋愛感情ではなく、純粋な主人公に対する感謝や憧れという純粋な気持ちでした。作者が登場人物ひとりひとりを大切にしている証拠とも思いました。

●総評
因果応報という言葉があります。
「悪いことをしたら、悪い報いを受けるよ」というニュアンスで使われていますが、元々は「善いことをすれば善い報いがありますよ。でも悪いことをすれば悪い報いを受けるんですよ」という意味で使われていた言葉です。その前文が省かれてしまった息苦しい現代では、善意が悪意として捉えられしまうこともあります。
しかしこの作品では、善行が正当に評価されます。相手のためを思った行動が実を結び、善い報いとして返ってくる。悪女としてではなく誠実に生きていた結果が、自然に自分とその周囲に表れる。そんな素敵な作品です。
とてもオススメな作品ですので、ぜひ皆さんもご覧ください。

投稿 : 2022/03/07
閲覧 : 158
サンキュー:

7

ネタバレ

og3jar さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自己肯定感を高めてくれる人はモテる

ジオルド×カタリナ 〇 白黒の世界から色のある世界へ
キース ×カタリナ ◎ 能力大→加害→引きこもりから脱出
アラン ×カタリナ ◎ ジオルドへのコンプレックスから脱出
メアリ ×カタリナ ◎ 義理の姉妹からのイジメ→花の手入れ→緑の手を肯定
ソフィア×カタリナ ◎ 髪と目の色のコンプレックスから脱出
ニコル ×カタリナ 〇 ぼっちの妹の友達になってくれた
マリア ×カタリナ ◎ 多人数のイジメから守ってくれた
アン  ×カタリナ ◎ 不本意の結婚から守ってくれた

投稿 : 2022/03/04
閲覧 : 114
サンキュー:

1

GOMA さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なんか新鮮で面白かった♪

なろう系+一迅社文庫アイリスにて2014年7月から連載されてるライトノベルのアニメ版。2020年4月~6月放送。最近増えてきた女性が主人公のなろうのアニメ化。女性目線かつパロディ要素を織り交ぜた作品です。

製作はSILVER LINK.さん。声優さんは内田真礼さん、早見沙織さん、蒼井翔太さん、松岡禎丞さん、水瀬いのりさんなどかなり豪華。もちろん特に問題無し。キャラデザもそこそこ好きな方、作画もそこそこキレイな方。まぁ特別なバトルシーン等の無いアニメなんでストレス無く観れました。

恋愛恋愛しないし、それなりにパロディ入れてくるし、なんか新鮮で結構楽しく観れました♪

投稿 : 2022/01/15
閲覧 : 104
サンキュー:

2

ネタバレ

m3 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

おもしろい

おもしろい

投稿 : 2022/01/08
閲覧 : 60
サンキュー:

0

ネタバレ

ERRUE さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良作。タイトルで敬遠してはいけない

最近、タイトルが長い作品は地雷が多いので敬遠していました。しかし、今作は稀にみる良作でした。

{netabare}
オタク系女子がハマっていた乙女ゲームの世界にやられ役の悪女として転生てしまい、ゲームのBADエンドフラグを回避する為に奮闘する物語。

設定からしてぶっ飛んでいる内容ですが、恋愛ものとしての出来は素晴らしく、最後まで楽しく視聴出来ましたし、ギャグとシリアス部分のバランスも良かったですね。

主人公カタリナもいい意味で設定がぶっ飛んだ個性の塊。貴族令嬢でありながら、その身分にそぐわない奇行が目立ちますが嫌みがない。
恋愛に疎い面もチラホラ見えますが、性格に嫌みが無いので逆にほのぼの日常系の空気になるところが良かったです。

なろう系には珍しく「好感が持てる主人公」が自分の中では高評価ですね。
俺TUEEEとかご都合展開があるわけでもなく、最後までカタリナが四苦八苦しながらフラグ回避に走る展開は面白かったです。

『タイトルに騙されずに一度見てほしい』とオススメ出来る良作でした。
{/netabare}

投稿 : 2022/01/08
閲覧 : 191
サンキュー:

3

ネタバレ

U-yan さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

転生逆ハーレム(鈍感)アニメ!

世代的にタイトルで躊躇しましたwでも結構面白い!いわゆる異世界転生なんだけど、主人公が生前プレイしていた「乙女ゲーム」の世界に転生するという所や
逆ハーレムなんだけど鈍感すぎるところは面白かったです。あと涙腺バカの私は少し泣きました・・・。バトル、エロはありません。日常ラブコメの転生アニメですね!

投稿 : 2022/01/06
閲覧 : 120
サンキュー:

2

福松 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

題名だけで避けるのはもったいないです。【絶賛】

ア〇マで無料一挙があったので観てみました。
題名から女子向けだと思っていたのですが、二期が始まっていることで軽い気持ちで観始めました。
ところが、良い意味で裏切られ、視聴途中で「終わってほしくない」という気持ちまで湧いてきました。
話数を重ねるごとにOPの評価もぐんぐん上がっていきました。
転生ものをたくさん観てるわけではないのですが、「これは並みの転生ものではない」と感じました。
未視聴の方はぜひとも軽い気持ちで観始めてはいかがでしょうか。
きっと驚くと思います。
これから二期も観ようと思います。

2022-0103お知らせ
またもやアべマで無料一挙があります。
1月7日(金)10:00まで無料視聴可能です。
この機会にぜひお願いします。殺伐とした心が浄化されていきます笑
なお、一期だけで綺麗にまとまっています。
会議のシーンが好き。

投稿 : 2022/01/03
閲覧 : 666
サンキュー:

23

アルジャーノン さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

よくある乙女ゲーム転生ものですが、おもしろいです

主人公が人たらしかつとってもいい子なので、
破滅フラグを簡単に(?)打破してしかも登場人物たちをすべて虜にしていくさまがおもしろいです。
周りみんなに好意を持たれて気づかないんか???てなります笑

投稿 : 2022/01/03
閲覧 : 58
サンキュー:

3

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ほっかむり!

原作未読(2020.9)
なろう系原作。期待せず視聴開始。「listeners」「白猫」と個人的に厳しかった作品の後というのもあるんでしょうが楽しめました。正直、内容はすっかすっか(単純明快)でただの逆ハーレム(同性含む)みたいなもんですがその潔いライトさが実に気持ち良かったです(白猫はスカスカなのに無理に重くしようとしたのがバランス崩した原因かな?)。キャラデも特に癖もなく平均的に受け入れやすかったのも良く作画も安定しており見やすかったです。きれいに1クールでまとめてあり清々しかったのですが・・・2期あるの?まじ?

私のツボ:早見さんがこの手のキャラ声作ると能登さんかと思ってしまう。

2期視聴済2021.12)。
個人的には1期で綺麗に終わってるかな?と感じてたので蛇足にならなきゃいいけどと思いつつ視聴。
うーん、まぁ今期は破滅フラグを回避した御褒美といった感じでしょうか。ドラクエとかの隠しダンジョンとかアニメのパロディOVAとかおまけみたいなもんですかね。更に劇場版までやるそうです。
原作はまだ続いてますし人気次第じゃ3期もあるかも知れませんね。でもね、主人公の乙女ゲーハーレムキャラが増えるだけな気もしますし、段々誰も選ぼうとしない主人公に苛立ちを覚えるかも知れません。まぁ、そこは作者の腕の見せ所なんでしょうけど。

私のツボ:異世界「花よりだんご」

投稿 : 2021/12/28
閲覧 : 170
サンキュー:

12

よこちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

三枚目キャラカタリナが可愛い

視聴済みでしたが、2期観るため再視聴。2週目も全然楽しく観れました。題名(長い)通りの内容ですが、ゲームの中だからか、あまり異世界ものって感じもしませんでした。キャラ絵良いです、イケメンと美少女が同じぐらい出てきて、個性的なキャラ多く面白い、エロも無いので男性、女性にもお勧めです。

主人公カタリナが非常に魅力的、アホでドジで鈍感だがめちゃええ娘。目がつり目で少し悪顔ですが、可愛いキャラです。しまいには逆ハーレムを作ってしまいます。声優さんの内田真礼が三枚目に演じていて好感持てます。また、カタリナの脳内会議では内田真礼劇場が開催されるので、そこも楽しいです。

声優陣は豪華です、男女問わず聞いたことある声優さんばかりです。私は推しの内田真礼、水瀬いのり、ちょい役でしたが雨宮天が出てて満足でした。水瀬いのりのソフィアが可愛いすぎる〜。

話はコメディ、ギャグ、恋愛、百合、感動、シリアスとバランスよく、どれもくどくないのでストレス無しで見やすいと思います。

誰にでもお勧めしやすい作品、あまりアニメ観ない人でも楽しめると思います。ぜひお暇があればご覧ください。2期も続けて観ます。

投稿 : 2021/11/29
閲覧 : 130
サンキュー:

17

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

教祖カタリナ様物語。

【概要】

アニメーション制作:SILVER LINK.
2020年4月5日 - 6月21日に放映された全12話のTVアニメ。
原作は、「小説家になろう」に連載していたweb小説を改訂し、
一迅社文庫アイリスから刊行されている山口悟によるライトノベル。
原作イラストとwebサイト『ゼロサムオンライン』にて連載中のコミカライズ版は、
イラストレーターの、ひだかなみが担当。
監督は、井上圭介。

【あらすじ】

ソルシエ王国の公爵家の一人娘のカタリナ・クラエスは、
甘やかされて育ち、家柄を鼻にかける我儘で傲慢な子供だった。

王国の第三王子のジオルド・スティアートに一目惚れをするや、
王子にベタベタ付き纏うカタリナであったが、
彼女が石畳で転んで頭を強打した衝撃で前世の記憶を取り戻した。

自分は日本人の女子高生の生まれ変わりであり、
ここは前世で夢中になって遊んでいた乙女ゲーム『FORTUNE・LOVER』の世界。

自分がカタリナであるということは、ジオルド王子の婚約者という立場で、
ゲームの主人公のマリア・キャンベルに嫌がらせのかぎりを尽くして、
ジオルド王子ルートでは、婚約破棄されたうえで王子とマリアがくっつくなどして、
最後はどのルートのエンディングでも国外追放や死亡などのバッドエンドを迎える、
当て馬の悪役令嬢キャラであることに気づいた。

そして、7年後の15歳の魔法学園への入学からゲームのシナリオが始まる。

そこでカタリナがとった行動は、前世の記憶にあるゲーム知識を参考にして、
予めゲームキャラとの関係を改善するなどをして破滅フラグを回避すること。

そのカタリナの行動によって、
乙女ゲームのシナリオとは根本的な人間関係の違いが生じていくのだが、
他人の心に鈍感な彼女は、そのことに気づくことが無かった。

【感想】

原作小説は読んでいないですが、漫画版は1期分の22話まで既読です。
アニメの内容は漫画版とほぼ一緒ですが、
7~9話に漫画版で見たことのない展開が多くあったり、
最終回の構成の変更が一部見られる程度ですね。

シナリオの根幹は、『情けは人の為ならず』で、
人に善行を施しておけば、巡り巡って自分に返ってくる。

異世界転生ものでは珍しく、
チートスキルも贔屓パラメータも持たない主人公のカタリナが、
保身を目的とした行動が好意的に受け取られていまして、

また、ゲームの意地悪なカタリナとは全く別人格で気さくな善人であるがゆえに、
無自覚にゲームキャラたちの好意を集めてしまうのですが、
その違いで生じた周りの心境の差異に全くの無自覚な彼女。
自分が愛されてる善人であるということすらわかってないカタリナと、
そんな彼女に心惹かれていくゲームキャラたちとの、
意識のギャップを楽しむコメディではありますかな。

見てて気持ちのいい明るいアニメとして、評判がすこぶる良いですね。

でも、自分の感覚ではこのアニメが面白いかと言うと微妙ですね。
幼少期に各キャラクターの精神ケアをして行く過程は3話までで概ねコンプリート済み。
目の前の破滅フラグを全て叩き折って、早期に好感度MAXで攻略済み状態であるために、
その影響でシナリオ上の役割を全てカタリナに奪われたゲームヒロインのマリアもまた、
学園でカタリナに攻略されて彼女の親友という名の取り巻きの一人になってしまいます。

他の悪役令嬢ものではゲームヒロインや王子がクズとして投獄されたり死亡したりで、
別のイケメンとくっついた悪役令嬢が、
自分を断罪した連中をザマアする話も結構ありますので、

その点。この作品ではカタリナのおかげで皆が救われて皆が幸せですので、
話の筋としては歪みが少ない部類ではありますけどね。
多分、そこがファンには好ましく捉えられていますね。

しかしながら自分は、男女問わずゲームの攻略キャラ&サブキャラらの誰も彼もが、
早々にカタリナの信者になってからは、ありがちな無自覚逆ハーレムコメディとして、
更にはハーレム状態のままに、ほぼオリジナルな話が後半に2話分増えているために、
一本調子な構成が間延びして退屈に感じられました。

ただただ、幸せな世界が見られれば良い!という境地であれば楽しめたのでしょうけど、
カタリナ様ラブを競い合うキャラたちの台詞回しが90年代アニメみたいであったり、
声優の芝居や表情作画などにも魅力を感じられず、
その、カタリナ様ファンクラブに一辺倒な展開が長く続いたがために、
単調かつ冗長な消化試合を見せられていると思いました。

アニメに出てくるイケメンや美少女らと同じ気持ちでカタリナ様を愛でられればいいという、
その境地に達せられなかったので、ついていけませんでしたね。

悪役令嬢ものでも、善人化した転生悪役令嬢が縁結びを後押しをして、
サブキャラ同士が心通わせてカップルを量産するものもあり、
主人公だけがモテモテのものよりは、そっちのほうは好みではありますので、
結局は個人差ということなのでしょうけどね。

アニメの良い悪いや人気とは関係なく、個人の感性で合わない作品がある!
ということを、このアニメで久々に思い出しました。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2021/11/29
閲覧 : 204
サンキュー:

32

ぬるま湯 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

乙女ゲームとか破滅フラグとか悪役令嬢とか全く興味ないんだが…めちゃくちゃ面白かった!

物語。素直で無邪気な主人公が周りの人間を無自覚に攻略していくのがおもしろい。それぞれのキャラとのエピソードがしっかりあるので、主人公が好かれるのに納得できるし見てる側も主人公が好きになる。一番好きなのはアンのエピソード。

声優。主人公の無邪気な感じが良い。男性陣は一部くどく感じる。

キャラ。主人公はもちろん、全キャラ魅力的。メアリのやや変態的な感じもおもしろい。

作画。特になし。

音楽。OPがとにかく最高。イントロから楽しくなる。

まとめ。全てが完成されたアニメだと思う。見てて本当に楽しくて笑顔になれる。そして時々泣かされる。とても良い作品です。
原作小説も読んでみたらすごく面白かったです。

投稿 : 2021/11/10
閲覧 : 109
サンキュー:

5

ネタバレ

遊微々 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

百合√完備の乙女ゲーとか最高じゃあないっすか・・・・

まずは謝罪を。
放送中に、「ハッ、また長ったらしいタイトルの異世界転生モノかよ。はいはい、ワロスワロス」
とか思っててすいませんでしたーーーー!!!!!

アレを見た直後だからやたら面白く感じる。
というかこれそういうの関係なく普通に面白い良作ですね、本当にごめんなさい。
はめふら!最高!はめふら!最高!
あなた方もはめふら最高!と叫びなさい!

何が素晴らしいってただただ純粋にカタリナの人間性だけで周囲の人たちを惹きつけているからですよ。彼女の行動理念は確かに自身の破滅フラグを阻止するというためのある意味では打算的なものかもしれません。
しかし彼女がマリアやキースたちにかける言葉、想いやりの心、そこには一切邪なものはありません。真摯に彼らに向き合ったうえでぶつけてる感情なんです。
そしてそんな彼女の想いに応えるように、周囲の人々もまた素晴らしい。今作嫌味なキャラクターが一人もいないんですよねホント。カタリナを中心に、友愛に満ちた彼らの日常を見ることがこれ以上ないくらい尊いんですよ。
5話と11話は普通に泣いちゃいました。カタリナ様がお優しすぎるんですもの・・・。まさか異世界転生モノで涙を流す日が来るとは。

お気に入りのキャラクターは・・・選べねえ!!
でも彼女がいないと始まらないので、やっぱり我らがカタリナ様ですかね。
もうさあ、このまま逆ハー(♀含む)√でいいんじゃないですかね?

投稿 : 2021/10/27
閲覧 : 442
サンキュー:

41

ネタバレ

でこぽん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ゲラゲラ笑って感動する物語 人生のバイブルになるかも

この物語はゲームの世界へ転生した主人公カタリナが、自分の運命を変えるためにおバカをしたり見当違いなことをしたりする物語です。
カタリナの一挙一動にゲラゲラ笑ってしまうのだけど、気がついたらいつの間にか感動していました。心が温かくなっていました。
この物語は優しさに満ちています。(^_^)


交通事故で死亡した主人公は、ゲームの世界に転生します。ここではカタリナという名前の悪役令嬢のキャストとなっていました。
彼女には、良くて国外追放、悪ければ斬殺される運命しかありません。ほかの選択の余地はないのです。
このゲームの内容や結末を詳しく知っている主人公(カタリナ)は、自分の運命を変えるべく、あらゆる努力をします。

彼女はまず、{netabare}畑を作り野菜を育てます。
上流家庭の侯爵令嬢が農耕用の服に着替えて鍬をふるい、庭に畑を作ります。汗まみれになりながら土を耕{/netabare}します。
その姿は、周りの人の目には滑稽としか映りません。気が狂ったのではないかと思われます。
でもそれは、国外追放された際に一人で生き延びるための準備でした。

そして次に彼女は、{netabare}自分を斬殺する可能性がある{/netabare}男性たちに優しく振舞います。
彼らが悩んでいたら、悩みを聞いてあげたり、励ましたりします。そして彼らの特技を褒めてあげたりします。

さらにカタリナは、{netabare}このゲームの主人公である{/netabare}マリアにも優しくします。
心無い人達から虐められているマリアを守り、彼女がいつも笑顔でいられるように奮闘します。

カタリナの願いは、斬殺だけはされないように、国外追放されても生き延びられるように、その二つしかありません。
でも、人間って不思議ですよね。
自分が生き延びるための行動が、いつの間にかみんなを笑顔にしていました。そしていつの間にか、みんなから慕われていました。


このアニメは見方を変えれば、私たちが生きていくためのバイブルにもなりえます。
自分の環境、境遇には関係なく、周りの人たちを笑顔にするために自分ができることを精一杯する。
ただそれだけで、人生は楽しくなります。(^_^)

ちなみに、これからの日本では年金だけでは生きてゆけない人が大多数になります。破滅フラグがついているようなものです。
カタリナのように今のうちから畑を耕して農作物の作り方を学んでおいたほうが良いかもしれません

投稿 : 2021/10/09
閲覧 : 712
サンキュー:

55

saitama さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

サムネイルで観てこなかった…勿体ない。さっさと観るべきだった。

よくある転生ものなのだけど、設定が意外と面白い。
そして、アホらしいけれど、結構中身は面白い。

自分の中の人格が何人も出るあたりは、ちょっと蜘蛛ですか…っぽいけど、やり取り含めこっちの方が面白いな。

周囲の評価と自分の行動のズレが笑える。

多分、もともとは少女漫画っぽいネタなんだけど、やってることは完全にコメディ。この主人公のマイペースぶりが、相手の本心がバンバン引き出されるという、ある種の奇蹟…笑

ゲームの破滅フラグを避けていくと、いつの間にか、誰もがこの主人公に夢中になる…。

なんだろう、無自覚になろう系の俺TUEEEEE!!!になっている。

たぶん、ハマる人はハマる面白さ。いやー、面白かった。

続編も始まって、そっちはリアルタイムで追いかけだしました。こちらも面白い。


■追記

なんだかんだと平和なアニメなので、暇なときになんとなく見直す機会がある。
この手のハッピー路線は心が浄化されるね。

投稿 : 2021/09/26
閲覧 : 420
サンキュー:

10

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

失速していく

ストーリー性はそこまで深くないので見やすいドタバタコメディーだが、序盤に比べ後半は展開のマンネリ化も含め失速していく。
前半の破滅フラグ回避が面白かったのに、早々にフラグ回避して、最終的にはアンジェリークのような乙女ゲーになっていった。

全体的に面白く、声優もよく、作画も乱れず安定感あり、キャラ数もキャラの性格付も悪くない。全体的に何か秀でたとこがあるわけではないが、全てにおいて少し他より良い安定感ある作品。

100点中76点

投稿 : 2021/09/25
閲覧 : 155
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルが長すぎて覚えるのに3週間もかかってしまった…

{netabare}{netabare}逆ハofまれいたそ。

ストーリーは今のところ今期トップレベルに面白い。

カタリナの他に、もうひとり転生者とかいたらもっと私好みになるかも。
もしマリアがそうだったらこの作品の信者になってたんだけど違った。残念。

まだ何かありそうな会長が強力な起爆剤を隠し持っていることを期待しつつ、
今はとりあえずメアリ様を崇拝していこうと思います。

メアリ様かわいいメアリ様かわいいメアリ様かわいいメアリ様かわいいメアリ様かわいいメアリ様かわいいメアリ様かわいいメアリ様かわいいメアリ様かわいいメアリかわ{/netabare}
────────────
↑6話終了時点での感想
────────────
{/netabare}
攻略フェーズが思ったよりテンポ良く終わって中だるみしちゃった。

「破滅回避を目指して頑張るドタバタコメディ」だと思って見ていたら、
いつの間にか「鈍感主人公と愉快な仲間たち」になっていたではありませんか。

蒼井翔太がED歌ってなかったらきっと見るのをやめてたと思う。

そして、個人的に期待していた会長のエピソード。その流れを私の想像込みで整理すると・・・
────────────
①ビッグフードの黒魔導師が会長(ラファエル)に、
自身を騙し討ちしたディーク公爵夫人に対する復讐心を植えつける。(母「敵を取って」)

②洗脳された会長は「シリウス・ディーク」を演じ、
将来的にディーク家を乗っ取るという方法で公爵夫人へ復讐することを目論む。

③亡き母と重なる聖人カタリナの存在が、会長の心を乱す。(「会長の淹れてくれたお茶は(ry」)

④黒魔導師はカタリナを、会長を苦しみから解き放ってしまう虞のある要注意人物と認定。
そこで、カタリナを潰すように会長を扇動。

⑤色々あったが黒魔導師の危惧した通り、
カタリナが会長の洗脳を解いてハッピーエンド。
────────────
・・・こんな感じだろうか。

本来、黒魔導師および洗脳ラファエルの“目的”は「公爵夫人への復讐」であったはず。

その“目的”があやふやになり、
なぜか会長は「カタリナを排除するために苦しみ悶えながら闇の魔力を濫用」し、破滅することとなる。

彼らは一体何がやりたかったのか。
あまりにも間抜けすぎて、モヤモヤだけが残るシナリオだった。

現世の親友ちゃんのエピソードは良かった。勿体無い。

投稿 : 2021/09/21
閲覧 : 245

apotan さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

悪徳令嬢に転生してしまった女の子の話
原作は山口悟
アニメ制作はSILVER LINK.

よくある転生ものですが、この作品は面白い!
話のテンポが良く、ラブロマンスあり、友情あり、
なおかつ笑えて心が温まる作品です!

名前で敬遠されている方は損です!
1期だけできれいにまとまっていますので視聴していない方は1度ご覧あれ~
2期が今年の夏に放送されています。

投稿 : 2021/09/12
閲覧 : 105
サンキュー:

10

ネタバレ

テレ美 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

こんにちは、友人が貸してくれた「アンジェリーク」を誰にも靡かず女王エンドだけ見て満足して返してしまったテレ美です。

はめふら、面白かったです。(この略し方が割と衝撃的でした)
どちらかというと転生系は食傷気味、一迅社のアニメ作品に良いイメージが無い(笑)で、それぞれ敬遠しているのですがこちらでも評価高かったので一応見てみたら、ホント面白くて見てよかったです。
{netabare} 破滅フラグを力技でへし折っていくのかと思いましたが、破滅後の事を考えて農業覚えたり(笑)波風立てないように穏便に誑し込んで(笑)いく手法で、平和的解決を目指してました。…いや字面見ると平和な感じ皆無ですが、「友情ルート」といえばしっくりくるかと。乙女ゲーではやや生温いルートと言えなくないですが、主人公補正が無い中このルートへ世界を進める手腕、なかなかいいゲーマーなのではないかと。{/netabare}
後半はやや中弛み気味なところもありましたが、最後まで楽しく視聴できました。
二期もあるってことで楽しみに待っていようと思います。

どうでもいい余談
{netabare}アンジェリークはハマれませんでしたが、乙女ゲームは好きな方です。ときメモとかうたプリとかハマってました。{/netabare}

投稿 : 2021/08/18
閲覧 : 121
サンキュー:

7

ネタバレ

自分用メモ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

(周りからの)ラブ(を回避し続ける)コメディ

テンポが良いし男女のバランスもとれているので性別関係なくサクッと楽しめる作品だと思う(3話を見る前によくある少女漫画展開と思って視聴をやめてしまう人もいるだろうけど)

幼少期に中身が変わったことで悪役要素は顔ぐらいしか残っていない
しかし主人公がやたらと警戒しているのでこの設定はギャグとして活きているのだと思う

投稿 : 2021/07/25
閲覧 : 325
サンキュー:

10

ネタバレ

ばってん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

頑張って観た

タイトルから想像していた以上の駄作だった。

設定、物語の始まりは興味を惹くものがあったが、同じ展開が続き2.3話以降は観るのが苦痛だった。
✳︎同じ展開というのは、元々暗い過去を持ち自信を失っていたキャラが、カタリナの持ち前の明るさで知らず知らずのうちに励まされる。その結果、カタリナに様々な好意を抱くようになる。
これがどのキャラにでも同じように起こるのだから飽きるのも当然だ。

また、話の展開が読めてしまうのも個人的に好きではない。
✳︎これにおいても一例を挙げると、明らかな破滅フラグ発言をしたのちに、建物の影にカタリナがの入る描写がある(発言内容、話数は忘れた)。この直後にフラグが実行される。これがあまりに安直でとても残念。とはいえフラグとはフラグを立てた後に起こる事なのでこの展開が当然なのかもしれない。しかし、先も述べたがこの展開に酷似したものが毎話のように起きるのだ。死にそうになる。

ここまで展開が読めるのであればいっそのことギャグアニメとして観ようと考えたが無理だった。というのもちょくちょくシリアスな展開が入り急激に冷めるからだ。

ただ、作画や音楽に関しては詳しくないが他のアニメと比べ、何も悪くなかったと感じた。物語の構成は好かないが、キャラは立っていたのが良かった。

最後に、こんな文句ばかり言うなら観るな、という方もいるだろうが、どんなアニメも最後まで観ないと気が済まないタイプなのですみません。

投稿 : 2021/07/19
閲覧 : 357
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「乙女ゲームのハーレムエンドしかないヒロインに転生してしまった…」

公式のINTRODUCTION
{netabare}
公爵令嬢、カタリナ・クラエスは、頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻す。ここが前世で夢中になっていた乙女ゲーム『FORTUNE LOVER』の世界であり、自分がゲームの主人公の恋路を邪魔する悪役令嬢であることを!
ゲームでカタリナに用意されている結末は、良くて国外追放…最悪、殺されてしまう…そんな破滅フラグはなんとしても回避して、幸せな未来を掴み取ってみせる!!
勘違い?人たらしラブコメディの幕が上がる。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:山口 悟(一迅社文庫アイリス/一迅社刊)
キャラクター原案:ひだかなみ
監督:井上圭介
シリーズ構成:清水 恵
キャラクターデザイン:大島美和
アニメーション制作:SILVER LINK.
{/netabare}
キャスト{netabare}
カタリナ・クラエス:内田真礼
ジオルド・スティアート:蒼井翔太(幼少期・瀬戸麻沙美)
キース・クラエス:柿原徹也(幼少期・雨宮天)
アラン・スティアート:鈴木達央(幼少期・田村睦心)
ニコル・アスカルト:松岡禎丞(幼少期・M・A・O)
メアリ・ハント:岡咲美保
ソフィア・アスカルト:水瀬いのり
マリア・キャンベル:早見沙織
シリウス・ディーク:増田俊樹
アン・シェリー:和氣あず未
{/netabare}


1話ずつの感想


第1話「前世の記憶を思い出してしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
カタリナ・クラエスは、頭をぶつけた衝撃で女子高生だった前世の記憶を取り戻し、自分が夢中になっていた乙女ゲームの登場人物の一人、わがままで傲慢ちきの悪役令嬢になってしまったと気づく。良くて「国外追放」最悪「死亡」する「破滅フラグ」を回避する為、カタリナは行動を開始するのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
貴族令嬢のカタリナは5歳のとき、第三王子と歩いてて
つまづいて転んで、頭をぶつけたショックで
女子高生だった前世の記憶を取りもどして分かったの
自分がそのころやってた乙女ゲームの登場人物の悪役令嬢だって。。

カタリナは、その傷を気にした第三王子に婚約を申しこまれて受けたんだけど
ヒロインが王子ジオルドと結ばれたら、カタリナはヒロインを殺そうってして
自分がジオルドに殺される運命。。

ヒロインを殺そうってしなくっても
腹黒王子ジオルドは、カタリナを殺すかも。。

それで殺されないように、強くなろうって剣の訓練
土魔法強化のために畑仕事をするようになったの


それからカタリナの親戚の子が義理の弟・キースになった。。

キースは、ゲームではカタリナがイジメたせいで孤独からチャラ男になって
それがヒロインに会って変わって恋に落ちるんだけど
それをジャマしたカタリナは、国外追放か、キースに魔力で殺される運命。。

それを回避するために、キースと仲よくすることにしたんだけど
いやがるキースに土魔術を見せてもらったとき
魔力が暴走してカタリナがケガをさせたショックで、引きこもっちゃった。。

この家に来る前にも
魔力で兄弟にケガさせて、トラウマになってたみたい。。

キースの引きこもりはバッドエンドフラグだから
カタリナはオノを持って来て、ドアをやぶってへやに入って
キースに心からあやまって、キースのトラウマを治すことができたみたい☆
ってゆうところでオシマイ。。



ゲームの世界に転生するって「オーバーロード」みたいだけど
こっちは悪役に転生、良くって国外追放、悪かったら死ぬ、ってひどい^^;

でも、そこから変えてくってゆうのが、おもしろそう☆彡

自己中のお嬢さまだったら、バッドフラグが立つのは分かるけど
転生前のこと思い出した今のカタリナはとってもやさしい子になって
見てて楽しいし、ショタ王子さまとキースもかわいい^^

絵もふつうにきれいだし、期待できそう☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第2話「王子に勝負を挑まれてしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「破滅フラグ」を回避しようと悪戦苦闘していたカタリナは、ある日招待されたお茶会で、侯爵令嬢メアリ・ハントと出会う。畑の相談をする内に、植物の世話が得意なメアリと親しくなったカタリナは、突然やってきたメアリの婚約者で、第4王子のアラン・スティアートに何故か勝負を挑まれてしまうのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
お茶会で知り合った少女メアリと仲よくなったら
メアリの婚約者の第4王子アランにやきもち焼かれちゃって
木登り勝負をすることになったんだけど、おサルみたいなカタリナに負けて
それから何度も勝負に来て、何となく友だちみたくなっちゃった^^

さいごはカタリナが、ジオルドの弱点を知るためにヘビのおもちゃを投げたら
ママに告げ口されて、おこられちゃったけど
ジオルドがヘビに弱いのが分かったから
殺されそうになったら、ヘビのおもちゃを投げて逃げようってw



だんだん分かってきたけど
カタリナが異世界で仲間をふやしてくおはなしみたい^^

ほのぼのして、いいみたい☆


さいごにアランに自信を持たせてあげて
好感度UPしたんじゃないのかな?

でも、あんまりみんなに好かれすぎると
逆に相手にされない人がやきもち焼いて
殺そうとかしてこなかったらいいんだけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第3話「麗しの美形兄妹と出会ってしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ロマンス小説に夢中になっていたカタリナの元へ、ジオルドとアランが主催する王宮でのお茶会の招待状が届いた。「ロマンス小説仲間を見つけてみせる!」と、やる気満々のカタリナは、美しいながらもその容姿のせいで「呪われた子」として虐げられていたソフィアと、老若男女をも魅了する兄、ニコルと出会うのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
このおはなしの見せたいことって、感想のタイトルにも書いたけど
「乙女ゲームのハーレムエンドしかないヒロインに転生してしまった…」
みたいで、今回は銀髪灼眼でみんなからきらわれてたソフィアと
誰にでも好かれるお兄さんを落とす回だったみたい^^


「神のみぞ知るセカイ」の逆バージョンってゆう感じだけど
こっちは天然で、いつの間にかまわりの人に好かれてるってゆう感じ^^

カタリナは、今回出てきたニコルがそうゆうタイプって思ってたけど
ホントは自分が1番そうゆうタイプだって、気がつかないくらい鈍感みたい


さいごにカタリナが15歳になって
誕生日で、メインの男女みんなからダンスを申しこまれるところが
幸せそうでよかった☆

ただ、子どものままでいてほしかったかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第4話「魔法学園に入学してしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ついに乙女ゲームの主人公であるマリア・キャンベルと出会い、改めて「破滅フラグ」を回避するために奔走するカタリナ。魅力的なマリアにたじろぐカタリナは、既にジオルドとキースが攻略されてしまったのではないかと、勘違いしてしまう。授業どころではないカタリナは、恒例となっている「脳内会議」を開くのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
魔法学園に入学して、いよいよ破滅フラグが立つ本番。。

入学してすぐ
マリアと出会ったジオルドとキースが、マリアのことをほめてて
カタリナはハラハラしてたけど
2人ともマリアのことはあんまりイシキしてなかったみたい^^

それから友だちとかが生徒会に入って
カタリナは生徒会室に行くようになって、マリアと会ったけど
そこではちょっと話しただけ。。

次に会ったのは、イジメられてるマリアで
思わず止めに入ったあと、落ちてたマリアの作ったお菓子をぜんぶ食べて
マリアも攻略しちゃったみたいw



今週も脳内会議とかいろいろあって、マリアといつ出会うんだろう?
とか思ってるうちに終っちゃった^^

カタリナが公爵家(ほとんど王様の親戚みたい)のお嬢さまなのに
平気でひろい食いしたり、畑を作ったりするところと
気がつかないうちに、メインキャラがのフラグを立てるイベントに横入りして
自分で先に立てちゃうところがおもしろかった^^


それにしてもホントのゲームの中では、ジオルド王子がイジメを止めたあと
マリアのお菓子をひろい食いするはずだったみたいだけど
それって王子としてどうなの?w

ってゆうか、王子が来る前にお菓子をぜんぶ食べちゃって
王子には1個ものこさないって
カタリナったら、かんぜんに王子への恋愛フラグを折っちゃってるよね^^
{/netabare}
{/netabare}
第5話「主人公の実家にお邪魔してしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
マリアの魅力にすっかりメロメロになってしまったカタリナだったが、中庭で高圧的な令嬢たちに囲まれているマリアを助け、親睦を深めることになる。その後、休みを利用して行った農地の見学で、マリアの実家が近くにあると知ったカタリナは、ほんの少しだけならと、マリアの実家に立ち寄ることにするのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は
生徒会室以外に話す機会のないマリアと仲良くなるためにさがしてたら
マリアがイジメられてるのを見つけちゃって、また助けて
気がつかないうちにキースエンドのフラグをつぶしちゃうおはなし^^

そのまま、ほかのフラグもつぶすためにグイグイ近づいて
メアリ、ソフィアたちもさそってマリアのお友だちになっちゃった^^


後半は、学校の休みで、農家の見学に郊外に出かけてて
キースから、マリアの実家の近くだって聞いてお家に行ってみたの。。

ぷちマリア回ってゆう感じで、細かいおはなしはなかったけど
マリアは光魔法が使えるようになったせいで
「実は貴族のかくし子だ」ってウワサが立って、お父さんは出てったのかな?
それからお母さんと2人になって、暗くなってたみたい。。

そんなマリアにお友だちができて、お母さんはとってもよろこんでくれた♪
ってゆうおはなしだったけど
カタリナも久しぶりにお母さんに会いたくなって、実家に帰ったら
学校で畑を作ってるってゆうのがバレてて、おこられそうってゆうオチ^^


マリアのお父さんのことは、どうなったか出なかったけど
そのおはなしって暗くなりすぎるから、書かなかったのかな?

でも、今回もおもしろかった♪
{/netabare}
{/netabare}
第6話「夏休みだから楽しく遊んでしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
順調?に破滅フラグを回避しているカタリナは、ヘビのおもちゃの投擲練習や畑仕事、木登りにいたるまで、来たる「破滅フラグ」回避への準備を進めつつも、充実した夏休みを満喫していた。そこへやって来たジオルドから「一緒に湖へ行きませんか?」と誘いを受ける。カタリナと2人きりで過ごしたいジオルドだったが…
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はカタリナの夏休みの日常だったけど

ヘビの模型を自然に投げるのがうまくなってたりw

お母さんや、召使いのみんながカタリナに感謝してるけど
カタリナが、そうゆう思いをぶちこわしちゃうように大声で
「ドッコラセー!!」ってw

木の下で寝ちゃったカタリナを見ながら
イジメられてた自分を助けてくれたことを思い出して
キースがついキスしようとしたら
パッと目を開けて「ところてん食べたーい!」ってw


学校が夏休みだけどいつものみんなで湖に行くことになって
着いたら誰がカタリナとボートにいっしょに乗るかでモメたり

ソフィアがお兄さんのニコルをカタリナにくっつけようってしたり
それで2人っきりになった時
ニコルがコクってきたけど気がつかなかったり^^;

パーティーでピアノを弾いたアランが
カタリナのことを思って弾いてたみたいなんだけど、気がつかなかったり

メアリがカタリナにガチ恋みたいで
アランにカタリナを取られないように、近づけないようにしてたり

会長が「好きな人はいない」って言いながら
もしかしてカタリナが好きなのかも?
ファンクラブの女子の目線がこわかった^^;

さいごは夏休みが終わって、カタリナは宿題やってないオチw



カタリナって破滅フラグを折ってってるみたいだけど
逆に男子のファンクラブの人たちからうらまれて殺されちゃいそう。。

じゃなかったらメアリがカタリナを自分だけの物にしようとかって。。
メアリって、ちょっと黒いところがありそうだからコワイ^^


今週もカタリナは
破滅フラグだけじゃなく、恋愛フラグもしっかり折ってたみたいw
{/netabare}
{/netabare}
第7話「危険なダンジョンに入ってしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏休みも終わり、カタリナたちは魔法の実技試験を受けることに。実技試験の会場として訪れた「古の遺跡」の奥に置かれた「魔力を宿す石」を持ち帰れば合格と言うが…。カタリナは、ジオルド、キース、ソフィアの3人と、様々なトラップが仕掛けられ、入り組むダンジョンへと入るのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
カタリナたちが魔法の実技試験でダンジョンに入って
魔力を宿す石をとってくる、ってゆうおはなし。。


でもその前に、ソフィアはよく覚えてないんだけど夢を見たおはなしがあって
前世がカタリナの前世の親友でアツコってゆう名前だったみたいで
友だちが死んだとき、生まれかわったらもう1度会いたいって思ったから
カタリナの友だちに生まれ変わったみたい。。

みじかいおはなしだったけど、ちょっとウルウルしてきちゃった。。

OPの終わりに、女子が2人で手をつなぐシーンがあって気になってたんだけど
もしかしてこのおはなしの正ヒロインってソフィアだったりするのかな?

それともメインキャラ全員が、前世でカタリナの友だちだったりするのかも?


ダンジョン探検は、カタリナがあちこちさわりまくってトラップ発動!で
みんなに迷惑をかけるんだけど、みんな迷惑だなんて思わなくって
さいごは迷子になってガケから落ちかけてソフィアに助けられた、ってゆう
ギャグとかでよくあるパターンで、おもしろかったけどふつうかな?

でも、そのとき、つきまとってた黒い影が風を起こして助けてくれたみたい?
何だったのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第8話「欲望にまみれてしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
参考書を探しに東棟の図書室へ向かっていたカタリナは、途中でいつもの面々と合流し勉強に励んでいた。ふと目に留まった本を開くと、本から眩い光が溢れ、ジオルドたちと共に飲み込まれてしまう。光から逃れたメアリとマリアは、恐る恐る本を開き、囚われたカタリナたちの姿を探すのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
カタリナ、ジオルド、キース、アラン、ニコル、ソフィアが
人の欲望を食べる本の中に吸い込まれちゃったの!?

メアリとマリアが本を開けるとカタリナがジオルドエンドに向かうおはなしで
それをゆるせないメアリが本を閉じるとキースエンド、ソフィアエンド。。
ってそのたびにメインキャラが変わるみたい^^

それで本は誰かの欲望が満足しないと出れないみたいなんだけど
カタリナの欲望はお菓子を食べることだから
いくら食べてもおさまらないカタリナの欲望が本におさまらなくなって
とうとう本が破裂してみんなが出られた、ってゆう小ネタのおはなし^^



カタリナが図書室に向かうとちゅうで、キャラが1人ずつ増えてくところが
桃太郎の犬さるキジみたいでおかしかったw


1人ずつのエンドに近づくところもおかしかったw
推しキャラがいる人向けのサービス回だったかも^^

にゃんはふつうにジオルドがいいって思うけど
キースがチャラくなってたのはちょっと引いたかな^^;
あと、ソフィアの壁ドンがおかしかったw

アランだけがすぐに本を閉じられて、ファンがかわいそうって思ったら
1番さいごにリアルで2人っきりでいい雰囲気になってたのに
メアリがジャマしにツッコんでくところもおかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
第9話「パジャマパーティで盛り上がってしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
アン・シェリーは、影に日向に主人を支えるカタリナ付のメイドである。主人の周りは、いつも賑やかで笑いも絶えないが、鈍すぎるカタリナは、王子たちから寄せられる好意に気づかないばかりか、勘違いしている様子…。そんなアンの心配を余所にカタリナはメアリたちとパジャマパーティーを開催するのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のメインはカタリナのメイド、アンのおはなしだったみたい。。

はじめはアン目線で
総集編みたいな、カタリナのまわりに集まってくる人たちの紹介

それからカタリナのパジャマパーティーのおはなしで
恋バナとかしてたけど、誰も恋人がいないって
カタリナとメアリは婚約者がいるのにw

そしてアンが、とつぜん変わったカタリナに助けられて
結婚とかしないで、ずっとカタリナのそばにいるって決心したおはなしで
あんまりにも勝手なお父さんで、ちょっと泣きそうになっちゃった。。

それからジオルドがカタリナから招待状をもらって
いちばん喜ばれそうな植木ばさみをプレゼントに持って行ったら
いつものみんなも来てて、いっしょにカタリナの収穫祭のお手伝い^^;

ちょっとがっかりしたけど、プレゼントを渡したらすごいよろこんでくれて
よかった♪って思ったら、みんなもハサミをプレゼントしてた↓
ってゆうオチで笑っちゃったw


さいごは女子たちにかこまれて
カタリナの悪事を告発するって言われたんだけど
どんな悪事か楽しみ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第10話「破滅の時が訪れてしまった…前編」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
突然カタリナの身に降って湧いた「断罪イベント」。ざわめく食堂に混乱する脳内。ついに「破滅フラグ」が!と慌てるカタリナ。そこへジオルドたち生徒会メンバーが入ってくる。証拠書類をジオルドたちに見せ、カタリナを責める令嬢たち。その時、当事者であるマリアが口を開くのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
カタリナをよく思ってなかった女子たちが、マリアをイジメてたってゆう
"証拠"を持ってきて、カタリナ断罪イベントがはじまったんだけど、
ジオルドたち生徒会メンバーが来て、マリアを中心に
証拠書類がウソだって証言したの。。


そのあと断罪女子たちがまとっていた黒いオーラを庭で見たマリアが
1人で調べに行ったっきり消えちゃった。。


それで心配してマリア捜索がはじまったんだけど見つからなくって
心配してたカタリナのところにジオルドが来て、
断罪女子たちは闇の魔力であやつられてたんじゃないか?ってゆう話になって
マリアは光の魔力があったからそれに気がついて、さらわれたのかも?って


心配したカタリナは1人になった時、ちょっとだけって思ってさがしに行って
生徒会長のシリウスに会ったんだけど、その赤い髪と灰色の瞳を見たとたん
前世で聞いた、かくし攻略キャラが闇の魔力を持ってて、みんなを殺す
ってゆうネタバレ情報を思い出したの。。

それでつい、そのことを聞いちゃったら、シリウスが闇の正体を現して
カタリナが眠らされそうになったところでオシマイ。。



シリウスがあやしいってゆうのは何となく思ってたけど
とうとう正体を現したみたい^^

でも、このおはなしだから、バッドエンドはないよね^^

それとシリウスはかくしキャラで、ラスボスってゆう感じかな?

どうゆうオチがつくんだろう?
{/netabare}
{/netabare}
第11話「破滅の時が訪れてしまった…後編」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
突然姿を消したマリアの消息もつかめない中、カタリナまでもが目を覚まさなくなってしまった…。前世の夢を見つづけるカタリナ。一方ジオルドたちは、カタリナを医者に診せるも原因がわからず、悲しみに暮れていた。依然として目を覚ますことはないカタリナを前に、それぞれが自分の気持ちに気づくのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
カタリナが発見されてから、何日か眠ったまま。。

今の世界みたく点滴とかないから
眠ったままだと衰弱して死んじゃうみたい。。

それで心配したみんながカタリナとの思い出を思い出して
ぜったい助けるって思って、カタリナのへやに集まってきて声をかけると
ソフィアの前世のあっちゃんが、みんなの声をとどけに
前世で楽しく暮らすカタリナの夢の中に入って、カタリナが目覚めるの


そのあと、夢の中であっちゃんが言ってた
倉庫のかくし部屋にみんなで行ってマリアを助けてから
闇落ちしそうなシリウスのところに行って
カタリナが近づいたところでオシマイ。。



今回は、ラストに向けて総集編みたいな感じかな?

あっちゃんが出てきて、夢に入るってゆうのが
なんだかよく分からないし、よくあるパターンなんだけど
みんなキャラが濃くって、じっくり思い出を作ってきたせいかな?
ひとり1人のカタリナとの思い出を見てて、うるうるしてきちゃった。。


ギャグは遅刻しそうな全性のカタリナが
キューリをくわえて出てくぐらいしかなかったけど
ふつうによかったと思う^^


来週はシリウスの謎が分かる回だと思うけど
ふつうにみんなで日常コメディやってる方が楽しいかも?
{/netabare}
{/netabare}
第12話「最終イベントが来てしまった…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
囚われていたマリアをみつけたカタリナたち。そしてついに事件の首謀者と対峙する。事件の行方は!?ここまで破滅フラグを回避してきたカタリナ最大のピンチ!そして迎えるゲーム最後の卒業式イベント。果たしてカタリナは破滅フラグを回避できるのか!?
{/netabare}
感想
{netabare}
かくし攻略キャラのシリウス・ディークは実はラファエルってゆう名前で
妾のメイドの子でシリウスの腹違いの兄弟だったんだけど
シリウスのお母さんの伯爵夫人がラファエルのお母さんを殺して
不治の病のシリウスの魂をラファエルに移そうとしたんだけど記憶だけだった

それでラファエルは伯爵夫人に復しゅうしようとしてたんだけど
カタリナが友だちになる約束をして浄化されて
今まで、伯爵夫人に利用されて殺された魔術師に憑依されてたって分かって
カタリナの協力で追いはらってラファエルにもどったの^^


後半は、2年生の卒業式でマリアが誰を選ぶかでカタリナの運命が変わる
ってゆう、さいごのイベント。。

けっきょくマリアが選んだのはカタリナで、みんなもカタリナ^^

それで、みんなと仲良くなる友だちエンドで
誰も死ななくってすんで、ハッピーエンド♪ってゆうおはなし^^



前半は最終回だったのに、シリウスの説明だけで終わっちゃってザンネン。。
7話でカタリナを助けてくれたのってシリウスじゃなかったんだ。。

これってもしかして、2期の伏線?


後半は、こうなることは分かってたハッピーエンドだったけど
これしかないよね^^


あと、カタリナがあげた野菜束だけど
にゃんもお花とかもらうと
そのときはいいんだけどすぐ枯れちゃってかわいそう。。って思ってたから
野菜束で菜の花とかカリフラワーだったら、食べられていいかも^^

そういえばお刺身で、穂ジソとか菊の花とかも食べれるから
エディブルフラワーだったらいいのかな^^

あと、すぐしぼんじゃうけど
かぼちゃとかズッキーニの花って、揚げるとおいしいよね^^
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


あらすじはタイトルそのままで、主人公のカタリナが
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」から
一生けんめいフラグを回避しようとして、攻略対象とか敵キャラを
ヒロインの代わりに天然で攻略しちゃうってゆうおはなし^^


ただそれだけのおはなしなんだけど
悪役令嬢のはずのカタリナがとってもいい子で
天然でまわりの人たちを浄化して行っちゃうってゆうコメディだから
ギスギスがほとんどなくって楽しく見れた♪

ありそうでなさそうなおはなしで、ちょっと違うけど
1番似てそうなおはなしは「神のみぞ知るセカイ」かも?


あと、作画はそんなに動いたりはしなかったけどくずれなかったし
声優さんもよかったしキャラもよかった^^


.

投稿 : 2021/07/14
閲覧 : 788
サンキュー:

75

りすた さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

第3話まで見て面白すぎてリピートしてしまったぜ

視聴前は全然期待してなかったのに、こういう体験は久々だな。
第4話以降も相変わらず面白いし、魔法学園(高校?)入学以降も今のところ一話一話面白い(というか、脚本が一話一話良く出来ている)。

いつものことだが、あにこれでは何故かこの手の作品の評価はとても低いんだけど、本当にわけがわからないよ?

あと音楽だけ何故か微妙なんだけど????(特にオープニング曲・・・作画は良い)

完走したらまた感想を書き足すとしよう。

投稿 : 2021/07/01
閲覧 : 256
サンキュー:

7

IRON さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

一味違う乙女系ハーレム

おもしろい。設定勝ち。

設定○。
乙女系なので主人公は基本鈍感であり、無自覚に周囲の男を惚れさせていくが、その行動原理や目的はあくまで「自身の生存」。
大貴族の令嬢であるにも関らず、自身の手で菜園を営む飾らない女性と周囲に考えられているが、菜園(農業)をするのは国外へ追放された折に独りで生き延びるためである。

このあたりの設定が、オーソドックスな乙女系とは一味違う作品となるスパイスだろうか。

投稿 : 2021/06/25
閲覧 : 226
サンキュー:

7

ネタバレ

ハニワピンコ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アホの子、人たらしをする

案外良かった
人たらし系ハーレム+鈍感系主人公だけど見ててイライラしないのは、ヘボ脳内会議で一応は対策を練っているけど基本的にアホの子でその解決策がズレているから、脳死ハーレム系のテンプレから少しズレて割と予想できない展開だから良い
それが主人公良さ、更には作品全体の良さであるから、7.8話の脳内会議も無く、ただ足を引っ張るかと思ったら何となく捻りのない棚ぼた展開になったり、主人公がそこら辺のなろう系と変わらない無双をし始めた辺りは少し残念だった

正直後半の方は割とネタが尽きてる感あって、1クールで一気に1年の終わりまでやる必要はあったのかなとは思う
まだ広げられたと思うような設定だったしそこは勿体ない

2期が夏にやるが、そもそも1期で全て出し尽くした感あるから特に破滅フラグがもうなさそう。それに気付かずにいつまでも破滅フラグ対策をしてる展開も違和感ある。いくらアホの子でも鈍感が過ぎると煙たく感じるからそこのさじ加減をしっかりしつつ、脳死ハーレムにならないようにしなきゃいけないという、2期でコンテンツ自体が破滅しかねない中々ハードルが高い続編。期待してます

そういえば2期でもカタリナ農場はあるんですかね?

投稿 : 2021/06/22
閲覧 : 223
サンキュー:

11

ネタバレ

素塔 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

肯定の魔法

カタリナ・クラエスが使えるのは、土ボコとかいうショボい魔法だけ。
でもそれは、カタリナが無自覚に行使する未公認のある魔法に
全能力が特化されているためなのだろう、というのが、自分の抱いた空想です。

他者による無条件の肯定。
それは、ある場合には魔法にも等しい作用を及ぼすものなのでしょう。

「あなたは特別な、素晴らしい存在なのよ」という
存在そのものを丸ごと肯定する力強い言葉。
得手不得手は誰にでもあるから、自分の得意な分野で自分を認めればよいという
きわめて良識的な自己肯定への指針。
あるいは、コンプレックスによって自己とも世界とも疎隔されているとき、
誰かがそのコンプレックスの根っこを肯定してくれれば、世界は劇的に変化する。

カタリナは縦横無尽に「肯定の魔法」を発動させて、相手の心を救済していきます。
さらには、この魔法があまりにも強力なので、
観ている私たち視聴者までも、救われたように感じてしまう。
ここに、このアニメの真骨頂があるようです。

原作は未読ですが、コミカライズ版は面白く通読しました。
そこで一つ分かったのは、アニメ版ではこの「肯定」のテーマを
さらに深める方向に構想が練られているらしいことです。

{netabare}
侍女のアンをめぐるエピソードがアニメオリジナルだとすれば、
彼女を「一人の人間」に変えたのがカタリナの「肯定の魔法」だったことは明らかでしょう。
あるいは、シリウスに託した母親の最期の言葉が、
生きることへの最大の肯定を表現していることも、
カタリナが彼を救った最後の切り札が、彼の本当の名前を呼ぶこと、
つまり、ずっと否定され続けてきた彼の真の存在への認知と肯定だったということも、
このテーマをめぐって展開される、ストレート過ぎるほどの変奏と捉えることができます。
{/netabare}

結局、私たちは他者による無条件の肯定を常に欲してやまないのです。
ここは好きだけど、ここは嫌い、といった部分的肯定だけでも十分に思えるほど、
現状は他者を否定する暗い情念に満ちていますから。
その意味で、カタリナ・クラエスはやはり「聖女」だったのでしょう。
彼女の存在は私たちにとって、束の間のオアシスとなっていたに違いありません。

いよいよ二期がスタートします。聖女との再会が待ち遠しいですね。

(初投稿 : 2020/06/23)

投稿 : 2021/06/17
閲覧 : 939
サンキュー:

30

ビマ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

今夏2期!

【コミカライズ版は面白かった】
悪役令嬢モノは書籍化、コミカライズとものスゴく流行ってますね。自分もいくつか読んでます。
乙女ゲームを題材にしたモノも多く男性には抵抗感をおぼえる作品もありますが、この作品はメインヒロインが三枚目天然気質で恋愛思考0ということもあり男女問わず楽しく見れる作品だと思いますよ。
原作書籍もコミックも1stエピソードは完結しており情報量もそう多くないのでアニメでも楽しく微笑ましくしっかり物語を描いてくれると期待してます。

【今夏2期!】
2期放送前に再放送を観ています。
リアルタイムで観ていた時はコミカライズ版で読んでいた事もありやや惰性で観ていましたが、改めてみると楽しくまとめてあり1クールアニメとしては納得の出来でしたね。
面白かった!

特にOPの楽しさと賑やかさはツボりました(笑)
あれだけで短いミュージカルみたいですね。

さてさて、今夏、2期が放送されますがコミカライズ版で冒頭、多分アニメだと2〜4話くらいでしょうか…少し読みました。今のところ1期のようなコミカルな要素は少なく、ちょっと緊張感のある展開が目立ったかな?

まぁカタリナさんは相変わらずなのでこれから面白くなるでしょう。

2期の前に是非、この作品を観ときましょ!

投稿 : 2021/06/15
閲覧 : 209
サンキュー:

8

次の30件を表示

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…のストーリー・あらすじ

公爵令嬢、カタリナ・クラエスは、頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻す。ここが前世で夢中になっていた乙女ゲーム『 FORTUNE LOVER 』の世界であり、自分がゲームの主人公の恋路を邪魔する悪役令嬢であることを!ゲームでカタリナに用意されている結末は、良くて国外追放…最悪、殺されてしまう…そんな破滅フラグはなんとしても回避して、幸せな未来を掴み取ってみせる!!勘違い?人たらしラブコメディの幕が上がる。(TVアニメ動画『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2020年春アニメ
制作会社
SILVER LINK.
公式サイト
hamehura-anime.com/
主題歌
《OP》angela『乙女のルートはひとつじゃない!』《ED》蒼井翔太『BAD END』

声優・キャラクター

内田真礼、蒼井翔太、瀬戸麻沙美、柿原徹也、雨宮天、鈴木達央、田村睦心、松岡禎丞、M・A・O、早見沙織、岡咲美保

スタッフ

原作:山口悟(一迅社文庫アイリス/一迅社刊)、キャラクター原案:ひだかなみ
監督:井上圭介、シリーズ構成:清水恵、キャラクターデザイン:大島美和、プロップデザイン:澤入祐樹、美術監督:込山明日香、色彩設計:重冨英里、3Dディレクター:小笠原努、撮影監督:衛藤英毅、編集:瀧川三智、音響監督:亀山俊樹、音楽:田渕夏海/中村巴奈重/斎木達彦/櫻井美希/兼松衆、音楽制作:日音、音楽協力:ミリカ・ミュージック

このアニメの類似作品

この頃(2020年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ