新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「不滅のあなたへ(TVアニメ動画)」

総合得点
66.7
感想・評価
60
棚に入れた
472
ランキング
2117
★★★★☆ 3.4 (60)
物語
3.5
作画
3.4
声優
3.4
音楽
3.5
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

不滅のあなたへの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

EJ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

まだわかんないけど先が気になる作品ではある

取り合えずOPとEDがいい。宇多田ヒカルやっぱいいね。
OP・ED自体にも視聴者が軌跡をたどるような演出が盛り込まれているとかなんとか。
通して観てどういう感想を抱くことになるのか楽しみである。

フシの順応速度が、昨今の作品のご都合主義満載な風潮に反してイライラするほど遅いのが一周回って好感だったりする。
まぁ、そう簡単には言語覚えて環境に適応できたりはしないよねw

投稿 : 2021/05/09
閲覧 : 15
サンキュー:

1

pooki さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

<55> 転生することで紡がれるファンタジー。読み切りの佳作みたいな初回。

1 話視聴。
転生することで紡がれるファンタジー。
読み切りの佳作みたいな初回。続きは気になるけども、じゃぁ初回のエピソードに紡ぐべき何かがあるかと言われると…。
NHK だし真面目な作風は嫌いじゃないんで残す予定。

投稿 : 2021/05/08
閲覧 : 19
サンキュー:

0

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
フシは最初、地上に投げ込まれた“球”だった。持っていたのは「刺激を受けた物の姿へ変化できる能力」と「死んでも再生できる能力」。球から小石、オオカミ、そして少年へと姿を変化させていくが、赤子のように何も知らぬままさまよう。やがて出会う人々に生きる術を教えられ温かい感情を知り、人間を模して成長していくフシ。宿命の敵・ノッカーとの壮絶な闘い、大切な人との別れ…痛みに耐えながら自分の生き方を選びとり、力強く生きるフシの永遠の旅を描く。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
監督:むらた雅彦
シリーズ構成:藤田伸三
キャラクターデザイン:薮野浩二
音楽:川﨑 龍
音響監督:高寺たけし
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
制作:NHK エンタープライズ
制作・著作:NHK

主題歌
OP:「PINK BLOOD」宇多田ヒカル
ED:「Mediator」
{/netabare}
キャスト{netabare}
フシ:川島零士
マーチ:引坂理絵
パロナ:内田彩
ピオラン:愛河里花子
ハヤセ:斎賀みつき
観察者:津田健次郎
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


#1「最後のひとり」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
何者かが地上に投げ入れたひとつの球。“それ”は大地を転がり、石やコケ、けがを負い死んだ白いオオカミへと姿を変え、雪原をさまよっていた。やがて“それ”は、飼い主の少年が暮らす小さな家にたどりつく。集落でたったひとり、豊かな土地を求めて去った仲間を待ち続けていた少年は、オオカミとともに旅に出ることを決意する。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
神様だか異世界人だか分からない観察者が落とした
写すものに変身できる“それ”が、白い狼になって飼い主の少年と暮らすの

少年はエスキモーの一族みたいな感じで、雪の中で暮らしてたけど
仲間の人たちは集落におばあさんたちと少年を残して
楽園をさがしに行ったっきり帰ってこない。。

そのうちおばあさんたちが死んで、ひとりだけになった少年は
“それ”が変身した狼といっしょに
楽園を目ざした仲間たちのあとを追うんだけど
仲間たちの墓場と、荷物の残骸を見つけて帰ることにした。。

自分の家に帰った少年は、とちゅうでケガした傷が原因で死んで
代わりに狼だった“それ”が、刺激を求めて旅に出た。。
ってゆうおはなしだったみたい。。



狼は少年を見てるだけで、主役は少年だった。。
少年が仲間のあとを追ったのは、刺激がほしかったから、だと思う。。
そして“それ”も刺激を求めてた。。

死ぬまで生きてるだけでよかったら、毎日おんなじ暮らしでもいいけど
退屈に生きてるより、死ぬほうがいいから
少年は、ちょっとあぶなくても、ひとりで(狼はいるけど)旅に出たのかも。。


ほとんどその少年が旅に出て
とちゅうで引き返して、死ぬまでのおはなしだったけど
なんだかジーンってなったのは、少年が死ぬまで前向きだったからかも。。
{/netabare}
{/netabare}
#2「おとなしくない少女」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
少年に姿を変えた“それ”は、死と再生を繰り返しながら歩き続けた。森の大地ニナンナに到着するが、突然何者かに襲われてしまう。ニナンナでは「大人になってママになること」を夢見る少女マーチが、家族や友人とともに穏やかな暮らしを送っていた。ところがある日、隣国ヤノメの役人ハヤセが祈祷師ピオランとともに村に現れて…。
{/netabare}
感想
{netabare}
生贄になることが決まった少女が、逃げて少年の姿の“それ”に出会って
世話を焼くことになるおはなし。。



前回と変わって、急にうるさくなったみたいw

でも、マーチが逃げるのが当たり前で
逃げたらほかの子が殺されるってゆうのは、マーチの責任じゃなくって
生贄にする人の責任だよね。。

あと、助けに来たお姉さんが、せっかく替え玉用の骨まで持ってきたのに
どうしてハヤセが帰る前に弓を撃ってきたんだろう?

眠らせるって言ってたのは、もしかして殺すってゆうことだったのかな?


それから“それ”が変身した少年だけど
コピーするんだったら、記憶もないとおかしいって思う

石から狼になったときだって、動けたんだから
息のしかたや目の使い方、足の動かし方も知ってたはずだし
少年のところにもどってきたんだから、記憶もあるはず。。

だったら少年になったんだから、少年の記憶を引き出して
少年の国の言葉で話すくらいはできるハズなのに
することが狼と変わらないって何だか変、ってゆうか雑だと思う。。
{/netabare}
{/netabare}
#3「小さな進化」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
少女マーチは森で出会った不死身の少年を“フシ”と名付けた。少年の姿をしているものの、人間らしい意識は持たず、食事や会話もままならないフシに対して、マーチはまるで母親のように優しく接した。彼女とのふれあいを経て、フシの心に変化が起こっていく。儀式から逃げたマーチをあきらめられないハヤセは、その後を必死に追う。
{/netabare}
感想
{netabare}
マーチはハヤセにもう1度つかまって、祭壇にそなえられたんだけど
そこに、前に少年(フシ)を食べたクマがおそってきた

フシはマーチを追いかけてきてて
クマにおそわれそうになったマーチを助けるために戦った。。
とちゅうで狼の姿になって戦って勝った。。

何度ケガをしてもすぐ再生するフシを見たハヤセは
マーチとパロナとフシをつれてヤノメに帰ることにした。。ってゆうおはなし



まだ3話目だからかな?
思ったより感動しないし、盛り上がるところもないみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
#4「大きな器」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
フシの不死身の能力に興味を持ったハヤセは、フシ、マーチ、パロナ、そして身分を明かしたピオランをヤノメ国へ連行する。華やかで活気にあふれたヤノメの街を楽しむフシたち。しかし、ハヤセが密かに進める恐ろしい企てにより、フシたちの自由が危うくなろうとしていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
とちゅうまで自由にさせてたけど
ハヤセは2人とフシに眠り薬を飲ませて牢屋に閉じこめた。。

フシは人体実験の道具みたいにされて
マーチはオニグマのお世話係にされたけど
ほとんど死ぬのを見守ってただけ。。

パロナはオニクマが死んだのを知って
死体の一部を村に持ち帰って、オニクマが死んだことを知らせて
自分たちがもう1度村で暮らせるようにしようって
牢から逃げだして、マーチをむかえに来たところでオシマイ。。



何となく「千と千尋の神隠し」に似てるかな。。って思ったけど
やっぱり感動シーンよりハヤセがマーチたちをダマしたり
フシを誰かにおそわせて、人体実験に使ったり
あんまり見てて気もちよくないシーンが多いみたい。。

マーチがオニクマを世話するところはよかったのかもだけど
オニクマはピクっともしないから、死んでるみたいにしか見えないし。。

それから、コメディシーンがあんまりなくって
つかまる前にマーチが手づかみで食べるシーンとかがそうなのかもだけど
何だか、文明がない、ってバカにしてるみたいだし。。

感動シーンはパロナが命がけでマーチを助けに行くところくらいだったけど
高いところから落ちたのに、すぐに動けて敵の監視役の人をやっつけるとか
この前もオニクマになぐられてふっ飛んでたのに平気みたいだったし
これだと“命がけ”って言っても、どっちが不死か分からないくらい^^;


フシも何考えてるかぜんぜん分からないし
まだ、はじめだからなのかな?
共感とか感動するより
あんまりスッキリしないシーンが続いてる気がする。。
{/netabare}
{/netabare}
#5「共にゆく人」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夜の闇にまぎれて監獄を出たフシたちは、馬車でヤノメ国から脱出しようとする。ニナンナの両親のもとに帰れることが嬉しいマーチは、フシに「一緒に大人になろう」と笑いかける。しかし、ハヤセ率いるヤノメの一団がフシたちの逃亡を許すはずはなく…。
{/netabare}
感想
{netabare}














{/netabare}
{/netabare}
 
.また来週ノシ

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 126
サンキュー:

21

ネタバレ

VECCI さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

人だったり犬だったりする奴

天下のNHK様&聲の形の作者様&宇多田ヒカル様。役満です。
やたら名作感漂ってた第一話からいきなり親しみやすい少年漫画になったので困惑。

アニメーションも思ったより良くない。
これも漫画そのまま転写したようなパターンなのか。

正直言うと宇多田ヒカルが醸し出す大作煽り感がめちゃくちゃ鼻につく。
厨二病だからな!


第1話最後のひとり
{netabare}どうも。厨二真っ盛りのオジサンです。すいません。TVなんかで『面白いです!』『傑作です!』とかバンバン宣伝されるとどうもね、ひねくれた見方しちゃうというか変な先入観が出来てしまって『うるせえ!オマエらがどう思おうが知ったことか!面白いかどうかなんてワシが自分で決めるわ黙っとれボケェ!』とか思っちゃっていかんですね。あ、しまった。今だったら『うっせえわ』って言わないといけなかった。

というわけでですね。いかにも大作感がプンプン臭ってきて評判も上々みたいなので自分がわざわざ観ることもないかなって思ってたんですけど、最近自分の感性がクソアニメ愛好家みたいになってるような気がして、いや絶対そんなことはないとは思うんですけど多分。で、たまには天下のNHK様のアニメでも見てみようかなと。昔みたいに話題作りのためだけに興味ない作品をわざわざ見なくてもいい環境ではあるけれど、一応嫌いじゃないジャンルっぽい気がしないでもないので。どう見ても萌アニメじゃないし。感動作!って感じでもないみたいだし。スポ根とかって結局感動ポルノだし。


観てみます。

「それ」ってなんだよ。あーそういう感じね。寄生しない寄生獣かな。人間とは?みたいなやつ?ていうかなんすかこの声。これ絶対声聞いたらニワカでも一発でわかる声優ランキング第一位(適当)の津田健次郎様じゃないですか。はい。観ます。確定しました。

観終わりました。

これはもうあれですね。突っ込んだら負け確というか背中から刺されるやつですかね。

天下のNHK様。
聲の形の作者様。
宇多田ヒカル様。

役満ですね。

疑問点を晒そうものなら『こいつ何もわかってないプゲラ』みたいな。もしアンチが沸いたとしても屈強なバックがついてるので安心して返り討ちにできそうなやつ。昔のジブリみたいな万能感に任せるまま同調圧力でボコボコにブン殴れる最強兵器になれるポテンシャルを秘めている気がします。さすがNHK!あーなんだよこれ。だめだ病んでるな俺。こういう時はお腹が空いてるだけだったりするので何か食するとしましょう。


気を取り直して。

テーマの割りには20話しかないらしいので今後のマストになりそう。今はあまり長い作品は勧めにくいからね。子供にも見せても問題ないっぽいかな。これ多分間違いないやつでしょうね。傑作名作の部類でしょうね。世間的には。


自分的には『それ』が喋れるようになってナレーションがなくなったらテンション下がりそう。


好きなアニメは?と聞かれればコレって答えれば少なくとも嫌悪感は示されずもしかしたら株も上がるかもしれないカンペキな『安全牌』でしょうね。あーまたこんなこと書いて。レビューは思いつきをそのまま思った通りに書くので、文がメタ的になってる時はあまりハマってないのかなあって自分では思ってしまいますね。面白いとは思ってるんですけどね。

多分人間とは?生きるとは?とか人間はかくも残酷であるッみたいなのが好きな方はたまらないと思います。あーまたこれだ。まああれだ。若いうちはこういうの観た方がいいよ。最初のシーンだけ観たらファイアパンチかなって思うけど、あんなのにハマってオタク拗らせるよりかはコレを好んで見る方が健全な人生を送れるとは思います。51{/netabare}

第2話おとなしくない少女
{netabare}やっぱりナレーションは減るよなあ。

ひたすらシリアスな空気でいくのかと思えばコミカルな演出だったのはちょっとびっくり。しかももういきなりの御涙頂戴かと思えば次回へ続くのね。単発エピじゃなくて一緒に旅するの感じなのか?1クールアニメに見慣れてるとものすごいのんびりしてる印象は受ける。よくいえば贅沢な作りだが、昨今は初回で作品の方向性がわからないといけないみたいな風潮だから、こういう長編大河みたいなペースは誰かのお墨付きがついた作品でもないと腰が重くなるだろうな。宇多田さんがついてるから大丈夫なんじゃないの?今は世間の評価よりもYouTuberとかの名作判定のお墨付きが必要なのかな?感動ポルノではないことを願う。84{/netabare}

第3話小さな進化
{netabare} なんか期待した方向とはえらい違ったところに向かったのでびっくり。1話ってただの設定説明回でしかなかったのか。で、今後言葉を覚えるけれども人間の身体感覚や本能的な衝動についても学んでいきながら人間社会へともどう向き合っていくかみたいな感じなのかな。105 {/netabare}

投稿 : 2021/05/04
閲覧 : 212
サンキュー:

17

北山アキ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

タイトルなし

原作未読
「Vivy」(や「86」)みたいななんちゃってより、こっちのがSF的と認識すべきだよなぁ。
生命や情報とは何かってコンセプトを無視して、AI出しときゃor出てくるからSFみたいな浅慮を蹴散らして欲しい。

投稿 : 2021/05/04
閲覧 : 52
サンキュー:

2

ネタバレ

栞織 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

シベリヤものかな?

原作はまったく知らず、「声の形」という作品のことも知りません。今回作画がYoutubeで関連動画を見たところ、ガンダムシードの作画監督の方が入っておられるのかという事で、見ることにしました。シベリヤもの?おそらくそうだと思うのですが、特にどの国とかどの地域と設定されてはいないみたいですね。1話にはしかし感動しました。淡々とした描写ですが、心に刺さる演出とシナリオで、作画もがんばっていたと思います。2話になったら、マーチという明るい少女の話になって、ギャグ要素が入ってきて楽しい感じになりましたが、1話の重いドキュメンタリー調の画面がすごく心に残りました。またそんな話もあったらいいなと思いました。

自分のことで恐縮ですが、この冬井上靖先生の「おろしや国酔夢譚」という本を読んだことがあったので、1話のシベリヤなどの極寒の地の描写は、すごくその本を読んでいたので印象的でしたです。1話の少年は死んでしまいましたが、不滅の何者かが後を継いでいく・・・・。SFですが民俗学的な話で、星野之宜さんや諸星大二郎さんのような印象も受けました。壮大な物語だという話を原作既読組の方の感想から聞いているので、今後に期待したいと思います。

第三話 {netabare}
狼に変身した不滅くんが強かったです。ラストのオニグマとの戦いすごかった。今後も時折変身って感じの狼男で行くのかしら?マーチたちが助かったのでよかったよかった。こんな風にほのぼの少しグロみたいな感じで、続いていくのかなあ。たぶんシベリア大陸が舞台なのかなって感じで、時々そんな風俗が見れたらいいなと思います。では~。あ、EDの坂本龍一さんみたいな曲がお気に入りです。OPの宇多田ヒカルさんの曲も好きですが。 {/netabare}

第四話 {netabare}
ニナンナはアイヌでヤノベは日本だろうね。アイヌは文字を持たないからね。ただ他にもシベリヤ周辺にはそんな民族がいたと思うから、はっきりアイヌとは言い切れないけど、日本に一番近いのはやっぱりアイヌでしょ。その隠喩だと思いました。

今回はヤノベに行って塔に閉じ込められて、ってだけの話だけど、結構はらはらして見ていましたね。いわゆるパターンだけど面白かった。儀式の時の司祭のばあさんが実は罪人で、不死くんを殺そうとしていたりしたのが、見ていておやおやだった。でもこのばあさんも次回で助けてやるんだね。次回あたりでRPGのパーティがひとつできそう。あの熊も仲間になるのかなあ?楽しみ。ではまた。 {/netabare}

投稿 : 2021/05/04
閲覧 : 81
サンキュー:

8

ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

フシの出会いと別れの物語

[2021.4.14初投稿]
原作は、「聲の形」の大今良時さんということで読みました。現在は第二部連載中です。

手塚治虫の「火の鳥」を想起させるスケールの大きさを感じる物語で、これがマガジンで週刊連載で描かれていることに作者の凄さを感じました。

ただ、アニメ化して面白くなるかな、とちょっと不安なところもあって。

作品のテーマがぱっと見、掴みづらいので、他にも作品が沢山あって、飽きやすいアニメ視聴者にはなんだかよくわからない作品だなーと投げられちゃう可能性もあるのかなと。
かくいう私も、第二部に入って、ちょっとよくわからなくなってたりしてますw
一番好きなお話はグーグー編です。
[2021.4.17追記]
原作最新15巻読みました。ちょっとうるっとくるお話で良かった。第二部わからないって書いちゃったけど、うん、やっぱこれ面白いわ。

NHKでアニメ放映ということで、それなりのクォリティの作品になるのかなと思ってましたけど、期待通りの出来みたいでとりあえず嬉しいです♪

全20話みたいです。

第一部の最後までやってくれると嬉しいけど、話数的に大丈夫かちょっと不安。
グーグー編が楽しみ♡

お話が進んだらまた感想など追記したいと思います☆

1話
{netabare}レッシオオカミのジョアンがなぜあんなに離れたところで死んでしまったのかを考えてみました。
私の妄想ですけどジョアンは少年のために楽園の場所を探していたのではないかと。
その途中で足にケガをしてしまい・・と考えるとちょっとせつないですね。
「僕のこと、ずっと覚えていて」がずっしりときます。
結局あの少年の名前って不明なんだよね。 {/netabare}
2話
{netabare}マーチ編が始まった。
アニメは丁寧に進めてるみたいで進行はゆっくり目っぽい。
これだと第一部の途中で終わりそう。
「それ」はマーチと出会って幸運だったと思う。
最初に自分に愛情を注いでくれる相手と出会えたんだから・・{/netabare}
3話
{netabare}ラストのアリガトオの声、インパクトあって良かったです。{/netabare}
4話
この作品、ひとつ残念に思うところはオッケーとかハッピーとかスケジュールとか言ってるところ。
現代が舞台ならいいんだけど、こういう世界観を大切にしてほしい作品でやられちゃうと萎えます。。
作品が軽くなっちゃう気がする。
連れてこられたヤノメから脱出するマーチたち。
そして次回・・・!

投稿 : 2021/05/04
閲覧 : 136
サンキュー:

21

ネタバレ

あっしゅ1216 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

アニメはね

不滅のあなたへ
原作既読(14巻まで)

1話で1巻の1話です。
1話が一番いいのですけどね。
クール分けずに、全20話までいくなら、OPを見た所、6巻までかな。
面白いまま終わるはず。


以下、原作話(※※ネタバレ要素を含みます※※)
14巻まで読む限り、11巻位から、
物語の根幹が崩れ、何が描きたいのか、わからなくなりました。
私は・・・。
哲学的とか、手塚治虫のみたいだと、言う方もおり、
続けたのが失敗だと思うのですが、途中で終わって欲しかった。
12巻の終わりで、はい?
13巻で、やめてくれ!
          が個人的な感想です。
架空の国、架空の時代で良かったのに。
途中で上手く纏めて終われば、
21世紀の手塚治虫になれたかもしれないのに・・・勿体ない
・・・そんなフシは見たくなかったので、
15巻は買いませんでした。

原作に関しては、あくまで、個人的な感想ですので、好きな方すみません。

投稿 : 2021/05/02
閲覧 : 59
サンキュー:

2

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

「聲の形」の大今さんの「火の鳥」。宇多田さんの歌にopの出来栄えが流石。

 「聲の形」が大好きなので原作は途中まで読んでたが…。途中から1エピソードがどんどん長くなって中断状態。この1話みたいに、或いは「火の鳥」みたいに一個一個独立した史実を絡めたりsfにしたりもっと自由度高く端短にやっていった方が良かった気がする。


 主人公も不滅の存在じゃなく、時代も場所もランダムに彼を巡る人々の物語の方が良かったかなぁ〜。アニメ化の問題はどこまでやるかだが、並の作品よりは全然面白いので勿論視聴します。


 予定では20話らしいから、第一部でもキリがいいところまでやって1期は終わりかな。nhkが力を入れてアニメをやる時は凄いから楽しみである。マーチがキュアエールな時点でポイント増加!。

投稿 : 2021/05/02
閲覧 : 125
サンキュー:

14

cLMdj12725 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

原作読んでる

原作に忠実でよかった
これからどうなるか期待してる

投稿 : 2021/04/30
閲覧 : 39
サンキュー:

1

ネタバレ

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

人の「弱さ」を認めるということ

5話くらい先行で見させていただきましたが、いや。。傑作だと思います。

NHKが制作に携わっていることと、「声の形」での実績が原作者の大今さんにあるので、とにかく予算は潤沢。クオリティも高いです。

このレベルのアニメが作れるのはやはり国営放送の強みだと思います。

原作にある「死ねない」主人公通して、命のはかなさ。人の「弱さ」が良く理解できる内容なのが良いと思います。

それこそ往年の「少女漫画」を踏襲するテーマだということ。現在の世界や日本の状況がよく分かる内容だと思います。

これから火がついて傑作漫画が多くでることを願ってます。

投稿 : 2021/04/30
閲覧 : 178
サンキュー:

13

ネタバレ

祇園いろちゃ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

視聴中

<<<大今良時先生によるマンガが原作のアニメ作品>>>全〇話

■キャッチコピーは
「永遠の旅がはじまる」

"フシ"と呼ばれる「不死身の肉体」と「物体の性質を写し取る能力」を持つ存在を中心に、"フシ"を観察する存在や周囲の人物との出会いと別れを描く大河ファンタジー作品
※詳細ストーリーは公式HPイントロダクション参照。

原作は読めてません…(´∩ω∩`)

かなり異質な作品となっております。
人間のエグさ生々しさが無駄なく繊細に描かれており、
私は1話視聴した瞬間から心が持っていかれました。

OPは宇多田ヒカルが担当しています!

まだ視聴途中ですが、フシがこれからどう成長し、どう変化するか
きっとみなさんも気になると思うような作品です。

↓↓以下ネタバレ含むレビュー
{netabare}
1話目で、ほぼ1人しか喋ってないにも関わらず、
一瞬たりとも目が離せなかったです(ΦωΦ)

{/netabare}

投稿 : 2021/04/29
閲覧 : 37
サンキュー:

6

ネタバレ

PHXAL28812 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

3話まで視聴中

 
公式サイトを開くと「永遠の旅がはじまる」という言葉が最初に表示される。
イントロダクションによれば、
「刺激を受けた物の姿へ変化できる能力」
「死んでも再生できる能力」
という性質を持った“球”の旅を描いていくようだ。

この球が生命体なのか何なのかは知らないが、字面だけだと「進化」と「遺伝」の能力を持つ生命の歴史のようだな~とも思う。そう考えるとなかなか壮大な話だ。{netabare}まぁ1話で人間まで進化しちゃってるが。知能以外。{/netabare}

原作未読でどう展開するか知らないが、作画等その他の要素は良い感じなので期待しつつ視聴継続。
評価点等はあらためて。

投稿 : 2021/04/29
閲覧 : 33
サンキュー:

2

はちくじまよいちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

鬱系アニメなのかな

設定自体が自分には合わなかった。評判がよかったら見ようかな。

投稿 : 2021/04/29
閲覧 : 25
サンキュー:

1

あーちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

見るつもりなかったけど、面白い気がする。

遅れること約2週間。
見始めてみたら面白い。。。

投稿 : 2021/04/28
閲覧 : 49
サンキュー:

3

未来 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

原作こえてるアニメ すごい

3話まで視聴です。

私の中で、ほとんどのアニメは、漫画をこえられないのに
天井突き破ってて
本当に実力のある人はすごいんだなと思いました。

すごいなぁ
続きを観る、観たいとぐいぐ惹きよせてきてすごい

語彙力がたりなくて、単語が出てこないけど
自分では到底つくれない手の届かない作品を観れるのは、幸せだなーと思いました。

応援。

投稿 : 2021/04/28
閲覧 : 44
サンキュー:

5

ネタバレ

アニメ好き さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

原作漫画からして面白い。今季一番期待

原作何年か前に2巻くらいまで読んで、アニメ化が約束されたような面白さだったので期待してました!
聲の形の作者は引き込まれる漫画を書く天才です。
今回1話を見ましたが、漫画では淡々と進んでいた印象の話が、アニメ化されることで息遣いや動きなどが細かく表現されてとても生々しく感じられました。
狼の動きとかもとても細かく再現されてる気がします。とにかく引き込まれて感動しました。
今季一番期待出来そう。
エンディングテーマはさすがNHKのアニメだけあって珍しい宇多田ヒカルの曲でした。
進撃の巨人はFINALシーズンで制作会社が変わって駄目になってしまいましたが、このアニメはこのままちゃんと作ってくれよNHK

3話まで見ました!2話は多少テンポ悪いかなと思いましたが、3話に度肝を抜かれました
{netabare} 戦闘中人間から狼に変身するシーンなど鳥肌物で、再生しながら熊と戦うところも、闘争本能や、怒りみたいな、むき出しの感情が絵に出ていて圧倒されました。最後ありがとうと狼が言うところで、 {/netabare}
この作者やべぇ。なんでこんな話しが思いつくんだと感服しました。天才です

1話からみてきて、狼の毛が身震いするところや、縄をナイフで切る所、戦闘シーンなど、どこかジブリを思い起こさせる絵の動きが見られます。それくらいクオリティが高い。
他の人が言ってたんですが、ストーリーは火の鳥っぽさがあって、森のシーンや戦闘はジブリのもののけ姫みたいな、とにかく壮大です。
これ以降単行本も読んでないので、ストーリーがどうなっていくかは全く不明。今がピークなのかずっと面白いのか予測が付きません。期待してます!

投稿 : 2021/04/28
閲覧 : 38
サンキュー:

6

あきお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

このコロナ禍で…

3話まで視聴しました。

生と死について考えさせられるストーリーかと思います。

2話3話を視聴して…
いつの時代も大人達の保身のために犠牲になるのは子供達なのだと改めて実感しました。

投稿 : 2021/04/27
閲覧 : 54
サンキュー:

3

@nek さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

今季で一番好き

雰囲気がとても好みです。OPも宇多田ヒカルで、EDもFF13の音楽を担当しており、「閃光」などを作った浜渦さんです。これだけでも視聴するに値するのに、内容まで素晴らしいの一言です。静かな雰囲気で物語が進んでいくので、苦手な人もいるかもしれませんが、ぜひ1話だけでも見て欲しい作品です。

投稿 : 2021/04/26
閲覧 : 29
サンキュー:

3

ネタバレ

すぴりっと さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

2話

以前漫画で読んでた結構好きな漫画。
雑誌貰わなくなって数年、まだ続いてるの知らなかった!
アニメの出来も良くてストーリー知ってるけど面白い。
読んでない所まで続いて欲しいなあ。
まだまだ先だけど笑

投稿 : 2021/04/24
閲覧 : 22
サンキュー:

2

スラえもん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

今のところ、高い期待をさらに少し上回ってる

<2021/4/17 初投稿>
見始めなので評価はデフォルトの3.0です
原作はあの「聲の形」の大今良時作の漫画。
未読なんですがNHKの放送前特番を見て期待してました。 

実際に1話視てみると・・・
その期待をさらに上回るほどの良さ。

神様の視点から始まり
石、苔、そして狼
虚を突かれました。

やはり大今良時さんは素晴らしい。
あらすじや背景の説明はネタバレなしでは難しいので今回は割愛しますが。

1話は視てみること、おすすめします。
この作品を気が付かないで見逃すのは勿体なさすぎる。

それにしても今期は他にも「ましろのおと」「スーパーカブ」「ゴジラ S.P」「擾乱」「Mars RED」「86」など面白そうなの多すぎませんか。
嬉しい悲鳴です。

投稿 : 2021/04/23
閲覧 : 85
サンキュー:

26

saitama さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

テーマは壮大、うん、壮大…。

不滅のなにかが、刺激を得て、進化というか擬態(?)し、物語が進む。

とてつもなく壮大なテーマなのだけど、脚本が…。

正直、物語のテーマというか設定と脚本レベルがまるでバランス取れていない。

脚本の言葉選びが稚拙というか、設定と合っていないんだな。とくに2話は酷い。

設定は違う時代の「超人ロック」みたいなものか。

ただ、超人ロックのような壮大さは一切感じられない。

まあ、あれを壮大というかはまた議論のあるところだけど。

知識のないモノはこうなるであろうという進化ストーリーなのだけど、なんだろう、いろいろと既視感が…。

SFや進化モノでやり尽くしたものを再度やり直している感じというか。

NHKだけあって、アニメ制作に金は掛かってると思う…思うけど…。

現状は正直つまらない。この先、5〜6話で跳ねるのかなぁ…。

2話まで観た時点での配点としては…こんなもの。

話が壮大なのはわかる。壮大なテーマに制作の実力が追いついていない感じ。

投稿 : 2021/04/22
閲覧 : 53
サンキュー:

2

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

不滅の人

ブレインズベース制作。

何者かによって球体が、
この地上に投げ入れられた。
{netabare}その球体は石、コケ、狼へと姿を変え、
閉ざされた雪原で一人の少年と出会う。{/netabare}
球体はやがて意識を獲得する。

凍土の向こうに楽園があると夢見る少年。
そこにはたくさんの人や食物で溢れるという。

永遠ともいえる旅の名に恥じない、
静かながら壮大な序章の幕開けでしょう。
まだまだ世界観を掴めませんが、
良質な大河ファンタジーの予感がします。

意識から感情の獲得へと、
やがて生命の神秘や世界の理の中で、
少年は成長を遂げるのでしょうか。

2話視聴追記。
ニナンナ編、ヤノメ編のみ原作既読。
{netabare}森で出会った一人の無垢な少女マーチ。
序盤にしてとても心に迫る一篇かも知れない。{/netabare}
何もない世界ゆえに心に響くものがある。

ますます期待は大きい。

投稿 : 2021/04/21
閲覧 : 110
サンキュー:

27

ねるる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

昔のNHK再来か。期待度高い作品

1話見ての感想。

「これは面白いやつだ。」

タイトルの回収が素晴らしかった。

映像も間のとり方も演技も音楽も、全てが映画的でとっても濃密な25分間。

この素朴な世界観と深みのあるナレーションのギャップも凄くいい。NHKの本気を見ている。こーゆー作品がもっともっと増えて欲しい。
1話しか見てないけど、最後までたぶん見続けます。

投稿 : 2021/04/20
閲覧 : 47
サンキュー:

3

ネタバレ

Pocali さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

それは更なる刺激を求めて歩き出した

少年がそうしたかったように

…最高以外の何者でもない。1話から、とんでもなかった。
大好きな大切な漫画が、動いて、喋って、こんなに素敵にアニメ化されるなんて、私はこの時代に生まれて本当に幸運だと思う。
そして期待を全く裏切らないクオリティーに、ストーリーの素晴らしさと合わせて、たくさんのものが込み上げて涙、でした。

ファンタジーとか、そういう既に在るジャンルに、まとめられたくない!って思ってしまうくらいに、ぶっとんだ話です!
あー、終わってほしくない、ずーーーーーっと読んでいたい、観ていたいです!

#1 最後のひとり
↓漫画の内容も少しネタバレしてます!
この、少年と成ったその球は、このあと、フシと名付けられることになるのですが、姿を獲得した条件となった「刺激」が何なのか、悲しさなのか、怒りなのか、フシは今の時点ではまだそれが何なのかも分かっていない。
この物語、何?と聞かれても、答えられない感じは、連載中の漫画でもまだずっと続いています、だからこそ凄い。
フシと一緒に成長していくこの感覚が、たまらないんです。
私達(視聴者)が感じているそれは、物語の中で、たくさんフシにとっての強みになっていきます。
結構早い段階で、最終的な目的は明かされますが、またその目的を邪魔してくるという、フシを取り巻く人間たちとの世界とは別の時限での戦いに巻き込まれていく…
得体が知れなくて恐ろしいのに、ワクワクします。
なんか感想じゃなくなった…、原作思い返したりして、色々考えてしまって…
少年の台詞から色々、その後の物語に繋がるところが多々あり、思い返しながら観ていたので、どうも何を口にしても良くないネタバレになりそうで。慎みます。


#2 大人しくない少女
フシが起き上がって、少年の姿に戻るときの描写、素晴らしかった。
正直、1話の球が石に変わったときの描写が、イメージと少し違ったんだけど、今回のあれは、想像以上に良かった。
その他の内容はまだまだ、次回あたりが肝なのでさておき。
OPと、ED、観ましたぁ?ヤバスギィィィ‼︎
トナリが出てきてた。と、いうことは、20話の着地も絶対に悪いものにはならないと思う。
というか、EDが特に、胸ぐら鷲掴みにされてんじゃないかってくらいグサグサ刺さりました。
漫画読んでいる者からするとですね、あれは、殺しにかかってますね。色んな意味で。
なんてお上手なんだ!と、思いました。

投稿 : 2021/04/20
閲覧 : 46
サンキュー:

6

ネタバレ

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観たい

クオリティ高め。雰囲気の良い原作を高度に再現できそう。

原作既読。アニメとしてのクオリティは高く、一話は面白いです。

ただこの原作が好きかどうかというと… 正直、やや微妙です。
ネタバレ全開で感想を書きますが…。

主人公のフシはいまいち感情移入しにくいのですよね。
いやちゃんと少年漫画の主人公をしていると思うのですが、絶対不死の存在で特に限界も見えないので、何をやってもピンチとも思えないのが厳しいですね。
生と死を超越した存在で、死者も簡単に復活させられるし…。
絶対的過ぎちゃってなろう系かと。

敵であるノッカーもいまいち良くわからないし。
とにかく雰囲気は良いですが、それぞれ人間じゃない存在なので、何を目的に何をやっているのか、いまいちわからない話です。
最初にボールを投げた人は誰なのかが一番重要なのかもしれません。

ただ雰囲気は良い作品です。その雰囲気を高品質に表現してくれるならば、アニメの出来としては大変良くなる可能性があるかと。
作画は良好ですし雰囲気も良かったです。
もしかしたら原作以上に面白くなる可能性もあるのでは。

見たいという気持ちはありますが、原作を知っている以上は優先順位は低めになるかもしれません。

投稿 : 2021/04/18
閲覧 : 26
サンキュー:

3

RX-178 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

いいね

1話見た感想だけど、何かすっごく不思議で引き込まれるアニメ。

期待して視聴していきます!

エンディング曲が宇多田ヒカルなのも大作を予感させていいね。

投稿 : 2021/04/17
閲覧 : 34
サンキュー:

5

ネタバレ

まにわに さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

困る

1話: {netabare}この設定だと、少年も元石の可能性があった。
一見すると、最後に石が少年になるから、少年を殺すので、そこまで設定をつくる必要がなかったという話。
犬がいなくなった理由もわからず、怪我した理由もなく、犬が帰ってきたのを理由に話を進められても困るというもの。

そこで、これを不問とするため、家を出たかった彼は、見知らぬ犬を口実に…という見方をしてみた。
これに合いそうな疑問が、道標をなぜ自分のためと言い切らなかったのか、負傷して帰れる場所から先行者はなぜ戻ってこなかったのか。で、
その解釈が、先行者が戻らなかったのは、少年が行けなかったのではなく置き去りにされたから。道標が彼のためでないのは、誰が標したか知らないからで、壁の絵のような先行者がいなかったから。
つまり、見放された地で、取り残された少年が、人知れず死んでいく話。
予告込みで考えると、見放された人間の、語る者のいないはずの物語になっていくのだろうか。

これがx20話は、しんどい。
次話も、ぱっと見困りそうな設定の話なので、要警戒。{/netabare}

投稿 : 2021/04/16
閲覧 : 40
サンキュー:

1

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

「聲の形」の原作者が送る大河ファンタジー。

詳細は公式でも。

原作は「聲の形」の大今良時氏で、週刊少年マガジンに連載中のコミックです。制作はブレインズ・ベース。

“観察者”(CV:津田健次郎さん)が地上に落とした“球”。この球は、あらゆるモノの形を写して、その姿に変化することができる存在です。球は石に形を変え、石に生えたコケに姿を変えます。そして、深手を負ったレッシオオカミが絶命したら、“それ”はオオカミへと姿を変えました。

極地のような場所を“それ”が歩いていると、粗末な住居を見つけます。そこに住んでいる少年は、“それ”を見つけると「ジョアン」と声をかけてきました。どうやら、オオカミは少年に飼われていたようでした。

少年は5年前に楽園を目指して出ていった村の人達に置いていかれ、ひとりで生活をしているようです。“それ”が2ヶ月ぶりに戻ってきたことで、少年は村の人達がいるであろう楽園に向けて旅立つことを決意します。さて、少年と“それ”は無事に村人たちに出会えるのでしょうか。

という冒頭のストーリーです。

NHKで、全20話で放送される予定の壮大な物語。映像の雰囲気は、かつてブレインズ・ベースがシリーズの制作を手掛けていた「夏目友人帳」っぽさを感じます。初回は、もちろん冒頭なのでつかみという感じではありますが、期待感は非常に大きい印象です。少年がそういうことになって、“それ”がそうなるだろうというのは早くから想像できますが、分かっていても感動する作りは見事でした。

あっ、そうそう。EDで流れてきたのは宇多田ヒカル。これには驚かされました。なかなかの良曲です。

これは継続視聴確定ですね。

投稿 : 2021/04/14
閲覧 : 71
サンキュー:

6

ネタバレ

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

酷薄な世界での出会い<70>

1話視聴。
原作既読。観察による自我の獲得という存在を中心に据えることで、人間とはという巨大なテーマを感じさせる序盤。
天才じゃ!天才の仕業じゃ!と痺れたものでございました。
酷薄さを隠さない世界で緊張感を持って展開していくのねん。
アニメは初回に最初の出会いのエピソードをまとめて良い出来でした。
{netabare}
ただ、第二部突入前の展開とか世界の残酷さも薄れ、続いて突入したのが現代学園モノ?とどーなるドナルドドッキドキではありあmす。
BEASTARSも同じ様に「天才じゃ!」からの「ん?2部のコレどーすんの?」な展開でそのまま終わってしまって、同じ轍を踏まないでほしいなーと祈るココロ。
{/netabare}

投稿 : 2021/04/13
閲覧 : 54
サンキュー:

3

次の30件を表示

不滅のあなたへのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
不滅のあなたへのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

不滅のあなたへのストーリー・あらすじ

フシは最初、地上に投げ込まれた“球"だった。持っていたのは「刺激を受けた物の姿へ変化できる能力」と「死んでも再生できる能力」。球から小石、オオカミ、そして少年へと姿を変化させていくが、赤子のように何も知らぬままさまよう。やがて出会う人々に生きる術を教えられ温かい感情を知り、人間を模して成長していくフシ。宿命の敵・ノッカーとの壮絶な闘い、大切な人との別れ…痛みに耐えながら自分の生き方を選びとり、力強く生きるフシの永遠の旅を描く。(TVアニメ動画『不滅のあなたへ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年春アニメ
制作会社
ブレインズ・ベース
公式サイト
anime-fumetsunoanatae.com/
主題歌
宇多田ヒカル『PINK BLOOD』《ED》浜渦正志『Mediator』

声優・キャラクター

川島零士、引坂理絵、内田彩、愛河里花子、斎賀みつき、津田健次郎

スタッフ

原作:大今良時
監督:むらた雅彦、シリーズ構成:藤田伸三、キャラクターデザイン:薮野浩二、音楽:川﨑龍、音響監督:高寺たけし、制作:NHKエンタープライズ

この頃(2021年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ