新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「ジョゼと虎と魚たち(アニメ映画)」

総合得点
77.5
感想・評価
44
棚に入れた
214
ランキング
494
★★★★★ 4.2 (44)
物語
4.1
作画
4.4
声優
4.1
音楽
4.1
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ジョゼと虎と魚たちの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夢を諦めないで

海を添えた物語です。
恒夫には夢があります。
夢のために勉強を頑張り海外留学を目標に頑張っています。
そして彼は目標にしていた留学できる事になります。

ヒロインのジョゼは凄く我儘な女の子で助けてくれた恒夫を変態扱いしてお礼1つ言わない。
最初は私は、あぁ…このヒロイン合わないわ…って思いました…
ずっと捻くれていて当たりがキツくて、ジョゼのお世話を頼まれ始めたバイトの恒夫を無駄に正座させたり、畳の目を数えさせたり、嫌がらせばかり!
本当に何様?って感じ…

でも、物語が進むたび理由がわかりました。
彼女はお婆ちゃんと2人暮らし。
お婆ちゃんは外の世界は危ないからと彼女を外の世界に出してくれません。

何が危ないの?交通事故でしょうか?事件でしょうか?……いぇ違います。
人の心です…海に行くシーンの駅の改札で切符を買おうとして男性が車椅子に乗る彼女が邪魔なのか舌打ちをするシーン…車椅子とぶつかっても謝らないシーン…ジョゼとの出会いのシーンもお婆ちゃんの話によると、坂道で何者かに車椅子を押されたとの事。

もし、事故なら誤って押してしまえば押した人物も来るはずです。
それでも、坂を下ってきたのはお婆ちゃんだけでした。
つまり、シャレにならない悪意あるイタズラをした人物がいるわけです。

実は、私も人の冷たさは経験した事があります。
勿論、優しい方も暖かい方も居ることを知っていますが、実際そんな人ばかりではないのです。

子供の頃…小学生に上がりたてくらの私は歩道で右足首を捻ってしまい激痛で立つ事が出来ませんでした。
痛くて上半身を立たせるだけで精一杯…激痛のあまり私は泣く事しか出来ず恥ずかしくもボロボロ泣きながら20分くらい歩道の真ん中で泣き続けました。
道行く人は、そんな私を見ながら私を避けていきます。

立ち止まる人がいても声を掛けて貰えず手を差し伸べてくれる人さえ居ませんでした。
この時は本当に人が冷たく感じました。
今は沢山の方に助け支えられて生きて来たで、暖かい人がいる事が判りますが、ジョゼもそんな気持ちだったんじゃないかな?

こんな世界しか知らなければ我儘になっちゃうかもしれません。
それを考えるとお婆ちゃんも心配で外には出せなくて…でも、そんな生活はジョゼには窮屈でしかなくて…

そんな中、恒夫はジョゼが海が好きなことを知り海を始め沢山の場所へ連れ出してくれます。
彼女は駅の人混みに驚き、飛行機と聞くとテンションが上がり、海の味に感激して、始めてクレープの美味しさを知る。
私達にすれば当たり前の世界にジョゼは感激する。
それだけ彼女は狭い場所で生きて来たのかもしれません。

そんなある日…お婆さんがお亡くなりになります。
寂しさに打ちのめされるジョゼ…このあたりから彼女は趣味の絵描きを仕事にしたいと夢を持ち始めます。

そんな時に嫌味なオッサンが訪ねて来ます。
近所から心配の通報があったとか生意気なオッサンでジョゼの夢を馬鹿にします。
現実を見ろとか言うけど、ジョゼの夢の理由も絵も見た事がないオッサンが偉そうに!
自分の考える狭い世界の現実で他人の夢を否定するなよ!って私は内心ムカムカしてました!
しかも、最後に余計な事を言いやがって!

さて、お婆さんが亡くなられたので金銭的に余裕がなくて、ジョゼは恒夫のお世話のバイトを雇えなくなってしまうのです。
そして、自分の書いた絵も全て処分してしまい現実に打ちのめされてしまう。

そんな中、ジョゼは恒夫の最後の仕事として海に一緒に行くのですが、恒夫が隠していた留学の件がバレてしまい打ち解け出していた2人の間に亀裂が入り、先に帰ろうとしたジョゼの車椅子がアスファルトの穴に車輪がハマり込んでしまい、それに気づいた恒夫は助けようとして事故にあってしまう。

この事故で怪我をした彼は留学を取り消されてしまう。
留学を取り消されるだけならいいけど…彼の趣味であるダイビングすら出来なくなる…彼の夢はダイビングが必須で、出来ないと夢すら叶わない…治るかもしれないけど、治らないかもしれない…そんな現実を目にして彼は夢を諦めてしまう。
ジョゼも事故でショックを受けていて塞ぎ込んでしまう。

この作品で私が一番好きになったのは、バイト先の後輩の舞
彼女は恒夫が好きでずっと見てきた。
彼女は恒夫の弱音を全て受け入れて告白してくれるけど、舞はその答えも恒夫の気持ちも既に解っていて。
彼女の力では立ち直らせる事が出来ないのを知ってる。

だから、彼女は自分に出来る事を考える。
それは「最低の女」を演じる事。
最低な女になりジョゼを煽る。
全力で嫌な女を演じる。

だって、彼を救えるのはジョゼしか居ないから…舞は、気持ちを伝えても自分には救い出す事すら出来ないのに、それが出来る唯一のジョゼが塞ぎ込んでいるのだから…ジョゼは彼女の言葉で立ち上がる。

舞は自分を「良い女だから」って言うけど本当にその通り!
彼女の気持ちの強さや勇気が凄く伝わる。
本当に恒夫が好きだから選べた選択肢だと思います。
世の中、これはチャンスだと考える人もいると思う。
それも間違いじゃないって思う。

でも、彼女の様に好きな人の気持ちや夢を応援しようと行動に移せるのは本当に好きだから出来る事だし凄く感心する^ ^
本当に良い女ですよ。

そして、同じバイトの同僚の隼人
こいつはチャラチャラしてて女の子ばかり追いかけてる奴なんですが、周りをしっかり見ていて、いつだって恒夫の味方であり、周りの頑張りに一早く気づいてサポートしてくれる本当に良い奴なんです。
恒夫とジョゼは本当に周りに恵まれてると感じます^ ^

話を戻して、ジョゼは自分の夢である絵本作家として出来る事を考え準備する。
恒夫はジョゼの翼としてジョゼを外の世界へ連れ出してくれました…
でも、その足と言う翼は動かなくて…リハビリすら踏み出す勇気がなくて…
でも、今なんだ!ジョゼが恒夫に翼を与えるために恩返しできるのは…

彼女は絵本作家として恒夫に自分の気持ちと思い出と恐怖を交えた物語を書き上げます。
その話は彼を奮い立たせ、もぅ一度夢を取り戻すためにリハビリを決意する。
結果は完治して、夢を追いかける事が出来るようになる。
これが彼女の唯一与えられる翼…心の翼

退院の日にジョゼが姿を隠してしまう…彼女を探して街中を駆け巡る恒夫
そんな中、ジョゼは車椅子が滑ってしまい坂道を下ってしまう…大事故の寸前で救い出してくれた恒夫

「あぁ!また足が!」って私は心で叫んじゃったけど2人は怪我なくて安心しました。
そして、2人は気持ちを確かめ合い恋人になる。
そして、EDですが止め絵が多かったですねw
是非、動いて見たいシーンもありましたがそれでもしっかりEDに後日談をいれてくれてよかったです^ ^

この作品は夢が題材となってるみたいです。

物語で起きる展開は結構リアルに感じられました。
1つ例えを出すと、夢の為に頑張っていたのにこんな形で夢を諦めかけてしまいそうになる恒夫。
この辺りは本当にありそうだと思いました。

でも、そんな絶望の中でも夢を支えてくれる人達が周りに居て自分のことの様に応援して支えてくれる人達がいる。
そこに希望がある気がしました。

夢って時に応援して貰えなかったり否定されたり、自分では、どうしようもない壁を超えられずに立ち止まってしまう人もいると思う。
そんな救いの無い現実でも、きっと周りの人に助けてくれる人もいるよ。って事なのかな?って考えてみたり^ ^

恒夫には夢が有って、だからジョゼの夢も応援したくて、恒夫は夢を失いかけて、それをジョゼの夢が救う。
素敵な連鎖です。

投稿 : 2021/02/08
閲覧 : 87
サンキュー:

14

ネタバレ

Kei さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

綺麗だった

 作画が好みに合っていたので観にいきました。
期待通り、作画がきれいでどのシーンもキラキラと輝いて見えました。ジョゼが身体障害をもっているということで重苦しい話だと予想していましたが、観ていてしんどくなるほどの重苦しさはなく、しかし、適度に身体障害を持つ人と彼らとの接し方について考えさせらる部分もありよかったと思います。
 最初、嫌味な態度のジョゼのことが嫌いでしたが、物語が終わるころには好きになっていました。ちなみに恒夫のことは最初から最後まで好きでした。好青年過ぎます。

投稿 : 2021/01/29
閲覧 : 46
サンキュー:

6

ネタバレ

olmo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

予想の斜め上

ドラマ視聴済

ボンズが制作ということで観にいきました。
最初はドラマでメディア化しているので、爆死するだろうなぁ、と78%感じていました。(ドラマは最終回微妙だったため)
また声優に関しても何か大人の事情を感じるキャスティングでした。

しかし観始めると恒夫の顔と声がしっかりとあっていて、演技に関してもしっかりとした演技でした。
ストーリーは原作やドラマ版とは違い、終盤の紙芝居のシーンがうるっときました。(正直紙芝居の後は必要なシーンだったのかな…)
音楽に関してはヴァイオレット・エヴァガーデンや天晴爛漫
のBGMを作ったEvan callが今作でも輝いていました。
ただ挿入歌の入れるタイミングには少し疑問を持ちましたが、全体的に総評すれば星3.8です。

投稿 : 2021/01/18
閲覧 : 52
サンキュー:

2

ネタバレ

ブラッキー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ジョゼちゃんかわいい

ハッピーエンドのようでハッピーエンドでない原作や悲しい終わり方をした実写と異なり、王道ではあるもののハッピーエンドで終わった今作。原作や実写のものを期待してると肩透かしを食らうが、アニメ映画単体で見ると面白い。
ジョゼは障碍者に対する世間の冷たさなどもあって外に出ることはほとんどなかったが、あることをきっかけに主人公に協力してもらいながらも外に出るようになった。外に出る中でジョゼは外というものを徐々に知っていくが、その時の無邪気な表情の数々がかわいくてそれだけで尾奈かがいっぱいになる。ストーリーはもちろんいいがなにより彼女の表情の一つ一つや彼女の心情の変化が愛おしい。外に出る中で彼女は絵描きを目指そうと考えるものの、自分を養っていた祖母が亡くなったことにより自立を余儀なくされ、堅実に働くよう周囲から言われる。画材道具を捨て、絵描きをあきらめようと考えていたが、交通事故により足が悪くなり、それにより将来の夢をあきらめようとしていた主人公を励ますために絵本を描き、それを主人公をはじめとした多くの人の前で読み聞かせを行ったことをきっかけに働きながら絵本作家を目指すことを決意した。絵本の内容は物語とマッチしてて思わずうるっときましたね。その後、主人公に頼ってはいけないと主人公と縁を切ることを決意した彼女だが、主人公は彼女を探し当てる。再開した二人は大変なことは多いけどそれでも好きだと告白。遠距離で付き合うことを決意し終わり。
話は結構王道であり、二作とは異なるテイストでしたが、普通に面白かったですね。また見に行けるなら行きたいなとは思ってます。
最後になりますがこの映画韓国でも実写化されてるみたいですね。日本ですでに実写化が公開されてることを考えるとかなり驚きましたがそちらは大丈夫なのか気になりますね。

投稿 : 2021/01/14
閲覧 : 62
サンキュー:

3

ネタバレ

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

往年の「少女漫画」を彷彿とさせる。。

まず「恋愛映画」としての完成度は、湯浅政明監督の「きみと波に乗れたら」に次ぐ位「映画」として非常に良く出来ています。

個々のキャラクターの心情や四季折々の背景美術などの繊細さは目を見張るものがあり、アクションが得意のBONS制作陣が、ここまで繊細で感情豊かなキャラクターを描けるのかと非常に驚きました。

数年前の実写映画は見ていないのですが、内容は至って王道の「少女漫画」。
最近、少女漫画にヒット作が出ていない分頑張って欲しいところではあります。

本作はアニメーションの可能性を追求しているという意味では、非常に実験的な作品であり、「どこまで実写映画に勝てるのか。」といった挑戦というか。。。スタッフの気概が感じ取れます。

作画陣が女性スタッフで固めている理由もあるのかもしれません。

ただ、「君と波に乗れたら」のようなアニメーション的な躍動感がないので、繊細な表現ではありますが、これだったら実写映画をアニメ的にトレースしているような感じがしてしまうことが気にはなりました。

新海誠監督や庵野秀明監督、湯浅政明監督などの作品は繊細な人間の心情を描きつつ、その「奥」にある哲学やアニメ的快楽まで追求しようとしていることを考えてみると少しアニメとしてはオーソドックスな作りだったかもしれません。

しかし、非常に細部まで気を使った演出は大人が観るに値するレベルで非常に感動できます。アニメが「総合芸術作品」として、幅広い層に支持されるだけのクオリティーを本作は提供しているように思います。

投稿 : 2021/01/04
閲覧 : 83
サンキュー:

10

ネタバレ

ハルジオン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ジョゼが可愛い!!

王道なストーリーだったけど、とても良い作品でした。もう一回見たいと思いました。

投稿 : 2020/12/28
閲覧 : 58
サンキュー:

7

たいが さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/02/12
閲覧 : 1

an8 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2021/02/10
閲覧 : 2

ばーば さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:----

投稿 : 2021/02/07
閲覧 : 1

yass さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2021/01/27
閲覧 : 3

KANO さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/18
閲覧 : 8

maako さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/17
閲覧 : 3

yyyisn さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/15
閲覧 : 1

しむらうしろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/14
閲覧 : 1

K.T さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/13
閲覧 : 2

砂漠の女 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/10
閲覧 : 0

雛四季 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/09
閲覧 : 1

life さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/08
閲覧 : 0

えふ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/07
閲覧 : 0

ゆうやん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/03
閲覧 : 0

kunka さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/29
閲覧 : 0

おぬごん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/28
閲覧 : 1

mikotodx さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/27
閲覧 : 0

デルグ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/26
閲覧 : 2

ジョゼと虎と魚たちのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ジョゼと虎と魚たちのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ジョゼと虎と魚たちのストーリー・あらすじ

趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れをいつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ恒夫と共に飛び出すことを決めるが……。(アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2020年12月25日
制作会社
ボンズ
公式サイト
joseetora.jp/
主題歌
Eve『蒼のワルツ』

声優・キャラクター

中川大志、清原果耶、宮本侑芽、興津和幸、Lynn

スタッフ

原作:田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)、キャラクター原案・コミカライズ:絵本奈央
監督:タムラコータロー、脚本:桑村さや香、キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子、コンセプトデザイン:loundraw、劇中画:松田奈那子、プロダクションデザイン:平澤晃弘/片貝文洋/中村章子、画面設計:川元利浩、美術監督:金子雄司、色彩設計:梅崎ひろこ、撮影監督:神林剛、3DCG監督:三宅拓馬、編集:坂本久美子、音楽:Evan Call、音響監督:若林和弘、音響製作:ソニルード

このアニメの類似作品

この頃(2020年12月25日)の他の作品

ページの先頭へ