新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「オルタンシア・サーガ(TVアニメ動画)」

総合得点
60.8
感想・評価
106
棚に入れた
254
ランキング
4683
★★★☆☆ 2.9 (106)
物語
2.8
作画
2.9
声優
3.2
音楽
3.0
キャラ
2.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

オルタンシア・サーガの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

sivrej_smh さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

久しぶりに異世界転移しないファンタジー

録り貯めアニメ消化シリーズです。

最近流行りの現実逃避型作品には胃もたれ気味の今日この頃。
現実世界の知識や道具などを異世界に持ち込んで無双というパターンばっかりでこのアニメもそんな感じ?と軽く考えていたら、全然違いました。

原作はSNSゲームなんですね、とりあえずアニメを観終えた感じでは異世界文化の流入は無かったので一安心(?)。

作画についてはなんとなく大陸の方々が描きましたか?と思うような感じを受けましたがスタッフさんはほどんの日本の方々のようで。全体的に綺麗な仕上がりに好感が持てます。

ただ1話から観ていて半分くらいの6話くらいまで観たところで「これは12話で収まる話じゃないですね?」ということに気付き、案の定12話で終わったところで物語が終わるはずもありません。

これはゲームの方を遊びながら物語を追いなさい、ということですか…

コンシューマーゲームならまだ購入してチャレンジ、といきたいところですが都度課金になってしまいそうなSNSでは遊んだところで行き詰りそうな(課金の限度を迎えてしまいそうな)気がします。

こうなるとアニメ作品としては中途半端になってしまって消化不良です。

そうなってしまうと、見返すことはないだろうなー、と考えてdeleteとさせていただきました。

「アニメで続編を放映するというならまた観たくなるで賞」をどうぞ。


追伸…最終話の放映の後、声優さん出演の特番がありまして、最後の方で「アニメ2期が決まりました!」みたいな発言があるかと思って最後の方まで早送りして(声優さんがなんやかんや作品について語ることにはまったく興味がない)見てみましたが、そんなことはありませんでした…ゲームやってください、みたいな感じでしたのでこちらもdeleteです。

投稿 : 2021/05/10
閲覧 : 2
サンキュー:

0

ネタバレ

mamiko さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

ちょっとわかりにくかったです。

 ゲームからアニメ化された作品です。国同士派閥があり対立しています。なので、登場人物が多く敵か味方かわかりにくい場面がありました。
 作画は綺麗で物語が進むにつれシリアスが強いなと感じました。

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 27
サンキュー:

1

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

マンネリ

感想

やっぱスマホアプリゲーム原作だけあって作画だけはいいですね。
しかし、肝心の物語がイマイチかなぁ。
国を追われた王女が姿を変え、国を取り戻す旅ですかね。
意外性もなく、ありきたりというかなんというか・・・
キャラも普通だし。
自分の目が肥えてるのかもしれないけど、あまり面白くは感じれませんでした。
これもお暇なら観てよね!的作品かな。
ゲームプレイしてる人なら楽しめるのでしょうか?
一度聞いてみたいです。

投稿 : 2021/05/02
閲覧 : 37
サンキュー:

8

ネタバレ

ドルンカーク さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

アニメが先といつから錯覚していた?

コメントを30程度見て感じた事です。
既にゲームで利益は得ており、ゲームのストーリーは3部構成で既にメインストーリーは終わっています。
そしてプロデューサーは3部構成と言いながら、新作アプリにせずにだらだらゲームを続けてるかな?
ちなみにメインキャラの声優はゲーム製作時に決めており、原作信者以外には声優の起用に?でしょうね。
だからこのアニメだけ見てるとあまり違和感が無いと考えます。
しかしこのゲームを熱心にプレイしてた人にとってこの作品の認識は違います。
オープニングソングを知った時点で見ないを多分選択してるはずです。
ゲームのオープニングソングを期待していたはずです。
それほどゲームのオープニングソングと映像に慣れ親しんでいました。
なんとか第1話を見たかたは更に追い討ちを食らいます。
声優もこの作品に思い入れが有り、演技に気合いが入っている事が分かります。
でもキャラクターを見て愕然とします。
確かにキャラデザは最新なのでしょうが、キャラクターだけなぜか浮いて見えるのです。
キャラデザだけ気合いが感じられません。
他はかなり評価出来ます。
版権委譲で面倒な事になっていますが、グループ企業での版権委譲です。
大人ってズルいよね。
と言うことでアニメとしての評価は0が相応しい、追加された新シリーズ名が(オルタンシアサーガ ゼロ)だからです。
ようつべで(オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団 PV)で検索して動画を見て頂ければ分かると思います。
ゲームオープニングは3部作で2種類有ります。
真実を知りたいならヒントを残した(ここだよ(⌒‐⌒)b)
以上ですm(_ _)m

投稿 : 2021/04/24
閲覧 : 88
サンキュー:

6

ネタバレ

天地人 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

覇SFスーパー英雄(?)列伝83

ゲーム原作の王道ファンタジー

のはずなんですが・・・何かつまんない(おいっ)
というか、内容は結構丁寧に西洋の騎士物として話が進んでいくんですけど、淡々と物語が進んでいくのをただ眺めていただけのような(汗)

で、あの最後です。
結局、歴史は繰り返すってことなんでしょうかね。
国に正義を取り戻した皇女が、結局禁忌を犯して悪魔(?)として甦らしてしまった。
これで数年後、本当にアルフレッドをよみがえらせるために非道を行う皇女を倒すため、人々が立ち上がる展開ならサーガっぽくて面白そうなんですけどねぇ。

この続きはゲーム?それとも第2部があるのか?
普通なら無いと思うんですけど、ゲーム原作は・・・どうなんでしょうね。
まあ、サーガと名が付いた瞬間から教皇がラスボスだとは思っていましたけど、(それはセイ○ト星矢)ヨシナガ博士・・・もといディディエは結局何だったのか?
やはり赤じゃないと本来の力が(ぎゃ~~~っ)
ディディエ
「こんな結末もアリってことだ!」
いや、それはジビ○ード(こら~っ)

投稿 : 2021/04/22
閲覧 : 72
サンキュー:

11

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まだまだ続く?

お姫様最初からまる分かり、でも面白かった。

投稿 : 2021/04/14
閲覧 : 77
サンキュー:

5

ネタバレ

7でもない さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

うん。普通のファンタジー戦記だね

ちょうちょうぶん

総評
良い所
悪い所
まとめ


総評
ファンタジー戦記。CG兵、ソシャゲ風味キャラデザ、王国追放もの。男女比のバランスはいい。戦術、知略要素は少な目。話の掴みやキャラは弱め、でも口当たりは良い


良い所
{netabare}
正統派
スキルやレベルやステータスとかが無い、正統派なファンタジー。「オーソドックス」か、うん、いいね「王道」よりいい呼び方。魔剣聖剣も無し、魔法も控えめ。

強さ
でてくる味方メインキャラはほど良く強く、雑兵をなぎ倒せる程度の実力者だが、敵側やライバルのキャラはそれより更に強かったので、気持ちの良い強さ配分だった(でも・・・)

家紋
キャラの衣装に複雑な紋章が入っているけど、手描きではなく編集・撮影側で処理しているのか、家紋を破綻無く違和感なく動かしているのは少し評価してあげたいなと思った、昔はできなかったことをやっているのはいい事、じゃない?


久しぶりに堀江由衣のメインヒロインを聞けた。また梅原裕一郎がおちゃらけキャラでおどけるのを始めて聞いた。普段慎重勇者みたいなクールキャラばっかりと思っていたから驚いた。おっさん陣も女性陣も声優が豪華。えっ弟君(オトウトギミ)は沢城だったの?

戦争
国家追放からの奪還ものなので、大集団戦闘要素もある。それは逃げずにそれなりに描いていた。戦術戦略みたいな複雑な要素はなかったけど
ただ力押しするだけではなく、地形を考慮したり、弓兵を使ったりとか、状況に応じて撤退させたりしていた。ただ、弓兵が崖の端からでなく、森の開けてる所から城に向かって矢ふすまを撃っていたりするのは首を傾げた。最終的に教会と貴族という対立に持っていったのもよかったかな。

作画
CGモブ兵は後ろで行動してる時、あまり浮いてなかった。戦記物アニメでモブの作画カロリーをどうするのかはみんな苦労してるだろうし、それはわりと良かったと思う。メインキャラの日常作画はそこそこ安定していた。特に堀江由衣のマリエル王女の目力は気合入っていた。これだけは崩さないぞ!って心意気を感じた。
戦闘作画はオーソドックス、キャラ達はそれぞれの武器を使って(スキルや必殺技に頼るのではなく)戦うのはよかったがその反面薄味だった。でも6話に1回くらいおっと思う演出があったかな。
12話で、アルフレッドが。黒騎士の、ディディエの斧を払い落とした時。
弾かれたディディの斧が、カメラの手前にずんって落ちる戦闘演出はちょっとよかった。8話辺りでマリエルが捕まり、首つりにされる時に、距離が離れすぎていてもう明らかに間に合わない・・・どうやって助けるんだ?ってはらはらする場面でアルフレッドは走りながら剣を投げてロープを断ち切ったのは新鮮であるものの、ちょっと首をかしげる要素でもあった

キャラデザ
キャラデザは程よく今風。女の子はかわいい。でも派手過ぎずシリアスなストーリーに浮かない程度に馴染んでいる。特にマリエルの目力やモーリスを始めおっさん陣のかっこよさは悪くなかったと思う。銀英伝レベルではないけど。鎧デザインもそれなり。関係無いけどマスコットキャラのモルモルのデザインが蒼穹のキクウシがアレするソレみたいだなーって思った。戦場から逃げるな!8話でレンガを落として味方の援護をするのはよかった。

キャラ・ハーレム具合
キャラデザの所でも触れたけど、女の子はそれなりに可愛く、おっさんは結構かっこよかった。男女比のバランスはいいね。視聴を続ける程度にかわいく今風で、それでいて地道な所も抑えていていいと思う。また登場キャラは平均年齢が高く知性も低くないので、展開の為に馬鹿な行動をとってストレスが溜まるみたいな事は少なかった。津田モーリス、モーリスの友人、子安弟、とかは少し好きだったかも。



OPED
OPEDは動画的に嫌いじゃない
{/netabare}


悪い所
{netabare}
チャンバラ薄味
チャンバラシーンが薄味だった

え?マリウスがマリエル!?
マリウスがマリエルだというのをばらしたのが8話目あたりだっけ。フィクションに突っ込みを入れるのは野暮というのは重々承知してるけど、わかってる。わかってはいる。でも。え~~~。えええええ。みんな本当に気づかなかった?

ラストスパート
最終話Bパートで、教皇が、王の女遊びでできた妾の子で愛されなかったとか、赤ひげのおっさんが獣人化して、それに対してマリエル、アルフレッドは葛藤なく躊躇なく切りかかり、相打ちになる。が、最後にマリエルの力で復活する。ここらへんの展開がぱぱぱっと処理され雑だと思った。

アイドル反乱軍編
離れ島編で偽王女がアイドル活動の一環として反乱軍を組織する回。偽王女はみんなを騙したけど、素直に謝って許してもらう。いやーそんな風にはならないでしょ。みんな騙された怒りを拳や肉体でぶつけようとするでしょう普通。良くない方向で。オズ様的な。なんかソシャゲの期間限定イベントっぽいシナリオだなと感じた。偽王女がロボットで伝説を演出し、最後にマリエルの力で本当の巨人が動きだした所、二人が語り合う場面でまるでマリエルの本性を知ってるかのようで、実は知らないけど偶然当てる演出は少しよかった

杉田の嫉妬深い貴族編
彼は戦術でアルフレッド達に敗れ、さらに寛大なアルフレッドによって望み通り一騎打ちをしてもらい完敗してしまった。そんな彼にマリエルに優しくも厳しい正論パンチを食らわせ、彼は完全に戦意喪失してしまった。アルフレッド達反乱軍は彼を殺す事も捉える事すらせず放置して撤退する(これも良く考えるとどうなのかな)。
彼は敵味方が消えた見渡しの良い橋のど真ん中で、アルフレッドへ怒りを叫んだり、再起を独り言で誓うが、そんな中鎧を纏った味方にあっさり背後を取られ始末される。いやー、気づくだろ流石に

話の展開に合わせた納得いかない演出や行動
・12話で漆黒の全身鎧を纏った池田秀一氏のディディエ。その厚い胸装甲をアルフレッドの剣がバターを貫くように突き刺さる。マリエルの力のお陰かもしれないけど、パっと見は違和感の方が強かった
・前出、弓兵の位置
・前出、首つり用の縄を走りながら剣を投げて切り落とす
・アルフレッドと梅原キャラが投獄され、徒手空拳で逃げている。そこを槍を持った警備兵達に見つかるが、警備兵達は警戒しさっさと立距離を詰めようとしない。ええ・・・・
みたいな事が他にもちらほらあった

メイドのノンノリアの蚊の鳴くような声が個人的に無理だった
上田麗奈が嫌いだとか、声の演技が悪いと言う話ではない。誰が演じようとあの音域が苦手。上田麗奈はグレイ、新条アカネ、星野みやこ、狩野朱歌、ルリとかは好き。特にグレイ。

キャラ立ち
マリエルやモーリスやモーリスの友人関係、ディディエ、釘宮姉妹はそれなりに印象的だけど、アルフレッドや赤いおっさんはかなり薄味だった気がする。そういえば2話で出て来た赤い弓兵はなんかすごそうな雰囲気がでてたけど、メスドラゴン要素と一緒に今は放置して持ち越しなのかな
{/netabare}

まとめ
ツッコミ所は多少あるものの、酷いと思う所は少なかった。探せばよい所も見つかった。でもフックは弱かった。

初見202104

投稿 : 2021/04/12
閲覧 : 41
サンキュー:

4

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

[短感想;全12話視ました]うーん、やっぱり、うーん、それほど良くはない。

視聴前情報は特に集めていません。ゲームのシナリオとどの程度関連があるのかないのか知りませんが、どうやらゲーム原作のようです。

○公式サイト: https://animehorsaga.jp


[短感想;全12話視ました]
うーん、やっぱり、うーん、それほど良くはない。(3/25/2021)
何故完走できたのか不思議なくらいというほどは酷くはないですが、何かが足りない、そうだ、キャラのカリスマ性が足りない、たぶんw。あと言うまでもないし、できたら触れたくはないですが、デイティルと呼ぶには目立ち過ぎるぐらい大きなところが良くない、と思います。
 それから、なんだか日常サーガと言うジャンルを確立しているみたいなので、そこはイイと言いたいですが、メインヒロインがノンノリアじゃなかったのでwいや何もないですww。
 と言うわけで、人に推すには、日常サーガと言うジャンルを理解してくれる人にならば、細かい所と大きな所が気にならない人にならば気に入ってもらえるかもしれません。



[超短感想;2話目視ました]オーソドックなお話、決して悪くはない。
1話目とはうって変わってわかりやすくそしてソコソコの満足感を得られる内容だったと思います。

[1話目視ました]サーガは視聴㌍高そうだからワタシ的には無理かもね。
ワタシはストレスフリーどころか思考フリーな作品で無いと理解できない程度の頭脳しか持ち合わせていないので、Aパートだけで疲れました。もう既に視たことのほとんどを忘れてしまっている状態です。これで感想書けるのか自分でも心配になりますw。粗筋は公式サイトなどを参考にしてください。
 ワタシ的に理解したのは、ある中世風の国で、その一部をなす地域カメリアが反乱を起こし、その所為で国王が死に、幼い姫は行方不明になり、主人公オーベルの父は死に、父の弟も怪我で隻眼になります。そして魔物が出没するようになります。時が経ち、オーベルもカメリア軍との戦いに臨みますが、初陣は敵の弓軍に苦しめられ、撤退を余儀なくされます。従者のマリユスは、この時オーベルととも敵の弓の名手ロイに退けられ、数日昏睡しますが、元気になります。
 次から次へとお話が動いていったせいか、それとも聴き慣れた有名CVさん達のおかげか、あっという間に時間が経ちました。お話に引き込まれたかどうかは、そうとも言えますが、1話目のため説明が多いのでお話に癒し成分が少なめで、その割には満足感が少なめです。もう少し見続けることにしますが、今季視るものが多すぎて苦手の作品には時間配分できない可能性が高そうです。そうなった場合、本作にワタシが向いていないだけで、本作のクオリティーや作品性に問題があるわけではありません。

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 317
サンキュー:

10

ネタバレ

P さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

内容がしょうもない

何か巨大な陰謀でもあるのかと思ったが、ヒロインである王女の父(王)が全ての元凶というか、やらかしたという話です。
所謂こいつさえいなければ作品です。
最後アルフレッドがルギスに父の仇みたいに斬りかかるのも理解出来ない。
正しい状況が理解出来なかったという事?
それだとしても、あの場面でのそのセリフは違うんじゃないかなと。
王が全て悪いのに、従者であるが故にそこ(王女を含め)にぶつけられない八つ当たり感があるような…
そういう事考えると、感動も何もないです。
見なければ良かったという後悔しかない。

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 76
サンキュー:

4

ネタバレ

まーたん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

えーどうしてそうなった…

OPが強かったから観たけどまぁ嫌いではなかった。ただ状況やどこと誰と戦ってるってのが説明不足かな?
デフロットとマリエルの偽物(マリーだっけ?忘れたな)の話が好きだった
10話11話で出た杉田が完全に八男のクルト兄さんでゲラゲラ笑ってた🙄
11話の挿入歌(アプリの主題歌らしい)めちゃめちゃ好きかっこいいな。
んでまぁ12話教皇倒して終わりと思ったらアルフレッド死んだりマリエル王女のめちゃめちゃな力で出生き返らしたり、カメリアのおっさんが逃げたり最後の5分で台無しは無いだろwww
いやいや教皇倒したけそれで終わりでいいんよ?調べたらアプリの方もこの終わりかたらしい。
2クールでその続きの話やれよw
普通に好きだったのに最後で台無しはないでしょwwwまあこんなの2期なんてないだろうし制作側はアプリして🤗って事なんだろうな🙄
終わり

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 41
サンキュー:

6

ネタバレ

ぺる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ここからが面白いのに勿体無い

オルタンシアサーガ原作やってる勢ですが、12話終わってここからが面白いのに2クールでわなく1クールのせいで原作やってない人は、何が何だかわからないし気になる伏線も回収せず知りたかったらゲームプレイしてね!っと12話のあとからが好きな自分の感想は控えめに言ってgmです。これが2クールなら評価は天と地の差です、さすがにめっちゃ勿体無いです、アニメはgmでしたがこの後がすごく面白いのでやってない人は是非プレイして欲しいそして制作側が早く二期作って盛り上げてください

投稿 : 2021/04/01
閲覧 : 82
サンキュー:

3

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ソシャゲ原作アニメのわりには…

詳細は公式でも。

f4samuraiからリリースされているスマホ向けゲームアプリのアニメ化作品です。要するにソシャゲが原作。

ぱっとイメージしたのが「アルスラーン戦記」。中世風ファンタジー世界が舞台で、冒頭にオルタンシア王国オーベル領の領主・フェルナンド・オーベルが、反乱を起こした属国であるカメリア公国が送り込んだ魔物によって命を落とします。

その一人息子である主人公・アルフレッドが領主を継いで、カメリア公国の小部隊と一戦交えるというところまでが初回です。

うーん、声優陣の豪華さ以外は普通オブ普通。いわゆる戦記物の王道といえば、そういう感じでもあります。「アルスラーン戦記」とか「天鏡のアルデラミン」とか、そのへんと似たような感じと思っていればいいかと。

まあ、王道だけに初回の内容は普通だけど悪くない。今後、どういう展開になるのか、しばらく様子見します。ただ、なんらかの大きな意外性を見せてくれないと、終わったらすぐに忘れてしまう程度の作品となりそうです。

=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}{netabare}
2話にして、早くもやることがなくなったのか、近所に魔物が出るようになったから様子を見に行きましょうという話。

で、好奇心しかない男の子がダンジョンに魔物の変身シーンを見に行ってしまい、メイドのノンノリアが、「私、能力は平均値でって言ったよね!」に出てくるナノちゃんそっくりな何かと一緒に探しに行っちゃって、ゴブリンに囲まれて、さあ大変というお話。
{/netabare}
重苦しい雰囲気で始まったのに、もう日常パートになりますね。上田麗奈さんの声は好きだけど、どうしてこういうキンキンした役を振るんでしょうねぇ。

あっと驚かせるつもりだったんでしょうけど、だいたい分かりましたよ、部下のマリユスが王女だってことぐらい。

普通オブ普通という評価は変わらず。それなりに観れはしますが、面白いかって言われると、うーん……。

次回で判断しましょうかね。
{/netabare}
=====第3話視聴後、追記です。
{netabare}{netabare}
石皮病とかいう奇病が流行ってしまった村。それを魔女の仕業だと隔離し、村人を封じ込めて抑え込んだという過去があったらしいです。

そんな村に、最近アンデッドの魔物が現れるという噂があり、アルフレッドはマリユスとモーリス、そして“ナノちゃん”を引き連れて様子を見に行く指令を受けますよと。

そこには、自由奔放な賞金稼ぎのデフロットがいて、アンデッドの群れに囲まれていました。アルフレッドたちはデフロットを救い出すと、彼はその村出身で、父親は教会の司祭だったのです。そんなとき、教会騎士団が現れ、立入禁止とされている村に入ったということでアルフレッドたちを亡き者にして、村を焼き払おうとします。

と、そこに巨大なアンデッドが現れて……。
{/netabare}
というお話です。

基本的にソシャゲのアニメ化が失敗する要因として、キャラを出しすぎて主題が見えなくなる。ソシャゲの軸である課金要素を盛り込むことで、作品の世界観にそぐわなくなって破綻する。こうした失敗例が多いものです。

そのため、ソシャゲ原作のアニメは、スタート時点からこうした呪縛に対する警戒感で「どうせ面白くないだろう」という見方が多いわけですが、この作品の評価は「普通」というものが多いですね。

でも、裏を返せばソシャゲ原作アニメなのに「普通」というのは、けっこう凄いことなんじゃないかという気がしてきました。主要キャラはアルフレッドを中心に、今回仲間に加わったデフロットも含めて5人程度。スッキリと見やすい配役です。ここまで、ソシャゲの課金要素らしきものを感じる不自然さは感じません。

ストーリーも、ある意味では1話完結的なエピソードを重ねてきて、その根底で王国と公国、教会絡みの抗争といった背景を見せている。

普通にストーリーが展開されていて、普通に見られて、普通に面白い。そんな「普通」なソシャゲアニメって、けっこう凄いことかもしれません。スタッフが優秀なのかも。スタートラインでマイナス10ぐらいなものをプラマイゼロにできているわけですから。

というわけで、これちょっと見直しました。
{/netabare}
=====第4話視聴後、追記です。
{netabare}{netabare}
前回の村の一件を報告するために、王都へ向かう一行。その途中で、魔物に襲われて全滅したらしい荷馬車を見つけます。そこに隠れていた生き残りが、褐色系美少女の双子。とりあえず保護して王都で孤児院に預けようと。

村の件を報告しているアルフレッドとモーリス。そんな折、なにか街で騒ぎが。なんと、突如として現れた魔物が大聖堂を急襲。教皇バルデブロンを狙っていたのは、なんと保護した褐色の双子だったのです!
{/netabare}
というお話。

うん、普通です。

普通に観れます。今期たくさんある駄・なろう作品よりは遥かに真面目に作っていて面白いですよ。

ただ、いかんせん地味。作画が光るわけでもなく、飛び抜けて目を引く斬新な設定でもなく、ギャグとかエロとか、そういう派手な特徴があるわけでもない。制作のライデンも今期は4本も抱えてる中で、これが一番、注目もされていなければ力も入ってない印象。

なんでしょうね。もったいないというか、意外とちゃんとしているのにね。前期の「禍つ!ヴァールハイト」枠って感じでしょうか。同じライデンでも「ラスダン」観るぐらいなら、こっちをオススメしますけどね。
{/netabare}
=====最終話視聴後、感想です。
{netabare}
ラスボスである教皇とのバトルに勝利……したはいいけど、アルフレッドは死んでしまい、復活するも悪魔だったようです。

ソシャゲ原作アニメにしてはキャラも絞って、スッキリと見やすくなっていました。ストーリー展開も、つまらないというものではなかったと思います。まあ、作画に関しては少し残念な感じですが。

なんだかんだ最終話まで観られたわけで、悪くはなかったと思いますよ。作り方次第では駄作になってもおかしくなかっただけに、制作陣が頑張ったんじゃないかと思います。

ただ、これもソシャゲ原作アニメのウィークポイントではあるのですが、どうしても「続きはゲームでね!」という投げっぱなしの中途半端なところで終わってしまう点については、この作品も例外ではなく……。

そしてこれもソシャゲ原作の悪いところですが、2期はやらないケースがほとんどってところなんですよね。

せっかく悪くないストーリーに、力のある豪華声優陣で出来が悪くなかっただけに、こんなところで終わられても……という気持ちになります。そのあたりが、この作品の残念なところです。
{/netabare}

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 343
サンキュー:

6

ネタバレ

dFRjS80566 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

ソシャゲニメ

ソシャゲ原作ですね
キングスレイドが 酷かったので
期待してなかったけど

普通に見れますね ストーリーはテンポが良くて分かりやすいけど
作画が 早くも荒れてるような気もします

戦闘シーン何ですが 主人公オーベル 叔父さんモーリス
共に 得物を投げ付けてますが (´д`|||)
ヨルムンガンド のバルメに 張っ倒されそうですねw
2本有るならともかく 唯一の得物を投げるって拾う間に
狙われるやろw

剣を投げた後の構図も かなりおかしかったですね
敵役のロイ 弓矢で剣装備の 2人相手に一歩も引かず

イヤイヤイヤ (´゚д゚`) 自衛隊の戦術教本にも記されてるが
至近距離では 拳銃より ナイフが有利だし
弓を何か装甲で覆ってた みたいですが
そうすると過重で扱いが鈍くなるし
格闘戦術 を参考にしてないようですね

ヨルムンガンドが全て リアルだとは言いませんが
傭兵を描いてるだけ有って アクションや行為に
説得力が感じられました

    
アニメとしては アプリの販促レベルなのか知りませんが
アプリと同じキャラと声優なのかな?

アニオリだとすれば ベテランにまた
若手が仕事 取られちゃったって感じなのかな (ー_ー;)
いつまでも居座られると 若手も大変ですね~

2話 領主 アルフレッド 不在時に村の子供が
つまらない理由で メイド ノンノリアと
洞窟に ・・ゴブスレみたいな緑のモンスター登場
悲惨な展開に(´゚ω゚`)
と思ったら メイドは自分の髪の毛が邪魔で転倒する
などおふざけイベントで 何事も無くメイドと子供を救助

3話 アンデッド登場 キングスレイド と同じ展開?
と思ったが ストーリーはこちらが遥かに安定してましたね

槍使いの戦士を味方に率いれ 更なる展開に

4話 道中 襲われた商人のキャバン発見
馬車の荷台に 少女が2人
商人は斬られた形跡が 🤔気になる・・
都合良く生き残るか?σ(^_^;)?

後半 少女は読み通り暗殺者だった 
ジビエートで終始 フガフガしてらした
池田秀一 氏が お元気で 兜でこもった演技をしてますが
フガフガ が目立たない 良い演出でしたね( ̄ー ̄)b

青木君 演出って、こうやるんだぞ 覚えときなさい
あれ?もう引退して カツカレー職人目指してるんだっけ?? (´・(ェ)・`)

5話 1話でも隊登場した 槍使いの女騎士 アーデ・ハイド登場
戦闘シーン で槍を前後に動かすのみの 
ビリヤードしてるみたいな 演出には呆れた (´*ω*`)

弓使い ロイ 又登場 アーデル アルフレッド マリユス

3人 がかりでも倒せない 優男 
無傷の槍使いと 接近戦で 渡り合う 
どうしても 違和感を感じるが・・・

攻めてきた ロイ達は アーデルが投獄される 未来を予知し 結果を覆すために
行動していた 後半は敵味方の勢力図が入れ替わるのかな?

にしても アルフレッドの父親が 死んだ原因の
魔物召喚 した相手って?
実は教皇 だったとか? 教皇 悪役パターンは
聖闘士星矢 以降テンプレですね

池田秀一 の仮面の 教会騎士も人間か怪しいですね 🤔

毎話 ゲームのストーリー だと思えば 飽きなくて良いかもしれないが
アニメ として見た場合 普通にマンネリで
捻りの無いストーリーですね

今回は 偽王女 登場 貴族ですら無い
厨二 思考の大人が 悪ふざけして 祭り上げられてた
だけで 何の信念とも持ってない 詐欺師だった模様

ガンダムSEED DISTENY  での偽 ラクス・クライン
登場シーン (アイドル風) に酷似してたので思い出した

戦闘シーンの雑さが気になり 特に面白くないので
見続けられるか微妙なところです

7話 アバン 交易の商人 の薬草の品揃え が悪いらしく
かなり腰を低くし お願いする 若き領主様 (´゚д゚`)領主様だよねぇ?

さらに 領民が集まり感謝される 中 婆さんが
流石はオーベル様の せがれだねぇ せがれ?
乳母でもない 領民の婆さんが せがれ?って言うの??
ご子息様 って へつらうのが普通なんでは σ(^_^;)?

ソシャゲニメ 何で世界観が変なのかな?
微妙な作画 手抜き気味な アクション
先が読める単純なシナリオ 主要キャラに 高齢声優 (ここは好み)
色々と 目に付く 点が有ります

ソシャゲニメ だと プリコネ と グラブル 
がソコソコ愉しかったですが 他は微妙ですね~
あにこれ でのグラブル評価は 知りませんがww

投稿 : 2021/02/22
閲覧 : 316
サンキュー:

10

ネタバレ

愛好家 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

主人公の声が・・・・

一話を見切るのも無理でした。

原作がソシャゲだからとかコメントを見るが、皆さん主人公が美青年なのにあの大人びた声でよく見れますね!自分はキャラと声の不一致感が強すぎて内容云々の前に無理でした。

投稿 : 2021/02/19
閲覧 : 181
サンキュー:

3

ネタバレ

masa さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

どうして

今までマリユスが女だって気づかないでいられたのだろう。
鈍感すぎる。

投稿 : 2021/02/18
閲覧 : 77
サンキュー:

5

ネタバレ

元アニメーターのオジ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.5 状態:今観てる

古典を見習うべき

今時では珍しい部類に入る古典的な《正統派ファンタジー物》。
だからといって表現方法まで古典的にする必要は無かろうに…。
せっかくのアニメ化なのに原作ゲームのデモよりも動きも表情も固いというのは狙ってる訳ではあるまい。
《正統派》という呪縛にスタッフが囚われているのだろうか?

作画はそれなりにきちんと描き込んではいる。
しかし、正直に言ってそれが活かされてるとは言いがたい。
とにかく表情が固いのでキャラが生き生きとしていないのだ。動きも違和感がある。
スタッフが《騎士の動き》を知らないからだろう。
剣や鎧等の小道具はそれなりにしっかりと描き込まれてはいる。
が、動いた途端にそれらの重量感が消え失せる。
《西洋の騎士の戦いは初動を遅く、しかしインパクトの瞬間は最速で》というのが作画の基本で、ただ速い動きを描くだけでは嘘臭くなってしまうのだが、本作品は正にそれで重要な見せ場である戦闘シーンが実に軽々しく見えてしまう。
若いスタッフはロードス島戦記を知らないのかな?
もう30年以上昔の作品だが、騎士の剣や斧、ナイフや細剣で武器の重量感や切れ味をしっかり描き分けているのだ。
30年前に出来た事が今出来ないはずはあるまい。
作画スタッフの更なる精進を望む。

声優陣はゲームからそのまま引き継いだのだろうか?
安定感はあるが、その分新鮮味は感じられない。

そしてOPEDを含むBGMだが、全体的に薄っぺらく聞こえる。
もしかしたらゲームの音源をアレンジする事なく、そのまま使っているのかも知れない。

とりあえず3話まで観たが、残念ながら高い評価は与えられない。

投稿 : 2021/01/24
閲覧 : 269
サンキュー:

5

ネタバレ

アニメ好き さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 1.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

タイトルなし

もったいない
スタートから情報過多のファンタジーもの
スマホ原作っぽくてプレイ動画見たら割とゲームに忠実なストーリーの進め方だった。
スマホ原作=ストーリーに終わりが無いダラダラ展開が予想される。
BGMの酷さが今期1です。音響監督なのか知らないですが即クビにしたほうが良いレベルで酷い音楽が場面場面に流れて逆に笑いました。オープニングも爆笑物で、音で笑わせてくるのに内容はシリアスなのは珍しい。
多分スマホのゲームで使っている音楽をペタペタアニメに貼り付けているから違和感が出ているんだと思う。それだけでやる気のない作品なんだと伺える。
わりと見れそうな内容なのに(実際15分くらい見れた)展開の置いてきぼり感や音で損をしているのが勿体ない。
多分監督が実力不足か才能がないんだろう。スマホのダウンロード数が伸びればアニメはどうでも良いといった感じの作りなのかも?丁寧に作れば見れた作品だったと思う

投稿 : 2021/01/22
閲覧 : 77
サンキュー:

3

ネタバレ

はく さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.0 キャラ : 2.5 状態:今観てる

とりあえず

とりあえずOPの声がかすかすなのは気になる
後、キャラと声があってない気がする

投稿 : 2021/01/17
閲覧 : 39
サンキュー:

2

ネタバレ

VECCI さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

第2話記憶 ~マゴニアの伝承~

プレーンなファンタジー戦記もの。
ソシャゲアニメだがキャラ紹介より世界観紹介重視。
OPはマイファス、EDはまふまふと良曲。
物語は超王道。作画微妙。イケボ堪能アニメ。

第1話覚悟 ~カメリアとの戦い~
{netabare}聖王暦767年12月5日、イエペタス半島に700年の歴史を誇る大国・オルタンシア王国に対し、カメリア公国が突如反旗を翻す。反乱から3年後―オーベル領主・アルフレッドは、従者・マリユス、元王国騎士・モーリスと共にエルプ高原での戦闘に初参加するも、カメリアの宿敵・ルギスの右腕であるロイを相手に、苦戦を強いられてしまう。初陣で己の力不足を痛感したアルフレッドは、父・フェルナンドと家族の墓前であることを心に誓う。

酷評するほどでもないですが、初回だとn番煎じの何故今更感しかない。フツーとにかくフツー。この手の作品を一回も観たことない人はいいかもですが、それならそれで過去に良作は沢山あるのでコレを選ぶ理由が難しい。キャラデザも古臭くてキャラ萌え重視でもキビシイ感じ。

声優に疎いニワカでも一発で覚えられた津田健次郎サマを堪能する作品かな。師匠ポジなのでわりとメイン。あと主人公の声優さんもいい。鉄血オルガの人らしい。めちゃイイ声なのですが、主人公は領主様の坊ちゃん系なので顔と声が合ってないような気がする。話し方もイイ人キャラに合って無いような気が…。

展開は良くあるやつ。謀反で王や側近がヤラれて王女だけ生き残るやつ。演出も簡単に疑問が湧き出る程度の隙のある雑さ。領主様が何故か先陣きって突撃するのはアニメだからいいとしてもネームド敵との会話の長さはfateのよう。敵味方百人前後いるはずなのになんにも干渉してきません。会話終わってみたら両軍とも大将そっちのけで戦ってる。アニメだから大将同士の一騎打ちを見せ場にしていいんだけど見せ方が逐一雑なのが残念。

別に意外な展開とか無くて素直な戦記ものでも別にいいんだけどアクションもイマイチだし特に見所のない初回でしたとさ。57{/netabare}

第2話記憶 ~マゴニアの伝承~

「人狼を憎んでないのか?」親と王の仇についてマリユスはアルフレッドに問う。騎士としての職務を全うした結果で誰も憎んではいないとアルフレッド。魔物討伐に訪れたトロン洞の最奥にて、一行はマゴニアの伝承に聞く「トロン洞の魔物」に遭遇する。それは遭遇者の「一番嫌なモノ」に姿を変えて現れるという。アルフレッドが見た魔物、それは「人狼」だった。

至極真っ当な王道ストーリーですね。1話ずつなら普通に楽しめる。謀反の討ち損じで命を狙われる王女が従者マリユスとして身分を偽り、復讐心に身を焼かれることなく誇り高く生き抜いていく姿を見届ける物語って感じでしょうか。ありがちながらハードな状況設定のなかでメイドのノンノリアと妖精のクーがコメディ担当で雰囲気を和らげてくれるのですがここも好みが別れるところかな。ただやっぱりバトルシーンは迫力ないし、坊ちゃん顔のアルフレッドが超イケボなのは特にアップの際に違和感を感じる。ソシャゲアニメと言えどキャラ紹介作品ではなく、世界観を丁寧に見せていくところは好感が持てる。しかし奇抜なフックや斬新な設定などキャッチーさが微塵も無いので、この手の話が大好物な方以外のウケは微妙だと思う。アニメーションとしての出来も別段悪くもないが特筆すべきは声優のみという今んとこ凡庸な序盤。ファンタジー作品に飢えてしょうがない方にはいいと思う。

投稿 : 2021/01/15
閲覧 : 117
サンキュー:

16

ネタバレ

on さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

第1話終了後の感想

第1話終了後の感想

ソシャゲアニメ枠ではあるがそれにしては随分王道な戦記物と言いますか、令和にこれをアニメでやるかと思った。戦記物そんなに見た事ない、楽しみ方がイマイチ分かってないのでそんなに魅力は感じなかったが、今後の為にも視聴は継続するだろう。

投稿 : 2021/01/08
閲覧 : 141
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

スマホゲーム原作の異世界バトルってゆう感じかな?

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
イエペタス半島に700年の歴史を誇る大国――オルタンシア王国。その豊穣な土地を狙う周辺国によって幾度となく侵略の脅威に晒され続けるも、王国に仕える二大公国――オリヴィエ公国とカメリア公国が剣と盾となり、長きに渡って戦禍を免れてきた。しかし、聖王暦767年12月5日。オルタンシア王国に対し、カメリア公国が突如反旗を翻す。カメリア公国の反逆、そして反乱と時を同じくして現れるようになった魔物によって、オルタンシア王国に混迷の時代が訪れようとしていた……戦乱の世で、様々な運命に翻弄されていく騎士たち。悲劇から始まった宿命の継承と戦いが、動き出す。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:ゲーム『オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-』
監督:西片康人
助監督:石郷岡範和
シリーズ構成:池田臨太郎
キャラクターデザイン:小野田貴之
サブキャラクターデザイン:本多弘幸
美術設定:成田偉保(草薙)
美術監督:金井眞悟(草薙)
色彩設計:篠原愛子
2Dワークス:向井吉秀(J.C.STAFF)
3Dワークス:FelixFilm
撮影監督:山本弥芳
編集:長谷川舞(editz)
音響監督:関智寛
音楽:ZENTA
アニメーション制作:ライデンフィルム
プロデュース:佐藤允紀(f4samurai)

主題歌
OP:「LEADER」MY FIRST STORY
ED:「夜想と白昼夢」まふまふ
{/netabare}
キャスト{netabare}
アルフレッド・オーベル:細谷佳正
マリユス・カステレード:堀江由衣
モーリス・ボードレール:津田健次郎
ノンノリア・フォリー:上田麗奈
クー・モリモル:内田彩
デフロット・ダノワ:梅原裕一郎
アーデルハイド・オリヴィエ:小林ゆう
レオン・D・オリヴィエ:柿原徹也
フェルナンド・オーベル:子安武人
ルギス・F・カメリア:乃村健次
ロイ・バッシュロ:江口拓也
ベルナデッタ・オーベル:大坪由佳
アレクシ・バルデブロン:堀江一眞
ディディエ・ヴィアルドー:池田秀一
バルトハウザー・ドレッドノート:土師孝也
ゲオルグ・ダルマス:谷昌樹
ベルトラン・デ・ボスケ:子安武人
サリア/エルヴァ:釘宮理恵
シャルロ・ド・オルタンシア:沢城みゆき
マリー:伊藤静
ジム・マクニール:森川智之
アデル:森川智之
ガストン:石井康嗣
ルーカン:櫻井孝宏
ドクトル・グレフ:千葉繁
ラクロワ:阿澄佳奈
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第1章 覚悟 ~カメリアとの戦い~
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
聖王暦767年12月5日、イエペタス半島に700年の歴史を誇る大国・オルタンシア王国に対し、カメリア公国が突如反旗を翻す。反乱から3年後―オーベル領主・アルフレッドは、従者・マリユス、元王国騎士・モーリスと共にエルプ高原での戦闘に初参加するも、カメリアの宿敵・ルギスの右腕であるロイを相手に、苦戦を強いられてしまう。初陣で己の力不足を痛感したアルフレッドは、父・フェルナンドと家族の墓前であることを心に誓う。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
オルタンシア王国の従国カメリア公国が王を殺し反旗をひるがえした。。
国は幼い息子がついだけど王女は行方不明。。


それから3年後、王国騎士だったフェルナンドの息子が従者のマリユスと
カメリア公国のルギスの右腕のロイを相手に戦って
モーリスおじさんに助けられて何とか城に帰りついた。。
そんな感じのおはなし。。



これって、従者のモーリスが実は王女ってゆうパターンだと思う。。
声がどっちも堀江由衣さんだったから。。

カメリア公国がうらぎった、みたいな感じだったけど
悪いのは王様みたいな感じもしたから、どっちもどっちじゃないのかな?


絵はふつうにキレイだけど、それだけ。。

おはなしは平らな感じで
おなじ”サガ(サーガ)”でも「ヴィンランド・サガ」みたいな迫力もないし
「ゾンビランド・サガ」みたいなコメディもないのに
ムダに人が多いし、ムダに人が死ぬしで、たぶんゲームやってる人向け。。


あんまりにゃんが好きそうなおはなしじゃないし
今季はほかにもいろいろあるから、1話でやめちゃうけどごめんなさい。。

みんなのレビュー読んで、おもしろくなりそうだったら、また見るね☆彡
{/netabare}
{/netabare}

.

投稿 : 2021/01/07
閲覧 : 98
サンキュー:

20

enotake さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 0

まー(*´∇`*) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/05/04
閲覧 : 0

dNtaa40944 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2021/04/27
閲覧 : 1

バットバス さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/25
閲覧 : 1

モリモリ7976 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/25
閲覧 : 1

ももたん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2021/04/22
閲覧 : 1

じぇい爺 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/17
閲覧 : 1

暴走インコ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/15
閲覧 : 2

なまなま さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/15
閲覧 : 1
次の30件を表示

オルタンシア・サーガのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
オルタンシア・サーガのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

オルタンシア・サーガのストーリー・あらすじ

イエペタス半島に700年の歴史を誇る大国――オルタンシア王国。その豊穣な土地を狙う周辺国によって幾度となく侵略の脅威に晒され続けるも、王国に仕える二大公国――オリヴィエ公国とカメリア公国が剣と盾となり、長きに渡って戦禍を免れてきた。しかし、聖王暦767年12月5日。オルタンシア王国に対し、カメリア公国が突如反旗を翻す。カメリア公国の反逆、そして反乱と時を同じくして現れるようになった魔物によって、オルタンシア王国に混迷の時代が訪れようとしていた……戦乱の世で、様々な運命に翻弄されていく騎士たち。悲劇から始まった宿命の継承と戦いが、動き出す。(TVアニメ動画『オルタンシア・サーガ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年冬アニメ
制作会社
ライデンフィルム
公式サイト
site.animehorsaga.jp/
主題歌
《OP》MY FIRST STORY『LEADER』《ED》まふまふ『夜想と白昼夢』

声優・キャラクター

細谷佳正、堀江由衣、津田健次郎、上田麗奈、内田彩、梅原裕一郎、小林ゆう、柿原徹也、子安武人、乃村健次、江口拓也、大坪由佳、堀江一眞、池田秀一

スタッフ

原作:ゲーム『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』
監督:西片康人、助監督:石郷岡範和、シリーズ構成:池田臨太郎、キャラクターデザイン:小野田貴之、サブキャラクターデザイン:本多弘幸、美術設定:成田偉保、美術監督:金井眞悟、色彩設計:篠原愛子、2Dワークス:向井吉秀、3Dワークス:FelixFilm、撮影監督:山本弥芳、編集:長谷川舞、音響監督:関智寛、音楽:ZENTA、プロデュース:佐藤允紀

このアニメの類似作品

この頃(2021年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ