新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール(TVアニメ動画)」

総合得点
59.5
感想・評価
86
棚に入れた
207
ランキング
5654
★★★☆☆ 2.9 (86)
物語
2.4
作画
3.4
声優
3.2
音楽
2.9
キャラ
2.6

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクールの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

TaXSe33187 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

取捨選択の問題

舞台的に韓国の作品をアニメ化してるのかな?
ザックリ言うと高校生(年齢ではなく)を対象にした天下一武道会、優勝賞品はドラゴンボールフルセットみたいな感じ

正直なところ、序盤に関しては割と普通に楽しめそうな感じだった
1話冒頭の訳わからんyoutuberのストリートラップをバックにひったくり犯を追いかける展開は不要だし、
どういうルールでどういう選考基準かもわからない大会が最初っから大盛りあがりってなんだよってとこはある
ただ、「武術を使って願いを叶える」っていう根っこがシンプルなので置いてけぼり感はそこまでない
加えてアクションシーンの作画がしっかりしているので、「話は分からんけどアニメーションは面白い」という感じ

問題は中盤から
{netabare}なんかスタンド的な何かを使い始めたところから、動きの面白さで誤魔化せないくらい意味不明が加速していった
この辺から天下一武道会がシャーマンファイトにシフトしていって、視聴者もメインキャラ3人組も揃って置いてけぼりになる
「仙桃を食べてもピンピンしていた」みたいな思わせぶりなシーンもあったけど、結局それが何かはよくわからないまま

そこからはずっと意味不明を意味不明なままに展開し続けて、主要キャラが誰も真相に近づかないまま「俺たた」エンド
「何が起きてるか一切分からんけど、事実として起きちゃったから対処するしかない」みたいな空気が終始一貫してる印象
ただし、こんな状況でも作画のクオリティはしっかりしているから画面を追うだけなら退屈には感じない不思議な感覚になる

一つ一つの要素は定番の設定やイベントばかりなのに、それを繋ぐ部分が雑だったり取捨選択出来てなかったりが多い
そのために大筋は問題ないのに意味のわからない展開が続いていたり、スケールアップした展開なのに期待はずれだったりする

借力の部分についてもかなり曖昧で、神を巡っての争いという部分までは飲み込めても借力という力そのものがご都合すぎる
文字通り神の力を借りるという意味で考えると、死神と呂布とドラゴンとクラーケンと九尾の狐が全て「借力」となるのに釈然としない
最後の展開で降ってくる神様は大仏モチーフのようでもあり、やはりそれを神と数えることに違和感がある
東洋・西洋の違いならまだしも神と呼べるかどうかから疑問が生じるものばかりなのはやはり設定が甘いのかなと

九尾の狐に関する部分は東アジアの神話・民話を上手く使っていると思うし、
借力ではない「そのもの」の力を振るう斉天大聖というのも力の対比が出来ていて良いと思う
その分、根幹の設定に関わらないキャラクターの借力の練り込み不足が目立ってしまって全体のクオリティを落としている
シャーマンキングのように霊体ならなんでもあり、あるいは逸話から呼び出せるFateのような設定のほうが良かった気がする

音楽に関しては好みによるくらいのレベルで、特別悪いとは思わない
OPは個人的に好みの部類だし、映像も本編のものを取り入れて予選・本選で2種作っているのも好印象
ただしEDだけはちょっと微妙なライン
前半の予選部分ではしっかりと1話毎に戦いの決着がついて仲間と絆を深める形になるから曲調もあっていた
ところが後半の本選からは話が込み入ってきて深刻な事態の中で締めとなるため、直前のBGMとのギャップが大きい
この辺もシナリオ自体の脈絡のなさと展開のギャップが問題になる部分なので、これは一概に良い悪いは言えないかな

作画はアクションシーンの盛り上げが上手いので特に問題なし
鼻が赤いのが目立つので、引きの絵の時くらい色味は肌色に近づけてもいいのでは?と思うくらい
主人公の瞳がシイタケなのもそうだけど、原作のキャラデザに合わせた部分が違和感を生んでる気がする
シイタケ目自体は特殊な出自をもつ主人公ってことで問題ないとも言える
ただ、どんな場面でも瞳孔がシイタケだと表情の変化がつきにくく、修行パートでもボケーッとしてるように見える部分があった
まぁシリアスな場面などでは顔全体で表情を作っているので、致命的な欠点ってわけじゃないからやっぱり好みの問題かな
{/netabare}

総評としては「もうちょいシンプルに作っていれば…」ってとこ
特別悪い内容じゃないし、作画もよくて声優陣もしっかりした人を揃えている
なのにやりたいことを全部詰め込んだ話にしようとしたせいで全体が意味不明と曖昧で構成されてしまっている
「神之塔」のように全てが突飛ってわけじゃないから全然見れるけど、その分消化不良がものすごい作品だった

投稿 : 2021/06/03
閲覧 : 224
サンキュー:

0

ネタバレ

ブラッキー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

全体的にクオリティが低い

とりあえず一話を視聴。ところどころにギャグ展開がありますが僕だけかもしれませんがあまり面白くなかった。なぜだろうか?
優勝したら願いが叶うというバトロワを繰り広げるような良くも悪くも王道といったところだろうか。
正直なろうよりはまともなものの夢中になれる面白さみたいな可能性はあまり感じなかった。これから熱くなっていくか微妙な展開で終わるかは見どころ。
あと、ヒロイン的な少女は筋肉ムキムキの武道家集団の筋肉に見惚れており、それを見た男たちが筋肉に力を込めて服が脱げるというお決まり展開的なものを見せているが、なぜそんなことをしたのかわからない。おそらく僕個人の常識と合わないからであろうか?
あとはウェアラブル端末から自分のステータスを見れるようだが、各ステータスについての解説が欲しい。こういうところの説明があるのとないのとでその後の展開についていけるかいけないかがだいぶ違う。
とはいえ、なろう程わけがわからないわけではないので一応見ていられる。ただ、このような展開が今後も続くのなら流石にきついので見なくなってしまう可能性あり。今後盛り上がればもしかするとあるかもしれないが構成にあまりセンスを感じないので多分ダメかな?
二話を視聴。薄々感じてはいたもののやはりキャラデザがどうにも苦手。
あと道場の跡継ぎ?のような状態のヒロインだが、跡継ぎになれる強い人を探しているとのこと。ヒロインが修行してなるのはダメなのだろうか。ヒロインも十分強いと感じる。もしかすると韓国特有の男尊女卑思想が根付いてるためか。あまり納得できない展開だ。
あと、主人公がうっかりヒロインの大事な木刀を落としてしまったがそれに対して主人公がちゃんと誤っているシーンがない。道場の跡継ぎということを考えてもヒロインにとってそれは命に等しいほど大事なものだ。それどころか探してやるよとなぜか上から。自分が落としたのだから探すのは当たり前だろ。なぜちゃんと謝りもせずに感動のBGMを流しているんだ。韓国の男尊女卑思想の影響か。しかし、外国に輸出する前提で作っているならそれは流石にどうかと思う。
最後になるが、この世界には魔法のようなシステムが存在するようだ。ちゃんと解説せずに唐突にぶち込まないでほしい。わけがわからない。
もしかすると設定上は武術の延長戦なのかもしれないがそれで出されてもご都合に感じてしまいどうもすっきりしない。
韓国では受けるかもしれないが日本では糞アニメの烙印を押されて終わりだと思う。私はここで断念するが、韓国文化が好きだという人はもしかするともう少しましに見えるかもしれない。

投稿 : 2021/01/14
閲覧 : 532
サンキュー:

3

ネタバレ

らいの さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

内容がテンプレすぎる

始めはアクションに期待があったんですが、内容が単調すぎる気がしました。

投稿 : 2020/12/06
閲覧 : 243
サンキュー:

0

ネタバレ

はるせ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

主人公=ボッスン? 感想「ナンスカコレ(´・ω・`)」【韓国産原作のアニメ】

2020年 夏アニメ 全13話 制作スタジオ:MAPPA
           視聴時期:2020年10月後半
※これはあくまでも、私の感想です。客観性はないのであしからず、ご容赦下さい。


 この作品の評価でいちばん問題なのは、格闘アニメなのに主人公サイドが苦戦してるかどうか、全くわからないことです。やられるときはやられる、倒せるときは倒せるという感じです。特に悩むことなく突然、大技を出します。ただ技がハデなだけで、それが決定打とならず何度も殴ります。

 格闘アニメにとって定石ともいう負けて→悩んで→鍛えて→打ち勝つという流れが存在しません。
負けることがあっても、話数が進んで気づいたら強くなってますwww

最初はSKET DANCEかと思いました。
アイキャッチとか演出にグレンラガンが混じってますw
ヒロインは「波動の三十一、発火砲」をつかいます。
審判員の一人がソウルイーターの魔剣ラグナロクを召喚します。
あと、試合のジャッジをしてる人がどうみても
「お前に足りないものは、それは――
 情熱、思想、理念、頭脳、気品、優雅さ、勤勉さ!
 そして何よりも ―― 速 さ が 足 り な い !!」です。

後半の7話くらいからキャラが多くなりすぎて誰が誰だかわからない。自己紹介もなし、韓国名だから日本人には覚えづらい。

出資はたくさんしたのか、作画と声優陣は豪華ですね。


・あとごちゃごちゃしてる、感想まとめ。

ストーリーは日本で勉強したのかな、日本人なら見覚えのあるシーンがたくさんあります。切り貼りされたようにたくさん盛り込んであります。
しかしやはり韓国のノリと言うんでしょうか。違和感アリアリです。

多分、原作とか出版とか何も考えなかったら3話で終わらせられる話です。
そのくらいに見どころがないです。

女の子が血を流します。男が女を殴って血を吹き出しますし顔を歪めます。これは日本のアニメではなかなかないです。

他の方のレビューでもあるように、ハイスクール(高校生)要素が皆無です。韓国では制服着てれば学園モノになるんでしょうか。おっさんもいっぱい出てます・・・。

必要のない戦闘シーンやカットがおおすぎます。正直全部パンチとキックです。武器ありなんでもありなのに、このアニメだけの専用技みたいなのがありません。既存の競技映像から引っ張ってきたような動きばっかりです。
表蓮華とか、戦維喪失とか、リヴァイ斬りとかあればよかったんですけどね。

 キャラに魅力が足りません。
目立たないキャラデザインが適当すぎです。
カンフーをやってるから演舞服を着てる、使える技もカンフーだけ。
どう見てもカマセキャラで、結果カマセでした。

強キャラであっても見た目がモブです。


名前も韓国系ばっかりです。日本人にも見てほしいなら他国名を混ぜないとw

韓国だからという偏見の目はありません。

なにか一つ夢中になれる、熱が入る、好きになれる要素があればファンが増えたのに残念な作品ですね。

投稿 : 2020/10/30
閲覧 : 172
サンキュー:

2

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 1.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

おもんない

感想

原作が、韓国の漫画で人気だとか?!
えぇ~
これが~?
って感じで、どこが面白いのか?分からなかったです。
話もイマイチなら、キャラも魅力に欠けてたし、主題歌も好みじゃないし・・・
キャラデザは悪くないけど、みんな鼻のあたまが赤く色付けてるので、鼻をぶつけた感じに見えて不自然でした。
終盤まで我慢してながら見でしたが、ちっとも話が面白くなる感じもしなかったので、もういいや・・・ってなって断念しました。

もう国内の弾(アニメ化作品)が無くなった訳じゃないだろうに、なんで海外作品をアニメ化するんでしょうね?
甚だ疑問です。
それならもっと無名な作者の作品でも発掘すればいいのに。。。っと思う訳で。

投稿 : 2020/10/15
閲覧 : 202
サンキュー:

11

ネタバレ

kyani さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

2期は、見るつもり

2期が出るなら見るつもりです。
物語は、いろいろ、え!ってところがあるけど、まぁひまつぶしにみるならおすすめします。

投稿 : 2020/10/06
閲覧 : 354
サンキュー:

0

ネタバレ

はく さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

バトル作画が良い

バトル作画が良い、内容はよくわからないです。

投稿 : 2020/10/04
閲覧 : 159
サンキュー:

2

ネタバレ

potassius さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

バトルは良い!説明が圧倒的に足りない

バトルアニメとして疾走感や迫力を求める分には楽しめると思います。
ただ、圧倒的に背景説明が足りないため、後半に行くほど何が起こっているのか分からなくなっていきます。

LINEマンガの原作も追っかけてみましたが、そもそも原作でも説明が足りないため世界観に入り込めないなぁというのが残念。
{netabare}特になぜSIXが神を倒そうとしているのか、対する敵がなぜ地上を滅ぼしたいのか、そもそもの因縁がありそうだけどそれが何なのか、は二期があったとしたらその辺まで読み込めど分からずでした。
主人公がいきなり孫悟空になった背景は描かれていますが、最終話だけ出しても絶対伝わらないだろ、、、と思います。{/netabare}

投稿 : 2020/10/01
閲覧 : 106
サンキュー:

3

ネタバレ

けん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ずばり

戦いはスピード感あって面白かったとおもう!
でも途中なんか神の力をかりてってなったけど
普通のバトルでもスピード感あって面白かったけん神の力設定俺的にはいらなかったかなー?

あ、鼻が赤いのはなんで。?笑
赤くする意味あるのかな?

投稿 : 2020/09/30
閲覧 : 141
サンキュー:

2

ネタバレ

刻印刀・鬼灯 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

一応(途中から流し)完走したので、ざっくり。

良かったのが作画、声優、曲でしょうか。
作画はキャラ格好良かったり可愛かったりビジュアル面の崩れはなく最後まで良く描かれていた印象です(一部では赤鼻に対して厳しい評価がありますが)
アクション面もスピード感があって格好良かったと思います。

声優さんに関しては言わずもがな、と言った感じでしょうか、豪華です(個人的に好きな声優さんも充てられてましたし)
曲に関してはOP、ED含め劇中のBGMも格好良いイメージでした。


ここから少し言葉厳しくなるかと思います。
悪かった、と言うより面白くなかったと結果的に先に述べてしまいますが。

正直ストーリーに中身が感じられない、掘り下げ部分
が既に浅かった。
そもそも学生の大会じゃなかったっけ?って何度一人で突っ込んだかわからない程度には超展開が過ぎて過ぎて過ぎ過ぎて「酷いなぁ」と思わず口に溢してしまった程度に酷い。

超展開が酷いのかと言えばそうではない。
端的に何でもかんでも無闇矢鱈に無理くり詰め込めば酷くもなる(中にはそれが許される作品もあるだろう事を思えば超展開自体を否定しする話しではない)

ざっくりなので細かい点を挙げると単なる批評拗らせた文句と愚痴にしかならないので割愛しますが。
大まかに纏めるとストーリー構成、劇中の曲の使い方など目立って当たり前の所で昨今アニメなどにも現れている気色悪さが余計に際立っていた。

格好つける事は悪くないが中身がスカスカなのに上っ面だけ見栄え良くしようとしても記憶に残らないアニメになってしまう。
月並みな物言いですが、素材が良かっただけに残念さは否めない作品です。

投稿 : 2020/09/29
閲覧 : 124
サンキュー:

2

ネタバレ

ふさふさ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

完走しての感想

最初は多種多様な格闘技のトップを競うトーナメントだったのが、謎のパワーやらスタンドやらがでてきて超能力バトル状態に…。
そしてなぜかルールが変わって3対3のチーム戦になったり、トーナメントより場外のバトルのほうが激しくなったり、しまいには使徒やら神みたいなものが出てきて、核ミサイルが飛んできて決勝戦を前にして大会が終了したり。
いくらなんでも展開盛り込みすぎじゃないですかね。
登場人物も中盤まではともかく、終盤は説明不足の強キャラのオンパレードで完全に視聴者を置いてけぼり。
収拾がつかなくなったのか、また超越した強キャラ出して、謎のパワーの源が欠片になって飛び散ったので探してこいというドラゴンボールになって終わり。
作者の頭の中だけで盛り上がっているようなお話でした。

ストーリーとキャラには1点しかつける余地がないです。
ただ作画だけは良かった。
登場人物が全員赤い鼻という、謎のこだわり分で差し引かれてしまいますが。

投稿 : 2020/09/29
閲覧 : 102
サンキュー:

6

ネタバレ

krgn さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

タイトルどーでもよくなってる

個人的な感想としては
声優は普通。
キャラは普通・・・かなぁ。
音楽は普通。
作画とエフェクトは標準以上と感じた。

しかし、、格闘で始まったはずが、途中から何でもかんでも盛り込みすぎ。
そして意味不明ではないが、あまりにありきたりすぎる回想の盛り込み。

ある程度似るのは絶対仕方ない。
しかし、、、ネーミングも設定も全然捻ってないから
パクり感が半端ないし、ダサダサ。
まあ、それがあってか格闘描写は良いのに全然スカッとしない。

嫌韓な部分を取り去っても、途中から馴染めなくなった。

投稿 : 2020/09/29
閲覧 : 90
サンキュー:

3

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

今期の「神之塔」枠。

詳細は公式でも。

韓国原作で、制作は日本(今回はMAPPA)。OPEDに韓流グループの楽曲を使用するという、前期「神之塔」と同じ構図のアニメです。

初回は単純明快。
シイタケみたいな瞳の主人公を中心に、メガネ外すと美少女JKと、クール系イケメン?の3人を、ひったくりを捕まえるという形で登場人物紹介します。どうやら、この3人はソウルのアリーナで「GOD of HIGHSCHOOL」という韓国全土から選抜された高校生格闘家による武闘大会に参加するようです。優勝者には、なんでも望みが叶う権利が与えられるという、これも「神之塔」で塔に登った奴に与えられるものと同じです。

で、Bでは予選参加者全員で、いきなりのバトロワ。順当に後々主要キャラになっていくだろうメンツ(参考書片手のメガネくんとか金髪爆乳おねえさんとか)が勝ち残っていきます。もちろん冒頭の3名も。

そんな時、優勝候補の男が遅れて登場。3人組が勝負に挑みますが、はたして……。ってとこまで。とてもわかりやすい、頭を空っぽにしても観てられる内容でした。

ひったくりをチャリで追いかけるシーンとか、さすがMAPPAの映像制作技術って感じで、作画は非常に良好です。ストーリーは、まあこうしたストIIとか鉄拳みたいな格闘ゲーム的なのが好きであれば、楽しめるのかもですね。

少なくとも、どこの国が原作とかで色眼鏡で見るということはしません。面白ければ、そんなの関係ないですからね。

これから、どう工夫していくか、ですが、単に格ゲーみたいのが続いてくだけになれば、飽きちゃうかもしれないですね。とりあえず3話まで様子見します。

=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}
むーん……。
あらすじを書くほどの内容がありません。ヒロインの木刀は父親の形見で、それを主人公が川に落とし、ヒロインから「今すぐ消えろ」と言われます。

川を浚っているヒロインのもとに主人公が現れ「探すのは多いほうがいいだろ」と、川浚いを手伝います。その主人公にニコッ。え? こいつが落としたのに?

で、木刀が見つかった! よかった! の描写もなしに、いきなりトーナメントが始まります。メイン3人と金髪巨乳、参考書片手のメガネくんなどが、淡々とモブを叩きのめしていきます。

で、ドレッドが太極拳を半殺しにしかけているところに、主人公が割って入り、ルール違反がどうとかでゴチャゴチャしたところで終了です。

うん。今のところ、ここまでは面白さが見出せません。それぞれの武闘会に出るきっかけ的なフラッシュバックもありましたが、理解できるほどの尺をとってないので、各キャラに思い入れなど持てません。

むしろ、敵役のドレッドの苦悩と涙をしっかりやってるという。

ちょっと説明不足というか、駆け足というか……。それと、一次のバトロワ、さらにこれからのトーナメントも山が大きい……。要するに無駄なモブが多いということ。登場人物を、より強いキャラと思わせたいのかもしれませんが、初回のバトロワも今回のKOシーンだけのトーナメント初戦も、まったく無駄。どうせ8人くらいの対戦なんだし、それより主要キャラの深掘りをやっておいたほうが、キャラに思い入れできて面白くなるはずなのに……。

とりあえず次回で判断します。
{/netabare}
=====第3話視聴後、追記です。
{netabare}
何ひとつ思い入れも愛着もないキャラたちが、淡々と試合を続けるだけ。

ドレッドは再起不能になるわ、高校生だって言ってるのにアメリカ女子プロレスのお色気巨乳女はヒロインの手刀にやられるわ、参考書メガネはメインキャラのデカい方にボコられるわ、主人公はなぜか審判と試合し、審判はいきなりスタンドを出してきたけど負けるわ……。

なんだこれ。

3話まで観ても、面白さが出てきません。これ以上追いかけても無駄になりそうなので、ここでリタイアします。
{/netabare}

投稿 : 2020/07/21
閲覧 : 789
サンキュー:

5

ネタバレ

じょせふん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

【現在視聴中】

【視聴日時】
初回 2020年7月20日
ーーーーーーーーーーーーーーー

【各話の感想など】
━━1話━━━━━━━━
{netabare}・杉田さん目当てで視聴。
・運昇さん 意識してる?w
・にしてもキャラや絵が動くなぁw
・耳と鼻が赤いのはなんだろう
・杉田さん来た!あ、悪者キャラだw{/netabare}

━━2話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━3話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}



━━4話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━5話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━6話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━7話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━8話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━9話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━10話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━11話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━12話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━13話━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}


━━【総括】━━━━━━━━
{netabare}
{/netabare}

【メインキャスト】
{netabare}
{/netabare}

投稿 : 2020/07/20
閲覧 : 212
サンキュー:

2

ネタバレ

Rera さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

原作は有名だが・・・

春クールの「神之塔」に続く韓国アニメだが、「神之塔」同様、やっぱりちょっと感覚が合わないかな。Aパートはいろいろとごった煮。いきなりの自転車チェイス!?の一連のシーン、作画はすごいが設定に違和感。主要登場人物を見せたかった?なら別のやり方があるような気が。原作が人気ということだが「神之塔」のこともあるし、続けて見るかちょっと迷う。ちなみに「神之塔」は4話切り。
製作がクランチロールということで、このアニメが成功すれば新たな流れを作り出す気もする。

2話視聴後
バトルシーンの作画はさすがMAPPAという感じだが、キャラの造形があまり好みではないし、鼻が赤いのがどうしても気になる。原作の問題なのかもしれないが、かっこいい主人公にしなかったのは何か意図があるのかな。ストーリーも唐突な展開に感じてしまうのは私だけ?これも何かの伏線として後で作用してくるのだろうかと思ってしまう。ま、これからという感じかな。あともう1話見て考えようか。

投稿 : 2020/07/20
閲覧 : 254
サンキュー:

1

ネタバレ

アハウ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

これおもしろいの?

冒頭でなんだ!と思わせておいて・・・

バトル?

韓国は日本に殴りかかっているのにいい度胸だと思います。
しかも面白みにかけます。

このタイトル大仰なわりに中身がない。

別冊オリンピア・キュクロスのほうが楽しい

投稿 : 2020/07/11
閲覧 : 309
サンキュー:

6

DsEks33433 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2022/10/12
閲覧 : 1

ShouyouACL さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/05
閲覧 : 1

kuroneko さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2022/06/10
閲覧 : 2

ぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/03/30
閲覧 : 3

yuinbow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/11/01
閲覧 : 5

3mei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/09/22
閲覧 : 6

白湯 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:----

投稿 : 2021/07/06
閲覧 : 10

kabfs58891 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2021/04/02
閲覧 : 8

DahOh32684 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2021/03/30
閲覧 : 7

UDUYO34034 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 8

もっちょん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2021/03/24
閲覧 : 7

スージー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/09
閲覧 : 7

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2021/01/01
閲覧 : 8

ゲジマユ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/31
閲覧 : 7
次の30件を表示

THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクールのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクールのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクールのストーリー・あらすじ

全国の高校生が集う異種格闘大会「ゴッド・オブ・ハイスクール」。幼い頃、祖父・テジンと離れ一人暮らしてきた主人公のジン・モリは、その地区予選会場へ向かう途中、ひったくり犯を追うことになり、そこで同じく予選に参加するハン・デイとユ・ミラと出会う。賭けるのは己のプライド!信じるモノは己の拳!望む願いはなんでも叶う!それが神の力!アリーナに集結した各地の猛者たちとの生き残りを賭けたバトルロイヤルがはじまる――(TVアニメ動画『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2020年夏アニメ
制作会社
MAPPA
公式サイト
goh-anime.com/
主題歌
《OP》KSUKE『Contradiction feat. Tyler Carter』《ED》CIX『WIN』

声優・キャラクター

橘龍丸、熊谷健太郎、大橋彩香、浪川大輔、杉田智和、甲斐田ゆき、田野アサミ、浜田賢二、小林親弘、関智一

スタッフ

原作:Yongje Park(LINEマンガ連載)
監督:朴性厚、シリーズ構成:吉村清子、キャラクターデザイン:秋田学、美術監督:岩谷邦子/西口早智子、色彩設計:忽那亜実、撮影監督:浅川茂輝、編集:相原聡、音楽:桶狭間ありさ、音響監督:小泉紀介、音響効果:中野勝博、音楽プロデューサー:小林健樹、企画プロデュース:SOLA ENTERTAINMENT

このアニメの類似作品

この頃(2020年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ