新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「のんのんびより のんすとっぷ(TVアニメ動画)」

総合得点
79.3
感想・評価
367
棚に入れた
1314
ランキング
456
★★★★☆ 4.0 (367)
物語
3.8
作画
4.0
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

のんのんびより のんすとっぷの感想・評価はどうでしたか?

梨の妖精 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

終わらない日常の終わり

田舎を舞台にした日常系アニメのんのんびよりの3期にして完結編です。

1期2期が好きなら安心して楽しめる作品で、相変わらずの安定感があります。

変わった点でいうと新キャラのあかねちゃんとしおりちゃんの登場です。あかねちゃん可愛いです。あかねちゃんはこのみちゃんの後輩ということもあり、このみちゃんの出番もだいぶ増えてますね。

好きなシリーズという事もあり、最後まで見終わった時は寂しい気持ちになりました。

一時期仕事で疲れていた時はのんのんびよりとゆるキャンにとても癒しを貰っていました。
自分が日常系にハマった原点の作品の1つでもあります(残り2つはゆるキャンとゆるゆり)

のんのんびよりが無かったら他の日常系アニメに出会えなかった可能性もありますし、そういう意味でも自分にとって大事な作品です。

日常系で完結まで作られる作品が少ない中でちゃんと最後までアニメ化してくれた事もとても嬉しく思います。あっと先生、アニメスタッフのみなさんお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

投稿 : 2021/12/01
閲覧 : 34
サンキュー:

4

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

数ある「のんのん」の中でも「のんすとっぷ」こそ至高。3期かけて積み上げてきたものが活きている。

 「ゆるキャン」と同じく、すでに充分完成された日常系ギャグとしてもはや進化の余地はありない、そんな風に考えていた時期が私にもありました…。


 全てのクオリティーがアップしているが、キャラと声優のマッチングがアップしてギャグの冴えが格段に上がっている。正直個人的には今までは寒い瞬間が多少あったけど、今期は本当に笑わせて頂きました。


 なっつんとひか姉、特に後者の出るだけで笑える女と化した感がある。台詞をいかに喋るかだけでここまで面白くなるもんなんだなぁ〜。メカコマぐるみの狂気も素晴らしい。


 あと、今期も魅力はここまで積み上げてきたものがあるからこその喜びと感動がある。駄菓子屋とほのかちゃんの件では涙せずにはいられなかった…。


 シンプルで純粋だからこそ胸に沁み入る救いこそ日常系の行き着く極地だと思う。プロ幼女な久野ちゃまが加わったことも大きいねぇ〜。そんなしおりちゃんに対してお姉ちゃんであろうとするれんちょんの姿には思わず…。


「いつも同じ道じゃないのん。いつもちょっと違うお天気日和なのん。」

投稿 : 2021/11/05
閲覧 : 408
サンキュー:

43

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

また、春になったのん

数年ぶりに帰ってきた「田舎に帰りたくなるアニメ」堂々の完結?
いや、完結しなくていいよ、ずっと続けてくれよ・・・って思ってしまう。
あまりにも好きすぎて、視聴を終えるのが苦痛だった。
ぶっちゃけ、レビューなんてどうでもいい。満点以外つける気はない。
仕事や世知辛い現実とはいったんオサラバして、この圧倒的にやさしい世界に心をゆだねるのが正解だ。

一期から変わらない、あまりにも優しくて楽しくて暖かい時間。
ずっとこの世界に入り浸っていたい、そんな気持ちにさせてくれる。
登場人物の可愛さ、優しさが魅力的というのももちろんあるが、子ども時代に体験した、田舎のおばあちゃんちのゆっくりとした時間や、夕日が沈むのを恨めしく思いながら友達と疲れ果てるまで遊び回った日々が思い起こされて、ノスタルジックな気持ちにさせてくれるのだ。
大人になった今だからこそ、こういった世界観、空気感はとても魅力的に感じる。

とにかく最高だ。本当にずっと見ていたい。終わるのがつらい。

11話、12話は本当にずるいですね。いい締め方だと思います。
いつもと変わらないように見える日常を見せつつも、いつまでも続かないことを示唆し、喪失感と同時に、未来への希望を感じさせる良い終わり方だと思う。

最終話で{netabare} れんげがどうもお世話になりましたって言ったのが不覚にもうるっときてしまった。
いや、よりによって君が言うのかよって。
本当にいいところ持っていくなこの子は。
たぶん私なられんげに言われたら泣いちゃうと思う。
この子なりに、今伝えるのがベストだって察したんでしょうね。
{/netabare}

れんげ達の楽しい時間も、いつかは終わる。
この何気ない毎日こそが、とても幸せな時間だったと、いつか成長した彼女が懐かしく思う日も来るのでしょうか?

最高の時間をありがとう。

投稿 : 2021/10/20
閲覧 : 135
サンキュー:

40

ネタバレ

祇園 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

ねぇパパ、ダメー?

投稿 : 2021/10/17
閲覧 : 21
サンキュー:

0

四季姫 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

もう終わりなのか…

原作も終わったと聞いたので、もう4期はないよね...
原作は読んでないけど、1期、2期と劇場版全部見ました。

笑いあり、涙あり(泣いたとは言ってない)、最高な癒し系アニメ

やっぱりれんちょんと駄菓子屋の話が一番好きですね。
本当に癒されるわ

これで終わりなのか…寂しくなりますね…
(また1期から見ようかな)

投稿 : 2021/08/09
閲覧 : 92
サンキュー:

2

やまじい。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

終わるのん?

ここまで来るともはや言うことはない。
サブタイトルはのんすとっぷなんだけど終わっちゃうんだね。。
でもにゃんぱす祭りでみんなが言ってたようにいつでものんのんびよりは帰ってこれる場所なんだって実感できた。
いつでも、帰ってきて。おかえりって迎えるから。
しばらくのんのんびよりロスが続きそうです。

投稿 : 2021/08/08
閲覧 : 84
サンキュー:

4

ようす さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何気ない日々が、特別な思い出だった

のんのんびより3期。

1期も2期も、
同じ学年で1年間をループしていました。

3期もまた同じ1年を…と思っていたら、
新しいキャラの登場があったりと、これまでとは少し違う1年でした。
(学年はこれまでと同じ)

でものんのんびよりな空気は変わらない。
今回も癒されました(´;ω;`)

全12話です。


● ストーリー
旭丘分校は、全校生徒5人の学校。

小学1年生の宮内れんげ(みやうち れんげ)、
小学5年生の一条蛍(いちじょう ほたる)、
中学1年生の越谷夏海(こしがや なつみ)、
中学2年生の越谷小鞠(こしがや こまり)、
中学3年生の越谷卓(こしがや すぐる)。

自然がいっぱいの田舎で、
今日は何をして遊ぼうかな?


旭丘分校の女の子4人がメインとなって、
一緒に遊んだりおしゃべりしたり、わちゃわちゃと何かしている。

たったそれだけなのに、
田舎の風景の中で思いっきり遊ぶ姿で、
こんなに癒される…!

今回は新しいキャラが2人登場。

サブキャラの登場も多く、
4人だけという場面はぐっと減っていました。

ネタ切れ?と感じる場面も多く、
この作品もキャラも好きなんだけど、
つまらないと感じてしまうエピソードも…。

原作は連載が終わったので、
おそらくアニメもこの3期で終わりなのでしょう。

最後はちゃんと締めてくれたので、よかったです。


《 れんちょんの成長 》

1期や2期でも触れましたが、
3期もここが大きかったなあ。

メインの4人それぞれに個性があるのですが、
私はれんちょんの話が一番好きで。

1年生のれんちょん。
成績優秀で器用なしっかり者ですが、

まだまだ幼くて、
毎日の中で新発見も成長もいっぱい。

たぶん私がれんちょんを見る目は、
駄菓子屋がれんちょんを見る目に近いと思う。笑

れんちょんを赤ちゃんの頃から見守り続けている駄菓子屋は、
れんちょんの成長をもっともっと感慨深く見ているのでしょうけど…。笑

ベビーれんちょん、可愛かったな(*´ω`*)

でも1番のお気に入りは、
4話のトマトのサンタさんなのん♪


● キャラクター
メインの4人は安定しています。

それに加え、
今回はサブキャラと新キャラの登場も目立ちました。

やっぱり4人が好きだからか、
4人のキャラと比べると弱く感じちゃって…。

たまに登場する分には気にならないんだけど、
もっと4人でのわちゃわちゃを見ていたいと思っているから、

サブキャラ達がずっと登場していると「こうじゃないんだよなあ…」と感じてしまいました。

もうネタ切れで、
4人だけでエピソードをつなぐのは難しかったのかな…。


● 音楽
【 OP「つぎはぎもよう」/ nano.RIPE 】

これまでと同様、nano.RIPEによる主題歌。

私はこの3期のOPが一番好きでした♪


【 ED「ただいま」/ 宮内れんげ(小岩井ことり)、一条蛍(村川梨衣)、越谷夏海(佐倉綾音)、越谷小鞠(阿澄佳奈) 】

のんのんびよりのEDは毎回「これで終わりか…」と現実に引き戻されるため、“ウェルカム現実ソング”と名付けています。笑

今回も見事なウェルカム現実ソングで…。
4人が紡ぐハーモニーが最高すぎて…。

大好きなEDでした。


● まとめ
都会育ちの自分にとっては、
たくさんの人の中で過ごすのが当たり前になってるけど、

こうして田舎の分校で、歳関係なく仲良く過ごしてて、
なんだかいいなあと思う。憧れます。

ここは同じ日本ですか?笑
ほんわか、のんびりした時間の流れがまるで別世界でした。

今回も癒しの時間をありがとうございました^^

投稿 : 2021/08/07
閲覧 : 179
サンキュー:

24

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

直進あるのみ

序盤 おお

中盤 うん

終盤 おおお...

三期です。
映画で完全に終わりかと思いましたが、まさか三期があるとは。

そうして始まったのんのんびより。一期二期同様に一話完結型の日常コメディアニメ。今までのようにのんびーりとした田舎の風景を淡々とそして色鮮やかに映し出しています。

良く言えば「今までの面白さが引き継いでいる」、悪く言うなら「飽きる」
個人的には面白かったですが、深夜に見るといつの間に寝ているような感じです。睡眠時間を考えてみないといつの間に終わってたりしますので注意を。

特に今までとの差異もなく、ただただ1クール放送して(いつも通り)最終回後に虚無ってました。それだけなのでもう書くことがありません。
とにかく一期二期まで来たら見ましょう。

監督は川面真也さん。
シリーズ構成は吉田玲子さん
キャラデザは大塚舞さん。
劇伴は水谷広実さん
アニメ制作はSILVER LINK.さん

作画はとてもよいです
opはnano.RIPEさん作詞曲、佐々木淳さん編曲、nanoさん歌唱の「つぎはぎもよう」
edはZAQさん作詞曲、松田彬人さん編曲、四人歌唱の「ただいま」

総合評価 あるのみ

投稿 : 2021/07/27
閲覧 : 95
サンキュー:

11

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1年がループして続いていくと見せかけて

今までと同じなのかと思いきや、れんげちゃんがしおりちゃんとの出会いを通してお姉ちゃんになっちゃうし、一言もしゃべらないお兄ちゃんの受験話とかあって成長を感じる。卒業式もやるわけだし。
ごちうさの如く成長を感じてしまうのは少し寂しいけれども、またそこに喜びがある。夏海は相変わらず色々やらかしているのも乙である。ひかげが割を食うのも変わらずでそういうところにも注目。かず姉は少しは先生ぽくしてほしいななんて思ったり。生徒を心配しても自分が心配されるようだと思いやられる。

成長関係ないけど、一番印象に残っているのは蛍のこまちゃん愛が高じすぎて「こまぐるみ」という凄い怖い物体を作り上げてしまったことかな。笑わずにはおれん。


OP
つぎはぎもよう nano.RIPE
ED
ただいま 宮内れんげ(小岩井ことり)、一条蛍(村川梨衣)、越谷夏海(佐倉綾音)、越谷小鞠(阿澄佳奈)
OPをnano.RIPEが担当、EDを作詞・作曲をZAQでというのは変わらず。
毎回良曲をありがとうございます。作品の雰囲気にもしっかり合っている。OPで登場人物たちがぐるっと回る演出は結構好きだった。


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、野菜を作ったり、虫捕りをしたり、楽器を練習してみたり・・・春夏秋冬の変わりゆく田舎生活はワクワクが止まりません。のどかでいつも通りだけど、くすっときて、ちょっぴり沁みて、心がほっこりする。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。


第01話 カエルの歌を吹いた
ある春の日、早起きした宮内れんげはリコーダーを吹きながら学校へ向かっていました。今日は音楽の授業でリコーダーの合奏があるようです。途中、バスで出会った高校生の富士宮このみに、ドの音がうまく出ない事を打ち明けると、今度一緒に練習する事になりました。れんげが旭丘分校に到着すると、他の生徒たちも登校してきて…。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。

第2話 蛍が大人っぽかった?
日曜日、宮内れんげに「野菜の苗を植えるので、手伝って欲しい」と声をかけたのは姉の一穂。れんげはやる気満々で分校の皆も誘います。一穂がれんげをからかって「ピーマンの苗を植える」と嘘をつくと、ピーマンが嫌いなれんげは逃げ出そうとします。越谷夏海と越谷小鞠も、ピーマンは苦いので実は苦手だと打ち明けますが、一条蛍は大丈夫とのこと。皆、「蛍は大人だなぁ」と納得するのですが…。

第3話 昔からこうだった
夏、居間で越谷夏海がくつろいでいるとチャイムが鳴りました。玄関を開けると、そこにいたのは宮内ひかげ。夏休みになって東京から帰ってきたようです。「さっきまで新幹線に乗っていたから、体を動かして遊びたい」というひかげに、夏海はノリノリでボール遊びを提案します。ひかげがいない間に考案した「必殺確殺シュート」を披露すると言って、夏海は勢いよくボールを投げたのですが…。

第4話 トマトを届けるサンタになった
春に植えたトマトがたくさん実り、収穫の季節がやってきました。自分で作ったトマトを食べた宮内れんげは、あまりの美味しさに感動し、皆へ配りに行く事にしました。真夏のサンタクロースになってトマトを配り歩くれんげは、最後に駄菓子屋へ向かう途中、泣いている見知らぬ女の子に出会います。近付いて話を聞いてみると、どうやら迷子のようです。泣き止まない女の子に困ったれんげは…。

第5話 ものすごいものを作った
越谷小鞠は、夏休みの自由研究で妹の夏海からロボットに仮装させられて困った様子。それを電話で聞いた一条蛍も、留守番をしている今日中に作りたい物がありました。それは、『おしゃべりロボ』と『歩行ロボット工作キット』。父親から借りたパソコンでしゃべる内容を入力し、その2つのロボットを動物にまたがったこまぐるみの中に入れます。広いリビングに移動して、スイッチをオンにすると…。

第6話 みんなでキャンプに行った
夏休み終盤、宮内れんげは旭丘分校の皆と一緒にキャンプにやってきました。早速テントを張り終わり、ボール遊びや釣りなど、思い思いに楽しむ一同。夕方になりバーベキューの準備が整いました。肉や野菜の美味しさについ食べ過ぎてしまった子供たちですが、引率の教師でもある宮内一穂は、お酒を飲みすぎて酔い潰れてしまいます。夜も更け、カブトムシの蜜を塗りに行く事になったれんげと越谷夏海ですが…。

第7話 ハラハラする秋だった
宮内一穂は終わりの会で、明日は授業参観だと生徒たちに告げます。越谷夏海は、いつもの体たらくが母の雪子にバレる事に絶望していました。「勉強していなかった夏海が悪い」と笑っていた一穂ですが、夏海は「一穂が自習中に居眠りしている」事も雪子に伝えている様子。授業参観の内容次第では自分にも被害が及ぶと焦った一穂は、必死になって夏海に勉強を教え始めるのですが…。

第8話 先輩はもうすぐ受験だった
篠田あかねは、先輩から「受験の為に部活を辞める」と告げられます。富士宮このみのおかげで友達が出来て、フルートも上達したと感謝しているあかねは、このみも部活を辞めるのではないかと寂しくなりました。帰り道、駅に着くと偶然このみが現れます。これから越谷家に遊びに行くので、駅前商店街のお祭りで手土産を買っていこうとしているようです。このみと一緒にお祭りをまわる事になったあかねは…。

第9話 おいしいごはんを作った
部屋でくつろいでいた越谷小鞠は、妹の夏海からデパートに誘われますが、乗り気ではない様子。「ひとりで留守番をするとおばけが出る」と夏海に言われますが、小鞠は「おばけなんて作り話だし、昼には出ない」とムキになって否定します。留守番中、小鞠はお腹が減ったので台所にお菓子を取りに行きました。すると突然、背後で小さな物音がします。焦った小鞠が視線を向けると、そこには…。

第10話 寒くなったりあったかくなったりした
お正月、宮内れんげは玄関に飾られた門松を見て「かっこいい」とご満悦の様子。ふと郵便受けを確認すると、年賀状が届いていました。分校の皆からの年賀状を確認したれんげですが、なぜか少し残念そうな表情で…。その後、家族にも届いていた分の年賀状を手にして茶の間に戻ると、姉のひかげがお年玉を貰おうと一穂にしがみついていました。あまりにも必死なひかげを見たれんげは…。

第11話 酔っぱらって思い出した
加賀山楓が駄菓子屋の店番をしていると、宮内れんげが店の前を通り過ぎて行きました。れんげはどうやら、しおりのところに遊びに行くようです。合流したれんげは、元気に走り回るしおりに「ちゃんと周りを見て気を付けて歩くよう」に伝えます。しかし突然、しおりは何かに気付いて駆け出しました。それはカマキリの卵。しおりは、今度産まれる妹へのプレゼントにできないかとれんげに聞くのですが…。

第12話 また桜が咲いた
朝、宮内れんげが窓の外を眺めていると、姉の一穂が「そんなとこでぼーっとしてどうしたの?」と声をかけます。れんげの視線の先では、庭の梅の花が咲いていました。季節はもうすぐ春、今日は越谷卓の卒業式です。在校生や保護者も見守る中、一穂から卒業証書を受け取った卓。式の終わりに、在校生の皆で歌を贈ることになったのですが…。旭丘分校にまた新しい季節がやってきます。

投稿 : 2021/07/24
閲覧 : 89
サンキュー:

9

はなちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

安定と平穏で平坦、でも心穏やかに視聴出来る

田舎ののんびりした時間を表現出来ている作品でしょうか
1期、2期共に同じ様なゆったりとした流れ
基本的に、のんびりした時間経過や間を持っているので、視聴される側にとっては何となく中弛みしそうに感じますが、作品の作り方が非常に上手いのか一切感じさせられません
寧ろ、その作り方で本当に田舎を再現して体感させてくれるかの様です

3期自体も安定で、少しだけ時間軸は進みます
恐らく、その歩みがあるからこそ本当に終わるのだなと思う残念感もあります

1期、2期も同様でしたが、騒がしい展開でもなく、のんびりした運びなのに要所要所で確りと笑わせてくれたり、じわっと穏やかにさせてくれたりと、まるで一つの作品に上手くメンタルコントロールされているかの様です

所謂、癒やし系の代表作であって各話で飽きさせない

私自身、一度視聴した作品は余り繰り返して観る事が少ないのですが、3期を見終わってから再度1期を視聴しました
色褪せ無い内容で、穏やかな時間、所々入る風景
各キャラクター好きですが、作品の作り方に再度魅入ってしまいます

投稿 : 2021/07/06
閲覧 : 59
サンキュー:

3

ネタバレ

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「これが・・・、太陽のエグみ!!」

いやぁ、タイトルは私が噴出したワンシーンに敬意を込めて・・・。

{netabare} 自分で育てたトマトをひとかじり・・・、
そのトマトを太陽にかざして、しみじみと・・・出てきた一言がコレだ!! {/netabare}


1期、2期、映画と長らく楽しませてもらった作品の第3期で、これでひとまず終了との事。

 楽しみに、楽しみにしていた作品。
でも実は見始めたときは「あれ、なんか感じ方が違うなぁ」と原因不明の違和感を感じてしまった。
この感覚は「ごちうさ」の新シリーズを観た時の感覚に近かった。
「ごちうさ」については、なんか苦手な作品かも・・・、と思いつつも視聴し、案の定、ちゃんとぴょんぴょんしていた。
 しかし、BLOOMでそれは起きた、なんともぴょんぴょんしないのだ。
最終的に、私の感覚が変化したのかなぁ、という結論に落ち着いていたのだが、一瞬、このもの寂しい感覚の再来かと思ってしまった。

が、確かに若干の変化を感じたものの、大丈夫でしたw!

 変化を感じたのは事実なので、今までどおりと言っていいのかわかりませんが、ちゃんと「のんのんびより」してました。

今までの違ったキャラにスポットが当たったり、新しい登場人物が出てきて、その子にスポットが当たったりしていましたが、れんちょんの成長やほたるんにスポットが当たった回もあり、そして、れんちょんとほのかちんの別れもしっかりと新たな形で描かれており、視聴者もホッとしたことだろうと思う。

アニキへのスポットが・・・、不発かな。
まぁ、ビミョーに登場はしていたのだけれども・・・。
とは言え、最後の最後に時を進める役目をしたのはアニキかなw。
アニキの卒業によって、明らかにワンシーンが終わった感を演出していましたね。
そして、あらたな同級生と少し未来の同級生の登場も予感させて・・・。

いち視聴者としては、
「ずーっと、かわらないとおもっていたのんな~」と思っていた(思いたかったw)
でも、人も変わるし、環境も変わっていく・・・
そんな中、れんちょんの一言が・・・
『いつもとおなじ道じゃないん、雨の時とか曇りの時とかあって、いつもちょっと違って楽しいのん!今日もいつもと違ってお天道日和なん!』

ああ・・・、そっか・・・、そうだよなぁ。
当たり前の事を良く忘れてしまうんだよねぇ、忙しすぎてな~。



最終回の最終回w
ほのかちんとの別れの時のセリフがふと思い出た。
「こんどはちゃんとさよなら言えたのん」

続けようと思えば、いくらでも続けれた物語かもしれない、
ここで「さよなら」ってはっきりと言えるのは、ある意味幸せな事かもね、とも思った。

でもね~、やっぱりもう少し観ていたいとも思った。
こういう内に終わらせるのも「華」かもね。

矛盾した感覚で少々、混乱してしまうね。

観てると、本当に楽しく、懐かしく、面白かった、
自分にも確かにあった「あの時期」がほんの少し戻ってくる。
作品内のキャラクターが「あの時期」の友達のように感じてくる。
そんな、アニメでした。

機会がありましたら、ぜひ視聴してほしいアニメです。
きっと私も、またリピート視聴するでしょう。

あと、アニキ・・・。
あんた最後までしゃべらんのなw

投稿 : 2021/07/02
閲覧 : 77
サンキュー:

18

ゲリオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

もはやこれまで

永遠に終わらないと思ってたものが終わる。
かつてこれほどの喪失感を味わったことはあっただろうか。いや、ない。
アニメ最終話を見るまで続編が無いものとは知らなかったので余計にそう感じる。
振り返ってまず驚いたのは2期が放送されたのが2015年夏だということ。
前期がそんな昔のアニメだったとは全く体感できなくて月日が経つのはあっという間ということ、また長い年月の中で"のんのんびより"を超える日常アニメは存在しないことを改めて思い知らされる。
大袈裟じゃなくて本シリーズは、過去も未来も含めて日常アニメの頂点に立つべき作品と個人的に思っている。
ストーリーやキャラクターの良さだけではない。
作中の何気ない田舎の風景が我々視聴者に与えたソレはなんだったのか。
安らぎ・・・・癒やし・・・・いや「生き甲斐」という単語が最もしっくりくる。
のんのんが終わる日、それは生き甲斐が終わる日と捉えるのもあながち間違いではないのだ。

個人的に出来ることなら本作は深夜アニメの枠を超えて"サザエさん"や"ちびまる子ちゃん"と肩を並べ、永遠に続く日本アニメ産業の象徴になってもらいたかった気持ちさえある。
が、そんなことは到底不可能なことくらい当然理解している。
また、シリーズの全盛期は2期までであり、既に描くべきところは描き終えていて、これ以上続けると蛇足状態になるのも事実だろう。
ネタ切れからか3期より、あかねちゃん&しおりちゃんという新キャラを出したことからもそのことは明らか。個々のエピソードのクオリティも2期以前に比べればややダウンしていた感は否めない。
以上のことから作品の止め時としては適切だった気がする。
一見終わらないように思えた作品にも最後のときが訪れたのである。

3期の副題である「のんすとっぷ」について。
この一文はてっきり「まだまだこの作品は止まらずに突き進む」的な意思表示かと思っていたが、実は「止まっていた時間が動き出す」という意味合いも含まれていたことを知る。
3期最終話で、れんちょんが2年生になり、こまちゃんが最上級生になる。
そしてその後の未来は描かれることはなく、視聴者(読者)の想像の中で……と、そういうことだったのだな。
熱心なファンの方々は放送中とっくに気づいていたのだろうか?
俺は完全に騙されました。。。

原作漫画はアニメとともに終了を迎えてしまったようだが「のんのんびより りめんばー」という番外編があと短期集中掲載されるようだ。
短期と言わずに10年くらい続けばいいのに。
最後にあらためて原作者さん、アニメ制作に関わった方々、生き甲斐を有難うございました。

投稿 : 2021/06/30
閲覧 : 73
サンキュー:

4

めろん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

のんのんロス

のんすとっぷになって
テーマは、成長なんじゃないかって思うくらい
時間というものを体感しました。
時間は、戻らないし、進み続けるものだと
切ない気持ちにもなりましたが
希望に溢れる明日を、
未来を見てるキャラクターたちに
元気をもらいました。

投稿 : 2021/06/22
閲覧 : 52
サンキュー:

5

ネタバレ

シン☆ジ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感じよう。。綿々と紡がれてゆく日々の営みの尊さを 

そんな、ちょっと歯の浮くようなセリフも言いたくなる善き逸品。

シリーズ3期です。
~筆者近況 {netabare}
脱出したと思ったウマ娘の世界(Game)にイベントで引き戻されてしまい・・
なんとか復帰しました (*´Д`)ハアハア
{/netabare}~

さて・・相変わらずの、のんのんぶり。
とはいえ、何もないワケではない。
小さな変化が積り積もってのどかな田舎社会でさえ変わってゆく。

 原作:KADOKAWA系のマンガ
 制作:SILVER LINK.
    ブレイブウィッチ、防振り、はめふら、魔王学院・・
 構成/脚本:山田玲子!
 放送:第1期 2013年10-12月(全12話+OVA)
    第2期 2015年7-9月(全12話+OVA)
    第3期 2021年1-3月(全12話)
 視聴:2021年6月アマプラ(まごうことなき1周目)

■音楽とか
 OP「つぎはぎもよう」/ED「ただいま」
 楽しくもほんわか。
 なにこの心ほぐれる感。
 優しい気持ちになっていく。。

■作画とか
 もう、風景が神。空気感もある。
 ときおり、ハッとするくらい美しい。
 ふと思ったけど・・
 水にこだわるアニメは多いけど、
 土にはあまりこだわらないのんなw
 畑はもっと黒土感が欲しかったー(何者)。

■キャラとか
 今回はサブ達も活躍。
 新キャラがちらほら。
~{netabare}
 篠田あかね(cv:田中あいみ)
  吹奏楽部の1年生。人見知り。
  声が気になって調べてみた田中さんは・・
  うまるちゃんなんですね(未視聴ですが)
  あと、ウマ娘のビコーペガサス。(そこかw)
 しおり(cv:久野美咲)
  駐在所の娘。
  なぜ分校に通っていないのかな。
  と思ったら入学前でしたw
  久野さんは「七つの大罪」のホーク役が印象的でした。
  個性的な声が良いですねぇ。
{/netabare}~

■エピソードとか
~{netabare}
 始めましての人に「にゃんぱす~~」・・・
 ふ・・ふいたw
 間がいいですなあ。。

 れんげお姉ちゃん・・
 ほのぼのじゃー

 こまぐるみ・・
 動力はいったい何

 キャンプ回・・
 ゆるキャン△とかヤマノススメ的な展開!?
 と思いきや、キャンプ先での日常でしたw
 ブレなくてよろしいかと
 お兄さん、テント別て・・・
 そしてギターだけでなくピアノまで
 最後までセリフないのんな。。
{/netabare}~

まったくもって貴いと言わざるを得ない。

原作は完結してるっぽいですね。

でも人気が高ければ外伝OVAくらいは出るんじゃないでしょうか。。


アンコール!アンコール!

投稿 : 2021/06/08
閲覧 : 210
サンキュー:

30

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 形式的には2期の「のんのんびより りぴーと」と同じく、1期の範疇である1年の中に
エピソードを挟み込んだもの。
 1期、2期と一緒に時系列順に並べると状況的におかしな点もあったが、まあ些細なこと。

 テイストは1期、2期と変わらず、間を活かした演出は相変わらず素晴らしい。
 エピソード的にも夏休みに出会った宮内 れんげと石川 ほのかの冬休みの再会や、夏にカニの
飼育をしなかったれんげのその後など、1期や2期に繋がるものが多いのも面白いところ。

 新機軸としては新キャラの篠田 あかね、しおりが登場。
 1期においては東京からやって来た一条 蛍が外部からの視点という、視聴者に近しい役回りを
担っていた感があったが、蛍が馴染んできたこともあって、あかねが新たな外部視点を
担っているような印象。
 考えてみると続編ではないので、蛍が馴染んできたことはおかしいのだが、視聴者の
感覚的には馴染んできた感はあるだろうし、エピソード的にも東京との違いに驚くようなものは
減ってきているように思える。
 加えて本人の性格的に、越谷 小鞠に続く不憫キャラでもあるという。

 一方のしおりはれんげより年下。
 これまでれんげがその独特の感性で年上キャラを振り回すことが多かったが、しおりもまた
一筋縄ではいかない子ゆえに今度はれんげが翻弄されるという面白い図式。
 れんげの方が年上ゆえにしおりに対してお姉さんであろうとする行為が健気で可愛らしい。

 既存キャラでは主要4人キャラ(れんげ、蛍、小鞠、越谷 夏海)以外だと、富士宮 このみと
宮内 ひかげの登場頻度が高かった印象。
 このみに関してはあかね繋がりで出番が多かったのは分かるが、ひかげは「こんなに頻繁に
実家に帰っていいのか?」と思ってしまいそう。
 それにしてもギャグ要員としては、「ひかげは非常に優秀なポイントゲッターだな」と
改めて感じた。

2021/05/06
2021/06/02 誤字脱字修正

投稿 : 2021/06/02
閲覧 : 81
サンキュー:

6

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

気づいたら見入って笑ってるアニメ

のんのんびよりを見始めたきっかけは知人からの紹介だったのですが、まさかここまで毎回楽しみにするほどハマってしまうとは思いませんでした。
癒しと笑いと感動と、素敵な日常を私たちに届けてくれるアニメです。
他にも良いアニメは沢山ありますが、のんのんびよりでしか感じられないアニメの良さがこの作品にはあります。そこが評価すべきところであり、皆んなから親しまれている理由でもあると思います。
もし、見てない方がいれば一度は見て欲しい作品です。

投稿 : 2021/05/31
閲覧 : 54

にゃわん さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

待望の3期

2期が終わってからの待望の3期
期待を裏切ることはなく
同じ歌手をopに起用したこと
作画も衰えることはなく、前作に比べて
キャラの成長が垣間見れる
感動シーン、友情シーン、笑いありと
見ててほっこりできる。

投稿 : 2021/05/29
閲覧 : 52
サンキュー:

4

REI さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シリーズ最終

原作は未読です。

のんのんびよりシリーズの最終シーズンです。
ググったら原作の連載も終了したようです。

4人の主要キャラが少しづつ成長しているのが見えるのが面白いですよ。
れんちゃんは相変わらずな可愛さです。

最終回はうるっと来ます。

だらだら長く続くアニメより、ちゃんと話が終わるアニメは大好きですよ。
さいきんはちゃんと完結する物語が多くなって嬉しいですねー
あくまでも個人の見解なので気にしないでくださいねー

全てのアニメに携わる人に感謝を!

投稿 : 2021/05/28
閲覧 : 76
サンキュー:

8

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

田舎のまったりのんびり感を楽しむ作品。背景は美しい

さて、3シリーズ目でしたっけ。
田舎のまったりのんびり感を楽しめる感じではありますね。
各シリーズ、背景の自然描写がやたら美しいですね。

正直これといった内容は無い作品なので…。
決して嫌いというわけではないのですが、刺激が弱めなまったり系作品なので、忙しい中でも頑張って見なければ、というほどの作品でも無い気がします。

ただ見て何となく楽しいのは確かですし、癒やされるという方は見ると心地よいのでは。
時間が許せば見たいとは思うのですが…。

全話感想
今期は割と時間があったので何とか見れました。
タイトルに書いた通り、のんびりまったり楽しむことができました。
強烈に面白い、というほどではないので、時間がない中見るほどでは無いですが、見れば楽しめる良い作品です。

投稿 : 2021/05/17
閲覧 : 64
サンキュー:

7

ネタバレ

Rei(仮称) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何もない日常は止まらない。

1期からイッキに見終わりました。
ホントになんでこんな良作見逃してたんだろうなぁ。。。
欲言えば、リアタイで週に1話ずつ、
じっくりと堪能したかった。

日常系ギャグ作品の流れは一期から変わらないものの、
10,11,12話でたたみかけるように、
感動話をぶっこんできた。
あー、これで終わってしまうんだな、
と言う印象を持つ最後の3話でした。
{netabare}
以下、登場人物について。
メインキャラ4人、
次いでサブキャラ、
↓推し順に並べてみた。

小鞠
年上ながら、
夏海にいたずらをしかけられたり、
何かと不憫なドジっ子でチビっ子。
怖がり、虫嫌い、料理下手。
大人っぽく背伸びしたくなる年頃だが、
逆に守ってあげたくなる可愛さ。
イチ推しでしょう。

れんげ
子どもっぽくも、端々に天才的な言動を見せる少女。
ボールが何故止まるのかと言うしおりの疑問に、
「空気抵抗と摩擦」というズバリな解答を見出すシーン。
ホントに小一か。。。
、、、と思ったが、
斜め上を行くしおりの言動に翻弄されるれんげも、
なんか新鮮w


大人びた容姿や言動だが、
誰かと一緒の時は、頑張って外面を繕っているようで、
独りでいるときは、
雪景色にはしゃぎまわるような子どもっぽい一面もあるし、
両親に対してはこれでもかってくらい甘えん坊。
部屋には手作りのこまぐるみが溢れ、
喋って歩くハイテクなロボも作ってしまうような、
実は一番ヤバいキャラw

夏海
勉強はてんでダメないたずらっ子だが、
生き物に関してはやたら詳しい。
こういう子ども、いるよね。。。
現実にはこのくらいウザ絡みしてくる子どものほうが、
実は取っ付きやすかったりするw


駄菓子屋。
ぶっきらぼうだが、とにかく面倒見が良い。
お好み焼きを作ってあげたり、
蛍と一緒にクッキーを作ったり、
れんげの自転車の練習を見てあげたり。。。
11話で酔って皆の成長をウダウダ語るシーン。
これだけでもう一推し確定ですw

しおり
村の駐在所の女の子。
れんげをお姉さんに成長させるきっかけとなった、
3期のキーマンたる存在。
何故ボールは止まるのか?と、
見た目に反して哲学的なことを言う。
声は安定の幼女声優、久野ちゃん。
推せる。。。

ほのか
また出てきてくれると思わなかったー!
れんげの決して笑わないけど嬉しそうな表情。
3期通してたった2回の登場だが、
この子が出てくると良い話になるから泣けるよ。。。

ひかげ
東京の高校に通っているが、
しょっちゅう帰ってきてる気がする。
東京から6時間もかかるって言ってたよね。。。
夏海とつるむと無敵になる。
10話、吹雪の中のトリオ漫才はもう笑い過ぎた。。。笑

このみ
アザトカワイイJK。
高校では結構モテそう。。。

あかね
このみの後輩。
極度の人見知りだが、
れんげと仲良くなり解消ぎみ。
人見知りを治す為に、
子どもと仲良くするってのはアリだと思う。
このみのグッジョブでした。

かず姉
ダメな大人代表w


さ、、最後まで喋らない、、だと。。?
{/netabare}

この作品の魅力は、
単に田舎への郷愁だけではなく、
「田舎×美少女」というミスマッチ。
この在りそうで無さそうな世界こそが、
憧れを抱いてしまう一番の魅力である、
そんなことを思った作品でした、と。

投稿 : 2021/05/15
閲覧 : 62
サンキュー:

14

ninin さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

にゃんぱす〜 もう最後なんな〜 また観たいのな〜

原作未読 全12話

のんのんびよりの3期です。1期から観ることをオススメします。

田舎の学校に通う5人(れんちょん、ほたるん、なっつん、こまちゃん、兄ちゃん)の日常を描いた作品です。

新キャラも登場して、何人かは影が薄くなったような感じがしますw

ひかげとなっつん、駄菓子屋とれんげ、れんげと新キャラ1、このちゃんと新キャラ2の組み合わせが多かったですね。

ほたるんもこまちゃん愛が強すぎて色々とやらかしてしまいますw

楽しかったですね。毎週楽しみにしていました。ここで一区切りみたいですね。OVAでもいいのでまた観たいです。

OPはnano.RIPEさん、EDはれんちょん役の小岩井ことりさん、ほたるん役の村川梨衣さん、なっつん役の佐倉綾音さん、こまちゃん役の阿澄佳奈さんが歌っています。

最後に、さようならなのん、また会えるといいのな〜

投稿 : 2021/05/07
閲覧 : 170
サンキュー:

27

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

3期は1年時間が進んだことにより、2期とは違う成長ということを中心に物語が進んでいって期待していたより面白かったと感じました。過疎の村は実際には相当大変だとは思うけれどそのような場所を題材にした優しい世界はやっぱり好きですね。郷愁感などを感じてしまいます。

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 43
サンキュー:

5

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ず~っと観てたい

感想

綺麗な背景に、のんびりとしたBGM 
ホント最高ですね^^

日常系ではこの作品が一番好きなので、3期目でも飽きることなく毎週楽しみに観てました。
何とも言えない独特の間の じわじわクル笑いだったり、れんちょんの破壊力ある笑い、夏海のおバカ笑いに、小鞠のドジっ子誘い笑いなど、キャラの魅力も相まって大好きです。
個人的には、小鞠ちゃんが可愛くて好きなので、もっと出番欲しかったです^^;

 原作がこの春に終了してしまい、4期は難しいのかな?
まだ放送されていないネタがあるのなら、劇場版なりOVAなりでもいいから、もっと見たいです。

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 111
サンキュー:

38

hidehide さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

卒業と成長と。

8話目を過ぎる頃から、何だかもの悲しげな気持ちに
なり、見れずにいましたが、ようやく。

狸と鯉の名付けをしていた彼女、
そのセンスに天才を感じましたが、
その彼女もお姉さん、に憧れ、そして2年生に。
そんな彼女を、やはりお姉さんの駄菓子屋は
心配で、大切で、愛してやまず、
成長する事に嬉しくも寂しくも、が素敵に描かれ、
その駄菓子を教師でもある先輩、は気に掛けており…

その他も、
誰かが誰かの成長、を思っている感じが
良く描かれており、伝わりましたね。

サザエさん方式でも描けたハズでしょうけど、
やはり、メリ、と、ハリ、があるから、
心に残るのでしょうね。

※江戸川君作者も見習って頂きたい。

他の方のレビューにて、
原作も終わり、
お兄ちゃんの卒業が巻末のエピソードなのだ、と
知りました。

福引での神ヒキを見せてくれたお兄ちゃんのお陰で
劇場版がみれましたし(笑)
そんなお兄ちゃんの卒業を祝いながら、
又、1期1話目に戻りたいと思います。

先刻見終わった、山梨のキャンプ女子高生も ですが
都会で塾に通い競争の世界にのまれてしまうより、
穏やかな土地で のんのん、と育ち、ソロキャンや
グルキャンで育つ子の方が、優しい人間に成長する、
そんな気がしますね。

投稿 : 2021/05/04
閲覧 : 68
サンキュー:

11

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

田舎コメディ堂々の完結

安定の田舎系コメディ
知ってましたよ!知ってましたとも!
3期でも解ってましたよ!
3期が決まった時点で面白いと言う事は先読みしてましたともw

安定して1話完結型エピソードで何期から見ても楽しむことが出来るアニメで、この作品を見た事がない人には絶対見たほうが良いです!
田舎系コメディで癒しあり、時には時には、優しい気持ちになり時には、切なくもなり時には、純粋なギャグで笑いをくれる素敵なアニメで私は凄く大好きなアニメです。

3期では新キャラもアカリちゃんも登場して、今期では、このみ先輩もよく出てきてくれてましたね^ ^

蛍ちゃんは今回は凄く甘えぼうな事が知られてしまいバレた時のオドオドが可愛くて、コマグルミ脱走後のオドオドが可愛いw
しかも、あのコマグルミの凄い所…しっかり防水加工してる…小学生であのプログラミングに防水加工に耐衝撃って天才じゃないですか?

なっつんは安定のお馬鹿さんw
ひか姉と組んだら更にやからしてくれます。
彼女はお馬鹿さんですが、彼女が居るから、のんのんびよりと言う作品は笑いが輝きます。
空気が明るくて観ている人に元気をくれる^ ^
彼女はこの作品に於いて実に愛されるキャラな気がしますw
参観日の話とか大爆笑でした。
簡単な問題でレンチョンに答えられたのが良いオチでしたw

レンチョンは今回は少しお姉ちゃんでしたね。
普段、お姉さんに囲まれて居たり駄菓子屋に大事にしてもらえたり姉2人があんな感じだからか本当にしっかりしてるw
かと思えば発想がユニークでユーモア溢れる作品の中心人物ですねw

小鞠先輩は安定ですねww
夏海のツッコミ担当でありノリの良さw
コマグルミの件もノリとボケがナイスでしたねww
あぁ〜そうなるのねってなりますww
イタチの話もネタは当たってるけど恐怖心から空回りww
夕飯を作る物もお母さんにカレー作りに誘導されてるw
夏海はあれで母は務まるのかと言ってましたが、カレーなら失敗しないし失敗しても修正が効くし小鞠の1人で料理したい、夏海と兄の夕食を失敗しないで欲しいと願う2人の要望が叶えられ、鍋の焦げにパニくる小鞠を直ぐに助けに来るあたりも見守っていたのでしょう。

最後に私が凄いと思うエピソードです。
れんちょんとほのかちゃんの話でれんちょんは次の日の別れが寂しくて一方的にその場から逃げ出してしまう…

でも、駄菓子屋はれんちょんの理解者で駄菓子の福袋をれんちょんに渡す。
それを持って、ほのかちゃんの元へ向かうのです。

それは上手く「さよなら」を言えてないかもと、れんちょんを気にした駄菓子屋の優しさなのですが、1番良いシーンはお礼の髪飾りを貰った後の止め絵のシーン。

私はアニメだから絵は動いてて欲しいと考えているのですが、止め絵の凄さを感じました。
その止め絵のシーンはれんちょんとほのかちゃんが無言で見つめ合うシーン。

このシーンは止め絵で優しいBGMが流れるだけでセリフすらないシーン。
でも、その止め絵の使い方が絶妙で。

お別れが寂しいれんちょんは本当はもっと何かを話したかった。
何か話せたらお別れの時間が少しだけ遅くなるから必至に考えがえた。
でも、やっぱり思い付かなくて「バイバイなの」って言葉が出ちゃう。
この止め絵のシーンはれんちょんの心を静かに伝えているのです。

正直この止め絵の使い方には関心しました。
皆さんも経験ありませんか?
別れの場面だから沢山伝えたい事はあるけど、そんな時だからこそ言葉が纏まらなくて沈黙しちゃうそんな経験が。

この描写を見て沢山の物が伝わる1シーン。
セリフがないからこそ、動かないから伝わる物がある。
のんのんびよりが本当に丁寧に愛され作られているのを感じシーンでした。

そして、今年、のんのんびよりが原作完結を迎えました。
私が紹介したエピソードも原作全16巻中の15巻目のエピソードでした

最終回のお兄ちゃん卒業は原作のラストにもなって居て最終巻の最終話が丸々アニメ化となっています。
原作の忠実度に再現力の高さも十分過ぎるものでした。
2021年1月スタートアニメの中でこの作品が個人的には面白さ完成度と共にトップだと思える程です。

ただ、これで本当に終わったんだなぁ〜と思ってしまう。
のんのんびよりは1期と2期と共に毎回楽しく次に続きそうな終わり方をしていましたが、今回のテーマは「卒業」
卒業を持って作品自体が1つの終わりを向かえたのだと言うのがしみじみと感じる終わり方でした。

過去作だとラストは終わりを感じませんでしたが「卒業」を持ってくる事でシリーズの終了を感じさせる演出。
更にさらに、終わりでしみじみさせない演出で新たな生活と未来、彼女達の新生活やれんちょんの約束で「スタート」を交える演出が素敵でした。

原作は完結後も特別巻なるものがあるらしいので楽しみですが、アニメはここまでかな?
特別編が彼女達の新生活か過去のエピソードかは解りませんが……
まだ、アニメ化されてないエピソードを集めたら続けられそうかな?

でも、多分、アニメ放送は終わりだと思います。
だからこそ最終話のテーマが「卒業」なのでしょう。
特別巻が出てもアニメ放送も無さそう……

我儘を言うと、もっと見たいと思える作品です。
OVAでも出てくれたら私は嬉しいけど、それ以上に素敵な作品を作ってくれたなぁ〜と思える作品です。

素敵な作品完結お疲れ様でした(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾

投稿 : 2021/05/02
閲覧 : 89
サンキュー:

24

ネタバレ

ねごし エイタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

のんのんテンポの新しい未来

 のんのんびより三期目となるお話だったです。れんげ、蛍、夏美、小鞠の日常を中心にかず姉、駄菓子屋、夏美と小鞠のお母さん、ひかげ、このみなどが、絡んだりするです。
 新キャラしおりも登場し、れんげも何処かかわったかもしれない気がしたです。

 今までのテンポで、らしさのある日常です。相変わらずな中で、蛍の工作や、お前ん坊な一面がgoodです。また、小鞠の少し怖がりな所や意地を張るところも可愛く面白いです。つっこむ、夏美もいつも通りな感じでいい感じです。

 マイペースなれんげもいつも通りながら、しおりとの出会いで新しい友達もでき、お姉さんとしての自覚が芽生えたところも成長かもしれなかったです。子供らしさというか、なんか独特というのか、物のとらえ方、発想が変わってていい感じです。赤ちゃんの頃が、可愛かったです。

{netabare} 影の薄い無口な夏美と小鞠のお兄ちゃんが、どことなく存在していて最終回も無口だったけど、今までの中で一番出番が多かったです。
 しおりの妹も生まれ、その赤ちゃんにれんげが約束を交わすシーンが心に残ったです。れんげ達の新しい毎日が始まる締め方、良かったです。{/netabare}

投稿 : 2021/04/28
閲覧 : 81
サンキュー:

15

ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あの雰囲気と独特の間が相変わらず素敵です♪

のんのんびよりは1期を見たときから私のお気に入り作品です。

とにかくあの雰囲気にあのキャラたち、そしてあの間のとりかた・・大好きです♡

なので、のんのんびより3期が始まると聞いて、すごく楽しみでした!

1話冒頭の静寂からのれんちょんの音程のはずれた笛の音。
もう、キタ━(゚∀゚)━!これよこれ!って感じです。
EDいいですね♫

4話。トマトを配るれんちょんが出会った子におねえちゃんと言われて喜ぶれんちょん(#^.^#)
名残惜しそうに何度もバイバイするシーンとか好きだな。
ラスト、そのしおりちゃんを頑張っておんぶするれんちょんがまた良かった。

5話。ロボこまぐるみ最高すぎ。一番笑った回かも。

7話。れんちょんとしおりちゃん再び。二人のシュールな会話が面白い♪

9話。こまちゃんいいキャラしてる。最後に美味しいカレーが出来てほっこりできました☀

そして10話。1期のあのお話でじわっときた私にはご褒美回でした!
ラストシーンも良くてうるっとしちゃいました。。

11話。駄菓子屋とれんちょんの関係にほっこりする。
ラストシーンにやられました。
駄菓子屋にそっとふとんをかけてあげるれんちょん。
そして20秒!の間のあとに顔をそっと拭う駄菓子屋。
この間の取り方ってすごくないですか。やっぱ最高だわこの作品。

12話。卓兄ちゃんの卒業式。
でもなぜかこれって、のんのんびよりを見てる私たちへ向けられてる気もして。
れんちょんたちのお世話になりました、お疲れさまでしたとか言われるともうね。。
こちらこそ、ありがとうございました!

原作も終わったみたいですし、そのラストシーンも今回の最終話みたいなので続編はないかもですが、OVAなどあると嬉しいですね。

投稿 : 2021/04/25
閲覧 : 137
サンキュー:

29

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

THe 安定感

原作未読。最終話まで視聴。
第1期、第2期、劇場版とも視聴済み。

安定感。
この作品の評価はこの一言につきると思います。

日常ほのぼの系の最高傑作と言っても過言ではないでしょう。
物語良し。
作画良し。
声優&キャラ良し。
OP&EDとも相変わらず良い。
これ以上ない最高評価。

第3期。
新キャラが登場し、「メガネ君」は影がますます薄くなっている(笑)。

新しいTRYをしつつ、抜群の安定感。
大満足です。

《以下、メモ代わりの各話レビューです》
{netabare}
【第1話】
前半は4人の日常。
今期の掴みはこれでバッチリでしょう。
後半は新キャラ登場。
れんちょんとの絡みが笑える。

で、「メガネ君」は出番無し!?

【第2話】
ほたるん回。
序盤はトマト畑づくり。
4人の日常。
第1話と違って「メガネ君」が時々見切れている(笑)
中盤は新キャラ・あかねが4人と初絡み。
終盤はほたるんとこのみ。

ほたるんが可愛い回。

【第3話】
ずっこけコンビ・ひかげ&夏海回。
とにかく笑える前半。
笑いと感動の後半。

これぞ日常ほのぼの系。

【第4話】
駄菓子屋、第3期初登場ですね。
この人、本当にれんちょんのこと好きだよなぁ。
後半、さらに新キャラ登場。
れんちょんのことを「お姉ちゃん」と慕う、しおり。
「お姉ちゃん」と呼ばれて嬉しそうなれんちょん。

物語に新しい風を吹き込む存在となるか?

【第5話】
何気にほたるんがスゴい回。
こまぐるみは驚いた。
中盤以降はあかねがおかしな事に・・・。

もはや第3期の中心的存在ですね。

【第6話】
キャンプでかず姉が気の毒なことに・・・。
後半はズッコケコンビ・ひかげ&夏海。
夏休みの宿題をするために集まったひかげと夏海は・・・。

本当に良いコンビです。

【第7話】
授業参観日。
夏海ってこんなにおバカでしたっけ?
夏海につられて、かず姉もおかしなことに・・・。
後半、しおりちゃん再登場。

第3期、かず姉はかなり気の毒な展開が多いような(笑)

【第8話】
あかねちゃん再び。
本当にこのみのことが好きだよね。
夏海はふすまを破っちゃった!?

日頃の行いだよね

【第9話】
こまちゃん回。
一人で留守番。
ほたるとプレゼント交換。
そして、晩御飯の準備。

こうやって少しずつ大人になっていくんだ。

【第10話】
ひかげは一人でもパワー全開ですねぇ。
まあ、最終的にこのみにやっつけられちゃいましたけどね。
ズッコケコンビ・ひかげ&夏海にれんちょんを加えたトリオコントはなかなか秀逸。
後半は、ほのかちゃん再び。
第1期以来ですね。
れんちょんは、ほのかちゃんから年賀状が届かなかったので微妙だったのね。

ラストの一言は泣けた。

【第11話】
第1期、第2期とも感動回の、駄菓子屋×れんちょん回。
しかし、今回は一味違う。
ひかげがいるせいか?
かず姉のせいか?
それともお酒のせいか?

ほんと、駄菓子屋とれんちょんは感動させてくれます。

【第12話】
第3期にして、ついに時間軸が動いた最終話。
梅の季節。
卓の卒業式。
そうだよね。
卒業式が梅の時期だよね。
たまに、卒業式=桜満開なんて演出を見かけるけど、やはり、違和感があるもん。
やっぱり、卒業式は梅だよね。

そして再び桜の季節へ。
しおりちゃんを加えた、新たな5人組の誕生。{/netabare}

ああ、これで終わりかぁ。

いつまでも見ていたい。
そんな素敵な作品でした。

いつか、続きも・・・。
なんて期待しつつ。

投稿 : 2021/04/25
閲覧 : 116
サンキュー:

37

ネタバレ

daruma さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

のんのんびよりも終わってしまうと思うとすごく寂しい。卒業や進学のシーンでループを抜けた感があってジーンときた。
前半はスベってつまらなかったが、後半から笑える話が増えてきて一気に駆け抜けた。新キャラが増えて慣れるまで時間がかかったが、慣れると馴染んで違和感は無くなった。
OVAや映画などに期待したい...けど多分無いだろうなぁ

投稿 : 2021/04/24
閲覧 : 48
サンキュー:

3

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

おじさん おばさん お年玉ぁあああ

優しい世界 忘れていた
あなたも わたしも 住んでいた世界
いや お父さん お母さん かもしれない
その世界では
自分の子は もちろん 兄弟姉妹の子も 他人の子でも
自分が過ごせたように できるだけ優しくしました
つまり おじさん おばさんは そこで過ごしていたのです
そういう振り返りを この作品はさせてくれました
そういう時代 環境が ありましたよねぇ ということです

・・・泣かせるなよぉ

投稿 : 2021/04/24
閲覧 : 43
次の30件を表示

のんのんびより のんすとっぷのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
のんのんびより のんすとっぷのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

のんのんびより のんすとっぷのストーリー・あらすじ

「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、野菜を作ったり、虫捕りをしたり、楽器を練習してみたり・・・春夏秋冬の変わりゆく田舎生活はワクワクが止まりません。のどかでいつも通りだけど、くすっときて、ちょっぴり沁みて、心がほっこりする。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。(TVアニメ動画『のんのんびより のんすとっぷ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年冬アニメ
制作会社
SILVER LINK.
公式サイト
nonnontv.com/tvanime/
主題歌
《OP》nano.RIPE『つぎはぎもよう』《ED》宮内れんげ(CV.小岩井ことり)一条蛍(CV.村川梨衣)越谷夏海(CV.佐倉綾音)越谷小鞠(CV.阿澄佳奈)『ただいま』

声優・キャラクター

小岩井ことり、村川梨衣、佐倉綾音、阿澄佳奈、名塚佳織、佐藤利奈、福圓美里、新谷良子

スタッフ

原作:あっと(月刊コミックアライブ連載/KADOKAWA刊)
監督:川面真也、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン:大塚舞、総作画監督:大塚舞/古川英樹、色彩設計:重冨英里、美術監督:横山淳史、美術:草薙、撮影監督:佐藤敦、編集:坪根健太郎、音響監督:亀山俊樹、音楽:水谷広実、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2021年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ