新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「のんのんびより のんすとっぷ(TVアニメ動画)」

総合得点
77.0
感想・評価
283
棚に入れた
951
ランキング
536
★★★★☆ 3.9 (283)
物語
3.8
作画
4.0
声優
4.0
音楽
3.8
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

のんのんびより のんすとっぷの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 形式的には2期の「のんのんびより りぴーと」と同じく、1期の範疇である1年の中に
エピソードを挟み込んだもの。
 時系列に並べると状況的におかしな点もあったが、まあ些細なこと。

 テイストは1期、2期と変わらず、間を活かした演出は相変わらず素晴らしい。
 エピソード的にも夏休みに出会った宮内 れんげと石川 ほのかの冬休みの再会や、夏にカニの
飼育を止めたしたれんげのその後など、1期や2期に繋がるものが多いのも面白いところ。

 新機軸としては新キャラの篠田 あかね、しおりが登場。
 1期においては東京からやって来た一条 蛍が外部からの視点という、視聴者に近しい役回りを
担っていた感があったが、蛍が馴染んできたこともあって、あかねが新たな外部視点を
担っているような印象。
 考えてみると続編ではないので、蛍が馴染んできたことはおかしいのだが、視聴者の
感覚的には馴染んできた感はあるだろうし、エピソード的にも東京との違いに驚くようなものは
減ってきているように思える。
 加えて本人の性格的に、越谷 小鞠に続く不憫キャラでもあるという。

 一方のしおりはれんげより年下。
 これまでれんげがその独特の感性で年上キャラを振り回すことが多かったが、しおりもまた
一筋縄ではいかない子ゆえに今度はれんげが翻弄されるという面白い図式。
 れんげの方が年上ゆえにしおりに対してお姉さんであろうとする行為が健気で可愛らしい。

 既存キャラでは主要4人キャラ(れんげ、蛍、小鞠、越谷 夏海)以外だと、富士宮 このみと
宮内 ひかげの登場頻度が高かった印象。
 このみに関してはあかね繋がりで出番が多かったのは分かるが、ひかげは「こんなに頻繁に
実家に帰っていいのか?」と思ってしまいそう。
 それにしてもギャグ要員としては、「ひかげは非常に優秀なポイントゲッターだな」と
改めて感じた。

2021/05/06

投稿 : 2021/05/06
閲覧 : 8
サンキュー:

1

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ず~っと観てたい

感想

綺麗な背景に、のんびりとしたBGM 
ホント最高ですね^^

日常系ではこの作品が一番好きなので、3期目でも飽きることなく毎週楽しみに観てました。
何とも言えない独特の間の じわじわクル笑いだったり、れんちょんの破壊力ある笑い、夏海のおバカ笑いに、小鞠のドジっ子誘い笑いなど、キャラの魅力も相まって大好きです。
個人的には、小鞠ちゃんが可愛くて好きなので、もっと出番欲しかったです^^;

 原作がこの春に終了してしまい、4期は難しいのかな?
まだ放送されていないネタがあるのなら、劇場版なりOVAなりでもいいから、もっと見たいです。

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 38
サンキュー:

20

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

田舎コメディ堂々の完結

安定の田舎系コメディ
知ってましたよ!知ってましたとも!
3期でも解ってましたよ!
3期が決まった時点で面白いと言う事は先読みしてましたともw

安定して1話完結型エピソードで何期から見ても楽しむことが出来るアニメで、この作品を見た事がない人には絶対見たほうが良いです!
田舎系コメディで癒しあり、時には時には、優しい気持ちになり時には、切なくもなり時には、純粋なギャグで笑いをくれる素敵なアニメで私は凄く大好きなアニメです。

3期では新キャラもアカリちゃんも登場して、今期では、このみ先輩もよく出てきてくれてましたね^ ^

蛍ちゃんは今回は凄く甘えぼうな事が知られてしまいバレた時のオドオドが可愛くて、コマグルミ脱走後のオドオドが可愛いw
しかも、あのコマグルミの凄い所…しっかり防水加工してる…小学生であのプログラミングに防水加工に耐衝撃って天才じゃないですか?

なっつんは安定のお馬鹿さんw
ひか姉と組んだら更にやからしてくれます。
彼女はお馬鹿さんですが、彼女が居るから、のんのんびよりと言う作品は笑いが輝きます。
空気が明るくて観ている人に元気をくれる^ ^
彼女はこの作品に於いて実に愛されるキャラな気がしますw
参観日の話とか大爆笑でした。
簡単な問題でレンチョンに答えられたのが良いオチでしたw

レンチョンは今回は少しお姉ちゃんでしたね。
普段、お姉さんに囲まれて居たり駄菓子屋に大事にしてもらえたり姉2人があんな感じだからか本当にしっかりしてるw
かと思えば発想がユニークでユーモア溢れる作品の中心人物ですねw

小鞠先輩は安定ですねww
夏海のツッコミ担当でありノリの良さw
コマグルミの件もノリとボケがナイスでしたねww
あぁ〜そうなるのねってなりますww
イタチの話もネタは当たってるけど恐怖心から空回りww
夕飯を作る物もお母さんにカレー作りに誘導されてるw
夏海はあれで母は務まるのかと言ってましたが、カレーなら失敗しないし失敗しても修正が効くし小鞠の1人で料理したい、夏海と兄の夕食を失敗しないで欲しいと願う2人の要望が叶えられ、鍋の焦げにパニくる小鞠を直ぐに助けに来るあたりも見守っていたのでしょう。

最後に私が凄いと思うエピソードです。
れんちょんとほのかちゃんの話でれんちょんは次の日の別れが寂しくて一方的にその場から逃げ出してしまう…

でも、駄菓子屋はれんちょんの理解者で駄菓子の福袋をれんちょんに渡す。
それを持って、ほのかちゃんの元へ向かうのです。

それは上手く「さよなら」を言えてないかもと、れんちょんを気にした駄菓子屋の優しさなのですが、1番良いシーンはお礼の髪飾りを貰った後の止め絵のシーン。

私はアニメだから絵は動いてて欲しいと考えているのですが、止め絵の凄さを感じました。
その止め絵のシーンはれんちょんとほのかちゃんが無言で見つめ合うシーン。

このシーンは止め絵で優しいBGMが流れるだけでセリフすらないシーン。
でも、その止め絵の使い方が絶妙で。

お別れが寂しいれんちょんは本当はもっと何かを話したかった。
何か話せたらお別れの時間が少しだけ遅くなるから必至に考えがえた。
でも、やっぱり思い付かなくて「バイバイなの」って言葉が出ちゃう。
この止め絵のシーンはれんちょんの心を静かに伝えているのです。

正直この止め絵の使い方には関心しました。
皆さんも経験ありませんか?
別れの場面だから沢山伝えたい事はあるけど、そんな時だからこそ言葉が纏まらなくて沈黙しちゃうそんな経験が。

この描写を見て沢山の物が伝わる1シーン。
セリフがないからこそ、動かないから伝わる物がある。
のんのんびよりが本当に丁寧に愛され作られているのを感じシーンでした。

そして、今年、のんのんびよりが原作完結を迎えました。
私が紹介したエピソードも原作全16巻中の15巻目のエピソードでした

最終回のお兄ちゃん卒業は原作のラストにもなって居て最終巻の最終話が丸々アニメ化となっています。
原作の忠実度に再現力の高さも十分過ぎるものでした。
2021年1月スタートアニメの中でこの作品が個人的には面白さ完成度と共にトップだと思える程です。

ただ、これで本当に終わったんだなぁ〜と思ってしまう。
のんのんびよりは1期と2期と共に毎回楽しく次に続きそうな終わり方をしていましたが、今回のテーマは「卒業」
卒業を持って作品自体が1つの終わりを向かえたのだと言うのがしみじみと感じる終わり方でした。

過去作だとラストは終わりを感じませんでしたが「卒業」を持ってくる事でシリーズの終了を感じさせる演出。
更にさらに、終わりでしみじみさせない演出で新たな生活と未来、彼女達の新生活やれんちょんの約束で「スタート」を交える演出が素敵でした。

原作は完結後も特別巻なるものがあるらしいので楽しみですが、アニメはここまでかな?
特別編が彼女達の新生活か過去のエピソードかは解りませんが……
まだ、アニメ化されてないエピソードを集めたら続けられそうかな?

でも、多分、アニメ放送は終わりだと思います。
だからこそ最終話のテーマが「卒業」なのでしょう。
特別巻が出てもアニメ放送も無さそう……

我儘を言うと、もっと見たいと思える作品です。
OVAでも出てくれたら私は嬉しいけど、それ以上に素敵な作品を作ってくれたなぁ〜と思える作品です。

素敵な作品完結お疲れ様でした(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾

投稿 : 2021/05/02
閲覧 : 55
サンキュー:

19

ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あの雰囲気と独特の間が相変わらず素敵です♪

のんのんびよりは1期を見たときから私のお気に入り作品です。

とにかくあの雰囲気にあのキャラたち、そしてあの間のとりかた・・大好きです♡

なので、のんのんびより3期が始まると聞いて、すごく楽しみでした!

1話冒頭の静寂からのれんちょんの音程のはずれた笛の音。
もう、キタ━(゚∀゚)━!これよこれ!って感じです。
EDいいですね♫

4話。トマトを配るれんちょんが出会った子におねえちゃんと言われて喜ぶれんちょん(#^.^#)
名残惜しそうに何度もバイバイするシーンとか好きだな。
ラスト、そのしおりちゃんを頑張っておんぶするれんちょんがまた良かった。

5話。ロボこまぐるみ最高すぎ。一番笑った回かも。

7話。れんちょんとしおりちゃん再び。二人のシュールな会話が面白い♪

9話。こまちゃんいいキャラしてる。最後に美味しいカレーが出来てほっこりできました☀

そして10話。1期のあのお話でじわっときた私にはご褒美回でした!
ラストシーンも良くてうるっとしちゃいました。。

11話。駄菓子屋とれんちょんの関係にほっこりする。
ラストシーンにやられました。
駄菓子屋にそっとふとんをかけてあげるれんちょん。
そして20秒!の間のあとに顔をそっと拭う駄菓子屋。
この間の取り方ってすごくないですか。やっぱ最高だわこの作品。

12話。卓兄ちゃんの卒業式。
でもなぜかこれって、のんのんびよりを見てる私たちへ向けられてる気もして。
れんちょんたちのお世話になりました、お疲れさまでしたとか言われるともうね。。
こちらこそ、ありがとうございました!

原作も終わったみたいですし、そのラストシーンも今回の最終話みたいなので続編はないかもですが、OVAなどあると嬉しいですね。

投稿 : 2021/04/25
閲覧 : 76
サンキュー:

22

ネタバレ

daruma さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

のんのんびよりも終わってしまうと思うとすごく寂しい。卒業や進学のシーンでループを抜けた感があってジーンときた。
前半はスベってつまらなかったが、後半から笑える話が増えてきて一気に駆け抜けた。新キャラが増えて慣れるまで時間がかかったが、慣れると馴染んで違和感は無くなった。
OVAや映画などに期待したい...けど多分無いだろうなぁ

投稿 : 2021/04/24
閲覧 : 21
サンキュー:

3

ネタバレ

ウーッ☆ハーッ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

おじさん おばさん お年玉ぁあああ

優しい世界 忘れていた
あなたも わたしも 住んでいた世界
いや お父さん お母さん かもしれない
その世界では
自分の子は もちろん 兄弟姉妹の子も 他人の子でも
自分が過ごせたように できるだけ優しくしました
つまり おじさん おばさんは そこで過ごしていたのです
そういう振り返りを この作品はさせてくれました
そういう時代 環境が ありましたよねぇ ということです

・・・泣かせるなよぉ

投稿 : 2021/04/24
閲覧 : 17
サンキュー:

6

ネタバレ

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

3期までやるとはなかなか人気なようですが。。

ゆるキャンを観た後だと個人的には物足りないという感じで、田舎暮らしをしたことがない都会の人はもしかしたら面白く感じられるのかもしれません。

「となりのトトロ」にファンタジー要素を抜いて、萌えアニメにした感じですが、個人的にはあまり面白いと思いませんでした。

やっぱり「トトロ」の方が描写が細かいですからね。。TVシリーズでやるには時間がなさ過ぎて無理でしょうけど、最近「鬼滅の刃」や劇場用アニメでやたらめったら田舎暮らしを美化してますが、そういう人間は白土三平の「カムイ伝」を読んで出直して来いって思います。

投稿 : 2021/04/22
閲覧 : 58
サンキュー:

7

ネタバレ

ろだ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感想

アニメをちゃんと見ること自体が久しぶり。

変わらないものの中にも変化があった。

2021.4.21

投稿 : 2021/04/21
閲覧 : 23
サンキュー:

2

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

また、春になったのん

数年ぶりに帰ってきた「田舎に帰りたくなるアニメ」堂々の完結?
いや、完結しなくていいよ、ずっと続けてくれよ・・・って思ってしまう。

あまりにも好きすぎて、視聴を終えるのが苦痛だった。
ぶっちゃけ、レビューなんてどうでもいい。満点以外つける気はない。
仕事や世知辛い現実とはいったんオサラバして、この圧倒的にやさしい世界に心をゆだねるのが正解だ。

一期から変わらない、あまりにも優しくて楽しくて暖かい時間。
ずっとこの世界に入り浸っていたい、そんな気持ちにさせてくれる。
登場人物の可愛さ、優しさが魅力的というのももちろんあるが、子ども時代に体験した、田舎のばあちゃんちのゆっくりとした時間や、夕日が沈むのを恨めしく思いながら友達と疲れ果てるまで遊び回った日々が思い起こされて、ノスタルジックな気持ちにさせてくれるのだ。
大人になった今だからこそ、こういった世界観、空気感はとても魅力的に感じる。

とにかく最高だ。本当にずっと見ていたい。終わるのがつらい。

11話、12話は本当にずるいですね。いい締め方だと思います。
いつもと変わらないように見える日常を見せつつも、いつまでも続かないことを示唆し、喪失感と同時に、未来への希望を感じさせる良い終わり方だと思う。

最終話で{netabare} れんげがどうもお世話になりましたって言ったのが不覚にもうるっときてしまった。
いや、よりによって君が言うのかよって。
本当にいいところ持っていくなこの子は。
たぶん俺なられんげに言われたら泣いちゃうと思う。
この子なりに、今伝えるのがベストだって察したんでしょうね。
{/netabare}

れんげ達の楽しい時間も、いつかは終わる。
この何気ない毎日こそが、とても幸せな時間だったと、いつか成長した彼女が懐かしく思う日も来るのでしょうか?

最高の時間をありがとう。

投稿 : 2021/04/20
閲覧 : 66
サンキュー:

28

ネタバレ

ねっち さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なんにもないからなんでもできる

頼むから終わらないでくれ(泣)これほどまでずっと見ていたいと思える作品はありません。ほんとうに、ほんとうに大好きな作品です。総合的に見てではなく個人的な点数だったら100点満点中一万点あげちゃうぐらい素晴らしい三期でした。
シーズン1からシーズン2にかけては同じ時間、同じメンバーでのほのぼのとした日常を描き、ゆっくりと一年が過ぎていくという流れでしたが「のんすとっぷ」では新たにあかねちゃんとしおりちゃんが加わりました。あかねちゃん役を演じている田中あいみさんが個人的にハマっていて良かったです。
個人的に特に好きだった回はラスト2話です。ただでさえ大好きなのんのんびよりが終わってしまう喪失感からウルウルしてたところにほのかちゃん回ぶち込まれたらそれはもう泣くしかないでしょ😭
最終話は今までののんのんびよりと違い、それぞれが進級する所まで描いていて良かったです。
やはりのんのんびよりは桜に始まり桜に終わりましたね。
終わっちゃうのか…また擦り切れるほど見返します。

82/100点

投稿 : 2021/04/16
閲覧 : 46
サンキュー:

8

ネタバレ

カービィ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まったり日常アニメ

ノンストレスでゆったりと観ることができて楽しかったです。
各キャラが主役の回でちょっとしたハプニングが起きることはありますが、笑いながら見ることができる素晴らしいアニメでした。

投稿 : 2021/04/13
閲覧 : 26
サンキュー:

4

ネタバレ

cLzNA78240 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

NONSTOP・・・

終わらないでほしいのだが。この平和な世界をいつまでも永遠に残したい。私はここまで田舎の子供時代ではないけれど、郷愁を感じる素晴らしい作品でした。なにげない日常こそ尊い。にゃんぱすー

投稿 : 2021/04/11
閲覧 : 6
サンキュー:

3

ネタバレ

たにぐー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良いも悪いもない日々がこんなにも大切だったなんて

のんのんびよりVer3.0。

すべてがパワーアップした三期に胸の高鳴りがのんすとっぷです!

新キャラも幼女キタァー!
声優も久野美咲さんとか最高かよっ!
この方は俺妹のブリジットちゃんからお気に入りの声優さんで声を聴くだけで脳天直撃死神チョップ!魂が持っていかれそうになりますw

お馴染みれんちょんとの絡みはほほえまです。
あのれんちょんを振り回すとは、、、なんて恐ろしい子!
丸って何だろう、、、ほんとになんだろうねw
意外とレベルの高い二人の会話にツボでしたw

そして、我らがひかげの姉貴の出番ものんすとっぷ!
このお方が絡むとマジで一生笑えるな。
10話の漫才の完成度の高さには驚いた。M-1とれるぜ。割とマジでw

なつみとの悪ガキコンビも健在!
二人を見てるとなんか落ち着くw
ちょっといい話もあって二人の関係性の深さに納得です!

しかし、今作のMVPはほたるん!てか、こまぐるみ~w
ほんとに小学生ですかこの子はw
こまり先輩愛が深すぎますw
最初は、なんだこれ?と観てましたがこまぐるみ~にいつの間にか洗脳されてましたw
ごまかすのが下手なほたるんも可愛かったですね!

三期はのんのんのこれが観たい!が詰め込まれていたのでもうね、言うことないです!

、、、と思ってましたが、まさかのこれで終わりかもしれないなんて、、、

いわゆるサザエさん時空作品なのでついつい終わりがないと勝手に思ってしまってました。
変わらない日常なんてないんですね、、、
ちょっと、いやかなり寂しいですがいい癒しの作品でした。
また、何かしらでおかえりと言える日が来ることを願ってます。

最後に本音、、、{netabare}やだやだやだぁ!終わるなんてやだぁ!( ノД`)シクシク…{/netabare}

投稿 : 2021/04/10
閲覧 : 38
サンキュー:

15

ネタバレ

アスク さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

変わらない日常におとずれる変化と終わり

今回のシーズンは"成長"という点にスポットが当てられていました。
1番好きな話はこまちゃんの9話、12話なんですがやはりその2点が1番成長が感じられて感動したかなと。
今までの1期2期ではこまちゃんは料理下手なギャグ要因であったのですがそれが(料理のランクは上がってないよね。時系列で行けばあの後春休みにあの料理作るっけw1期12話のw)成長してカレーを作るようになる。その後のうんとかすごいほっこりしましたよ。エモい感じよね。
そして12話ですよね。れんちょんはお姉ちゃんになるって言うことをよく言ってて4話でしおりちゃんを抱っこしたり12話の中当てのときにお姉ちゃんになるためにもっと練習するのん!みたいにやってて最後の不安なしおりちゃんの手を自分から手をとるですよね。あそこはすごい良かったと思います。また髪飾りとか変化のないのんのんびよりに変化が多く訪れていったんですよね。まぁあかねちゃん間違えて来ちゃった時にめっちゃ空気読めてたし元々頭良くて空気読める子だとは思うんだけどね
あと物語ですけど授業参観の回のなっつんがふざけるとことかりぴーととまんま被ってたしネタ切れ感は否めなかったですね。ばけーしょんの時は舞台が変わってたのでいいんですけどずっと同じ田舎で3期やっている以上ネタ切れは起きてくるだろうなと。
細かいところでいえば不満はあるっちゃあるんですけど最終回で全部払拭されました。
本当楽しかったです。にゃんぱりがとう。のんのんびより
制作会社:シルバーリンク
作画と背景は概ね良かったです。ただなっつんがなんか可愛くないなーって思うぐらいですかね。アイコンにもしてるれんちょんとかほんとうめちゃくちゃ可愛かったしカレーの作画とかも良かったと思います。あと特にいいなと思ったのが卒業式の時のほたるんの表情ですね。寂しいような...でも不思議な感じ...みたいな表現の仕方が絶妙ですごいなーと。1期4話の泣くシーンみたいに微妙な顔いいと思います。監督は川面真也監督で1期から3期、劇場版まで全部やってくれました。
音楽 水谷広実 僕あのたんたんと歩いてる時のパッパッパッパーみたいな音楽大好きです。ゆったりなのんのんびよりは3期も変わらずで良かったと思います。nano.RIPEさんZAQさんの歌も良かったですね。OPはまぁ動いてないってそうですね。僕は2期の歩いてるやつみたいなの期待してました。ただいまは普通にめっちゃ良かった。最後のれんちょんの「のんすとっぷ!!」はガチで最終話見てていいなぁ〜ってなりました。
好きなキャラ→れんちょん、こまちゃん(正直みんな好きですけどこのふたりは外せないね。れんちょんは本当すき。れんちょんって喋るだけで面白いからるいね!嫁にするのは誰?って聞かれたら多分ほとんどの人がこのみちゃんって答えるでしょうが僕も嫁にするならこのみちゃんで即答できるのは変わりません。)
好きな話→4、5、8、9、11、12(好き度でいえばほのかちゃんが1位でカレーが2位でこまぐるみが3位 最終回は別枠かな。)
声優→ほたるんのこまグルーとかめっちゃよかったとおもいます。幼女組(れんちょん、あかねちゃん、ほのかちゃん)に関してはめちゃくちゃ可愛かったしいいと思いますね。ちょっとひな姉のツッコミ勢いありすぎじゃねwとは思った。

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 29
サンキュー:

5

ネタバレ

まつまつ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何気ない田舎の日常が面白い

毎回癒しと笑いを提供してくれる作品。
今期も毎話笑わせてもらいました。

特にツボだったのがれんげと今作からの新キャラしおりの会話。
もはや小1と未就学児の会話では無い。
どんだけ哲学的なんだ(笑)
ひかげと夏海の会話よりも遙かに高度な会話をしている。

れんげは絵の上手さも小1レベルを凌駕しているし、本当に天才児なのでは無いのだろうか?
そしてれんげの姉で教師の一穂も小中学生の全教科を教えられるって実は天才なのでは?
恐るべし宮内家。

蛍回も家と外でのギャップやこまぐるみの逃走回がまたまた笑える。

素っ気無いけどれんげが好きでれんげの前では常に格好良い存在でありたい駄菓子屋。
何気に駄菓子屋回がのんのんびよりの中では最も好きな場面かも。

最後に存在感全く無しのお兄ちゃん主役回。
全く喋らないけど、実は多才でかなり優秀。
やっと日の目を浴びる姿が観られて良かったよ。

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 26
サンキュー:

8

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

3度帰って来る田舎とにゃんぱすー

今度は新キャラが,,,
石川ほのか=石動乃絵、クリス、天宮かえで
篠田あかね=うまる

1話
朝、れんちょんのリコーダーから始まる...
んでもって先輩がつまようじとテープで工作を作って...

あやねる劇場はじまたwww

その次はフルートを吹いていた高校生
この子がれんちょんの元に...
だが案内の途中、喧嘩を売るのは
オ ナ モ ミ

2話
今日は苗を植えよー
勿論トマト~
植えたのはよかったけど、れんちょんが雨を見て
トマトが寒いと感じるからビニールハウス作ってーと...
うわ、めんどくせーな
けど作 り ま し た

3話
ひか姉とは昔から遊んでいた
出会って虚無僧遊びかよwww
山の奥に秘密基地があったけど、夏海が迷って一緒に帰ったこともあったっけ
よし、また行こう

4話
れんちょん、獲れたてのトマトを配りに行く
迷子になっちゃアカンよ~
だが、そこにホントの迷子が...
へ?つくねが食べたいだと!?そんなわけ無いかwww
警察の所へ送ったら...へ?あの兄ちゃんがお父さん?

おもちゃに手錠があるのかよこの駄菓子屋www
早速かけてみたが...おい鍵...
どこにあんの?
そこになっつんが,,,
www動けないのをいい気味としてくすぐりの刑~~
だったが実はこの手錠、鎖の所に...
外した後...

次はあの迷子だった子と遊ぶことに
へ?何か戦隊もの始まったwww

5話
今日は自由研究のことで相談が
っつーかほたるの部屋に人形多すぎwww
でも自由研究で作った人形が外に出てしまい...
こまぐるみ~!wwwww
一方ある場所では、あかねとれんちょんが出会って...
どうやら会う日を1日勘違いして遊びに来た模様...
そこにほのかもやって来て...
隠れたあかね
おいちょ、そこの木の後ろに...

その後、なつみの家にやってきたあかね
だがそこでほのか達から逃げた後の話を
あ...そのぬいぐるみって...ほたるが作った...
正確には犬に乗っていたのだが、だからオオサンショウウオじゃねえってwww
だから呪いを解くために盛り塩を貰いましたwww

6話
今日はキャンプ~~ゆるキャンかよwww
でも兄貴は自分のテントお願いね~
その夜、カブトムシを誘うためにハチミツを塗りに出かけたのだが...

7話
明日は授業参観
だが、これまでちゃんと授業を受けていなかった夏海は...
ゼ ツ ボ ー し た
だが先生も寝ていることがあるので、そこは授業内容を教えて八百長でいいかなと夏海が提案するが
3人「あのねえ...」
悪いがこれは一環だからねえ...
でも分からないものは、分からねえwww
それとI don't knowも「分からない」が正解だからwww

今度は駐在所の子であるしおりと遊ぶことになったれんちょん
ボールは何で止まる?そりゃあ...慣性の法則とかが働くから...

その後はカニを捕ったので水槽に入れました~
だが晩御飯はカニクリームコロッケ...

8話
先輩が受験
だから部活を辞める時期になったけど、言い出せない...
だったが、この話に裏はある...

次はお泊り~だけど夏海がふすまに...
ゼ ツ ボ ー し た
けど実は母さんが肘をぶつけて破ったことが発覚
だが福笑いで隠していたので剥がしたら
ゼ ツ ボ ー し た

次はあかねの演奏
そこに皆もやって来た

9話
留守番をしていたら
オコジョ...
電話の応対が別の奇跡を起こしてしまったwww

編み物を作っていたら、どうゆう訳か首が開けられない...
これももひきじゃねーかwww
は?その毛玉が通天閣のさきっぽな訳ねーだろwww

その次は夏海が晩飯を作ろうとするが...
あったのは肉じゃが
これどうしよ...ってことで
やっぱり...

10話
新年、年賀状もそうだけど
そこでひか姉がねだるのは、お年玉...
勿論駄菓子屋にも...
だが、や ら ね - ぞ
と思ったがれんちょんにあげたので...G E T

次は吹雪いている中、だるまさんがころんだをすることにって...
いや、家でゴロゴロしていたほうが...
なんじゃその止まった時のポーズwww
しかも急にお医者さんごっこ始まったwwwしかも患者は魚ばっかwww

そして年賀状を待つれんちょんだったが、電話が...
どうやら冬休みだからほのかが来たようだ
雪だるまを作り、山を眺め
それでも別れは訪れる...だが帰る時に...

11話 そして春へ
桜に蕾が...
しおりと遊んできたれんちょん
帰りに皆がおった
よし、ボール当てでもするか
もう1年経つのか...兄貴は高校へ
しかも電車で長い時間かかる模様、なら私も姉にならないとな...

その夜、酔っていた駄菓子屋は過去を思い出し...
れんげが赤ん坊、なつき度が変化している...
泣き上戸はアカン、はよ寝ろ

12話 そしてまた3度目の1年は過ぎた
今日は卒業式
別れは出会い...
兄貴はまた出会うことがあるだろう、高校で
式の後、れんちょんはしおりと
ほたるはほのかに会いに行った
そんで駄菓子屋へ、そこにれんちょん達も...

そこで段ボールを貰って...こうやって土手を滑るのはもう見ないよな...
その帰り、しおりを送っていったのだが
そこで母さんが...
そうか、新たな命が...!大丈夫だ、心配するなと手を握ったれんちょんだった

そして桜は咲いた
入学式の時、新入生となるしおりと共に...

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 219
サンキュー:

8

ネタバレ

まーたん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ジョージ・ワシントンごっこやろうぜ!

安定のギャグが面白くなかったwww
なっつんとひかねぇがアホすぎてめっちゃあいつらで笑ってたwwwなんだよ必殺確殺シュートってwwwジョージ・ワシントンごっことは一体...🙄
ひかねぇが先生にお年玉貰おうとしてたところゲラゲラ笑ってたwww
れんちょんもおもろすぎ!www
お兄ちゃんが卒業してしおりちゃんが入学したところで終わったけど4期出来そう?これ?

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 39
サンキュー:

6

ネタバレ

モズカッちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ここはやっぱり田舎みたいなん、でも毎日楽しいのん

一話の冒頭でのんのんが帰ってきた!と実感。EDのただいまを聴いてほんとおかえりだよ!とこれからまたこののんびりのどかな日常が始まるんなとうれしさがこみ上げてきました。

新キャラがでてきてましたね。
れんちょんとしおりの絡みが面白かったです。

しおりと話してる時の
れんちょんの後手後手感が
お姉ちゃんしてるなと見ててほほえまでした。

あとはやっぱりれんちょんと駄菓子屋。
本当の親子みたいでこの二人の関係にはいつもほっこりします。

のんすとっぷということで、このままノンストップで四期、五期と続いてほしいと思った矢先に、原作終了。そして、アニメも三期で終わりかもしれないという悲報orz

最後のEDはほんと心に沁みました。

いままでたくさんの癒しをありがとう!
どうもお世話になりましたん!

投稿 : 2021/04/02
閲覧 : 58
サンキュー:

13

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

もう限界なのん…もう二度と春は来ないのんな…

詳細は1、2期を観てください。

この作品は、実はシリーズ3作目で、一見すると萌えアニメなのかなって思われるかもしれないのですが、ジャンルで言えば田舎暮らし日常コメディといったところでしょうか。田舎の分校に通う小1から中2までの4人の女の子たちの田舎での生活を、のんびりまったり描くコメディです。

1期は1年間を描いたわけなんですが、2期になっても同じ時間軸で別のエピソードを1年間描くといった「サザエさん」とか「ドラえもん」と同じ手法の作品でした。そして、やっぱり3期も同じ時間軸の違うエピソードを描く感じになっていますね。

ただ、今度の3期には新たなキャラとして、あかねという高校1年生の女の子と、しおりという駐在さんの娘が追加されています。この「のんのんびより」は、サブキャラがとにかくいい味を出しているのも特徴(駄菓子屋とか、ひかげとかね)なので、この2人もどんなふうに絡んでくるのか期待したいです。

制作は1、2期と同じSILVER LINK.。ほっこりと笑えて、ほんのりと泣ける素敵な作品になるはずで期待大です!

で、初回。
=====初回視聴後、所感です。
{netabare}
ちゃんと「のんのんびより」でした。

でしたんですが、う~ん……。もちろん、1、2期の出来が良すぎただけに、ハードルをめっちゃ上げて観たのですが、そのハードルは越えてこなかったかな。初回から新キャラのあかねを出してきたんですが、なんだろ。初回から感動ストーリーを出さなくてもいいんじゃないの?って気持ちがしましたね。

まあ、れんちょんがガマガエルを歩かせてあかねを追いかけるというのは、のんのんっぽくて面白かったですけどね。

いや、のんのんだから「もっと行けるだろう」という気持ちになっているだけで、単体で見れば十分いい初回ですけどね。ハイレベルで豊作の今期では、無職転生、約ネバ2期、ゆるキャン△2期には一歩及ばなかった初回というのが僕の評価です。ここからジワジワと上げていくのが「のんのん」なので、心配はしていません。
{/netabare}
=====第3話視聴後、追記です。
{netabare}
あれ……?
のんのんって、こんなもんだっけ?

前回の、ほたるん甘えん坊回といい、今回の夏海・ひかげのバカふたり回といい、前期でやったものを出してくるのが……。しかも、この序盤で声優も取り戻しきれてないのか、パワーが足りない感が。

いや、福圓さん、もっとやれる方ですよ。

悪い意味で「のんのん」なんだけど、同じノリをパワーダウンしてやってもなあ……。
{/netabare}
=====第4話視聴後、追記です。
{netabare}
そうですよ!
これでいいんですよ!

やっぱり駄菓子屋とれんちょんの絡みは鉄板ですね。そこに夏海がいたずらして大変なことになる。これぞ、のんのん!

そして、Bパートのひか姉と夏海、れんちょんに新キャラのしおりで、コスモス刑事。あっさり夏海に裏切られて、狼狽するひか姉w

これでこそ、のんのん。戻ってきた!
{/netabare}
=====第10話視聴後、追記です。
{netabare}
ズバリ聞くのん。
のんのんの3期、面白いですかこれ?

今回も、ひか姉を無理くりツッコミさせて、コースを狙いすぎて外れる巨人の菅野のピッチングみたいになってます。

ほのかちん再登場で、これまた1期(2期だっけ?)の、ひと夏の友情ストーリーみたいなことを焼き直してますが、浅いのなんの。駄菓子屋からめて良くしたつもりでしょうが、全然です。だって、やってること同じだもの。

これはもうね、同じ時間軸のアナザーストーリーでやるのが限界に来ているという感じがしますよ。

というわけで、のんのん大好きな僕としては、この「のんすとっぷ」は全然面白くない。大きく期待を外してきた3期と言わざるを得ませんよ。
{/netabare}
=====最終話視聴後、感想です。
{netabare}
のんのんの最終話は、1、2期もそうでしたが全員集合して村の春を味わう内容なので、そこを踏襲した作りで締めとなりました。

正直この3期は、たとえるなら高級な緑茶の3番煎じ、いわゆる「出がらし」を飲んでいたといった感じでした。常に既視感のある小ネタを、1、2期よりスケールダウンして見せてきた感じ。売りのひとつである美しい農村風景の背景描写も、ちょっとそこまでのクオリティには感じませんでした。

制作は変わらずSILVER LINK.でしたが、どうにも最近は、どうしようもない「なろうアニメ」ばかり作っている印象。あ、「はめふら」は良いなろうでしたけどね。なので、この「のんのん」や「たなけだ」、遡れば「ココロコネクト」あたりを作っていたころの同社とは違い、ちょっと手クセでやっつけているのかなという感じがしなくもないです。

ストーリーも、正直もう「やり尽くした」感はありますね。ここで終わるのも良いのではないかなと思います。劣化していく「のんのん」を見たくないし、しおりが入学した旭丘分校を見てみたいかと言われたら、否としか言えないので。

「のんのんびより」は日常アニメの雄として、確実に痕跡を残したと思います。面白かったですよ。大好きでした。巨人の阿部慎之助もそうでしたが、スター選手の引退のときは、概ねこんなものです。おつかれさまでした。
{/netabare}

投稿 : 2021/04/01
閲覧 : 267
サンキュー:

16

ネタバレ

臣隠悶 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

兄貴は結局喋んなかった

原作漫画も終わったしこれで終わりなのかな。
日常回はいつも通り安定してたけど、最終回はいつもと少し違っていて良かった。兄貴は結局最後まで喋んなかったけど、何か裏設定でもあんのかな。

投稿 : 2021/03/31
閲覧 : 22
サンキュー:

3

ネタバレ

一日分のビタミン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あくまでギャグアニメ

世評と作品の雰囲気からしていい話系のエピソードが多いのかなと思うと意外とギャグが多く肩透かしを食うかもしれません。テレビシリーズはおそらく今回が最後ということで従来のファンはいい話を求めていた人も多かったと思います。事実ネットでは落胆した声も散見されました。おそらく作者さんもあまり田舎を美化して感動を押し付けるようなことはしたくなかったんだと思います。その辺は読者・視聴者の求めるものと葛藤があったかもしれません。
ギャグアニメとしてですが今作は田舎という舞台設定を生かしたものが少なかったと思います。それでもギャグアニメにありがちな下ネタや過激なシュールネタがないのでそこは安心して見れます。子供勢(れんげとしおり)はエキセントリックな面がありますがギリギリ子供っぽさの枠内に収めています。 {netabare}今作はおそらくギャグを交えつつ最終回に向けてれんげの成長に軸足を置いていたんだと思います{/netabare}。一部で賛否があった新キャラ投入も最後まで見れば時間を前に進めるために必要だったことが分かります。
本作の売りの風景描写は健在(間はちょっとくどかったかな…)で後半(10話後半-12話)はいい話が続きます。リアタイで見ましたが最終回はばっちり時節にあった内容で中々感動的でした。
シリーズトータルの評価ですが今作はあまり田舎という舞台設定を生かしきれていない印象ですがその辺は過去のシリーズで見られますし全体で見ればさわやかなよい作品だったと思います。 {netabare}最終回の「変わることも楽しい」というメッセージは変わらないことを描いてきた本作ならではですね。{/netabare}最終回ちょっと作画が怪しかった場面があったのが残念です。

投稿 : 2021/03/30
閲覧 : 22
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いつもどおりの のんびりな のんのんびより♪

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、野菜を作ったり、虫捕りをしたり、楽器を練習してみたり・・・春夏秋冬の変わりゆく田舎生活はワクワクが止まりません。のどかでいつも通りだけど、くすっときて、ちょっぴり沁みて、心がほっこりする。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:あっと(月刊コミックアライブ連載/KADOKAWA刊)
監督:川面真也
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:大塚 舞
美術:草薙
アニメーション制作:SILVER LINK.

主題歌
OP:「つぎはぎもよう」nano.RIPE
ED:「ただいま」宮内れんげ(CV.小岩井ことり)、一条 蛍(CV.村川梨衣) 越谷夏海(CV.佐倉綾音)、越谷小鞠(CV.阿澄佳奈)
{/netabare}
キャスト{netabare}
宮内れんげ:小岩井ことり
一条 蛍:村川梨衣
越谷夏海:佐倉綾音
越谷小鞠:阿澄佳奈
越谷 卓:????
宮内一穂:名塚佳織
加賀山楓:佐藤利奈
宮内ひかげ:福圓美里
富士宮このみ:新谷良子
篠田あかね:田中あいみ
しおり:久野美咲
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第01話 カエルの歌を吹いた
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある春の日、早起きした宮内れんげはリコーダーを吹きながら学校へ向かっていました。
今日は音楽の授業でリコーダーの合奏があるようです。途中、バスで出会った高校生の富士宮このみに、ドの音がうまく出ない事を打ち明けると、今度一緒に練習する事になりました。
れんげが旭丘分校に到着すると、他の生徒たちも登校してきて…。
まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。
{/netabare}
感想
{netabare}
アバンでれんちょんが起きて顔洗って
つまようじを取ろうとしたけど手が届かなくって、一穂が取ってくれた

へたなリコーダーを吹きながら歩いてると牛さんに会った。。
ってゆうところまでで3分半くらい。。

いつもどおりのんびりの「のんのんびより」^^


そのあと学校行くバスで、フルート持ったこのみに会って
吹奏楽部に入ってること聞いて
リコーダーの練習をいっしょにすることになったの。。


学校の授業で一時間目からドリルで自習。。
夏海と一穂はお昼寝の練習w

音楽で合奏したけど、れんちょんはやっぱりドの音がうまく出せない。。

それからお昼で給食がカレーだったけど
6人前だとふつうの家とそんなに変わらなさそう。。
たぶん、あんなに大きなお鍋はいらないって思う^^
どこで作ってるのかも気になるよねw


お昼を食べたら放課後なのかな?

日直を待ちながら、れんちょんがつまようじにテープを巻いて人形作り^^

みんなもマネしていろんな人形作ってたけど
アレってティッシュを巻いてからじゃないと、太くならないと思うw

夏海は日直で黒板消しとか、ほたるは学級日誌をつけてたけど
小鞠の教え方、うまそう^^
クラスの問題児は夏海で、問題大人は一穂みたいw

それから夏海がジャマするせいで遅くなっちゃったけど
夏海のクマだかダックスフンドだか分からない人形に
れんちょんの赤ちゃんの人形だかせて、夏海の注意をそらす作戦?w

職員室で居眠りする一穂に
みんなのテープ作品を提出?して前半がオシマイ^^


後半は、このみの吹奏楽部の後輩の新キャラ・あかねのおはなしで
人と話すのと聞くのがニガテなあかねが
このみの家にフルートを練習しに来るの^^

そこで人見知りを治すために、おむかえに来たのがれんちょん。。

すごい田舎なのと、ちょっと変わったれんちょんにビックリしてたけど
オナモミの実をもらったり
でっかいガマガエルを見せられてもっとびっくり^^

カエルがかわいいってどこの話w
でも、2本足で歩くカエルはちょっとキモかわいいかもw
でも、それで追いかけられたあかねはかわいそう^^;


家について、あかねの吹くフルートを
タコの足みたいってゆうれんちょんって、やっぱり変わってるよね^^
でも、れんちょんとはふつうにしゃべれるようになって
あかねはちょっと自信がついたみたいでよかった☆

それにれんちょんは、あかねから教えてもらってドの音が出せるようになって
3人で「カエルの歌」の合奏^^

好とれんちょんと仲よくなれたあかねがバス停で
「~~~~よし!」ってするところがよかった^^


さいごにみんなで牛小屋に行って
れんちょんが牛に、うまくなった音楽聞かせるところで終わりだったけど
「牛さんにクラシック音楽聞かせると、いっぱいお乳が出るらしいん」
ってオチがついておかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
第02話 蛍が大人っぽかった?
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
日曜日、宮内れんげに「野菜の苗を植えるので、手伝って欲しい」と声をかけたのは姉の一穂。
れんげはやる気満々で分校の皆も誘います。一穂がれんげをからかって「ピーマンの苗を植える」と嘘をつくと、ピーマンが嫌いなれんげは逃げ出そうとします。
越谷夏海と越谷小鞠も、ピーマンは苦いので実は苦手だと打ち明けますが、一条蛍は大丈夫とのこと。
皆、「蛍は大人だなぁ」と納得するのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめはあらすじのおはなしで、みんなで畑にトマトを植えるの^^
いつものみんなが集まると、何だか体験授業みたいw


一穂が、苗がピーマンのだってからかうから
それまで大よろこびだったれんちょんのテンションがダダ下がり。。^^;

たしかにピーマンって青くさくって、生だとちょっと。。ってゆう感じだけど
自分で育てるんだったら、赤くなるまでおいといたら甘くなるよね^^
でも蛍は青いの食べれるってゆうから、みんな蛍は大人だな。。って^^

まずはマルチをひいて。。って本格的^^
にゃんもYouTubeとか見て、いろいろ再生栽培とかしてるけど
そこまでしないからうまく育たないのかな?

ミミズはあめがふったりすると出てくるけど
にゃんはあんまりこわくない。。
それより大き目でこっちに向かってくるような虫はニガテかな。。
アリとかなら大丈夫なんだけど^^

マルチをひいたら急に雨。。
あまりたくさんふって、根が見えたりしたら大変だけど
植え替えしたばっかりの時って、水はたっぷりやった方がいいから
通り雨でちょうどよかったんじゃないかな◎

それでもトマトが寒そうでかわいそうってゆうれんちょんのために
こんどはビニールハウスを作ることに。。
ビニールハウスって、何だか基地みたいでおもしろそう^^


2話目は蛍が越谷家に遊びに行ったら
このみがフルートの練習しに来てたあかねをつれてきて
人になれさせるためにみんなで自己紹介^^

にゃんはYouTubeで保護猫の動画とかよく見てるけど
何だかあかねが、保護したばっかりの子ネコみたいだった^^

みんなにタメ口でいいってゆうあかねが、蛍にだけは敬語で。。って
絶対そうなるって思ってたw

それからクッキー作りをはじめたんだけど
言い出しっぺの小鞠が作り方知らなくってw

砂糖さがしてるとき卓クンが入ってきて
見つけてサッと去っていく。。

卓クンは、庭でひとりで工作してたけど
誰にも気がつかれないって何だかかわいそう^^;
なんだったら都市伝説にまでされちゃいそうw


3話目は電車で街に家族でお買い物に出かけた蛍が
車内に誰もいないのをいいことに
お父さんとお母さんにあまえ放題^^

でも実は、このみがすみっこの方にのってて、ぜんぶ見てたの^^

それに気がついた蛍の目が点になっててw

そのままこのみの家に遊びに行くんだけど
蛍がまだ小5だって思いだしたこのみが、お姉ちゃん役になろうって
胸に飛び込んできてごらんとか、だっこ?とか
手をつないで家まで行ったりするギャップ萌え、ってゆうのかな^^

その姿を小鞠に見つかって、なぜか言いわけする蛍がおかしかったw

それで家に行って小鞠もひざまくらしてくれるって言いだしたけど
大好きな小鞠にひざまくらされるのは「恥ずかしすぎる」って帰っちゃった^^

そのあと犬のペチのおさんぽに出た蛍がペチにわしゃわしゃしてるの
またこのみに見られちゃって「えっ。。」て、目が合っちゃってw

それってペットを飼ってる人だったらふつうだって思うけど
やっぱり恥ずかしいのかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第03話 昔からこうだった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏、居間で越谷夏海がくつろいでいるとチャイムが鳴りました。
玄関を開けると、そこにいたのは宮内ひかげ。夏休みになって東京から帰ってきたようです。
「さっきまで新幹線に乗っていたから、体を動かして遊びたい」というひかげに、夏海はノリノリでボール遊びを提案します。ひかげがいない間に考案した「必殺確殺シュート」を披露すると言って、夏海は勢いよくボールを投げたのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
夏休みに東京からひかげが帰ってきて夏海の家に遊びに来た。。

2人でボール遊びしてたら
夏海が投げたボールがいきおいあまって庭の盆栽に当たって
鉢をこわしちゃった。。

すぐに謝ろうって言った2人だったけど
お母さんがお買い物に行っててなかなか帰ってこなくって
このままだとしかられちゃうから、割れた鉢をかくそうとしてたら
お母さんが帰ってきて、よけいに怒られちゃった。。ってゆうおはなし。。


2話目は家に帰ってきたひかげが寝ながら
夏海と遊んでひどい目にあったことを思い出すの。。

それは夏海から虚無僧マンごっこしようって言われて
洗濯かごをかぶってバトルごっこしたらスネをけられて追いかけて
さがしたけど見えなくなって歩き疲れてたら
夏海はいつの間にか遊びから抜けて、このみとアイスを買ってた。。

そのアイスは半分に割れるヤツで
食べる?って聞かれて食べるに決まってる、って返事したら
「はいっ」て手わたそうとしたとたん、アイスが棒から落ちちゃった
ってゆう、これがホントのオチw


3話目はきのうのことで怒ったひかげから「1人で遊べ」って言われた夏海が
山で転んで道が分からなくなって泣いてたら
お母さんが夏海をさがしてることを知ったひかげが、見つけてくれて
いっしょに帰ったおはなし。。

それで帰るとちゅう、夏海から昨日のことであやまられて
明日も遊ぼうって言われた。。

次の日、夏海がれんちょんと
暑くてボーっとしてたひかげの頭に洗濯かごをかぶせてきて
秘密基地に行こうってれんちょんが言ったけど断ったら
夏海も「行こう」ってさそってきた。。

昨日のこともあったし、ちょっと考えて「行こう!」って返事したら
こんどはれんちょんが「必殺すね蹴り!」って^^;

そのあと3人で秘密基地に行って、仲よくケンカしながら遊んだ
ってゆうおはなし^^



ひかげと夏海回だったね^^

何だか夏海に迷惑かけられてばっかりのひかげみたいだったけど
怒って絶交、とかにならなくって、すぐ許しちゃうところがやさしいな^^

ちょっといいおはなしだった◎
{/netabare}
{/netabare}
第4話 トマトを届けるサンタになった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
春に植えたトマトがたくさん実り、収穫の季節がやってきました。
自分で作ったトマトを食べた宮内れんげは、あまりの美味しさに感動し、皆へ配りに行く事にしました。
真夏のサンタクロースになってトマトを配り歩くれんげは、最後に駄菓子屋へ向かう途中、泣いている見知らぬ女の子に出会います。近付いて話を聞いてみると、どうやら迷子のようです。
泣き止まない女の子に困ったれんげは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目は、先回植えたトマトがたくさんなったから
れんちょんが1軒ずつ配って歩くんだけど
とちゅうでまいごの女の子を駐在さんの所につれてたら
駐在さんの子ども(しおり)だった、ってゆうおはなし^^


完熟トマトって、甘くっておいしいよね^^
あんなにたくさんなってるし、みんなに手伝ってもらったんだから
もっとたくさんあげてもよかったかも☆彡

しおりちゃんと別れるとき、お姉ちゃんって呼ばれたれんちょんが
なんどもふり向くところがかわいかった^^

あと、駄菓子屋さんに行ったれんちょんが
お姉ちゃんって呼ばれたことを報告したとき
駄菓子屋の楓さんもなんだかうれしそうに見えた^^


2話目は、さっきお巡りさんに会ったせいか
警察ごっこをしたくなったれんげが、取っておいたお年玉を持って
駄菓子屋でおもちゃの手錠を買って、楓にかけたんだけど
はずれなくなっちゃうの。。

運が悪いのか、そこに夏海がやってきて、今までのうらみで
くすぐりの刑をはじめるの^^

でも、はずし方を知ってて、はずしてあげたんだけど
こんどは楓が逮捕状をれんちょんに渡して、夏海に手錠をかけさせて
今までのうらみでくすぐりはじめた、ってゆうおはなし^^


手錠をかくすのにタオルをかけるって、サスペンスドラマみたいw

あと、れんげにはイタズラされても怒らない楓さんも
夏海には厳しいのがおかしかったw

あと、警察って
たいしたことないのに電話したりすると怒られるから気をつけて☆彡


3話目は、近所でまたしおりに会ったれんちょんが
いっしょに警察ごっこをすることになって、パトロール中
家で遊んでる夏海とひかげを見つけて逮捕ごっこしようとしたら
夏海たちは肩車してトーテム星人になって逆襲して、水をかけられたのw

タイトルロゴが水みたいになって飛んでくところがおもしろかった^^

あと、縁側で寝ちゃったしおりを、お姉ちゃんだからって
自分でおぶってふとんまでつれてったれんげがまたかわいかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第5話 ものすごいものを作った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
越谷小鞠は、夏休みの自由研究で妹の夏海からロボットに仮装させられて困った様子。
それを電話で聞いた一条蛍も、留守番をしている今日中に作りたい物がありました。それは、『おしゃべりロボ』と『歩行ロボット工作キット』。
父親から借りたパソコンでしゃべる内容を入力し、その2つのロボットを動物にまたがったこまぐるみの中に入れます。広いリビングに移動して、スイッチをオンにすると…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、禁断の研究に手を染めちゃった蛍のおはなしw


はじめ、蛍が自由研究のおしゃべりロボと歩行ロボット工作キットを
こまぐるみに行けるんだけど、カメラが引いて蛍のへやが映ると
へや中こまぐるみw

リビングで実験中、回覧板がきて
応対に出た蛍が話しこんでるうち、こまぐるみは外に出ちゃった。。

こまぐるみはそのまま歩きつづけて
川に落ちたり、鳥につれさられたりしてどこかに消えちゃった。。


2話目は、あかねが日にちをまちがえてこのみの家に練習に来ちゃって
それに気がついて家の前をうろうろしてるとれんちょんが来たの。。

間違えたのがこのみにバレると恥ずかしいから
かくれてれんちょんとケンケンパで遊んでたら、このみが来て
とっさに茂みにかくれたら、夏海まで来て
2人でけもの道にかくれてる動物をさがそうってゆうことになったの。。

それであかねが逃げるとこのみと夏海が追いかけてきて
とうとうあかねは道でたおれちゃって、2人に発見されちゃった。。
ってゆうおはなし^^

このみの逃げ足がいくら速くっても、毎日山とかで遊んでる
いなかの子どもたちの体力には勝てなかったみたい^^


間違って来ちゃったのを隠そうとして
どんどん追い込まれてくあかねを見てハラハラしちゃった。。

あかねが山の中で、道に迷ったりするんじゃないかな?って心配だったから
れんちょんの「塩をえたナメクジごっこ」がオチでよかった^^

それであかねが帰りぎわ、道でこまぐるみを見たのが3話目の伏線で
なぜかこまぐるみが蛍のところに帰ってきて
「誰にも見られてないよね。。」って蛍が心配するところでオシマイ^^


3話目は、小鞠から蛍に電話があって
行ってみるとあかりがあそびに来てたの^^

それで学校の話とか聞いてたら、あかりが小鞠の顔をじっと見だして
小鞠によく似た人形が
変な動物の上に乗っかってるのを見た話しをはじめたの^^;
そのときのBGMが、風鈴が鳴る音が入ってたりちょっとホラーテイストw

小鞠がお化けの話かと思ってこわそうに聞くとなりで
それがこまぐるみじゃないか?って気がついて
だんだん確信に変わってく蛍の顔がおかしかった^^

それでしばらく「コマグル~」wとか言ってごまかそうってしてたけど
本気で「呪われたらどうしよう?」って心配する小鞠を見てて
本当のことが言えなくって、苦しくなってくところはかわいそうだった。。

それから小鞠が、蛍がこまぐるみを作ってたのを思い出したところは
BGMもサスペンスになって、ドキドキw
「その反応。。もしかして心当たりがあるの?」ってゆうところは
ホントにサスペンスドラマw

それで、人生オワタ\(^o^)/って思って「すみません実は。。」
って言いかけたら小鞠が「私、気づいちゃった!
オオサンショウウオの幽霊がぬいぐるみに取りついたってね!」って大ボケw

それで小鞠が「こうゆう時のためにちゃんと対策を考えてるから安心して!」
って言って
蛍が小鞠にもらって帰ってきたのは"盛り塩"だった、ってゆうオチw



この前の、ひかげと夏海が鉢を割っちゃったおはなしもそうだけど
何かをかくそうってするおはなしが、よく出てくるかも。。

バレるかもってゆうサスペンス、ごまかそうってするボケ
バレておこられるオチとか、いろんなパターンがあって、おもしろいよね^^

でも、リアルでかくしごととかすると、バレておこられたりするより
言えないで苦しくなるほうがつらいから
早く話して楽になった方がいいと思う☆
{/netabare}
{/netabare}
第6話 みんなでキャンプに行った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏休み終盤、宮内れんげは旭丘分校の皆と一緒にキャンプにやってきました。
早速テントを張り終わり、ボール遊びや釣りなど、思い思いに楽しむ一同。
夕方になりバーベキューの準備が整いました。肉や野菜の美味しさについ食べ過ぎてしまった子供たちですが、引率の教師でもある宮内一穂は、お酒を飲みすぎて酔い潰れてしまいます。
夜も更け、カブトムシの蜜を塗りに行く事になったれんげと越谷夏海ですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は「のんキャン△」。。
れんちょんは心の準備が必要みたい^^

小学生と中学生なのに林間学校も修学旅行もないのってフシギだったけど
学校のみんなでキャンプに行くことに。。

お兄さんはひとりでとなりにテントを張って見張り役?w
それに、みんなのテント張りにも協力させられてかわいそうかも^^

学校行事じゃないから一穂先生はお酒を飲んでられたみたい^^
飲んで酔っ払って眠っちゃった。。

それで夜、れんちょんと夏海は2人で
カブトムシをつかまえるために木に蜜をぬりに行った

それを目をさました一穂が、2人だけじゃ。。って追いかけたんだけど
酔っぱらってるから足がふらふらで気もちも悪くなってきて
四つん這いになっていくことに^^;

それでれんちょんに追いついて、名前を呼びながら足をつかんだら
れんちょんはびっくりして逃げたw

そのあと髪の毛を木に引っかけた一穂は
ポニテをほどいて追いかけて、這ったまま2人の前に出たら
まるでホラー映画に出てくる貞子みたいになって
れんちょんと夏海は蜜を投げつけて逃げた。。

それでキャンプにもどった2人は、お化けにあった話をすると
みんな、一穂だろうって言って信じなかったけど
帰ってきた一穂のボロボロになった姿を見て
小鞠は気を失っちゃった。。ってゆうおはなし^^


キャンプにつきそう女の先生って酔っぱらいが多いみたいw
でも、いくら授業じゃないからって言って
保護者が酔っぱらうまでお酒を飲んじゃまずいと思う^^;

でも、夜中に山道を明かりも持たないでさがしに行ったり
石とか折れた小枝とかいっぱい落ちてそうな道を
ケガもしないで這って追いつくとか
一穂はそっちのほうがお化けみたいかも^^

アイキャッチは何だか、小鞠殺人事件みたくなってて^^;



後半は
宿題を先のばししてたひかげと夏海コンビが宿題に追われるおはなしで
2人はいっしょに宿題しようって集まったみたいなんだけど。。

成績が悪いから、宿題をみんなより多く出された。。って文句ゆう夏海に
そんなことする教師誰だよ!?出て来いよその教師!ってひかげがツッコむと
一穂がニコニコしながらジュースを持ってきたの

それで夏海が
「宿題が多すぎてこのままだとひか姉と合宿状態になりそうなんですけど!」
って文句言ったら「夏海は合宿だい好きなんだな、宿題だけに^^」ってw

それでテンション下げられた夏海が
逆ギレで宿題をボイコットしようって言いだしたの。。

ひかげははじめ反対して
「とにかく私は絶対ボイコットなんかしないんだからな」
とか言ってたんだけど、けっきょく夏海につられて遊ぶことになっちゃったw

ジョージ・ワシントンごっこで
「ワシントンさー、きのう何食ったぁ?」がイミフでw

そのあと2人は、れんちょんと一穂の前でTVゲーム。。
反抗するのがドキドキだった2人だけど
宿題終わらせて遊びに行くれんちょんを見て
とうとう罪悪感MAXになっちゃったみたい^^

夏海がトイレに行くってぬけ出して、こっそり宿題やってたら
それに気づいたひかげが来て止めようとしてモメてたら
ジュースをこぼして、夏海の宿題がビチャビチャに。。

それで、間が開いて、2人はいそいで宿題に取りかかったw

さいごはれんちょんが
宿題とちゅうで眠っちゃった2人のスケッチをしてるところでED。。
れんちょんの絵が、すごくうまかった!!
{/netabare}
{/netabare}
第7話 ハラハラする秋だった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
宮内一穂は終わりの会で、明日は授業参観だと生徒たちに告げます。
越谷夏海は、いつもの体たらくが母の雪子にバレる事に絶望していました。「勉強していなかった夏海が悪い」と笑っていた一穂ですが、夏海は「一穂が自習中に居眠りしている」事も雪子に伝えている様子。
授業参観の内容次第では自分にも被害が及ぶと焦った一穂は、必死になって夏海に勉強を教え始めるのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじの授業参観のおはなし。。

夏海の目が点になってたけど
ふつう授業参観って前の日にお知らせしないよね^^

れんちょんは毎日授業参観みたいって言ってたけど
一穂はお母さん代わりかな。。
そう言えば宮内家だけ親が出てこないけど
もしかしてお父さんがひとりだけとか?

それでれんちょんが駄菓子屋さんを呼んでたけど、やっぱりそうなのかな?

夏海のお母さんって雪子さんゆうんだ。。
一穂もビビってたけど、もしかしてこわい近所のお姉さんだったとか?
いなかのほうって、みんな親戚みたいだよね^^

試験の前の日に勉強しても、その日忘れちゃったりするけど
夏海の頭はかけ算もおぼえてないって。。
でもにゃんも、8と9の段はちょっと自信ないかもw

夏海が8×3のかけ算を答えられないでいたら
れんちょんが24って答えちゃった。。
今週はれんちょんが天才の回だったのかも^^

あとの一穂の質問と夏海の答えはコントw
雪子さん、笑顔だけど目が笑ってないw


2話目はれんげとしおりの哲学っぽいおはなしだった^^

ボールをペットにして蹴る。。
ペットは蹴っちゃダメだけど、ボールだからいいってw

ボールはどうして止まるの?
空気抵抗とか、摩擦とか、すぐ出てくるところがれんちょんって天才!
にゃんは、地面がちょっとへこんでて、そこにハマるからかな?って^^

でも、そのあと丸は顕微鏡で見ると凸凹だとかって言ってたから
にゃんも間違ってないのかも?

するどい質問するしおりだったけど
まさつとサツマイモを間違えるって、意外とふつうの子かも^^

真ん丸な物はこの世に存在しない。。って
小学生とその下の子のする話じゃないよね^^
レベルが高い話って、あっさりまとめた夏海がよかった^^


3話目はれんちょんがサワガニ?をつかまえて
夏海が水槽を作ってあげるおはなしで
夏海は勉強できないけど、こうゆうのはとくいみたい^^

池のコイ・光り物親方がれんちょんとおんなじくらいの大きさw

BGMのカニカニがおかしいw

仕上げにオシオひとつまみが、その通りなんだけどおかしいw

さいごは夏海がれんちょんちで晩御飯を食べてくことになって
今夜のおかずはカニクリームコロッケってゆうオチが落語みたいだったw
{/netabare}
{/netabare}
第8話 先輩はもうすぐ受験だった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
篠田あかねは、先輩から「受験の為に部活を辞める」と告げられます。
富士宮このみのおかげで友達が出来て、フルートも上達したと感謝しているあかねは、このみも部活を辞めるのではないかと寂しくなりました。
帰り道、駅に着くと偶然このみが現れます。これから越谷家に遊びに行くので、駅前商店街のお祭りで手土産を買っていこうとしているようです。
このみと一緒にお祭りをまわる事になったあかねは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじのおはなし。。

このみに部活やめるか聞こうって思いながら聞き出せないまま
いっしょに屋台をまわるあかねが、駅について別れるとき
このみが部をやめるって思ってお礼の言葉を言ったら
実は推薦で入学が決まってるからやめない、って言われて
ちょっと恥ずかしかったけど、ちょっとホッとした、ってゆうおはなし^^

このみとあかねのデート回ってゆう感じかな。。
もうすぐお別れで、さびしくなっちゃうってゆう気もちが伝わる
いいおはなしだった^^

「のんのんびより」でいなかが出てこない、めずらしい回だったかも^^


2話目は、このみがあかねと別れたあと、越谷家にお泊りに行ったんだけど
そこでまくら投げをはじめた夏海が自爆して
ふすまに穴を開けちゃったの。。

それであかねが取ってきた福笑いを貼ってごまかそうとしたらお母さんが来て
ごまかそうとしたのがバレたんだけど実はその穴は昼間お母さんが開けた穴で
小さいからあとで直そうと思ってたってゆうのが分かって
夏海が福笑いをはがそうとしたら、ほかの部分までベリッ!って^^;

元はお母さんがやったんだから、そんなには怒られないんじゃないかな?
でも、隠そうってしたからこうなったんだから
スナオにあやまる方がいいと思う☆彡


3話目はあかねがこのみの家に練習に来て、泊ってくおはなし。。

あかねはこのみが卒業したら、もう来れなくなるって心配してる。。

そこにみんなが来て、みんなの前でフルートをふくことになったんだけど
緊張して変な音になっちゃったから、このみに言われて
外で吹くことに。。

このみがあかねに「いつも通りやればいいよ^^」って言ってくれたから
こんどは大成功だったんだ♪


それから夜、寝るときに、このみから
「大学行ってもフルート続けるつもりだからいっしょにやろう」
って言われて、あかねは大きな声で「ハイ!」って言っちゃった^^

次の日の練習では
れんちょんが気がつくくらい明るくなったあかねだった。。
ってゆうおはなし◎

1話と3話はほのぼのしたいいおはなしでよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第9話 おいしいごはんを作った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
部屋でくつろいでいた越谷小鞠は、妹の夏海からデパートに誘われますが、乗り気ではない様子。
「ひとりで留守番をするとおばけが出る」と夏海に言われますが、小鞠は「おばけなんて作り話だし、昼には出ない」とムキになって否定します。
留守番中、小鞠はお腹が減ったので台所にお菓子を取りに行きました。すると突然、背後で小さな物音がします。焦った小鞠が視線を向けると、そこには…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は、小鞠と夏海の回かな^^


1話目はあらすじのおはなしで、小鞠が家でひとりで留守番してると
いつの間にか家にイタチが入り込んでたの。。

ビビりながらつかまえようとしてるところに、このみが
いっしょに遊ばないか、電話をしてくるんだけどとちゅうで圏外になって
ワン切り状態になっちゃった。。

小鞠が不審な電話にもっとビビってると
このみが家に着いてかけ直してきたんだけど
小鞠が電話を取ると、ちょうどれんちょんとTVの話してて
「観てるよ。。」ってゆう声が聞こえてきて、思わず切っちゃった。。

そして電話の声がイタチのお化けの声じゃないかってますますビビって
ムリヤリつかまえようってしたら足をすべらせて転んで
起き上がろうとした顔の上にイタチがとびかかってきて気絶しちゃった。。

それで夏海たちが帰ってきたら、小鞠は押し入れにかくれてて
夏海の「。。こうして座敷わらしの話ができ上るんだな。。」
に「わらしじゃないもん!」って小鞠がツッコんでオシマイ^^


お化けはこわがらせる以外は何にもしないけど
野生の動物って、感染症とかノミやダニを持ってるかもしれないから
顔に飛びつかれたんだったら
おふろに入って顔と体を洗った方がいいかも?

あと、イタチの出すガスはすごいくさいみたいだから
ムリにつかまえようとしないで
家の戸をぜんぶ開けて逃がすようにした方が良かったかも^^


2話目は
蛍と交換するために編み物をはじめた小鞠が作った作品が失敗ばっかりで
もうすぐ蛍が来るって、あせってるの。。

その話を聞いた夏海が、でき上ってるものを指さして
そこにできてるのは?って聞いたら、セーターって言われて
ためしに着てみたら頭を出す穴がない。。
それで、もも引きを着せられた、って夏海がキレてたら蛍が来た。。

それで、手作りのセーターを持ってきてくれた蛍を前にして
小鞠は夏海に、何とかして!ってムチャ振りするから
夏海は小鞠の失敗作を手に取って「これはセーターに見えるけど
実はあったかレギンズです^^」って物ボケをはじめたのw

レギンズが受けたのをいいことに
何だか分からないUFOみたいなものを「通天閣の上の部分。。」
って言おうってして、ムリがあったから「ボールです!」って言い直し。。
「ワンちゃん用のボール。。でも。。」って苦しい言いわけ^^;

さいごにセーターとマフラーが合わさったようなものが出てきて
とうとう終了。。

小鞠があやまって、こんどはいっしょに作ろう^^
ってゆう話になったんだけど
夏海が「で、その股引なんだけどさ!」って言っちゃったから
蛍もドン引き。。ってゆうところでオシマイ^^


だんだん言いわけが苦しくなる夏海がおかしくって
さいごに言いわけできないモノが出てきたところはふき出しちゃったw

股引とかにするには首のあたりのスペースがあまりすぎてるから
首のあたりをはさみで切ってから、かがったほうがいいかも^^


3話目はタイトルのおはなしで
小鞠が晩ご飯を作るって言いだすんだけど
前にひどいものを食べさせられた夏海は反対するの。。

いろいろ考えた小鞠だったけど、取りあえずルーがあったからカレーで
昨日の残りの肉じゃがに入れて。。ってゆうところまではいいんだけど
コクを出すのにお砂糖たっぷり入れて。。とか考えだして
脱線しそうになったんだけど、お砂糖が見つからずに断念^^

それでどうしていいか分からなくなってたら、火にかけてたお鍋がこげて
あわててたらお母さんが来て、火を止めてくれてちょっとアドバイス^^

小鞠はそのまま行こうとしたお母さんを引き止めて「やっぱり手伝って☆彡」
ってお願いして、牛乳入れたり、いろいろ教わったみたい^^

さいごは夏海からおいしいって言われて終わり^^


カレーはルーに書いてある通りに作ったら、たいてい失敗しないけど
にゃんもはじめのころはちょっとお水が多すぎて
片栗粉足して、塩を足したらしょっぱくなりすぎて
こんどはお砂糖足したら変な味になったりしたことがあった^^;

やっぱりはじめのうちは、お母さんに見てもらった方がいいかも^^

でも、お料理って、失敗して覚えてくものかも^^

あと、お兄ちゃんがお料理もできて、何でもできちゃうみたいだし
勉強もがんばってるみたいですごいなぁって☆
{/netabare}
{/netabare}
第10話 寒くなったりあったかくなったりした
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
お正月、宮内れんげは玄関に飾られた門松を見て「かっこいい」とご満悦の様子。ふと郵便受けを確認すると、年賀状が届いていました。
分校の皆からの年賀状を確認したれんげですが、なぜか少し残念そうな表情で…。
その後、家族にも届いていた分の年賀状を手にして茶の間に戻ると、姉のひかげがお年玉を貰おうと一穂にしがみついていました。あまりにも必死なひかげを見たれんげは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はお正月休みで帰ってきてたひかげが
一穂tabare}
INTRODUCTION
{netabare}
「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、野菜を作ったり、虫捕りをしたり、楽器を練習してみたり・・・春夏秋冬の変わりゆく田舎生活はワクワクが止まりません。のどかでいつも通りだけど、くすっときて、ちょっぴり沁みて、心がほっこりする。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:あっと(月刊コミックアライブ連載/KADOKAWA刊)
監督:川面真也
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:大塚 舞
美術:草薙
アニメーション制作:SILVER LINK.

主題歌
OP:「つぎはぎもよう」nano.RIPE
ED:「ただいま」宮内れんげ(CV.小岩井ことり)、一条 蛍(CV.村川梨衣) 越谷夏海(CV.佐倉綾音)、越谷小鞠(CV.阿澄佳奈)
{/netabare}
キャスト{netabare}
宮内れんげ:小岩井ことり
一条 蛍:村川梨衣
越谷夏海:佐倉綾音
越谷小鞠:阿澄佳奈
越谷 卓:????
宮内一穂:名塚佳織
加賀山楓:佐藤利奈
宮内ひかげ:福圓美里
富士宮このみ:新谷良子
篠田あかね:田中あいみ
しおり:久野美咲
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第01話 カエルの歌を吹いた
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある春の日、早起きした宮内れんげはリコーダーを吹きながら学校へ向かっていました。
今日は音楽の授業でリコーダーの合奏があるようです。途中、バスで出会った高校生の富士宮このみに、ドの音がうまく出ない事を打ち明けると、今度一緒に練習する事になりました。
れんげが旭丘分校に到着すると、他の生徒たちも登校してきて…。
まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。
{/netabare}
感想
{netabare}
アバンでれんちょんが起きて顔洗って
つまようじを取ろうとしたけど手が届かなくって、一穂が取ってくれた

へたなリコーダーを吹きながら歩いてると牛さんに会った。。
ってゆうところまでで3分半くらい。。

いつもどおりのんびりの「のんのんびより」^^


そのあと学校行くバスで、フルート持ったこのみに会って
吹奏楽部に入ってること聞いて
リコーダーの練習をいっしょにすることになったの。。


学校の授業で一時間目からドリルで自習。。
夏海と一穂はお昼寝の練習w

音楽で合奏したけど、れんちょんはやっぱりドの音がうまく出せない。。

それからお昼で給食がカレーだったけど
6人前だとふつうの家とそんなに変わらなさそう。。
たぶん、あんなに大きなお鍋はいらないって思う^^
どこで作ってるのかも気になるよねw


お昼を食べたら放課後なのかな?

日直を待ちながら、れんちょんがつまようじにテープを巻いて人形作り^^

みんなもマネしていろんな人形作ってたけど
アレってティッシュを巻いてからじゃないと、太くならないと思うw

夏海は日直で黒板消しとか、ほたるは学級日誌をつけてたけど
小鞠の教え方、うまそう^^
クラスの問題児は夏海で、問題大人は一穂みたいw

それから夏海がジャマするせいで遅くなっちゃったけど
夏海のクマだかダックスフンドだか分からない人形に
れんちょんの赤ちゃんの人形だかせて、夏海の注意をそらす作戦?w

職員室で居眠りする一穂に
みんなのテープ作品を提出?して前半がオシマイ^^


後半は、このみの吹奏楽部の後輩の新キャラ・あかねのおはなしで
人と話すのと聞くのがニガテなあかねが
このみの家にフルートを練習しに来るの^^

そこで人見知りを治すために、おむかえに来たのがれんちょん。。

すごい田舎なのと、ちょっと変わったれんちょんにビックリしてたけど
オナモミの実をもらったり
でっかいガマガエルを見せられてもっとびっくり^^

カエルがかわいいってどこの話w
でも、2本足で歩くカエルはちょっとキモかわいいかもw
でも、それで追いかけられたあかねはかわいそう^^;


家について、あかねの吹くフルートを
タコの足みたいってゆうれんちょんって、やっぱり変わってるよね^^
でも、れんちょんとはふつうにしゃべれるようになって
あかねはちょっと自信がついたみたいでよかった☆

それにれんちょんは、あかねから教えてもらってドの音が出せるようになって
3人で「カエルの歌」の合奏^^

好とれんちょんと仲よくなれたあかねがバス停で
「~~~~よし!」ってするところがよかった^^


さいごにみんなで牛小屋に行って
れんちょんが牛に、うまくなった音楽聞かせるところで終わりだったけど
「牛さんにクラシック音楽聞かせると、いっぱいお乳が出るらしいん」
ってオチがついておかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
第02話 蛍が大人っぽかった?
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
日曜日、宮内れんげに「野菜の苗を植えるので、手伝って欲しい」と声をかけたのは姉の一穂。
れんげはやる気満々で分校の皆も誘います。一穂がれんげをからかって「ピーマンの苗を植える」と嘘をつくと、ピーマンが嫌いなれんげは逃げ出そうとします。
越谷夏海と越谷小鞠も、ピーマンは苦いので実は苦手だと打ち明けますが、一条蛍は大丈夫とのこと。
皆、「蛍は大人だなぁ」と納得するのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめはあらすじのおはなしで、みんなで畑にトマトを植えるの^^
いつものみんなが集まると、何だか体験授業みたいw


一穂が、苗がピーマンのだってからかうから
それまで大よろこびだったれんちょんのテンションがダダ下がり。。^^;

たしかにピーマンって青くさくって、生だとちょっと。。ってゆう感じだけど
自分で育てるんだったら、赤くなるまでおいといたら甘くなるよね^^
でも蛍は青いの食べれるってゆうから、みんな蛍は大人だな。。って^^

まずはマルチをひいて。。って本格的^^
にゃんもYouTubeとか見て、いろいろ再生栽培とかしてるけど
そこまでしないからうまく育たないのかな?

ミミズはあめがふったりすると出てくるけど
にゃんはあんまりこわくない。。
それより大き目でこっちに向かってくるような虫はニガテかな。。
アリとかなら大丈夫なんだけど^^

マルチをひいたら急に雨。。
あまりたくさんふって、根が見えたりしたら大変だけど
植え替えしたばっかりの時って、水はたっぷりやった方がいいから
通り雨でちょうどよかったんじゃないかな◎

それでもトマトが寒そうでかわいそうってゆうれんちょんのために
こんどはビニールハウスを作ることに。。
ビニールハウスって、何だか基地みたいでおもしろそう^^


2話目は蛍が越谷家に遊びに行ったら
このみがフルートの練習しに来てたあかねをつれてきて
人になれさせるためにみんなで自己紹介^^

にゃんはYouTubeで保護猫の動画とかよく見てるけど
何だかあかねが、保護したばっかりの子ネコみたいだった^^

みんなにタメ口でいいってゆうあかねが、蛍にだけは敬語で。。って
絶対そうなるって思ってたw

それからクッキー作りをはじめたんだけど
言い出しっぺの小鞠が作り方知らなくってw

砂糖さがしてるとき卓クンが入ってきて
見つけてサッと去っていく。。

卓クンは、庭でひとりで工作してたけど
誰にも気がつかれないって何だかかわいそう^^;
なんだったら都市伝説にまでされちゃいそうw


3話目は電車で街に家族でお買い物に出かけた蛍が
車内に誰もいないのをいいことに
お父さんとお母さんにあまえ放題^^

でも実は、このみがすみっこの方にのってて、ぜんぶ見てたの^^

それに気がついた蛍の目が点になっててw

そのままこのみの家に遊びに行くんだけど
蛍がまだ小5だって思いだしたこのみが、お姉ちゃん役になろうって
胸に飛び込んできてごらんとか、だっこ?とか
手をつないで家まで行ったりするギャップ萌え、ってゆうのかな^^

その姿を小鞠に見つかって、なぜか言いわけする蛍がおかしかったw

それで家に行って小鞠もひざまくらしてくれるって言いだしたけど
大好きな小鞠にひざまくらされるのは「恥ずかしすぎる」って帰っちゃった^^

そのあと犬のペチのおさんぽに出た蛍がペチにわしゃわしゃしてるの
またこのみに見られちゃって「えっ。。」て、目が合っちゃってw

それってペットを飼ってる人だったらふつうだって思うけど
やっぱり恥ずかしいのかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第03話 昔からこうだった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏、居間で越谷夏海がくつろいでいるとチャイムが鳴りました。
玄関を開けると、そこにいたのは宮内ひかげ。夏休みになって東京から帰ってきたようです。
「さっきまで新幹線に乗っていたから、体を動かして遊びたい」というひかげに、夏海はノリノリでボール遊びを提案します。ひかげがいない間に考案した「必殺確殺シュート」を披露すると言って、夏海は勢いよくボールを投げたのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
夏休みに東京からひかげが帰ってきて夏海の家に遊びに来た。。

2人でボール遊びしてたら
夏海が投げたボールがいきおいあまって庭の盆栽に当たって
鉢をこわしちゃった。。

すぐに謝ろうって言った2人だったけど
お母さんがお買い物に行っててなかなか帰ってこなくって
このままだとしかられちゃうから、割れた鉢をかくそうとしてたら
お母さんが帰ってきて、よけいに怒られちゃった。。ってゆうおはなし。。


2話目は家に帰ってきたひかげが寝ながら
夏海と遊んでひどい目にあったことを思い出すの。。

それは夏海から虚無僧マンごっこしようって言われて
洗濯かごをかぶってバトルごっこしたらスネをけられて追いかけて
さがしたけど見えなくなって歩き疲れてたら
夏海はいつの間にか遊びから抜けて、このみとアイスを買ってた。。

そのアイスは半分に割れるヤツで
食べる?って聞かれて食べるに決まってる、って返事したら
「はいっ」て手わたそうとしたとたん、アイスが棒から落ちちゃった
ってゆう、これがホントのオチw


3話目はきのうのことで怒ったひかげから「1人で遊べ」って言われた夏海が
山で転んで道が分からなくなって泣いてたら
お母さんが夏海をさがしてることを知ったひかげが、見つけてくれて
いっしょに帰ったおはなし。。

それで帰るとちゅう、夏海から昨日のことであやまられて
明日も遊ぼうって言われた。。

次の日、夏海がれんちょんと
暑くてボーっとしてたひかげの頭に洗濯かごをかぶせてきて
秘密基地に行こうってれんちょんが言ったけど断ったら
夏海も「行こう」ってさそってきた。。

昨日のこともあったし、ちょっと考えて「行こう!」って返事したら
こんどはれんちょんが「必殺すね蹴り!」って^^;

そのあと3人で秘密基地に行って、仲よくケンカしながら遊んだ
ってゆうおはなし^^



ひかげと夏海回だったね^^

何だか夏海に迷惑かけられてばっかりのひかげみたいだったけど
怒って絶交、とかにならなくって、すぐ許しちゃうところがやさしいな^^

ちょっといいおはなしだった◎
{/netabare}
{/netabare}
第4話 トマトを届けるサンタになった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
春に植えたトマトがたくさん実り、収穫の季節がやってきました。
自分で作ったトマトを食べた宮内れんげは、あまりの美味しさに感動し、皆へ配りに行く事にしました。
真夏のサンタクロースになってトマトを配り歩くれんげは、最後に駄菓子屋へ向かう途中、泣いている見知らぬ女の子に出会います。近付いて話を聞いてみると、どうやら迷子のようです。
泣き止まない女の子に困ったれんげは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目は、先回植えたトマトがたくさんなったから
れんちょんが1軒ずつ配って歩くんだけど
とちゅうでまいごの女の子を駐在さんの所につれてたら
駐在さんの子ども(しおり)だった、ってゆうおはなし^^


完熟トマトって、甘くっておいしいよね^^
あんなにたくさんなってるし、みんなに手伝ってもらったんだから
もっとたくさんあげてもよかったかも☆彡

しおりちゃんと別れるとき、お姉ちゃんって呼ばれたれんちょんが
なんどもふり向くところがかわいかった^^

あと、駄菓子屋さんに行ったれんちょんが
お姉ちゃんって呼ばれたことを報告したとき
駄菓子屋の楓さんもなんだかうれしそうに見えた^^


2話目は、さっきお巡りさんに会ったせいか
警察ごっこをしたくなったれんげが、取っておいたお年玉を持って
駄菓子屋でおもちゃの手錠を買って、楓にかけたんだけど
はずれなくなっちゃうの。。

運が悪いのか、そこに夏海がやってきて、今までのうらみで
くすぐりの刑をはじめるの^^

でも、はずし方を知ってて、はずしてあげたんだけど
こんどは楓が逮捕状をれんちょんに渡して、夏海に手錠をかけさせて
今までのうらみでくすぐりはじめた、ってゆうおはなし^^


手錠をかくすのにタオルをかけるって、サスペンスドラマみたいw

あと、れんげにはイタズラされても怒らない楓さんも
夏海には厳しいのがおかしかったw

あと、警察って
たいしたことないのに電話したりすると怒られるから気をつけて☆彡


3話目は、近所でまたしおりに会ったれんちょんが
いっしょに警察ごっこをすることになって、パトロール中
家で遊んでる夏海とひかげを見つけて逮捕ごっこしようとしたら
夏海たちは肩車してトーテム星人になって逆襲して、水をかけられたのw

タイトルロゴが水みたいになって飛んでくところがおもしろかった^^

あと、縁側で寝ちゃったしおりを、お姉ちゃんだからって
自分でおぶってふとんまでつれてったれんげがまたかわいかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第5話 ものすごいものを作った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
越谷小鞠は、夏休みの自由研究で妹の夏海からロボットに仮装させられて困った様子。
それを電話で聞いた一条蛍も、留守番をしている今日中に作りたい物がありました。それは、『おしゃべりロボ』と『歩行ロボット工作キット』。
父親から借りたパソコンでしゃべる内容を入力し、その2つのロボットを動物にまたがったこまぐるみの中に入れます。広いリビングに移動して、スイッチをオンにすると…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、禁断の研究に手を染めちゃった蛍のおはなしw


はじめ、蛍が自由研究のおしゃべりロボと歩行ロボット工作キットを
こまぐるみに行けるんだけど、カメラが引いて蛍のへやが映ると
へや中こまぐるみw

リビングで実験中、回覧板がきて
応対に出た蛍が話しこんでるうち、こまぐるみは外に出ちゃった。。

こまぐるみはそのまま歩きつづけて
川に落ちたり、鳥につれさられたりしてどこかに消えちゃった。。


2話目は、あかねが日にちをまちがえてこのみの家に練習に来ちゃって
それに気がついて家の前をうろうろしてるとれんちょんが来たの。。

間違えたのがこのみにバレると恥ずかしいから
かくれてれんちょんとケンケンパで遊んでたら、このみが来て
とっさに茂みにかくれたら、夏海まで来て
2人でけもの道にかくれてる動物をさがそうってゆうことになったの。。

それであかねが逃げるとこのみと夏海が追いかけてきて
とうとうあかねは道でたおれちゃって、2人に発見されちゃった。。
ってゆうおはなし^^

このみの逃げ足がいくら速くっても、毎日山とかで遊んでる
いなかの子どもたちの体力には勝てなかったみたい^^


間違って来ちゃったのを隠そうとして
どんどん追い込まれてくあかねを見てハラハラしちゃった。。

あかねが山の中で、道に迷ったりするんじゃないかな?って心配だったから
れんちょんの「塩をえたナメクジごっこ」がオチでよかった^^

それであかねが帰りぎわ、道でこまぐるみを見たのが3話目の伏線で
なぜかこまぐるみが蛍のところに帰ってきて
「誰にも見られてないよね。。」って蛍が心配するところでオシマイ^^


3話目は、小鞠から蛍に電話があって
行ってみるとあかりがあそびに来てたの^^

それで学校の話とか聞いてたら、あかりが小鞠の顔をじっと見だして
小鞠によく似た人形が
変な動物の上に乗っかってるのを見た話しをはじめたの^^;
そのときのBGMが、風鈴が鳴る音が入ってたりちょっとホラーテイストw

小鞠がお化けの話かと思ってこわそうに聞くとなりで
それがこまぐるみじゃないか?って気がついて
だんだん確信に変わってく蛍の顔がおかしかった^^

それでしばらく「コマグル~」wとか言ってごまかそうってしてたけど
本気で「呪われたらどうしよう?」って心配する小鞠を見てて
本当のことが言えなくって、苦しくなってくところはかわいそうだった。。

それから小鞠が、蛍がこまぐるみを作ってたのを思い出したところは
BGMもサスペンスになって、ドキドキw
「その反応。。もしかして心当たりがあるの?」ってゆうところは
ホントにサスペンスドラマw

それで、人生オワタ\(^o^)/って思って「すみません実は。。」
って言いかけたら小鞠が「私、気づいちゃった!
オオサンショウウオの幽霊がぬいぐるみに取りついたってね!」って大ボケw

それで小鞠が「こうゆう時のためにちゃんと対策を考えてるから安心して!」
って言って
蛍が小鞠にもらって帰ってきたのは"盛り塩"だった、ってゆうオチw



この前の、ひかげと夏海が鉢を割っちゃったおはなしもそうだけど
何かをかくそうってするおはなしが、よく出てくるかも。。

バレるかもってゆうサスペンス、ごまかそうってするボケ
バレておこられるオチとか、いろんなパターンがあって、おもしろいよね^^

でも、リアルでかくしごととかすると、バレておこられたりするより
言えないで苦しくなるほうがつらいから
早く話して楽になった方がいいと思う☆
{/netabare}
{/netabare}
第6話 みんなでキャンプに行った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏休み終盤、宮内れんげは旭丘分校の皆と一緒にキャンプにやってきました。
早速テントを張り終わり、ボール遊びや釣りなど、思い思いに楽しむ一同。
夕方になりバーベキューの準備が整いました。肉や野菜の美味しさについ食べ過ぎてしまった子供たちですが、引率の教師でもある宮内一穂は、お酒を飲みすぎて酔い潰れてしまいます。
夜も更け、カブトムシの蜜を塗りに行く事になったれんげと越谷夏海ですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は「のんキャン△」。。
れんちょんは心の準備が必要みたい^^

小学生と中学生なのに林間学校も修学旅行もないのってフシギだったけど
学校のみんなでキャンプに行くことに。。

お兄さんはひとりでとなりにテントを張って見張り役?w
それに、みんなのテント張りにも協力させられてかわいそうかも^^

学校行事じゃないから一穂先生はお酒を飲んでられたみたい^^
飲んで酔っ払って眠っちゃった。。

それで夜、れんちょんと夏海は2人で
カブトムシをつかまえるために木に蜜をぬりに行った

それを目をさました一穂が、2人だけじゃ。。って追いかけたんだけど
酔っぱらってるから足がふらふらで気もちも悪くなってきて
四つん這いになっていくことに^^;

それでれんちょんに追いついて、名前を呼びながら足をつかんだら
れんちょんはびっくりして逃げたw

そのあと髪の毛を木に引っかけた一穂は
ポニテをほどいて追いかけて、這ったまま2人の前に出たら
まるでホラー映画に出てくる貞子みたいになって
れんちょんと夏海は蜜を投げつけて逃げた。。

それでキャンプにもどった2人は、お化けにあった話をすると
みんな、一穂だろうって言って信じなかったけど
帰ってきた一穂のボロボロになった姿を見て
小鞠は気を失っちゃった。。ってゆうおはなし^^


キャンプにつきそう女の先生って酔っぱらいが多いみたいw
でも、いくら授業じゃないからって言って
保護者が酔っぱらうまでお酒を飲んじゃまずいと思う^^;

でも、夜中に山道を明かりも持たないでさがしに行ったり
石とか折れた小枝とかいっぱい落ちてそうな道を
ケガもしないで這って追いつくとか
一穂はそっちのほうがお化けみたいかも^^

アイキャッチは何だか、小鞠殺人事件みたくなってて^^;



後半は
宿題を先のばししてたひかげと夏海コンビが宿題に追われるおはなしで
2人はいっしょに宿題しようって集まったみたいなんだけど。。

成績が悪いから、宿題をみんなより多く出された。。って文句ゆう夏海に
そんなことする教師誰だよ!?出て来いよその教師!ってひかげがツッコむと
一穂がニコニコしながらジュースを持ってきたの

それで夏海が
「宿題が多すぎてこのままだとひか姉と合宿状態になりそうなんですけど!」
って文句言ったら「夏海は合宿だい好きなんだな、宿題だけに^^」ってw

それでテンション下げられた夏海が
逆ギレで宿題をボイコットしようって言いだしたの。。

ひかげははじめ反対して
「とにかく私は絶対ボイコットなんかしないんだからな」
とか言ってたんだけど、けっきょく夏海につられて遊ぶことになっちゃったw

ジョージ・ワシントンごっこで
「ワシントンさー、きのう何食ったぁ?」がイミフでw

そのあと2人は、れんちょんと一穂の前でTVゲーム。。
反抗するのがドキドキだった2人だけど
宿題終わらせて遊びに行くれんちょんを見て
とうとう罪悪感MAXになっちゃったみたい^^

夏海がトイレに行くってぬけ出して、こっそり宿題やってたら
それに気づいたひかげが来て止めようとしてモメてたら
ジュースをこぼして、夏海の宿題がビチャビチャに。。

それで、間が開いて、2人はいそいで宿題に取りかかったw

さいごはれんちょんが
宿題とちゅうで眠っちゃった2人のスケッチをしてるところでED。。
れんちょんの絵が、すごくうまかった!!
{/netabare}
{/netabare}
第7話 ハラハラする秋だった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
宮内一穂は終わりの会で、明日は授業参観だと生徒たちに告げます。
越谷夏海は、いつもの体たらくが母の雪子にバレる事に絶望していました。「勉強していなかった夏海が悪い」と笑っていた一穂ですが、夏海は「一穂が自習中に居眠りしている」事も雪子に伝えている様子。
授業参観の内容次第では自分にも被害が及ぶと焦った一穂は、必死になって夏海に勉強を教え始めるのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじの授業参観のおはなし。。

夏海の目が点になってたけど
ふつう授業参観って前の日にお知らせしないよね^^

れんちょんは毎日授業参観みたいって言ってたけど
一穂はお母さん代わりかな。。
そう言えば宮内家だけ親が出てこないけど
もしかしてお父さんがひとりだけとか?

それでれんちょんが駄菓子屋さんを呼んでたけど、やっぱりそうなのかな?

夏海のお母さんって雪子さんゆうんだ。。
一穂もビビってたけど、もしかしてこわい近所のお姉さんだったとか?
いなかのほうって、みんな親戚みたいだよね^^

試験の前の日に勉強しても、その日忘れちゃったりするけど
夏海の頭はかけ算もおぼえてないって。。
でもにゃんも、8と9の段はちょっと自信ないかもw

夏海が8×3のかけ算を答えられないでいたら
れんちょんが24って答えちゃった。。
今週はれんちょんが天才の回だったのかも^^

あとの一穂の質問と夏海の答えはコントw
雪子さん、笑顔だけど目が笑ってないw


2話目はれんげとしおりの哲学っぽいおはなしだった^^

ボールをペットにして蹴る。。
ペットは蹴っちゃダメだけど、ボールだからいいってw

ボールはどうして止まるの?
空気抵抗とか、摩擦とか、すぐ出てくるところがれんちょんって天才!
にゃんは、地面がちょっとへこんでて、そこにハマるからかな?って^^

でも、そのあと丸は顕微鏡で見ると凸凹だとかって言ってたから
にゃんも間違ってないのかも?

するどい質問するしおりだったけど
まさつとサツマイモを間違えるって、意外とふつうの子かも^^

真ん丸な物はこの世に存在しない。。って
小学生とその下の子のする話じゃないよね^^
レベルが高い話って、あっさりまとめた夏海がよかった^^


3話目はれんちょんがサワガニ?をつかまえて
夏海が水槽を作ってあげるおはなしで
夏海は勉強できないけど、こうゆうのはとくいみたい^^

池のコイ・光り物親方がれんちょんとおんなじくらいの大きさw

BGMのカニカニがおかしいw

仕上げにオシオひとつまみが、その通りなんだけどおかしいw

さいごは夏海がれんちょんちで晩御飯を食べてくことになって
今夜のおかずはカニクリームコロッケってゆうオチが落語みたいだったw
{/netabare}
{/netabare}
第8話 先輩はもうすぐ受験だった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
篠田あかねは、先輩から「受験の為に部活を辞める」と告げられます。
富士宮このみのおかげで友達が出来て、フルートも上達したと感謝しているあかねは、このみも部活を辞めるのではないかと寂しくなりました。
帰り道、駅に着くと偶然このみが現れます。これから越谷家に遊びに行くので、駅前商店街のお祭りで手土産を買っていこうとしているようです。
このみと一緒にお祭りをまわる事になったあかねは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじのおはなし。。

このみに部活やめるか聞こうって思いながら聞き出せないまま
いっしょに屋台をまわるあかねが、駅について別れるとき
このみが部をやめるって思ってお礼の言葉を言ったら
実は推薦で入学が決まってるからやめない、って言われて
ちょっと恥ずかしかったけど、ちょっとホッとした、ってゆうおはなし^^

このみとあかねのデート回ってゆう感じかな。。
もうすぐお別れで、さびしくなっちゃうってゆう気もちが伝わる
いいおはなしだった^^

「のんのんびより」でいなかが出てこない、めずらしい回だったかも^^


2話目は、このみがあかねと別れたあと、越谷家にお泊りに行ったんだけど
そこでまくら投げをはじめた夏海が自爆して
ふすまに穴を開けちゃったの。。

それであかねが取ってきた福笑いを貼ってごまかそうとしたらお母さんが来て
ごまかそうとしたのがバレたんだけど実はその穴は昼間お母さんが開けた穴で
小さいからあとで直そうと思ってたってゆうのが分かって
夏海が福笑いをはがそうとしたら、ほかの部分までベリッ!って^^;

元はお母さんがやったんだから、そんなには怒られないんじゃないかな?
でも、隠そうってしたからこうなったんだから
スナオにあやまる方がいいと思う☆彡


3話目はあかねがこのみの家に練習に来て、泊ってくおはなし。。

あかねはこのみが卒業したら、もう来れなくなるって心配してる。。

そこにみんなが来て、みんなの前でフルートをふくことになったんだけど
緊張して変な音になっちゃったから、このみに言われて
外で吹くことに。。

このみがあかねに「いつも通りやればいいよ^^」って言ってくれたから
こんどは大成功だったんだ♪


それから夜、寝るときに、このみから
「大学行ってもフルート続けるつもりだからいっしょにやろう」
って言われて、あかねは大きな声で「ハイ!」って言っちゃった^^

次の日の練習では
れんちょんが気がつくくらい明るくなったあかねだった。。
ってゆうおはなし◎

1話と3話はほのぼのしたいいおはなしでよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第9話 おいしいごはんを作った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
部屋でくつろいでいた越谷小鞠は、妹の夏海からデパートに誘われますが、乗り気ではない様子。
「ひとりで留守番をするとおばけが出る」と夏海に言われますが、小鞠は「おばけなんて作り話だし、昼には出ない」とムキになって否定します。
留守番中、小鞠はお腹が減ったので台所にお菓子を取りに行きました。すると突然、背後で小さな物音がします。焦った小鞠が視線を向けると、そこには…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は、小鞠と夏海の回かな^^


1話目はあらすじのおはなしで、小鞠が家でひとりで留守番してると
いつの間にか家にイタチが入り込んでたの。。

ビビりながらつかまえようとしてるところに、このみが
いっしょに遊ばないか、電話をしてくるんだけどとちゅうで圏外になって
ワン切り状態になっちゃった。。

小鞠が不審な電話にもっとビビってると
このみが家に着いてかけ直してきたんだけど
小鞠が電話を取ると、ちょうどれんちょんとTVの話してて
「観てるよ。。」ってゆう声が聞こえてきて、思わず切っちゃった。。

そして電話の声がイタチのお化けの声じゃないかってますますビビって
ムリヤリつかまえようってしたら足をすべらせて転んで
起き上がろうとした顔の上にイタチがとびかかってきて気絶しちゃった。。

それで夏海たちが帰ってきたら、小鞠は押し入れにかくれてて
夏海の「。。こうして座敷わらしの話ができ上るんだな。。」
に「わらしじゃないもん!」って小鞠がツッコんでオシマイ^^


お化けはこわがらせる以外は何にもしないけど
野生の動物って、感染症とかノミやダニを持ってるかもしれないから
顔に飛びつかれたんだったら
おふろに入って顔と体を洗った方がいいかも?

あと、イタチの出すガスはすごいくさいみたいだから
ムリにつかまえようとしないで
家の戸をぜんぶ開けて逃がすようにした方が良かったかも^^


2話目は
蛍と交換するために編み物をはじめた小鞠が作った作品が失敗ばっかりで
もうすぐ蛍が来るって、あせってるの。。

その話を聞いた夏海が、でき上ってるものを指さして
そこにできてるのは?って聞いたら、セーターって言われて
ためしに着てみたら頭を出す穴がない。。
それで、もも引きを着せられた、って夏海がキレてたら蛍が来た。。

それで、手作りのセーターを持ってきてくれた蛍を前にして
小鞠は夏海に、何とかして!ってムチャ振りするから
夏海は小鞠の失敗作を手に取って「これはセーターに見えるけど
実はあったかレギンズです^^」って物ボケをはじめたのw

レギンズが受けたのをいいことに
何だか分からないUFOみたいなものを「通天閣の上の部分。。」
って言おうってして、ムリがあったから「ボールです!」って言い直し。。
「ワンちゃん用のボール。。でも。。」って苦しい言いわけ^^;

さいごにセーターとマフラーが合わさったようなものが出てきて
とうとう終了。。

小鞠があやまって、こんどはいっしょに作ろう^^
ってゆう話になったんだけど
夏海が「で、その股引なんだけどさ!」って言っちゃったから
蛍もドン引き。。ってゆうところでオシマイ^^


だんだん言いわけが苦しくなる夏海がおかしくって
さいごに言いわけできないモノが出てきたところはふき出しちゃったw

股引とかにするには首のあたりのスペースがあまりすぎてるから
首のあたりをはさみで切ってから、かがったほうがいいかも^^


3話目はタイトルのおはなしで
小鞠が晩ご飯を作るって言いだすんだけど
前にひどいものを食べさせられた夏海は反対するの。。

いろいろ考えた小鞠だったけど、取りあえずルーがあったからカレーで
昨日の残りの肉じゃがに入れて。。ってゆうところまではいいんだけど
コクを出すのにお砂糖たっぷり入れて。。とか考えだして
脱線しそうになったんだけど、お砂糖が見つからずに断念^^

それでどうしていいか分からなくなってたら、火にかけてたお鍋がこげて
あわててたらお母さんが来て、火を止めてくれてちょっとアドバイス^^

小鞠はそのまま行こうとしたお母さんを引き止めて「やっぱり手伝って☆彡」
ってお願いして、牛乳入れたり、いろいろ教わったみたい^^

さいごは夏海からおいしいって言われて終わり^^


カレーはルーに書いてある通りに作ったら、たいてい失敗しないけど
にゃんもはじめのころはちょっとお水が多すぎて
片栗粉足して、塩を足したらしょっぱくなりすぎて
こんどはお砂糖足したら変な味になったりしたことがあった^^;

やっぱりはじめのうちは、お母さんに見てもらった方がいいかも^^

でも、お料理って、失敗して覚えてくものかも^^

あと、お兄ちゃんがお料理もできて、何でもできちゃうみたいだし
勉強もがんばってるみたいですごいなぁって☆
{/netabare}
{/netabare}
第10話 寒くなったりあったかくなったりした
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
お正月、宮内れんげは玄関に飾られた門松を見て「かっこいい」とご満悦の様子。ふと郵便受けを確認すると、年賀状が届いていました。
分校の皆からの年賀状を確認したれんげですが、なぜか少し残念そうな表情で…。
その後、家族にも届いていた分の年賀状を手にして茶の間に戻ると、姉のひかげがお年玉を貰おうと一穂にしがみついていました。あまりにも必死なひかげを見たれんげは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はお正月休みで帰ってきてたひかげが
一穂、駄菓子屋、越ケ谷ママ。。って
大人からお年玉をもらおうって必死になりすぎてて
れんちょんもドン引きしちゃうくらい。。

それで、れんちょんから話を聞いたこのみは、ひかげに落とし玉をあげて
高校生3年生の自分が高1のひかげにお年玉をあげたんだから
ひかげも年下の子にお年玉をあげないと。。って言って
言われたひかげは、そこにいたみんなにお年玉をあげることになったの^^;


駄菓子屋さんにまで、お年玉をねだっちゃうひかげは
にゃんでも引いちゃう。。

そんなひかげに反省させちゃうこのみって頭いいな☆

でも、駄菓子屋ってもうかってなさそう。。
そうゆうことを考えられるれんちょんが小学1年生ってびっくり^^

駄菓子屋がれんちょんにだけお年玉を用意してた理由も
れんちょんがとってもいい子だからなのかも^^

あと、宮内家って、お父さんとお母さんがぜんぜん出てこないんだけど
どうなってるのかな?って。。


2話目は吹雪の日、ひかげがれんちょんと夏海に外につれ出されて
実はお魚屋さんだった病院のコントのツッコミ役にさせられるの^^


れんちょんと夏海の話が、ちょっとおもしろかった^^

吹雪の中なのに「だるまさんがころんだ」をやるとかw

ひかげのツッコミは、なくってもよかったかも^^;


3話目はほのかが、またおばあちゃん家に遊びに来て
れんげといっしょに遊んだ。。ってゆうおはなし^^

アバンでれんげが年賀状を待ってたのは
もしかしてほのかからだったのかな?

お別れするとき、駄菓子屋からもらった福袋をほのかにあげて
ほのかから、大事な髪かざりをもらった、ってゆう
「のんびよ」ってゆう感じのちょっといいおはなしだった^^
{/netabare}
{/netabare}
第11話 酔っぱらって思い出した
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
加賀山楓が駄菓子屋の店番をしていると、宮内れんげが店の前を通り過ぎて行きました。
れんげはどうやら、しおりのところに遊びに行くようです。合流したれんげは、元気に走り回るしおりに「ちゃんと周りを見て気を付けて歩くよう」に伝えます。
しかし突然、しおりは何かに気付いて駆け出しました。それはカマキリの卵。
しおりは、今度産まれる妹へのプレゼントにできないかとれんげに聞くのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじのおはなしで
しおりに「それは慢心なのん、うちも若かかったころは。。」
ってお説教はじめちゃったところは笑っちゃったw

でも小さいころって、コケても背も低いし体重も軽いから
そんなに大ケガにはならないよね^^

駄菓子屋さんの目がやさしくってよかった☆

しおりがお昼寝に帰ったあと、れんちょんが家につくと
越ケ谷姉妹と蛍が来てて中当て(ドッジボール?)をやって
ひと休みしてるとき卓クンの話になったけど、受験勉強がなくっても
みんなといっしょに遊んでるところ、見たことないw

でも、しおりが出てきて、妹が生まれるってゆう話題が出て
日常のくり返しも終わりに近づいてきてるのかも。。

れんちょんも、もっとお姉さんになるんって言ってたし
れんちょんが夏海くらいになったころ、しおりは今の蛍くらいで
妹は今のれんちょんくらいになるのかな。。

そのときのおはなしも、見てみたいけど
ほかのみんなは卒業しちゃって、学校には蛍も残ってなさそう。。


2話目は一穂が駄菓子屋さんを飲みにさそうおはなし^^
れんちょんが寝たあと、夜10時くらいからってゆうんだけど
やっぱり宮内家って、お父さんお母さんがいないのかな?
10時なのに家にもいないみたいだし、話題にも出てこないってフシギ。。

それでメインはれんちょん大好きな飲みすぎた楓が
れんちょんが
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、野菜を作ったり、虫捕りをしたり、楽器を練習してみたり・・・春夏秋冬の変わりゆく田舎生活はワクワクが止まりません。のどかでいつも通りだけど、くすっときて、ちょっぴり沁みて、心がほっこりする。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:あっと(月刊コミックアライブ連載/KADOKAWA刊)
監督:川面真也
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:大塚 舞
美術:草薙
アニメーション制作:SILVER LINK.

主題歌
OP:「つぎはぎもよう」nano.RIPE
ED:「ただいま」宮内れんげ(CV.小岩井ことり)、一条 蛍(CV.村川梨衣) 越谷夏海(CV.佐倉綾音)、越谷小鞠(CV.阿澄佳奈)
{/netabare}
キャスト{netabare}
宮内れんげ:小岩井ことり
一条 蛍:村川梨衣
越谷夏海:佐倉綾音
越谷小鞠:阿澄佳奈
越谷 卓:????
宮内一穂:名塚佳織
加賀山楓:佐藤利奈
宮内ひかげ:福圓美里
富士宮このみ:新谷良子
篠田あかね:田中あいみ
しおり:久野美咲
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第01話 カエルの歌を吹いた
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある春の日、早起きした宮内れんげはリコーダーを吹きながら学校へ向かっていました。
今日は音楽の授業でリコーダーの合奏があるようです。途中、バスで出会った高校生の富士宮このみに、ドの音がうまく出ない事を打ち明けると、今度一緒に練習する事になりました。
れんげが旭丘分校に到着すると、他の生徒たちも登校してきて…。
まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。
{/netabare}
感想
{netabare}
アバンでれんちょんが起きて顔洗って
つまようじを取ろうとしたけど手が届かなくって、一穂が取ってくれた

へたなリコーダーを吹きながら歩いてると牛さんに会った。。
ってゆうところまでで3分半くらい。。

いつもどおりのんびりの「のんのんびより」^^


そのあと学校行くバスで、フルート持ったこのみに会って
吹奏楽部に入ってること聞いて
リコーダーの練習をいっしょにすることになったの。。


学校の授業で一時間目からドリルで自習。。
夏海と一穂はお昼寝の練習w

音楽で合奏したけど、れんちょんはやっぱりドの音がうまく出せない。。

それからお昼で給食がカレーだったけど
6人前だとふつうの家とそんなに変わらなさそう。。
たぶん、あんなに大きなお鍋はいらないって思う^^
どこで作ってるのかも気になるよねw


お昼を食べたら放課後なのかな?

日直を待ちながら、れんちょんがつまようじにテープを巻いて人形作り^^

みんなもマネしていろんな人形作ってたけど
アレってティッシュを巻いてからじゃないと、太くならないと思うw

夏海は日直で黒板消しとか、ほたるは学級日誌をつけてたけど
小鞠の教え方、うまそう^^
クラスの問題児は夏海で、問題大人は一穂みたいw

それから夏海がジャマするせいで遅くなっちゃったけど
夏海のクマだかダックスフンドだか分からない人形に
れんちょんの赤ちゃんの人形だかせて、夏海の注意をそらす作戦?w

職員室で居眠りする一穂に
みんなのテープ作品を提出?して前半がオシマイ^^


後半は、このみの吹奏楽部の後輩の新キャラ・あかねのおはなしで
人と話すのと聞くのがニガテなあかねが
このみの家にフルートを練習しに来るの^^

そこで人見知りを治すために、おむかえに来たのがれんちょん。。

すごい田舎なのと、ちょっと変わったれんちょんにビックリしてたけど
オナモミの実をもらったり
でっかいガマガエルを見せられてもっとびっくり^^

カエルがかわいいってどこの話w
でも、2本足で歩くカエルはちょっとキモかわいいかもw
でも、それで追いかけられたあかねはかわいそう^^;


家について、あかねの吹くフルートを
タコの足みたいってゆうれんちょんって、やっぱり変わってるよね^^
でも、れんちょんとはふつうにしゃべれるようになって
あかねはちょっと自信がついたみたいでよかった☆

それにれんちょんは、あかねから教えてもらってドの音が出せるようになって
3人で「カエルの歌」の合奏^^

好とれんちょんと仲よくなれたあかねがバス停で
「~~~~よし!」ってするところがよかった^^


さいごにみんなで牛小屋に行って
れんちょんが牛に、うまくなった音楽聞かせるところで終わりだったけど
「牛さんにクラシック音楽聞かせると、いっぱいお乳が出るらしいん」
ってオチがついておかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
第02話 蛍が大人っぽかった?
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
日曜日、宮内れんげに「野菜の苗を植えるので、手伝って欲しい」と声をかけたのは姉の一穂。
れんげはやる気満々で分校の皆も誘います。一穂がれんげをからかって「ピーマンの苗を植える」と嘘をつくと、ピーマンが嫌いなれんげは逃げ出そうとします。
越谷夏海と越谷小鞠も、ピーマンは苦いので実は苦手だと打ち明けますが、一条蛍は大丈夫とのこと。
皆、「蛍は大人だなぁ」と納得するのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめはあらすじのおはなしで、みんなで畑にトマトを植えるの^^
いつものみんなが集まると、何だか体験授業みたいw


一穂が、苗がピーマンのだってからかうから
それまで大よろこびだったれんちょんのテンションがダダ下がり。。^^;

たしかにピーマンって青くさくって、生だとちょっと。。ってゆう感じだけど
自分で育てるんだったら、赤くなるまでおいといたら甘くなるよね^^
でも蛍は青いの食べれるってゆうから、みんな蛍は大人だな。。って^^

まずはマルチをひいて。。って本格的^^
にゃんもYouTubeとか見て、いろいろ再生栽培とかしてるけど
そこまでしないからうまく育たないのかな?

ミミズはあめがふったりすると出てくるけど
にゃんはあんまりこわくない。。
それより大き目でこっちに向かってくるような虫はニガテかな。。
アリとかなら大丈夫なんだけど^^

マルチをひいたら急に雨。。
あまりたくさんふって、根が見えたりしたら大変だけど
植え替えしたばっかりの時って、水はたっぷりやった方がいいから
通り雨でちょうどよかったんじゃないかな◎

それでもトマトが寒そうでかわいそうってゆうれんちょんのために
こんどはビニールハウスを作ることに。。
ビニールハウスって、何だか基地みたいでおもしろそう^^


2話目は蛍が越谷家に遊びに行ったら
このみがフルートの練習しに来てたあかねをつれてきて
人になれさせるためにみんなで自己紹介^^

にゃんはYouTubeで保護猫の動画とかよく見てるけど
何だかあかねが、保護したばっかりの子ネコみたいだった^^

みんなにタメ口でいいってゆうあかねが、蛍にだけは敬語で。。って
絶対そうなるって思ってたw

それからクッキー作りをはじめたんだけど
言い出しっぺの小鞠が作り方知らなくってw

砂糖さがしてるとき卓クンが入ってきて
見つけてサッと去っていく。。

卓クンは、庭でひとりで工作してたけど
誰にも気がつかれないって何だかかわいそう^^;
なんだったら都市伝説にまでされちゃいそうw


3話目は電車で街に家族でお買い物に出かけた蛍が
車内に誰もいないのをいいことに
お父さんとお母さんにあまえ放題^^

でも実は、このみがすみっこの方にのってて、ぜんぶ見てたの^^

それに気がついた蛍の目が点になっててw

そのままこのみの家に遊びに行くんだけど
蛍がまだ小5だって思いだしたこのみが、お姉ちゃん役になろうって
胸に飛び込んできてごらんとか、だっこ?とか
手をつないで家まで行ったりするギャップ萌え、ってゆうのかな^^

その姿を小鞠に見つかって、なぜか言いわけする蛍がおかしかったw

それで家に行って小鞠もひざまくらしてくれるって言いだしたけど
大好きな小鞠にひざまくらされるのは「恥ずかしすぎる」って帰っちゃった^^

そのあと犬のペチのおさんぽに出た蛍がペチにわしゃわしゃしてるの
またこのみに見られちゃって「えっ。。」て、目が合っちゃってw

それってペットを飼ってる人だったらふつうだって思うけど
やっぱり恥ずかしいのかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第03話 昔からこうだった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏、居間で越谷夏海がくつろいでいるとチャイムが鳴りました。
玄関を開けると、そこにいたのは宮内ひかげ。夏休みになって東京から帰ってきたようです。
「さっきまで新幹線に乗っていたから、体を動かして遊びたい」というひかげに、夏海はノリノリでボール遊びを提案します。ひかげがいない間に考案した「必殺確殺シュート」を披露すると言って、夏海は勢いよくボールを投げたのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
夏休みに東京からひかげが帰ってきて夏海の家に遊びに来た。。

2人でボール遊びしてたら
夏海が投げたボールがいきおいあまって庭の盆栽に当たって
鉢をこわしちゃった。。

すぐに謝ろうって言った2人だったけど
お母さんがお買い物に行っててなかなか帰ってこなくって
このままだとしかられちゃうから、割れた鉢をかくそうとしてたら
お母さんが帰ってきて、よけいに怒られちゃった。。ってゆうおはなし。。


2話目は家に帰ってきたひかげが寝ながら
夏海と遊んでひどい目にあったことを思い出すの。。

それは夏海から虚無僧マンごっこしようって言われて
洗濯かごをかぶってバトルごっこしたらスネをけられて追いかけて
さがしたけど見えなくなって歩き疲れてたら
夏海はいつの間にか遊びから抜けて、このみとアイスを買ってた。。

そのアイスは半分に割れるヤツで
食べる?って聞かれて食べるに決まってる、って返事したら
「はいっ」て手わたそうとしたとたん、アイスが棒から落ちちゃった
ってゆう、これがホントのオチw


3話目はきのうのことで怒ったひかげから「1人で遊べ」って言われた夏海が
山で転んで道が分からなくなって泣いてたら
お母さんが夏海をさがしてることを知ったひかげが、見つけてくれて
いっしょに帰ったおはなし。。

それで帰るとちゅう、夏海から昨日のことであやまられて
明日も遊ぼうって言われた。。

次の日、夏海がれんちょんと
暑くてボーっとしてたひかげの頭に洗濯かごをかぶせてきて
秘密基地に行こうってれんちょんが言ったけど断ったら
夏海も「行こう」ってさそってきた。。

昨日のこともあったし、ちょっと考えて「行こう!」って返事したら
こんどはれんちょんが「必殺すね蹴り!」って^^;

そのあと3人で秘密基地に行って、仲よくケンカしながら遊んだ
ってゆうおはなし^^



ひかげと夏海回だったね^^

何だか夏海に迷惑かけられてばっかりのひかげみたいだったけど
怒って絶交、とかにならなくって、すぐ許しちゃうところがやさしいな^^

ちょっといいおはなしだった◎
{/netabare}
{/netabare}
第4話 トマトを届けるサンタになった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
春に植えたトマトがたくさん実り、収穫の季節がやってきました。
自分で作ったトマトを食べた宮内れんげは、あまりの美味しさに感動し、皆へ配りに行く事にしました。
真夏のサンタクロースになってトマトを配り歩くれんげは、最後に駄菓子屋へ向かう途中、泣いている見知らぬ女の子に出会います。近付いて話を聞いてみると、どうやら迷子のようです。
泣き止まない女の子に困ったれんげは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目は、先回植えたトマトがたくさんなったから
れんちょんが1軒ずつ配って歩くんだけど
とちゅうでまいごの女の子を駐在さんの所につれてたら
駐在さんの子ども(しおり)だった、ってゆうおはなし^^


完熟トマトって、甘くっておいしいよね^^
あんなにたくさんなってるし、みんなに手伝ってもらったんだから
もっとたくさんあげてもよかったかも☆彡

しおりちゃんと別れるとき、お姉ちゃんって呼ばれたれんちょんが
なんどもふり向くところがかわいかった^^

あと、駄菓子屋さんに行ったれんちょんが
お姉ちゃんって呼ばれたことを報告したとき
駄菓子屋の楓さんもなんだかうれしそうに見えた^^


2話目は、さっきお巡りさんに会ったせいか
警察ごっこをしたくなったれんげが、取っておいたお年玉を持って
駄菓子屋でおもちゃの手錠を買って、楓にかけたんだけど
はずれなくなっちゃうの。。

運が悪いのか、そこに夏海がやってきて、今までのうらみで
くすぐりの刑をはじめるの^^

でも、はずし方を知ってて、はずしてあげたんだけど
こんどは楓が逮捕状をれんちょんに渡して、夏海に手錠をかけさせて
今までのうらみでくすぐりはじめた、ってゆうおはなし^^


手錠をかくすのにタオルをかけるって、サスペンスドラマみたいw

あと、れんげにはイタズラされても怒らない楓さんも
夏海には厳しいのがおかしかったw

あと、警察って
たいしたことないのに電話したりすると怒られるから気をつけて☆彡


3話目は、近所でまたしおりに会ったれんちょんが
いっしょに警察ごっこをすることになって、パトロール中
家で遊んでる夏海とひかげを見つけて逮捕ごっこしようとしたら
夏海たちは肩車してトーテム星人になって逆襲して、水をかけられたのw

タイトルロゴが水みたいになって飛んでくところがおもしろかった^^

あと、縁側で寝ちゃったしおりを、お姉ちゃんだからって
自分でおぶってふとんまでつれてったれんげがまたかわいかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第5話 ものすごいものを作った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
越谷小鞠は、夏休みの自由研究で妹の夏海からロボットに仮装させられて困った様子。
それを電話で聞いた一条蛍も、留守番をしている今日中に作りたい物がありました。それは、『おしゃべりロボ』と『歩行ロボット工作キット』。
父親から借りたパソコンでしゃべる内容を入力し、その2つのロボットを動物にまたがったこまぐるみの中に入れます。広いリビングに移動して、スイッチをオンにすると…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、禁断の研究に手を染めちゃった蛍のおはなしw


はじめ、蛍が自由研究のおしゃべりロボと歩行ロボット工作キットを
こまぐるみに行けるんだけど、カメラが引いて蛍のへやが映ると
へや中こまぐるみw

リビングで実験中、回覧板がきて
応対に出た蛍が話しこんでるうち、こまぐるみは外に出ちゃった。。

こまぐるみはそのまま歩きつづけて
川に落ちたり、鳥につれさられたりしてどこかに消えちゃった。。


2話目は、あかねが日にちをまちがえてこのみの家に練習に来ちゃって
それに気がついて家の前をうろうろしてるとれんちょんが来たの。。

間違えたのがこのみにバレると恥ずかしいから
かくれてれんちょんとケンケンパで遊んでたら、このみが来て
とっさに茂みにかくれたら、夏海まで来て
2人でけもの道にかくれてる動物をさがそうってゆうことになったの。。

それであかねが逃げるとこのみと夏海が追いかけてきて
とうとうあかねは道でたおれちゃって、2人に発見されちゃった。。
ってゆうおはなし^^

このみの逃げ足がいくら速くっても、毎日山とかで遊んでる
いなかの子どもたちの体力には勝てなかったみたい^^


間違って来ちゃったのを隠そうとして
どんどん追い込まれてくあかねを見てハラハラしちゃった。。

あかねが山の中で、道に迷ったりするんじゃないかな?って心配だったから
れんちょんの「塩をえたナメクジごっこ」がオチでよかった^^

それであかねが帰りぎわ、道でこまぐるみを見たのが3話目の伏線で
なぜかこまぐるみが蛍のところに帰ってきて
「誰にも見られてないよね。。」って蛍が心配するところでオシマイ^^


3話目は、小鞠から蛍に電話があって
行ってみるとあかりがあそびに来てたの^^

それで学校の話とか聞いてたら、あかりが小鞠の顔をじっと見だして
小鞠によく似た人形が
変な動物の上に乗っかってるのを見た話しをはじめたの^^;
そのときのBGMが、風鈴が鳴る音が入ってたりちょっとホラーテイストw

小鞠がお化けの話かと思ってこわそうに聞くとなりで
それがこまぐるみじゃないか?って気がついて
だんだん確信に変わってく蛍の顔がおかしかった^^

それでしばらく「コマグル~」wとか言ってごまかそうってしてたけど
本気で「呪われたらどうしよう?」って心配する小鞠を見てて
本当のことが言えなくって、苦しくなってくところはかわいそうだった。。

それから小鞠が、蛍がこまぐるみを作ってたのを思い出したところは
BGMもサスペンスになって、ドキドキw
「その反応。。もしかして心当たりがあるの?」ってゆうところは
ホントにサスペンスドラマw

それで、人生オワタ\(^o^)/って思って「すみません実は。。」
って言いかけたら小鞠が「私、気づいちゃった!
オオサンショウウオの幽霊がぬいぐるみに取りついたってね!」って大ボケw

それで小鞠が「こうゆう時のためにちゃんと対策を考えてるから安心して!」
って言って
蛍が小鞠にもらって帰ってきたのは"盛り塩"だった、ってゆうオチw



この前の、ひかげと夏海が鉢を割っちゃったおはなしもそうだけど
何かをかくそうってするおはなしが、よく出てくるかも。。

バレるかもってゆうサスペンス、ごまかそうってするボケ
バレておこられるオチとか、いろんなパターンがあって、おもしろいよね^^

でも、リアルでかくしごととかすると、バレておこられたりするより
言えないで苦しくなるほうがつらいから
早く話して楽になった方がいいと思う☆
{/netabare}
{/netabare}
第6話 みんなでキャンプに行った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏休み終盤、宮内れんげは旭丘分校の皆と一緒にキャンプにやってきました。
早速テントを張り終わり、ボール遊びや釣りなど、思い思いに楽しむ一同。
夕方になりバーベキューの準備が整いました。肉や野菜の美味しさについ食べ過ぎてしまった子供たちですが、引率の教師でもある宮内一穂は、お酒を飲みすぎて酔い潰れてしまいます。
夜も更け、カブトムシの蜜を塗りに行く事になったれんげと越谷夏海ですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は「のんキャン△」。。
れんちょんは心の準備が必要みたい^^

小学生と中学生なのに林間学校も修学旅行もないのってフシギだったけど
学校のみんなでキャンプに行くことに。。

お兄さんはひとりでとなりにテントを張って見張り役?w
それに、みんなのテント張りにも協力させられてかわいそうかも^^

学校行事じゃないから一穂先生はお酒を飲んでられたみたい^^
飲んで酔っ払って眠っちゃった。。

それで夜、れんちょんと夏海は2人で
カブトムシをつかまえるために木に蜜をぬりに行った

それを目をさました一穂が、2人だけじゃ。。って追いかけたんだけど
酔っぱらってるから足がふらふらで気もちも悪くなってきて
四つん這いになっていくことに^^;

それでれんちょんに追いついて、名前を呼びながら足をつかんだら
れんちょんはびっくりして逃げたw

そのあと髪の毛を木に引っかけた一穂は
ポニテをほどいて追いかけて、這ったまま2人の前に出たら
まるでホラー映画に出てくる貞子みたいになって
れんちょんと夏海は蜜を投げつけて逃げた。。

それでキャンプにもどった2人は、お化けにあった話をすると
みんな、一穂だろうって言って信じなかったけど
帰ってきた一穂のボロボロになった姿を見て
小鞠は気を失っちゃった。。ってゆうおはなし^^


キャンプにつきそう女の先生って酔っぱらいが多いみたいw
でも、いくら授業じゃないからって言って
保護者が酔っぱらうまでお酒を飲んじゃまずいと思う^^;

でも、夜中に山道を明かりも持たないでさがしに行ったり
石とか折れた小枝とかいっぱい落ちてそうな道を
ケガもしないで這って追いつくとか
一穂はそっちのほうがお化けみたいかも^^

アイキャッチは何だか、小鞠殺人事件みたくなってて^^;



後半は
宿題を先のばししてたひかげと夏海コンビが宿題に追われるおはなしで
2人はいっしょに宿題しようって集まったみたいなんだけど。。

成績が悪いから、宿題をみんなより多く出された。。って文句ゆう夏海に
そんなことする教師誰だよ!?出て来いよその教師!ってひかげがツッコむと
一穂がニコニコしながらジュースを持ってきたの

それで夏海が
「宿題が多すぎてこのままだとひか姉と合宿状態になりそうなんですけど!」
って文句言ったら「夏海は合宿だい好きなんだな、宿題だけに^^」ってw

それでテンション下げられた夏海が
逆ギレで宿題をボイコットしようって言いだしたの。。

ひかげははじめ反対して
「とにかく私は絶対ボイコットなんかしないんだからな」
とか言ってたんだけど、けっきょく夏海につられて遊ぶことになっちゃったw

ジョージ・ワシントンごっこで
「ワシントンさー、きのう何食ったぁ?」がイミフでw

そのあと2人は、れんちょんと一穂の前でTVゲーム。。
反抗するのがドキドキだった2人だけど
宿題終わらせて遊びに行くれんちょんを見て
とうとう罪悪感MAXになっちゃったみたい^^

夏海がトイレに行くってぬけ出して、こっそり宿題やってたら
それに気づいたひかげが来て止めようとしてモメてたら
ジュースをこぼして、夏海の宿題がビチャビチャに。。

それで、間が開いて、2人はいそいで宿題に取りかかったw

さいごはれんちょんが
宿題とちゅうで眠っちゃった2人のスケッチをしてるところでED。。
れんちょんの絵が、すごくうまかった!!
{/netabare}
{/netabare}
第7話 ハラハラする秋だった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
宮内一穂は終わりの会で、明日は授業参観だと生徒たちに告げます。
越谷夏海は、いつもの体たらくが母の雪子にバレる事に絶望していました。「勉強していなかった夏海が悪い」と笑っていた一穂ですが、夏海は「一穂が自習中に居眠りしている」事も雪子に伝えている様子。
授業参観の内容次第では自分にも被害が及ぶと焦った一穂は、必死になって夏海に勉強を教え始めるのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじの授業参観のおはなし。。

夏海の目が点になってたけど
ふつう授業参観って前の日にお知らせしないよね^^

れんちょんは毎日授業参観みたいって言ってたけど
一穂はお母さん代わりかな。。
そう言えば宮内家だけ親が出てこないけど
もしかしてお父さんがひとりだけとか?

それでれんちょんが駄菓子屋さんを呼んでたけど、やっぱりそうなのかな?

夏海のお母さんって雪子さんゆうんだ。。
一穂もビビってたけど、もしかしてこわい近所のお姉さんだったとか?
いなかのほうって、みんな親戚みたいだよね^^

試験の前の日に勉強しても、その日忘れちゃったりするけど
夏海の頭はかけ算もおぼえてないって。。
でもにゃんも、8と9の段はちょっと自信ないかもw

夏海が8×3のかけ算を答えられないでいたら
れんちょんが24って答えちゃった。。
今週はれんちょんが天才の回だったのかも^^

あとの一穂の質問と夏海の答えはコントw
雪子さん、笑顔だけど目が笑ってないw


2話目はれんげとしおりの哲学っぽいおはなしだった^^

ボールをペットにして蹴る。。
ペットは蹴っちゃダメだけど、ボールだからいいってw

ボールはどうして止まるの?
空気抵抗とか、摩擦とか、すぐ出てくるところがれんちょんって天才!
にゃんは、地面がちょっとへこんでて、そこにハマるからかな?って^^

でも、そのあと丸は顕微鏡で見ると凸凹だとかって言ってたから
にゃんも間違ってないのかも?

するどい質問するしおりだったけど
まさつとサツマイモを間違えるって、意外とふつうの子かも^^

真ん丸な物はこの世に存在しない。。って
小学生とその下の子のする話じゃないよね^^
レベルが高い話って、あっさりまとめた夏海がよかった^^


3話目はれんちょんがサワガニ?をつかまえて
夏海が水槽を作ってあげるおはなしで
夏海は勉強できないけど、こうゆうのはとくいみたい^^

池のコイ・光り物親方がれんちょんとおんなじくらいの大きさw

BGMのカニカニがおかしいw

仕上げにオシオひとつまみが、その通りなんだけどおかしいw

さいごは夏海がれんちょんちで晩御飯を食べてくことになって
今夜のおかずはカニクリームコロッケってゆうオチが落語みたいだったw
{/netabare}
{/netabare}
第8話 先輩はもうすぐ受験だった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
篠田あかねは、先輩から「受験の為に部活を辞める」と告げられます。
富士宮このみのおかげで友達が出来て、フルートも上達したと感謝しているあかねは、このみも部活を辞めるのではないかと寂しくなりました。
帰り道、駅に着くと偶然このみが現れます。これから越谷家に遊びに行くので、駅前商店街のお祭りで手土産を買っていこうとしているようです。
このみと一緒にお祭りをまわる事になったあかねは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじのおはなし。。

このみに部活やめるか聞こうって思いながら聞き出せないまま
いっしょに屋台をまわるあかねが、駅について別れるとき
このみが部をやめるって思ってお礼の言葉を言ったら
実は推薦で入学が決まってるからやめない、って言われて
ちょっと恥ずかしかったけど、ちょっとホッとした、ってゆうおはなし^^

このみとあかねのデート回ってゆう感じかな。。
もうすぐお別れで、さびしくなっちゃうってゆう気もちが伝わる
いいおはなしだった^^

「のんのんびより」でいなかが出てこない、めずらしい回だったかも^^


2話目は、このみがあかねと別れたあと、越谷家にお泊りに行ったんだけど
そこでまくら投げをはじめた夏海が自爆して
ふすまに穴を開けちゃったの。。

それであかねが取ってきた福笑いを貼ってごまかそうとしたらお母さんが来て
ごまかそうとしたのがバレたんだけど実はその穴は昼間お母さんが開けた穴で
小さいからあとで直そうと思ってたってゆうのが分かって
夏海が福笑いをはがそうとしたら、ほかの部分までベリッ!って^^;

元はお母さんがやったんだから、そんなには怒られないんじゃないかな?
でも、隠そうってしたからこうなったんだから
スナオにあやまる方がいいと思う☆彡


3話目はあかねがこのみの家に練習に来て、泊ってくおはなし。。

あかねはこのみが卒業したら、もう来れなくなるって心配してる。。

そこにみんなが来て、みんなの前でフルートをふくことになったんだけど
緊張して変な音になっちゃったから、このみに言われて
外で吹くことに。。

このみがあかねに「いつも通りやればいいよ^^」って言ってくれたから
こんどは大成功だったんだ♪


それから夜、寝るときに、このみから
「大学行ってもフルート続けるつもりだからいっしょにやろう」
って言われて、あかねは大きな声で「ハイ!」って言っちゃった^^

次の日の練習では
れんちょんが気がつくくらい明るくなったあかねだった。。
ってゆうおはなし◎

1話と3話はほのぼのしたいいおはなしでよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第9話 おいしいごはんを作った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
部屋でくつろいでいた越谷小鞠は、妹の夏海からデパートに誘われますが、乗り気ではない様子。
「ひとりで留守番をするとおばけが出る」と夏海に言われますが、小鞠は「おばけなんて作り話だし、昼には出ない」とムキになって否定します。
留守番中、小鞠はお腹が減ったので台所にお菓子を取りに行きました。すると突然、背後で小さな物音がします。焦った小鞠が視線を向けると、そこには…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は、小鞠と夏海の回かな^^


1話目はあらすじのおはなしで、小鞠が家でひとりで留守番してると
いつの間にか家にイタチが入り込んでたの。。

ビビりながらつかまえようとしてるところに、このみが
いっしょに遊ばないか、電話をしてくるんだけどとちゅうで圏外になって
ワン切り状態になっちゃった。。

小鞠が不審な電話にもっとビビってると
このみが家に着いてかけ直してきたんだけど
小鞠が電話を取ると、ちょうどれんちょんとTVの話してて
「観てるよ。。」ってゆう声が聞こえてきて、思わず切っちゃった。。

そして電話の声がイタチのお化けの声じゃないかってますますビビって
ムリヤリつかまえようってしたら足をすべらせて転んで
起き上がろうとした顔の上にイタチがとびかかってきて気絶しちゃった。。

それで夏海たちが帰ってきたら、小鞠は押し入れにかくれてて
夏海の「。。こうして座敷わらしの話ができ上るんだな。。」
に「わらしじゃないもん!」って小鞠がツッコんでオシマイ^^


お化けはこわがらせる以外は何にもしないけど
野生の動物って、感染症とかノミやダニを持ってるかもしれないから
顔に飛びつかれたんだったら
おふろに入って顔と体を洗った方がいいかも?

あと、イタチの出すガスはすごいくさいみたいだから
ムリにつかまえようとしないで
家の戸をぜんぶ開けて逃がすようにした方が良かったかも^^


2話目は
蛍と交換するために編み物をはじめた小鞠が作った作品が失敗ばっかりで
もうすぐ蛍が来るって、あせってるの。。

その話を聞いた夏海が、でき上ってるものを指さして
そこにできてるのは?って聞いたら、セーターって言われて
ためしに着てみたら頭を出す穴がない。。
それで、もも引きを着せられた、って夏海がキレてたら蛍が来た。。

それで、手作りのセーターを持ってきてくれた蛍を前にして
小鞠は夏海に、何とかして!ってムチャ振りするから
夏海は小鞠の失敗作を手に取って「これはセーターに見えるけど
実はあったかレギンズです^^」って物ボケをはじめたのw

レギンズが受けたのをいいことに
何だか分からないUFOみたいなものを「通天閣の上の部分。。」
って言おうってして、ムリがあったから「ボールです!」って言い直し。。
「ワンちゃん用のボール。。でも。。」って苦しい言いわけ^^;

さいごにセーターとマフラーが合わさったようなものが出てきて
とうとう終了。。

小鞠があやまって、こんどはいっしょに作ろう^^
ってゆう話になったんだけど
夏海が「で、その股引なんだけどさ!」って言っちゃったから
蛍もドン引き。。ってゆうところでオシマイ^^


だんだん言いわけが苦しくなる夏海がおかしくって
さいごに言いわけできないモノが出てきたところはふき出しちゃったw

股引とかにするには首のあたりのスペースがあまりすぎてるから
首のあたりをはさみで切ってから、かがったほうがいいかも^^


3話目はタイトルのおはなしで
小鞠が晩ご飯を作るって言いだすんだけど
前にひどいものを食べさせられた夏海は反対するの。。

いろいろ考えた小鞠だったけど、取りあえずルーがあったからカレーで
昨日の残りの肉じゃがに入れて。。ってゆうところまではいいんだけど
コクを出すのにお砂糖たっぷり入れて。。とか考えだして
脱線しそうになったんだけど、お砂糖が見つからずに断念^^

それでどうしていいか分からなくなってたら、火にかけてたお鍋がこげて
あわててたらお母さんが来て、火を止めてくれてちょっとアドバイス^^

小鞠はそのまま行こうとしたお母さんを引き止めて「やっぱり手伝って☆彡」
ってお願いして、牛乳入れたり、いろいろ教わったみたい^^

さいごは夏海からおいしいって言われて終わり^^


カレーはルーに書いてある通りに作ったら、たいてい失敗しないけど
にゃんもはじめのころはちょっとお水が多すぎて
片栗粉足して、塩を足したらしょっぱくなりすぎて
こんどはお砂糖足したら変な味になったりしたことがあった^^;

やっぱりはじめのうちは、お母さんに見てもらった方がいいかも^^

でも、お料理って、失敗して覚えてくものかも^^

あと、お兄ちゃんがお料理もできて、何でもできちゃうみたいだし
勉強もがんばってるみたいですごいなぁって☆
{/netabare}
{/netabare}
第10話 寒くなったりあったかくなったりした
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
お正月、宮内れんげは玄関に飾られた門松を見て「かっこいい」とご満悦の様子。ふと郵便受けを確認すると、年賀状が届いていました。
分校の皆からの年賀状を確認したれんげですが、なぜか少し残念そうな表情で…。
その後、家族にも届いていた分の年賀状を手にして茶の間に戻ると、姉のひかげがお年玉を貰おうと一穂にしがみついていました。あまりにも必死なひかげを見たれんげは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はお正月休みで帰ってきてたひかげが
一穂tabare}
INTRODUCTION
{netabare}
「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、野菜を作ったり、虫捕りをしたり、楽器を練習してみたり・・・春夏秋冬の変わりゆく田舎生活はワクワクが止まりません。のどかでいつも通りだけど、くすっときて、ちょっぴり沁みて、心がほっこりする。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:あっと(月刊コミックアライブ連載/KADOKAWA刊)
監督:川面真也
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:大塚 舞
美術:草薙
アニメーション制作:SILVER LINK.

主題歌
OP:「つぎはぎもよう」nano.RIPE
ED:「ただいま」宮内れんげ(CV.小岩井ことり)、一条 蛍(CV.村川梨衣) 越谷夏海(CV.佐倉綾音)、越谷小鞠(CV.阿澄佳奈)
{/netabare}
キャスト{netabare}
宮内れんげ:小岩井ことり
一条 蛍:村川梨衣
越谷夏海:佐倉綾音
越谷小鞠:阿澄佳奈
越谷 卓:????
宮内一穂:名塚佳織
加賀山楓:佐藤利奈
宮内ひかげ:福圓美里
富士宮このみ:新谷良子
篠田あかね:田中あいみ
しおり:久野美咲
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第01話 カエルの歌を吹いた
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある春の日、早起きした宮内れんげはリコーダーを吹きながら学校へ向かっていました。
今日は音楽の授業でリコーダーの合奏があるようです。途中、バスで出会った高校生の富士宮このみに、ドの音がうまく出ない事を打ち明けると、今度一緒に練習する事になりました。
れんげが旭丘分校に到着すると、他の生徒たちも登校してきて…。
まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。
{/netabare}
感想
{netabare}
アバンでれんちょんが起きて顔洗って
つまようじを取ろうとしたけど手が届かなくって、一穂が取ってくれた

へたなリコーダーを吹きながら歩いてると牛さんに会った。。
ってゆうところまでで3分半くらい。。

いつもどおりのんびりの「のんのんびより」^^


そのあと学校行くバスで、フルート持ったこのみに会って
吹奏楽部に入ってること聞いて
リコーダーの練習をいっしょにすることになったの。。


学校の授業で一時間目からドリルで自習。。
夏海と一穂はお昼寝の練習w

音楽で合奏したけど、れんちょんはやっぱりドの音がうまく出せない。。

それからお昼で給食がカレーだったけど
6人前だとふつうの家とそんなに変わらなさそう。。
たぶん、あんなに大きなお鍋はいらないって思う^^
どこで作ってるのかも気になるよねw


お昼を食べたら放課後なのかな?

日直を待ちながら、れんちょんがつまようじにテープを巻いて人形作り^^

みんなもマネしていろんな人形作ってたけど
アレってティッシュを巻いてからじゃないと、太くならないと思うw

夏海は日直で黒板消しとか、ほたるは学級日誌をつけてたけど
小鞠の教え方、うまそう^^
クラスの問題児は夏海で、問題大人は一穂みたいw

それから夏海がジャマするせいで遅くなっちゃったけど
夏海のクマだかダックスフンドだか分からない人形に
れんちょんの赤ちゃんの人形だかせて、夏海の注意をそらす作戦?w

職員室で居眠りする一穂に
みんなのテープ作品を提出?して前半がオシマイ^^


後半は、このみの吹奏楽部の後輩の新キャラ・あかねのおはなしで
人と話すのと聞くのがニガテなあかねが
このみの家にフルートを練習しに来るの^^

そこで人見知りを治すために、おむかえに来たのがれんちょん。。

すごい田舎なのと、ちょっと変わったれんちょんにビックリしてたけど
オナモミの実をもらったり
でっかいガマガエルを見せられてもっとびっくり^^

カエルがかわいいってどこの話w
でも、2本足で歩くカエルはちょっとキモかわいいかもw
でも、それで追いかけられたあかねはかわいそう^^;


家について、あかねの吹くフルートを
タコの足みたいってゆうれんちょんって、やっぱり変わってるよね^^
でも、れんちょんとはふつうにしゃべれるようになって
あかねはちょっと自信がついたみたいでよかった☆

それにれんちょんは、あかねから教えてもらってドの音が出せるようになって
3人で「カエルの歌」の合奏^^

好とれんちょんと仲よくなれたあかねがバス停で
「~~~~よし!」ってするところがよかった^^


さいごにみんなで牛小屋に行って
れんちょんが牛に、うまくなった音楽聞かせるところで終わりだったけど
「牛さんにクラシック音楽聞かせると、いっぱいお乳が出るらしいん」
ってオチがついておかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
第02話 蛍が大人っぽかった?
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
日曜日、宮内れんげに「野菜の苗を植えるので、手伝って欲しい」と声をかけたのは姉の一穂。
れんげはやる気満々で分校の皆も誘います。一穂がれんげをからかって「ピーマンの苗を植える」と嘘をつくと、ピーマンが嫌いなれんげは逃げ出そうとします。
越谷夏海と越谷小鞠も、ピーマンは苦いので実は苦手だと打ち明けますが、一条蛍は大丈夫とのこと。
皆、「蛍は大人だなぁ」と納得するのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめはあらすじのおはなしで、みんなで畑にトマトを植えるの^^
いつものみんなが集まると、何だか体験授業みたいw


一穂が、苗がピーマンのだってからかうから
それまで大よろこびだったれんちょんのテンションがダダ下がり。。^^;

たしかにピーマンって青くさくって、生だとちょっと。。ってゆう感じだけど
自分で育てるんだったら、赤くなるまでおいといたら甘くなるよね^^
でも蛍は青いの食べれるってゆうから、みんな蛍は大人だな。。って^^

まずはマルチをひいて。。って本格的^^
にゃんもYouTubeとか見て、いろいろ再生栽培とかしてるけど
そこまでしないからうまく育たないのかな?

ミミズはあめがふったりすると出てくるけど
にゃんはあんまりこわくない。。
それより大き目でこっちに向かってくるような虫はニガテかな。。
アリとかなら大丈夫なんだけど^^

マルチをひいたら急に雨。。
あまりたくさんふって、根が見えたりしたら大変だけど
植え替えしたばっかりの時って、水はたっぷりやった方がいいから
通り雨でちょうどよかったんじゃないかな◎

それでもトマトが寒そうでかわいそうってゆうれんちょんのために
こんどはビニールハウスを作ることに。。
ビニールハウスって、何だか基地みたいでおもしろそう^^


2話目は蛍が越谷家に遊びに行ったら
このみがフルートの練習しに来てたあかねをつれてきて
人になれさせるためにみんなで自己紹介^^

にゃんはYouTubeで保護猫の動画とかよく見てるけど
何だかあかねが、保護したばっかりの子ネコみたいだった^^

みんなにタメ口でいいってゆうあかねが、蛍にだけは敬語で。。って
絶対そうなるって思ってたw

それからクッキー作りをはじめたんだけど
言い出しっぺの小鞠が作り方知らなくってw

砂糖さがしてるとき卓クンが入ってきて
見つけてサッと去っていく。。

卓クンは、庭でひとりで工作してたけど
誰にも気がつかれないって何だかかわいそう^^;
なんだったら都市伝説にまでされちゃいそうw


3話目は電車で街に家族でお買い物に出かけた蛍が
車内に誰もいないのをいいことに
お父さんとお母さんにあまえ放題^^

でも実は、このみがすみっこの方にのってて、ぜんぶ見てたの^^

それに気がついた蛍の目が点になっててw

そのままこのみの家に遊びに行くんだけど
蛍がまだ小5だって思いだしたこのみが、お姉ちゃん役になろうって
胸に飛び込んできてごらんとか、だっこ?とか
手をつないで家まで行ったりするギャップ萌え、ってゆうのかな^^

その姿を小鞠に見つかって、なぜか言いわけする蛍がおかしかったw

それで家に行って小鞠もひざまくらしてくれるって言いだしたけど
大好きな小鞠にひざまくらされるのは「恥ずかしすぎる」って帰っちゃった^^

そのあと犬のペチのおさんぽに出た蛍がペチにわしゃわしゃしてるの
またこのみに見られちゃって「えっ。。」て、目が合っちゃってw

それってペットを飼ってる人だったらふつうだって思うけど
やっぱり恥ずかしいのかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第03話 昔からこうだった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏、居間で越谷夏海がくつろいでいるとチャイムが鳴りました。
玄関を開けると、そこにいたのは宮内ひかげ。夏休みになって東京から帰ってきたようです。
「さっきまで新幹線に乗っていたから、体を動かして遊びたい」というひかげに、夏海はノリノリでボール遊びを提案します。ひかげがいない間に考案した「必殺確殺シュート」を披露すると言って、夏海は勢いよくボールを投げたのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
夏休みに東京からひかげが帰ってきて夏海の家に遊びに来た。。

2人でボール遊びしてたら
夏海が投げたボールがいきおいあまって庭の盆栽に当たって
鉢をこわしちゃった。。

すぐに謝ろうって言った2人だったけど
お母さんがお買い物に行っててなかなか帰ってこなくって
このままだとしかられちゃうから、割れた鉢をかくそうとしてたら
お母さんが帰ってきて、よけいに怒られちゃった。。ってゆうおはなし。。


2話目は家に帰ってきたひかげが寝ながら
夏海と遊んでひどい目にあったことを思い出すの。。

それは夏海から虚無僧マンごっこしようって言われて
洗濯かごをかぶってバトルごっこしたらスネをけられて追いかけて
さがしたけど見えなくなって歩き疲れてたら
夏海はいつの間にか遊びから抜けて、このみとアイスを買ってた。。

そのアイスは半分に割れるヤツで
食べる?って聞かれて食べるに決まってる、って返事したら
「はいっ」て手わたそうとしたとたん、アイスが棒から落ちちゃった
ってゆう、これがホントのオチw


3話目はきのうのことで怒ったひかげから「1人で遊べ」って言われた夏海が
山で転んで道が分からなくなって泣いてたら
お母さんが夏海をさがしてることを知ったひかげが、見つけてくれて
いっしょに帰ったおはなし。。

それで帰るとちゅう、夏海から昨日のことであやまられて
明日も遊ぼうって言われた。。

次の日、夏海がれんちょんと
暑くてボーっとしてたひかげの頭に洗濯かごをかぶせてきて
秘密基地に行こうってれんちょんが言ったけど断ったら
夏海も「行こう」ってさそってきた。。

昨日のこともあったし、ちょっと考えて「行こう!」って返事したら
こんどはれんちょんが「必殺すね蹴り!」って^^;

そのあと3人で秘密基地に行って、仲よくケンカしながら遊んだ
ってゆうおはなし^^



ひかげと夏海回だったね^^

何だか夏海に迷惑かけられてばっかりのひかげみたいだったけど
怒って絶交、とかにならなくって、すぐ許しちゃうところがやさしいな^^

ちょっといいおはなしだった◎
{/netabare}
{/netabare}
第4話 トマトを届けるサンタになった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
春に植えたトマトがたくさん実り、収穫の季節がやってきました。
自分で作ったトマトを食べた宮内れんげは、あまりの美味しさに感動し、皆へ配りに行く事にしました。
真夏のサンタクロースになってトマトを配り歩くれんげは、最後に駄菓子屋へ向かう途中、泣いている見知らぬ女の子に出会います。近付いて話を聞いてみると、どうやら迷子のようです。
泣き止まない女の子に困ったれんげは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目は、先回植えたトマトがたくさんなったから
れんちょんが1軒ずつ配って歩くんだけど
とちゅうでまいごの女の子を駐在さんの所につれてたら
駐在さんの子ども(しおり)だった、ってゆうおはなし^^


完熟トマトって、甘くっておいしいよね^^
あんなにたくさんなってるし、みんなに手伝ってもらったんだから
もっとたくさんあげてもよかったかも☆彡

しおりちゃんと別れるとき、お姉ちゃんって呼ばれたれんちょんが
なんどもふり向くところがかわいかった^^

あと、駄菓子屋さんに行ったれんちょんが
お姉ちゃんって呼ばれたことを報告したとき
駄菓子屋の楓さんもなんだかうれしそうに見えた^^


2話目は、さっきお巡りさんに会ったせいか
警察ごっこをしたくなったれんげが、取っておいたお年玉を持って
駄菓子屋でおもちゃの手錠を買って、楓にかけたんだけど
はずれなくなっちゃうの。。

運が悪いのか、そこに夏海がやってきて、今までのうらみで
くすぐりの刑をはじめるの^^

でも、はずし方を知ってて、はずしてあげたんだけど
こんどは楓が逮捕状をれんちょんに渡して、夏海に手錠をかけさせて
今までのうらみでくすぐりはじめた、ってゆうおはなし^^


手錠をかくすのにタオルをかけるって、サスペンスドラマみたいw

あと、れんげにはイタズラされても怒らない楓さんも
夏海には厳しいのがおかしかったw

あと、警察って
たいしたことないのに電話したりすると怒られるから気をつけて☆彡


3話目は、近所でまたしおりに会ったれんちょんが
いっしょに警察ごっこをすることになって、パトロール中
家で遊んでる夏海とひかげを見つけて逮捕ごっこしようとしたら
夏海たちは肩車してトーテム星人になって逆襲して、水をかけられたのw

タイトルロゴが水みたいになって飛んでくところがおもしろかった^^

あと、縁側で寝ちゃったしおりを、お姉ちゃんだからって
自分でおぶってふとんまでつれてったれんげがまたかわいかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第5話 ものすごいものを作った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
越谷小鞠は、夏休みの自由研究で妹の夏海からロボットに仮装させられて困った様子。
それを電話で聞いた一条蛍も、留守番をしている今日中に作りたい物がありました。それは、『おしゃべりロボ』と『歩行ロボット工作キット』。
父親から借りたパソコンでしゃべる内容を入力し、その2つのロボットを動物にまたがったこまぐるみの中に入れます。広いリビングに移動して、スイッチをオンにすると…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、禁断の研究に手を染めちゃった蛍のおはなしw


はじめ、蛍が自由研究のおしゃべりロボと歩行ロボット工作キットを
こまぐるみに行けるんだけど、カメラが引いて蛍のへやが映ると
へや中こまぐるみw

リビングで実験中、回覧板がきて
応対に出た蛍が話しこんでるうち、こまぐるみは外に出ちゃった。。

こまぐるみはそのまま歩きつづけて
川に落ちたり、鳥につれさられたりしてどこかに消えちゃった。。


2話目は、あかねが日にちをまちがえてこのみの家に練習に来ちゃって
それに気がついて家の前をうろうろしてるとれんちょんが来たの。。

間違えたのがこのみにバレると恥ずかしいから
かくれてれんちょんとケンケンパで遊んでたら、このみが来て
とっさに茂みにかくれたら、夏海まで来て
2人でけもの道にかくれてる動物をさがそうってゆうことになったの。。

それであかねが逃げるとこのみと夏海が追いかけてきて
とうとうあかねは道でたおれちゃって、2人に発見されちゃった。。
ってゆうおはなし^^

このみの逃げ足がいくら速くっても、毎日山とかで遊んでる
いなかの子どもたちの体力には勝てなかったみたい^^


間違って来ちゃったのを隠そうとして
どんどん追い込まれてくあかねを見てハラハラしちゃった。。

あかねが山の中で、道に迷ったりするんじゃないかな?って心配だったから
れんちょんの「塩をえたナメクジごっこ」がオチでよかった^^

それであかねが帰りぎわ、道でこまぐるみを見たのが3話目の伏線で
なぜかこまぐるみが蛍のところに帰ってきて
「誰にも見られてないよね。。」って蛍が心配するところでオシマイ^^


3話目は、小鞠から蛍に電話があって
行ってみるとあかりがあそびに来てたの^^

それで学校の話とか聞いてたら、あかりが小鞠の顔をじっと見だして
小鞠によく似た人形が
変な動物の上に乗っかってるのを見た話しをはじめたの^^;
そのときのBGMが、風鈴が鳴る音が入ってたりちょっとホラーテイストw

小鞠がお化けの話かと思ってこわそうに聞くとなりで
それがこまぐるみじゃないか?って気がついて
だんだん確信に変わってく蛍の顔がおかしかった^^

それでしばらく「コマグル~」wとか言ってごまかそうってしてたけど
本気で「呪われたらどうしよう?」って心配する小鞠を見てて
本当のことが言えなくって、苦しくなってくところはかわいそうだった。。

それから小鞠が、蛍がこまぐるみを作ってたのを思い出したところは
BGMもサスペンスになって、ドキドキw
「その反応。。もしかして心当たりがあるの?」ってゆうところは
ホントにサスペンスドラマw

それで、人生オワタ\(^o^)/って思って「すみません実は。。」
って言いかけたら小鞠が「私、気づいちゃった!
オオサンショウウオの幽霊がぬいぐるみに取りついたってね!」って大ボケw

それで小鞠が「こうゆう時のためにちゃんと対策を考えてるから安心して!」
って言って
蛍が小鞠にもらって帰ってきたのは"盛り塩"だった、ってゆうオチw



この前の、ひかげと夏海が鉢を割っちゃったおはなしもそうだけど
何かをかくそうってするおはなしが、よく出てくるかも。。

バレるかもってゆうサスペンス、ごまかそうってするボケ
バレておこられるオチとか、いろんなパターンがあって、おもしろいよね^^

でも、リアルでかくしごととかすると、バレておこられたりするより
言えないで苦しくなるほうがつらいから
早く話して楽になった方がいいと思う☆
{/netabare}
{/netabare}
第6話 みんなでキャンプに行った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏休み終盤、宮内れんげは旭丘分校の皆と一緒にキャンプにやってきました。
早速テントを張り終わり、ボール遊びや釣りなど、思い思いに楽しむ一同。
夕方になりバーベキューの準備が整いました。肉や野菜の美味しさについ食べ過ぎてしまった子供たちですが、引率の教師でもある宮内一穂は、お酒を飲みすぎて酔い潰れてしまいます。
夜も更け、カブトムシの蜜を塗りに行く事になったれんげと越谷夏海ですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は「のんキャン△」。。
れんちょんは心の準備が必要みたい^^

小学生と中学生なのに林間学校も修学旅行もないのってフシギだったけど
学校のみんなでキャンプに行くことに。。

お兄さんはひとりでとなりにテントを張って見張り役?w
それに、みんなのテント張りにも協力させられてかわいそうかも^^

学校行事じゃないから一穂先生はお酒を飲んでられたみたい^^
飲んで酔っ払って眠っちゃった。。

それで夜、れんちょんと夏海は2人で
カブトムシをつかまえるために木に蜜をぬりに行った

それを目をさました一穂が、2人だけじゃ。。って追いかけたんだけど
酔っぱらってるから足がふらふらで気もちも悪くなってきて
四つん這いになっていくことに^^;

それでれんちょんに追いついて、名前を呼びながら足をつかんだら
れんちょんはびっくりして逃げたw

そのあと髪の毛を木に引っかけた一穂は
ポニテをほどいて追いかけて、這ったまま2人の前に出たら
まるでホラー映画に出てくる貞子みたいになって
れんちょんと夏海は蜜を投げつけて逃げた。。

それでキャンプにもどった2人は、お化けにあった話をすると
みんな、一穂だろうって言って信じなかったけど
帰ってきた一穂のボロボロになった姿を見て
小鞠は気を失っちゃった。。ってゆうおはなし^^


キャンプにつきそう女の先生って酔っぱらいが多いみたいw
でも、いくら授業じゃないからって言って
保護者が酔っぱらうまでお酒を飲んじゃまずいと思う^^;

でも、夜中に山道を明かりも持たないでさがしに行ったり
石とか折れた小枝とかいっぱい落ちてそうな道を
ケガもしないで這って追いつくとか
一穂はそっちのほうがお化けみたいかも^^

アイキャッチは何だか、小鞠殺人事件みたくなってて^^;



後半は
宿題を先のばししてたひかげと夏海コンビが宿題に追われるおはなしで
2人はいっしょに宿題しようって集まったみたいなんだけど。。

成績が悪いから、宿題をみんなより多く出された。。って文句ゆう夏海に
そんなことする教師誰だよ!?出て来いよその教師!ってひかげがツッコむと
一穂がニコニコしながらジュースを持ってきたの

それで夏海が
「宿題が多すぎてこのままだとひか姉と合宿状態になりそうなんですけど!」
って文句言ったら「夏海は合宿だい好きなんだな、宿題だけに^^」ってw

それでテンション下げられた夏海が
逆ギレで宿題をボイコットしようって言いだしたの。。

ひかげははじめ反対して
「とにかく私は絶対ボイコットなんかしないんだからな」
とか言ってたんだけど、けっきょく夏海につられて遊ぶことになっちゃったw

ジョージ・ワシントンごっこで
「ワシントンさー、きのう何食ったぁ?」がイミフでw

そのあと2人は、れんちょんと一穂の前でTVゲーム。。
反抗するのがドキドキだった2人だけど
宿題終わらせて遊びに行くれんちょんを見て
とうとう罪悪感MAXになっちゃったみたい^^

夏海がトイレに行くってぬけ出して、こっそり宿題やってたら
それに気づいたひかげが来て止めようとしてモメてたら
ジュースをこぼして、夏海の宿題がビチャビチャに。。

それで、間が開いて、2人はいそいで宿題に取りかかったw

さいごはれんちょんが
宿題とちゅうで眠っちゃった2人のスケッチをしてるところでED。。
れんちょんの絵が、すごくうまかった!!
{/netabare}
{/netabare}
第7話 ハラハラする秋だった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
宮内一穂は終わりの会で、明日は授業参観だと生徒たちに告げます。
越谷夏海は、いつもの体たらくが母の雪子にバレる事に絶望していました。「勉強していなかった夏海が悪い」と笑っていた一穂ですが、夏海は「一穂が自習中に居眠りしている」事も雪子に伝えている様子。
授業参観の内容次第では自分にも被害が及ぶと焦った一穂は、必死になって夏海に勉強を教え始めるのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじの授業参観のおはなし。。

夏海の目が点になってたけど
ふつう授業参観って前の日にお知らせしないよね^^

れんちょんは毎日授業参観みたいって言ってたけど
一穂はお母さん代わりかな。。
そう言えば宮内家だけ親が出てこないけど
もしかしてお父さんがひとりだけとか?

それでれんちょんが駄菓子屋さんを呼んでたけど、やっぱりそうなのかな?

夏海のお母さんって雪子さんゆうんだ。。
一穂もビビってたけど、もしかしてこわい近所のお姉さんだったとか?
いなかのほうって、みんな親戚みたいだよね^^

試験の前の日に勉強しても、その日忘れちゃったりするけど
夏海の頭はかけ算もおぼえてないって。。
でもにゃんも、8と9の段はちょっと自信ないかもw

夏海が8×3のかけ算を答えられないでいたら
れんちょんが24って答えちゃった。。
今週はれんちょんが天才の回だったのかも^^

あとの一穂の質問と夏海の答えはコントw
雪子さん、笑顔だけど目が笑ってないw


2話目はれんげとしおりの哲学っぽいおはなしだった^^

ボールをペットにして蹴る。。
ペットは蹴っちゃダメだけど、ボールだからいいってw

ボールはどうして止まるの?
空気抵抗とか、摩擦とか、すぐ出てくるところがれんちょんって天才!
にゃんは、地面がちょっとへこんでて、そこにハマるからかな?って^^

でも、そのあと丸は顕微鏡で見ると凸凹だとかって言ってたから
にゃんも間違ってないのかも?

するどい質問するしおりだったけど
まさつとサツマイモを間違えるって、意外とふつうの子かも^^

真ん丸な物はこの世に存在しない。。って
小学生とその下の子のする話じゃないよね^^
レベルが高い話って、あっさりまとめた夏海がよかった^^


3話目はれんちょんがサワガニ?をつかまえて
夏海が水槽を作ってあげるおはなしで
夏海は勉強できないけど、こうゆうのはとくいみたい^^

池のコイ・光り物親方がれんちょんとおんなじくらいの大きさw

BGMのカニカニがおかしいw

仕上げにオシオひとつまみが、その通りなんだけどおかしいw

さいごは夏海がれんちょんちで晩御飯を食べてくことになって
今夜のおかずはカニクリームコロッケってゆうオチが落語みたいだったw
{/netabare}
{/netabare}
第8話 先輩はもうすぐ受験だった
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
篠田あかねは、先輩から「受験の為に部活を辞める」と告げられます。
富士宮このみのおかげで友達が出来て、フルートも上達したと感謝しているあかねは、このみも部活を辞めるのではないかと寂しくなりました。
帰り道、駅に着くと偶然このみが現れます。これから越谷家に遊びに行くので、駅前商店街のお祭りで手土産を買っていこうとしているようです。
このみと一緒にお祭りをまわる事になったあかねは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじのおはなし。。

このみに部活やめるか聞こうって思いながら聞き出せないまま
いっしょに屋台をまわるあかねが、駅について別れるとき
このみが部をやめるって思ってお礼の言葉を言ったら
実は推薦で入学が決まってるからやめない、って言われて
ちょっと恥ずかしかったけど、ちょっとホッとした、ってゆうおはなし^^

このみとあかねのデート回ってゆう感じかな。。
もうすぐお別れで、さびしくなっちゃうってゆう気もちが伝わる
いいおはなしだった^^

「のんのんびより」でいなかが出てこない、めずらしい回だったかも^^


2話目は、このみがあかねと別れたあと、越谷家にお泊りに行ったんだけど
そこでまくら投げをはじめた夏海が自爆して
ふすまに穴を開けちゃったの。。

それであかねが取ってきた福笑いを貼ってごまかそうとしたらお母さんが来て
ごまかそうとしたのがバレたんだけど実はその穴は昼間お母さんが開けた穴で
小さいからあとで直そうと思ってたってゆうのが分かって
夏海が福笑いをはがそうとしたら、ほかの部分までベリッ!って^^;

元はお母さんがやったんだから、そんなには怒られないんじゃないかな?
でも、隠そうってしたからこうなったんだから
スナオにあやまる方がいいと思う☆彡


3話目はあかねがこのみの家に練習に来て、泊ってくおはなし。。

あかねはこのみが卒業したら、もう来れなくなるって心配してる。。

そこにみんなが来て、みんなの前でフルートをふくことになったんだけど
緊張して変な音になっちゃったから、このみに言われて
外で吹くことに。。

このみがあかねに「いつも通りやればいいよ^^」って言ってくれたから
こんどは大成功だったんだ♪


それから夜、寝るときに、このみから
「大学行ってもフルート続けるつもりだからいっしょにやろう」
って言われて、あかねは大きな声で「ハイ!」って言っちゃった^^

次の日の練習では
れんちょんが気がつくくらい明るくなったあかねだった。。
ってゆうおはなし◎

1話と3話はほのぼのしたいいおはなしでよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第9話 おいしいごはんを作った
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
部屋でくつろいでいた越谷小鞠は、妹の夏海からデパートに誘われますが、乗り気ではない様子。
「ひとりで留守番をするとおばけが出る」と夏海に言われますが、小鞠は「おばけなんて作り話だし、昼には出ない」とムキになって否定します。
留守番中、小鞠はお腹が減ったので台所にお菓子を取りに行きました。すると突然、背後で小さな物音がします。焦った小鞠が視線を向けると、そこには…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は、小鞠と夏海の回かな^^


1話目はあらすじのおはなしで、小鞠が家でひとりで留守番してると
いつの間にか家にイタチが入り込んでたの。。

ビビりながらつかまえようとしてるところに、このみが
いっしょに遊ばないか、電話をしてくるんだけどとちゅうで圏外になって
ワン切り状態になっちゃった。。

小鞠が不審な電話にもっとビビってると
このみが家に着いてかけ直してきたんだけど
小鞠が電話を取ると、ちょうどれんちょんとTVの話してて
「観てるよ。。」ってゆう声が聞こえてきて、思わず切っちゃった。。

そして電話の声がイタチのお化けの声じゃないかってますますビビって
ムリヤリつかまえようってしたら足をすべらせて転んで
起き上がろうとした顔の上にイタチがとびかかってきて気絶しちゃった。。

それで夏海たちが帰ってきたら、小鞠は押し入れにかくれてて
夏海の「。。こうして座敷わらしの話ができ上るんだな。。」
に「わらしじゃないもん!」って小鞠がツッコんでオシマイ^^


お化けはこわがらせる以外は何にもしないけど
野生の動物って、感染症とかノミやダニを持ってるかもしれないから
顔に飛びつかれたんだったら
おふろに入って顔と体を洗った方がいいかも?

あと、イタチの出すガスはすごいくさいみたいだから
ムリにつかまえようとしないで
家の戸をぜんぶ開けて逃がすようにした方が良かったかも^^


2話目は
蛍と交換するために編み物をはじめた小鞠が作った作品が失敗ばっかりで
もうすぐ蛍が来るって、あせってるの。。

その話を聞いた夏海が、でき上ってるものを指さして
そこにできてるのは?って聞いたら、セーターって言われて
ためしに着てみたら頭を出す穴がない。。
それで、もも引きを着せられた、って夏海がキレてたら蛍が来た。。

それで、手作りのセーターを持ってきてくれた蛍を前にして
小鞠は夏海に、何とかして!ってムチャ振りするから
夏海は小鞠の失敗作を手に取って「これはセーターに見えるけど
実はあったかレギンズです^^」って物ボケをはじめたのw

レギンズが受けたのをいいことに
何だか分からないUFOみたいなものを「通天閣の上の部分。。」
って言おうってして、ムリがあったから「ボールです!」って言い直し。。
「ワンちゃん用のボール。。でも。。」って苦しい言いわけ^^;

さいごにセーターとマフラーが合わさったようなものが出てきて
とうとう終了。。

小鞠があやまって、こんどはいっしょに作ろう^^
ってゆう話になったんだけど
夏海が「で、その股引なんだけどさ!」って言っちゃったから
蛍もドン引き。。ってゆうところでオシマイ^^


だんだん言いわけが苦しくなる夏海がおかしくって
さいごに言いわけできないモノが出てきたところはふき出しちゃったw

股引とかにするには首のあたりのスペースがあまりすぎてるから
首のあたりをはさみで切ってから、かがったほうがいいかも^^


3話目はタイトルのおはなしで
小鞠が晩ご飯を作るって言いだすんだけど
前にひどいものを食べさせられた夏海は反対するの。。

いろいろ考えた小鞠だったけど、取りあえずルーがあったからカレーで
昨日の残りの肉じゃがに入れて。。ってゆうところまではいいんだけど
コクを出すのにお砂糖たっぷり入れて。。とか考えだして
脱線しそうになったんだけど、お砂糖が見つからずに断念^^

それでどうしていいか分からなくなってたら、火にかけてたお鍋がこげて
あわててたらお母さんが来て、火を止めてくれてちょっとアドバイス^^

小鞠はそのまま行こうとしたお母さんを引き止めて「やっぱり手伝って☆彡」
ってお願いして、牛乳入れたり、いろいろ教わったみたい^^

さいごは夏海からおいしいって言われて終わり^^


カレーはルーに書いてある通りに作ったら、たいてい失敗しないけど
にゃんもはじめのころはちょっとお水が多すぎて
片栗粉足して、塩を足したらしょっぱくなりすぎて
こんどはお砂糖足したら変な味になったりしたことがあった^^;

やっぱりはじめのうちは、お母さんに見てもらった方がいいかも^^

でも、お料理って、失敗して覚えてくものかも^^

あと、お兄ちゃんがお料理もできて、何でもできちゃうみたいだし
勉強もがんばってるみたいですごいなぁって☆
{/netabare}
{/netabare}
第10話 寒くなったりあったかくなったりした
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
お正月、宮内れんげは玄関に飾られた門松を見て「かっこいい」とご満悦の様子。ふと郵便受けを確認すると、年賀状が届いていました。
分校の皆からの年賀状を確認したれんげですが、なぜか少し残念そうな表情で…。
その後、家族にも届いていた分の年賀状を手にして茶の間に戻ると、姉のひかげがお年玉を貰おうと一穂にしがみついていました。あまりにも必死なひかげを見たれんげは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はお正月休みで帰ってきてたひかげが
一穂、駄菓子屋、越ケ谷ママ。。って
大人からお年玉をもらおうって必死になりすぎてて
れんちょんもドン引きしちゃうくらい。。

それで、れんちょんから話を聞いたこのみは、ひかげに落とし玉をあげて
高校生3年生の自分が高1のひかげにお年玉をあげたんだから
ひかげも年下の子にお年玉をあげないと。。って言って
言われたひかげは、そこにいたみんなにお年玉をあげることになったの^^;


駄菓子屋さんにまで、お年玉をねだっちゃうひかげは
にゃんでも引いちゃう。。

そんなひかげに反省させちゃうこのみって頭いいな☆

でも、駄菓子屋ってもうかってなさそう。。
そうゆうことを考えられるれんちょんが小学1年生ってびっくり^^

駄菓子屋がれんちょんにだけお年玉を用意してた理由も
れんちょんがとってもいい子だからなのかも^^

あと、宮内家って、お父さんとお母さんがぜんぜん出てこないんだけど
どうなってるのかな?って。。


2話目は吹雪の日、ひかげがれんちょんと夏海に外につれ出されて
実はお魚屋さんだった病院のコントのツッコミ役にさせられるの^^


れんちょんと夏海の話が、ちょっとおもしろかった^^

吹雪の中なのに「だるまさんがころんだ」をやるとかw

ひかげのツッコミは、なくってもよかったかも^^;


3話目はほのかが、またおばあちゃん家に遊びに来て
れんげといっしょに遊んだ。。ってゆうおはなし^^

アバンでれんげが年賀状を待ってたのは
もしかしてほのかからだったのかな?

お別れするとき、駄菓子屋からもらった福袋をほのかにあげて
ほのかから、大事な髪かざりをもらった、ってゆう
「のんびよ」ってゆう感じのちょっといいおはなしだった^^
{/netabare}
{/netabare}
第11話 酔っぱらって思い出した
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
加賀山楓が駄菓子屋の店番をしていると、宮内れんげが店の前を通り過ぎて行きました。
れんげはどうやら、しおりのところに遊びに行くようです。合流したれんげは、元気に走り回るしおりに「ちゃんと周りを見て気を付けて歩くよう」に伝えます。
しかし突然、しおりは何かに気付いて駆け出しました。それはカマキリの卵。
しおりは、今度産まれる妹へのプレゼントにできないかとれんげに聞くのですが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1話目はあらすじのおはなしで
しおりに「それは慢心なのん、うちも若かかったころは。。」
ってお説教はじめちゃったところは笑っちゃったw

でも小さいころって、コケても背も低いし体重も軽いから
そんなに大ケガにはならないよね^^

駄菓子屋さんの目がやさしくってよかった☆

しおりがお昼寝に帰ったあと、れんちょんが家につくと
越ケ谷姉妹と蛍が来てて中当て(ドッジボール?)をやって
ひと休みしてるとき卓クンの話になったけど、受験勉強がなくっても
みんなといっしょに遊んでるところ、見たことないw

でも、しおりが1さ出てきて、妹が生まれるってゆう話題が出て
日常のくり返しも終わりに近づいてきてるのかも。。

れんちょんも、もっとお姉さんになるんって言ってたし
れんちょんが夏海くらいになったころ、しおりは今の蛍くらいで
妹は今のれんちょんくらいになるのかな。。

そのときのおはなしも、見てみたいけど
ほかのみんなは卒業しちゃって、学校には蛍も残ってなさそう。。


2話目は一穂が駄菓子屋さんを飲みにさそうおはなし^^
れんちょんが寝たあと、夜10時くらいからってゆうんだけど
やっぱり宮内家って、お父さんお母さんがいないのかな?
10時なのに家にもいないみたいだし、話題にも出てこないってフシギ。。

それでメインはれんちょん大好きな飲みすぎた楓が
れんちょんが赤ちゃんだったころのことを思い出すおはなしで
ちょっと分かりづらいから、だいたいのみんなの歳を調べてみたら

れんちょんが小1だから7歳として
蛍が小5だから11歳
夏海は中1で13歳
小鞠は中2で14歳
卓クンは15歳
ひかげは高1で16歳
このみは高3で18歳
楓は20歳
一穂は24歳

ちなみに越ケ谷ママの雪子さんと一穂との歳の差が
れんげと楓の歳の差と同じくらいみたいだから37歳くらいで
卓クンが生まれたころは22歳ころのはずだから
もしかして結婚したのは今の楓くらいの歳だったのかも^^

それで、楓の思い出の中のれんちょんは
まだ歩いてないみたいだけど1歳としたら、そのころの楓は14歳くらい?

ひかげは10歳で、遊びに来た小鞠は8歳
夏海は7歳だから今のれんちょんくらいのだけど、もっと大きく見えるw

このみは12歳のはずだけど
背も高くって、今の蛍にちょっと似てるかも^^


それでおはなしは、楓がれんちょんにかまってるところにこのみが来て
自分に1番なついてるって思ってたれんげが、このみにすぐなついちゃって
ちょっとさびしい思いをしてたら、れんげが泣き出して
けっきょく楓があやして眠らせて満足したみたい^^

それで今のおはなしにもどって

飲みすぎでおふとんに運ばれた楓が寝てると
れんちょんがこっそり入ってきて、布団をかけ直してくれて
寝たフリしてた楓は、れんげが大きくなったことがうれしくて
ちょっと泣いちゃった。。ってゆう^^


今回は、みんなが成長してる、ってゆうおはなしだったみたい^^

楓が14歳くらいの歳には駄菓子屋って呼ばれてたから
もしかしておばあちゃんがやってた駄菓子屋で
ときどきお店番とかしてて、そのお店を引きついだとかなのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第12話 また桜が咲いた
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
朝、宮内れんげが窓の外を眺めていると、姉の一穂が「そんなとこでぼーっとしてどうしたの?」と声をかけます。れんげの視線の先では、庭の梅の花が咲いていました。
季節はもうすぐ春、今日は越谷卓の卒業式です。在校生や保護者も見守る中、一穂から卒業証書を受け取った卓。式の終わりに、在校生の皆で歌を贈ることになったのですが…。
旭丘分校にまた新しい季節がやってきます。
{/netabare}
感想
{netabare}
ちょっと長いアバンは卓クンの卒業式で、お母さんが父兄で来てた。。

学校は体育館とかもありそうなくらい広いのに
いつもの教室で卒業式するのね^^

自分の卒業式なのに、校歌斉唱は自分でピアノ弾く卓クンだけど
来年は誰が弾くのかな?

もしかして来年と再来年は卓クンが父兄で来て、弾いてくれるのかも^^


それでおはなしだけど、卒業式が終わったあと
れんちょんは下校中しおりに会って、あとで遊ぶ約束をして
このみのところにはあかねが遊びに来たんだけど
いっしょにいたひかげに紹介してくれなくって、びみょうな空気^^

そのあとこのみは2人をつれて
お休みの駄菓子屋に卓クンの卒業祝いにお菓子を買いに行って
楓からいやがられてたけど、みんな友だちだから遠慮なしw

それで楓からひかげがいることに質問が来て
終業式が終わって帰省中って答えたあと
ひかげがやっと、このみにあかねの紹介をたのんだの^^

あかねもこのみの家に遊びに来るようになってから
人なれしてきたみたいで、ちょっと固いけど
ひかげとふつうに友だちになれてた^^

ひかげが東京の高校に行ってるって話すと
あかねはびっくりして乗ってきたの^^

それでひかげは勝手にシャッターを開けて駄菓子屋の奥で女子会^^

そのころ、れんちょんは学校のみんなをつれてしおりを遊びにさそって
ダンボールをもらいに駄菓子屋に行ったら、ひかげたちもいて
みんなで丘をすべりに来たの^^

そこでこのみは、しみじみと1年を振り返ってひかげにツッコまれてたけど
このみはもう、そんな感じみたい^^

日が暮れてきたから小中学生はこのみたちと別れて、しおりを送りに来たら
そこでしおりママが産気づいてるところに出会って、タクシーを呼んだり
駐在さんが帰ってくるまでしおりにつきそってたりして
大かつやくだったみたい。。

そして桜が咲いて、れんちょんがボーっと花を見てると、一穂が起きてきた

れんちょんも2年生になったし、ちゃんとしないと、って思ったみたい^^

越ケ谷家では卓クンが、ひと足先に学校に行こうとして
夏海にひとことツッコまれてた^^

れんちょんと一穂が歩いてるとみんな集まってきていっしょにバス停へ。。
って、学校を家の近くに移した方が便利かもw

その前にしおりの家に寄ったら、お母さんが赤ちゃんつれて出てきて
この子が学校に行くときにはよろしくって
れんちょんにお願いしてきたの^^
この子が小学生になるときには、れんちょんは中学生だから☆

それでれんちょんが小指を出して指切りしようとしたら
かすみちゃんは指をにぎってきて、かわいい^^

そしていつもと同じ日常がはじまる。。
って思ったら、れんちょんには毎日が違う日常に見えるみたい^^
いつの間にかしおりもランドセルしょっていっしょに歩いてるけど
入学式も見たかったかも^^
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。

「のんのんびより」の3期だったけど
3期目は「のんすとっぷ」ってゆうくらいで
ループはしないで次のステージに進んでくみたい^^

それと今季は高校生・大人組の出番も増えて
新キャラも2人増えたから
おはなしのパターンも広がっておもしろくなったみたい^^


原作は2021年の3月号で
しおりが1年生になったところで終わっちゃったみたいだから
つづきはないのかな?

ちょっとさびしい。。






.

投稿 : 2021/03/30
閲覧 : 333
サンキュー:

43

ネタバレ

GAMMA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

日常・雰囲気アニメのアベレージヒッター

【視聴の動機】
シリーズ前作が好きだから。

【概要】
小中学生合わせて5人しかいない旭丘分校。
そんなド田舎の少女たちを描く日常系アニメの第3期。

【雑感】
前作までと違い新キャラのストーリーが多め。
既存のキャラに思い入れがある人たちからは
否定的な意見が上がっている。
個人的には作品全体の雰囲気が保たれているので問題なし。
もちろん既存キャラは好きで
そんな彼女たちの違った日常を見たい気持ちは理解できる。
客観的に見て、今作の「視聴者を飽きさせない新規要素」は
微妙だったと評価されていると感じた。
だから、本作から『のんのんびより』を視聴した人からすれば
全く問題ない。あー布教したい

【オススメする視聴者層】
日常系アニメ好き、雰囲気アニメ好き、
現実を美化しても受け入れられる人、現実逃避したい人。

【今後について】
オリンピックより高頻度で製作し続けてほしい。
あと絶対ゴールデン進出するな。深夜枠で生き続けろ。
『のんのんびより』のシリーズが無くなったら
今の会社辞めてやる(なお、そんな度胸ない模様)

投稿 : 2021/03/30
閲覧 : 35
サンキュー:

14

ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2期より良かったのんなー

3期。
2期はどうもつまらなく感じたが、今回はよかった。
12話で初めて2年目の描写があったことで、これで終わりなのだと思うが見ていて涙が出てしまった。もう歳だな。

のんのんびよりのアニメは1期・2期・3期とそれぞれ1年を繰り返していて、それぞれが独立している(ひかげの帰省の様子などが違っていたりするので、同じ1年のエピソードにはなり得ない)。なのでループ物と言えなくもない。
今回の12話ではれんげや蛍が2年目に入ることに違和感を覚えているように見えたが、ループからの脱出に気付いたというメタ演出なのかもしれない。ひぐらし業で言えば記憶のかけらが蓄積したという事か。

一つ心残りなのはれんげの親が登場せず終わったことだが、11話の駄菓子屋のれんげに対する深すぎる愛や、かず姉の号泣を見る限り、やはりれんげは駄菓子屋が若い頃に産んた子なのだと思う。駄菓子屋が未成年で妊娠してしまったために、宮内家で引き取って養育することになったのだろう。駄菓子屋が母であることをれんげに隠しているのは、レイプされて生まれたために、じゃあ父親が誰かと言う話になってしまうからだろうね。

あと一つ不満なのが、蛍の声がごちうさのメグに近くなってしまったこと。ごねしょんはISLANDでごねたせいでアニメにあまり出られなくなったことで、声優としての技量が落ちたのだろうな。

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 80
サンキュー:

4

ネタバレ

ハニワピンコ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

寂しいけど終わりでいいんじゃないかな

3期で終わりでもういいんじゃないかと思いましたね
多分制作側も終わらす気で今までと違う描き方をしたんだと思うのですが、それが個人的には合いませんでしたね

具体的には

新キャラを登場させ、そことの絡みでれんげたちの心情や成長を描いてはいるが、変に偏っているせいで純粋に話としては微妙になってる感じがしました

いくら日常系といってもあくまでも話としては起承転結が必要なわけで、今までは、れんげたちの絡みや行動に癒されたりそこで起こるシュールな笑いを楽しんで、ラストのオチでたまに感動したりして…
といったように普通の日常系アニメとしての『のんのんびより』をやればよかったのに、心情や新キャラを描こうとしているせいで、今までのノリをやろうとしても新キャラとの折り合いがなっておらず中途半端になっていて、結果的にオチも弱く、締まりが悪くなり、話が微妙になっているように思えましたね

れんげの夏海に似た姉御肌の部分なんかは、れんげより年下なキャラがいなきゃ成り立たないのは分かるけど、そこメインで1パートまるまる写すよりは、新キャラを4人の輪の中に入れつつそっと描くみたいな方が話としても面白くなりそう

あと、単純に面白い原作が尽きてそうですね
小鞠が最後に怖がるオチや、駄菓子屋とれんげの絡みなんかは1.2期で見たような展開とオチで、既視感がある話もあって、原作も終わったしこれ以上作り続けるのは難しいような気がしますね

もちろん、求めてたのんのんびよりをやってる部分もあって、ほとんどの回は楽しめましたよ。夏海とひかげがバカやってる話や、ほのかちゃんが帰ってきた話なんかは良かったですね

田舎の風景とキャラ達の絡みが独特な雰囲気で描かれ、見ていると癒されたまに感動し、見終わった後には喪失感に苛まれる。これが良いんですよね

なんだかんだ言いましたが、やっぱり好きです。好きだから今期の描き方には少し残念な部分はありましたが、『のんのんびより』というコンテンツ自体は大好きです

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 39
サンキュー:

3

ネタバレ

すぴりっと さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後まで通常営業

4話まではほたるさん、ちょっぴりこまちゃん離れ?とか思って観てたけど全然そんなこと無かったです笑
いや、冒頭からやばいなー笑笑
ともすればサイコさんなのになんだかほのぼの観れちゃうのんのんびよりって凄い。
それにしても…こまぐるみの耐水対地性能の高さが凄いです。

超ハイスペックイケメンの兄ちゃんが卒業。
ほたるさんが卒業したられんちょんひとりぼっち⁉︎とか思ったけど、そんなことなかったよかった。
今回も最終回は安定の通常営業。
またつづき観られるかなあ?

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 76
サンキュー:

10

ネタバレ

ひろぞう さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

制作側の変な意地が作風を台無しにしている

劇場版からの悪い流れって本作にも継承しちまったったって感じ
視聴者が見たいのんのんびよりはれんちょんの台詞にあるように
「まったりゆるゆるな旭丘分校の毎日」なのに
制作側が変なエゴむき出しにして
「作中に意地でも原作にはないドラマ差し込んでやる」ってところが
万人にとってそれはのんのんびよりでやることではないでしょ
見ていて違和感ばりばりの諸悪の元化している
まったりゆるゆるな田舎の暮らしの旧来の作風が受けたからこそ
そこに本来のドラマ性があるんでしょって
一話完結でそれを見ることがにんのんびよりの本姓の形でしょって
第3クール目と劇場版までこれたのに
本来のユーザー置いてきぼりにして、制作側の意地エゴばかりむき出しにされるから
なんかこれこれ似て非なる物でしょってボタン賭け間違っているような
空回り感ばかりが空転してユーザーが求めているのんのんびよりからかけ離れ続けている
高層建築の建物の傾きと同じ
最初3度の傾きでも最上階では相当に傾いてしまうって
劇場版でもある意味アクセル踏みたい制作側のエゴが極端になってくる後半ほどこれ違うになるし
1クールでの終盤に入っている今回もまた傾き度がどんどん増してきた感がひどい
その方向き度=ユーザーとの乖離度に直結するので、クール後半になるほど
これじゃない感がひどくなってきている
原作はめでたく今月完結みたが、こんなにユーザーに支持されない作品、エゴばかりむき出しにされて
今となってはなんかこれ違うって声ばかりになっているから
アニメ版は残念ながらここで終演だろうなって
劇場版から原作にない変なドラマ差し込んできたこれって
少なくともユーザーマジョリティーが求めるのんのんびよりの姿ではないだろうって

投稿 : 2021/03/06
閲覧 : 178
サンキュー:

2

ネタバレ

※アニをた獣医師() さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

夏って感じするよね

何故だろう。いつみても、どの季節でも、夏休みっていうイメージの作品。

相変わらずほっこりできます…
新キャラって珍しい!



ほたるん、天才かよ…小五ですか?
ロボだよ…

投稿 : 2021/02/24
閲覧 : 58
サンキュー:

7

ネタバレ

an8 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

2期までは大好きだったけどいきなりつまらなくなったな、、

投稿 : 2021/02/10
閲覧 : 65
サンキュー:

3

ネタバレ

on さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

放送前

今回は新キャラが2人登場するらしいので楽しみですね。冬の遊びが多いのでしょうか。1クールまたのんびり見れるのが何より嬉しいですね

投稿 : 2021/01/04
閲覧 : 31
サンキュー:

3

次の30件を表示

のんのんびより のんすとっぷのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
のんのんびより のんすとっぷのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

のんのんびより のんすとっぷのストーリー・あらすじ

「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、野菜を作ったり、虫捕りをしたり、楽器を練習してみたり・・・春夏秋冬の変わりゆく田舎生活はワクワクが止まりません。のどかでいつも通りだけど、くすっときて、ちょっぴり沁みて、心がほっこりする。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常が、またまたはじまります。(TVアニメ動画『のんのんびより のんすとっぷ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年冬アニメ
制作会社
SILVER LINK.
公式サイト
nonnontv.com/tvanime/
主題歌
《OP》nano.RIPE『つぎはぎもよう』《ED》宮内れんげ(CV.小岩井ことり)一条蛍(CV.村川梨衣)越谷夏海(CV.佐倉綾音)越谷小鞠(CV.阿澄佳奈)『ただいま』

声優・キャラクター

小岩井ことり、村川梨衣、佐倉綾音、阿澄佳奈、名塚佳織、佐藤利奈、福圓美里、新谷良子

スタッフ

原作:あっと(月刊コミックアライブ連載/KADOKAWA刊)
監督:川面真也、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン:大塚舞、総作画監督:大塚舞/古川英樹、色彩設計:重冨英里、美術監督:横山淳史、美術:草薙、撮影監督:佐藤敦、編集:坪根健太郎、音響監督:亀山俊樹、音楽:水谷広実、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2021年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ