「宇宙船サジタリウス(TVアニメ動画)」

総合得点
67.2
感想・評価
50
棚に入れた
288
ランキング
1134
★★★★☆ 3.7 (50)
物語
3.9
作画
3.4
声優
3.6
音楽
3.8
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ネロラッシュ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

リアルタイムで

リアルタイムで見ていた時から大好きな作品であるが、おっさんとなった今見ると昔以上に胸に響いてくる。
名作!

投稿 : 2018/11/29
閲覧 : 68
サンキュー:

2

タケ坊

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

中年男達の悲哀、生活苦が心苦しい懐かしのSF作品

86年当時リアルタイムで観ていた本作ではありますが、
77話というロングスパンで放送されたため、
今となっては最後まで観たかどうかも記憶があやふや。。
30年の歳月を経て、abemaTVで配信しているのを見つけて視聴開始。
いや本当に懐かしいですなぁ。

☆物語☆

零細企業(宇宙便利屋)に務める宇宙船サジタリウス号の、
冴えない中年男性乗組員たちの奮闘を描いた、SF,宇宙冒険物語。
エピソードは数話で完結するオムニバス形式となっています。
(最初のエピソードだけ1クール使っているので少々長く感じるものの、中盤から1エピソード3話か4話で完結)

本作は一見子供向きアニメらしいコミカルなドタバタ劇ではあるものの、
扱っているテーマは人間の愚かさ、戦争、貧困、環境問題など現代にも通じるものを扱っており、
シリアスかつシニカルでもあり、大人でも考えさせられるような一面も持ち合わせています。
今改めて観てみると単なる子供向きの作品じゃないな、と思えますね。
(当時はアニメの本数自体少なく放送時間もゴールデンだったので、大人も観ている人が多かったと思います)
ましてや、子供が観るにはサジタリウス号の乗組員たちの生活苦の連続が回を追うごとに辛くなってくる。。
バブル真っ只中の時代に、ここまで直接的に金の無い世の中年男性の悲哀を描くとは、
今となっては凄いなと思わざるを得ませんね。。

☆声優☆

メインキャラクター達はどれも個性的で癖のある特徴的な声。
中でもラナとシビップが印象深いですが、
シビップの声優さんの声の高さはかなりのインパクトですね。
ここまで声の高いキャラクターってなかなか居ないと思いますよ。

☆キャラ☆

アニメ史に於いてこういう冴えない、イケてない中年男性達が主人公というのも非常に珍しい。
そして、世の中年男性を代弁するかのような台詞の数々は、見た目が獣人というのもあり、
人間臭さが滲み出ており面白可笑しく、また哀愁も感じさせますね。

欲望に正直であまり深く考えないアホな行動を取ったりする様は、
ウザさも感じますが、今となっては逆に新鮮に思えました。

生活苦が露骨に描写されていますが、男たちを支え続けた妻達が本当に理解のある良い奥さんばかりで胸を打つ。

☆作画☆

とにかくキャラデザインが獣人なのがインパクト大ですよね笑
まぁ普通のオッサンをそのまま描くより、
この方がコミカルさが全面に押し出ているので、子供なんかが観るには受け入れやすいのかもしれませんし、
テーマ性は結構シリアスな面を持ち合わせている作品なので、
上手くバランスを取るために敢えてこのようなキャラデザインにしたのでしょう。

同時期のドラゴンボールなんかと比べると作画は劣るとは思いますが、
回によって安定感を欠くといったことはないので、特に問題はありません。

予想外の好評で放送が大幅に延長されることになったので、
(途切れず放送しながら話も作っていくという制作環境)
作画的に負担が大きいと、そのような路線も出来なかったでしょうね。

☆音楽☆

影山ヒロノブがアニソンの主題歌として初めて起用されたメモリアルな作品ですが、
OPのインパクトに関しては30年経っても色褪せていません。
またEDの「夢光年」はアニメ史に残る文句なしの名曲と言っても過言ではないでしょう。
OP,ED共に歌詞を阿久悠が手がけているっていうのも時代を感じさせる..興味深いですね。
作中のBGM、効果音はさほどバリエーションがありませんが、当時としてはこんなもんかなと。


アラフォーのリアルタイム世代には(再放送で観たという人も多いでしょうが)
非常に懐かしい作品だと思いますが、77話という大ボリュームのために、
これから初見で敢えて本作を観ようという人は少ないでしょう。。
あにこれのレビューも少なく、このサイトを利用している人も未視聴の人が多いと思われますが、
今となっては隠れた作品としてオススメしたいですね。

投稿 : 2016/12/31
閲覧 : 89
サンキュー:

5

ネタバレ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

1話のみ視聴

楽しい!おもしろい!かわいい!

投稿 : 2015/11/09
閲覧 : 114
サンキュー:

0

スネイブル

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラザニア普及大使

なんて事ないドタバタSFなんですが、思い出美化補正を除いたとしても何か心に残る作品です。
見返してみると結構きわどい話なんかもあって、それゆえこの動物っぽいほんわかキャラが必然だったとわかります。
というか原作があり、それを手に入れたりもしましたが結構忠実に作ってますね。
主人公の1人がラザニア大好物で、これにより日本でのラザニア知名度が上がったのは間違いないです。
今みるとさすがに古いので通してはつらいかも知れません。
OP/EDが素晴らしいです。
特にED曲「夢光年」は大人になってこそ響く名曲で必聴。

投稿 : 2015/10/15
閲覧 : 238
サンキュー:

4

ゼルミナ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

年月がたつごとに存在感が増す佳作

ノリの良いOP曲と、歌いながら涙せざるを得ないED。
あとは良くも悪くも”話題”先行と言った感じがしてしまうのだが、良質な物語と良くたったキャラクター、高い作画レベルを兼ね備えた作品であることは事実。

…今となっては何もかもが通りすぎてしまった感はあるが…

子供の頃好きだったアニメ(っつーか「テレビまんが」の年齢だよ!)と言ってしまえばそれまでなのだが、それだけではすまされない何かがあるような気がしてならない作品なのだ。
少なくとも、こういう場を与えられれば、早い段階で言及したくなるのである。

それにしてもアン教授が好きだったなぁ…ホント。
そう思えば、今の自分の萌芽はすでにあったんだろうな。

投稿 : 2014/06/07
閲覧 : 193
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

冴えない中年男性の悲哀をコミカルに描いた稀有なアニメ

【宇宙船サジタリウス】が始まった頃は、【聖闘士星矢】の始まりと同じように、当時私が読んでいたアニメ雑誌(アニメージュ)では、まったく取り上げられていませんでした。
ページの片隅に新番組の小さな紹介記事が載っただけでした。
それが大きく取り上げられ、表紙にまでなるのは、アニメが放映されてかなり経った後でした。

宇宙船サジタリウスは、イタリアの絵本の登場人物からキャラクターデザインだけを持ってきたもので、当初は誰もその内容を予測出来ませんでした。
ほとんどの人は、日本で当時人気のなかったヨーロッパのアニメーションをイメージしていたからです。
しかし放映が始まってみると、良い意味で予想は裏切られます。
その内容はとても日本的なもので、便利屋を営む中年サラリーマンの悲哀を描いたものでした。
登場人物達は、とても人間には見えませんが人間です。
彼らは中小企業の冴えないサラリーマンで、宇宙で便利屋をしています。
{netabare}会社が倒産したり、生活のために工場で流れ作業をしたり、起業したりします。{/netabare}
宇宙船は会社の車のようなもので、便利屋の仕事の依頼が来ると、それに乗って他の星に行き、雑用をこなします。
彼らは予期せずにとんでもない事件に巻き込まれたりもしますが、皆普通のおじさんなので、慌て、
嘆き、後に残される妻や子供のことを思い、冒険することをためらったり、ときに卑劣な行動に出ます。
この家庭を持つ中年男性の葛藤こそが、この作品の魅力になっています。
これはスペースオペラを舞台に、冴えない中年男性の悲哀をコミカルに描いた稀有なアニメです。
私はこのアニメが大好きでした。

余談ですが、このアニメ以降日本でラザニアという料理がポピュラーになった気がします。
ラナさんがいつも美味しそうに食べていましたから。

投稿 : 2014/03/07
閲覧 : 273

gagaga123

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

大変おすすめ

子供の頃、少し見ていたが、大人になってからの方がおもしろく感じる一作。

哀愁があり、SF(すこしふしぎワールド)好きとしても楽しめた。

投稿 : 2013/10/24
閲覧 : 131
サンキュー:

2

退会済のユーザー

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ケモナー

あたしをケモナーにした作品。
この作品でラザニアを知りました。
堀江さんの歌声に癒されます。

投稿 : 2013/10/09
閲覧 : 107

横浜ゆう

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

懐かしかったから。。。ね!

いやぁ~懐かしいですね~

再放送しないかな~

TSUTAYAのレンタル検索したらDVDあるみたいですね~

ちょっとビックリです。でもレンタルしてまでは・・・

77話あるけんね~
再放送どげんかせんといかんね~

投稿 : 2013/07/19
閲覧 : 134
サンキュー:

2

たつもとちまき

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

前半と後半では別物

4~7話で完結する短めの話の集合です。

非常に泥臭い人間ドラマなアニメで、大人の鑑賞にも充分堪える、当時としては画期的な作品でした。

話数が若いほどいい出来で、特に第1クールは傑作。
反面、後半は惰性で製作されていた感が…
私が許容出来るのは第3クール位まで。

後半が好きな人も多い様なので、その点では人によって評価が分かれる作品なのではないかと。

投稿 : 2013/05/14
閲覧 : 137
サンキュー:

1

ネタバレ

ぱらっぱらっぱー

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このアニメ、トラウマです。

これレビューじゃないです。ただの感想です。

このアニメ、まだ小さかったころの自分にトラウマを与えたアニメなんです。内容は、動物を擬人化したみたいなキャラクター達、といっても家族もちのおっさんたちなんですけど、そんな彼らが小さな宇宙運送屋を営んでいてさまざまな星の国家間の紛争や面倒事に巻き込まれたりするお話です。そういう意味では銀河鉄道999に似ているかもしれません。でもあくまで子供向けなので大人になってみると脚本はずいぶん強引だったり穴だらけだったりします。今、物語だけを評価すると満足度では☆5つになっていますが、☆2つぐらいです。全体的な評価としての☆4.8なのでお間違えなく。
自分にトラウマを植え付けたのは、ある星に行った時にコンピューターがその星の住人たちをコントロールしているみたいなよくある話です。まだ小さかった自分には、弱った住人たちは溶鉱炉みたいなところにぶち込まれるという表現に恐れおののき悪夢に見るという経験をしました。そういう意味ではあまり小さなお子さんには観せないほうがよいかもしれません。難しいところです。絵はかわいいんですけどかわいいが故にあまり大きくなった子供には敬遠されるでしょうし。かといって内容は小学生の3年生ぐらいだったら十分に理解でき、999ほどに高尚過ぎません。
あとヒロインのアン教授っていうピンクのムーミンみたいのが出産します。舞台は地球ですし一応人を動物化しただけなんで。そういう点でも結構驚きのアニメだと思います。

投稿 : 2013/05/11
閲覧 : 573
サンキュー:

3

カナカス

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

エンディング曲が良い

放映された金曜日19:30の枠は、宇宙刑事シリーズが放映されていた為、これが始まった時は、小学生ながら「非常にがっかりした」記憶があります。
しかし、見るにつれて引きずり込まれていきました。

それまでは、「はっきりした正義」「勧善懲悪」を好んでましたが、このアニメはまったく違ってました。

はっきり覚えてませんが、会社が倒産・中古の宇宙船で開業・子沢山で家計が苦しいなど、正義の味方にはおおよそない設定なのにもかかわらず、「やるときはやる」というのが強く伝わってきました。

また、エンディングの「夢光年」という曲がすばらしい。いまだに歌詞覚えています。

1話・2話で、引き込まれる作品ではないと思いますが、じわじわひたっていける作品です。

投稿 : 2012/05/23
閲覧 : 268
サンキュー:

2

ひげ

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

リーマンSFアニメ 幸せってなんだっけを追求した名作

 ドラえもんの後だっただろうか。ものすごくちいさかったので覚えていないがメッセージはしっかり伝わった。幸せはひとそれぞれみたいな。そんなお話です。
 見直してみると時系列をめちゃくちゃでトッピーとラナの日常(といっても宇宙旅行なんだが・・)を描いた作品。
いつの時代に見ても世のお父さんたちは刻の涙をみるに違いない。それくらい名作なのだ。
 古いアニメらしくOPEDにメッセージ、テーマを隠さずにぶち込んできてくれます。影山さんの歌うED『夢光年』は珠玉の名曲。 

投稿 : 2011/08/14
閲覧 : 343
サンキュー:

7

バットバス

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/27
閲覧 : 9

にいちん

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2018/07/07
閲覧 : 12

anikorepon

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2018/05/31
閲覧 : 11

ひみこ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/05/05
閲覧 : 11

みかん姫

★★★★☆ 3.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/12/24
閲覧 : 12

toturitu

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2017/07/12
閲覧 : 29

見習いシス

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2016/10/04
閲覧 : 20

ペガサス

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2016/07/17
閲覧 : 54

メキシコ人だ

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2016/07/09
閲覧 : 29

ふふ

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2016/05/15
閲覧 : 30

Luv2G

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2016/03/12
閲覧 : 28

AKIRA777

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:----

投稿 : 2015/10/01
閲覧 : 35

rfuka

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2015/09/26
閲覧 : 74

イカちゃん☆休止中

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2015/06/14
閲覧 : 41

じぇ~むず

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/05/31
閲覧 : 59

手乗り変タイガー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2015/03/13
閲覧 : 42

タクボン

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/01/26
閲覧 : 44
次の30件を表示

宇宙船サジタリウスのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
宇宙船サジタリウスのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

宇宙船サジタリウスのストーリー・あらすじ

トッピーとラナは宇宙輸送の中小企業・宇宙便利舎のサラリーマンで中古貨物宇宙船サジタリウス号のパイロット。月面基地のトイレ修理の仕事を終え、ひと月ぶりで地球に戻ると、社長から次の仕事を言い渡された。依頼主は宇宙考古学研究所の研究員のジラフ。危険なベガ第3星に、調査のために単身で旅立った研究所の先輩で恋人のアン教授を連れ戻して欲しいという内容だ。トッピーとラナは家族との再会もつかの間、休む暇もなくジラフと共にサジタリウス号で一路ベガ第3星に向かう。ベガ第3星では不思議な異星人にして吟遊詩人のシビップを仲間に加え、スリルと笑いと涙に満ちあふれた冒険行が始まる。(TVアニメ動画『宇宙船サジタリウス』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1986年冬アニメ
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%88%B9%E3%82%B5%E3%82%B8%E3%82%BF%...

このアニメの類似作品

この頃(1986年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ