「けいおん!(TVアニメ動画)」

総合得点
90.4
感想・評価
9577
棚に入れた
36399
ランキング
49
★★★★★ 4.2 (9577)
物語
3.9
作画
4.1
声優
4.2
音楽
4.4
キャラ
4.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

けいおん!の感想・評価はどうでしたか?

ねるる さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

平成のアニメを代表する大人気作!ゆるふわきらきらな女の子たちの青春学園ストーリー

原作未読。放送当時視聴済み。
改めて見直してのレビュー。

~あらすじ~
廃部寸前の軽音楽部に入部した主人公が、部活の仲間と一緒にゆるふわできらきらした青春の日々を送る学園ストーリー。

放送当時、物凄い人気と勢いと影響があったのを覚えていましたが、改めて見ても面白い作品でした。
メインキャラ4人とも可愛くて、ゆるくてふわふわで女の子同士のやわらかい雰囲気がすごく出てて良い。
ゆるさを大事にしつつも楽器を弾くことの楽しさ、音楽の楽しさ友達との学校生活の楽しさも伝わってきてとても良い作品。

キャラについて、昔は唯のドジ可愛いとこや、澪のビビり可愛い所が凄く目についてその2人が特に好きでしたが、大人になって改めて見ると、りっちゃんの可愛さがとてもよく分かる。
ムードメーカーでもあるけど、周りのメンバーのこともよく見てて、優しい。りっちゃん好きだ。デコも可愛い。

曲も名曲ばかり。Cagayake!GIRLSもDon't say "lasy"も相当聞いたし、相当カラオケで歌った。青春の曲。
当時は、声優さんが歌も歌うという事が衝撃だったことを覚えてる。

もう13年も前のアニメになっちゃうけど、全然見劣りしない変わらない面白さと楽しさを感じる素晴らしい作品でした。
この作品を見ると、うっかり楽器やってみようかなっていう気持ちになっちゃうから不思議。影響受けてギター触ってみた人多いと思う。
明るくて楽しくて、明日が来るのが待ち遠しい!って感じるようなキラキラした日常を送る女の子たちに癒されます。
元気貰えたので、2期目も引き続き視聴したいと思います。

投稿 : 2022/05/28
閲覧 : 153
サンキュー:

23

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

かがやけ!ガールズ

 1期は全12話+番外編2話。今更ながら視聴してみましたが、、、、、

 すげー面白かったです。いや、面白いというより癒されました(*‘ω‘ *)「や さ し い せ か い」という言葉がピッタリなアニメです。あと題名なだけあって音楽に力が入ってましたね。何度でも聞きたくなるいい曲ばかりです。

 一言でいうなら「女子高生たちのゆるふわ系日常」アニメです。登場人物全員が基本的にふわふわしてます。ほとんどの登場人物が女性キャラです。みんなお互い仲いいです。だから熱血スポコン系やシリアスな話、ギスギスな人間関係を期待して見に来てる人は回れ右です(・ω・)ノ。

 主人公の平沢唯と田井中律、秋山澪、琴吹紬、そして後輩の中野梓、顧問の山中さわ子先生が軽音部のメンバーが繰り広げる日常系です。

 正直全く期待してませんでした。日常系とか退屈だろ?って思ってましたし、京アニ作品自体あまり好きじゃあありませんでした。でも見てみるといい意味で予想を裏切られました。どこにひかれたのかというと、まず唯がふわふわしてるところです。そして彼女を支える周囲の人たちも優しいところです。軽音部ではありますが、基本お菓子食ったりお茶したりで、合宿では海で遊んだりしてます(もちろん楽器の練習はちゃんとやってます)。僕もよくやることが遅いとかマイペースだとよく言われてるので、キャラ一人一人にすごーく感情移入できました。

 ふと思ったことを。あまりにも現実と隔離してるため、真面目な人にはあうんですかね?わかんないです(-ω-)。唯もこの世界だからのびのびとやれてるところはありますよね。僕は「進撃の巨人」とか「エヴァンゲリオン」好きなのでよく見ますが、こういった世界ではまず生きられないですよね、、、

 仮にも唯の親や妹、周りの友人ががもっと厳しい人でエヴァのネルフ並みに「時間ちゃんと守れ!」とか「グズグズすんな、しっかりしろ!」っていう人だったら、おそらく唯は心を閉ざし、何かにつけて怒ったり逃げたりする碇シンジみたいになっていたと思います。ゲンドウや厳しいときのミサトさんみたいな人が「けいおん!」で周りにいたらと思うと恐ろしいものです( ゚Д゚)。

 何はともあれ、最高の癒しを提供してくれるアニメです。2期も期待してます(*´ω`*)。

投稿 : 2022/03/29
閲覧 : 531
サンキュー:

49

これ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

元祖日常系

日常系アニメの原点にして頂点なのかなって思える作品
でもこの作品って2期からが本番かなっておもってます
一期は1年生と2年生の文化祭までで12話なのでめっちゃ早いペースで進むので
けどあずにゃんが来てからが本番なのでテンポ速いのは良いのかも知れないとおもいました!

猫耳やメイド服など萌え豚を喜ばせるシーンもおおくてね
あと劇中歌にしてもオープニングエンディングにしてもどれもやっぱり神ですよね!
京アニといったらけいおん出てくる人はおおそう

アニメ興味ない人でもみんな名前だけは知ってる
そんなアニメ

投稿 : 2022/03/20
閲覧 : 62
サンキュー:

8

てんてん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

恥ずかしながら

ビッグタイトルですね。恥ずかしながら最近になって初めて視聴しました。すごくいいアニメですね。大好きになりました。

投稿 : 2022/03/14
閲覧 : 85
サンキュー:

3

ネタバレ

publica さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

京アニ

投稿 : 2022/02/17
閲覧 : 47
サンキュー:

0

ネタバレ

まさ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

軽い音楽

もう何回みたか分からないけどこのだらだら感全然飽きる気がしない不屈の名作です!

一推しはりっちゃん!
あのツッコミとサバサバ感がすごい好き!

投稿 : 2022/02/13
閲覧 : 158
サンキュー:

8

ネタバレ

天地人Ⅱ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

私的アニメ感想簿25

けいおん それは~ 君が観たアニメ
ぼくが みた 希望♪
けいおん それは~ ふれあいの部活
幸せの 青い 音♪
けいおん~(って、それ青雲)

・・・いや、この前笑点見てたらℂМで歌ってたもんで(汗)

まあ、それは置いといて
アニメ放送10周年という事で再放送(2019年)されたんですけど、見てない話もあったんで(おいっ)ようやくこれで観終わったにする事ができました(おいおい)
当時は画期的な作品で大反響を呼んだんですけど、10年たって観てると。あれっ?こんなもんだったっけ(こらーっ)
いや、確かに面白かったんですけど、この作品の後にいろいろな音楽アニメが作られ、それを観たせいか、普通の作品になってしまいましたね。
けど、この作品の価値がそれで下がる訳ではなく、音楽アニメの先駆的作品の地位は変わる事はないと思います。

それにしても、アイキャッチに出てくるカセットテープはどこいったんでしょうか(苦笑)

おまけ
新学期、新たな投稿(?)を待つけいおん部のみんな
ゆい
「投稿無いね~、再放送は好評だったんだけど」
うい
「ごめんくださ~い(来たーっ)あの、けいおん(さあ、どうぞどうぞ)」
「いや、ここでけいおん!の感想を(まあ、まずは紅茶を)でも、感想を(じゃあケーキ食べない?)・・・」
こうして、アニメの感想が書かれないまま時は過ぎていくのだった(ウソ)

※ 2019/07/04もっとー私的アニメ感想簿3として天地人で投稿したものを転記しました。

投稿 : 2022/02/11
閲覧 : 85
サンキュー:

8

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アニメ好きのきっかけになったアニメ

中1の頃友達が見ていたので試しに観たら見事に惹かれました。この作品がアニメ好きになったきっかけです。
まず話が単純に面白い 特に9話でティータイム中に梓が先輩達に試されてるのかと思いギター取り出した瞬間さわちゃん先生が激怒するシーンは腹抱えるほど笑いました。逆に最終回 学園祭のライブのシーンは感動するので見ものです。
ついでに2期も全話見ましたがやっぱり1期の方が断然面白いです(2期もいいところはありますが)。

投稿 : 2022/01/23
閲覧 : 58
ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

音楽アニメで一番好き

これを棚に入れてないって今日気づいたw

投稿 : 2022/01/09
閲覧 : 53

Kansan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

キャラを愛でる難しさ

あまり日常系を見ない自分にとってただ可愛いキャラを愛でるということが出来なかった。笑えるボケやツッコミも無かったので見ていて特に感情に動きがなかった。
山田尚子監督が好きなだけにその演出技法やキャラの動きを観察する為に視聴を始めたが、どうしてもストーリー性やキャラの葛藤などを求めてしまう自分にとって、同監督の「聲の形」や「リズと青い鳥」と同等な何かをこの作品からは受け取れなかった。
ただ勉強の意味を込めてまたいつか視聴して完走してみたいと思う。

投稿 : 2022/01/06
閲覧 : 81
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

日常系で1番好き

普段あまり日常系観ないからかも知れませんが、作品の雰囲気はゆるキャン△に個人的に似てると思いました

投稿 : 2022/01/05
閲覧 : 85

リアム・ギャラガー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

初恋

そう。あれは小学4年生の頃だった。J:COMの契約をしていた私はディズニーチャンネルを観ていた。そしたら、何故かこちらの作品が放送されていた。ディズニーの"デ"文字もないが気になって観ていると、いつしかムギちゃんに恋をしていたようだ。懐かしいなぁ。ホーンテッドマンションと録画が被っていて予約ができず大号泣したのは良い思い出。あの時は本当に「けいおん!」の世界に入りたいと思っていたね。

こうゆう気持ちにさせてくれる作品です。またけいおん!の曲達はアニソンであり、アニソンでないです。パンクやオルタナティブからインスピレーションを受けているものがたくさんあり、どの曲も引けを取らない神曲揃いです。ここがこの作品の魅力だと思います。物語としてはゆるふわ系の日常ものなのですが、この女子高生が変態的フレーズの曲を弾くというギャップに胸が熱くなります。

投稿 : 2022/01/05
閲覧 : 187
サンキュー:

7

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

女子しかいない日常系の原型。アニメ沼の元凶。追記 女子だけアニメについて訂正

 このアニメの前後で何かが変わった気がします。ハルヒの時代には日常部活ものではあっても物語性がありました。本作については物語は日常を見せるための舞台装置でしかありません。
 本作で「アニメ沼」というか「けいおん沼」にはまった人間は数多くいるみたいです。ニュースで本作の舞台となった旧小学校の聖地巡礼が10年以上たっても続いているというのを見たことがあります。

 シンエヴァであちらは今年ケリが付きましたが、この日常系アニをドラッグのように求める層を生み出したという意味では、潜在的な影響力はエヴァ以上かもしれません。信者の深さは半端ではありません。

 思い切って女性しか登場人物がいない、という切り捨てに出た初めてのアニメではないでしょうか。同時代にひだまりスケッチとかARIAとかありますがそれでも男性は出ていました。本作はモブを除いて徹底的に男性を排除しています。

 これが男性からみても女性から見てもノイズをカットした「今まで見たくても無かったもの」だったのではないでしょうか。それはつまり恋愛、スクールカーストに疲れ切った時代になってしばらくたった頃に符合します。悪意もイジメも順列も差別も無い世界。そこには男がいてはいけません。男が入った瞬間、女子には順位付けが始まります。
 ムギという金持ちキャラに対する驚きはあっても嫉妬がありません。アズサも練習に対する姿勢の不満があっても結局はわかり合ってしまいます。女子だけの世界ですら本来はこんなに優しくはないと思います。こういうアニメの型を作り出した最初の作品ではないでしょうか。
(追記;あずまんが大王を忘れていました)

 京アニは女性スタッフが多いし、監督は確か女性だったと思います。その女子側が心地い世界が、男子側の見たい世界と一致することに気が付いた慧眼があってのこの「けいおん」という作品だったのでしょう。

 京アニのアニメ映像の技術と高い音楽性、演出の巧みさ、さほど人気があるとは言えない原作の設定を拾ってきてストーリーに仕上げる技術で作成された本作は、今の作品に比べてもとびぬけたクオリティだと思います。
 作成意図と視聴者の幅から言って決して、メジャーとはいえませんが、マイナーの浸透度は恐ろしいものがあります。アニメ史を分析してゆくと、本作はどこかで語られなくてはならない作品だと思います。
 実は初音ミクが2007年、本作が2009年です。初音ミクの影響があったかどうかは不明ですが、このけいおんというヴァーチャル空間のようなアニメと無関係ではない気がします。


 で、アニメの感想ですが同時代性が大事な部分があり、後から見ると乗れない部分はあります。甘ったるい空間やデフォルメされたキャラ造形などが、作品の古さを感じさせる部分もあります。
 ですが、やっぱり面白いです。とにかくダレる部分が一切ありません。これでもかと内容を詰め込んでいます。音楽というギミックとJKの部活を組み合わせエピソードの一つ一つがすべて面白いです。
 強いて言えば、無理に感動を作ろうとする姿勢が、好みにあいませんでしたが、すぐにギャグで相対化されてしまいますし、思春期の女子の間の日々の小さな感動を拾ったという意味では必要だったのでしょう。


女子だけアニメについて追記 

「けいおん」は部活というはっきりしたテーマがある日常系の元祖であり、親父趣味日常系の原型として、ゆるキャン△につながる流れのきっかけなのは間違いないと思います。
 ですが、それ以前に女子だけアニメがありましたので、注記しておきます。漏れていたら随時追記します。

「あずまんが大王」2002年がほぼ女子だけアニメの始祖といえそうです。木村先生とか男女共学とかで男子が混ざっている点でまだ純度は低いですが。女子高生を性的に消費する意図を隠そうとしていませんでしたし。
「苺ましまろ」2005年ですね。これが本当に女子だけだと思います。そして日常系でもありました。つまりこれがオリジンでしょう。
同時期に「ぽにぽにだっしゅ」がありますがこちらは結構男が出ていました。

「ひだまりスケッチ」2006年。これも長いですね。なぜこれを忘れた?
「らきすた」2008年。これはモブ男子やお父さん、ラッキーチャンネルの白石が出てきます。
「けいおん」2009年 本作
「たまゆら」2010年 若干家族で男登場
「ゆるゆり」2011年
「Aチャンネル」2011年
「キルミーベイベー」2012年 日常系?
「ヤマノススメ」2013年
「きんいろモザイク」2013年
「ご注文はうさぎですか」2013年
「のんのんびより」2013年
以降はまた別のアニメで。

という感じでしょうか。ただ、思っていたより少ないですね。2011~2013年の量産体制から考えて、やはり「けいおん」の影響は大きかったと言えるでしょう。
「ARIA」2005年や「みなみけ」2007年はしっかり男子が出てますね。


また、京アニの作品の変遷と進化、時代性などあります。
 らき☆すたとのキャラの相似性について言及しわすれました。けいおんとキャラの特徴を必ずしも一致させず、らき☆すたの登場人物の特性を分解、再構成したような形になっています。
 ハルヒとらき⭐︎すたを足し算するとけいおんになるとも言えます。ライブアライブの反響と技術、作画、演出を蓄積したことも影響しているかも知れません。

投稿 : 2021/11/20
閲覧 : 404
サンキュー:

19

ちあき さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもしろさ横ばい

評価が良く、期待値も高かったせいか盛り上がりに欠ける感じがしました。
ただただ楽しいだけ。挫折だったり、苦難だったり、波風が立たずに、苦労を感じる面が見えないので、第二作目を含め、全体として物語に抑揚が無いように感じました。

ちなみに「けいおん!」が第一作目、「けいおん!!」が第二作目です。
!の数の違いですね。 最初わからずに私は戸惑いました。また番外扁を含めた順番は、以下の通りです。
第一期「けいおん!」
番外編「冬の日!」
番外編「ライブハウス!」
第二期「けいおん!!」
番外編「企画会議!」
番外編「訪問!」
番外編「計画!」
劇場版「映画けいおん!」

時系列が多少違うところありますが、この順番でも問題ないかと。

投稿 : 2021/10/25
閲覧 : 233
サンキュー:

11

pH さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

こんなに良いアニメないだろうが

全部のステータスを星5にしたが、適当につけているのではない。これで妥当である。
このアニメは、すべてのステータスがカンストしている。

まずキャラ。めっちゃ可愛い。癒される。萌えるべきは唯、梓、澪、ムギだろう。律やさわちゃんも良い味出している。

そして素晴らしきストーリー。とにかく青春で、エモいエモすぎる。入学して初めてバンドや仲間に出会い、思い出いっぱいの3年間が3クールかけて描かれている。個人的に卒業式は号泣も号泣。涙が止まらなかった。
日常ものとしてのエピソードも、視聴者を楽しませてくれる工夫が満載で、やっぱり最高峰の面白さ。

曲、作画、声優の良さは言うまでもない。

自分はこのアニメ8周している。本当に良いアニメなので、見て。

投稿 : 2021/09/19
閲覧 : 199
サンキュー:

6

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青春軽音ストーリー。

主人公平沢唯が高校の軽音楽部に入ってギターを始めてからの
他の軽音部員との日常を描いたストーリー。ドラムで部長の律、ベースの澪、キーボードの紬、途中から入る新入部員で後輩の梓(あずにゃん)の5人がメインです。唯が2年時の学園祭までを描いています。京都アニメーション製作です。

投稿 : 2021/08/19
閲覧 : 466
サンキュー:

49

ネタバレ

りは さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゆるい、結局好き

ゆるゆる展開の連続
(激アツ青春アニメとは真逆)
ほんわか友情と日常が
音楽に結晶しています。

好きになったので
2期と劇場版も続けて視聴します。

私の推しメンは
澪と梓にゃんです。

投稿 : 2021/05/23
閲覧 : 180
サンキュー:

16

ネタバレ

moto1115 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

ほのぼの

投稿 : 2021/05/07
閲覧 : 193
サンキュー:

6

こたろ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何回でも見れる

タイトル通り、本当にこれは何回何十回でも見れるアニメ。
癒しのアニメ。
疲れたときに見たくなるアニメ。
何も考えずに見られるアニメ。
とりあえず最高って事ですね。

投稿 : 2021/05/02
閲覧 : 136
サンキュー:

6

たにぐー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

癒しのドリームタイム

原作は大学編まで読んでます。
アニメは今回初めて見ました。

女の子たちの放課後ティータイムを楽しむアニメ。
とにかくゆるいです。マシュマロみたいにふわ☆ふわです。
原作は4巻しかないですが、
一話一話よく練られてるなと感じました。
原作を知っててもより楽しめる内容だったと思います。

この作品を初めて知ったのはふわふわ時間を聴いてからで、
クセになる歌詞がとても魅力的です。
アニメで久々にふわふわ時間を聴いて懐かしい気持ちになりました。
当時は影響力が凄かったですね。ソースは俺。
影響されてキーボードを始めたのはいい思い出ですw

遅くなりましたが十周年おめでとうございます。

二期は泣くのが分かってるのでまだ観てませんw

投稿 : 2021/04/24
閲覧 : 136
サンキュー:

14

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原点にして頂点の作品(ボク的に。)

ボクがアニメにハマるキッカケになった作品。

ただ女子高生達がキャッキャッしている作品と
思ってたらかなりイタイ目を見た作品。

現実の社会生活や人間関係に疲れ気味のボクは、
この作品にある

皆が誰に対しても優しい世界
誰も深く傷付けない、傷つかない世界
お互いが根っこのトコで繋がれてる世界

というのを視てて感じ、涙が止まらなくなります。
自分自身も含めて現実もこんな風になれたら
どんなに素晴らしいだろうか…。

ゼッタイにムリなのは分かってるけど…。

なもんで、今でも人生に疲れたら
2期・映画までを一気に視てます。

そして、自分が若かった頃に持ってた
根拠ない自分に対する自信や
無知だからこその世界に対する希望
などを思い出してもう一度仕切り直そうって
思わせてくれる、ボクにはそんな作品です。

サイコーです、けいおん。

ちなみに、この作品を視て
10年以上ぶりに楽器を再度弾くようになりました。
楽曲も大好きなモノがイッパイです。

投稿 : 2021/04/17
閲覧 : 126
ネタバレ

コーヒー豆 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

日常色の強い軽音部での日々。

今から10年以上前に放送された京アニ制作のけいおん!。

このような楽しい作品が10年も前とは、当時から京アニは凄い制作会社なのですね。制作陣を観ても、現在活躍されている方もいました。

ユーフォ系のガチ部活とはまた違った、軽いノリでの軽音部。日常でのキャラのギャグがキラリと光る作品となっています。クスリと笑わせてくれるセンスのいい笑いでした。

序盤では、
{netabare}
部員集めからの唯が加入→ギター購入→合宿。の流れ。
{/netabare}

中盤では、
{netabare}
さわ子先生の過去回からの顧問へと。今さらボーカルが居ないことに気づく笑
学園祭でも声が枯れている唯さん。ボーカルがミオさんで、個人的にはよかった。
{/netabare}

終盤では、
{netabare}
あずにゃん加入。皆は2年生になりレベルもアップ。
{/netabare}
音楽系の作品ということで、OP、ED、劇中歌ともに力が入っていたように思います。特に、EDのノリと曲調が好きでした。

日常系や部活系で笑いも求めている方に観てほしい作品だと思いました。

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 180
サンキュー:

32

olmo さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

 心が。  焼かれます。

10年ぐらい前に流行っていたなーと思い出して視聴しました。
内容は女子校の軽音部を舞台とした日常系アニメ。見てみると作画は10年以上前とは思えないクーオリティで特にOpはじめとした演奏シーンが圧巻でした。

ストーリーはというと毎日の日常がただただ過ぎていくようなそしてそこに大したこともないアクシデントがたまにあるとても優しい世界が広がっていました。

見た時かなり心が汚れていたため見ていると不思議と涙が出てくるシーンもありました。(何ともないシーンなのですが……)
なのでとても心が汚れていて、尚且つとてもストレスがある方以外は心が揺さぶられないかもしれません(内容が薄いとただただ叩いていた人の気持ちもわかります。)。

しかしそんな優しく浄化されるためのアニメなので、内容はある程度薄くあるべきだと見ていて感じました。

なので、結論から言えば心を汚してから見ましょう。

投稿 : 2021/03/27
閲覧 : 140
サンキュー:

9

ネタバレ

モズカッちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

放課後ふわふわタイム

昔、Mステのベスト10で紹介されてたの見て
アニメのキャラが歌った曲がランクインするなんて珍しいなぁと
すごく印象に残ったことを思い出した。

曲のクセが強いwタイトルも歌詞も。
opとed も雰囲気が全く違ってどっちも良かったです。
これは耳にも頭にも残りますね。

内容はまさにふわふわ時間。
可愛い女の子達が
放課後ティータイムしてたら
それは面白い確定です。

キャラクターがとにかく可愛かったですね。
唯ちゃんと妹の憂ちゃんの関係はほっこりします。
あと、紬ちゃんのおっとり感に癒されました。
モノマネする女の子はどうしてこんなに可愛いのでしょうかね。

最後に、当時、知人が急に“うんたん、うんたん”と言ってて
その時はけいおんの曲しか知らなかったので
頭がおかしくなったのかなと思ってましたが、唯ちゃんに洗脳されてたんですね。
今ならなんか口ずさんじゃうのもわかる気がします。

投稿 : 2021/02/21
閲覧 : 329
サンキュー:

20

だわ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

癒される

ストーリー
日常、ほっこり。
そして、青春。良き。
あと普通におもしろい。

キャラ
最高。全員すきだし、あずにゃんという最高の推しができた。
声優たちも演技うまいし、歌うまいし。
なんなのこの人たち。

作画
独特の作画にも関わらずめちゃくちゃ可愛い。
どうして??

音楽
神でしょ。Don't say lazy、ふわふわ時間が凄い好き。
もう全曲神。
けいおん!は挿入曲のクオリティが凄すぎる。

まとめ
癒されたいなら観てみな
あと曲ハマってしまうと俺みたいに全曲買っちゃうぞ!

投稿 : 2021/01/11
閲覧 : 120
サンキュー:

8

京アニは神 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

日常系の最高傑作。
女子高生の高校生活3年間を描いた本当にほのぼのする物語です。

投稿 : 2020/12/20
閲覧 : 113
サンキュー:

8

damian さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ずっと見ていられる

事前情報ゼロで見たため、
あまりの音楽要素の少なさに面を食らいましたが、
徐々に空気感に慣れてくると、
一生見てられる気がするくらい
心地良く見ていられました。

キャラが可愛すぎなんですよね〜5人とも。
誰が好きとか押しとか言えない。
5人の一体感が好き。空気感が好き。

終わり方も綺麗だし、映画も面白かったし、
さすが一世を風靡しただけありますね!

投稿 : 2020/11/13
閲覧 : 206
サンキュー:

11

めぐみん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

澪が可愛すぎる!

なんと言っても澪が可愛すぎる!
容姿、声、性格どれをとっても完璧に可愛いと思いました。

個人的にストーリーは苦手なジャンルなのですが、それぞれのキャラが生き生きしていて面白かったです。
ふわふわタイムはバンドリで知っていましたが、いい曲ですよね。

投稿 : 2020/11/01
閲覧 : 157
サンキュー:

10

ネタバレ

アトイ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

日常系青春の代表作

声優の歌声・音楽良かった、作画は京アニなので安定

投稿 : 2020/10/27
閲覧 : 122
サンキュー:

6

セシウス さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最強のSlice of Lifeアニメ

 アニメファンには説明不要の美少女日常系アニメの金字塔的作品ですね。

 楽器はカスタネットしかやったことない主人公が軽音部に入ってバンドをやるお話です。しかし、大きな挫折を味わったり強大なライバルが現れたり血のにじむような特訓をしたり誰かに恋をしたり、など一切ありません。ただただ放課後にお茶とお菓子を食べたりしながら仲間と楽しく過ごすシーンが延々と流れます。また、1年半くらいのストーリーを12話でかなり駆け足で描いています。

 平坦で駆け足なストーリー、なのに見終わったあとに心がほっこり暖かくなります。気づくとバンド「放課後ティータイム」の珍妙なタイトルの各曲が頭の中を流れています(笑
 丁寧な作画、レベルの高い楽曲、声優の好演を使って原作を更に魅力のあるものに昇華させるのは本当に得意な制作会社だと思います。

 2期が見たくてたまらない、とまでは感じませんが、心がまったりを求めている(笑)時に見てみたくなる作品だと思いました。
 
 

投稿 : 2020/10/18
閲覧 : 197
サンキュー:

10

次の30件を表示

けいおん!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
けいおん!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

けいおん!のストーリー・あらすじ

私立桜が丘高校に入学した1年生の平沢唯は新しいことを始めようとするが何も思いつかず、2週間もの間部活の入部届けを書けずに日々を過ごしていた。同じく1年生の田井中律は幼馴染で一緒に入学した秋山澪と共に軽音楽部の見学に行こうとするが、部員が前年度末に全員卒業してしまったため、4月中に新入部員が4人集まらなければ廃部になると聞かされる。合唱部の見学に来るつもりで間違えて軽音楽部に来てしまった1年生の琴吹紬は、律と澪の掛け合いを聞いているうちに彼女達が気に入り、入部することに同意する。3人は部の存続のため、あと1人を入部させるべく勧誘活動を開始した。(TVアニメ動画『けいおん!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2009年春アニメ
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
www.tbs.co.jp/anime/k-on/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%91%E3%81%84%E3%81%8A%E3%82%93!
主題歌
≪OP≫桜高軽音部[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬(CV:豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子)]『Cagayake!GIRLS』≪ED≫桜高軽音部[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬(CV:豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子)]『Don't say "lazy"』
挿入歌
桜高軽音部[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬(CV:豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子)]『ふわふわ時間』

声優・キャラクター

豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈、真田アサミ、藤東知夏、米澤円

スタッフ

原作:かきふらい(芳文社『まんがタイムきらら』連載)、 監督:山田尚子、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン・総作画監督:堀口悠紀子、プロデューサー:中山佳久/中村伸一/太布尚弘/八田陽子、楽器設定・楽器作監:高橋博行、美術:田村せいき、色彩設計:竹田明代、撮影監督:山本倫、編集:重村建吾、音響監督:鶴岡陽太、音楽:百石元、音楽プロデューサー:小森茂生、アドバイザー:石原立也、アニメーションプロデューサー:大橋永晴

このアニメの類似作品

この頃(2009年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ