新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら(TVアニメ動画)」

総合得点
64.2
感想・評価
317
棚に入れた
874
ランキング
3574
★★★☆☆ 3.0 (317)
物語
2.8
作画
3.0
声優
3.3
音楽
3.1
キャラ
3.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったらの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

^utu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

つまらん

ギャグが多すぎってつまらないし、ギャグ自体つまんないし、だんだん主人公にイライラする

投稿 : 2022/10/14
閲覧 : 57
サンキュー:

2

ネタバレ

スイキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ギャグコメ

ギャグコメ
リアルを追求し過ぎたVRゲームをする内容

「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」の作者
土日月さんが原作

投稿 : 2022/09/24
閲覧 : 116
サンキュー:

3

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これは

あまり印象が残らないが、まあまあ面白かった。

投稿 : 2022/05/19
閲覧 : 83
サンキュー:

3

ネタバレ

taka_2 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

現実があまりうまくいってない主人公がゲームでもうまくいかない話

U-NEXTにて視聴。
あまりのクソゲーっぷりに5話くらいで脱落しそうになったんですが、がんばって?完走しました。
一応最後はいい話だなーって感じになってます。
おすすめはしない。

投稿 : 2022/04/23
閲覧 : 365
サンキュー:

2

ネタバレ

オカ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

他の人の評価低いけど、個人的には好き

下心に負けショップで無理やり買わされたゲーム、極みクエスト。

痛覚まで感じる異世界転生したようなリアルなフルダイブゲーム。
初っ端、なぜかモブ親友とマジバトル、痛みを感じるから本気でイラつきモブ親友を殺してしまう。
親友殺しの称号を与えられ、町人全てを敵に回してスタートする。
マーチンタイム
結構笑いました!

ヘルズフルーツスライサー!
幼馴染ヤバい。

余りにも下らない無理やりゲームをやらせるお姉さんもヤバい。

最後の最後までベストフレンドキラーでした。

他の人の評価低いけど、個人的には面白かった。

2期の見たいアニメです。

投稿 : 2022/02/23
閲覧 : 186
サンキュー:

4

ネタバレ

梨花はわたくしのもの さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 1.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

2021春クールの中では微妙

一応全部観ましたけどカタルシスに欠ける内容でした。リアルでうまく行っていない主人公がクソゲーを通して曇った自意識を改革するってのがテーマですが、アニメでやった内容だけではそれがあまりできていない感じ。終始ヒロインである玲於奈に主人公のヒロが振り回され、理不尽を被る展開が続きます。
ベースとなる雰囲気はこのすばのようなコメディに寄せていますが、いきなりSAOやあの花も真っ青な重いシリアスになったりするのでそこも肌には合わなかったかな。
ヒロが自立して問題解決にあたらないのもテーマにそぐわない印象を受けました。玲於奈やカムイに頼り過ぎですし、問題の解決に主人公が全く関わらないことも多いです。
コメディのテンポも悪い。玲於奈の悪戯にヒロが突っ込む形式の同じようなネタの繰り返しであり、同作者の慎重勇者と違って全然キレが無い。
シリアスの出来は言わずもがな。下ネタをあんなシリアスに盛り込むのは流石に萎えます。異端審問の時に玲於奈がヒロを下ネタで弄って怒らせたのは最悪でした。
キャラクターは良くも悪くも個性的といったところで、ぶっ飛び具合は長所である一方、前述した短所に繋がることも多かったです。
作画は序盤はそれなりに良いですが、中盤から致命的に崩れていました。ドアップでも崩れる有様なのはいただけなかった。

ラストもあんまりでした。膝カックンって……

良い点として、主題歌は文句無しです。映像は紙芝居でしたが。

総じて微妙な出来であり、独創的ではありますが優先して観るような作品ではないといった評価です。

投稿 : 2022/02/13
閲覧 : 242
サンキュー:

3

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

勿体ないんだよなぁ

原作未読(2022.1)
汚い、クズな、格好悪い、えげつない、最終形の”S.A.O”オマージュ作品とでも表現したらいいのだろうか。アニメとしての評価は低くせざる得ないクオリティなんだけど、個人的には目の付け所はいいと思う。正直、少し続きが気になる作品ではあるんだよね。
本家?”S.A.O”がキリト、アスナ、綺麗事万歳(ごめんなさい 汗)だとすると、こちらは汚物まみれの”S.A.O”であって爽快感も高揚感も悲壮感も感動すらない。嫌悪感だけはてんこ盛りである。それをうまくギャグテイストを盛り込む事によって視聴者側に逃げ場を与えている。その辺はうまいと思うのだがやはり作りとしてはお粗末な仕上がり具合が勿体ない。
ゲームとは娯楽である意味、現実からの逃避という側面はあると思う。そのゲームが現実よりハードだったらそりゃ、クソゲーだろうね。プレイする価値がない。
でも、どうだろう、最近現実社会から逃げ出す為に安易に犯罪を犯し壁の中に逃避する人間が実際増えている。それは壁の中の方が娑婆より楽だと感じるからではないだろうか?人道的な部分もあるが、やはり壁の中は娑婆より厳しいという現実を教え込む必要もあるのではないか?と考えてみたりする(また、脱線したよ 笑)。
この作品の主人公は、このゲームの厳しさを体験し、このゲームクリアの為に現実の生活に変化が起き始めている(歪な逆輸入ではあるが)。そういう辺りも面白いし、何度も言うが、もうちょい制作側に力があればいい評価できたんじゃないかなぁ。

私のツボ:山下さん、高い声出るね

投稿 : 2022/01/11
閲覧 : 279
サンキュー:

5

ネタバレ

あらにぃ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

個人的には好きになれた

異端審問官のキャラが嫌いな以外は
特に言うことがない
こいつがいなかったら星五つだった

とにかくこいつが嫌い


最初の町(スタート地点)で勇者(ゲームプレイヤー)が強烈に足止めをくらう展開は私の中では 始めてみる展開だったので
斬新でよかった
初っぱなから親友を間違って殺し 復讐にとその兄の妹(幼なじみ)に命を狙われ 
犯罪者に身を落とし 何とか逃げようとしても
町は狭くあっという間に鬼ごっこ状態

なんていうかフリゲーのバカゲーを
そのまんまアニメにした感じが最高
でした

投稿 : 2021/12/16
閲覧 : 197
サンキュー:

3

ネタバレ

祇園 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

タイトルなし

もういい。こんなクソゲー、二度とやるか。

投稿 : 2021/10/17
閲覧 : 141
サンキュー:

0

ネタバレ

haiga さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 1.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

クソアニメと思って我慢して最後まで観たら愛すべきクソアニメだった件

観終わりました!!

結構途中の鬱展開が辛くてそのまま観るの辞めようと思ってたのですが、何となくず~っと気になってたんですよね。
んで意を決して今日一気に5話~最後まで観ました。


結論から言いますと面白かったです!


いや、これ普通のフルダイブRPG物と思って観ちゃダメだったんですね。ログホラとかSAOみたいな感覚で観ちゃダメです。視聴する際はこの奇妙奇天烈なアニメを観るモードに意識をフルダイブして観てくださいね

とにかくリアルを追求した超問題作ゲーム極クエストをひょんな事からやることになる主人公が、ダメムーブを繰り返してひたすら悲惨な目に会い続ける作品なんですが、まあ序盤から中盤までほんと救いが無いんですよねwひたすら主人公は弱く情けないし、ナビ役のレオナはおチャラけてるし。

んで4話から極クエスト唯一の攻略者神威の攻略サイトを見始めてから少しづつ少しづつ微妙な進捗で好転していきます。
まあ普通のアニメみたいなスッキリ展開には中々ならないんですけどね。
だいたいこのアニメ独特の奇妙奇天烈な展開になるんですが、それが見慣れて来ると癖になってくるんですね。
あとめちゃくちゃな称号がオチになってて笑ってしまうんですよねw

出てくるキャラは変人、変態の嫌な奴が大半で中々主人公周りも気が休まらないんですが、レオナとの掛け合いが間が抜けてて可笑しくて笑ってしまうんです。

極クエスト内の超個性的なヒロイン2人もとてもイカレてて良かったです。
拷問好きで主人公の漏らしっぷりに心酔してるミザリサと、主人公が誤って殺してしまったマーティンの妹のアリシアはひたすら超人的身体能力で主人公の命を狙ってきますwアリシア役のファイルーズあいさんの狂気の演技がとても素晴らしかったです

作画は頻繁に崩れてますしとても褒められたものじゃないんですが不思議とヒロイン達が魅力的なんですよ。特にアリシアと主人公の妹はめっちゃ可愛かった(アリシアはほぼゾンビ状態で怖すぎるがw)
ちゃんと結末まで描いてありますし終わり方もこの作品らしくて良かったと思います。
毒にも薬にもならない味気ないファンタジーが多い昨今ですがたまにはこんな個性的な作品もありじゃないかなと思いました

投稿 : 2021/10/15
閲覧 : 440
サンキュー:

21

ネタバレ

いい歳したおっさん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

思ったよりも面白かった・・・ん、いや・・・どうだろ

タイトルの通り、面白かったのかつまらなかったのか、よく判断できない作品です。原作はあるのでしょうか、あっても未読です。

個人的に視聴する前は「かなり地雷臭がするな」と思っていましたが、作品名からして気になって結局観てしまいました。

作品名が示す通り、プレイしたフルダイブ型RPGが現実世界のリアルさ(五感・身体能力など)を再現しており、主人公のヒロがクソゲーとも言えるこのゲームの攻略に悪戦苦闘するという話です。

最後まで観ましたが、この作品がどういうスタンスなのかいまいち未だにわかりません。取り巻きのキャラは皆女性ですがハーレムってわけでもないし、ギャグアニメ・・・てわけでもなさそう、かと言って知力を駆使してクソゲーを攻略ってわけでもない、冒険やファンタジー色が強くもない・・・(消去法だとギャグ寄りですかね?)

ただ「クソゲーは一周回ると面白く感じる」っていう感覚(錯覚)を主人公のヒロを観ていると感じることが出来、その部分の面白さはあり最後まで観られたのかなと振り返ると思いました。

また、「このクソゲーをどう攻略してくのか」という点でも、何となく先が気になって観続けられた要因としてありそうです。
ですが、場当たり的・ご都合主義的展開も多く、{netabare} 最後の戦いでの『裏技』については「いや・・・結局そうなるの?」とゲームとして売りのリアル設定が破綻した展開になってます。

これ、この先どうなるのでしょうか。第2期があったとして主人公は『裏技』を使って「俺TUEEEEキャラ」で進んでいくのか・・・ {/netabare}
なんだろうか・・・題材は良いと思いますが、話のもって行き方の捻りが足りないなと総合的に感じます。

クソゲーならぬクソアニメになってしまうかは、第2期があるならその後の展開によって決まると思います。

投稿 : 2021/10/05
閲覧 : 192
サンキュー:

6

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

理不尽の割合が多すぎたのでは

理不尽が悪いわけではないけど長くてくどく感じた。
おかげでストーリーの進みが遅い。
主人公のツッコミが多くてテンポが良くない。

主人公がちょろすぎる。
どれだけ理不尽な目にあっても学習しない。
色気に弱いし、これで大丈夫と気を抜いて酷い目にあう。
同じ作者の慎重勇者の慎重さを分けてあげたい。
それにゲームに固執する理由がいまいち弱かった。
もう止めちゃえばいいじゃんて思ったし。

作画は悪くないがレオナの胸が不自然すぎる。
そこまで大きくしなくてもいいだろw


良かった所

カムイの松岡禎丞
彼は主人公より脇役の方が良い。

最終回に主人公がゲームをクリアするために努力をし始めた事。
これは素直に感心した。
某リベンジャーズの主人公は見習って(笑)



主人公だけじゃなく見てる自分も軽くストレスになった作品w
こういう作品は主人公にイライラしてしまう。
でも決して全部がつまらないわけではなかった。
笑える所はあったしキャラはまあまあ。
典型的なご都合主義ゲームアニメばかりなのでこういうのは新鮮で悪くないんだけどね。
テンポ良くストーリーが進んでいれば違ったかな。
街から脱出するどころの話じゃなかったもの。
あるいはフルダイブRPGじゃなくてフルダイブ日常系だったら日常系理不尽ギャグアニメで面白かったかもしれない。

投稿 : 2021/08/22
閲覧 : 201
サンキュー:

4

ネタバレ

よこちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

ひざかっくんだけ笑った

面白かった慎重勇者と同じ原作者ということで、楽しみにして観たんですが、正直期待外れでした。
たぶんギャグアニメなんでしょうが、ほぼ笑えませんでした。幼馴染のアリシアが主人公殺そうとする理由がよく分からないし、なんでヤンデレキャラみたいになるのか?だし、兄の件も事故だって分かると思うんですけど。それに強くなりすぎて逆に怖い、ギャグに見えなかったです。そのアリシアの話を第6話まで引っ張り簡単に解決、やっぱり笑えない。
おしっこネタも多くてしつこい、汚物ネタもするし、そんなの幼稚園児しか笑わないのでは、私は下品に感じました。
キャラ絵はちゃんと美少女で可愛いですが、レオナの爆乳が明らかに形がおかしい。ベタなツンデレの妹は非常に可愛いくて良いですが、出番が少なすぎる…
話もなかなか進まず、どんな終わり方するんだろと思ってたら、第11話の後半から急展開で少し面白くなりました、いや遅すぎでしょ。
と言う訳でお勧めはできませんが、続きが気になる終わり方だったので、無いとは思いますが、もし2期があったら一応観ます。

投稿 : 2021/08/15
閲覧 : 204
サンキュー:

9

ネタバレ

MTK207 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白かった

最終的にコツを掴むのね

他キャラも活躍

結局、最初の町から出れないとかウケる。

投稿 : 2021/08/12
閲覧 : 130
サンキュー:

3

ネタバレ

たにぐー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最後まで見ると極クエ本当にちょっとだけやりたくなった

三話まで観ました。
今のところ主人公を唯々バカにするアニメ。
竹達さんのキャラがマジでうざい。
EDが良いぐらいか?
妹ちゃんの活躍に期待。

4話観ました。
松岡さん暴言吐くキャラはマジで天才的。
主人公チョロすぎてなんか同情する気も失せた。
妹ちゃん俺妹の桐乃みたい。
ドストライクだぜぇ!

全話視聴感想。
まごうことなきクソゲー。
でも最後主人公がハマっちゃったのはちょっとわかる。
無双するやり方がわかると楽しいから。
妹ちゃんの扱いの酷さが残念。
喋ってる時全然表情変わらん。
アリシアと結婚したい。レオナさんは論外。

投稿 : 2021/08/01
閲覧 : 336
サンキュー:

10

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

[全12話視ました。]ビミョー、かなぁぁ。

視聴前収集情報皆無、原作完全無知で視聴開始しました。

フルダイブRPG系作品をパロっているようで、いまいちギャグセンスがちょっと残念で、とりあえず変化球を投げてみた、そんな雰囲気を感じました。これまでに、仮想世界ゲーム系作品を視たことがある人ならば、よくわからないリアリティとゲームとして成立しないありえない感を持つでしょう。次の展開が気になる程度には興味が持てますが、正直ワクワク感や没入感が発生することはありませんでした。取り敢えず投げてみた変化球はストライクにならないことを見透かされて華麗にスルーされたような気がします。
 現実のパロディでもあるので、底抜けに笑えるとか、皮肉に唸るとか、そんな難しいことを要求されるジャンルなのかもしれません。卑下している自分を俯瞰的に嘲嗤う自分を、嘲嗤うこと自体が自己卑下だと気づきつつ笑いを取り、笑っている人たちにあなたはどうですかと、問いかけられていることに、笑い終えた後に笑った人が暫くして気が付くとか、そんなややこやしい構造が求められるのでしょうか。(自分で何言っているかよく分からなくなってきましたw。)
 というわけで、人に推すかといわれたら、稀に声優がらみでツボる人がいても不思議じゃないですが、スクイズのサインが出ているわけでもないのに、ボールになる変化球を見送らない特殊な積極性が求められる作品だよ、と言うことにしておきます。

投稿 : 2021/07/31
閲覧 : 144
サンキュー:

7

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

悔しい

展開が激しくて退屈はしなかったのだが、ギャグのノリは不快。
あと「ベストフレンドキラー」称号の引きずり方がしつこい。

でも、チンピラ撃退した回の意外性からちょっとハマってきて、アニメ見終えての感想は「続きが見たい」。

なんか悔しい!

{netabare}
……クソラップみたいになって面白かったのでこれで投稿。
全然関係ないけど、厨二病なのでOP曲の歌詞と発音全部覚えて歌えるようになった。すごくない?{/netabare}

投稿 : 2021/07/17
閲覧 : 238
ネタバレ

maki&atom さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.2
物語 : 1.5 作画 : 1.0 声優 : 1.5 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ほんと・・

観て時間の無駄遣いをしたと正直思ってしまった・・・

投稿 : 2021/07/17
閲覧 : 170
サンキュー:

2

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 1.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

命題:クソゲーはやるとつまらないが、見ているだけならちょっと面白い

一言でいうなら、普通の人間がファンタジーRPGの世界に飛ばされたら、
どんな目にあうのか?を描いた作品。
クソゲーって、人がやっているのを見るのは意外と面白いんですが、これはゲームですらないからつまらないのだと思う。まあ、シナリオとキャラデザも酷いが。
どうせならギャグアニメにしてしまえばよかったものを、中途半端にシリアスにしちゃうから、数々の無茶苦茶な展開が気になって仕方ない。

MMORPG系のアニメは結構好きですが、これは楽しめない

声優は良いがほかにいいところが少ない。
唯一いいと思うのは主人公のツッコミの遠慮のなさ。
寒い時も多いが、時々絶妙なツッコミをするところがよかった。
主人公は「クソゲー」と呼んでいるが、こんなものはゲームじゃない。
命の保証だけはされている実戦シミュレーターだ。

作画を最低評価にしたが、個人的に作画というよりキャラデザが嫌い。
キャラクターも主人公とメインヒロインを筆頭に顔や体が気持ち悪いキャラクターが多い。なんでキツネみたいな顔したキャラとかヘビみたいな顔したキャラばっかりなの?気持ち悪すぎる。
気持ち悪さの原因は瞳の描き方がごちゃごちゃしているのと、顔の輪郭や体のバランスが悪いからだと思う。
あと玲於奈の胸が不自然にでかすぎて非常にバランスが悪く、奇形になっているので気持ち悪いとしか思えない。
キャラの顔でまともなのは、テスラとアリシアと楓の3人だけど3人ともそんなに出番なくて勿体ない。 テスラは最終話で主人公の意味不明な覚醒に付き合わされてダサイキャラにされちゃったし。
アリシアか楓をヒロインにしたほうが良かったと思う。

普通のファンタジーとは違うものを描きたかったんだろうが、方向性が悪い。
このアニメのクソゲーはひたすらリアルを追求したゲームというコンセプトのようだが、変なところでリアリティじゃないところがでてくるのも気になる。
例えば親友キャラが死亡するシーンだが、あの突進の角度と勢い、転倒の仕方、ナイフの形状と友人のナイフの持ち方、総合的に見てちょっとした怪我はあり得ても、死ぬことはあり得ないです。しかも頭の後ろまで貫通していました。物理的にあり得ないです。

シナリオの展開も、主人公に苦痛を味合わせるのが目的なのかと思えるくらい無駄な展開が多い。
中世欧州風ファンタジーRPGの世界に平凡な高校生の戦力で放り込まれて、モンスターどころか、村の戦士見習いにすらぼこぼこにされて、弱い弱いといじめられ、嘲笑される日々。誰がそんなもん見たいの?
弱くていいんだけど、扱いが酷すぎる。いじめシミュレーターかよ。

それから、格闘技の猛者ならいけるって作中で言ってるけど、あのゴブリンの強さ、格闘技でどうにかできる戦闘力じゃないでしょ。瞬間移動で背後にテレポートして軽くたたいただけで首吹っ飛ばすような魔物どうやって格闘技で倒すのか。

訓練所の集団いじめもひどかった。
解決方法もゲスの極みで、中学生の陰湿ないじめを見せられて非常に不快でヒロインがますます嫌いになった。

最終話の展開も唐突に意味不明な覚醒はじめて、茶番のような戦いが続く。
こんなくだらない最終回なかなかないと思う。

全体を通して
不快80% あきれ15% 面白さ5%。
面白いところもあるんですが、それを圧倒的に上回る不快な展開やセリフの多さそしてキャラの気持ち悪さに辟易する。
その不快に耐えてまで見たいほどの魅力が、このアニメのキャラクターや世界観にはなく、視聴後に残るのは何とも言えない脱力感。

私が同じコンセプトで書くなら、こつこつ訓練して少しずつ強くなって、それでもモンスター一匹と戦うのもギリギリで、町に大量のモンスターが襲来したときには、村の戦士がモンスターを蹴散らすなか、自分にできることをやるということで、逃げ遅れた子供たすけるとか、頭を使ってモンスター罠にはめるとか、煙幕でも投げてモンスターの気をそらすとか、そういう立ち回りをさせるかな。
そういうリアル志向なら、まだ面白いものが作れたんじゃないでしょうか?

投稿 : 2021/07/16
閲覧 : 279
サンキュー:

25

ネタバレ

天地人 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

破SFスーパー英雄(?)列伝1

タイトルの
「究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら」
ですが、まさにタイトル通りの話でしたね。

内容は主人公の高校生結城宏が、だまされてクゾげーの「極・クエスト」を始めるというものです。
ただ、この「極・クエスト」ですが、リアルというか主人公が理不尽な目にあうところがリアルというとんでもない話です。
第1話から恋人の兄を間違って殺してしまい、恋人にアニの敵と命を狙われる展開・・・あれ?どっかで見たような。

そうだ、「スターウルフ」じゃないか(あおい~銀河に~♪)
という事は隊長がもと日活のスターで、途中からてこ入れのため
「クソゲーの勇者スターヒロ」に改名する(しないわ~~~~っ)

まあ、そんなマイナーすぎるネタ(おいっ)はやめて
とにかく主人公(ヒロ)が悲惨な目にあう菅田を楽しむ展開はちょっと引いてしまうのもじじつで、お漏らしまでされると、さすがにどうかと思っちゃいました。

でも、結局最後まで観たんですよね(苦笑)
というか、観続けると何となくクセになってしまったんですよ、これが。
と言っても、さすがにこのゲームをやりたいか?と言われれば
速攻で拒否します(おいおい)
観るのはいいけど、痛いのはゴメンなんで(汗)

投稿 : 2021/07/16
閲覧 : 155
サンキュー:

10

ネタバレ

ゆうゆう さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

微妙としか・・・

慎重勇者の筆者の作品アニメ第2段、まぁ正直いってシリアスとギャグのバランスが取れていない。
完全ギャグ振り路線でいけば、そこそこの良品になったかなと思いますが見事に爆死でした。
一応〇話切りとまではせず最後まで完走、何も考えずただ観ると良いかもしれません。

投稿 : 2021/07/15
閲覧 : 139
サンキュー:

3

ネタバレ

olmo さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

親友を殺してから始まるクソゲー生活

1話見た感じだとそこまで悪い内容には感じなかった。ただ、少し主人公のリアクションが抑え気味にツッコむと言う演じ方がなんか歯の奥に骨が刺さった様な感覚がこれからみる上での不安材料です。

追記(2021/05/31)
7話までの見たところそこまで批判する様な作品ではないですね(なると思ってた)
ストーリーも幼馴染に殺されかけるところも悪くない。

ただ相変わらずツッコミシーンもせっかく面白い場面もあるのに、なんか途中で止まって興醒めするのがなんとかできれば……
どうせならもう少し声優の演出振りっきてやればいいのに……
と見ている途中途中にどうしても思ってしまいます。

個人的にはカムイのオーベルダイン歴程のサイトに見に来た人への罵詈雑言が好きです。

どちらにせよこれからストーリーに関わりそうな妹ちゃんの出番が増えるこれからの楽しみです。

追記2(2021/06/07)
なんか作画が荒れ始めてきましたね。ストーリーも単調だし…
折角ここまで地道にギャグとか積み上げてきたのになんか一気に無駄になった感じです。

追記3
最終回まで観ましたが、、なんなんだあれは、、、
総評としてはジャンプで連載してから最短打ち切りではなく、コミックを5巻くらい出した後に打ち切り食らった作品の印象があの最終回を観て強く思いました。
おすすめ度的には見るのを推奨はしないレベルです。

投稿 : 2021/07/11
閲覧 : 365
サンキュー:

4

ネタバレ

uQcus51094 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

意外と王道?

原作未読。
タイトルに惹かれて視聴(笑)

難易度が高いゲーム=クソゲーというのもどうかと思いましたが、確かにゲームではリアルにないものを求めると考えると納得できますね(あんまりゲームやらないので実感ない)。

お話の内容は、現実で色々うまくいかない主人公が、ゲームでも色々うまくいかない中で頑張っていくものかと思います。
そういう意味では意外と王道?と思いました。
結局、気合とか根性の話だったし。

最近よくありますが、いわゆる異世界ものの変化球版でしょうか?
個人的にはシリアス(クソゲー的な)ありの中で、ギャグの多めなので楽しんで見れました。最後は少し推理要素もあり。
主人公の一人突っ込みがいいですね。

OPとEDはいいですね。特にEDは中毒性ありすぎw

ネタばれが長々と続くので、お時間のある方はどうぞ。

{netabare}
主人公が後ろ向きすぎ、という点で評価が低めですが、個人的にはこういうダークというか人間の暗い面を描いているのは好きですね。リアルぽくて。
というかまたダークな作品をあててしまいました。
最近の流行りなんでしょうか?

現実でカツアゲとか部活の失敗があったら、主人公みたいになっちゃうと思うんですよね…
私はなります(笑)
それでゲームがあんな感じだったら、そりゃキレますよ(笑)。

ただ、このアニメを視聴して確かにそうだな、と思うところも多かったです。
最初の幼馴染の事件はギャグとしても、入隊した後の話とかあんな感じだと思うんですよね。
「トータルイクリプス」とかもそうでしたけど、人間って結局はまとまらないと思います。
その辺も含めて確かに、普通のゲームって娯楽用だなあと考えさせられました。
投げて煙幕出たら苦労しないですよね(笑)

全体的にこのゲームはホラーゲームみたいな感じなんでしょうか。
やったことないですけど。

そうした状況にめげずに主人公が頑張っていく姿は「いいなあ」と思えました。現実でうまくいっていないから尚更ですね。
最後の方は現実でも頑張り始めましたしね。

そういう意味では、主人公の成長の物語かなと思いました。
ただ、そのきっかけがショップのお姉さんの色仕掛けって…
まあ、動機なんてそんなもんですかね(笑)

竹達さんはツンデレというイメージしかありませんでしたけど、こういうお姉さんキャラもあってますね。
妹のツンデレが面白い。そしてお母さんが暖かく見守るのがもっと面白い。
アリシアは強すぎるし、個性がありすぎ(笑)。
ゴブリンを倒しすぎでしょう。ひとりで何体倒しました?NPCあんなに強いなら、そりゃ防衛はできますねって思ってしまった。
最後にもう少し、感情の動きとか掘り下げてほしかったなあ。
恨む→好きと言われて動揺→入隊ってなかなかわかるようで、わからないです。
ただ、中の人もすごい。オーディオコメンタリーも見たけどすごい。(笑)


{/netabare}

*オーディオコメンタリー版があるらしいのでそちらもみました。
声優さん同士の日常というか、そういった話はあるけど、作品についての裏話などはそこまでなかったかな。

投稿 : 2021/07/10
閲覧 : 153
サンキュー:

5

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

結構 おもしろかった

なかなか 面白かったけど・・ なんか 物足りなさが 否めない
これって これで おわりなのかなぁ 続き あるのかなぁ
あるなら ちょっと 気になるかなぁ

投稿 : 2021/07/07
閲覧 : 96
サンキュー:

4

ネタバレ

ゲリオ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

SAOを小馬鹿にしたネタが面白かった

このアニメ…散々言われてるけど…言うほど悪くなかったと思うのは俺だけ?
ガチな作品を作ろうとしてこの出来&この内容だったのなら叩かれるのも仕方ないけど、本作の場合、はじめからネタ作と割り切ってる側面もあったと思うので、それなりに楽しめた自分としては十分及第点なアニメと感じた。
毎週「しょーもないな」と言いつつも最後まで視聴意欲を失わず完走できたし、ひょっとしたら今期アニメの中では優秀な部類に入るのかもしれない。

まず、作品の題材になっているVRMMORPG、本作では「フルダイブRPG」と呼ばれているが、もはやこの分野はソードアート・オンラインに代表される他アニメによって完全に食傷気味になっている。
ただ、本作は作品のタイトルに「フルダイブRPGがクソゲーだったら」と表されてるように、このジャンルを小馬鹿にしてる作風が新鮮味があり、他作品にはない楽しみ方が出来て面白かった。
特にソードアート・オンラインの主人公キリトを演じた松岡禎丞氏が、性格最低のカムイを担当してたのがパロ要素があって笑った。
究極のフルダイブRPGをクリアした伝説の人物の声をキリトにするって、安直ながらもこれしかないキャスティング。松岡氏のイキリ具合も絶口調である。

SAOへのアンチテーゼを示したストーリー面については、ゲーム開始直後に幼馴染にして親友のNPCキャラを殺すという一発ネタが1話の掴みとしては抜群だった。
殺した幼馴染の妹アリシアが、復讐鬼となって襲ってくるのも笑えたし、ギャグ作品として見れば秀逸な側面も目立つアニメだったと思う。
ただ、アリシア攻略までがピークで7話以降のゴブリン襲来シナリオは微妙だった。
もっと言えばアリシアに襲われてるシーンが飛び抜けて面白くて、正直その他の部分は特別面白くはなかったかも…。
ファイルーズあいさんは、"推しが武道館にいってくれたら死ぬ"以来声を聴いたが、改めて良い演技をする声優さんだなーと思った。作品の7〜8割がこの人の演技に支えられていたと言っても過言ではない。

キャラの魅力の大半を締めたアリシアは置いといて、実際の正ヒロインは玲於奈さんなんだろうけど、このキャラはウザかったとしか言い様がないが…w
まぁ、こいつがいなければ、わざわざクソゲーやるきっかけも起こせないし、狂言回し役として魅力度は不要なキャラだったのかもしれない。
出番は少ないながらも、妹は近年稀に見る典型的ツンデレちゃんで可愛いかった。終盤ゲームに関わってくるのを期待したが、そんなことはなくて残念。
ミザリサは…よう分からんかったな。小便漏らしネタのために存在したとしか思えない。

「小便漏らし」と言えば、第4話の主人公の過去話にも触れて置かなければなるまい。
肝心のトラウマがまさかあんなくだらない話だったとは、原作者がネタで考えたのか本気なのが判断が付きにくい。
転んだ衝撃でおしっこ漏らすとか、普通に考えて身体に何らかの障がいを持つ人でしか有り得ないと思うんだが。いくらアニメとはいえあれはない。ギャグ風に描写するならまだしもシリアス風でやっちゃうもんだからシュールにも程がある。
あの第4話で本作の評判は一気に地に沈んでしまった感すらある。
作者的には「シリアスな笑い」を表現したかったつもりだとしたら、アニメスタッフの手には余る高度なネタだったな。

最後になるが、全体として低予算アニメだったので良アニメとは言い難いが、そこまで悪い作品でもなかったと思うので「普通」という評価にしたい。
見どころはあった。しかし余計な部分も多かった。それは同作者の"慎重勇者"も同様なのではないか。あっちは絶賛されて、こっちは酷評される道理は分からない。
制作会社の差はあったかもしれないが、こういうネタ枠にアニメーションのクオリティは求めていないし…
まぁ、思い当たる点としては、終わりよければ全て良しだった"慎重勇者"に対して、フルダイブは最後まで見てもプロローグで終わった感は否めない。
「1stステージのボスに負けたがコンテニューするぜ!」ってところで終わるアニメなんて確かに前代未聞だ。
そんな締め方でも、なぜか切りがよく感じ、続きが(良い意味で)全然気にならないことも不思議な作品だった。

投稿 : 2021/07/06
閲覧 : 261
サンキュー:

8

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 作品内のゲームソフト「極・クエスト」がリアルすぎるという設定で、「ゲームゆえに
省略されたり、都合が良かったりする部分がリアルだったら?」という、一種の思考実験要素を
持ちつつ、「ソードアート・オンライン」などに代表されるゲーム世界を舞台にした
ファンタジー系作品に対するアンチテーゼ的作品かと思いきや、リアルが強調されるのは
プレイヤーに取ってマイナスな部分ばかりで、実際に視聴した印象はゲームものだけでなく、
転生、転移系なども含めた異世界ファンタジーもののパロディといった感じ。

 このゲーム世界で主人公の結城 宏(以後、ヒロと表記)がひどい目に会うというのが基本的な
ネタではあったが、うまいこと笑いに転化できておらず、ただただヒロの不幸を
見せられていた感じ。
 おまけにそのネタの内容がおしっこネタをいつまでも引っ張るもので、小学生
じゃないんだから。

 加えてメインヒロインの如月 玲於奈がそれを笑ったり、状況を悪化させたりと、更なる
仕打ちを。
 この手の立ち位置のキャラはえてして主人公と同じ境遇に陥ったり、視聴者に近い位置にいる
俯瞰的立ち位置にいることが多いだけに、これはきつい。

 あとギャグものであっても、「本作のようなバトル要素、冒険要素のあるような作品は
要所要所で主人公の活躍することで、視聴者がカタルシスを得るような展開は必要だな」と
改めて思った。
 原作者が同じ土日月氏の「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」や、
ギャグ系RPG風ファンタジーの「この素晴らしい世界に祝福を!」などはそういうところを
ちゃんと押さえていたが、本作はそういった部分が弱く、問題解決も主に周りのキャラが
動き回ってのものが多かった。
 本作はゲームを通じて成長していく主人公の成長譚的側面もあるだけに、主人公がここまで
受け身だとダメなんじゃないかと。
 終盤でようやく盛り上がるようになってきたところで終わってしまったが。

 主人公がパッとしない分、アリシア・フォン・ローターゼン、ミザリサといった
ヒロインキャラが危ない性格でやりたい放題といった感じでなかなか良かった。

2021/07/04

投稿 : 2021/07/04
閲覧 : 137
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

フルダイブRPGがリアルすぎてクソゲーだった。。ってゆう、ツッコミどころ多すぎのフルダイブRPGのパロディってゆう感じ。。2話目

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
冴えない高校生・結城宏がひょんなことから入手したフルダイブRPG『極クエスト』。技術の粋を集めて作られたこのゲームは「リアルを極めた」という謳い文句に違わず、グラフィック、NPCの挙動、草木の香りや肌をなでる風、すべてが究極の出来映えであった――リアル過ぎて、クリア不可能なほど「めんどくさい」ゲームである、ということ以外は。「フラグ数10,000,000,000,000,000以上!? 身体能力も現実そのままかよ!!」「ええ。殴られれば痛いし、斬られれば数日は傷が治らない。史上最高にリアルなゲームよ!」報酬は達成感のみ。軽い気持ちで遊べない、史上最もストレスフルなゲームを攻略せよ!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:土日月(究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら/KADOKAWA MF文庫J刊)
キャラクター原案:よう太
監督:三浦和也
シリーズ構成・脚本:猪原健太
キャラクターデザイン:監物ケビン雄太
アニメーション制作:ENGI

主題歌
OP:「ANSWER」前島麻由
ED:「キスイダ!」如月玲於奈(CV:竹達彩奈)如月玲於奈(CV:竹達彩奈)アリシア(CV:ファイルーズあい)ミザリサ(CV:井澤詩織)結城 楓(CV:古賀葵)
{/netabare}
キャスト{netabare}
結城宏:山下大輝
如月玲於奈:竹達彩奈
アリシア:ファイルーズあい
ミザリサ:井澤詩織
結城楓:古賀葵
マーチン:石谷春貴
ギンジ:小西克幸
テスラ:日野聡
神居宗一郎:松岡禎丞
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第1話 VR×リアル
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
結城宏(ヒロ)はゲームが大好きな高校生。
今日は待ちに待った新作フルダイブRPGの発売日!
……だったが、半ば騙されるような形で売り付けられたのは、ZZ指定の超問題作『極(きわめ)・クエスト』。
「リアルを極めた」という謳い文句に違わず、グラフィック、NPCの挙動、草木の香りや肌をなでる風、すべてが究極の出来映えであった――リアル過ぎて、クリア不可能なほど「めんどくさい」ゲームである、ということ以外は。
報酬は達成感のみ。軽い気持ちで遊べない、史上最もストレスフルなゲームを攻略せよ!
{/netabare}
感想
{netabare}
リアルの部活で何かあったせいで人生なげやりなヒロが
新発売のゲームを楽しみに待ってたら、カツアゲされてお金が足りなくなって
もしかして安売りしてるかも?って入ったさびれたゲームショップで
大人の魅力たっぷりのお姉さんにダマされてクソーゲー買わされちゃった。。

ゲームをはじめたらやけにリアルで
かわいい幼なじみ(アリシア)も出てくるんだけど
はじめのクエストをやろうとしたらアリシアのお兄さんに力づくで止められて
そのときの痛みまでリアル。。

カッとなって押し倒したら、お兄さんの口にナイフが刺さって死んじゃって
アリシアが鬼のようになって、ナイフを持って追いかけてきた!?

なんとか逃げてかくれてたら
お昼のショップ店員さんが妖精のかっこうであらわれて
なんだかサポート役をしてくれるみたい。。

それで、ヒロの首の称号がきざまれたペンダントのステータスを見たら
「ベストへレンドキラー 親友殺し」になってて
はじまったばっかりなのに詰んでた。。ってゆうおはなし^^



ヒロくんが部活をやめるきっかけになった事件が気になったけど
そのうち出てくるのかな?

ヒロくんがゲームを買った店員さん(レオナ)との会話が
サンドウィッチマンのコントみたいでおかしかったw

あと、お兄さんが暴力でヒロくんを止めようとするところも
ふつう、主人公のこと思って止めるんだから、そうはならないって思う。。

それにNPCからいきなり、あんな吹っ飛ぶくらい殴られたんだから
カッとなってつき飛ばしちゃった、ってゆうのも分かるし
カツアゲされてもおとなしいヒロくんだったら
リアルじゃアリエナイと思う。。

それに、そのときナイフが刺さったのも事故だった。。って考えたら
ふつうのゲームで、あんなにかんたんに人が死ぬなんて思わないから
クソゲーのパロディだと思って、笑うところだと思う^^

ってゆうか、にゃんはこのお兄さんって
ヒロくんとのドサクサにまぎれて
誰かほかの人に殺されたとかじゃない?って思った。。
たとえばアリシアとか。。

そんな感じでテンポも良かったし、OP、EDもノリがよくって
ゲームのパロディだって思ったら、わりとおもしろいコメディだったし
原作者が「慎重勇者」の人だから、さいごにまた何かしかけてくるかも。。
ってちょっと楽しみ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第2話 過疎ゲーの住人
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
親友のマーチンを殺してしまった容疑で犯罪者として追われる身となったヒロ。
助けを求めるべく、数少ないリアルプレイヤーの一人であるギンジを探すことになったが、その間もアリシアに命を狙われるなど散々な目に合う。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、このゲーム「きわクエ」の説明とかをレオナから聞くんだけど
やっぱり会話が、サンドイッチマンのコントっぽい感じで
ツッコミどころ多すぎておかしかったw

それからやっとログアウトできて、学校ではカツアゲしてくる生徒。。
家では妹が心配して、もう1度走ることをすすめてくるんだけど
やっぱりトラウマでもあるのかな?
こんなクソゲーでも、またログインしちゃうの。。

それでレオナから協力してくれるかも?って言われて
さがしてたギンジさんに会えたんだけど、助けてくれるって言って
カジノで通報されちゃったところでオシマイ。。



ヒロくんの妹が、ふつうにいい子だよね。。
きっと昔のヒロくんって、輝いてたのかも?

ギンジさんの話だと、
このゲームってリアルのステータスがそのまま反映されるみたいだから
のめり込めば込むほど、リアルで体をきたえたくなるんじゃないのかな?

だったらリアルで強くなるほどゲームでも強くなって
ゲームで強くなるほどリアルでも強くなるから
リアルでも変わってく、ってゆうおはなしにならないかな?☆彡


今回もあっとゆう間に終わっちゃった。。次回が楽しみ^^

ところで、主題歌のときに出てくるピンクのツインテのきわどいコスの子って
ミザリサってゆうみたいだけど「転スラ」のミリムによく似てるよね^^
{/netabare}
{/netabare}
第3話 大人のイベントタイム
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
リアルプレイヤーのギンジに裏切られ、殺人犯として投獄されてしまったヒロ。
さらには殺してしまったマーチンが亡霊の姿で憑りついてくる始末。
そんな超ピンチの状況に駆け付けたのは、赤髪美少女の異端審問官のミザリサだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだけど、
牢屋につれてかれる間に石打の刑があったり
マーティンの幽霊まで出てきたり。。

トイレに行きたかったのにロリキャラに違うへやにつれていかれて
オトナのイベントだとカン違いして、よろこんでたら拷問タイムで
思わずおもらししちゃったら隠しコマンドとかだったみたいで
拷問中止。。町内警備隊長のテスラってゆう人に会うみたい。。



衛兵の隊長みたいな人がヒロくんをつれてくとき
残業なんだよ。。ってグチってたり
クソゲーって分かってるのに、大人のイベントを期待してる
ヒロくんのしょーもないところがおかしかった^^;


でも、クソーゲーって分かってても
何かあるんじゃないか?って、またはじめちゃうのって
やっぱりリアルの方がクソゲーだからなんじゃないのかな?

今回、こんなひどい目にあったのに
どうせヒロくんは、またログインしちゃうんだろうな^^;
{/netabare}
{/netabare}
第4話 ただ一人の攻略者
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ミザリサに拷問されかけ失禁するというまたもや散々な目に遭うヒロ。
嫌気が差したヒロはキワクエを売却すべく、ゲームショップを訪れるが、レオナに強引に薦められ、キワクエを唯一クリアした高校生が作った攻略サイトを見ることに。それは、とてもじゃないが正視に耐えない内容で……。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半はヒロくんが陸上部のエースだったのに
大事な試合でころんでおもらししちゃって
はげましてくれた妹にひどいこと言っちゃったおはなし

後半は、あらすじのおはなしで
レオナのお店にキワクエを売りに行ったら
色じかけで、ゲームを続けるように説得されちゃうおはなし。。



前半は、ぜんぜんおかしくなんかない、誰にでも起こりそうなおはなしで
それがトラウマになって走れなくなったんだったらしょうがないけど
はげまそうってした妹に当たるって
最低って言われてもしょうがないと思う。。

後半は、攻略サイトがあんまり攻略サイトになってなくて
ただバカにしてるだけってゆうギャグは、おもしろくなかった。。
{/netabare}
{/netabare}
第5話 殺人鬼の苦悩
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ゲーム内最強のNPCであるテスラのおかげで、ようやくマーチン殺害の容疑が晴れたヒロ。
しかし世間の目は冷たく、キワクエ内の住人からは未だに殺人疑惑をかけられたままでいた。
さらにお金を稼ぐために職業案内所に行くも、ヒロの失言から受付の女性を怒らせてしまう始末。
そんな甲斐性のないヒロにレオナが提案したのは、とあるリアルプレイヤーからお金を借りることだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
テスラは
剣もあったのにわざわざ果物ナイフでマーチンを殺すのはおかしいって
無罪にしてくれたけど
町の人たちは誰もそれを信じないで、石を投げる。。

そのあとはアリシアから逃げる用の煙幕を買うために
裏世界の職業案内所に行ったけどけっきょく働くのはやめて
ギンジさんにお金を借りようってバーに行ったけどケンカになって
レオナがうまくダマして60ガルドゲット。。

道具屋でもかわいい女の子がいるお店を選んだけどダマされて。。
って、ゆうのは、ちょっとムリヤリみたい。。

とにかく煙幕を2つ買って剣を取りに自分のへやにもどったら
アリシアにおそわれて、助けに来たのがミザリサだった。。



ギャグもあんまりおもしろくなくって
せっかく無罪になったのに、、あんまり変わらないみたい。。

そろそろナナメ上の展開とかないかな?って思って見てるけど
ずっとこのまま終わっちゃいそうな予感がする。。
{/netabare}
{/netabare}
第6話 ナイフとノコギリ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
武器の剣を手に入れるために、旅立ちの部屋に戻ったヒロだったが、そこで待っていたのはアリシアだった。
途中ミザリサがヒロを守るために奮闘するも、ステータスが異常に上昇したアリシアを止められそうにない。
唯一の手掛かりはカムイが攻略サイトに書いていたメッセージ――『戦って勝つのは無理――なら考えろ。戦わずして勝つ方法をな』
狂気に満ちた幼馴染を止めるためにヒロが取った行動とは?!
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじは↑を読んでね。。

戦って勝つのがムリなら。。で、にゃんは分かったけど
アリシアはヒロのことが好きなんだから
ヒロから好きだって言われたら
それ以上責めるのはむずかしくなっちゃうよね^^

そして、それもヒントだったのかな。。
親友だと思ってた相手が、自分たちをすてて出てくって思ったから
2人ともあんなに反対したみたい。。

ケヌラの木の下で、ヒロが幼なじみのマーチンの亡霊に
いっしょに来てくれ、ってたのむところは
ギャグアニメだけど、ちょっとジーンってした^^


あと、今までパンツは洗ってこなかったのかな
せっかく、ヒロくんってイケメン。。って思ったのに
ちょっと臭いそうでイヤ^^;
{/netabare}
{/netabare}
第7話 生存確率0.1%
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
テッドの町が炎上している。古参プレイヤーのレオナも経験のない事態に焦るヒロ。
そう、ついにゴブリンが町へと攻め込んできたのだ。
ゴブリンを倒そうと意気込むヒロだったが、肝心要の剣は錆びていて使えないことが判明。
せめて逃げる前にひと目だけでもゴブリンの姿を見ようとするが、そこには逃げ遅れたNPCの小さなの女の子がいた。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
今まで逃げてばっかりみたいだったけど
NPCの女の子に妹をかさねて、助けようってするヒロはかっこよかった☆

少女をつれて逃げるとき、超速かったけど
現実世界の能力が影響してるとかなのかな?


けっきょく少女はテスラが守ってくれたけど
テスラはヒロに、衛兵になってくれるようにたのんできて
ヒロもOKしたけど、リアル世界にもどって
オーベルダイン歴程で攻略情報を見たら、最悪な展開で生存確率0.1%だって

それで、キワクエ内で死ぬと、ゲームソフトもハードもこわれるとか
ほんとにクソゲーなんだけど、ヒロくんはハマってきてるみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第8話 入隊と洗礼
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ゴブリンの脅威から町の人々を守るためにテスラ率いる町内衛兵隊に入ることになったヒロ。
同じタイミングで入隊することになったグラナダ、パルーとともに実技訓練を行うことになる。
ようやくRPGゲームっぽいチュートリアルがはじまった!と意気込むヒロだったが、剣術が素人のヒロはついていけるわけもなく……。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
ヒロくんはふつうのゲーム感覚で、かんたんに考えてたけど
ふつうの高校生が衛兵なんてムリ^^

オーベルダイン歴程では、入隊してから5日間しのげば。。
って言ってるけど、ふつうの人は精神を病むんだって。。



最近やっと、おはなしが何をしたいか分かってきたかも。。

たぶん、リアルの世界で逃げてばっかりだった少年が
あきらめない!ってゆう気もちになってくおはなしなんじゃないかな?

今回も妹に、クソゲーだけど続けたい!って言ったところは
ちょっとカッコよかったかも。。

それでも、よくなるのが遅すぎで。。
ってゆうか、まだよくなってないから
あんまりおすすめできないみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第9話 妖精の力
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
衛兵隊の訓練に全くついていけず、仲間たちからもハブられてしまったヒロ。
挙句の果てに同期のグラナダとパルーからはお金をせびられてしまう。
現実世界と同じ状況に辟易するヒロに、真の妖精の力を見せつけるべく、ついにレオナが立ち上がる……!
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、グラナダとパルーからのイジメで
友だちのキャシーからも裏切られて、ってゆうスッキリしない展開。。

友だちだったら、キャシーもグラナダたちにイジメられる、ってゆうときに
自分のほうから、キャシーは関係ないって言ってあげた方がよかったかも
って思ったけど、そしたらキャシーを裏切るのは自分みたいで
それもあんまりよくないかな?って。。

こうゆうときってどうしたらいいのかな。。


後半は、見かねた玲於奈が
グラナダと教官にイタズラして追いこんでいくおはなしで

ヒロくんは「やりすぎなんだよ!」って、玲於奈を責めてたけど
2人ともふだんから、あんまりいいことしてなくって
みんなに好かれてなかったから、誰もかばってくれなかっただけだと思うし
そんな玲於奈を責められるほど、ヒロくんもいい人じゃないと思う。。


あと玲於奈がヒロくんに話そうとしてた
キワクエ攻略者が必要な理由って何だったんだろう?
{/netabare}
{/netabare}
第10話 新たな仲間
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ついに明かされる本当の真実……!
レオナがここまでしてキワクエをクリアすることに執念を燃やす衝撃の事実が明らかに。
そしていよいよゴブリン襲来の日がやってきた。
衛兵隊にも新たな仲間が入ることになったが、それはヒロにとっては最悪のメンバーで……。
{/netabare}
感想
{netabare}
玲於奈が、キワクエ攻略者をさがす理由は
カムイから巨○をバカにされてフラれたから見かえしてやりたい!
ってゆうことだった。。

ヒロくんは、それでがっかりしてたけど
そんなセクハラみたいなこと言われてフラれたら
トラウマになるくらい落ちこんで
見かえしてやりたい!って思っても、しょうがないと思う。。

もしヒロくんが玲於奈さんのことが好きなら
何とかしてあげたいって思ったとしても、引く理由にはならないと思う。。


ゴブリン襲来の前に、街の治安を乱してるボスをつかまえるイベントで
アリシアとミザリサがヒロくんのチームに入ってきて。。ってゆうおはなしで
窃盗団をあやつってたのはギンジさんだったってゆうのが分かって
ヒロくんがギンジさんをバカにしてたけど
そのギンジさんをダマしてお金を手に入れたのはヒロくんだよね?


そのあといよいよゴブリンが街をおそってきたんだけど
ヒロくんはとつぜんおなかが痛くなってトイレに行ってたら
そこにゴブリンがやってきて。。ってゆうところでオシマイ。。



みんなが戦ってるときにトイレに行くってかっこ悪い。。
ってゆうより、そんなところをおそわれたら動けないよね。。
なんだかかっこ悪い。。
{/netabare}
{/netabare}
第11話 行き止まりの町
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
再びゴブリンが町に攻め込んできた。
ヒロはゴブリン以外の脅威とも戦いつつ、町の中心部に向かうが、町王ガバンの屋敷に複数のゴブリンが侵攻しているというのを耳にする。
テスラとともに屋敷に急ぐが、そこにいたのはかつてテスラが戦った一つ目のゴブリン「ワンアイ」だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
ヒロくんは、テスラがあやしいことに気がついて聞いたら
ゴブリンは、ホントはそんなに悪い種族じゃないんだけど
テスラとガバンが街を自治するために利用してて
ワンアイはつかまえてるゴブリンたちの父親だって。。

それで秘密を知ったヒロくんを殺そうとしてきた。。
街を出るためのラスボスは、実はテスラだった!?ってゆうおはなし。。



ゴブリンを人質にしてたなんて
ぜんぜん考えなかったからちょっとビックリ。。

やっと面白くなってきた、って思ったら来週は最終回。。
テンポがもうちょっと早かったらよかったのに
寒いギャグが多かったみたい。。


それにしてもヒロくんって、ずっと見てるだけだったのに
どうやったらテスラをたおせるのかな?
ミザリサたちに協力してもらう、とか?
それでも大変そうなんだけど。。
{/netabare}
{/netabare}
第12話 リアル×VR
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
すべての黒幕はテスラとガバンだった。
衝撃の事実に驚きを隠せないヒロだったが、意を決してテスラに対決を挑む。
果たしてゴブリンの王をも上回るこの最強のNPCを倒し、テッドの町をクリアすることができるのか……?!
{/netabare}
感想
{netabare}
テスラ対ヒロくんの戦いは優勢がコロコロ変わっておもしろかったけど
あんまりつごう良すぎてバトルアニメのパロディみたい。。
さいごはガバンのひさカックンで負けたってゆうのがギャグだからw


ゲームの中での能力は感情によって大きく上昇する
それは現実でもおんなじだってカムイは言ってたけど
リアルの相手はNPCとちがって感情があるから、裏技を使ってないんじゃなく
みんな使ってるから、訓練で体力とか能力を上げるほうが大切なんだと思う


アリシアがヒロくんをかばってくれたところは
本当は感動するところだけど、ギャグに振ってばっかりいるから
あんまり感動しなかった。。

でも、あとでゲームを1時間前からリスタートすることができる裏技を
カムイが教えてくれたから
もしかして助けられたら、2期もあるかも^^


さいごにヒロくんがリアルでもがんばるようになるオチは
途中から分かってたけど、
いい終わり方だったと思う☆
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


タイトル通りのおはなしで
主人公が困るところを見るおはなしだったみたい。。

主人公がはっきりしない性格で
ほとんど自分から動かないまま、逃げてばっかりでおはなしが進んでくから
スッキリしないけど、ちょっと変わったおはなしだから
先が気になって見つづけたら、さいごの2話くらいが急におもしろくなったw

もっと早く変わってたら、そんなに悪いおはなしじゃなかったかもだけど
イジメられるようなネタが多すぎて
ときどき見てるのがイヤになっちゃったかも。。


主人公が足を引っぱってたから、キャラは☆2.5

 

投稿 : 2021/07/03
閲覧 : 388
サンキュー:

45

ネタバレ

DNpZi11830 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

クソすぎ、意味分かんない、気になる←基本この気持ち

このアニメは、不快感に耐えられる人が見ると、面白いほうぁなと思います。

レオナさんはこのすばのアクアかなって思うんですが、クズを通り越してました。レオナこそが、このゲームをクソゲーにしてるんじゃないかと一瞬思うこともあるほどで、現れるだけで不快ですね。

他のヒロインは、妹ちゃんはただただ可愛いく、主人公が少し変わったのを表情とかでわかるようにしてて、良かったです。幼馴染のアリシアもいろいろありましたが、それなりに好感持てるキャラでした。変態野郎(名前忘れた)もまあ一貫性があって良かったかなです。親友の人はそこそこ好きでしたね。
この作品にでるクズの男キャラ基本ムカつきますが...意外と...いやムカつくだけでしたね。
カムイはよくわからない人でした。
テスラは、この作品らしいなとそこまで驚きませんでした。
主人公は、胸クソ悪いのが多くて、正直少しはクズにしたほうがいいんじゃねと思いました。でもクソゲーにのめり込むとこは見てて気持ちがわかますね。
最後にこの作品の中のゲームに関して、キワクエは意味もなくいらない称号は世間の評価、現実らしいとこは、現実の嫌なとこを集めてるんだなと思いました。変なとこでゲーム補正があるのが、クソゲー具合を上げます。

一言
主人公がレオナさんに制裁すればもっと評価上げれた...!

投稿 : 2021/07/03
閲覧 : 131
サンキュー:

3

ネタバレ

P さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

SAOをギャグ化した様な

リアルとゲームのクソを一緒に並べられると、どうしても違和感を感じてしまいました。
好みの問題ですが、元の世界の不運(クソ)描写はそこまでいらなかったかなーと。
ゲーム中で割と面白い場面でも、リアルのクソ(カツアゲシーン等)を思い出し、複雑な気持ちにもなりました。
笑いにくくなったとでも言うんでしょうか…
バイトもしてなさそうだし、これ親から貰った金だよね?
親に悪いと思わないの?などと考え出したらダメでした。
彼女お借りしますを見た時と、同じ感覚になったと言うか…
序盤リタイアしようか、相当悩みました。
キャストオーディオコメンタリーの1話も見ましたが、カツアゲシーン流れてもスルーしていましたね。
やっぱり触れにくかったのかな?
そちらはその時点で興が削がれ、1話だけ見てやめました。
本作の後半部分は、リアルに戻らずゲームパートだけだったので見やすかったです。
カツアゲというか、イジメシーンはゲーム内でもあり、ここに繋がっているのかと評価したい所もありました。
けど、最終回の不良を追い払うシーンも、ちょっと残念な感じで…
発狂後すぐ謝る中途半端さ、それで去ってく不良達。
発狂している時の表情と、周りが引いていく様子などがもっと丁寧に描かれていたらなー。
何ならクラスの空気感も表現して欲しかったです。
胸糞シーンを入れたからには、回収もしっかりやって欲しかったかなと。
雑に流し過ぎです。
個人的に嫌いな要素を含んでいましたが、それでもかなり笑わせてもらったので、時間を費やして良かったと思える作品ではありました。

投稿 : 2021/07/03
閲覧 : 123
サンキュー:

4

ネタバレ

岬ヶ丘 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

好みが別れるかも

主人公がゲーム内で色々と理不尽な思いをして、それに対する玲於奈さんの言葉が視聴者の神経を逆なですることがたびたびあり、そのあたりが本作の好みが別れるところだと思う。声優さんのお芝居の力でまだコメディになっているが、実際に言われたら不快に感じそう。

また主人公が陸上を辞めるきっかけが起こった後に、周囲がもう少し大人の対応をしていればよかったのではないか(妹もそこまで怒る?)とも感じた。

ラストも悪くはなかったけど、結局ゲームに戻るんだなあと思った(陸上は本格的復帰しないのかと感じた)。

視聴日 21/7/23

投稿 : 2021/07/01
閲覧 : 107
サンキュー:

5

次の30件を表示

究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったらのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったらのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったらのストーリー・あらすじ

冴えない高校生・結城宏がひょんなことから入手したフルダイブRPG『極・クエスト』。技術の粋を集めて作られたこのゲームは「リアルを極めた」という謳い文句に違わず、グラフィック、NPCの挙動、草木の香りや肌をなでる風、すべてが究極の出来映えであった――リアル過ぎて、クリア不可能なほど「めんどくさい」ゲームである、ということ以外は。「フラグ数10,000,000,000,000,000以上!? 身体能力も現実そのままかよ!!」「ええ。殴られれば痛いし、斬られれば数日は傷が治らない。史上最高にリアルなゲームよ!」報酬は達成感のみ。軽い気持ちで遊べない、史上最もストレスフルなゲームを攻略せよ!(TVアニメ動画『究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年春アニメ
制作会社
ENGI
公式サイト
fulldive-rpg.com/
主題歌
《OP》前島麻由『ANSWER』《ED》如月玲於奈(CV.竹達彩奈)アリシア(CV.ファイルーズあい)ミザリサ(CV.井澤詩織)結城楓(CV.古賀葵)『キスイダ!』

声優・キャラクター

山下大輝、竹達彩奈、ファイルーズあい、井澤詩織、古賀葵、石谷春貴、小西克幸、日野聡、松岡禎丞

スタッフ

原作:土日月(究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら/KADOKAWA MF文庫J刊)、キャラクター原案:よう太
監督:三浦和也、シリーズ構成・脚本:猪原健太、キャラクターデザイン:監物ケビン雄太、プロップデザイン:新谷真昼、美術設定:鈴木政彦、色彩設計:相原彩子、撮影監督:松向寿、編集:小口理菜、音響監督:郷文裕貴、音響効果:出雲範子、音響制作:ビットグルーヴプロモーション、音楽:中西亮輔、音楽制作:KADOKAWA

このアニメの類似作品

この頃(2021年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ