新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「魔法科高校の優等生(TVアニメ動画)」

総合得点
66.5
感想・評価
256
棚に入れた
885
ランキング
2437
★★★★☆ 3.2 (256)
物語
3.1
作画
3.0
声優
3.5
音楽
3.2
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

魔法科高校の優等生の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

やっぱり

二番煎じで面白くはない。

投稿 : 2022/05/20
閲覧 : 17
サンキュー:

1

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「とある」みたいにはいかないね

原作未読(2022.2)
こちらも「とあるシリーズ」の「超電磁砲」みたく本編のスピンオフ?漫画原作モノになります。ただ、アニメ制作会社が本編と違っており、ちょっとキャラ作画に違和感があります(私感)。
自分は「とあるシリーズ」は圧倒的に「超電磁砲」派なのでこちらもそれに匹敵する何かを求めたのですが、ちょっと難しかったですね。まぁ、基本本編主人公とほとんど一緒にいるわけですから、結局焼き直し程度にしかなりませんよね。「超電磁砲」のようにオリジナル話作るのも厳しいと思います。
まぁ、この作品のファンには少しでも雰囲気が味わえる事が嬉しいのかも知れませんが、厳しい事を言えば”本編だけでよくね?”と言われてしまいそうな内容です。
あとね、この兄妹の前では皆、ただの引き立て役にしかならないのが観てて不憫にしか思えない。そして、負けても「有難う」だもんな・・・(笑)。

私のツボ:ほのかってこんなだっけ?

投稿 : 2022/02/12
閲覧 : 75
サンキュー:

2

ネタバレ

animeneko さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

劣等生のスピンオフ作品、コメディとして笑える

本編の「魔法科高校の劣等生」を視聴した後にこちらを視聴しないと設定やキャラ、ストーリーが理解しにくいだろう。視聴していて、気に入っていれば、こちらも視聴して楽しもう。

こちらはキモウト、ちがう、妹の深雪視点で描かれており、コメデイ色が強いというか、妹からみたラブコメディかギャグとして楽しめる。

本編の劣等生でも深雪の恐ろしいキモウトっぷりは話題になったがこちらではより深く描かれていて、本編と雰囲気が違う。同じストーリーのはずなのに何かが、世界観が違う。ので他のアニメを見ているような気もした。

それにしても、深雪は怖い。お兄様が好きすぎて、他の男が目に入らないらしい。将来どうするのか?タツヤもこれでは浮気できないだろう。他の女性と結婚とか、いやそれ以前に付き合うだけでも深雪に殺されてしまうだろう。将来は、深雪と結婚するのか?するしかないよなあ。

深雪はお兄様が他の女に目を移そうとするだけでも、お仕置きとしてタツヤを殺してしまう。まあすぐにタツヤは復活するからいいものの、お仕置きがきつすぎだろう。。。

作画崩壊については多くの人が指摘している。確かに作画が明らかに変なカットが多い。サブキャラぐらいの人物の作画が変になる。薄い目のキャラなのに開眼したり再び薄目にもどったりとかおかしい。目の配置が変になったりとか、人物の配置がへんだったりとか。

まあ、作画を楽しむアニメではない。タツヤと深雪の関係を楽しむアニメとしてはきちんと作っている。と思おう。

音楽はよかったので、加点0.5
コメディとしてはおもしろかったのでキャラに加点0.5
他は普通かな

投稿 : 2021/11/10
閲覧 : 136
サンキュー:

8

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なるほどなるほど

全く持ってなるほどです
なんとなく いい時間潰しになったかなぁ

投稿 : 2021/11/04
閲覧 : 59
サンキュー:

3

ネタバレ

梨花はわたくしのもの さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 1.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

禁書スピンオフでインさんを主役にしてるようなもん

話の時系列は1期でやった入学編から九校戦編、最終回のラストに来訪者編が軽く入っています。

達也の代わりに主人公になった深雪の他、雫やほのか、エイミィなどが本編より掘り下げられたことで、自分はそれなりには楽しめましたがスピンオフアニメとしては失敗作もいいところかと。
禁書スピンオフである超電磁砲のストーリーは本編の設定を踏襲しつつも御坂美琴を軸にし、本編よりも学園都市によりスポットを当てたオリジナルエピソードを展開して世界観にさらなる広がりを与えたのに対し、こちらは本編の焼き直し、しかもカット多数なので劣等生を見ていない人には意味不明でしょうし、見た人は既視感満載で微妙といった具合になっています。
特に入学編に該当する序盤はそれが顕著です。

そもそもの話、司波深雪は禁書でいうインデックスのポジションなので主人公に向いていないんですよね。インデックスは本編にて、主人公である上条さんの隣で主に活躍するのでスピンオフにするのが美琴よりかなり難しいであろうキャラ。そのインデックスを無理に主人公にした末路を体現したのがこの優等生でしょう。
本編だと深雪は常に司波達也の側についていて、置かれている境遇も近い。人間関係も話がある程度進むと似たり寄ったりです。
禁書の上条当麻と御坂美琴はそれぞれ行動範囲や人間関係がまるで違うので、二人のエピソードを追うことで禁書世界にさらなる深みを生み出すことに成功したのですが、深雪と達也の関係では超電磁砲みたいな話を作るのは元からかなり厳しかったと言わざるを得ません。
結局本編同様、取り巻く世界を同じくしている深雪と達也を軸に進めてしまっているので、このアニメは作画が悪くなった劣化版劣等生と呼ばれて遜色ないです。
私としてはせめて雫かほのか辺りに主人公を任せた方が面白かったであろう気がしてなりません。

作画や演出は劣悪。特に目の辺りのバランスが悪く、崩れる時には頻繁に崩れていました。
音楽はいい感じ。bgm、op、ed共に良質です。

一応、本編では活躍が少なかったほのかや雫などのヒロインの出番が増えているので推しがいるなら見る価値はあるかもしれません。

総評して、作画や演出は劣悪、カットも多いので出番の増えたヒロインの活躍に興味がある人以外はあまり見る価値が無いアニメだと思います。

投稿 : 2021/10/20
閲覧 : 112
サンキュー:

5

ネタバレ

天地人 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

破SFスーパー英雄(?)列伝23

魔法科高校の劣等生のスピンオフです。
本編は劣等生である兄の達也(九校戦に出てる段階でもう劣等生じゃないですが・・・)が主人公に対し
こちらは優等生の妹である美雪が主人公です。

本編は真面目な話に見えてかなりなギャグ作品となってますが、こちらも美雪の「お兄さま」度が加速しており、かなりエロ度(おいっ)じゃなくて(汗)笑えます。
まあ確かにサービスシーンが多くなってますが(おいおい)

内容については本編でやった話を違う視点で描いており、まんま見た話なんで、本編との違いを楽しむ感じなんですが、本編を見てない方には?なシーンもあって、一見さんお断りな部分があるかもしれませんね。
ただ、見てて思ったのは
「あれっ、こんなシーンあったっけ」
いや、結構細かい話とか忘れてるんですよ。
「人、それを老化と言う(あわわわわわっ)」
そ、それは置いといて、達也と美雪の真似をする会長と渡辺先輩には笑わせてもらいました。

スピンオフとしては楽しめましたが、このパターンはそう何度も出来ないと思いますし、これ1回でいいかもしれないですね。
えっ?じゃあ優等生の2期があったら見ないんですか?
そんな事、見るに決まってるだろ(こらーっ)

おまけ
達也
「決勝戦までまだ間がある、ゆっくり休みなさい。」
「何か俺にして欲しい事があったら言ってくれ。何でもいいぞ。」
「え!何でも・・・ですか?」
そりゃあもちろん美雪の(ぎゃ~~~~~っ)

達也
「何者であろうと深雪をネタにしようとする者は排除する(これは揺らぐことのない俺の最優先事項だ)」

それ、もっと・・・はやく言ってくれれば(ガクッ)

投稿 : 2021/10/04
閲覧 : 75
サンキュー:

11

ネタバレ

napa さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:今観てる

公式同人誌、ファンの方はおとなしく「追憶編」を待とう

本作は魔法科高校の劣等生のスピンオフ作品で、「劣等生」の主人公の妹である深雪視点からお送りする物語……のはずであった。
以下本作を優等生、スピンオフ元の作品を劣等生として記す。

このアニメ単体での評価は非常に難しく、オリジナルである劣等生が評価されているため、どうも比較して見劣ってしまう。
見劣っていると感じる点は以下である。
1. 作画
2. キャラクターの仕上がり方
3. ストーリーの組み立て方

1. 作画
本作は小説版劣等生のイラストレーター兼アニメーションのキャラクターデザイン・総作画監督である石田可奈さんの絵柄より、優等生の漫画家である森夕さんにテイストを寄せているように感じる。
小説およびアニメの劣等生を見ている私からすると、これがどうにも(幼稚な言い方になってしまうが)二次創作のような気分になってしまうのだ。(実際スピンオフなのだが)
多くの方は承知だろうが、劣等生のアニメの一期と二期ではアニメーション制作会社がマッドハウスからエイトビットに変更になったのだが、ここでは大きい変化を感じなかった。
しかしながら、二期と優等生では明確な差があり、これが私を含む多くの劣等生ファンからすれば、劣等生を期待していたのに別のものを見せられた気分になる原因なのだろう。

2. キャラクター
前述の通り本作の主人公は司波深雪で、そのクラスメイトであるほのかや雫にスポットが多く当たる。しかしこのキャラクターたちに劣等生との差を非常に大きく感じる。
例えばほのかの鼻血を垂らすなどのオーバーリアクション、生徒会メンバーの達也をからかう姿……など数えればきりがない。
劣等生では「優秀な魔法師としてしっかりしているんだけど、中身は女子高生なところもある」というような、キャラクターの個性を活かしたメンバーたちが、優等生では外側の部分を取り除かれたある種ギャグマンガのキャラクターのような立ち振る舞いをする。

劣等生では描ききれなかったキャラクターたちの成り立ちや葛藤にフォーカスできれば、このような立ち振る舞いをしなかったんだろうなと個人的には思う。
例えば、ほのかが光系魔法が得意だというシーン、ほのかと雫が世界は広いねというシーン、雫が司波兄妹を十氏族と勘繰るシーン、ウィードとブルームの対比のシーン……などなど、キャラクターの行動原理にあった行動をさせれば魅力的に映ったのではないか。

3. ストーリー
本作は劣等生の入学直前からストーリーが進行する。第一話は入学直前の話であり、劣等生未視聴の方でも深雪と達也の関係が分かるよう配慮されていて好感が持てた。問題は第二話以降である。
前述の通り劣等生では魅力的だったキャラクターたちがある種奇怪ともいえよう行動をたびたび起こす。またこのキャラクターたちにフォーカスされた話は5話視聴時点ではなく、劣等生のストーリーを深雪あるいはほのかや雫視点で追っていく作りをしている。
これでは劣等生のダイジェストを見ている方が遥かましである。
3話4話と視聴するにつれて、原作視聴が大前提であるような話の展開がめくるめく起きる。具体的に言えば劣等生の7話分の話を3話でまとめている。何のために主人公を変えたんだろうか。

また、ウィードとブルームの対立が執拗なまでに描かれているが、これに対する主人公サイドの意見は全く変わらず、シーンとして必要なのか、と思わせるほどである。さらに言えばお色気シーンにも時間が割かれておりこれにもイラついたのは私だけではないだろう。

6話の予告では、九校戦に伴い原作ではスポットが浴びられていなかった1年生の対戦相手たちが紹介されているので今後の展開に期待したい。


以上の通り、優等生はアニメーションとして「劣等生」であると私は思う。
そして総評をタイトルに記した通りおとなしく「追憶編」を待とうと思う。



追記
最終話まで見ました。
作画は改善されず、ストーリーも改善されず、キャラは崩壊したまま……。
公式同人誌と名付けたいと思います。

投稿 : 2021/10/03
閲覧 : 240
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

見どころはやはり九校戦だった

九校戦をやっていると聞いて、途中から視聴開始。

2014年に『魔法科』アニメの人気が沸騰した(?)理由は、
別に「世界観・魔法設定の作り込みの深さ」や「現実的なストーリー」などではなく、
「規格外の能力を持ったクールなおとぼけ系シスコン主人公(お兄様)が面白い」あるいは「女の子が可愛い」ぐらいだったと思う。

だからこそ適当に盛り上がる九校戦は面白かったし、
それ以降の学校の範疇から逸脱してガッツリ戦争に参加するナントカカントカ編や、
少し前に放映された2期はksみたいにつまらなかった。

本作は九校戦を深雪ーズメイン仕様に改変しつつ、『劣等生』の印象的な事件やセリフを残すなどして、
ファンの需要にきちんと応えるような構成だったと思う。

ブームから7年も経っているため、さすがに今更見せられたところで盛り上がりはしないが……

盛り上がるといえば、一条(cv.松岡禎ツグ)の「司波深雪さん……美しい……」「この勝負に勝って俺は、司波美雪さんと踊るんだ」みたいなセリフの言い回しが、
「体育祭盛り上げようとしてるお調子者」っぽくてちょっと好きだった。

投稿 : 2021/10/03
閲覧 : 67
ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この夏、もっとも涼しそうな魔法を使うヒロインが主人公の話

劣等生の裏側?的な物語と言えば伝わるでしょうか?
劣等生は達也サイドで物語が進められますが、優等生は深雪サイドで物語が進められます。

この作品の良さとしては劣等生を見てなくても全然楽しめるし優等生から興味出てこの作品だけを見ても全然楽しめると言う点です。
勿論、両方知ってると物語に深みも増します。

特に、深雪とほのか推しの方は凄く楽しめそう。

そして、この物語を見ていると、あぁ〜懐かしの「魔法科高校の劣等生」も最初はこんな事あったなぁ〜など懐かしく思う事もw

さて、少し物語について。
ブルームとウィードの差別問題。

正直、ブルームの生徒がウィードの生徒達への大人気ないやりとりとか懐かしいなぁ〜と見てました。

こう言う人ってどこにでも居ますよね。
では、少し同じブルームの生徒でも嫌味を言う生徒と、ほのかの様にウィードの生徒を同等に見える違いについて。

ほのかは試験日に、達也の試験を見て居て衝撃を受けたそうです。
あんな凄い人が居たのだと。
だから、ほのかは知っているのです。
魔法学院のウィードと言うのは学院側の適正試験が合わないだけで、ウィードとブルームの生徒に違いはないのだと。
そして、例え学院で評価されずとも、そんな1人1人がブルームに負けない強さを持っている事を……
最初は、ほのかも少なからず、その様な気持ちもあったみたいてすが、他者を知り自分の間違えに気づく事が出来た。

一方、嫌味しか言わない生徒達は、クラスしか見ていない、自分はブールムだから価値があり、あいつはウィードだから価値がない、そんな考え方なのかもしれません。
確かに、学院に所属する以上、クラスは絶対のルールかもしれない。
それでも、学院がくれたクラスってだけで偉くもなければ、見下してもいい理由にはならないのです。

試験日にはブルームもウィードもなく平等に同じ場所で試験をしていた事が、ほのかの証言で解ります。
この時に、ほのかは他の受験者の試験をしっかり見ていました。
それは、これから競うかも知れない人や友達になるかも知れない人が、どれくらいの力があるのかをしっかり見ていたからです。

一方、嫌味を言う生徒は自分の試験だけで他の受験者には興味を示さなかった。
だから、ウィードに組み分けされた人達の実力を知ろうともせずにブルームと言う結果に満足した。
そこで解るのは成長意欲です。

何事も観察って大事で、ほのかの様に周りをしっかり見えて人の強さや凄さが解るの人と、自分の地位に満足して人を見下す人、どちらが最後には成長するでしょうか?
そうした点で学院を卒業した時にどちらの人間が人として、魔法師として成長するでしょうか?

この作品、凄い人が多すぎるけど、1番成長するのは、ほのかの気がしますw
ただ、まさかのこの劣等生制度が制服の発注ミスとはww
この争いの裏には、こんな秘密があったとはw


さて、九校戦も描かれて居たので少し。

三高の栞は試合に負けてしまいます。
彼女には負けられない理由もあったけど現実は厳しく負けてしまう。

落ち込んだ栞は部屋に引き篭ってしまう。
アイリは最後まで説得するけど彼女から前向きな言葉は出てこなくて……
栞はアイリの仲間は優秀でなければならないと思い込んでいたみたいだけど……

アイリに取って栞は同じ学校の人ではあるけど実力を認めたライバルでもあった。
そして、友達で仲間だった別に優秀じゃなくても良かったのかな?って。
最初は自分と同じくらい強い相手ってのがきっかけだったかもしれない。
それでも、ずっと一緒に居たから、認めてる仲間だった。

人って時々、一緒にいる人と自分を比べて勝手な物差しで相応しいとか相応しくないとか自分で思い込んでしまう事もあると思うけど、誰かの隣を歩くのに、相応しさも資格も必要ないって思いました。
必要なのは友達や仲間である事なのかな?っていいエピソードでした(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)

深雪VSシズク

このエピソードでは同じ学校で優勝争いをするなら全員が優勝で良いのでは?と運営から提案されるもシズクは深雪と戦いたいと言う。
これは少し解る……普段は友達や一緒の学校だから競うことはあまりないけど、相手が強いって知っているからこそ戦ってみたいって思う事もあると思います。
だから、シズクを応援したくなっちゃうエピソードてすね。

物語の展開は劣等生で知って居ましたが、やはり目線が変わると、また違った面白さが見えて来るのが優等生の良さかな?と思います。

最後は続編出来そうな感じでしたねw
あのキャラが登場しましたねw
2クールでも全然いけそうですけど1クールなんですねw

投稿 : 2021/10/01
閲覧 : 122
サンキュー:

12

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

さすおに視点の妄想劇

劣等生1期のみ視聴済み。
ちょっと引いてしまった禁断の関係に、劣等生は2期以降視聴してませんが、
本当になんとなく優等生を視聴開始。

【作品概要】
 一般人に魔法が認知され、学問として勉強していく世界。
 その力は有用で、本編「劣等生」の方では、
 表の世界から裏社会まで、かなり複雑にいろんな勢力が絡んでいた
 記憶があるような、無いような(笑

 劣等生1期前半の深雪視点ですね。


【作品に対する感想】
 さすおに何回言うねんというくらい連呼している気がします。
 魔法科高校は基本的にキャラデザは好きですし、
 男子女子共にいいキャラがそろってると思いますし、
 魔法の設定も割と好き…にも拘らず私的評価が伸びないのは
 やっぱ禁断愛のところなんでしょうね。

 深雪視点なので、禁断愛の妄想劇はマシマシなんですが、
 色んな作品を見てきて、耐性がついたせいか
 割と普通に視聴できています。

 まあツッコミどころはいろいろあって、
 魔法が使える相手に下調べもなく無策で突っ込んできたり、
 何が目的でそうするのか意図が不明だったり、
 策略がずさん過ぎたり、
 こんな出鱈目な国際政治結社があってたまるかと思うんですけど
 深雪視点の妄想劇としてはそこそこ面白いのかなと。
 クリプリの壊れっぷりもなかなか笑えましたし。

 ただやたら深雪の下着姿が多いのは、ちょっとあざとすぎて減点です。
 つか、ほのかも?あざとすぎて大幅減点です。
 これはどうやらエロアニメのようです。

 劣等生の時も思ったんですけど、
 まだ司波兄妹の置かれてる状況が良く解りません。
 異常なまでの兄妹愛は理由がはっきりしないとやっぱり苦手です。


 女子の制服かわいいですよね。
 あのパレオみたいなの、独創的でいいです。
 実際にあったらあちこちに引っ掛けまくって
 電線しまくりなんでしょうけど(笑

投稿 : 2021/10/01
閲覧 : 80
サンキュー:

14

ネタバレ

MTK207 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

悪くない

やっぱり、司波達也の活躍が見たい!が、こちらも素晴らしい。

司波深雪の活躍が清々しい。

投稿 : 2021/09/28
閲覧 : 44
サンキュー:

2

ネタバレ

shitasama さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 1.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

色々勿体ない

劣等生を見ていないと意味不明なんだろうな
本で読んでいる人は飛ばしすぎと思ってしまうのだろうな…
作画は劣等生のが秀逸、でもそれなりに楽しめます
24話でやればこんな飛ばさなくても良いのにと思ったりする
ただ 綾瀬…じゃなくて深雪が可愛いから良いかな~と思う
この作品は俺TUEEEE系が好きな私にとっては好きな方なので少し残念かな
まだ半分なので最後まで見てまた感想を書こうと思う
で…結局最後まで見てしまった…
作画崩壊が酷すぎる、正直見るんじゃなかったかな
よかったのは声優だけじゃないか…作者もうかばれないぞこりゃ…

投稿 : 2021/09/28
閲覧 : 66
サンキュー:

6

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これぞ優等生

原作未読

感想

妹の 深雪目線で話なので、ストーリー自体は劣等生と同じだから目新しさがないのはしょうがないですかね。

キャラデザは劣等生と比べると、ちょこっとだけマイルドというか幼いというか、ちょっと優しい顔してたかな?(そう感じたんだけど、違てたらゴメンなさい)

終わってみて感じたのが 只々 深雪のブラコン溢れる愛を眺めるアニメ。
お兄様好きすぎてリアルだと確実に引くレベルですよね^^;

魔法力が高く、高度な魔法も扱える これぞ優等生な実力の持ち主で、しかも誰もが見惚れる美人さんとか、アニメならではの強キャラ。
こんだけそろってりゃ主人公やらなきゃ損ってもんです。
って、お兄様も 見た目もイケメンで実力あるキャラだから、もう最強兄妹だよね。
正直、こんだけ完璧超人の二人なら活躍は約束されてるようなものなので、何かの陰謀とかあって事件が起きても、どうせ無事に解決しちゃうんでしょ。って思ってしまい、見ていてハラハラドキドキは全く感じないから僕的には面白みに欠ける作品かなぁ。

要するに、「俺達TUEEE」時々「兄妹イチャコラ」枠作品。

好きな人は好きなんだろうけど、僕は普通くらいの評価になります。

投稿 : 2021/09/28
閲覧 : 87
サンキュー:

21

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

劣等生を観てないとよくわからないと思う。

ちょっといまいちだったかな。
どうせなら、劣等生の続きを作ってほしかった。
劣等生観てるからストーリーの結末もわかってるし、
視点かえてるから新しい発見があるかと思ったけど
それもなかった。

投稿 : 2021/09/27
閲覧 : 59
サンキュー:

8

ネタバレ

まーたん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

ふざけすぎ🙄

魔法科高校の優等生 全13話 感想

ふざけすぎでしょ😅なにこれwww
本編こんなにふざけてなかったやろ🙄(いやあれでもまともにしてたんだけど)
まずお兄様あんなにはっちゃけてないやろwww(深雪妄想だけど)深雪も深雪でおかしい🙄🙄
あとクリムゾンプリンス😅あいつ深雪好きって言う設定だったけ?呆れて物がいえん😒なにあいつ。カーディナルジョージもやけど😒
OPは今期ドップクラス。
まぁ深雪視点のおふざけさすおにでした🙄
追憶編だっけ?楽しみでーす。

投稿 : 2021/09/27
閲覧 : 76
サンキュー:

6

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

お兄様、やっと私が主人公 そして提供で遊ぶ

身体が最強の達也
しかし、ここではやっと魔力が最強の深雪が主人公...

誕生日、達也はちゃんと覚えていてくれた...
私はお兄様と一緒にいればそれでいい...
それよりも寄った喫茶店にてバースデーサプライズが...
それとサービスって、これ金づるという名目だろwww

その時、達也は本家からお呼びが...
折角の誕生日なのに...仕方なく待つのだった
そんな中、魔法を使うチンピラが...
そんな銃で私を止められるとでも?

入学の際、納得してなかった
何故お兄様が劣等生だと...!(宿命だから仕方がない)

2話
入学式の挨拶に深雪が選ばれ、発言していた時
友達になろうと思ってた子がおった。
それがほのかだった

その後明らかになっていく、優等生と劣等生の差が
それにほのかが絡んでしまい...

3話
部活の勧誘に巻き込まれたほのかと雫
そこにUMAに乗って現れたのは、明智英美だった

場所は変わって深雪のボディを見たほのか...血ィが...www

劣等生1期から別の場所で繋がりがあるこの優等生の時間軸
達也の魔力は剣道場の周りにも影響を及ぼした模様、勿論英美のUMAにも

別の日達也を狙う遠距離からの狙撃が...主人公だから当たる訳が無い
3人は達也に狙撃した犯人を捜すことに
余計なことに巻き込まれてなければいいが...

4話
お兄様の眼を惹かせたい
だからオシャレな服を着ようとする深雪だが...は ず いwww
しかも和服で転んでしまい...ア カ ン

どうやら達也を狙撃したのはブランシェというテロリストだったことが発覚、生徒会も秘密にしていた模様
剣道部部長を尾行していた3人にも魔の手が...
悪いがダチに手出しはさせません...!
そして差別の波は演説会場にも...
だが最後の提供は止めろwww悪意しかないwwwww拍手すんなwwwww

5話
どうやら学校を襲ったブランシェは陽動
本来は情報を得ようとした模様
じゃあアジトに殴り込みや

しかし、深雪はあんまり魔力は使いたくなかった
だって解除するには達也の力を借りなくてはならず、その時深雪が使った魔力分は痛みとして彼に渡ってしまうからだ
それで彼女は負い目を...

6話 もう一つの九校戦
それは達也が戦った第三高校の別の子達と...
相変わらず深雪のクラス内では劣等生の差別は続いている模様
見る目が無いと言うか、魔力数値で判断だけと言うか

だが会場へ向かうバスに何かしらの妨害工作があった模様
前回のブランシェか?

数日経っての新入生での試合
だがここで会長が怪我をしてしまい、深雪が代わりに出ることに
暴れて来な...
提供:深雪が襲われるwwwwwあの場所にてwww

7話
雫は達也(化け物的な技術者)の助力によって無事に突破
ほのかは緊張していた。自分の力を本当に引き出せるのかを
だがそれを抑えてくれたのは達也だった
提供:第3校のアンタが想像を見るのかよwwwPCでwww

8話
提供は英美が肉を食べるのを繰り返すだけ...
そして今回深雪の魔力をやっと発揮、やっぱすげえよ

9話
ついに3校のエースらとの決戦
貴女の力はそんなんじゃないだろ?英美
婆ちゃんのためなんだろ
...そうだ、私の力はこんなんじゃない...!

その後1校が3位以上を独占
同時優勝にしようかと提案があったが、雫は深雪と戦いたいと...
その前にほのかの番
貴女は怖がる必要はない、自信を持ちな

そして次は雫の番...深雪が待っている...

10話
私はほのかのために、ただ全力を尽くすだけ...
だが直接魔力をぶつけては深雪には勝てない
ってことで15日前に雫は達也に頼んだ
互角に戦えるように...
その件は1日後、深雪の耳にも届き...

二つの魔法を同時に使うだと...!
でもこれを使っても深雪には...

11話
大会中に起こった爆発事故
そこに深雪達が妨害工作をしているのではないかと感じ、食い止めることに、
達也は控えだったが出場することに。(最強でも)お気をつけて
提供:どこまでブラコンなんだ、この妹はwww

12話
そして深雪に決勝の舞台が訪れる
だがその前に、生徒に魔法のトラブルが...
運営の仕業か?と達也が捕らえるのだが
お兄様の名誉を傷つける訳には...

13話
そして深雪は飛ぶ
現代では難しすぎる浮遊魔法を使って
対する一色は跳躍と飛行の魔法を両方使って深雪に立ち向かったが...

投稿 : 2021/09/27
閲覧 : 455
サンキュー:

7

ネタバレ

元アニメーターのオジ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 3.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルに偽りあり…大丈夫か?アニメ業界

魔法科高校の劣等生のスピンオフ作品。

劣等生1期と同時期の話を別視点から描いた作品であるため、劣等生本編を知らない新規の客にとって意味が繋がらないシーンがあちこちに挟まる。
スピンオフ作品の宿命ではあるが、余りにも唐突に感じた人も多かったのでは?

作画レベルは優等生どころか落第確実の劣等生である。
劣等生1期はもう7年も前の「一昔前」の作品だが、作画レベルはそれと比べても格段に落ちる。
そもそもレイアウト段階であちこちに狂いが生じているし、シーン毎のキャラの統一感もとてもじゃないけど褒められたものでは無い。

昨今業界では作画部門を独立子会社化し、若い人を積極的に原画マンに登用する事が進んでいるのだが、この作品もそれが仇となってしまった。
若者を育成し登用するのはもちろん大事ではあるが、結果作品の質が落ちるのでは本末転倒と言わざるを得ない。
アニメーターOBとして業界の行く末が心配でならない。

投稿 : 2021/09/26
閲覧 : 105
サンキュー:

4

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

[全13話視ました。]楽しくあらすじ(あるいは視聴時の思い出を)確認w。

前作「魔法科高校の劣等生」は放送分は全部視ました、それがワタシが集めた視聴前情報の全てです。原作は無知無関心です。

[全13話視ました。]楽しくあらすじ(あるいは視聴時の思い出を)確認w。
予告が不要なほど、あったかどうかは忘れましたがw、何度か「劣等生」を見たので、あらすじは頭に入っています。でも視点を変えて、深雪の立場から達也を視るとこう見える的なお話でした。特に目新しく感じることはほとんどなかったのだけれど、何故かニヤニヤしながらw安心して楽しく見ることができました。本シリーズワタシ的には結構好きなんだなと認識しました。
 キャラ絵や視線の微妙さに難有かも知れませんが、そこは予算のせいなのかも知れません。
マア、目クジラ立てなくてもイイのでは、と思います。
本作は、本シリーズが好きでしばらく視てない人には合っているような気がします。

番組の最後に、この冬に「魔法科高校の劣等生 追憶編」が放送、と出ていました。

[第1話視ました。]さすおに、です。
最初の印象は、あれ制作会社変わったの、何だかキャラ絵が微妙に違う違和感を感じました。
第一話目は安定のブラコン確認回でした。

投稿 : 2021/09/26
閲覧 : 95
サンキュー:

9

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

超電磁砲みたいなスピンオフは難しい

物語は魔法科高校の劣等生1期を
深雪とほのかを中心とした女の子目線で描いた話

同じスピンオフで大ヒットを飛ばした
とある科学の超電磁砲を意識したかのように

ギャク作品が多い玉井豪氏を起用して
劣等生と違う雰囲気作りをしたかったんだろうけど

全体的に知ってる話の焼き直しが強いので
この作品のオリジナリティーを感じられなかった

唯一九校戦に出てくる第三高校の女子三人組が
出て来た所はスポ根入っていて面白い展開だったけど

実質主人公のきもうとさんはギャク色が強くなった事で
妄想シーンとか嫉妬している部分がネタ化してしまい
終盤冷めた目で見ていたが

ほのかと雫そして英美は超電磁砲の
黒子・初春・佐天のコンビと同じく
物語をリードしていてキャラとして魅力があった

お兄様は上条さんのようにCパートのみの出演ではないw
劣等生の本筋の部分では相変わらず存在感があった

今度は追憶編で過去に戻るみたいだけど
また制作会社変わるのかな?

投稿 : 2021/09/26
閲覧 : 111
サンキュー:

4

ネタバレ

WR333 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

頭脳系魔法対決、最後の決め手は「気合」www

兄版の焼き直し… だからこそ欲しい、あっと驚くレトリックが全くありません… 兄版を、より面白くできる要素は山程あるのに…

物語の構成が、とても「安易」で、兄罰で描かれていた物語を捻じ曲げて、むりやり解釈をこじつけています。 すでに語られた物語を再構築するのは、非常な才能と、執念が必要だと思うのですが、本作は「解釈者の無能さ」を露呈しています。

原作を兄版・妹版とも未読のため判りませんが、妹版原作自体(兄版とは別人?)が、このレベルのストーリーを作っているのでしょうか…

退屈なお話だと思いつつ9話まで観て来ましたが、今回(9話目で)兄が構成した頭脳対戦勝負の魔法対決展開を、気力で補うと言うご都合主義で話を延々と引っ張られて、とことん呆れ果てました。

昭和のスポ根モノのご都合主義、ここに極まれり。

あと、作画に高い評価を与えている方がいらっしゃいますけど…
デッサンは狂いっぱなしで、特に室内の背景は見るに堪えないし、人物も骨格はメチャクチャで、動画でも気持ち悪い(静止画で見たら耐えられません)です。

投稿 : 2021/09/15
閲覧 : 208
サンキュー:

2

ネタバレ

日常法師 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

妹がメイン

今作は、
魔法科高校の劣等生の妹視点での話になります。

話の始まりは入学直前の話から始まります。1話はまあまあ良かったですが、入学編以降の話は本編でもやったので、どういう結末になるのか分かっていたので面白いとはなりませんでした。

この作品はお兄様が無双しているところを見るアニメなので、妹視点では退屈だったので途中で切りました。

こんな話をやっていないで、2年生3年生以降の話をやってほしい思いました。

投稿 : 2021/09/12
閲覧 : 104
サンキュー:

3

ネタバレ

アニメ好き さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

初めての魔法科高校もの視聴 なかなか面白い 4話で作画のレベルが落ちた 5話以降は…

この魔法科高校ってタイトルのアニメ、過去3期くらいやってた割と人気なタイトルだったと思うけど、自分は2話切りしたくらいしか覚えてない。
なのでこのアニメが魔法科高校の初見的なものなんだけど、なかなか良かった。
と言うかこの優等生から初見の人間にも、わかりやすいように話が構成されてるのが良い。全然置いてきぼり感がない
話しの途中に流れるBGMも好みだったし、作画も良い方だと思う
女の子も可愛いし、2話以降の展開によっては見続けられるかも?

3話まで見ました。どうやら1期や2期でやってきた事の別視点でのお話しらしい
今期から初見の人でも魔法高校の設定がわかるように作ってあるし、1期から見ている人は、あーあの事件の裏側ねと言うふうに、更に楽しめるようにうまいこと話を作ってある感じが伝わってくる
話中のBGMも好みだし普通に学園バトル物として見れる。
魔法のある世界の学校で馬小屋がある意味がよくわからないのと、敵キャラは悪い性格で、主人公側は差別しない良い性格という、キャラの内面が浅いところは若干気になる。

4話でなんか作画が怪しくなったり、止め絵を多用してるとこが出てきた。あと思い悩んでお兄様ー♡と言って終わるパターンに飽きてきた。
1期や2期でやってる話しなのか、飛ばし飛ばし話しが繋げられてる感じする。高校にミサイルランチャーを打つ世界観がよくわからん。銃火器が簡単に手に入る世界なの?こっから面白くなるんやろか?

5話ではついに銃や手榴弾を持ったやつが高校を襲ってきた。なんで?
なんで日本の有名なテロ組織がこの高校を襲ってガチで殺そうとしてくるの?大学とか魔法使える成人とか襲ったりしないの?ニュースになったり休校になったりしないの?他のクールの作品見てないから設定がさっぱりわからん。そろそろ飛ばし飛ばし見ようかな

だんだん前のシリーズを見ていない人には意味のわからん専門用語が出てきた。
魔法の理屈をこねた体育祭みたいなの面白いか?だいたいお兄さんが凄いで解決してる気がする。あとは最終話でも見ればいいかな。

投稿 : 2021/08/23
閲覧 : 403
サンキュー:

5

ネタバレ

sig さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ほとんど話変わらないんかーい

{netabare}
新しい話が見られると思ったら劣等生のストーリーを妹の視点で見ただけ。
シリアスなストーリーを期待して劣等生を見たので、優等生はちょっと合わないかな。
あと作画が変わったのも気になって集中できない。
{/netabare}

投稿 : 2021/08/07
閲覧 : 116
サンキュー:

3

ネタバレ

Lucy さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

キャラデザの変更はやむを得ないとしても、キャラの演技がわざとらしすぎる、「こういうの可愛い動き好きだろ?」みたいなのをとりあえず入れているみたいな、、イタくてみていられない。
途中で切りました。

投稿 : 2021/08/04
閲覧 : 86
サンキュー:

2

ネタバレ

ふみゅう さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

視聴の有無は自由

コミック等で既に完結、ネタバレもあるので
視聴の有無は自由。
他作品の魔法科高校シリーズアニメに比べ
アニメの優等生の時の達也の
眼は鋭さが軽く抜けた印象で
キャラのイメージが失われ残念な印象だった
2話の視聴で深雪の顔がやたら白過ぎて
死んでる様にもバカ殿メイクにも見えてしまう

投稿 : 2021/07/11
閲覧 : 127
サンキュー:

2

ネタバレ

あぁ流川 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

C女子目線でやり直し

既に劣等生見てるなら見なくてもいいかな?

女子キャラの服を剥く欲望に抗えない人向け

投稿 : 2021/07/11
閲覧 : 102
サンキュー:

2

ネタバレ

みや さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 3.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

ショック

作画に違和感しか感じません。1、2期より達也、深雪の絵が下手?になっているように感じ、そればかり気になってしまい終始話が入ってきませんでした。非常に残念です。

投稿 : 2021/07/05
閲覧 : 87
サンキュー:

2

ゆー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/06/27
閲覧 : 0

Lulu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2022/06/14
閲覧 : 0

SS さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/06/11
閲覧 : 0
次の30件を表示

魔法科高校の優等生のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
魔法科高校の優等生のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

魔法科高校の優等生のストーリー・あらすじ

 魔法。それが現実の技術となってから一世紀弱。魔法を保持・行使する「魔法師」育成機関「魔法科高校」に今春、とある少女が入学する。容姿端麗で完全無欠な優等生――彼女の名は、司波深雪。共に入学した兄・達也との仲睦まじい高校生活を夢見ていた彼女の前に、一科生と二科生――優等生と劣等生との壁が立ちはだかり!? (TVアニメ動画『魔法科高校の優等生』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年夏アニメ
制作会社
CONNECT
公式サイト
mahouka-yuutousei.jp/

声優・キャラクター

早見沙織、雨宮天、巽悠衣子

スタッフ

原作:佐島 勤+森 夕(KADOKAWA刊)、キャラクター原案:石田可奈
監督:橘秀樹、副監督:渡部高志、シリーズ構成・シナリオ:玉井☆豪、キャラクターデザイン:山本亮友/佐野隆雄、音楽:岩崎琢

このアニメの類似作品

この頃(2021年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ