新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「転生したらスライムだった件(第2期) 第2部(TVアニメ動画)」

総合得点
74.9
感想・評価
351
棚に入れた
1317
ランキング
773
★★★★☆ 3.7 (351)
物語
3.6
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

転生したらスライムだった件(第2期) 第2部の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二期も

二期もなかなか進まない。

投稿 : 2022/05/20
閲覧 : 11
サンキュー:

0

ネタバレ

でこぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

誰もが認める魔王に

この第2期(第2部)は、正直言って今迄よりも面白みに欠けます。
それは戦いが個人戦主体から集団戦主体へと変わり、リムルの魅力があまり見れなくなったため。
さらには、ラスボスである魔王クレイマンが{netabare} あまりにも弱すぎたためです。{/netabare}
しかし、この物語はリムルの理想国を完成させるために不可欠な話なので、気楽な気持ちで視聴されることをお勧めします。


この物語は魔王クレイマンとの戦いが中心です。
戦いは、今までのような個人の戦いではなく、国と国との戦い。つまり戦争に発展します。
そしてクライマックスは魔王達の宴 ~ワルプルギスでのクレイマンとの戦いです。
誰もが認める魔王となるには、リムルはクレイマンに勝たねばなりません。

今回はリムルの戦いはあまり見れませんでしたが、可愛い癒し系のシュナの意外な強さや、紅丸の進化した超強大な力、それに紫苑の魔王をも倒すほどの強さを見ることができます。
そしてゴブタは、いつの間にか器用で機転が利くようになり、ゴブリンライダーの隊長の風格が出てきました。これもハクロウの厳しい教えのたまものです。


但し拍子抜けした点もいくつかあります。

戦争の準備のためには会議が必要。それはわかりますが、会議の時間が長い。実に長いですね。
思わず眠くなりました。もう少し短くしてほしかったですね。

ですが、歴史上では戦争で戦う時間よりも、準備のための会議時間がはるかに長いのは常識です。
例えば、本能だけで戦術を練っているように見える織田信長の桶狭間の戦いですら、周到な準備期間があり、厳格な戦い方を皆に徹底させました。
(声を絶対に出さないで戦うこと、今川義元以外の首は不要なので首を切り落とす作業は禁止、など)
集団が統一した意思で戦うためには事前調整に多大な時間が必要なのです。

また、ラスボスのクレイマンが{netabare}あまりにも弱すぎます。魔王なのだから、もっと強いところを見せないと物語のつじつまが合わなくなります。
これだと紫苑や紅丸が魔王級の実力を持っていることになります。{/netabare}


ところで、敵方ですが涙目のピエロのティアが意外とかわいい。素顔は見れませんが彼女は魅力的ですね。

投稿 : 2022/04/30
閲覧 : 68
サンキュー:

29

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

視終わった。

原作無知です、最初から前期まで視ました。

投稿 : 2022/03/29
閲覧 : 74
サンキュー:

8

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もう少し脚本や演出のひねりが欲しいところ

ライトノベル系のアニメの中でもそつなく面白いですが、「個性」がない作品だと常常思います。

作家が「守り」に入っているのが分かっているので、物語の理屈は通ってますが、勢いや目新しさがありません。

本作はファンタジーの中でも少し古い90年代前半の構成だと思うので、やはり同じファンタジーでも「鬼滅」や「進撃」が流行ることを考えてみても、視聴者の目は制作側より肥えてるではないかと思います。

少し残念な作品だと思いました。

投稿 : 2022/03/02
閲覧 : 110
サンキュー:

10

のか さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

争いってやっぱり【欲】から始まるんですね・・・

原作未読(コミカライズ版を途中から読んでいません)
1部2部合わせて全26話

あらすじ
スライムに転生した青年が国を興して魔王になるお話し


今回はアニメの感想は少しです

このアニメを見ている時に戦争が起こりました
しかもアニメも開戦~戦争場面・・・

気持ちが悪くなり、一時視聴が出来なくなりました

勿論、私は当事国出身者じゃありません
TVやネットの情報での判断となります

なので、どちらが正義でどちらが悪と決めつけることは出来ないです
どちらも正当性を主張するに決まっていますので。

でもこれだけは言わせてください
戦争を引き起こす事、戦争をする事は間違っている。
これだけは絶対に断言できます。

戦争を引き起こし、民間人を巻き込んだ事
絶対に許させることでは決してありません

あの大統領の名前は世界中の人々に悪名として刻まれるでしょう
良心の呵責がない人なんですね

少しでも早く戦争が終わり、ウクライナに平和な日常が戻る日を切に願います

アニメの感想を書く所に、こんな文章を載せてすいません。
でもこの悲劇を私が忘れないため、
そして読んでくれた人が少しでも戦争について考えて頂ければ幸いです。


では感想を
先も言いましたが、時期が悪くて視聴にかなりの時間がかかりました
そしていつもの感想が書けない心理状態です

出身国ガチャで日本を引き
親ガチャでノーマルを引き
大きな怪我や病気などせず
自分を愛してくれる人と出会い
可愛い子供と優しい相方と暮らす

出身国ガチャでこんなに違うんですね。
やっぱり神様って不公平

アニメ、面白かったです。1部2部ともに良かったと思います
こんな世界状況なのに(なんでアニメやねん!)って思われる方もいるでしょうかね

寄付します。支援します
SNSなどに戦争反対と声を大にして言います

他に個人でやれる事がありましたら、ぜひ教えてください


今回はいつものネタは止めておきます
不謹慎だと思いますので

アニメは本当に面白かったですよ
2部の会議シーンは長かったと思いますが

あのシーンで少し気が楽になりました
素直に良作品だと思いました。


世界中の人々が笑顔で暮らせる日が来ることを祈ります


最期になりますが、もう一度だけ
【あにこれ】が戦争批判をするサイトではない事は重々承知です
でも現実世界でもアニメのように戦争が起こり、本当に苦しむ人たちがいる事だけは知っておいてください

アニメに関係ない事を長々と書いて本当に申し訳ありませんでした

投稿 : 2022/03/01
閲覧 : 124
サンキュー:

13

OK! さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

2022/02/17 終了

投稿 : 2022/02/17
閲覧 : 43
サンキュー:

0

ネタバレ

カモミール さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

会議シーンがいつまでも続く

会議だとかでダラダラと会話シーンがいつまでも続く、いつになったら戦闘へ行くのかと思ってやっと行ったらあっさりな感じの戦闘。魔王の紹介も2回したり、どうでも良い会話シーンが多すぎる。

投稿 : 2021/12/08
閲覧 : 83
サンキュー:

2

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ワルプルギスの宴

2021.12.6 視聴完了。
小説未読。
コミック既読。

2期の2部は
魔王になったリムルは魔王会議ワルプルギスの招待に応じる。
クレイマンが暗躍し策謀をめぐらしている。
それに対抗していく姿が見どころ。

コミック版の内容に追いついてしまっているので
続きのアニメはしばらく先になりそうですね。

投稿 : 2021/12/08
閲覧 : 87
サンキュー:

10

ねいばー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

あんまり面白くない

投稿 : 2021/11/21
閲覧 : 63
サンキュー:

1

koaki さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

悪意も姑息も手のひら返しなのだ

2部もいい。気持ちいいくらいに甘い理想のオンパレード。
これが不快じゃないのが転スラのいいところ。
みんなで協力し合えば怖いものなんてないのだよ。
安心感マシマシで、姑息さも悪知恵も悪意も
先読みの手のひら返しでバンザイなのだ。
この安心感が大好きです。
人間関係に疲れた時には、やはり転スラがいい。

投稿 : 2021/11/21
閲覧 : 76
サンキュー:

8

ネタバレ

祇園 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

俺の友達を殴った報い、きっちりと支払わせてやる。楽に死ねると思うなよ。

投稿 : 2021/11/19
閲覧 : 50
サンキュー:

0

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

第2期もサクサク視聴できる、良く練られた物語②

良く練られた物語のおかげで、とても安心して見られる作品。
緊張と緩和のバランスが良い。

45話のシュナちゃん、カッコよかったですね。
今クール1番の見どころじゃないでしょうか?

まだまだ、物語は続きそうです。
楽しみにしています。

投稿 : 2021/11/10
閲覧 : 180
サンキュー:

26

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

この作品はきちんとストーリーを作っているので、毎期楽しんで見ることができている。成長物語でもあるので、どんどん話が大きくなっていっているのでそこは心配だが、今回も最後まで楽しく見ることができたので満足・・・
次回作も楽しみにしています。

投稿 : 2021/11/09
閲覧 : 57
サンキュー:

2

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ガッカリ三下魔王

感想

この2期の後クール。まぁ えらく長く感じました。
この前である 2期の前クールで、あれだけ魔王クレイマンが諸悪の根源で強そうなラスボス感バリバリに煽っといて、いざ後クールになり、さぁ魔王退治だ!と思って観始めれば、仲間内で作戦だのと 話し合いばかりで話が進まず、全然戦いにならなくて イライラが募りました。
んで 後半になり、満を持して宿敵クレイマンと対峙してみれば、なんて三下の雑魚キャラ!
スカされました。
1期や前クールで、あれだけ大物でラスボス感出して煽っといて、いざバトル始まったらシオンにも劣るとか・・・
待たされた挙句、三下魔王に残念感パなかったです。
ホント 割に合わねーよ。。。

原作組や、この作品をよく理解している人からすれば、僕みたいに残念に感じることはなかったかもですが、普通の興味でアニメだけ観てた自分からすると、上辺だけを見て そう感じてしまったかもしれません。
やっぱ1期2期の間や、前クール後クールにも空きの期間があるので、どうしても関係性とか忘れてる部分があり、ちゃんと全部理解していないと思います。
続けて連続で観られたら良かったのかもしれませんが・・・そうすると、今の作画のクオリティーを維持するのはムズイでしょうし。
おそらく、自分が好きな作品なら、もっと理解しようと興味持って何度か見返すなりしてたと思います。
まぁ、それだけ僕には面白さを感じれていなかった証拠ですかね。

僕がこの作品に感じた悪いイメージ?は
無駄とは言わないですが、僕には広すぎる世界観 (要するに大風呂敷広げすぎ)
人間 竜族 鬼族 獣族 精霊 悪魔等々 多すぎなのと関係性が小難しい
キャラが多すぎ(名前が憶えられない)
スライムのリムルがチート過ぎる プラス 大賢者の助言もあり(卑怯レベル)
そんな感じで面白いは面白いけど、大雑把に言ってしまえば、僕には小難しい作品です。

投稿 : 2021/11/08
閲覧 : 94
サンキュー:

20

ネタバレ

カミタマン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

会議づけ

2021/11/03 投稿

面白い!

おかげで,昨晩夜更かしして一気に全部見てしまった。

序盤はほとんど会議(含相談)
動きも少ない,場所やメンバーも限定されてる
予算,人員が限られた小規模劇団の舞台演劇みたいw
でも面白い!!

何でだろう?
たぶん,それぞれのキャラの立場や考えなどがしっかり示されているから,かな?{netabare}もちろん,予測不能やイレギュラーな行動を取るキャラクターは存在しますが…{/netabare}
膨大になった登場キャラクターの確認の意味も含んだ親切設計が功を奏したのでは無いでしょうか?
とにかく自分は,この会議部分が大好きです♪

中盤は以降は戦闘が増えてきます,映像としての出来も迫力があってよかったです。
また,ジュラテンペスト勢が{netabare}リムルの魔王化に伴って大幅強化された点も,「おいおい!仲間まで無双かよ!!」と思わなくは無いのですが,{/netabare}カタルシスを感じました。

終盤はワルプルギスを舞台としています。また,会議です(笑)
今度は会議そのものと言うより,戦闘メインです。
特に47話のヴェルドラ対ミリムの戦いは必見です!


【小ネタ】
「まどマギ」にも出て来る,ワルプルギス(ヴァルプルギス)の夜は,メーデー(May day)の由来でもあるそうです。

投稿 : 2021/11/03
閲覧 : 108
サンキュー:

18

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

急にガチャガチャしちゃったなぁ・・・。

風雲急を告げるターンなんでしょうが・・・。

ちょっと、物語、展開面でのクオリティが下がった印象がありますねぇ。
ありていに言えば雑になったというか。

インフレしたキャラクタ数を鑑みた上で、各キャラの対立ラインを演出し、片づけていこうとすれば多少は密度が荒くはなるものでしょうが・・・。
どうにも、適当感を感じてしまうのは明らかなマイナス要素かと。

特にこの2期後半の第6話は少々いただけない・・・。

暗黒皇帝(ロード・オブ・ダークネス):最古の魔王 ギィ

正直・・・だせぇ。
やぼってぇ。
声優さんもあまりあっているとは思えない・・・。
もう一人の件の魔王レオンとの会話が・・・カッコよくなぃ。
会話に知的な感じもしないし、鋭さも、キレもない。
「らしい事」言っているだけで、何も伝わってこなし。
このシーンだけ間延びしている・・・。

正直、話の内容はストーリーの一端として伝えたい事なのだろうけれども、無い方がマシなシーンだわ。
その話は別の形で教えて下さいな。って感じ。

魔王の集会についても、急に各魔王が矮小化されてしまいましたねぇ。
イヤな言い方ですが、作品寿命的にここら辺が潮時だと思って急に頭数揃えて出してきたというか・・・。

う~ん、私はこの作品好きなんですよねぇ。
好き故に「雑に扱われている感」は歓迎しません。

全体的な、たたみ方もやっぱり少々、雑だったような。

そして、さらに「謎は深まった」とばかりに、黒幕感を出してきた者もいます。

映画なのか、またのシリーズなのか判りませんが、
この大勢のキャラクタを裁くのは大変だという事はふまえた上で、
頑張って物語を紡いでほしいと思います。
(あ、原作は未読です。アニメのみで楽しんでいる勢です)

そうですねぇ、個人的には少々不本意な点もありましたが、続きものという事で、今まで観てきた方々見るしかないでしょうよ。
って感じです。

ダメではなかったですが・・・、またの機会を楽しみにする感じでした・・・私的には。

投稿 : 2021/10/30
閲覧 : 79
サンキュー:

13

ネタバレ

ninin さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

会議づくし

原作未読 全12話 2期の分割2クールの2クール目です。1期から観ることをオススメします。

人間と魔物たちが集まる会議(人魔会談)と魔王たちが集まる会議(ワルプルギス)、クレイマンの部下たちの殲滅作戦が描かれています。

テンペストも大所帯になりましたね。他にもたくさんのキャラが増えました。

名前まで全員把握していませんが、どんなキャラかは覚えています。キャラ付けが上手ですね。

人魔会談は3話使っていて少し間延びしましたが、時折ヴェルドラやラミリスが話の腰を折ってしまうので逆に飽きませんでした。

殲滅作戦は一番の見所でした。特にシュナたちが戦ったシーンは迫力ありましたね。

クレイマンの件は、決着がついて良かったというより、{netabare}リムルがクレイマンより段違いに強く余裕だったため、{/netabare}あまり緊張感がなかったのは残念ですね。{netabare}(ミリムとの戦いの方が大変そうでしたがw){/netabare}

お話は切りがいいところで終わっていますが、決着ついていない人や裏で暗躍している者たちの件もありますので、まだまだ続きそうですね。

次は劇場版(2022年秋公開予定)です。

鬼滅のように後に続くものなのか、スペシャルなものか分かりませんが、ギリギリの戦いを観たいですね。

OPは寺島拓篤さん、EDはTRUEさんが歌っています。

最後に、会議となるとどうしても眠くなります。何故でしょうw

投稿 : 2021/10/28
閲覧 : 85
サンキュー:

21

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

名は体を表す?

やっぱりこのアニメ大好きです。
2週も観ちゃいました。
一度観だすと止まらない。

本クールはヴェルドラ復活からクレイマン軍との戦争、ワルプルギスまでです。
最初、戦後処理会議が延々と。
テンポの悪い印象はありましたが、丁々発止で楽しめました。
ヴェルドラ復活に驚く面々。
その反応が可笑しかったです。

テンペスト・ユーラザニア連合軍VSクレイマン軍も見どころが多い。
各地での並列的な戦闘がエキサイティングでした。
中でもシュナVSアダルマンの映像美に魅せられました。
シュナは英知の塊、指揮官の才もあるかもです。

ワルプルギスに登場の魔王たちは個性がぶっ飛んでました。
初見のダグリュール、ディーノ、ルミナス。
一筋縄ではいかない連中のようです。
中でも、ルミナス・バレンタインがミステリアス。
容姿と言い、口調と言い、一瞬で私のお気に入りになりました。

3期はいつかな。
のんびりかつ切実に待つとしましょう。

<余談;名について>
{netabare}1期で思っていたのがリムルとミリムの名前が似ていること。
今回登場のギィ・クリムゾンにも「リム」って入ってる。
これって偶然?
リムルが最古の魔王と関係していると疑っている私なのでした。{/netabare}

投稿 : 2021/10/24
閲覧 : 77
サンキュー:

22

まだ初心者 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

めちゃくちゃ面白い

後半面白かったです。劇場版も観ます。

投稿 : 2021/10/22
閲覧 : 63
サンキュー:

3

二足歩行したくない さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

立ち上がれ、今、叫べ、今、コントロールを失っても

転スラ二期の後半1クール。

前クールラストでファルムス王国軍勢を容赦なく大量虐殺した末、魔王への進化を遂げたスライム「リムル=テンペスト」が、それを仕掛けた魔王「クレイマン」に対しどのようにしてやろうかという報復のワンクールとなっています。
ただでさえ初回チートなスキルを振り回す我らがスライムは、本作でも回を進める度に強大な力を手に入れ続けます。
絶望的状況、どう考えても太刀打ちできない敵に対し、修行をしたり、知恵や勇気を振り絞ったりして、辛くも勝利するような内容ではなく、異世界転生モノらしい"俺TUEEE"展開なので、弛まぬ努力をファンタジーに求めないもやしっ子も安心して見られます。

1クール目ラストで暴風竜ヴェルドラが復活し、魔王クレイマンへの対応について検討をするその直接の続きからとなります。
チート魔王のリムル様は、応援に駆けつけた同盟国・武装国家ドワルゴン国王「ガゼル・ドワルゴ」や、ブルムンド王国の要人「フューズ」、魔導王朝サリオンの大公爵「エラルド・グリムワルト」、その他、ミリム・ナーヴァに攻撃を受けた魔王カリオンの部下・三獣士、リルムに忠告を与えに来た魔王ラミリスに、復活した暴風竜・ヴェルドラ等々が一同に集まり、各方面の重要人物が集まっていよいよ反撃の狼煙を上げようとする2クール目開始早々、まさかのミーティングに入ってしまいます。
それも約3話分ぶっ通しなのでたまげましたね。
確かにリムルはかつて社会の歯車やってましたが、リアルワールド同様、長時間にわたる対応検討会を行いますので、そりゃあゴブタも寝るわ、会議そっちのけでマンガ読み出す輩も現れるわという始末。
先程、『ファンタジーに求めないもやしっ子も安心』と書きましたが前言撤回ですね、こんな会議好きな管理職ファンタジーに存在してはいかんですよ。

ただ、会議から舵を切る2クール目でしたが、「つまんねー」とはなりませんでした。
そこは私自身が、既に訓練済みの社畜だからなのかもしれないです。
そのため、学級会中に手紙を回し始めるキッズには退屈に感じる可能性があります。
余談ですが、転スラはマンガ版で島耕作とコラボしたことがあり、そこでは三上悟がスライムではなく島耕作に転生して、上司の命令を遂行しているのですが、サラリーマンと転スラは意外に浸透性があるのではないかとも思ったりします。
そんなこんなで私的には2クール目もとてもおもしろく感じました。
悪い評価も聞いていたので期待せずに見始めたところもあったのですが、1クール目よりも全然良かったです。

ラストもいい感じで締めましたが、消化されない伏線やアニメ化されていないエピソードもあるようなので、続きを強く期待しています。

投稿 : 2021/10/20
閲覧 : 74
サンキュー:

8

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 前半はリムル・テンペストの魔王覚醒後の今後のジュラ・テンペスト連邦国の方向性を
主体とした会議を主軸に、他所でも会話を主体とした描写がメイン。
 ネットの感想などを見ると、この長々と続く会話劇に批判的な意見も結構見受けられたが、
個人的にはこういった政治劇的展開は結構好きだったりする。
 ただ、結構和気あいあいとリムル達が会議を続けているのが事態の危機感や切迫感に
そぐわない印象はあった。
 明るく楽しいのが本シリーズの持ち味の一つだと思うが、ここではコメディ要素を削って、
シリアス色を強めると同時に、もっとハイテンポにしてもも良かったんじゃないかと。

 後半はクレイマン達との戦いが主体で、前作も含めたこれまでが種を蒔いて、育てる期間なら、
ここからはカタルシスの収穫期といった感じで、かなり気持ちいい展開。
 とは言え、ここまで一方的だと、リムルの魔王覚醒、及びそれに伴う部下の強化前とは言え、
テンペスト襲撃とそれに伴うシオンらの死に至る一件などは、随分と弱い相手に
してやられてたんだなという感も。

2021/10/19

投稿 : 2021/10/19
閲覧 : 57
サンキュー:

4

ELFピエール・元春 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

体育会系が楽しむものを文化系は楽しめない

キャラは別段悪くないし、ストーリーもそこまで悪い訳じゃないんだけど
登場人物(リムル陣営)がこぞって『リムル様!リムル様!』って考えなしに崇め奉ってて
アホにしか感じない……

ファンタジーってとこで片づけようと思えば、いいんだろうけど
権謀術数を企むやつもいなければ、不信感どころか思考して自身で考えているキャラがいない
故にアホっぽいというかアホしかいないのかと

例えるなら、自身のファンだけを集めた集会みたいな感じ?
オーバーロードみたいに創造主だからとか、そういう設定があってとかならいいけど
(オーバーロードのキャラ達は崇めつつも違和感を感じたり、キャラそれぞれがそれぞれの考えを巡らせた上で行動・発言してるけども)
元々赤の他人な訳だから、そうはならんやろって


バトルも心理戦をするわけでもなく、ただ強スキル・強技をぶっぱ終了とか
つまらんぜよ……


【導き出される結論は…】
体育会系が楽しむものを文化系は楽しめないって感じ
ワンピース派とナルト派的なアレ
まあ単純明快だから、好きな人は多そう

純粋に深いストーリーや考察を楽しみたいって人には絶対向かないんだにゃー

投稿 : 2021/10/12
閲覧 : 84
サンキュー:

6

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「再開したら会議ばっかりだった件」2期の分割2クール目だから1期、2期を先に見てね☆彡

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
主人公リムルと、彼を慕い集った数多の魔物たちが築いた国<ジュラ・テンペスト連邦国>は、近隣国との協定、交易を経ることで、「人間と魔物が共に歩ける国」というやさしい理想を形にしつつあった。
リムルの根底にあるのは人間だったスライム故の「人間への好意」……しかしこの世界には明確な「魔物への敵意」が存在していた。
その理不尽な現実を突き付けられた時、リムルは選択する。「何を失いたくないのか」を――ファン待望の転生エンターテイメント、暴風の新章に突入!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:川上泰樹・伏瀬・みっつばー「転生したらスライムだった件」(講談社『月刊少年シリウス』連載)
監督:中山敦史
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:江畑諒真
モンスターデザイン:岸田隆宏
美術監督:佐藤 歩
美術設定:藤瀬智康・佐藤正浩
色彩設計:斉藤麻記
撮影監督:佐藤 洋
グラフィックデザイナー:生原雄次
編集:神宮司由美
音響監督:明田川 仁
音楽:Elements Garden
アニメーション制作:エイトビット

主題歌
第2部OP:「Like Flames」MindaRyn
第2部ED:「Reincarnate」寺島拓篤
{/netabare}
キャスト{netabare}
リムル:岡咲美保
大賢者:豊口めぐみ
ヴェルドラ:前野智昭
ベニマル:古川慎
シュナ:千本木彩花
シオン:M・A・O
ソウエイ:江口拓也
ハクロウ:大塚芳忠
リグルド:山本兼平
ゴブタ:泊明日菜
ランガ:小林親弘
ゲルド:山口太郎
ガビル:福島潤
トレイニー:田中理恵
ミリム:日高里菜
ラミリス:春野杏
ディアブロ:櫻井孝宏
クレイマン:子安武人
ギィ・クリムゾン:石田彰
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


#37 訪れる者たち
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
仲間達の蘇生とヴェルドラの復活を祝した宴。束の間の平和を楽しんだリムルは、皆に今後の方針を話す。リムルは全世界に向けて魔王を名乗り、クレイマンに宣戦布告することを決意する。そして、武装国家ドワルゴンからはガゼル王、ブルムンド王国からはフューズ、魔導王朝サリオンからは大公爵にしてエレンの父、エラルドが赴き、今後のテンペストの動向を決める重要な会議が開催される。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は復活したヴェルドラがみんなにあいさつ。。
リムルとは盟友だって聞いたみんなが、もっとリムルを尊敬する
ってゆう感じのおはなし^^


中盤はパーティーがはじまって
リムルとベニマルがシオンの料理を出されてアセってたら
シオンは復活したときにユニークスキル「料理人(サバクモノ)」を手に入れてて
作ったお料理がマズそうに見えておいしかった♪ってゆうのがおかしかったw


後半はリムルが全世界に、魔王になったことを発表して
クレイマンに宣戦布告することを決めて、会議を開くんだけど
そこに手伝いに来たガゼル、フューズ
それからエレンが魔王にさらわれたって聞いた父親のエラルドも来て参加。。


ってゆう、いつも通りワチャワチャした日常のおはなしで
ふつうにおもしろかった^^


魔王になったリムルとヴェルドラ、それから応援に来た人たちも入れたら
クレイマンなんかかんたんに倒せそう^^
{/netabare}
{/netabare}
#38 人魔会談
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ラプラスたちはクレイマンにまつわる計画を企てていた。そこには、とある人物も同席していて―――。一方リムルは、ヴェルドラとの出会いを含め、各国の要人にこれまでのあらましを話す。エラルドはリムルと敵対するより友好を選ぶべきと判断し、ドワルゴン、サリオン、ブルムンドとの協力関係を再確認。そんな中、「この国、テンペストは滅亡する!!」―――不穏な警告を叫び、乱入してきたのはラミリスだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
ラプラスと話してた「とある人」はユウキで
中庸道化連のボスみたいだったけど、何を考えてるのかな?

そこで、ルベリオスの「奥の院」にスパイに行ってたラプラスの話で
ユウキにホムンクロスの体をもらって復活した道化連の会長のカガリが
そこにいたのは魔王ヴァレンタインだったって教えた。。

それでユウキが、西方聖教会の裏を知ろうとしてたらラプラスが
ヴァレンタインをおびき出すために
魔王を集めるワルプルギスを開こうって。。


中盤は、ヴェルドラが復活して、リムルの朋友になってたことを知った
ガゼルとエラルドが、会議の前にリムルを呼び出して事情を聞いたんだけど
けっきょくリムルの味方のままってゆうことになるおはなし。。


後半は会議がはじまって
リムルが転生してヴェルドラに出会ってからのことを話した。。

それからヒナタのことを話したら
ほかの人たちはヒナタのことをそれほど悪く言ってなくって
様子を見ることにしたんだけど
ヒナタと自分を戦わせたのがユウキだって気づいたみたい。。



けっきょく会議の本題はまだ始まってないのにラミリスが来ちゃったけど
テンペストが滅亡するってどうゆう意味?

あと、クレイマンを動かしてるのもユウキだと思うけど
来週からのおはなしは
ユウキが何をしようとしてるのか、ってゆうことになるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#39 ラミリスの報せ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
リムルはファルムスの新たな王としてヨウムを擁立するという計画を発表する。それを聞いたガゼル王は「真に王に足る器か」とヨウムを試し、彼は懸命に応えて見せる。「みんなが豊かに、笑って暮らせる世界を作りたい」と話すリムルの人柄をエラルドも気に入り、リムルとその仲間たちは目先の敵、クレイマンとの決戦に意気込む。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、ファルムス王国の2万の兵がいなくなった言いわけの作り話。。

テンペストはファルムス王国にほろぼされた、ってゆうことにして
そのときファルムスの兵たちが間違ってヴェルドラの封印をといて
ヴェルドラに消されたけど、リムルがヨウムとヴェルドラを説得して
守護者としてまつることで話しをつけた。。って


そのあとリムルは、ヨウムをファルムスの新国王に推すことを発表。。
けっきょく答は決まってるのに、ガゼルがちょっとツッコんできたり
エラルドみんなに、魔物を信じるのか?みたいなことを聞いてた。。

何だか、結婚式で神父さんが「はい」ってゆうのを分かってて
「健やかなるときも、病めるときも。。誓いますか?」
って聞くくらいの感じで、ちょっと眠くなってきちゃったw


さいごはクレイマンがラプラスに
ミュウランをダシに使ってユーラザニアに攻め込むって話してたけど
ミュウランは生きてるんだけどw


そう言えば、ラミリスが
「テンペストが滅亡する」って言ってたのはどうなっちゃったんだろう?
何か理由があって言ってたんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#40 会議は踊る
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ジュラの大森林に新たな勢力が勃興し、その盟主であるスライムが魔王を騙ったため、制裁する」という名目で、クレイマンが魔王達の宴(ワルプルギス)を発議した。リムルも本格的に、クレイマンとの戦争に備えるが、敵軍の動きを観察するうちに、クレイマンが狙っているのは目下のテンペストではなく、ユーラザニアであると判明。クレイマンの軍勢がユーラザニアに到着するまであと2日―――。リムル達は間に合うのか……!?
{/netabare}
感想
{netabare}
ラミリスからワルプルギスのこととを聞いて
あと、帰ってきたソウエイたちから
クレイマンが兵を送って、2日後にユーラザニアに着くってゆうのが分かって
リムルはどうしよう!?って悩むおはなし。。

でも、会議が長引いて、みんなで温泉&宴会みたいなおはなしもあって
あんまり緊張感はなかったみたい^^



捕虜の3人を取り調べたシオンの報告がテキトーで
ミュウランがいなかったら、ぜんぜん分からなかったのがおかしかったw


それからヨウムたちは
捕虜を救った英雄として、ファルムスに帰ることになって
いっしょにディアブロも行くことになるんだけど
ディアブロがリムルを大好きすぎるところがおかしかった^^
{/netabare}
{/netabare}
#41 会戦前夜
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ユーラザニアの民の救出、クレイマン軍への対抗。後手に回ったリムルは「智慧之王(ラファエル)」からの助言を受ける。さらに、クレイマン討伐の策は秘書からの進言で!?
{/netabare}
感想
{netabare}
ラファエルの助けで、転移魔法で全軍を送れるようになって
リムルはワルプルギスに参加することになった。。

逆に、ユーラザニアの人たちは転移魔法でテンペストにつれてくることに。。

途中で、ミリムのいないミリム領がヤムザに使われて
くやしい思いをしてるおはなしがあったけど、ミリムはどうしてるのかな?



ラファエルがすごすぎて
ただの住民だと思って油断してる攻めてきたクレイマンの兵は
リムルの強力な軍を見てびっくりするんじゃないかな?

それだけでもう、勝ったみたいなものかも^^
{/netabare}
{/netabare}
#42 魔王たち
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ベニマルは軍勢を率いてユーラザニアに、ヨウムはディアブロを含めた仲間たちとともに、ファルムスの国盗りへと出向いた。見事にクレイマンの裏をかき、ユーラザニアの避難民をテンペストに転送したリムル。覚醒魔王への進化を目指していたクレイマンはそんなリムルに怒りを募らせる。一方で、最古の魔王ギィと魔王レオン、そしてヴェルドラの姉ヴェルザードは、リムルへの関心を強めていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、リムルはクレイマンに
ヴェルドラが復活したせいでファルムス軍が滅びたってゆうのと
復活したヴェルは弱体化してるってニセ情報を流して
ほかの魔王たちも、いちお、そのことを信じたみたい。。

魔王ギィが魔王レオンをワルプルギスにさそうおはなしがメインで
ギィのところにはヴェルのお姉さんがいる。。



また新キャラとか、あんまり出てこないキャラが多くって
とちゅう眠たくなっちゃった。。

もうちょっとサクサク進んだらいいのに☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#43 開宴の合図
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
人形を依り代にトレイニーを霊樹人形妖精(ドルアス・ドール・ドライアド)に進化させるなど、魔王達の宴(ワルプルギス)に向け準備を進めるリムル。一方で、転送魔法でユーラザニアに到着したベニマル達は、クレイマンの軍勢にゲルドが仕掛けた”罠”で一気に畳みかける。その傍ら、カリオン救出に意気込む三獣士は、敵軍首魁の討伐に向かう。アルビスは、五本指筆頭のヤムザと一騎打ちに。フォビオは、ティアとフットマンに挑む。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
ベニマルたちの思いどおりクレイマンの配下を罠にかけ
三獣士がそれぞれ、強いクレイマンの部下たちと戦う、ってゆうおはなしで
特になくってもいいけど、サブキャラに見せ場を作ったみたいなおはなし^^



ゴブタがかっこよく登場♪って思ったら相手が強すぎて
あっさりアルビスに相手をまかせた、ってゆうところがおかしかったw

ホントに、いなくってもいいんだけど
見せ場を作っておはなしをふくらませただけだったみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
#44 因縁の地で
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ガビル対ヘルメスの勝負はガビルが辛勝。その行く末を眺めていたのは、スフィアを圧倒するほどの技量を持つ、竜を祀る民ミッドレイ。人間によく似た姿の彼は、ガビルと同じ龍人族(ドラゴニュート)だった。一方、ヤムザは魔宝装身具(アーティファクト)「鏡身の腕輪(ドッペルゲンガー)」を使って分身するも、本気を出したアルビスに惨敗。降伏しようとしたヤムザだが、クレイマンに操られ、強制的に暴風大妖渦(カリュブディス)の依り代にされてしまう。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、カリュブディスがあらわれたことで
ミッドレイ対ガビル&スフィアの戦いは中止。。

敵も味方もみんなで避難しようとしてたら
ベニマルが来てくれて、カリュブディスをアッサリ退治^^

ミッドレイたちがミリムの部下だって知ったベニマルたちは戦いをやめた。。

ティア&フットマンと戦ってたフォビオ&ゲルドは負けたけど
ティアたちが、このことを「あの方」に知らせなきゃ
って言ってトドメをささないで去って行ったから生きのびた。。



今回のおはなしって、なんだかよく分からなかったけど
けっきょく何がしたかったの?

来週は何か起きるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#45 示指のアダルマン
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
準備を終えたリムルはシオンとランガを、ラミリスはベレッタとトレイニーを連れて魔王達の宴(ワルプルギス)へ向かう。一方、シュナ、ハクロウ、ソウエイは、クレイマンの城の近くに到着するやいなや霧に視界も魔力感知も妨害されてしまう。その霧の奥から、死霊の王(ワイトキング)にしてクレイマン配下五本指の一人、「示指のアダルマン」が現れる。ハクロウ、ソウエイが周囲の敵を足止めし、シュナがアダルマンとの一騎打ちに挑む。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしでシュナ対アダルマンはシュナの勝ちで
クレイマンから解放されたアダルマンは、シュナの手下になるのかな?

それと、リムルがワルプルギスに出席するおはなしの方は
魔王たちの紹介ってゆう感じかな?

あと、ワルプルギスって、殺し合いでもあるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#46 魔王達の宴 ~ワルプルギス~
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クレイマンは、魔王全員でリムルを粛清しようと訴えるが、ギィに「魔王なら自分自身の力でリムルを倒してみせろ」と一蹴される。リムルとクレイマンの一騎打ちになるかと思いきや、クレイマンは洗脳したミリムをけしかける。ミリムの相手はリムルが引き受け、クレイマンはシオンが迎え撃つことに。しかし相手がミリムでは分が悪く、追い詰められるリムル。そこに乱入し、リムルに代わってミリムの拳を受けたのは、ヴェルドラだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週の大事なところはみんな、あらすじに書いてあるみたい^^

リムルとクレイマンの戦いは、リムルとミリム、クレイマンとシオンになって
ランガも出たら、クレイマンも部下を出してきて
何でもアリ!?って思ったら、そこで結界が張られて
リムル側の不利で戦闘開始。。

そしたらリムルの側に似付いてるラミリスが
ベレッタも参戦させたいって言い出して、ベレッタも加わることに。。

でも、ベレッタはシオンたちのお手つだいで
けっきょくミリムの相手はリムルがすることになって
リムルがやられそうになったら、ヴェルドラがやってきた!?
ってゆうところでオシマイ。。



どんどん戦うキャラが増えてきて
そのたび作者が強さを決めるんだから、勝負なんかどうにでもなっちゃって
なんだかどうでもいい感じ^^

早く終わらせて☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#47 起死回生
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クレイマンの手駒も、クレイマン自身も、リムル達に全く歯が立たない。窮したクレイマンは、ミリムに狂化暴走(スタンピート)を発動させ、皆殺しにするよう命じる。
{/netabare}
感想
{netabare}
クレイマンにあやつられてた九頭獣は
リムルに呪いを解除されて保護された。。

クレイマンはシオンにやられてボロボロ。。

ミリムはクレイマンにあやつられてるフリしてて
フレイはミリムに揚力して、カリオンをかくまってたみたい。。

カリオンは、リムルに獣王国を再建する手伝いをしてもらうことになって
友好関係を持つことに。。


それでクレイマンは悪だくみがみんなにバレて、死にかけて覚醒したんだけど
それはリムルとラファエルの計画通りだった。。ってゆうおはなし^^



もうちょっと残ってるけど、クレイマン編はほとんど終わりみたいで
リムルたちがクレイマンを追いつめてくところがおもしろかったけど
ミリムがどうして
クレイマンにあやつられてるフリしてたのかよく分からなかった。。

「あの方」の正体が知りたかったんだったら
死ぬ前に白状させた方がいいのに
国が滅ぼされたカリオンでも、あんまりツッコまないのがフシギ^^
{/netabare}
{/netabare}
#48 八星魔王
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クレイマンを追い詰め、黒幕を聞き出そうとするリムルだが、クレイマンは死んでも口を割らない。仕方なくリムルは、クレイマンを処刑する。10人だった魔王はクレイマンが死に、カリオンとフレイが魔王の座を降りると宣言したことで、リムルを加えて8人となった。新しく呼び名を考えるようギイに強要され、リムルは「八星魔王(オクタグラム)」と命名。一匹のスライムが八人の魔王のひとりとなり、新たな時代へ突入したのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、リムルはあっさりとクレイマンをたおし
そのあとヴェルドラが、ロイの侍女のルミナスが本物の魔王ってバラしたり
カリオンとフレイが、ミリムの配下になって魔王引退。。

リムルが、8人になった魔王の呼び名を決めることになって
八星魔王(オクタグラム)ってつけた。。


そのころルベリオスではラプラスが
魔王がいない間に法皇の正体をさぐろうとしてたけど
ヒナタに会って逃げて、帰ってきたロイに
クレイマンが殺されたことを聞いたラプラスはバトルでロイをたおした。。

そのあとは、みんなのその後みたいな、わりとどうでもいいおはなし^^



クレイマンが思ったより仲間思いで
仲間もクレイマンが死んで、本気で悲しんでたのがかわいそうだった。。


やっと終わったけど
魔王たちの集まりに名前をつけるまでのおはなしに
ほとんど1話使っちゃったみたいな感じで
もうちょっとサクサク進めてもよかったかも。。


それと、ヒナタの正体が気になるみたい。。
何を考えてるか、とか。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


リムルが魔王になってクレイマンをたおし
正式にワルプルギスの1員になるまでのおはなしで
ふつうにおもしろかったけど
今季は特に会議が多くって、ちょっと内容が薄かったかも^^








.

投稿 : 2021/10/11
閲覧 : 203
サンキュー:

47

にしやまん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ありえない数のキャラ設定が秀逸すぎる

こんなにもたくさんのキャラが出てくるのに、一人ひとりに個性があって印象に残るようになっている。
物語の中でもちゃんと重要な役が割り当てられていて数々の伏線が回収されていく。
パワーバランスも良く緻密な設定で矛盾が生じていない所も素晴らしい。
次の続編も期待。

投稿 : 2021/10/10
閲覧 : 53
サンキュー:

4

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良質な異世界なろう系アニメ

【紹介】
今まで視聴を続けてきた転スラファンなら視聴して間違いはないと思います。未視聴の人は一期から見ましょう。
異世界転生系アニメが嫌いじゃないのならオススメです。

【作画・音楽】
相変わらず質が高く、予算がちゃんとついているんだろうなって思う。

【シナリオ】
主人公のチート感とインフレが凄い、とても丁寧に作らていてキャラクターにも愛着が持てる。
シナリオは都合よすぎで、敷かれたレールの上を走っている感じはしますが、そんなこと気にならないくらいの不思議な魅力がある作品。
来る日も来る日も会議ばかりしていたけど、現状を整理するのには必要な回だったと思います。こういう視聴者を置いてけぼりにせずにくどくてもちゃんと説明するところがいい。
相変わらず国造りと、周辺勢力との外交や駆け引きが面白い。

【キャラクター】
どんどん仲間や協力者が増えていき、勢力がにぎやかになっていくのが爽快で、くどいくらいキャラクターの魅力をちゃんと描くところがこの作品の魅力だと思う。
また、これだけキャラクターが多いのに誰これ?ってならないのが凄い。

【総評】
丁寧すぎてちょっとくどいのが難点ではあるけど、丁寧に順を追って説明するマジメさも良い。
最後まで付き合いたい作品です。

投稿 : 2021/10/09
閲覧 : 132
サンキュー:

32

のぞみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

続きが楽しみだ

転生したらスライムだった件第1期、第2期(第1部)の続きである。前作を観終わってからの視聴をお勧めする。各々の個性が強く見分けが比較的用意であることから登場人物の増加が物語をより一層深める大きな要因となっている。次作は劇場版と公式発表があり、原作のストックからして第3期の放送も期待できる。私は本作の視聴を強く勧める。

投稿 : 2021/10/08
閲覧 : 52
サンキュー:

4

ネタバレ

ごる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

見ていて爽快感!

転スラは安定の面白さがありますが、今回はクレイマンとの決着をつけるだけあって、各魔王の登場や物語にも大きな変化があるのでより面白いです(°▽°)

元々、みんな強い魔人に進化してるけど紅丸なんかは相当な強さになってますね( ゚д゚)

魔王会議でのリムルがクレイマンを論破していくところは爽快感があって良かったです( ≖͈́ ·̫̮ ≖͈̀ )ニヤァ

投稿 : 2021/10/06
閲覧 : 50
サンキュー:

5

ネタバレ

mimories さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

作りが丁寧

 
完全に続き物。ご新規を途中乗車させる気はないらしい。1期の1話から観られることをお勧めする。

(全話(~48話)視聴後)

会議過多の構成について思うところが無いわけじゃないが、なんだかんだ観てしまう作品。同クールの異世界モノと比べると、やっぱ転スラは作りが丁寧だな…と感じてしまう。それなりに予算あるんだろうけど。

特に語ることもないが、観てればそれなりに楽しい。 {netabare}「出でよ土爪!!」とか楽しすぎやん。 {/netabare}それでいいんじゃないの?って作品かな。ただでさえ多いキャラが更に増えたけど、また上手いことやってくれることだろう。

__________

(3話(37-39話)視聴後)

この序盤は会議が大半。意外なほど長い。一部のシーンは尺稼ぎにも見える。でもこういう部分って、登場キャラの多さのわりに個々人を覚えていられる要因かも。好意的に見れば…だが。

とはいえ会議の内容が右から左へ抜けてイマイチ入ってこない。これ、自分が本作の国家をよく覚えてないのが一因と思い当たる。対策として?公式サイトの「ABOUT」→[MAP(世界地図)]を確認しながら観ると、より内容を理解できた気がして、まあ会議は会議でアリかな?という感想になった。

ということで会議の長さが切る理由じゃなくなったので視聴継続。まあここまで付き合ったしね。

投稿 : 2021/10/06
閲覧 : 110
サンキュー:

3

ネタバレ

シン☆ジ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ありがたや。。多様なキャラの魅力を活かした展開 

 
36.5話とな??
振り返りから始まるのはありがたい。
 
 原作:KADOKAWAなろう系
 制作:エイトビット
  ヤマノススメ(祝4期決定!)、東京レイブンズ、
  Rewrite、推し武道、などなど・・
 放送:
  第1期 2018年10月~2019年3月
       (第1~24.5話の全25話)
  第2期第1部 2021年1~3月
       (第24.9~36話の全13話)
  第2期第2部 2021年7~9月
       (第36.5~48話の全13話)
 視聴:2021年9月dアニメ

■ストーリー
 (忘れっぽい自分用ですが完全ネタバレです)
~▼{netabare}
 シオンが蘇生。
 リムルが魔王に、大賢者がラファエルになったことで
 ヴェルドラの解放が成る。
 今回のネタは主に魔王クレイマンの討伐。
 魔王たちが惜しげもなく続々登場。
 まるでリゼロの魔女達のごとく。
 リムルや魔王たちの手下同士の闘い。
 リッチーのようなアンデッドまで登場。
 が属性優位もあるシュナにフルボッコ。
 負けると仲間になりたそうにこっちを見ている。。
 円卓会議で魔王たちが会合。
 クレイマンに対するはシオン!?
 #ええーっ!シオンそんなに強かったの?
 #人間にやられたクセに。。
 ミリムは操られているふりだった。
 #それで魔王カリオンの国を壊滅させるおちゃめさん。
 悪役クレイマンはリムルにフルボッコ。
 フレイは妖艶すぎ。カリオンとともに魔王を返上。
 魔王は8人となり8星魔王(オクタグラム)が誕生。
 #名前を付けるとパワーアップするルールは適用されないのんな。

 ピエロが意外に強かった。
 さすが、えーでちゃん。
 黒幕はユウキか・・(SAOぢゃないよ)

{/netabare}~▲

それぞれのキャラがcv含め魅力的でありがたい。
もう本作についてはcvの言及は諦めました。。

キャラが多種多様すぎて、織り成すエピソード、戦闘、戦術、戦略を予想することを諦めさせてくれ、たとえ鉄板な展開であっても新鮮に受け止められてしまうのがありがたい。

これはひょっとして、アニメを楽しむための脳死アルティメットスキルを取得したかも・・名づけるとしたら『チョロい者』・・ありがたや。

さーてこの後はディアブロやミュウランたちが向かったイングラシア王国編かな。ヒナタのいるルベリオスも気になるけど、ディアブロの活躍、ユウキとのバトル、そこにクロエたちがどう関わるか、楽しみです。

to be continued・・・ありがたや。
 

投稿 : 2021/10/05
閲覧 : 101
サンキュー:

26

ISSA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

広がる世界観

漫画原作の様な広がる世界観とワクワク感、魅力的なキャラが相変わらず楽しい。

なろう系なので物語の作りもアニメも全体としてはザックリだけど、それを気にしたら負け…ってアニメかも。

投稿 : 2021/10/05
閲覧 : 79
サンキュー:

19

次の30件を表示

転生したらスライムだった件(第2期) 第2部のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
転生したらスライムだった件(第2期) 第2部のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

転生したらスライムだった件(第2期) 第2部のストーリー・あらすじ

主人公リムルと、彼を慕い集った数多の魔物たちが築いた国
<ジュラ・テンペスト連邦国>は、近隣国との協定、交易を経ることで、「人間と魔物が共に歩ける国」というやさしい理想を形にしつつあった。リムルの根底にあるのは元人間故の「人間への好意」……
しかしこの世界には明確な「魔物への敵意」が存在していた。その理不尽な現実を突き付けられた時、リムルは選択する。
「何を失いたくないのか」を―― ファン待望の転生エンターテインメント、暴風の新章に突入!(TVアニメ動画『転生したらスライムだった件(第2期) 第2部』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年夏アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2021年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ