新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「海賊王女(TVアニメ動画)」

総合得点
66.0
感想・評価
73
棚に入れた
356
ランキング
2531
★★★★☆ 3.4 (73)
物語
3.1
作画
3.7
声優
3.4
音楽
3.4
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

海賊王女の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

海賊におそわれてお父さんと離ればなれになった少女が、助けに来た幼なじみの少年たちと、謎の「エデン」を目指すおはなし?

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
これは、ある少女の記憶から始まる物語。18世紀、大西洋。父と船旅へ出ていたフェナ・ハウトマンは海賊に襲われ、たった一人小型ボートで漂流し、命をつなぎ留める。フェナが漂着したのは、国家が黙認する娼婦・男娼の島<シャングリラ>だった。10年後──。雪のような肌と白銀に光る髪を持ち、美しく成長したフェナは、初めての“仕事”を目前に控えていた。だが、それを受け入れることはできず、幾度となく想像してきた島からの脱出を決心する。迫りくる追っ手に絶体絶命のフェナは、真っ赤な鎧に鹿の角の兜をまとった青年・雪丸に救われる。雪丸は、フェナを「見つけ出す」と約束した少年だった。そして2人の“再会”は、フェナ自身に眠っていた言葉を呼び起こす。炎に包まれ、沈みゆく船。「必ず俺が見つけ出す!」と約束した少年。そして最愛の父が叫んだ、あの言葉──。「<エデン>に向かえ!」フェナはその真意を知るべく、雪丸たちと共にの謎を解く船旅へ出る。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:中澤一登×Production I.G
監督:中澤一登
脚本:窪山阿佐子
キャラクター原案:中澤一登
メインキャラクターデザイン:高橋靖子
キャラクターデザイン:西村理恵
コンセプトアート:西田稔
色彩設計:土井和
美術:竹田悠介、楠元祐也、田中孝典
撮影監督:荒井栄児
編集:石井知
音楽:梶浦由記
音響監督:中澤一登
音響監督補佐:鐘江徹
音響効果:倉橋裕宗
録音調整:星野賢爾
プロデューサー:黒木 類
音楽制作:FlyingDog
制作:Production I.G

主題歌
OP:「海と真珠」JUNNA
ED:「サイハテ」鈴木みのり
{/netabare}
キャスト{netabare}
フェナ・ハウトマン:瀬戸麻沙美
雪丸:鈴木崚汰
紫檀:櫻井孝宏
花梨:悠木碧
槐:佐藤元
楓:逢坂良太
椿:大須賀純
真樺:田中進太郎
サルマン:村治学
オットー:平田広明
グレイス・オマリー:深見梨加
チン・シー:金田愛
シャーロッテ・ベリー:薮内満里奈
メアリ・リード:七瀬彩夏
ハンナ・スネル:河野ひより
アルテミシア:茉莉邑薫
アン・ボニー:森谷彩子
アルビダ:日野まり
アベル・ブルーフィールド:森川智之
コーディ:八重畑由希音
フランツ・ハウトマン:中谷一博
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第01話「記憶」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
わずかな月明りが覗く夜、その海上で赤く燃え盛った船……幼きフェナは雪丸に助けられ、一人孤独な海へと流されていった。そこから10年。「シャングリラ」へ漂流したフェナはホワイトマージナルと呼ばれるほどに美しく成長していた。幼いころに命を助けてくれた雪丸を忘れられないフェナは、初夜の晩、混乱に乗じて島からの大脱出を試みる。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
子どもだったフェナは、お父さん?とその仲間たちといっしょに
どこかに行く途中、敵?におそわれて船が炎上。。

幼なじみの雪丸に「必ず俺が見つけ出す!」って言われて逃がしてもらって
その時お父さんが「エデンに向か。。」って叫んでた。。



10年後。。漂流して着いたところで育てられたフェナは
お金持ちの男に売られることになってて
ひとりで逃げようとしてたんだけど、計画がはずれてあせってたら
お父さんの家来のおじいさん2人が助けに来て、いっしょに逃げた。。

追手が次つぎあらわれたんだけど、おじいさんたちは当てにならなくって
雪丸の仲間がサポートしてくれて何とか逃げてたら
さいごにフェナを横取りしようとする男たちがあらわれて。。

ってゆうところに、とうとう大人になった雪丸があらわれて
男たちをアッサリ倒してくれたんだけど、そのまま去ろうとして
フェナが止めようとしたら、頭を棒でなぐって気絶させた。。

それはフェナの記憶にある雪丸といっしょだったwってゆうおはなし^^



敵とか盗賊におそわれて、ひとりだけ逃がしてもらった子どもが
成長して、仲間を作って自分の故郷を目ざしたり、復讐したり。。
ってゆうおはなしはよくあるし、とらわれのお姫様を王子様が助けに来る
なんてゆうおはなしなんかもよくありそう。。

でも、お姫さま役がザンネン美人で、王子さま役の幼なじみも
かっこいいけど、全然やさしくない、ってゆうのがおかしかったw


公式のあらすじだと、いっしょに謎の「エデン」に向かうみたいだけど
どうなるのかな。。
{/netabare}
{/netabare}
第02話「受け継ぐ旅」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
気が付くとフェナは大西洋に浮かぶ小舟に乗っていた。脱出を手助けしてくれたのは、ハウトマン家に仕えていた騎士、オットーとサルマン。彼らに連れられ、霧に包まれた「ゴブリンの島」へと辿り着く。そこでフェナは、フランツの旧友である幸久と出会い、父の残した石の謎を解くよう告げられる。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、フランツが危険な旅にフェナを連れてたのは
旅の目的がフェナに関係あるからみたいで
そのヒントになるのが、エデンじゃないかって気がついたフェナは
幸久さんが用意してくれた人たちと船で、エデン探しの旅に出る



そんな感じで、コメディがあるから見てられるんだけど
説明セリフが多かったし、内容もあんまりなくって
そんなにおもしろくなかったかも。。

ただ、絵はきれいだと思う。。
{/netabare}
{/netabare}
第03話「バルバラル」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
父の旅を引き継ぎ、ゴブリンの島を出港したフェナと雪丸達。旅の準備のために、自由都市バルバラルへと立ち寄る。そこでフェナは、父の残した石と酷似した売り物を見つける。しかし、目の前に追手が立ちふさがる。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじの通り、買い物に寄った自由都市バルバラルで
フェナに逃げられた男と、女海賊たちにおそわれるおはなしで
黒幕は海軍将校のアベルなのか。。フェナのこと知ってるみたい。。



やっぱり内容はあんまりなかったけど
バトルはよく動いてたのはよかったかも。。


でもちょっと似てる、ロードムービー系アニメの「無職転生」とくらべると
ストーリーはあるけど、失敗がなくって
キャラが何を考えてるか伝わってこない感じかも。。


あと、雪丸がかっこよかったけど、ちょっとザンネン系かも^^
{/netabare}
{/netabare}
第04話「石の謎」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
追手から逃げ切ったフェナ達は、石が製造されたという「リバーオーバーシュタイン」へと向かう。雪丸に怪我を負わせたことを悔やんでいたフェナは、仲間たちに戦い方を教えてもらえるよう相談する。始めは断っていた侍たちだが、少しでも雪丸の役に立ちたいというフェナの思いに感化されていき……
{/netabare}
感想
{netabare}
前半はあらすじのおはなしで、フェナがみんなに、戦い方を教わるの。。

後半は、石の出所をさがして、たどり着いたリバーオーバーシュタインで
石がジャンヌ・ダルクが処刑されてから4年後に
ジャンヌ本人からたのまれて作ったものだって分かったおはなし。。



ジャンヌ・ダルクは「la Pucelle d'Orléans(オルレアンの乙女)」
って呼ばれてたんだけど、フェナも小さいころ
ラピュセルって聞いたことがあったみたい。。

それからアベルも、隠してある、フェナに似た顔立ちの貴婦人の肖像画に
ラピュセル。。って呼びかけながら、さわってたけど
もしかして、フェナのお母さんだったりするのかな?


あと、雪丸がニガテなのは女の人じゃなく、フェナだって分かったみたい。。
ただのツンデレみたいw
{/netabare}
{/netabare}
第05話「座標」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
リバーオーバーシュタインで得た情報をもとに、謎の石が採掘された場所「オルレアン」へとたどり着く一行。迷路のような採掘所で、フェナは何かに導かれるように奥へと進んでいく。雰囲気の変わったフェナを不審に思いながらもついていく雪丸。しかし、その背後には、バルバラルで撒いたはずのオマリー海賊団が迫りつつあった。
{/netabare}
感想
{netabare}
フェナには、いろんな記憶が混じってるみたいで
途中から迷わず迷路を迷路を進むようになった。。

それで着いたところには、石をはめ込む仕掛けがあって
はめるとどこかの座標が浮かんできたんだけど
みんながそっちに夢中になってるうち
フェナが、追ってきた女海賊たちに人質にされちゃった。。

それで、女海賊は、洞窟の入り口を破壊して、みんなを閉じこめ
座標を書いた紙とフェナを連れ去った、ってゆうおはなし。。



そんなにつまらなくないんだけど
あっさりヒントを手に入れて、ふつうに敵に横取りされて終わりで
ストーリーはただ、あらすじを追いかけてるだけみたいな気がする。。

これが「進撃の巨人」とかだと、すごく変わったキャラがいたり
ナナメ上な展開になったり、伏線がぴったりはまったり回収されたり
謎が分かった分またふえたり、感動したりして、次が気になるんだけど
このおはなしはただフツウで、作画とか声優さんがもったいないみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第06話「混乱の蒼い船」 
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
採掘所に閉じ込められた雪丸たちは、ランブルローズに捕らえられたフェナを追いかけるため、脱出を図る。一方、フェナが連れていかれたのは、アベル率いるイギリス海兵隊の船だった。アベルはフェナを客室へと案内し、ゴブリンの剣士について、そしてフェナの母のことを語る。そしてフェナは、侍たちの真の目的を知る。
{/netabare}
感想
{netabare}
ゴブリンの剣士たちの目的は、自分たちの国の宝で
フェナを助けてたのはそのためだったんだけど
それを知ってたのは紫檀だけ。。

それで、紫檀はみんなに
さらわれたフェナを捨てて、座標を目指す命令を伝えたんだけど
みんなは反対。。

でも、組織を裏切ると死ぬことになるから
それを恐れない、雪丸だけがフェナを追いかけることにした。。


アベルは自分の船で、フェナに
座標にあるのが、この世を支配できる財宝がある神殿で
侍たちの真の目的を話して
フェナの母が、この前アベルが地図の裏に隠してたヘレナだって伝えたの。。



アベルはフェナを助けようとしてたみたいだけど
それは、フェナを自分の物にしたいから、みたいな気がする。。

あと、女海賊たちがアベルの敵に回ったみたいだし
ここにきて、急におはなしが動き出したみたい。。

あのまま、ダラダラとなぞ解きしながら進まなくってよかった♪


ただ、フェナが雪丸たちの心配をしてないのが、ちょっと不自然かも?
{/netabare}
{/netabare}
第07話「燃える海」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
フェナを救うため、一人カツオ2号を離れる雪丸。侍たちは島の掟とフェナとの間で、気持ちが揺れ動いていた。掟を守り帰島すべきか、掟を破り海賊として生きるべきか……ブルーギガントは、ランブルローズから襲撃を受ける。立ち昇る黒煙は、忘却していたフェナの記憶を呼び起こす。
{/netabare}
感想
{netabare}
カツオ2号では
掟をやぶって仲間のフェナを助けることに決まって、雪丸の後を追った

そのころ、裏切られた女海賊たちがランブルローズで引き返してきて
フェナの乗ったブルーギガントを攻撃してきたけど
ブルーギガントの最新兵器でアッサリやられて沈んだ。。

それを見て錯乱したフェナは、子どものころにおそわれた記憶がよみがえって
雪丸の名前を呼んだら、追いついた雪丸があらわれたんだけど
アダムに撃たれて重傷になった。。

でも、そこにカツオ2号も追いついて
みんながあらわれてフェナと雪丸を助けて逃げた、ってゆうおはなし。。



アダムはフェナにはやさしいけど
女海賊たちや、艦長からも嫌われてるみたいだから
仲間から嫌われる人って、たぶんロクでもない人だと思う。。


それにしても女海賊たちって、死ぬ覚悟でもどってきたのかな?
ブルーギガントの戦力くらい、だいたい分かってたと思うけど。。

せっかく面白そうなキャラがいっぱいいたのに
アッサリやられるって、ちょっと。。

もしかして、さいごの方でまた現れたりするのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第08話「騎士の誓い」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ブルーギガントからフェナを連れ戻した侍たちだが、雪丸は大きな傷を負ってしまう。手当てのためにシャウエンの街へと立ち寄る侍たち。紫檀はフェナを魔女と呼び、その場を立ち去る。フェナは自らが原因で対立してしまう仲間を見て、旅をこのまま続けるべきかを思い悩んでしまう。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、雪丸は助かったけど、イシキが戻らなくって
それでイラ立ったのか、紫檀がみんなにフェナのこと
みんなをたぶらかして命を懸けさせる魔女って言って
それを通りがかったフェナに聞かれた。。

弁解しようとしたフェナに、紫檀は追い打ちをかける様なこと言ったけど
次の日フェナは、いつものように弓を教わりに来て
紫檀はフェナといっしょに行くことにした。。


後半は、目覚めた雪丸がフェナを絶対守るって誓って
騎士のように、フェナの手にキスをして
フェナがショックでひっくり返った。。ってゆうおはなし^^



乙女ゲーだったら、やっとツンデレ紫檀を攻略したってゆう感じかな^^
後半は、雪丸が白馬の王子様みたいでかっこよかった^^

そんな感じで、おはなしは悪くないんだけど
1話使ってそれだけってゆう感じで、おはなしのコスパが悪いみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第09話「ヴァイスヴァーサ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
少年だった日々を、アベルは思い返す。王家の末弟のため、周りから冷たくされ、ひっそりと生きていた頃だ。ある日、庭園にて不思議な少女・ヘレナと出会う。共に過ごす時間が増えるに連れ、二人の間には深い愛情が生まれていくのだが……。その頃フェナは、回復した雪丸と共に、石から得た座標の謎へと向かい合う。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、子供のころのアベルの思い出のおはなしで

ヘレナと出会い、恋をしたけど
ヘレナはフランツにあやつられるように
王の子を身ごもってからフランツと駆け落ち。。
ヘレナはアベルに不思議なことを言って、火あぶりの刑になった。。

ってゆうおはなしだったけど
アベルは王子様で、別にフェナのストーカーだったわけじゃなく
半分血のつながった妹をさがしてた、ってゆうことだよね。。
そしてフェナがお父さんだと思ってた人は、王家の執事だったってゆう。。


後半は、フェナの口ずさんでたメロディは、エデンのヒントになる歌で
雪丸が歌詞を覚えてくれてたおかげで、場所が分かったってゆうおはなし。。

エデンはフェナが探してるんじゃなく
そして、エデンの方からフェナを呼んでるみたい。。



前半のおはなしはほとんど絵で見せてくれて
説明っぽくならなくって良かった◎

水彩画っぽい背景もきれいだった☆


後半は、ちょっと説明っぽかったけど
やっと謎が分かりかけてきたみたいでよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
 
.また来週ノシ

投稿 : 2021/11/28
閲覧 : 200
サンキュー:

19

ネタバレ

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

海賊王女というよりは「ジャンヌ・ダルク」

productionIGのオリジナル企画だそうでして、オリジナルだからとかそうでないとかではなく、とにかく作画や美術に関しては一流です。言うことありません。

海賊王女ということで、てっきり主人公が某海賊漫画における「海賊王」とおなじく、「女王」様になるまでの話かなと思っていましたが、なんのその。。ただ歴史的に悲運な運命をたどったお姫様(ハッピーエンドですけど)のおはなしでした。

そういった意味ではフランスの革命児「ジャンヌ・ダルク」に似てましたが、ジャンヌは最後火炙りになりましたが、このお話は少女漫画的なハッピーエンドだったので良かったです。

というか、映像美は本当に他社から抜きん出てますね。会社によってこうも違うとは。。。なかなか業界的にはもっと他社にも優しく予算を分けていただきたいです。

投稿 : 2021/11/26
閲覧 : 106
サンキュー:

3

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

頑張ってほしい

2話までみたところですが、かわいい女のコ主役のワンピースってところでしょうか。絵のクオリティはさすが。男前忍者で腐を釣る、かわいい女の子で豚を釣る、の既知の確立された方法を使わず(キャラとしては出しているが豚/腐特化はさせていない)、深夜アニメを一般の人に観てもらうための試行錯誤のひとつではないかと思います。売れてほしい。
三話視聴
ここから数話は仲間達それぞれの個人回が続きそう。これがジャンプ原作で推しルートに乗っていれば、すでに社会現象になってなぜか毎日ニュース番組で紹介される作品になっているぐらいの出来の良さです。
四話視聴
いろいろ丁寧です。ラブコメ要素として見るのも楽しいと思います。エンディングの雪丸の目線合わせない具合は中二感があって超いいです。
五話視聴
あっちゃっちゃーそうくるか、とマルゼンスキーになりました。ピーチ姫って護衛が無能だと昔から思ってました。
六話視聴
フェナがかわいいけど話ガバガバのアニメと見るか、話ガバガバだけどフェナがかわいいアニメと見るか、です。私は後者ですので次回も楽しみにしてます。
七話視聴
ストーリーはお約束ですが嫌いではありません。絵はあいかわらずすごい。フェナは今回もかわいかったですが、なんでフラフラ外出たりするんかなといつも思います。

投稿 : 2021/11/16
閲覧 : 247
サンキュー:

4

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

可もなく不可もなく

まぁよくある話かなぁ 大きな山もなく谷もなかった
もう少し話が面白くなると勝手に期待してたからかなぁ

投稿 : 2021/11/11
閲覧 : 75
サンキュー:

1

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

超絶作画の海賊冒険アクション。

詳細は公式でも。

オリジナルアニメ作品で、制作はProduction I.G。舞台は18世紀、父親と船旅をしていた主人公・フェナは海賊に襲われ、ひとりだけ小型ボードで漂流して生き残るんだけど、漂着したのが娼婦・男娼の島「シャングリラ」でした。

それから10年が経ち、美しく成長したフェナは初めての「お仕事」を目前に控え、それが嫌で島からの脱出を決心するところから始まるストーリーのようです。

オリジナルアニメなだけに、どんな話なのかまったくわからない部分はありますが、Production I.Gの良好な作画と、PVから感じられる雰囲気には、やっぱり期待感しかないって感じですね。

=====で、第1話視聴後、所感です。
{netabare}
PVで想像していたよりも、もう少しくだけた感じのノリでした。フェナも、けっこうワチャワチャとしたキャラで、でも魅力あるキャラデザです。

ストーリーも、どうやら過去にフェナと絡みのあった忍者のような人たちの助けを得て、シャングリラから追手を振り払って逃げていくという話のようですね。おじいさん2人とのやり取りとか、逃走劇は面白く、動きもジブリ(ナウシカあたり)を彷彿とさせるコミカルな感じで良かったです。

作画はPVで思っていたよりも、数段パワーがあって超絶クオリティ。さすがProduction I.Gです。美麗でよく動く。思わず「おおっ」と声が出るほど。

初回の印象では、多士済々の今期でも上位を争うクオリティの作品になりそうだという思いを新たにしました。これからが楽しみですね。
{/netabare}
=====第3話視聴後、追記です。
{netabare}
相変わらずの超絶作画は継続中です。

ストーリーは、まあ今のところは作画に追いついていない感じはありますかね。でも、面白いですけどね。

ちょっとコミカルな掛け合いは、これはこれでアリという気がします。全編マジメに作ろうと思えば作れるだろうけど、そうなると少しハードボイルド過ぎる嫌いもありそうです。

おそらく、ここからグッと面白くなる予感がしますので、まだ助走という理解でいようかなと思います。
{/netabare}
=====第4話視聴後、追記です。
{netabare}
ここまで、この作品を高く評価してきたんですが、ちょっと暗雲が立ち込めてきた感じをしています。

先祖代々から受け継がれてきたクリスタルの石。これを作った人を見つけるのが目的になっているんですけど、そのヒントとなりそうな港町に着いた一行。なんやかんやあって、石を検分する村長から出てきた言葉。

この石の製作を依頼したのはジャンヌ・ダルクだ、と。

いやいやいやいや、こんなファンタジーみたいな世界観なのに、歴史上の実在した人名を出すんですか?

ちょっと、う~ん…

世界観がバラバラというのは、少し気になるポイントではあります。
{/netabare}

投稿 : 2021/11/01
閲覧 : 226
サンキュー:

5

ネタバレ

栞織 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

波乱万丈の活劇ストーリーで面白い

9話まで一気に見ました。ストーリーが波乱万丈に富んでいて、飽きさせないです。しかも作画が全編手書きでよく動いています。また作画乱れもまったくなく美しい画面です。

話としては18世紀の大航海時代のヨーロッパが舞台ですが、戦国時代の真田家の子孫みたいな忍者集団が登場します。海賊が活躍する海洋ものだと思います。ただ出てくるメカはやや荒唐無稽で、ヒロインたちの乗りこむ船は、この時代にはありえない潜水艦だったりします。要するに大漫画的要素を詰め込んだ作品で、昔のアニメが好きだった人なら夢中になると思います。ただ謎の部分が少し複雑になってきていて、オルレアンの少女のジャンヌ・ダルクを謎部分の中心に据えているのですが、それがうまく謎解きになるか微妙に思えてきています。あと3話でうまく謎が回収されるといいのですが。

話の構造としては、乙女ゲー的要素が入っていて、ヒロインがいろいろな男性美形キャラから思いを寄せられるというストーリーで、その手の話が嫌いな人には、ヒロインが幼い印象もあって、まったく受け付けないと思います。しかし私は面白いと思いました。演出が細やかで、仕草とか考えて描かれているので、嫌味には見えないです。また戦闘場面は本当にかっこいいです。雪丸の剣による剣劇がすごいので、一見の価値はあると思います。ギャグ要素もうまくちりばめられていて、老若男女に受ける要素だと思います。全12話と短いシリーズなので、見やすいと思うので、もし見れる機会がありましたら、おすすめしたい作品です。

→最終話まで視聴しました。短いシリーズでよくまとまっていたと思います。最後死んだと思っていたキャラも生き返って、いわゆる大団円として終わった作品です。作画は本当に美しかったです。

投稿 : 2021/10/31
閲覧 : 85
サンキュー:

5

ネタバレ

らくだ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

何かもったいない...。

作画・声優さんは良かったと思います。
音楽も梶浦さんだからクオリティは○。(ただアリシゼーションに大分寄っていた気がする)
問題はストーリーでしょうね。ずっと平行線のまま盛り上がる事なくあっさり終わってしまった印象。結構煽っていた様にみえた鬼の一族との争いも結局無かったし。
何より最終回が淡白。
結局世界の継続を選んだのかな?大した変化もなかったので驚きもなく、またフェナも一瞬ユキマルの前から消え、代償で記憶を失っていたけど、時間も置かずにあっさり再会してたので感動もなく。
ストーリー以外のクオリティが高かっただけになんか残念、もったいなかった印象です。

投稿 : 2021/10/31
閲覧 : 66
サンキュー:

1

ネタバレ

Howell さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

巫女の役割とは?

 キャスティングもキャラクターも作画も音楽も良いけれど、物語がそこそこ意味不明。

 海賊だから17世紀くらい(会話の内容的に18世紀?)かなとか和の要素は必要かとか色々思って見ていたけど結局終盤まではフェナと傭兵がエデンへ向かうだけな上に最終話でいきなり主語が大きくなってフェナが記憶を失って終わりでフェナのペンダントとかそう言うポイントはあるけれどこの世界の情勢的な描写は無し。
 もう少し真剣に見たらまた変わるのかも知れなけれど普通に見た印象はこんな感じ。

 ディズニー作品の美しい作画と音楽で魅せて細かい描写吹っ飛ばして進む感じに似ている。

 これだけ丁寧に作られていて内容が無いとい事は無いと思うのでまた見返そうと思う。

投稿 : 2021/10/24
閲覧 : 40
サンキュー:

2

ネタバレ

poco さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:----

作画にかけたお金と時間がもったいない。。。

とにかくストーリーが稚拙です。最後には「ストーリーの観測者」が登場するという夢オチよりひどいご都合エンド。作画は美しいので、そのうち作業BGMとかの背景に使われるはず。

投稿 : 2021/10/18
閲覧 : 118
サンキュー:

1

ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

作画はきれい。設定はなんか中途半端。

オリジナルアニメとしてProduction I.Gによって制作されました。
海外向けがメインだったようで、日本より一足先に2021年8月から
北米向けに配信されていました。

それを追って2021年10月から日本で放送・配信開始になっています。
したがって、日本では2話の時に北米では10話あたりを放送していて
おり、北米在住の日本人のTweet等で存在や簡単なレビューは行われ
ていました。
第2話までなので採点は全部3.0です。次回のレビューは最終回終了
後でその時に正式に採点する予定です。

主人公フェナは子どもの頃に航海中海賊に襲われ、命からがらボートで
逃がされてある島で救助されて10年後、娼婦見習いとして育てられてい
ましたが、最初の仕事の直前に救助に来た旧臣とともに脱走、
かつて彼女を警護していた雪丸のいる島に保護されます。
そこでキーワードとなる「エデン」という言葉とともに、探索の船旅
に出る、というのが第2話まででした。

映像はきれいです。ただキャラクターが少し弱いかな?という気は
しました。フェナの行動がやや突飛なのと、雪丸があまりにつっけん
どんなので、好き嫌い分かれるかも。またコミカルな部分が多めです。
殴られて頭にデカいたんこぶができる、みたいな昭和のノリの演出も
目立ちます。

また、それ以外の設定も気になりました。時代は近世。日本のサムライが
流れ着いて自分たちの島で自分たちの領国を持っている、という設定
はまあいいです。実際16-17世紀あたり東南アジアで日本人町が自治権
をもっていたりしましたから。
ただ、最初にフェナがいた島で日本語の表示が出てきます。
え?あの島も日本語通じるの? 

刀の構えとか、弓矢の放ち方とか、見る人が見たらいろいろ質問が
出そう。最初から外国人向けなのでこれでいいのかもしれませんが、
日本人が見たら違和感のある大道具小道具の使い方をしている部分が
あるような気がします。

それも含めて、忍者や兜を被ったサムライが大活躍するなど、いかにも
外国人受けを狙って作ったんだろうな、という印象を強く感じました。
この後、本筋になる王女フェナの「海賊」行動がどのように描かれる
かで評価が変わってくるかと思います。

投稿 : 2021/10/17
閲覧 : 68
サンキュー:

4

ネタバレ

ぬるま湯 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

シリアスが似合うとても綺麗な背景なのにキャラはコミカル寄りでイマイチ受け付けなかった所にどう見ても真田幸村な鎧武者が現れてもう無理だった。

第一話で断念。

物語。望まないまま娼婦として育てられ、間もなく初夜を迎えるけどどうしても嫌!と言ってるが、悲壮感皆無な主人公。なんだか「歯医者に行きたくな~い!」みたいなノリで「軽っ」って思った。表情もコミカル調だし。10年間の不安や孤独感なんてのも一切見られなかった。そんな感じでいくの?ととまどったまま脱出劇へ。ジブリ風おじいちゃんズが登場。全っ然緊張感なし。ハラハラもしないしワクワクもしない。こんなので脱出できても見てるほうは解放感や爽快感ないでしょ。としらけてしまった。あとどうやら主人公は亡国の王女っぽい。
そしてシリアス風に真田幸村登場…。え?うん。真田幸村だ。赤備えの鎧に鹿角の兜、そして何より額の六文銭。どう見ても真田幸村です。申し訳ないけどこの瞬間見るのやめました。なんか瞬間的に拒否反応が出た感じ。歴史上の人物のifって最初からその人物を軸にするならいいけど、ヒロインのお相手とはいえこの物語の主人公はヒロインでしょ?自分には受け付けなかった。また仮に幸村じゃなかったとしても「んじゃその格好やめろよ」としか思えない。この先見ていけば何か納得できるのかもしれないけどそこまで付き合う気にはなれない。
今後の展開だが、海賊王女というタイトル、OPのバトルな感じやシリアス無縁のイケイケどや顔小僧みたいなキャラ、から考えると、バトルは基本無双で勢力を広げていって自分の国を取り戻そうみたいなことになりそう。

声優。特には。

キャラ。主人公。冒頭、誰もが口をそろえて美しい美しいと口にし、さてどれほど美しいのかと思ったら…。う~ん、そこらのフツーの女の子にしか見えない。可愛らしいとは思うけど「美」は感じられない。また、10年間の不安や孤独が一切感じられず、初夜を迎える悲壮感もなかった点で人間的な魅力も感じなかった。
真田幸村。無理。ヒロインのピンチに現れたヒーローかっこいいって思う前に「え、なんで幸村?これ幸村だよね?イミフ」って混乱するだけだった。

作画。綺麗な背景とコミカル調な表情が自分には合わなかった。

音楽。特には。

まとめ。タイトルの通り。この物語はおもしろいのかつまらないのか、というとこにたどり着く前にギブ。全話終わっていつか気が向いたらレビューを見てそこで気になったら見るかもしれない。

投稿 : 2021/10/09
閲覧 : 128
サンキュー:

3

ネタバレ

あぁ流川 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

SSこれは劇場版のような始まり

もう配信されてるようだからあまりここ見たくない。ネタバレされたくないくらい刺さった。

投稿 : 2021/10/09
閲覧 : 71
サンキュー:

3

ネタバレ

DNpZi11830 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

良いんだけど、ギャグ...

ストーリーはある島に漂流した王女様らしき人が島から脱出するって感じのお話。
近世ヨーロッパの世界に侍や忍者が現れるのは、独特な感じでわくわくする。
ただところどころにギャグを挟むのはなんかな。笑えるには笑えるんだが、シリアスみたいな感じのほうが面白いんじゃないかなと思う。評価としては今季でも高い方。

投稿 : 2021/10/06
閲覧 : 98
サンキュー:

3

AKIRA777 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:今観てる

投稿 : 2021/11/22
閲覧 : 0

KAZUROCK さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2021/11/17
閲覧 : 3

ナツメ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/11/16
閲覧 : 0

ぽ~か~ふぇいす さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2021/11/14
閲覧 : 0

サイバー司教 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2021/11/09
閲覧 : 1

xmnBQ21439 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/11/07
閲覧 : 0

なかっち さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:今観てる

投稿 : 2021/11/06
閲覧 : 0

takeo777 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/11/05
閲覧 : 0

zu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/11/03
閲覧 : 0

oIXlW80553 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2021/10/31
閲覧 : 0

(´・ω・`) さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2021/10/31
閲覧 : 0

kuronotuki さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/10/30
閲覧 : 1

Carla Hime さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/10/30
閲覧 : 0

Ricky さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2021/10/26
閲覧 : 0

± さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2021/10/24
閲覧 : 1

おそば さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/10/24
閲覧 : 0

jester さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/10/24
閲覧 : 2
次の30件を表示

海賊王女のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
海賊王女のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

海賊王女のストーリー・あらすじ

これは、ある少女の記憶から始まる物語。18世紀、大西洋。父と船旅へ出ていたフェナ・ハウトマンは海賊に襲われ、たった一人小型ボートで漂流し、命をつなぎ留める。フェナが漂着したのは、国家が黙認する娼婦・男娼の島<シャングリラ>だった。10年後──。雪のような肌と白銀に光る髪を持ち、美しく成長したフェナは、初めての“仕事”を目前に控えていた。だが、それを受け入れることはできず、幾度となく想像してきた島からの脱出を決心する。迫りくる追っ手に絶体絶命のフェナは、真っ赤な鎧に鹿の角の兜をまとった青年・雪丸に救われる。雪丸は、フェナを「見つけ出す」と約束した少年だった。そして2人の“再会”は、フェナ自身に眠っていた言葉を呼び起こす。炎に包まれ、沈みゆく船。「必ず俺が見つけ出す!」と約束した少年。そして最愛の父が叫んだ、あの言葉──。「<エデン>に向かえ!」フェナはその真意を知るべく、雪丸たちと共にの謎を解く船旅へ出る。(TVアニメ動画『海賊王女』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年秋アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2021年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ