東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「東京マグニチュード8.0」のレビュー感想/評価

よみがな:とうきょうまぐにちゅーどはちてんぜろ

放送時期:2009年夏アニメ(2009年7月〜)

このアニメの感想・評価 2412

東京マグニチュード8.0のみんなの評価
★★★★☆ 3.8 5
物語:4.1 作画:3.7 声優:3.7 音楽:3.6 キャラ:3.7
  • 物語 ★★★★☆ 4.1 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★☆☆ 3.7 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.7 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.6 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★☆☆ 3.7 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
123456789
2019.01.16 00:25 oneandonlyの評価 | 観終わった| 168が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

震災への備えを思い出す作品

世界観:5
ストーリー:6
リアリティ:5
キャラクター:6
情感:8
合計:30

夏休み、主人公(未来)とその弟(悠貴)がお台場に遊びに来ていた時に、マグニチュード8.0の首都直下大地震に遭い、帰る方向が同じだったバイク便ライダー(真理)と一緒に自宅まで帰る物語。

東日本大震災以前に放映されたもので、今では容易に取り上げられない題材だろう。大震災も数年経てば、水や食糧を確保しておく等の防災意識は薄れてくるものだし、意識を高めるために、見ていない方は見ておいても良いかも。涙は保証します。

{netabare}あくまでも現実世界の延長で描かれた作品のため、設定の面白さがあるわけではないし、ストーリーも基本的には家に帰るまでの話。ラストへの演出の仕方がややリアリティに欠ける面があるのも仕方がないです(特に、ネタバレを知ってしまうと辛いかもしれません)、自分はネタバレを知りませんでしたが、おかしいことに気付いてきて、最終話では涙腺崩壊させられました。お涙頂戴ものは好きじゃないですが、何度見返してもねじ伏せられるように涙が出ると思います。

悠貴がかわいい良い子すぎるんですよね~。{/netabare}

まだ、ネタバレを知らない方は、知らないままで見るべきです!

<2019.1.15追記>
さよ朝で言及した作品、また、評価を微修正するということで、久しぶりにラストシーンを視聴しました。それまでの話をすっ飛ばしても、思い出して涙腺を揺さぶられましたが、以前ほどではなかったです。
ネタバレ部分のリアリティは微妙ですが、震災への備えを思い出すためにも未視聴の方にはおすすめです。

 サンキュー(22)
2018.12.22 21:43 ★☆ひろ☆★の評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

全世界の人に見てもらいたい

最終話まで見たほうがいい作品。

1話、2話は未来が不平不満ばっかり言ってて正直イライラするシーンがある。
結果、未来にマイナスな出来事が跳ね返ってきてて、そういうところもよく描かれているなと思う。
そこから徐々に変わっていくのだが、その演出が素敵だと思った。
いろんな思いが込められた作品なので、日本だけでなく、全世界の小中学校で見てもらえたらいいな

 サンキュー(3)
2018.12.05 14:30 fuushinの評価 | 観終わった| 368が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

長尺の目と、fuushinの妄想、もう、よそう。2018.12.5 追記。

本作のレビューからズレてしまうことをお許しください。

{netabare}
先日の大阪の地震は、愛知県では震度4でした。
私は職場にいて、「あ、ついに来た!」と身構えました。
熊本地震、東日本大震災、阪神淡路大震災の実情。
桜島、霧島連山、御嶽山、草津白根山などの噴火の記憶も生々しい。

しかし、私の知識はほぼほぼ中学生レベルで止まっています。
高校で、地学を取りましたが記憶するばっかりで、実学には結びついていません。

本作では、地震学者から見ると、待望の啓蒙作品でもあるし、危機管理と対策の教本的なものなのかもしれません。

マグニチュードという言葉を調べていて、ちょっと理解が進んだのですが、先日の大阪の地震はM6.1でした。震源地は地下13㎞です。

これは、広島に投下された原爆(20キロトン)の放出エネルギーと同じです。地下13㎞のエネルギーは、地表ではあの爆発規模になるのですね。

ちなみに、東日本大震災(M9.0)は、関東大震災の約50倍、阪神・淡路大震災の約1400倍です。

(ここまでは、「日本の地下で何が起きているのか」(鎌田浩毅氏著。岩波科学ライブラリー。2017.10.18)より一部引用。)

さて、私はザックを担いで鈴鹿、比叡、伊吹山などから琵琶湖を眺めるのが好きで、その大きさに感銘を受けるのですが、同じように、北、中央、南アルプスを縦走するのも好きです。雄大な山並みや巨大な山塊には地球のパワーに圧倒されます。
体力的には2泊3日が限界ですので、そうそう長い距離は歩けませんが、見るだけなら、160㎞くらいは(富士山から槍ヶ岳)。思いを馳せるだけなら、九州・北海道の山も・・見て見たい。

それで、南海トラフの距離は、東西約700㎞と、全く私の想像を超えます。ここが動くかも・・・ということですね。


ここから先は、fuushinの虚妄です。はい。

本作を観た後のレビューとして適切ではないかもしれません。
いつものようにちょっぴり、スピリチャルっぽく書いていますので、お好みでない方はスルーしてくださいね。
 
私は、「君の名は。」や「かぐや姫の物語」などで、いささか異質なレビューを書いていますが、その視点は、縁の不思議さや魂の錬磨といったたぐいのものです。そして、そのアプローチには、言霊、数霊、シンクロニシティといったたぐいの概念を使っています。

前振りした地震についての妄想なのですが、今、こう思います。

ひとつは、ジュセリーノ・ダ・ルース氏の「予言」です。ネットでは「怪情報」としての扱いです。まあ、そうでしょう。

2018年6月21日。(夏至ですね。陽の極点です)

明日ですが、東海地震の発生を「予言」しています。本当かどうかは分かりませんが、この人の予言は結構な確率で「的中」させているので、個人的には全否定はしていません。もちろん当たらないことを祈りますが。

マグニチュードは、10.6。 東日本大震災が9.0でしたから、放出されるエネルギーは、数100倍(詳しくないのでごめんなさい)。

日本地震学会では、「中央防災会議での「現状では東海地震の確度の高い予測は困難」との議論もあり、より範囲の広い南海トラフ地震の想定震源域全体(駿河湾〜宮崎沖)を対象とした「南海トラフ地震に関連する情報」の運用が平成29年11月1日から始まりました。」と述べ、ホームページの「東海地震に関する項目」はすべて「改定中」になっています。つまり、学会としては見解を出してはいません。

これを受け、気象庁は「当面の間、気象庁は「南海トラフ地震に関連する情報」を発表することとしました。この情報は、平成29年11月1日から運用を開始しました。」としています。

ちまたの官民合わせた情報においても、「いつ起きても不思議ではない」となっています。そういういろんな科学的な知見、防災予防、啓蒙に機運がかつてなく高まってきてはいます。そう思うと、私は、ジュセリーノ氏の予言もあながち間違いではなく、当たらなければいいわけで、当たれば困る・・・ということです。


それで、fuushinの思いとしてはこうです。

日本を、龍体と見立てたとき、琵琶湖は「子宮」、淀川は「産道」になります。震源地はその付近でした。それは陣痛?何かが生みだされる?それは何?

琵琶湖には、竹生島があり、都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ、竹生島神社)が坐しています。
主祭神は、市杵島姫命(イチキシマヒメ)。
天照大神の子で、皇孫(こうそん)邇邇芸命(ににぎのみこと)が降臨に際し、養育係として付き添い、邇邇芸命を立派に生育させたことから、子守の神さま、子供の守護神として、崇敬されている」との謂れがあります。
女性の人格を持った神様ですね。
仏教(4次元界)になると、弁財天です。日本最古・最初の弁財天で、日本三大弁財天とも言われています。江島神社(神奈川県 江の島)・厳島神社(広島県 厳島)

女性・子宝・生産の象意をもつ神仏の働きを予感させます。

また、『近江国風土記』には、夷服岳(伊吹山)の多多美比古命が姪にあたる浅井岳(金糞岳)の浅井姫命と高さ比べをし、負けた多多美比古命が怒って浅井姫命の首を斬ったところ、湖に落ちた首が竹生島になったという記述があって、ここにも"夷"の文字がありました。
(今季、春アニメには、この"夷"に纏わる作品がちっくと多いような・・・。ちなみに、夷→エビス→外国人→外来の知見(特に農業生産技術)→尊敬・崇敬→神社の主祭神という流れがあります。また、夷=戎≒十戒=モーセの十戒ですね。伊吹山の隠された主祭神はどなたかしら、なんてね。)



プールの壁が崩れたのは、"寿栄小学校"。
被害にあわれたのは9歳の女の子。

この小学校の校章は"六芒星"を彷彿とさせます。(一般的にも校章に6角形を取り入れたデザインは多いのですが)
六芒星は、伊勢神宮、元伊勢とも呼ばれる籠神社(京都府宮津市)の隠された印章です。一説には「ダビデマーク」とも言われています。
ダビデは、約3000年前にイスラエル王国の王となり、12部族をまとめたと言われています(旧約聖書)。

寿栄という言葉は、歴史的には地元の寿町と栄町の両方の名前を使ったものなので、それだけをみると深い意味はありません。しかし、非常に印象的な言霊の響き(ことほぎ、さかえる)です。

9は数霊では「尊いもの・人間」を意味します。
女の子は「社会的な弱者」の暗喩になるでしょう。
壁は、「重い何かが覆いかぶさっている」「出るに出られない状態=どうにかして間もなく出てくる」という意味かもしれません。

これらを、シンクロニシティしてみると、日本で、あるいは世界情勢に、なにか大きくて尊いものが現れる前兆、狼煙(のろし)のような、加えて、南海トラフ地震への直前の警鐘のようにも感じるのです。



・・・はい、そうです。ただの妄想です。もちろん大きな地震は起こらないにこしたことはありません。ただ、科学的には「いつ起きても、明日起きても不思議ではない」という評価もあるので、ちょっと気になっただけなんです。

それをどう捉え、どう乗りこえるのか。
魂をどう磨くのか。どう守るのか。
自助、共助、公助にどんな知恵を働かすのか。
当面のポイントはここのような気がしています。

不快な気持ちにさせてしまったら、本当にごめんなさい。
{/netabare}

本作を鑑賞して、ふと、要らないことを書いてしまいました。

2018.6.22追記。
{netabare}
今日から、予言は予言でなくなりました。ただ、ホッとしていいのかどうかは一概には言えなくて、これで安心して眠れるという訳にもいきません。まんじりともしない気分です。
例えれば、今日から"毎日が8月31日"のような気分です。ごめんなさい、告白します。学校なんてなくなっちゃえばいいって、何度も思ってました。懺悔します。本作の主人公と同じです。
 
ものの本によると、"正しく怖がりましょう"と書いてありました。
地域ごとで言い伝えられている伝承とか史跡とかは、激甚災害から生き延びてきた先人たちのしたたかな知の財産ですし、最新の科学(プレートテクトニクス理論からプルームテクトニクス理論へ)もまた、未来につなげられる知の財産のひとつだと思います。

プレートが4つもひしめき合っている地域は、日本、インドネシアとその周辺、コロンビアとその周辺くらいです。
この地域は、文学的に言えば、地球規模の"ムスビとすれ違い"のもっとも激しい場所。
大地と海洋の感情と情動を、敏感に感じ取って生きている地球人の一人として、こうした国々とネットワークを組み、世界一の災害強国としての知性と見識、行動と体制作りなどを共有して70億人の人々に還元できるようになるといいですね。

長尺の目で、100年、500年、1000年、1万年というスパンで、自分と周りの人たちの命も同様に、慈愛で視る目を持ち、率先避難者(逃げるが勝ち)になろうと思います。
そうして何があっても、生き延びねばと思います。サッカーならいいけど、戦争や紛争なんてしている場合じゃないな。

そういう意味でも、本作の魅力を発信し続けていくことは大事ですね。先輩レビュアーさんの感想を読んでそう思いました。感謝しかありません。
{/netabare}

2018.12.5 追記。
{netabare}
またぞろ、こんなことを書いて不謹慎なこととは重々承知しています。
おバカな fuushinの妄想かと笑い飛ばしていただければと思います。

ジュセリーノ氏ほか、直近の地震の予言をなさっています。
12月7日、9日です。9日が本震で、マグニチュードが8.5と言う人もいるようです。
書籍、ネットにも記されています。関心のある方はご覧になってみてください。
ないにこしたことはありませんが、準備だけはしっかりとしておきたいと思います。
{/netabare}

長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

本作が、みなに愛されますように。

 サンキュー(25)
ネタバレ
2018.11.24 23:54 ほちの評価 | 観終わった| 59が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

感想。

率直な感想は、観てよかった・観なければよかったという気持ちです。

涙なしではみれないという皆さんのコメントに納得です。
家族に再会できてよかった気持ち半分に、悲しい気持ち半分です。

見せ方が巧みで、私はある事実に全然気づきませんでした。
おかしいと思い始めたのは、自宅近くの避難所で友達と再会したくらいです。
真実を知ったときは、かなりショックでした。


地震の怖さ、家族の大切さに改めてきづかれた作品です。

 サンキュー(14)
2018.11.18 21:12 四畳半愛好家の評価 | 観終わった| 71が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

近くにあっても見失いがちな”家族の絆”の物語

東京消防庁、海上保安庁や陸上自衛隊等の救助関係機関への取材に基づき、大地震災害を想定した東京を舞台に繰り広げられる、13歳の少女を中心とした被災者目線で進む等身大の物語。

ノイタミナのアニオリ作品。

キャッチコピーは ”家族に会いたい、と初めて思った。”


本作は、取材によるシミュレーションに基づいた作品であり、その性質上、当然大地震時の対応についての教科書的な側面を多少含んではいます。

ただし、具体的に「どう対応すればいいか」について深く言及していく様な作品ではなく、寧ろ思春期真っ盛りで頼りない中学生の女の子「未来」が災害をとおし何を学び、どう成長していくかを主題とした”家族の絆”の物語でした。

一緒にいて楽しいのは「友達」や「恋人」であり、思春期においては家族を煩わしいとさえ感じてしまうこともあるでしょう。
それでも”家族の絆”は、「友達」や「恋人」にも埋められない、不思議な特別さを持っているものです。(悲しいことに例外はあるでしょう…。)

しかし”家族の絆”は、日頃近くにあるからこそ見失いがちなものです…。

本作は、そんな見失ってしまった等身大の中学生、未来の成長を描いた作品でした。

きっとまた薄らいでしまうのが人間の性(さが)なのかも知れませんが、より「家族を大事にしよう」だとか「次の休みは故郷に帰ってみるかぁ」とか考えさせてくれる素敵な作品でした。

また、自分も災害時には、イライラを周りにぶつけるような人間にはならず(残念ながら、そういう人間は少なからずいます)「真理さん」のような格好いい人間になれたらなぁ…なんて思いました。

地震の多い日本において、一度でも観ておくべき素敵な作品かと思います!

また、OPの abingdon boys schoolの「キミノウタ」も安定の格好良さですが、個人的にEDの辻詩音「M/elody」が作品にマッチしていて大好きです。

ED歌詞抜粋

「いつでもそれはね 近くにあるのに きっと見失ってたんだ 
 いまならできるよ 少し怖いけど ここで 進もう  」

この作品からは、悲しみ以上に、ポジティブなメッセージを感じました。そんな本作にぴったりなEDでした。{netabare}

きっと未来にとって悠貴はずっと自慢の弟であり続けるでしょうし、悠貴からもらったメッセージを宝物として、今後も力強く生きていけることでしょう。
愛しくてたまらない悠貴の死は、どこまでも悲しいものでした(終盤の未来が痛々しくて…涙がどこまでも…。)が、それにしっかり向き合い、大切に心にしまって、今後も生きていく小野沢家の人々を応援したいと思える綺麗な良作でした…。

{/netabare}


以下雑記(超脱線)

●災害時の避難について
 地震は最近も多いですし、関東で大地震が近いうちに起こるという予想もあります。
 東京がマグニチュード8.0であそこまで倒壊するのか?と訊かれれば、正直微妙でしょう。設計上まず壊れないだろうと思われる構造物の倒壊が作中いくつかありました。
 それでも壊れない「だろう」も予想でしかない。頑丈な構造物も経年劣化により悲鳴を上げてるものも多く、直し切れずに放置されている構造物だってあります。
 子供の頃は、”偉い人たち”が築き上げた現代社会は、完ぺきに近いもので、到底理解の及ばない”天才たちの作品”だと思っていました。
 しかし、大人になって、社会の歯車となってみると、信じていた社会が思いのほか脆く、痛いところに目を瞑って成り立っているに過ぎない”つぎはぎ”だらけのものであることに気づかされます。
 社会は思いも及ばぬ天才たちが作り上げたものではなく、サルに毛が生えたような自分のような阿呆(サルに失礼)が、阿呆なりに集団で集まり、何とか機能させているような、いわば生徒会の延長程度のレベルのものです。だからといって、曲がりなりにも一旦回り始めた以上、軋みながらも進み続けざるを得ない、そんな状況が現代社会です。
 ”安全”が安全とも信じきれない社会においては、慎重さは何よりも重要ですし、本作の倒壊っぷりを一笑に付すのは危険じゃないかな?なんて思ったりします。

 それはともかく、最低限、自分が最も多く過ごす場所(職場or学校+自宅)において、最も安全と思える場所と行動を頭に入れておくのは、馬鹿にできないと思いますよ!(なってから後悔しても遅いので)
 集団行動となる職場や学校はともかく、個人の戦いとなる自宅において、自分が素早くどう行動するか?が案外盲点だったりしますので、想定しておくことを強くお勧めします。
(因みに、ミサイルでも大災害でも、安定した自宅内の避難場所としては、『風呂場』があります。窓が小さく、面積の割に柱が多く頑丈な構造のため倒壊が少ないです。運が良ければ、閉じ込められた際に水も確保できますし、余裕があれば、携帯と毛布を持って、頭部を守りつつ駆け込みたいところです。)
 
(てかアニメからなんの話をしてるんだ俺は…。)

 サンキュー(18)
ネタバレ
2018.10.11 00:51 つぶあんの評価 | 観終わった| 47が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

あー、やられちゃった・・・(涙腺崩壊)

これ多分泣いちゃうから
観ちゃいかん、と思いつつ・・・


東京都心でマグニチュード8.0の地震が起こった場合を
真剣にシミュレートして作られた作品。

自分は東日本大震災で、新宿の高層ビルから
千葉県境辺りの自宅まで歩いた経験がありました。

でも、自分は被災とは言えなかったのです。
被災地域の方はもっと大変な事態になっていたことを知った時、
愕然としたことが思い出されました。

で、この作品ですが、
{netabare}

お台場で被災した中1の姉(ミライ)と小3の弟(ユウキ)。
そして偶然出会ったバイク便の女性(マリ)。
この3人がお台場から自宅のある三軒茶屋・成城に帰るまでの
被災者目線での物語となります。

最初はミライの思春期特有の苛立ちで悪目立ちしますが、
被災した後は、ユウキを心配して無謀な行動を起こすぐらい
必死になります。
徐々にお姉さんとして自覚が芽生え、最後はもう、泣かせてくれます。

付き添って一緒に行動を共にするマリさん。
この人の優しさは聖人ですかってぐらい。

そして何よりもユウキ君。
何も言うことはありません。
とにかく家族思いのいい子です。
いい子過ぎて思い出したら涙が止まりません。

物語の見どころは

まず最初に5話
避難所の古市さん。
お願いだから自分を責めないで(涙)
そして7話最後のシーンから8話がターニングポイントとなり、
ラスト11話では、涙腺崩壊しまくりでした。
{/netabare}

ここからはあくまで自分個人の感じたことです。
{netabare}
この作品は
自分が本当の被災者となった時にどう向き合うかを随所に盛り込んだ作品。

大人目線では気づかない、子供の被災者に起こりうる災難
自分本位の行動の恥ずかしさ
避難時に起こりうる危険 etc
そして何よりも 大事な人を失う悲しさ。

正直言って、自分がいざその時にどうなるかわかりませんが、
少しでも心構えを持つ事にに繋がればと思いました。

{/netabare}

他の人のレビューを見るまでこの作品を知りませんでした。
本当に良い作品だと思います。

 サンキュー(9)
ネタバレ
2018.10.08 03:01 takebooの評価 | 観終わった| 60が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

これはヤバイ、涙腺が…。

この物語のリアリティは半端ない。
久しぶりに一気見してしまった。
最終回の号泣はトップレベルものである。
88点。

 サンキュー(8)
2018.10.04 04:42 サック!の評価 | 観終わった| 34が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

震災

最近地震や台風被害多いので見返し。
やっぱ泣いたわ

 サンキュー(5)
ネタバレ
2018.10.01 02:18 Robbieの評価 | 観終わった| 109が閲覧 ★★☆☆☆ 2.3 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 2.0  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 2.5

リアリティーの中にもアニメらしさがある作品

普通に現実でもいそうな登場人物にそこまで派手さがない演出と現場の状況、どれもしっかりとリアリティーを出す役割をみせている。
しかし、アニメとしてそれだけではつまらないため幻覚などもうまくまぜてある。
そして、最後は本当に感動できる。
この作品は地震の時にも役立ち、それに家族愛などのメッセージも込められている。
1度は、観ておくべき作品。

 サンキュー(4)
2018.09.30 15:17 モフルンの評価 | 観終わった| 59が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

泣けた

首都直下型地震が起きて主人公とその弟達が頑張って家に帰る話です。
実際数年後に起きると言われているので、起きた時にどう行動すればいいのか考えさせられます。
また、家族を大切にしようと思えるアニメです。

 サンキュー(12)
ネタバレ
2018.09.16 01:17 luciaの評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

感想

全話視聴
視聴後、正直、きっついな・・・、という感想しか浮かんで来なかった
8話以降は、ずっと精神を削られた
姉と弟の描写は二人の時だけで、
真理さんと未来の会話の時は、絶対に弟が映らない徹底ぶりから、
ああ、やっぱりそうなんだ・・・、と
二人が怪我人を運ぶトラックに乗ったのを
追いかけた真理さんが手に持っていた弟のカバン
それが決定打で
それ以降の視聴は本当にきつかった

見なければよかったと思うし、見るべきだったとも思う

「膨大なリサーチと検証に基づいた」
「リアリティーを追求した」

毎話冒頭で流れる文章が、見るべきだったと思わせるのだろう

日本に住んでいる限り、地震から逃れることは絶対にできない

もし地震が起きたら、そう考える時、
実際に地震が起きてしまった時、
私はこのアニメを思い出すだろう

できれば私は、真理さんのような親切な人でありたいと、そう思った

 サンキュー(4)
2018.08.18 20:35 塩谷ナオの評価 | ----| 289が閲覧 ★★☆☆☆ 2.6 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 2.5  声優 : 3.0  音楽 : 2.5  キャラ : 2.0

タイトルなし

<6話で断念しました>

 サンキュー(0)
2018.08.16 12:57 ぺーの評価 | 観終わった| 147が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

もし首都直下型地震が起こったら?

2017.12.26記

全11話ワンクールもので気軽に視聴しやすい話数でもありつつ、番組タイトルでもわかるように「東京で地震が起こったら?」の設定が事前に分かった状態から入れる分、ある意味とっつきやすいです。

物語は東京湾岸でM8.0クラスの地震が発生し、お台場で地震に遭遇した主人公である姉(小野沢未来)弟(悠貴)が知り合ったシングルマザーのお姉さん(日下部真理さん)と一緒に自宅のある世田谷を目指して悪戦苦闘するお話。
OPでフィクションですと断りは入ってますが、災害監修を受けてリアリティを追及した場面設定や描写は、東日本大震災を経験した私たちからみてもあまり違和感なく受け止められる作りになっています。そのため、帰宅途中におこる出来事のひとつひとつが説得力があるものとなっており物語に惹きつけられる要素となってます。それに製作者の意図がどこにあるかはわかりませんが災害時の身の処し方の助けになるなど啓蒙的な意味合いもあります。

と、どうしても神妙になりがちで軽々しく扱うのも申し訳ないテーマなので、ちょっと災害描写以外のところにも焦点をあててみると、この手の災害モノってほぼ例外なくパニック系で展開するのが王道なんですが、そうと思いきや、パニック要素はあまりないです。パニック系を期待すると期待はずれみたいなことはあるかもしれません。
全体を通して家族愛や助け合いをメインに淡々と物語は進みます。
さらに主人公のミライが中一で反抗期全開のキャラ設定でスタートするのでけっこうイラッときます。

それでも全話通して観ると満足のいく内容だったと思います。イラッとくるミライも短期間で成長していくので温かい目で見てあげてください。


若干ネタバレに踏み込みます。
震災の描写について
{netabare}
個人的な話で申し訳ないのですが、被災県出身の身としては現実に起こったこととどうしても比較してみたり、フラッシュバックしてしんどくなったりという前提での感想です。ご容赦ください。
■余震の描写
当然頻発しますが、徐々にメンタルやられてく削られていく様はその通りです。たまらず絶叫している人の描写がありますが、見てて苦しくなります。
■古市さん
孫を無くしてもなお避難民の誘導を率先していたボランティアの老人ですが、このような人は東日本大震災ひいては阪神淡路の時もいましたよね。職務を全うされようとする姿勢に敬意を表さずにはいられません。アニメだけど。それと古市さんの奥さんも孫の死を受け止められないのかあまりにも不憫でなりません。
「死ぬべきは私でした。」そう思っちゃうよ私でも。子供たちが死ぬのはつらい。
■三軒茶屋の火災など
環八環七近辺の住宅密集地は火災被害の拡大が懸念されるエリア。気を付けましょう。それ以外でも米軍の支援その他細かいところがリアルで、この作品が3.11前に製作されたという事実自体が普通にすごいこと。この一点でも観る価値があるかと思います。
{/netabare}

さらにがっつりネタバレの感想
ミライとユウキとマリさん
{netabare}
まさかのユウキ死亡エンド。
全ての結末を知って、8話9話を観返すとダメです。
マリさんとミライのやりとりがとても切ない。傍らにユウキがいる体で話すミライを見つめるマリさんはどんな心境だったのでしょう。そんなミライを一人にさせちゃいけないと普通の大人なら思うよな。家族の無事を確認できたら次はミライを自宅まで送り届けるんだってゆう使命感を抱えているんだというのはは1周目にはわからなかった。むしろ自分の家族も大変なのにこんないい人現実にいるわけないくらいに見えてたもので。
振り返ると、古市さんの奥さんはかたちをかえたミライの姿そのものだったんだなと気づきます。突然いなくなって脳が処理しきれない感じはとても理解できる。
ユウキもえらかったね。お姉ちゃんが好きだったから痛いのを我慢したんだよ、きっと。
{/netabare}

生意気盛りの中一の娘さんを、そのまま中一の娘さんらしく徐々に成長していきなさいよと親目線では願うものの、大規模災害の発生によってそれが許されない状況に放り込まれてしまった。それでも前を向いて進んでいかなきゃならんのです。

{netabare}
「歩き続けなきゃ、、、悠貴が見てる」
{/netabare}


-----
2018.08.16追記
《配点を修正》


本作では東京消防庁などが協力することで物語に説得力を持たせる結果をもたらしました。最近だと宇宙よりも遠い場所での国立極地研究所の協力が記憶に新しい。
聖地巡り需要で自治体が名乗りを挙げるのとは別のベクトルで、公的機関がこういったかたちでアニメ制作に関わってくるのは大歓迎ですね。

 サンキュー(21)
2018.08.02 02:39 アニメ好き猫の評価 | ----| 95が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

やっと見れた。

2018年5月1日
Dアニメにて。
やっと身始めました。

この時期のフジのノイタミナは神がかってますね。
凄い出来です。
たしかにこれは確実に泣けるアニメとして君臨するはずです。
まだ途中ですが、レジェンドと言われるだけはあります。

この時期のアニメが良かったなぁ
と言われるとは、時の流れを感じてしまいます。

改めて、
東日本大震災の前のアニメということで
これ、もっと注目して良いはずのアニメ。
内容が意外と辛いので、再放送はなかなか難しい。

大人から子供までぜひ見てほしいアニメです。

 サンキュー(7)
2018.07.27 22:02 Hanyaaaanの評価 | 観終わった| 54が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 5.0

お姉ちゃん、あのね…

表題の件、電車の中で見てしまった私は公衆の前で涙が止まらず、とても恥ずかしい思いをしました。

これだけ心に残る作品はないです。

でも、震災を思い出す人もいるだろうし、再放送はできないでしょうね。
もうお倉入りなんだろうな。

 サンキュー(7)
2018.07.22 21:11 これはアニメじゃないの評価 | 観終わった| 66が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 3.0

毎年かならずTVで放送すべき作品

毎年かならずTVで放送すべき作品。
私は淡路島、東北、熊本と幾度となく地震を経験しております。
その経験で言わせていただくとこの作品は実にリアルです。
だからこそ、こういう作品を見て来るべき天災に備えてほしいと思います。
国で買い上げて学校で見せるのもいいでしょう。

しかし、リアルといっても実際はもっと酷い状況です。
天災の後は人災です。
荒んだ人の汚らしさ、イヤラシさというのは本当に醜いです。
そこら辺はアニメとかでは表現しづらいかもしれませんね。

コンビニやスーパーでは万引きや窃盗、喧嘩や怒号が飛び交います。
いたる所で自販機やATMは破壊されてます。
病院に行けば廊下は血の海、そこら中でトリアージの黒や赤が切られてます。
逃げ出すとき、配給の時などは子供や女性など関係なしに取り合いです。
体育館では痴漢もありますし、イビキや喧騒が耐えません。
見知らぬ人と狭い空間というのはストレス物凄いです。
錯乱状態の人々なども多数います。


この作品は人の醜い部分は控えめに書いてありますが、
細部に非常にリアルなところが散りばめられております。

災害時の甘い物の重要性、携帯トイレを嫌がる人々。
お風呂の重要性、断続的な余震の恐怖。
情報の少なさに苛立つ様・・・

予習の意味でも見ておいたほうが懸命です。

 サンキュー(9)
ネタバレ
2018.07.16 05:39 順順の評価 | 観終わった| 53が閲覧 ★★★★☆ 4.9 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

泣ける

コードギアス・SAOより泣いた
子供の涙に弱くなってきた

 サンキュー(3)
2018.07.08 02:14 511の評価 | 観終わった| 76が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

泣く

弟が可愛すぎるから辛い

 サンキュー(4)
ネタバレ
2018.07.04 21:32 にゃわんの評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

感動!

人生を謳歌できていない少女が
ある日、こんな世界なんて滅びてしまえばいいのに。
そう独り言を溢したら
大地震発生!


この地震で、ずっとついて来てたと思ってった
弟は途中で実は死んでいた。
姉は最後まで生き残り、両親とも
この災害をキッカケに家族との距離が縮まり
一緒に逃げて来た人ともいい関係として繋がる。



この作品をみたのは、東日本大震災が
終わって落ち着いてきたときに
地震をテーマに描かれたアニメがあるときいて
見ました。


なんでも、聞くところによると
賞を受賞うるほどの作品。
家族、絆、友情は申し分ない
最初、主人公のひねくれた性格にいらっとするくらい

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.07.01 00:26 たけのこの評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

当たり前の日常

僕が今までに観たアニメで一番泣いたアニメです。特に10話辺りからは号泣してました。
主人公は中1で、ちょうど反抗期に入っています。そのためいつも家族に対して反抗的な態度をとってしまいます。変わり映えのない日々にもウンザリしていたのですが、地震という災害を通して、家族の大切さを感じたり、当たり前の日常を過ごせることは幸せなことだと気づくのです。僕も「人生つまらん」と感じることもありましたが、このアニメを観て「当たり前の日常を過ごせていられるのは幸せなことなんだな」と改めて思いました。

 サンキュー(4)
2018.06.17 11:02 lunaの評価 | 観終わった| 148が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

〈みらい〉のための〈ゆうき〉

最近初めて知った作品です。

現実が物語を追い越してしまった今観ても、
しっかり作品のメッセージが伝わりました。

家に帰るという、ほぼ毎日行っている行為が
当たり前ではなくなってしまう状況はいつでも起こり得る。

その時、人間としてもっとも必要なのは何か、
考えさせられました。

OP、EDが好みではなかったのが残念ですが、
ストーリーはしっかりしていて、ラストは予想外の展開でした。

どんな時代でも、
何が起こるか不安な〈みらい〉には
明るく行動力がある〈ゆうき〉が必要なんですね。

 サンキュー(9)
2018.06.11 02:17 にゃん^^の評価 | 観終わった| 1088が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

東京マグニチュード8.0の感想

中学1年生の未来ちゃんと
弟のゆうき君は
2人でお台場のロボット展を見にきてて
マグニチュード8.0の地震にあったの

それで
そこで知り合いになった
まりさんってゆうお姉さんといっしょに
世田谷まで帰ろうってするおはなし。。


とちゅうから悲しいお話しが多くなってきて
さいごの何話か
にゃんはもう悲しくって
なみだが止まらなくなっちゃった。。

{netabare}
はじめは
逃げようっていそいで人を押したり
ぶつかったりしても
ごめんも言わないで行っちゃったり
そんな大人の人たちがいて
にゃんは悲しくて腹がたったの

でも
2人にぜんぜん関係ないのに
自分も
家にお母さんと4歳の女の子がいて心配なのに
まりさんってほんとに親切でやさしくって
いっしょに帰ってくれてうれしかったぁ♪


にゃんは
ちょっと悲しいときとかどうしようって思うと
すぐになみだが出てきちゃう

でも
未来ちゃんは文句ばっかり言うけど
泣いたりさわいだりしなくって
すごいなぁって思った☆


そんな文句ばっかり言ってた未来ちゃんが
ゆうきくんのせいだ!みたいにおこって
ゆうきくんがどっかに行っちゃった頃から
どんどん悲しくなってきた


ステンドグラスを見に行ってドアを開けたとき
ろうそくが見えて 
えっ?ってなんだか分からなくって
それで分かってから
なみだが止まらなくなった。。


ゆうきくんが死んじゃうところがあって
でも
夢だって分かってほっとしたけど
そのあとからなんとなくヘンな感じがして
ときどき今の何だろうって思ってたけど

まりさんの家ぞくのこととかあって
それも悲しくって
でも
ゆうきくんがもっとさがそうって
それで生きてるって分かって
ああ。。よかったぁ^^って

だけど
まりさんとお別れのときは
また悲しかったなぁ。。


それからすぐに世田谷について
未来ちゃんたちのママとパパが
生きてるって分かったからよかったけど

ふつうだったらもう少しで会えそうって
ちょっと明るい感じになりそうなのに
でも
なんとなく暗い感じがして
もしかして。。ってどきどきして見てたら

ゆうきくんのお友だちのおうちがこわれて
えっ!もしかしてここで?って思ったら
ほんとはゆうきくんが。。

そのあとずっと泣いちゃったなぁ

1人で帰れない未来ちゃんに帰ろうよ。。って
あんなに文句ばっかり言ってたのに
お姉ちゃんといっしょに帰りたいって
お姉ちゃんありがとうって。。


ママと会って。。
病院でゆうきのおかげで帰れたって

それでも未来ちゃんは元気にならなくって
にゃんも心配しちゃった。。

まりさんが来て
今までの思いをまりさんにお話しして
ゆうきくんのプレゼントをママにわたして
それで未来ちゃんがやっと元気になれてよかったぁ☆

「歩きつづけなきゃ!ゆうきが見てる」

{/netabare}

東日本大震災で
被害が大きかったところの人たちはまだこまってるし
もしかして東京もこれからかもしれないし

いつまた
こんなことがおきるか分からないから
これからもこのお話しをときどき見て

どうしたら助かるとかだけじゃなくって
自分のことばっかり考えないとか
文句ばっかり言わないとか
こまってる人を助けてあげようとかも
いろんなこと考えておいたほういいと思った☆

 サンキュー(256)
2018.05.07 10:56 ヒロウミの評価 | 観終わった| 446が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

東日本大震災が起きるまでこの作品を本気で見た人はどれだけ居るだろうか。

満足度評判では全てを表せない姉と弟の深い深い愛情。



東京でマグニチュード8.0の地震が起きたならと仮定されたこの作品、東日本大震災が起きる前とは驚いた。題材が題材なだけにステキ物語というよりもリアリティが肝になる作品。

人に足を踏まれたり、列に悪びれもなく割り込んだり船などに無理矢理飛び付いたり。必死だと人間そんなものなんです。避難所でツレや同僚の分の食料取ってると「独り占めか?」と疑われ、実際に独り占めする人も居るんです。それを良しとは思わないが人間そんなものなんです。そもそもこういう環境下で平常時と同じ思考の方が生き抜けませんよ。人を強いたげろって話じゃなく強いたげられない立ち位置を維持しなきゃいけない。非常時に我が身を脅かすものは災害だけではないってことですね。
恐らく東京の日中起きた地震であれば避難所には更に人がごった返し非常食の配布なんて一瞬で終わります。多くの男性は外で排泄するでしょう。その方が早くて楽なんですよね。簡易トイレのク○とシ○コまみれな足元でとてもできたもんじゃないですね。
コンビニの食料や水、お茶なんて発生数時間で無くなります。電気が通っていても水が出ないケースが多いですね。それにともない自販機の水やお茶は半日で売り切れます。その後ジュースが無くなり残るのはだいたいブラックコーヒー。あと断水のせいで温泉や銭湯にに人が群れます。そのせいですんごい渋滞が起きます、1日中。その渋滞のせいで輸送網がマヒ、物資が流れず滞り飯が食べれない。ってな感じでした。その辺りは想定していないのかあまり車が描かれてませんでしたね。余震もかなり少ないし。
人混みのなかで倒れた人が踏み続けられたり階段で将棋倒しになったり。丁寧に起こりうる統制の取れない群衆を描かれていたと思います。
が、液状化現象による崩壊や倒壊、パニックや物資不足の描写が弱いというか制作当時にはあまり主体になるものでは無かったかもしれない。○○タワー倒壊危機なのに近くに避難所があるとか色々粗はあったもののあまり気にならなかった。

本筋のキャラクターストーリーは単純かつ直線的で伝わりやすい。優しい弟と優しいお姉さんと一緒に力を合わせてなす物語は思わずホッコリし、最後はキッチリ泣かされた王道パターン。
若干古くささを感じるものの丁寧に描かれた動きと背景はとても良い。OPの絵って手描き?写真を処理したのかな?スゴいゾッとしました。
ってかOP西川貴教って・・・、クセが強いわぁ。キャスター読むの下手やなぁ・・・やっぱ滝川クリステルかよ!


日本で生きていれば恐らく必ず経験するであろう大震災。一度は視聴しても損はないのかもしれない。そんな作品。

 サンキュー(29)
ネタバレ
2018.04.11 23:37 けーの評価 | 観終わった| 49が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

タイトルなし

もう作品名から察してしまうほど悲しい物語だけど、震災を通じて人の醜い部分も優しい部分にも触れて、成長していく姉弟に心を打たれます。

自分は2週しましたが、多分もう見ることは無いと思います。

その理由は実際に見てもらえばわかるかと思うのでこの辺で…

 サンキュー(2)
2018.03.19 13:42 ちあきの評価 | 観終わった| 78が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

リアリティを追求、引き込まれます。

当たり前のように過ごしている日常に突如襲い掛かる地震災害。それまで不満や退屈を感じていた日常が、実はとても有り難い平穏な日常だったことに気づかされます。

今まで当たり前にあったものが、突如として壊される。今まで当たり前にいた人が、突如としていなくなる。なくなって初めてその有難さ、尊さ、大切さに気づく。でも気づいた時にはもう遅い。その悲しみは本当に辛い……。

翻って考えると、今ある当たり前は本当に有り難いものだということもよくわかります。普段は日常の「当たり前」に隠れて見えない。見えないから、無いと思ってしまいがちですが、でもその見えない裏側にはちゃんと「有り難さ」があるだなと思います。


アニメの冒頭には「本作品は首都圏での巨大地震発生を想定し、膨大なリサーチと検証に基づいて制作されたフィクションです。リアリティーを追求し、十分なシュミレーションを経てオリジナルストーリーを構築しておりますが、演出上、実際のものと描き方が異なる場合があります」と表示されます。

リアリティを追求とあるように、私も観ながら、他人事ではなく、現実の自分の身に降りかかり得ることだと思い、作中に引き込まれました。同時に現実ということでもう一つ思うことがありました。

阪神大震災では自衛隊の出動が遅れ、またボランティア難民という言葉も生まれました。現場には想像を絶するほどの混乱があったと思います。それ以後、その反省から様々なことが見直され、その対策が練られました。

作中において災害発生一日目にして、自衛隊や消防の人達が災害現地に向かい、人々の救援にあたる姿。避難所がしっかりと機能し、救援物資が届く在り方。ボランティアの人達が支援している姿。自らも被災しているにも関わらず、助けてくれる人達の姿。避難時に誘導する声に随って動く避難者の姿。

作中におけるそれらの人々の姿を見ると、日本という国の災害時の対応が「すごい」と思います。実際の現実の報道だけでは、あまり考えられませんが、そういう人たちが支える日本という国の在り方は、他国では考えられないことだと思います。

で、実際に「自分がそのように動けるのか?」ということも同時に考えさせられました。

もちろん、そういう人達だけじゃなく、作中にも出ましたが、自分のことだけを考えて混乱を招く人達や犯罪を起こす人達がいるでしょう。でもそうじゃない人達がいて、助けてくれる人がいて、そういう支え合いが災害に対して個人個人が考えなければいけないことなのかもしれません。

災害時など、人間追い込まれると冷静さを失い、自分の事だけ考えて、下手すれば、犯罪を、もしくは犯罪に近いこと、混乱を招く事をおこしてしまうかもしれません。
でも、皆が大変な目に合った災害時だからこそ、冷静に、また他の人達との助け合える自分の在り方が必要なのかもしれません。人は一人じゃ災害に対してなにも抵抗する力はないんじゃないかと思います。そんな災害に対する心構えも考えさせられました。

 サンキュー(9)
ネタバレ
2018.03.14 23:17 dryZm40948の評価 | 観終わった| 88が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

泣いた

初めて泣いたアニメでした。改めて、家族、姉弟愛は偉大なものだと感じました!

 サンキュー(3)
2018.02.28 22:55 むらさきたましいの評価 | 観終わった| 86が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

地味ですが名作です

大地震に遭遇してしまった姉と弟が、たまたま知り合った女性と一緒に家を目指して帰る物語です。

道中、弟に素直に接することが出来ないお姉ちゃんの葛藤と、連絡が取れなくなった娘を心配しつつも、大人としてきょうたいに接する女性の対比が秀逸です。

そして、結末へ。
家族の優しさを感じることのできる物語でした。

 サンキュー(11)
ネタバレ
2018.02.27 02:25 ゆいの評価 | 観終わった| 49が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

地震は恐い

お姉さん正義感あって偉いけど、自分の家族が普通優先でしょうに…
人がよすぎないか?と思った。早く家族に会いに行きなよ!と。
ヒロインは、最初にくたらしいけどだんだんと成長していきます。
弟優しいいいこ!
ラストは衝撃でした。視聴者側がだまされる(笑)
地震の恐しさがリアルに伝わってきました。
最後はみんな生きてハッピーエンドで終わってほしかったな
それだと泣けないし、心に残らないかもしれないから、これでよかったのかな。

 サンキュー(4)
2018.02.22 11:44 HYの評価 | 観終わった| 293が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

ホラーかと思いきや.....

自分はホラーが苦手で、なんとなく見て一話で切ろうと思ったんですが
{netabare} 一話の最後で地震が起きて
弟とはぐれたし、世界は本当に壊れちゃうしで
いったいどうなるか気になってどんどんハマってしまいました

姉の未来ちゃんが、最初はホントに性格が悪い嫌なやつなんですが、物語が進むごとにお姉ちゃんとして弟を守る、勇敢な姉になるんですね

ホントに最終回は泣けました
涙なしでは語れません {/netabare}

 サンキュー(8)
2018.02.18 00:13 キッチンワールドの評価 | 観終わった| 72が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 東京マグニチュード8.0(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

やばい・゜・(ノД`)・゜・

最終回だけで真面目に5リットルは泣いた…(体感)序盤の方は天使弟に対して、主人公の態度がすごく腹立たしいというかもどかしかったし、退屈だったけどけど、中~後半にかけて心開いていくとことかはすごく心地よかった、んでそっからの衝撃(まぁ伏線でなんとなく察しがつくけど)の展開で心地よかった分すごく心が揺さぶられた、語彙力疑われるかもだけど、最終回はまっっっっっっっっっっっじでやばい!

 サンキュー(4)

東京マグニチュード8.0のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
東京マグニチュード8.0のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。