新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「からかい上手の高木さん③(TVアニメ動画)」

総合得点
75.1
感想・評価
280
棚に入れた
801
ランキング
779
★★★★☆ 4.0 (280)
物語
4.0
作画
3.9
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

からかい上手の高木さん③の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

50歳過ぎのデビュー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

微笑ましい純恋コメディー

      == ご注意 ==

感想やなく、あらすじ紹介みたいになってしもてます
      =========



【五つ子の恋愛レース】の映画を観に行った時に、劇場の壁に貼ってあった上演予告ポスターを見たのがきっかけでした。
(最近、この高木さんってよう見るなぁ。映画になるぐらいやねんから、おもろいんやろうなぁ)って軽い感じに思ってました。
ちょうど五つ子ロスになってたんで(これでも観とくか・・・)気分でしたが、見事にロスカバーしてくれてまんまとニヤキュントラップにハマってしまいました。

男女の立場は逆ですが(子供ん時は、たしかに好きな子にちょっかいかけてたなぁ)ってのを思い出します。
ありとあらゆるシチュエーションで高木さんが攻撃を仕掛けます。
それを西片が防御・・・仕切れないですけどね(笑)
そんな二人のやりとりが、なんとも微笑ましくてそして愛おしいです。

キャッチコピーのとおりニヤキュンになってしまいます。
このたび映画版の円盤がリリースされたんで、あらためてTV版をおかわりしてみました。



日常系ラブコメっていうんでしょうか?
一話あたりに3~4のエピソードで構成されています。
ひとつひとつのエピソードにオチがついて決着するのですが、そのエピソードが他のエピソードに絡んだりしてくるのでぼぉ~っと観るより、ある程度ニヤキュンするぐらいのハマり具合で観ることをお勧めします。
そんな可愛いやり取りで、二人の距離が徐々に縮まっていくのがいい感じなんです。
とくにシーズンごとのラストはキュン度が増すエピソードになってるので大好きです。


シーズン1{netabare} のラストでは、西片からもらったささいな手紙に、いつもクールな高木さんがうれしくてベッドの上で脚をバタバタさせて喜びます。
そこに高木さん(CV:高橋李依さん)が歌う、往年の名曲Every Little Thingの[出逢った頃のように]がかぶさってきます。
歌詞がストーリーにすごく刺さっててもうたまりません。
身体に電流が流れてきてしびれてきます。
高木さんの仕草が可愛すぎてキュン死してしまいそうです。
このシーンで映画を観ることを決めました。{/netabare}


{netabare} 季節は進み{/netabare} シーズン2{netabare} で二人は2年生になります。
みたび隣どうしの席になり”林間学校”で、おっさん世代にはお馴染みのオクラホマミクサー伝説を経て高木さんの積極度は増し増しになっていきます。
友達キャラの木村曰く「高木さんも人気あるから・・・」なのに西片オンリーですからね。
いやぁ〜、こんな可愛くて優しくて頭のいい子に惚れられてみたいもんです。
ちなみにこの木村ってヤツ、見かけはモッさいのにおいしいシーンでめっちゃえぇヤツになります。

この作品って、楽しくて微笑ましいのがメインなのですが”約束”から”夏祭り”にかけては感動を届けてくれます。
1年生の夏休みでは、西片の自転車二人乗り練習で学校で会えない時間を埋めていましたが、この夏は夏祭りデートで二人の距離をさらに縮めます。
大原ゆい子さんの[君と光]が、クライマックスを盛り上げてくれて目汁を誘います。
ここら辺りからニヤキュンでノスタルジックな気分に浸れるのだけでなく、おっさんでものめり込んでいけるような純恋なエピソードが増えていきます。{/netabare}


{netabare} 高木さんの歌姫:大原ゆい子さんも出演するOPで{/netabare} シーズン3{netabare} の幕が上ります。

夏祭りでさらに距離を縮めた二人の関係は、相変わらず微笑ましく進んでいきます。
しかし背後では、エピソード・シーン・セリフなどのひとつひとつに伏線がはられて重みが増していきますので観る方もますます引き込まれていきます。
一話目からしてそういうとこがあるので油断はできませんが、まぁ別に伏線回収する目的で観るような作品ではないので楽しんで観ればよいかと思います。
シーズン1・2と比較しても真ん中あたりのエピソードでも感動させてきます。
ハッピーエンドになることは”苦手なもの”で確定してしまってるのですが、ますます二人から目が離せなくなります。

”文化祭”での2年2組の出し物は、明るく元気な天然っ子・ミナ、真面目な空回りっ子・ユカリ、眠そうなクールっ子・サナエの三人娘が、プロデュースするお芝居=ロミ代とジュリ夫。
いつもはお笑いパートの三人も絡むし、浜口・北条ペアはチョロっと和ませてくれます。
お芝居での二人のアドリブは、田辺先生をも泣かすほどの好演技になりました。
眠そうでクールな月本先生が田辺先生に送る視線も温かいです。
脇キャラにもスポットが当たるこういう回って個人的にけっこう好きです。
その後の打ち上げで、アドリブのセリフを評する高木さんはガッツリ攻めてきてます。
鈍感な西片もそろそろ高木さんの気持ちに気づきつつあるのかな。

ラブコメ必須イベント“クリスマス”に二人は、クリスマス限定カップル特典付き映画[100%片思い]を観に行きます。
本来なら特典が欲しい100肩ファンの西片が誘うべきなのですが、カップルというのにこだわって誘うことができません。
高木さんも『好きな人と一緒にクリスマスを過ごしたい』との思いが強いせいか、勇気が出せずなかなか誘うことができません。
でも、高木さんのお互いのお勧めDVDを紹介するというファインプレーによって無事誘うことができました。
さすが高木さん!しっかりしろよ西片(笑)
映画館で、今度は西片の珍プレーで無事カップル特典をもらうことができました。
わざわざフェリーに乗って岡山まで出かけた甲斐がありましたね。
100肩は小豆島では上演してなかったのかな?
それともイルミネーションがたくさん灯る都会でカップル度を上げたかったのかな?
観終わったあとの街ブラで、映画のキュン子のマネをして西片をからかう高木さんが可愛いです。
しかし、最後に映画ではなかったセリフで、西片のハートを射抜きます。
で、そのタイミングでツリーのイルミネーション点灯、舞い落ち始めた雪、かぶさる歌姫の[サンタになりたい]・・・神演出です!
今回は西片も逆襲に転じます。
「いつも、手、冷たそうだったから・・・」と手袋のプレゼント。
ちゃんと高木さんのことを見ていたんですね。
高木さんの目も潤んでいます。
3回目の視聴ですが、私の目からも熱いものがこぼれ落ちてきました。
目汁が止まりません (TдT)
ブランド物とかでカッコつけるのではなく、相手を思いやるモノがいいプレゼントなんだと、中学生に教えられた素敵な回でした。
年甲斐もなくクリスマスが待ち遠しくなりました。

えぇ!西片がモテてる?
そんな”2月14日”のバレンタインデー。
登校した西片の下駄箱には3個のチョコレート。
高木さんのいつものからかいだと思い「高木さんめぇ〜」となる西片ですが、よく見ると文化祭の活躍に感化された後輩からのチョコでした。
鈍感な西片でも、チョコのことは高木さんに秘密にしてた方がいいと思い必死に隠そうとします。
いつもの高木さんなら速攻見破ってからかい攻撃に転じるとこですが、今日の高木さんはなぜかそうしません。
合間に三人娘と中井・真野ペアの和みコーナーを挟み、西片も秘密を打ち明けようと覚悟を決めるのですが、高木さんはあえて避けようとするぐらいです。
そして下駄箱チョコの後輩たちが西片の教室にやってきます。
西片は後輩たちに受け取れないとチョコを返します。
『おぉ!西片カッコえぇ〜!』と思ってたら後輩たちの勘違いってオチでした。
合間に今度は浜口・北条ペアが和ませてくれます。
高木さんにチョコを貰えなかった西片はトボトボと一人で下校し、いつもの神社で高木さんの自転車を見つけます。
その頃、高木さんは社殿の横で『チョコはやっぱり今日渡すべきだ』と決意して、西片にLINE・・・やなくRAINします。
近くで鳴った着信音に顔を向けるとそこに西片の姿が。
気まずい雰囲気を破るように、ポツリポツリとお互いの胸のモヤモヤを打ち明けていきます。
ヤキモチを妬いてた高木さんが可愛くて、おかしな言い方ですが高木さんの女の子度がどんどん増していってます。
最後に浜口がホワイトデーに北条に告白することを決意します。
それに西片も巻き込まれていくのですが、ヘタレ同士のこの二人、果たして告白することはできるのでしょうか?

高木さんへの気持ちに気づきつつある西片ですが、ホワイトデーは『こちらから仕掛けていける絶好のイベント』とその気持ちを振り払おうとします。
そこで高木さん攻撃に西片クエストを作って仕掛けます。
作戦はなんとかうまくいったようなんですが、親戚の結婚式に行ってる高木さんがフェリーの欠航のため”3月14日”中に、戻れなくなってしまいました。
告白しなくてよくなった、今日一日からかわれないで済むとニヤリとする西片ですが、やっぱり寂しそうです。
ちょっとしたアクシデントで西片クエストを手に入れた三人娘は、ウキウキと楽しみながら謎を解いていきます。
一方、北条に告白すると息巻いていた浜口ですが、北条もまんざらではない様子だったのに結局告白できず改めてヘタレということを自覚するのでした。
高木さんからの『午後の便で帰れそう』とのRAINに『じゃあまた明日』と返事をする西片ですが、木村が図書室に返却してきた本を見て高木さんの自分に対する想いに気が付きます。
走れ西片![風見鶏を見つけて]を背中に聴きながら高木さんを見つけるんだ!
たとえチョコのお返しを車に踏み潰されようとも、足がもつれてなんども転んで傷だらけになろうとも。
三人娘も陰ながら応援してるぞ!
一話目で高木さんが夢で聞いたセリフとは違うかも知れないけど、なんとか追いついて言ったセリフは西片にヘタレさを感じさせませんでした。
『ボロボロになってしまったお返しだから渡せない』と言う西片に、高木さんが「お返しなら貰ったよ。西片の気持ち・・・受け取ったから。ありがとう・・・」と応えて手をとるシーンは、陳腐な安ドラマのキスシーンなんか比べもんにならないぐらいのいいシーンです。
目汁のおかわりいただきました (TдT)

超早咲きの桜をバックに春の幕を下ろした二人は、[はじまりの夏]を感じながら中学最後の夏という{/netabare} 劇場{netabare} の幕を上げるのです。{/netabare}



映画館にこの作品を観に行ったとき、自分と同年齢ぐらいのご夫婦、30歳ぐらいの男性おひとり様、OLらしきお姉さん二人連れ、高校生なカップル、中学生っぽい三人娘など、性別・年令問わずいろいろな人を見かけて、あらためてこの作品の幅広い人気を感じました。
(リアルではこんな〈純恋〉って難しいから、高木さんと西片に思いを託しているのかな)と思いました。
かくいう私はそうなんですけどね(笑)

投稿 : 2022/11/25
閲覧 : 18
サンキュー:

2

ネタバレ

パンツ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

良かったですが…

1話、2話だけ演出に壮大感があり受け付けなく一時断念していましたが、3話からは、1期、2期と変わらない素朴さがあり良かったです。
5、6話がとても良かったため、以降が少し物足りなく感じてしまいました。
12話のラストシーンで高橋李依さんによるcover曲オレンジレンジの花が挿入歌としてありましたが、あのシーンはインストやサントラなど曲だけの方がよかったと思います。

投稿 : 2022/10/20
閲覧 : 134
サンキュー:

4

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

大人びた中学生

人気作の3期目。
毎度、高木さんにからかわれる西片くん。
いつか高木さんに仕返しをしようと頑張る西片くんであった。

本当だったら、1期・2期と順番にレビューを書くつもりでした。
しかし、dアニメストアの配信では3期のみ(2022年8月10日現在)。
まぁ、3期目からでも楽しめるので、あまり気にしないでレビューを書く事にします。

西片くんは高木さんに惚れていますね。
照れ隠しで強がる場面が多いです。
高木さんの仕草にドキッとする瞬間も。
西片くんの初恋は、元高木さんという結末で決着するでしょう。

片や、高木さんも西片くんに惚れていますね。
1期・2期と比べると、西片くんへのアプローチが積極的。
気の無い相手だったら放置しています。
積極的に西片くんに話しかける高木さん。
クラスメイトがカップル認定するのも頷けます。

クリスマスの映画館デート・バレンタインデー・ホワイトデーなど恋愛イベントが目白押し。
でも、私が気になったのは文化祭での演劇ですね。
文化祭は学生の特権です。
クリスマスなどの行事は大人になってからでもありますからね。
お姫様の高木さんと臨時勇者の西片くん。
西片くんのアドリブセリフも良かったですが、高木さんの反応もいいです。
学生らしいピュアなやり取りでした。

高木さんの結末は元高木さんという漫画があるので分かります。
本作品は、そこにたどり着くまでの行程。
からかうのも、からかわれるのも愛情の裏返しでしょう。
高木さんと西片くんの末長い幸せを祈っております。

投稿 : 2022/08/20
閲覧 : 78
サンキュー:

20

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

もう答えはそこにある!

1期目から繰り返し言うけど西片、君自身は気づいていないかもしれないが君はもう勝利者なんだよ!

……以上、終わり。

中井&真野ちゃん、浜口&北条さんは見ていて楽しいのと、ミナ/ユカリ/サナエの三人組はひたすら微笑ましいです。

あと木村くん、君は本当にイイ奴だ!

投稿 : 2022/08/01
閲覧 : 202
サンキュー:

26

お茶 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

軽くなるラブコメ

高木さん3期。
ほぼ二人の微笑ましいやりとりを眺める作品。
少しずつ少しずつ距離を縮めていく二人。3期ではからかいよりラブが増えていました。

改めて考えてみると本作のような作品は珍しいのかもしれません。
ラブコメは基本 恋が実るまでの過程を面白可笑しく魅せ、結末までが一つのパッケージだと鑑みます。

からかい上手の元高木さんという作品もあり(原作もありますが)、多くの視聴者は結末を知っているうえで観ていると思います。スペクタクルな展開を期待せず、日常にあるような緩急の少ない物語で満足できるのが、今のアニメ視聴者の感覚なのかもしれません。かつてのラブコメは「とらドラ」などのように、様々な過程を見せ、恋が実るまでの物語を重厚に演出することに重きを置いていたと考えます。

昨今では、重い作品を敬遠するきらいがあるのかもしれません。
社会全体としてもソフトに進んで早幾数年、気軽に視聴できるものが好まれる時代だと鑑みます。早送りで観ている人もなかにはいるみたいですね。これからのラブコメはさらにライトになる傾向にあるのかもしれません。

投稿 : 2022/07/22
閲覧 : 299
サンキュー:

20

ネタバレ

ころころ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

からかい上手と言うよりはあざとかわいい!

2話
・気配
高木さん、先回りする
・持ち物検査
「先生には敬語を使いなさい」
高木さんの体育着に触れない西片。体育着の下に、西片が貸してた漫画
「西片先生は甘いねえ」
・図書委員
「好きだよ」
と〇〇が言った。
「今日の本以外は全部おおすめかな。あのセリフが本にないってバレちゃうし」
・夕日
西片、海まで走る。
「真っ赤だよ」
「夕日が。」
「西片の方が真っ赤だけど笑」
「西片と夕日見られて良かった」

投稿 : 2022/07/11
閲覧 : 92
サンキュー:

5

ねごしエイタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何だかんだいつも一緒、これすでに両思い

 高木さんに振り回される西片のお話、3作目、見てて飽きない中学生らしいコメディなお話です。その他のキャラも要所要所に存在感を示しているです。

 中でも特に好きだったのは、雪だるまの話と、犬の散歩、最後のホワイトデーのお話ですかねです。犬とじゃれ合う西方が、子供らしくていい感じで高木さんがカメラに収めるのも納得できたです。
 ホワイトデーで当日高木さんが帰れなくなったとき、サプライズを用意するも予想外の出来事に奮闘する西方の行動が、良かったです。それに答える高木さんもいい感じだと思ったです。

 西方が特に中学生らしい純情さが、特に出ていたのがいい感じで好きです。また、高木さんもそんな西方を思いを明らかに寄せていながらも、本人にはどこかはっきり示すようで、示さないのか?積極的ときに大胆な面を見せていても微妙な感じが、またいいです。

投稿 : 2022/07/06
閲覧 : 55
サンキュー:

9

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ホップ ステップ そんでステップ

原作未読


3期めということでご新規さんは1期からどうぞ。
私個人としてはちょい飽きました。若干修正変化はあるものの、ホップ→ステップ…ときて次ジャンプかしら?と思いきやもう一回違う足でステップした感じ。
CMで毎度やってた公開ネタバレの影響あるかもわかりません。

 1 (元)高木さん…と二人の未来がわかっている
 2 今夏(2022年)劇場版公開…とピーク後ろ倒しがわかっている

結末(未来)提示されてるので“付き合う(ピーク)まではいかないんけど進展くらいはあるやも”との勝手な期待値をもって臨んだ3期。そういう作風だと言われりゃ反論はできませんが。
中継ぎでいくら良い仕事をしても年俸で先発・抑えに適わんのと一緒ですね。評価は1期(3.7点)2期(4.0点)ときて3期(3.7点)としてます。野球でいえば試合を壊してないし、アニメとして物語的に上積みもある。興行の実行計画としても正しい。導き出せるのは

 この世界観を気に入ってるか否か

中学生男女の微笑ましいやりとりでほっこりするなりニヤリとするを楽しむ日常劇を3期まで観ておいて「飽きた」というのも無粋この上ありませんがそういうことです。
以下は3期めの気づき箇所です

【季節感】
 ざっくり2期は夏で3期は冬。季節ならではの盛り上がりイベントがありました。ただしそれは予想の範囲内。違う足でステップしたと評した理由です。

【土地勘】
 特定の地名が出てきました。瀬戸内の持つイメージが良い方向に働いてます。海が見える教室で机並べて同じ月日を過ごしてる二人も良いのですが、隣町に遠征する校外イベントもちらほら出てきます。
きちんと一年生二年生と年次を重ねて行動範囲が広がっていることがわかります。


別作品で瀬戸内を物語の舞台に選んだ理由を“懐かしさを呼び起こす土地柄”とされてたアニメ監督さんのコメントを聞いたことがあります。西片や高木さんに在りし日の自分が見えるかもしれません。
その昔。夏と冬の間に置かれた春と秋って中途半端だけど知らないうちに心動いちゃう季節だよね~って曲がありました。夏冬の盛り上がりイベントを経て桜舞う季節に3期は幕を閉じました。

 {netabare}このころはなんとなく 心楽しくて
 知らないうちに 誰かを
 好きになったりします{/netabare}

となるかどうか、続きは劇場版で! 私は配信待ちかなぁ。



※ネタバレ所感

■今期のおうた

もはや風物詩となった毎話の名曲カバー。今回のラインナップはこちら↓

{netabare}① 夢で逢えたら/大瀧詠一(1976年)※いろんな人がカバー
②③Over Drive/JUDY AND MARY(1995年)
⓸⑤ひまわりの約束/秦基博(2014年)
⑥ 学園天国/フィンガー5(1974年)※いろんな人がカバー
⑦⑧じょいふる/いきものがかり(2009年)
⑨ サンタが町にやってくる/スタンダード曲
⑩⑪スノーマジックファンタジー/SEKAI NO OWARI(2014年)
⑫ 花/ORANGE RANGE(2004年){/netabare}

第1話のエンディング曲は予想とビンゴでした! だがそこまで。以降は外しまくりです。

{netabare}なお選曲について自分にはイマイチでした。大ヒットナンバーに隠れて、そのアーティストのファンが歓喜しそうな選曲だった1期。2期はヒット曲ばかりでイマイチだったんだけど思い入れのある曲がきて轟沈したのと1期EDを持ってくる変化球を評価。
実際に1期のレビューでジュディマリ『Over Drive』ではなく『自転車』持ってくるセンスがナイス!と激賞しといたから3期第2話ではしご外されましたよ。自分自身もセンス抜群とは言いませんが今回の選曲ぶりとは相性悪かったみたいです。救いはセカオワっすね。
なんと言いましょうか。ラブソングで「好きだ」「I love you」を連発したらつまらないじゃない。直接ではないけどどう見ても好きなことがわかる言葉回しがオサレなのよ。そもそもそういった作風じゃん。今回ので言えば文化祭回で⑥『学園天国』ってありきたり過ぎるチョイスってことなんです。今度3年生になる二人ですが卒業で『3月9日』持ってきたらきっと残念がると思います。{/netabare}


■今期のご両人

{netabare}“銀座No.1が転生したら…”が高木さんとは以前とあるレビュアーさんが言っていて頷いたものです。タイトルにもある高木さんその人をまずはご紹介といった趣きの第1期。2期は西片もしっかり出張ってきてラブ要素増えましたよ、っと。
ほぼ100%相手の考えてることわかっているとなにかと楽でしょうね。そこふまえて西片への好意を持っている高木さんですから選球眼は良いのでしょう。いい娘といい坊やだから我々も安心できます。
そんな高木さんでもほぼ100%相手の行動を制御できない(しようとしない)ので物語に嫌味はないですね。不可抗力要素が残ってますからたまにキュンとなれます。{/netabare}

{netabare}着目したいのは攻守ともレベルの高さが見える高木さんでしょうか。1期のサムネ(2022年4月現在)にも代表されるあの首の角度と上目遣いは攻撃力高めです。よくよく見ると西片にしか使ってないのでライバルへの魔除けにもなりますし、これ重要なんですが女子の敵を作りません。
3期では高木さんと西片以外のクラスメイトとの絡みも増えてました。気さくに対応しつつも嫌味なく一線を引けるポジショニングも秀逸ですね。つくづく思います。なんでこの娘中学生なんだろう、と。{/netabare}

{netabare}西片は一歩ずつ大人の階段登ってる感じ。男女の性差で精神年齢女子上めなのはしゃーないしそこ突っ込むのも無粋ではありますがこういった関係性の作品多いですよね。
中学生なら手探りながらでももう少し恋愛や性欲模索するでしょうに。どうも未成熟な♂を甘やかしてくれる理想の♀的な構図が世に溢れていて食傷気味です。マッチョ志向流行らんのかな。{/netabare}



視聴時期:2022年1月~2022年3月 リアタイ

-----

2022.04.16 初稿

投稿 : 2022/06/19
閲覧 : 273
サンキュー:

36

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

「からかいバトルの最終局面」とは…?

詳細は1、2期でも観てください。

高木さんと西片のイチャイチャからかいコメディ第3弾です。

なんて言うんでしょう。1、2期とも正直、高木さんと西片のからかいバトルのやり取りは、飽きているんですよね。それでも、急所を押さえてグッと掴まれる展開があるので、終わってみれば素敵な作品だったなという印象を残すんです。

そして、なんといっても高木さんのCV、高橋李依さんのヒロイン声。透明感がありながら、ちょっと意地悪しちゃう中学生女子を見事に演じているので、これだけも高木さんが好きになるのは否めません。

そんな3期の初回も、その意味では前作、前々作を見事に踏襲している立ち上がりでした。

ただ、この3期はPVで「からかいバトルは最終局面に――。」とありました。お?ということは、4期は「からかい上手の(元)高木さん」なのかしら?

=====初回視聴後、所感です。
{netabare}
荒唐無稽なはじまり。かと思いきや、これ、西片の夢でしたー。

で、どこから始まるのかなと思ったら、2期最終回の夏祭りデートの後から。うんうん、そこからでいいんですよ。変に飛ばしたり時系列を巻き戻したりしなくて。

おとぼけ女子トリオも健在。小原好美さんも、その後、人気作に恵まれて(「かぐや様」「無職転生」)、すっかり声の存在感が出ていますね。

で、最後は高木さんの夢オチ。うん、まあ平常運転の「からかい上手の高木さん」だねえと思ったら、EDで持っていかれました。

なんと鈴木雅之「夢で逢えたら」の高木さんカバー。

いやもう、参りました。この内容で、その曲。さすがです、高木さんめ。
{/netabare}
=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}
まるで「トムとジェリー」を彷彿とさせるような、劇伴とマッチした無声演出。おい、見てるか? 賢者の弟子! 無声演出っていうのは、こうやってやるんですよ。

で、高木さんと西片の無声ドラマに続いて、ズッコケ3人娘も無声演出。かと思いきや、最後に小原好美さんの声で「どうしたの、ゆかりちゃん」。

この切り替わりも見事。

後半は、西片のランニング。文字通り、きゅんとなる憎いストーリーにBGMがりえりーで爆風スランプ「Runner」。さらに畳み掛けるようにEDがジュディマリ「Over Drive」。

制作スタッフが、全力で面白い作品を作ろうという意気込みを感じます。そういう作品は、やっぱり評価に値しますよね。
{/netabare}
=====第4話視聴後、追記です。
{netabare}
飽きてるんですよ。イチャコラからかいコメディ自体はね。

でも、クリティカルにキュンとさせるシーンとか、高木さんの好き好きビームにあてられると、やっぱり良いなあと思わさせられるんですよね。

そして、イチャコラに胃もたれしそうになるタイミングで、おとぼけ女子トリオのエピソード。これがまた、ほっこりさせられるんですよね。ここちゃんのおバカキャラも可愛いし。

ていうことで、満足度は高いってことなんですよね。
{/netabare}
=====追記です。
{netabare}
なんか観る気にならずに録画したまま積んでいて、そのまま次クールが始まってしまったという感じです。

で、なんか完結編の劇場版が今日(6/10)から公開されたそうで、ということは、この3期では従来どおり、ただただ西片がからかわれ続けるだけということが確定ってことですよね…

じゃあ、これは断念して劇場版が配信されるのを待ちますわ。

劇場まで足を運ぶ気にもなれませんしね…
{/netabare}

投稿 : 2022/06/10
閲覧 : 253
サンキュー:

12

ファルコーニ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

高木さん、勝負しないかい?←これ、天才的発明

大人気シリーズの第3期。この作品は西片と高木さんの掛け合いで話のほとんどが構成されていて、本来ならばすぐネタ切れになりそうな構図ではある。しかし、この作者は実に上手い。これは天賦の才だと思う。
「高木さん、勝負しないかい?」と西片は何かにつけて勝負を挑み、それをきっかけに物語が展開していく。

この下らない勝負というのも、中学生の男子ならやりそうだなと思わせられるものがある。

6月には映画の公開を控える。今回の3期はクライマックスを思わせる描写もあり、2人の関係性がかなり進んでいるのは間違いない。
冬の物語を中心に、この3期は何度も最終回クラスの骨太エピソードがあった。この冬クールにおいては圧倒的No.1と思える作品。

投稿 : 2022/06/05
閲覧 : 85
サンキュー:

7

よこちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

嫁キャラ高木さん

珍しく漫画持ってて大好きな作品。

★ハマった経緯
2018年冬アニメ1期を偶然夜中に酒飲みながらテレビつけたらやってて面白いと思った(この頃深夜アニメの存在すら知らなかった)。

毎週観てハマってしまい漫画買いに行く。

原作者の山本崇一朗自体にハマり他の数作品の漫画も集め出す。

2020年夏ごろ長男が深夜アニメにハマり、私もハマる。そして、2期もある事に気付くが、1期と共に配信サービス終了していた。

某有名動画サイトでアップロードされていて、1期2期ほとんど観れた(違法ですねすみません)。

まぁ、こんな具合で3期を楽しみにしてました。
やっぱりアニメも面白いですね。
内容はよくいそうな男子中学生西方が、隣の席の高木さんにからかわれる話。それに加え中学生の薄目のラブコメをほどよく足している感じ。

高木さんの声優さんりえりーがイメージ通りで良い。少し大人びていて、西方をからかい喜び、たまーに西方の優しさに胸キュンするが、西方に気づかれないように振舞う。非常に可愛いキャラで何人かいる私の嫁キャラのひとりなんですよ。
対して西方の声優さん梶裕貴も良い。THE男子中学生感がよく出ている。高木さんをからかって逆襲しようと策を練るが、内容がしょうもなくすぐ高木さんに見破られる。高木さんに少し好意があるが、照れが勝ってしまい何も起こせないチキンで面白いキャラです。

OPは大原ゆい子、EDは高木さん声で名曲をカバー、2話ごとに曲が変わります。これは1期から変わらずで、特にEDは次はどの曲かと楽しみになります。

1話、2.3個のエピソードで構成され、基本は原作に忠実なんですが、細かい所をいじってる。あと、1話まるまるアニオリ回もあり、原作勢もアニメ勢も楽しめる内容になってます。魅力のあるサブキャラも多く、サブキャラしか出ないエピソードもあります。女の子キャラは全員可愛いです。
 
悪い点をあげるならば、高木さんと西方しか出ないエピソードも多く、からかいメインで、大した事件は起こらないので、まったりしすぎて人によっては面白さが分からないかもしれません。1話観てダメならずっとノリは変わらないので、視聴断念になるでしょう。

すごく好きな作品なので、多くの人に観てもらいたいですね。絶賛お勧めします!6月には映画も放映予定です。

最後に現在、2022年春クールに山本崇一朗の作品、
「くノ一ツバキの胸の内」が放送中、また同年夏クールで「それでも歩は寄せてくる」が放送予定です。どちらの作品も面白いですよ^_^

投稿 : 2022/06/03
閲覧 : 144
サンキュー:

25

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

・・・いやはや、お可愛らしい事でw

本日は2022.5.26なり。

次は映画だそうですねw


高木さんのかわいらしさに負けて、観続けてきましたが、もし映画で一区切りがつくとしたら・・・、いい頃合いかもしれません(個人の感想です)。

大好きな作品なのですが、序盤は西片君の子供っぽさ(幼さ)に「おぃおぃ西片くんよ、いい加減にしなさいよ」とモヤモヤ(少しイライラ)しながらの視聴でした。

もっとも、ガラリと雰囲気が変わって、西片君が積極的になり、ガンガン、ラブラブのラブラブコメディになってしまったりしたら、それはそれで文句言っちゃうんですがね。

楽しみにしていた作品だったので、自分の妙な所感にビックリしてしまいましたが、まぁ、自分自身に余裕がなくなってきているのかもしれませんし、オッサンの目にはヤッパリ眩しすぎるのかもしれませんwww。


そんな中で少しペースを変えたり、気分を変えたりしてくれたのがサブキャラ達でした。
今回はサブキャラの皆さんも、それなりに「いい感じ」のカップルもおられましたね。こちらの方は高木さん西片くんよりはノーマルなお付き合いの形ででしたので、フツーに興味深く見守らせていただきましたw(キモーwww)
中井くんと真野さんは順調な感じでしたね~。
浜口くんと北条さんはもうワンステップといったところでしょうか。
私的には、北条さんがなかなかにかわいらしく、印象に残ったかな。
あの独特の編み込んだ髪型もお好みでした。

いずれにしても微笑ましい事です。

そして、若干、イライラ、もやもやしていた私にとっての一服の清涼剤となったのは、ミナ、ユカリ、サナエのガールズトリオでした。
この三人にはポイントポイントで私的には大変助けられました。
残念ながら、彼女達には彼氏彼女的なお話はまだのようですが…、その分、賑わしとして十分空気を変えてもらいました。
映画版では、そんな話しもあるといいねwこの娘達にも。


はてさて、
最終的には、西片くんと高木さんの関係にも少し発展の兆し(高木さんの願いが叶う兆し)が見えてきましたね。

あとは、映画で・・・という事になるのでしょうか。



ちょっと、色々と書いてしまいましたが、
やっぱりそれなりに楽しんで観ている訳でして、ま、オッサンがああだこうだとやきもきさせられるところを鑑みると・・・、

「くそーからかい上手の高木さんめ~~~~」

ってとこでしょうか。

ここに、作品にからかわれているおっさんが一人って事です・・・。



ああ、そうそう、
今回の作品、作画もきれいでしたが、
いろいろとコストをかけていらっしゃるようで、EDのバリエーションがすごかったですね。
長く愛されてきた作品ってこともあるし、映画に弾みをつけようって気概もあったのかもしれませんが、シチュエーションにあったEDとEDソング、素晴らしかったですね。



さて、映画を楽しみにしながら、機会があったら、もう一度③を観てみましょうかね。
2回目なら、もう少し落ち着いて観れるかもなぁ・・・。


皆さまも機会がありましたら、ぜひご覧くださいませ。
イライラ、もやもや、背中のあたりがくすぐったくなるかもしれませんよw

投稿 : 2022/05/27
閲覧 : 160
サンキュー:

21

ネタバレ

ninin さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

積極的な高木さん

原作未読 全12話
(からかい上手の元高木さん既読済)

3期です。1期から観たほうが関係性が分かると思います。

1期・2期と同じく1話で3~5エピソード、高木さんの西片くんへのアプローチが更に積極的でしたね。

関係性はかなり深まっていると思いますので、いつどんなタイミングで付き合うのかが焦点でした。

まぁ実質付き合っているのと同じですがwもう少しキュンキュンさせてほしかったですねw

何故、高木さんがそんなに西片のことが好きなのかもっと知りたかったです。

元高木さんのキャラが出てくるのが嬉しいですね。{netabare} (2人の娘さんですがw){/netabare}

次は劇場版が発表されました。6月10日公開です。もっと進展しているといいですね。

1・2期と同じくOPは大原ゆい子さん、EDは高木さん役の高橋李依さん、各話に合わせた昔のJPOP曲をカバーしています。

最後に、この作品の原作者「山本崇一朗」さんの作品、「くノ一ツバキの胸の内」は春期、「それでも歩は寄せてくる」は夏期と立て続けに放送されます。何かあったんですかねw どちらも原作既読なので楽しみです。

投稿 : 2022/05/26
閲覧 : 153
サンキュー:

27

つきひちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

作品として素晴らしいと思う

3期目 1クール

小豆島の中学生二人の恋のお話。
ガツガツの恋愛というよりは、子供らしさのある恋愛がとても良かったと思う。

タイトルの通り、隣の席の高木さんがからかってくるのだけれど、思わせぶりね態度だったりしたのがこのクールくらいからは匂わせがすごい。

早く幸せになって欲しいなぁ。と思いながら見てました。

久しぶりの高得点の理由は、
製作側の作品に掛けられている情熱のようなもの。

高木さんの微妙な心情の変化を、絶妙なタッチで表現してくる描写と声優さんの表現力が素晴らしい。
毎回のエンディングの歌も心地よい。

劇場版が公開されるようですが、凄く期待してしまいます。
からかい上手の元高木さん。も見たいなぁ。

投稿 : 2022/05/22
閲覧 : 69
サンキュー:

7

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

三期

相変わらず微笑ましい。

投稿 : 2022/05/20
閲覧 : 63
サンキュー:

6

ネタバレ

クラッチ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高

安定したおもしろかった。

投稿 : 2022/05/14
閲覧 : 78
サンキュー:

4

ネタバレ

イムラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

西片、覚醒!・・・か?

<2022/1/20 初投稿>
1、2期視聴済みです。

2話まで見ました。
安定のニヤニヤ♪

特に2話は高木さんの隠し包丁的なアピールがよし!
EDは「OVER DRIVE」
1期「自転車」に続くジュディマリ
ジュディマリの軽快で爽やかな曲調は本当に高木さんの世界観に良く合ってる。

<2022/2/5 追記>
5話まで見ました。
ネタバレしない範囲でエピソードいくつか振り返ってみまーす。

1話
『握力のやつ』
西片くんの{netabare}夢オチ{/netabare}
2期のラストエピソードをちょっと混ぜ込んだりしてます。

『日焼け』
高木さんの世界観、空気感が蘇ってきました。ウォーミングアップにちょうどいい。

『新学期』
こちらは高木さんの{netabare}夢オチ{/netabare}。
こちらもやはり2期のあのシーンがモチーフです。
目が覚めて、部屋の窓を開けて、満面の笑顔の高木さん。
晩夏の朝の空気がなんとも心地よさげ

2話
『気配』
無声でお送りする。

『図書委員』
音読の態で西片に気づかれないように{netabare}告白する{/netabare}高木さん♪

『夕陽』
{netabare}西片と一緒に夕陽{/netabare}が見たくて、おつかい終わってから海までの道を自転車で爆走する高木さん♪

3話
『雨』
西片ナイス判断!
この時も高木さんの異常なまでの鋭すぎる対西片洞察力が発揮されてましたけど、これは洞察力というより半分高木さんの願望だったんじゃないかな。
そして{netabare}高木さん{/netabare}の嬉しさが爆ぜてましたね。
スキップ♪スキップ♪
あと雨の描写が地味に良い
雨で湿った土の匂いまでしてきそう

4話
『お弁当』
木村は食中毒で休みって普通に言われてたけど、割とよくあることなのかw

『夜』
{netabare}高木さん{/netabare}がドキッとしてましたね
こういう回が特に良い。

5話
冒頭から{netabare}セーラー服の{/netabare}ちーちゃん出てて、最初状況がよく飲み込めなくてびっくりしましたが。
見た目は母親似、性格は父親似なんですねぇ

『役決め』
これはもしかしたらラブコメによくある流れになるのかな?
例えば{netabare}木村がセリフを覚えられないとかで王子様が西片に変更になる{/netabare}という感じの。
それとも木村、食中毒なったりして笑。
それにしても{netabare}「西片が王子様の役に選ばれたら西方の勝ちでいいよ」{/netabare}とかもう露骨な高木さん笑

そして『釣り』
「ぎゅっ」ってなってた。。

<2022/2/12 追記>
6話見ました
まるまる『文化祭』ですよ
青春ですよ

木村は{netabare}食い過ぎ{/netabare}の方でしたか 笑
でも期待を裏切らない木村。
2期の最終話といい良い仕事するなー 笑。

そして演劇
{netabare}転びそうになる高木さんを飛び込んで助ける西片。
王子が西片に替わってることに気がついて感激の高木さん!
アドリブで公開告白{/netabare}みたいになってるし。
最高の{netabare}笑顔{/netabare}でしたね

3期最大の盛り上がりでした。
見てて嬉しくなるアニメは良いアニメ

なお、EDは学園天国でした
ノリノリで終わり。

<2022/2/26 追記>
第8話
寄り道四種が微笑ましい

そして
「いいな、真野ちゃん」
高木さんの鋭く温かい洞察力よ

最後は「いっつも大切なとこで勇気出ないなぁ」と言いつつ{netabare}がんばった高木さん{/netabare}がいじらしい

<2022/3/13 追記>
第10話『相談』
これは可愛いやきもち

<2022/5/8 追記>
最終話もリアタイで見たのだけど、レビュー更新忘れてました。

第11話『2月14日』
1話丸ごとバレンタインのお話。
前回「相談」から続いて、{netabare}自分の中の「やきもち」{/netabare}に葛藤する高木さん。
学校のシーンの「高木さんの眼の表情」に注目です。

第12話『3月14日』
最終回です。
なんかもうあれですね。
本人たちは「付き合ってない」のに、既にクラス公認 笑

第2話『図書委員』、{netabare}「高木さん告白」{/netabare}の真実に辿り着いた西片!
高木さんに鍛えられて賢くなったのかも笑

といろんな意味で覚醒したかもしれない西片くん。
ラストは走って走って。
追いついて。

映画ではどうなるのでしょう?

投稿 : 2022/05/08
閲覧 : 387
サンキュー:

43

ネタバレ

とーよ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

【提案】おふたりはいい加減付き合ってみてはどうでしょうか?

からかい上手の高木さん③(2022年冬アニメ)

山本崇一朗さん原作の人気漫画でアニメは3期目となります。
本作の3期放送発表と同時に映画化も発表されてびっくりした
のは私だけではない筈。さらには同原作クノ一ツバキの胸の内
が春アニメ、それでも歩は寄せてくるが夏アニメとして放送が
決定しており、本年はアニメ化3本、映画化1本と山本先生の
当たり年となっております。巡り合わせなんですね。

今回の3期視聴にあたり、1期は基本のからかいバトル(一方的
でバトルとは言わないかw)、2期はぐいぐいと高木さんの攻勢
を前面に、最後はアニメオリジナルストーリーでの締めくくりで
からかい上手の高木さんというアニメ作品としては1期、2期で
全てをやり尽くしたんじゃないかと個人的に思ってました。他の
作品で言うと私の勝手な見解ですが、ウマ娘2期があれだけ盛り
上がったから次回作は(3期が制作されたとしたら)果たしてどう
なるのかなと言ったところです。でも、3期やって欲しいけどw

本作高木さん3期はどうなるのかと思いつつ、まー、原作ファン
で漫画を全巻所持している身としてはリアタイで見ないとねって
ことで見始めました。

OP曲は前作から引き続き大原ゆい子さんが担当されています。
「まっすぐ」良い曲です。ちなみに当該曲のゆい子さんのMVは
高木さんの舞台の小豆島で撮影されています。聖地巡礼クリップ
にもなっています(笑)MVは曲の世界観を表現するものですから
当然と言えば当然かもしれませんが。OP曲は高木さんの心情を
1期から作詞されて歌われていますが、今回はさすがに3期目と
あって高木さんの熱い想いが随所に感じられる歌詞になってます。
OPアニメーションも高木さんの舞台の小豆島。名産オリーブ、
ハート型の葉っぱも出てきましたがこれは2番の歌詞にあります。
アニメ制作がシンエイ動画ってことでどこでもドアも友情出演。
ついでにゆい子さん御本人まで登場と凝った作りになってます。
ただ、りんごとりゲームとフェリー船上での帽子が飛ぶシーンは
3期本編に出て来なかったので劇場で回収ってことでしょうか。

ED曲は前作までを踏襲して高木さん役のりえりーによる懐メロ
カバー。どんな曲がセレクトされるのか楽しみでもありますね。

各話感想とか独り言(ネタバレ)
1話
{netabare}しょっぱな、クラスのみんなが居眠りしてるのは
夢落ちの導入なんですね。さすがに寝過ぎだよねって思ったw
夢で始まってりえりーのEDカバー曲、大瀧詠一さんの名曲、
夢で逢えたらで終わりました。お互いの夢でも逢えるなんて
二人は本当に素敵なことね♪{/netabare}
2話
{netabare}2話の始まりは何とサイレント。チャップリンか
トムとジェリーか。でも、サイレントなのに喋ってるセリフが
分かる不思議w持ち物検査は相変わらず手玉に取られてるなw
将来、西片は体育の先生になるんだよねー。まさに予行演習だ。
あ、サナエのお姉さんの月本先生出てきた。って、高木さんの
告白良いなー。こんなセリフないけどだって。二人で見る海の
夕陽がきれい。西片も赤いけど高木さんも赤いね。{/netabare}
3話
{netabare}好きな男の子が自分を気に掛けてくれて戻ってきて
くれた。濡れるから一緒に帰ろうと誘ってくれた。これは心から
嬉しい筈だよね。 {/netabare}
4話
{netabare}UFOっているんだね。だから、ラムちゃんやるんだ。
でも、うる星は見るか分からないけど。銭湯のシーンでは自動的に
脳内で神田川が再生されたわw暗いから送っていくよ。照れもなく
西片から自然に出たセリフ。やっぱ優しいなー。もっと早く言葉に
出来るシーンがあれば、勝負は西片の勝ちだったかな。{/netabare}
5話
{netabare}うわ!元高木さんからちーちゃん登場。CVは宮本さん
なんだー。これ、元高木さんのアニメ化フラグでしょ。超絶期待しま
すよ。後ろに貼ってある習字は未来。こちらでも時代を示唆してます。
って、ちーちゃんのお弁当の包みが4話の高木さんの使ってたお弁当
包みって良いね。親子で受け継がれてる。そして、現在の高木さんが
西片にもし料理を食べてもらう機会があれば、美味しいピーマン料理
を食べさせてあげるねって言ったけど、元高木さんで美味しく食べて
もらってるんだよねー。来年、元高木さんアニメ化決定!(予想w)
釣り。萌ました。西片が池に落ちそうになった時の高木さんの速さ。
その後の西片の背後からギュッと抱きしめるのと我に返った時の西片
からの離れ方の反応。可愛いすぎて死ねるw{/netabare}
6話
{netabare}丸っと1話オリジナルの文化祭!厳密に言うと他の原作
エピソードも混ざってるけど。姫を助ける王子様。釣りの時の貸しを
返した格好だけど、2人とも頭より身体が先に動いてる。これは凄い。
高木さんもまさかの西片登場で満面の笑顔☆そしてアドリブ演技とは
いえ、好きな人から面と向かって愛の奇跡なんて言われた日にはもう。
2人の出会ったあの春の日は。高木さん、文化祭の出し物ってことを
忘れてるでしょw文化祭打ち上げのカラオケパートから高木さんの歌
(りえりーカバー)で締めるエンドは良いですね。学園天国とは思いも
しませんでしたが(笑){/netabare}
7話
{netabare}西片、どんだけ犬好きなんだよw犬を散歩させる西片と
西片を散歩させる高木さんが素敵♪放課後の学校はカップルだらけ。
いや、ちょっと多すぎでしょ。でも、下校しないで残って他愛も無い
話をするのが楽しいのは分かる。一緒にいるだけで良い。懐かしやw
ところで手編みは男の憧れでベタだけど世の中にイベントとして存在
してるのかな?周りでも聞いたことないけど手編みが出来る方は男女
問わず尊敬します。って、近いよ高木さん!犬で始まり犬で終わった
回でした。{/netabare}
8話
{netabare}同じシチュでの寄り道4本。それぞれ特徴が出てて面白い
ですね。西片はいつも通り、浜口のヘタレは親近感を覚え、真野ちゃん
の苦労は良く分かるけど、中井も実はちゃんとポイントは押さえてる。
3人組は笑わせてもらいました。ところでこちらの415階段は小豆島
に実在してるそうです。段数はこんなに無い(ノートも無い)そうですが
眺望は本当に素敵なところだとか。レンタルDVDの一緒に見ようよ。
あれだけ攻めてるのにこちらは勇気出なかったって不思議なものですね。{/netabare}
9話
{netabare}文化祭に続いて素敵なオリジナル回(同様に他の原作エピも
混ざってます)これは誰が何と言おうとデート。映画を見にフェリーで
内地(倉敷?)までって中学生の2人にはちょっとした小旅行気分かな。
カップルの西片ですは中学生らしくて微笑ましい。こちらは爆笑です。
西片に可愛いと思って欲しくては女の子の本音だよね。ライト点灯の
演出も素敵でした。でもその後の手袋に繋げるのにホワイトクリスマス
ってのは瀬戸内では厳しいのでは。ま、手袋を西片から貰った時の高木
さんの表情見たら吹き飛びましたが。ただのクリスマスプレゼントじゃ
ないよ。誰にもアドバイス聞かず、普段の高木さんの様子を気に掛けて
恐らく一生懸命選んだ手袋。ピンクの女性モノって事で買うのもきっと
恥ずかしかったことでしょう。グッジョブ西片!高木さんからの手編み
のマフラーも同じくらいの気持ちが詰まってるよ。{/netabare}
10話
{netabare}お正月早々出逢えるなんて、これは春から縁起が良いぞ♪
おっと高木さんしっかり手袋してるね。西片もマフラーしてるけど。
雪だるまの時はちゃんと手袋を別なのに変えてるね。当然、汚したく
ないもん。あら?良く考えたら雪だるま一緒に作って共同作業じゃん。
北条さんからの相談、西片のことを良く知ってるからこそ高木さんは
つらいかも。(って、せっかくの内緒事でも西片だと高木さんに筒抜け
になるから困るわw)高木さんのからかいと意地悪は違うよー。はい、
視聴者分かってますよ{/netabare}
11話
{netabare}みんなドキドキバレンタイン。2月14日が煮干しの日は
知らなかった。後の高木さんネタも煮干しで考えること同じでワロタw
好きな人の下駄箱に3っもチョコレートが入ってたら動揺するよねー。
西片はモテるタイプじゃないと思ってた(失礼)のに私以外の他の娘から
3っもチョコが。流石の高木さんも女の子。普段見掛けない顔を覗かせ
ました。語呂の8080は笑ったけど。西片ならバレバレって読むわw
心晴れ晴れ。最後は当日にチョコレート渡せて良かったね、高木さん。
そう言えば、西片の想像で高木さんが勝ってる場面は今回初めて見たw{/netabare}
12話(最終回)
{netabare}西片も3月14日中にお返しが出来て良かった。好きって
告白よりも実際、遠くまで会いに来てくれて会いたかったからって一言
が非常に突き刺さりました。2期の最後は、西片から高木さんの片手を
取っての手繋ぎだけど、今期最後は高木さんから両手を取っての手繋ぎ。
まさに倍返し。3期だけで言っても1話の桜吹雪とリンクしてますね。
1話では桜吹雪の中、手を繋ぐ直前に高木さんの夢が覚めちゃったけど
最終回は、現実の桜吹雪の中で見事に西片の手を取ることが出来ました。
そういえば、西片クエストも評価しないとですね。良く考えたものです。
西片クエストを実際に遊べるサイトがあるので皆さんもチャレンジして
はどうでしょう。私は挫折しました。ムズイ。。。{/netabare}

見終わって。いやー、原作好きなんですが、見事にこのショートマンガを
昇華して素晴らしいアニメ作品に仕上げたスタッフの皆さんに脱帽です。
ワンパターンで飽きたの声も理解出来ますが、1期、2期とは別の面白さ
がありました。アニメだからこそ表現の出来る部分があって、今回は特に
高木さんにしろ西片にしろ中学生の思春期の恋心をかなり掘り下げて表現
されていたかと思います。(逆にこれが原作から離れすぎてダメだとの声も
聞こえて来ましたが。)西片もそろそろ自分のほのかな恋心に気付きそうな
気配もあり、最終回では流石に今までの高木さんの好きはからかいではない
と分かったようだし(だから居ても立っても居られなくて高木さんに会いに
行ったんだよね。以降、やっぱりからかいかよと思い直したり忘れたりする
なよw)今度こそ劇場版ではっきりと方がつくのかな。あー、見に行かねば。

3期のテーマは何だったんだろう。2期は間違いなく手を繋ぐことでした。
(2期のキービジュアルから西片は高木さんの手を見ていたし。)他の方の
レビューで走ることではとの御意見がありましたが、そうかもしれませんね。
釣りの時も文化祭の時もお互いに走り寄った。途中でRunnerをBGMで海
まで走る話もありましたね。そして、最後は高木さんに会いに走る。本当の
ところは分かりませんが、兎にも角にも2人の距離はゼロセンチメートルで
間違いないかと思います。劇場版がどういうお話か分かりませんが、最後と
言わず、3年生の夏以降から卒業までを気が早いですが、4期としてやって
いただいて、アニメの中で告白して付き合っての正式なカップルになって
欲しいですね。(世間的には既に付き合ってる公認のカップルですけどねw)

【2022年1月からリアタイ視聴。5月初投稿 修正済み】

投稿 : 2022/05/04
閲覧 : 127
サンキュー:

26

ネタバレ

エイ8 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あざとさ増し増し高木さん

『からかい上手の高木さん』(からかいじょうずのたかぎさん)は、山本崇一朗による日本の漫画作品。
第3期『からかい上手の高木さん3』は、ネット局が従来のTOKYO MX・読売テレビなどから毎日放送・TBS系列に移行・全国ネットに昇格し、2022年1月から3月まで同系列の『スーパーアニメイズム』枠ほかにて放送された。(wikipedia)

もはや苗字さん系のパイオニアにしてレジェンドと言っても過言ではなくなってきた作品の三期。彼女の登場以降数多のフォロワーが産まれてきましたが未だその座を脅かすほどの勢いのある作品は登場していないのはではないでしょうか。次点にようやく古見さん辺り?

もっとも過去には「涼宮ハルヒの憂鬱」などというフルネームさんがおりましたし、さらに遡れば『じゃりン子チエ』『エスパー魔美』『あさりちゃん』などという錚々たるガチレジェンド達は有らせられるものの、案外本当に「苗字さん」系って無くないですか?気づいてないだけ?「はいからさん」……は、あれ苗字じゃないですよね?『GS美神』は敬称略ですし……うーん、ちょっとわからないです。教えて、一休さ~ん!

それはさておき、レビュータイトルにも書きましたが彼女本当にあざとくなってきてません?一期の頃はもっと子供っぽく微笑ましい「からかい」方をしてたような気がするんですが、回を重ねるにつれ段々と「からかい」というより「あざとい」感じになってきたように感じます。こんなに女をちらつかせるような子じゃなかったと記憶してるんですがね、彼女。あんまりにも西片くんが照れ屋さんなんで強行突破の糸口を探しているのでしょうか。

高木さんガチ勢の中には西片きゅんこそ至高にして至宝という方も少なくないと思われますが、かくいうわたくし自身も本音のところ今の時代中学二年にしては貴重ともいえる彼の天使のような純朴さが汚されやしないかと毎回ひやひやしながら観ておりました。
とはいえ実際問題、彼女ちょっくら自分に自信ありすぎじゃないですか?絶対自分が可愛いってこと知ってるでしょ。その上「え、まって。西片絶対わたしのこと好きやん~wwww」とか思ってそう。じゃないとあんな「からかい」できます?実は原作の最初期あたりの高木さんってもっときつい目つきをしていて、どちらかというとギャル的な子を想定していたんだと思います。もっともすぐに今のようなくりっと大きなおめめになりましたが、多分当初は本当の意味で素朴な男子を揶揄う感じにするつもりだったんじゃないかと。それがいつの頃からか両想い的な伏線が見え隠れし始めたかと思うと高木さんがぐいぐい行き始めたんですよね。

(追記・レビュー後一巻からちょっと読み直してみたんですが……わりと初めからちらつかせてましたねwおっかしいな~、記憶と違う(;´Д`)ギャル的なからかいというのは合ってたんですが。
回を重ねるごとに高木さんが大人びていく反面、西片くんは子供っぽくなってる感がありますがアニメはこっちがベースなのでその印象が強いのかも。逆に言うと原作最初の頃は割と普通の中学生っぽいですね。)

高木さんってハイスペ女子にしては珍しく自分の方が優位に立てる男子に目を付けてますよね。現実なら彼女みたいな美人で大人びた子は年上あたりに恋するような気がします。まあ田舎すぎて対抗馬がいないというのはありそうですが。
でもあんなからかい方って本命にはむしろ出来ないんじゃないでしょうか?自分が相手よりも絶対的上位に立っているという自覚があるからこそできるからかい方な気がします。ローカーストの男子としては強く出るわけにもいかないし本気にするわけにもいかないしかといって飽きられるのも嫌だし……と、危うく非モテ陰キャの悲哀が漂う作品になるところでした。

一方で実際に高木さんがそれなりのハイカースト男子相手に今のようなあざとい「からかい」をやってたら他の女子達からしこたま嫌われるだろうなという気はします。
これは相手が西片きゅんのような人畜無害な天使相手だからこそ成立する……いや、まてよ?そういや高木さんって、女子達からも「高木ちゃん」と苗字呼ばわりされてるんですよね。うーん……やはりそこはかとない壁のようなものを感じます。表には出しませんが、やはり他の女子達も内心では疎んじてるのかも。でもこれ真野ちゃんも北条さんもですよね、オトコの存在を匂わせる女子は嫌われるんでしょうか。

そもそもの話として相手がハイカースト男子ならお得意の「からかい」が通用するかどうか自体微妙なところでしょう。割と簡単に転がされるんじゃないでしょうか、未来の娘を笑ってられません。案外彼女、実はめちゃくちゃプライドが高くてそういう力関係が低い位置にいるのが耐えられないから安パイの西片きゅんを選んだのかも。映画を誘う時「肝心なところで勇気がでない」と嘆いておられましたが、万が一断られなんかしたらプライドズタズタですもんね~。
どうです西片くん?ここはいっちょ月本さんあたりに近づいてみては?あの子も陸上部みたいですし案外話し合うかもしれませんよ。北条さんとちょっと話しただけで焼きもち焼く高木さんはどうなってしまうんでしょうかね。たまには彼女の方をやきもきさせるのもアリかもしれませんよ。
(余談ですけど、ミナちゃんにしろサナエちゃんにしろ、ああいう色恋にまーったく興味がないってタイプに限ってある日突然しれっと恋人作ってたりする現象、あれ何なんでしょうかね?で、ユカリちゃんみたく恋愛に憧れてる子がなかなか出来ないのは。やっぱり恋に恋しちゃうとシチュエーションとかにこだわりすぎて贅沢になるからでしょうかね?)

まあ身も蓋も無いことを言えば結局のところ本作もよくある男子向けラブコメの文脈にあるわけで、そりゃ特に女子側は何があっても一途であってくれないと困るわけなんですが、あえてリアル路線に考えるとどうなるんでしょう。
バレンタインの回で高木さんは事前に西片くんがチョコ三つ貰ってたのを知ってたわけですが、その後の女心がイマイチよくわかりません。自分の男がモテるというのは価値が認められてるとの現れでもありますからむしろ得意になっても良いところでは?というか一つだけならともかくいきなり三つもだなんて彼女の慧眼をもってすれば一目でおかしいことに気づくでしょうに。実際視聴者からすればあのシーンなんて出オチさながらのオチバレっぷりでしたし。高木さんともあろうお方が何というイージーミスでしょう、やはり恋は目を曇らせちゃうようです。ですが幸か不幸か、柴崎くんのようなイケメンなら犬役しようが何役しようがモテますが、西片くんのような冴えない男子が映えまくる演出決めてカッコいいとこ見せつけたところで女子はだ~~~れひとり見向き一つしないもんなんですよね、普通は。あれ?何故だろう涙でてきた……おや?そこのあなたも?(´;д;`)

実際のところ西片くんが初めからハイスペだったりしたら浮気リスクや略奪リスクなんかもありますが、ポジション的には高尾くんや木村くんと同一線上にいるわけじゃないですか、何を心配することがあるのでしょう(失礼)。対して高木さんは文化祭の演劇でオーディションもないままヒロイン役に抜擢され異論もないという完全なるクラスの花形ポジション。うがった見方をすれば一種のいじめという可能性もありますが、まあこの作品上では無いですよね。あるとしたら木村くんの方。
それで西片くんが他の女子にでれでれしたり調子乗ったりしたらわかりますけど、それ以前の話で嫉妬しちゃってる。ものすっごい独占欲が強い子なのかもしれませんね。その一方でそのことをすぐ反省するというか、自己嫌悪しちゃうというある種成熟した精神も持っている。割と人生しんどそうなタイプなのかも。

一見すると二人は不釣り合いな格差カップルで、どちらかというと西片くんの方が高木さんに(飽きられないためという意味でも、スペックを上げるという意味でも)近づいていかなければならないところだと思うんですが、描写的に二人の仲は暗黙の了解みたいなとこあるんで外からみてるより作品の内側ではお似合いのカップル扱いなのかも。正直高木さんは恋してるが故に西片くんが過剰にキラキラして見えてるだけと思ってたんですが必ずしもそうでないのかもしれません。
実際最終回の西片くんは大長編のび太さながらの主人公っぷりでしたしね。日頃走りこんでる割によくコケるなこいつとは思いましたが。

そういう意味から言えば、高木さんもこちらが思ってるより自分に自信があるわけではないのかもしれません。だとすればチョコを見つけて狼狽えたのも理解できます。西片くんが誰を選ぶかはわかりませんもんね。ヘンにからかいまくってることが仇となってる可能性もあります。表向きには西片くん、あれ嫌がってますもんね。それでも尚止められないのは愛情故か一種の性癖か……少なくとも彼がドMで本当は嬉しがってると思っているわけではないようです。もしそう考えていたのなら「からかい」続けりゃ気持ちをずっと自分に向けていられると思うでしょうから。

スピンオフとはいえ他作品の「元高木さん」への言及なので一部隠します。
{netabare}
結果的に二人は結婚することになるんですが、そのまま直行でゴールを決めたのか紆余曲折あったのかは少し気になるところではあります。高木さんの西片くんに対する想いは明白ですが、西片くんの方は実はまだ微妙なんですよね。彼の精神面はまだ幼さが残っているので、今のままの関係を選択する可能性は充分あります、というか現状そうです。
実は西片くん、大人になると結構見た目立派になるんですよね。高木さんへの反発心から始めた筋トレ等が功を成してるようで体育教師へとなれるまでに至ります。そういう意味からいえば高木さんもそううかうかしてられないわけなんですよ、今度は本当に西片くんのことを好きになる女子が現れても不思議じゃなくなってきてますから。
一方それは西片くんからしても同じというか、他の男子が高木さんに目を付けないわけがないんです、普通は。幸いにも彼女は……というより彼女「も」互いのつかず離れずの関係性に居心地の良さを感じてる節があるんで、西片くんがはっきりした態度を示さないこと自体は今のところマイナス要素ではなさそうですが、恋のライバルが現れたあたりからどうなるか見物です。見物なんですが……この作品のコンセプトにはあってないんで描写されることはないでしょうね。

いずれにしろ結果的に西片くんは高木さんに成長させてもらったと言っていいでしょうから、ある意味互いにウィンウィンの関係になったと思います。結果的に若くして幸せな家庭を築くことができたのですからこれ以上望むべくもないでしょう。
ところでこれ単純な疑問なんですが中学の体育教師ってそんなに稼げるんですか?元高木さん、どう見ても専業主婦ですよね?田舎の家賃が安いとしても娘一人かかえて共働きなしでもやっていけるものなのでしょうか?

{/netabare}

残りは細かい点を少々。

・三期にもなって今更ですが何気に一番気になってるのが高尾くんの存在。何故に「高」尾?あまりキャラの登場しないこの作品でなんでわざわざ「高」木さんとややかぶりする名前つけようと思ったんでしょうね?適当につけたんでしょうがそれでも気づくやろ普通……まあいずれ何かの役に立てばというつもりで出席番号の近い名前をあえてつけたということにしときましょうか。でもちょっとキャラ描写に悪意ありすぎひん?

・先にそれとなく触れましたが木村くんについて。文化祭演芸の「ブタ」王子、「カエル」って感じがしないからブタ?木村くんに失礼すぎやろ。もう中学生なんだからその辺のTPOわきまえましょう。というか先生がそれとなく注意せえよ、何のためのコワモテだよ。

・415段だから「良い恋」ねえ……4151どころか1151でもさすがに段数多すぎだからそうしたのでしょうか。でもそれなら411段にして「良いI(愛)」の方が良くないですか?415だったら「良い子」の方が先にきそう。いやまあ、いくらなんでも細かすぎる話ではありますが。

ま、こんなとこでしょうか。さすがに空地への不法侵入なんかを咎めだしたらドラえもんディスってんの?ってことになりますし。そんな恐ろしいこと出来ませんし。

本作も三期ということで、ちゃんと視聴者を飽きさせないよう結構趣向を凝らしているように感じました。正直原作では見た覚えのない起伏ある内容の話が多かったような気がします。ただまあ、ちょっとあざとすぎではありますよね。高木さんだけでなくアニメスタッフも。EDとか毎度毎度明らかにアラサー以降世代狙い撃ちにしてるますもんね。一番若くて2014年の曲、一番古くて1974年とかwまあ「夢で逢えたら」も「学園天国」も定番中のド定番の大名曲ではありますが、案外市場調査したらアラ還世代も本作を支持してるとでたから、ということなのかも。

それではこの辺で本作のレビューを終えたいと思います。
おそまつさんでした。

投稿 : 2022/05/04
閲覧 : 123
サンキュー:

11

ネタバレ

のび太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

終わってみれば、中学生の微笑ましいラブコメでした。

小学館ゲッサンで連載していた、山本 崇一朗による漫画作品が原作です。

大好きな男子、西片にストーカーのごときちょっかいをかけまくる女の子。
それが、からかいじょうずな高木さんだったんですね。

{netabare}バレンタインの日に、高木さんに勝負を仕掛けるために、早く登校した西片。
そこで下駄箱に下級生からのチョコが入っているのに気づき、そのまま教室に行くと、いつもはこんな時間に登校しない高木さんが既にいて、黒板を掃除していたという、まさに修羅場絵図w{/netabare}

原作では、作品の地域を明確にしていないけど、アニメでは原作者の出生地の小豆島土庄町となっています。
これ、二人が映画館に行くのに、フェリーに乗ったので初めて気づいたんですがw
小豆島土庄町では、聖地スポットとして、PRしているようですね。

それにしても、西片の鈍感ぶりは、まさに王道のラブコメ主人公でしたw
終わってみれば、中学生の微笑ましいラブコメでした。

投稿 : 2022/04/21
閲覧 : 127
サンキュー:

21

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 2期は1期に較べて、高木さんの行動が「からかい」と言うよりストレートなアプローチに
近づいてきている感があったが、3期目である本作はそれが更に顕著になった感じ。
 その分、西片とのことで一喜一憂する高木さんの状態が増え、それに伴いシリアス的雰囲気が
増したような。
 恋愛ものとしての色が強まった反面、コメディ要素は薄くなったように思える。

 最終話において、高木さんのこれまでの行動の真意や自身の高木さんへの気持ちをようやく
自覚して、自身の思いを伝えた西片。
 ここでENDでもいいような気もするし、気持ちを伝えたとはいえちゃんとした告白では
ないため、まだ続いてもいいような気もする。
 この最終話では西片が高木さんが乗る車を走っておいかけるが、思えば高木さんに写真を
送ろうと海まで走ったり、文化祭の劇で転びそうになった高木さんを助けようと走り寄ったりと、
2期で手をつなぐという行為がモチーフになっていたように、本作では走るという行為が
キーワードだったのかも。まあ、2期ほど明確ではなかったけど。

 第1話の夢妄想展開や、第2話のサイレント演出、第8話の同じシチュエーションを異なる
キャラで繰り返す展開など、3期ともなるとこれまでとは異なることがやりたくなるのか、
異色回が多かった印象。

2022/04/20

投稿 : 2022/04/20
閲覧 : 92
サンキュー:

6

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

Qあの2人付き合ってないらしいよ? Aあれはもう付き合ってるようなもんだよ。

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
形式美説明不要の有名ラブコメ作品になりましたね。

ただ、3期やって、あまりにも進捗しなさすぎという感じもしましたね。

まあ、もはや形式美なんですが(笑)

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
なんかこう、段々と高木さんが田中みな美さんみたくも見えてきましたね(笑)

あざとい、ぶりっこ、というのは昔は(主に女性から)めっちゃ嫌われる要素でしたが、最近は、「努力」と見る節もあるみたいですね。

高木さんは結構頑張ってるのに、西片がな~。1期は「西片かわいい」と思ったし、2期も、ちょっと成長した西片に好感をもてたんだけど、さすがに3期まで、「高木さんめぇ~」だと、「西片、いい加減、根性出せや」と言いたくなる。高木さんが勇気を出して、結構グイグイきていただけにね。

さて、4期があれば、西片にバシッと決めて欲しいですね。そして高木さんの最高の笑顔を観て、2人はハッピーエンドで結ばれる。

もうそれを待つだけですね。

あ、ミナ、ユカリ、サナエの3人のコントが、本作で一番の見所でした。彼女らが主役のスピンオフ日常系アニメ、作ってほしいです!
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆3
どう見ても夢オチだよな(笑) OVAみたいな回だけど、こういうノリはイマイチ求めてない。段々、田中みなみに見えてきたw バカ2人、むなしい(笑) 肌の色、戻ってるじゃん。あ、これ、高木さんの夢か。んでこのEDか。

2話目 ☆4
サイレントとか、色々やるな。好きだよ、の不意打ち。「だってあんなセリフないってバレちゃうし」はズルい(笑) 汗だくで砂浜に寝転ぶのは(笑) そのポカリは、ホレてまうやろー(笑) ED、ジュリマリか。こんなに可愛くなるんだな(笑)

3話目 ☆4
団扇、攻めるな~。相合い傘、ラブラブすぎるだろ(笑) 

4話目 ☆4
まあ、「が」が入るやな(笑) 相変わらず、イチャイチャしてるな~(笑) もてあそぶな~(笑) ラムちゃんコス(笑) まさかの本物(笑) 風呂上がりに出会いたい、、、あざといな~(笑) 久々のクリティカル(笑)

5話目 ☆4
お、将来やな。俺もパイナップルだと思った(笑) 西方は可愛いな~(笑) 

6話目 ☆4
文化祭。西方、男前や(笑)

7話目 ☆4
ホント、この3人は落ち着くよな。十分、日常系の主人公張れる。あれは付き合っているようなもん(笑)

8話目 ☆4
色んなカップル。高木さんの可愛さが出た回だったな。緊張とか、勇気ないとか。

9話目 ☆


10話目 ☆


11話目 ☆


12話目 ☆

{/netabare}

投稿 : 2022/04/11
閲覧 : 116
サンキュー:

25

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

マンネリ感

{netabare}
そもそも一期からあまりコメディ的にみて面白いとは思ってなかったけど、3期は尚更だった。さすがにこのしょーもないノリをずっと引っ張られると飽きてくるし、ろくに進展もないので引き延ばし感しかない。
そんなわけで前半はかなり退屈だった。まあこのノリが好きな人は楽しめるんだろうけど。
ただ、後半は悪くなかったかな?
クリスマス回とか、最終回とかお互いの距離が結構近づいた感じがしてやっと進展が感じられたし、一話としての出来もかなり良かったと思う。結局まだ付き合ってないのが何とも言えないけど()

↓一話毎メモ
{netabare}
1話 ☆4
いや何起こってんのこれw
びっくり箱ってこと知ってるのに驚くわけw
話が分かりにくいな。
うーん正直飽きてる 

2話 ☆5
これが賢者の弟子を名乗る賢者ですか
恐竜図鑑w これで勝ったと思うなよー 

3話 ☆5
内輪を使ってって物理か?w やっぱそうかw
トラインブナインかな? テレビ間に合うんか? 

4話 ☆3
何回やるねんこの流れ。はーつまんねw 寒すぎる。
ガチUFOw やっぱEDはカバーなのね。

5話 ☆6
ほうれん草か? アキネーター。いや、おもんねえよw
カエルて... スローループ 恋ちゃん? 

6話 ☆7
走れば驚かされんやろ。ハムになるってなんだよw
酷い脚本だなw 無茶な繋げ合わせw 酷い脚本が余計に酷くw 
この曲何だっけ。イントロだけ聞き覚えあるけど曲名知らんわ
今回結構面白かったな。

7話 ☆4
散歩をさせてるだろ! 宿題(意味深)
西方に作ってるんじゃないんかよ EDが懐かしすぎる。

8話 ☆3
死ぬほどつまらん。

9話 ☆4
気持ち悪いぬいぐるみだ。パズルこんなに簡単な台あるんか。押せや。

10話 ☆6
お互いに評価って客観的要素がw 浮気疑われた?
誕生日に渡すんじゃないのか。

11話 ☆7
つまらん。バレンタインならではのからかいとはw
主人公じゃない話のほうが面白い。いや最後は良かったわ。

12話 ☆8
今回内容まともだな。最終回が一番良かった

曲評価(好み)
OP「まっすぐ」☆8
ED1「夢で逢えたら」☆8
ED2「Over Drive」7.5
ED3「ひまわりの約束」☆9
ED4「学園天国」☆8
ED4「じょいふる」☆9
ED5「クリスマス」☆9
ED6「スノーマジックファンタジー」☆8
ED7「花」☆8.5
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2022/04/10
閲覧 : 98
サンキュー:

8

ネタバレ

Jeanne さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ニヤニヤ系アニメ第3期

漫画原作 原作未読 全12話
アニメ1期2期は視聴済み

中学生同士のニヤニヤ系ラブコメの第3期です。
基本的な内容は1期2期と変わらないのでこれまでのシリーズがハマらなかった人は見ないでもいいと思います。

第3期にして放送枠がスーパーアニメイズム枠に栄転?したにも関わらず、1話の夢落ち回や2話の無声回など新規視聴者を獲得する気があるのか疑問でしたが、個人的には最初から最後まで楽しめました。

感想は基本的に1期2期と変わりませんが、西方と高木さん以外の中井くん&真野ちゃん、浜口&北条さんカップルや女の子3人組のエピソードなど飽きさせない構成で良かったと思います。
特に北条さんの大人ぶって背伸びしたツンデレキャラは可愛かったです。

特に好きだった回は9話の映画を見に行ってプレゼントを交換する回と最終話です。
個人的に西方が照れている場面より高木さんが嬉しいのを我慢しているような場面の方がニヤニヤできたので、この回は最高でした。

作画は終始安定していて、EDもこれまで通り高木さん(高橋李依さん)が歌う懐メロカバーで良かったです。

ぜひ4期と続編である元高木さんも放送されることを楽しみにしています。

投稿 : 2022/04/09
閲覧 : 92
サンキュー:

9

og3jar さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期と2期が良すぎたので・・・

予定調和の先取りをした『夢』を見たとか、折角の1期2期の時の『付かず離れず』の関係、バランスが崩れていた。

1期と2期と同じでよかったのに・・・

最終回は良かった。

映画に期待だね!

投稿 : 2022/04/07
閲覧 : 75
サンキュー:

3

みのるし さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

えっ?今頃気が付いたのか!?

とゆわれるのんを承知でアレしますけど、小豆島だったんですねぇ。

いやなんか、先週のブラタモリも小豆島だったし、なんか今アツいのか?小豆島ー?みたいなですね。


てゆうのは先日の放送分。
西方と高木さん2人でフェリーに乗って映画行く話。

あれ見ておおそうだったのかーと。


聖地巡礼のサイトで確認したところそれはまあ丁寧に書き込まれていたんだなあとゆうことに今更ながら気付かされましてなんとなくぽわぽわしております。


にしても雪の降るクリスマスにブライアンフェリーに乗ってデートだなんて。
このーしあわせもんがー!!!ロマンチックすぎるやないかーい!


415段の見晴台も実際にあるのだろうか。
あるんだろうなぁ。多分。

ま。とにかく癒されますわな。
高木さん。

最終回 こくっちゃえよう~~~。

:::::::::::::::::::::::::

なんやねんなー。にしかた~。
まあええかー。思いは伝わったんやろしな~~~~。

ま。とりあえずこれはこれでよしとしますか。

投稿 : 2022/04/04
閲覧 : 143
サンキュー:

17

nekojump さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

だらだら見ちゃう

少年少女の童心があらわれる。

投稿 : 2022/04/03
閲覧 : 50
サンキュー:

1

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まっすぐな気持ちがほの見えた3期

緩やかな小道を登る。
振り返るとキラキラと光る海。
穏やかな瀬戸内の風景が眼下に広がる。
瀬戸内暮らしが日常になりつつある。

このアニメの舞台は小豆島。
思いつくものといえば、オリーブと二十四の瞳。
長い階段の神社も実在する模様。
いつかまた、フェリーで渡ってのんびりしたいものである。

相も変わらず勝負なのね。
西方のすべてを熟知している高木さんに勝てる術もなく。
そんな西方が可愛らしく、そんな高木さんが頼もしく。
しかし、その関係性に変化が?

始めて高木さんがマジで走っている姿をみた気がする。
えっ、そこで?
いいえ、まだ早いです。
何故かって?
それは近日中に劇場版が公開されるからです。

投稿 : 2022/04/02
閲覧 : 97
サンキュー:

21

ネタバレ

nishi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

はよ付き合え、いつになったら終わるのか

クリスマス回は良かったですね
もうこのアニメ、全ての〜さんシリーズに言える事なんだけど、こういうアニメは1部のファンにしか受け入れられないのよ
多分高木さん好きじゃない人は見ててイライラしてると思う
なぜなら進展せずに終わらないから
進展して終わる〜さんシリーズがあったらと見てて思う
でも僕は高木さんは普通に好きだけどアニメの出来はあまり良くないのでこの点数にしました

投稿 : 2022/04/01
閲覧 : 71
サンキュー:

3

次の30件を表示

からかい上手の高木さん③のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
からかい上手の高木さん③のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

からかい上手の高木さん③のストーリー・あらすじ

「からかい」が縮める、二人の距離――。 2022年、見守りたい初恋が、ここにある。 とある中学校、隣の席になった女の子・高木さんに、何かとからかわれる男の子・西片。 高木さんをからかい返そうと策を練るも、いつも高木さんに見透かされてしまう。 どうにかして、高木さんにひと泡吹かそうと奮闘する日々…。 移ろうものは季節だけではなく、西片の心にも…? 一方、優勢とみられた高木さんにも、ゆらぐ事態が―? スキを見るか、スキを見せるか― ニヤキュン指数100%の「からかいバトル」、 いよいよ最終ラウンドに…!?
(TVアニメ動画『からかい上手の高木さん③』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年冬アニメ

声優・キャラクター

高木さん:高橋李依
西片:梶裕貴
ミナ:小原好美
ユカリ:M・A・O
サナエ:小倉唯
中井:内田雄馬
真野:小岩井ことり
高尾:岡本信彦
木村:落合福嗣
浜口:内山昂輝
北条:悠木碧
田辺先生:田所陽向

スタッフ

原作:山本崇一朗『からかい上手の高木さん』『あしたは土曜日』(小学館「ゲッサン」刊)
監督:赤城博昭
脚本:福田裕子、伊丹あき、加藤還一
キャラクターデザイン:髙野 綾
総作画監督:茂木琢次、近藤奈都子、岡 昭彦、小野田将人、高野 綾
音楽:堤 博明
アニメーション制作:シンエイ動画

このアニメの類似作品

この頃(2022年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ