新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「からかい上手の高木さん③(TVアニメ動画)」

総合得点
74.2
感想・評価
229
棚に入れた
639
ランキング
822
★★★★☆ 4.0 (229)
物語
4.0
作画
4.0
声優
4.2
音楽
4.0
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

からかい上手の高木さん③の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

三期

相変わらず微笑ましい。

投稿 : 2022/05/20
閲覧 : 5
サンキュー:

2

ネタバレ

クラッチ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高

安定したおもしろかった。

投稿 : 2022/05/14
閲覧 : 29
サンキュー:

2

ネタバレ

イムラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

西片、覚醒!・・・か?

<2022/1/20 初投稿>
1、2期視聴済みです。

2話まで見ました。
安定のニヤニヤ♪

特に2話は高木さんの隠し包丁的なアピールがよし!
EDは「OVER DRIVE」
1期「自転車」に続くジュディマリ
ジュディマリの軽快で爽やかな曲調は本当に高木さんの世界観に良く合ってる。

<2022/2/5 追記>
5話まで見ました。
ネタバレしない範囲でエピソードいくつか振り返ってみまーす。

1話
『握力のやつ』
西片くんの{netabare}夢オチ{/netabare}
2期のラストエピソードをちょっと混ぜ込んだりしてます。

『日焼け』
高木さんの世界観、空気感が蘇ってきました。ウォーミングアップにちょうどいい。

『新学期』
こちらは高木さんの{netabare}夢オチ{/netabare}。
こちらもやはり2期のあのシーンがモチーフです。
目が覚めて、部屋の窓を開けて、満面の笑顔の高木さん。
晩夏の朝の空気がなんとも心地よさげ

2話
『気配』
無声でお送りする。

『図書委員』
音読の態で西片に気づかれないように{netabare}告白する{/netabare}高木さん♪

『夕陽』
{netabare}西片と一緒に夕陽{/netabare}が見たくて、おつかい終わってから海までの道を自転車で爆走する高木さん♪

3話
『雨』
西片ナイス判断!
この時も高木さんの異常なまでの鋭すぎる対西片洞察力が発揮されてましたけど、これは洞察力というより半分高木さんの願望だったんじゃないかな。
そして{netabare}高木さん{/netabare}の嬉しさが爆ぜてましたね。
スキップ♪スキップ♪
あと雨の描写が地味に良い
雨で湿った土の匂いまでしてきそう

4話
『お弁当』
木村は食中毒で休みって普通に言われてたけど、割とよくあることなのかw

『夜』
{netabare}高木さん{/netabare}がドキッとしてましたね
こういう回が特に良い。

5話
冒頭から{netabare}セーラー服の{/netabare}ちーちゃん出てて、最初状況がよく飲み込めなくてびっくりしましたが。
見た目は母親似、性格は父親似なんですねぇ

『役決め』
これはもしかしたらラブコメによくある流れになるのかな?
例えば{netabare}木村がセリフを覚えられないとかで王子様が西片に変更になる{/netabare}という感じの。
それとも木村、食中毒なったりして笑。
それにしても{netabare}「西片が王子様の役に選ばれたら西方の勝ちでいいよ」{/netabare}とかもう露骨な高木さん笑

そして『釣り』
「ぎゅっ」ってなってた。。

<2022/2/12 追記>
6話見ました
まるまる『文化祭』ですよ
青春ですよ

木村は{netabare}食い過ぎ{/netabare}の方でしたか 笑
でも期待を裏切らない木村。
2期の最終話といい良い仕事するなー 笑。

そして演劇
{netabare}転びそうになる高木さんを飛び込んで助ける西片。
王子が西片に替わってることに気がついて感激の高木さん!
アドリブで公開告白{/netabare}みたいになってるし。
最高の{netabare}笑顔{/netabare}でしたね

3期最大の盛り上がりでした。
見てて嬉しくなるアニメは良いアニメ

なお、EDは学園天国でした
ノリノリで終わり。

<2022/2/26 追記>
第8話
寄り道四種が微笑ましい

そして
「いいな、真野ちゃん」
高木さんの鋭く温かい洞察力よ

最後は「いっつも大切なとこで勇気出ないなぁ」と言いつつ{netabare}がんばった高木さん{/netabare}がいじらしい

<2022/3/13 追記>
第10話『相談』
これは可愛いやきもち

<2022/5/8 追記>
最終話もリアタイで見たのだけど、レビュー更新忘れてました。

第11話『2月14日』
1話丸ごとバレンタインのお話。
前回「相談」から続いて、{netabare}自分の中の「やきもち」{/netabare}に葛藤する高木さん。
学校のシーンの「高木さんの眼の表情」に注目です。

第12話『3月14日』
最終回です。
なんかもうあれですね。
本人たちは「付き合ってない」のに、既にクラス公認 笑

第2話『図書委員』、{netabare}「高木さん告白」{/netabare}の真実に辿り着いた西片!
高木さんに鍛えられて賢くなったのかも笑

といろんな意味で覚醒したかもしれない西片くん。
ラストは走って走って。
追いついて。

映画ではどうなるのでしょう?

投稿 : 2022/05/08
閲覧 : 301
サンキュー:

38

ネタバレ

とーよ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

【提案】おふたりはいい加減付き合ってみてはどうでしょうか?

からかい上手の高木さん③(2022年冬アニメ)

山本崇一朗さん原作の人気漫画でアニメは3期目となります。
本作の3期放送発表と同時に映画化も発表されてびっくりした
のは私だけではない筈。さらには同原作クノ一ツバキの胸の内
が春アニメ、それでも歩は寄せてくるが夏アニメとして放送が
決定しており、本年はアニメ化3本、映画化1本と山本先生の
当たり年となっております。巡り合わせなんですね。

今回の3期視聴にあたり、1期は基本のからかいバトル(一方的
でバトルとは言わないかw)、2期はぐいぐいと高木さんの攻勢
を前面に、最後はアニメオリジナルストーリーでの締めくくりで
からかい上手の高木さんというアニメ作品としては1期、2期で
全てをやり尽くしたんじゃないかと個人的に思ってました。他の
作品で言うと私の勝手な見解ですが、ウマ娘2期があれだけ盛り
上がったから次回作は(3期が制作されたとしたら)果たしてどう
なるのかなと言ったところです。でも、3期やって欲しいけどw

本作高木さん3期はどうなるのかと思いつつ、まー、原作ファン
で漫画を全巻所持している身としてはリアタイで見ないとねって
ことで見始めました。

OP曲は前作から引き続き大原ゆい子さんが担当されています。
「まっすぐ」良い曲です。ちなみに当該曲のゆい子さんのMVは
高木さんの舞台の小豆島で撮影されています。聖地巡礼クリップ
にもなっています(笑)MVは曲の世界観を表現するものですから
当然と言えば当然かもしれませんが。OP曲は高木さんの心情を
1期から作詞されて歌われていますが、今回はさすがに3期目と
あって高木さんの熱い想いが随所に感じられる歌詞になってます。
OPアニメーションも高木さんの舞台の小豆島。名産オリーブ、
ハート型の葉っぱも出てきましたがこれは2番の歌詞にあります。
アニメ制作がシンエイ動画ってことでどこでもドアも友情出演。
ついでにゆい子さん御本人まで登場と凝った作りになってます。
ただ、りんごとりゲームとフェリー船上での帽子が飛ぶシーンは
3期本編に出て来なかったので劇場で回収ってことでしょうか。

ED曲は前作までを踏襲して高木さん役のりえりーによる懐メロ
カバー。どんな曲がセレクトされるのか楽しみでもありますね。

各話感想とか独り言(ネタバレ)
1話
{netabare}しょっぱな、クラスのみんなが居眠りしてるのは
夢落ちの導入なんですね。さすがに寝過ぎだよねって思ったw
夢で始まってりえりーのEDカバー曲、大瀧詠一さんの名曲、
夢で逢えたらで終わりました。お互いの夢でも逢えるなんて
二人は本当に素敵なことね♪{/netabare}
2話
{netabare}2話の始まりは何とサイレント。チャップリンか
トムとジェリーか。でも、サイレントなのに喋ってるセリフが
分かる不思議w持ち物検査は相変わらず手玉に取られてるなw
将来、西片は体育の先生になるんだよねー。まさに予行演習だ。
あ、サナエのお姉さんの月本先生出てきた。って、高木さんの
告白良いなー。こんなセリフないけどだって。二人で見る海の
夕陽がきれい。西片も赤いけど高木さんも赤いね。{/netabare}
3話
{netabare}好きな男の子が自分を気に掛けてくれて戻ってきて
くれた。濡れるから一緒に帰ろうと誘ってくれた。これは心から
嬉しい筈だよね。 {/netabare}
4話
{netabare}UFOっているんだね。だから、ラムちゃんやるんだ。
でも、うる星は見るか分からないけど。銭湯のシーンでは自動的に
脳内で神田川が再生されたわw暗いから送っていくよ。照れもなく
西片から自然に出たセリフ。やっぱ優しいなー。もっと早く言葉に
出来るシーンがあれば、勝負は西片の勝ちだったかな。{/netabare}
5話
{netabare}うわ!元高木さんからちーちゃん登場。CVは宮本さん
なんだー。これ、元高木さんのアニメ化フラグでしょ。超絶期待しま
すよ。後ろに貼ってある習字は未来。こちらでも時代を示唆してます。
って、ちーちゃんのお弁当の包みが4話の高木さんの使ってたお弁当
包みって良いね。親子で受け継がれてる。そして、現在の高木さんが
西片にもし料理を食べてもらう機会があれば、美味しいピーマン料理
を食べさせてあげるねって言ったけど、元高木さんで美味しく食べて
もらってるんだよねー。来年、元高木さんアニメ化決定!(予想w)
釣り。萌ました。西片が池に落ちそうになった時の高木さんの速さ。
その後の西片の背後からギュッと抱きしめるのと我に返った時の西片
からの離れ方の反応。可愛いすぎて死ねるw{/netabare}
6話
{netabare}丸っと1話オリジナルの文化祭!厳密に言うと他の原作
エピソードも混ざってるけど。姫を助ける王子様。釣りの時の貸しを
返した格好だけど、2人とも頭より身体が先に動いてる。これは凄い。
高木さんもまさかの西片登場で満面の笑顔☆そしてアドリブ演技とは
いえ、好きな人から面と向かって愛の奇跡なんて言われた日にはもう。
2人の出会ったあの春の日は。高木さん、文化祭の出し物ってことを
忘れてるでしょw文化祭打ち上げのカラオケパートから高木さんの歌
(りえりーカバー)で締めるエンドは良いですね。学園天国とは思いも
しませんでしたが(笑){/netabare}
7話
{netabare}西片、どんだけ犬好きなんだよw犬を散歩させる西片と
西片を散歩させる高木さんが素敵♪放課後の学校はカップルだらけ。
いや、ちょっと多すぎでしょ。でも、下校しないで残って他愛も無い
話をするのが楽しいのは分かる。一緒にいるだけで良い。懐かしやw
ところで手編みは男の憧れでベタだけど世の中にイベントとして存在
してるのかな?周りでも聞いたことないけど手編みが出来る方は男女
問わず尊敬します。って、近いよ高木さん!犬で始まり犬で終わった
回でした。{/netabare}
8話
{netabare}同じシチュでの寄り道4本。それぞれ特徴が出てて面白い
ですね。西片はいつも通り、浜口のヘタレは親近感を覚え、真野ちゃん
の苦労は良く分かるけど、中井も実はちゃんとポイントは押さえてる。
3人組は笑わせてもらいました。ところでこちらの415階段は小豆島
に実在してるそうです。段数はこんなに無い(ノートも無い)そうですが
眺望は本当に素敵なところだとか。レンタルDVDの一緒に見ようよ。
あれだけ攻めてるのにこちらは勇気出なかったって不思議なものですね。{/netabare}
9話
{netabare}文化祭に続いて素敵なオリジナル回(同様に他の原作エピも
混ざってます)これは誰が何と言おうとデート。映画を見にフェリーで
内地(倉敷?)までって中学生の2人にはちょっとした小旅行気分かな。
カップルの西片ですは中学生らしくて微笑ましい。こちらは爆笑です。
西片に可愛いと思って欲しくては女の子の本音だよね。ライト点灯の
演出も素敵でした。でもその後の手袋に繋げるのにホワイトクリスマス
ってのは瀬戸内では厳しいのでは。ま、手袋を西片から貰った時の高木
さんの表情見たら吹き飛びましたが。ただのクリスマスプレゼントじゃ
ないよ。誰にもアドバイス聞かず、普段の高木さんの様子を気に掛けて
恐らく一生懸命選んだ手袋。ピンクの女性モノって事で買うのもきっと
恥ずかしかったことでしょう。グッジョブ西片!高木さんからの手編み
のマフラーも同じくらいの気持ちが詰まってるよ。{/netabare}
10話
{netabare}お正月早々出逢えるなんて、これは春から縁起が良いぞ♪
おっと高木さんしっかり手袋してるね。西片もマフラーしてるけど。
雪だるまの時はちゃんと手袋を別なのに変えてるね。当然、汚したく
ないもん。あら?良く考えたら雪だるま一緒に作って共同作業じゃん。
北条さんからの相談、西片のことを良く知ってるからこそ高木さんは
つらいかも。(って、せっかくの内緒事でも西片だと高木さんに筒抜け
になるから困るわw)高木さんのからかいと意地悪は違うよー。はい、
視聴者分かってますよ{/netabare}
11話
{netabare}みんなドキドキバレンタイン。2月14日が煮干しの日は
知らなかった。後の高木さんネタも煮干しで考えること同じでワロタw
好きな人の下駄箱に3っもチョコレートが入ってたら動揺するよねー。
西片はモテるタイプじゃないと思ってた(失礼)のに私以外の他の娘から
3っもチョコが。流石の高木さんも女の子。普段見掛けない顔を覗かせ
ました。語呂の8080は笑ったけど。西片ならバレバレって読むわw
心晴れ晴れ。最後は当日にチョコレート渡せて良かったね、高木さん。
そう言えば、西片の想像で高木さんが勝ってる場面は今回初めて見たw{/netabare}
12話(最終回)
{netabare}西片も3月14日中にお返しが出来て良かった。好きって
告白よりも実際、遠くまで会いに来てくれて会いたかったからって一言
が非常に突き刺さりました。2期の最後は、西片から高木さんの片手を
取っての手繋ぎだけど、今期最後は高木さんから両手を取っての手繋ぎ。
まさに倍返し。3期だけで言っても1話の桜吹雪とリンクしてますね。
1話では桜吹雪の中、手を繋ぐ直前に高木さんの夢が覚めちゃったけど
最終回は、現実の桜吹雪の中で見事に西片の手を取ることが出来ました。
そういえば、西片クエストも評価しないとですね。良く考えたものです。
西片クエストを実際に遊べるサイトがあるので皆さんもチャレンジして
はどうでしょう。私は挫折しました。ムズイ。。。{/netabare}

見終わって。いやー、原作好きなんですが、見事にこのショートマンガを
昇華して素晴らしいアニメ作品に仕上げたスタッフの皆さんに脱帽です。
ワンパターンで飽きたの声も理解出来ますが、1期、2期とは別の面白さ
がありました。アニメだからこそ表現の出来る部分があって、今回は特に
高木さんにしろ西片にしろ中学生の思春期の恋心をかなり掘り下げて表現
されていたかと思います。(逆にこれが原作から離れすぎてダメだとの声も
聞こえて来ましたが。)西片もそろそろ自分のほのかな恋心に気付きそうな
気配もあり、最終回では流石に今までの高木さんの好きはからかいではない
と分かったようだし(だから居ても立っても居られなくて高木さんに会いに
行ったんだよね。以降、やっぱりからかいかよと思い直したり忘れたりする
なよw)今度こそ劇場版ではっきりと方がつくのかな。あー、見に行かねば。

3期のテーマは何だったんだろう。2期は間違いなく手を繋ぐことでした。
(2期のキービジュアルから西片は高木さんの手を見ていたし。)他の方の
レビューで走ることではとの御意見がありましたが、そうかもしれませんね。
釣りの時も文化祭の時もお互いに走り寄った。途中でRunnerをBGMで海
まで走る話もありましたね。そして、最後は高木さんに会いに走る。本当の
ところは分かりませんが、兎にも角にも2人の距離はゼロセンチメートルで
間違いないかと思います。劇場版がどういうお話か分かりませんが、最後と
言わず、3年生の夏以降から卒業までを気が早いですが、4期としてやって
いただいて、アニメの中で告白して付き合っての正式なカップルになって
欲しいですね。(世間的には既に付き合ってる公認のカップルですけどねw)

【2022年1月からリアタイ視聴。5月初投稿 修正済み】

投稿 : 2022/05/04
閲覧 : 46
サンキュー:

16

ネタバレ

エイ8 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あざとさ増し増し高木さん

『からかい上手の高木さん』(からかいじょうずのたかぎさん)は、山本崇一朗による日本の漫画作品。
第3期『からかい上手の高木さん3』は、ネット局が従来のTOKYO MX・読売テレビなどから毎日放送・TBS系列に移行・全国ネットに昇格し、2022年1月から3月まで同系列の『スーパーアニメイズム』枠ほかにて放送された。(wikipedia)

もはや苗字さん系のパイオニアにしてレジェンドと言っても過言ではなくなってきた作品の三期。彼女の登場以降数多のフォロワーが産まれてきましたが未だその座を脅かすほどの勢いのある作品は登場していないのはではないでしょうか。次点にようやく古見さん辺り?

もっとも過去には「涼宮ハルヒの憂鬱」などというフルネームさんがおりましたし、さらに遡れば『じゃりン子チエ』『エスパー魔美』『あさりちゃん』などという錚々たるガチレジェンド達は有らせられるものの、案外本当に「苗字さん」系って無くないですか?気づいてないだけ?「はいからさん」……は、あれ苗字じゃないですよね?『GS美神』は敬称略ですし……うーん、ちょっとわからないです。教えて、一休さ~ん!

それはさておき、レビュータイトルにも書きましたが彼女本当にあざとくなってきてません?一期の頃はもっと子供っぽく微笑ましい「からかい」方をしてたような気がするんですが、回を重ねるにつれ段々と「からかい」というより「あざとい」感じになってきたように感じます。こんなに女をちらつかせるような子じゃなかったと記憶してるんですがね、彼女。あんまりにも西片くんが照れ屋さんなんで強行突破の糸口を探しているのでしょうか。

高木さんガチ勢の中には西片きゅんこそ至高にして至宝という方も少なくないと思われますが、かくいうわたくし自身も本音のところ今の時代中学二年にしては貴重ともいえる彼の天使のような純朴さが汚されやしないかと毎回ひやひやしながら観ておりました。
とはいえ実際問題、彼女ちょっくら自分に自信ありすぎじゃないですか?絶対自分が可愛いってこと知ってるでしょ。その上「え、まって。西片絶対わたしのこと好きやん~wwww」とか思ってそう。じゃないとあんな「からかい」できます?実は原作の最初期あたりの高木さんってもっときつい目つきをしていて、どちらかというとギャル的な子を想定していたんだと思います。もっともすぐに今のようなくりっと大きなおめめになりましたが、多分当初は本当の意味で素朴な男子を揶揄う感じにするつもりだったんじゃないかと。それがいつの頃からか両想い的な伏線が見え隠れし始めたかと思うと高木さんがぐいぐい行き始めたんですよね。

(追記・レビュー後一巻からちょっと読み直してみたんですが……わりと初めからちらつかせてましたねwおっかしいな~、記憶と違う(;´Д`)ギャル的なからかいというのは合ってたんですが。
回を重ねるごとに高木さんが大人びていく反面、西片くんは子供っぽくなってる感がありますがアニメはこっちがベースなのでその印象が強いのかも。逆に言うと原作最初の頃は割と普通の中学生っぽいですね。)

高木さんってハイスペ女子にしては珍しく自分の方が優位に立てる男子に目を付けてますよね。現実なら彼女みたいな美人で大人びた子は年上あたりに恋するような気がします。まあ田舎すぎて対抗馬がいないというのはありそうですが。
でもあんなからかい方って本命にはむしろ出来ないんじゃないでしょうか?自分が相手よりも絶対的上位に立っているという自覚があるからこそできるからかい方な気がします。ローカーストの男子としては強く出るわけにもいかないし本気にするわけにもいかないしかといって飽きられるのも嫌だし……と、危うく非モテ陰キャの悲哀が漂う作品になるところでした。

一方で実際に高木さんがそれなりのハイカースト男子相手に今のようなあざとい「からかい」をやってたら他の女子達からしこたま嫌われるだろうなという気はします。
これは相手が西片きゅんのような人畜無害な天使相手だからこそ成立する……いや、まてよ?そういや高木さんって、女子達からも「高木ちゃん」と苗字呼ばわりされてるんですよね。うーん……やはりそこはかとない壁のようなものを感じます。表には出しませんが、やはり他の女子達も内心では疎んじてるのかも。でもこれ真野ちゃんも北条さんもですよね、オトコの存在を匂わせる女子は嫌われるんでしょうか。

そもそもの話として相手がハイカースト男子ならお得意の「からかい」が通用するかどうか自体微妙なところでしょう。割と簡単に転がされるんじゃないでしょうか、未来の娘を笑ってられません。案外彼女、実はめちゃくちゃプライドが高くてそういう力関係が低い位置にいるのが耐えられないから安パイの西片きゅんを選んだのかも。映画を誘う時「肝心なところで勇気がでない」と嘆いておられましたが、万が一断られなんかしたらプライドズタズタですもんね~。
どうです西片くん?ここはいっちょ月本さんあたりに近づいてみては?あの子も陸上部みたいですし案外話し合うかもしれませんよ。北条さんとちょっと話しただけで焼きもち焼く高木さんはどうなってしまうんでしょうかね。たまには彼女の方をやきもきさせるのもアリかもしれませんよ。
(余談ですけど、ミナちゃんにしろサナエちゃんにしろ、ああいう色恋にまーったく興味がないってタイプに限ってある日突然しれっと恋人作ってたりする現象、あれ何なんでしょうかね?で、ユカリちゃんみたく恋愛に憧れてる子がなかなか出来ないのは。やっぱり恋に恋しちゃうとシチュエーションとかにこだわりすぎて贅沢になるからでしょうかね?)

まあ身も蓋も無いことを言えば結局のところ本作もよくある男子向けラブコメの文脈にあるわけで、そりゃ特に女子側は何があっても一途であってくれないと困るわけなんですが、あえてリアル路線に考えるとどうなるんでしょう。
バレンタインの回で高木さんは事前に西片くんがチョコ三つ貰ってたのを知ってたわけですが、その後の女心がイマイチよくわかりません。自分の男がモテるというのは価値が認められてるとの現れでもありますからむしろ得意になっても良いところでは?というか一つだけならともかくいきなり三つもだなんて彼女の慧眼をもってすれば一目でおかしいことに気づくでしょうに。実際視聴者からすればあのシーンなんて出オチさながらのオチバレっぷりでしたし。高木さんともあろうお方が何というイージーミスでしょう、やはり恋は目を曇らせちゃうようです。ですが幸か不幸か、柴崎くんのようなイケメンなら犬役しようが何役しようがモテますが、西片くんのような冴えない男子が映えまくる演出決めてカッコいいとこ見せつけたところで女子はだ~~~れひとり見向き一つしないもんなんですよね、普通は。あれ?何故だろう涙でてきた……おや?そこのあなたも?(´;д;`)

実際のところ西片くんが初めからハイスペだったりしたら浮気リスクや略奪リスクなんかもありますが、ポジション的には高尾くんや木村くんと同一線上にいるわけじゃないですか、何を心配することがあるのでしょう(失礼)。対して高木さんは文化祭の演劇でオーディションもないままヒロイン役に抜擢され異論もないという完全なるクラスの花形ポジション。うがった見方をすれば一種のいじめという可能性もありますが、まあこの作品上では無いですよね。あるとしたら木村くんの方。
それで西片くんが他の女子にでれでれしたり調子乗ったりしたらわかりますけど、それ以前の話で嫉妬しちゃってる。ものすっごい独占欲が強い子なのかもしれませんね。その一方でそのことをすぐ反省するというか、自己嫌悪しちゃうというある種成熟した精神も持っている。割と人生しんどそうなタイプなのかも。

一見すると二人は不釣り合いな格差カップルで、どちらかというと西片くんの方が高木さんに(飽きられないためという意味でも、スペックを上げるという意味でも)近づいていかなければならないところだと思うんですが、描写的に二人の仲は暗黙の了解みたいなとこあるんで外からみてるより作品の内側ではお似合いのカップル扱いなのかも。正直高木さんは恋してるが故に西片くんが過剰にキラキラして見えてるだけと思ってたんですが必ずしもそうでないのかもしれません。
実際最終回の西片くんは大長編のび太さながらの主人公っぷりでしたしね。日頃走りこんでる割によくコケるなこいつとは思いましたが。

そういう意味から言えば、高木さんもこちらが思ってるより自分に自信があるわけではないのかもしれません。だとすればチョコを見つけて狼狽えたのも理解できます。西片くんが誰を選ぶかはわかりませんもんね。ヘンにからかいまくってることが仇となってる可能性もあります。表向きには西片くん、あれ嫌がってますもんね。それでも尚止められないのは愛情故か一種の性癖か……少なくとも彼がドMで本当は嬉しがってると思っているわけではないようです。もしそう考えていたのなら「からかい」続けりゃ気持ちをずっと自分に向けていられると思うでしょうから。

スピンオフとはいえ他作品の「元高木さん」への言及なので一部隠します。
{netabare}
結果的に二人は結婚することになるんですが、そのまま直行でゴールを決めたのか紆余曲折あったのかは少し気になるところではあります。高木さんの西片くんに対する想いは明白ですが、西片くんの方は実はまだ微妙なんですよね。彼の精神面はまだ幼さが残っているので、今のままの関係を選択する可能性は充分あります、というか現状そうです。
実は西片くん、大人になると結構見た目立派になるんですよね。高木さんへの反発心から始めた筋トレ等が功を成してるようで体育教師へとなれるまでに至ります。そういう意味からいえば高木さんもそううかうかしてられないわけなんですよ、今度は本当に西片くんのことを好きになる女子が現れても不思議じゃなくなってきてますから。
一方それは西片くんからしても同じというか、他の男子が高木さんに目を付けないわけがないんです、普通は。幸いにも彼女は……というより彼女「も」互いのつかず離れずの関係性に居心地の良さを感じてる節があるんで、西片くんがはっきりした態度を示さないこと自体は今のところマイナス要素ではなさそうですが、恋のライバルが現れたあたりからどうなるか見物です。見物なんですが……この作品のコンセプトにはあってないんで描写されることはないでしょうね。

いずれにしろ結果的に西片くんは高木さんに成長させてもらったと言っていいでしょうから、ある意味互いにウィンウィンの関係になったと思います。結果的に若くして幸せな家庭を築くことができたのですからこれ以上望むべくもないでしょう。
ところでこれ単純な疑問なんですが中学の体育教師ってそんなに稼げるんですか?元高木さん、どう見ても専業主婦ですよね?田舎の家賃が安いとしても娘一人かかえて共働きなしでもやっていけるものなのでしょうか?

{/netabare}

残りは細かい点を少々。

・三期にもなって今更ですが何気に一番気になってるのが高尾くんの存在。何故に「高」尾?あまりキャラの登場しないこの作品でなんでわざわざ「高」木さんとややかぶりする名前つけようと思ったんでしょうね?適当につけたんでしょうがそれでも気づくやろ普通……まあいずれ何かの役に立てばというつもりで出席番号の近い名前をあえてつけたということにしときましょうか。でもちょっとキャラ描写に悪意ありすぎひん?

・先にそれとなく触れましたが木村くんについて。文化祭演芸の「ブタ」王子、「カエル」って感じがしないからブタ?木村くんに失礼すぎやろ。もう中学生なんだからその辺のTPOわきまえましょう。というか先生がそれとなく注意せえよ、何のためのコワモテだよ。

・415段だから「良い恋」ねえ……4151どころか1151でもさすがに段数多すぎだからそうしたのでしょうか。でもそれなら411段にして「良いI(愛)」の方が良くないですか?415だったら「良い子」の方が先にきそう。いやまあ、いくらなんでも細かすぎる話ではありますが。

ま、こんなとこでしょうか。さすがに空地への不法侵入なんかを咎めだしたらドラえもんディスってんの?ってことになりますし。そんな恐ろしいこと出来ませんし。

本作も三期ということで、ちゃんと視聴者を飽きさせないよう結構趣向を凝らしているように感じました。正直原作では見た覚えのない起伏ある内容の話が多かったような気がします。ただまあ、ちょっとあざとすぎではありますよね。高木さんだけでなくアニメスタッフも。EDとか毎度毎度明らかにアラサー以降世代狙い撃ちにしてるますもんね。一番若くて2014年の曲、一番古くて1974年とかwまあ「夢で逢えたら」も「学園天国」も定番中のド定番の大名曲ではありますが、案外市場調査したらアラ還世代も本作を支持してるとでたから、ということなのかも。

それではこの辺で本作のレビューを終えたいと思います。
おそまつさんでした。

投稿 : 2022/05/04
閲覧 : 67
サンキュー:

9

ネタバレ

のび太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

終わってみれば、中学生の微笑ましいラブコメでした。

小学館ゲッサンで連載していた、山本 崇一朗による漫画作品が原作です。

大好きな男子、西片にストーカーのごときちょっかいをかけまくる女の子。
それが、からかいじょうずな高木さんだったんですね。

{netabare}バレンタインの日に、高木さんに勝負を仕掛けるために、早く登校した西片。
そこで下駄箱に下級生からのチョコが入っているのに気づき、そのまま教室に行くと、いつもはこんな時間に登校しない高木さんが既にいて、黒板を掃除していたという、まさに修羅場絵図w{/netabare}

原作では、作品の地域を明確にしていないけど、アニメでは原作者の出生地の小豆島土庄町となっています。
これ、二人が映画館に行くのに、フェリーに乗ったので初めて気づいたんですがw
小豆島土庄町では、聖地スポットとして、PRしているようですね。

それにしても、西片の鈍感ぶりは、まさに王道のラブコメ主人公でしたw
終わってみれば、中学生の微笑ましいラブコメでした。

投稿 : 2022/04/21
閲覧 : 63
サンキュー:

15

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 2期は1期に較べて、高木さんの行動が「からかい」と言うよりストレートなアプローチに
近づいてきている感があったが、3期目である本作はそれが更に顕著になった感じ。
 その分、西片とのことで一喜一憂する高木さんの状態が増え、それに伴いシリアス的雰囲気が
増したような。
 恋愛ものとしての色が強まった反面、コメディ要素は薄くなったように思える。

 最終話において、高木さんのこれまでの行動の真意や自身の高木さんへの気持ちをようやく
自覚して、自身の思いを伝えた西片。
 ここでENDでもいいような気もするし、気持ちを伝えたとはいえちゃんとした告白では
ないため、まだ続いてもいいような気もする。
 この最終話では西片が高木さんが乗る車を走っておいかけるが、思えば高木さんに写真を
送ろうと海まで走ったり、文化祭の劇で転びそうになった高木さんを助けようと走り寄ったりと、
2期で手をつなぐという行為がモチーフになっていたように、本作では走るという行為が
キーワードだったのかも。まあ、2期ほど明確ではなかったけど。

 第1話の夢妄想展開や、第2話のサイレント演出、第8話の同じシチュエーションを異なる
キャラで繰り返す展開など、3期ともなるとこれまでとは異なることがやりたくなるのか、
異色回が多かった印象。

2022/04/20

投稿 : 2022/04/20
閲覧 : 51
サンキュー:

5

ネタバレ

パンツ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良かったですが…

1話、2話だけ演出に壮大感があり受け付けなく一時断念していましたが、3話からは、1期、2期と変わらない素朴さがあり良かったです。
5、6話がとても良かったため、以降が少し物足りなく感じてしまいました。
12話のラストシーンで高橋李依さんによるcover曲オレンジレンジの花が挿入歌としてありましたが、あのシーンはインストやサントラなど曲だけの方がよかったと思います。

投稿 : 2022/04/18
閲覧 : 69
サンキュー:

3

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

季節感と土地勘

原作未読


3期めということでご新規さんは1期からどうぞ。
私個人としてはちょい飽きました。若干修正変化はあるものの、ホップ→ステップ…ときて次ジャンプかしら?と思いきやもう一回違う足でステップした感じ。
CMで毎度やってた公開ネタバレの影響あるかもわかりません。

 1 (元)高木さん…と二人の未来がわかっている
 2 今夏(2022年)劇場版公開…とピーク後ろ倒しがわかっている

結末(未来)提示されてるので“付き合う(ピーク)まではいかないんけど進展くらいはあるやも”との勝手な期待値をもって臨んだ3期。そういう作風だと言われりゃ反論はできませんが。
中継ぎでいくら良い仕事をしても年俸で先発・抑えに適わんのと一緒ですね。評価は1期(3.7点)2期(4.0点)ときて3期(3.7点)としてます。野球でいえば試合を壊してないし、アニメとして物語的に上積みもある。興行の実行計画としても正しい。導き出せるのは

 この世界観を気に入ってるか否か

中学生男女の微笑ましいやりとりでほっこりするなりニヤリとするを楽しむ日常劇を3期まで観ておいて「飽きた」というのも無粋この上ありませんがそういうことです。
以下は3期めの気づき箇所です

【季節感】
 ざっくり2期は夏で3期は冬。季節ならではの盛り上がりイベントがありました。ただしそれは予想の範囲内。違う足でステップしたと評した理由です。

【土地勘】
 特定の地名が出てきました。瀬戸内の持つイメージが良い方向に働いてます。海が見える教室で机並べて同じ月日を過ごしてる二人も良いのですが、隣町に遠征する校外イベントもちらほら出てきます。
きちんと一年生二年生と年次を重ねて行動範囲が広がっていることがわかります。


別作品で瀬戸内を物語の舞台に選んだ理由を“懐かしさを呼び起こす土地柄”とされてたアニメ監督さんのコメントを聞いたことがあります。西片や高木さんに在りし日の自分が見えるかもしれません。
その昔。夏と冬の間に置かれた春と秋って中途半端だけど知らないうちに心動いちゃう季節だよね~って曲がありました。夏冬の盛り上がりイベントを経て桜舞う季節に3期は幕を閉じました。

 {netabare}このころはなんとなく 心楽しくて
 知らないうちに 誰かを
 好きになったりします{/netabare}

となるかどうか、続きは劇場版で! 私は配信待ちかなぁ。



※ネタバレ所感

■今期のおうた

もはや風物詩となった毎話の名曲カバー。今回のラインナップはこちら↓

{netabare}① 夢で逢えたら/大瀧詠一(1976年)※いろんな人がカバー
②③Over Drive/JUDY AND MARY(1995年)
⓸⑤ひまわりの約束/秦基博(2014年)
⑥ 学園天国/フィンガー5(1974年)※いろんな人がカバー
⑦⑧じょいふる/いきものがかり(2009年)
⑨ サンタが町にやってくる/スタンダード曲
⑩⑪スノーマジックファンタジー/SEKAI NO OWARI(2014年)
⑫ 花/ORANGE RANGE(2004年){/netabare}

第1話のエンディング曲は予想とビンゴでした! だがそこまで。以降は外しまくりです。

{netabare}なお選曲について自分にはイマイチでした。大ヒットナンバーに隠れて、そのアーティストのファンが歓喜しそうな選曲だった1期。2期はヒット曲ばかりでイマイチだったんだけど思い入れのある曲がきて轟沈したのと1期EDを持ってくる変化球を評価。
実際に1期のレビューでジュディマリ『Over Drive』ではなく『自転車』持ってくるセンスがナイス!と激賞しといたから3期第2話ではしご外されましたよ。自分自身もセンス抜群とは言いませんが今回の選曲ぶりとは相性悪かったみたいです。救いはセカオワっすね。
なんと言いましょうか。ラブソングで「好きだ」「I love you」を連発したらつまらないじゃない。直接ではないけどどう見ても好きなことがわかる言葉回しがオサレなのよ。そもそもそういった作風じゃん。今回ので言えば文化祭回で⑥『学園天国』ってありきたり過ぎるチョイスってことなんです。今度3年生になる二人ですが卒業で『3月9日』持ってきたら残念がると思います。{/netabare}


■今期のご両人

{netabare}“銀座No.1が転生したら…”が高木さんとは以前とあるレビュアーさんが言っていて頷いたものです。タイトルにもある高木さんその人をまずはご紹介といった趣きの第1期。2期は西片もしっかり出張ってきてラブ要素増えましたよ、っと。
ほぼ100%相手の考えてることわかっているとなにかと楽でしょうね。そこふまえて西片への好意を持っている高木さんですから選球眼は良いのでしょう。いい娘といい坊やだから我々も安心できます。
そんな高木さんでもほぼ100%相手の行動を制御できない(しようとしない)ので物語に嫌味はないですね。不可抗力要素が残ってますからたまにキュンとなれます。{/netabare}

{netabare}着目したいのは攻守ともレベルの高さが見える高木さんでしょうか。1期のサムネ(2022年4月現在)にも代表されるあの首の角度と上目遣いは攻撃力高めです。よくよく見ると西片にしか使ってないのでライバルへの魔除けにもなりますし、これ重要なんですが女子の敵を作りません。
3期では高木さんと西片以外のクラスメイトとの絡みも増えてました。気さくに対応しつつも嫌味なく一線を引けるポジショニングも秀逸ですね。つくづく思います。なんでこの娘中学生なんだろう、と。{/netabare}

{netabare}西片は一歩ずつ大人の階段登ってる感じ。男女の性差で精神年齢女子上めなのはしゃーないしそこ突っ込むのも無粋ではありますがこういった関係性の作品多いですよね。
中学生なら手探りながらでももう少し恋愛や性欲模索するでしょうに。どうも未成熟な♂を甘やかしてくれる理想の♀的な構図が世に溢れていて食傷気味です。マッチョ志向流行らんのかな。{/netabare}

投稿 : 2022/04/16
閲覧 : 163
サンキュー:

26

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

Qあの2人付き合ってないらしいよ? Aあれはもう付き合ってるようなもんだよ。

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
形式美説明不要の有名ラブコメ作品になりましたね。

ただ、3期やって、あまりにも進捗しなさすぎという感じもしましたね。

まあ、もはや形式美なんですが(笑)

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
なんかこう、段々と高木さんが田中みな美さんみたくも見えてきましたね(笑)

あざとい、ぶりっこ、というのは昔は(主に女性から)めっちゃ嫌われる要素でしたが、最近は、「努力」と見る節もあるみたいですね。

高木さんは結構頑張ってるのに、西片がな~。1期は「西片かわいい」と思ったし、2期も、ちょっと成長した西片に好感をもてたんだけど、さすがに3期まで、「高木さんめぇ~」だと、「西片、いい加減、根性出せや」と言いたくなる。高木さんが勇気を出して、結構グイグイきていただけにね。

さて、4期があれば、西片にバシッと決めて欲しいですね。そして高木さんの最高の笑顔を観て、2人はハッピーエンドで結ばれる。

もうそれを待つだけですね。

あ、ミナ、ユカリ、サナエの3人のコントが、本作で一番の見所でした。彼女らが主役のスピンオフ日常系アニメ、作ってほしいです!
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆3
どう見ても夢オチだよな(笑) OVAみたいな回だけど、こういうノリはイマイチ求めてない。段々、田中みなみに見えてきたw バカ2人、むなしい(笑) 肌の色、戻ってるじゃん。あ、これ、高木さんの夢か。んでこのEDか。

2話目 ☆4
サイレントとか、色々やるな。好きだよ、の不意打ち。「だってあんなセリフないってバレちゃうし」はズルい(笑) 汗だくで砂浜に寝転ぶのは(笑) そのポカリは、ホレてまうやろー(笑) ED、ジュリマリか。こんなに可愛くなるんだな(笑)

3話目 ☆4
団扇、攻めるな~。相合い傘、ラブラブすぎるだろ(笑) 

4話目 ☆4
まあ、「が」が入るやな(笑) 相変わらず、イチャイチャしてるな~(笑) もてあそぶな~(笑) ラムちゃんコス(笑) まさかの本物(笑) 風呂上がりに出会いたい、、、あざといな~(笑) 久々のクリティカル(笑)

5話目 ☆4
お、将来やな。俺もパイナップルだと思った(笑) 西方は可愛いな~(笑) 

6話目 ☆4
文化祭。西方、男前や(笑)

7話目 ☆4
ホント、この3人は落ち着くよな。十分、日常系の主人公張れる。あれは付き合っているようなもん(笑)

8話目 ☆4
色んなカップル。高木さんの可愛さが出た回だったな。緊張とか、勇気ないとか。

9話目 ☆


10話目 ☆


11話目 ☆


12話目 ☆

{/netabare}

投稿 : 2022/04/11
閲覧 : 71
サンキュー:

21

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

マンネリ感

{netabare}
そもそも一期からあまりコメディ的にみて面白いとは思ってなかったけど、3期は尚更だった。さすがにこのしょーもないノリをずっと引っ張られると飽きてくるし、ろくに進展もないので引き延ばし感しかない。
そんなわけで前半はかなり退屈だった。まあこのノリが好きな人は楽しめるんだろうけど。
ただ、後半は悪くなかったかな?
クリスマス回とか、最終回とかお互いの距離が結構近づいた感じがしてやっと進展が感じられたし、一話としての出来もかなり良かったと思う。結局まだ付き合ってないのが何とも言えないけど()

↓一話毎メモ
{netabare}
1話 ☆4
いや何起こってんのこれw
びっくり箱ってこと知ってるのに驚くわけw
話が分かりにくいな。
うーん正直飽きてる 

2話 ☆5
これが賢者の弟子を名乗る賢者ですか
恐竜図鑑w これで勝ったと思うなよー 

3話 ☆5
内輪を使ってって物理か?w やっぱそうかw
トラインブナインかな? テレビ間に合うんか? 

4話 ☆3
何回やるねんこの流れ。はーつまんねw 寒すぎる。
ガチUFOw やっぱEDはカバーなのね。

5話 ☆6
ほうれん草か? アキネーター。いや、おもんねえよw
カエルて... スローループ 恋ちゃん? 

6話 ☆7
走れば驚かされんやろ。ハムになるってなんだよw
酷い脚本だなw 無茶な繋げ合わせw 酷い脚本が余計に酷くw 
この曲何だっけ。イントロだけ聞き覚えあるけど曲名知らんわ
今回結構面白かったな。

7話 ☆4
散歩をさせてるだろ! 宿題(意味深)
西方に作ってるんじゃないんかよ EDが懐かしすぎる。

8話 ☆3
死ぬほどつまらん。

9話 ☆4
気持ち悪いぬいぐるみだ。パズルこんなに簡単な台あるんか。押せや。

10話 ☆6
お互いに評価って客観的要素がw 浮気疑われた?
誕生日に渡すんじゃないのか。

11話 ☆7
つまらん。バレンタインならではのからかいとはw
主人公じゃない話のほうが面白い。いや最後は良かったわ。

12話 ☆8
今回内容まともだな。最終回が一番良かった

曲評価(好み)
OP「まっすぐ」☆8
ED1「夢で逢えたら」☆8
ED2「Over Drive」7.5
ED3「ひまわりの約束」☆9
ED4「学園天国」☆8
ED4「じょいふる」☆9
ED5「クリスマス」☆9
ED6「スノーマジックファンタジー」☆8
ED7「花」☆8.5
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2022/04/10
閲覧 : 44
サンキュー:

7

ネタバレ

Jeanne さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ニヤニヤ系アニメ第3期

漫画原作 原作未読 全12話
アニメ1期2期は視聴済み

中学生同士のニヤニヤ系ラブコメの第3期です。
基本的な内容は1期2期と変わらないのでこれまでのシリーズがハマらなかった人は見ないでもいいと思います。

第3期にして放送枠がスーパーアニメイズム枠に栄転?したにも関わらず、1話の夢落ち回や2話の無声回など新規視聴者を獲得する気があるのか疑問でしたが、個人的には最初から最後まで楽しめました。

感想は基本的に1期2期と変わりませんが、西方と高木さん以外の中井くん&真野ちゃん、浜口&北条さんカップルや女の子3人組のエピソードなど飽きさせない構成で良かったと思います。
特に北条さんの大人ぶって背伸びしたツンデレキャラは可愛かったです。

特に好きだった回は9話の映画を見に行ってプレゼントを交換する回と最終話です。
個人的に西方が照れている場面より高木さんが嬉しいのを我慢しているような場面の方がニヤニヤできたので、この回は最高でした。

作画は終始安定していて、EDもこれまで通り高木さん(高橋李依さん)が歌う懐メロカバーで良かったです。

ぜひ4期と続編である元高木さんも放送されることを楽しみにしています。

投稿 : 2022/04/09
閲覧 : 39
サンキュー:

8

og3jar さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期と2期が良すぎたので・・・

予定調和の先取りをした『夢』を見たとか、折角の1期2期の時の『付かず離れず』の関係、バランスが崩れていた。

1期と2期と同じでよかったのに・・・

最終回は良かった。

映画に期待だね!

投稿 : 2022/04/07
閲覧 : 34
サンキュー:

2

みのるし さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

えっ?今頃気が付いたのか!?

とゆわれるのんを承知でアレしますけど、小豆島だったんですねぇ。

いやなんか、先週のブラタモリも小豆島だったし、なんか今アツいのか?小豆島ー?みたいなですね。


てゆうのは先日の放送分。
西方と高木さん2人でフェリーに乗って映画行く話。

あれ見ておおそうだったのかーと。


聖地巡礼のサイトで確認したところそれはまあ丁寧に書き込まれていたんだなあとゆうことに今更ながら気付かされましてなんとなくぽわぽわしております。


にしても雪の降るクリスマスにブライアンフェリーに乗ってデートだなんて。
このーしあわせもんがー!!!ロマンチックすぎるやないかーい!


415段の見晴台も実際にあるのだろうか。
あるんだろうなぁ。多分。

ま。とにかく癒されますわな。
高木さん。

最終回 こくっちゃえよう~~~。

:::::::::::::::::::::::::

なんやねんなー。にしかた~。
まあええかー。思いは伝わったんやろしな~~~~。

ま。とりあえずこれはこれでよしとしますか。

投稿 : 2022/04/04
閲覧 : 87
サンキュー:

14

ネタバレ

W.vst さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シリーズ初見

イチャイチャ系ラブコメアニメです。
1~2期は未視聴です。

1話見ました。
{netabare}初回の感想としては、高木さんってこんなのだったっけ?と思ってしまいました。

何というか、過去回想(?)の比重がかなり大きかった印象。
1~2期を見ている人なら楽しめたのかもしれませんが、自分はそうではないのでこういうのを見せられても何が何だか全くわかりませんでした。

ですが、肝心のからかい合いの場面は普通に見ていて面白かったです。
タイトルにもある通り、自分が見たいのはこういうのなのでかなり微笑ましい気分で見られたと思います。
謎回想が多くて今回は微妙だったかな。

次回も楽しみにしています。{/netabare}

2話見ました。
{netabare}ああ良かった、自分の見たかった高木さんになった。

個人的には気配の話が一番面白かったです。
他の話とは違ってBGMオンリーですが、キャラの行動に沿って音楽が盛り上がったりするのがトムとジェリーっぽくて面白かったです。
賢者の1話と同じようなことをやっていましたが、こちらの方が楽しめたのは、音楽に工夫を凝らしていたからかな。

次回も楽しみにしています。{/netabare}

3話見ました。
{netabare}今回も安定して面白かったです。

今回は雨の話が一番良かったです。
見たいアニメのために足早に帰ろうとする西片が、傘を忘れて帰れない高木さんを思って考え直し、学校に戻って一緒に帰らないか、と言うシーンは彼の頼もしさを感じて良かったと思います。

次回も楽しみにしています。{/netabare}

4話見ました。
{netabare}今回一番良かったのは銭湯回ですね。
西片が暗いから家まで送ってあげようと不意を突いたように発言するシーンは良かったと思います。

それ以外の話も可もなく不可もないといった感じで面白かったです。{/netabare}

5話見ました。
{netabare}今回は釣りの話が一番面白かったです。
今回も安定した面白さがあって良かったと思います。{/netabare}

6話見ました。
{netabare}転びそうになった高木さんを西片が支え、そこからアドリブでハッピーエンドのような展開にする台詞を言い放つシーン。
間違いなくこれまでの話で一番面白かったです。

次回も楽しませていただきます。{/netabare}

7~8話見ました。
これと言って書くことがない…ですが、2話とも安定した面白さがあったので楽しめてます。

9話見ました。
{netabare}クリスマス回。
高木さんが映画のキャラの真似をして西片を惚れさせるシーンが一番良かったです。
そこから互いにプレゼントを渡す場面も良かったです。{/netabare}

10話見ました。
{netabare}ここまで見ておいてなんですが、正直言って…

飽きてきました。

話は季節ごとのイベントなどに則しているだけで、基本的には西片が悪巧みをするも高木さんがそれを看破するかからかうかというオチ。
一貫性はあるんですがそれがどうも陳腐に感じて段々と面白さが失われていってる感じがあるんですよね。

ですが、今回の最後の方にあった北条さんとの相談回はそれまでの話と一風変わった気まずさを感じられて面白かったと思います。
この話みたいに他の話にも何かしら捻りが欲しいですね。{/netabare}

11話見ました。
{netabare}前回まで評価右肩下がり気味で退屈だったんですが、今回は面白かったです。

ああいう二人の関係を引っ掻き回すような展開は悪くないと思います。
後輩たちの勘違いだった、というオチがつくまで割と不穏な感じが漂ってましたし、久しぶりに先の展開が気になる話だと思いました。

そして終盤では浜口がホワイトデーに北条さんに告白するからお前も高木さんに告白しろ、と西片に言う。

…何でですか?
率直に言って、最後の会話は単純に意味が分からなかったです。{/netabare}

12話見ました。
{netabare}よくまとまっていた最終回でした。

前回の終わり間際に浜口があんなことを言った理由は「一人だと何か怖いから」ということでヘタレ感があって面白かったです。

そしてその後は高木さんの気持ちに気付いた西片が彼女を全力で追いかけ、ホワイトデーのお返しをするという話。
オチもいい感じで結構良かったです。{/netabare}

全話視聴後感想です。
{netabare}全体的に悪くはありませんでしたが、展開が基本ワンパターンでどこか面白味に欠けていた印象でした。

個人的に良かった回は6話、11話、12話です。
これらの回は西片の男らしさが光る場面があったり、どこか不穏な空気を醸し出せていたのがあって面白く感じました。

それ以外の話ははっきり言って良くも悪くも普通。
10話の感想でも書きましたが、季節ごとのイベントに則した話を繰り広げているだけで、西片が高木さんに勝つために悪巧みを考えるも、最終的には高木さんがそれを看破して西片が敗北する、と話の流れがワンパターンな上にオチ自体も簡単に予想できてその通りに終わるので、あまり面白く感じませんでした。

言っちゃ悪いかもですが、長瀞さんの方が個人的には楽しめてたかな…。
まあ自分があまり面白いと思わなかっただけで、他人に普通に勧められる作品ではあります。{/netabare}

投稿 : 2022/04/03
閲覧 : 132
サンキュー:

9

nekojump さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

だらだら見ちゃう

少年少女の童心があらわれる。

投稿 : 2022/04/03
閲覧 : 26
サンキュー:

0

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まっすぐな気持ちがほの見えた3期

緩やかな小道を登る。
振り返るとキラキラと光る海。
穏やかな瀬戸内の風景が眼下に広がる。
瀬戸内暮らしが日常になりつつある。

このアニメの舞台は小豆島。
思いつくものといえば、オリーブと二十四の瞳。
長い階段の神社も実在する模様。
いつかまた、フェリーで渡ってのんびりしたいものである。

相も変わらず勝負なのね。
西方のすべてを熟知している高木さんに勝てる術もなく。
そんな西方が可愛らしく、そんな高木さんが頼もしく。
しかし、その関係性に変化が?

始めて高木さんがマジで走っている姿をみた気がする。
えっ、そこで?
いいえ、まだ早いです。
何故かって?
それは近日中に劇場版が公開されるからです。

投稿 : 2022/04/02
閲覧 : 53
サンキュー:

17

ネタバレ

nishi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

はよ付き合え、いつになったら終わるのか

クリスマス回は良かったですね
もうこのアニメ、全ての〜さんシリーズに言える事なんだけど、こういうアニメは1部のファンにしか受け入れられないのよ
多分高木さん好きじゃない人は見ててイライラしてると思う
なぜなら進展せずに終わらないから
進展して終わる〜さんシリーズがあったらと見てて思う
でも僕は高木さんは普通に好きだけどアニメの出来はあまり良くないのでこの点数にしました

投稿 : 2022/04/01
閲覧 : 31
サンキュー:

3

きぐま さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

じれったい

日常恋愛系アニメ
評価3が普通とした場合、3よりかは上かなって感じ
タイトル通りヒロインが主人公をからかうアニメ
度が過ぎて、ヒロインのサイコパスな一面も

投稿 : 2022/03/31
閲覧 : 27
サンキュー:

1

shitasama さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

あ~ってなる

1期からそうなのだが 毎話 あ~ってなる
モゾモゾするとかこそばゆいとか…
ほんと あ~ってなる(笑)

投稿 : 2022/03/31
閲覧 : 27
サンキュー:

2

矢神 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

安定のドキドキ

一期二期よりさらに二人の愛が深まったという気持ちになりました

そろそろお付き合いする過程も見てみたいですね

投稿 : 2022/03/31
閲覧 : 29
サンキュー:

6

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

応援したくなる初恋

途中から見ても楽しめますが、必ず1期から見てください。

個性的なキャラは何人か出てきますが恋愛関係は髙木さんと西片の二人だけの世界ですし、シリアスな展開とか修羅場とか浮気とか全然ないピュアな恋愛模様なので安心してみていられますね。

3期もとても良かったです。
相変わらず高木ちゃんの表情変化がとても生き生きしていて力入っているのがいいですね。
特に不意に嬉しいことがあったときの間のとりかたと、直後の表情がすごく良くて、喜びをかみしめている感じが出ているのが可愛くていいなあと思います。

西方も相変わらず反応が可愛くていい!
全然進歩しない子だけど、根が優しいのがすごくよくわかるエピソードも多くて、高木ちゃんが好きになるのもわかる。

3期見て思ったんですが、男子中学生ってこんなに恋愛に疎いもんなんですかね?
クラスの男子がみんなあまりにも恋愛に無関心すぎるような気がしたけど、私の感覚がおかしいんでしょうか?
西方はありえないくらい鈍いですが、クラスの男子の中では数少ない女子を意識している男子ですね。

あと、細かいことですが1期はほとんど西方以外と絡まなかった高木ちゃんが、2期3期と他の女の子と仲良くしているシーンが増えたのは良かったと思う。最初は友達いないのかなこの子?って思っていたので。

マンネリじゃないの?って意見はその通りだと思いますが、私は二人の恋愛模様をもっと見ていたいのでとても満足しています。

【1期~3期までの高木さんの変化と恋愛模様】
{netabare}
一期からやっていることがほとんど変わらないように思われるかもですが1期2期3期とこのアニメを楽しむポイントは少し変化していて、

1期は西片視点で話が進んでいて髙木さんの心理描写がないので、ラブコメなのはわかるけどどういう方向に進展するのかわからなかったんですね。
そうしたら一期後半でだんだん髙木さんの気持ちが描写されるようになってきて、最後は実はずっと西片を一途に思っている髙木さんの絵を見せて締めていました。
髙木ちゃんこんなに西片好きだったんだ、なにこれかわいい、これからどうなっていくんだろう?ってところで終わった1期。
2期はそんな髙木さんの気持ちがわかって見ているから、普通のラブコメのつもりで髙木さん積極的でかわいいって思いながら見てました。
でも髙木さんの核心が良くわからないところは一緒で、髙木さんはどういうつもりでこういう関係を続けているのかがわからなかった。

1期から髙木さんには好きな気持ちを隠す気がないのは一緒だけど、1期のときはまだ西方が恋愛を意識していないのは明白でした。
2期になるとはたから見たら完全に付き合ってるようにしか見えないくらい親密になっていて、なんで付き合わないの?って疑問もありましたが、髙木さんが友達以上恋人未満の関係が心地よくて、今の関係を続けたいからこれ以上の距離に踏み込まないのかなって思っていました。

でも3期でそれはちょっと違うんじゃないかって思った。

西片との思い出を積み重ねるたびに少しずつ髙木さんのアプローチにも変化がでてるんですよね。
3期見て髙木さんはただ西片の気をひこうとしているわけじゃなくて、西片が大人になって女として自分を見てくれるまで待っているんじゃないかって思った。

西片が髙木さんを友達以上に見ているのは髙木さんもわかっているでしょうし、高木さん主観でも好きって告白すればOKもらえそうな関係ですよね。
でも西片はまだ子供っぽいところも多くて、恋愛がなんなのか良くわかってない。
そんな西片に告白して強引に大人のステップに進むよりも、西片がそういうステージに上がるまで待っている感じがして

髙木さんは積極的にアプローチするタイプだから、普通の女子中学生なら「好き」って言いたくてうずうずしていると思うんですよ。
好きって言いたいけど勇気がでないか、勇気出して言っちゃうかの違いはあっても、積極的にアプローチしておいて伝えずにいるのは結構しんどいと思う。
でも髙木さんはすごく心に余裕があって、「好きって言いたいのにもどかしい」とか「西片気づいてよ」とか「見ているだけでドキドキしちゃう」とかそういう惚れた弱みが全く見えなくて
ずっと西片をてのひらの上で遊ばせてるような感じが、なかなかできることじゃないと思う。まるで熟練の夫婦のような余裕なんですよ。
しかも周囲の目気にせずアプローチすることで他の女子が寄ってこないようにしているところが上手い!

ただ、恋愛って早い者勝ちなところあって、両想いでも他の人から告白されたらあっさり付き合っちゃうことってよくあることで
髙木さんのこの恋愛スタンスはかなり危うくて、じっくり関係を進めているうちに好きな人を泥棒猫にとられて後悔することもありそう。

それでも西片の気持ちが自分に向くのをじっくり待っている感じがとてもいいなって思いました。
CMのキャッチフレーズで「応援したくなる初恋」ってありますが本当にその通りだなと思いながら二人を眺めていました。
{/netabare}

【3期で気になったこと】
{netabare}
不思議なのは、高木さんがお姫様で王子様役を決めた時に西方以外の男子が高木さんを意識している感じがなかったことかな。
何人か照れて赤くなる子がいてもおかしくないと思うけど

西方と高木ちゃんの娘が出てきましたね。外見が高木ちゃんで性格は西方似かな?
でも娘ちゃん西方以上にちょろそうで、西方が娘離れする日も早そうですね。

高木さんが宮沢賢治の春と修羅を読んでいましたが、何か意味があるんでしょうか?
結構この作品そういうの意味があることが多いけど、私は読んだことないのでわかりませんでした。
そのうち読む機会あったら確かめてみたいと思います。
{/netabare}

投稿 : 2022/03/30
閲覧 : 80
サンキュー:

31

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

[ 最終話 12話「3月14日]まで視ました。二人はとうとう..w。]

前作まで視聴済みです。 評価は暫定です。
公式; https://takagi3.me/index.html

録画視聴予定;スーパーアニメイズム枠 金曜日 深夜1時25分から
いわゆるアマプラでも視聴


[ 最終話 12話「3月14日]まで視ました。二人はとうとう..w。]
ワタシの観測によれば、とうとうついに、二人は恋人になる前段階に来たような気がします。続きは映画でw、ですね。公式のNEWSに出ていましたが、劇場版『からかい上手の高木さん』6月10日(金)公開決定!、だそうです。
 それはさておき、今作③も、ニヤニヤが止まらない、視聴時の締まりのないワタシの顔、表情を誰にも絶対見られたくないw、そんな作品でしたw。回を重ねるに連れてドンドン二人の距離が近づいて行きます。からかわれないと調子が狂ってしまう。西方君も高木さんを好きなことにうすうす気付き始めました、今作その辺でエンディングでした。
 おそらく視聴者の多くは、自分の中学時代と照らし合わせて、自分固有の思い出に浸っていることと推測します。そういうわけで、中学生リアルタイムな人は勿論、遠い過去の思い出になった人も楽しく視られると思います。ワタシ的には、中学生のまだ恋愛入門世代のラブコメを視るなら真っ先に挙げたい作品です。


「[ 第6話 「文化祭」視ました]、③を象徴する回、まだ全話放送されてませんがw。」
 ネタバレせずに、感想書くのが難しいです。前回からのお話の続きの中にチョットした、トリックのようなものが含まれているからです。文化祭劇のセリフや演技の中に2人の気持ちが溶け込んでいるの表現が素晴らしいです。
ED曲の {netabare}フィンガー5のカバー曲「学園天国」{/netabare}とはこれまた懐かしいです。また打ち上げの場面にピッタリでした。

「[第1回目「握力のやつ」、「日焼け」、「新学期」]を視ました。」
夢オチそして花火大会、そういった甘酸っぱい思い出のお話でした。
夏の終わりの海がキラキラと綺麗でした。次話以降ももちろん視たいです。

ワタシだけ的にチョット嬉しかったこと、{netabare}
EDテーマ曲で初めて聞き覚えのある曲大瀧詠一曲詞「夢で逢えたら」が流れました。前作や前々作では一曲も聞いたことがなかった、と思うwので。{/netabare}

2話めも観ました。(書きかけ)
最近無声パートが流行っているんですかね。Aパートは、セリフがほとんどなかったですが、絵に高木さんメータとか表示されたり、表情の変化が極端なので、クスッと笑えました。多作品で森を散歩するだけの無声パートのがあったのでチョット心配になっただけです。Cパートの砂浜で夕日を見ながら、の二人おしゃべりには、ニンマリさせてもらいました、若いっていいわねぇぇw。(

投稿 : 2022/03/29
閲覧 : 126
サンキュー:

13

ネタバレ

まつまつ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

徐々に二人の距離が

高木さんも3期目に突入で今回もにやキュンさせて頂きました。

他人から観ると完全に付き合っている二人ですが、
当人はそれを否定し続ける日々。

でも高木さんのアプローチは期を重ねる毎に積極的になって行きます。
文化祭の時んハプニングからの西片君登場に完全にノックアウトされてからのクリスマス。

バレンタインの時にちょっとした勘違いからヤキモチをやく姿、
もう完全に彼女でしかない。

ラストのホワイトデーはもう完全に西片君告白でしょ。
高木さんが好きという自分の心の中にあった気持ちに遂に気付いてしまいました。

映画ではどんな展開になるのか。
原作は続いているけどアニメは完結なのか。
完結するなら元高木さんアニメ化して欲しい。
などなど考えながら今期も楽しく視聴させて頂きました。

投稿 : 2022/03/28
閲覧 : 32
サンキュー:

10

ネタバレ

やまげん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

劇場版は迷う

原作は読んでいない。

1期2期と違って、文化祭やクリスマス、バレンタインなどのイベントがあり、1話まるまる使った話が多かった。その分、勝負が少なかったが、これはむしろよかった。

{netabare}高木さんの気持ちもはっきり見え始めて、ちょっと積極的な高木さんだった。

二人が四国フェリーに乗っていたのを見て、初めて本作の舞台が四国(小豆島らしい)ということを知った。倉敷美観地区らしきところを歩いていたので、岡山の映画館に行ったのだろう。{/netabare}

続きは劇場版のようだけど、劇場版での完結が約束されていないとなると、見に行くかどうかはかなり迷う。

投稿 : 2022/03/28
閲覧 : 23
サンキュー:

5

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

相変わらず おっさんをキュンキュンさせるなぁ

相変わらず おっさんをキュンキュンさせるなぁ
応援したくなる 二人だよなぁ・・
本気で劇場版が見たくなった

投稿 : 2022/03/28
閲覧 : 20
サンキュー:

2

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

西片くんは裏切らない

中学生2人のからかいコメディー第三弾
この作品も一期は見て二期をスルーして見ていた

安定した物語構成で安心感もありつつ
西方くんが高木さんを意識する過程をフォーカスしており
浜口くんがホワイトデーでダブル告白しようと誘われるのも
自然な流れで見せていた

それまでは高木さんの視点で恋愛感情を出していたから
からかい方の見せ方が印象にあったが

今回はからかって西片くんが悔しがるシーンは少なく
ラブコメ感は薄まっているかなと思う

エンディングの高木さんカバーは
相変わらず気持ちいい選曲していたけれど

一番意外だったのは文化祭回の学園天国
私の学生時代にキョンキョンがカバーしていたので
恐らくスタッフもタイアップしていたテレビドラマのイメージだったろうが

これティーンに刺さっていたかと言うと
う〜ん(´∀`*)

続編になる元高木さんの娘ちーちゃんを出したのは
その後の展開を踏まえてのものなのか

その前に劇場版でどう2人を描くのだろう
楽しみにさせてくれる最終回だった

投稿 : 2022/03/28
閲覧 : 36
サンキュー:

11

ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

高木さんの好き好き攻撃増量中♡

中学生の高木さんと西片くんのからかい、からかわれるやりとりを微笑ましく見守るアニメの3期になります。

3期から見ても楽しめると思いますが、1期から2期と、微妙に二人の距離が変わっていく感じもあるので、1期からの視聴もおすすめです♡

3期は二人で見た、あの夏祭りの花火の後のお話になるんでしょうか?
二人のその後のお話を描いた漫画も読んでたので、3期は二人の距離がさらに近くなるようなエピソードを期待しちゃいますね♡

最終話(12話)まで見ました♪
高木さんぐいぐい攻めるなぁwこれは西片くんも自分のことが好きなのを分かったうえでの余裕の攻めだよね♡
高木さんが西片くんをからかうお話は正直おなかいっぱいかなー。
個人的には西片くんが高木さんをデレさせるエピをもっと見たいですね。

3期になって高木さんもさらに好きな気持ちを隠すことなく、結構はっきり好きって言ってるのになぜか気づかない西片くん。。
と思ってたら、中盤でやっと自分の気持ちに気づきましたね!

最後まで見て良かったなぁとは思ったんだけど、西片くん子供すぎない?
ピュアなのかもしれないけど、中3にしては考え方とか小学生かな?って
思う場面もあって、最終話も、え?今そこ?ってこと考えたりするし。

これが1期とかならまだいいんだけど、3期なんだし・・ね。
と辛めのこと言っちゃいましたけど、最後のシーンは良かったですね♡
でも続きは劇場版で!はやめてぇ~(>_<)

6話の文化祭のお話や10話の最後の話など良かったです。
もちろん11話から最終話までのエピも♡

相変わらずEDの選曲すごくいいですねー♫
高橋李依さんが高木さんの声で歌ってるんだけど、透明感があって和みます(#^.^#)

以下、良かったエピソードです。
3話
{netabare}「雨」こういうのをもっと見たいな☂
気になる男の子にこんな優しくされたらキュンってしちゃうよね♡♡♡
西片くんの見たい番組までチェックしてる高木さん・・西片くんのことがすごく大好きなのね。。{/netabare}
4話
{netabare}「夜」
"暗いから送ってくよ"下心からじゃない、西片くんのまっすぐな言葉に高木さんのハートは。。♡{/netabare}
5話
{netabare}「釣り」
やっと自分の気持ちに気づいた?西片くん。今後の展開が楽しみです♡{/netabare}
6話
{netabare}「文化祭」
西片くん、自分の気持ちに気づいてあたふたしてましたね♪私も高木さんの告白かと思ってちょっとドキドキ💦
転びそうになった高木さんをダッシュで抱っこする西片くん!そして…
もうこれって告白だよね❤嬉しそうな笑顔の高木さん♪
最終話あたりで西片くんの本当の告白が見れるといいな💕{/netabare}
8話
{netabare}「寄り道」
①と②と③で、男女の恋愛バランスがそれぞれ違うのが面白いです♡
①は西片くん<高木さん、②は男の子=女の子、③は男の子>女の子かな。
④はそれぞれの子の性格が出てて笑えました♪{/netabare}
9話
{netabare}「クリスマス」
私が好きって言ったのわぁ・・
西片くんの心は高木さんの手のひらの上w
やっぱ高木さんSだなぁ。。
でもわざと負けてあげる高木さん優しいな♡
・・と思ったら・・高木さんが一枚上手w
西片くんからのポストカード。
シンプルな言葉でも、好きな人からもらえたらすごく嬉しいですよね♡{/netabare}
10話
{netabare}「相談」
相談後の西片くんと歩いてる高木さんの表情の微妙な変化に注目♡
不安そうだったり、ほっとしたり。。
今までも西片くんが好きって遠まわしには言ってきた高木さんだけど
今回はっきり言いましたね♡
北条さんの相談が後押ししてくれたのかな。
でも、西片くんも15歳になるんだ・・それにしてはちょっと子供っぽいような・・
15歳男子ってこんな子供でしたっけ?かわいいからいいけど。{/netabare}
11話
{netabare}「2月14日」
下駄箱に下級生からのチョコが入っててあたふたする西片くん。
この後の高木さんと西片くんのいつもとちょっと違うやりとりが2人の揺れ動く気持ちを表しててすごく良かった。
神社でひとり、何度もメールを直す高木さんのシーンもいいな。。
ラストの展開だと次回告白シーンある?ちょっとドキドキ♡{/netabare}
12話
{netabare}「3月14日」
ラストの高木さんを追いかけて西片くんが走るシーンからの展開はベタかもだけど、それがいいんですよね♡
会いたかったから!はもうほぼ告白ではあるんだけど、ここはちゃんと言って欲しかったかな・・{/netabare}

投稿 : 2022/03/27
閲覧 : 356
サンキュー:

40

次の30件を表示

からかい上手の高木さん③のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
からかい上手の高木さん③のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

からかい上手の高木さん③のストーリー・あらすじ

「からかい」が縮める、二人の距離――。 2022年、見守りたい初恋が、ここにある。 とある中学校、隣の席になった女の子・高木さんに、何かとからかわれる男の子・西片。 高木さんをからかい返そうと策を練るも、いつも高木さんに見透かされてしまう。 どうにかして、高木さんにひと泡吹かそうと奮闘する日々…。 移ろうものは季節だけではなく、西片の心にも…? 一方、優勢とみられた高木さんにも、ゆらぐ事態が―? スキを見るか、スキを見せるか― ニヤキュン指数100%の「からかいバトル」、 いよいよ最終ラウンドに…!?
(TVアニメ動画『からかい上手の高木さん③』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年冬アニメ

声優・キャラクター

高木さん:高橋李依
西片:梶裕貴
ミナ:小原好美
ユカリ:M・A・O
サナエ:小倉唯
中井:内田雄馬
真野:小岩井ことり
高尾:岡本信彦
木村:落合福嗣
浜口:内山昂輝
北条:悠木碧
田辺先生:田所陽向

スタッフ

原作:山本崇一朗『からかい上手の高木さん』『あしたは土曜日』(小学館「ゲッサン」刊)
監督:赤城博昭
脚本:福田裕子、伊丹あき、加藤還一
キャラクターデザイン:髙野 綾
総作画監督:茂木琢次、近藤奈都子、岡 昭彦、小野田将人、高野 綾
音楽:堤 博明
アニメーション制作:シンエイ動画

このアニメの類似作品

この頃(2022年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ