新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「古見さんは、コミュ症です。 2期(TVアニメ動画)」

総合得点
71.8
感想・評価
125
棚に入れた
454
ランキング
1124
★★★★☆ 3.7 (125)
物語
3.6
作画
3.7
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

古見さんは、コミュ症です。 2期の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ただし美女に限る。は言っちゃダメ

原作:漫画 序盤だけ既読

2期目

感想
1クール空けて始まったこの2期ですが、分割2クールではないんですね。その辺の定義がよく解らないですが^^;

今回は、修学旅行へ行ったり、新キャラの絡みなどですが、基本やってることは古見さんと仲良くなるための件で、変わり映えしてないですかね。

僕にとってのこの作品の面白味は、只野君と古見さんの恋愛と、山井 恋の病んだ古見さん愛が可笑しい所です。

恋愛の方は、まぁ 正直観てれば分かるけど、両想い同士なのであとはくっつくだけなんだけど、その過程が一々初々しいです。
古見さんにとって只野君は、初めてできた友達で、今まで誰とも上手くコミュニケーションとれなかったのをアシストもしてくれる人。しかも、家族以外で喋らなくても自分の気持ちを正確に察することができる異性ときたら、そりゃ刷り込みじゃないけど好感持って意識しちゃうよね。ただ、それが依存じゃなければいいんですが。。。

もう一つの面白味の山井 恋だけど、CVがちゃんりなですが、いつも幼女や可愛い系のキャラが多いのに、今回、声とキャラのギャップも面白いです。病んでる演技もイケるんですね。^^
あと、たまに見せるおっさんみたいな行動もね(苦笑)
なので、彼女が出てくるの楽しみでした。

原作では、後に {netabare} 黒ギャルが出て来て恋の3角関係になるんですが、{/netabare}この件も好きなので、3期4期とあればここが見たいです。
続き オナシャス!


余談
なじみの声ってRe:ゼロのラムと同じ りえしょん(村川梨衣)なんだぜ。声優ってスゲー。

投稿 : 2022/08/16
閲覧 : 45
サンキュー:

12

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最終話、第24話 「ホワイトデーです。」ほか、まで観ました。

公式サイト; 
https://komisan-official.com


実は1期を1話も観てないのですが、それなりに楽しめました。でもたぶん1期を観てからの方がイイと思います、まぁ観てないのでよく分かりませんがw。
 本作は、基本的には、古見さんCV古賀 葵と只野くんCV梶原岳人のラブに発展するであろうのプレラブなコメディです。この2人だけでお話をまとめるのではなく、クラスメート達との絡みで、学園モノ特有のある種浮世離れした日常やその中でのイベント、修学旅行や運動会や学園祭やバレンタイン・デーやホワイト・デー、などでの日常の出来事が描かれています。
  あと、学校時代って、こんなにイベントがあるのかと今更ながら気付きました。どうして気が付かなかったのか、ちょっと考えてみました。なんのことはない、ほぼあらゆるイベントをスルーしていたからなのでしたw。
 本作のお話は、ワタシ的には、関心のある話題な筈なのに腑に落ちないことが多いです。それは本作のコミュ障とワタシの考えるコミュ障に大きな隔たりを感じるからなのですが、ワタシ的にはコミュ障は極端に他人への関心が低下した結果だと思っているからです。また、見た目の良い人は、ワタシの勝手なイメージでは本人が特に何もしなくてもトラウマでもない限り、自然にコミュ力が上がるような気がします。ワタシ的にはとても不自然な気がするのですが、世間ではどうなのでしょう。もちろん本作は創作なので、その設定に反論しても意味はないですし、その設定でないと表現できないまたは効率が良い何かがおそらく存在する筈です。
 本作は推しですかと尋ねられたら、一期目を視てないので何とも、ということにします。

投稿 : 2022/08/07
閲覧 : 18
サンキュー:

3

ネタバレ

ネムりん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

古見さんはコミュマスターだった件 

・作画 3.5点→4.0点
作画の質だけではなく、作画演出が特に素晴らしかったので+0.5点。

・音楽 3.5点→4.0点
OPの歌詞や曲調どこかで聴き覚えがあるなと思っていたら『るろうに剣心』のOP主題歌歌っていたシンガーソングライターの川本真琴さんでした。懐かしい。
さすがにあの声はもう年齢的に出ないだろうということで、人気声優の伊藤美来ちゃんにバトンタッチということなのでしょうね。{netabare}点数は少し甘めに付けてるのはここだけの話。{/netabare}
  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
物語の評価はコミュ症で悩んでいる人の視点に立って物語が描れていてとても良かったです。

古見さんのようなコミ症の人にとって、明るく気軽に接してくれる周りの人達の存在が、自分からは積極的に声が掛けれられないのでとてもありがたかったりするんですよね。
クラスメイトがただ騒いでるだけではなくみんないい奴ばかりだから、中学生の時の班決めの回想シーンで周りから孤立してしまい悩んでいる古見さんの姿がありましたが、対比するような形で今の友達の存在があり、過去を振り払って勇気を出してクラスメイトに話し掛けてみようという気持ちにもなれるし、最終話で只野君との会話シーンで終業式を迎え「この時間が終わってしまうのが寂しいです。」と古見さんの心境が語られてたけど、その存在自体が嬉しくて前向きになれるので、最初のクラスメイトの理解者である只野くんや家族以外の人とはほとんど会話をする事が今まで出来なかったけど、最後の方で同級生の佐藤(甘美)さんにも声が掛けられるようになってたし、尾根峰さんの弟ちゃんに「シャアのお姉ちゃん綺麗な声だからもっと喋った方がいいよ」と言われて「頑張ります」って、コミュ症を克服するための決意にも取れる一歩前に進めた古見さんの姿がそこにあり、その成長過程がとても繊細に描かれていたと思います。
最終話の消しゴム落としの話などは何も考えずに観てしまうと普通に思えてしまうのだが、みんなが楽しく盛り上げてくれるから友達っていいなって思えるシーンになってたし、一見バカなことをやっているような山井さんや見た目ヤンキーの片居くんは声は掛けづらいんだけど、中身は実はいい奴だから頑張って声を掛ければお友達になれるかもしれないとコミュ症を克服するためのきっかけを与えてくれているので、コミュ症の人の気持ちに立ってよく考えて作品が作られているなという感想を持ちました。

特に優れていると思ったのが作画演出面で、焼き芋を買う話なんかは無音声だけどアドリブだけで焼き芋を買おうとするシーンは、おまけ付きでタダで焼き芋を貰うという流れでしっかりと話が作られていて面白かった(結局お金は払ったというオチ)し、山井さんの古見さんのパンツに執着する異常な眼差しや、エヴァの初号機がビースト化した時のような人外の動きとか、ストッキングを被って微笑みを浮かべてからの全力ダッシュで逃げるところは気持ち悪さが映像面からとても伝わってきて(笑)、こういうシーンではこういう作画を持ってくればもっと面白くできるのではと制作努力が感じられました。
またコミュ症の人の気持ちを演出するための日常からは少し離れたバレンタインデーの時の話のようなチョコを渡したいんだけどいつまでも渡せなくてそわそわしながら、最後思い切って渡したが恥ずかしくてこれまた全力ダッシュで逃げる古見さんのような現実寄りの作画演出が、思春期の時の複雑な感情として凄く伝わってきて映像面でとても優れていたと思います。
途中クラスメイトの寒いギャグとか少々気になる点はありましたが、ラブとコメディのバランスが良く安定して視聴することができ面白かったです 。

古見友人帳 友達残り73人。

{netabare}原作では只野くんと古見さんは付き合ってるのですが、{/netabare}二人の今後の関係も気になるし、友達100人作って古見さんがコミュ症を克服して成長していく姿をもっと見たいと思えた内容だったので、Netflix独占配信のため続編の可能性が高い3期があれば是非観てみたいし、感動あり笑いありの安定した面白さがあった癒し枠と言える作品でした。

。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。

▩以下過去レビュー

「コミュ障」と「コミュ症」には大きな違いがあって、医学的見地から精神疾患を抱え障害として認められているのが「コミュ障」で、人付き合いは苦手だけどコンプレックスを抱えるほどではないが、軽度なコミュニケーション能力の不足からくるものを「コミュ症」。
古見さんは「コミュ症」なので障害者に対する差別や偏見を捩ったものではないことが分かるが、ほぼ擬音語や擬声語、筆談を使って人とコミュニケーションをとっているので、症状としてはかなり重い方なのでしょう、普通は恥ずかしくて目を逸らしてしまうところが症状が酷すぎて逆に相手を直視してしまったり、人間の言葉が出てこなかったりと、脳や身体に問題はないけど人前で話すことがとにかく苦手。

「コミュ症」はインターネットスラングで流行った言葉だそうで、積極的なコミュ症と消極的なコミュ症があり、前者が『琴浦さん』の琴浦春香や放送中の『阿波連さんははかれない』の阿波連さんみたいに、相手の気持ちが読み取れないため過剰行動を起こし嫌われてしまうタイプの人間で、後者が古見さんにあたるわけだが、コミュ症自体が努力で克服できるものなので、両者ともその部分をうまく話に絡ませてくるのが、第4次産業革命以降働き方が多角化して、人間性も多様化している現代社会を反映しているようで話の作りが面白いなと思いました。
やり過ぎると差別的な意味合いを持たせてしまうが、それをうまくコメディタッチな作風で嫌味を感じさせない作りになっているので作品としてはとても楽しく視聴でき、コミュ症を克服するために「古見友人帳」を使い、友達を100人作るという夢を抱いている設定も面白い。

物語は初回、見た目ヤンキーの片居君も実は同様にコミュ症で、作り笑いをしたいが恐怖心から顔がひきつって強面になってしまい(『ReLIFE』の日代さん?)、意識してることとやってることが全く逆になってしまうところや、痰が絡んで「大丈夫ですか?」を略してしまい"だい"(DIE)"です"(DEATH)のまさかの死の二重連想させるネタもアイデアとしては面白かった。
古見さんは片居君を見て怖くて固まっているだけなのに、勝手にコミュマスターにされてしまうオチも良かったし、締めの消しゴム落とすネタもどう見ても席が近いんだからそのまま渡せよと突っ込みを入れかけたが、お互い気になって試験に集中できない初なところも青春してていいね。
クラスメイトが潔癖症やナルシスト、中二病や男塾の松尾みたいな髪型したやつもいるし、登場人物が怪しすぎてなんだか面白くなりそうな予感。

アニメ制作は今期3作品手掛けているOLMで実績のある会社だが、『ラブオールプレー』がちょっと怪しいけど『オッドタクシー』品質でいけば及第点は行けそう。

今期ラブコメ作品が例年よりも多いだけに他と差別化を図れるか、今のところ期待は持てそうな作品。

投稿 : 2022/08/06
閲覧 : 235
サンキュー:

8

ネタバレ

くろゆき* さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

えっ、何、ちょっと面白そうじゃない。只野くんのくせに

話の内容は2期のほうが確実に面白いのだが演出は1期で出しきったのかと思うぐらい平凡だった。

全体を通して基本的に明るい作品だけど、修学旅行で古見さんの過去がチラッと…触れてきましたね。
キャラが増えて散らかると思ったが、展開のパターンが増えて面白さの幅が増えていたように感じました。

投稿 : 2022/07/23
閲覧 : 23
サンキュー:

2

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

しかし いい子ですね

しかし いい子ですね どんな 育て方したら あんな いい子になるんでしょう・・・子育てはむずかしい ですね・・

投稿 : 2022/07/19
閲覧 : 24
サンキュー:

2

ネタバレ

Jeanne さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

作画は残念だった

全12話

1期も面白かったですが個人的に2期のほうが面白かったです。

1期と2期での一番大きな違いとしては、古見さんと只野君の恋愛系エピソードが多くあったことですが、微笑ましく見ていられてとても良かったです。

又、1期では出てこなかった新キャラも良いキャラが多くて、特に片居君が好きでした。

残念だったのは作画です。
1期は最初から最後まで安定していましたが、2期は全体的に悪くなっていて最終話付近は崩壊しているといっても過言ではない程ひどかったと思います。

話は毎話安定した面白さだったので、ぜひ続きも見たいです。

投稿 : 2022/07/06
閲覧 : 43
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

二期は第13話から

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
“コミュ症”とは── 人付き合いを苦手とする症状。またはその症状を持つ人を指す。 留意すべきは── 苦手とするだけで、他人と係わりを持ちたくない、とは思っていないことだ。 桜舞う高校1年、極度のコミュ症である古見さんが出会ったのは、“普通すぎる”クラスメイト・只野くん。 人前で緊張してしまう古見さんの夢は、「友達を100人作る」こと。 古見さんの「1人目の友達」になった只野くんは、残り99人の友達づくりを手伝ってくれることになりました。 個性派ぞろいの高校で、古見さんの夢は叶うのでしょうか? 伝えたい、でも伝えられない…そわそわ、どきどき、思わずにやにや でも時折、胸にチクリと突き刺さる? コミュ症美少女コメディー、開幕です。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:オダトモヒト(小学館『週刊少年サンデー』連載中)
総監督:渡辺歩
監督:川越一生
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:中嶋敦子
美術監督:佐藤勝
色彩設計:林由稀
撮影監督:並木智
編集:小島俊彦
音楽:橋本由香利
音響監督:渡辺淳
音響制作:HALF H・P STUDIO
アニメーション制作:オー・エル・エム
制作:小学館集英社プロダクション

主題歌
OP:「青100色」伊藤美来
ED:「小喋日和」FantasticYouth
{/netabare}
キャスト{netabare}
古見硝子:古賀葵
只野仁人:梶原岳人
長名なじみ:村川梨衣
山井 恋:日高里菜
中々思春:大久保瑠美
上理卑美子:藤井ゆきよ
矢田野まける:前島亜美
井中のこ子:潘めぐみ
尾根峰ねね:青木瑠璃子
尾鶏かえで:森山由梨佳
地洗井茂夫:赤羽根健治
園田大勢:佐藤悠雅
忍野裳乃:小野賢章
鬼ヶ島朱子:ブリドカットセーラ恵美
古見秀子:井上喜久子
古見将賀:星野充昭
古見笑介:榎木淳弥
只野 瞳:内田真礼
片居誠:神尾晋一郎
成瀬詩守斗:三浦勝之
米谷忠釈:鵜澤正太郎
加藤三九二:内村史子
佐々木あやみ:髙橋ミナミ
ナレーション:日髙のり子
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


#13
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
コミュ 44「冬の訪れです。」
通学路。マフラーを巻いて登校する古見さんの吐く息は白い。学校の下駄箱でマフラーを外す古見さんに、なじみがイタズラ!そこに登校してきた只野くんに気付いた古見さんは…
コミュ 45「不良です。」
金髪と鍛え上げられた身体に不敵な笑み…ザ・不良な見た目の片居くん。クラスメイト達が怖がりながら遠巻きに片居くんを見ているところに、誰とでも友達になれるコミュ力モンスターのなじみ登場!だが、そんななじみですら、片居くんに教室の外に連れて行かれてしまい…。
コミュ 46「中々さんちで勉強です。」
期末テストが近づき、なじみの思いつきで中々邸に乗り込んだ古見さんたち。中々さんの部屋でみんなでテスト勉強スタート!…されず、「中々さん VS 山井さんのどちらが古見さんに好かれているかバトル」がスタートしてしまう!果たして、このバトルの結果は…。
コミュ 47「期末テストです。」
期末テスト開始!机の上に置いておいた鉛筆に手があたり落下させてしまう古見さん。コロコロと床を転がる鉛筆、手に持っていた鉛筆は芯が抜けてしまい大ピンチ!そんな古見さんに気付いた只野くんは自分のペンを落として…。
{/netabare}
感想
{netabare}
「冬の訪れです。」
昇降口で、靴を替えてる時
背後から近づいたなじみに、冷たい手をほっぺにくっつけられた硝子が
次に来た只野クンに同じことをして、ひとりでにっこり^^

只野クンは、何が起きたか分かってないみたい^^

そのあとなじみが、この学校とおはなしをメタ発言で紹介^^

それから硝子が持ってきたノートをもとに
古見友人帳にサインをもらってくるようにゆうんだけど
友だち100人まで、あと87人ってゆうオチで、なじみが「これだけ!?
半年たったよね?」ってゆうのは、心にザクッと刺さりそう^^;


「不良です。」
片居クンはやっぱり人がニガテで、入学式をカゼで休んでたりしてるうち
どんどん学校に行きづらくなってずっと休んでたら、もう冬。。

その間、背も伸び、声変わりもして、体も鍛えて
イジメられないように髪も染めて、学校に行ったら
自分で気がつかないうち、みんなから不良みたいに思われて避けられてた。。

それでクラスで浮いたまま、目が合った硝子とにらみ合いになってたら
只野クンが察してくれて、学校の案内をしてくれて助かった。。

ってゆうおはなしだったけど
合った目をそらすタイミングが分からなくって見つめてた硝子のことを
コミュマスターだって思っちゃったみたい^^


不良だと思われてる男子が実は臆病でコミュ障なだけだった、ってゆう
ギャップがおかしいコメディだったw


「中々さんちで勉強です。」
なじみのアイデアで、思春の家で勉強することになったんだけど
恋まで来て、勉強より、2人の言い合いがはじまった。。

どっちの方が好きか聞く2人に、硝子は
「どっちも大事な友達です」って返事。。

それ以上しつこくして嫌われたくない2人は
ゲームで決着をつけることにしたんだけど、なじみが1位w

さらにテストでも同点ってゆうおはなし^^


言い出しっぺのなじみが、思春のへやに入ったとたんに寝たw

あとは、2人の言い合いが、ギャグみたいなんだけど
ケンカって、やっぱりギスギスするから、あまりギャグには向かないかも。。

それにしても、あんなに言い合いばっかりしてたのに
クラスの平均が65点のテストで、2人とも平均が85.4点ってすごい!


「期末テストです。」
テスト中、鉛筆を落とした硝子は、先生を呼べなくってこまってたら
只野クンが気づいてくれて、自分のシャーペンを鉛筆の近くに落として
先生を呼んでくれた。。

そのあと、消しゴムを出し忘れたことに気づいた只野クンがこまってたら
硝子が気づいて、自分の消しゴムを半分落としてくれたから
只野クンはまた、先生を呼んでひろってもらった。。

2人はぜんぜん集中できなかった。。ってゆうオチ^^


とくに面白いおはなしじゃないけど
2人だけの思い出が増えていく感じがいいかも^^


(おまけ)
その後、この消しゴムは只野クンの家宝になって
妹から貸してって言われても断った。。ってゆうオチが良かった◎
{/netabare}
{/netabare}
#14
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
コミュ 48「台風です。」
朝、制服への着替えをバッチリ決めた古見さんが玄関を開けると大雨!台風のため自宅待機に…。
悪化する天気の中、雷が鳴りビクビクする古見さん…そんな時に只野くんから電話がかかってきて…。
コミュ 49「妄想です。」
男子とは妄想する生き物である。リア充男子メンバーの地洗井くん、園田くん、忍野くんの3人は真剣な眼差しで話し合いをしていた。
その話し合いの内容とは…「クラスの女子で付き合うなら誰?」という、男子であれば誰もが一度は抱く甘美な妄想…。
コミュ 50「ネコカフェです。」
テレビでネコカフェ特集を見た古見さん。尾根峰さん、尾鶏さんと一緒に猫カフェに行った古見さんは猫に対してもコミュ症を発揮!
なかなか猫に近づけない…。猫カフェのボス猫・しょこらはそんな古見さんを観察していたが…。
コミュ 51「愛してるゲームです。」
「愛してるゲーム」とは!「愛してる」と言い、相手をニヤけさせたり、テレさせたら勝ち!というゲーム…!言い方を工夫するも良し!シチュエーションをこだわるもよし!とにかく「愛してる」で「テレ」た方が「負け」なのである!!山井さん VS 古見さんの「愛してるゲーム」の結果は…!?
{/netabare}
感想
{netabare}
「台風です。」
前半は
台風で自宅待機になって、雷でこわい思いをしてる硝子のところに
只野クンから電話がかかって来るおはなし。。

いつもはしゃべらない硝子が、電話越しだと話せてよかった^^
それで、自分の方から
「もうちょっと話しててもいいですか?」って言えた!

陰から見てるお母さんがうれしそうで、おかしかったw


後半は、午後から開いた学校で
恋はタイツ越しの硝子のパン〇が見たいって燃えてて
水に映ったパン〇をのぞこうと、水たまりを見ようって誘い出すんだけど
なじみが走り回ったりして、ことごとくジャマが入ってダメ。。

でも、雲の間から顔を出した太陽を見る硝子の横顔を見たら浄化されて
恋は、パン〇のことなんか忘れてた。。ってゆうおはなし^^

そこまでして見たいって思う、恋の気もちがよく分からないんだけど
男子は、好きな男子のパン〇を見たいと思うのかな?


「妄想です。」
地洗井クン、園田クン、忍野クン、の3人が集まって
クラスで付き合うんだったら、どの子?って
妄想全開でデートシチュを話してるのを、離れた席で聞きながら
ツッコミを入れるおはなしで

なじみ、恋、思春、まける、の子との妄想デートは
話を聞いてるだけで、どの子もかわいく見えるからフシギw

ただ、さいごに硝子とのデートを想像しようとした3人は
絶対いいエピソードを作るぞ!って意気込んでたんだけど
何分たってもぜんぜん思いつかなくって、とうとうあきらめた。。

でも、只野クンは硝子との結婚生活を想像して
思わずつくえに頭をぶつけてた。。^^;



硝子と只野クンが結婚するかは分からないけど
似たようなシチュエーションは、今までのおはなしにでもありそうで
おもしろかった^^


「ネコカフェです。」
ニュースでネコカフェの特集を見た硝子が、只野クンをさそったけど断られ
ねねとかえでがいっしょに行くことに。。

2人にはネコが寄ってくるのに
警戒されて、近づいても逃げていくネコたちを見て硝子はがっかり。。

そんな硝子の様子を見た孤高のボスネコは
硝子をかわいそうに思って、ヒザの上に乗ってあげた。。ってゆう
やさしいボスネコのおはなしだったみたいで、よかった☆

さいごに、硝子から送られてきた写真を見た只野クンは
自分も行けばよかった、ってくやんだ。。ってゆうオチ付きだったけど
硝子に、ほかの子をさそわせてあげようって考えるなんて
やっぱり只野クンっていい人だね☆


「愛してるゲームです。」
放課後。。
愛してるって言われて、テレたら負けの「愛してるゲーム」を
愛してるって硝子に言いたいだけの恋が誘った。。

いくら愛してる、って言っても、顔色ひとつ変えない硝子に
こんどは愛してるって言ってもらえる番になったけど
どんな「愛してる」か想像して、勝負の前にテレて負けw

そこになじみも参加して、硝子をテレさせようとがんばったんだけどダメで
ついに最終兵器・只野クンを出したんだけど
「アイ」まで言いかけてテレたから負けで、ゲーム終了。。

只野クンは恥ずかしがりながら
無反応だった硝子のことを思いながらひとりで反省会。。

なじみと恋が、ゴチャゴチャ言い争ってたら
硝子が急に席を立って出て行ったけど、教室の外で立ち止まって
すごいテレ出した。。

止めてもらってよかった、って思う気持ちと
ちょっと言ってみてほしかった、ってゆう気持ちが
半々の硝子だった、ってゆうおはなし^^


テレる古見さんを見るためのおはなしだったみたい^^



おまけに、ボスネコと仲良くなった硝子が
古見友人帳に、肉球サインをもらったおはなしで
かわいかった☆
{/netabare}
{/netabare}
#15
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
コミュ52「気持ちです。」
古見さんをもっと理解したい中々さんと山井さん。なぜか古見さんを理解できている只野くんに、2人は相談を持ちかける。
そこで、「古見さんを観察して、思っていることをみんなで当てよう」と只野くんは提案して…。
コミュ53「妄想です。2」
地洗井くん、園田くん、忍野くんの3人は真剣な眼差しで話し合いを始めた。クラスの女子と付き合ったら。という妄想第2回…。
妄想とは人(女子)知れずやらねばならないのだ…!!
コミュ54「お昼のお誘いです。」
見た目が不良の片居くんは、決意していた…「只野くんをお昼へ誘おう!」。しかし、いざ話しかけるとなると考えていたセリフはど忘れ、何て言ったら良いか分からない…!そんな片居くんの気持ちを察した只野くんは…。
コミュ55「石焼き芋です。」
石焼き芋の音が外から聞こえてきて、そわそわしだす古見さん。買いに行こうと外に出るが、石焼き芋売のおじさんに声をかけられない。
徐行するトラックを追う古見さん…だが、おじさんが気づいて振り返るとそっぽを向いてしまい…。
{/netabare}
感想
{netabare}
「気持ちです。」
只野クンは、古見さんの気もちだけじゃなく
思春の心まで読んじゃうって、もう異能レベルだよね^^

元中二病って紹介されてたけど、実はホントに超能力者説w

今回は、硝子の気持ちが知りたい、恋と思春に
只野クンが硝子の考えてることを当てるテストをするんだけど
2人の中の硝子はいつも2人のことを考えてるみたいで、ぜんぶ大はずれ^^;


さいごは、硝子の方から3人にノートで話しかけてきたけど
やっぱり目的は、自分も仲間に入れてほしい、ってゆうことで
4人がいっしょに、お茶を飲みに行ったけど
恋と思春はケンカばっかりで、硝子も大変そう。。


「妄想です。2」
クラスの女子、付き合うなら誰?の続きが行われた、ってゆうおはなしで
尾根峰ねね、尾鶏かえで、そして古見硝子編^^

3人の妄想の中では、ねねがお姉さんでかえでがお母さんキャラ
そして硝子は幕末の花魁に化けたスパイ!?w

硝子が通りかかって、話は終わっちゃったけど
クラスの投票結果は、1位が思春って、どうしてなんだろう^^


「お昼のお誘いです。」
片居クンが、お昼をいっしょに食べようって、誘いに来るおはなしなんだけど
こんなこと言って大丈夫かな?とか、悩みながらだから
かえって怪しい人みたくなるんだけど、それでも只野クンは
片居クンの気持ちを読んで、積極的に動いてあげるの。。

そんなことを知らない硝子は、2人の後をつけたんだけど
硝子のことを、コミュマスターだと思ってる片居クンは
かってに硝子の言いたいことを妄想しちゃって、ってゆうギャグかな。。
それはおもしろくないんだけど。。


片居クンは、にゃんに似てるみたい。。

何か言ったりしたりしたあと、ぜったい後悔するパターン。。
それで「今きっと、変なことやっちゃった。。見られてる、見られてる。。」
って思って、左目の上の方がくすぐったくってたまらなくなって
目をそらして、もっと不審がられてるんじゃないか?って思うアレ。。

なじみは、片居クンと硝子が似てることをバラすなって
只野クンを口止めしてたけど
そうゆうことをおもしろがるのはよくないと思う。。


「石焼き芋です。」
硝子が焼き芋屋さんを呼び止めようとして、できない
ってゆうのを何度も繰り返したあと
かわいそうに思ったおじさんが止まってくれたら
やっと買うことができた♪

そのころ家のベッドで只野クンは
文化祭でメイドコスをしたことを思い出して悶えてた。。

それと、硝子のことを思い出して
頭を冷やしに外に出たら、焼き芋を持った硝子にあって
冬休みもいっしょに遊ぼうって言いたいけど言えなくって
去ろうとしたら、硝子が焼き芋くれて、言い出す勇気が出た。。

ってゆうおはなしで、冬休みがはじまるみたい^^

いっしょにクリスマスや、初詣に行ったりするのかな☆彡

コミュ障じゃない只野クンでも
言いたいことが言えないってゆうことがあるんだ。。
{/netabare}
{/netabare}
#16 コミュ56「メリークリスマス…です。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
12月24日…何も予定が無い古見さんのもとへなじみから突然電話が!問答無用で古見さんの家でのクリスマスパーティー開催を告げる。パーティ用のプレゼントを買うことになり、独りでは不安な古見さんは弟の笑介を買い物のヘルプに連れ出す…無事にプレゼントは買えるのか!?
一方で、なじみ達にも、古見さんの家でクリスマスパーティを開催するための準備があって…?
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
アバンでとつぜん、自宅でのクリパ開催のお知らせを受けた硝子が
へやの前を通りかかった笑介クンに買い物の同行をたのむの。。


パート1。。プレゼントを買いに
踊るサンタ人形とか、センスのない贈り物をえらぶ硝子を笑介クンが止め
マフラーを買うことにしたんだけど、お金を払うのを手伝ってもらったw



パート2。。パーティー
実は、25日は硝子の誕生日で、今回はサプライズパーティー♪
みんなが大きなクマのぬいぐるみをあげたけど、硝子の反応がないw


まずは席取り合戦^^

みんな硝子の隣に座ろうとして待ってるんだけどこないから
みんなで先に席を決め、1人分だけ硝子のスペースを開けておくことにして
恋が硝子用に用意した席の隣に座った。。

でも、硝子といっしょに台所を手伝ってた只野クンが床に座ると
硝子もその隣に座ったから、アテがはずれちゃったw

硝子の隣に座りたかったら、まず只野クンの席を決めないとね^^


それから王様ゲーム♪

はじめの王様は恋に決まってるってひどい!

それから交代みたいに、ひとりずつ王様になってって
そのキャラが言いそうな命令をするんだけど、実行するシーンが
硝子ママがした、只野クンが忍野クンにキスする命令以外はなくって
ちょっとザンネンかも^^

ママもちゃっかり参加してるっておかしかったw


パート3。。パーティー前日のおはなし。。
この前、冬休みに遊ぶ約束した只野クンが、硝子に電話しようか迷ってて
明日が硝子の誕生日だって気づいて、すぐなじみに連絡したら
さっそくみんなを集めてくれて、全員で買い出しに行くことに。。

はじめは5000円以内でプレゼントを買って
硝子の気に入ったものを買った人が勝ち、ってゆうルールにしてたんだけど
只野クンが8000円の巨大ぬいぐるみを持ってきて
みんなでお金を出し合うことに。。

当日、みんなで押しかけて、巨大ぬいぐるみを渡したけど
硝子はあんまりよろこんでなかったみたいで、みんなガッカリ。。

でも、みんな硝子から感謝のメールを受け取って
保護をつけた、ってゆうおはなし^^



みんなには伝わらなかったみたいだけど
あのぬいぐるみ、硝子には受けてたと思う。。
抱き枕代わりに、にゃんも欲しいくらいw

さいごのオチで、帰りのみんなの中に恋がいなくって
受信の合図がぬいぐるみの中から聞こえてきたら、ホラーだったかもw
{/netabare}
{/netabare}
#17
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
コミュ57「雪だるまです。」
朝、目を覚ました古見さん。窓の外は雪景色!只野くんとなじみが遊びにきていた。誰にも踏まれていない雪景色にワクワクしながら、3人で雪だるま作りスタート。
コミュ58「雪合戦です。」
公園に来た古見さんたち。なじみの号令で人があっという間に集まり雪合戦がスタート!チーム分けで高校生と小学生で分かれたのだが、古見さんはなぜか小学生チームで…。
コミュ59「年末です。」
年末で、祖母・結子さんの家にきた古見さん一家。半年ぶりに会った従妹・晶ちゃんと一緒に花札をすることになったが、なんととそこに結子さんが参戦!「お年玉」をかけた真剣勝負が始まる…!!
コミュ60「元旦です。」
元旦。古見さんは振り袖を来て、みんなと初詣へ。その神社のバイトの巫女さんが1人来れなくなって大ピンチ!急遽、手伝うことになる古見さんに、仕事を教えてくれる先輩巫女さんは、なんと井中さん…!?
{/netabare}
感想
{netabare}
「雪だるまです。」(アバン)
しばらく声はなしで、みんなで大きな雪だるまを作ったあと
只野クンとなじみがカップスープを取りに行ってる間に
只野クンが作った小さい雪だるまの横に硝子が、自分の雪だるまを並べると
急に声がもどったから、それが大事だったんだと思う^^


「雪合戦です。」
小学生たちから、役立たずって思われてた硝子だったけど
高校生組が、恋の反乱で次々たおされ、残った恋を硝子がたおして終わり
ってゆう、シュールなおはなしだったw

小学生たちにも、それぞれ名前がついてて
このおはなしにはモブがいない、ってゆうところが良かった☆


「年末です。」
古見家がお父さんの実家に帰ったんだけど
硝子といとこの晶が花札をしようとすると、おばあさんも入ってきて
晶対おばあさんのお年玉をかけた戦いがはじまっちゃうの。。

それで負けた晶の代わりに、硝子が勝って終わるんだけど
ちょっとした「賭ケグルイ」みたいなギャンブルアニメになってて
勝負はそれなりに面白かったけど
「古見さんは、コミュ症です。」には求めてなかったかも^^


「元旦です。」
おばあさんと晶といっしょに、初もうでに来た硝子が
おばあさんの知り合いの人からたのまれて
急に巫女のバイトをすることになったんだけど
そこにはクラスの井中の子がいて。。ってゆうおはなし^^

自分が田舎出身だってバレたくなくって、知らんぷりしてたの子だけど
硝子がこまってるのを見て、いろいろ教えてあげたら
筆談で「井中さんありがとう。。あけましておめでとう、今年もよろしく」
って挨拶してくれて、2人で指をついておじぎ。。^^

硝子を特別視してたの子が、ふつうにお友達になれてよかった^^


(おまけ)
「雪合戦です。」のつづきで、勝った硝子に小学生たち4人の評価が
しゃべらないクールビューティーになって
友だち100人まで、あと81人になった、ってゆうおはなし^^

そっか。。にゃんこのお友だちもありだから、小学生もお友だちなんだね^^



年末年始は、只野クンとのデートとかあるのかな?って思ってたけど
お正月、いちばんに会ったお友だちが
いつもはちょっと距離のある、の子だったってゆうのがよかったかも^^
{/netabare}
{/netabare}
#18
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
コミュ61「それぞれのお正月です。」
1月2日、コミュ力モンスターのなじみは「初詣に行こう!」と只野くんに提案!みんな元旦にもう初詣に行っているだろうと主張する只野くんを横目に、なじみは友達に電話をかけまくると、その電話先には十人十色なお正月を過ごすみんなが居て…
コミュ62「アイススケートです。」
只野くんとの完璧なデートプランを考えた片居くん。電話で誘おうと頑張るが、緊張でうまく話せない。なんとか説明して(ホントは二人がよかったけど)みんなでアイススケートに。いざ、スケートリンクで片居くんは自分が滑れないことに気づいて…!
コミュ63「風邪です。」
風邪をひいた只野くん。そんな只野くんを心配しつつも出かける予定の家族を「大丈夫」と見送ったはいいが、熱が上がり意識が朦朧となってしまう…。助けを求めてなじみに電話する只野くんだったが、間違えて古見さんに電話をかけてしまい…。
{/netabare}
感想
{netabare}
「それぞれのお正月です。」
前半は、なじみと只野クンがみんなに電話をかけて、初詣にさそうおはなしで
後半は、初詣に行って、おみくじを引くんだけど
硝子は大吉で、恋愛運とかが良さすぎて只野クンには見せれないの^^


ハワイに行ってた恋が、硝子が来るって聞いて、電話が切れてたけど
参加してなかった。。どうなったんだろう?w

あと参加メンバーの中に、片居クンと同じくらいの背丈の女子がいたけど
公式のキャラ紹介にものってない。。誰?


「アイススケートです。」
片居クンが只野クンを、アイススケートデートにさそうおはなしで
そこに古見さんもやってきて、片居クンと古見さん、両方とも緊張。。

片居クンは、只野クンを華麗にエスコートしようとか思ってたんだけど
スケートできないのを忘れてて、古見さんといっしょに
只野クンに教わってたけど、古見さんの方が先に滑れるようになって
只野クンと手をつないで教えてもらったら仲良くなれるって気が付くの^^

そのあと作戦が成功して、只野クンと2人で仲良く滑るんだけど
それを見た硝子が、なぜかどっきり!

ふたりがBLだとか、思ったのかな^^


「風邪です。」
家族が旅行中、高熱が出た只野クンが、なじみを呼ぼうとして
間違って硝子にかけちゃうの。。


そして硝子が来て、おかゆを作ってくれたんだけど
只野クンは食べおわると寝ちゃって
片付けから帰ってきた硝子が、只野クンの手を握ると、なじみが来て
「あれ!?古見さん来てたんだ!」ってゆうと硝子がブンブン首をふるオチw


ラブコメによくある、カゼを引いて看病するイベントで
オチ以外はわりとふつうだったけど、オチはおかしかったw

最近はコロナが流行ってるから、熱を出しても
呼んだり看病に行ったり、簡単にできなくってかなしいよね。。

このおはなしはコロナ前でよかった◎
{/netabare}
{/netabare}
#19
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
コミュ64「誤解です。」
風邪で寝込んでいた只野くんの手を握っているところをなじみに見られ、誤解を解かなければと考える古見さん。なじみ宛の手紙を書くがなんだか言い訳のようで悩ましい…。古見さんはなじみに手紙を渡せるのか、渡せないのか…。
コミュ65「幻覚です。」
風邪で寝込んだあの日、古見さんが看病してくれていた気がする只野くん。意識が朦朧としていたため思い出せないが、もし自分に都合の良い幻覚だったら…!?いや、でも本当に来てくれていたのならお礼はしないと…。確証が持てない只野くんは古見さんの反応で真実を探ろうとするが…。
コミュ 66「ナルシストです。」
この漫画の主人公?だと自分では思っている成瀬くん。そんな自分の隣にふさわしいのは古見さん!と話しかけようとするが、次々邪魔をされる。しかしそれも自分のファンの仕業だと疑わない!何度邪魔されても声をかけようと頑張る成瀬君だが…。
コミュ 67「修学旅行の班決めです。」
修学旅行の班決めにテンションが上がるなじみ。只野くんも修学旅行の盛り上がる話題を古見さんに話しかけるが、古見さんの表情は暗い。帰り道でも、いつもと様子が違う古見さんに「心配事があったらいつでも言って欲しい」と話す只野くん。すると、古見さんは中学の時のことを話し始めて…
{/netabare}
感想
{netabare}
「誤解です。」
お見舞いで只野クンの手を握った硝子が、なじみに見られたと思って
言いわけの手紙をなじみに書こうとするんだけど
何を書いても言いわけみたいに聞こえるから、悩むおはなし^^

けっきょく手紙を書いて、げた箱にいれようとすると
登校してきたなじみが奪い去って行って、ちょっとホッとした硝子だったけど
そこに只野クンが登校してきて
手紙を渡すより只野クンに会う方がはずかしいって、やっと気が付いた^^

手紙の内容は「脈を測ってただけ」ってゆうオチ^^


なんて書いても言いわけみたく聞こえるのは、たぶんホントに言い訳だからw

もし、ホントに気にしてないんだったら、次の日何か言われても忘れてて
そんなことあったっけ?って、聞き返すくらいで
もしあれが山井恋だったら、きっとそんな感じだと思う^^

たぶん一番いいのは、何か言われたら
「こんどもし、なじみがカゼひいて、お見舞いに行ったら
手を握ってはげましてあげるからネ^^」って答えることじゃないかな?


「幻覚です。」
カゼで寝てた時、硝子が来てたような気がする只野クンは
来たなら、お礼しないと。。って思って、確かめようとするんだけど
来てないのに来たでしょ?って聞くのは引かれるし
それとなく聞こうとするんだけど、硝子の反応が変。。

それで「あの後(間違い電話した後)、どうしてたんですか?」って聞くと
硝子が「あの後」が何のことか分からなくって、トイレでパニクってた
ってゆうおはなし^^

オチは、なじみに「きのう古見さん、どうしてた?」って聞くと
「脈を測ってたみたい」って答えるオチw


きのう古見さん来てくれましたよね?って聞いても
おかしくないんじゃないかな?

熱を出してるとき、硝子に電話がつながったんだから
妄想くらい見たって、おかしくないと思うから^^


「ナルシストです。」
成瀬詩守斗クンはナルシストで
自分につり合うただ一人の同級生の硝子に話しかけようとするんだけど
取り巻きのみんなからジャマをされて
自分のファンがイヤガラセをしてるって思いこもうとする。。

そんなある日、自分が落としたハンカチを硝子がひろってくれた硝子が
自分のこと好きだとカン違いした成瀬クンが、下校の時間
硝子を待ち伏せして、アドレス交換か何かしようとするんだけど
硝子にスルーされて代わりに只野クンの友だちになった、ってゆうおはなしw

いちいち成瀬クンやみんなの気もちを開設してくれる米谷忠釈クンが
成瀬クンと仲良くしてあげててよかった◎

今までとちょっと変わったキャラみたい^^


「修学旅行の班決めです。」
修学旅行の班決めが、明日あるって聞いた下校時。。

様子がおかしい硝子を只野クンが気遣ったら、別れてすぐ電話があり
実は中学生の時、同じ班になった子たちと距離があって
修学旅行を休んだことを告白してきたので、只野クンがフォローすると
安心して次の日を迎えられた。。

結果は、クラスの女子みんなから、同じ班になりたい!って言われて
くじ引きになった。。で、来週に続く。。


硝子の気持ち、よく分かる。。

にゃんも、高校の時は、前の席の子がよく話しかけてきて
家にも行ったことがある人がいて
帰宅部どうしで、何となくいつも居場所があったけど
中学の時はいつも浮いてて、どうしてたかぜんぜん覚えてない。。

たぶん、どこかの班におまけに付いたと思うんだけど
どうしていいか分からないから、ただくっついて歩いてただけ、みたいな。。

コミュ障には、只野クンみたく、分かってあげようとしてくれる人がいないと
つらいと思う。。

今回は、硝子のセリフがいちばん長かった回で
曲がり角のカベをはさんで、只野クンとの微妙な距離感がよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
#20 コミュ68「修学旅行です。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
いよいよ修学旅行当日。古見さんの班のメンバーは、加藤さんと佐々木さんという初めての二人!”古見さんに修学旅行を最大限楽しんでもらうこと”を目標に掲げ連帯感が生まれる加藤さんと佐々木さん!逆にそれで疎外感を感じてしまう古見さん…!このメンバーでどうなる!?修学旅行!!
{/netabare}
感想
{netabare}
ふつうにみんなで修学旅行。。

今まで出番のなかった人たちもたくさん出てきて
みんなそれなりに楽しい修学旅行だったみたい。。

同性3人どうしの班とか言ってたけど
ほとんど自由に友達どうしで回ってて
硝子の心配は、あんまり関係なかったみたい^^

あと、なじみがどっちに参加するか気になってたけど
寝るときもお風呂も女子だったから、やっぱり女子だったみたい^^


只野クンは、片井クン、成瀬クンといっしょの班で
部屋は不良の3人組だったみたいだけど
上半身ハダカの謎のテンションがおかしかったw


みんな楽しかったみたいでよかった☆


そういえば、バスガイドさんのあるあるがその通りでおかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
#21 コミュ69「修学旅行2日目です。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
修学旅行2日目。加藤さんと佐々木さんと自由行動に向かう古見さん。が、3人とも動きがぎこちない…。古見さんのために完璧なスケジュールを考えてきた加藤さん!だが、タイトなスケジュールにイライラしてしまう佐々木さん。楽しい修学旅行になるのか…!?
{/netabare}
感想
{netabare}
パート1は、硝子が自由行動で
加藤三九二と佐々木あやみの2人と回るおはなしで
大阪に移動、USJの後、タコ焼きを食べ、奈良でシカにせんべいをあげ
京都に帰る電車に飛び乗るようにした3人。。

あやみがちょっと「どうしてこんなタイトなスケジュールにしたの?」
って、計画を立てた三九二にもらしたら
三九二がキレて、微妙な雰囲気に。。

それを感じた硝子が「ちゃんと楽しめましたよ」ってノートに書いて
3人が仲良く映ってる写真を見せたら、2人があやまって仲が元に戻った
ってゆうおはなしで、反省した三九二が
太巻映画村に行くのをやめようとしたら、硝子が「走りましょう」って^^


悪いのはおたがいさまってゆう感じで、うまく収まって良かった^^
でも、プランがあるって言いだしたのは三九二だし
あれだとやっぱりちょっと強行すぎて、ギスギスしちゃうよね。。

あやみは三九二を責めるようなキツイ言いかたじゃなかったのに
三九二がキレたのは、たぶん自分も気にしてたからだと思う。。

硝子が口(紙)を出したとき、もしあやみが三九二くらい敏感になってたら
硝子は三九二の味方をしてる、って思われたかもしれないから
そうならなかったのは、もともとあやみも責める気なんかなかったからで
硝子が口を出したとき、あやみが一番ホッとしたんじゃないかな^^


パート2は、太巻映画村編。。

古見さんが着物を着て注目を集めてると、忍者軍団に取り囲まれた。。

遊園地のヒーローショーとかでありそうな
一般人巻き込み型アトラクションみたいなんだけど
トイレから戻ってきたあやみがそれを見て、何とかしなきゃ!って
「スケバン刑事」のマネをしたら、忍者が逃げたw

お面をかぶってても、三九二にはバレてたみたいだけど
他人のフリで通そうとするあやみがおかしかったw

ホテルに帰って、詰め将棋風に三九二を追い込むあやみだったけど
さいごに落としたのは硝子だったw

トイレに駆け込んで、自分の間違いに気づいて恥ずかしく思ったけど
2人が自分を、変な目で見てたわけじゃないって気が付いたあやみが
Y.Y.般若で出てきたのがw

さらに、お面が4,500円って高いw

消灯して恋バナ。。

三九二が好きなのが片居クンってゆうのは、ちょっと意外^^

硝子が好きなのは只野クンだってバレてたけど
本人は「好き」ってゆう感情が分かってなくって
2人に教わってはじめて気が付いた。。自分は「H」が好きだってw


パート3は、最終日の帰りの新幹線編。。

あやみと三九二は、完璧超人だと思ってた硝子が
ふつうの、かわいい女子だって気が付いた。。

2人は片居クンの隣に座ってた只野クンを、寝てる硝子のところに呼び出して
2人っきりにさせる作戦^^

空いた席に三九二を座らせるあやみ^^

しょうがなくって硝子の隣に座る只野クンの肩にもたれかかる硝子。。
起きてあわてるw

場を持たせようと修学旅行の話を聞く只野クン。。
ジャマに入るなじみがおかしいw

古見友人帳、残り79人。。
って、まだクラス全員と友だちになってなかったんだ!
ちょっと意外だった。。


2期の最終回にしてもおかしくないくらいの展開だった^^
{/netabare}
{/netabare}
#22 コミュ70「バレンタインです。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
山井さんや上理さん、尾根峰さんたちからチョコレートをもらった古見さんは自分が作ってきたチョコレートを手渡していくが、只野くんには渡せない…。一方、古見さんや尾根峰さんなど、女子の友達がたくさんできたと思っている只野くん…チョコレートを貰えるのか…?その時、只野くんの目の前にチョコレートが差し出された…!?
{/netabare}
感想
{netabare}
Aパートは修学旅行の後の、ちょっと気まずいクラスの雰囲気^^

にゃんは中学の修学旅行の時はなんとか生きのびて忘れたけど
高校の時は、席が前の人とぼっち同士でわりと仲がよかったから
わりとふつう(どんな?)に過ごせてよかった^^

硝子は話しかけれなくって、何度も決意してはあきらめ。。をくり返して
只野クンに背中を押されて、やっとノートでおはようって^^


パート1は、硝子が尾根峰ねねにさそわれて、尾鶏かえでといっしょに
放課後チョコケーキを作ることになって、ねねの家に行くんだけど
そこに弟妹たちがいて、いっしょに遊んだり、手伝ってもらったり。。

話さない硝子のこと、こわいお姉ちゃんって言ってた子たちに
何でしゃべらないか聞かれたり
声がいいから話したらいいのに。。って言われたりして
がんばろうってする硝子だった^^

けっきょくみんなで全部食べちゃって
硝子はあとで、家に帰ってみんなの分を作ってたけど
クラスみんなに配るだけ作ろうと思ったら、徹夜しなくっちゃいけないかもw


パート2は、いよいよバレンタインデーで
クラスのみんなには配れても、只野クンには渡せない硝子を見ながら
只野クンがひとり、さびしい思いをしながらチョコを待つおはなしで
けっきょくもらえたのは片居クンからだけで、ノーカン^^;

あとは、みんなのチョコ渡しの風景で
恋が硝子にあげたチョコには、何か入ってそうで怖いw

そのあと地洗井クンにも「義理」って言ってあげてた時は
なんだかツンデレっぽかったけど、硝子の次に好き、とかなのかな^^とか
思春は園田クンに「本物だ」って渡してたけど、本命ってゆうこと?
って思ってたら、忍野クンがのこ子からかりんとう!?

それで分かったけど、ぜんぶ3人の妄想だったw

片居クンは三九二からもらった箱が何だか分からずに怖がってたけど
硝子師匠からもらったときには、待つんじゃなくて積極的に行け!
ってゆうメッセも受け取って、只野クンにあげてた^^

それにしても只野クンは、女子から義理チョコももらえなかったけど
なじみからの、お返し目当ての安いチョコももらえなかったってゆうのは
何かあったのかな?

みんな、只野クンは硝子からもらえるはずだ、って思ってたとか^^


パート3は、只野クンが家に帰ってからのおはなしで
お母さんと妹からはもらえたけど、ノーカン。。

それで、男子からチョコもらったことをからかってた瞳が
窓に映った女の影を見て、只野クンをお使いに出したら
そこには硝子がいて、只野クンは彼女を公園にさそったんだけど
なじみからの用事をたのまれただけだったって分かってガッカリ。。

それで別れて、アパートの階段を上りはじめたら
硝子が追いかけてきて名前を呼んだ。。

降りていくと硝子はカバンからチョコを取り出すと
「友チョコです」って言いながら渡してきたけど
「一番うまくできたもの」ってゆう言葉も付け加えて
恥ずかしさで、逃げるように去って行ったところでオシマイ。。



硝子がなかなか渡せないのは分かってたけど、わざわざ訪ねてきたと思ったら
プリントを渡すためだったって、さらに引きのばしで
ちょっと引っ張りすぎだったかも。。

それと、瞳のカンはすごかった!
でも、あとはつけなかったのかな?

あと、ガッカリして階段を上って行った只野クン。。
たのまれたお使いを忘れて、また行くことになったかもw
{/netabare}
{/netabare}
#23 
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
コミュ71「伝線です。」
ある日の授業中、古見さんの黒タイツが伝線しているのに気づいた山井さん。悶え悩んだ末コソッと古見さんに伝えることにした。たまたま(?)持っていた替えのタイツを古見さんに渡し、一緒にトイレへ向かう山井さんの企みは…!
コミュ72「鬼に金棒です。」
山井さんのグループによくいる鬼ヶ島さん、彼女は古見さんとも友達だ。いつも元気で笑顔な姿を見せているのだが、そんな彼女もキレることはある…!?赤信号でイライラ、イヤホンが絡まってイライラ…。イライラメーターがMAXに達する時、鬼ヶ島さんが豹変する…!?
コミュ73「甘いです。」
頼み事を断れない、人に甘い左藤さん。しかし、人を甘やかしすぎるとその人をダメ人間にしてしまうかも…と言われ、頼み事を断る練習をすることに…。そんな左藤さんに、古見さんがかけた言葉は...!
コミュ74「ケンカです。」
詰将棋の本を読んでいる加藤さんに話しかけようとしている古見さん。それに気がついた加藤さんは、2人のコミュニケーションになれば! と詰将棋の問題を古見さんと只野くんに出題!しかし、答えの意見が食い違い険悪な雰囲気に…。モヤモヤする古見さんと只野くんだが…
{/netabare}
感想
{netabare}
(バレンタインの次の日の朝のおはなし)
昨日の夜のことが恥ずかしくって、只野クンと顔を合わせれない硝子。。
「昨日はありがとう」って言われただけで、逃げだしちゃった^^


「伝線です。」
硝子のタイツが伝線してるのに気づいた恋が
自分の用意してるタイツと交換したら?って言ってトイレに行ったんだけど
硝子が履き替えようとしてるスキをねらって、古い方を頭からかぶった。。

気が付いて脱がせようとする硝子と、逃げる恋。。

タイツを被った山井を追いかけて
ハダシで駆けてく陰キャな古見さん~♪ってゆうおはなしで
女子校だと、似たようなことはあるかもだけど
シュールな光景に、思わず吹き出しちゃったw

タイツとかストッキングの時は、替えを用意してないと心配かも。。
でも、恋が硝子のタイツの替えを用意してるのって、もっと心配かも^^;


「鬼に金棒です。」
鬼ヶ島朱子のおはなしで、ふだんは明るいいい子みたいだけど
怒るとこわいってゆう感じで、その日は朝から信号のたびに赤で止まって
イヤホンは絡まり、靴ひもは何度もほどけ、ご機嫌サイアク。。

ご飯を食べて落ち着いたけど、飲み物がはねて服を汚して
またサイアクの状態になって、友達の恋も逃げ出すくらい。。

でも、汚れ落としに行った水道で
硝子に落としたイヤホンを拾ってもらって、絡まりをほどいてもらってから
機嫌が直り、みんなでいっしょにバッティングセンターに行って
ストレス発散♪

ホームランを打って、硝子に自慢。。硝子がうなずいて
「鬼ヶ島さんと古見さんは友達です」ってナレーションが入ってオシマイ^^


硝子に癒されたところはホッとしちゃった^^

朱子のイライラが伝わってくるおはなしだったけど
実際に戸を蹴ったり、誰かに八つ当たりした訳じゃないから
本当の性格ってよく分からなかったかも^^

「甘いです。」
左藤甘美は人に甘い、ってゆうおはなしで
みんなが登校してくる前に机を拭いたり
1番に教室に入る快感を感じてもらうために、いったん外に出たり
人からたのまれると何でも引き受けちゃう子。。

只野クンがたくさんのプリントを運んでるの見て
代わりにぜんぶ自分が持って行こうとして、近くにいた硝子に
「古見さんも何かたのみがあったら言ってね」って言ったら
硝子がプリントを半分持って
「左藤さんも頼みたいことがあったら言ってください。」って。。

それで只野クンやなじみも手伝ってプリント運びをしたあと
今までそんなこと言われたことのなかった甘美は硝子に
朝のそうじを手伝うように頼んだら、只野クンたちも手伝ってくれて
1年1組では朝のそうじが日課になった、ってゆうおはなし^^


にゃんの中学の時の男子に、こんな感じの人がいて
男子だけど、詩を書くのが好きなやさしい人だったけど
悪い人たちのパシリになって、暴力団関係に行っちゃったみたい。。

やさしくっていい人。。みんながこんな人だったらいいと思うけど
何でも引き受けるって、そうゆうことだと思う。。


「ケンカです。」
三九二が作った詰め将棋をやってた硝子と只野クン。。

硝子の意見に、ツッコんでばかりの只野クンと微妙な関係になって
授業中も気まずい雰囲気になってたら
なじみがやってきて「いつの間にケンカするほど仲良くなってたの?」
って聞かれて、2人ともテレた、ってゆうおはなし^^


こうゆうことってありそうw
でも、硝子が何も言わないから、悪いのは只野クンみたい^^


(Cパートおまけ)
三九二から、只野クンが間違いを教えられて
硝子がドヤるんだけど、ドヤ顔もかわいかった、ってゆうおはなし^^

(Cパートおまけ、その2)
甘美が、おなじ社会民族研究部所属で
硝子の後ろの席の牛路田影子と前の前田・ジュクジョスキー・星雄クンを
只野クンと硝子に紹介するおはなし。。

前田クンは、「甘いです。」で
甘美にパン〇を要求しようとして、影子にツッコまれ
お母さんやおばあさんのまで要求しようとして、さらにツッコまれてたけど
今回は硝子に、おばあさんのこと聞こうとしてツッコまれたw


同じクラスで、すぐ近くの席の2人なのに
只野クンと硝子をわざわざ部室に連れてってまでに紹介するって
どんなシチュエーションか、そっちの方が気になった^^
{/netabare}
{/netabare}
#24
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
コミュ75「ホワイトデーです。」
バレンタインに古見さんからチョコをもらった只野くん。だが、そのチョコの意味を色々考えてしまい、中々ホワイトデーのお返しが決まらない…。悩む只野くんは只者じゃない妹・瞳ちゃんにお返しについて相談することに…そして、ホワイトデー当日、只野くんは意を決して古見さんの家へ向かうが…。
コミュ76「1年間です。」
間もなく3学期の終業式。1年で仲良くなった1-1のクラスメイト達はなじみを中心に消しゴム落としバトルで大盛り上がり。そんな中、一同から少し離れた場所にいる古見さんの表情が気になる只野くん。1年間このクラスで過ごした古見さんの想いとは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
コミュ75「ホワイトデーです。」
ホワイトデーのお返しに悩む只野クンが
けっきょく妹に相談して、いい匂いのするハンドクリームをゲット。。

当日は土曜で学校はお休みだから、前日に渡そうとするけど日和って
片居クンをラーメンに誘ったところがおかしかった^^

それで次の日、家を訪ねると、お母さんが出てきて部屋に案内されたんだけど
気まずい雰囲気でいると、なぜかお父さんがお茶を持ってきて自分で飲むw

そこに硝子が帰ってきて、お父さんを追い出すと急いで部屋の片づけ。。

本が出しっぱなしくらいだったらいいけど、クローゼットが開いてたり
布団グチャグチャ、脱ぎっぱなしの服は、すごく恥ずかしいかも^^

かたずけて息を切らす硝子と、2人の様子を説明する分がおかしかったw


もらったハンドクリームの箱に、アメちゃん1個入ってたのも
バレンタインのお返しってゆう感じでいいな☆

硝子が、もらったクリームを手に付けてかいでみるシーンもよかった☆
使い終わってもクリームの缶は、大事な宝物になりそう^^


あと、片居クンが三九二にお返しを渡すとき
何にも言わずに置いて去って行くのがかっこよかった☆


コミュ76「1年間です。」
前半は、そうじをしてたらいつの間にか
クラスで消しゴム落とし選手権がはじまって
みんなムダに熱くなってたのがおかしかった^^

こんなに1つにまとまるクラスって、めずらしいかも^^


後半は、なじみが只野クンに委員会の仕事を押し付けて帰って
只野クンが教室に戻ってくると、窓に向かってたたずむ硝子が。。

話しかけると珍しく、声に出して
もうすぐ1年間が終わるのがさみしい。。って答えてくれて
只野クンが1年間の出来事を話すと、硝子はだまってうなづいてた。。

そんなところに帰ったはずのなじみが戻ってきて、傘に入れてほしいって^^

それで、2つの傘の真ん中に入って帰るなじみだったけど
アレって両方の傘から雨が落ちてきて、ふつうにぬれちゃいそうw




後半は回想で、とくにおもしろいおはなしじゃなかったけど
クラスのみんなとのことを思い出して
いろんな人が見れてよかった^^

ただ、最近出て来たキャラは、よく分からなくってザンネン。。

2年になって、違うクラスに行った子もいるのかな?
モブで、もう2度と出てこないキャラとかいそうで、かわいそう。。

2人は、2年になっても同じクラスになれたみたいでよかった◎
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


「古見さんは、コミュ症です。」の2期で
硝子の友だちも増えてきて、ノートだけど話もできるようになって
只野クンとなら、声も出せるようになったのがすごい成長だし
ラブコメもパワーアップしてきたみたい^^


あればだけど、3期も楽しみ☆彡







.

投稿 : 2022/07/04
閲覧 : 130
サンキュー:

21

ネタバレ

エイ8 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

♪曲がり角はすぐそこに~もう見えているのに~♪

♪気づかれないように心の中でカウントしてる♪

(*´ω`*)「いちにぃさんっ♪」

『古見さんは、コミュ症です。』(こみさんはコミュしょうです)は、オダトモヒトによる漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2016年25号から連載中。
2021年9月にNHKでテレビドラマ化。同年10月よりテレビ東京ほかにてテレビアニメ化され、2022年4月より第2期が放送中(wikipedia)

いやいやED観てるとつい口ずさんじゃいますよね、「いちにぃさんっ♪」って。クラスメイト達の動きも中々味わい深く個人的には特に山井さんと中々さんのつばぜり合いが好きでした。というかこの二人いつの間にか相性良くなってますよね?山井さんは一応クラスの中心的存在という設定であるにもかかわらず陰キャぼっち中々さんを相手にしてあげるだなんて彼女本当はとてもいい子なんじゃないでしょうか。ですので少々性癖に偏りがあろうとも大目に見てあげるべきなのかもしれません。実際、彼女が動かないことにはこの作品かなり地味な気がしますし。

二期ということですが実質は分割2クールといった感じです。相変わらずコミュ症美少女の古見さんにかまってもらいたいクラスメイトたちがあれやこれや手を尽くして彼女の気を引こうとしている話が多く正直少し退屈でした。新キャラもいくらか登場するのですが、片居くんを除けば結局そのエピソード限りの活躍でしかないことが多かったですよね。ちなみに片居くんが教室内で恐れられている描写が多かったですが、どう見たって世紀末くんの方がでかいしやばいと思います。
成瀬くんがCパートの引きとして登場した時は相当期待したんですが、結局残念な役回りだけで後は修学旅行でBL的雰囲気を匂わすのが関の山……うーん、もうちょっと使いどころのあるキャラのような気がしたんだけどなあ。

ようやく面白くなってきたかなあと思ったのは修学旅行中に古見さんと同じ班の佐々木さんが般若の面つけてヨーヨー振り回し始めたところからなので大分終盤に近付いてからでした。やっぱり本作は一癖ある登場人物がキャラの立った行動をしないことには動きが少なく地味で退屈なことが多い気がします。

とはいえ古見さんと只野くんの関係が知らない間に急速に進展してましたね。只野くんが風邪で寝込んでいる時に彼の手を取るだなんて思いもよらぬ行動、まさか彼女の中でそこまで只野くんの存在が大きくなっていようとは……。ただ実際問題古見さんにとって只野くんは社会と関わりを持つための基点ともいえる存在なので好きになる……というか依存したとしてもおかしくはないかもしれません。ほんとはぶっちゃけなじみちゃんの方が重要な役割を果たしてるとは思いますが、He or Sheななじみちゃんにとって古見さんは色んな意味で特別な存在ではないですし、古見さんからしても若干難しい相手でもありますからね。

一期のレビューの時に只野くんに関して「特徴のないモブキャラ属性」と書いたのですが、ほんとはちょっと違いますよね。一期の時点でもテストで(中央値ならまだわかりますが)必ず平均点を取るという離れ業をやってましたし、他にも空気を読むというよりは心を読むレベルの異能を発揮したりなんかしてちゃんとキャラ立ってました。

ついでに一期のレビューの時には「えげつないレベルの「コミュ症」である彼女が受け入れられるのはそれを補って余りあるほどの美貌がそうさせているだけという不都合な真実」とも書いたわけですが、じゃあ古見さんがフツーの容貌の人だったとしてクラスメイトがわちゃわちゃ寄って来てくれるかというと、まあその方が現実味ないのも確か。いずれにしろ結局彼女の容姿ありきの物語なわけなので「コミュ症」なんかをテーマにしながらもどうひっくり返したところで共感するのは難しい作品なんだと思います。

それと尾根峰さんが良い人設定なのはわかるけど、かといって彼女までみんなのように「古見さん♪古見さん♪」言う姿はあまり見たくなかったかも。彼女だけはそこまで入れ込まずに一線引いて見守るぐらいのポジションがちょうど良かったんじゃないかなと思います。古見さんの誕生日に彼女のすぐ近くに陣取ることを意識することなくソファーに座ったような、それぐらいの距離感がベストだと思ったので修学旅行の班決めの時に尾根峰さんまで率先して「一緒の班になろっ!?♪」みたいなことを言ったのは正直興ざめ。まああれはクラスの誰しもが古見さんのことが好きということを表現するために必要な描写だったということ自体はわかりますが……。

一期二期合わせて1年生が終了します。原作は未読なのですが2年から登場する某キャラが相当今後の物語の中核に関わってくるようなので三期以降こそ楽しみかも。続編期待!

投稿 : 2022/07/03
閲覧 : 46
サンキュー:

6

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1年間です。

 全12話。

 前回は低評価気味でしたが、2期も見てしまいました。毎週見てたので、なんだかんだ言って僕はこの作品が好きなのかなと(笑)。

 最初見たときに感じたウザさにも慣れてきたし、今回は只野くんへのイジメがほぼなくなったこと、それに只野くんと古見さんとのラブコメもあったので、前回よりも評価は高めです。

 やっぱり古見さんの同級生の大半が僕にとってのノイズだと思います。
 例えば古見さんの家族の話とか、古見さんが只野くんの看病をする話、バレンタインのチョコを渡す話、あとは古見さんと3人だけで修学旅行する話とかは面白く感じましたし。
 反面、それ以外はあの同級生たちのハイテンションぶりには僕はついていけず、見ててシラケてしまいました。

 特に良かったのは、古見さんの成長が感じられたところです。バレンタインで只野くんにチョコを渡すとき、「只野くん!」と叫んでチョコを渡したところ、最終話で少し声に出して喋ってたところは良かったですね。

 ところで古見さん役の古賀葵さんすごくないですか!?
 同時期に2作品もメインヒロインをやってますし、あちらは(心の声含めて)めっちゃ喋るキャラなのに、こちらはうまく喋れずモゴモゴするキャラと、いろんな役をこなせてやっぱりプロなんだなって。知ったのは最近ですが、古賀葵さんのこれからの活躍に期待しております。

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/06/29
閲覧 : 84
サンキュー:

18

ネタバレ

ミュラー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

第2クールも相変わらず面白い

エンディングのドット絵、誰だかすぐ分かるのがすごい。
力を抜いて楽しく見られる良質のアニメですね。
{netabare}
19話、コミュ67での修学旅行の班決めにおいて、過去のトラウマを話す古見さん。
ここまでの1話~18話まで、ほとんどセリフの無かった古見さん。
ついに只野君に過去の話を打ち明ける。
古見さんが殻をやぶって一歩進んだ瞬間。
これまで長いこと見てきただけに、これは心が動かされる。
教室で古見さんの班に入りたい人がみんな集まってしまい、
そんな僅かなワンシーンに感動。
この展開は素晴らしかった。
{/netabare}
終盤にきて作画の怪しい場面がでてきたが、面白さは変わらず。
最終回の作画も凄かった。
素晴らしいアニメをありがとうございます。
最後の最後になって、このアニメの横軸に猫がいたことに気が付いた。
あの黒猫に注目しながらこのアニメを見ても面白かったかも。

投稿 : 2022/06/25
閲覧 : 39
サンキュー:

6

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

古賀葵さんにセリフが付きましたw

極度の人見知りの為ノートでの筆談が基本線の古見さん
高校入学時に100人の友達を作ると宣言し
周りに助けてもらいながらも友達が増えていくと言う話

二期になって出て来た新キャラで強烈なのは
顔はヤンキー心は乙女の片居くんだろうw

同じ人見知りでシンパシーを感じたのか
古見さんを師匠と呼んで慕っているけれど
当の古見さんは怖がっていると言う下りが
観ていて一番好きだった

1年生で早くも修学旅行かよと突っ込んだが
ここで古見さんと同じ班になった加藤さんと佐々木さんが
古見さんを受け入れる感じがエモく

只野君との関係もここから少しずつ
変化していった

前期では間違い電話のフリ位しかまともな会話がなかったが
今期は只野君とのなかで勇気をもって話していて

古賀葵さんの掠れた感じでセリフの言うのは
前期のデフォオルメ同様ほっこりした

個人的には山井さんの中の人が
小倉唯ちゃんにあんな事してそうと思いながら
観るプレイに勤しんでいた感じもするがw

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 46
サンキュー:

6

ネタバレ

taka_2 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一風変わった人たちが集まる学校でのヘンな日常

古見さんを「ふるみさん」と読んでいたけど「こみさん」だった件。こみゅにけーしょんとかけてるんですね。
1期見たいけどNetflix限定らしく、課金したくないのでとりあえず2期だけ見る。
古見さんと、隣に座ってる男の子がいい感じなのでラブコメ要素もあるのかな。1期踏まえてないけど、もうちょい見てみる。

完走。
1期踏まえてないけど、これは最高のアニメでした!
絶妙な距離感のラブコメ+ハチャメチャなギャグが合わさったアニメという印象。こういうのが流行ってるのかな。
2期なんで登場人物の説明があんまりないので、やっぱり1期を見直して2期ももう一回見たい。

あと、2期のED、FantasticYouth「小喋日和」がよすぎた。
https://www.youtube.com/watch?v=P7zFSRySTss

投稿 : 2022/06/23
閲覧 : 48
サンキュー:

4

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

2期もコミュ障

安定の面白さですね。
テンポも殆ど1期と変わらず安定の作品です。
ただ、安定過ぎるかな?
確かに面白いし適当に見ても楽しめる作品である事は間違えありません。

ただ、1期の方が心に残るエピソードが多かった気がします。
後、1期の方が個人的に曲も素敵だったかな?
そう言う意味ではインパクトにかける2期ですが、安定に楽しめるのは間違えなくこの作品の魅力であり良さです。
クラスメイトでワイワイする話しも個人的には楽しかったし、今回は新キャラも登場していますね。

個人的に押しキャラは米谷君ですね。
あの吹き出しと何とも言えない目付きが面白く好きなキャラではありますw

投稿 : 2022/06/23
閲覧 : 30
サンキュー:

7

ネタバレ

7でもない さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

映像

分割2期の2期目。サンデーの一押し作品(これかけって言うんだっけ?)なのか全体的に映像が妙に尖っている。演出、カット、瞬間的な時間の割り方、動背景、編集、CG、合成が凝っているのを感じた。一期OPでなんか面白い事やってるなーって思っていたけど、特に2期通常エンディング動画と12話の特殊エンディングで爆発する
 
2期通常エンディング動画はアクリル絵の具のベタ塗り風(?)のタッチで放課後のどんどん教室の中の生徒が減って行く寂しさを表現していているのだけど、普通動きを小分けにして演出する所を、宮崎駿劇場作品のモブシーンみたいに、画面内の人達がそれぞれ独立して行動していてるので画として見ていて目がうれしい。ただ動いているだけじゃなく、一人ひとりもキャラの個性に沿った上でわかりやすく楽しい動きの演出をしていて、作る側としてはものすごい労力だったと思う
 
最終話特殊エンディングでは同じ曲を使い、古見さんが只野、なじみくんと雨の中をたわいない話をしながら下校する所から、2年新学期に起きて登校し、クラス分けを表示した掲示板を確認して、そして只野に再開するまでを90秒ほどでアーティスティックに表現していて素敵
 
初見2022/6/23

投稿 : 2022/06/23
閲覧 : 34
サンキュー:

5

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

よきよき。

1期含め一番面白かった回だと思う。初めの方の演出も良し。

友人帳を作るパートはほっこりした。最後の鉛筆のくだりは実際にやったことあって凄い懐かしく感じた。不良パート&鉛筆パートは主人公の只野が凄く活躍してくれたので高評価。

投稿 : 2022/04/13
閲覧 : 105
サンキュー:

3

もも さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/08/04
閲覧 : 0

駄パンダ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/28
閲覧 : 0

さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/07/28
閲覧 : 1

フトマユ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/25
閲覧 : 0

#taro さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/25
閲覧 : 0

KAZUROCK さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2022/07/24
閲覧 : 0

AKIRA777 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/24
閲覧 : 0

anikorepon さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/23
閲覧 : 0

NKTS さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

投稿 : 2022/07/23
閲覧 : 0

てつ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

投稿 : 2022/07/19
閲覧 : 4

干野梅蔵 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/18
閲覧 : 0

Toto さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/18
閲覧 : 0

ごえん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/18
閲覧 : 1

たかたけ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2022/07/14
閲覧 : 2

玲香 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/14
閲覧 : 1
次の30件を表示

古見さんは、コミュ症です。 2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
古見さんは、コミュ症です。 2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

古見さんは、コミュ症です。 2期のストーリー・あらすじ

2022年4月予定(TVアニメ動画『古見さんは、コミュ症です。 2期』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年春アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ