新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「ダンス・ダンス・ダンスール(TVアニメ動画)」

総合得点
72.4
感想・評価
47
棚に入れた
214
ランキング
1028
★★★★☆ 3.9 (47)
物語
3.9
作画
4.1
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ダンス・ダンス・ダンスールの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男子がバレエをはじめて、王子を踊る資格のあるダンスール・ノーブルを目指すおはなし。。

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
ダンスール・ノーブル――それは王子を踊る資格のあるバレエダンサー。 中学二年の村尾潤平は、幼い頃バレエに魅了されるも、父の死をきっかけに「男らしくならねば」とその道を諦めていた。 だがある日、彼の前に転校生の美少女、五代都が現れる。 都にバレエへのあこがれを見抜かれ、誘われた潤平は、都の従兄弟である森流鶯と共に、本格的なバレエダンサーへの道を歩みだし、世界最高峰のダンスール・ノーブルを目指す! すべてを犠牲にしたものだけが、立つことを許される、美しくも厳しいクラシックバレエの世界。完全な初心者である潤平の運命は!? 大人気漫画家・ジョージ朝倉、初のテレビアニメ化! MAPPA(制作)×境宗久(監督)が挑む、バレエダンサー達の熱き青春バレエストーリー!!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:ジョージ朝倉『ダンス・ダンス・ダンスール』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:境宗久 
シリーズ構成:成田良美
キャラクターデザイン:長谷川ひとみ
総作画監督:長谷川ひとみ、小美野雅彦、黒岩裕美
副監督:清水久敏
バレエ演出:大谷肇
バレエ作画監督:桑原剛、小笠原篤
美術監督:藤野真里
撮影監督:八木まどか
CGディレクター:鷲田知子
色彩設計:田辺香奈
編集:長坂智樹
音響制作:dugout
音楽:未知瑠
振付:宝満直也
制作:MAPPA

主題歌
OP:「鳴り響く限り」YUKI
ED:「風、花」ヒトリエ
{/netabare}
キャスト{netabare}
村尾潤平:山下大輝
森 流鶯:内山昂輝
五代 都:本渡楓
安田海咲:天﨑滉平
田倉大和:西山宏太朗
生川夏姫:福圓美里
姫乃小路 寿:井之上潤
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


#01「やるわけねーだろ、バレエなんて!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
幼少期にバレエを諦めた中学2年生の村尾潤平は、「男らしく」あろうとジークンドーに精を出していた。そんなある日、潤平の“跳び蹴り”を見たクラスメイト・五代都から、一緒にバレエをやろうと誘われる。わけもわからず連れてこられた場所は、彼女の母親が開いたバレエスタジオ。そこで、「あのとき」の感覚が蘇り……。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、小さいころ見たバレエが忘れられなくって
ひそかに練習とかしてたバレエツンデレ男子の潤平クンが
気になる女子の都に誘われて、つい都ママのバレエスタジオに行ったら
口ではツンだけど、実はデレだから、断れなくってレッスン始めちゃった。。

周りからバカにされるのがイヤで、こっそり練習に行ってたけど
サッカークラブの合宿を機会に先生から、サッカーも格闘技も捨てて
バレエに集中するように迫られた。。

あと、五代家には、引きこもりのバレエ男子も住んでて
潤平クンのライバルになりそう、ってゆうおはなし。。



キャラデザは、手足の細い八頭身で
大きな目にはいつも涙があふれそうになってるってゆう
少女マンガによくありそうなキャラ^^

おはなしは、部活物とかにありがちだけど
潤平クンの思いは伝わってきた。。

ただ、バレエツンデレの潤平クンと口の悪い先生(都のママ)が
言い合うところはギスギスして、ちょっと引くかも。。

これから熱くなっていきそうだから、何話か見てみる☆
{/netabare}
{/netabare}
#02「これはっ……友達になれないタイプだっ!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
都と一緒に『白鳥の湖』を鑑賞する潤平。最初は入り込めずにいたが、一流ダンサーの踊りを目の当たりにし、心を奪われる。ますますバレエに惹かれていく潤平は、都から「一緒に踊ろう」と誘われ、彼女と踊りたい気持ちを募らせていく。しかし、思いがけず目にした都と親しい流鶯の美しいバーレッスンに、衝撃を隠せず……。
{/netabare}
感想
{netabare}
せっかく白鳥の湖を見に行って、悪魔、姫、王子の演技に感動して
やる気になったのに
それに、流鶯クンは悪魔役って言われて、王子役は自分だけなのに
流鶯クンの踊りを見て、自分がサルに思えてきて。。

それから帰り道、いっしょになった都から
潤平クンだったら流鶯のいい仲間になれると思って誘ったみたいに言われて
流鶯がいれば自分はいらないんじゃないか、って思い出して
そうゆう時にかぎって、あちこちから望まれる。。

そんな時、流鶯クンが転校してきた、ってゆうところでオシマイ。。



何だろう。。
潤平クンは踊りたいってゆう気持ちはあるみたいなんだけど
まだ、迷ってる感じなのかな?

ちょっとしたことで、心が動いてるみたい。。

とくに潤平クンの、バレエしたい動機には
都に好かれたいってゆう気持ちがあって
したくない動機には、男らしくない、ってゆう思いがあるから
純粋に踊るのが好き、ってゆう気持ちとは違うみたい。。

でも、それでもいいのかな?

流鶯クンが転校してきて、ライバルになったら
やる気が出るのかな?

いまだにフラフラしてるの見ると、イヤだなって。。
{/netabare}
{/netabare}
#03「男らしいって、なんだ?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
流鶯が登校するようになり、潤平はバレエを習っていることがバレないか不安で仕方がない。しかし、流鶯は他の生徒と交わらず、孤立を深めていく。その上、兵太に目を付けられ、いじめの標的に。潤平はその様子を見ていることしかできず、都ともバレエとも疎遠になっていく。「かっこよくありたい」潤平の選択は……?
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、流鶯クンが転校してきて
周りと打ち解けようとしないから、イジメの対象になってくんだけど
潤平クンもそんな流鶯クンにイライラして当たったりして
前半は救いがなくってイヤーな感じだった。。

後半、クラスの出し物にムリにひとりで引っ張り出された流鶯クンが
楽しそうにバレエを踊るところから、急に空気が変わって
潤平クンが感動して泣きだすところで、空気が軽くなってよかった☆

バレエをするために部活をやめる、って言った潤平クンはカッコよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
#04「俺、もうバレエ踊っていいんだッ、ぜっ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
バレエに本気で取り組み始めた潤平は、バレエ大国・ロシア最高峰のカンパニーでダンスール・ノーブル(王子を踊る資格のある男性ダンサー)になると宣言。千鶴も期待しているようだが、相変わらずバーレッスンだけの毎日。しびれを切らし、『白鳥の湖』の振りを披露するも、千鶴に「バレエになっていない」と言われてしまう。
{/netabare}
感想
{netabare}
親の許可ももらって、正式にダンスができるようになった潤平クンは
バーレッスンに飽きて、自己流のダンスを見せたんだけど
クセがひどすぎて、基礎からやらなきゃダメって言われて
1か月でシューズをはきつぶすくらい、夜もほとんど寝ないで練習した。。

そんな潤平クンを冷ややかな目で見る流鶯クンは、千鶴先生との約束で
奨学金をもらっていい先生に教えてもらうのに必要な
海外のコンクールに出られるようにしてもらうため
学校に行くことと洋舞祭りでMVPを取ることを条件にされてるみたい。。

都のキゲンも良くなったし、バーレッスンも卒業。。
ただ、流鶯クンとくらべられるから、演技より細部に気を配るように
って言われて、彼が出てくる夜を待って
ロットバルトと王子のパートを合わせようってたのんだ。。

流鶯クンはテキトーに合わせてきたから
彼がみんなの前で踊った時のことを話し、すごかった!ってゆうと流鶯クンは
潤平クンがみんなの前でおどけて、かばったからイジメられなくなっただけ
って、否定。。

それで潤平クンは、あの踊りが自分の人生を変えたって熱く話して
「ありがとな」って。。

でも、それで帰ろうとして「あとひとつ。。
お前が引きこもってる間に、追い越す!」って宣言したところでオシマイ^^



こんな感じのスポ根モノにありがちな
先走る主人公が、基礎をサボって目立つパートだけやりたがるんだけど
ダメだってゆうのを自覚して、反省して、他人の何倍もがんばって基礎錬をし
認められていく、ってゆうおはなしで、テンポが良かった☆

流鶯クンにも、潤平クンの思いは伝わったみたいだったけど
これからどうなるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
05「死ね、ねーだろっ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
洋舞祭り当日。潤平たちが踊るのは『白鳥の湖』のラスト。都との距離が縮まり、やる気をみなぎらせる潤平。そして、ある目的のためにMVPを狙う流鶯。それぞれの想いが交錯する中、ついに舞台の幕が上がる。恋する喜びを全身で表現する王子・潤平は舞台上で高揚感に包まれるあまり、ありえない行動に出てしまう!
{/netabare}
感想
{netabare}
「白鳥の湖」のだいたいのあらすじは
王子が恋したのは、昼の間は白鳥になる呪いをかけられた少女オデットで
呪いをとくには、誰にも愛を誓ったことのない男が愛を誓うこと。。

王子はそうしようとするんだけど、夜明けでオデットは去っていった。。

でも、王宮の舞踏会で悪魔が、自分の娘をオデットに変身させて連れて来て
王子はその子に愛を誓っちゃった。。

それで、正体をあらわした悪魔にダマされたことに気づいた王子は
湖に行ってオデットにあやまって
許してくれた彼女といっしょに湖に身を投げると
2人の愛の力で悪魔は滅んで、2人はあの世で永遠に結ばれた。。

ってゆうおはなしなんだけど
2人が死んで終わったり、2人で悪魔をたおして現世で幸せになったり
劇によって、いろんな終わり方があるみたい。。

それで、五代バレエスタジオの白鳥の湖は
王子と悪魔が戦って、王子がすぐ死んで、湖に飲まれてくシーンで
水色の布を持った子たちが、王子とオデットに布をかぶせ
ちょっと踊って幕、になるはずだったんだけど

上演前に都から
「演技でも、男子からあんな真剣なまなざしを向けられたのは初めて」
って言われたことが浮かんで、死ねない!って思って、何度も生き返った。。

そんな潤平クンに流鶯クンは、学校とかで受けた冷たいまなざしを思い出し
うらみをたぎらせた悪魔を演じて、迫力で潤平クンを負かして終わった。。

流鶯クンは先生から、ロットハルトとしてよく切り抜けたって言われて
先生の雷が落ちる寸前の潤平クンは、すごく楽しんだ後だったw


2人の熱演に、会場はアンコールの嵐になったけど
審査員の生川綾子の評価は
「こんな下劣な。。」だった、ってゆうおはなし。。



勝手なことやっちゃった潤平クンは、満足しきって反省してないみたいだけど
自分だけが楽しんだだけじゃなく
ほかの生徒の出番まで取っちゃったんだからよくないと思う。。

でも、先生たちから見たら、ダメダメなバレエでも
たくさんの人にバレエに興味を持ってもらえたんだったら
それはそれで良かったのかも。。


あと、生川審査員の笑顔は、ダメ出ししながらも
少しは潤平クンを認めたってゆうことなのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#06「俺、なんでバレエやってんだ?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
洋舞祭りで観客を沸かせた潤平と流鶯。しかし潤平は、生川はるかバレエ団を主宰する審査員・生川綾子にバレエに向いていないと酷評されてしまう。さらにこの一件で保護者たちの不満が爆発。五代バレエスタジオから退会者が続出する。責任を感じた潤平は綾子に認めてもらうため「生川」のバレエ学校のサマースクールに参加する。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、サマースクールに流鶯クンを連れて行ってみると
締め切りになってたけど
スタジオに入って生川先生にたのむと、あっさりOK!?

生川先生は、最終日が楽しみ、って言って出て言ったけど
秘書の人に2人の身辺調査を命じて「2人とももらうわ」って。。

洋舞祭りでは、バレエに向いてない、って言ってたけど
本当は一番向いてたのかも?


男の先生のレッスンがはじまった。。

流鶯クンは同年代の男子にかこまれて、すっかり委縮モード。。
潤平クンは、彼をあおって、やる気を出させたけど
あんまりなじんでなかったみたい。。

生ピアノに合わせて練習するんだけど
潤平クンはピアノのキラキラする音に合わせてるつもりでも
先生からは、音を聞け!って叱られる。。

そんなことが続いて、訳が分からなくなった潤平クンに
ピアノのおばあさんは、プロを目指すSSクラスの練習を見せてくれた。。

潤平クンの音に対する感性や、リズムはいいんだけど
何かが違うみたい。。

それを潤平クンは、基礎ができてないからって思おうとしてたけど
おばあさんは、潤平クンが基礎の前に
自分の踊りも、バレエに対する姿勢も無自覚すぎるってゆうの。。

踊りには今のすべての状態がにじみ出ちゃうんだって。。


帰りの電車で、流鶯クンがこうゆう環境がニガテだったこと
コンクールの出場を賭けてたのを知らなかったこと
自分の感性を優先させて、劇をめちゃくちゃにしちゃったけどとか
いろんな反省があふれてきて、自分を振り返ってた。。



当たり前だけど、何にでもルールがあって
どんなにおもしろくっても、ルールをやぶったら勝てないのとおんなじかも?

潤平クンはバレエには向いてないって言ってたけど
向いてないのはクラッシクバレエで、モダンバレエだったらいいのかも?

それでも基礎はちゃんとやらないと
ただのバレエ風ダンスになっちゃうかも?
{/netabare}
{/netabare}
#07「ひぃ〜、もうっ、恥っ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
サマースクールで仲良くなった寿から生川はるかバレエ団の公演に誘われた潤平。ゲストダンサーだけでなく、生川の団員のレベルの高さに驚き、SSクラスに入ることができれば団の公演に出演できると知り、心が揺れる。そんな中、潤平と流鶯のスクール参加の理由を聞いて激怒する大和と海咲に、ピルエット勝負を挑まれる。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
スクール参加を続けるかどうかを賭けてピルエット勝負。。
ピルエットはつま先立ちで踊る、バレエの回転のことみたい。。


大和クンは派手な演技で5回のターン。。
潤平クンはシングルで10回。。基礎をしっかりしててブレない姿勢。。
でも、派手な大和クンの勝ち。。

そこで決着つきそうだったけど、流鶯クンに火がついて
SSクラスでもできる人いないんじゃない?
って生徒に言わせるくらいのダンスになって、拍手喝さい^^

そのあとみんなでラーメン屋に行って、カロリーを消費するためダンス。。



みんなSSクラスを目指すことになった、ってゆうおはなしだったのかな?

久しぶりに都を見た気がする。。

潤平クンを「サル」って呼んでたのは、夏姫ってゆう生川先生の娘みたい。。
でも「サル」はちょっとひどいかな^^

さいごはピルエット勝負の4人と、寿クンも入れて
いいライバルになれたみたいでよかったけど
海咲クンは流鶯クンの正体に気が付いてたのに何にも言わない
ってゆうか、あまり感情を見せないみたいで気になるな。。
{/netabare}
{/netabare}
#08「あ―もっかいやりてぇーっ!!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
SSクラスの女子と「パ・ド・ドゥ」を踊ることになったサマースクールの面々。都から声を掛けられ舞い上がる潤平だが、割り込んできた流鶯から2人が幼い頃に交わした約束を聞かされショックを受ける。そんな潤平の相手役となったのは綾子の娘・夏姫。才能溢れる少女だが、潤平との踊りはどこかぎこちなくて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
都は流鶯クンがお似合いだと思って、ちょっと引いてた潤平クンだったけど
組んだ夏姫をさそって、彼女の全力を出させたら
動きがピッタリ合って、大感激♪
「あ―もっかいやりてぇーっ!!」ってなった。。

そして最後は、潤平クンと都が海咲クンに呼び出されて行ってみると
ただのイタズラ!?

でも、いい雰囲気になって告白&キス、ってゆうおはなし^^



都と潤平クンが付き合うことになって、流鶯クンがスネる感じなのかな?

でもバレエでは夏姫が相性ピッタリってゆう感じで
Wヒロインってゆうか、ハーレムアニメみたくなってきたのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#09「俺だって、もっと上手くなりてぇんだよっ!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
流鶯が潤平へ強引なストレッチを行っているのを目撃した綾子は、彼の「おばあ様」の指導を否定する。怒りをあらわにした流鶯は、生川の生徒より自分のほうが優れていると言い放つ。その日のレッスンで綾子の前でジークフリート王子を踊ることになった流鶯だが……。一方、潤平は綾子に呼び出され、大きな決断を迫られる。
{/netabare}
感想
{netabare}
綾子は日本のバレエの底上げをするために
ロシアバレエの流鶯クンを否定して
SSクラスのスカラシップに潤平クンを選んで
五代をやめるように言ってきた。。

もっともっとうまくなりたい潤平クンもその気になった。。

おばあさんのやり方も
ガラスのメンタルな自分の性格も否定され
都も潤平クンに取られた流鶯クンはまた引きこもった。。


潤平クンは生川と五代のどっちを取るかで悩んだけど
さいごはデートを楽しみにしてる都のいる五代を選んで
バリエーション発表には出ないことにしてデートに。。

その前に、流鶯クンを発表に出そうとして部屋に行って
「生川を見返せ!じゃないと俺が悔しい!」って呼んだけど
部屋には誰もいなかった、ってゆうおはなし。。



イチオ、今回の最後は五代を選んだけど
生川には夏姫もいるし、これで流鶯クンよりうまい生徒が出てきたら
これが最終決定かどうかは、まだ分からないと思う。。
{/netabare}
{/netabare}
#10「都は、あいつの側に……いてやんなきゃ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
五代家から姿を消した流鶯を追って、おばあ様のいる施設を目指す潤平と都。向かう途中、森家の複雑な家庭環境を聞かされる。おばあ様のバレエへの執念、母・千鶴の挫折と、その妹・真鶴の才能。そして、おばあ様と二人きりで暮らしながら、あまりに厳しいレッスンを受け続けた幼い流鶯。そんな彼の前に現れたのが都だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
流鶯クンを追っておばあさんのいる施設に向かう途中
都は流鶯クンの事情を話しはじめた。。

おばあさんに学校にも行かせてもらえず
ただバレエの特訓を受ける流鶯少年と
おばあさんの目を盗み流鶯クンに会いに行って、支えてきた都の話を聞き
流鶯には都しかいないってゆう潤平クン。。

そんな潤平クンに、自分の気持ちが届かずすねる都だったけど
施設の浜辺で、おばあさんの前で真鶴の代わりに踊る流鶯クンを見て
都はオデット役になり潤平クンにキスして「ごめん、ありがとね」って
そして流鶯クンは、オデットをうばうロットバルトになった。。

ってゆうところでオシマイ。。



都が好きなのは潤平クンだけど、流鶯クンの心配をやめれないのかも。。

それにしてもおばあさん、自分があきらめたのに
その夢を子どもに押し付けるってひどい。。

そして潤平クンは、都よりバレエの方が好きみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
#11「あ、俺、クラシックバレエ、好きかも」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
浜辺で『白鳥の湖』を踊り出した潤平と都。流鶯は2人の踊りに心をかき乱され、都を奪い返そうとする。幕を開けるジークフリートとロットバルトの運命の対決。流鶯は自身に渦巻いていたドロドロの感情を剥き出しにして、潤平の前に立ちはだかる。そして、ラストダンスの果てに、潤平が選択したものとは……。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめの1/3は先週の続きで
都を取られたくやしさでロッドバルトになり切る流鶯クンだったけど
おばあさんが見てるのは真鶴の姿で、くずれる流鶯クン。。

そんな流鶯クンに、2人の過ごした時間を思い出し
駆けよる都は
「流鶯が踊れるように、ずっと手伝わせてほしい☆彡」って。。

そこに来た五代ママに
「ありがとう、ごめん、ここからは家庭のことだから」って言われて
「あなたには仲間ごっこは必要ない、自分の直感を信じなさい」
って送り出された。。

こんな短い時間で、五代バレエスクールと都の縁が切れて
潤平クンが生川はるかバレエ団に行くんだけど、そのあとの家庭の事情で
「呪いを魔法に変えるために。。」って真剣に話す五代ママが
イヤだってゆう流鶯クンを、ムリヤリおさえるシーンがおかしかったw


後半は、潤平クンが駆けつけた時にはバリエーションが終わって
海咲クンにスカラシップは決まりかけてたけど
先生をむりやりホールに連れて行って、ダンスを見せると
粗削りだけど才能があふれる踊りにみんなが感動。。

先生もそれは認めてたみたいだけど、即興で振りを変えた潤平クンに
「クラッシクバレエ向きではない」ってダメ出しして出て行こうとしたから
潤平クンは「五代さんとは縁を切った!こんな自分をたたき直して下さい!」
って頭を下げたら「スカラシップは村尾君で。。」って言って出て行った^^

でも最後は潤平クンのおはなしじゃなく
夢が破れてだまって出て行こうとする海咲クンに大和クンが
「やめるな!」って言ったところが良かった☆


みんな、潤平クンの才能をうらやましがってるけど
一番の才能はきっと、好きになれることだと思う。。

努力できるのは好きだからで
才能のない都には流鶯クンがはげまし
才能がないって言われてきた流鶯クンには都がついて
才能のない人でもあきらめるな!ってゆうメッセージがあふれてたみたい。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって


子供のころ、バレエダンサーにあこがれてたけど
お父さんが亡くなって「男らしく」ってあきらめてた男子中学生が
家がダンススクールの女子が転校してきたのをきっかけに
ダンスをはじめ、世界を目指す、スポ根&ラブコメだった^^

キャラデザがふつうの少女マンガより、さらに目がキラキラで首が長くって
なれるまでちょっと、時間がかかるかも。。

おはなしはエンジンがかかるまで、ちょっと主人公がウザい感じだったけど
ダンスシーンは迫力があってよかったのと
熱いスポ根と、コメディ、恋愛のバランスも良かった☆

とくに真剣なシーンとかで、ちょっとずらして笑いにつなげるのが良かった☆






.

投稿 : 2022/06/26
閲覧 : 145
サンキュー:

15

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

Dance in the mood.

【感想】
とても面白かったです! 今期でも1・2を争う作品だと思います
欠点はこれからもっと面白くなりそうってところで終わったところと、いじめシーンくらいかな
絶対2期作って欲しいです!

見どころはバレエの動きの綺麗さと、キャラクターの気持ちの表現、表情の緻密さ、演出の素晴らしさ、そういった映像コンテンツの完成度の高さに目を引かれました {netabare}
序盤は話は面白いのにあまりにやりすぎな集団いじめと主人公のひねくれ方が見ていて気分悪かったけど、バレエにちゃんと向き合ってからは話がスッキリしてさらに面白くなりました
最初から最後まで面白かったけどこれからさらに面白くなりそうでとても先が気になりますね {/netabare}

【作画】 {netabare}
作画はとても綺麗ですが瞳に入っている横の白線は慣れるまで時間がかかりました、慣れてしまえば表情の変化が緻密でとても良い仕事をしていると思います
このアニメの作画の凄さはただ動きが滑らかなだけじゃなくて、表現力が抜きんでているところです

まずはとても綺麗で手足の先までピシッと決まった美しいダンスが見どころ!ダンスシーンだけでも見る価値ありです
気持ちの昂りをうまく視覚化した演出も素晴らしくて、動きや表情に感情がしっかり乗っていてホント素晴らしい表現力だと思いました
演技ってやっぱり表情と表現力が大事ですからね、演技に一番大事なものをここまでリアルに描いたこの作品は革新的で映像技術の進歩が凄い
{/netabare}
【キャラクター】 {netabare}
潤平があれこれ葛藤する姿には、中学生らしさが感じられてとても良いですね、なかなか一つのことに専念する道を選ぶのは簡単じゃないと思うのでこうやって色々悩むのは仕方ないと思います
男らしさに憧れる潤平が、ヒロインと王子の求愛ダンスよりも迫力のあるジャンプを好んでロットバルトに興味持つのもキャラクターに合ってると思う

好きなことに一生懸命打ち込んでるキャラクターは魅力的に映りますね
でも、流鶯は引きこもってスナック菓子ばかり食べててどうやって綺麗な身体を維持しているのでしょう?

私は潤平と都の関係が好きだし、流鶯を選ぶにしても同情心から選ぶのはちょっと違うんじゃないかなって思うので流鶯を支えられるのは都しかいないからそばにいてあげてっていう言葉にはちょっと共感できないけど、都も同情や使命感だけで流鶯を選ぶことはないと思うので続きがあるなら見届けたいと思いました
ただ私の予想だと、都は流鶯に恋愛感情を持つことはないと思います
{/netabare}

【シナリオ】 {netabare}
本当はバレエが好きなのに「男らしくない」「サッカー部がある」「友達付き合いがある」など理由をつけて向き合おうとしない主人公と、都と都の母が主人公の才能を見出してバレエの世界に引っ張ろうとする序盤
流鶯が壮絶ないじめにあっているところを目にして助けに入った勢いでそれまで大事にしてきたことすべてを捨ててバレエに向き合う覚悟を見せた中盤
ライバルの高い壁に腐ることなく上を目指そうとする前向きな姿勢、それを目にして引きこもりから脱出し刺激を受けるライバル
競技でも恋愛でもライバルとして意識する二人と、二人の才能に憧れやら恋心やら嫉妬やら同情やら使命感やらが混ざった複雑な感情を持ちながら見守る都、
惹かれあう潤平と都の関係が凄く良くて、順調に栄光への階段を上っていくかと思いきや生川の登場で3人の関係も大きく変わりました、話のメリハリがよく最初から最後まで主人公と周りのドラマがしっかりしていて面白かった

白鳥の湖の演技もとても良かったですね、二人が互いを意識している様子や現時点での潤平と流鶯の力の差やダンスに賭ける想いが表現されていてとても見ごたえのあるシーンでした
それと対になるシーンがラストの海のダンス、このシーンはダンスに向き合ってから潤平にとって一番大切なもの「都」、それから彼にとってかけがえのない「五代スタジオ」「アドリブ」そしてぬるま湯である「居心地の良さ」そういったものとの決別をする象徴的なシーンでした
でも彼が都をどれだけ好きに思っているか、それは彼の表情やダンスでの表現から伝わってきます、本当に都のことが好きだと
アドリブや居心地の良さを捨てるだけなら、今後のバレエ人生を見据えての決断としてよく決断したねで終わりだけど、
大好きな都への想いまで捨てたのは、単に流鶯が都を想う気持ちの強さを見て同情して譲ったというよりは恋愛よりもダンスを磨いていくことを選んだからだと思います
理由は、あれだけこだわっていた男らしさや父の跡を継ぐことや友達付き合いを捨ててまで好きなこと「ダンス」を選んだことと今回の都への想いを捨てたことはたぶんリンクしてると思ってて、そもそも想いの強さが負けたくらいで都をあきらめるとは思えないですし、それは大好きな都よりももっと大好きなダンスを選んだということだと私は思います

都もそんな彼のバレエへの純粋すぎる情熱に惹かれていたのではないでしょうか?
それは潤平と同じようにバレエを大事にしていても、バレエを純粋に愛しているわけではなくてむしろ憎んでさえいるまるでダンスの呪いに取りつかれたような流鶯とは対照的で、バレエへの情熱は潤平に遠く及ばないように思うんですよね
そんな彼に都も危うさを感じているわけで、それが支えないといけないって気持ちになって、才能のない自分が才能のある流鶯の唯一の拠り所になっているという自覚から流鶯から依存されることに依存しているんだと思うけど、都も流鶯もいつまでもそんなことしてるキャラクターには見えないので
流鶯は都に支えられながら成長していって、いつか一人でもやっていけるようになると思うんですけど、そこで都が成長した彼を好きになるシナリオよりも
もう都なしでも流鶯は大丈夫だよ!ってなって一人で世界を目指すシナリオのほうが好きだし、そうでないと都への想いを捨ててバレエに向き合った潤平と対等にはなれないと思ったので
流鶯が一人で立てるようになって依存しあう関係が解消された後にようやく本当の恋愛が始まるとおもいますが、そこで流鶯を選ぶと依存から発展した恋愛ってホントに依存から脱却できているのか微妙ですし、やっぱり最後には純粋にバレエを愛する人に惹かれるんじゃないかな?
※アニメ最終話時点で思ったことなので、今後急展開で変わることは十分あるのでわかりませんけど、流鶯には死亡フラグも感じるのでそっち方面にいったら結構ショックですねー

これから3人がどんなバレエ人生を歩んでいくのか、とても気になります、続きあるなら生川も関わってきてもっと複雑になるのかな?
{/netabare}
【いじめシーン】 {netabare}
・流鶯は学校での態度は最悪だし、スマホを壊して謝らないのは流鶯が悪いのでいじめられるのも仕方ないと思うけど、いじめがかなり陰湿で気分が悪いです
ただ流鶯の態度は不自然でまるでいじめてもらうために行動しているように見えました、
払いのけるだけの気骨があるなら言い返したりやり返したり逃げたりすればいいのになんでやられ放題なのでしょうか?
・流鶯へのクラス全員からのいじめが全校からのいじめに発展して最低な学校だと思った、担任は事前に気づかなかったのでしょうか?{/netabare}

投稿 : 2022/06/25
閲覧 : 26
サンキュー:

8

ハヤト さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろすぎ!

とにかく主人公が魅力的!

投稿 : 2022/06/25
閲覧 : 14
サンキュー:

1

ネタバレ

Prospero さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

バレエの勉強になった!

本格的にバレエを始めて数ヶ月の子が、生川に集まる生徒たちを超えるのは演者の層が危機的状況なんだろなぁと感じた。
物語は後半に向けてどんどん面白くなるので、最後まで見ることをお勧めします。
踊ることが本当に楽しいということが終始伝わる作品です。
潤平は都と離れて生川の娘とくっつくのかなぁ…五代母さんにも頑張ってほしいので2期に期待したい。

投稿 : 2022/06/25
閲覧 : 9
サンキュー:

1

ネタバレ

タマランチ会長 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

スポコン物の中でも群を抜く生産で深い人間ドラマ!

 狂気に満ちた生い立ちによる、流鶯の救いようのない呪いが、都の包み込むような愛によって解かれる瞬間、あまりに感動して涙してしまいました。そして、潤平が五代のスタジオから決別して及川へ移籍するときの覚悟、それによって目前まで手に入れかけていたスカラシップの座をかすめとられてしまうミサキ。残酷なほど冷酷な現実を見せつけられました。
 踊ることで自分を表現するしかない流鶯、それにほれ込みもっと流鶯に踊り続けてほしい、自分がそれを見たいと心から願う都、今時点の自分の表現よりももっとすばらしい表現を目指したくてしょうがない潤平、潤平の才能を見せつけられ、フール違反にも納得するしかなかったミサキ。この作品の登場順物には、絶対的なクラッシックバレエの価値観を共有しています。その凄みが伝わってくるし、そこから生まれるドラマが実に感動的に描かれていました。
 いや、良いものを観ました。ここで完結してもいいくらいの作品です。傑作です。傑作認定です。

投稿 : 2022/06/25
閲覧 : 17
サンキュー:

4

ネタバレ

とまと子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

跳んで、爆ぜる!

 
ダンスールとは男性のバレエダンサーのこと。
女性のプリマ・バレリーナに対して相手役をダンスール・ノーブルというそうです。

日本では熊川哲也さんのように国際的に活躍されているバレエダンサーもいらっしゃいますし、男子フィギュアスケートのスター選手もたくさん輩出していて、少なくとも「観る側」としては男性がきらびやかな衣装を着て飛び跳ねバレエを踊ることに対しての偏見みたいなものは少ないんじゃないかな?…と個人的には思っています。

でも、実際に男子が自分で「バレエを踊る」となると、やっぱり超えなきゃならないハードルのようなためらいはあるんでしょうね…。


主人公=潤平にそのハードルを超えさせるものが、潤平にだけ見える、感じる、「パチパチッ!」と爆ぜる星。
{netabare}子供のときに観たバレエダンサーの踊り。
一瞬で空気を変えた流鶯の踊り。
夏姫とぴったりと重なって跳んだ踊り。{/netabare}
潤平はぐじぐじしたりふらふらしたりしても、結局この星が導く方の道を選びます。

というか、”選ばされる”んでしょうね…。
パチパチしてる時の潤平の表情は、意志を固めた凛々しい顔…なんかじゃぜんぜんなくて、ヘラヘラと恍惚感にひたっちゃってるようなむしろだらしない顔です。

こんな風になっちゃうくらいに、”なっちゃえる”くらいに、パチパチッ!って世界中に星が爆ぜ回る瞬間があれば、それはもうそっちの道を選ぶよね!
…って、アニメを観ている方としては思いますけど、でも、振り返って自分の生活の中にだって、こういう損得抜きで好きでたまらない瞬間って実はきっといっぱいあるんですよね。
ただ、いろいろめんどくさいから敢えて無視しちゃってるのかもしれません…。


これは同意見の方多いみたいですけど、このアニメ、8話でさらにパチパチパチパチッ!!って爆ぜましたw
{netabare}それまではバレエ題材のスポ根?みたいに観てたんですけど、サロンでのバレエの本に隠れてのあのシーン…!
あの唐突さというか熱っぽさというか、なんかも観てられないくらいにリアルで。。。
しかも!それがぜんっぜん別の子とパチパチパチッ!!ってなってなんかいい感じ?ってなった直後…っていう。。
「あーそんなこともあるかもねーでもいいんかいー??まーいいよねーー!」…みたいなww{/netabare}

わたしとしてはあの夏姫(生川先生の娘)、大注目のキャラです!
このあとイチ推しキャラになる可能性、大の大です♡!


…と、いうわけで、これはもう当然!2期ありますよね!
なかったら、わたしは怒ります。別の意味でパチパチッと来ます。

全話観終わって「あ〜おもしろかった〜!」って一人で声に出しちゃうアニメってそうそうないですけど、これはそのそうそうないヤツでした♬

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 27
サンキュー:

8

ネタバレ

ゆーな さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡

キラキラ、バチバチ、ドッカーン(*≧∀≦*)
そんなステキなアニメでした!
モーションキャプチャ使った本物みたいなバレエダンスがとってもキレイです゚*✩‧₊˚
潤平がダンスしてるときの生き生きした顔が好き⭐︎
潤平と都がすごくステキなカップルでお似合いだと思うけど、流鶯くんのほういっちゃって悲しかった(`・ω・´)
3人の恋愛模様どうなっていくの?気になるヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

投稿 : 2022/06/23
閲覧 : 29
サンキュー:

6

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ダンスダンスはレボらない

原作未読

元はスピリッツなのね。やはり少年誌ラブコメと比較しても一段ギアが上がる感じ。バレエを頑張る少年少女のお話です。
なお、ダンスダンス…ときたらレボリューションと答える私。当然の如くモテツールのヒップホップに健康男子のベクトルは向かうのです。ダンレボに『白鳥の湖』『ドンキホーテ』があるとは寡聞にして知りません。男の子がバレエなんて…とクソガキな私だったら躊躇なく冷やかしてそうな気もします。実際そんな被害に遭って憧れに蓋をした子が思春期を迎え幼少期の情熱が蘇る流れ。

題材が美を求める性質のものとなると、精緻な動きをアニメーションで表現することが期待されます。『プロ野球スピリッツ』と『パワフルプロ野球』どちらのビジュアルに需要あるかというと圧倒的に前者。…と冒頭から妄言全開でそろそろ叱られそうですがそういうことです。たまには後者的なアプローチも面白いと思いますが本作はまごうこと無き前者のアプローチ。モーションキャプチャーばりばりだと放送前特番でしっかりとアピールしてました。

・少年誌ラブコメより踏み込んでいる情愛描写
・普通の男の子がバレエに食指が動くということ
・手足の指先までの踊りの再現度

土台となるのはバレエの再現度すなわち成果物の魅力なんだと思います。体軸のブレや手先の表現についてべた褒めセリフかましてもそう見えなければまるで説得力がありません。まずはこちらクリアー。
目に見えるものが良ければ次の段階ではそこに乗せるセリフの魅力でしょうか。モーションキャプチャーだけ頑張ったアニメと言われないようにするためにはこれも肝心です。こちらもクリアー。
特定の競技を扱いその競技描写が優れていて、そこに携わる人たちの想いが乗ってくればさらによい。ここで初めて好みが別れるんじゃなかろうかと思います。私は“冷やかされて諦めてそれでも悶々としていた”主人公の想いがどう変化してくるかに序盤の尺を使ってたことを評価してます。理由は後述。
もちろん競技者(表現者)のバレエに向き合う態度から想いを推し量るにせよ一人じゃなく複数人いるわけです。分かりやすいとこだとラブ要素なんですけど、そりゃ少年誌より“性”を意識しますよね。最後にこちらもクリアー。

好み別れるとこはしゃーないのですが、わりと基本というか王道を踏まえていて、最低限素材の良さを堪能できる良品なんじゃないかと思います。



※ネタバレ所感

■村尾潤平(CV山下大輝)
冷やかされた恥ずかしさで一度は諦めるも已むに已まれぬなんとやら。

{netabare}洋舞祭りでの独断専行を一つの例にしてもこの主人公は自己顕示欲のかたまりなんですよね。分のわきまえなさって一線級の活躍するような頭一つ抜けた人は多かれ少なかれ持ち合わせてる資質ですけど、実際近くにいたらわりと困る。そんな主人公。
ここで幼少期の断念話に戻ります。いざバレエやると決めるまでの曲がり道がけっこう長かったです。リミッターは森流鶯(CV内山昂輝)に解除されるわけですが、その後の浮かれっぷりときたら。
先天的なものである“性格”を環境因子いわば後天的なものである“我慢からの解放”でブーストさせました。“骨格”至上みたいなとこ作中で説明されるくらい先天的要素重視なバレエにおいても後天的というか積み重ねや行きがかり上のものがうまく絡み合って今がある!みたいな展開が良かったと思います。{/netabare}


■一対一のキャラ相関がせつない
見てると各キャラ自分に足りないものや欲しいものを他の誰かが持ってるなんてことがザラでした。

{netabare}例えば主人公クラスなら“華のある”潤平と“華のない”流鶯。
逆もしかり。高さがあって正確な流鶯と低くて粗削りな潤平。
母から見放された千鶴は日本トップクラスのプリマとなり、寵愛を受けた真鶴はバレエとは別の道へ。
その子供たち。孫の五代都(CV本渡楓)と流鶯とでは呪縛のかかりっぷりが対照的。そして共依存。
プリマに向いてない五代都(CV本渡楓)と対照的な生川夏姫(CV福圓美里)。こちらも身長で逆転現象が。

『才能』『考え方』に留まらずいろんなものを、誰かスーパーワンな存在が総取りするのではなく、各キャラに凸凹上手く分配しているようでした。
それなりに主要キャラ多めな数ある作品の中でもAさんとBさんとの対比がところどころになされ過ぎていることはこの作品の特筆すべき点かもしれません。{/netabare}


最後に、男子が少ないゆえの希少価値。そんなよりどりみどりにガキの頃から気づいていたら私もモテ人生を歩めてたかも、と妄想ダンス。
…なーんてことを思いつつ、下心全開の本作主人公くんと干支何周りしてる私も似たようなもんだと目を細めるのでした(違っ)。

投稿 : 2022/06/22
閲覧 : 60
サンキュー:

17

ネタバレ

天地人Ⅱ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

私的アニメ感想簿63

最終回、雨の中を駆けつける潤平
去っていこうとする生川の腕をつかみ叫ぶ
「生方先生、ダンスがしたいんです。」
生方
「諦めたらそこでダンス終了ですよ(ホッホッホッ)」

って、スラムダンクじゃね~~~~~~~っ(汗)

幼い頃、ダンスに憧れた子供が中学生になって再びダンスを始める物語です。
正直、クセのある絵柄に好き嫌いが分かれそうですが、観てるうちに物語に段々と引き込まれていき、最後まで見終わりました。
(序盤のいじめのシーンで辞めようかと一瞬思いましたが)
ダンスって努力はもちろん大事ですが、持って生まれた才能と体格も必要なんですね、そういう意味では才能はあるものの、これからってところでアニメは終わりました。
正直、2期を期待したい気持ちもありますが、何となくこのまま終わりそうな予感が(う~ん)
でも、やったら多分観るんでしょうね(おいおい)

おまけ
ダンスの楽しさに目覚めた潤平
「ダンス楽し~。もっともっと踊りたい。」
「(分かりましたぞ)えっ?誰」
謎の男
「わしの名前はアドバーグ。さあ、一緒に踊りましょう。」
ピ~ヒャラピ~ヒャラ♪
潤平
「な、何だ。体が勝手に変な踊りを(助けてくれ~)」
他の生徒
「うわーっ、キタキタ親父だ。逃げろ~(はぁ〜サッパリサッパリ)」

投稿 : 2022/06/20
閲覧 : 45
サンキュー:

4

リアム・ギャラガー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

やっぱり俺、バレエがやりてぇんだ!

バレエを題材にしたアニメになります。
制作会社は今勢いに乗るMAPPA。あれだけ作品を抱えまくっているのに安定したアニメーションには頭が上がりません。物語に関しては、なんだろうなあ〜好きなんだけど、う〜ん、何かが物足りなかった。好きなんだけどね。音楽はヒトリエのEDが今期1で良すぎ。CDも買っちゃった。

投稿 : 2022/06/20
閲覧 : 43
サンキュー:

1

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

安定のMAPPA作画

バレエが題材のアニメ。
流石MAPPA、作画が良い。
バレエシーンはとにかく動く動く。
MAPPAはこうでないと。
ただ、キャラデザは癖が強い。
良く見せるためなのか首が長い。

ストーリーやキャラは少々気分が悪い。
主人公の潤平が態度悪すぎ。
あんな無礼な態度で色々まかり通ってるのがおかしい。
バレエの前に礼儀を教わった方がいいぞ。

3話の流鶯をいじめる描写も胸糞悪かった。
兵太は酷い目にあってしまえと思うくらいには嫌な話だった。
潤平はバレエは男らしくないからと習ってる事を隠したがっているし、兵太は何故バレエなんかやるのが理解できないみたいな感じだったが、時代に合ってない気がする。
男らしいとか昭和かよ。
どういう習い事をしようが自由だし、それが珍しい物であれば称賛とまでいかなくても凄いなーと思われてもいいくらいだと思う。

5話の洋舞祭りで観客を沸かせたのにケチを付ける生川。
型にはまった審査しかできないのかなって思う。
伝統とかスタイルというものがあるんだろうけど。
演者の解釈で表現したものが認められてもいいんじゃないかな。
難しい世界だね。

とはいえ全体的にはまあまあ面白かった。
ただ、個人的な問題だけどバレエに惹かれる事は無かった。
なんか堅苦しいんですよね。
もちろん基本が大事なのはわかるけども「ここはこうでなきゃいけない。」みたく感じてしまって。

恐らく2期は無いかな。
ブルーレイ買ってあげれないけど続き見たいw
「ボールルームへようこそ」「ましろのおと」みたいな舞台系や芸術系のアニメって続編やらないイメージ。
面白いけどあまり目立たない。
「この音とまれ」「ピアノの森」とか2期やったアニメもあるが。

MAPPAの作画はやはり素晴らしいという事でバレエシーンの作画には満足してます。

投稿 : 2022/06/19
閲覧 : 25
サンキュー:

3

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

表現力が綺麗

キャラデザが独特で好き嫌いは別れる作品に思いますが、不思議と綺麗に描かれているような感じがしました。
後、瞳のデザインが印象的ですね。
それがチャームポイントかな?と思います。

最初は私はあまり好きな感じのデザインではなく微妙でしたが、見始めると思った以上に良かったです。

さて、物語は。

純平は身体能力が高くて、ジークンドーを習っていた男の子。
彼のもう1つの特技バレエ……
彼は幼い頃にバレーに興味を持ち習っていたけど、「男なのに」と友達にバカにされる。
そんなある日、父が他界してしまい。
家族で男1人になってしまった事から男らしくあろうとバレエを辞めて、ジークンドーを習い男らしくあろうとする。

それから数年、彼は五代 都と出会い彼女の母の経営するバレエスタジオでバレエを習い始めるって話ですね。


後なんか、色々とリアルなんですよね。
主人公の純平の反応とか学校での雰囲気とか。

純平は都が気になっていて、自分をバレエに誘った彼女は自分が好きだと勘違いしていたけど、流鶯と言う引きこもりの少年の仲間になれると想われて誘って来たと知った時に、不貞腐れて彼女から他の事に目を背けようとしたり、避けようとしたり。

純平が都に「流鶯が好きなの?」と質問した時の都の反応だったりと理由は色々と。


そんな中、流鶯が学校に通うも、人付き合いが苦手な流鶯はクラスメイトにからかわれてしまう……その中で、彼の秘密が知られて、エスカレートし虐めのようになってしまう。
それを知った純平は彼を助けようとしません。

多分、何もしないのは、都の気持ちが流鶯に向いているからってヤキモチもあるのかな?って。
サッカー部の部室の出来事は胸糞悪いシーンってか…なんか本当にありそうな場面ですね。
見ていてなんかリアルで……

全校生徒にさらされて、ステージに上げられてからかわれるシーンもなんかね。
集団心理って言うのかな……ありそうだなって……後、先生来るの遅い(*꒪꒫꒪)

でも、彼はこのステージでバレエを披露する。
凄く魅せるステージではあったけど……

そのバレエを見て皆も感動してHappyENDでしたとはなりません。
実際問題、知らない人達に、どれだけ凄い演技をしても伝わらない方が多いし、特に流鶯のような立ち位置の子が披露しても、やっぱりからかわれて終わるものだと思います。

それも凄くリアルな反応に見えました。
しかし、それに感動した人が2人だけいました。
純平と都……

純平は最初はバレエを習っている事を友達に隠していました。
友達にからかわれるから……恥ずかしから……
でも、彼は流鶯が虐められてる現場に現れ流鶯を助けようとする。
そこで、あれだけ知られたくなかったバレエの事を自分も習ってると暴露します。

きっと、彼の恥ずかしイメージは流鶯の演技で凄いもの、カッコイイ物ってイメージに変わったのだと思います。

私は上記で、どれだけ凄い演技をしても伝わらない方が多い、と書きました。
しかし、伝わる事もあるんです。
実際に経験してる人には伝わります。

その演技がどれ程難しいか、凄いか、上手いか、それが解るから感動もするし負けたくないとも思える。

純平の心を変えたのは流鶯の演技だと思います。
何事もそうですが、誰かを感動させる、魅せる、心を変えられる、そうした物を持ってる人は本当に凄いと思わされてしまいます。

それから、純平は真剣に自分をオープンにしてバレエに熱心に取り組む。
逆に流鶯もその熱心さに徐々に彼を認めてゆく…

舞台のステージ披露本番の日
少しバレエをバカにしていたクラスメイトが見に来てくれる。
彼はそのステージで、純平と流鶯の演技に魅せられてゆく。

その本番のステージで純平はアドリブを勝手に行なう。
結局舞台は大盛況だけどアドリブを否定をする審査員が1人生川綾子……彼女から受けた酷評

影響力の審査員から目をつけられた事により、酷評に怯えた親達に同じバレエ教室の子供達が退会させられた。
その生徒達を取り戻すべく8日間の生川ダンス教室に乗り込む事に。

そこで集まったダンス教室のメンバーとも最初は中々打ち解けていなかったけど、とある争いの後に打ち解けます。

実はここで、純平と都の関係性が進展する。
それは……ある人物が自然と後押しのおかげなんですが……流鶯に知られてしまう。

そんな中、生川から純平はスカラシップの誘いを受ける……凄く光栄な話だけど、ゆくゆくは生川に入団し五代を辞める事……

それを五代先生に相談するも……純平は何だか生川に心があるように聞こえました。
先生もそれを感じ取ったのかな?

その次の日……練習終わりにミサキに明日のバリエーション発表ををどうするか?と聞かれて。

スカラシップが欲しくなったと言う純平。

それに対してミサキは逆ギレする……
多分、彼的には純平に勝てないから彼が受けなければとおもったのかな?

あげくの果てには、流鶯が都を好きなのを知っていたか?とか純平が悪いように攻めるし……

ミサキ「無自覚に人の気持ちに気づきもせんと、おいしい所だけさらっていくんやね」って言葉を投げつけられる純平

このミサキって前々から何か少しズルいと言うかやり方が少し気になるキャラでした。
無自覚に人の気持ちとか言うけどさ、恋愛なんてアタックしないと誰も解ってくれないよ。
他の人が昔から好きなら譲らなきゃダメなの?

大事なのは自分の気持ちと相手の気持ち。
流鶯が都を好きでも、都は?
2人が両思いで間に入って無理やり奪ったならともかく、都と純平は両思いだし、無自覚に人の気持ちに気づきもせんで、っておかしいよ。

スカラシップも同じじゃん?
昔から目標を目指して頑張ってきた?
それは凄いよ!頑張ってるよ!
でもさ、だからって最近始めた人が欲しくなっちゃダメなの?

例えば10年間目標を目指してる人が居て、昨日から始めた人が居たとして、昨日から始めた人が昔から頑張ってる人と同じ目標を欲しくなっちゃいけないの?
練習量や時間に違いがあろうと、目標への気持ちに違いなんてないんじゃないかな?って思う。

だから、おいしい所だけさらっていく、ってのも八つ当たりでで、私には情けなくて、むしろ自分の今までの頑張りを否定してるセリフにしか聞こえませんでした。

それだけ強い気持ちと練習量があるならどうして受ける前から自分を信じてあげないのかな?って思ってしまいました。

バリエーション発表当日。
純平は出ないと言い出します。
その変わり流鶯を応援する。
流鶯が生川に認められるように……見下す生川にダンスを見せつけろと!と流鶯の部屋の扉越しから……扉を開けると……流鶯は姿を消していたのです……

流鶯は自分の師であり厳しい教育を流鶯に行っていたお祖母様の施設に向かっていたのです。
それに気づいた都と純平は施設に向かう中、流鶯とお祖母様の関係を聞かされる。

お祖母様って最低だなぁ〜って。
自分の夢を子供に押し付けて家に閉じ込めてパワハラで練習させて……

でも、そんな状況で流鶯にとって都は心の支えだったのです。
彼女だけが……

それに気づいた純平は……

「今も昔も都しかいなくなくね?」
「流鶯の傍にいてあげて」

それは、別れの言葉。
恋人だった時間の終わり……

ただ、これは純平には共感出来ないかな?
流鶯の気持ちを優先したんだろうけど、自分を好きだと言ってくれる都を、他の人の傍にいてあげてって……突き放すのは……好きじゃないのならともかく……
そもそも、都の気持ちはどうなるのって思いました。
2人で話し合ってなら解るけど……一方的にってのは……

そして、施設では、お祖母様の前で踊る流鶯の姿が……それを見た純平は流鶯にゴッドバルトを踊ろうと提案する。

ダンスの中で流鶯は純平から都を奪い取る。

流鶯との決着の後……

純平はバリエーション発表に走り出しす。
会場の彼の演技は人を魅了させました。
このダンスシーンで純平が演じた王子でも彼のお姫様は、都……未練タラタラじゃん……でも、だからこその演技……

この審査で彼のダンスに拍手をくれる沢山の人達や涙を流す人もいました。
彼はバレエのセンスがありました。
しかし、彼自身はまだまだ未熟で彼の見せるダンスはセンス任せの凄い止まりだった。

一方、流鶯は人を魅せる演技が出来ていた。
体育館の舞台で沢山の人に印象づけさせ純平は彼の演技に感動した。
今回の舞台で純平はダンスを披露して人を感動させました。
つまりはやっと彼は流鶯に追いついたのだと思いました。

彼は生川に入団したいと言う。

彼のアドリブ力を認めてくれるのは、五代です。
自分を認めてくれるから、その場所で長所を伸ばす。
自分の武器を極めて極めて極めつくす。
五代に居れば話題性のある選手になったかもしれません。

しかし、彼が選んだのは全てを捨ててでも生川で学びたい。
自分の武器を捨てて新たな自分の武器を探す。
それがもっと自分を良くすると信じているから……

海でのゴッドバルトの演技で流鶯は純平が立ち上がると思ってましたが、彼は立ち上がりませんでした。
かつての演出ではアドリブで身勝手に立ち上がったのに……

理由としてなんだろ?
1つは、都の存在…… 流鶯には都が必要だから純平は都を奪えない

2つ目は、五代スタジオの純平の死……五代スタジオの純平は立ち上がるけど、恐らく内心では、やっぱり生川で自分を磨きたかった。
だから、演技で……アドリブで立ち上がる事はしなかった。
バレエに忠実な生川のやり方を選んだ。
生川スタジオの純平として。

でも、彼の背中を押したのは五代先生。
先生は「直感を信じなさい、正しいから」と言いました。
純平のアドリブ……アドリブのタイミングは直感でした。
そして、そのアドリブは直感からくるもの……それは今まで彼が直感で証明してきた。
彼の直感は正しいものだと……

バレエを始めようとした事、流鶯のイジメから気を反らせた事、アドリブのタイミング、生川から生徒を奪い返した事、都を流鶯に託した事。
生川で学びたいと思った事。

どれも色々とありましたが、純平が直感で動き考えた事です。
そうして……純平にとっては直感が正しさだった。

そして、純平は生川の生徒として認められた。
スカラシップは…………

さて、ダンス系のアニメ不思議と楽しめますね。
全11話として、純平と流鶯が別々の道を行く。
一段落と言えば一段落ですが半端と言えば半端ですね。

見ていて表現は綺麗だしいいアニメだと思います。
続編もやれそうですが、どうでしょうかねw

投稿 : 2022/06/19
閲覧 : 28
サンキュー:

4

ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白くて星が爆ぜました☆ミ

幼少に見たバレエに心を奪われて密かに憧れを持っている中学生の村尾潤平(むらおじゅんぺい)がバレエの道に進み始める姿を描く物語。全11話。
原作はビッグコミック・スピリッツで連載中で既刊23巻で連載中。原作は少しだけ読みました。

あらすじ見てボールルームへようこそを思い出しましたけど、あっちは社交ダンスでしたね。
あれも良作でしたので、なんとなく期待値を上げながら見てみました。

キャラ絵、特に目の描き方がちょっとクセがあって好き嫌いあるかもですけど、踊っている動きがすごく綺麗でこういうダンスを題材にしているアニメとして頑張ってると思いました。
感情が弾けたときのパチンッ☆となる表現もいいですね♡

バレエの舞台より隣の女の子が気になったり周りの友達との関係を気にしちゃったりとか、思春期の普通の男の子って感じがよく出てて良いですね♪

小さい頃からバレエをやらされてバレエが世界のすべてと思ってる森流鶯(もりるおう)とバレエに憧れを持ちつつも、バレエ→男らしくない→かっこ悪いと思い込んで自分の本当の思いをなかなか貫けない潤平。
3話でイジメられながらもみんなの前で自分のバレエを踊って魅せた流鶯の姿に"かっこよさ"を感じて突き動かされて、友達にバレエが大好きなことをカミングアウトする展開を見ててちょっとうるっとしちゃいました。

5話の洋舞まつりの潤平と流鶯の、それぞれの気持ちが入った白鳥の湖も良かった!
すごい踊りで面白かったし観客にも受けてたけど、クラシックバレエとして見た場合、確かにMVPは難しいのかもしれないですね。

生川綾子の辛辣な評価をきっかけに生川バレエで体験レッスンを受けることになったのは、五代で頑張って欲しいとは思ったけど、潤平のバレエの成長のためには厳しい環境で切磋琢磨したほうが良かったのかな。
7話のどちらが観客に受けるかの対決で、自由に踊りたい気持ちを抑えてしっかりと基本を丁寧に踊ったところは、5話と比較して潤平の成長が見られたエピソードでした。
以前は学芸会みたいに見えて退屈だったバレエの舞台も、踊っている人の上手さなどが見えてきて楽しくなったり。

こういう、才能だけで周りを蹴散らしていくんじゃなくて、バレエの基礎などをしっかりと学びながら成長していく展開も好きでした。

8話での生川夏姫(おいかわなつき)との出会い。そして・・
あの2人の息がぴったり合った踊りがすごく良かった!
パチンッ☆と光が弾ける表現に加えて、一緒に跳んだときの背景のアニメっぽい表現も2人の高揚した気持ちをうまく表していました。
その後の五代都(ごだいみやこ)と潤平のキスシーンがね・・またすごーく良かった♡
初々しいところも含めて雰囲気がとても自然なんですよね。
観ている私の目もパチパチ星が爆ぜてたかもです♡

五代に残るか生川のSS受けるか・・
都や夏姫との関係も気になりながら見てました。

終盤。
都は流鶯のそばにいてあげなきゃ、って・・
都の気持ちはどうでもいいの?ひどいなーって思ってたら・・
砂浜での白鳥の湖の再現。渾身の気持ちを込めてロットバルトを踊る流鶯。
おばあさまに見てもらえない流鶯の気持ちを考えるとかわいそうだけど・・都は優しすぎるって思ったけど、決意したような目を見てるとそれも都の選択なのかなって。
潤平のSSを賭けた踊りも途中でアクシデントありの展開など最後まで楽しませていただきました!

なんとなく雰囲気的に私好みな作品かなぁとは思ってたんですけど、絵も音楽も演出も良かったし、予想以上に良作でした♡
潤平の今後や流鶯・都、夏姫との関係などなど、すごく気になっちゃいますので2期お願いしたいです!

投稿 : 2022/06/19
閲覧 : 72
サンキュー:

16

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

キャラが無理だった

{netabare}
かなり評判良かった作品な気がするけど、キャラが無理で合わなかった。
人前でパンスト被ったり、ダンス教室に押し入ったり、そんなことする?って言うぶっ飛んだ行動を取る主人公に拒否反応があった。
発表会の場でいきなり謎のアドリブを始めるのも、そんな演技に対して参加者の夢を潰すような講評を堂々と会場で発言する先生も、リアル重視な作品の割りにアニメ的だなぁと思いながら見てた。
なんというか、キャラの行動が理解できないというか全員変な行動を取るのが苦手だった。
キャラが無理で感情移入も出来なかったせいで、ストーリーの構造上話も楽しめず最後までダラダラと見てしまった。
いい話をやっているということは理解できるのに何も心動かされないという不思議な感覚の最終回。

そういえば、全話通して五代やモダンバレエを見下していたりで生川のイメージがかなり悪く、クラシックバレエが嫌いになるような描かれ方だったけど、意図的なのか?
深みのある理由なども一切なくただただ見下しているというだけで、取り合えずクラシックの印象が悪くなるというバレエアニメとしてどうなのと言う感じだった。普通に双方の良さを描くべきでは?
主人公に対しても生川は常に見下した態度だったので、アドリブの才能を捨ててまでわざわざクラシックの方を選ぶのは理解できなかった。
それに、最終的に生川に入ることになるなら、アドリブを良しとする見せ方は何だったのか。この後また生川抜ける?

このアニメが合わなかった自分でも唯一良かったと思ったのはダンスシーン。作画や見せ方が凝っていてダンスシーンを見てるときだけは退屈しなかった。

↓一話毎メモ
{netabare}
1話 ☆6
ボールルーム? これハチクロのOPの人? うんまあ普通の入りって感じだな。

2話 ☆5
作画いいな。なんかまだテンプレをなぞってる感じ。
主人公があまり好きじゃない。まるで白鳥の湖。いつもの流れ。
この歌手普通に歌えるじゃん。なんで86の曲はあんなに酷かったんだよ。

3話 ☆3
何で高校でこんなに柄悪いんだよ。返事ぐらいしろよ。
ネタが古いぞ。は? 人のスマホ勝手に壊すとか弁償モンだろ。
自業自得だろこんなん。こいつ、ロリ目的だな? 変態がよ。
底辺校ってこんなんなの? 教師止めろや。これギャグアニメ?
真面目に解決しろや。それだけで友達消えるの草。

4話 ☆5
きたねえ。このアニメテンプレすぎるのはいいとして、キャラ魅力があんまりなせいで。前のこと謝るぐらいしろ。

5話 ☆2
主人公が寒い。客はダンスしか見てなさそう。マジで何やってんのw
こういうアドリブ展開嫌い。ほんと下劣だよ。
バレーってこんな崩れていいの。

6話 ☆2
観客に受けてんのに文句言う逆張り審査員辞めちまえ。
何でこういう新人ばかりの場で人の夢を潰すこと言うんだよ。
講師ならまだ百歩譲っていいが審査員がそういうのいうのはおかしいだろ。
何で主人公のためにそこまでするんだよw クラシック至高主義とかいう害悪。
乗り込む展開ほんと寒いわ。何で許可されるし。けどクラス分けされてたよな。まあバレエの特訓パートはまだ良かったけどな。

7話 ☆5
ほんとしょうもない理由で乗り込んでしょうもない理由で認められてるからな。なろう系かな。結構この二人仲良くなってるのな。

8話 ☆3
今回は引っかかる点もないし、バレエもちゃんとやってて面白いな。
下ネタいらん。やっぱこの作品生理的に無理だわ。お互い嫉妬とか醜いぞ。

9話 ☆2
なんだこいつ。ほんとアオアシといいこういう頭おかしいキャラ出す作品大嫌い。は? そのために頭おかしいこと言うのは違うだろ。
自分の理想のためにしょうもないことすんなや。
いや気づかんわ。とはいえ仕方ねーだろ。

10話 ☆6
子供のころから嫌な奴だな。ぼけ老人

11話 ☆4
これ何してんの? なんかこのアニメそもそも合わないんだろな。
なんも心動かされない。ガイジムーブ。
じゃあ今までのアドリブを良しとする見せ方はなんだったんだ。

曲評価(好み)
OP「鳴り響く限り」☆5.5
ED「風、花」☆7.5
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2022/06/18
閲覧 : 41
サンキュー:

4

ネタバレ

梨花はわたくしのもの さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ハイレベルなアニメだった

バレエを主題に据えたスポーツアニメ。
なんと言っても作画が素晴らしく、ダンスシーンはCGではない滑らかなアニメーションで動かしています。安定のMAPPAクオリティですね。
キャラクターは序盤から癖が強いですが、ストーリーが進んでいくうちにそれぞれの成長や葛藤が浮き彫りになり、メインとなるバレエダンスにもそうしたものが反映されていきます。5話の潤平と流鶯のアドリブシーン、7話の決闘シーンにはそうしたものが色濃く表れていたと思います。

良い点
圧倒的な作画がなんと言っても素晴らしいです。最新話である7話までハイクオリティを維持しています。
登場人物の心情が台詞で語らずとも間やダンスから伝わってくる。アニメとして理想の形だと思いますね。
5話と7話の対比的な描写が最高。5話だとアドリブに傾倒していた潤平が7話だと傲慢さを封じ込め、基礎に忠実に踊っていた。対照的に対戦相手はかつての潤平を思わせるような見映えに特化した踊り方だった。

悪い点
キャラデザの癖が強い。
3話のいじめ描写が胸糞悪い。
序盤からキャラクターの性格が尖っているので、3話の件も含めてある程度慣れは要ると思います。

視聴する前はそこまで期待していなかったんですが、観るうちにのめり込むようになった作品です。

11話で最終回でした。
登場人物たちの拗れていた関係を上手く解消し、次のステップへ続くという形で終わりました。5話の失態のリベンジとも取れるAパートのシーンは圧巻でした。
Bパートは潤平が荒削りのバレエでみんなを魅了する話。アドリブ塗れでセオリー通りではなかったので及川先生には5、6話同様酷評されるのですが、潤平はこれまでの関係を全て断ち切ったことを先生に伝えた上で改めて教えを請いました。

いわゆるプロローグでアニメは終わりましたが、それだけでも十分過ぎる出来ではありましたね。

投稿 : 2022/06/18
閲覧 : 142
サンキュー:

4

ZZZxq38369 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

(・∀・)イイネ!!

私の中での今季一位。
とても良かった。

投稿 : 2022/06/18
閲覧 : 19
サンキュー:

2

羽宮 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

右肩上がり今期1位

かなりキツめのキャラデザ。ボールルームぶりの首の長さ。
俺好きのジョーロが嫌いだったためCVの印象もあまり良くない。
ただ……MAPPAなんすよねこれ……。

ボールルームという良い前例がある以上、ここで切るのは早計と言わざるを得ない。
キャラデザで相当な損をしているとはいえ、総合的にみれば作画はやはり抜群にいい。
となるとこちら側がキャラデザに慣れる他ない。
信じているぞ、MAPPA!

6話視聴。3.3から大幅に上方修正。タイトル変更。
うーん、面白い!大器晩成型!
自分の中での評価が他より難しく、いつ加筆に来るか悩んでいるうちに6話になってしまった。
首は元々慣れているし、キャラデザもわりとすぐに慣れた。
CVは寧ろ似合いすぎていて今や何も気にならない。
とにかくキャラクターが生々しいというかイキイキしているというか、描写が丁寧でわかりやすい。
女に目的だったのはどこへやら。もはやヒロイン踏み台にして流鶯正妻でいいまである。
しかもまだ(まともに)登場していない重要キャラクターがこのクールにいるようで、後半もとても楽しみでいる。

9話視聴。4.1から上方修正。
総合得点ではかぐや様、話題性ではマーケティング重視のスパイファミリー・パリピ孔明には及ばないものの、ストーリーに関していえば今期1位は確実といっていいだろう。面白い!これに尽きる。

最終話視聴。
11話で終わりなのかよおおおおお!!2期はいつだ?!
終わり方が残念というのはわかる。だからこそどうか2期を……。
周囲の反応をみていると終盤一気に都を嫌いになった人が多いようだが、個人的には描写の丁寧さのおかげか悪役キャラまで好きになってしまったところがある。相容れないそれぞれの信念がよくわかる。
今期2位……1位タイといってもいい、とてもいい作品だった。
MAPPAありがとう!

投稿 : 2022/06/18
閲覧 : 248
サンキュー:

4

うめ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

これから面白くなるというところで最終話となってしまった

投稿 : 2022/06/18
閲覧 : 11
サンキュー:

1

ミュラー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

素晴らしい本格的なバレエの動き

優柔不断な男子高校生の村尾を中心に、バレエの世界を描く。
作画もそうだが、登場人物のクセがすごい。
どの登場人物にもなんだか共感できないんだが、まあ、現実そんなもんだよね。
自分が思っているようには動いてくれない。
そのリアリティがこのアニメのいいところなんじゃないかな。

とにかくアニメとしてのバレエの動きが素晴らしい。
アニメも進化したなあ。
本当にプロのバレエダンサーを使ってモーションキャプチャーしているそうだ。
バレエなんて全然分からないけど、それでも動きの素晴らしさが伝わってくる。
きっと一番力を入れたところなんだろう。

青春の物語も一段落して、綺麗に終わったのではないだろうか。
全11話、ちょっと物足りなさも感じましたが、
青春アニメとして素晴らしい出来だったと思います。

投稿 : 2022/06/18
閲覧 : 18
サンキュー:

8

ネタバレ

えりりん908 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

スポーツ?いえいえ、芸術です! それだけ?いえいえ!!→

→{netabare}ラブロマンスでもあります!
それも、とびきりキュートな♡{/netabare}

「今期は全部観終わってから、感想書くつもりだったけど、
なんだかやっぱり、お気に入り3作品が、ぶっちぎりなので」の、
現在第1位が、これです(*^▽^*)

タイトルに書いたとおりですけど、
スポーツアニメと思って観ると、違和感は強いかも。
ここは、インフレ起こしがちなスポーツアニメとは一線を画する、
わずか40cmの跳躍の、姿の美しさと着床の音の静けさを、堪能して戴きたいって、
強くつよく、思います!
(少なくとも、私は、たった40cmの跳躍がこんなに高く、キレイに見えるというだけで、感動しちゃっています(≧▽≦)、8話の前までは。)

マイナースポーツアニメと文法の似た、バレエレッスンやステージの緊迫展開。
天賦の才と男らしさが葛藤起こしてせめぎ合ったり、
エリートとも言えるダンスールが引きこもり?って見せておいての、
まさかまさかの、セーラー服(←!)での見事なダンスに魅せられたり。

面白い。
面白いけど。。

ちょっと「芸術」に寄り添い過ぎていて、マニアック?
好きな展開だけど、アニメとしては、ちょっと地味かな?
なんて感じで鑑賞していました。
なので、毎週、楽しみに観てはいたけど。
ずっと私の中での順位は、今期2位か、3位。
そんな感じでした。

それが!
8話にして、一気に満開、大炸裂!!!
本渡さん、こんなに生々しく艶のある演技できちゃうんだ!
というか、
なにこの二人?!(もちろんジュンペイ君とミヤコちゃんです)
フランス人ですか???って、
思わずビックリな素敵感いっぱいのラブシーン!

それなのに、
それも、ミサキ君が仕組んで、
ライバル二人を葬ってやろうという、謀りごとにまんまとハマっちゃってる訳で。。。
この先の展開がまったくわからないし、
凄いことになりそうで、
ドキドキなんですけど。。。

それにこの8話、
実は、ナツキちゃんとジュンペイが絡んで、
封じ手だった「アニメ的」表現で、
覚醒の予感を感じさせてくれる素敵な跳躍シーンが描かれていて、
硬派な求道アニメとしても素晴らしくて、
今期いつも2位か3位だったのが、
いきなりトップになっちゃったんですけど・・・

ここから先、
あと、たったの4話で、どう話をまとめるの?!
っていう、それが目下の最大の懸念ではあります(◎_◎;)
っていうか、原作ストックあるんだし、ゼヒぜひ、
この先も制作してください!!!!

投稿 : 2022/06/01
閲覧 : 83
サンキュー:

14

古川深夜 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

バレエの芸術性とアニメの構成度 No.1

はっきり言って別格
ストーリーも面白く キャラクターがどうゆう人間かうつすのが 途轍もなくできているので見易い
本当にドラマアニメみたいに仕上がっています

投稿 : 2022/05/23
閲覧 : 83
サンキュー:

2

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

キャラデザのクセがすごいんじゃ。

詳細は公式サイトでも見てください。

小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載中のジョージ朝倉さんによるコミックのアニメ化作品です。

あ、『浮浪雲』の…

それはジョージ秋山やろがい!

幼少期に男性バレエダンサーの演技に衝撃を受け、密かにバレエに憧れていた主人公が、転校生の美少女・五代都と出会い、彼女の母親が営むバレエ教室に通うことになるというお話。制作はMAPPAです。

んーっと、原作準拠……なんでしょうね。なんですか、その瞳の中にある線は? 主人公の潤平が特に癖が強いキャラデザ。ただまあ、数多ある黒髪エセホスト風のキャラデザよりは何倍もいいですけどね。

まあ、中2設定だから、これはこれでいいのかもしれないけど、ホント「クソガキ」ですねえ。都の母に対して(初対面)ババア呼ばわりですからね。このへん、好みが分かれるというか。

ヒロイン・都のCVは、今期「パリピ孔明」のヒロインも演ずるアイムの若手女性声優のエース対角ポジの本渡楓さん。まあ、良くも悪くも安定感があります。ちょっち演技バリエーションの幅が、ね。

ストーリーは、少し駆け足かなあという感じもしなくもなかったですね。初回で受けた印象は「ボールルームへようこそ!」とほぼ同じ。うん、なんか主人公のキャラも似ている気がしますしね。

MAPPAにしては普通。そんな感じ。

=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}
と、前回言いましたが、いややっぱMAPPAの作画すごいですね。ダンスのシーン、めっちゃぬるぬる動きます。

ただ、やっぱこの主人公嫌いだわー。
目上のダンスの先生に向かって「おい、ババア」呼ばわり。ヒロインとダンスの舞台を観に行きゃ寝る。ヒロインが話してるのにスマホ見ながら空返事。で、ヒロインがライバルのことを好きだと思って、勝手に空回りしてレッスンに行かねえ。

まあ、そういうヤンチャな中2男子像にワザとしてるんだろうけど、ホントにうぜえ。

さて、どうしたものか…
{/netabare}
=====第3話視聴後、追記です。
{netabare}
ようやく主人公が主人公らしい言動を見せてくれたので、首の皮一枚つながったという感じです。

胸糞なイジメ展開からの、サッカーやバンドなどとの訣別。まあ、それだけのイベントがあったからこそ、すべてを捨ててバレエに打ち込めるという流れは悪くないですね。

そして、ルオウが体育館の舞台で見せたダンス。ぬるぬるとした動きに鳥肌が立ちました。これぞMAPPA。同じシチュエーションで似たようにダンスのシーンを描いた「おさまけ」とは比べ物にならないですね。これを見て恥ずかしくなるでしょうね、「おさまけ」スタッフは。

ま、サッカー部員たちは、ここで退場でしょうし、落ち着いて観られるでしょうね。
{/netabare}
=====第4話視聴後、追記です。
{netabare}
うん。悪くないだろう。
努力する主人公の描写は好きですよ。
まだ、基礎ができてねえからバーでのレッスンにしろと言われてるのに、勝手に踊り出すとか、そういう勝手な面もありますが…

うん、これなら大丈夫かなと。
{/netabare}
=====第5話視聴後、追記です。
{netabare}
すげえ…
圧巻のダンスシーン。
これぞMAPPAの技術力。鳥肌が立ちました。
いや、ホントすごいです。

ただ、僕この主人公嫌いです。

とにかく言うことを聞かない。
舞台の段取りを無視して、死んだはずの王子が二度まで立ち上がる。ゾンビかてめえは。
顔も気持ち悪いしね。

出番前に舞台袖で「白鳥の湖」の説明をされて、でっけえ声で「はあ?意味わかんねえ話だな」とか。サッカー部の元友達も、主人公の衣装を見て、でっけえ声で爆笑とか。とにかく、登場人物の描写が不快。

こういうところなんだよなあ…
あ、MAPPAには何の落ち度もないです。たぶん原作のせい。
{/netabare}
=====第6話視聴後、追記です。
{netabare}
ダンス発表会をぶち壊した潤平。当然、MVPには選ばれるわけもなく、別の子が選ばれました。大手バレエスクール主宰・及川綾子の選評に大きな声で茶々を入れる潤平。

そして、ルオを引っ張って綾子のスクールに乱入する潤平。なんかの選抜クラスに凸して「本当のバレエを教えてくれよ」と叫ぶ潤平。なぜか「いいわ、入りなさい」とあっさり認める綾子。

テンポが合わないと怒られる潤平。そこで頭の中でカウントしたらピッタリ合いました。でも「こんなの面白くねえ」と言う潤平。帰りの電車でMVPに選ばれなかったリオに涙を流して謝る潤平…

ダメだ。この主人公どうしても好きになれない。

毎回毎回、この主人公がストレスでストーリーが頭に入ってこないです。面白いんだと思うし、MAPPAが描くダンスシーンも素晴らしい。でも、無理。お好きな方にはごめんなさいね。
{/netabare}

投稿 : 2022/05/16
閲覧 : 328
サンキュー:

4

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

期待に応えてくれそうな「ゾンサガ」の境監督が描くバレエ作品。

 「ボールルームへようこそ」が素晴らしかったのでバレエ作品の本作も期待して見てみたが、それに応えてくれるのがopだけでビンビンに伝わってくるぞい。


 主観視点をアニメや映画で使ってる例はいくらでもあるが、povシューティングゲームみたいになっちゃって、かえって魅力にかけてありふれた映像になってたが、本作のダンスする主人公の視点で万華鏡のような舞台の中をダイナミックに飛び跳ねる映像は実に良い(濡れる!)。


 作品本編の内容も、バレエという題材に相応しい妖しい程に艶やかな美しさが溢れている表現力が見事。いくら作画技術が凄くても「へぇ〜」って感心する程度の作品もあるけど、技術が表現すべきモノとピッタリ結びついていると本当の感動になる。


ヒロインの自然な感じも、実はコンプレックス抱えてそうなのも「ボールルームへようこそ」っぽくて良い。ライバルな男がツッキー系なのも嬉しい。それにしても、やはりバレエだと「プリンセスチュチュ」を思い出さざるを得ない。

投稿 : 2022/05/01
閲覧 : 171
サンキュー:

10

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

普通レベルでは足りない原作なんだけど<55>

1話視聴。
原作的には大本命だけど、うーむ。
冒頭の幼い頃に衝撃を受けた男性バレエダンサー、普通に踊ってるとこ見せちゃダメでしょ。
一生思い続け追い続けるほどの衝撃を受けるってシーンなんだから、全身を見せるのは決めポーズのところだけでそれをエフェクト盛りまくって「なんだかわからんがすごい」くらいの印象にしといた方が良くないかい。
多分、協力してくれたバレエ関係のとこが踊ったのを一生懸命書き起こしたりモーションキャプチャーしたりしたんだろうけど。
ダンスアニメの宿痾として動きで見せたいけどそうそう動かせないってのがあるんだから、他に動かすべきカットはいくらでもあるはず。

全キャラ目にはっきりと線が・・・そら原作もよく見ると入ってるけど黒で書かれた瞳にいくつも入ってる光の表現の一つという感じなのに、アニメではくっきりし過ぎじゃないかなぁ。
原作の細かい省略は許容範囲くらい。
話が脇にそれるけど、作画に予算盛り盛りじゃないと演出や構成もちょっと残念な人材になったりしないかい?アニメ一般論。

原作が長編の構想で始まったのかバレエに全身全霊をかけるまでが(後に悔い続けるための重み付けのために)長いから1クールだとここからが!ってとこで終わるなぁ。5巻のラストまでだろうか。

投稿 : 2022/04/11
閲覧 : 186
サンキュー:

1

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

MAPPAでダンスアニメとか期待するしかないですね

MAPPAは毎回ある程度以上クオリティの高いアニメを作ってくれるので期待しています。
バレェダンサーですね。
1話としては主人公がバレェダンスを始めるかどうか悩む、というか男なのにダンスをやるなんて格好悪いとか恥ずかしいとか、体面を気にしてグダグダするスタートでした。
正直ちょっとイラっとはしたのですが…
でも、実際恥ずかしいですよね。自分だったら照れずにやる自信は無いです。

しかしその背中を押す、貴方はダンスをやる人間でしょう、という言葉がぐっと来ましたね。
心に突き刺さりました。
クオリティは申し分無く感動もできそう。
大いに期待大なスタートです。続きが楽しみです。

投稿 : 2022/04/10
閲覧 : 56
サンキュー:

2

kochan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 0

ゆー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 1.5 音楽 : 3.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 0

シャカ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/06/22
閲覧 : 0

ふててん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/06/21
閲覧 : 0

sarari さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/06/21
閲覧 : 0
次の30件を表示

ダンス・ダンス・ダンスールのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ダンス・ダンス・ダンスールのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ダンス・ダンス・ダンスールのストーリー・あらすじ

ダンスール・ノーブル――それは王子を踊る資格のあるバレエダンサー。中学二年の村尾潤平は、幼い頃バレエに魅了されるも、父の死をきっかけに「男らしくならねば」とその道を諦めていた。だがある日、彼の前に転校生の美少女、五代都が現れる。都にバレエへのあこがれを見抜かれ、誘われた潤平は、都の幼馴染である森流鶯と共に、本格的なバレエダンサーへの道を歩みだす。「俺がそこで日本人初の『ダンスール・ノーブル』になるわ」すべてを犠牲にしたものだけが、立つことを許される、美しくも厳しいクラシックバレエの世界。完全な初心者である潤平の運命は!?大人気漫画家・ジョージ朝倉、初のテレビアニメ化!MAPPA(制作)×境宗久(監督)が挑む、バレエダンサー達の熱き青春バレエストーリー!!
(TVアニメ動画『ダンス・ダンス・ダンスール』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年春アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ