新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「RPG不動産(TVアニメ動画)」

総合得点
63.3
感想・評価
119
棚に入れた
339
ランキング
3933
★★★★☆ 3.1 (119)
物語
2.9
作画
3.0
声優
3.3
音楽
3.1
キャラ
3.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

RPG不動産の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ハニワピンコ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ある意味鷹揚で威厳すら感じる

白状すると、この作品がオーイシマサヨシが主題歌を担当する作品と勘違いして視聴した。そこでやたらとデカいのと解放感のある服に惹かれて見続けました
あと、個人的には結構OPが好き。少しづつ音が足されていって壮大になっていく系の曲はベタだけど好き。声も良い

内容としては、「色々な人や生物に対して物件の依頼を受けて紹介していく中で起きる色々な物語が_」というのをあらすじとするのが正しいのだろうけれど、実際そこまで深い物語はなく、大体はワンパートでサクッと解決させる。起承転結がちゃんとしているけれど転への持って行き方がワンパターンというか、一つの確実なルートを確実に拾って解決に持っていくから、意外性というものないけれど、小さくともちゃんとまとまっている印象
ちゃんとまとまっているかに関しては※個人差があります かもしれないが、自分はまぁこういうほのぼの萌え萌え日常系の期待値はそんな高く無いのでまぁいいかなと

ファーに関してのラストの展開は結局のところなんで記憶が無くなってたんですかね?そういう特性?
毎話の終わり等で引っ張った割には、ファーは実は違くてーから始まる謎の人介入で結局ファーは何だったのかという部分の描写がある意味予想通りだった

きららだし骨太なストーリーは期待してはいけないのは当たり前だし、この作品も普段の進行の仕方から驚く展開や燃える展開が無いというのは予想出来ていたのだけれど、一抹の期待みたいなのを持ち合わせて最後まで完走したら、ただただ低空飛行と言わざるを得ない内容だったかな

本当に一度もこの作品を見ていて「おぉ」っとなるような描写が無かったのはある意味凄い。でも"虚無"という訳ではなく、小学生が考えた劇を微笑ましく見ているみたいな感じなのかな?ある意味童話っぽいし

投稿 : 2022/08/04
閲覧 : 39
サンキュー:

6

のか さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白い、面白くないで言ったら面白くない・・・かな

原作未読  全12話

あらすじ
お仕事が不動産業の4人の女の子たちのお話し


では感想を
誰得シリアスパートがありました
他のレビューワーさんも行っていましたが、必要だったんですかね?

11話12話以外は、ほのぼのまったりのほほんと視聴できます

伏線も回収されていませんし、色々と中途半端だった気がします
2期があるなら納得しますが、ないのならほのぼの路線で締めてほしかった^^;

個人的な感想ですが、キャラもそこまで可愛いと思いませんでした
きらら系アニメでは致命的だと思いますwww

もう少しなんとかなりませんでしたかね?


作画はちょっとだけ陳腐だった気がします
きらら系とはいえ、もう少しクオリティが高くても良いかなって

声優さんはいたって普通
誰とは言いませんが、キャラも相まって若干イラッとしましたが、私だけだと思います

音楽はOP,ED、BGMは印象なし
挿入歌も特に良いとは・・・

キャラは伏線で一杯使われましたね
なるほど~って感心したぐらいですwww


物語自体もそんなに深くもなかったと思います
特に語る事はありません(苦笑)

他のレビュワーさん達を信じれば良かったかなって思ってます
別に視聴しなくても良かったかなって^^

これから視聴される方
個人的な意見ですが、そんなに面白くないですよって言っておきます

結構毒舌になってしまいましたが、素直な意見ですwww
少数派でしたが絶賛されてる方もいました

気になる方は他の方のレビューも読んで見て判断してくださいね



では最後に一言
↓の台詞からアニメタイトルを当ててください
今回は正解率は結構低めです

ヒント1
「誰もあんたを見てブスとは思わんだろ。だから顔がブスだなんて言う奴には言ってやればいい。ブスなのは心の方だと」

ヒント2
「最初から自分が出来るものだけ選んでいたら何も始まらない」

ヒント3
「本気で顔が好きで何が悪い。好きな物は人それぞれだ。周りに何を言われようが関係ない」

答えはググってくださいね(爆笑)

投稿 : 2022/08/01
閲覧 : 110
サンキュー:

12

でこぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

たとえ何が起きようとも、琴音はファーの味方であり大親友

きらら系にしては珍しいストーリィ展開です。
最初は「きんいろモザイク」や「ご注文はうさぎですか?」のような、ゆるフワの癒し系アニメだと思ったのですが…
途中からだんだんシリアスになってゆきます。
特に第11話目では、ある場面で約10秒間、息をするのを忘れてしまうほど、悲しい出来事が起こります。
でも、最後はハッピーエンドなので安心してください。


この物語は、魔王が倒されて15年ほどたった頃のお話です。
もちろん異世界での出来事。

主人公の琴音(ことね)は、学校を卒業し、RPG不動産に務めますが、その不動産屋で起こる出来事をコメディータッチに描いています。
RPG不動産には所長(?)のルフリア、ルフリアの親友のラキア、どんな仕事をしているのか不明のファーがおり、琴音も含めた4人で、お客様の求める家を紹介します。

但し、お客様は人だけではなく、いろんな種類の魔物もいます。
魔物であるお客様が好む家は、私たちが通常考えるような家とは異質なものなので、毎回みんなが大変な目に会います。それでもみんなが協力して何とか乗り切ってゆきます。


でも、ある時期からドラゴンが出没するようになり…、しかもドラゴンが出没するときは、必ずファーがいないのです。
ファーは、しっぽが生えた女の子。そして琴音の大親友です。
琴音は、ファーが無意識にドラゴンに変身して町を壊しているのではないかと不安になります。
そして…

琴音のファーに対する友情が、とても美しく描かれています。
こんな親友がいるファーは幸せですね(^_^)。

投稿 : 2022/07/28
閲覧 : 170
サンキュー:

23

ネタバレ

さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

最初は楽しかったんだけど

最初は、ファーの仕事できないのにわがまま放題+それを許さないといけない雰囲気が苦手だったけど、そこ以外は合ってたのかわりと楽しく観れていた。

でも、後半の琴音のファーが疑わしくなってきたのにファーをひたすら信じ続ける辺りから疑問を感じはじめて、ルフリアと喧嘩しかけたところから琴音の言動が無理になってしまった。「いくらファーが誰かを傷付けるような子じゃなかったとしても操られてたら分からないって言われてたじゃん。もしファーが街を襲っていたらそこに住む何人もの人が不幸になるんだからせめて周りに相談くらいはするべきだろう」と最終話あたりは常に疑問がぐるぐるしていた。
しかも魔物側も戦争で辛い思いをしたと匂わせておきながら琴音を殺すことで曖昧にして人間側に都合がよすぎる方向に持っていったし。

こんなにご都合主義で人間主義な話にするならシリアスはいらなかったし魔物側の描写もいらなかった。それらが無かったら似たストーリーでももっと楽しめてたと思う。

別のサイトでみた「魔物との共存を望んでいるのは人間側だけだろう」みたいな意見を観た時に納得した。全体を通して別種族との共存がテーマっぽかったけど、クライマックスが完全に人間統治主義みたいな内容で冷めてしまった。

投稿 : 2022/07/26
閲覧 : 55
サンキュー:

3

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

びみょーに合わなかったかなぁ、私には

視聴前はユニークなタイトルと見慣れたスタイルのキャラクタ達にだいぶ期待をしていたのですが・・・。

休日に某アベマなTVで一気放送をしていたので、ふんわりとながら視聴。

 キャラクタの皆さんは、今まで視聴してきたきらら系と言われるアニメ作品に準じていて、全体的に幼い方向に振った造形で、頭身もアニメ作品らしいもの。
ただ、今回は私の琴線にはあまり触れませんでした。
 
この手の作品でも自分的にはネガティブな要素を感じることは無かったと記憶しているのですが「なんでかなぁ」と思ったところ、出た結論が合わなかったのかなぁ、になります。

ただ、私自身、例の「ぴょんぴょんするシリーズ」を視聴中に「あれ?」と思ったことがあったので、私自身の好みが変わってきている可能性もあるかもなぁ、とも思ったり。
ま、現時点では、合わなかったという表現が正しいかな、ってところです。

さて、序盤は作品タイトルどおり、ファンタジー世界での不動産屋さんのお仕事系日常でした。
ファンタジー世界のお客様を相手にするという事、物件も当然ファンタジー世界に存在する物件になりますので、そのマッチングの妙を楽しむという作りは作品タイトルどおりで、この切り口はこれはこれでユニークなものになると想像できていましたが、やはり「ほーそう来るのか」という感じで面白かったです。

これとは別軸で一つストーリーが進行しているのですが、こちらはほんの少しだけ、重いものになります。
確かに、お仕事系の部分だけだと、いくらユニークな切り口があったとしてもマンネリ気味になりそうですし、これはこれでアリだとは思うのですが、タタミ方が雑、いや急ぎ過ぎた印象があります。
終盤でのストーリー進行がバタバタした印象を受けました。
あくまでも、私の印象なのですがね。


作画自体は悪くはないと思いました。

どっで観たことがあるような、イメージの重なるキャラが頭に浮かんでしまうのは仕方ないですかねー、たくさん見てきましたしねー。
ただ、やはりこのタイプのキャラクタ造形を受け入れられるかどうかにかかってくるかもしれませんね。
私自身は、今回のキャラクタ達は残念ながらあまり魅力的には感じなかったのですが、ここが壁にならなければ大丈夫でしょう。
ちなみに、作品中のキャラ達のノリや雰囲気は大丈夫だったのですがねぇ。

声優さんもそうですねぇ、
良いのか悪いのかわかりませんが、これもこの手の作品でよく聞く方々、タイプだった気がしています。
ある意味、安定しているのかもしれません。

良かった点としては・・・。
正業wを営む上で築いてきた人間関係が、ちゃんと最終盤でのあれやこれやの解決時に活きていた事でしょうか。
これは、言ってみれば大団円系のエンディングに類するもので、私的には好きな展開でした。


あと・・・王様普通のじじい過ぎ。



私的にはですが、なんとかフツーに視聴できた作品、という事になります。
いろいろとユニークな点もありましたので、ちょっと変わったお仕事系、きらら系として楽しめればよいと思いました。
機会がありましたら、ご覧くださいませ。

投稿 : 2022/07/24
閲覧 : 56
サンキュー:

9

ネタバレ

むぐ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

きらら系では比較的硬派だが...

簡単な内容としては"剣と魔法の世界"で仲間たちと不動産業務を行うといったもので"絆"や"友情"といった内容を重視している。ギャグあり。シリアスあり。
声優さんも実力派の方が多く強い安定感がある。
私としては、ゆるいだけではない内容のギャップがとても良いと感じた。
しかし、他の方も指摘されているが原作の一部分しかアニメになっていないとはいえ作品の着地点がふわついていて作品の持つメッセージ性がぼやけている印象がある。不動産を重視するならもっと尺を取って欲しかったし、シリアスを入れるならあと2話分くらいは欲しかった。(11,12話はちょっと展開が急すぎな印象)
まとめると、人を選ぶ内容だけど満足感はとても高い作品!
作画は、指摘されているような乱れはあまり感じなかった。人それぞれかも。

投稿 : 2022/07/21
閲覧 : 39
サンキュー:

5

梨の妖精 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ファンタジー日常系アニメ

まんがタイムきららキャラット連載の漫画が原作のファンタジー日常系アニメです。

ファンタジーはあまり好きなジャンルじゃないのですが日常系は好きなのでこれは楽しめました。

基本ほのぼのしてますが伏線もあったり、後半は少しシリアスもあります。

作画に関しては良くないという意見もあるみたいですが個人的にはよくわからず普通に綺麗だと思いました(ネットでは途中から良くなった、目の位置についての突っ込みがあるが元々原作もこういう絵だという意見も見かけました)

お気に入りのキャラはラキラです。ネットでも言われてますがめっちゃごちうさのリゼちゃんに似てますよね(ごちうさもリゼ推しだったので好きになりました)

残念なことに円盤が148枚しか売れず歴代きらら最低の枚数らしいですが、個人的には中々良い作品だったと思います。

ちなみにアニメになってないこれ以降の話はめっちゃシリアスで意外性のある展開もあるらしいのでその辺りまでアニメ化してたらまた評価も違っていたかも?

投稿 : 2022/07/19
閲覧 : 26
サンキュー:

7

ネタバレ

エイ8 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

RENT, PLAN, GUIDE FOR YOU

『RPG不動産』(アールピージーふどうさん; 英:RPG Real estate)は、険持ちよによる日本の4コマ漫画。
2022年4月から6月までAT-Xほかにて放送された(wikipedia)

わぁ~い!きららのじかんがはじまるぞぉ~!(*´ω`*)

みたいな感じで楽しみにしてたなどということでは決してなくどういうわけかたまたま二話ほど録画失敗してたのでアマプラが無料のうちに全話を観ておこうと優先的に視聴したにすぎないんですよお願い信じて!

とはいえ当初は一話切りも止む無しかなと思いました。ネックとなったのは内容云々以前の話で端的に言ってファーの扱い、こんな描写の子を脱がせるだなんて良識を疑います。いくらきららにはおっきな(だんしの)おともだちがたくさんついてるとはいえ正直キモかったですし今後もこのノリを続けられるのはさすがにキツいということで切る気満々だったのですが最後の最後で気がかわり視聴を続けることになりました。

きっかけとなったのは一話のラスト、主人公の風色 琴音(かざいろ ことね)が窓の外の二つの月に向かって黄昏れているシーンで流れた不気味な音。最初は聞き間違いかとも思いました。先ほども述べました通りその時はもう視聴を断念するつもりだったので半分他のことと並行した「ながら観」状態でしたし他所での音が混じって聞こえたただけなのかもしれないなあ、と。ですがシーンを戻して観てみてもやっぱり入ってた不協和音、きらら作品は底抜けに明るい反面意外ととんでもない闇を抱えていることもあったりするんでこれはひょっとしたら化けるかもしれないと考え直し視聴続行を決意。

全体的には実にきらららしいシチュエーションコメディーで成り立っていました。懸念されたファーの扱いについてもそこまで執拗というわけではなかったのは助かりました。普段は本当に愛くるしいキャラなので最初からそのままでええやないかと強く思いましたよ。というかこの作品「お色気」に対する意識がよくわからないというか、主人公の琴音の胸を強調するのはまあしょうがないにしても途中出てきたターシャのパン〇ラを描写する一方でラキラの赤いパンツは映さないとか正直わけわかりません。見たい見たくないって話じゃないんですよいや本当に(信じて!)。
登場人物のコスチュームに関してもやたらと乳を強調させるような服を着せてみたりパンツの紐を強調させてみたり(セーラやモナが着てたあのエロ紐の名称なんて言うんですかね?)、部屋着姿の琴音からケープを取ると海外女性ばりのどすけべ肩紐タンクトップを着ていたり……はてさておっきなおともだちを釣ろうとしてるのかどうなのか、正直ちぐはぐすぎてよくわかりませんが間違いなく画風にはマッチしてない衣装選択だなと思う事が多く、そういう意味(おっきなおともだちのツボをおさえていないという意味)では逆に正常なのかなとも思います。ひょっとしたらラキラの赤パン描写しなかったのも「生々しい」とか思ったからかもしれません。そのように考えると初めからエロとか色気を描いてる自覚自体無く単に作者なりの「かわいい」優先だったのかも。でもね気を付けないといけませんよ?ほんっと度し難い人達なんですからビッグブラザーって。どんな目で舐めるように観てるかわかったもんじゃありませんからね!(ド偏見)

さてブーメランを投げ返されないうちに話題変更。結果的に例の不協和音自体は伏線が回収されたと言っていいかもしれませんが、二つの月自体との関連性は明らかにされないままでした。琴音の歌にもありますしあれらがこの作品の舞台に大きくかかわってくるのは間違いないでしょうが、アニメ一期だけでどうにかなる代物ではなかったようです。

おそらくメインプロットと思われるファーの物語に関しては「きらら」作品として見れば賛否両論あると思います。自分としても以前きらら作品である「スローループ」で、その重苦しい設定に対して疑問を呈した記憶があるのですが、本作においては自分としては「有り」でした。それはきららというよりはファンタジー作品として観たからだと思います。なのでファーが絡む話よりどちらかというと幼少のルフリアが石投げられてるシーンの方が嫌でした。
そうそうルフリアといえば、この子本当にリアリストですよね。ファーのことをドラゴン疑惑があるとしてチクったのも彼女、改心してファーを助けようと駆け付けたかと思えば竜化した彼女を見て「あれはもうファーじゃないわ!」って叫んだのも彼女wぶっちゃけここが本作で一番笑っちゃいましたwとはいえ実際こういう役回りの人材って必要なんですよね。むしろ何でもかんでも仲間を信じての方がきららファンタジーというかまんまファンタジー。そういえば琴音がファーを守ろうとし続けた一方でラキラはルフリアのことを第一に考え続けてたんですよね。多分ルフリアが自分からファーのもとへ行こうとしない限りラキラも動かなかったと思います。そういう意味でこの『RPG不動産』の面々は一様にみんな仲良しのように見えてちょっとした派閥のようなものが出来ている気がしますw

それにしても最近の作品はストレートにファンタジーってあんまりやらせてもらえないみたいですね。この『RPG不動産』でも作者が本当に描きたいのはおそらく亜人と人間との関係性とかの方なんだと思います。ぶっちゃけ不動産関係そのものよりもそれを介して人物像や世界観を説明する方が重要で、キャラの面々もただ出しているわけではなく何らかの重要な位置づけがある人達を客という体で登場させているんだろうなあという気はします。ただまさか序盤に登場したネクロマンサーがああいう形で回収されるとは思ってもみませんでした。とはいえ逆に占い師のカーサに渡されていたお守り、あっちは回収されませんでしたね。まさか吹っ飛んで終わりだなんて……。
しれっと出てきた英雄の一人の大賢者ルナ・ディドラーンやレベル99以上で世界を救えるレベルのポーラ、それに新聞だけで登場の勇者なんかもそのうち物語に深くかかわってきそうです。魔王=神竜だったようですがその一方で普通に神もいる。城の地下にあった牢獄なんかも意味深です。ま、おそらく本当に悪いのは人間の方的なお話になりそうな気はしてます。

ところで今wikipediaを見て知ったのですが、ラキラって原作よりも露出を抑えた恰好に変更されていたんですね。ていうかアニメでも相当露出してたと思いますがあれより布面積が少ないって最早痴〇の領域なのでは……(;^ω^)

投稿 : 2022/07/16
閲覧 : 52
サンキュー:

8

ネタバレ

Jeanne さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

シリアスを入れるならストーリーを凝って欲しかった

全12話

きららの日常系ですが、特にお気に入りのキャラがいるわけでもありませんでしたんのでどういった話なのか気になって最後まで視聴しました。

OPが不穏な感じがして、ファー関係でシリアスな展開が続きますが、最終的には全てが丸く収まってハッピーエンドで終わります。
最後まで視聴して正直見る必要はなかったかなと感じました。

きらら系を楽しみたい人はストーリーは二の次でキャラの可愛さであったり、ほんわかした日常を脱力してみたいという人が大半だと思いますが、シリアスのせいで身構えて見なければいけないのはマイナスポイントだったと思います。

又、ストーリーで考えるとご都合展開で面白みに欠けていました。
ストーリーが微妙で無駄なシリアス展開もありキャラもこれといった魅力を感じませんでしたので、最後まで視聴しましたがいまいち面白さを見いだせない作品でした。

投稿 : 2022/07/13
閲覧 : 56
サンキュー:

6

ロリ さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

動華工房?

中国のどこかの怪しい謎のアニメ制作会社が作ったかと思うくらい内容も作画も酷かったけど、これって動画工房が本当に作ったのかねえ。
どこか一文字違うんじゃないかと疑ったくらいで、ロッテじゃなくてロッチみたいな、昔の動画工房の作品は面白かったけどなあなんでこうなったか。

主人公なんて顔面にワンパン食らって出来上がった後みたいな感じだったし、目の位置が離れすぎて作画崩壊してるのかロリ顔に巨乳くっつけておけばウケると思って完全にバランスおかしいやろ。こんなもん誰に需要があるねん。 1/7フィギュアとか作っても10体ぐらいしか売れんやろ。ブサイク専門に売る気かなのか正気の沙汰じゃねえな動画工房様はw。

内容がまあ子供向けでいい大人が見て喜ぶこんなの? 幼児退行してバブバブ言ってるやつにはウケそうだが 、一部のキモいきらら系信者とかにもウケそうだよね。
ビジネスとして赤字丸投げで成立しないだろうに何がしたいのか全く分からん動画工房。眼力衰えたというより頭悪過ぎ。
システム上0点付けられないからとりあえずオール1.0点で我慢しときます。

投稿 : 2022/07/10
閲覧 : 101
サンキュー:

2

ネタバレ

W.vst さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シリアス要素以外はまあまあ良かった

異世界の不動産屋をテーマにしたきらら原作の日常アニメ。

1話感想
{netabare}真面目に見ると突っ込みどころは色々ありますが(なろう系作品によく見られる城塞都市、中世っぽい雰囲気なのにコンロがあることとか)、それらはあまり気にせず日常アニメと割り切って見ればそこそこ楽しめました。

しかしOPにはシリアスを仄めかすような描写が。
こういう日常系作品に入るシリアスは正直複雑に思うんですよね…。
スローループみたいにさらっと流す感じで済ませれば許容はできますが。
とりあえずシリアス要素に関しては今の所は気にしないということで。{/netabare}

2話感想
{netabare}きらら原作らしく緩い雰囲気で気兼ねなく楽しめました。

欲を言えばもうちょっと仕事をしている感じの描写が欲しいですね。
お仕事アニメとして見ると問題解決の流れがあっさりな感じがして少々物足りなさがあるというか。
この辺も盛り込めばもっと面白くなりそう。{/netabare}

3話感想
{netabare}前半はネクロマンサーの子に物件を紹介する話、後半はワープゲート開通のための魔力供給に4人が出向くという話。

いい感じの緩い雰囲気でそこそこ楽しめるようになってきました。
ただやっぱり人を選ぶアニメという認識は変わらない感じですかね…。
なろうテンプレでよくある展開があったり、シャワーシーンや下着姿などのエロ要素もあるので、この辺りの要素に嫌悪感を覚える人には向かないアニメだと思います。

自分はどちらかというと楽しめてるので今後もそれなりに楽しませていただきます。{/netabare}

4話感想
{netabare}回を追うごとに少しずつ面白くなってる感じがします。

前半はペガサスを飼っているトトというキャラが自分に合った物件を探しに行くという話。
この話はこれまで通り安定した面白さがあって好きでした。

後半のルフリアの旧宅をめぐってのシリアス展開に関しては好みが分かれるかもしれませんが、自分は好きな方でした。
ルフリアが強くなると決心するに至った動機もしっかりしていて、感情移入がしやすい話だったと思います。

次回は水着回…がっつりオタク受けを狙いに来てますねw{/netabare}

5話感想
{netabare}今回は正直微妙でした…。
評価下げるほどではありませんが。

後半の団子のモンスターが感じ悪すぎて自分には受け付けなかったです。
前半の話も水着要素以外は特に目を見張るものもありませんでしたし。

終盤少し不穏な雰囲気がありましたが、次回はどうなるんでしょうか。
ファーの過去が気になるのでそれについての話が見てみたいです。{/netabare}

6話感想
{netabare}面白かったですが5話を境に失速してる感。

前回のラストが結構不穏な感じだったので今回ファーの過去が明らかになるのかと思って見ましたが、特にそういうのは明らかになることはなく今まで通りの話が展開されているだけ…ちょっと期待外れでした。
ただ、終盤でポーラが歌っていた歌の歌詞の意味に結構裏がありそうなのは何でしょうか。
5話のラストの展開も含めて、この伏線が回収されることを祈って今後も視聴させていただきます。{/netabare}

7話感想
{netabare}今回は琴音の里帰りの話が一番面白かったです。
琴音の妹達が冗談のつもりで言った無理難題を解決してくれたファーがとても魅力的に感じました。
美味しいご飯を作ってくれたお礼、という理由もシンプルで良かったです。

次回にも期待。{/netabare}

8話感想
{netabare}今回は前回よりも面白かったです。雰囲気に慣れてきたというのもあって楽しめました。

今回はパンチラや濡れ透けなどやたらオタク向けなエロ要素が多かったですが、まあ自分はこういった要素は楽しめるので特に問題はなかったです。
特に後半の占い師の話が面白かったです。
それと占い師が琴音に「1人で抱え込むのは良くない」と言ってお守りを渡すシーンは、ファーを巡ってのシリアス展開に向けた伏線なのでしょうか?
まだまだファーの正体に関する話が描かれていないので、早くその話が見てみたいです。{/netabare}

9話感想
{netabare}うーん、なんかエロ媚びが凄いというか…。

前半はネコエモンの運営する旅館へ契約をしに行くという話ですが、おちフルに勝るとも劣らない下ネタやエロ要素ばかりで個人的には少しゲンナリしました。

ただ後半の迷子の親を探す話はまあまあ良かったですかね。
後半だけならギャグやノリはそこそこ楽しめました。{/netabare}

10話感想
{netabare}いよいよファーの謎に関する話が動き始めましたね。

後半になるとファーがクレーター付近にて発見された記事が見出しで大きく取り上げられている新聞が見つかり、そこからファーが王国の機関により拘束されるという展開が。個人的にはこれまでずっと見たかった話でもあったので面白かったと思います。

ただやっぱり所々に挟まるギャグがシリアス展開への没入感を妨げる障害になっている感じは否めなかったです。
シリアスとギャグの線引きをしっかり行ったうえで話を作っていればもっと楽しめたのかもしれません。{/netabare}

11話感想
{netabare}琴音たちが今回の騒動の元凶である赤いドラゴンと相容れるも、術者による解呪でファーがファフニールに変えられてしまうという始末。
琴音はファーにとって思い入れのある歌を歌うなどしてその場を収めようとするも、術者による洗脳で彼女たちの努力は水泡に帰し、琴音はファフニールの攻撃をモロに食らって倒れる、というのが今回の話。

何か凄い違和感だらけなシリアス展開を見せられた気分です。
あの魔族らしき術者は一体どういう目論みで赤いドラゴンを操ったりファーに眠っていた力を呼び起こしたのでしょう。
とりあえず人間を恐れていて仲間を失いたくないというのは理解できましたが、結局彼女の素性は何も明かされないまま今回は終わりという…。

それと一つ気になったことですが、琴音が術者の声に気付いているのに、なぜ赤いドラゴンを説得させようとしたんでしょう。
普通ならば声の主を探すであろうと思いますが、なぜか探そうとはせずにひたすらドラゴンを説得するという展開に。
この辺りは作者の都合でキャラが動かされている感じがしてなりませんでしたね。

取り敢えずは次回に期待して評価は下げないでおきます。
果たしてどうなるか。{/netabare}

12話&全話視聴後感想
{netabare}こりゃ期待外れでしたね…。

最終話の内容についてはネクロマンサーの子が魂を琴音の肉体に転移させ、琴音復活からの左遷先の新天地で俺たたエンド、といった内容。

結局あの術者がなぜ赤いドラゴンやファーを暴れさせたのかは分からないまま終わるというオチにかなりガッカリしました。
流石にあの術者の真意に関してはハッキリさせてもらいたかったところです。

そんなわけで、全体の感想としては異世界の不動産屋をテーマにした日常アニメとしてはまあまあといった所です。
賛否が分かれそうなのは過剰なレベルの下ネタやエロ要素、ラスト3話の違和感だらけなシリアス展開ですかね。
自分はこの3つが微妙に感じてそこまで楽しめませんでした。

作画はそれほど良くありませんでしたがそこまで崩壊はしてませんでしたし、キャラデザも個人的には許容範囲、琴音が特に可愛かったです。

自分はイマイチハマりませんでしたがハマる人にはハマる、そんなアニメだと思ってます。{/netabare}

投稿 : 2022/07/03
閲覧 : 283
サンキュー:

4

ネタバレ

梨花はわたくしのもの さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

きららにしては珍しいシリアス系。ファーが可愛いから良い部類の作品です。

きららにしては珍しいファンタジー系の作品です。
作画面での低評価が多いですが、わたしが気になるのは作画というよりはキャラデザかな。たまにキャラの両目に距離があるのが少し怖いです。慣れれば大丈夫そうですが。まあどの道おさまけよりはマシですかね。
話はゆるい雰囲気での物件紹介といった形で、今のところ可もなく不可もなし。物件紹介ファンタジーという、方向性としては『ドラゴン、家を買う』にやや似ていますね。
のんびり見る分には楽しめます。

良い点
きらららしくキャラクターが内面、外見共に可愛い。わたしはこの作品ならではの個性が光るファーが好きですね。
伏線回収やシナリオ自体の出来は決して悪くない。
日常回は他のきらら作品同様のおふざけ要素があり、なんでもありなファンタジージャンルというのもあってドタバタコメディとの親和性はかなり高いです。

悪い点
動画工房制作だが作画が悪い。キャラデザもやや癖がある。
シリアスと不動産要素の噛み合いがやや悪い。
ゆるふわした日常展開でもちょくちょくファーの正体を疑うシリアスが入ってくるので日常展開を重視すると話に没入し難い。
メインキャラクターの一人であるラキラが性格、外見共にごちうさの登場人物であるリゼ(天々座理世)に酷似している。

11話まで観て
実際のメインストーリーは不動産メインではなく、各地に襲撃をかけるドラゴンの正体を巡るシリアスなもの。このシリアスがいまいち日常作品特有のゆるふわな世界観に溶け込んでおらず、浮いている印象があります。
謎の多いキャラであるファーが件のドラゴンじゃないかと琴音やルフリア、ラキラが疑う展開がちょくちょく挟まりますが、ここに起因するギスギスもいまいちミスマッチな感じが否めない。ドラゴンの話は本来主体となる不動産要素との噛み合いも非常に悪いのであんまりのめり込めない場合が多いです。

12話
マジで琴音死んでて草。信じていたファーに殺されるというきららにあるまじきえぐい死に様だったので開いた口が塞がりませんでした。まあネクロマンサーの力で生き返るんですけど。琴音の遺志を罪を背負ったファーが継ぎますとか、そんな展開はありません。
その後黒幕に操られていたドラゴンと一緒に不動産組が王様の命令によって転勤と言う名の島流しにされるんですが、めちゃくちゃブラックな話の割にみんな笑顔で明るく流してるんですよね。すごくシュールです。

島で改めて不動産屋を始めるところで終わりましたが、聞くところによるとシリアスはまだ控えているそうで。
2期があったら観ます。

全体的にはシナリオはしっかりしている部類で、見ていて退屈はしなかったです。そういう意味ではシリアスな話は先の話に興味を持たせる潤滑剤としては上手く働いていると思います。不動産の話で築いたキャラクター関係も終盤生かされていました。
微妙に重たいので日常作品好きにはちょっと微妙なんですが、可愛い女の子が出るプラスそれなりのストーリーが観たいという人にはおすすめできますね。

投稿 : 2022/07/03
閲覧 : 181
サンキュー:

9

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

ストーリーで推すのか、キャラクターで推すのか、設定で推すのか

[文量→中盛り・内容→酷評系]

【総括】
ファンタジー世界で不動産屋を営む、きらら系の可愛いキャラクターによる、日常のきゃっはうふふアニメ。

とても平和な世界観の中での、時折のシリアス。わりと好みは分かれる作品かな?と思います。私はやや苦手でした。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
ファンタジー世界での家探しという題材は、好みです。間取や条件など、異世界らしい特徴は確かにありました。

個人的には、「借り主の人間ドラマ(悩み)」を、「異世界らしい物件」がどう解決していくか、主人公達がどう繋ぐか、みたいな話を期待していました。そういう要素がまったく無かったわけではありません。

が、基本として、「不動産業」を魅せたいのではなく、「不動産業に従事する可愛いキャラクター」を魅せたいアニメで、そこが残念でした。

また、平和すぎるやりとり(会話)は、あまり好きではなく、もう少し毒がある方が好みです。

とはいえ、後半のようなドシリアス(コトネの死)からの力業ハッピーエンド(復活)のような急激すぎる展開も、流石にムリがあり。

ストーリーを重視し、終盤の展開を生み出すために、1話から伏線を散りばめながら丁寧に話を進めてきたなら良いのですが、、、シリアスをやるには丁寧さが足りず、きらら系の平和路線を貫くだけで面白い作品にできるほど、キャラクターに魅力があるわけでもなく。不動産業で魅せる程、お仕事の深さがあるわけでもなく。

色々なことが中途半端になってしまった勿体ない作品なのかなと思いました。
{/netabare}

投稿 : 2022/07/03
閲覧 : 63
サンキュー:

15

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

世界平和の後始末

魔王が倒されて世界が平和になった。
学校を卒業してRPG不動産に就職した風色琴音。
RPG不動産に所属している4人の奮闘記。

RPGと聞いて、ロール・プレイング・ゲーム、という言葉を連想する人が多いでしょう。
しかし、本作品のPRGは、Rent(賃貸)・Plan(計画)・Guide(案内)の頭文字を取った意味。
作中の世界観が中世ヨーロッパを彷彿させるので、ゲームの世界と類似。
しかも、魔王を討伐していたりドラゴンが出現したりなど、ゲーム世界に親しみが持てますね。

きらら作品という事もあるのか、内容はユルユル。
終盤のシリアス展開を除けば、ファンタジー日常系といった感じです。
癒しを求めて、きらら作品を選んだ人もいるかもしれませんが、癒しというより弛緩かなぁ。
期待が大きいと外れた時の脱力感も大。
緩い雰囲気を感じる程度が、丁度いいように思われます。

RPG不動産の4人娘。
戦士や魔術師などの適正もあるので、個性的。
ただし、服装は制服やスーツで統一したほうが良い気がします。
各キャラが童顔という事もあるのですが、全然成人女性には見えず、子供要素が大きいです。
しかも、露出の高い服装はなぁ……
ファンタジー世界なので仕方が無いのかもしれませんが、防御力弱めの装備は目のやり場に困ります。

住む場所に困った人がRPG不動産に物件を探しに来る事が多いです。
しかも、その依頼者の条件のクセの強い事。
例えば、私達の世界でもペット可の物件は限られていますが、作中のペットは大型動物。
普通の不動産会社では扱わない案件なのかなぁ。
でも、RPG不動産の4人は依頼者を邪険にする事はありません。
親身になって色々と考えてくれる優良会社。
依頼者の最後の砦なのかもしれません。

アニメをどのように楽しむのかは人それぞれなのですが、終盤のシリアス展開は必要だったのかは疑問です。
ファーの夢遊病設定からの出来事なのでしょうが、11~12話はまとめとして必然だったのかどうか。
1クールで区切るのであれば丁度いいのかもしれませんが、少し盛り過ぎですね。
個人的にはユルユル設定を忠実に守り、最後まで貫き通した方が、きらら作品らしいと思います。

無理難題を吹っ掛けてくる依頼者。
その案件を真面目に解決しようとするRPG不動産会社の4人。
作中で一番難しい案件は、大賢者のルナ(CV井上喜久子)と琴音(CV井上ほの花)の逆転した年齢差かもw
肩肘張らずに緩い気分で視聴する事をオススメします。

投稿 : 2022/07/02
閲覧 : 41
サンキュー:

15

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

異世界きらら

{netabare}
異世界で不動産屋を経営する日常系アニメ
ドラゴン家を買うやチート薬師に近い雰囲気で、その二作と同じくこれも楽しめた。

不動産と言う題材だからこそ現実ではなく異世界にしたんだろうか、ファンタジーだからこその特殊な家の数々で、頭のおかしな屋敷を回るのはギャグとしても面白く分かりやすかったので最後まで飽きなかった。
キャラに関しても人外だったり、ネクロマンサーだったり、こちらもファンタジー世界ならではのキャラ達で、それぞれの持つ能力やら特徴を活かせているストーリーで現実世界での日常モノにはない面白さがあった。
そういう要素が多かったこともあって、個性的な家やキャラに主人公達4人が振り回されるドタバタコメディとしての出来も良かった。
主役の4人も基本的には仲良くしている感じで、いつものきらら枠、何も考えずに見られる癒し枠としても申し分なかった。
ゲストキャラに割く時間と4人の会話に割く時間の配分も良く、毎回ゲストキャラはいるものの不動産の4人同士の絡みがぬかりなく十分にあったので、主役の4人も、ゲストキャラも全員印象に残った。

不動産アニメとしても、基本的には明らかにぴったりな家が見つかるパターンだが、思考を重ねて適当な家を紹介する回もあり、しっかりしていた印象。
基本的に主題から逸れたりせず、真っ当に不動産としてやっていたという点でも印象がいいし、実際ゲストキャラが来て家を紹介するという朝アニメ的なテンプレートに沿った不動産要素が面白かった作品でもある。

だからこそその点で言うなら最後のシリアスは絶対にいらなかった。
展開自体はそれほど悪くはない(ただ、良くもない)が、きららの雰囲気、ここまでのゆるふわな雰囲気と全くかみ合っておらず、途中でギャグ調のノリにもなったりするしで、シリアスにしても中途半端な出来になってる。ドラゴンの目的のオチも少し弱かったか。

シリアス要素で評価できる点としては、琴音がここまでファーがドラゴンでないと信じて色々と行動していた描写が多かったからこそ、普通に考えたら引き渡すべきところで、最後に琴音だけがファーを庇うという展開に説得力があったこと。
時には対立するのもある意味リアリティがあるし、その対立の元となるバックボーンが描かれてるのは良かった。

アイコンにしてるのにあまり悪い点書きたくはないが、もう一つ微妙に感じた点としては、舞台設定。
ファンタジー世界ならではの話は面白かったが、日本的な要素・展開(日本風の祭り等)が多く、ところどころ異世界感がなく残念だった。
琴音の名前や店の名前が堂々と漢字なのも引っかかる所。
原作買う予定だけどまだ買ってないので、それが伏線で勇者辞めますみたくオチなら申し訳ない。

キャラデザは不評みたいだけど、自分はこのキャラデザかなり好きです。
評価となると満点はあげられないけど、今期一、二に大好きな作品。

↓一話毎メモ
{netabare}
1話 ☆10
なろうきらら。リゼ? エロありのきらら?
ドラゴン家を買う難民救済。でかい。円盤では
リゼじゃねーか。
このアニメめっちゃ好きだわ。
不動産とはいえいい物件持ちすぎでしょw
質素な家に住みたいってちゃんと伝えろw 百合最高

2話 ☆9
あれこんなにでかかったっけ?
どことなくチート薬師感を感じるw
ジェットコースターもあるのかこの世界、相当文明進んでるな。
なろうタウン魔王城。シャドーハウス 電話もあるのか
これもうあの洞窟しかないな。読みやすい展開。
ほぼリゼじゃん。すすの部屋は忘れられた。
風呂ノルマ このアニメの評価が微妙なのはおかしい。

3話 ☆10
ドラゴン君家買いに来そう。この子がドラゴン?
風呂ノルマ。エロある? ネクロマンサーだった。風呂ノルマ
主人公ら王から召集されるぐらいの地位なの?
いちいち服が露出高い。なろうで死ぬほど見た光景。

4話 ☆9
謎のエロ。ペットでっか...。琴音何者だよ。
名前漢字だし転生者かと思ってたわ。
ギルドの受付嬢とかめっちゃ倍率高そうだな。のわりに給料低いんか。
飛行船もあるのかこの世界。いや、この家くっそ高そうだけど。
立地の危険さで安いのかな? 最初から紹介出来たろ。
ブラック飲めること前提きつい。
謎のギスギス。謎の重い過去。ギスる意味あった?
いや、家の取り壊しの話じゃなかったんか。

5話 ☆9
スライム300で見た。やっぱこういう回は微妙だな。
いや、水着メインじゃないから見れるかも。
妹いるの初耳だぞw もはやポーションの域逸脱してるよな。
魔法でしかないw てかどこでもらったし。おいポーションなくなったぞ。家を買いに来ただけかもしれない...。ギスらないで。
ドラゴンちっさ。これがドラゴン家を買うですか。
ファー魔王説でてきた?w

6話 ☆8
こいつらの服ほんとどうなってんのw
牢獄で草。友達(言葉通じない)
牢獄で暮らしてるの画がシュールすぎる。残業は基本。
早速城とは関係ないお客さんじゃんw
歌下手ネタはいらんな...。死神君かわいい。
意味わからんオチで草。

7話 ☆9
琴音こんなボケるキャラだっけ。袋に死体でも入ってそう。
忍者屋敷みたいで売れそうな気がしなくもない。電車あるんかい。
髪色がカラフル過ぎる。服が意味不明すぎる。
妹たち空気。

8話 ☆7
似合ってねえ。韓国か? 今回結構滑ってない?w
進撃で見た。異世界要素がマジでなくなってきてないか?
さすがにちょっと世界観がおかしすぎるかな。
Aパートと繋がった。唐突なシリアス。ライブ行かんのか。
シリアスいる? 当たった! そうはならんやろ...。
初の男キャラ登場w 流石に関係ないは無理があるw

9話 ☆8
堂々と日本語あるとさすがに違和感あるな。やっぱりエロ要らん。
さすがに少しきつい。下品。エロ要らないなやっぱり。媚薬かよ。
エロ除けば面白いAパートだった。
もうこれも勇者辞めますみたいに元日本設定ってことにすればいいのに。食べられそう。ラピュタは本当に。
地上と思いっ切り関わってるじゃんw
最後の願い事と言い今後への布石を張り巡らせてるな。

10話 ☆8
服じゃなくてマイクロビキニではw それは占い師に聞け。
完全に特定可能レベルで写ってて草。
てか魔法使えないのになんで琴音杖持ってるのかw
持ち去ったら意味無くない?
これ最終回までずっとドラゴンの話ならちょっと嫌だな。

11話 ☆4
いや、応戦してあげてw 微妙に緩い雰囲気で戦闘するのなんなの。
オチがしょぼすぎるw けど町破壊してるよね。謎回想。
襲っとるやんけ!
ストーリーなろう以下になるなら普通に1~9話みたいな話をずっと続けてほしかった...。ジェットコースターもあるのかこの世界。
キャラデザがきららの萌えキャラだからノリもあって、あまり悪役感がない。このシリアスいる? まあ違うよね...。棺桶行き
もっとしっかりシリアスだったらきららの風潮に囚われてないシリアス展開として評価出来てた。

12話 ☆5
絶対シリアス要らん。死んだ。ファーが直すんだろうな。
草。マジで絶対シリアス要らない。被害だしたドラゴンを許すな。
シュールすぎる。このためのネクロマンサー。なんか草。
危ないだろそんなとこw
これこの後不動産の話じゃなくなってるのかなぁ。
原作そうなってたら少し嫌だな。
この子ネクロマンサーとは別なの? 目の色が違うけど。

曲評価(好み)
OP「Make Up Life!」☆8
ED「Awesome!」☆7
6話ED「竜の歌」☆8
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2022/07/02
閲覧 : 51
サンキュー:

9

ネタバレ

てとてと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ユニークで可愛さも申し分ないが、きららのゆるふわとシリアスが不協和音

RPG風なファンタジーで、女の子たちが仲良く不動産屋を営む。全12話。

【良い点】
発想がユニーク。この路線の先輩である「ドラゴン、家を買う。」同様のRPGあるあるやファンタジーならではの物件探しネタが面白い。
レティさん一人の物件を延々探すドラゴン家を買うに比べ、毎話違うゲストの諸事情で話にバリエーションあり飽きさせない。
ゲストも可愛く個性的で、メイン組の可愛さとほのぼのした掛け合いもあり、1話1話の面白さは申し分ない。
お仕事アニメの側面も結構侮れない。
金銭を気にしたり、出世コースなど、良い意味でも生臭いやりとりがファンタジーによく溶け込んでいた。

きらら系の王道お約束なキャラ配置の日常シーンや掛け合いの楽しさはまずまず。
天然で優しい琴音と、幼く無垢なドラゴン娘ファーが特に可愛い。
このふたりの関係と掛け合いは非常に良かった。
琴音の天然ぷりはコメディー方面に活かされていた、また終始ファーを信じ受け入れた優しさも尊い。
ファーは作中随一の有能で、ファーが起点となって解決していく事で話もスムーズ。
人間の常識に無頓着なのはあざとい萌え(服脱ぎたがる)に活きた。
本作自体の諸々の欠点を差し引いてもファーの存在だけで完走した価値がある程。

キャラデザはやや癖があるものの可愛さは十分。ファーが特に可愛い。
琴音の開放的な胸元などあざといお色気も良し。

声優陣も申し分ないがファー役の木野日菜氏が特に良かった。
井上親子共演。
楽曲は主題歌もさることながら琴音の歌が良い。キャラ付けと作劇に活かされている。

【悪い点】
ファー以外は既存のきらら系良作たちの既視感ある。
ルフリアは金銭や出世欲抱えた苦労人なキャラ付け出来ていたが、ラキラが地味。
またメイン4人の関係性に壁があり、ラキラはルフリア以外との絡みがあまり無い。
このためか、日常部分での会話劇がやや地味。

更にファーを本当の意味で信頼していたのが琴音しかいなかったのもリアルかも知れないが、きららに求めてないリアルさ。
11話ルフリア「あれはもうファーじゃない」発言は酷薄じゃないかと。
間違ってはいないが、あれ呼ばわりから嫌な本音が零れていて、さりげないリアルさが嫌。
(キャラ評価琴音とファーで4点→0.5減)

純粋に優しい世界とは言い難い雰囲気。
終盤だけでなく、4話で石投げられてたり(くまみこ…)、サトナ様など上層部の黒い思惑が若干透けていたり、(終盤以外は)顕著ではないがそこはかとなく優しくない。
6話のオチもハデスを追放してめでたしめでたしだけど、ハデスなど魔王軍側?には優しくないのかと。
終盤のオチも上層部による危険分子の監視と厄介払いと取れてしまう、完全ハッピーエンドとは思えず。

終盤のシリアスも内容自体は悪くはないかもしれないが、きらら系に求めているモノではない。
黒幕の女の子が描写不足で終了、続編が無ければ彼女には悪印象しかない。

【総合評価】3~2点
魅力も多々あったし悪い作品ではないと思うけど、純粋無邪気には楽しめず。
シリアス耐性貧弱な自分が悪いんだけど、結局きららに求めているのはそこじゃないな、と。
評価は結果良ければと、優しさ可愛さが優勢と見てギリ「普通」

おそらく2期は厳しい。原作未読だけど、続編は更に曇る展開あるらしいし。

投稿 : 2022/07/01
閲覧 : 95
サンキュー:

9

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

この中に一人、リゼがいる

感想

タイトルからして不動産のお仕事アニメかと思いきや、1話観てみると きらららしい女子だけのキャッキャウフフな日常系でした。^^

日常系って自分はそんなに好みな方ではないんですが、のんのんびよりのれんちょんや小鞠のような可愛いキャラが登場すれば面白く観れるんだけど、いかんせんこの作品に登場するキャラで好みで好きになれるキャラがいなかったのが残念で、イマイチ楽しめませんでした。
終盤では、ドラゴンが街を荒らす件で、ファーが疑われたり、実際にドラゴンに変身し、正気を失ったファーに叩かれて琴音が死んでしまう事件があり、一気にシリアスになるも、肉体を元通りに再生し、魂を定着させてあっさり生き返る展開は、どうしてもご都合に感じてしまいました。
まぁ まんがきららだし、その辺突っ込んだら負けなんでしょうね。
なんにせよ、僕には好きになれるキャラがいなかったのが残念で、切る程ではないけれど あまり面白味に欠ける作品となりました。

投稿 : 2022/06/30
閲覧 : 49
サンキュー:

12

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シリアスもあったけど癒された。

初回見た時に結構疲れてたせいか何故か凄く癒された。
病んでませんし社畜ではありませんがw

目が離れ気味のキャラデザは癖があるが嫌いじゃない。
雰囲気補正か声優補正のせいかもしれないが可愛かった。
明日ちゃんのタレ目祭りより好き。
琴音が巨乳できららアニメの主人公にしては珍しいなと思った。
が、おちフルとまちカドまぞくもそうだったw

内容は不動産屋なのでお客さんに家を紹介していくだけ。
終盤以外そんな濃いものではないが、きららアニメは可愛くて雰囲気が良ければそれでいいのです。
RPG不動産という名前の通り、ゲームみたいなファンタジー世界でキャラが魔術師や僧侶ゲームのジョブ…なのに仕事は不動産屋という発想が面白い。
不動産屋なのに魔術師という発想なのかもしれないが。
RPGがロールプレイングゲームだけでなくRentPlanGuideとダブルミーニングなのも面白い。
最近きららアニメ好きになってて甘めに評価してます(笑)

終盤のシリアス展開はびっくりした。
ファーがあっさり元に戻るのかと思ってたらまさか琴音を殺してしまうとは…。
最終話でファー、ルフリア、ラキラが泣いてたシーンは気持ち入ってて軽くもらい泣きしそうになった(歳のせいかな)
きららでアニメこういう展開はあまり見たくないがネクロマンサーのおかげであっさり復活したのでめでたしめでたしという事で。

声優も良かったと思う。
主要キャラの4人は若手という歳でもないが井上ほの花や川井田夏海はまだまだ伸びるだろうし期待。
木野日菜と石見舞菜香はある程度完成してると思う。
1話で井上母娘が共演したのはほっこりした。

OPEDも良かった。
アニメの歌は初回以外飛ばしちゃうことが多いけど、ちゃんと聞くくらい好き。

前期のスローループに続き、きららアニメらしい雰囲気で癒された。
火山島での4人も見てみたいし火竜を操ってた謎の人物と新居を覗いてた女の子が気になるので2期あるといいな。

投稿 : 2022/06/27
閲覧 : 51
サンキュー:

10

ネタバレ

プクミン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何も考えないで見る分には良い

可愛いキャラがキャッキャウフフする中身の無いアニメ。
それでいい、それでもいいんだ。
疲れている時には、何も考えず、ボケェーっと見ていられるこういうアニメも欲しい。
露出も多く、風呂シーン、着替えシーン、下着シーン、水着シーン等多いものの、全くエロさを感じない。
主役の4人組はみんな可愛く良い子ばかりで、まさに4人で1組という感じ。

一応不動産をやっているという事なので、物件探しの客に色んな物件を紹介するのもあるが、そこに至るまでに何かがあるか、その物件で何かがあるという感じの内容。
あと、ドラゴンが暴れているという、ちょっとだけストーリー性を出しているけど、これ必要??と思いました。
特に最後の2話は、ボケェーっと癒し系アニメを期待して観ている人にとってはガッカリだったのでは?と思う内容でした。
規模が大きいのか小さいのか良く分からないアニメでした。

絵は良かった!

投稿 : 2022/06/25
閲覧 : 55
サンキュー:

11

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ご注文は駅近築浅ですか?

【紹介】
ファンタジー世界で不動産屋を営む女の子達の話
「ドラゴン家を買う」と「ご注文はうさぎですか?」を混ぜたようなアニメ

【感想】
いい萌えアニメでした、こういうアニメ好きです
キャラクターはかわいくて仲良くわちゃわちゃやってるのが賑やかで楽しそうで、まったり癒されました
雰囲気がやわらかく、気軽にまったり見れる癒し萌えアニメで気軽に見れるところがイイ、とてもほんわかしています

欠点は内容がないことです、いちいちつっこんでるとキリがないです
例えばなんで従業員みんなで住民の物件見学会についていくの?とか・・・言い出したらきりがない
あとはファー関係の不穏な空気はこのアニメの作風とあってなくて、ただの萌えアニメでよかったと思います
でも萌えアニメなので、キャラクターがかわいくて仲良く雰囲気が良くてそれで充分だと思いました

作画は色使いとか町の雰囲気とかファンタジーって感じですごく好きです
でもキャラの目の間隔が離れ気味なのが苦手であまり好きじゃないのと、胸を強調した絵が多めなのも気になりました
あとは萌えアニメにしてはやけに露出シーンが多いのも気になりました

欠点ばかりあげてしまいましたが、まったり楽しめて好きなアニメです

投稿 : 2022/06/25
閲覧 : 49
サンキュー:

15

うぐいす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

テンポの良いツッコミだけで見る価値はある

幼女4人が異世界で不動産の管理会社っぽい仕事をするお話。

毎回異世界ならではのお客さんに物件を提供する。
本編のストーリーがどうかは別にして主人公であるコトネのボケはまあまあ、ルフリアのツッコミは素早く一番面白かった頃のダウンタウンの浜ちゃんみたいだった。それだけでも面白い。
エロさは皆無なのだが、主人公が巨乳で下着だかキャミソールだかブラジャーだか知らんが色が黒いのがエロかった。
黒の下着が好きな男の気持ちが初めて分かった気がする。

OPも女の子のおもちゃ箱を開けるような始まり方のBGMはこのアニメにピッタリ。

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 25
サンキュー:

6

ネタバレ

Lollipop さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

ファーが可愛い

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 12
サンキュー:

2

ネタバレ

ミュラー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

世界はなんて素晴らしいんだ。君と出会えたこの世界に。

RPGはRoll Playing Gameでなく、
Rent Plan Guideの略称なのだそうだ。
きらら系でめずらしい?異世界系お仕事アニメ。
まいど個性的なお客様が訪れ、要望に合った物件を探していく。
日常のほんわかしたやり取りと平行して、
過去の魔王にまつわるドラゴンの災厄が綴られていく。
この2段構えのストーリーは見事。
{netabare}
まさかこの雰囲気で巨大ドラゴンの迫力バトル展開があるとは。
特に第11話。
これまでの雰囲気と違うこんな展開になるとは・・。
正直このギャップは鳥肌もの。久しぶりに震えがきてしまった。
見た目のキャラの可愛さと、日常パートのほのぼの雰囲気とはかけ離れた、
驚きのストーリー展開だった。
あのまま死んでしまっていたら、評価どうしただろうなあ。
最後は落ち着くところに落ち着いた感がありますね。
{/netabare}
ところでこのレビューのタイトルはこのアニメのエンディング、
「Awesome」の歌詞から取っているのだが、
歌っているのは「まねきケチャ」というグループ。
声優じゃないんだね。

投稿 : 2022/06/23
閲覧 : 52
サンキュー:

9

pH さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ファーすき

こういうので良いんだよ。
と言いたくなるとても王道のきらら。しっかり萌えもツボを押さえてる。ファーがめちゃくちゃ可愛かった。愛してます。琴音も良き。
ルフリアとラキラは、もう一息かな。ギャップ萌え狙いは良いのですが、彼女らの良いところ、共感できるところ、もろもろ描写が足りません。

終盤、王道と言ったのは前言撤回。こんなきらら見たことないです笑。
実に面白いことをしてきましたね。良くも悪くも。二度見しましたもん。なんつー展開だよ…!?って。
ここまでくると逆に好きだわ。

一部の方はどうも作画にケチをつけてるようです。
たしかに作画、動画工房にしてはそこまで良くないけど。
だけどな、別に崩れてないから十分見れるし、作画の良し悪しで可愛さが決まると思っているようなら萌えをもう、二度と語らないでな。
萌えはビジュアルでは決まらない。脚本上のキャラの描き方によって可愛さは生まれる。

投稿 : 2022/06/23
閲覧 : 216
サンキュー:

8

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

きらららしいファンタジー

世話やきキツネの仙狐さんの放送枠で
同作の監督とシリーズ構成が再結集とあって
きららおじさんとしてかなり注目していた本作

全話見た感想としては実にきららの王道で
ファンタジー世界を構築しているなと思った

舞台設定は魔王との戦いが終わっている世界

主人公の琴音は魔法使いのスキルを持つが
冒険者ではなく王国直轄のRPG不動産に就職する為
王都にやってくるところから始まる

RPG不動産には神官であるルフリヤ
ルフリヤの幼馴染で戦士のラキラ

そして直属の上司にあたる神官サトナが
二人に預けた獣人のファーがいた

住む家を決めていなかった琴音は
ルフリヤ達に部屋探しをしてもらい
結局ファーが住んでいたマンションで
ファーの隣の部屋を選んだ

そこからは各話ごとに部屋探ししている依頼者と
部屋を賃貸したい方達が出てきて
RPG不動産の4人が両者の希望に合うように
尽力していくという流れ

なんで店先で色違いの制服着ているのに
内見など外出する時はそれぞれの属性の服を着ているんだろう

初回から違和感を感じていたが
中盤から街中にドラゴンが現れて被害が続発し

ファーが部屋を抜け出して外に寝ていることがあり
その間の記憶がないというところから
物語が段々ときな臭くなる

琴音が無意識に口ずさむ歌をファーが気に入り
ワンフレーズしか覚えていなかったが
吟遊詩人のポーラによって龍のうたとわかる

その後新聞にドラゴンが出た場所に立つファーが
写真掲載していたため

サトナの部下であるセーラとモナが
ファーを王宮に拘束するべく立ちはだかる

ファーがドラゴンではないかと当初思っていた琴音だが
やはりファーは違うと思いファーを助けに行く

ドラゴンとファーは別人と分かるものの
龍族に近い魔法使いのセレニアはファーが
人間には魔王と呼ばれたホワイトドラゴンと察し
詠唱してファーをドラゴンの姿に変身させる

一度は琴音の歌う龍の歌で洗脳は解けたが
セレニアが強く詠唱した為凶暴化

琴音はファー(ファフニール)に攻撃され
そのまま転落死してしまう

最終回の冒頭がとても重たくて
どうなるんだろうと思っていたが

以前物件を紹介されたネクロマンサーのリリィが
琴音の魂を人形に回収しており
無事生き返ることに成功する

結局RPG不動産は王都からドラゴンと同じ
離島へと移動する措置を王が通告して
ハッピーエンドとなった

簡単に生き返ってしまうのも
琴音があっさりファーを受け入れるのも
動画工房だものw

お仕事ものとファンタジー世界
共に食い合いすることなく作られていて

がっこうくらし程の切迫感はないけれど
それなりにシリアスな風味が入っていたから
評価的には甘めですかね

ほっちゃんちょっと見ない間に成長していて
おねえちゃんママに子守唄歌わせようとしたおじさんは嬉しいよw

投稿 : 2022/06/23
閲覧 : 45
サンキュー:

6

ネタバレ

たかし さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

作画は微妙だけど

キャラが可愛いし続きが気になる伏線もあって面白かった。
終盤の盛り上がり方が凄い。
作画が良かったら完璧だった。
竜の歌が名曲すぎる。
最近のきららアニメはこれや球詠やまちカドまぞくなどストーリー重視の作品が多く、きららアニメといえば日常アニメという時代は終わったのかもしれない。

投稿 : 2022/06/22
閲覧 : 42
サンキュー:

3

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

自分にあったお家を紹介して貰おう

ファンタジー世界の不動産屋の話で自分に合うお部屋はないかと尋ねてくるお客さんにお部屋を紹介していくって話ですね。
不動産屋が舞台だけど不動産知識は出てきません。
それでも、安定安心で見える話ではあるんですが、基本はパターンが一緒なんで人を選ぶ作品であるかも?しれません。

後、舞台はファンタジーだしRPGとなってはいますが、実際はファンタジー要素も冒険要素も軽く問題も起きますが、少なくあくまでも平和なきらら作品らしい作品ではあると思います。

誰が見ても楽しめるので気になる人は是非見て見てくださいw

こんな不動産屋あれば楽しいだろうなぁw

投稿 : 2022/06/22
閲覧 : 38
サンキュー:

6

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

「まんがタイムきららキャラット」の4コマ漫画原作の異世界で不動産屋さんをする少女たちの日常。。

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
魔王が倒され、世界が平和になってから15年。風色琴音は、新居を探して「RPG不動産」に訪れるが、実はそこが琴音の就職先だった! 同僚は、自由でやんちゃなファー、仕事に厳しい僧侶のルフリア、可憐な見た目と裏腹な強さをもつ戦士のラキラ。 琴音は3人と一緒に力を合わせて、家探しに訪れる一風変わったお客さんたちからの無理難題を仲良く楽しく解決しながら、新しい住まいを提供していく。 大切な物件探しは「RPG不動産」にお任せください! 水のなかでも、雲の上でも、どんな場所だって、きっとあなたが喜んでくれる素敵な物件を見つけてみせます。異世界おしごとファンタジー、開幕!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:険持ちよ(まんがタイムきららキャラット/芳文社)
監督:越田知明
シリーズ構成:中村能子
キャラクターデザイン:谷口元浩
アニメーション制作:動画工房

主題歌
OP:「Make Up Life!」風色琴音(CV:井上ほの花)、ファー(CV:木野日菜)、ルフリア(CV:川井田夏海)、ラキラ(CV:石見舞菜香)
ED:「Awesome!」まねきケチャ
{/netabare}
キャスト{netabare}
風色琴音:井上ほの花
ファー:木野日菜
ルフリア:川井田夏海
ラキラ:石見舞菜香
サトナ:日笠陽子
セーラ:髙橋ミナミ
モナ:黒木ほの香
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


◆ 1軒目 ◆「RPG不動産へようこそ!はじめてのお部屋探しです!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある春の日、就職のために王都ダリに上京した風色琴音は、都会の街並みに感動しながら、地図を片手に「RPG不動産」へと辿り着く。外にまで響いてくる不動産屋さんとは思えない物音に心細くなる琴音。意を決して扉を開けた先に待っていたのは、RPG不動産社員のファー、ルフリア、ラキラだった。琴音は住みたい物件を彼女たちに伝えるけれど……。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半はあらすじのおはなしで、いなかから出てきた魔法使いの琴音が
RPG不動産に来て、アパートをさがそうとするんだけど
どれもあんまりよくなくって
けっきょくそこのマスコットキャラのファーの隣の部屋に住むことに。。


後半は、実は琴音が、そこで働くことになってた、ってゆうのが分かって
働き始めたんだけど、そこにルナがへやをさがしに来た。。

英雄のひとりの大賢者のルナに良い部屋を紹介して
王宮にコネを作って転職したいってゆうルフリア(ルフ)が担当することにして
琴音やファーたちとお部屋の案内をしに行ったんだけど
ルナはどれも気に入らない様子。。

それでルフは、高級なお部屋をいろいろ紹介したんだけど
合う物件がなくて、今日は帰るって言いだしたルナが
飾ってあるグスタフの花を見てほほ笑んだのを見た琴音が
その花がいっぱい咲いてる家に案内したら、気に入ったみたい。。

実はルナは、高級なところに飽きてのんびり暮らしたいって思ってた。。

それで、琴音をいなか者とか言ってたルフだったけど
琴音に感謝した。。ってゆうおはなし^^



きらら系4コマ漫画が原作の美少女日常アニメ。。

今回はキャラ紹介ってゆう感じのおはなしで
あと、ルフと幼なじみの、戦士の子もいるんだけど
髪の色も髪型も、何なら性格まで「ごちうさ」のリゼにそっくり^^

そう言えばルフはちょっとシャロに似てるかも^^


はじめファーが子どもっぽすぎて、どうしてこんな子が働いてるの?
って思って、おはなしが幼稚すぎ?ってちょっと引いたけど
あとでマスコットキャラ兼通訳だって分かって安心^^


おはなしはあんまりないけど、とりあえず何話か見てみる☆彡
{/netabare}
{/netabare}
◆ 2軒目 ◆「お困り物件! 魔王城に初出張です!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
RPG不動産で働き始めた琴音は、ルフリアとファーに連れられて出張へ行くことに!お仕事の依頼人は、ルフリアが憧れる神官で、上司でもあるサトナ様。かつて魔王が住んでいたお城をテーマパーク化したものの、その近郊の街に空き部屋があるのだという。琴音たちは入居者を集めることができるのか……!?
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、あらすじのおはなしで
元魔王城のテーマパークって、いいアイデアだけど
その周りの街に空き部屋があるってゆうことで
ルフ、ファ、琴の3人が視察に行くと

はじめの部屋は洞窟で、中には小さな穴がいっぱい。。
次の部屋は水もれがしてて、床が水びたしで、底冷えがする。。
3番目の部屋は、ひどく焼けこげたあとがある。。

ってゆう感じで、なかなか借り手が見つからなかったんだけど
ファがご近所の子だくさんの子犬みたいな獣人の人と話してて
最近、子どもが30人も増えたから、引っ越ししなきゃ、って聞いて
あの穴だらけの家を紹介したら、すごく喜んでくれた♪

それで水びたしの部屋はアシカ獣人に。。
焼けた部屋には、炎魔人。。

ってゆう感じで、全部屋うまった^^


後半は、おじいさんが亡くなった、あるおばあさんが
家を貸しに出してるんだけど、大きな家って借り手がなかなかいなくって
担当の琴が落ち込んでた。。

それを見たルフたちは
なぐさめてくれるためにお泊りで歓迎パーティーを開いてくれた。。

2人はルームシェアをしてて
ちょっと大きめの部屋に住んでられるみたい
部屋を見せてもらった。。

それで琴は、おばあさんの大きな家を
若い人たちにルームシェアしてもらうことにしたら
おばあさんも思い出の家を出て行かなくっても良くなって
大成功♪ってゆうおはなし^^



前半のおはなしを見てたから、ルフたちがルームシェアしてるって聞いて
すぐピンと来たけど、どっちも借り手のいない部屋をどうするか
ってゆうおはなしで、それ以外にルフとラキラの関係とかが分かって
ふつうにおもしろかった^^


にゃんは日常コメディーは好きだから、もっと見ていたいけど
今期は今だけで32作品見てて、ぜんぜん追いつけてないから
残念だけど、このおはなしは見るのやめちゃうけどごめんなさい。。
{/netabare}
{/netabare}
 
.

投稿 : 2022/05/23
閲覧 : 126
サンキュー:

16

羽宮 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

きらら……?

なんというか、きららと呼ぶには色々足りない。
どう見てもリゼっぽいのがいるのはスルーするとして、
動画工房にしては作画がよろしくない。1話でこのザマだと雲行きはかなり怪しい。
顔はもちろんそうなのだが、パースが狂い気味なのが致命的。ごちうさより幼女体型なのもあるかもしれないが、腕の太さや長さが特に不安定かもしれない。
おさまけ(動画工房)のダンスバトルシーンをふと思い出してしまった……。
作画が良くないきららに大した価値なんてあるはずもない。
あとエロいかというとちょっと違う気もするが、ピンクの谷間が気になる。きららにロリ巨乳……?はるかなレシーブやNEW GAME!は問題ないとして、せいぜいまちカドまぞくのシャミ子くらいの頭身が限度というものだろう。違和感が凄い。
ストーリーに関しても3話で飽きそうな感じ。この先もずっと物件を紹介するだけ……なわけないよね……?

2~4話飛ばし見。視聴断念。
観るつもりだったものの気づけば3週間。ネットでは作画の悪さと離れ目、ツッコミどころの多さが目立つ。
ここにも書かれてるけど、2話でいきなり花瓶にハス口のじょうろで水やりしてたのは笑った。作者は世間知らずというかあまり頭が良くないのかもしれない。
目については原作がそもそも離れているというのもあるけど、それだけじゃなくてバランスがとれていないことの方が問題。終始離れ気味なわけではないし、角度によっては近すぎることもある。単純に絵コンテとか原画の質が低いと思われる。
原画という意味では線画が驚くくらい雑で、末端の処理が甘かったり曲がっていたり繋がっていなかったりもする。もはや落書きみたいなカットもある。
全裸やら脱衣やら露骨なテコ入れのエロシーンもあって、ロウきゅーぶ!並にロリペド寄りのキモオタ向けっぽい。残念。

投稿 : 2022/05/01
閲覧 : 245
サンキュー:

4

カメ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

一般常識を勉強してから作品を作りましょう

少し考えればわかるのに花瓶の花にジョウロで水をあげたりはしない
魔法世界とか関係なしに低脳作品が多すぎる。

投稿 : 2022/04/17
閲覧 : 130
サンキュー:

2

次の30件を表示

RPG不動産のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
RPG不動産のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

RPG不動産のストーリー・あらすじ

魔王が倒され、世界が平和になってから15年。風色琴音は、新居を探して「RPG不動産」に訪れるが、実はそこが琴音の就職先だった! 同僚は、自由でやんちゃなファー、仕事に厳しい僧侶のルフリア、可憐な見た目と裏腹な強さをもつ戦士のラキラ。 琴音は3人と一緒に力を合わせて、家探しに訪れる一風変わったお客さんたちからの無理難題を仲良く楽しく解決しながら、新しい住まいを提供していく。 大切な物件探しは「RPG不動産」にお任せください! 水のなかでも、雲の上でも、どんな場所だって、きっとあなたが喜んでくれる素敵な物件を見つけてみせます。異世界おしごとファンタジー、開幕!
(TVアニメ動画『RPG不動産』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年春アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ