新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。(TVアニメ動画)」

総合得点
63.8
感想・評価
108
棚に入れた
259
ランキング
3672
★★★★☆ 3.2 (108)
物語
2.9
作画
3.2
声優
3.4
音楽
3.3
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

くまごろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

可愛い

現在視聴中

可愛い!版メイドラゴンという感じ。
オリジナル性はないが、
可愛いは正義。

投稿 : 2022/08/12
閲覧 : 41
サンキュー:

1

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

寝る前に観る作品

原作:漫画 未読

感想

ブラック企業会社に勤める社畜女性を、幼女幽霊キャラが癒すコメディですかね?

まぁ 自分も会社勤めなので、毎日の仕事量と人間関係に日々ほとほと疲れて帰ってくるので、この主人公 伏原さんには感情移入し易かったです。

ストーリー的には別段面白味はあまり感じれなかったけど、ほぼ3頭身の幽霊ちゃん、みゃーこ、リリイの3人が可愛いので、この3人を見てるだけで癒されました。
特に幽霊ちゃんのCVが、ちゃんりなこと 日高里菜さんの声が可愛いんですよね!あの幼女キャラと声がよく合ってるし、見た感じ まるで動く縫いぐるみですw
あれで幽霊とはw 全然怖くないんですけどww あれだったら自分も欲しい!なんてね^^;

まぁ 頭空っぽにして 癒されて、気持ち落ち着かせて眠るための作品でした^^

投稿 : 2022/08/09
閲覧 : 30
サンキュー:

10

ネタバレ

Jeanne さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「可愛さに癒される」だけの作品

全12話

残業地獄のブラック企業で働いている伏原さんの所に幼女の幽霊が現れ、そこへ新たな可愛い女の子たちも加わり共同生活する話です。

設定は仙狐さんと似ていますが個人的にはこちらの方が好みでした。
幽霊ちゃんをはじめその他のキャラが可愛くて見ていて癒されました。
正直この作品はそれが全てでそれ以上語ることはありません。

話に関してはあってないようなもので、特に盛り上がるところはありませんでした。
この手の作品で話を動かすのは難しいと思いますので盛り上がりに欠けるのは仕方ないことであり、どうすれば盛り上がるのか考えてもいい展開が思い浮かびません。

新キャラの投入は話を動かすうえで重要だと考えられますが、序盤が幽霊ちゃんの話だけで進んでいてマンネリを感じ、新キャラの登場が後半に集中していたのは少し残念に感じました。

日常系作品は中身が空っぽだとよく言われますが、この作品は本当の意味で中身がないので何も考えず女の子たちを微笑ましく見ているだけで癒されると感じるのであれば見て損はない作品だと感じました。

投稿 : 2022/08/01
閲覧 : 38
サンキュー:

4

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

可愛いだけだとちょっと厳しい

最終話視聴完了

日常系アニメだとすればこんなもんで良いかなと思うが、もうちょっと話のバリエーションがあっても良かったかも。
ワンパターンすぎるんだよなぁ。
やはり退屈なアニメ。
癒しアニメだから可愛さのゴリ押しでOKかなとも思うし、これがきららアニメだったら絶賛してるかもしれないし、何とも言えないアニメ。
15分枠なら高評価だったかもしれない。

石原夏織のOPは自分のツボにかなりハマる曲で大好き。
内田真礼のEDも結構良かった。

その内田真礼だけど駄目な人、だらしない人が合ってると思う。
スロースタートの万年さんとか。
金装のヴェルメイユの巨乳悪魔は絶望的に合ってないし、演技がとても上手というほどじゃないのでこのキャラ路線でいいでしょう。
ちなみに内田真礼の顔は結構タイプ(関係ない)

-------------------------------------------------------------

4話まで視聴

幽霊も化け猫も可愛い。
だが、いくら可愛いと言ってもそれなりにストーリーが無いと退屈で仕方ない。
毎話やってる事が変わり映えしないのでキャラや声優を好きじゃないと楽しめないって感じ。
日高里菜も小原好美も声可愛いし良い演技だけどそれだけじゃ満足できん。
5分アニメで十分なくらい。

メイドラゴンは主人公の社畜感が薄めだったけど、こっちは社畜感が強い。
自分は社畜じゃないけど見てて少し嫌になる。
だからこそ癒し要素が映えるのかもしれないけど。
今の時代に社畜を扱うというのは合ってるのかもしれないが社会問題になってるような事を題材にするならマイルドでいいんじゃないかなと思った。
リアル感ある作品は好きだけど、幽霊だの化け猫だのリアルから離れてるんだし社畜のリアル感は要らないかな。

視聴継続します。

投稿 : 2022/07/10
閲覧 : 181
サンキュー:

3

ネタバレ

てとてと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

幼女の可愛らしさにほっこりする日常系。可愛いだけで1クール持たせるのは苦しい

社畜女性が幼女幽霊ちゃんたちを可愛がったり幽霊ちゃんに心配されたりで癒される内容。
キャラデザは「はなまる幼稚園」や「ぽてまよ」、特にぽてまよに近いイメージ。

【良い点】
幼女幽霊ちゃんたちの可愛らしさは申し分ない。
可愛く純真で優しい幼女が社畜さんを案じて「タチサレ~」カワイイ。
回が進むと化け猫(かわいい)とか可愛らしい幼女増えて可愛さとゆるふわ感が増す。
他人に見えない幼児の精霊みたいな存在との温かい日々を少しコミカルに描いていて安定感がある。

幽霊ちゃんたちは心から社畜さんを想って優しく肯定してくれる。
社会に疲れている社畜さんにはそりゃあ可愛い存在だろうなと。
主題歌の通り、疲れている主人公が優しさに癒されていく、そのコンセプトは良い。

幽霊ちゃんとみゃーこの、幼い姉妹がケンカしつつも仲良しな関係が微笑ましい。
まるで母親に褒められたくて競ってがんばる幼子の如き健気さ、かわいい。

日高里菜氏はじめ幼女声声優陣。

【悪い点】
コメディーが過労と帰らせようとする一辺倒でワンパターン気味で退屈しがち。
23分が冗長に感じる。23分×12話持たせるだけのネタが無かった。

疲れている主人公が優しさに癒されていくコンセプトが1話で既にお腹一杯。
以降キャラの関係性や主人公の心境の変化などが乏しく、悪い意味で安定している。
新キャラを小出しにするばかりで単調さが否めず。

幽霊ちゃんとみゃーこは良いが他が地味。ミコちゃんとか出番が遅すぎる。

ブラック労働とそれを肯定し現状に甘んじての逃避という構図が不愉快。(物語3→2.5)
「世話焼きキツネの仙狐さん」がこの点ボカしていたのに比べ、本作は露骨に虐げられている。
主人公は幽霊ちゃんとの日々でも改善せず、終始目が死んでいる。

キャラデザは可愛いがクセが強い。絵だけで萌えるのはやや難しい。
社畜さんの生気の無い目も、コンセプト上仕方がないが気になる。

【総合評価】3~2点
令和の暗い世相を反映した現実逃避作品?
逃避なら、なろう系異世界転生or転移の方がずっとマシ。
本作のやるせなさを思うに、異世界系が流行るのもむべなるかな。
悪い作品ではあるまいが、キャラ萌え以外で引っ掛かる要素多くて微妙。
評価はやや悪い寄りの「普通」

投稿 : 2022/07/08
閲覧 : 58
サンキュー:

4

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

幼女ボイスに癒される

ブラック企業で働く伏原。
伏原が残業をしていると「立ちされ~」という声が聞こえてくる。
その声の正体は、幼女幽霊だった。

一般論ですが、男女の性差なく、子供は可愛いです。
少子高齢化の日本社会。
子供を大切に育てないと、国が滅びますね。

何故、幼女ではなく幼女幽霊なのでしょうか。
おそらく、幼女だと性的嗜好の持ち主が云々とイチャモンをつける、自称・正義の味方が現れるのでしょうね。
保険としての幼女”幽霊”。
原作者の方々は苦労する時代になりました。

内容は、伏原の体を労わった幽霊達が登場。
幼女姿なので、愛でて精神的疲労が吹き飛ぶのでしょう。
序盤は会社での出来事でしたが、いつの間にか、場所は伏原の自宅へ。
自宅でも会社でも幼女を愛でる事ができる環境。
伏原が幼女の保護者に見えてきました。

作画はボロボロです。
特に顔の表情が死んでいます。
社畜という過酷な現状を表情に出しているという事では無さそうです。
単純な手抜きですね。

作画がボロボロでしたが、声優さんは頑張っていました。
日高さんと小倉さんの幼女ボイスは鉄板ですね。
贅沢を言えるのであれば、久野さんを入れて欲しかったです。
声の演技で幼い子供を表現。
死んでいる作画に魂を吹き込みました。

序盤は「立ち去れ~」の連呼。
その声が聞こえなくなってきたら、伏原と幼女のイチャイチャ場面。
本作品の目的は、幼女(幽霊)を愛でる作品。
積極的に面白いとは言えないです。
愛玩対象が欲しい人向けの作品でした。

投稿 : 2022/07/02
閲覧 : 35
サンキュー:

11

ネタバレ

スイキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

ロリアニメ

ロリアニメ
幼女幽霊を愛でる内容

話の流れが悪く
とても眠くなる

2話切り

投稿 : 2022/06/29
閲覧 : 33
サンキュー:

2

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

社会人に無理は禁物、だがここはプリキュア溜まり

これは働き過ぎている社会人に、癒しを与える幽霊のコメディである
しかし幽霊はみーんな幼女だという
尚、アズサみたいに過労で倒れて転生しません

伏原さん=イカちゃん、やよい、日南葵、モモ、鋼鉄王女
幽霊ちゃん=ラストオーダー、プレラーティ、ローラ

残業してたら、変な声がした
探してみたら...おった
ドライヤーで声を変えていたようだ
だが、膝に乗るなwwwww
でも何故か捗る件www

日中は倉庫にいる幽霊
そこで盗んだおにぎりを...
幽奈とは異なり、食べられるんだな(幽奈は物を持てるけど食べられない)

2話
今日も仕事が山積み
確かに立ち去りたいが...
この幽霊、カワイイ
ってことでアパートに持ち帰りしました
だが部屋は散らかし...
よし、片づけよ

この子は昔、人間の頃からおにぎりが好きだった模様
因みに、後輩には見えていない模様...

3話
今日は深夜までに上がれた伏原さん
だから彼女は寂しい
しかし雷は...

だが、帰って来た伏原さん
雷怖いなら、よし、一緒に帰るか
帰り道、捨て猫が...
なら持ち帰りするか

4話
その後、捨て猫が幼女に!?
この子も化けられるのか
今日はコピー機に挟まれ、ワイシャツを破ってしまい、買おうとしたが高いことが発覚、そりゃ幼女で買える訳が無い
だが、お婆ちゃんが...ありがとうございます
幽霊ちゃんは、昔のかかさまを思い出した...

しかし、買ったシャツは派手だったwww

みゃーこ=藤原書記、ララ、シャミ子
かかさま=めんま、沙織、切歌、ジェントルー

5話
今日は社畜さんのために弁当を届けました

6話
みゃーこの過去はぼっちだった
そんな中、ヤンキーに拾われた。顔は怖いけどいい人だった
けど...仕事があった
もうぼっちは嫌だと言ったみゃーこだったが
いつもこの道を歩いている人、社畜さんに拾ってやれと...

7話
今日は花火をしました
打上じゃなくて、手持ちだけど

8話
後輩の所にまさかのメイド幼女が...
なんだかんだで幽霊ちゃんとみゃーこと仲良くやっていたので良かった良かったの伏原さんだった
でも当の後輩は片づけが下手で...

倉橋サツキ=邪王神眼の人、シャロ
リリィ=京乃まどか、ロザリー

9話
今日は買い物からスタート
と言いたいが、魚屋のおっちゃんが怖くて...
因みに彼は幽霊ちゃんは見えなかった模様、みゃーこは見えるのだが

10話
今日も残業
しかし二人は立ち去れコール
何だか懐かしく思う伏原さんだった
もうクリスマスか
ちゃんとプレゼントを待ってくれました
けど、戸締りしておこう...

11話 12話
初詣にいった後、やっとOPの巫女がやってきた
宅配でwww
しかもアパート燃えちゃったよwww笑いごとじゃないけども
その後、デカいマンションに引っ越すことになった
新たな生活が始まる...
社畜は続くけど

投稿 : 2022/06/28
閲覧 : 235
サンキュー:

4

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

全第12話視ました。

原作完全無知。
公式サイト; 
https://shachikusan.com/


「視聴前w。」
何だこのをれホイホイw的な作風。こういのう好きでしょ?ハイ肯定w。

「第1話視ました。」
キャラ/キャスト
幽霊ちゃんCV日高里菜
伏原さんCV金元寿子
今週の「可愛い」担当CV前野智昭

立ち去れェェだけで、一話終わったw。もはや名人芸。
次回以降別のキャラの紹介回の連続みたいな感じかな。
まあそういうことで楽しみです。
お茶受けやお菓子を食べながら、疲労した頭脳で観ると吉でしょう。


「第2話視ました。」
前回のおさらい、もしくはリフレーンに感じたが、特に問題はないw。


「全第12話視ました。」
自分用自分語りなので隠します {netabare}うーん、第1話の最初の5分程度は癒されたかもしれませんが、それ以降は、ほとんど癒しを感じませんでした。カワイイも強く感じませんでした。主人公が…、お話が…、作画が…、と批判しても仕方がないので、代わりになぜ癒されなかったかを考えてみました。
なお、以下は、ワタシの場合だけなので万人に共通な一般論を言おうとしている訳ではありません。
 ワタシが最も癒しを感じやすいのは、いわゆる「きらら系」作品です。出発点の設定には意外にも、ネガティブな側面がある場合が多いです。才能が足りなかったり、重い劣等感を持っていたり、その他不幸だったりです。それらは登場キャラだけが感じるような特殊な場合もあれば、ほとんどの人が同意する如何ともし難いものである場合もあります。何れにせよワタシはそれらの不幸に対して、憐憫のみならず共感を感じることが多いです。つまり、知らずに、ワタシをそのキャラにワタシを、もちろん部分的にですが、投射してしまっています。
 そして、お話が進むにつれて、それらの不幸は、緩和されたり解決されたりしていきます。つまり、登場キャラが癒しを得ます。それによってワタシに癒しが投射されます。ワタシはその登場キャラにヨカッタねと、思うことで知らないうちに癒しを得ている。そんな気がします。
 その際の条件として、キャラの頭を撫でてあげたくなるような存在であること、あるは逆にそのキャラに包容力のようなものを感じることが必要だと思います。そういう意味でキャラのビジュアルやCVは重要ですが、必ずしも絶対的に必要とは言えません。前述したように如何に強い共感を持てるか、そしてそのキャラが如何に救われ癒しを得ているか、それらはワタシの場合不可欠な要件になる気がします。なお、自分のメンタルは気紛れで定まっているわけではないのでw、別の解釈や感情を持つパターンもありえます。それに今は別のパターンを思いつかないだけかもしれません。 {/netabare} 
 本作を、人(本作を見たことを忘れてしまった将来の自分を含みます)に推すかと尋ねられたら、該当CVの全てを受け入れるファンであるならば、良いのかもしれません。その際でも台詞を言う際の感情のバリエーションが過少なのと主人公の現状改善意欲が低過ぎで、ゲンナリしてしまうかもしれません。

投稿 : 2022/06/26
閲覧 : 101
サンキュー:

6

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

メイドラゴンや仙狐さんと言う人はたちさ~れ~

ブラック企業に勤める伏原さん♀
今日も仕事が溜まり深夜の残業中

すると突然社内から声がした

「た~ち~さ~れ~」

元々幽霊が出るとうわさされていたので
伏原さんは恐る恐る社内を探し回る

そこで見たのは
幽霊ではあるが小さな女の子

かわいい

伏原さんは彼女を見て1週間貫徹できると
宣言するw

OPのヒゲドライバーにやられたのもあるが

高評価にしたのはストーリーこそ
仙弧さんのように幽霊ちゃんや化け猫であるミャー子が
伏原さんを立ち去らせる(自宅に帰させる)やりとりだが

細かい所の演出が手を加えていて
観ていて飽きなったのが大きい

「かわいい」と言う男性声優達が毎週変わるとことか
幽霊ちゃんのお母さんが伏原さんに似ていたりとか

商店街で買い物をした時に
人間側で見える視点だとミャー子しか見えないなど

視覚的な伏線を張っておいての
最終回のミコが言ったセリフに繋がる

精神的なストレスにより
本来見えてはいけないものが見えている

伏原さんも隣人でイラストライターで
メイドの幽霊リリィと住む倉橋さんも
邪気を払う為に引っ越すすべきだと

ここで火事が起きて部屋がそれぞれ全焼
ミコの斡旋により伏原さんの旧友香織が
担当するマンションに引っ越すことになる

あれこれはメイドラゴン(CV 長縄風本渡楓)

よし本当に立ち去らないといけないのは
ゆいかおり休止後初共演なのに絡みなしで
若干不安げな私の様だなw

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 55
サンキュー:

3

ネタバレ

くらま さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

社交辞令でちょっと褒めたら最後、ずっとそればかり勧めてくるあの感じ

原作知りません。
1話のAパート終了して感じたのが

長い、なんか違う

で、体感1時間くらい。
うーん、テンポが自分には合わないかな。
中身が無くて良い系ですが、食傷気味というか。
似てる狐のアレは楽しめた記憶が。
なぜだろうなぜかしら。

二人目の登場も遅かった記憶です。
で、この前雑音代わりにテレビ付けたらまだ2人でしたよ。

これ系のアニメは原作通りの進め方してしまうと合わないんじゃないかな。
とっとと全員早めに登場させて、掛け合いもワチャワチャと、、、ならワンチャン?
でも作風が食傷気味中身無い系だから、先に全員だしちゃったら今後の山も緩急もなくなりますね。

監督、シリーズ構成、脚本の方は作品に面白さを見出せなかったのかな。

こういう作品こそ、原作無視してオリジナルで自己満足する監督さんに仕事させるべき。
(仕事与える事で原作リスペクト必要な作品の仕事をさせない)

投稿 : 2022/06/11
閲覧 : 74
サンキュー:

2

ネタバレ

梨花はわたくしのもの さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

浄化枠

社畜のサラリーマンである女性、伏原さんが幼女幽霊を始めとしたロリキャラたちに家事や仕事を手伝ってもらい癒されるという内容。
それ以上でもそれ以下でもない日常系アニメです。

良い点
作画はコンセプトに似合うようにゆるゆるな雰囲気になっている。
社畜やブラック企業を扱っている割に、重苦しさは少ないので親しみやすい。
作品の顔である幽霊ちゃんや化け猫のみゃーこが可愛い。魅力たっぷりなのでまだ出ていない他のロリキャラにも期待が持てる。
時々挟まる男性声優の可愛い、などの賑やかしも可愛くて好きです。
おばあちゃんやヤクザのエピソードの完成度の高さ。特にヤクザの話は構成、内容共に秀逸でした。

悪い点
作画ミスや作画崩壊はそれなりにある。
日常作品ゆえに物語の縦軸が弱い。
幽霊ちゃんの社畜さん以外に見えない設定が結構ガバい。モブに見えてるのか見えてないのかよく分からないことが結構あります。

6話まで観ましたが、結構楽しめているアニメです。

投稿 : 2022/05/24
閲覧 : 67
サンキュー:

2

ネタバレ

アハウ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

面白くはない

仕事で深夜まで残業させることはいまは問題ありです。
実際に経験しているので見ていて不愉快です。
毎日だと特にしんどい。

メイドラゴンや仙孤さんネタはもういいかな。

見かねて幽霊が・・・おいおい。
その後、家までくるとは。

内容がほとんどなくなにを見ればいいの?
幼女ものだと、にゃんこデイズなら数分で終わるので良いけど。


日高さんの幼女役もどうだろう。テンプレ?
日高ファンには美味しいでしょうが。
イリス(ファフニール)はかなり出ていました。
結構幼い感じがありますが、ミミ(プリコネ)ほどではないです。

みゃーこ役の小原さん、ユニ、優子、幸、リンドウと大活躍。

投稿 : 2022/05/23
閲覧 : 171
サンキュー:

8

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

「世話やき幼女の幽霊ちゃん」か「伏原さんちの冥途幼女」

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
社畜の伏原さんが夜中まで会社で仕事をしていると、フロアに「タチサレ~」という不気味な声が鳴り響く…。その声の正体は、小さな幽霊ちゃんだった! 健康のために伏原さんを立ち去らせたい幽霊ちゃんと、幽霊ちゃん可愛さに立ち去りたくない伏原さん。 そんな2人(?)が織りなす、癒され可愛いハートフルストーリー。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:有田イマリ(掲載 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:南原玖宇
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:田中春香
音響監督:立石弥生
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
音楽:宝野聡史、葛西竜之介
音楽制作:ポニーキャニオン、アップドリーム
プロデュース:ドリームシフト
アニメーション制作:project No.9

主題歌
OP:「Cherish」石原夏織
ED:「聴こえる?」内田真礼
{/netabare}
キャスト{netabare}
幽霊ちゃん:日高里菜
伏原さん:金元寿子
みゃーこ:小原好美
倉橋さん:内田真礼
リリィ:石原夏織
涼子:阿澄佳奈
志乃:長谷川育美
香織:井上麻里奈
ミコちゃん:小倉唯
こん:金子彩花
こん太:那谷柊優
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第1話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
伏原さんが会社で残業をしていると、どこからともなく「タチサレ~」という怖い声が響いてくる。それを無視して仕事を続けようとした伏原さんだったが、今度はパソコンの画面いっぱいに「タチサレ」の文字が……。困った伏原さんが声の主を探すと、そこにいたのは小さな幽霊ちゃんだった! 仕事が終わるまで帰れないという伏原さんに、幽霊ちゃんは「てつだうからたちさって!」と切実な声を上げるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半はあらすじのおはなしで
伏原さんが疲れて死にそうにありながら残業をしてると
「タチサレ……タチサレ……」って、幽霊ポケモンみたいな声が。。

無視して仕事を続けてると、画面にまで「タチサレ」って出てきて
仕事ができなくなったから、声のする方に行ってみたら
かわいい幼女幽霊が
変成器で一生けんめい「タチサレ……」って言ってた。。

最近、よくおにぎりが無くなる事件が起きてて
何かいるんじゃないか、って職場でウワサになってたけど、やっぱりいた^^

伏原さんは、その可愛さに癒されて、もっと仕事を続けられるって言ったら
幽霊ちゃんは泣きながら「タチサレ!」って言ってマッサージしてくれて
そのあと、お仕事のお手伝いをしようとして、がんばってくれる。。
ってゆうおはなしで

後半は、幽霊ちゃん目線で、ふだんおにぎりを供えてくれるお姉さんが
お仕事がんばりすぎて、死にそうになってるのを見てられなくって
仮眠スペースにお布団敷いておいたり、怖い声を出そうと録音してみたりして
やっと変成器を見つけて。。ってゆうおはなし。。



おはなしはほとんどなかったけど、かわいい幽霊ちゃんが
けなげに伏原さんにつくしてくれるのを見るおはなしみたいで
「世話やきキツネの仙狐さん」か
設定だけなら「小林さんちのメイドラゴン」に近いかも。。

ただ、泣きながら「タチサレ」って言ってるのをいいことに
伏原さんがうれしそうに肩もみさせたりしてるところは
幽霊ちゃんがイジメられてるみたいで、かわいそうで見てて苦しかった。。


幽霊ちゃんがかわいいのはいいんだけど
おはなしがほとんどないのに30分枠は長すぎて
あざとさがきつくなってくるみたいだから
プチアニメの方が良かったかも?

とりあえず何話か見てみるけど
このまま同じパターンが続いたら、もしかしたら見るのやめちゃうか
感想を書くのはやめちゃうかも?
{/netabare}
{/netabare}
第2話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ちょっと熱っぽいながらも、今日も今日とて仕事が終わらずに残業していた伏原さん。それに気づいた幽霊ちゃんは、「がんばりすぎたらしんじゃう」とうろたえ、伏原さんを立ち去らせるために説得を始める。「君がいたらがんばれる」という伏原さんの言葉に、一緒に伏原さんの家まで帰ることを提案した幽霊ちゃん。伏原さんは、その可愛さに仕事を持ち帰ることを即決。幽霊ちゃんと帰宅することに。
{/netabare}
感想
{netabare}
パート1は、熱をガマンしながらお仕事してた伏原さんのところに
幽霊ちゃんがやって来て、いっしょに家まで行くから立ち去って、って。。

それで伏原さんは幽霊ちゃんを連れて帰ることに。。

幽霊ちゃんにいやされながら、何度か寝落ちしてる間に
幽霊ちゃんは、汚部屋のそうじをしてくれて
やさしいメッセ付きの朝食のおにぎりまで作ってくれてた。。

その間、幽霊ちゃんは
お母さんにおにぎりを作って持って行ったことを思い出して
伏原さんはお母さんと違うけど、同じ匂いがするって思ってた。。


パート2は、伏原さんの後輩が残業して
幽霊ちゃんは顔を出せないから、こっそり応援。。

でも、後輩さんは、それを幽霊か、疲れてると思いこんでたみたい。。
トイレに行って出直してくると、机の上におにぎりとやさしいメッセが。。

それを伏原さんのせいだと思った後輩さんは
伏原さんに抱き着いて感謝して
それを幽霊ちゃんは、笑顔で見ていた。。ってゆうおはなし。。


Cパートは、ドキュメンタリースタイルで
幽霊ちゃんの夜を映してたけど、いつもと変わらなくかわいかった^^



パート2は、ふつうによかったけど
なんだかイケナイものを見てるみたいな気がしてきた。。

伏原さんは後輩のためにも
残業なんかしないで早く帰った方がいいと思う。。

前に戦争の話を聞いてた時
兵隊をたくさん殺すのは、良い上官だって聞いたことがあったけど
イヤな上官は戦闘中、どさくさ紛れに部下に殺されたりするけど
素晴らしい上官だと、部下は死ぬまで頑張っちゃうみたい。。


伏原さんみたいな人がいると、みんな
残業して当たり前、みたいな空気になってきて
今回の伏原さんみたく病気になっても仕事して
お仕事がお死事になっちゃうかも。。

残業は、急に忙しくなる時もあると思うから
たまにはしょうがないと思うけど
誰かが死ぬまでがんばらないとつぶれちゃうような会社だったら
早くつぶれた方がいい気がする。。



癒し系で、幽霊ちゃんを見てると子ネコを見てるようで癒されるけど
ほかに笑えたり、考えさせられるようなおはなしでもないから
どうせだったら、YouTubeでにゃんこの動画を見てる方が癒されるみたい。。

にゃんはやめちゃうけど
幼女キャラが出るアニメが好きな人にはおススメかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第3話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
幽霊ちゃんがフロアに現れたとき、珍しくいつもの席に伏原さんがいなかった。伏原さんが立ち去れていることを喜ぶ幽霊ちゃんだが、だんだんと伏原さんがいないことにさびしさを感じていく。しかも、そこに突如鳴り響く雷。一人でも怖くない、さみしくないと幽霊ちゃんが涙目になりながら自分に言い聞かせていると、突然フロアのドアが開け放たれて......。
{/netabare}
感想
{netabare}
























{/netabare}
{/netabare}

.

投稿 : 2022/05/23
閲覧 : 93
サンキュー:

11

ネタバレ

giwkalasge さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

「海外の反応」劣化パロディ風感想文 / おいおいオイオイちょっとまってくれよ、、?ソフトでライトなテイストだがその実ひでえヘビーな状況なんじゃーねえか~?こいつはよぉ~

第1話: 仕事しすぎ。疲労と幻覚で真夜中にラリッてる先輩。
第2話: 社畜体質伝承。先輩が帰らないので後輩も帰らない。


日本のサラリーマンはタフだね。こんな会社、私ならすぐに辞めてしまうよ。
見た感じ、この作品中で社畜と呼ばれる女性は比較的仕事ができる人なのだろう。それでいて「ノー」と言えない性格なものだから、会社や上司に良いように使い倒されちまってるって気がするね。そしてなまじ体力が人並み以上にあるだけに、過度な要求にも応えてしまえるのだろう。もちろん身体も心も疲れているはずだ。そこで少しでも業務における負担を減らすため、彼女は仕事の能率化を図ったに違いない。ただし残念ながら、その行為は彼女自身のためにはならないんだ。なぜなら個人の努力や工夫によって業務の能率化が図られた(=生産性が上がった)ところで、空いた時間に別の業務が詰め込まれるだけだからだ。ましてや残業が当たり前のような会社では「自分の仕事が終わったから帰ります」なんてのは許されないだろう。
(ちなみに、私の父は常に残業を断り定時で退社していた。祖父は上司と喧嘩した日に、いきなり会社を辞めてくるような人だった。これはつまり、人生の正解は一つじゃないって話だ(??))。

仕事ができる一方で自己防衛策に疎かった彼女は、会社や上司から追い込まれ、とうとう疲労から幻覚を見るようになったようだ。しかも、よりによって幼女の幽霊に「帰れ」と命令される幻覚を見てしまうなんて...笑えないジョークだ、はっきり言ってクレイジーだよ!

*

彼女はまるで、夜な夜な幼女の幽霊をシ屋ブの代わりに使用して、眠らずに延々と仕事を続けているようなものだ。

作中に登場する「幼女の幽霊」は「令和版のヒ□ポン」のメタファーなのかもしれない。

(↑もちろん、これはあくまで私流の「ブラックジョーク」だ)

*

彼女は限界が近そうだ。言い換えればタフだからこそ、限界ギリギリまで頑張れてしまうのだろう。サボり方を知らない、有能な人間に降りかかった悲劇ってやつさ。だからこそ、もったいないね。それだけタフで仕事ができるなら、辞めて別の会社へ入るか、フリーランスになったらいいのに。といっても人にはそれぞれ事情や都合があるし、社会情勢も影響してくるだろうから、転職するのは言うほど容易な話でもなさそうだ。

「今の職場に留まる理由」なんてのは、働く人の数だけあるだろう。
たとえば今の職場を辞めて他所へ移ることを極端に怖がる人なら、我慢して(時に自分を騙しながら)今いる職場に留まろうとするかもしれない。またある人は金の為と割り切り、あえて劣悪な職場での就業を継続させるかもしれない(仕事内容に見合った給与が支払われていることが前提だが)。

この作品の社畜さんがどういった考えで現職場に留まっているのか、2話まで視た時点では判断しかねる。ただし、彼女はすでにマトモな状態ではない。察するに常時、頭がぼーっとしていて動悸にも違和感を覚えていそうな様子が伺えるし、作中では実際に体調を崩している描写もある。私としては、彼女が疲労困憊の最中で生じた幻覚に溺れ、流されるがまま沈んでしまわないことを祈るばかりだ。

投稿 : 2022/04/22
閲覧 : 254
サンキュー:

3

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

10分枠にして欲しい…

1話観ました。完全な癒やし系アニメですが、ストライクゾーンには程遠いです。20分近くこれを見るのはちょっとキツイかな。とりあえず次も観てみますが…。

ただ、ちゃんりなさん(幽霊)の演技は凄かったです。

【4/17追記】2話観…る前に消しました。1話が面白く無さ過ぎて録画欄にあっても観る気が全く出ず。さようなら幼女幽霊。

投稿 : 2022/04/17
閲覧 : 106
サンキュー:

2

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

幼女幽霊のキャラデザと声の可愛さ1点突破。

詳細は公式サイトでも見てください。

Project No.9のロリ幼女幽霊の可愛いキャラデザ、ちゃんりな(日高里菜さん)の可愛いロリボイス演技を楽しむという1点突破のみを目的に作られたアニメのようです。

もちろん、ひーちゃん(金元寿子さん)の社畜さんの声もいいですね。

でも、内容はほとんどないです。

おそらく「小林さんちのメイドラゴン」をだいぶ意識しているのかな。OP映像の感じとか、これから出てくるほかの幼女幽霊のキャラデザとか。あと、たぶん「世話やきキツネの仙狐さん」あたりも意識している感じ。

なお、Aパートが社畜さん目線、同時系列を幼女幽霊目線で描くBパートといった構成は「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」と同じ。脚本の赤尾でこさん、同じ手法を使ってきたんですね。

初回でこういう構成を使うあたり、ぶっちゃけ30分枠ではキツイという判断なのでしょう。実際、これ、15分枠でいいなあって思います。

飽きるのも早そうなので、とりあえず3話までは様子見します。

=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}
作画は良いですね。
ちゃんりなの幼女幽霊、ひーちゃんの社畜さんの声、演出もいいですね。
これに癒される人も多いでしょう。

でも、あまりにも内容がない…
観ていて退屈でした。
睡眠導入にはいいのかもしれないですね。断念します。
{/netabare}

投稿 : 2022/04/16
閲覧 : 89
サンキュー:

3

if さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/08/12
閲覧 : 0

チャミー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/08/08
閲覧 : 0

モリモリ7976 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/31
閲覧 : 0

DAzbL24284 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/27
閲覧 : 2

#taro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/25
閲覧 : 1

かずみん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/24
閲覧 : 1

KAZUROCK さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:今観てる

投稿 : 2022/07/24
閲覧 : 1

甘党DX さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/24
閲覧 : 2

fluid さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/14
閲覧 : 0

ひつまぶし さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/11
閲覧 : 1

リック さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/10
閲覧 : 0

Rairai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2022/07/10
閲覧 : 0
次の30件を表示

社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。のストーリー・あらすじ

社畜の伏原さんが夜中まで会社で仕事をしていると、フロアに「タチサレ~」という不気味な声が鳴り響く…。その声の正体は、小さな幽霊ちゃんだった! 健康のために伏原さんを立ち去らせたい幽霊ちゃんと、幽霊ちゃん可愛さに立ち去りたくない伏原さん。 そんな2人(?)が織りなす、癒され可愛いハートフルストーリー。
(TVアニメ動画『社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年春アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ