新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「異世界薬局(TVアニメ動画)」

総合得点
64.0
感想・評価
46
棚に入れた
267
ランキング
3578
★★★★☆ 3.2 (46)
物語
3.2
作画
3.2
声優
3.2
音楽
3.1
キャラ
3.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

異世界薬局の感想・評価はどうでしたか?

紅茶家電 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

今期の中の異世界作品にしてはまだマシ

オバロとかはもう言うまでもないので別格として、今期の他の異世界作品の中ではまだ観れる。

ただ某だいしゅきの件で色々言われてる不憫な作品(笑)あの事とこの作品は別にみるべきですが、やはり脳裏をよぎる人は沢山いるようで、知り合いは見る気になれないと言ってましたが、友人の言葉を無条件で信じてしまうピュアな人が描いた物語として寛大な心で視聴してあげましょう。

投稿 : 2022/08/16
閲覧 : 41
サンキュー:

1

ネタバレ

てぶくろ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

自分の想像力は使いません! 楽に楽に話を作ろうとしたが故の無味。

 第1話視聴しました。
 {netabare} なろう系なので転生の理由とかチート能力持ってるとかはもうどうでもいいんですけど、国立大学の分子創薬学の准教授が1人になってまずすることが、水の神術について考える ってそりゃないでしょうよ…。
 この人世界トップクラスの研究してたんですよね?妹の無念を信条に多くの人を救うため日々研究に勤しんでたんですよね? その研究もめちゃくちゃ途中だったんですよね?  情熱と信念を持ち、そしてそれらを実現できうる頭脳を持っているんですよね??
 そんな人が目覚めてまず包帯の具合気にしてる場合ですか??もっと他に気にすること山のようにあると思うんですが…。
 俺…死んだのか…の一言で現世への未練はすっぱり断ち切ったんですか…。その精神性の方がよっぽどチート能力だと思うんですが。
 
 この作品は現代薬学×ファンタジーが売り文句ですが、であるならば、ファンタジー世界の設定と同等かそれ以上に''現代''のディティールも凝らなければいけません。ですが、1話の時点で主人公の頭の中がファンタジーなので、これから先 こいつに現代を語られてもなんの説得力もありません。 
 設定は目を引き、キャラの動きはそこそこに良いため余計に残念です。
 少し考えれば分かるような ダメな部分が ''だって なろう系だから'' という甘えでまかり通っていることが本当に無念でなりません。 {/netabare}

 第2話視聴しました。
 {netabare} 2話目も変わらず主人公の頭の中がファンタジーでなんかもう恐ろしくなってきました。

 前半、家庭教師の彼女となにやらありましたが、1つ疑問があります。
 すでに薬神の化身と畏怖される程 常人として見なされていないのなら、異世界人だと告白してしまえば良いのでは?

 一度に大勢に秘密を明かすのはリスキーというのは理解出来るのですが、もうこの上なく怪しまれている彼女にここに来てまだ秘密にする理由がわかりません。 結局、諸々の事情も彼女への説明もうやむやにして、自分を薬神様と誤解させておくメリットはなんなんでしょうか?
 神術について教わるにしても、これから先この世界のことを教わるにしても彼女に対しては打ち明ける方が合理的だと思うのですが…。

 なにやら誠実そうの雰囲気出していましたが、ようは 神術使えなかったら薬師貴族としての立場が危ういから、彼女の知識を利用しようって話ですよね?
 自分の中身はすっかり違うのに、彼女に対してはこれまで通り接して欲しいて図々しいにも程がありませんか。

 今話で色々な薬を調合していた主人公ですが、
現代の常識が通用しない神術というものがある世界で、自分の現代薬学が正常に働くという根拠は何処からくるんでしょうか。
 その薬自体も未知の神術から生み出したものだというのに。
 生み出した化学物質がこの世界の人にどんな副作用があるかもわからないし、そもそも生み出した化学物質が本当に自分の思っているものかもわからないのに確かめもせずに、人や妹に飲ませるという所業。倫理観が少々バグっているように感じます。
 力の代償について考えていましたが、調子に乗って薬をバラまいた後に言われても、その危機感は始めに持てなかったのかと思うだけです。
 
 話の後半で、彼はこの世界の身分制社会と薬価問題を憂いていましたが、その問題は現代でもありますし医学の進歩については転生前の彼が率先して行っていました。
 ですので正直見ていて、技術発展中のこの世界をブーストするよりも、転生前にしていたことの方がスケールが大きいなと思ってしまいます。
 大量の水を放出するよりもすごいことを転生前の彼はしていた訳ですし。
 こういうなろう系の作品で転生前の方がすごいって珍しいですよね。
 そもそも寝落ちのように転生した彼が自分の死についてかように自覚的なのが謎です。

 ここまでの話のなかで、さらりと流されている主人公の内面が気色悪くて仕方ありませんが、今後に期待です。{/netabare}

 第3話視聴しました。
 {netabare} いや、もう本当にひどい。もはや面白い 面白しろくないのレベルではありません。

 今話は 病気の陛下のために薬作ったぜ!って話な訳ですが、まず単純に美術背景の辻褄があっていません。
 この世界の光源はロウソクの火なんですが、なんでこんなに蛍光灯つけてるみたいな明るさなんですかね? 細菌見るために明かりをって言って燭台差し出してましたけど、じゃあこの馬鹿みたいな明るさはどこから来てるというのでしょう。
 制作側は自分たちで作っていておかしいと微塵も思わなかったのでしょうか?
 ライティングが面倒だったなら、神術の明かりとかでいいじゃないですか、なんでわざわざロウソクにして拙さを晒すんでしょうか。

 しかし、そんな事も霞むくらい内容の方もひどいです。
 
 今話の 陛下の病気の治療 には2つの障壁があったと思います。
 1つは 薬の精製の難しさ
 いかにチート能力と言えど、自身のレベルアップが必要で技量の研鑽を描くのか、それともなにか別の道を模索するのか。

 もう1つは いかに陛下に薬を処方するか
 子どもの薬師見習いの立場でどうやって自分の作った薬を周りの人間に認めさせるのか、またどうやって陛下に信用してもらうのか。
 
 以上が今話の障壁とそれを乗り越えるための面白くなりそうなポイントです。

 そしてこの作品が出した答えは、作るの難しいって思ったけど紙に書いたらすぐできました!と、やりたいです!って言ったら任せる!と言われ周りの人間もわぁすごい!で終わりました。
 
 いや…もう…愕然です…。なんの面白味もありません。この原因がアニメにあるのか原作の時点でこうなのか分かりませんが、よくもまぁこんなにつまんなくできるものだと感心してしまいました。

 チート能力についてですが、こんな感じでホイホイできてしまっては、現代の薬をお取り寄せ!と何が違うのかという話です。ファンタジーとリアルのどっちのいいところも消しているように思います。
 
 細菌を見せてドヤ顔していましたが、細菌の発見 証明に、そして医学界の常識を崩すため病原菌理論の完成に一体何人の学者たちが苦しめられたと思っているのか。それらをないがしろにして、みんなでわぁすごいすごーい!て頭が沸いてるとしか思えません。

 そしてこの度、主人公は頭の中がファンタジー野郎から、嘘つきファンタジー野郎に進化しました。
 まだできてもおらず、できるかも分からない薬を「新薬があります。」と平気で陛下に嘘をついたり、薬の精製方法の出所を聞かれ、夢です。と嘘をついたり、この病を恐れることはもうないのです!とチート能力でコイツしか作れない現状でまた嘘をついてみたり、父親に息子のつもりですと嘘をついたりと、とにかくコイツは嘘をつきまくります。
 本当にいつか痛い目にあってほしいと思います。

 本作品のCMなどを見ると、「間違いだらけの異世界医療を変えていく!」と紹介されていますが、ここまで視聴した限りこの世界の医療は間違っているというより、ただ単に技術が発展中なだけではないかと思います。
 実際お父さんの治療もできる手段がこれしかない、というものでしたし、主人公が変えていかなくても勝手に発展していくと思うんですよね。
 今話では主人公が周りの会話を聞いて、「星のめぐりだと!?」と言っていましたが、自分は薬の精製技術を聞かれ、夢で見た とほざいているので、どっちもどっちなんですよね。
 占星術に基づいた医療VS夢でみたと言う薬をよくわからない方法で作る子ども な訳ですから。

 結局この作品は何がしたいのか、じたばたもがく様をこれからも見守ろうと思います。{/netabare}

 第4話視聴しました。
 {netabare}陛下の治療を始めて数ヶ月。お父様と知識の共有をしているそうですが、それでもやっぱり転生のことは伏せとくんですね。聡明で人格者なお父様なので、自分は転生者で自分の知識は科学に基づくものだときちんと説明してもいいような気がするんですがね。その方が異世界医療を変えていくという名目に沿うように思います。
 結局、彼の言い分では 神術を使わなくても白死病の薬はできますよ、私は使いますけどね。ってそりゃあんまりだろ…。
 数ヶ月あっても薬の流通する気がないって、まんまコイツが危惧していた特権階級だけが命を救われてる状態じゃないですか。
 レシピを教えてもらえなかった人たちにも救いたい白死病の方がいたと思うと心が痛いですね。
 自分の知見を薬神の天啓です とこれ以上嘘を重ねてどうしたいんでしょうね。

 陛下は順調に回復しているようでなによりですね。陛下との会話で、二度目の生はより良く生きましょう とかいい事言っている風ですが、お前は自己管理を怠ったせいで死んだんだろうが。陛下とは訳が違うだろうが。もっと猛省しろ。

 その後 陛下から薬局開業の勅許をもらい、どこをどうしたいのかわからないヘンテコな足場を組みながらも爆速で薬局が竣工しました。
 現代の薬学者は建築物の図面まで引けるんですね。さすが薬神様ですね。
 なにはともあれ無事、夢であった 異世界薬局 開業となりました。おめでたいですね。

 
 あの……。前からずっと気にはなっていたんですが、そもそもコイツの目標は妹を殺した病気の薬を作ることじゃないんですか?
 最初からずっと薬局薬局って言ってますけど、転生前にやっていた研究は別にやりたくなかったってことですか?
 そんなに薬局やりたいなら転生前からやっとけばいいじゃないですか。
 しかし、そうせず薬学者の道を選んだのは、目標と信念があったからなんでしょう?
 転生してからその研究のことには触れず、悔やみもせず、薬局の夢ばかり気にかけているのは何故なんですか。
 中途半端なまま自己責任で死んでおいて、薬学者の信念とか言われても説得力ないですよ。
 
 薬局をやりたいって夢を立たせるならば、もうちょっと理由付けが必要な気がします。
 例えば、自分のやっていた研究が実を結び、薬が承認されたかなんかして人生の目標を叶えたところで気が緩んで心筋梗塞で死んだとか、それこそ事故死したとかなら、現世での目標は一応達成したのでセカンドライフとして薬局をやりたいというのもわからなくないんですがね…。
 転生前と後で彼の心情に大きく齟齬が出てしまっています。
 まぁファルマくんの身体を乗っ取っておいて、セカンドライフもクソもないんですけどね。

 現状、ファンタジーの要素がキャラの頭の中だけで、世界観が薄いのが気になりますが、薬局を構え、この先どう人々の信頼を得ていくのか期待です。{/netabare}
 
 第5話視聴しました。
 {netabare} 美味しんぼかな? 今話を視聴して初めに抱いた感想です。
 「一週間後にまたここに来て下さい、本物の化粧品を見せてやる」ってかw どこの山岡士郎だお前は。
 この美味しんぼスタイルをとったおかげで、今までの話の中で一番マシでしたが、今話がもつ面白味って 昔の白粉には有毒物質があった。とか瀉血をしてまで美白を求めた時代性 っていう史実としての面白さですよね。
 その史実としての面白さにプラスして物語としての面白さを出していかなくてはいけないのに、この作品はそこを 出来ましたー、ウケましたー、やったー で終わってしまっているのが非常に残念です。 どうやって鉛白と水銀が人体に影響があると証明したのかもさらっと流してしまいますしね。
 つまるところ、この作品には 異世界で薬局を
開くことの面白味がまるでありません。
 やっていることは医療の歴史トリビア発表に過ぎません。
 異世界と銘打っておいて、ファンタジー世界観の構築に1ミリも頭を使っていませんよね。
 ただただ、楽に楽に話を作ろうとするとこうなるんですね。

 Cパートにて、陛下が主人公のダンピングに言及し、貴族が平民の商いを踏みにじるな とおっしゃっています。
 まさしくその通りで、主人公も はい! と返事をしていますが、そうしていくと結局 彼の理想とは反していくように思うのですが今後どうしていくのでしょうか。
 彼の理想は帝都で薬局を開いていても叶わない気がしますけどね。今後に期待です。{/netabare}
 第6話視聴しました。
 {netabare}主人公のチート能力の異端さを今一度 掘り下げる話となりました。
 
 薬局を開いてすぐに一週間休んで海に行ってるのは少々アレですが、まぁ楽しげなので流しましょう。

 お父様に海では注意するように言われて、海についてからも注意していて、足先だけと念を押していてもそれでもやっぱり海に流されてしまうんですねw。 
 なんかこう、ダチョウ倶楽部の『押すなよ、押すなよ』的なことでしょうか。
 これ、展開といいカットといい「離岸流 !?」って言いたいだけですよね。ほんと薬のこともそうですが知識をひけらかしたくてしょうがないみたいですね。 知識は物語に昇華してこそだと思うんですがね…。

 溺れている人を助けにきて、この水がなければっ!と思うかどうかはピンと来ませんが彼の能力の覚醒の足掛かりなので良しとしましょう。

 海にぽっかり穴が空いている様子はなにか見たことがあるなと思いましたが、ドラえもんの 水よけロープ でも似たようなことが起こっていましたね。

 能力を発揮したことで再びちょっと引かれている主人公ですが、どうやら子供に見られていたようです。
 海に穴を空けたという衝撃がありつつも、影がなかったことにまで注意深く観察していた少年は将来有望ですね。
 というか、主人公の影がない設定はまだ生きていたんですね。屋内でも、ましてや屋外でも気にしている様子は全くなかったので、てっきり死んだものだと思っていました。

 その後、薬局が営業妨害をうけたりなど色々ありましたが、主人公が神聖国の異端審問官と対峙することになります。
 他国の異端審問官がどれだけこの国で裁量を発揮するのか気になりますね。
 
 それにしてもまず異端視されるのが薬学の方ではなく、チート能力の方なんですね。
 なんというか、薬局を立てると異世界の要素が立たず、異世界の方を立てると薬局から離れてしまうという2つの味が分離しているように感じますね。
 これから先で真なる意味での ''異世界薬局'' が見れられることを期待します。{/netabare}
 

投稿 : 2022/08/15
閲覧 : 226
サンキュー:

1

ネタバレ

横比較無用ノ介 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

自称「本格的薬局ファンタジー」アニメを斬る

個人的に思うところが大盛りなので、いろいろツッコませてもらいます。
好意的なレビューではありません。

【全体的な感想】{netabare}
「本格的」なの?
辻褄があっていない内容や、強引すぎる解釈が多いと思います。
監修さえ受ければ、問題点があっても本格的って言えるのかな?

「薬局」なの?
薬局なのに診察室がある。どう見ても病院ですね。
「仁」のパクリと言われたくないから、強引に薬局と言っているんだね。

「ファンタジー」なの?
転生先の世界は、ほぼ中世ヨーロッパ。病気も治療法も史実通り。
違いと言えば、魔法と主人公のチート能力があることくらい。

これは、ほぼタイムスリップですね。何故そのことに気づかない?
転生したのは国立大学の准教授ですよね。
精神年齢が幼くなってしまったようです。

さらに、この世界の時代背景を一切無視して、現代知識を誇示する配慮のなさ。
周囲が理解できないであろう、専門用語を使いまくる。
これじゃ影があろうが、魔女として処刑されると思いますが...
{/netabare}
【1話 転生薬学者と異世界】{netabare}
幼いころ妹が病死した体験を持つ、薬谷完治。国立T大学分子創薬学研究室准教授。
新しい薬を創る研究をしてると思ったら、ペニシリンの効き目に関する論文を執筆。
さらに製薬会社との共同研究まで。いろいろ手を出してるご様子。

大学なのに助手や学生を使わずに、全部一人で研究をしているのかな?
それじゃあ過労死するのも無理ないね。

そして、宮廷薬師のド・メディシス家の子供に転生。
元々のファルマ君の記憶はないが、知識は失われてはいない。都合のよろしいことで。

さらに、物質を合成する力と、神眼で病気が分かる力に目覚める。
モンスター誕生ですね。影がないなんて可愛いもんです。
{/netabare}
【2話 家庭教師を辞めたい】{netabare}
さらっとヘパリンを合成してる。混合物は作れないんじゃなかった?
さらにかなりの高分子ですが、分子構造をイメージできますか?
ステロイド入り軟膏をロッテちゃんに渡してるけど、理解できる?
あら、理解してるみたい。都合のよろしいことで。

で、妹さんはヘルペスですか。現代と同じウイルスがあるんですね。
コロナで有名になったけど、遺伝子は変異してないの?
{/netabare}
【3話 筆頭宮廷薬師と転生薬学者】{netabare}
昔、結核は貧乏病と言われていた。
一番いいものを食べてそうな皇帝が重篤になっている。こりゃ深刻だ。

父親は皇帝の病気を認識しながら、安楽死を視野に入れている。
体力増強の薬はあるんだよね。少しでも抵抗力を上げる。それが第一選択じゃない?

主人公は一刻を争うと思ったかも知れないが、まずは父親としっかり話をすべき。
安楽死が考慮される状況なんだよ。副作用のリスクは大きい。
耐性菌とか言ってるけど、神眼で効果が見えれば、1種類の薬で問題ないはず。
その後は体力との相談になる。

皇帝が薬を飲んでくれただけで、誰でも簡単に薬が作れるとか、はしゃいでるし...
{/netabare}
【4話 皇帝陛下と創業勅許】{netabare}
皇帝に投薬しても助からない可能性を認識しながら、パフォーマンスをしていたと。
治療失敗したら、自分だけじゃなく父親の首も飛ぶとか考えないの?
父親がブチ切れたのは当然だよね。

さらに侍医たちを無視している。これじゃ医師からも敵視されるよね。
医師との関りは、極力描かないようにしているようだね。

運よく皇帝が改善して、ご褒美で宮殿を立ててもらうことに。
えっ、これ薬局なの?
{/netabare}
【5話 異世界薬局の日常と化粧品】{netabare}
お店が流行らないって、庶民がこんな外見の建物に近づく訳じゃない。
あっと言う間に貴族感覚になってしまったようですね。

で、化粧品ねえ。製薬会社は基礎化粧品くらいしか作らないけど。
そもそも世界トップクラスの薬学研究者様が、化粧品のテストを請け負いますか?
前世の設定もめちゃくちゃですね。

セリサイトは化粧品の成分だけど、データ不足で、安全性は何とも言えないのでは。
数十年経ってから起きる、中皮腫のような病気もあるからね。
鉱山で掘ってきたのかな?チート能力では合成できないタイプの物質のように思うけど。
{/netabare}
【6話 兄妹と海】{netabare}
普段から自分には影がないこと、それを他人がどう思うかを全く気にしていない主人公。
危険フラグを無視してトラブル発生。チート爆発で教会に目を付けられる。

皇帝に作ってもらった店を破壊されたら、まずは報告だよね。
なんでも自分一人で対応しようとする。その挙句、取り囲まれる。
いろいろ自業自得だよね。
まあファンタジーっぽく見せるための、アクセント程度のエピソードでしょう。

処方箋があるの? 誰が書いてるの? その薬は誰が作れるの?
{/netabare}

投稿 : 2022/08/15
閲覧 : 239
サンキュー:

1

ネタバレ

W.vst さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

初回はなろうらしい導入、2話からが本番

薬局をテーマに置いた異世界モノ。

1話感想
{netabare}いつものって感じの初回でした。

薬学研究者である主人公が過労死し、宮廷薬師の名家の次男と人格が入れ替わる形で転生、ついでに規格外の神術も手にしちゃいました、というのが今回の話。

見てて感じたことですが、設定や展開がどこか暗殺貴族に似てる気がします。
主人公の前世が世界トップクラスの職に就いていることとか、名家の息子に転生するところとか、湖の畔で魔法を試し打ちするところとか。

で、話の面白さとしては個人的には特に面白くはないといったところ。
主人公が常軌を逸した能力を持っているという時点で使い古されたなろうテンプレ感が凄くて呆れますし、主人公が若干無自覚な感じなのも不快感を増長させていました。

今期はやたらテンプレ異世界モノが多い気がします。今後も主人公の無自覚イキリばかり見せられるようでしたらクソアニメとして見るかも。{/netabare}

2話感想
{netabare}主人公の無自覚イキリが鼻について微妙だった初回でしたが、今回の話は面白かったです。

なかでも良かったのがブランシュを治療するパート。
父親からブランシュが水痘に罹っていることを知り、持ち前の神術を活かして薬を調合し、それをブランシュに飲ませて治療させるまでの過程が丁寧で面白かったです。

他にも、異世界モノではよくある身分の格差や薬価問題にまで細かく描いていることや、現代世界と異世界の医療技術の差異について主人公が考えたりするのも良いと思いました。
こういう専門的な設定や話を入れるのは薬局というテーマに沿っていて面白いですし、自分が見たい話ともマッチしているので楽しめました。

次回も楽しみにしています。{/netabare}

3話感想
{netabare}順当に面白くなってきている気がします。

ファルマが父親に「陛下を治療させてほしい」と懇願する描写や、父親を見て患者との向き合い方を再確認し、薬師として世を支えてきた父を敬する描写が良かったです。
主人公の無自覚イキリがなくなってから見やすくなりましたね。

果たしてここからどこまで面白くなるか、今後も見守らせていただきます。{/netabare}

4話感想
{netabare}陛下の命を救ったことを讃えられ宮廷薬師へと昇格、同時に薬局開業の許可も降り、いよいよ薬局運営に取り掛かる話。

陛下の病気を治癒してから薬師としての手腕を認められるまでの過程が丁寧で面白かったです。
薬局運営のための資金を提供する父親も良いキャラであることが窺える話だったと思います。{/netabare}

投稿 : 2022/08/14
閲覧 : 85
サンキュー:

1

ネタバレ

アハウ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

薬屋って楽なの?

なんで異世界ってヨーロッパみたいなところが多いのでしょうか。
薬屋も人気?
「チート薬師のスローライフ」
「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました」
これらはなんちゃって感がありますが、これは少しはましな気がします。

ファルマ・ド・メディシスってメディチ家?
すごいもの持ってきましたね。
ルネサンス期のイタリア・フィレンツェにおいて銀行家、政治家として台頭、フィレンツェの実質的な支配者として君臨し、後にトスカーナ大公国の君主となった一族である。
またマリー・ド・メディシスはブルボン朝の起源となった。
※「メディチ」は「医師」という意味で、先祖は薬種問屋か医師であったのではないかとされている。

薬名が出ますが微妙ですね。説明が不足している感じですが、詳しくしても面白くないし、わけわかめになりそう。(例えば三環系、四環系とか言われてもなんのこと?になりそう)でもありがたい感じにするのは必要。
でも毒にもなるのですから、菌類や植物などから採れるなんて言ったらみんな実践して危険そう。
「残響のテロル」でナインたちの手口が間抜けだったのは、詳しく描くと真似するものが出てくので、詳しく書かなかっと監督が説明していた。

シャルロッテはドイツ語風。
でもエリザベート女王とか言ってるようじゃ馬鹿丸出し。

豊崎さんすごい。モモと全然違う。
ロッテの本渡さん可愛い。さら本渡さんが得意な長縄さんもでているw

これから、敵と対峙してくのが楽しみです。
ファルマの周りは薬神の加護があって培養ができないのは間抜け。

投稿 : 2022/08/13
閲覧 : 54
サンキュー:

4

ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

5話 一番危惧していた繁盛記になっちゃったなあ。店は結論で最後で良かったのに…

1話 ラストシーンがなければ1話切りでした。あれで次回見る気になります。

{netabare}  先に文句を言うと、薬谷という名前と、あの共同研究がうんうんという冒頭の説明的な感じで、おやおや?という感じです。あと異世界転生時の驚きというか演出について今更云々いってもしょうがないですが、アレ?という感じもありました。
 いつもならPCの論文を読んでみようと思いますが、さすがに難しそうなのでやめました。ペニシリンという単語があった気がするので、多分ちゃんとした論文なんでしょう。
 検証したわけではないですが、雷云々のところなど見ると、多分知識的にはちゃんとしてそうです。実験の開始時間終了時間を記録するなど現実を知ってそうですし。

 目の作画を見ると正面なのにバランスがおかしい?なんか原画マンの手癖っていう感じです。

 エロいへそ出し乳袋先生。眼鏡が下フレームとかその文明の発展度では不可能だろうと思います。デザイン重視なんでしょうねえ。

 1話で既に既視感が満点です。まあ、設定と「無の属性」とかチートの説明なので、具体的には次回からでしょう。

 クスリの知識の期待感とラストシーンの「影がない」で先生が逃げなければ1話切りするところでした。この展開があったので、次を見る気になりました。
 転生後のチートとして薬屋は沢山あるので、どうなるかはこれからですね。{/netabare}



2話 テンポが良く結構面白い。設定をストーリーで見せているところがグッド。薬設定がまだイマイチ飲み込めませんが、医は仁術的なテーマがあるんでしょうか。

{netabare} 冒頭の先生のお見舞いから島での特訓のギャグパートはかなり面白かったし、話のテンポが良かったです。妹の件を一瞬で片づけ設定と世界感の説明をして来週につなげると言う脚本は、非常に好感がもてました。来週がまた楽しみになります。
 
 この薬神さまのチートって病気が分かることと、現代日本の薬を化学的ではなく魔法で合成できるということですね。ということはポーションの話から言って、怪我や病気の快復は今の医学以上のものではない?そこが魔法で強化されるかどうかですね。

 平民と貴族の医療サービスの差があるということとで、医は仁術的なストーリーになるんでしょうか。

 1話の冒頭はちょっとどうなるかと思いましたが、1話の後半から2話にかけて面白かったです。とにかくなかなかいい出来の異世界ものだと思います。視聴決定ということで今後レビューに残したいことがあれば追記します。 {/netabare}




5話 発想は良かったがストーリーがどんどんテンプレに…

 妹の死、そして科学者として人の命は救いたい。そこはいい話だと思います。そして2話。テンプレ部分をテンポ良くどんどんこなして、さあ、物語はこれからだと期待しました。

 3話 あれ、いきなり陛下を助けるって…それってオールマイティのジョーカーを手に入れるっていうテンプレです。これはいただけません。
 しかし、父親との確執で「考えの違い」が表せていましたし父を下に見ることで俺TUEEEでなく、父の能力の高さを表現した上で話が進んだのはとても良いと思います。これで見直しました。元の世界との考え方の差が上手くでていました。
 
 ただなあ、4話5話と話がどんどん陳腐になってゆきます。

 あれだけ頭がいい人間がいきなり店舗を手段として確定するというところから、話がおかしくなります。オカルト・慣習・せいぜい薬草などしかない世界で「ほら、薬屋だよ、いらっしゃい」とは言わないでしょう。少なくとも民間の医療の実態を調べてから手段を探すと思います。

 いかにも貴族的な店構え…というか貴族は店は使わないと思いますがそういう貴族の習慣や既得権益とかに、原作者も気が付いていると思うんです。その解決が化粧品かあ…うーん。ちょっと陛下の件は別にすると発想や展開に感心していたのに、急におかしくなったかなあ。原作者の気付きを上手くストーリーに落とし込めてない感じです。

 化粧品の危険性が話に出たと思ったら、いきなり事件が起きて解決。そして無事庶民からも貴族からも認知って…このプロセスの苦労が面白そうなのになあ…壊血病もそうですけど、解決への苦労がないから魔法で解決するのと展開が変わりません。むしろ面倒な説明が多い分テンポが悪いです。

 化粧品なら「聖女の力は万能です」みたいに化粧品づくりそのものはチートでも、女心とか貴族の生活とかそういうところを上手く描いていました。「本好きの下剋上」みたいに衛生面の描写をしてもいいと思います。
(そういえば「アンケート」という概念の有無にまで「本好きの下剋上」は原作で踏み込んでいます。本作は平民のメイドがいきなりアンケート取ってきちゃうし。紙の値段とかにも踏み込んでないし。そのくせ識字率を言い出すし。本作は、リアルをやりたいのかテンプレ異世界チートをやりたいのかどっちも中途半端です)

 本作は科学的知識による治療と異世界の文化・生活・価値観のコンフリクトをどう解決するかがテーマかと思っていました。結核まではそれがあったと思うんですけど、一番肝心の「店」の存在価値、成功要件で手を抜いてしまいました。
 これならあのエロメガネ白衣の魔法先生と協力して魔法で解決しても一緒です。医薬品チートなら、薬をつくるプロセスを現代医薬品に置き換える必要はありません。
 これじゃあ異世界のマヨネーズとかリバーシ的なテンプレ話になってしまいます。


 いきなり薬屋繁盛記じゃなくて、平民の苦労や生活習慣、薬を売ろうにも薬というものが庶民といかにかけ離れているかとか、話に出ていた壊血病とか鉛中毒みたいな、そういう部分を丁寧に解決しながら薬屋に行き着くプロセスを描けばいいのに…
 ありきたりのなろうじゃなく魔法をうまく科学と融合しようとする方向性は買いますけど、1話2話…せいぜい3話まであった期待感がなくなりました。面白くないわけじゃない、と言いたいですけど、4話5話…特に5話はつまらなかったです。

 今後チェックするかもしれませんが一旦断念で。

投稿 : 2022/08/09
閲覧 : 123
サンキュー:

8

yuk さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

今のところ面白い(5話まで視聴)

内容はまあどこかで見たような物語ですが、それなりに面白いです
アニメの内容よりも驚いたのが豊崎さんです
キャストを見るまで主人公の声が分かりませんでした
他の方なら少年役を演じても
元の声から想像のできる範囲ですが
豊崎さんの声は全く分かりませんでした
幅広く演じられるすごい方ですね。

投稿 : 2022/08/08
閲覧 : 58
サンキュー:

1

大貧民 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

薬局ものの中ではわりとマシ。

今までの薬局ものが、けっこう酷かったので比較してわりとマシ。
チートなのはお約束。
前世が薬品開発医で、天才外科医とかでは無いので、薬局。
知識が役に立つのでこちらの方がなろうとしては相性がよいかも。

投稿 : 2022/08/07
閲覧 : 28
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

「現代の薬は万能です」?

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
現代日本の薬学研究者であった薬谷完治は目を覚ますと、宮廷薬師の名家ド・メディシス家の息子、ファルマ・ド・メディシスとして転生していた。 ファルマは間違った治療法や薬の調合、医療行為と呼べない呪術やまじないが横行するこの世界の医療に絶望する。 前世で培った現代薬学に加え、異世界で手に入れたチート能力【物質創造&物質消去】、貴族だけが使える【神術】を駆使し、あらゆる疾病に立ち向かう。 そして、真に効果のある薬を広く人々に届けるべく『異世界薬局』を開業する……。 異世界チート×現代薬学!異世界の医療を変える人助けファンタジー、本日開業!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:高山理図(「異世界薬局」MFブックス/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:keepout
監督:草川啓造
シリーズ構成:渡航
キャラクターデザイン:松本麻友子
美術監督:細井友保
色彩設計:林由稀
撮影監督:伊藤康行
音響監督:立石弥生
音響効果:猪俣泰史(ゼロウェイブ)
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
音楽:加藤達也、宝野聡史
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:ディオメディア

主題歌
OP:「夢想的クロニクル」石原夏織
ED:「白雨」Little Black Dress
{/netabare}
キャスト{netabare}
ファルマ・ド・メディシス:豊崎愛生
エレオノール・ボヌフォワ:上田麗奈
シャルロット・ソレル:本渡楓
エリザベート二世:伊藤静
ブリュノ・ド・メディシス:乃村健次
ブランシュ・ド・メディシス:長縄まりあ
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第1話 転生薬学者と異世界
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
世界トップクラスの薬学研究者であった薬谷 完治は目を覚ますと、宮廷薬師の名家ド・メディシス家の次男ファルマ・ド・メディシスとして転生していた。転生後の能力【神術(しんじゅつ)】にも目覚め、家庭教師のエレンに力の使い方を教わるが、ファルマの神術は常人のものを遥かに超越したものであった―
{/netabare}
感想
{netabare}
薬谷さんは子どものころ、妹を癌でなくして
良い薬さえあれば。って思いながら
がんばって薬の研究してたら、過労で死んじゃって
宮廷薬師の名家の次男に生まれ変わった。。

そしたら、すごい能力が身についただけじゃなく影まで消えたから
家庭教師のエレンに化物あつかいされて、逃げられちゃった。。
ってゆうおはなし。。



薬学の本の記憶はあるのに、日常生活の記憶がないとか
フシギなところはあるんだけど
ちゃんと前世の仕事とか目的がはっきりしてるだけで
何となく落ち着いて見られるみたい^^

異世界に転生したら、チート能力を手に入れて
みんなからちやほやされるんだったらいいけど
化物あつかいされるのはかわいそう。。

でも、すごいチート能力を持ってるだけなら人間だけど
影がなかったら人間て呼べないような気もする。。


おはなしはよくある、主人公が異世界転生でチート能力ゲット
ってゆう感じかな。。

作画はまあまあ良いから、何話か見てみるね☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第2話 師匠と弟子
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「家庭教師を辞めたい」エレンからの申し出を伝えられたファルマは、人ならざる力を持つ自分に恐怖を抱く彼女を説得に向かう。エレンに再び家庭教師をしてほしいと願うファルマの願いは届くのか。一方その頃、ブリュノには宮殿から召喚の知らせが来ていて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ファルマがエレンを引きとめて、神術の勉強。。

使用人の人たちに、薬を作ってよろこばれたり
妹の水痘に、ナイショで薬を作ってあげたり。。

ってゆうおはなしだったけど
神術があったり、影がなかったりするだけで
この世界に化学なんか、必要ないんじゃない?って思う。。

だって、トリックでも使わなかったら、自分だけ影を消すなんて
にゃんたちの世界の科学では無理だし
この世界には、そんなことができる神様とかいるみたいだし^^

それに、この世界の薬が健康ドリンクぐらいにしか効かないって言ってたけど
日本人のほとんどがワクチンうってるのに
感染者が増えてるってゆうのを見たら
にゃんたちの世界の薬だって、自慢するほど万能じゃないと思う。。

そんな薬をわざわざ出すより
患部を神術で治したりする方が、よかった気がするんだけど
そう言い出すと、ほかのおはなしとかぶっちゃうのかな^^
{/netabare}
{/netabare}
第3話 筆頭宮廷薬師と転生薬学者
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ブリュノに連れられ宮殿に訪れるファルマ。そこには病に臥せる若き女帝エリザベート二世の姿が。その場にいる誰もが疾患を特定できず、治療を諦めている状況の中、ただ一人、ファルマだけは諦めていなかった。治療を申し出る息子を静止しに入るブリュノだったが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
筆頭宮廷薬師のお父さんの助手として
女帝エリザベート二世の治療に向かったファルマは
エリザの病気が白死病だと見抜いて、薬を作って飲ませた
ってゆうおはなし。。



雰囲気はいいおはなしだったけど
お父さんがファルマを止める理由がよく分からなかった。。

薬を作ってるファルマを止めに来て
「不治の病の者を絶望におとしいれてどうする?」とか言ってたけど
それって逆で、エリザに希望を与えたから新薬をOKしてくれたんじゃない?

あと、エリザの命は明日まで、みたいな雰囲気だったけど
そこまで悪くなった人に薬をあげても
効く前に死んじゃうことだってありそう。。

薬神の加護があるから助かるってゆうんだったら
別に薬なんかいらなそうなんだけど。。

それでも「Dr.STONE」の千空が抗生物質を作ったのとくらべたら
何種類か混ぜただけでも、効きそうかも^^


それと、みんなに細菌を見せてたけど
細菌って、顕微鏡とか使わなくっちゃ見れないくらい小さいと思うけど
あんな道具で見れるもの?

それに、抗生物質だと、その場で治ったかどうかも分からないのに
みんなすぐに騒ぎすぎだし
ファルマが「これは誰にでも簡単に作れる物です」って言ったのも
どう見ても、誰にでも簡単に作れる物じゃないと思う^^


でも、あんまり考えないで見るには
なろう系アニメにしてはわりと面白いほうかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第4話 皇帝陛下と創業勅許
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
皇帝の命を救った功績に対して褒美が与えられることになったファルマ。将来の目標を聞かれ、「平民・貴族の区別なく、どんな病人にも安全・安価な薬を処方できる薬局を開くこと」と答える。数日後、建設業者たちが突然ファルマの元を訪れる。瞬く間に完成した建物は「異世界薬局」と名付けられて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ファルマは皇帝の命を救ったごほうびに、正式な宮廷薬師になり
平民にも使ってもらえる値段の薬を売る薬局を作ってもらえることになり
平民や、平民たちのための薬師ギルドからは冷たい目を向けられたけど
お父さんから経理担当の召使と資金もらって開店することになった。。



いいんだけど、平民薬師ギルド長の人が、イヤミな感じかも。。

相手は貴族で宮廷薬師なんだから
うらみでも買ったらすぐにクビになりそうなのに
どうしてあんな態度でいられるかフシギ^^

あと、良く効く薬を安く販売するようになったら
今までやってたほかの薬屋さんがつぶれて
オーナーや家族、従業員の人とかも困っちゃいそうなんだけど
そうゆうことも考えてるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
 
.また来週ノシ

投稿 : 2022/08/03
閲覧 : 88
サンキュー:

13

奥田太鳳 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 2.0 状態:----

面白くはない

スローライフ系はある程度の需要があるのだろう。けど俺は好みじゃない。シリアスな感じかと思いきやなんかゆるい…中身があるように見せかけていざ蓋を開けてみるとなんにもない。少なくとも現段階では見当たらない。

投稿 : 2022/08/01
閲覧 : 45
サンキュー:

1

mimories さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

3話視聴後

 
原作未読。

とてもテンポがよく観やすい作品。…なんだけど、テンポを良くするため本来描くはずの部分もシレッと削ってる感じがする。なので、細かいところが気になる人はモヤっとするだろうし、気にしない人なら楽しく観れるんじゃないかと。

個人的には脚本で少々丁寧さを欠いてると思ってるんで、まだ微妙な気持ちで視聴中。評価はあらためて。

投稿 : 2022/07/30
閲覧 : 43
サンキュー:

1

ラス★ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

こ、これは!!

見逃していました!!

危なかったデス(汗)

お気に入りの棚に入る作品かと…たぶん

投稿 : 2022/07/27
閲覧 : 66
サンキュー:

2

ネタバレ

めう さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

二話で断念

一話感想
{netabare}
なろうは漫画派で(この作品は読んでない)、アニメはほとんど一話切りしてた。
この作品も序盤は、
 他のなろうとそんな変わらん感じか~ 切ろうかな~
と思っていたが、一話の後半で、他の作品では無双ばっかしそうなところを、恐れられ、その上近寄らないで!と言われたところを見て、他のなろう作品とは違うのかなと思った。最後に驚かせられたので、引き続き視聴したいと思う。{/netabare}

二話感想
{netabare}前回の終盤で、主人公が気味悪がられて人が離れていったのが個人的には面白かったのに、二話の序盤で仲良くなってて面白くなかった。今のところ継続視聴意欲が掻き立てられないので、よっぽど世間の評価が高くない限り再視聴は厳しいかと思います。{/netabare}

投稿 : 2022/07/22
閲覧 : 97
サンキュー:

1

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

なろう系なのに、普通…だと?

詳細は公式でも。

「小説家になろう」発の異世界転生モノです。

まあ、ベタに異世界転生して少年を乗っ取り、からの最強クラスの魔力を持つ主人公という、もう飽き飽きしている展開ではあります。

ですが、実在する医薬品と疾患を題材としているということで、執筆にあたっては専門家や医療従事者の指導を仰いでいるというのが珍しいですね。

いや、そんなの作家なら当たり前のことなんですが、いかんせん「なろう」では専門的な知識が必要なことは書かないというのが不文律となっているので、主人公が何らかの病気で落命して異世界へと旅立つというのも、心臓に何らかの疾患があるといったボカしかたをしたりします。

下手に心筋梗塞とか書いちゃうと、ツッコまれたときに困りますもんねw

その点では、専門家指導のもとで書かれた作品というのは、一般的には普通のことでも「なろう」では異例中の異例なんですね。

なので、1話時点では「普通」。でも、「なろう」なら良作といった立ち上がりじゃないかと思います。ま、今後、無自覚系の俺TUEEEEE物語になっていくことが予想されるので、うんざりしたらおさらばしますが。

=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}
んーっと…

根本的な設定のおかしさが気になります。
主人公が前世で妹を病気で亡くしましたよと。で、助けられなかったと心に病んで、薬学博士を目指すと。

え? 普通は医者を目指さない?

なんか、いいエピソード風に描いているのかもしれませんが、大前提としておかしい気がして、その回想が挟まれるたびに「なんで医者を目指さなかったの?」と思ってしまいます。

たとえば、逆に妹が薬のお陰でメキメキと元気を取り戻した。薬学ってすごいんだ。で、薬学博士を目指すなら腑に落ちるんですよ。別に、そっちにしたってストーリーに大きな影響はないでしょ。どうせ異世界転生するんだから。

それと、異世界転生・転移モノ全般に言えることですが、転生前はおっさんだったんですよね。なんで、すっかり子どもの精神になっちゃってるんですかね。これは、あの名作「本好きの下剋上」でも逃れられなかった唯一の失策です。

そして、この作品で最大の問題点。主人公は「神レベル」の魔力量を誇る魔法使いということ。

いや、あのさ。それじゃ、薬学知識とか要らなくね?

いちおう、ジャンルとしては異世界転生して前世の知識を生かして活躍する「知識チート」ものですよね。そんな前世の薬学知識を凌駕する魔法の実力を付けちゃったら、全部それで解決できちゃうじゃないですか。

なんかね、いろいろと惜しい感じがするんですよね。もっと面白くできるんじゃないかなって。
{/netabare}

投稿 : 2022/07/21
閲覧 : 93
サンキュー:

2

ネタバレ

TaXSe33187 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

世界観は良い

なろう系おクスリ
割としっかりした薬学な雰囲気と、いい加減うんざりなチート要素

現地人への憑依系ってことで正直あんま好きなタイプではない
ただ、元いた人格に対する言及が主人公・身内の双方からあるのはプラス
先生がしょっぱい全肯定マシーンにならず、主人公を化け物と思うのは好き

ただし主人公の性格的な部分は…
{netabare}結局いつものチート主人公というのはまだしも、なんで馬鹿な無自覚方面にしたんだろう
なろう系小説だから無自覚無双させなきゃ!みたいな感じなのかな?
せっかく舞台や人間関係はちゃんとしてるのに、主人公周りだけ手垢がこびり付いた出来

神術の異様さや影がない様子から先生が怯える流れは良いのに、
そこに主人公の考えなしを重ねるせいでイマイチ没入できない
自分の能力に対する異質さは理解してるのに、その上でアホな振る舞いを続けるのはやめてほしい

これ多分神術チート無い方が良いでしょ
つーか物質取り出せるなら見知った高分子化合物取り出して薬学パートすんなり片付きそうなんだけど…
なんか求めてることに対して主人公の能力設定が飛び抜けすぎてる印象
ここからしっかり挽回するかがポイントかなー
{/netabare}

1話の時点では中の下くらいの感じ
なろう系アニメとしては上出来だけど、「なろう系としては」で終わらないといいな


2話視聴
もう案の定じゃん…
チート能力で構造を知ってる化合物を生成して人助け()
あんまり高尚なもんで真顔になってしまった

{netabare}世界観とコンセプトは良いのに主人公が動き出すと途端に陳腐になる
使用人に薬を配る、までは中世(というか近世かな)に対する知識と実感の違いってことで一応理解できる
でも、配る薬が色々おかしいでしょ

なんでステロイド使ってんの?この世界の水準を超える薬をホイホイ配るなよ
「必要な人間だと認められるため」ともっともらしいこと言ってるけど、
当主を超える能力をアピールして使用人からの求心力を得るって絶対アウトでしょ
この世界の医学・薬学・世襲・信仰すべての点で父親や長男との関係に亀裂が走る行動
いや、薬神の紋章とチート能力を振りかざして御家を乗っ取るつもりなら別にいいんだよ?
でも、そういう野心がないのならあまりに軽率でしょ…

つーか使用人それぞれに調合を変えた薬を渡すってなにそれ?
明らかに非効率だし、今後使用人の入れ代わりの度に同じことする気なの?
求心力を得る目的であっても個別の処方までする必要はない

そもそも給金を払って雇った相手を「家族みたいなもの」だからと薬代なしに治療するのは…
これは単純に人間関係の問題じゃなくて、医学・薬学の進歩の問題として対価は必要でしょ
「特権階級に独占されたもの」から「市井に広まる職業」へのステップを放棄してる
結局「特別な家で働くと特別な手当がある」という、技能の独占からなにも変わってない
異世界のおクスリ事情に打ちのめされた描写があったけど、何より自分がその片棒担いでるじゃん

と、そういう人間関係や社会問題を全部捨て置いてもまだ問題がある
チート能力で作った薬をそのまま人に渡すのって駄目じゃない?
それってあまりに属人的すぎる技術だし、仮に主人公がもっかい落雷受けて死んだら後に遺らないよね?
「軟膏作ったよ!自分しか作れないよ!精製法?自分も知らないよ!」はさすがに…

結局薬学って珍しいテーマを持ち込んだ割に、やってることはスマホ太郎の無属性魔法と一緒なんだわ
薬学の可能性って、後世にも残り、第一人者から離れた土地でも使える普及性と量産性が最大の強みじゃん?
コイツがいなくなった瞬間消えてなくなるならそれは技術じゃないわけよ
ルーツこそ現代科学でも、1話で胡散臭げに独白してた「魔術的なもの」と大差ないわけ
そこに対する観点を完全に忘れたように振る舞うのはおかしいでしょ…

こういう「主人公の特別感」を演出してる部分が舞台設定から完全に浮いてる
こんな雑なノリだから、家庭教師の先生が見舞いの言葉と花だけでチョロく籠絡されてもある意味納得
異質なものと仲を深める姿を丁寧に描けばそれだけで面白いのに、結局お安いヒロインでしかなかったんだなと
所詮は「なろう系」だなーって思いと、そういうのを薬学の権威性で誤魔化す薄っぺらさは失望しかない
{/netabare}

監修を受けて作られてるらしいけど、「監修で得た知識を使える賢い自分」に酔ってるんじゃない?
「異世界に現代薬学の知識を応用する」じゃなく「劣った世界を丸暗記知識で蹂躙する」でしかない
見て呉れ以外はゲーム世界をそのまま流用してる作品たちと同類だよねって感じ
3話の出来次第で今後視聴を続けるか決める

投稿 : 2022/07/21
閲覧 : 63
サンキュー:

2

なんとか さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

悪くない

話がわかりやすくて、観やすかった。テンポも悪くないです。
いろんなアニメを見始めてけっこう長くなるけど、メカと美少女とバトルは、少しうんざりしています。(あと、その話オリジナルの設定が凝り過ぎているもの)次からの3話、4話は多分前半の見せ場になりますね。

投稿 : 2022/07/19
閲覧 : 28
サンキュー:

1

saitama さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

1〜2クールにはかなり向いているアニメかも

原作ウェブは読んだ。

■1話視聴

原作はSFの世界観がかなりしっかりしているので、多分ストーリーは今後とも破綻しないと思う。なので、ぼちぼち期待して見ている。骨格がしっかりしていると、アニメ化されても観やすい。

実際のところ、原作は技術(能力?)インフレが酷くて、途中からはつまらなくなっている。このあたり、現実技術を取り入れた医療系の塩梅の難しさだと思う。

アニメは、1〜2クールやったところで、そんな原作部分には追いつくことないので、良い感じにまとまると思う。

ただ、医療設定というか、ストーリーがしっかりしている分、まだキャラクターとかにそこまでの魅力はあるのか不明。実際、原作もそこまでキャラに思い入れを感じて読むことはなかった。

なので、アニメ化による全体的な面白さが底上げされたのかどうかは、今後じっくり観ていきたい。

投稿 : 2022/07/19
閲覧 : 26
サンキュー:

1

かつくん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

チート薬師のスローライフより良い

原作は全く知りません

異世界 チート 反日 コロナ ってワードにはもう飽
き飽きしているのですが、1週間過ごすにはそれなりに
続けて見れそうな作品数がないと困るので、これは続け
て見てみようと思う

無職転生のようなスタートから舞台と戦う相手は異世界
と病 RPG感覚はないかもしれないけど、人の事を想う
温かみを感じそうな予感がした

投稿 : 2022/07/18
閲覧 : 35
サンキュー:

2

ネタバレ

动画三郎 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

面白かった。

異世界ものは、作品タイトルから評価が全く出来ないので。蓋を開けてみてのお楽しみになりますが、面白かったです。
原作(漫画)をUNEXTで、2巻まで無料レンタルで面白かったので、8巻まで(販売戦術にまんまとのり(^o^;))購入しました。面白かったです。
僕的には感動できるとこもを多々あり、雑に例えると『異世界仁』って感じで良かったです。
アニメの方も期待しています。

投稿 : 2022/07/13
閲覧 : 31
サンキュー:

1

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観たい

なろう系には今更でしょうけれど無職転生とほぼ同じ出だし過ぎ…

なろう系は色々文句も言われますが、人の好きな要素=テンプレを忠実に描写しているので、なんだかんだ面白い場合もあったりします。
こういうの好きなんでしょ? という要素だけで作れば、それなりには面白くなるわけですね。
逆にそういうのが安っぽくて鼻につく場合も多いのですが…。

本作は無職転生で面白かった部分を、ばっちりそのままリピートしていますね。
…じゃあ無職転生をもう一回見たほうが良くない? というのはしちゃいけないツッコミなんでしょうか。
やっていることは大体同じですが、あらゆる点で無職転生の方が数段上です。まああまり比べちゃ駄目ですね。

さて、本作独自の要素としては主人公の薬学知識があります。
てっきり主人公は地球の薬学知識を生かした薬学チートを見せてくれるのかと期待したのですが、結局魔法の才能に秀でてるの?
しかし魔法がある世界で薬学は意味あるんですかね。いや癒やしの魔法は存在しないのかな?

とまあ、ここまではただでも低い期待がさらにげんなり下がる点でしたが…。
しかし気に入った点もあります。

主人公の魔法を見た二人のヒロインの反応が全く違った点は良かったです。無邪気に喜んでくれるメイドに、化け物と怯えて逃げる先生。
ここは良かったですね。ヒロインの個性がちゃんと出ています。

近眼でメガネを壊したヒロインの手を引いたのに、ヒロインは主人公の手を握るのを怖がったりと、感情の動きがちゃんと表現されていて、
無職転生のパクリ過ぎてなんだよ、と思いましたが、そこらのなろう系よりマシな部分もあってちょっと気に入りました。

感情がちゃんと描けるというのはものすごく重要なポイントなので、意外と面白いかもしれません。
できれば見てみたいと思いました。

投稿 : 2022/07/12
閲覧 : 44
サンキュー:

1

羽宮 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

知識がある方の薬局アニメ

なろう系。
作者は医学博士で、専門家や医療従事者が監修しているガチなやつ。
既に日本薬剤師会とのコラボが始まっていてポスターが貼られていたりする。

ただこの作者はだいしゅきホールドの起源が自分だと嘘松主張したことで過去に炎上、未だ完全な鎮火には至っていない。

具体的には「#しれっとすごいことを言う見た人もやる」のハッシュタグで高山理図氏が自分の作品をイキり口調で宣伝、それが2.7万いいねの万Buzzをした結果本当の起源の作家の目に留まって炎上、といった経緯。

簡単にいえば、先のゆっくり茶番劇事件で商標登録をした柚葉と同レベルの人間だと思って相違ない。2年以上経って未だに鎮火していないということは、よっぽど"そういうこと"を発言していたわけである。
アニメ化に当たってTwitterアカウントは削除されている(賢明)。

ちなみにTwitterでは「異世界だいしゅきホールド薬局」のツイートが多数。
Google検索のサジェスト上位には「炎上」「だいしゅき」「なんj」「ブーメラン」が未だに健在だったりする。
……でもまぁアニメ化はできてるし作品に罪はないということで前置きはこのくらいにしておきましょう。

主人公のCVが愛生というのがまず何よりも驚いた。ショタボが上手すぎてED見るまで全然わからなかった。
他にもえーでちゃん、うえしゃま、静様、人気どころの声優で固められていていい感じ。
導入は説明の連続だったものの特に不快感はなく、1話としては結構良かったと思う。

投稿 : 2022/07/11
閲覧 : 58
サンキュー:

2

ビマ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

原作は現代知識チートファンタジーの中でトップレベルの面白さ!

勿論、原作所有しております。めちゃくちゃ面白いです。

簡単に紹介すると
大人気となったTVドラマ『仁〜jin』の異世界(中世ヨーロッパ風)の貴族の子供に転生、薬学無双版みたいな話+魔法もあるよ的な感じですね。
このくらいならタイトルからも想像できるのでネタバレじゃないよね?

まだ作画も声優陣も確認してませんが(怖くて)原作は問答無用に面白いのは間違いありませんよー!コミカライズ版も面白いのでアニメに不満があってもなくても読んでみて下さい!

投稿 : 2022/06/29
閲覧 : 77
サンキュー:

2

Kuzuryujin さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観たい

現代医療から愛を込めて

(2022.6.6初投稿 6.15改訂)

 原作の異世界薬局は、2015年7月からなろう投稿開始。7年後の2022年6月15日にそのweb版完結。

 書籍版、コミック版含め愛読中。異世界転生もので、主人公の前世は31歳という若さで過労により急逝した、薬学界の一流研究者。若くして愛する妹を不治の病で失くして以来、命の尊さを重んじ創薬に命を捧げた。

 基本は魔法と悪霊が登場するような、よくありそうなファンタジーだが、プロの医療監修付きでアカデミックなのが好い。他のなろうものとは一味違い、地に足が着いている感。

 ここでの異世界観は中世ヨーロッパがモデル。医療レベルもその時代とほぼ同等。地球の現代医療知識と異世界魔術(本作では神術という設定)がコラボすることで、時には現代でも救えない命をも救う。なろうよくある、ゲームどっぷり脳系、若輩で凡人なのにいきなり最強になるような変身願望叶える系主人公などとは違う。本作の主人公は、なろうチート要素も多分にあるものの、前世から才能ある真っ直ぐな使命感に燃える地道な努力家で、その活躍には惜しみない拍手を贈りたくなる。

 さらにこの主人公の運命、今生と前世が交差する謎も多く、それもまた原作の魅力。

 アニメでは、仮に一期で2クールあっても原作の本当の魅力は描ききれないだろう。この後、放送後にレビューするかしないか今はまだわからないが、アニメ長期シリーズ成就の祈りを込めて、放送前にも関わらずオール5で投稿しておく。

投稿 : 2022/06/15
閲覧 : 85
サンキュー:

1

glashutte さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2022/08/17
閲覧 : 0

アニメ評論家1号 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2022/08/17
閲覧 : 1

coron さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:今観てる

投稿 : 2022/08/17
閲覧 : 0

てつ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2022/08/16
閲覧 : 1

ダイクニ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/08/15
閲覧 : 3

ゆー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/08/09
閲覧 : 0

ネムりん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2022/08/09
閲覧 : 30
次の30件を表示

異世界薬局のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
異世界薬局のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

異世界薬局のストーリー・あらすじ

現代日本の薬学研究者であった薬谷完治は目を覚ますと、宮廷薬師の名家ド・メディシス家の息子、ファルマ・ド・メディシスとして転生していた。 ファルマは間違った治療法や薬の調合、医療行為と呼べない呪術やまじないが横行するこの世界の医療に絶望する。 前世で培った現代薬学に加え、異世界で手に入れたチート能力【物質創造&物質消去】、貴族だけが使える【神術】を駆使し、あらゆる疾病に立ち向かう。 そして、真に効果のある薬を広く人々に届けるべく『異世界薬局』を開業する……。 異世界チート×現代薬学!異世界の医療を変える人助けファンタジー、本日開業! (TVアニメ動画『異世界薬局』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年夏アニメ

この頃(2022年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ