新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「オーバーロードIV(TVアニメ動画)」

総合得点
75.4
感想・評価
278
棚に入れた
988
ランキング
751
★★★★☆ 3.8 (278)
物語
3.8
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

オーバーロードIVの感想・評価はどうでしたか?

つきひちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

飽きてきたので見方を変えてみた。

大人気シリーズの4期

主人公は圧倒的な強さのガイコツ(ゲームの世界に残された人間だったような、違ったような)
くらい昔の話でだいぶ忘れました(*´ω`*)

この主人公はとにかく強くて、従えている魔族の側近も異常な強さ。
ヒヤヒヤする展開も無いし、忘れてきたし飽きてきたしどうやって見ようかなーと思いながら見ていたのですが、
弱いキャラ達に注目しながら見てみようと思いました。

弱いキャラ(普通には強いケド、主人公的には瞬殺)がチラホラ登場してきたのですが、キャラの背景も何も無く蹂躙されるような感じ。
流し見てしまうと何気ないシーンなのですが、ふと彼らの心情を考えてみると、絶望や葛藤といった感情が読み取れる気がします。

完成された世界観の中で、大きな進展もなく進むストーリーですが、少し視点を変えてみるとちょっと違った感想になるのかもですね。

私は序盤のイケイケ感が好きだったので、結局惰性で見る理由づけになっているだけだったりするのかもしれませんが。

投稿 : 2022/11/24
閲覧 : 32
サンキュー:

2

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず簡単な感想

 原作は未読。
 ストーリーはともかく作画、構図、演出といったアニメ作品としての出来は1期2期3期と
右肩下がりになっていった印象があったが、本作は持ち直していった感じ。

 本シリーズは主人公サイドであるナザリック勢があくまでナザリックのために
動いているものの、対峙する相手や庇護する対象によりヒーロー的に映ったり、悪役然として
映ったりと、見え方が変わってくるところが面白かったりするが、本作は
リ・エスティーゼ王国の滅亡がストーリーの主軸になっているためか悪役としての側面が
強かった感じ。
 この過程においてブレイン・アングラウスやザナック・ヴァルレオン・イガナ・ライル・
ヴァイセルフが死んでゆく。
 3期のガゼフ・ストロノーフなどもそうだったが、それまで割とていねいに描いていた
キャラをあっさり殺してしまう展開は贅沢と言うか、勿体無いと言うか、まあこの辺が
本シリーズの持ち味なんだろうな。

 このリ・エスティーゼ王国の滅亡において、王女のラナー・ティエール・シャルドロン・
ライル・ヴァイセルフがかなり初期からナザリックと繋がっていたことが明らかになる。
 元々何かありそうには見えるキャラだったが、ここまで最初からとはちょっと驚き。
 途中フィリップ・ディドン・リイル・モチャラスの予定外の行動などがあったが、自身の
処遇やクライムとの関係など、結果として概ね彼女の望み通りになっており、そういう意味では
リ・エスティーゼ王国の滅亡の件はラナーの物語とも言えそう。
 ラナーに関してはその行動のみならず聡明さと同時に常軌を逸っした性格や人間性を持つ
キャラクター性も含めて印象に残るキャラ。

 リ・エスティーゼ王国とは対照的だったのがバハルス帝国で、作中でも触れられていたが
「飴と鞭」の飴担当。
 本シリーズはアインズ・ウール・ゴウンの真意とその配下の受け取り方のずれが
コメディ要素の主軸となっているが、バハルス帝国皇帝のジルクニフ・ルーン・ファーロード・
エル=ニクスもアインズ配下とは別の観点で勘違いによる笑いを提供。
 そして、その勘違いからくる判断が結果として自身や帝国を救うという点が、これまた面白い
ところ。

2022/11/20

投稿 : 2022/11/20
閲覧 : 34
サンキュー:

2

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

国の価値

アインズ・ウール・ゴウン魔導国の王様となったアインズ様。
どのような国にするのか悩むアインズ様だった。

アインズ様御一行の強さは飛び出ていますね。
歯向かう者には容赦無し。
今回は国を滅ぼします。
早めに決断して、属国となる選択肢は正解だったかも。

アインズ様は統治する魔導国をより良い国にしようと考えます。
側近のアルベドやデミウルゴスの助言もあり、サクサクと支配地域が広くなります。
今回の戦いで一番幸せだったのはドワーフ達かも。
ドワーフの国は助けられて、ルーン文字の研究という役割を与えられます。
アインズ様が有益と考えた物には寛大。
アインズ様が有害と考えた物には厳格。
非情なアインズ様を見る事が出来たのは、珍しいかもですね。

戦いに女性の影がある事は珍しくないです。
英雄、色を好む。
好色の権力者が世界を統治する事は、ありふれています。
さて、今回の戦いではどうだったか。
最重要人物は、{netabare}ラナー王女{/netabare}でしたね。
アインズ様に忠誠を誓い、自らの望みであるワールドアイテムを与えられる。
人間ではなく悪魔になりましたが、これも想定内でしょう。

アインズ様は、昔のゲーム仲間を探す事を諦めていません。
魔導国の支配地域が拡がる事によって生まれる世界の歪み。
ゲームプレイヤーであれば、正しに来ることが当然でしょう。
アインズ様は本懐を遂げられるのか。
まだまだ、続きがありそうなので、期待して待ちましょう。

投稿 : 2022/11/19
閲覧 : 39
サンキュー:

14

ネタバレ

カミタマン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

モモンガは?

2022/11/08 初投稿

異世界カルテットの劇場版を見る前に,一応見ることにしました。

安定のOVERLOADワールド,安定の違和感w

面白くはあるんですけど,どこに感情移入したらいいのか行方不明になります。
最も共感できるのは,アインズの中の人であるモモンガなんですが・・・
モモンガの人間性がアインズの行動に全く反映されていない気がします。
ナザリックのNPC達にアインズが振り回されているはずなのですが,アインズ自身が積極的に残虐行為などを進めているように感じます。

むしろ,{netabare}ラナーのように,自分の欲望に忠実に行動した方がすがすがしく感じます。そういった面で,4期の真の主役はラナーだった気がします。13話の黒ラナーのなんと魅力的だったことか!!{/netabare}

投稿 : 2022/11/15
閲覧 : 125
サンキュー:

13

mimories さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

内容にキレがある

 
1~3期視聴済み。

観終わってみるとこれまでで1番楽しめた気がする。1期は結構楽しく観れたけど2期3期は伸び悩みかな…と思ってたんで、この4期の期待値はボチボチってとこだったけど。
直接的なバトル成分は少なめだったが結構容赦ない描かれ方も多く、一方で魅力的なキャラたちの思惑や信念みたいな部分は濃く描写され、そのへんが自分好みだったのかも。

他の各要素ともこれまでよりパワーアップしたように感じるし、3期まで視聴済みの方はとりあえず観ておくべきかと思う。

投稿 : 2022/11/05
閲覧 : 43
サンキュー:

1

のび太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何気に息の長い作品になってきましたw

オーバーロード4期です。

ナザリック階層守護者によって、着々と進行する世界征服w

前半は、皇帝の勘違いで帝国が思いもよらずに属国になってしまうという話。
後半は、ラナー姫の私的な策略により、王国が滅亡するという話でした。

注目するところは、とうとう階層守護者に匹敵する存在が現れたところでしょうか。
今までが、一方的すぎて緊張感がなさすぎたので、そろそろハラハラするような展開が見たいですw

5期とかもあるんでしょうかね?
オーバーロードも、何気に息の長い作品になってきましたw

投稿 : 2022/11/05
閲覧 : 49
サンキュー:

11

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャバクラナザリックからの脱却

[文量→大盛り・内容→雑談系]

【総括】
説明不要の人気シリーズの4期。かなりストーリーが動いた印象。残酷な描写も多い。

個人的には、4期≧3期≧1期>2期ですかね。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
付き合いで何度かキャバクラに行ったけど、どうにも苦手だった。

1つは、私の性格。どちらかといえは相手を喜ばせたい性格なので、サービス受けてるはずなのに、キャバ嬢を楽しませようとサービストークをしてしまい、疲れる(苦笑)

もう1つは、絶対的に優位な状態。こっちは客だし、向こうはプロだし、自分の話がどんなにつまんなくても笑ってくれるし、ノッてくれる。

それがとてもつまらなかった。

やっぱり、彼女だったり友達だったりの、忖度のない応対の方が、気持ちが良い。つまんないならつまんないとハッキリ言われるから、笑いを取れた時はちゃんと嬉しい。

この辺、アインズも似たような感覚なのではないだろうか。

彼は本来「絶対君主」だが、NPCにも敬意を払い、気に入られようとしている。そして、彼が求めているのは盲目的な絶対服従ではなく、自分で考え、決断できる、あくまで「仲間」という対等な存在だ。

それは、ゲーム世界に1人残された寂しさを埋めるため、というのも1つはあるだろう。

しかし、彼はあくまでプレイヤーであり、これまで何度もコンピューター制御された敵を倒してきた人物である。命令しか守れない、コンピューターの限界を知っている。だから、NPCを「人」にしようとしている。

当然それは、自分以外の敵対プレーヤーが出てきた場合に備えてだ。

それから、各階層守護者は、あくまで「創造主」である、至高の御方々が不在だから、アインズに忠誠を誓っているのであって、アインズ個人の配下ではない。それを、アインズ自身が気にしていて、万が一にも逆転現象が起きないように、自分個人に忠誠を誓わせるような工夫をしているという側面もあると思う。

やはり、この作品は設定が秀逸だ。

以前のレビューでも書いたが、「No.1ギルドの後衛でまとめ役」という立ち位置が絶妙で、これをそんじょそこらの「なろう系」だと、No.1プレイヤーや、ソロ最強、初心者なのにチートなんて極端な立ち位置から物語を始めてしまう。だから、ストーリーが画一的になってしまう。

アインズの立ち位置、そして、配下のNPCにすら勝てないという力の無さが、主人公最強系の爽快さと、とことん戦力増強に動くサクセスストーリーを両立させている。

やっぱり稀有な作品だ。

ちなみに私は、敵国の王子が殺された後、怒って敵の配下を「本人が望むまで決して殺すな」のクダリが好きでした。ナイス、ダークヒーロー♪
{/netabare}

投稿 : 2022/11/04
閲覧 : 67
サンキュー:

18

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

久々の強敵(?)

{netabare}
2期3期と少し1期に比べてパワーダウンしていた感が否めないけど、4期は1期に次いで面白かった。

序盤はここまでと同じく雑魚敵を葬ってるだけだったけど、後半は1期から引っ張ってきた鎧との戦闘もあって面白かった。原作知らないから何とも言えないけど、デスナイトが普通に倒されてたり、シャルティア以来の強敵...(?)
実際はパンドラズアクターの成り済ましだけど、この作品の場合幹部クラスと拮抗しているだけでもこれまでにない強敵のように感じるw
まあ、結局アインズ様から見れば取るに足りない相手なんだろうなとは思うけど、幹部クラスと競り合う敵がいるというだけでも一期のシャルティア戦以来の面白さだった。

最後王国皆殺しはちょっと、なんだかんだでアインズ様にはダークヒーローでいてほしいという一期からの気持ちがまだ消えてないので胸糞展開ではあったけど、自分が嫌いと言うだけでこの作品のコンセプトとしてはあれが正解なのかな。むしろ、魔王(人間に優しい)が多いこれ系のジャンルで、真っ当にまごうことなき魔王をやっているのは評価するべきところなのかと。

1-3期の感想書いてないのでそこも含めて書くと、この作品の一番の良さというか、他の俺TUEEEEなろうと違っていい部分は敵側にもきっちりとスポットが当たっていること。
敵側陣営の策略や思考がしっかりと描かれているし、滅ぼされる相手にしても段々と追い詰められてどうしようもなくなっていくまでの過程が丁寧だから、ある種むしろ相手側を主人公として見られるところにあるかな。
実際魔王モノと言うジャンルだから、そう言う見方ができるのはいいポイントだと思う。
ジルクニフとか、ネタキャラではあるけど最後まで民を考えて魔道国への抵抗を諦めないところとか嫌いになれない。

原作ストックがもうないらしいので5期はまだ先になりそうですね。
最終的にアインズが周辺国を制圧して終わりそうな予感はしてるけど、個人的にはアインズ達が完敗する盛者必衰的な終わり方か、人間の心が残っているという設定が活かされた孤独感あるエンディングにしてほしいところだけど、どうなるかなぁ。

OPとEDは作風に合っていていいですね。外人のつべコメにあったけど、世界を征服したような気分になれる曲。

↓1話毎メモ
{netabare}
1話 ☆7
心の声多くね? まだ人の心あるの? アルベドやっぱきつい。
元日本人のくせになんでそんな思考。1話なんか地味だ。
無双したからこその軋轢があるのはいいんじゃないか。
NPCだからこその強みと人間だからこその強みも描けれるのは。
永遠の繁栄とかあんのかなぁ。なんか儚さが漂ってるな

2話 ☆7
デブなのにいいキャラ。話通じなそうな使節団長だな。
理屈家だな。確かに筋は通ってるw 知ってた
けど、衝動で殺さないあたりようやっとる

3話 ☆9
過保護アインズ様。あの二人そんな強いんか。てかあの白黒はよ戦って。
1期の1話付近の話かw 確かなアンデッド相手ならw
敵が対策練ってるパートがいちばん面白い説。
何だかんだジルクニフ好きだわ。こんな無理ゲーでも諦めないの。
そんな処理甘くていいのかw まあ蚊が止まったよ雨なもんなんだろうな。

4話 ☆9
根回しバレてたとかじゃなくて偶然なのかよ。どうせ使わんだろその鏡w 久々に見たそのお面。ジルクニフw 実質魔法やんけ。大規模な宣伝 まあそれが一番懸命だわな。

5話 ☆8
またトカゲ狩りみたいなの始まらんよな?
アインズへの無礼にキレる展開いらんわ。
まだあの子のこと引っ張ってんのかよ。日本語かよ。今回日常回?
的確なアドバイス。侵入から始める時点でまともに対話する気ねーなw
アポ無しだし。いっつもこういうキャラが、アインズ達の逆鱗に触れないかって緊張しながら見てる。
魂を売り出すってなんだw シャルティアなんか可愛くなってない?
語尾無くなるなw こいつらならどうせ間に合う。

6話 ☆8
トカゲ狩り臭してきた。その音してくれと言わんばかりの橋落とせw
やっぱりな。まあ裏の目的について早急に話すのは良心的。
確かにルーン工商を渡すことに対する議論は一つもなかったあたりw
次回面白そう。

7話 ☆7
論破のプロ。家買うドラゴン並みの臆病者だな。レアで。
ワンパンはさすがに面白みないからやめろやw
そういうことかよw 絵が酷いw 久々にオーバーロードっぽい回だったな。

8話 ☆9
魔道国にたてつく勇気。
けど策略にハマってたとしてもどうせ勝てそうだけど、ちゃんと奢らずに慎重なのはいいな。ギャグ回じゃねーか。
なるほど、部下の方が優秀だなw
歯向かった国家と服従した国家で対応に差をつけるのは確かに有効そう。
どっちも貴族の馬鹿さに困惑してるの草。
こちらも部下の責任を負うのね。王として有能だな。

9話 ☆7
いやそうまでして滅ぼさんでも 怖い。もう攻めてるんかい。
飴と鞭は一応筋通ってるわな。戦前の空気感じゃないな。
オーバーロードお得意のクソCG デスナイトやられとるやん。

10話 ☆5
こいつ噛ませじゃなかったらいいんだけどな。漆黒聖典か。
けど王国滅ぼさんでも味方はなんも苦しまんやんけ。
正直完全な悪役ムーブは嫌いなんだよな、それがこの作品の趣旨だからこんなん言うのもおかしいんだろうけど。

11話 ☆9
CG戦闘。やっとちょっと強そうなの出てきたな。90レベ普通におるんか。は? 煉獄さんかな? 替え玉かよw

12話 ☆7
やっぱこうなると苦手だわ。OPのシーン。まあだろうな。

13話 ☆8
隠しても何らかの方法で見つけてきそう。
まあ好きではないけど良かったとは思うよ。

OP「HOLLOW HANGER」☆7.5
ED「No Man's Dawn」☆8
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2022/11/02
閲覧 : 43
サンキュー:

6

みのるし さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アインズ様がいきなり土下座したのはえらいびっくりしました

このハナシって原作まだ続いてるんでしょうね。
アニメも一向に終わる気配がないですな。

まあ面白いんでいつまでもやっててほしいっちゃあほしいですわ。

何話か忘れましたがアインズ様がいきなり土下座したのはえらいびっくりしましたが実は中の人が違うかったとゆうことでなるほどそうだったのかと。

でもそのあと宮野真守氏はアルベドにものごっつい怒られるんちゃうんと思ってたら案の定ちくりとゆわれててですな。

アインズ様が仲介に入ってくらはったんでよかったものの、ヤバかったっすよねー。

いろいろあった今回のハナシでしたがボクが一番ハラハラしたシーンは何を隠そうソコでした(滝汗)。

最近ラジオの号泣降板で話題沸騰中(たいして沸騰してないか…)の櫻井国王の情けない芝居もなかなかイケてたし、ものすごい活躍しそうな雰囲気をかもしつつあさっり殺されてしまったオカッパ王子もよかったのですが、やっぱりボクはアルベドなんだなぁ。


あ"~~~~~~っ!

ア・アルベドに怒られたいっ!
ふ・踏まれたいっ!


・・・・う。。これはいかん。


とゆうことでボクは仕事に戻ります。

それではさいならー。

投稿 : 2022/10/26
閲覧 : 34
サンキュー:

8

のか さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この物語はどこまで続くんでしょうね?

原作未読 全13話 

あらすじ
4期目なので省きますwww


では感想を
この俺強ぇぇぇぇぇアニメはどこまで続くんでしょうかね?

普通のアニメだと視聴者は主人公陣営に思い入れが強くなるものなんですけど・・・
このアニメはほとんどなりません(私だけかな?)

主人公陣営と敵陣営の描写が半々なのでどっちにも肩入れできず
(ふ~ん)としかなりませんでしたwww

正直、どっちの陣営にも魅力を感じず^^;
巻き込まれる一般人の皆さんが可哀想としか思いません

1期~3期に巻いていた伏線の1つをここで回収しています
4期の終わり方にはちょっとびっくりしました(ネタバレしません)

戦闘系アニメが好きな方には物足りないのかもですね
策略系アニメですけど、最後には力まかせ

まあ、評価の別れるアニメだと思いますね


作画は普通です。よく動いていましたし、文句はありません。
高レベルとまではいかないけど、満足は出来ると思います

声優さんも相変わらずレベルが高いですね
こちらも満足です

音楽はClattanoiaが1番好きだな^^
4期もいい曲なんですが、ハマっていません

キャラはうん、まあ、いつも通り
黒かったキャラが真っ黒になりましたとさ


オーバーロードファンはこれからも見るべき作品だと思います
映画も決まっているようですし^^

2期3期で切った方は改めて視聴する必要はないと思いますよ
4期も同じような展開なので

色んなカタカナの名前が出てきていますが、ここまで来ると流石になれますwww
ただ、4期まで7年ですか。忘れますね(爆笑)

これからオーバーロードを視聴する方は1期から順序よく見てくださいね
意味が分からなくなりますので

面白さで言えば個人的に
1期→4期→2期→3期って感じなので2期3期で心が折れないように祈るばかりですwww

4期最終話まで見ても感動も感心もしないアニメってなかなかですね(苦笑)
魅力があるのかないのか分からないアニメだと思います

気になる方は他の方のレビューなども参考にしてくださいね
アニメの評価は十人十色^^

面白い、面白くないは自分で決めることです
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ



では最後に一言
絶望した~!このアニメを追っている自分に絶望した~!
なんでこのアニメを追っている自分がいるんだか分からない!

描写や内容の説明不足!
国の滅び方が雑!
戦闘シーンが少なすぎてOPが一番よく動いている!
キャラの使い捨てが多すぎ!
そして最大の主人公が俺強ぇぇぇぇが凄すぎて中身がない!

このアニメが面白いと感じている自分に絶望した~~~!

投稿 : 2022/10/24
閲覧 : 126
サンキュー:

12

菊門ミルク大臣 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もはやギャグ

長期シリーズはどうしても前期までの話を忘れてしまうので
なんかよく分からなくなる部分が出てくるから出来れば連続視聴したい所。

とは言えパターンとしては圧倒的な力で相手を潰す。
大体同じなので見ているうちに思い出すような気もする。

どのシリーズも主人公側ではなく相手側に感情置いて視聴する事になる
特殊な作品。

主人公一派と敵対する側が理不尽な目に遭うギャグ漫画みたくなりつつあるかなぁ

投稿 : 2022/10/23
閲覧 : 21
サンキュー:

2

ネタバレ

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

安定してます

冒頭からアルベドの攻めすぎる姿勢に驚き。進化してるわ。なんか可愛く思える。甘えたいあまりに赤ちゃんの真似したり、頬にキスされて嬉しさで思わず泣きだしちゃうあたりとか。普段、気が強くて一切の隙を見せない女性が自分の前でだけなりふり構わず甘えるギャップには萌える。

武王頑張れ~てプリキュア頑張れ的なノリ。
毎回だけど、こういったくだりから想定外の成果を得ることで部下が勝手に深読みしてくれて凄い有難いな。

勇敢だったザナックのことは本当に残念に思う。そこまでせんでもと。

アダマンタイト級冒険者が活躍してくれて、どうやらプレイヤーと思わしき竜王登場??今後どういった展開になるのやら。相性悪すぎてまさかのアインズ土下座プレイ。途中から薄々そうなんじゃないかと思ったけど{netabare}パンドラズ・アクターやんけ。名演技なんやな。{/netabare}

OP映像で不敵な笑みを浮かべていたラナーが{netabare}滅国の手引きの立役者か。ところどころ描写が怖かったもんなあ。クライムと永遠に結ばれて幸せかな。独占欲が凄い。
フィリップの愚かな行いはきっかけの一つに過ぎないというか完全にこじつけ。どんな苦しみを最後味わったのだろうか?{/netabare}
それにしてもやり過ぎでは?


OP
HOLLOW HUNGER OxT
ED
No Man’s Dawn 前島麻由
挿入歌
fallen ラナー(安野希世乃)
OPのイントロが不気味な感じがあるようで作品にぴったり。主要人物たちの顔がイントロに合わせて流れる映像が好き。
勿論、EDも良い。今回はMyth&Roidではなく、前島さん単独だけど好きです。


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
アインズは悩んでいた。アインズ・ウール・ゴウン魔導国の王として、この国をどのように導くのか。アルベド、デミウルゴスら優秀なNPCたちと不眠不休で働けるアンデッドによって、魔導国は今や安全で飢えもない場所となっている。しかし、そこで暮らす人々はいまだ恐怖と不安を抱え、街は火が消えたように静かでかつての活気は失われていた。答えが見つからぬ中、アインズは一人で冒険者組合を訪問。組合長のアインザックにある提案をする。一方、突如できた魔導国に戸惑う諸国の支配者たちも各々に対抗策を講じていた。果たしてアインズは各国の謀略を阻み、自身の理想郷を作ることができるのか。


1. アインズ・ウール・ゴウン魔導国
アインズは悩んでいた。アインズ・ウール・ゴウン魔導国の王として、この国をどのように導くのか。アルベドら優秀なNPCたちと不眠不休で働けるアンデッドによって、魔導国は安全で飢えもない場所となっている。しかし、そこで暮らす人々はいまだ恐怖と不安を抱え、街は火が消えたように静かでかつての活気は失われていた。答えが見つからぬ中、アインズは一人で冒険者組合を訪問。組合長のアインザックにある提案をする。

2. リ・エスティーゼ王国
先の帝国との戦争で、リ・エスティーゼ王国軍は壊滅的な被害を受けた。さらに魔導国にエ・ランテルを奪われ、国力は低下。第二王子ザナックは、妹姫ラナーの知恵を借りつつ、国の立て直しに奔走していた。そんな折、魔導国の使節団がやってくるとの知らせが届く。使節団団長の魔導国宰相アルベドは、女神のような優美さで貴族たちを圧倒する。ところが、フィリップと名のるみすぼらしい貴族がアルベドに声をかけてきて……。

3. バハルス帝国
バハルス帝国の皇帝ジルクニフは窮地に立っていた。先の戦争でアインズの協力を得た帝国は、ほぼ無傷で王国に勝利した。しかし実際は、アインズの恐るべき力を見せつけられ、帝国騎士たちは戦意を喪失。以降帝国は魔導国に従わざるを得ない。しかも、帝国の切り札といえる存在・フールーダーも魔導国に恭順している。それでも、ジルクニフはアインズが人類の脅威となると考え、ひそかに対魔導国同盟の結成をはかる。

4. 謀略の統治者
魔導国の方針を定めたアインズは、各国とできるだけ友好的な関係を築きたいと考える。世界征服の計画を進めているデミウルゴスやアルベドたちにはその考えを打ち明けず、まずは自ら行動することにしたアインズ。エ・ランテルの冒険者組合組合長・アインザックを連れて帝国に向かう。そこでアインズは、アインザックの助言を受け、闘技場最強の剣士・武王と対戦する。試合当日、闘技場には偶然ジルクニフも来ていて……。

5. ドワーフの国を求めて
ルーン武器を作る工匠がいると知り、ドワーフの国に興味を抱いたアインズ。しかし、人間とドワーフの交流は絶えてひさしく、どのような国なのか、場所も明確にはわからない。そこでアインズは、かつて滞在したことがあるというゼンベルに案内させ、自らドワーフの国に向かう。一行は、フロスト・ドラゴンが生息するというアゼルリシア山脈に到着。ドワーフの都市フェオ・ライゾを見つけるが、何故か無人の廃墟と化していた。

6. 迫りくる危機
かつてドワーフたちは、地下にいくつもの都市を築いて栄えていた。ところが、王都はフロスト・ドラゴンに奪われ、亜人のクアゴアたちに襲われたフェオ・ライゾも放棄。天然の障壁に守られたフェオ・ジュラも今攻略されようとしていた。そこに駆け付けたアインズによって窮地を救われたドワーフたちは、アンデッドのアインズを恐れながらも、会談の場を設ける。そこで王都奪還と引き換えに、意外なものを要求され……。

7. 霜の竜王
クアゴアを統べる『氏族王』リユロは、容易に滅ぼせるはずだったドワーフが、何らかの強大な力を有していると気づく。そこで、自分たちを支配するフロスト・ドラゴンのオラサーダルクに助力を求めた。ひそかに両者の相討ちを目論むリユロは、六万匹もの一族を王都の外れに避難。しかし、彼の前に現れた二人の少女--シャルティアとアウラの圧倒的強さを悟り、必死の交渉を持ちかける。それが愚か極まりない選択だとも知らずに。

8. 計算外の一手
アンデッドが統治する魔導国は、周辺国から非常に警戒されていたものの、ヤルダバオトに襲撃された聖王国を救い、その後も支援を行っていることから評価を高めつつあった。一方、王国の状況は緩やかに、だが確実に悪化していた。ザナックが何とか国を守ろうとしている最中、ままならない状況に不満をためていたフィリップが、ある計画を思いつく。それはあまりにも愚かな企みで、誰もが予想しない事態を引き起こす。

9. 滅亡への始まり
聖王国への援助物資を強奪された魔導国は、アルベドを王都に遣わし、王国へ宣戦布告。一月後に兵を動かすと告げる。ところが、期日を過ぎても魔導国が進軍を開始した様子はない。多くの人々が宣戦布告は魔導国の脅しだと考える中で、アインズの恐ろしさを知る者たちは来るべき戦いに備える。その者たちの予想どおり、魔導国はひそかに大規模な作戦を展開。王都の上層部に気づかれないよう情報操作し、街や村を殲滅していたのだ。

10. 最後の王
魔導国魔導国軍の動きが明らかになった。ザナックは、交渉での解決を望むランポッサ三世を幽閉して実権を奪う。さらに民たちへ国難を知らせて兵を募り、かき集めた四十万の兵をもって決戦の準備を進める。同じころ、蒼の薔薇のもとに依頼の話が来ていた。その依頼は、アダマンタイト級冒険者である蒼の薔薇と朱の雫を呼び出すもので、仲間たちは興味津々。嫌がるラキュースを説得して全員で依頼人に会いに行く。

11. 張り巡らされた罠
ザナック率いる王国軍から連絡が途絶えたとの知らせを受け、ランポッサ三世は終焉の時が来たことを悟る。既に逃げられる者は去り、行く当てのない多くの民たちは家屋に隠れ、静まり返る王都。そこに、コキュートス、アウラ、マーレがわずかな手勢を率いて迫る。すると、再び紅い鎧--アダマンタイト級冒険者“朱の雫”のアズスが現れた。アズスは空を飛んで魔導国軍の陣地を急襲。アインズの姿を見つけるや、攻撃を仕掛ける。

12. 王都侵攻
時は少し戻り、コキュートスをはじめとする魔導国軍が王都に進軍する直前。ラナーのもとに残っているのは、護衛のクライムとブレインだけ。そこに蒼の薔薇が訪れた。王都を守るため戦うと決めているラキュースは、ラナーに別れを告げにきたのだ。ところが、イビルアイたちが策を講じてラキュースの自由を奪う。驚くクライムに、国外へ逃げるというイビルアイ。魔法でラナーやクライムたちも一緒に連れていけると告げるが……。

13. 滅国の魔女
魔導"魔導国軍が王都に侵攻する中、ランポッサ三世は全ての者に暇を言い渡し、一人で征服者を迎えるべく準備を行っていた。同じく城に残っていたラナーは、隠し通路から逃げるよう勧められるも拒否。逆にランポッサ三世に王国の宝物を都の中に隠すよう提案し、クライムに託す。主の頼みを断れず、任務を果たして急ぎ戻るクライムだが、王城は既に敵軍に乗り込まれていた。そして玉座の間には魔導国の王アインズの姿があり--!?

投稿 : 2022/10/19
閲覧 : 20
サンキュー:

9

めろん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

4期が1番面白い

異世界かるてっと見て
オーバーロード気になり
1〜3期を去年一気見してはまり
4期楽しみにしてたけど期待以上に面白くて
1〜3期見てて本当に良かったと思ったよ♪

投稿 : 2022/10/18
閲覧 : 27
サンキュー:

3

はちくじまよいちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

今回も

圧倒的強さを見せつけてハラハラするところがなかった。でも暇になると見返している。そんなに面白いとは思えないのに結構見てる作品。劇場は見に行かないな・・・

投稿 : 2022/10/18
閲覧 : 36
サンキュー:

2

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

進軍する、超越者。

この作品の原作は未読ですが、TVアニメ第1期~第3期までは視聴済です。


アインズは悩んでいた。
アインズ・ウール・ゴウン魔導国の王として、この国をどのように導くのか。

アルベド、デミウルゴスら優秀なNPCたちと不眠不休で働けるアンデッドによって、
魔導国は今や安全で飢えもない場所となっている。
しかし、そこで暮らす人々はいまだ恐怖と不安を抱え、
街は火が消えたように静かでかつての活気は失われていた。

答えが見つからぬ中、アインズは一人で冒険者組合を訪問。
組合長のアインザックにある提案をする。

一方、突如できた魔導国に戸惑う諸国の支配者たちも各々に対抗策を講じていた。
果たしてアインズは各国の謀略を阻み、自身の理想郷を作ることができるのか。


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

この作品で気になることが一つあります。
TVアニメでは第4期まで放送されましたが、一体原作のどの程度のストックを使っているのでしょう。
というのも、振り返ってみると物語の展開が物凄くゆっくりで、全然前に進んでいる気がしないからです。
それともこういう作風の作品なんでしょうか。

別に不満に思っている訳ではありません。
原由実さん演じるアルベドや、すみぺ演じるシャルティアの仕草・言動には胸を躍らされますし、何よりアインズ・ウール・ゴウンの強さの底が見えないのも、この作品の面白さに拍車を掛けていると思います。

そう言えば、現在自身の理想郷を作ろうとしており、近隣諸国は様々な対応を取っていますが、私はこの世界の大きさを良く知らない様な…
きっと私が忘れているだけなんだと思いますが、理想郷を作るための道のりは今如何程まで進んできたのでしょう。

現時点で見る限り、圧倒的な戦力の差しか感じませんが、アインズと互角に戦える相手がこの世界に存在するかは微妙です。
確かに、今期のラストで腕に覚えのある面子が姿を見せました。
ですが、どう考えてもアインズの足元に及ぶ気が微塵も無いのです。

色々な策略を講じてみたものの、結果的に肩透かしに終わったらこれまでの努力が報われないなぁ…なんて思ったり。
主人公最強系といえば「転スラ」のリムルもですが、こちらはまだ肩を並べる存在が複数確認されています。
でも、アインズに肩を並べる相手が、この作品ではたった一度も出てきてはいないのです。

きっと物語の進展によって、ここら辺も明らかになっていくのでしょう。
アインズと同じ境遇になってしまったプレイヤーの方もきっといるのでしょうから。
もしプレイヤーはアインズ一人だけだったら…というのは考えないようにしましょう。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、OxTさんによる「HOLLOW HUNGER」
エンディングテーマは、前島麻由さんによる「No Man’s Dawn」
前島麻由さんはMYTH & ROID時代から気になるアーティストでしたが、最近制作される楽曲も半端無く格好良いですね。

1クール全13話の物語でした。
そう言えば、完全新作劇場版の制作が進行中との事ですが、TVアニメ版と物語の関連はあるんでしょうか。
まぁ、ここまで視聴してきているので私の中で劇場版を視聴しないという選択肢はありません。
個人的にはTVアニメの続きだと嬉しいかな^^

投稿 : 2022/10/16
閲覧 : 41
サンキュー:

14

ネタバレ

Jeanne さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

強すぎるムチ

全13話

3期まで視聴済みです。
3期まで安定して面白かったので楽しみにしていましたが、第4期も期待通りとても楽しく視聴できました。

第4期は前半が他国と友好関係を結んでいく穏健パート、後半がちょっとしたトラブルから王国の人間を皆殺しにして滅ぼす残虐パートになっています。
アメとムチがキーワードになっており、いくらなんでもムチが強すぎるのではと思いましたがいつも通りのオーバーロードぽさがあり面白かったです。

前半のジルクニフやドワーフの話は新鮮さがあり面白かったのですが少し物足りなさを感じ始めてからの王国への侵攻だったので最後まで飽きずに見ることができました。

かなり前から登場していたキャラが多く死んでしまったのは悲しかったですが、国を売り払いアインズに忠誠を誓ったラナーが今後どうなっていくのか楽しみです。

投稿 : 2022/10/14
閲覧 : 61
サンキュー:

6

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

君主は国家第一の僕

【紹介】
来年公開予定の劇場版は4期の前半と後半の中間のお話みたいです

【感想】
アインズ様たちの残虐なところがどうしても好きになれないけど、毎回話が面白くてクオリティも高くて良くできたアニメだと思います
4期は特に話が濃くて見どころが多かったのでシリーズのファンは満足するんじゃないでしょうか?

アインズ様たちは目的のためなら脅迫も偽計も強奪も拷問も虐殺もします
敵対する相手から見たら悪なので見ていると嫌な気持ちになる
4期はこれまで以上に酷い話でどんどんアインズ様は狂っていっているように見えて、敵対する人間たちは愚かどころか生き方がカッコいい人が多くてどうしても人間達のほうを応援してしまいます

{netabare}普通の物語なら主人公は悪を倒す側になります、でもこの物語は普通の物語でいうラスボスが主人公
ラスボスの目から人々を見ることで、巨大な悪と対峙するいろいろな人々のドラマを見ることができるんです
たとえばある者は祖国を裏切って悪に魂を売り渡し、ある者は大切なものを守るために剣を握り、ある者は領民を生贄にして命乞いをし、ある者は強者との戦闘を求めて立ち向かってくる
そんな人々の人生をかけた必死な生き方がたくさん見られて、他の異世界ファンタジーと一線を画す面白さがありました
{/netabare}
4期で好きなキャラはザナック王子

【今期の魅力】
{netabare}
世界観や設定がとても緻密でしっかりしていて味方だけでなく敵も魔導国という脅威に対し知恵を振り絞って対抗しようとするキャラクターが多くてとても魅力的
圧倒的な力を持っているから力づくでも征服できそうだけど、征服した後のことも考えてじっくり着実に侵略していくし、敵もただやられるだけじゃないところが面白いです
作画は3期と比べてだいぶ良くなっていました

アインズ様はヒトから見たら悪だけど実はいいひとなんて都合のいい話でもなくて、敵対する者は容赦なく潰す、必要なら侵略する
4期でも他国に言いがかりをつけて虐殺したりクアゴアの群れに1万以内になるまで同族同士で殺しあいを要求したりとかなり残虐なことをしていて、アインズ様も部下も強すぎて戦争とか侵略っていうより一方的な蹂躙・・・
フィリップの個人的な暴走をよく確かめもせずに王国の反逆と一方的に見なして大量虐殺をはじめたことはどう言いつくろっても悪だと思います
ヒトや魔物たちから見たらアインズ様は魔王にしか見えなくて、ゲームだったら勇者パーティに討伐されるラスボス、これは魔王の視点で進む侵略物語

ナザリックの強さが圧倒的すぎて人間では勝てるわけなくて、他の作品だったら人間の王族や強者が民衆を見捨てたり自分の保身に走る愚者として描かれることが多いけど
それぞれが善意もあれば悪意もあって、正義や王族としての誇り、民を思う気持ち、野心や欲望があってキャラクターが生きている感じがして
一方的に蹂躙される弱者をただ黙って征服される人達にしないことが4期の面白いところだと思っています

クアゴアの王ペ・リユロや帝国の皇帝ジルクニフ、王国のザナック王子、冒険者のラキュース、イビルアイ、アズスなど魔物の王や人間たちもキャラが立っていて魅力的で
4期では特に慎重に戦局を見極めようとしているペ・リユロの立ち回りとか、ジルクニフの皇帝としてのふるまいが良かったし
見た目はダメ王子っぽいザナックの有能な采配やアインズ様との会談で見せた豪胆な立ち居振る舞い、
絶対勝てない相手が王国民を皆殺しにするつもりだと気づいているのに逃げ出さずに王族として最後まで戦う姿勢を崩さなかったことなど
賢い王としての動きがとても良くて、ザナック王子は一気に好きになりました
いい王なのに失ってしまったのが残念です

{/netabare}

投稿 : 2022/10/12
閲覧 : 78
サンキュー:

21

ネタバレ

ごる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最後はミュージカルラナー様

見ていた感じ、過去のシリーズと違って砕けた要素がかなり入っていると思いました(^_^;)
アルベドってこんなアインズに対して壊れたっけとかジルクニフに関しては、もはやネタに近いぐらいできる王のイメージ台無しですww
このハゲーって感じに( ゚∀゚)o彡゜ハゲ!ハゲ!

そして、ラストに過去回の裏で起きていたことのネタばらし(  ・᷄֊・᷅ )フッ
で、踊るラナー様ww歌うラナー様ww
もう、ラナー様の筋書き通りでニタリ顔が止まりませんw
ラナー様のあの顔は狂気に満ちてますよ( * ´ཫ ` )

投稿 : 2022/10/11
閲覧 : 21
サンキュー:

5

うおお さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最強アニメ

4期が一番面白いってなかなか凄いことですよね。
やはりオーバーロードは話の面白さ化け物レベル。

投稿 : 2022/10/10
閲覧 : 40
サンキュー:

3

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

悲喜こもごも

今期はこれまでに比べると面白みが増したような気がします。
じゃ今までは?と思い、改めてⅠ~Ⅲ期を視聴してみました。

Ⅰ期のシャルティア戦が最大の危機なのは変わりません。
以降はアインズ様安定の無双状態です。
Ⅱ期の冒頭にスレイン法国の番外席次や最強ドラゴンがちらっ登場。
当時は誰?と思っていましたが、今ではなるほどです。
新たな発見もあったりして、やはり通しで観ると理解が深まります。
改めて、作品の力を感じました。

今期は西へ東へ北へ西へって感じ。
バハルス帝国の属国化やリ・エスティーゼ王国の滅亡はアインズ様の想定外。
アインズ様の威厳や守護者の勘違いが図らずもそうさせているよう。
アインズ様のあんぐり口がさらにあんぐりと。
アインズ様の心労は続く模様です。

急に聖王国が出て来て、何?と思い調べたら、物語が抜けているみたいです。
この時の出来事は来年の劇場版で詳述されるよう。
コンプライアンス的にTV放送が不可のためなのかな?
どうも腑に落ちません。

私のお気に入りのシャルティアの登場が増えました。
洗脳事件で閑職に追いやられていたのが、復活ってところ。
あの「ありんす」が十二分に堪能できて満足でありんす。

投稿 : 2022/10/10
閲覧 : 50
サンキュー:

14

ネタバレ

らぶしゃん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

安定♪

このシリーズは、本当に素晴らしい♪

戦略あり、動きのある戦闘もあり、
選曲も良ければ挿入のタイミングも素晴らしい

伏線を張り、最後に回収も怠らず、
一見無能そうな人材を「実は優秀」に持って行くすべ、
更にその人材を物語を壮大にさせるべく使い潰す!

短いクールでグチャっと圧縮せず、
今4期までじっくりたっぷりハズレなく楽しませてくれる。

製作関係者様全てに感謝を致します。

投稿 : 2022/10/10
閲覧 : 21
サンキュー:

5

ネタバレ

ゲリオ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

自国のためなら他国の者を虐殺するのは当然

おなじみ異世界ダークファンタジー。
最強すぎる主人公陣営のキャラクターたちが魅力。
「俺ツエ―!」どころじゃない「俺達ツエェェェェ!!」である。
ここまで付き合ってきたファンにとっては、エンタメ作品として抜群の安定感に映えていることだろう。

1期~2&3期~4期とそれぞれ間が3年開いてしまったことで、通常なら内容を忘れるところだが、放送前にこれまでの総集編となる劇場版をYoutubeで無料放送してくれたのが幸いした。
2015年の1期以降、思えばこれほど長い間テンションを保ち続けて付き合えているラノベ作品は本作だけかもしれない。
2018年の2期&3期は、冗長なストーリー展開と安上がりな作画が若干批判を受けた。
個人的にはシリーズの評価が著しく下がったわけではないが、圧倒的間違いない素材が活かしきれてないとの印象も受けた前作だった。

そんな思いを抱きずつ始まった第4期のレビュー。
まず見終えて思ったことは、主人公のアインズはダークヒーローなどではないということを改めて認知。
1期は結果的に「弱きものの味方」のように映っただけで、元人間でありながら精神をアンデットに引きずられている彼には人間に対する慈悲は殆ど無い。
2期以降は相手が善人であろうと自分たちに歯向かうものは容赦なく殺害する。歯向かわずとも邪魔になるもの、見せしめとなるものは皆殺しにする。

もはやダークヒーローではなく完全なる悪。
勧善懲悪のカタルシスどころかシナリオ展開によっては嫌悪感すら抱く。
この事実に拒否反応を示した視聴者も多いことだが、ここはもうそういった悪の主人公を描いた作品であると受け入れるか、それが無理なら視聴を切るしかない。

終盤、ナザリックの栄華のために、国民もろとも滅ぼされることになるリ・エスティーゼ王国。
交渉の過程でアインズは「自国のためなら他国の者を虐殺するのは当然」と語る。
それは現代の世界情勢、人類と戦争の歴史に繋がる話。
結局、王国は老若男女問わず全員命を奪われ、1期から登場した思い入れのあるキャラも戦死。
瓦礫と化した王国を背景に「満足しているよ」というアインズの台詞でアニメが締めくくられた。
主人公陣営の圧倒的強さにに狼狽させられる現地人側の視点を描くことが特徴の本シリーズにとっては、ある意味でこの上ないバッドエンドだ。

王国の末路を考えると、被害が起こる前に属国化を願い出たバハルス帝国は結果的にラッキーだった。
最初は余裕綽々だったジルクニフ皇帝が、アインズに対する恐怖で次第に壊れていく様は痛快であり、4期序盤の立役者は彼だったかなあと思う。
登場時はナザリックに蹂躙される役と思われたジルクニフが生き残り、逆になんとか生き残ろうと必死だった王国側が全員殺されてしまうのは予想外の展開だった。

ちなみに今度公開される劇場版の「聖王国編」は4期内のドワーフ編と王国侵攻の合間の出来事とのこと。
原作組によると残虐に全振りしたシナリオとのことで、TVアニメでは表現出来ないような描写もやった方が良いのではないか。
どうせ劇場まで見にいくファンは、本作が勧善懲悪を描く作品ではないことを理解した層なんだから、この際やれるとこまでやってほしい。

さて、本作に出会ってもう7年が経とうとしてることを思うと感慨深い。
しかしながら、あと数年以内には作品を完結してして欲しいと思うのは自分だけではないだろう。
最後まで付き合えるファンを1人でも多くするためにも。
原作者様には納得のいくシナリオのまとめを、アニメ制作会社様は原作完結次第早急なアニメ化を、それぞれお願いしたいと思う。

投稿 : 2022/10/08
閲覧 : 41
サンキュー:

7

ネタバレ

567 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

魔導国vs王国

キャラ ← ☆★☆ → 物語

1期から出てきた王国がついに滅んでしまいました...
国スケールの飴と鞭はとても壮大で良かったです!

あまり過去のエピソードを見返すことはないのですが、
2回くらい1期から見返してしまいましたw
自分が思っているよりもオーバーロードという作品が
好きになっていたみたいです!

今後、法国や評議国とのバトルが気になるところですね。

見てると時間が過ぎる...今期もそんな作品でした。

投稿 : 2022/10/07
閲覧 : 24
サンキュー:

5

ネタバレ

xwTza00790 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

だんだんダメになってきた作品

良さが全然わからない。

結局大虐殺をしていく主人公で日本人であり人の心を持っているのに残虐なことを平気でガンガンやっていくって話です。
この4期だけを見てもわかるけど、この主人公はPKでボコボコにされた時期があり、仲間に助けれて強くなったのにもかかわらず、自分が無双できる立場でありながら、その世界においての人であるNPCをガンガン殺していきます。しかもその理由がナザリックを守るため、仲間が戻ってくるかもしれない場所と部下の幸せを確約するために殺すということです。

まず世の中に一方的な大虐殺を肯定できる理由はない。

戦争をするにしても慈悲がほとんどなく人の心がない。
にもかかわらず、主人公は昔の仲間の思い出に浸たり部下とは仲良しこよしを演じる。部下のしょうもない悩みをギャグにして大虐殺のお茶を濁す。しかもワンパターンである。ギャグは「アインズ様ハァハァ」と「そこまで考えてなかった」の2種類しかない。

しょうもない。この言葉が思い浮かぶ。
中二病が曲がってそのまま大人になった人が書いたような作品。
よく売れたなと感じる。出オチが良かったんだろうけどな…

国を潰すのになんで筋が通ってなきゃならないのか理解ができない。
どうせ世界全体と戦争するんだろうから、一瞬でやっちゃえばいい。
いじめられっ子が虐殺という形でいじめ返してる感じ。

ラストは元仲間に殺されるって話なんだと思う。
じゃないと不快しかない作品になるし。

最後の方で戦争する王子が部下に殺されるんですが、それに対して主人公ではないが変わり身をしているキャラが怒るんです。お前はそれ以上のことをやろうとしてるのに怒るとかねえだろうと。

矛盾がたくさんありつまらないと思うし、それ以上に気分が悪くなるような作品でしたね。

投稿 : 2022/10/06
閲覧 : 43
サンキュー:

3

§レイン・スターク§ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

★★★☆

2022.10.5 ★★★☆(3.8) 1度目観賞評価

投稿 : 2022/10/05
閲覧 : 16
サンキュー:

0

がおー敦煌 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まー一言だけ。

これ原作知らない人心理描写解らなくって物語からおいてかれてない?

投稿 : 2022/10/05
閲覧 : 58
サンキュー:

1

大貧民 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

人類の敵だよな~。

練り込まれた作品で、傑作の一つ。

アニメでは控えめに描かれているが、かなり無辜の人間が残虐な目に合う。
主人公側が厄災の元になっており、この点はかなり嫌悪感がある。
アインズ=鈴木も本人以外の認識が本人と隔たりがあり、そこをコメディとして楽しめることもあるが、とんでもなく理不尽の元凶になっていることもあり、素直に楽しめない点もある。
(鈴木としては、良い国を作りたい気はあるのだろうが、十分なビジョンも無く、過去に囚われすぎ)
一歩引いて、大河作品としてみると、虐殺もまだ見ていられる……だろうか?

相変わらず、虐殺好きだなぁ~。
アインズも仁政に傾くかとおもいきや、けっきょくは殺戮すきだな。
ブラックコメディ、虐殺コメディなんだろうな、この作品は。

10話試聴後。
ああ、そうか。大河として見てもアインズ=鈴木が英雄でも王の器でも無くて、どうしようもない狂気を孕んだ主人公だから不快に思える時があるのか……。
仲間大事でその他には残忍なのが不良のDQN理論な所も不快に思ってしまうんだろうな。

観終わって。
けっきょくのところ、狂気のアンデットに勘違いや思いつきで都市の人間を全滅させるだけの物語。
放送されるアニメだから子供なんかが虐殺されるシーンなんか描写し無いが、描かれていない裏でそういうことを平気でする話なので、さすがに視聴するのがキツクなってきた。

続編はもう、見ないかも知れない……。

投稿 : 2022/10/03
閲覧 : 128
サンキュー:

7

mucci さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今期も面白かった

着々とアインズ様の国が成長してる姿をアニメで見られて、嬉しかったです。
特にここが良いという訳では無いのですが、ファンなので全部楽しんで見られました。
続編が今から楽しみです。

投稿 : 2022/10/02
閲覧 : 14
サンキュー:

2

リタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今回もいいよー

今期は好みが分かれるかも知れないと感じつつ楽しんだ。
ずーっとアインズ様達視点で、好意を持って観ていても複雑に思う人もいるも知れない。
人によっては不快だと捉える要素が多いかもなーと観ていた。
敵対側がヘイト要素盛り盛りなら気にならないけど、自分のリアルな世界に少しでも重ねて観ると
なんでそこまで?とか、他に方法は?等と考えてしまうかも。

わりと捉え方が難しいシーズンだと思う。
けど主人公達が好きで今後も引き続き楽しみたいなら、上手く消化してすっきり次回も観たいと思う。
自分もモヤモヤがゼロだった訳ではなかったけど、それでも今期の結果や愛らしいメンバーの
いつものやり取りをもう一度観て好きを高めておきたいと思う。

投稿 : 2022/10/02
閲覧 : 29
サンキュー:

5

ネタバレ

もっちょん さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

期待通りの面白さだった

見やすさ☆4。
今回はリエスティーぜ王国、バハルス帝国、ドワーフ国といった国々の話があり、内容も濃かった。1期から3期と積み重ねてきた分、4期はキャラクターへと色々思い入れがあり、悲しかったり、かっこよかったりした。
なろう作品が溢れているが、それを見る暇があったらオーバーロードを見直したほうがいい。

投稿 : 2022/10/02
閲覧 : 17
サンキュー:

4

次の30件を表示

オーバーロードIVのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
オーバーロードIVのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

オーバーロードIVのストーリー・あらすじ

TVシリーズ第4期(TVアニメ動画『オーバーロードIV』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年夏アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ