新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「夏へのトンネル、さよならの出口(アニメ映画)」

総合得点
70.1
感想・評価
27
棚に入れた
122
ランキング
1464
★★★★☆ 3.7 (27)
物語
3.7
作画
4.2
声優
3.3
音楽
3.6
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

夏へのトンネル、さよならの出口の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

Tenjin さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

学生の頃なら楽しめたかも

予備知識無しで見ました。

1) 主人公もヒロインも整いすぎた顔立ちの美形で田舎町の風景からはちょっと浮いている気が。特にヒロインはキリッとした美人で、ガンダムシリーズとかに出てきても違和感がなさそうです。
2) 主人公役の人がかなり下手。調べたら案の定、声優ではないですね。棒読みで感情が乗せられていない演技のせいで度々没入感を阻害されます。ヒロインの方は及第点なのだから、もっとしっかりしてほしい。劇場用アニメに素人を使う悪癖はいつになったら治るのか。
3) ストーリー自体はかの「君の名は」以来増えたタイムリープものの一種と言ってしまうと身もふたもないですが、やっぱりこういう設定は便利なのかなあ。
4) 二人がお互いに好意を持つようになる理由が共に不遇な家庭環境にあるのはわかりますが、若い男女が長時間一緒にいて見た目も悪くなければ惹かれ合うのは当たり前と思ってしまうのは冷めた見方でしょうか。w
5) あまりBGMを使わずに静かに見せる雰囲気は良い。カメラアングルも驚くようなものはないものの、卒のない感じで悪くないです。
6) 駅のホームで傘を貸すやり取りをヒマワリで再演、終盤にホームが出てきたので、またそれを再会の挨拶に持ってくるのかと思ったらその予想は外れました。さすがに2回はくどいかもしれません。

投稿 : 2022/10/18
閲覧 : 36
サンキュー:

4

ネタバレ

ハニワピンコ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ベタな所はベタだが所々のセンスある描写は上手い

将来、田舎の夏でSF要素を含んだボーイミーツガール系(所謂:新海系)と一括りにされそうな気がするが、この作品も確かに田舎夏アニメのノルマをこなしてはいるが、ある不可解な事象や現象に遭遇して男女二人で調べていくという恋愛ファンタジーの王道を進みながら、ウラシマトンネルというウラシマ効果的要素を持つトンネルで起こる様々は面白く、男女二人の恋模様も少しづつ惹かれあってはいるが、塔野の方が決意を持ちトンネルに妹を探しにいき、花城を裏切ったと思ったら、真のトンネルの効果と“本当に失った物”に気付く展開はとても良かった
でもトンネルでの時間という概念が人及び持ち物にも作用するならば、ラストに携帯の電源が切れなかったのはトンネルから得た物からなのかは結構疑問だったかな(そもそもトンネルから出てなかったから?
C・ノーラン監督作の『インターステラー』に影響を受けて作ったらしいけれど、そもそもウラシマ効果なんて元々アニメ作品にも結構あるし、なんなら今年公開の『バズ・ライトイヤー』にもあったし、あれはSFより家族愛がテーマだと思ってる作品なので、トンネル効果やその派生の設定や展開だけで影響受けている=似てるというのはどうかと

映像 特にトンネル内は綺麗だし、夏の田舎の情景は綺麗だったが全体的にしんみりした映像とV o付きながら抑えめな劇伴だったのは、「CLAP」の前作の画期的な演出を見ると期待し過ぎたかなと思った。劇場版尺が合ってただけの内容というのは確かであり、劇場作品だから田舎の一つくらい滅ぼしても良いじゃないかとも思ったり
でもこういう地味ながら、ただのボーイミーツガール系とは意外と捻った展開やストーリーを劇場で集中して観たからこそただのエンタメとして消化する事なく堪能出来たのは良かった

投稿 : 2022/10/11
閲覧 : 32
サンキュー:

7

ネタバレ

ひろたん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

トンネルを進んだ先には必ず出口があるのでしょうか?

私は、観るアニメをジャケ買いで選ぶことが多いです。
つまり、観るか観ないかは、タイトルとキービジュアルだけで決めています。
この作品は、この2つの要素だけで「観たい!」と思わされました。
さて、どんな作品なのでしょうか?

■「トンネル」って?
{netabare}
トンネルって、入った方を入口とするなら、その反対側は出口のはずです。
その出口の先には、何があるのでしょうか?
そもそも、その考え自体、正しいことなのでしょうか?

「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」と言う言葉があります。
トンネルの入口と出口では世界がぜんぜん違うと言うことです。
また、人生が開けることを「長いトンネルを抜ける」と言うこともあります。

それだけトンネルと言うものは、違う時間と空間を繋ぐ象徴のように使われます。
この物語は、そんなトンネルをウラシマ伝説と掛けて不思議な体験をさせてくれます。
「ウラシマトンネル」の物語の始まりです。
{/netabare}


■既視感と目新しさの融合
{netabare}
アニメをいろいろと見慣れてくると、この作品の展開は、既視感いっぱいです。
最初は、ちょっと失敗したかな?と思わされます。
しかし、「ウラシマトンネル」の不思議な出来事が始まると考えが変わります。
そして、いつのまにかこの目新しく不思議な体験にどんどん引き込まれていきます。

なぜなら、このトンネルの奥はどうなっているのだろうか?
そして、「出口」を抜けたら、そこには何が待っているのだろうか?
そんな好奇心で物語の展開がとても気になるからです。

このトンネルの外と中とでは、時間の進み方が違います。
少し入っただけでも、外はその何十倍と時間が進んでいるのです。
それこそ「ウラシマ伝説」です。

主人公の二人は、高校生です。
そうなると普段の生活があるため、すぐに戻らなければなりません。
それでも、ある目的の達成のためにいろいろ工夫して先に進もうとします。
観ているこちらも、もっと先を観てみたいと主人公に共感してしまいます。
そして、早く「出口」の先を見てみたいと言う気持ちにさせられてきます。

でも、実は、これこそが最大のミスリードなのです。
そして、この作品を観終わると「出口」の本当の意味が分かるのです。
なかなか面白いですよね。
{/netabare}


■「夏へのトンネル、さよならの出口」
{netabare}
とにかくこの作品は、このタイトルがとても上手いなぁと思わされます。

「トンネル」とは、違う時間と空間を繋ぐ象徴のようなものです。
「夏へのトンネル」とは、主人公のとある夏の記憶へとつながるものです。
主人公にとって、この記憶にある出来事がずっとトラウマになっていました。
それこそ、今の人生を否定するぐらいの心の傷です。
しかし、この「ウラシマトンネル」は、それを変えてくれる可能性があるのです。
でも、それはこの世に生きる人にとっては、とても恐ろしい考えなのでした。

一方、「さよならの出口」とは、その後悔に対してケリをつけることです。
記憶にある出来事に対して自分で「さよなら」を言うのです。

この作品で面白いのは、実は「入口」と「出口」が一緒だったと言うことです。

「入口」の反対側の「出口」の先には、何があるのか?
実は、何もないのです。
なぜならそれは過去の出来事であり、終わってしまったことだからです。
そのため、そこを目指して進んでも、その「出口」には永遠にたどりつけないのです。
もし、その「出口」にたどり着けたとしたら、それはとても恐ろしいことなのです。

後悔があると、どうしても今と過去とを繋ぐトンネルを何度も行き来してしまいます。

でも、過去のことにちゃんと「さよなら」を言って、戻ってくることが大切なのです。
つまり、「今」と言う「入口」に戻ってくる必要があるのです。
なぜなら、それこそがこのトンネルの「出口」でもあるからです。
{/netabare}


■まとめ

夏の終わりを感じさせる青春ミステリーって大好きです。
夏アニメって、独特な哀愁感がありますよね。
それは、短い夏の終わりが青春の短さと重なる部分あるからだと思います。
短いながらも一番キラキラしている季節、それは、とても貴重な時期です。
でも、それが終わってしまうことへの寂しさからそう感じるのだと思います。

また、この作品は、ミステリーの真ん中にしっかり恋愛と言う芯が入っていました。
そこもまた良かったところです。

この作品は、10代向けのジュブナイル作品なのだと思います。
でも、実は、大人の方が刺さるかもしれません。
なぜなら、青春と言う無くしたものをできることなら取り戻したいと思うからです。
でも、やっぱりその気持ちに「さよなら」をしないといけません。
そのなんとも言えない寂しさが、秋の訪れを感じさせてくれます。
「哀愁」と言う字に「秋」が入っているのも、そう言う感覚からなんでしょうね。

私は、観て良かったと思えた作品でした。

投稿 : 2022/09/27
閲覧 : 65
サンキュー:

13

ネタバレ

薄雪草 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ビター系マジカルファンタジー

本作にはウラシマトンネルという時空の軛(くびき)が大道具として登場します。
となれば浦島太郎伝説を下地にしながら、現代風にアップデートしてみましたという趣旨であるような印象です。

個人的には、竹取物語、浦島太郎の二作は、世界に冠する日本版ファンタジーの金字塔だと思っていますので、むしろ本作のアイディアが二番煎じにならないかと杞憂する想いで鑑賞しました。

主人公は塔野カオルと花城あんず。
いくらか心に翳りをほのめかす二人ですので、ウラシマトンネルがどのようなエモーショナルを引き出すのかが本作評価のポイントのように感じました。


~    ~    ~    ~


ちょっと寄り道・・・。
{netabare}
ところで"浦島太郎"とは、"基本、良い人なんだけど、少々世間離れしてて、多少世間とズレがあっても厭わない人"とも読み取れそうで、私はそれを"世俗に漂ううぶごころ"と捉えています。

亀の甘言に乗っかるのは歓楽街に誘われるタクシー客の懇ろでしょうか。
飲めや歌えの享楽は、コロナに苦しむ時代にはむしろ羨ましく妬ましささえ感じます。

宴席の終わりに手渡された玉手箱はクーポン券などではなく、長く怠惰放蕩に耽ったことへのカウンター拳なのでは?

恩返しという甘言を鵜呑みにし、ともすれば当然の見返りとして享受を求める人間の浅はかさ、傲慢さへの注意喚起とも言えそうです。

とは言え、乙姫じきじきに開封を禁忌・諫言されれば、なおのこと開けたくなるのも人の情け。
その結果、浦島太郎の肉体はたちまち現実へと引き戻され、あらぬ姿へと変貌します。

ここで留意すべきなのは、自らの判断で現世へと還った太郎が、世間の様相とのズレと、自らの肉体と精神とのズレを、いったいどのように順応させたのかということです。

昔話・浦島太郎では、その先までは物語られてはいません。
上から目線の教訓はあっても、下から支える支援は何一つ語られません。
言わば「そりゃあ自己責任だから仕方ないでしょ?」ということなのでしょうか。

案外、昭和時代の共同体なら拾う神ありで許されそうです。
でも、平成・令和の時勢では捨てる神のほうが悪目立ちなので、そういうわけにはいかないことのように思います。

太郎の自己選択は、たしかに遊惰に溺れ、人格の錬磨も社会への貢献も放棄してしまっています。
けれども人懐かしさに駆られ、ようやく帰還を果たした結果、世相の変化への"おいてけぼり感(外的な疎外感)"はもちろん、一足飛びに老化した"おいてけぼり感(内面の疎外感)"を自らの境遇とした太郎なのです。

それはウラシマ効果ならぬ、ウラシマ後悔とも言えそうな救いようのなさになってはいないでしょうか。
彼が背負った償いは、残りの人生にどのような顛末をもたらすのでしょうか。

なにより、いったい太郎は、時間のあわいとの等価交換を、どのような想いで埋め合わせ、置き替えたのでしょう。
それは個人的レベルで推察するしかないのでしょうし、その重苦しさはこの先も表立ってはこないのかもしれません。

ですが、それを社会通念として刷り込んでいる私たち自身も、時のあわいの埋め合わせを「個の内面性」の問題として目を逸らしてはいないでしょうか。

時間操作(とその結果としての無常感)をファンタジーやSFに落とし込むのは容易いことです。
でも、現実の身近な街なかで生み出されている事象が、どれだけ恐ろしい未来を招くのか、もうそろそろ無視できるような時代ではないように感じます。{/netabare}


~    ~    ~    ~


終幕、二人の感情が爆発し、絆を縒り戻そうとする一つのアクションが演出されます。

ストーリーラインでは、{netabare} かたや数時間、かたや○○年のズレと {/netabare}を、一瞬にして結合されるエポックシーンでもあるので、「うん、当然そうなるよね。」と納得できる私です。

その瞬間、ほのかにビター系の味わいを感じたのは、もしかしたら女性特有の目線が働いたのかもしれません。
ならば、男性視点なら視聴後の印象もまた違ったものになるのだろうかと思いを巡らせています。

留意するのであれば、ジェンダー的にもジェレネーション的にも、視点も目線も違っていて当たり前な二人なわけです。
17歳の過去情報を共有しあっていても、そのバイアスや体験に自縛され過ぎてもいけないのでしょう。

まとめると、歳の差という現実におじけず、コミュニケーションをよく図ることで、生きる実相を作りあい、その意味を見出す共同作業が肝要なのかもしれないと感じました。


〜    〜    〜    〜


原作は読んでいませんのでシナリオ的な考察はそんなに深められませんが、全体的には少し薄口だったかなあという印象でした。

キャラクターとしてのカオルはやや茫洋的。あんずがツンデレ風なのは、その背景がきちんと描かれてあるのですんなり頭に入ります。

ただ、ややパターン化された人物像なので、いくらかありきたりに感じられたのは否めませんでした。
(先をつい読みそうになるのをぐっとこらえました。)

もう少し双方の感情への強めのアプローチとか、共感を持ちあうシンパシーとか、そんな意外性のあるエピソードが描かれてあっても良かったかなって感じました。
(いくつかのシーンでいい表情が描かれてはいます。)

元祖・浦島太郎の物語世界との比較は、ちょっと酷だったかも・・・期待をかけ過ぎたかも・・・と反省しています。
でも、時間の相差をアイディアとする作品が、このように循環するのは素晴らしいチャレンジだと思います。


~    ~    ~    ~


思春期の夏への冒険はセピア色に染めるにはまだ早く、だからこそ独りよがりな暴走も時には大切な宝物にもなりえます。

17歳の若さは生身の人間としての欲望や可能性を欲しがります。
でも、そのぶん過ちも多いもの。

カオルとあんずの共同戦線が、お互いの寛容を育み、バランスの取れたサポートを見出せそうな雰囲気で幕を閉じたのは良かったと思います。

ドライ → セピア → ビター → スウィート。

さよならの出口があれば、こんにちはの入り口が人生にはあります。
時間のあわいに翻弄されず、足を地につけることに喜べる毎日(系)があれば、それが本当のウラシマ効果の実り。

そんなことが言えそうな作品でした。

投稿 : 2022/09/12
閲覧 : 80
サンキュー:

8

ネタバレ

てぶくろ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

またひとつ「君の名は」の光につられた、夏映画の残骸。

 {netabare}「君の名は」以降、雨後の筍のように背景や美術だけは素晴らしい作品、所謂 "劣化" な作品が増えましたが、この作品もそれらのひとつとして名を刻むこととなりそうです。

 導入やら展開をオーソドックスにするのは大変結構なんですが、どこの工場から出荷されてきたんですか?っていうような量産型主人公でやられると、あまりにもベタすぎて正直観ていて恥ずかしくなるんですよね。
 映像はキレイな分ラノベ原作の悪いところが浮き彫りになり、余計に寒々しい感じになっていました。

 先程、オーソドックスな展開と言いましたが、この映画は全編 "っぽい" で構成されています。
 なんとなく夏っぽくて、ボーイミーツガールっぽくて、家庭内の不和もあるっぽくて、切ない要素もあるっぽい、という。
 なんというか夏映画の概念を見せつけられている気分になります。

 もういい加減、【俺の考えた「君の名は」】を発表するのやめましょうよ…。
 なんだか、一夏のボーイミーツガールにどんな特殊な舞台装置をつけるかの大喜利みたいになってませんか。
 そういうのは飲み会とかでやりましょう。

 
 最後に
 この映画は原作のアニメ化という観点からすると120点だと思います。
 素晴らしい作画と演出、美麗な背景・美術、無駄な部分は削られた脚本でダレることなく83分とすっきりとまとめられていました。
 制作側では最善が尽くされていたように思いますが、原作のポテンシャルがそこまでだったのが残念です。
 強いていうなら、企画が悪いと言ったところでしょうか。
 
 面白い作品とは言えませんが、それでも、過ぎ行く夏を惜しむ今の季節には合っている作品なんじゃないでしょうか。
 
 CLAPの新たな作品に期待です。 {/netabare}

投稿 : 2022/09/09
閲覧 : 81
サンキュー:

3

DNpZi11830 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/11/29
閲覧 : 1

ニノマエ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/24
閲覧 : 2

アキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/23
閲覧 : 1

いぬわん! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/30
閲覧 : 3

mimories さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/23
閲覧 : 1

ぽ~か~ふぇいす さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/18
閲覧 : 2

kunka さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/13
閲覧 : 2

ダイ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/13
閲覧 : 2

てっく さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/13
閲覧 : 2

vHdNd71051 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 1.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2022/09/12
閲覧 : 2

KANO さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/12
閲覧 : 15

しむらうしろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/11
閲覧 : 2

Gz さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/11
閲覧 : 2

TM さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/09
閲覧 : 2

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/09
閲覧 : 3

夏へのトンネル、さよならの出口のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
夏へのトンネル、さよならの出口のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

夏へのトンネル、さよならの出口のストーリー・あらすじ

あの日の君に会いに行く。

ウラシマトンネル――そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入る。
ただし、それと引き換えに……

掴みどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。ふたりは不思議なトンネルを調査し欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。

これは、とある片田舎で起こる郷愁と疾走の、忘れられないひと夏の物語。(アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2022年9月9日

このアニメの類似作品

この頃(2022年9月9日)の他の作品

ページの先頭へ