新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「シャドーハウス 2nd Season(TVアニメ動画)」

総合得点
72.6
感想・評価
172
棚に入れた
628
ランキング
1046
★★★★☆ 3.7 (172)
物語
3.7
作画
3.8
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

シャドーハウス 2nd Seasonの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

菊門ミルク大臣 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

誰だっけ?ってなる…

ローブ様をめぐるミステリー多目な今作。
色んな名前が飛び交うも誰だっけ?ってなる事が多かったです。
異能バトル系になっていくのかな…

投稿 : 2023/01/27
閲覧 : 3
サンキュー:

1

ネタバレ

mamiko さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シリアス多め

続編のシャドーハウスはシリアス展開が多めです。少し謎解き要素も加わっています。

エミリコとケイトと共にシャドーのことを調べてくれる仲間が増えるのか?大人の仲間入りをした人にも触れているので、より核心に迫ります。

投稿 : 2022/12/21
閲覧 : 27
サンキュー:

2

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

犯人はヤス

お披露目後にシャドーハウスのやり方に疑問を持ったケイト。
同期のシャドーと連携して、抵抗する事を考える。
成人になったケイトは、煤能力の操作を練習する事となった。
煤能力の練習をしていたら、バーバラが乱入。
バーバラは、シャドーハウスの6割の煤を排出するのだが、その一方、苦しむ事となる。

ローブ様や亡霊騒ぎなど、色々な事が起きました。
今回のケイトは探偵役かな?
星付きには目を付けられますし、問題解決に奔走します。
同期が仲間になったのは良かった事なのですが。

謎が多いシャドーハウス。
シャドーと生き人形の関係など、問題点もありました。
今回の主犯は、その問題に異を唱えて逃げ出そうと考えていました。
その犯人の名前は……

シャドーハウスの秘密を知った真犯人。
大人のシャドーもバカでは無いので、怪しい人物を特定しています。
そして特定して、大人の塔にお呼ばれされます。
もっと早くケイト達と出会っていたら、良い仲間になったのでしょうが。

終盤には、優秀なクリストファーの生き人形だったアンソニーとの出会いもあります。
アンソニーはケイトに忠告しに来たのかな。
クリストファーにはカリスマ性がありました。
そして、統率の取れた子供たちは、仲良く過ごす事が出来ていました。
しかも、シャドーと生き人形との関係性も変えようとして、子供への教育を普及させました。
そう、お呼ばれをして、館の秘密を知らなかったら……

子供の塔の一部は、シャドーハウスに疑問を持っています。
その体制を変える事ができるのか?
クリストファーの意思を継ぐ者が現れるのか?
あぁ、続きが気になる所で、2期は終了。
原作やCloverWorksの仕事量次第なのでしょうが、是非、続編を作って欲しいですね。

投稿 : 2022/12/17
閲覧 : 55
サンキュー:

17

ネタバレ

ninin さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シャドーハウス探検隊

原作未読 全12話

シャドーハウスの2期です。関係性から1期から観ることをオススメします。

顔の見えない全身真っ黒なシャドーと言われるものが住んでいる巨大な洋館シャドーハウス、シャドーには「生き人形」といわれる人間がそれぞれについていました。シャドーの一人である「ケイト」とお付きの生き人形である「エミリコ」を通じて異質なシャドーハウスの全貌を明らかにしていくお話です。

1期である試練をクリアして子供たちがいる館を自由に移動することができるようになったケイトとエミリコ、今回は一緒に試練を乗り越えた他のシャドーたちとある事件を解決するために奔走するお話です。

今回はケイト&エミリコに加えジョン&ショーンが大活躍します。ジョンのキャラ好きですねw

子供たちの館には色々なキャラが出てきました。

今回、かなりシャドーハウスのことが分かりましたね。この2期でさらに新しい伏線が散りばめられたので3期があればいいですね。
{netabare}
(マリーローズ&ローズマリーの行方、クリストファー&アンソニーのアンソニーが出てきた件、大人たちのこと)
{/netabare}
続きを観たい作品です。

OPはReoNaさん、EDはClariSさんが歌っています。

最後に、全体が暗い感じで怖いお話も多いですが、そればかりではなくエミリコの明るさで周囲を明るく照らしてくれます。

投稿 : 2022/12/05
閲覧 : 47
サンキュー:

11

ネタバレ

makkotty さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人間っていいな(シャル・ウィ・ダンス?)

タイトルにしたオープニングテーマのワンフレーズに『ふっ』てなるけれど好きな曲です。この作品は一期から全部見て面白かったです。
続きは漫画で読みました。今時点で連載中です。

何が面白かったかというと、シャドー達の超能力だとか色々出てくるけどそう言うところに関しては割とシンプルなところ、主人公たちを取り巻く環境というか世界観に閉塞感があり、環境でシャドーと『生き人形(人間)』を追い詰めていくストーリー、この閉塞感のあるシャドーハウスでそこで発生する問題を主人公たちの創意工夫で解決していくストーリーが面白いです。

はまってしまいました。謎や伏線、徐々に分かってくるシャドーハウスという閉ざされた箱庭。

漫画の話数と比べると、アニメの方が話数が少ないし、漫画は続きから読んで、話がずれていないのでアニメのオリジナルストーリー追加されたり端折られたりしていそうなのですが、そこが上手く本編からズレない形で凝縮されています。

19世紀のヨーロッパっぽい時代設定とか好きな人に処方します。

投稿 : 2022/11/12
閲覧 : 45
サンキュー:

3

よこちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2期も神作

1期でハマりすぎて私的神作認定し、視聴後ただちに漫画を大人買い、そしてあにこれのアイコンをエミリコにしました(^^;
漫画も最高に面白いですよ。
さて2期なんですが、CloverWorksは好きなアニメ多く好きなんですよ。しかし以前「約束のネバーランド2期」でやらかした(1期は神作だと思っている)ので、そこだけ心配でしたが杞憂に終わりました。

1期は原作改変やアニオリ回等があり、どうするのかなと思ってたんですが、上手く原作に戻しましたね。なので2期は原作に結構忠実に作った印象です。ただ原作勢となってしまった私ですが、アニメも非常に面白く観れます。やはり声優さん達の顔のないシャドーのすばらしい演技、表情を想像したり楽しめます。その点ではアニメ向きだと思います。そして相変わらず天使キャラすぎるエミリコ可愛いです。

1期のレビューでED曲のReoNaの「ないない」が雰囲気合いすぎて神曲だと言いましたが、2期はOP曲「シャル・ウィ・ダンス?」を歌い、またまた雰囲気にどハマりした神曲なんですよ。じゃあ、ED曲誰やろと思ってたら、なんと大好きなClariS。同クールのリコリス・リコイルのOPとツーClariSとはサプライズでした。「Masquerade」と言う曲でこれも雰囲気ばっちし神曲なんですよ。このアニメはOPEDの選曲が良いです。

と言うわけで評価も1期と同じにしましたし、2期も私的神作なんで超お勧めです。ただ1期の振り返りとかないんで、1期から見ないと話が分かりません。ご注意ください。これは3期もあるのではと思ってます。

2022年11月12日

投稿 : 2022/11/12
閲覧 : 126
サンキュー:

17

ネタバレ

エイ8 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おいしいパンにほかほかコ~ヒ~♪

『シャドーハウス』(SHADOWS HOUSE)は、ソウマトウによる日本の漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2018年40号より連載中
第2期は2022年7月から9月までTOKYO MXほかにて放送された(wikipedia)

まずはOPですよね。前期はゴシックホラー風味でしたが今期は少し明るい調子、更にインストじゃなく歌詞ついてるなと思って聞いていたらまさかの「いいな、いいな、人間って、(人間って、)いいな~♪」これ聞いた瞬間思わずでんでんでんぐりがえってバイバイバイ♪してしまった同士は多そうです。

思い返せば前期もそうでしたが、本作はどうも謎解き要素が含まれる作風のようですね。今期は「ローブ様」の正体を探ることにほぼ丸々1クールを費やしています。そのため前期にやや匂わされていたサラの伏線などについてはほぼ全く触れていません。

謎自体はそれほど難解というわけではありませんでしたが、ちゃんとした伏線をしっかり用意している辺りは好感が持てます。逆に言うとだからこそ解きやすくなるとも言えるのですが、元々ミステリーものというわけでもないのでこれは特に問題ないでしょう。

作画も含め特に欠点らしい欠点が無い作品だと思います。あからさまにヨーロッパな舞台なのに明らかな日本語のダジャレを持ってくるのは少し控えた方がいいと思いましたが難癖のつけどころはそれぐらいでしょうか。ただいくらか疑問点はあります。

その一つがブースターコーヒーの存在なのですが、これは前期「お披露目」の後で初めて出てきたにもかかわらず、今期では生き人形たちの仕事終わりに普通に出てきました。逆に言えば、エミリコ達は何故「お披露目」前にこの現場に立ち会わなかったのでしょうか?「お披露目」前は先に帰らされていたのでしょうか、それとも今回の「お披露目」以降エドワードによって新たに仕組まれたものなのでしょうか。そもそも「お披露目」以降じゃないと飲めないという意味もわかりません。「お披露目」後は週一でブーストしなければ洗脳が解けてくるような代物なわけですから、例え「お披露目」前であっても飲ませておいた方が無難だと思うんですけどね。

もう一つ謎なのは星付き達がクリストファーの存在を禁忌のように扱っていることです。ローズマリーやバーバラの回顧を観る限り彼のことに触れてはならない理由はわからないままでした。少なくともアンソニーが反乱分子であることをローズマリー以外誰も知らない状況ですし、またクリストファーが自死したということも知らされていない筈です。にもかかわらずどうしてあれほどまでに彼への言及を避けようとするのでしょうか、現状は謎のままです。

ちなみにクリストファーが自死した、というのはあくまでアンソニーの供述でしかなく実際のところはわかりませんよね。出口のない部屋から消えたところからみて実際は既に融合しているのかもしれません。もっとも融合したからと言って煤状になれるのかどうかはわかりませんが、いずれにしろ洗脳状態にないアンソニーがクリストファーの意識に打ち勝っている可能性はあります。

それにしても融合のことは大変なトップシークレット扱いのようなのに前任のトマスさんは実にぺらっと喋ってましたね。そんなんだから降格させられるのでしょうが。また、これについてバービーが何とも思ってない様子なのはやはり洗脳が故なのでしょうか。

さて物語では大天使エミリコの底抜けの明るさにかげりが差しつつあるように思えます。バービーがエミリコを目の仇のようにしているのはおそらく彼女自身が元は大天使だったからでしょう。放っておけばエミリコも彼女のようにガラ悪くなっちゃうのでしょうか。それはそれでちょっと見てみたい気もしますが。

追記
元々「エミリコ」って珍しい名前だよな~って思ってたのですが試しに英語版wikipediaをみてみると綴りが「Emilico」一応自分なりに調べてみたのですが実在の人物名としては他に該当なし。他のキャラはみんな結構メジャーな名前だったりするのに彼女だけオリジナル(推定)なのは何か意味があるのかもしれませんね。

投稿 : 2022/11/06
閲覧 : 76
サンキュー:

14

ネタバレ

ハニワピンコ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

悪い子はさすってあげられないし処分しなければならない

今期も安定して面白いし、キャラも増えて会話一つとっても伏線が多く散りばめられていながら、見ていて心地の良いテンポでさらっと前の描写を回収するのが上手くて、物語が進んでく中で少しずつ変わりつつある不気味なシャドーハウスの生活という中々味わえない独特な雰囲気は今期も未だ健在で、見ていてとても面白い

1期のゴシックホラー的ジャンルからファンタジー サスペンス系となり、それに1期からのエミリコ可愛い要素と少年ジャンプ的要素を足したものとなっている。まぁ不気味や不穏という点や、シャドーハウスとは一体みたいな雰囲気は一貫してるから特別空気が変わったわけでは無いと思う

ローブ様は3話冒頭でクリストファーが話してたこべりつきに飲まれた人なのかなとか考察していたら煤能力に関係した方だった。結局シャドーが全てを支配している館なのかというのは結構重要な要素だった。
そんな中で一体化するという事にリスクが伴うのはなぜなのかとても気になる

成人と認められた後、他の個性的な様々なシャドーと関わっていく中で、一期から引っ張ってきたローブ様の巻き起こす陰謀に、星付きやシャドー同士のしがらみなどが組み合わさって面倒な事態へとケイトやエミリコが巻き込まれて行き、その正体が明かされ、その真の目的と顛末にはかなりしっかりとしたプロットが組まれており、1期とはまた違った楽しみ方が出来た
特にローブ様の過去話から始まる、あるキャラクターと大人になるという事の描き方が予想外にエグくてさらに引き込まれた

独特な作品ながらちゃんとヤングジャンプで連載されているだけあって話はしっかりしているし、一定の人気は漫画でもアニメでも獲得しているからこれからも定期的に続きを作ってほしいな。まぁ話の進め方的に作られるんでしょう
続編前提の作りと言われればそうだから、1クール作品としてみると一生懸命爪痕を残そうとしてない感じはこの作品特有で、ハマる人はハマる”何か起きそうな雰囲気を楽しむ作品“は今の時世的にあまりないからとても貴重だと思った
今期までの部分はまだ原作を買っていないのでこんな感想をさっさと終わらせて本屋にダッシュだ!

そういえば、某所でやったこの作品のイベンツにちょっと顔出して良い物が貰えました

投稿 : 2022/11/05
閲覧 : 63
サンキュー:

7

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シャドーハウスの闇

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
安定の2期。

主人公とその周辺の人物を中心に、本作の独特の世界観を丁寧に描いた1期。

そして、本作の核心ともいえる謎が明かされた、1期のラストを引き継いで、物語がダイナミックに動き出してきた2期。

とても面白かったです。ミステリー要素や能力バトル要素も増やしながら、1期と変わらぬ高クオリティの作品を作ってくれましたね。


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
1期がエミリコの物語だとするならば、2期はケイトの物語。

ローズマリーというサブキャラをちゃんと活かしながら、ケイトの成長を描いていた。

バービーなど、サブキャラにもさらに深まりが出てきて、今後が楽しみ。

個人的には科学班が気になります。間違いなく、今後のケイト達の大きな味方になっていくでしょうね。
{/netabare}

投稿 : 2022/11/04
閲覧 : 61
サンキュー:

16

やまげん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作重視姿勢は3期への布石?

原作は読んでいる。

1期はローブ様関係のエピソードがカットされて、最後はアニメオリジナルで終わったので、てっきり2期はないものと思っていたが、まさかの2期発表で驚いた。

カットした部分はどうすり合わせるのだろうと思っていたが、けっこう強引につなげてきた感じ。

1期ではアニメオリジナルの展開があったが、2期では原作に忠実に進行していき、アニメオリジナルはなかったと思う。

すす能力の描写はアニメで動きがついたことで良くなったし、おおむね良いアニメ化だったと思う。ただ、マンガのほうが、盛り上がりだったり魅せ方だったりが上手だった部分もあるようにも思う。これは、謎解き要素の大きいこの作品の性質上仕方ないのかもしれない。

2期以降の部分は原作も読んでいないので展開が不明。気になる終わり方だが、3期はあるのだろうか。

投稿 : 2022/10/27
閲覧 : 48
サンキュー:

4

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この館にはまだ"秘密"がある

この作品の原作は未読ですが、TVアニメ第1期は視聴済です。

アニメーション制作がCloverWorksさんなので、総じてクオリティの高い作品だと第1期の視聴の際に思いました。
CloverWorksさんといえば、22年に冬アニメで「明日ちゃんのセーラー服」と「その着せ替え人形は恋をする」を2本同時に放送しつつ、2クール作品である「東京24区」も同時並行的に動いていたのは本当にビックリです。

wikiをググると、各制作班に分かれて作品を作るスタイルを取っているみたいでした。
例えば「明日ちゃんのセーラー服」と「その着せ替え人形は恋をする」の制作班は異なっていました。
これが複数の依頼に対応できる実態なんでしょうけれど、相当のパワーが無いと難しいんでしょうね。


『お披露目』を終えたケイト・エミリコ、
そして同期3対は成人としての新しい生活を始める。

「シャドーハウス」の謎を解き明かせないまま、
こどもたちの棟では新たな事件が発生。

反乱分子と星つきに怪しまれたケイトとエミリコは
犯人と思われるローブをまとった謎の影の正体を追うことに。

果たして謎の影の目的とは……?


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

まだまだシャドーハウスの全容は闇の中ですが、物語が少しずつ深淵を覗き始めたのを実感しています。

ここまで視聴を続けて分かったこと…
ケイトとエミリコはそれぞれ演じる声優さんが異なります。
ケイトはあかりんで、エミリコは篠原侑さんです。

ところが、他のシャドーと生き人形はどちらも同じ声優さんが演じているんです。
例えば、ルイーズとルウはシャドーと生き人形の関係ですが、どちらもあやねるが演じています。
これは一体何を意味するんでしょうね。
物語の核心に迫るのが楽しみです。

気になることと言えば、私たちはシャドーと生き人形の普段の生活について、ケイトとエミリコを見ていますが、他のシャドーと生き人形の関係は皆さん良好なのでしょうか。

お互いにとって必要不可欠な存在であるのは間違いありませんが、きっとそれはそう仕向けられているから…
そもそもシャドーと生き人形の関係そのものが、シャドーらが何等かの問題を抱えているから、その問題を解消するためにこんな不思議な生活を続けている…と解釈すれが納得できるんですけどね。

そうじゃなきゃ、そもそも生き人形の存在理由が分からなくなります。
もし生き人形が、シャドーハウスに連れてこれなくなったらシャドーにどういう問題が生じるんでしょうね。
生き人形は連れて来れれないだけで、別に人生を歩むことになるんだと思います。
それじゃ、シャドーは???
きっと、この辺りも物語の進展に伴って明るみに出るんでしょうけれど。

一方、物語の方は基本的に第1期を踏襲しています。
エミリコや相変わらず元気一杯で、ケイトは冷静沈着で…
それに、ケイトが館の中で少しずつ評価され始めてきました。
自動的にケイトの生き人形であるエミリコも…なんですけれど。

彼女たちの評価が館にどんな変化をもたらすんでしょうね。
私、気になります。

オープニングテーマは、ReoNaさんによる「シャル・ウィ・ダンス?」
エンディングテーマは、ClariSさんによる「Masquerade」
ReoNaさんの楽曲は「完璧」という言葉がピッタリの楽曲でした。
今回ClariSさんは作詞も担当したんだそうです。

1クール全12話の物語でした。
今期も予想の斜め上で面白い作品でした。
現状、この作品で気になるのは、物語の伏線を除き原作のストックと続編の情報です。
早く第3期の制作が発表されるのを期待しています。

投稿 : 2022/10/23
閲覧 : 74
サンキュー:

17

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

御影の国のアリス

【紹介】
不思議の国のアリスがお化け屋敷に迷い込んだみたいなアニメでキャラクター可愛いのに設定がかなり重たくて怖い
ミステリーの面白さと洋風ホラーの不気味さとゴスロリな可愛さとアンティークなオシャレさを兼ね備えた魅力的な雰囲気の作品です

【感想】
えっ終わり? 気づいたら終わってました
あっという間の2期で、とても面白かったです!
変なところで終わったので3期期待していいのかな?

ジョンとショーンがお気に入り
ストーリーも設定も全然違うけどまるで不思議の国のアリスをダークにした感じの雰囲気が好き

ゴスロリファッションとアンティーク、ダークな洋館の雰囲気に映えるケイト様の真っ赤なお召し物
シャドーハウスの雰囲気がいい感じに不気味で怪しくて素晴らしいです!
{netabare}
序盤は館の謎の手がかりとか説明をゆっくり丁寧に少しずつ見せていって、キャラクターがどんどん増えて
エミリコ以外のキャラクター、特にローズマリーやバーバラの掘り下げが進んだので2期でもっとこの作品が好きになりました
これはどういうことなの? どうなっちゃうの?って思うことばっかりで、後半一気に物語が加速するとともに
全体がうっすら見えつつも謎を残してまだまだ深い闇や未知の領域がありそうって思わせる興味の引き方が秀逸、面白い!

ヒトが誘拐されて記憶消されて影に身体を乗っ取られるっていうかなり怖い設定
館の秘密を探るうちに仲間とのキズナが深くなっていくのがいい!
謎がひとつ解決したと思ったらまた新しい謎が出てきてよりシャドーハウスの謎が深まって面白くなってきました

いいキャラクターばっかりでみんな好きだから、これだけ重くて闇の深いストーリーだとみんながハッピーな終わり方って難しそうでつらい・・・
3期楽しみなような見るのが怖いような・・・
{/netabare}
エミリコが笑ってお屋敷を卒業できるストーリーだったらいいなと思っています
2期でシャドーハウスのこともだいぶわかったけどまだまだ謎がいっぱいで、3期に期待してます!

投稿 : 2022/10/21
閲覧 : 87
サンキュー:

24

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最終第12話 抗う者たち、まで視ました。謎がますます増えた。

公式サイト;
https://shadowshouse-anime.com

「最終第12話 抗う者たち、まで視ました。謎がますます増えた。」
まず、続編に期待します。2nd seasonでは、結局、取り上げられたキャラが増えることで、謎や不確定な要素が増大しただけwでした。でも、少しは解決しながらだったので、心地よく画面を眺め続けることができました。シャドーハウスの謎が明かされ、そのマチガッテいるところが正される、その様が続編で美しく描かれることに期待して続編制作を待ちたいと思います。

「第1話 新成人たち、を観ました。期待しかない。」
序列、洗脳、不可解な縛り付け、家への奉仕、そういった世界であったことが、1話で思い出されました。今後の展開に期待します。

投稿 : 2022/10/15
閲覧 : 87
サンキュー:

7

ネタバレ

テングタケ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

全12話→追記

これで終わり!?
素で12話で終わりということに気づかず、13話目を楽しみにしていました。
もう一周観て、よく理解してからレビューを書きたいと思います。

追記:2周目見終わりました。
2回観ても覚えられないほどキャラクターが増えました。一人見たら二人いると思え!ということですね。なぜか3階の住人は出てきません。偉大なるおじい様ぐらいは、デビルマンやガッチャマンのボス感覚で姿を見せても良かったかも。
相変わらずエミリコは可愛いですね~。1期のOPの困った顔して走るエミリコも可愛かったですが、2期のOPのエミリコのドアップもまた可愛いです。ですが、1期では明確にエミリコが主役でしたが、2期ではどちらかと言えばケイトが主役です。エミリコの方が、こんな×××や〇〇〇まで真っ黒そうなオナゴより・・・いえ、なんでもありません。クソ生意気なバービーの可愛い頃が見れたのは良かったです。なんかキャンディキャンディみたいでした。
1期はお披露目会が山場でしたが、2期ではOP・EDともにバッチリ出てくるローブ様の謎がメインです。正直、ローブ様の正体とかローブ様が2人いることなど、割とどうでもいい感じでした。
前述のように2期からはキャラが増えたので、スス能力者も増え、スス能力対決はさながらスタンドバトルのようです。ローブ様とケイトたちの戦いは、二転三転して楽しめました。
冒頭に書いたように、終わり方はかなり中途半端で引きが弱く、早く3期が来てくれなければ、正直関心が薄れてしまいそうです。

投稿 : 2022/10/15
閲覧 : 59
サンキュー:

3

ネタバレ

めう さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

それでもなおシャドーハウスの謎は多い

第一期とは一転、シャドーハウスの秘密が段々は判明していく二期だった。音楽、作画、声優、全てのレベルが高い作品であった。
しかし、私は第一期のシャドーハウスについて何も分かってない時のミステリアスな感じがとても好きだったので一期程の高い評価は下せない
それでもとても面白い作品なので、三期が決定されるのを期待している。

投稿 : 2022/10/13
閲覧 : 152
サンキュー:

3

ネタバレ

Jeanne さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期より面白かった

全12話

1期は視聴済みです。

2期ではケイトによる協力者集めとローブ様を中心とした亡霊騒ぎがメインで描かれます。
1期も面白かったですが、2期の方がさらに面白く感じました。

数々の謎が出てきますがそれらが明らかになっていく過程を楽しむことができました。
又、それと同時に新たな謎も増えてきてそれも興味をそそられて見応えがありました。

本当に最終話かどうか疑ってしまう程中途半端な終わり方だったので続編を楽しみに待ちたいと思います。

投稿 : 2022/10/11
閲覧 : 47
サンキュー:

4

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ジョンパンチ

1期になれたのか音楽の秀でてた感は薄まる。
展開としては子供たちの棟の騒ぎの犯人を捜していく中でシャドーハウスの謎が少しずつ解明されていく展開。
独特の世界観は定着し、同期とも協力し謎や事件に突き進んでいく展開はとても面白い、3期も楽しみという形で終る。
新鮮さが薄まったのに、同期組や特殊能力等で、それぞれ関係性の深堀され安定した2期。

100点中80点

投稿 : 2022/10/11
閲覧 : 51
サンキュー:

5

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず簡単な感想

 原作は未読。
 2期ものということで、1期終盤はアニメオリジナル展開だったそうだが、原作未読の
身としては、1期からの繋がりにそれほど不自然なものは感じられなかった。

 話の主軸が亡霊騒ぎとその犯人探しになっており、ケイトが探偵役を引き受けたことで、
ミステリー要素の強いものになっている。
 この捜査活動で亡霊騒ぎの謎が明らかになってくると同時に、作品の根幹である館や
シャドーに関する謎も次第に明らかになっていくが、1期同様に謎が明らかになると同時に
新たな謎が出てくるといった感じで、興味は尽きない。

 中心となるケイトとエミリコ。
 ケイトについては、1期においてジョン/ショーンが味方になるくだりがあるも、孤独な
戦いといった感があったが、本作では犯人探しに同期のルイーズ/ルウ、パトリック/リッキーが
協力するなど、洗脳こそ解けていないもののケイト陣営が形成されつつある印象。
 本作では他にもシャドー家のやり方を疑問視するキャラが登場するなど、今後のキャラの
関係性がどうなるか気になるところ。

 エミリコの方は「お花畑」と呼ばれる素直で前向きなところは相変わらず。
 当初はその性格から愚直さが逆に問題解決に導くキャラかと思われたが、実は聡明なキャラで、
本作ではそれが更に際立ってきた感じ。
 加えて本作では逞しさも増したようでかなり頼もしい存在になってきた。

 犯人探しの過程で様々なシャドー/生き人形コンビが登場するが、オリバー/オリーを筆頭と
する研究班の面々がなかなか面白かった。

2022/10/09

投稿 : 2022/10/09
閲覧 : 28
サンキュー:

2

ネタバレ

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちと物足りないかな

ひたすら謎解きとバトル。話の進みがやや遅いかなと少し退屈してしまった。面白くないわけではないし、続きは気になるんだけど。
登場人物が増えすぎて把握できないとまではいかないけど、ややこしくなってきた。

エミリコのドジと見せかけた賢さと身体能力の高さ、さらには責任感を見せつけた。

やり方は違っても最終的な目標は同様のローズマリー・マリーローズを倒す必要あったのだろうか?成り行き上、しゃーないか。{netabare}イザベル・ミラベルの犠牲、ケイトへの濡れ衣。{/netabare}
星つき間でのいざこざもどうなっていくのでしょうか。
子供から大人への逆襲もあるのか。バーバラがどういった立ち位置なのか。

{netabare}洗脳に気づいた影、人間は他にもいて衝撃を受けて自殺した影、喪に服している人間。飛び降りたけど、ローズマリー・マリーローズには生きていてほしいな。{/netabare}

最終話のミア サラが怖い。


OP
シャル・ウィ・ダンス? ReoNa
ED
Masquerade ClariS
シャル・ウィ・ダンス?は明るいようでなんとなく不気味な曲調。ReoNaの歌い方や歌声も助長している。
ClariSは好き。


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
この館には“まだ”秘密がある---『お披露目』を終えたケイト・エミリコ、そして同期3対は成人としての新しい生活を始める。「シャドーハウス」の謎を解き明かせないまま、こどもたちの棟では新たな事件が発生。反乱分子と星つきに怪しまれたケイトとエミリコは犯人と思われるローブをまとった謎の影の正体を追うことに。果たして謎の影の目的とは……?


第1話 新成人たち
エドワードがエミリコを攫った事件からしばらくしたある日。夜中に星つきに呼び出された生き人形たちは、バービーからローブをまとった怪しい影が大広間に現れたという話を聞かされる。真っ先にバービーから疑われたエミリコは経緯をケイトに話すことに。

第2話 最高の”星つき”
バービーから体調を心配されながらも、星つきとしての役目を果たそうとするバーバラ。しかしこどもたちの棟で次々と起こる騒ぎに頭を悩ませ、”前のリーダー”であれば何か違ったかもしれないと考えていた。一方ケイトからもらった手紙を部屋で読んでいたジョンはなぜかショックを受けていて……?

第3話 大掃除
館の秘密に迫るため、星つきを目指すことを決めたケイトたちは、情報収集をするべく行動を始める。しかしその矢先、生き人形たちが”喜びの会”のため大広間に集まっていると大量のこびりつきに襲われ、二度目の”亡霊騒ぎ”が起きてしまう。

第4話 犯人候補
亡霊の発生源はすす管であると突き止めた星つきたち。バーバラはひとまずこどもたちの棟の混乱を鎮めるため、”珈琲”を割った双子のベルにすす管清掃の罰を与える。しかし、事件の真犯人をつかみきれずにいた星つきたちはケイトに疑いの目を向ける。

第5話 深夜の同期会
思いがけず研究班の研究の間(ラボラトリー)に迷い込んだケイトたち。研究班の班員にもみくちゃにされながら、ケイトたちはローブ様の正体を掴むべく、真犯人のヒントを探る。

第6話 夜の空
ケイトたちが同期会を決行している裏で、エミリコとショーンは屋根の上で自身の出自を語り合う。満天の星空の下、それぞれに思いを馳せた夜は静かに過ぎていくかのように思われたが……。

第7話 個別捜査
それぞれに調査を開始する同期たち。ルイーズとルウはすす能力の調査を進めるため、星つきの居住棟へ向かう。一方、パトリックも館の同期関係を調べるために行動するが、一つの”疑問”を持ち始める。

第8話 ローブ様の正体
ケイトたちはそれぞれが得た情報を共有するため、パトリックの部屋で同期会を開くことに。亡霊騒ぎの犯人とローブ様の正体を絞り込んでいくが、エミリコがあることに気が付く。

第9話 最後の授業
遂にローブ様の正体がマリ-ローズであることを突き止めたケイトたち。亡霊騒ぎを起こした彼女の真意を追求する中で、マリ-ローズの口から語られたのは館の残酷な秘密だった。

第10話 仲間の価値
大量のこびりつきと亡霊を操るマリ-ローズに敵わず、館から逃げ出したケイトとジョン。巧みな作戦により徐々に追いつめられる彼女たちだったが、逆転の秘策を思いつく。

第11話 ふたりの答え
ケイトたちによって捕らえられたマリ-ローズとローズマリーは星つきに引き渡される。マリ-ローズがバーバラと言葉を交わすと、果たせなかった約束の悔恨とともに物語は秘められた過去の記憶へと流れ出す。

第12話 抗う者たち
マリ-ローズとローズマリーが”栄光の廊下”から飛び降り、最悪の形で亡霊騒ぎは終結する。館が緩やかに日常に戻ろうとする中、ケイトとエミリコの疑心は大きくなり確固たる決意が生まれる。

投稿 : 2022/10/08
閲覧 : 44
サンキュー:

8

ネタバレ

とまと子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

さらに裏返るジグゾーパズル

 
原作熱愛者のわたしとしては、1期最終の3話を見事なアニメオリジナルで締めていただいた製作者のみなさまには揺るがぬ全幅の信頼を寄せています。

なので2期を作っていただけただけでもう5.0点差し上げたい気持ちなんですが、1期は4.8点にしていたのでとりあえず同点つけておきますw

そしてこの初回、どうでしょう?!
前半かなりの部分がアニメオリジナルですけど、1期でオリジナルストーリーにしてある部分をとても簡潔に回収されていて、真髄としては原作に超忠実、原作そのものと言ってもも過言ではありません!
やはり皆さん、作品愛に満ち溢れた方々なんですね。。。

シャドーハウス、この2nd Seasonも目が離せませんわ!!♡

***観終わって*** {netabare}

1期でローブ様を出さなかったことで原作との違いのインパクトはやっぱりかなり大きかったようで、2クール目全編をかけて回収されてました。

でも、やっぱり原作愛がすごいです!
本当に一生懸命考えられて工夫されて、原作ファンをがっかりされるどころか狂喜させるような”改変”の連続でした♡
バーバラ様やマリーローズ様のキャラクターなんかは、むしろアニメの方が印象深く感じました…。

もう、感謝しかないです♬

で、これはもう3期行っちゃいますよね?
もう、原作と一緒に完結まで行っちゃいましょう!
{/netabare}

投稿 : 2022/10/04
閲覧 : 171
サンキュー:

22

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

溜め回っていうか溜めクール?

シャドーハウス1期目からの続編です。2期目から観てもまったく意味わからんと思いますので、「お陰様」とか「生き人形」とかの作中用語もそちらをご覧ください。

ちなみに1期目を楽しく観たのですが原作漫画は未読なままです。



1期目がキリ良く終わったのに対して、2期目はけっこう「本番はこれから」みたいな感じの最終回でした。今回は「シャドーの煤能力」と「生き人形の出自」にフォーカスが当たった感じでした。

1期目最終回に出てきたコーヒーにも注目でしたね。1期目の試験以上にバトルシーンも多く、エミリコもその高い身体能力を見せつけて楽しませてくれました。エミリコがアホっぽいけど実はけっこう賢さを見せるシーンなどもあり面白かったです。

ちょっと探偵物みたいな2期目でした。3期目があったら、やっぱり観ます。

投稿 : 2022/10/04
閲覧 : 97
サンキュー:

21

ネタバレ

あと さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

不思議な世界観で描かれる異色作の第2期

この作品は1期の何が起こるのか、どういう作品なのか、どんな世界観なのか、という部分が無くなって少しワクワクする部分がなくなってしまいました。お話としては1期同様館の秘密についてケイト様とエミリコが奮闘する、という流れなのですがその中で起きるような展開が1期の不思議な世界観で描かれていた面白さがあった分、それが普通になってしまったため展開自体に新鮮さが少し無くなったように感じてしまいました。ホラーなのかも誰が仲間なのかも達成すべき目標も分からないまま終わった1期と違い明確な目標があり地道にお話として世界観や設定が明かされ、その進行自体は良かったですし面白かったのですが、やはりあれだけ面白く不思議な爽快感があり達成感のあった1期と比べると少々物足りない2期になってしまいました。この作品はとても面白い作品ですし、このような展開で終わるべきでもないです。この先に面白い要素も多大に残しているように感じます。アニメとして進化した要素も無かったのも少し残念でした。3期があれば嬉しいですが、楽しみにしています。

投稿 : 2022/10/02
閲覧 : 55
サンキュー:

4

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

班長エミリコーサク<72>

クォリティ十分なアニメ化で、構成的にもローズマリー事件を核に1期よりエピソードのまとまりもよかった。
原作漫画家ソウマトウの前作「黒」を読み返す機会があったんだけど、今読むとシャドーハウスのプロトタイプといった感じで設定をチラ見せする絵物語から長編ドラマへの変化が見て取れて興味深かった。
共通点は少女と黒い異形の物語であること、追加されたのは長編ストーリーのための展開、作品世界を彩る多数キャラの配置、コメディ要素。例えば、ジョンの存在はストーリー進行におかしみと普通こうするでしょとその世界での常識を挿入するきっかけとして効いてる。
アニメではカットされたけど、原作には双子の片割れの死に様が描かれててシャドーハウスとうシステムの残酷さを伝えてたり。
エミリコの班長就任で終わったけど、わりと島耕作気味に中間管理職として活躍しだすので3期も早くあるといいですね。

エミリ子 is back<60>
1期目がアニメでの一旦のオチ用にオリジナル展開で終わったので、始まりは軌道修正から。
原作内容に戻っても煤能力の開発等で展開の幅を広げていっている準備の段階でございます。
EDはまだ演出つかずにスタッフロールのみだったけど、1期のEDがよく演出されていたのでこちらも楽しみ。

投稿 : 2022/10/01
閲覧 : 89
サンキュー:

2

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

3期待ち

{netabare}
2021年春アニメの続編。
1期の頃からかなり面白いアニメだと思ってたけど、2期はもっと面白かった。
地味な印象は拭えなかった一期に比べて、二期は目的がはっきりとしてきた上、仲のいいキャラも増え、キャラ同士の絡みも増えたことにより、単純なエンタメ性が1期よりも上だった。

序盤のミステリー調の話はこちらもケイトたちと共に目的などを考察できて楽しかったし、純粋に先の話も気になる作り。
館の探索パートは、シャドーハウスと言うまだまだ未知の領域を開拓している感があって面白いし、情報を館の星付きたちなどから聞いていくパートも新たな情報があったりして全く飽きなかった。

マリーローズの動機に関しても、狂ったものとかではなく、ちゃんと共感できるもので最後のシーンは印象に残りました。
確かにいくらシャドー側とは言え愛着沸いてるだろうしそりゃ受け入れられない人もでてくるだろうなって。
けど、ローズマリーみたいな考えが少数派なのは、生き人形を完全に人形として見ているシャドーの方が多いからなんだろうか。
マリーローズの目的は館への反抗と言う点でケイトたち合致してるようにも思えたので、あのまま普通に引き渡しちゃうのは意外だった。
まあ引き渡さないとこっちの立場が危ういわけで仕方なくと言うところもあるだろうけど。
マリーローズとローズマリーは結局どうなったのか分からないけど、結末がぼかされているのは、希望がありつつも雰囲気を壊していなくて、良かった思います。
ローズマリー&マリーローズに限らず、恋愛関係でのパトリックとリッキーの意見の食い違いなど、影と生き人形にスポットを当てた話は今後も見どころですね。

相変わらず館の不気味さや不穏さを醸し出すのも上手かった印象。
例のコーヒーや、やらかした双子の始末など館の厳しさが伝わってくる。
基本そんな暗い雰囲気がありながらも、キャラ同士の絡みの部分はちゃんと明るく、萌えアニメ的な面白さもあっていい。
オリバー達との絡みが特に好きだった。
皆怖そうな雰囲気だけど、実は優しくて見ていてほっこりさせられた。
星つきも怖い人ばかりじゃなくて安心。

1個強いて微妙な点を挙げるなら、世界観の種明かしっぽいのはあるけど、それがほとんど1期の頃から分かりきっていたことばかりだったことかな。
最後はめっちゃ中途半端に終わったけど、変に駆けて終わるとかよりは全然いいです。

曲は・・・2期のOPはかなり嫌い。
ないないはあまり癖がなかったけど今回のは癖が強すぎて苦手。

↓1話毎メモ
{netabare}
1話 ☆8
一期どんな終わり方だったか。バトルアニメだった?
またエドワードEDやれ 洗脳ってエミリコ以外解けてないんだっけ。
手紙で反乱計画的なものの意思疎通か。
バーバラより立場上なんか。OP微妙、歌い方嫌い。バービー可愛い。

2話 ☆9
OP微妙。何だこのおっさん!? でかい声出すなw
煤が出る性質を利用したのかw 頭いいなケイト。可愛い。
壊れたのか消されたのか。そんな少ないんかw
言うて匂いでバレそう。

3話 ☆9
これも洗脳教育の1つかな?
犬だよ、ヨツンヴァインになるんだよ。なんか犬っぽくねぇな。
黎明期で見た。水使ったら洗脳解けるから? 今日ノリおかしくね?
エミリコ1期の時そこまで好きじゃなかったけど、2期可愛い。
今回ギャグみたいなノリ多くない?w
あの二人誰かに操られてるんだろうけど、コーヒーを割らされたということは犯人もケイトと同じく館への反乱が目的?

4話 ☆9
正論。コーヒー飲ませる側は飲ませる側で色々あるのね。
エドワードw なんかエロくね? コロナかな?
当たってもそんなに痛くなさそう。これどうすんねんw

5話 ☆8
コーヒーにしよう。なんか2期そういうシーン多くて草。
情報管理ガバガバ。パトリック最近見ないな。シャーリーを返せ。

6話 ☆9
これは未知領域を探索してる感があって面白いんだよな。そうだな。
やっぱ闇が深いな。名前の考察は面白いなw
けどもっと以前の記憶は思い出せてないよね。怖い。
ずっと同じようなことなのにまだ不穏さ維持できてるのすごい。
ショーンは無事なのかw ショーンジョンペアマジで好きだわ。
雨かな? 結構発電に利用できそうで草。呼び出し。

7話 ☆8
かわいい。女には優しいだけ説。シンプルにクズだよな。目がw
俺は心が綺麗だった…? ラブコメ始まる? 三角関係?
ローブの話どこいったし今回。リョナ好き。

8話 ☆9
会議は踊る。同期も平気で疑っていく。全部振り出しに戻ってんじゃん。
憶測でしかないw 証拠は?
有り得ないことを取り除いて言って最後に残ったものがどれだけ信じられなくても? 話して1人にでも裏切られたらアウトだしな。
犯人は予想通りだった。

9話 ☆7
これは今更じゃないか? そういや罠あるんだったな。パラシュート作れ。
目的似通ったもんじゃないの? 2人は無視。俯瞰しろ俯瞰。
じゃあもっと隠しとけw
この大きさ誰か気づくやろ。エドワード。
エドワード味方やられて焦ってて草。ケイトに粘着し過ぎやろ。
唐突なグロ。マリーローズリョナ待ってる。

10話 ☆8
パン食べる暇あるとか余裕だな。これ誰か見てたりせんの?
エドワード何してるし。分岐点からやり直しだな。ガバガバで草。
ローズマリー放置で雑談。引き渡すんかい。

11話 ☆10
エドワードw キャラ増えて話難しくなったな少し。
こいつらもケイトと同じような立場なのね。エドワード可哀想。
ただの嫌がらせで草。まあそうなるわな。

12話 ☆8
人間側か。こいつなんで生かれてるんだ?
人間で生き抜いてるのかっこいい。協力者だな。
けどあの黒服やってる時の方が楽しそう。社畜かな? あれ?
これまだ1話ある? 終マーク付いてた。3期?

曲評価(好み)
OP「シャル・ウィ・ダンス?」☆3
ED「Masquerade」☆7
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2022/09/30
閲覧 : 59
サンキュー:

7

nabeyoko2 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

続きます

設定が面白く、1期でぼんやりとしてたナゾが2期で色々わかってきます。3期が楽しみです。

投稿 : 2022/09/29
閲覧 : 34
サンキュー:

1

ネタバレ

ノエル さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

3期が楽しみ

シャドーと生き人形という変わった設定なので、とりあえず観てみることにした1期ですが、途中からとても面白くなりました。謎の多いまま終わりましたが、2期では、シャドーの在り方などいろいろ解明されてきました。1期の試験のくだりがとても面白かったのですが、2期は全体的に充分面白かったと思います。シャドーの性質上、ハッピーエンドで終われるのかちょっと不安ですが、3期も期待したいと思います。OPとEDは1期のほうが好きです。

投稿 : 2022/09/28
閲覧 : 64
サンキュー:

5

くにちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

安定した作品

原作未読。

適度に笑いがあり、適度に謎があり、適度にアクションがある非常にバランスの取れた作品。

評価に関しては、現時点では原作自体完結していないので、なんともいえませんが、完結まで放映していただければ幸いです。

投稿 : 2022/09/28
閲覧 : 27
サンキュー:

3

luna さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

光があるから影がある

一部のキャラクターがシルエットのみという斬新な表現が魅力的です

しかも黒

当然黒いシルエットを表現するには周囲に光が必要なのですが
その調整具合が世界観にとっても合っていました

何より影絵みたいにならないで
ちゃんと実体を感じさせる作画が驚き

あと
トーンの暗い室内中心の閉鎖的な物語ですが
エミリコの明るい性格のおかげで風通しが良く
どんな展開でも見ていて心地よいです

エミリコは物語を明るく照らす光でもある

お話としてはまだまだ続くみたい
2ndで大きな謎も解明されて、、、
でも
新たな謎と明るい結末が待ってたらいいな

投稿 : 2022/09/28
閲覧 : 37
サンキュー:

4

ネタバレ

Prospero さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

幸せとは何かを問う2期!

コーヒー(薬物)で洗脳され、日々自分の役割を果たす事で幸せ一杯だった1期のエミリコ。
洗脳が解けて逆に人生に疑問を持ち始めてしまう…
洗脳され何も考えず生きる方が幸せなのか、自分が何者なのかどうすれば幸せになれるのか悩むことが幸せに繋がるのか…
お呼ばれまでにケイトと共に答えは見つかるのか?
まだまだ謎が多すぎて見えない…3期が早く見たいなぁ

投稿 : 2022/09/26
閲覧 : 40
サンキュー:

4

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いいな、いいな。人間っていいな。

美味しいご飯にポタポタお風呂、あったかい布団で眠るんだろな。
僕も帰ろ、お家に帰ろ。でんでんでんぐり返ってバイバイバイ!

はい、そうです。「お尻を出した子、一等賞」でおなじみの、「まんが日本昔ばなし」のEDです。まさか、それを令和の今になって、ReoNaさんがカバーするとは思ってもみませんでしたw

そんなことはどうでもいいけど、詳細は1期でも観てください。ていうか、1期を観ていないと意味がさっぱりわからないかと。

集英社『週刊少年ヤングジャンプ』連載中の、ソウマトウさん原作コミックのアニメ化作品の2期です。制作は1期に引き続き、CloverWorksが担当します。

いちおう「生き人形とはなんぞや?」といった謎は1期で解決しまして、ただシャドー家とは? おじいさまとは? エドワードの反撃は?

こういったあたりを解決していく2期となりそうです。

初回は、世界観も地続きのストーリーでありながら、シャドーハウスの世界に引き込む上手い構成で文句はありませんでした。

これなら、まったく心配はなく楽しめそうですね。

=====第3話視聴後、追記です。
{netabare}
んん?

いったい1期は何だったのかというぐらい、似たようなことを2期でリセットして始めているという感じになってきました。

いや、この作品はもう、いまさら「まっくろくろすけ」(なんだっけ?「こびりつき」だっけ?)と生き人形たちのバトルに1話を使わなくてもいいと思うんですよね…

そろそろ話を動かしてください。
{/netabare}
=====最終話視聴後、感想です。
{netabare}
正直、ぜんぜん終わってねえので感想も何もないです。

なんだろうね。CloverWorksは、これを何期でやるつもりなんでしょうか。

この2期は、まさに牛歩のようなスピードで、あっち行ったりこっち行ったりしながら、ほんの少しだけシャドーハウスの謎に迫りましたという。

1期は、謎が多くて、いったい2期でどんだけのことが明確になるんだろうと期待していました。しかし、フタを開けてみれば、そこまでの新事実が得られたのか?という感じ。

しかも、この感じだと、3期は非常に地味な展開(いや2期もだけど)になる可能性も…
ぶっちゃけ、楽しみじゃないんですよね、この引きでは3期が。

ま、もちろん3期が来たら観ますが、大きな期待を持って待っているという気にはなれないです。
{/netabare}

投稿 : 2022/09/26
閲覧 : 191
サンキュー:

6

次の30件を表示

シャドーハウス 2nd Seasonのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
シャドーハウス 2nd Seasonのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

シャドーハウス 2nd Seasonのストーリー・あらすじ

この館には秘密がある── 断崖に佇む大きな館「シャドーハウス」で貴族の真似事をする、顔のない一族「シャドー」。 その“顔”としてシャドーに仕える世話係の「生き人形」。 ある日、“シャドー”一族の少女・ケイトのもとに一人の“生き人形”が訪れ、“影”と“人形”の不思議な日常が始まる。 物語の根幹にせまる2nd Seasonがついに開幕! (TVアニメ動画『シャドーハウス 2nd Season』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年夏アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ