新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「四畳半タイムマシンブルース(アニメ映画)」

総合得点
77.3
感想・評価
26
棚に入れた
174
ランキング
585
★★★★★ 4.2 (26)
物語
4.2
作画
4.2
声優
4.2
音楽
4.0
キャラ
4.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

四畳半タイムマシンブルースの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

マ神 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

たまたま観たら、得した気分

恥ずかしながら、最近はアンテナが低く、たまたま空いた時間に映画でも観ようとチェックしたところ、
このタイトルを発見。
足早に映画観に辿り着き、アニメ版の四畳半神話大系を思い出しながら視聴しました。
もともと持っているこの作品の世界観に、映画アニメとしての作画クオリティ、映画館の音響が加わり、サマータイムマシンブルースのストーリーもバッチリはまって、素晴らしい作品でした。

映画だけに、映画サークルの面々が大活躍します。
ストーリー的には、もちろんサマータイムマシンブルースなのですが、なかなか手の込んだ演出というか脚色もあり、構成も良かったですね。

これは、個人的にはすごく良かった点なのですが、少し好みが分かれるところで
明石さんがめっちゃヒロインで、青春感強めでした。

投稿 : 2022/10/31
閲覧 : 34
サンキュー:

0

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

舞台劇のようなアニメ映画

湯浅政明の知名度がアメリカでも高いからか、まさかのディズニープラスで独占配信とは驚きました。ネットフリックスでもアマゾンプライムでもなく「ディズニー」であることが、湯浅政明が「アカデミックなアニメ監督」として認知されているからだと思います。

さて、内容は正直監督が代わっているので、演出も内容も薄味で湯浅監督が持つ前衛アート的な表現はありません。全体的に原作小説遵守なないようなのでしょうが、原作ファンは面白いかもしれませんが、アニメーションとしては及第点。カメラワークも平凡で日本の舞台劇をそのままトレースしてアニメ化した感じで、アニメにおける良い意味での「嘘」というか、過剰さがありません。

それもその筈、脚本家や演出家が舞台劇出身の方なので、リアル志向が強いからだと思われます。

しかし、アニメとしてはそれは逆に逆効果だったかもしれません。湯浅監督は映画であっても「アニメ」でしかできない表現をすることによって「アート性」があったのですが、この内容では正直実写で出来る程度であり、「アニメーション映画」としては面白くないと思います。

投稿 : 2022/10/25
閲覧 : 72
サンキュー:

3

ネタバレ

nas さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラと脚本の相性がいい

焼き飯とビールで打ち上げしたくなってきた。面白いものと面白いものを掛け合わせたら最強!感ある企画だけどしっかり面白かったなぁ。タイムマシーンブルースの方が結構キャラが強い作品だけどそれが四畳半にばっちり合ってるわ。久々に四畳半とサマータイムマシンブルースを見たくなった。
映画企画かと思ってたら原作あったんだなこれ

投稿 : 2022/10/16
閲覧 : 32
サンキュー:

1

ネタバレ

ひろたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

明石さんが気づいていしまったこと

物語は、四畳半のいつもの面々の会話が少しずつ噛み合わないところから始まります。
そして、物語が進むとその理由が次から次につながり1つの点へと帰着します。
とても面白かったです。


■タイムマシン
{netabare}
この作品は、タイムマシンものです。
ノリは、バック・トゥ・ザ・フューチャーです。
過去改変しちゃったら、現在の宇宙が崩壊する、自分たちは、消滅する!
さぁ、こまったぁ、どうしよう!!
とにかくそれを取り繕うと「私」とヒロイン明石さんは、奮闘します。
でも、いつもの面々ですので、当然、すんなりいかずドタバタドタバタ。
そんな中で、噛み合わない会話の謎がとけていくのがすごく面白いです。
しかも、そのスピード感には、くせになるような爽快感があります。
{/netabare}


■ブルース
{netabare}
物語の舞台は、ある理由で真夏にエアコンが使えなくなった、おんぼろアパートです。
そんな中で、過去と現在を何度もいったりきたりします。
この狭いおんぼろアパートと言う世界と時間に閉じ込められている状態です。
すべてが終わるころには、もう、汗だくで、ヘトヘト、クタクタです。

その後、面々は、夕日が沈む中、鴨川の川べりを歩いて打ち上げに向かいます。
さっきまでの暑苦しさとは、一線を画す情景です。
これでやっと地獄のような空間と時間から解放されたんだなと感じます。

ブルースとは、奴隷制度で抑圧された黒人たちが、どん底で産み出した音楽です。
しかし、そんな悲しい中でも、明るさや楽しさ等の陽気さがあるのが特徴です。
そして、黒人たちは、奴隷解放宣言を経て自由の身となります。

この物語でも閉じ込められているのにもかかわらず、なぜか陽気さがあります。
そして、最後は、そこから解放されます。
やはり、物語全体を通して、「ブルース」だったんだなと実感させてくれます。
{/netabare}


■明石さんが気づいていしまったこと
{netabare}
いい具合に頭のネジが抜けている、明石さん。
でも、そんな明石さんがどうしようもないくらいにかわいいなと思えます。
そんな明石さんと「私」の恋愛もちゃんと描かれているところがよかったです。

この物語では、過去と現在を何度も行き来して、なんとか取り繕うことに成功します。
何事もなかったかのように元通りになって、みんな大満足です。
でも、ふと、明石さんは、気づいてしまいます。
すべては、あらかじめ決まっていたことではないのかと・・・。
つまり、元通りにしたのではなく、それすらも決まっていたことではないのかと。

この物語では、明石さんと「私」との間には、キュンとする恋の展開があります。
と、なると、実は、それすらも決まっていたことになります・・・。

この物語では、「私」が明石さんとなんとかお近づきになろうと、
あれこれ奮闘するところが面白いところです。
しかし、すべては、決まっていることだとしたら!?
何もしなくてもいいのか?
でも、やっぱりあれこれ奮闘しないと恋は発展しないのか?
いや、実は、奮闘すること自体が決まっていることなのか・・・。
なんだか、面白いですよね。
たとえ運命が決まっていたとしても、奮闘しなければならないと言っているようです。
それが、恋愛!
それが、青春!
{/netabare}


■まとめ

劇場が満員でした。
感覚ではなく、座席をとる時、私が最後でしたので、文字通り満員です。
子供は見かけませんでしたが、老若男女問わず幅広いお客さんでした。
とても人気がありますよね。
上映中は、笑い声が聞こえました。
上映後の劇場は、ガヤガヤとして、とても清々しく軽やかな雰囲気でした。
(重苦しい空気の中、みな無言で足早に劇場を後にする作品とは真逆です・・・。)

クセがある作品には、違いありませんよね。
「小津」の顔を大スクリーンで観たいかどうかが分かれ目!?
他のキャラも簡素なように見えて、実は、とても表情豊かで奥深いなと思えました。

私は、劇場で観ることができてとても良かったと思えた作品でした。

投稿 : 2022/10/13
閲覧 : 85
サンキュー:

10

ネタバレ

fuzzy さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

森見登美彦&中村佑介ワールドアゲイン!しかしおすすめはしないw

くだらなく愛すべき素晴らしい時間でした😆

テレビシリーズの世界観そのまんま
こういうのってダイジェストとか
ファン感謝的な映画多いけど

テレビ版から関わってたヨーロッパ企画の上田さんの劇団の演目を四畳半の世界に落とし込んだもの

そちらの映画『サマータイムマシンブルース』も観ていて
森見登美彦さんの本編の原作も読んでたのでストーリーはインプット済み。

森見登美彦文学と
中村佑介さんのアート&世界観
監督はちがったけどテレビ版の湯浅監督の世界観
が、そのまんまで
テレビ版ファンには満足な内容

ちょっと中盤飽きたけど後半の怒涛のドタバタでうまくしめたかなと

中村佑介さんの画集にあった雪の風景の女学生的なシーンもあり中村さんファンにもグッとくる描写が

鴨川の描写は相変わらず本物とそっくりなので
京都旅行の思い出が蘇ります

トータルもう一度観たい内容でしたが
これだけいきなり観たら??だと思うので
『夜は短し歩けよ乙女』やテレビ版観て大丈夫ならおすすめかなと

自然の描写や
熱い部屋の描写
クーラーの風
は面白い描き方でした。

中村佑介さんの描くキャラの眼は黒い丸だけなのに
なぜあんなに魅力的なんだろう


本編面白かったら実写ですが映画『サマータイムマシーンブルース』もおすすめかもです

投稿 : 2022/10/10
閲覧 : 76
サンキュー:

3

ネタバレ

katokou さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アニメ見たなら見るべき

アニメを面白いと思えた人は楽しめると思います。

投稿 : 2022/10/09
閲覧 : 46
サンキュー:

1

nyamu さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

四畳半「らしさ」そのまま。満足できる

別に四畳半神話大系の「続編」というわけではなさそうだけど同じ舞台、同じメンバーが出てくるのでアニメの方を先に見ておくと吉。
というかアニメの方を見ていないのにこちらを見る人は少ないでしょうけども。

今回の映画では登場人物も会話劇も絵柄も演出も同じような四畳半「らしさ」がそのまま引き継がれていました。

ストーリーはタイムマシーンといった小道具を使って映画の尺に合わせて構成され、小津や師匠、羽貫さんなどに振り回されるドタバタ劇に至る所で笑わせてもらったし、アニメ同様に最後は綺麗に終わるので観終わったあとの満足感は非常に高かったです。
アニメの四畳半神話大系が好きだった人ならきっと楽しめると思います。

それにしても主人公から見る明石さんのなんと可愛いく美しいことか!

投稿 : 2022/10/09
閲覧 : 39
サンキュー:

3

リアム・ギャラガー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

京都の温度感、悪くないっすね〜

四畳半神話大系×サマータイムマシン・ブルースを掛け合わせた作品。監督は「ワンパンマン・ブギーポップは笑わない・Sonny Boy」などを手掛けた夏目真悟監督。TVアニメを手掛けた湯浅監督ではないので、少々がっかりする方もいると思いますが安心してください。しっかりと面白いです。

この作品はTVアニメ「四畳半神話大系」を観てなくても十分に楽しめます。映画初見で全然構いません。

物語の内容は割とベタなのですが、夏の京都の温度感、そして明石さんの可愛さによって全てが成立します。また、コーラとリモコンが宇宙の存亡の危機という所が、四畳半のギャグと良い感じにマッチしていてとても良かったです。テンポ感も非常に良く、全体的に素晴らしい作品でした。

投稿 : 2022/10/06
閲覧 : 29
サンキュー:

1

はろい さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちびまる子ちゃんを観る気持ちで映画館に行ってきました。

サマータイムマシンブルースの映画は鑑賞済みで、舞台と本は一切分かりません。

森見登美彦さんのサマータイムマシンブルースは読んでいます。

作画の評価は分かりませんが絵柄は好きではありません。
ドラマ・ウシジマくんのコセちんが声優で出ています。

面白いと思ったものは面白いとするようにしていますが、
森見登美彦さんが好きなのもあり、どう評価して良いのか分からなくなっています。

四畳半神話大系のキャラクターが下鴨幽水荘、糺の森、デルタで動けば何をしても観たくなってしまいます。

投稿 : 2022/10/01
閲覧 : 45
サンキュー:

0

蒙古斑 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

久しぶりのアニメは良かった

やっぱり、早く大学生になりたいわ。

投稿 : 2022/09/30
閲覧 : 39
サンキュー:

0

1Elaina さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

投稿 : 2022/12/01
閲覧 : 1

米饭 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

投稿 : 2022/11/26
閲覧 : 0

ジョセフ♪ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2022/11/13
閲覧 : 2

ニノマエ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/11/03
閲覧 : 1

ニコルオズワルド さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/26
閲覧 : 1

bee5000 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/24
閲覧 : 2

ハナ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/17
閲覧 : 2

いぬわん! さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/16
閲覧 : 5

Metamon! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/14
閲覧 : 1

ネムりん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/13
閲覧 : 27

あまらく さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/12
閲覧 : 1

ニャンキチ君 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/12
閲覧 : 1

あとつ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/11
閲覧 : 1

おぬごん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/09
閲覧 : 1

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/09/30
閲覧 : 2

takeo777 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2022/09/14
閲覧 : 5

四畳半タイムマシンブルースのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
四畳半タイムマシンブルースのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

四畳半タイムマシンブルースのストーリー・あらすじ

八月、灼熱の京都、左京区。おんぼろアパート「下鴨幽水荘」で唯一のエアコンが動かなくなった。悪友の小津が昨夜リモコンを水没させたためである。「私」がひそかに想いを寄せる後輩の明石さんと対策を協議しているところに、見知らぬ青年が現れた。

彼は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。そこで「私」は、彼のタイムマシンで昨日に戻り、壊れる前のリモコンを持ってくることを思いつく。ところが、タイムマシンに乗り込んだ小津たちが、リモコンを持ってくるだけにとどまらず勝手気ままに過去を改変しようとするに至り、「私」は世界消滅の危機を予感する。(アニメ映画『四畳半タイムマシンブルース』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2022年9月30日

このアニメの類似作品

この頃(2022年9月30日)の他の作品

ページの先頭へ