新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「アキバ冥途戦争(TVアニメ動画)」

総合得点
72.3
感想・評価
231
棚に入れた
624
ランキング
1078
★★★★☆ 3.7 (231)
物語
3.5
作画
3.8
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

アキバ冥途戦争の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

DNpZi11830 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

あんま好きではないですが、特別嫌いでもないので7話まで来ました。

好きではない理由としては、まあなんというかギャグがすべってる(主観)
シュールなところで笑わそうとしてるのはわかるけど、意外とストーリー性があって(いやすごいストーリーとか言ってるわけではないよ?)、そこにシュールさを全面にだしてて…なんというか…うーん…ごめん…言語出来なかった…とりあえずそこがギャグがすべってると理由だと思う

でも、6.7話は良かった、とくにギャグ描写が少なくシリアス要素が増えて面白かった、こんな感じのお話をもっとやってほしいな

というわけで引き続き観ていこうと思う
まあ最後に言いたいことは、ギャグ描写とかなくしたほうがシュールさがでて笑えるんじゃねって思うわってこと

投稿 : 2023/01/22
閲覧 : 59
サンキュー:

2

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

大胆な発想かつ最後までブレない(2022年のオリアニについて雑記あり)

メイドにヤクザの抗争みたいな事をさせるというぶっ飛んだアニメ。
その発想は評価したい。

《良かった所》

最初から最後までブレなかった事。
毎話バンバン人が死んでく。
そのスタイルを最後まで貫いたのは良かった。

6話でなごみと姉妹の契りを結んだねるらが殺された所でこのアニメのブレなさを感じた。
なごみが蘭子に助けてと頼んだけど「他店の事だから」と筋を通し手を出さなかった。
助けていればハッピーな話になっていたが、自分はこのアニメに綺麗事や生温い展開は求めてない。
6話は1番評価高いかもしれない。


ヤクザじみた内容だけど終始重苦しいわけではなく笑えるシーンが多い。
シリアスと笑いが打ち消し合う事がなかった。
その中で店長のキャラが面白かった。
どうしようもないクズキャラだけど、なんだかんだキャスト思いで憎めなくて良い味出してた。

店長以外のキャラも個性的で中でも蘭子が1番好き。
サトリナの低音ボイスがたまらんし、歌謡曲風なEDが最高w
殺されてしまったのは残念だけど、メインキャラの死が続きに活かされるならそういう展開は有り。
ブレなさだけでなく大胆さも良かったと思う。
(詳しくないが任侠映画ではメインキャラ死ぬのなんて当たり前みたいだけど)

最終話は銃撃戦じゃなくメイドとして接客で対応したの時はブレるのかと思いきや、結局平和には解決せず。
とにかくブレないアニメだったのはかなり評価できる。


《悪かった所》

7話8話がいまいち。
なごみが綺麗事並べる系のキャラになってるし、8話の野球回では野次がウザい。
このアニメに限った事じゃないが綺麗事並べるキャラ好きじゃない。
蘭子の死でようやく腹を括ったが、自分はねるらの死によって闇堕ちして修羅の道へ進むと思ってましたw

凪が自分に少しでも歯向かいそうな素振りを見せたり、逃げ出そうとする人をすぐに殺しすぎ。
ただの我儘自己中キャラに思えてしまう。
ラーメン屋のオヤジまで殺すことはないだろうに…。
どんと構えて寛大さを備える大物感が欲しかった。

エピローグが短すぎて余韻が無い。
せめてなごみ以外のキャラが何をしてるのかは描いて欲しかった。
36歳のなごみがとんとことんの面々の特徴を取り入れた姿になっていたので、20年経つ間に色々あってみんな死んじゃったのかなと解釈してる。
見る側の想像にお任せしますという事なのだろう。


《全体的に》

面白かった。
話もキャラも歌もとても印象に残るくらいしっかり作られてた。
オリアニなので無難な話より大胆でぶっ飛んだ発想の方が良い
好き嫌いがかなり分かれそうだけど、毒にも薬にもならないよりはマシ。
攻めたアニメだった。


以下雑記
転生したら剣でしたで書いたなろう系の感想に続いて2022年のオリアニについて簡単な感想

{netabare}

感想書いたアニメと点数


リーマンズクラブ         3.1
東京24区             2.3
トライブナイン          2.4
群青のファンファーレ       2.0


境界戦機 第2部          2.4
エスタブライフ グレイトエスケープ 3.4
BIRDIE WING -Golf Girls' Story- 3.8


ブッチギレ!           2.6
てっぺんっ!!!!!!!!!!!!!!!    3.1
ユーレイデコ           2.6
Extreme Hearts 2.5
プリマドール           3.4
リコリス・リコイル        4.5
Engage Kiss 3.0(点数いじってない)


忍の一時             2.5
恋愛フロップス          3.2
Do It Yourself!! 3.6
アキバ冥途戦争          4.2

メディアミックス作品はアニメが最初に出ていればオリアニ扱いにしてます。
てっぺんは漫画を原案にしたオリアニと書いてあったのでオリアニ。

不作気味だったけどリコリコが当たったのは良かったし、秋のアキバ冥途戦争&Do It Yourself!!が個人的に面白かったので2022年の締めくくりは良かった。
この3作品がトップ3になる。
BIRDIE WINGは2期があるので楽しみ。

悪い意味で記憶にあるのは、東京24区、境界戦機、忍の一時、群青のファンファーレ。
特に群青のファンファーレは内容が駄目な上に大人の事情が透けて見えてるのが印象悪すぎ。昨年のワーストオリアニ。

斬新なアニメを作ってくれとは思ってない。
ストーリーや設定がしっかりしたアニメを作って欲しい。

{/netabare}

投稿 : 2023/01/17
閲覧 : 49
サンキュー:

3

ネタバレ

くまごろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

戦争アニメ(兵士はメイドで戦場はアキバ)

視聴完了
全12話

ジャンル
抗争アニメ

あらすじ
メイド喫茶がただ血を洗う抗争を繰り広げていた時代の、とんとことんというメイド喫茶で繰り広げられる戦争終結までの物語。
序盤はとんとことんが他のメイド喫茶に殴り込み敵を殲滅、中盤でその殲滅の結果強大な敵が出てきたり2大派閥が合併したり、終盤で1強となった派閥対とんとことんの戦いになる。
最終的にボスが手勢を連れとんとことんに殴り込みをかけるが、とんとことんの作戦によって銃撃戦は中止。ボスがなごみに銃を乱射した直後の隙をついてウーパールーパーメイドが頭に射撃+パンダが竹槍を投擲。ボス死亡して終了。
何年か後、蘭子と同じ歳になったなごみは平和になったメイド喫茶でメイドを続けていました!

感想
総評 60点
思っていたよりも楽しめた。
第一印象としてひたすら人が死ぬ。
1番の親友の蘭子から、人気のない時からとんとことんに通っていた客の1人、バスの伝達役をやっていた男性、ラーメン屋の主人などメインどころのキャラも普通に死ぬ。その他敵対する組織は基本皆殺し。それは主人公側に限ったことではなく、ボスも自分に反抗する身内を即始末したり、3話くらいで出てきた裏格闘場のボスもフィギュア会社の社長を普通に始末したりする。
要するに敵対するものには死を!というのが蔓延した秋葉原の話。まぁ戦争とつくくらいだから、当然と言えば当然なのだが。
ただ、それをギャグとノリと爽快感で乗り切る感じが、個人的には悪くなかった。
ただ終盤は、蘭子の死、ボスの暴走、とんとことんの奇策とたたみかけるような展開に対して、ノリだけで乗り切ろうとしており、ぶっちゃけよく分からなかった。
結局ウーパーメイドはなぜボスを殺したの?事実ボスは2大派閥の間で抗争を起こさせるためにとんとことんに攻撃命令を出していたが、その事実を知っていたのか?作中ではとんとことんからの手紙に煽り文句が書いてあっただけなんだが。あとはボスが死んだ後の戦争の結末などもスルー。ボスの下半身攻撃も謎。
よかった点
ノリ
キャラ
ちょっとしたシュールギャグ
悪かった点
結末

投稿 : 2023/01/15
閲覧 : 37
サンキュー:

3

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず簡単な感想

 視聴前は事前情報がまったくなかったので、のっけからメイド喫茶のメイドが銃を乱射して、
他のメイド喫茶のメイドを大量殺戮する展開に驚いてしまったが、個人的には「ドロヘドロ」や
「アクダマドライブ」のようなポップでいかれたバイオレンスものは大好物なので、この
出だしは嬉しいところ。

 しばらく観ていると、任侠ものの極道をメイドに置き換えたような作品であることが
見えてくる。
 一見ぶっ飛んだような設定でも法則性やルールのようなものが見えてしまうと、それほど
ハチャメチャな印象は無くなってくるが、本作はチョイチョイ任侠ものの定石を外したような
展開を盛り込んでくる時もあるので油断ならない。
 最終話などもカオス的な終わり方で、結構好みが別れそうな印象。

 全体的な空気感はシリアスなものだが、その中でシュールなボケを放り込んできたりするので、
「そう言えばギャグものだった」と思うこともしばしば。
 逆にギャグもの感覚で視聴していると唐突に重要キャラが死んだりで、精神的な揺さぶりが
激しい。
 あと単なる任侠もののパロディというだけでなく、メイドカフェが現在の現実のような
平和的存在に至るまでの架空史的設定になっているのも面白いところ。

 主軸となるのは第一話で「とんとことん」に入店した和平 なごみと万年 嵐子。
 なごみに関しては状況がよく分からないまま率先して動いていた感が強く、それでいてこの
殺伐とした状況の中で誰も殺さずに終わった。全体を通しての内容はなごみの成長譚といった
側面もある。
 なごみに関してはよく悲鳴をあげるシーンがあったが、この辺は中の人である近藤 玲奈氏の
演技がなかなか良かったのではないかと。

 一方の嵐子は「「とんとことん」」の流れに付き従う印象が強かったが、結果として状況を
動かしていた感が強く、終始冷静な雰囲気ながら一番暴れて他のメイドの殺害数も
多かったんじゃないかと。
 印象としては動的ななごみと静的な嵐子で、ギャグものとしてのネタ的にも積極的に
動きながら、どこかずれているなごみに対して、嵐子の生真面目さがシュールさを
生んでいたよう。
 他にも印象深いキャラがいたが、その中でもクズで、色々とやらかしておきながら、どこか
憎めない存在であった店長こと八重樫 靖子がいい味を出していた。

 ゲストキャラに有名声優や人気声優がキャスティングされていたが、これが勿体無いぐらいに
あっさりと殺されていく。「この行為自体一種のネタなんだろうな」といった感じ。

2023/01/15

投稿 : 2023/01/15
閲覧 : 28
サンキュー:

3

ネタバレ

nas さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

発想がエグい

メイドで極道の構想をやるって発想がすげぇ
P.A.worksの絵で極道モノっていう組み合わせがまた凄い
「なんでメイドさんが殴ったりするんですか、萌えに銃とか要らなくないですか?」が当たり前だろ!としか言いようがないのにそれが台詞として成立するのがイっちゃってるよこの世界観
素晴らしい完成度のイロモノ枠でした

投稿 : 2023/01/06
閲覧 : 57
サンキュー:

4

ネタバレ

Jun さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

B級アニメの破城したセンスと適当な作り

女ヤクザがメイドをやってるというだけなのだが、何回も笑った。設定から展開まで支離滅裂でオマージュも適当なこの話に、中弛みはあるがなぜか惹かれる。

ただ漏れでる自分の笑いは低俗な(バカな行為に驚き見下す)ものだけだ。
もう少しだけ、このバカのメイドヤクザたちに真摯に向き合って感情移入させてもらえたら、笑いに満足感がついたかもしれない。

アキバじゃなく、80年代のシンジュクでやったらいい。

投稿 : 2023/01/05
閲覧 : 59
サンキュー:

5

ネタバレ

えりりん908 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

初回だけはブッ飛び過ぎてて、サイッコー(≧▽≦)!!

たいして期待していなかったんです、初回観るまでは。
でもでも!!!!
ナニコレ????
いきなり、40年ぐらい前の、メイド喫茶とかない時代でオープニング?
と、思ったら!
いきなり、銃殺(◎_◎;;;;)
殺伐シーン展開(◎_◎;;;;)


アキバが舞台でしょ?

メイド喫茶がテーマでしょ??

何なのこれ???

アニメでないと、絶っっっ対、表現できない世界!!!!

そもそもP.A.ワークスさん制作でしょ?
お仕事アニメって言ってもこれありなんですか?!

1話だけで、もう最高!おなかいっぱい(≧▽≦)

あんまり凄すぎて思わず満点つけちゃいました(*^▽^*)


この先の最大の心配は、何と言っても、
この作画クォリティとスピード感と、
バイオレンスとメイド喫茶世界の奇跡的融合という、
ありえないぐらいの詰め込み過ぎなスタートダッシュ!

出オチ感、凄く心配。。。
出オチにならないで!
2話目以降、どういう展開になるの?

心配半分、期待満点。

( 一一)( 一一)( 一一)( 一一)( 一一)( 一一)( 一一)

観終わりましたー( 一一)
結局、ミュージカル仕立ての第1話だけが、
想像絶する素晴らしさだっただけで、
2話以降ではどんどん期待感も楽しさもしぼんでしまって。。。

お話としてまとめなきゃいけないのは解るんだけど、
なんか、典型的出オチ作品。

そんな感じになっちゃいました。
残念(≧△≦)

投稿 : 2022/12/31
閲覧 : 147
サンキュー:

28

ネタバレ

けいP さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

秋葉原は今日も平和だ!

そっか~秋葉原のメイド文化には
こんな血なまぐさい歴史の上で
成り立ってたんですね〜・・・

てそんな訳あるか~い!笑

時代は1999年秋葉原。
自分あまり詳しくないけど
この時代からメイド喫茶て実際に出てきた頃かな?
萌えって言葉はこの頃あたりから
流行り始めましたよね。

でもそれ以外はこの時代でも
それはないだろ〜とツッコミしたくなるような
時代錯誤感w
アベックなんて言葉はこの頃すでに死語ですよ笑

中々楽しく観てましたが
最後らへんになると
それまでの主要人物が次々と
タヒんでいくので少し萎えましたね〜
最後は一応ハッピーエンドかな。

秋葉原でメイドがドンパチやってた歴史はないけれど、
過去には無差別殺人事件が起きた場所ではあるので
秋葉原に二度と悲惨な事件は起こさせないという
制作陣の思いがあったのかな?

秋葉原の平和よ永遠なれ!

投稿 : 2022/12/31
閲覧 : 55
サンキュー:

11

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

日本文化

1999年の秋葉原が作品の舞台。
和平なごみは、憧れのメイドになるためにメイドカフェ「とんとことん」の従業員となる。
同時に入店した万年嵐子と一緒に仕事をするのだが、秋葉原のメイドは血生臭い世界だった。

日本の「カワイイ」文化は世界に飛び火しています。
アニメオタクが連想するカワイイも、萌え文化と切り離せないでしょう。
秋葉原を中心としたメイド喫茶の乱立。
今では、メイド喫茶目当てで外国人が観光する名所となっています。

日本のヤクザは、現在はキビシイ法律によって規制されています。
しかし、昔は激しい抗争がありました。
その抗争を描いた『仁義なき戦い』は日本でもヒットしています。
今では、任侠映画も少なくなりましたが、
世界的には北野武監督の撮る暴力的な映画は評価されています。
日本国内で売れないのが気がかりなのですが。

本作品のキャッチコピーは「萌えと暴力について」。
まさに、カワイイ文化と任侠映画の混血のような内容です。
視聴した人の中には、メイドが人殺しをするなんてありえない、と考える人もいるでしょう。
しかし、私は日本の文化を海外に伝えるには、素晴らしい内容だと思います。
しかも、伝達手段がアニメという、日本が誇れる文化。
メイド・ヤクザ・アニメと一見バラバラに見えますが、
どれも現在の日本が海外に輸出できる文化です。

暴力的なメイドを肯定できない人もいるでしょう。
それは、メイドを萌えの代表として見ているから。
本作品は暴力を描いていますが、一方、仲間たちの団結力の強さや絆も描いています。
ただ暴力的な事柄を描いているだけでは無いのです。

1話目のメイドが人を殺すインパクトは大。
しかし、慣れとは恐ろしい物で、メイド同士が抗争する事が続くと飽きてしまうかもしれません。
主人公の和平は、
最終話では、大きな敵を目の前にしてメイドとしての最大限のパフォーマンスをします。
その行動が、萌えと暴力が融合した瞬間ではないでしょうか。

上京して20年、秋葉原でメイドをしていた和平。
まだまだ、現役のメイドですね。
萌えと暴力の時代を経て、新しいメイド文化を作ります。
車椅子での給仕姿も、メイドとしての誇りがなせる業でしょう。
今日も秋葉原ではご主人様のお帰りを待っているメイドがいます。
アニメオタや観光客以外でも、たまには秋葉原に帰宅する事もいいのではないでしょうか。

投稿 : 2022/12/31
閲覧 : 71
サンキュー:

23

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最終(第十二)話 萌の果て、まで視ました。

公式サイト;
https://akibamaidwar.com/

[最終(第十二)話 萌の果て、まで視ました。]
まず、本作はメイドの格好をした、メイド殺しとその仲間たちのお話です。
殺害手段は主に拳銃です。本作を視て暴力集団を褒め称えていたり、憧れるようには一切仕向けていませんので、その件でイライラすることはありませんでした。ただ、本作は結局何を言いたかったのかと尋ねられたらワタシでは答えることができません。
 まず、何故メイド(冥途の方が適切か)が血で血を洗う抗争をしているのか、そもそも他の方法はないのかと、ほとんどの人は思う筈ですが、そんな疑問を忘れてしまうぐらい殺しあっているので、おそらくそのシュールなシーンを制作は沢山描きたかったのでしょう、ぐらいしか思いつきません。暴力と萌は対極をなすものでも隣にあるものでもないので、不自然極まりないですが、迫力や勢いみたいなものは伝わってきました。結局、何をどう評価したらイイかよく分からないです。
 人に推すかといわれたら、メイド好きでチョット毛色の変わった任侠物が視たいならば試しに視てみれば、と進められるかもしれません。


[第1話観ました。]
評価は暫定です。PA制作作品でし..だから視るしかないw。
で、観てみました、体感5分ぐらいでしたが、なんちゅうハデなカチコミじゃぃ、みたいな。
これは冥途喫茶抗争物語なのだろうか…次話も視るしかありません。

投稿 : 2022/12/30
閲覧 : 100
サンキュー:

11

ネタバレ

ネムりん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

P.A.WORKSのお仕事アニメだブー

やって参りました、老舗P.A.WORKS。わたくし大好きでありますお仕事シリーズ第5弾。

まさかまさかのメイド服着た萌え萌えキュンキュンマジカルロリっ娘たちが活躍する任侠メイドアニメだブー。
彼女たちは天使なのかはたまた悪魔なのか、初回から乱痴気騒ぎでとんでもないことに。

同社かの伝説級のアニメ「Another」 を軽く凌ぐ人数のロリっ娘たちが次々と天国に召されるわけでありますが、西のロベルタか東のナーベラルガンマなのか御年36歳武装メイドの万年嵐子。
あの手この手を尽くして、とんでもない数のメイドちゃんたちを闇に葬っていくわけであります。

個人的お気に入りのピュアミルキーまさみとの八百長試合での一戦でまさかの1ラウンドワンパンKOでリングに沈めた後、素のままなのかそれとも身体に眠りし神の力が覚醒したのかロシア人メイド、ゾーヤを烈火の如く左クロスカウンターで玉砕し、別格の強さを見せつけるのであります。
一歩間違えればバラされて臓器売られてるかもしれない。そんな不安をよそ目に拳一本でおひねりちゃん絞り出しとんとことんを死守したのであります。

紙一重でした...。

そんな嵐子にも春がやってくるのであります。
三十路越え36歳にもなるおば...失礼、お姉さまが彼との愛の逃避行を果たすため、約束の場所で千載一遇の機会を逃すまいとめかしこんで今か今かと手ぐすね引いて悠久の時の流れを感じているのであります。

しかし彼は組織から雇われた殺し屋。

用済みメイドの嵐子を消すため彼女をハメようとしていたのであります。
二人の想いが交錯する中で、約束を果たそうとする嵐子を尻目に彼の心が嵐子に傾きかけた瞬間、メイドパンダに撃たれてしまうのでありました。勘違いパンダ豚野郎ー・・・。

嵐子の想いは果たせず、勘違いパンダ豚野郎を許してあげる寛大な彼女でしたが、そんな渦中、お萌様効果がキッカケで絶縁状が突きつけられてしまい、窮地に立たされる嵐子。
決死の覚悟で本部に乗り込んで許してもらうために必死で体当たり。
おひねりちゃん10倍増し増しでなんとか日常を取り戻すのでしたが、逆恨みメイドに背後から包丁で刺されあっけなく死亡。

今日も明日も 萌え萌えキュン

豚小屋辺りで 萌え萌えキュン

それがあたいの 生き様さ

馬鹿にする奴は 血を見るぜ

血を見てしまった万年嵐子享年36歳。波乱の人生に幕を閉じるのでした。

そしてお葬式会場。
祭壇に掲げられた写真にはなんとPAおなじみ、野球で左打席に立つユニフォームを着た嵐子の凛々しい姿が。
今期一番ウケた、タダでは終わらないP.A.WORKSのギャグのセンスの良さが光る瞬間でありました。

そんな嵐子の敵を取るため西部警察の大門に扮したなごみ。
思わず吹き出してしまったのは言うまでもない...。

そして締めは萌え萌えバッキュンサービスデーからのカオスライブ。なごみんが右脇腹を撃たれ「なんじゃこりゃああ!」と天国のあの人が言ってそうなのです。

面白かった。ただただ面白かった...

名作揃いのP.A.WORKSの挑戦的な試みが感じられた素晴らしい作品なのでありました。

投稿 : 2022/12/28
閲覧 : 85
サンキュー:

6

ネタバレ

セイギ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ヤクザメイドもの。サイコなシュールギャグアニメ

ゾンビランドサガ感を感じで予約。
概ねギャグ感はそんな感じだなと思っていた1話だが、ある意味もっとぶっ飛んでた
1話の銃の音MADは声出して笑ってしまった
通常時は完全にヤクザもの。ヤクザのメイド化。
ヤクザの中にギャグが混ざってる。そんな感じ
キャラとして、店長はクズで御徒町さんは1話を除いてずっとパンダ🐼、なごみ・嵐子はキャラが立っているが、その他は若干物足りなかったので惜しい。
11話でメインヒロインの嵐子が酷い顔で死んでいったのは、ヤクザものとしてリアルで良いと思った。
欲を言うと、最終回のラストシーン〜なごみが36歳になるまでの過程をエピローグとして5分ぐらい見たかったなぁ

投稿 : 2022/12/27
閲覧 : 32
サンキュー:

2

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 1.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

普通に見てらんない

1話観ました。ガチで意味不明です。まあ3話まで観ます。

ブレンド・S的な感じだと思って視聴したのにいろいろ衝撃展開過ぎてビビるわ()

4話まで観ました。ポテンシャルは凄くあると思うけど今の所は微妙。特に4話は全然面白くなかった。暴力団特有の洗脳がメインの回だったけど、キャラのノリについていけないっていうか正直言うとキモかった。新キャラの外人みたいな人もぶっちゃけいらん。まー今後次第。

9話まで観ました。ねるらが死ぬのはまー予想ついてたけど、取り立て屋は流石に予想外だった。なんやかんや争いが解決したけど、またおひねりの滞納で店長とのキツい絡みがあって最終話エンド的な感じだと思ったのに…。店長が無能過ぎてムカつくけど、なんか嫌いになれない丁度良いキャラしてる。終盤は絶対活躍してくれ。あと死ぬな。

最終話まで観ました。無理矢理感が凄かった。凪が死んだ所で急なED差し込みからのそれから時は経ちパターン。んで描かれたのはなごみだけで他メンツの安否が不明かぁ…。なごみは別に好きじゃなかったから他メンツのその後が知りたかった。あとライブシーンとかはいろんな意味で痛くて見るのキツかった。

人がたくさん死ねば面白くなるだろと勘違いしてるのか?って作品。

投稿 : 2022/12/27
閲覧 : 138
サンキュー:

2

ネタバレ

さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

ラスボスである凪に魅力皆無

凪がただ横暴なだけ
せめて過去編とかで暴力が全てって考えるようになる過程を描いて欲しかった
そんな深堀りもないまま味方すら殺すのに皆が付き従ってるのが意味不明
てか主人公達が途中で凪を討てる機会があったのに何故か見逃すのも意味不明
嵐子からしたら恩師の仇であり自分達を殺そうとしてるのに何故討たない?
たまたま凪に温情貰えたけど結果論だし
最後も嵐子を殺され血で血を洗う抗争に発展するのかと思いきやなんか思った展開と違う
結局仇討ちは主人公じゃなくモブキャラがやってるし
10話位まではそれなりに楽しめましたが凪に魅力ないのに最後の方まで生きてるのが不快でした
不快キャラ描くならもっとそのキャラの背景出してよ

結論
なんの深堀りもされてない横暴なラスボスを許容出来るならオススメ

投稿 : 2022/12/25
閲覧 : 41
サンキュー:

4

ネタバレ

Prospero さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

泣いて、笑えるオリジナル作品

散りばめられた細かなギャグ。
テンポのいい展開。
とことんバカな店長。
オープニングから作中もスローモーションっていいなぁって感じる作品。
「これからはつけ麺の時代だ」って、あぁ大将。
メイド喫茶に行ったことないけど…36歳とかいるのか?いるなら一度行ってみたいなぁ。

投稿 : 2022/12/24
閲覧 : 30
サンキュー:

4

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ダークホース?違うわ。ダークピッグですブー!

詳細は公式でも。

P.A.WORKS制作のオリジナルアニメですブー。

えっと…
なんだこれ?w

久しぶりに、全力で振り切った馬鹿。過去作で言えば「ゾンビランドサガ」「ヒナまつり」級の衝撃。すごーく簡単に置き換えるなら、ヤクザ映画のヤクザたちを秋葉メイドが演じているという感じ。

徹頭徹尾、意味がわからない。やってることや言動はわかるのですが(や、わからないかw)、初回を通して観たら、なにこれ? って感じ。

そんなストーリーを、P.Aの緻密で精細な作画で、しかも魅力的なキャラデザでやってくるもんだからたちが悪い(褒め言葉)。佐藤利奈さんも、まさかこんな形で御坂美琴以上に暴れまわる役を演じることになるとは思ってもみなかったでしょうねw

背景もP.Aの本気を見せてもらっています。1988年のアキバ、ベンツも古い形(300SEL 6.3あたり?)を忠実に再現。1999年のアキバは、駅のホームからバスケットコートが見えました。うんうん、そのへんに冬になるとスキー場へいくバスが大量に停まっていたんですよ。「私をスキーに連れてって!」w
ホント、P.Aの作画は文句のつけようがないです。素晴らしい。

うん、単なる当て字で「冥途」って使ったんだと思ってたけど、始まってわかりました。まさに「アキバ」「冥途」「戦争」ですw

こういうアホな作品を真面目に全力でやるP.A、やっぱ好きですねw
これは今期、「チェンソーマン」を撃つヒットマンになる可能性が大きいです。

=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}
wwwwwwwww

もう馬鹿すぎて笑えるw
結局、闇金のおっさん撃っちゃってるしw

店長、清々しいまでのクズっぷりですね。

このノリで押し切れるなら、今期のトップも狙えると思います。東京圏では、強力なライバル「うる星やつら」が同じ曜日ですが、甲乙つけがたい。

出オチ作品だったら…と不安でしたが、うん、面白いです、これ。
{/netabare}
=====第8話視聴後、追記です。
{netabare}
「野球回のあるアニメは名作」というアニオタの常套句をメタで使ってきましたねw

なんで野球やってんだ?www

しかも、作画も手を抜かない。下手な女子野球アニメよりも遥かに臨場感のある野球シーン。そして、誰だよ、ベネズエラ人3人www

さらに、ベネズエラ人の声優も「同じスペイン語でも方言があるので」という理由で、ベネズエラ大使館に協力を仰いでベネズエラ人を声優に起用したという。

どこに力入れてんだよwww

やっぱね、全力で馬鹿をやってくれると、観ているほうも受け取れるんですよね、面白さが。出オチ作品の典型かと思いきや、どうしてどうして安定飛行で面白さを維持しています。

落とし所次第では、「ゾンビランドサガ」クラスのヒット女の子グループアニメになるかもしれないですね。
{/netabare}
=====最終話視聴後、感想です。
{netabare}
ぼかあね、この作品大好きだったわけですよ。
メイドがヤクザ?
面白いじゃないですか。
簡単に銃撃戦でタマの取り合い。
笑えましたよ。

だからこそね、そんな終わらせ方はないだろうと。
着地失敗ですよ、こんなもん。

やりたいことを詰め込みすぎて、キャラのムーヴがめちゃくちゃ。なんで蘭子さんを刺したメイドが凪を撃ってんのよ。ていうか、凪もブレブレだったし。

そして、なごみが36歳のメイドで完?
いや、あの後どうなって助かったのよ?
とんとことんの他のメンバーは?

いろんなことを雑に詰め込んで、無理やり終わらせた感ありあり。

せっかく今期の覇権候補だったのに、終わらせ方で大失敗したから悪印象でフィニッシュですよ。

あー、もったいない。
{/netabare}

投稿 : 2022/12/24
閲覧 : 242
サンキュー:

13

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

怪作でした

各方面がうるさい令和の時代によくこんなものが作れたなというのが一番の感想です。せっせとシブいウマ娘ガチャ(A○Mよりは良心的だと思いますが)に課金した成果だとすれば少しは役にたったのかと思い気が休まります。嵐子さん人気を使って二期をつくるならゾンビにするしかないですね。

元コメント
こりゃあまた、、、
一話
二話見てから探して見ました。これはスゴいかもしれません。昭和のヤクザ映画は確かに他国にはない文化でビートたけしも注目してましたね。1985の事件でサトリナメイドさんが35才、孫ってことかな?
と思って見返したら1999年の話でしたので本人ですね。バスケコートがまだある!
二話
賭けグルイのような頭脳戦になるかと思いきや結局こうなるんですね笑
アホアニメ最高ですね。
三話
若い人たちが生まれる前の2000年メイド抗争の史実に基づいたノンフィクションです。昭和通り出口のオタ芸公園の喫煙所で不良メイドがいたり、その後タイムマシンがビルに突っ込んだり、昔の駅南東は裏通り並みに治安が悪化してました。
万世橋を逆に渡ったら神田小川町?伝家の宝刀クロスカウンターでライバルを味方にするジャンプ的スポ根アニメでした。
四話
ノンフィクションはウソです、すみません。
光○信のような営業ソルジャー洗脳回、話毎の脚本家で単話として毎回楽しめるようになっています。
昭和や平成初期って滑稽、がテーマというか通しの方針でしょうか。トレンディドラマとかディスコ回がありそう
五話
日本語下手なのほんと面白い笑
任侠映画なんでテーマはチームワークですよね。昭和ヤンキー漫画も確かに内容は全部それで実はスポ根と変わりません。ひとのあいだ、で人間?金八先生に説教されそう
六話
ラスボスかと思ってた娘が姉妹分の盃を交わしてその回で退場になりました。全面抗争ですね。このままシリアスな任侠モノでいくのかな?ギャグパロディ路線に戻すのかな?どちらにしても次回以降楽しみです。
七話
昭和任侠モノそのままのシリアスストーリーでいきそうですね。忍者に言われとうないわ、って笑いました。鉄砲玉役菅原文太みたいな最期でしたね。声優さん広島弁(呉弁?)めっちゃ上手い。アサヒソーラじゃけえ!
八話
カオス野球回、やっぱりこういうほうがいいですね。ギャグメインだけど大ストーリーも動いていって、PAらしいお仕事感動モノにもなりそうな素晴らしい脚本です。
九話
おっと釘宮、これ日笠かな?低音「いってらっしゃいませ」で爆笑でした。今回もカオス。いいぞもっとやれ
十話
全ての謎が解けクライマックスへ、ベタですがすごくオーソドックスな作りです。きちサイゲと真面目PAのコラボの良さが出て本当に面白い。ファンヒーターいいですよね、って会話にはならんやろ笑。ハルヒパンダは次回の色紙候補ですね。
十一話
ああよかった大団円、最終話はほっこり後日談でもやるんやね。っておいマジか。。。。。
ギャグとシリアス暴力の振れ幅ヤバいですが、今までこういう組み合わせはなかったのではないでしょうか。野球回みたいにギャグの中でタヒ人が出るのとは違います。最終回どうやってまとめるのかすごく興味あります。

投稿 : 2022/12/23
閲覧 : 457
サンキュー:

13

ネタバレ

ミュラー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とんでもないアニメが出現した!

絵柄からは想像もできないようなバイオレンスギャグアニメ。
こんなんアリなの?反則じゃ。
{netabare}
とにかくメイドというのはご主人様にサービスする以外に、
上下のヒエラルキーがあって、暴力によって勢力争いをする職業なのだそうだ。
とんでもない世界観だ。
毎回多くの登場人物が死んでいくため、
公式サイトには出演声優の「死亡コメント」が毎回増える。
主要人物までが殺され、ほんとに容赦ない。
その軸は最後までブレずに終わってしまった。
ラストのカットは20年近く時が流れたあとのアキバ。
そこに至る過程はガッツリ無かったけど、
最後だけは癒されたかな。
{/netabare}
素晴らしいとはとても言えない。
でも愛すべきアニメ作品と言えるだろう。

投稿 : 2022/12/23
閲覧 : 61
サンキュー:

6

ネタバレ

70366 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

個人的には秋アニメ覇権です

最初は萌えより暴力だった美千代さんが嵐子の登場で萌え重視になって、それが凪(渦子)にとっては美千代さんを嵐子に取られたような、黒い気持ちを抱くきっかけだったのかな。

凪が美千代さんを御徒町に殺させたところから完全におかしくなって、萌えよりも暴力による支配を徹底し、あとちょっとで完璧な秩序(生態系)が完成するってところで嵐子が刑務所から出てくる。これが本格的な冥途戦争の始まりだったっぽいです。

ただ、なごみっていう全登場人物の中で一番やばい子が嵐子と一緒になってしまったことこそが凪にとって一番の誤算だったわけで、嵐子はなごみの中に美千代さんを見つけちゃったんだよね。

凪にとっては、自分の価値観、萌えよりも暴力という価値観を揺るがす存在である嵐子がとにかく気に入らないし、その嵐子を慕う美千代さん二世みたいななごみも気に入らない。自分の信じた全てをひっくり返しかねない恐れから、凪はとんとことんに対して異常なまでの締め付けを行ったのに、なごみがうっかりお萌え様になってしまって終盤へ。

最終回は、萌えvs暴力の仁義なき戦い。なごみたちの覚悟の決まった萌えパフォーマンスで、一番の子飼いだったライオンがこれまたうっかり拍手して萌えに軍配が上がっちゃった。凪ブチ切れからのライオン銃殺、萌え派の象徴としてのなごみに発砲して暴力派の自分を保とうとしたけど、ウーパーに撃たれる&御徒町に竹槍でトドメを刺されて暴力によるメイド支配は終わった・・・。

ラストの凪による発砲で狙われたのは多分なごみだけだと思う。他のメンバーを撃つ動機がないし、なごみが撃たれた後の悲鳴や声がとんとことんメンバーの声だったから、なごみ以外全滅エンドはちょっと現実的じゃないと思います。

みんな凪の暴力支配にうんざりしてたんだよね。だから忍者カフェで、他のけだものランド幹部が愚痴ってたし、ねるらちゃんが「なごみがアキバのメイド世界を変える」って確信してたし、だからこそライオンが最後うっかり萌え派に心を動かされて拍手しちゃったんだよね。

結局、凪が全ての元凶だったわけだけど、多大な犠牲を払いながらもなごみが平和なアキバに変えたのは胸熱でした。そもそもなごみの名字が「和平」だし。

ちなみに、一番のパワーワードは「ゆめちは整形」

これって、女からしか出てこない発想というか、なんかとても新鮮でした。

投稿 : 2022/12/23
閲覧 : 47
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

やくざ屋さん擬メイド化アニメ?。。@1話目

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
1999年春 かわいいメイドに憧れて、 ひとりの少女が秋葉原にやってくる。 世紀末の“アキバ”は、 多種多様なメイドさんでいっぱいいっぱい。 メイドカフェ「とんとことん」通称『ブタ小屋』は、 今日もブヒブヒ営業中! 一緒に入店した新人メイドは破天荒さんで、 ドッタンバッタン大慌て。 推しメイドや調教師、 秋葉外生命体も現れて、 赤バットはフルスイング! これは、 全てのご主人さまとお嬢さまに贈る、 渾身のメイドお仕事奮闘記。 「みなさまのお帰りをお待ちしてますブー」
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:ケダモノランド経営戦略室
監督:増井壮一
シリーズ構成:比企能博
キャラクターデザイン・総作画監督:仁井 学
美術監督:本田こうへい
美術設定:伊良波 理沙
色彩設計:中野尚美
プロップ設定:入江健司、 鍋田香代子
撮影監督:石黒瑠美
3D監督:小川耕平
特殊効果:村上正博
編集:高橋 歩
音楽:池 頼広
音楽制作:Cygames
音響監督:飯田里樹
音響効果:中野勝博
音響制作:dugout
アニメーション制作:P.A.WORKS
{/netabare}
キャスト{netabare}
和平なごみ:近藤玲奈
万年嵐子:佐藤利奈
ゆめち:田中美海
しぃぽん:黒沢ともよ
店長:高垣彩陽
御徒町:???
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


1話 ブヒれ!今日からアキバの新人メイド!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
“カワイイ”メイドを夢見てメイドカフェ「とんとことん」へやってきた、和平なごみ 17歳。一緒に入店した新人メイドは、万年嵐子 35歳。はじめてのメイドカフェに少し戸惑いながらも、なごみはご主人さまにお給仕をはじめる。
{/netabare}
感想
{netabare}
メイドにあこがれてメイドカフェ「とんとことん」に就職したなごみ(17歳)が
同じくメイドになったばかりの嵐子(35歳)といっしょに働き出したんだけど
失敗ばっかり。。

そんなところにオタクっぽい服装の人が入って来たんだけど
店長におひねりを出せって言ってきて、払えない店長が土下座。。

何となくこのお店は、ヤクザ屋さんが経営してるのかも?
ってゆう雰囲気になってきて
店長は、おひねりの代わりに、なごみに
1通のお手紙をライバルの系列店に届けさせるように指示。。

どうやらそのお手紙は、危ない手紙みたいなんだけど
鈍感ななごみはよろこんで引き受けて、嵐子も付き合うことになった。。

行く前に2人は
お駄賃代わりに下のラーメン屋さんでラーメンを食べたんだけど
嵐子は元常連だったみたいで
出がけにマスターから重そうな紙袋を渡された。。


相手のウサ耳メイドカフェに着いて、なごみがそこの店長にお手紙を渡すと
「触覚生やしたGどもめ、駆除してやる」って書かれてて
店長は「どう見てもウサ耳だろうが!」ってキレていきなりビンタ。。

なごみが何度もビンタされてるスキに嵐子は
紙袋に包んだままのけん銃を発砲して、店長のひたいを撃ち抜くと
「話しは済んだ、行きましょう」ってなごみの手を取って外に出ると
ボーゼンとしてたウサ耳メイドたちが、我に返って追いかけて来た。。

そのころ「とんとことん」では、先輩メイドのゆめちがショータイムで
「純情メイドぶっころ主KISS」を歌ってて
その歌に合わせて、嵐子が
2丁けん銃で、追いかけて来たウサ耳メイドたちをみな殺し。。

お店に戻ったなごみは、住み込み用に借りた部屋に行って
さっさと逃げようと思って着替えてたんだけど
そこに嵐子もやってきて、いっしょに暮らすことになったって。。

それで「逃げられない!」ってゆうところで終わり。。



前半は、メイド喫茶のお仕事アニメってゆう感じで
なごみのハイテンションな失敗ぶりと
嵐子の無愛想なサービスがおかしかった^^


後半は、時代劇ってゆう感じかな?
ただ、サムライがメイドで、剣の代わりにけん銃で勝負みたいな。。

そのギャップはおもしろかったけど
血がぴゅーって噴き出すところとか、グロいところが多いのはちょっと。。


メイドとヤクザ、それにアイドル要素もあって
雰囲気はちょっと「Back Street Girls -ゴクドルズ-」に似てるかな?
作画はこっちのほうがずっといいけど。。
{/netabare}
{/netabare}
第2話 賭博萌キュン録 ゆめち
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
昨夜の出来事に衝撃を受けるなごみ。メイドというお仕事に疑心暗鬼になって行く中で、ひとりの秋葉外生命体と出会う。そして「とんとことん」には店長により、新たな問題が持ち込まれることに……
{/netabare}
感想
{netabare}
なごみがなやみ出したところで、ビラ配りの散歩に出され
侵略カフェですとろんのメイド、ねるらに出会ってはげまされた
ってゆうおはなしがあったけど、こうゆう、主人公の味方になる人って
実はラスボスだったりすることが多いから、ちょっと心配。。


それで今回のおはなしだけど、おひねりを払えない店長が
お店を担保に闇金からお金を借りて
紹介された違法賭博で増やそうとしたけど負け
お店のメイドを連れて再挑戦したけど、相手はイカサマしててぼろ負け。。

このままだとみんな、ベーリング海でカニ漁に行かされる。。
って思ったとき、嵐子がカジノのオーナーを撃ち殺し、銃撃戦になって
みんなが出るとき、パンダがガスの元栓をあけた。。

相手が最後の力で投げた手りゅう弾を嵐子がキャッチして投げ返し
カジノは大爆発で借金はチャラになった、ってゆうおはなし^^;



なごみがふつうの意見を言っても、誰にも相手にされずに                              
どんどん進んでくところはおかしかったけど
「とんとことん」のメンバーがトラブルに巻き込まれ
嵐子が銃でボスを撃ち殺し、さいごは皆殺しっていつもこのパターンなの?


相手がインチキなのは分かってるから、何となく最後の予想はついてたけど
その通りで何となくザンネン。。


あと「メイド仲間は家族」みたいなこと言ってたけど
店長は、仲間を相手に殺させ、問題を起こすために
なごみを相手に送ったんだから家族なんて言えないかも。。

でも、2020年版の警察白書で
2019年に検挙された殺人事件1349件のうち、犯人(容疑者)で1番多かったのは
「親族」で475件、54.3%、次が「知人・友人」で189件、21.6%
ってゆうから、家族だからって温かい関係かは分からないのかも。。

ちなみに親族間殺人の中で「夫婦間」は158件、33.3%だって!
全体とくらべても1割以上だから
結婚しない方がいい理由が1つ増えたかも^^;
{/netabare}
{/netabare}
第3話 メイドの拳、膵臓の価値は
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
嵐子は「とんとことん」が滞納する“おひねりちゃん”の肩代わりに、“取り立て屋”から新たな仕事を請け負うことになる。それは、地下格闘技場のリングに上がることだった。そしてそこに、秋葉原で横行している高額フィギュアの闇取引も絡んできて……
{/netabare}
感想
{netabare}
たまり続けるおひねりちゃんの代わりに
嵐子が、賭け総合格闘技で八百長試合することになるおはなしで
わざと負けることができない嵐子はうっかり相手をたおしちゃって
こんどはそのまま勝ち続け、決勝の12ラウンドで負けることになった。。

でも嵐子は、だんだん本気になってきて
とうとう相手のゾーヤに勝っちゃったの。。

でも、八百長をやらせてた女社長は、フィギュアのコレクションをしてて
高額フィギュアを売りに来た詐欺師を撃ち殺し、モノをうばい
嵐子に罪をなすり付けようとしたんだけど、嵐子が書置きしたメモから
それがバレた社長は、相手の組織の復讐で殺されちゃった。。

嵐子がフィギュア屋の死体を片付けてたとき見つけたフィギュアは
結局ゆめちが売ったのかな?

「とんとことん」は元に戻り
新しいメイドのゾーヤがいっしょに働くことになった、ってゆうおはなし。。



メイド×ヤクザに「あしたのジョー」を足したってゆう感じだったのかな?

あちこちにギャップのあるセリフがあって、ふつうにはおかしかったけど
ちょっとおはなしが速すぎて、つながりがよく分からなかった。。

あと、ゾーヤの回想も短すぎて、思い入れもあんまり伝わってこなかったし
ゾーヤの声優さんが棒読みだし
声がすごく老けて聞こえて、顔と会わなかったみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第4話 実録!豚の調教師だブー!!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ゾーヤが加入した「とんとことん」に、メイド教育のスペシャリスト、ケダモノランドの調教師である佐野がやってくる。佐野の教育は厳しく、反発する「とんとことん」のメイド一同。それでも次第に、一部のメイドは佐野と心を通わせていくのだが……
{/netabare}
感想
{netabare}
「とんとことん」が加盟してる、ケダモノランドグループのミーティングで
忠誠心が足りないって言われたとんとことんのみんなは
本部から派遣された佐野調教師に訓練し直されることになった。。


はじめに店長とパンダが追い出され
きびしい訓練に反発してたみんなだったけど
佐野さんの体を張った説得に、すっかり洗脳されたように見えた3人に対し
納得できないしぃぽんは逃げ出そうとして、嵐子が協力してくれた。。

でも、窓の下でゴミアサリををしてる店長とパンダを見たら
急に、人が変わったように佐野さんにスナオになり
訓練は終わって、3人に惜しまれながら佐野さんが帰って行った。。

そのあとしぃぽんはスキを見て店長たちを呼び戻しに行って
帰ってきた店長たちといっしょに
佐野さんが作らせた「獣乱土」のアイコンを破壊して3人の洗脳を解いた。。

数日後、佐野さんが戻ってきたときには
とんとことんはすっかり元通りになってて
調教に失敗したことに気付いた佐野さんは
絶縁をおそれて、あわてて逃げて行った。。



ずっとおんなじパターンで行くのかな?って思ってたけど
みんなで組織を裏切るパターンなのかな?

佐野さんの洗脳に、ちょっとうるうるしちゃったけど
みんな好きで残ってるわけじゃないし、店長たちは追い出されたんだから
「グループはどんなに傷ついてもメイドを守る」ってゆうのは
やっぱりただの洗脳だと思う。。

佐野さんにさからったのはいいけど、裏には組織がいるんだから
結局「グループ」にさからったことになると思うんだけど
それでも絶縁にならないとしたら、やっぱりおかしいよね?                                                                             

あと、佐野さんが何だかかわいそうだった。。
佐野さんも被害者じゃないのかな?

それと返事が「ケダモノだもの!」「OKだもの!」
ってゆうのがおかしかったw

それなのにパンダは「人間だもの」ってw
{/netabare}
{/netabare}
第5話 赤に沈む!三十六歳生誕祭!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
滞納している“おひねりちゃん”を返済する為に、「とんとことん」の売上を伸ばそうと思案するなごみ。そんな時、ねるらからイベントをすることを提案され、明後日が誕生日だった嵐子のバースデイイベントを開催することにするのだが……
{/netabare}
感想
{netabare}
おひねりちゃんの滞納金を払うため
なごみが嵐子のバースデイイベント企画したなごみと嵐子。。

お店の仲間たちに冷たくされた2人は、系列店に協力を求めに行ったんだけど
メイドシープの薫子はサイコで、自分と同じ誕生日のメイドは許せないって
嵐子だけじゃなく、なごみまで捕まえて殺そうとした。。

実は、前から嵐子の誕生日にサプライズパーティーをしようとしてたみんなは
いつまでも帰ってこない嵐子たちを待ってたんだけど
パンダの情報でメイドシープに押しかけると2人が捕まってて
2人を武力で開放して、売上金をうばってきた、ってゆうおはなし^^;



とんとことんのみんなが、2人に冷たいのは
よくあるサプライズだ、ってゆうのは、分かってたけど
こんなオチだったなんて。。
それでも、グロいのをのぞけば、ちょっといいおはなしだった^^


でも、先回は佐野さんで、今回は系列店のメイドシープ。。
そろそろ本部が
とんとことんが、組織に反抗してることに気づくんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第6話 姉妹盃に注ぐ血 赤バットの凶行
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
服役中だった「メイドリアン」台頭の立役者『赤い超新星』こと愛美がアキバに帰ってくる。愛美は「チュキチュキつきちゃん」が「とんとことん」に潰されたことを知り激昂する。そんな中、なごみはねるらと姉妹の契りを交わすことにする。
{/netabare}
感想
{netabare}
メイドリアングループに、赤い超新星こと愛美が帰ってきた。。

愛美は、すぐに組織のトップになり、強硬路線を行くことにして
「チュキつきちゃん」をつぶした「とんとことん」に狙いを定めたんだけど
友だちのねるらと争いたくないなごみは、彼女と姉妹の契りを結ぶことに。。

そしてねるらはなごみに、愛美の狙いがとんとことんだってゆう情報を流し
なごみが見ている前で、愛美に殺されたけど
なごみはただ、見てることしかできなかった、ってゆうおはなし。。



今回は、店長の小物感が、いつもよりきつかったけど
命をかけてねるらがなごみを思う気もちが伝わってきた。。

ちょっとのめり込んで見てたせいか
最後は涙が出てきちゃった。。

これでもしかして、なごみが本気を出す展開になるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第7話 獣抗争史!秋葉外生命体血戦!!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ねるらの命が絶たれたことにより、なごみが「とんとことん」から姿を消して1週間。なごみは忍者になって、秋葉原に身を潜めていた。そんな中、「とんとことん」に「メイドリアン」の魔の手が忍び寄る。
{/netabare}
感想
{netabare}
なごみは忍者カフェで働きながら、メイドをやめようと思ってたけど
元ねるらのお客さんが来て、なごみにメイドを続けるように言ってきたり
嵐子が来たり、ラーメン屋のおじさんからラーメンおごってもらって
殺さないメイドに目覚めたみたい。。

そんな中、愛美が大勢で攻めてきた。。
なごみは、殺さない争いで、愛美たちを追い返したけど
メイドリアンは先鋭たちがいないスキに、穏健派がらんどと合併して
帰ってきた愛美を始末。。

そのあと
らんどの要求をのんだメイドリアンは弱みを見られて解散することになった
ってゆうおはなしで、あくまで不殺メイドを貫こうとするなごみが
カッコよかった☆

ただ、らんど本部はとんとことんをジャマに思ってるから
つぶすために何か手を打ってきそう。。
{/netabare}
{/netabare}
第8話 鮮血に染まる白球 栄光は君に輝キュン♡
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
愛美の葬儀の中、凪の命令により、元メイドリアングループのメンバーと野球の試合をすることになった「とんとことん」一同。なごみひとりだけがやる気満々。元メイドリアンチームは、愛美の魂を受け継ぎ、赤バットを振りかざす。親善試合とは名ばかりのデスゲームがここにプレイボール!
{/netabare}
感想
{netabare}
元メイドリアングループはケダモノランドグループに吸収合併されたんだけど
そこに残るわだかまりを晴らすため
「ルーパーズ」対「とんとことん」で野球の試合をすることになった。。

すぐに暴力に持って行こうとする両チームのなかで
なごみだけはフェアプレイを目指してたんだけど
じょじょになごみに賛同してくれる人たちが出てきて
さいごは、ふつうにとんとことんが勝った☆


あと、嵐子の元同僚が凪ってゆう名前でグループのトップになってて
嵐子に暴力を求めてるみたい。。



なごみが、メイド業から暴力を遠ざけようとするおはなしなのかな?

嵐子も今まで、銃で暴れまわってたけど、昔は非暴力の夢があって
なごみに会って、また、非暴力になろうとしてるのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第9話 秋葉生態系狂騒曲!メイドの萌え登り!!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
年に一度のアキバメイドフェス開催に向けて、準備をする「とんとことん」一同。ケダモノランドグループの底辺である「とんとことん」は、ここでも底辺に相応し扱いを受けていた。底辺から抜け出したいと思う一同は、“ケダモノランド生態系の手引き”が存在するのを知らず、“お萌さま登り”に挑むことにする。
{/netabare}
感想
{netabare}
アキバメイドフェスが開催され、それぞれの店では屋台を出したり
夜は「お萌さま登り」ってゆうイベントをやって、勝ったメイドが
アキバ一のメイドとしてお店ごと特典をもらえたりするみたい。。

今年のイベントで1番になったのがなごみなんだけど、実はイベント前に
すべてのお店にグループから「生態系ガイド」が配られてて、序列を守って
お萌さま登りは絶対にギラギライオンのメイドが取ることになってたのを
店長がガイドをなくして、誰にも知らせてなかった。。

それで凪の恨みを買った取り立て屋さんが殺された。。
ってゆうところで終わり。。



とんとことんで1番悪いのは、ぜったい店長だよね。。

それでも、みんな頑張って
系列店をぶっつぶしながらでも、ここまで来たんだから
今さら、謝ったりしても遅いと思う。。

まず、とんとことんがケダモノランドグループの1番になって
それから暴力をやめさせるようにしないとダメなのかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第10話 メイド心中 電気街を濡らす涙雨
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
お萌さまの頂点を獲った「とんとことん」は珍しく繁盛していた。そんな中、店長の計らいにより、嵐子は常連のご主人さまである末広と休みの日にデートをすることに。しかし、末広には嵐子には言えない秘密があった。そして、何かを伝えようとするパンダがいた。
{/netabare}
感想
{netabare}
嵐子推しの常連の末広さんと休みの日にデートして
駆け落ちに誘われた嵐子が、パンダの御徒町から
実は自分が、嵐子がはじめて働いたお店の店長を殺した、って告白されて
末広さんが、組織に雇われて用済みメイドを消す殺し屋だって教えられた。。

嵐子は御徒町を許し
末広さんを殺す覚悟で駆け落ちの待ち合わせ場所に行ったけど
嵐子に手を汚させたくない御徒町が先に末広さんを殺したから
嵐子はそのまま帰った。。

そこで、帰り血を浴びた御徒町に会って
15年前、嵐子の店長を殺すように指示したのも
今回のことを指示したのも凪だった、って聞いた嵐子は
憎しにがこもった顔で、銃を手に取った。。ってゆうところでオシマイ。。


Cパートで末広さんが凪にさからって
嵐子と駆け落ちしようとしてたことが分かった。。



今回は、ちょっと分かりくくって
とうとう御徒町の正体が明らかになって、キャラの顔も分かったけど
ちょっと悲しいおはなしだった。。


末広さんは殺し屋だから
自分が嵐子と2人で、幸せになれないことは分かってたと思うけど
嵐子をこのままにしておいて
殺し合いをさせたくなかったんじゃないかな?って。。

あと、御徒町はこのままパンダのままでいるのかな?


本当だったら、嵐子が凪を殺して終わりってゆうエンドが見えそうだけど
今はメイドの暴力反対のなごみがいるから
嵐子が殺さなくていいエンドで終わってほしいけど、どうなるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第11話 萌えなき戦い
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
お萌様効果で大繁盛していた「とんとことん」に、突如ケダモノランドグループから絶縁状が突きつけられる。彼女たちを取り巻く状況は日に日に悪化し、
「とんとことん」は窮地に陥っていく。そんな中、嵐子は絶縁になったのは自分が原因だと、侍女茶館時代の凪との過去をみんなに語りはじめる。
{/netabare}
感想
{netabare}
ケダモノランドグループから絶縁状を受けたとんとことんは
グループからのイヤガラセを受けるようになった。。

そんな中、嵐子は
20年ほど前に自分と凪が侍女茶館で働いてた頃、義理の姉妹だったことを話し
自分の命と引き換えに、凪に許してもらうことを提案。。

とんとことんはギラギライオンに乗り込んで、人質を取って立てこもり
グループのメンバーを集め
本部の警備が薄くなったところに、嵐子となごみが乗り込もうとしたけど
逆に、凪のところに連れて行かれた。。

凪は嵐子に、とんとことんを全員殺し自分の部下になるように言ったけど
とんとことんは家族だから殺せないって拒否。。

なごみを人質にして、自分のところに来いって脅かしたけど
どっちも家族だから選べないって、また否定。。

けっきょく2人は、おひねりちゃん10倍おさめる約束で
お店を許してもらって手打ち。。


でも、2人が幸せそうに買い物してたら
嵐子が背後からメイドに刺されて死んだ(?)ってゆうところでオシマイ。。



さわいだ割に、あっさり終わったなって思ってたら
2人で幸せそうにしてるシーンでイヤな予感がして
やっぱり嵐子が殺されちゃった。。

これって結局、凪がやらせたのかな。。

来週はどうなるのかな。。
{/netabare}
{/netabare}
最終話 萌えの果て
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
凶刃に倒れる嵐子。その死を嘆き悲しむ「とんとことん」の面々。喪に服すなごみは“黒豚”となり、自らが拒絶してきた暴力に縋り復讐を果たそうとするが……メイドとは何なのか、萌えとは何なのか。そして、萌えの果てに、なごみが見たものとは!アキバ冥途戦争、ここに完結!
{/netabare}
感想
{netabare}
嵐子が死んだのは、凪のやらせたことじゃなかったけど
いなくなったことで凪を押さえてたものが無くなって
凪はとんとことん全滅を指示。。

嵐子が殺されて復讐に燃えたなごみは
復讐しようと銃と暴力で犯人を探しる途中、凪が乗り込んでくることを知って
お店のみんなに戦うことを勧めてたけど、ちょっと頭が冷えたのか
メイド戦争を企画して、凪たちを待った。。

とんとことんに乗り込んだ凪たちは、メンバーたちから萌で迎えられ
取りあえずとんとことんのサービスを受けることにしたけど
凪は気にくわないことがあるとすぐ銃を撃ち、仲間だけじゃなく
パフォーマンスをしてたなごみも撃った。。

でも、おなかを撃たれて出血しながらでもなごみは続ける。。

そんななごみを見て、ケダモノランドのメイドたちが盛り上がり
それに腹を立てた凪がなごみに銃を乱射すると
嵐子を刺したメイドが凪の頭を撃ち
御徒町が竹やりを投げてトドメをさした。。


それから20年後、アキバは変わって、平和で萌えのあふれる街になり
繁盛してるニューとんとことんの人気者は
車いすで萌えをふりまく、36歳のメイド♡ってゆうおはなし^^



終わってみたら、武闘派メイドの時代が終わって
メイドがメイドらしくサービスできる時代になった、ってゆう
パラレルワールドのメイドカフェのおはなしだったみたい。。

撃たれたなごみが、それでもパフォーマンスを続ける姿に
ちょっと涙が出そうになった。。

最後の36歳のなごみが、生き生きしててよかった☆

あと、嵐子を刺したメイドが凪を撃ったのは
もともと嵐子だけじゃなく、凪のこともうらんでたんだと思う。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


メイドカフェが武闘派だった時代から
ご主人様といっしょに、楽しくサービスできる時代になった
平行世界のアキバで起きた、メイドカフェ革命のおはなし
ってゆう感じだったみたい。。


暴力をギャグにするセンスは好きじゃないけど
暴力と萌えのギャップ、仲間を思う気もち
死んでもいいから平和を望んだメイドが
それを手に入れた世界が良かった☆


今は、いつ世界が戦争になってもおかしくない感じだけど
お花畑みたいななごみの思いが、現実になった世界は
一部の乱暴なことが好きな人以外、誰でもあこがれる世界だと思うから
今だから見たいアニメになるのかも。。

ただ、平和な世界が実現するには、殺されてもいいからって平和を願う思いと
やっぱり銃や竹やりが必要だってゆう、きびしい現実も見えた気がした。。









.

投稿 : 2022/12/23
閲覧 : 282
サンキュー:

42

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

結局俺らは何を語ればいいのだろう

開始前のPV見た時にかなりの香ばしさは感じていたが
第一話のファーストカットが仁義なき戦いのトレース

「あっこれヤベー奴だ(棒)」

よもやサンダースネーク打ちながら
トゥーハンドレットぶっ放すロベルタさんが見られるとは(゜_゜)

「打つ」と「撃つ」のダブルミーインニングだぞって
恥ずかしいから俺を撃ってくれぇい(-.-)

任侠映画の設定を秋葉原のメイドにすり替えた
パラレルワールドでやりたい放題

ここら辺は考察していると長くなるので
絞って書いて行くと

万年嵐子は網走番外地の高倉健さんや
仁義なき戦いの菅原文太さんの系譜で
寡黙で一本気な性格

実際の高倉健さんはCM共演していた
裕木奈江さんのオールナイトニッポン生放送で
飛び入りしていきなり「どうも馬が好きな宇津井健です」
と誰も突っ込めないブッコミするおちゃめな人だったがw

そうそう余談ついでにゲスイ店長のモデルになっている
仁義なき戦いの金子信雄さんは晩年酒飲みながら料理して
べろべろに酔っ払っちゃう番組が昼の帯で大人気になったと言う
ホントに今となってはどうかしている事象を起こしているw

流石に任侠映画オンリーはニッチ過ぎるので
視聴者目線のキャラとして主人公に据えたのがなごみちゃん

目の前で人が撃ち殺されたのを見ても
メイドの本懐を据えて続けられるのは
自衛隊員でもなかなかいないと思いますはぁい~w

最初はケダモノランドとメイドリアンの二大組織で
抗争する展開ではあったが

ケダモノランドが吸収合併すると
なごみと嵐子の店とんことんとケダモノランドの構図へ

兄弟間の殺し合いってのは
1990年代のVシネマなんかがよく用いたパターンよね
さしずめラスボスの凪は白竜さんってとこか

御徒町が実は冒頭で嵐子の目の前で
発砲した鉄砲玉のメイドであることが判明してからは
ひたすらシリアス路線へ

11話で一旦手打ちになるも
嵐子が背後から刃物を刺され死去

う~んあの事件思い出しちゃうし
私の中学時代の同級生被害者なんで
どうかしているの大好きでもここは配慮してほしいかな

最終回はケダモノランド総出でとんとことんを襲撃
しかしなごみ達は迎え撃たずにお嬢様として
おもてなしをする

なごみの命を懸けたライブに共感するほかのメイドたち
凪はなごみを殺そうと発砲したが
嵐子を刺したメイドのヘッドショットと御徒町が竹を投げて阻止

抗争が終わり36歳になったなごみちゃんは
車いすにはなったが同じ場所でサービスしているブー

近藤玲奈さんが体調崩したきっかけは
この作品でメイドコスして動画回されていたからじゃ
といらぬ邪推するほどどうかしているw

サイゲームスとPAと言う資本力からか
チョイ役で人気声優使いまくる無駄使いぶりはいいけど
サトリナさんでも仁義はみてないんじゃないか?

オリジナル作品でブラックネタ好きだけど
この作品を☆4以上にしたら人として終わってると思い
最終的にはこの評価に収まった

ホント評価に困るしク○アニメと非難する人がいても
それも妥当な判断と感じてしまうね

投稿 : 2022/12/23
閲覧 : 57
サンキュー:

7

ネタバレ

タイラーオースティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:----

メイド達による血で血を洗う抗争

秋葉原、自分も関東に住んでいた時に訪れた事はありますが、その時よりも古臭い感じがするなぁと思ったら1999年(つまりデジキャラットが放送されてたあたり)が舞台なんですね。

秋葉原なので、メイドさんがたくさん登場しますが、彼女らはメイドの皮を被ったヤクザという感じで、毎回、仁義なき戦いを繰り広げます。それゆえに当然、死人も出るし、調教回なんかはもはや軍隊の鬼教官によるシゴキで、ストイックさを感じました。

なるほどゾンビランドサガがゾンビとアイドルの組み合わせだったのに対し、本作はメイドとヤクザという組み合わせで斬新だなと感じますが、もしかすると、聖地巡礼で盛り上がるかもしれませんね。

個人的には年増メイドの嵐子さんが良い味出していました。

投稿 : 2022/11/30
閲覧 : 64
サンキュー:

11

ネタバレ

覆面反対 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

見ててください、ねるらちゃん

第6話から空気が変わる作品

姉妹の契りを交わした、なごみとねるら…しかしそれは束の間のひと時だった…ねるらの店が報復にとんとことんを襲撃することを決定。義妹のなごみを救うためねるらは、パンフレットに忍ばせたメモでその情報を漏らし、なごみ達は応戦し撃退

「裏切り者がいる」ことに気づいた愛美(広島弁?のヤンキー白髪女)は、犯人がねるらであることに勘づき、捜索…なごみと嵐子がねるらの居場所を突き止めたタイミングで、愛美もやってきてねるらの始末にかかる

なごみはねるらを助けようとするも、「来るな!」と一括する。短刀で愛美に挑むも、バットで殴られ倒される…再び立ち上がるも今度は拳銃を懐から取り出す愛美

最期まで勇ましく闘うも、銃相手に短刀では無謀すぎた…ねるらは愛美に数発撃たれ倒れ伏す…なごみの腕に抱かれ「あなたは変わらないで…そのままで…」と言い残し息絶えるねるら

嵐子は「これはあちらの問題なので」とねるらに助力はせずも、愛美の部下が拳銃をなごみに向けると「筋が違うのでは?」とこちらも拳銃を取り出して威嚇…なごみを守ることだけに専念せざるを得なかった

ねるらロスとなり、とんとことんを休んで忍者となり🥷、現実逃避していたなごみ…しかし3人のヲタからねるらの想いを聞かされ、再びメイドとして生きていくことを決意した。「変わらないで…そのままで…」と言い残した彼女の想いを貫く形で、愛美と戦闘になったなごみは「殺さない闘い」を貫いて撃退…義姉の分まで生きていく決意がそこにはあったのだった

「裏切り者は始末される」…組織としては当然と言えば当然の役目を果たしたという点では、仇敵とも言い切れない愛美だが、何とねるら粛清の次の回に自身も上層部により蜂の巣にされて始末される…そしてそれを命じた金髪ウェーブ髪のオバサンも、愛美の残党によりその次の回…野球対決の最中に背中をナイフで刺されて落命…

この展開…憎き仇があっけなく他のキャラに殺られた虚無感…みたいで何とも言えませんねぇ

6話以前からなごみとねるらの関わりは多少ありますが、本格的に動き出すのはやはり6話から…(1話から見た方がより細部を知れるのかもですけど)時間に余裕のない方は6話から見てください…それで十分胸熱できますので🔥

投稿 : 2022/11/26
閲覧 : 55
サンキュー:

1

ネタバレ

ダークフレイムマスオ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

非常に評価むずい!うまむすめだってさいしょはこんなんだったよなーww

オリジン!弁当じゃないけど馬娘最初に見たときはなんだよなー。って思っていた。でもグラス回出てやべーってなった。そして2期ライス回とツインターボでKOwとどめが。有馬記念うーんちょっとちゃうか。

でもなーこれ考えたやつぶっ飛びすぎだよな。でも爪後こそ重要なら簡単に殺すなよな本音。ヨルムンガンド然り、ラグーンだってドラマあってこそ。双子回やちさと回、ロベルタがアンクルサムにステゴロやるぐら位のドラマがないと周回にわしゃ値しない。残念ながら昭和w

カオスっぷりという点じゃ8点は行ってるけどwR18ぐらいじゃなきゃ 今期は無理だぴょんwしかしやっぱ広島武闘派はあれじゃなきゃな―。っていう点では9点!サトエリ様もさることながら、はいすくーる仁義ファンだったわしはたまんねーw高校の時これ好きな奴がいて全部借りて読んだだな―。

で、年に一度の学園祭wわしのクラスぶっ飛んでるの多かったんで仁義なき戦いの広島抗争編演劇デ、ヤッタw

マジで最優秀全学年でとっちゃったw結構ナレーションと文系だったんで演技やディテールには全力だったwお坊ちゃん高校じゃ無理だろって内容じゃんwナレーションでシャブとかフツーに出てたしwwゆるーい時代だったな―。唯一の高校の思ひでですねw

男子校ってほんと女子くるのが学園祭だけなんでベクトルは知の探究よか、誰でもいい俺を女に視て貰いて―‼が本音wそんなもんじゃん!そりゃ演技だってマヂよw

3回上演で1回目はマヂでまばらwであたおかが言って2回は半分ぐらい3回目は立ち見で先生も視てたよなーww

してやったぜ!

ベクトル超えてやってやったのは人生最初はあれだよな。イメージなんてぶっ壊すもん!誰もやんないとこやるのが視たがるんですよ。そんなんちょっと考えるとビジネスだってそうじゃん。30年前なんで記録もないけど記憶にはみんな残ってるんだろーなーwwおもちゃの銃で向かいの校舎で撃たれた奴が

「やられた―」で倒れて、ダッチワイフ落としたので、ほんと全部持って行ったのがでかかったw

今思うとなんでダッチワイフ…アイツ持ってたんだろw

あれレビューしてね―かもwええやん途中2話でしか出なかったけど愛美みたいな本物の広島出身の方言はいつまでも聞きたいですね♪

まあ残党いるんでラストは想定できますが今回はこの辺で!では♪

投稿 : 2022/11/23
閲覧 : 65
サンキュー:

10

ネタバレ

xokNW04341 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

世界よ、これが日本だ。

SA子会社サイゲと実力派PAのタッグによる新作キメラ。
これぞアニメの醍醐味。実写でやっても笑えない。

アキバメイドとヤクザ、Z世代にはもはや時代劇か。

01
ありふれたモチーフだが「日本統一」が大ヒットするこの時勢、今ならヤクザ成分強めでもイケる雰囲気を察したサイゲはお見事。メイド→冥途ってな安直なダジャレをしっかり形に仕上げてしまう手腕は流石エリート集団。

02
35歳を主軸に展開させるのかと思えば店長だった。35歳は締め担当なのか。ほぼ人身売買だが現実味がなくヘラヘラしてるとこはカイジを連想させる。まさに「カタにハメる」ってやつだが、そういったヤクザ用語をあえて意図して使わないのもいい。

03
掴みは初回で済んでるのでもう平常運転。「君の膵臓を借りたい」はズルい。こんなん笑うわ。中身は全くVシネ的でも任侠劇でもないが、ヤクザあるあるやっても仕方ない。

04
前回までと違って急にVシネ感出してきたがどうしたんだ。掴みはマイルドにして徐々にハード路線にしていくのか。下っ端をいびる中間管理職も命懸けなので属人的な責任感など不要。詭弁と茶番のダブルバインド。洗脳には専門用語も有効。おひねりちゃん一人10万ってあの店の客単価いくらなんだろ。

投稿 : 2022/10/31
閲覧 : 180
サンキュー:

4

ネタバレ

龙裔咲 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観たい

おもしろい

キャラの魅力が十分に伝わる作品でした。

投稿 : 2022/10/29
閲覧 : 61
サンキュー:

0

ネタバレ

うぇそ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

さすがPA

一話視聴
クオリティは高いけど、たぶん合わないかな。
切ります。

投稿 : 2022/10/16
閲覧 : 36
サンキュー:

1

ゴリラ太郎 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2023/01/26
閲覧 : 0

常世 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2023/01/22
閲覧 : 1

ぽ~か~ふぇいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2023/01/21
閲覧 : 2
次の30件を表示

アキバ冥途戦争のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
アキバ冥途戦争のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

アキバ冥途戦争のストーリー・あらすじ

1999年 春 かわいいメイドに憧れて、 ひとりの少女が秋葉原にやってくる。 世紀末の“アキバ”は、 多種多様なメイドさんでいっぱいいっぱい。 メイドカフェ「とんとことん」通称『ブタ小屋』は、 今日もブヒブヒ営業中! 一緒に入店した新人メイドは破天荒さんで、 ドッタンバッタン大慌て。 推しメイドや調教師、 秋葉外生命体も現れて、 赤バットはフルスイング! これは、 全てのご主人さまとお嬢さまに贈る、 渾身のメイドお仕事奮闘記。 「みなさまのお帰りをお待ちしてますブー」
(TVアニメ動画『アキバ冥途戦争』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年秋アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ