新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「ゴールデンカムイ(第4期) (TVアニメ動画)」

総合得点
70.5
感想・評価
29
棚に入れた
304
ランキング
1382
★★★★☆ 3.7 (29)
物語
3.7
作画
3.6
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ゴールデンカムイ(第4期) の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

第四十三話から第四十九話の放送・配信延期

公式サイト;
https://www.kamuy-anime.com/

ワタシ的視聴方法;
BS11:10/03(月)23:00

[第四十三話から第四十九話の放送・配信延期]
「作品の制作に欠くことができないメインスタッフの突然の訃報」とのことで、御冥福をお祈り申し上げます。
それで、11月14日(月)~12/26(月)の放送内容が変更されるそうです。
https://www.kamuy-anime.com/news/index05010000.html


[原作未読、第3期まで視ました。]
ロシアを後にした一行の運命や如何に、今後の展開が楽しみです。

投稿 : 2022/11/14
閲覧 : 77
サンキュー:

5

ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

【42話迄の感想】メインスタッフ1名の急逝により長期放送延期……

{netabare}狂気の運試しを仕掛ける毒マニア・関谷。
異常発達した聴覚で追い込んでくる都丹。{/netabare}
など4期になっても相変わらず超ド級のイカれた刺青囚人が続々と新規投入されるも、
メインどころがそれ以上の貫禄で存在感を示す、試される大地・北海道。

シリアスになるほど、敢えて下ネタ含めたギャグを振り切って、
ぶち壊しになるスレスレで、極限のエンタメを成立させる。
作品独特の際どいバランスを再現した映像に酔いが回って来たところ、
上記の通り、長期放送延期という一報が飛び込んで来ました。
(放送情報見る限り年内再開はない模様)
ご冥福をお祈り致します。


逝去されたスタッフについては氏名、ポジション等が公表されていないので、詳細は分かりませんが、
私にとっては2つの意味で衝撃が大きかったです。

1つは、効率化しているであろう今のアニメ制作現場においても尚、
必要不可欠なメンバーが1人抜けたら、制作が成り立たない事態が起こり得るという点。
昨今もコロナ禍で、物理的にマンパワーが不足して放送延期というパターンは多々ありましたが、
今回は、アニメ制作も未だに個人の才能に依拠した芸術、職人の世界なのだろうか?と再考させられる一件でした。

もう1つは、私はハマっているアニメが放送終了、延期した場合は、
同ジャンルの別作品でロスを凌ぎますが、
『金カム』の変わりはないぞ~という意味でショックが大きかったです。


4期は主題歌もお気に入り。担当アーティストの足跡にもドラマを感じます。

OP主題歌「NEVER SAY GOODBYE feat. Mummy-D」を担当したのはALI。
2020年『呪術廻戦』前期ED「LOST IN PARADISE feat. AKLO」で一発当てて、このまま一気にブレイクか?
という矢先、ドラム担当が詐欺事件で逮捕→無期限活動休止→全曲配信停止に。
半年後、活動再開するも、さらに離脱者が出て、グループ半壊状態から再起を期すことに。
身から出た錆とは言え、苦難が続く中、『呪術廻戦』以来、2年ぶりのタイアップでアニソンに戻って来たのが本シングル。

ED主題歌「すべてがそこにありますように。」を担当したのはTHE SPELLBOUND。
同バンドはボーカルの病死を経て活動終了したBOOM BOOM SATELLITESのベース&プログラミングの中野 雅之氏が、
THE NOVEMBERSの小林 裕介氏をボーカルに迎えて結成したロックユニット。
アルバム配信等を経て本作が1stシングルCDとなる。
2人のドラムのサポートも受けたパワフルなサウンドには新味もありますが、
バンド名もブンブンの曲名から取っており、音楽性にも共通点を感じ、戻って来てくれた感の方が強いです。


何が言いたいのかというと、『金カム』スタッフ陣も今は物理的にも精神的にも、
ダメージを負って先が見通せない状況かもしれませんが、
主題歌アーティストのように意志があれば必ず戻って来られるということ。
スタッフさんたちも42話の{netabare}白石ゲ○説教回{/netabare}で中断したままというのは本意ではないでしょうから。

4期になって杉元一行、第七師団、土方一味と、
各々の勢力に“モグラ”、二重スパイが潜り込み化かし合う。
本格スパイ映画並みに人間関係も複雑化しているので、
私も放送中断中、せいぜい人物相関図を眺めて整理しながら、再開を待ち望みたいです。

投稿 : 2022/11/14
閲覧 : 81
サンキュー:

11

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

つづきだから1~3期を先に見てね☆彡

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
杉元とアシㇼパの新たな旅が始まる!! アイヌから奪われた金塊を巡る生存競争サバイバル、新章開幕ッッ!!! 極寒の地・樺太で「不死身の杉元」こと杉元佐一とアイヌの少女・アシㇼパが再会を果たした後、キロランケの死に直面したアシㇼパが金塊の謎を解く鍵を思い出し、杉元とアシㇼパの間で相棒の契約も更新されるに至った。だが、杉元が第七師団の支配下にある状況に変わりはない。アシㇼパ確保の報を受けた鶴見中尉との対峙が迫る中、共に過酷な旅を生き抜いた白石由竹、谷垣源次郎、月島軍曹、鯉登少尉は各々の目的や役目に従ってどのように動くのか? 一方、第七師団と金塊の争奪戦を繰り広げる新撰組「鬼の副長」土方歳三の一味は、引き続き残った刺青人皮の捜索を継続。さらに、杉元らの前から姿を消した尾形百之助の存在も情勢に影響を及ぼす可能性を秘める。北の大地を舞台に再び加熱していく一攫千金サバイバルの行方から目が離せない!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:難波日登志
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:大貫健一
メインアニメーター:羽山淳一
銃火器設定:渡辺浩二
プロップ設定:渡辺浩二
動物設定:廣江啓輔
美術監督:森川篤
色彩設計:茂木孝浩
撮影監督:長田雄一郎
CGディレクター:宍戸光太郎
編集:定松剛
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語監修:中川裕
ロシア語監修:Eugenio Uzhinin
音楽:末廣健一郎
アニメーション制作:ジェノスタジオ
製作:ゴールデンカムイ製作委員会
主題歌 OP:「NEVER SAY GOODBYE feat. Mummy-D」ALI
ED:「すべてがそこにありますように。」THE SPELLBOUND
{/netabare}
キャスト{netabare}
杉元佐一:小林親弘
アシㇼパ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之
家永カノ:大原さやか
キロランケ:てらそままさき
インカㇻマッ:能登麻美子
二階堂浩平:杉田智和
月島軍曹:竹本英史
鯉登少尉:小西克幸
菊田特務曹長:堀内賢雄
有古一等卒:水中雅章
エノノカ:市ノ瀬加那
岩息舞治:三宅健太
ヴァシリ:梅原裕一郎
花沢勇作:畠中祐
人斬り用一郎:清川元夢
若き用一郎:小野大輔
ソフィア:斉藤貴美子
若きソフィア:湯屋敦子
長谷川幸一:中野泰佑
海賊房太郎:関智一
関谷輪一郎:加瀬康之
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第三十七話 あばよロシア
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 樺太で再会を果たした杉元とアシㇼパ。キロランケの死や尾形の逃亡を経て相棒の契約を更新した二人は、他の先遣隊メンバーや白石と共に国境を越えてロシア領を後にする。北海道への帰還を目指してさらに移動を続ける中、鶴見中尉に状況を伝える電報を打つため敷香の街に立ち寄ることにした一行。ところが杉元が味噌を調達している間に、仲間たちが何者かの銃撃を受ける事態が発生ッ! 正確無比な射撃を行う狙撃手の正体とは……!?
 銃撃によって白石が足を負傷し、先遣隊の面々は身動きが取れなくなっていた。彼らを狙撃したのは、ロシア国境守備隊のヴァシリ。かつて尾形との勝負に敗れた彼は、再戦の機会を求めて見覚えのある白石を含む一行に攻撃を仕掛けたのだ。そんな中、事態を察知した杉元が狙撃場所に急行してヴァシリを追い詰めるが、相手の標的が尾形だとわかると戦いを放棄。しつこく後をついてくるヴァシリを無視し、一行は再び先を急ぐのだった。
 一方その頃、北海道では土方の一味に異変が起きていた。牛山に続いて首魁の土方までもが消息を絶ったのだ。門倉とキラウㇱが捜索に乗り出す中、阿寒湖周辺に潜伏する刺青の脱獄囚・関谷輪一郎の存在が浮かび上がる。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、ロシア国境守備隊のヴァシリが、ライバルの尾形さんを狙って
仲間だと思って白石さんをはじめ、アシㇼパたちを狙撃してきて
尾形さんだと思ったみんなは、その場を動けなかった。。

それに、買い物から帰ってきた杉本さんが気づき、こっそり狙撃元に行って
ヴァシリを捕まえたんだけど
彼も尾形さんをさがしてるって知ってそのまま解放することに。。

でもヴァシリは
尾形さんがまた、接触してくるんじゃないかって思ってか
杉本さんたちに付いてくる、ってゆうおはなし。。


モブキャラだったヴァシリも、サブキャラに昇格ってゆう感じなのかな?

いつかまた、尾形さんが狙ってくるかも知れないから
その時は役に立ってくれるかも☆彡


それにしても白石さん、損な役が多いみたい。。

今回も足を撃たれちゃったけど
カラスを呼ぼうとエサをまいたら、スズメが来ておかしかったw
ふつうだったら1か月くらいは杖なしでに歩けないと思うんだけど
「金カム」だからきっと、すぐ走ったりするよね^^

それにしても「金カム」って、いつも殺し合いしてるけど
今回は、自分たちが殺されそうになったのに
犯人を殺そうとしないって、みんなやさしいなぁ☆



後半は杉本さんたちは真相を聞くためにソフィアをさがして
北海道に向かおうとしてるってゆう感じかな。。


そのころ北海道では、元看守の門倉さんとキラウシが
連絡がない牛山さんと土方さんをさがそうと永倉さんを置いて
阿寒湖の町に出かけるところから。。

犯人がいるとしたら、関谷輪一郎ってゆう元獣医の囚人で
他人の運を見るのが好きで、食べ物に毒をしこんで他人の運を見るってゆう
猛毒使いみたい。。

門倉は氷の張った阿寒湖の上で、土方さんがいたと思われるあたりで
繭を見つけたんだけど、それは前日、関谷が牛山さんと引きかえの約束で
土方さんに毒か無害の繭を選ばせて飲ませた場所で
けっきょく土方さんは、毒で動けなくなって関谷につかまったみたい。。

そのことを知らないキラウシは関谷から
1匹だけ毒が入ったワカサギ入りの包みをもらったんだけど
門倉さんはひっくり返して食べれなくなっちゃった。。

でも本人は、自分は運がないって思いこんでる、ってゆうおはなし^^


自分は運が悪いと思ったら。。って、2019年03月10日のエチオピア機墜落で
数分飛行機に乗り遅れた人がいて、その飛行機が事故で157人全員死亡とか
実際にあった話だし、ギャンブルとかで必ず負けるってゆう人は
依存症にならなくって済んでる分、逆に運が良かったりするのかも。。

それにしても、あれだけのワカサギがぜんぶ逃げちゃうとかすごい運かも^^



また濃い新キャラとか、モブキャラ昇格で
サブキャラが増えてくのはいいんだけど
だんだんついてくのが難しくなってくるかも^^;

その分、EDで忘れないようにしてくれてるのかな☆
{/netabare}
{/netabare}
第三十八話 繭
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 土方と牛山は関谷に与えられた毒を飲み、仮死状態で地中に埋められていた。だが、覚醒した牛山が外にはい出し、朦朧とした意識のまま徘徊。そこに居合わせたいじめられっ子の少年・チヨタロウと奇妙な関係を築く。一方、捜索を続ける門倉とキラウㇱは関谷から脅迫状を受け取っていた。関谷の要求は、刺青人皮と土方を埋めた場所の交換。しかし、折しも刺青人皮を持つ永倉は不在で、受け渡しまで時間はない。二人はどう動くッ!?
 用心深い関谷が指定した取り引き場所は、凍りついた阿寒湖のど真ん中。対して門倉たちは、取り引きに失敗したと見せかけて逃亡を図る関谷を追跡する計画を立てていた。だが、その途中で湖の下から牛山が出現。関谷が逃げる方向を変えたため、計画は失敗に終わってしまう。
 その後、牛山の上着から蚕の繭が出てきたのをきっかけに、土方の居場所が蚕種製造所だと判明。門倉が現場に向かうと、関谷は自分たちと土方の命を賭けて種繭雌雄鑑別器を使った運試しを持ちかける。門倉が毒を引いたのを確認し、土方を掘り出そうとする関谷。だが、経験と判断力で毒を克服した土方によって関谷は倒され、門倉も持ち前の凶運のおかげで一命を取り留めるのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
目が覚めて、もうろうとした意識のまま
いじめられっ子のチヨタロウを助けた牛山さんが
フランケンシュタインみたくいじめっ子をおそったから
チヨタロウが怖くなって、牛山さんを阿寒湖に落とした。。

すると牛山さんは、入れ墨人皮と土方さんの居場所を交換するため
関谷に呼び出され阿寒湖の真ん中にいた門倉さんと関谷の近くに現れ
知らずに門倉さんとキラウㇱさんの関谷捕獲作戦をジャマして
関谷に逃げられた。。

でも、牛山さんの背広から繭が出て来たおかげで
2人は関谷の居場所を絞り込めた。。

二手に分かれてさがすと、門倉さんは蚕種製造所で関谷を発見!

関谷はまたも、くじを使って門倉さんにトリカブト毒を飲ませ
隠しておいた土方さんを掘りだしたら
土方さんはたまたま拮抗する毒も飲んでて、動けるようになってて
関谷をたおした。。

門倉さんも、早く楽になろうと飲んだ毒が、たまたまふぐ毒で
トリカブト毒と拮抗して助かった。。

そのほかに
関谷が毒を運試しに使うようになった理由のおはなしがあったけど
どんな理由があっても、人に迷惑をかけるのは絶対ダメだと思う。。

それに誰かが死ぬことで、世界が良くなることがあるかもしれないし
ある人が生きるか死ぬかで神様がいるかどうかも決まらないと思う。。


そう言えばたまたまだけど、この前YouTubeの「トリカブト保険金殺人事件」
の解説動画を見たばっかりだったからすぐ分かったけど
どっちもたまたま量がつり合ってたってゆうのは
神様ってゆうより、原作者がいるせいかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第三十九話 硫黄のにおい
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 第七師団御用達の登別温泉を訪れた宇佐美と二階堂は、そこで療養生活を送っていた菊田特務曹長と有古一等卒に接触する。同地には情報収集のために按摩に扮した都丹とその仲間たちが出入りしており、菊田と有古は雪山を行き来する不審者の存在から彼らの正体に迫りつつあった。そのことを知った都丹は、自分たちのほうから打って出ることを決断。不審者の捜索に出掛けた菊田と有古を待ち伏せ、夜の暗闇に紛れて襲撃を掛けるッ!
 都丹らの攻撃は、眼帯で暗さに目を慣らしていた菊田には通じなかった。双方の攻防が続く中、菊田らとは別に不審者を調べていた宇佐美と二階堂も戦いに参入。古い坑道に逃げ込み形勢逆転を図る都丹だが、目が見えていないことを菊田に見抜かれさらに追い込まれる。都丹が坑道の外に出たとわかると、登別を熟知する有古が単独で追跡を開始。さまざまな音を駆使して雪崩が起きやすい場所に誘導し、都丹を仕留めることに成功する。その4日後。帰ってこない有古を探しに出掛けた菊田は、都丹の刺青人皮を入手した彼をアイヌのコタンで発見する。
 同じ頃、樺太にいる鯉登は、尾形に言われたロシア語で「ボンボン」を意味する言葉が頭から離れずにいた……。
{/netabare}
感想
{netabare}
第七師団御用達の登別温泉で療養してた菊田特務曹長と有古一等卒のところに
宇佐美さんと二階堂さんが情報交換に来てたんだけど
そこに土方さんの仲間の都丹たちが按摩に化けてスパイに来てたんだけど
都丹が温泉で地図の入れ墨を見られた。。

それで正体がバレないように、目が見えなくても平気な都丹たちは
夜、菊田さんたちをおびき出して攻撃したんだけど
菊田さんの作戦と、この辺りを良く知る有古さんに逆襲され
雪崩に巻き込まれて死んで、有古さんに皮をはがされた。。

それと、杉本さんたちのおはなしがちょっとあったけど
こっちはコントで、ほとんど変わらないみたい^^

そして鯉登さんは月島さんにロシア語のバルチョーナクの意味を聞いてたけど
ボンボン(坊っちゃんみたいな意味)みたい?



やっと新しい入れ墨が見つかって、これでまだ見つかってないのは
24枚のうち7枚みたい。。

みんながどこにいるかとか、入れ墨の新情報は
公式のあらすじに載ってるから、たまにチェックした方がいいかも。。


目が見えない都丹が周りの様子が分かるのは
舌打ちで出した音を聞いてだったのかな?ほとんど異能の力みたい^^

眼帯は、暗いところで見えるように目を慣らすためってゆうのは
何となく、いつ敵におそわれるか分からない戦士っぽい。。

中二病の人が時々間違って、ちがう目に眼帯してても
これで言い訳できるかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第四十話 ボンボン
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 昔日の鹿児島。十四歳の鯉登は、問題行動の多い「ボンボン」として腫れ物のように扱われる毎日を過ごしていた。そこに訪れた鶴見中尉との出会い。鶴見中尉は食って掛かる鯉登の頬を張り、心を許した彼の言葉に耳を傾ける。そして二人は一緒に月寒あんぱんを食べ、いつか再会できた日には友人になろうと約束するのだった。
 それから2年後の函館。海軍兵学校への受験を控えた十六歳の鯉登が、何者かに誘拐される事件が発生するッ!
 事件発生の4日後、鯉登の奪還作戦が鶴見中尉の指揮の下に開始された。誘拐へのロシアの関与が疑われる中、鶴見中尉は奪還のためにきちんと手順を踏んだ行動を要求。想定通りロシア大使館に犯人からの電話がかかってくると、鯉登の安否を確認した上で拉致現場の特定を急ぐ。国のために一度は息子を見捨てた鯉登大佐だが、犯人の居場所が五稜郭だとわかると鶴見中尉と共に急行。無事に救出された鯉登は鶴見中尉が助けにきたことに運命を感じ、「ボンボン」を意味するロシア語を放った犯人のひとりが尾形だったとは知る由もなかった。
 事件後、鯉登は進路を変更して陸軍士官学校に入学。旭川第七師団に配属され、軍人の道を歩みはじめる。
{/netabare}
感想
{netabare}
14歳の鯉登さんと鶴見中尉の出会いのおはなしと、2年後の函館で
海軍大佐の息子の鯉登クンが、戦争を有利にしようとしたロシアに誘拐されて
鯉登大佐と鶴見中尉に助けられ、鶴見中尉のいる陸軍に入隊するおはなし。。



鶴見中尉が、ただ、かっこよかった☆
鯉登さんだけじゃなく、みんなから好かれる訳が分かったみたい^^

さいごに尾形さんが鯉登さんとすれ違ったとき
「バルチョーラク」って言ってたけど
尾形さんはロシアのスパイだった、ってゆうことなのかな?

あと、どうでもいいことだけど
鶴見さんが鯉登少年の振り下ろす杖を素手で受けてたけど
あとでヒリヒリして、ちょっと後悔してたんじゃないかなw
{/netabare}
{/netabare}
第四十一話 シネマトグラフ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 鶴見中尉が大泊まで来るとの知らせを受け、豊原で待機することになった杉元一行。山でクズリを獲ると意気込むアシㇼパは、その前にお祈りをすると言い出す。“新しいアイヌの女”でありながら儀式を大切にする姿を不思議に思う杉元に対し、自分なりの考えを述べるアシㇼパだが、どうすればアイヌの文化を残せるのか答えを見出せずにいた。そんな二人の前に活動写真を撮影中という男たちが現れた矢先、樹上からクズリが襲いかかるッ!
 クズリは杉元とアシㇼパに倒された。その後、興行主の稲葉からシネマトグラフについて聞かされたアシㇼパは、アイヌの昔話を動きで伝えることを思いつく。稲葉たちを強引に説き伏せた一行はアシㇼパを監督に撮影を行い、芝居小屋を借りて上映会を実施。映像の最後には稲葉たちが撮影した昔の活動写真が足されており、そこに記録されていた父と母の姿にアシㇼパは目を奪われるが、映写機の出火によりフィルムは焼失してしまった。
 その日の夜。活動写真で残すよりも自分たちで大切にする気持ちが大事だと気づいたアシㇼパは、守るためには戦う必要があるのかと自問。杉元はこれに異を唱え、アシㇼパに金塊争奪戦から下りてほしいと語るのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
活動写真を撮っていた2人の人を、クズリから救ったアシㇼパたちは
アイヌの物語を映像に残したいって言うアシㇼパを監督にして
映画を撮ったんだけど、上映会の時に起きた火事で
10年前、撮影の人たちが撮った、アシㇼパ一家の記録も燃えちゃった。。

アイヌの伝統を守るには、戦う必要があるのかも?って考えるアシㇼパに
杉本さんが、金塊争奪戦から下りるようにたのむおはなし。。



パナンペとペナンぺの昔話は、原作者の作り話かな?って思ったけど
ウィキペディアを見たら、実際にあるおはなしでびっくりw

そのほかにも、ペナンペとパナンペが夫婦になって幸せに暮らすおはなし
とかがあるみたいだから、パナンペ、ペナンぺって
川上さん、川下さんとかってゆう、人の名前じゃなくって
ただ、川下にいる人、川上にいる人、ってゆう意味みたい。。

それにしても「ゴールデンカムイ」って下品なおはなしが多いと思ってたら
アイヌの昔話も下品なのが多いみたいで、ちょっと引いたけど
おはなしって、これくらい下品な方が
ウケて未来に語りつがれていくのかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第四十二話 甘い嘘
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 大泊に向かう前に登別を訪れた鶴見中尉は、有古が持ち帰った都丹のものとされる刺青人皮を受け取る。だが、翌日になって有古が鶴見中尉の刺青人皮を奪って逃走。向かった先で、彼は死んだと思われていた都丹と合流する。一見、有古の裏切りに見えるこの行動には裏があった。有古と土方陣営の関係を見抜いた鶴見中尉が彼を脅迫し、わざと刺青人皮を持たせて二重スパイとして潜り込ませたのだ。巧妙な罠に対し、土方はどう動くッ!?
 同じ頃、樺太の杉元一行はエノノカたちの村に立ち寄っていた。エノノカやリュウと別れ、別のソリで大泊を目指すためだ。チカパシとの別れを受け入れられずにエノノカが泣き続ける中、村を後にする一行。だが、ソリから転落したチカパシの様子から何かを感じ取った谷垣は、涙ながらにここで本当に家族を作るようにと背中を押してやる。餞別に村田銃を渡されたチカパシは、一行と別れてエノノカたちと暮らすことを決めるのだった。
 大泊に到着後、鯉登は尾形の言葉について月島に問いただすが、それは鶴見中尉が部下に与えてきた“甘い嘘”の数々を浮かび上がらせた。そして翌日。鶴見中尉を乗せた駆逐艦が大泊に着き、アシㇼパと対面の時が迫るッ!
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、一気におはなしが進んだみたい。。


まず、有古さんが持ち帰ったのは、偽の都丹の刺青人皮で
元から土方さんと組んで、都丹たちといっしょに行動してたのがバレた。。

それで鶴見さんが、家族を人質にして有古さんを二重スパイにして
偽の都丹の人皮とほかの偽の人皮5枚を土方さんに送りこんで
混乱させようとした。。

でも、土方さんは、有古さんを
はじめから鶴見さんに偽物だってバレるのが分かって
鶴見さんのところに送ったから
有古さんが持って帰ってきた人皮はたぶん偽物だろうって予想。。

それでも、今回6人分の偽物が手に入ったことで
剥製職人の江渡貝さんのところにあった
6人分の剥製の人皮を使い切ったはずだって予想して
偽物が出回らなくって良かった、って喜んでたみたい。。


それから、エノノカとリュウとのお別れで
チカハシもエノノカといっしょに残ることになって
杉本さんたちとお別れ。。


さいごは、大泊に着いて、鯉登さんは尾形さんの「バルチョーラク」のことで
疑問に思ったことを月島さんに聞いて
あの誘拐事件は鯉登親子を味方にするための謀略だったことを知ったんだけど
鯉登さんは完全に鶴見信者になってて、逆に喜んでた^^;

それを立ち聞きしちゃった白石さんは、
アシㇼパを鶴見さんにまかせていいのかって杉本さんを責めてたけど
これって、杉本さんとアシㇼパが
鶴見さんから逃げだす伏線なのかも。。



有古さんがあやしいってゆうのは、にゃんも思ってたけど
けっきょく鶴見さんは、有古さんを二重スパイとして送り出したのに
土方さんの方が一枚上手だったみたい^^

あと、先々回、尾形さんはロシアのスパイだった?って思ったけど
実はあの事件は、鶴見さんのヤラセだった、ってゆうのでびっくり!

それを知った鯉登さんが、それでも鶴見信者のままでもっとびっくりw


そんな鶴見さんだから、アシㇼパがどんな約束をしても
結局うらぎられるんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
 
.また来週ノシ

投稿 : 2022/11/11
閲覧 : 94
サンキュー:

16

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

やっぱり面白い

ヤングジャンプの漫画ってエログロあってなんだなって思えるくらい、容赦のなさがこの国のアニメの幅の広さを表していて面白い。

大人も見れるアニメは海外にもありますが、やはり日本のアニメの影響があってこそだと思うので、どんどん突き進んでいいと思います。

投稿 : 2022/11/05
閲覧 : 55
サンキュー:

5

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

探偵物語シーズン?<65>

初回37話視聴。
3期で上がったクォリティはそのまま。
ロシア側から戻ってきての一段落したところ。
強烈なキャラが揃ってるので普通に面白い。
ファイナルシーズンとか仰々しく謳ってないから、5期あたりで完結か。

投稿 : 2022/10/07
閲覧 : 35
サンキュー:

4

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

制作会社の変更がどう出るか。

詳細は1~3期でも観てください。
ていうか観ていないと、ここから観てもしょうがないと思いますので。

この4期から制作会社がジェノスタジオからブレインズ・ベースへと変更になりました。その影響か、同期に放送される「不滅のあなたへ」はブレインズ・ベースからドライブへと変更になっています。

ジェノスタジオが前期「ブッチギレ!」を担当。2期連続の元請けは…ということで、ブレインズ・ベースに白羽の矢が立ったと。でも、同クールに2本掛け持ちは…で、「不滅のあなたへ」はドライブへと変更という、ところてん方式なのではないかと。

あくまで推測に過ぎませんが…

とはいえ、初回を観た印象としては影響はほとんどない。どころか、むしろブレインズ・ベースに変わって作画が良くなったまであります。

立ち上がりは、まったく不満のない、ちゃんと「ゴールデンカムイ」でした。

ま、しっかりとした原作の面白さがある作品なので、まったく不安要素はないでしょう。安心感がありますね。

投稿 : 2022/10/05
閲覧 : 85
サンキュー:

3

SHIRO さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/11/30
閲覧 : 1

米饭 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

投稿 : 2022/11/26
閲覧 : 0

ニャンキチ君 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

投稿 : 2022/11/26
閲覧 : 1

だー さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/11/23
閲覧 : 1

リアム・ギャラガー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/11/17
閲覧 : 1

liWfU59792 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/11/06
閲覧 : 0

ape さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/11/02
閲覧 : 0

ラス★ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/25
閲覧 : 1

aicham88 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/24
閲覧 : 1

CiRk さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/24
閲覧 : 4

みのるし さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/18
閲覧 : 1

てつ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

投稿 : 2022/10/17
閲覧 : 2

りおんボン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/15
閲覧 : 3

nikoniko05 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/09
閲覧 : 2

yass さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2022/10/09
閲覧 : 4

mnAul25283 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/06
閲覧 : 3

じぇい さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/06
閲覧 : 13

cLzNA78240 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/05
閲覧 : 2

kunka さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/04
閲覧 : 4

kuronotuki さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/04
閲覧 : 4

羽宮 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/10/04
閲覧 : 6

蛍火 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2022/10/01
閲覧 : 2

ゴールデンカムイ(第4期) のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ゴールデンカムイ(第4期) のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ゴールデンカムイ(第4期) のストーリー・あらすじ

杉元とアシ(リ)パの新たな旅が始まる!! アイヌから奪われた金塊を巡る生存競争サバイバル、新章開幕ッッ!!! 極寒の地・樺太で「不死身の杉元」こと杉元佐一とアイヌの少女・アシ(リ)パが再会を果たした後、キロランケの死に直面したアシ(リ)パが金塊の謎を解く鍵を思い出し、杉元とアシ(リ)パの間で相棒の契約も更新されるに至った。だが、杉元が第七師団の支配下にある状況に変わりはない。アシ(リ)パ確保の報を受けた鶴見中尉との対峙が迫る中、共に過酷な旅を生き抜いた白石由竹、谷垣源次郎、月島軍曹、鯉登少尉は各々の目的や役目に従ってどのように動くのか? 一方、第七師団と金塊の争奪戦を繰り広げる新撰組「鬼の副長」土方歳三の一味は、引き続き残った刺青人皮の捜索を継続。さらに、杉元らの前から姿を消した尾形百之助の存在も情勢に影響を及ぼす可能性を秘める。北の大地を舞台に再び加熱していく一攫千金サバイバルの行方から目が離せない!
(TVアニメ動画『ゴールデンカムイ(第4期) 』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年秋アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ