「WHITE ALBUM-ホワイトアルバム 後半(TVアニメ動画)」

総合得点
65.0
感想・評価
275
棚に入れた
1626
ランキング
1745
★★★★☆ 3.8 (275)
物語
3.6
作画
3.7
声優
3.9
音楽
4.0
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

※アニをた獣医学生◎

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

みんな藤井君を愛しているからよ!

white album この作品は曲に心打たれるものが多い。
冬を代表する作品の1つだと思います。

自分が思うに、物語の前半はwhite albumの歌詞になぞったような内容になっていて、後半は、26話のこの作品を表すともいえるような、「powder snow」。
藤井くん、緒方さん、森川さん、この3人の関係、人間ドラマのような、うまくいかない恋愛感情をどうするのかといったような作品。
一度見ただけだと内容が理解できない可能性が高い。
前半部分、1クール目は由紀と理奈がまだドロドロしていない感じ。
最後まで見ると納得いくかいかないかは人それぞれかもしれないが、そういう結末もありなんじゃないかな?と思ってほしいと思える。

構成、音楽は惹かれるものがあります。

1980年代のノスタルジーな世界観を表している雰囲気もなかなか味があります。
そしてOP、EDの音楽はどれも大変良い。特に一番良いのがユキとリナの即興デュエット、とくに26話は素晴らしかった。
即興との設定で何と高音部と低音部を持ち分けてハモッテいる。
これは歌唱力を持つ声優さんのなせる業だろうと思う。
森川ユキの声優は平野綾、何とあのぶっ飛んだハルヒ役である。内気ではにかみ屋のユキとは正反対の印象である。リナの方が水樹奈々さん、これはもういわずもがな!


26話の理奈の台詞、「皆藤井君を愛しているからよ!」
理奈に由紀、藤井、色々あって悲しむことや悲しませることが多い作品であると同時に、この言葉が藤井、そして理奈、由紀を救う言葉のように思えます。

powder snowの歌詞が二人の、三人の恋愛模様を表しているように思えます。昔のようには戻れないだろうけど、あのころの思い出はいつまでも心に残っている。

投稿 : 2018/12/20
閲覧 : 163
サンキュー:

5

ゆい

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

物足りない

ドロドロした話が好きですが、これは物足りなく感じました。
盛り上がりがあまりないかなと…。
ならスクールデイズ、君が望む永遠のほうがずっと面白かったです!
ゆきちゃんは可愛かった。

投稿 : 2018/02/27
閲覧 : 49
サンキュー:

0

ラス★

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ドロドロな。。。

後半みているときに
この展開は...スクールデイズ!!!
って、頭をよぎりました(汗)



ヒロインがスクールデイズの言葉にダブってみえたのは
自分だけでしょうか...(;'∀')

投稿 : 2017/06/09
閲覧 : 177
サンキュー:

11

pin

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトル

white album。
なんかタイトルからして切なくてなんか好きです。
異世界とかラブコメとか好きですがたまにはこのような作品を真剣に見るのもいいなと思います。

投稿 : 2017/04/13
閲覧 : 69
サンキュー:

0

てーお

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

前半より良いかも・・・主人公の影の薄さがwww

槍珍の主人公はお色気のみ担当に近しい状況

ハーレムアニメとして見ると、イラつきますが
由綺と理奈のダブルヒロインを中心に恋と友情の
アイドルドラマとなれば・・・

まぁ二人とも、ある意味、男性の妄想から出来上がったような
キャラながら、敢えて私は言おう!! 私は理奈派です^^

上記2名以外にも複数の女性が主人公に絡みますが、
あとは、見る人の好み次第
女性がこれ見て、面白いと思うか?少々疑問ですが
お勧め度 6/10

投稿 : 2017/04/03
閲覧 : 73
サンキュー:

4

ネタバレ

橙色特別室

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いろいろと惜しいアニメ

月並みな表現になりますが、アニメっぽくない作品です。いまいち評価が上がらないのも頷けます。世間一般の人がアニメに求めているものが、この作品からは抜け落ちているんですね。重たい恋愛作品を求める人の多くは映画やドラマの方へと流れているので、ストーリの奇抜さや萌えキャラのいない当物語は、アニメ層向きの作品ではないだろうと感じました。商業的な数字や作品の評価が視聴側のニーズで変わるのは当然ですから、どれだけ本作の脚本が優れていようが「まあ、妥当な評価だろうなー」と思う次第です。

視聴後の個人的な感想は「すっきりしない」の一言でした。稚拙な表現しかできず歯痒いですが、非常に評価し難い作品です。登場人物たちの感情の機微を、映像作品らしい表現で描いているのでしょうが、どうにも心理が掴みにくい。というのも、物語後半に伏線回収や心情の変化を流し込んでいて、物語の展開についていけないのです。私の処理速度が遅いだけかもしれませんが、登場人物が多いなか、視点が二転三転するのはよくないなぁと感じました。

すっきりしない一番の問題は、物事の結果や感情の動きを明確にしていないところにあります。映像作品上しかたのないことですが、それにしても暗喩が目立ちます。直裁的な表現はほとんどなされていません。ノベルゲームや小説のような文字作品を映像作品に置き換える難しさは当然この表現の違いにあるわけですが、この作品は、その表現の差を埋めようとする努力がされていないように感じます。起承転結の『結』の部分が丸ごと詩的表現で書かれている小説を読んだ後味でした。

ただ、アニメとしての出来は良く、惹き込まれる演出が随所に見られます。ノベルゲー主人公らしい饒舌な心の声を文字として表現することで視聴側をテレビ画面に集中させたり、BGMを必要最低限にすることで耳を澄ませるよう仕向けたりと、魅せ方が上手いです。意外と作画は古く感じません。印象としては「綺麗なアニメ」です。まあ内容はどろどろですが…。

主人公が何かを失って、何かを得て。そうして顔付きが変わっていくさまは、心揺さぶられます。この物語で紆余曲折した主人公は、かなりのヘタレで優柔不断で最低な男ですが、僕には彼を責める言葉は思いつきません。誰しも何かに仮託して生きているわけであって、主人公はそれが女神だったというだけです。不憫です。恋愛脳とはまた別の問題なのでしょうね。まあ、理解はしかねますが。

思ったより中だるみは少ないですが、できれば時間と心と体に余裕がある時に観てほしいアニメです。つまり、さっくり簡単に観たい場合には向きません。私自身、疲れている時に観ていればまた違った評価になるだろうと思いますので。

投稿 : 2017/02/11
閲覧 : 99
サンキュー:

2

ネタバレ

ゆうは。

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

前半と同じコメント

スクールデイズの殺されない版みたいな

投稿 : 2016/10/20
閲覧 : 116
サンキュー:

0

のだっち

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

目の肥えたアニオタにおすすめ

タイトル通りの作品です。

一見ボーっとして見てるとただのドロドロ恋愛物語になってしまいますが、
一つ一つシーンや言葉、表情から色んなことが伝わってくる作品です。

投稿 : 2016/09/22
閲覧 : 111
サンキュー:

1

退会済のユーザー

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちゃんと続き物になっています

主人公の煮え切らない態度は少しイライラもしましたが、昼ドラのような展開は面白かったです♪

投稿 : 2016/03/24
閲覧 : 123

メークイーン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

一言しか言えない

まんま昼ドラのような作品

投稿 : 2016/01/23
閲覧 : 88
サンキュー:

0

たぁろぉすぅけぇ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

コイツっ筋金入りだったぁ前半の前半でぇ感じたへんな感じはぁコレだったぁっ

ぃゃっぃゃっ.........しれぇぇっとっきれぃにまとめょぉとしてますけどぉっとおやくんっぁなたのしてきたコトを肯定するょぉなぁ要素はぁなにひとつぁりませんょぉっ
結末がぁ気になってぇ最後までぇみちゃぃましたけどぉっ

投稿 : 2015/09/23
閲覧 : 182
サンキュー:

3

Takaさん

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

前半での火種が爆発するのかと思いきや・・・

緒方 理奈が主人公でいいんじゃない?と思った。

藤井のウザさが上がったのと、友人のアキラくんも急にウザくなった。
主要男性キャラはウザイし、女性キャラは闇あるしで、
途中から俯瞰視してしまった。

最終回も、そこにフォーカス当てるのか!と…

みんなの評価平均が高かったから期待していたけど残念だった。

投稿 : 2015/09/01
閲覧 : 213
サンキュー:

2

ネタバレ

tomopumi

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

whitealbum2から

whitealbum2を先に見てあまりに良かったのでこちらも。
前編後編まとめて書きます。

まず、whitealbum2とは全く別物で、物語は個人的にはwhitealbum2の方が好きでした。
しかし、この話があるからこその2なんだなとも思う、原点みたいな感じなのかなって思いました。2を先に見てしまったから言えることなんだろうけど、自分はこのwhitealbumは2よりはあまり好きではなかったです。
しかし物語時代は原典ともあり、whitealbumってこんな感じの世界観なんだなって思いました。2の方でもその世界観はしっかり引き継がれています。


舞台はバブル時代の日本を主体としているだけあって、携帯もなく、簡単に連絡することさえ出来ない時代ということもあり(ここ重要)すれ違いばっかりだなって思いました。ちょっとすれ違い過ぎてもやもや。
すれ違い推しすぎだろって思いましたけど笑どんだけタイミング悪いんだ。
みたいな。
whitealbumとゆう作品のテーマなのかは知らないけど、男女関係が主にこの作品の基盤になってるのかな?
2の方が出来が良すぎて、2主観になっていますが、2の方を先に世に出していたらもう少し知名度あったのかなと感じました。1期の世界観にハマれなくて見るのやめちゃった人とかかなりいそう。そのところはちょっと残念に思いました。
1期のレビューじゃなくなってますが、2期の方がちょっと未来の物語って感じの作品なので、2期から見ても1期から見ても楽しめると思います。
個人的には2期からの方が入りやすい笑

あと、最終回の手間からの伏線回収率はすごくて、衝撃のラストって程ではないけれど、全てが理解できてなるほどなと思いました。
PCゲームらしく、見終わったあとの気になる感はヒドイですが…笑

投稿 : 2015/06/10
閲覧 : 218
サンキュー:

1

ネタバレ

★スフィア★

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まさかの展開でした…

前半に続き後半を視聴しました!

後半では主人公/冬弥と7人の女性達とのその後と言ったら良いのか解りませんが…

次第に変わる心の変化を映し出すお話です。

冬弥は自分と出逢う彼女達に対して女神と置き換え

自分と出逢う事により女神を幸せに出来るという

勘違いをしていました。

そんな冬弥が自分の愚かさに気がつき

過去を清算していくお話で

ここでも何人かは都合の良いようにあしらわれてしまいます。

後半でも冬弥の態度には失望まで感じる部分が有りますが…

それはさて置き…

こちらでもヒロイン達に視点を置いて視聴して頂ければと思います!

どうしようもない冬弥へ想いを寄せるヒロイン達に

決意を伝え…

時には甘える…

ヒロイン達の切ない想いが何とも言えませんでした。。。

実際に起こるなら私は立ち直れないかもしれない内容もありです(⌒-⌒; )

そんな中、意外な展開を見せるのはやはり森川由紀と緒方理奈です。

準ヒロインに当たる緒方理奈ですが彼女は冬弥に救われる感じでしょうか?

最後の楽屋でのメッセージが印象的です。。。。

メインヒロインの森川由紀ですが初めての出会いとして

冬弥が封印していた心の傷を解放と言いますか思い出させてくれるストーリーで

由綺が自分の事を好きになった理由に気がついてしまいます。

多いにネタバレですが…

その理由に気がついてしまった冬弥は振り出しに戻ったという事でしょうか

亡くなられる前に話した冬弥の父との回想がここで関連付けされます。

これでは誰も救われないと思いますが唯一

救われたとするならば篠塚弥生でしょうか…

作品内では一番の哀しい役回りではありましたが最後は彼女自身も

何かが変われたと思います。

ネタバレしてしまいましたが物語の評価は高いと思います!

前半&後半の作品を視聴して見て下さい!!

主人公がNGと思う方も多いと思いますが

是非、彼女たちの姿を観て頂けると変わった視点で楽しめると思います( ; ; )

投稿 : 2015/05/27
閲覧 : 162
サンキュー:

10

スパイ隊長(休止中)

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なかなか難しい作品・・・。。

主人公の彼女がアイドルになってから忙しくてなかなか会えなくて、もやもやするような話。中々シリアスで、まあ明るい感じのアニメではなかった。主人公が心の中で思ったことを声優が言わずに画面内に短文で表示されるのが印象的だった(説明が下手で申し訳ない・・・)。彼女の秘書(助手?)が曲者で、話を面倒なことに・・・。兎にも角にも、恋愛の深さを知った作品だった。


おすすめは、

深愛/水樹奈々(OP1)。なかなか切ない曲。

WHITE ALBUM/森川由綺(平野綾)(挿入歌)もしっとりとした良曲。

投稿 : 2015/04/24
閲覧 : 245
サンキュー:

6

ネタバレ

saccho

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感想

前半,後半通しての感想ですが,先の読めない展開にぐいぐい引き込まれて,いい感じの鬱展開もよかったです。でも,{netabare}きれいな終わり方のように見えますが,主人公の藤井くん,結構鬼畜ですよね。{/netabare}

投稿 : 2015/04/05
閲覧 : 114
サンキュー:

0

hiroso

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

正直どうなの

音楽はとても良く、それのために最後まで鑑賞した。

正直、前半は良いところが全く(音楽以外に)なかったのに対して、
少しは恋愛模様が受け入れられるレベルになっていると思う。

ただ、主人公をはじめとしたキャラのウザさが目立つのは前半と変わらない。
むしろアキラ君のウザさは上がってるまである。

初めて感情移入するのを止めた作品であった。
しかし、俯瞰してみれば存外見れないこともない。

自分のアニメの見方を改めて認識させる、良い機会になったのではないかと思う。

投稿 : 2015/03/05
閲覧 : 214
サンキュー:

0

ネタバレ

STONE

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

元の鞘に収まる?

 原作は未プレイ。
 後半戦スタートと言うことでいよいよ話が動き出す。
 ここからの藤井 冬弥はもうやりたい放題といった感じで、色んな娘に手を出しまくり。
 前編にも見られた文字による心情表現もやけに言い訳じみているような。
 しかし、チャラい感じで遊んでいるのではなく、森川 由綺に会えない寂しさや父を亡くした
悲しみを紛らわすためだったり、相手の思いに応えるためだったりするのが、返って始末悪い。
 この冬弥の行動が激しくなるほど、それに反比例するかのように由綺の一途さ、健気さが
際立ってくる。
 この頃の冬弥と由綺は、互いに留守電にメッセージを録音するだけになっており、この辺の
演出は上手いことすれ違いを表現しているなあと。

 この冬弥君の行動以外にも、彼の父の死、緒方 英二の絵画に寄せる情熱からくる狂気じみた
展開、この英二と神崎 樹の芸能プロダクション同士の確執、樹の娘の松山 めのうの登場、
七瀬 彰と澤倉 美咲の恋愛、田丸の暗躍などなど、話はどんどん複雑化。
 ただ、これらのピース一つ一つがあまり話の面白さにつながっていない感じで、雰囲気盛り
上げ役で終わってしまっているみたい。
 冬弥の色々な娘達との関係にしてもそれが互いに絡むこともあまり無く、最終的にはまた
由綺との日々を過ごしている描写から元の鞘に収まったみたいだが、特に劇的な変遷を経てと
いうわけでもなく、大山鳴動して鼠一匹の感は拭えない。
 ここからは想像だけど、原作ゲームの各ルートに存在するイベントを1本のストーリーに
ぶち込んでしまったためかなあ。
 色んなタイプのヒロインが見られるのは賑やかで楽しかったが、ストーリー展開的には登場
キャラを絞り込んだ方が良かったみたい。

 前編でもそうだったが会話の言い回しが独特の感がある。
 ラノベ原作作品でも独特の言い回しがあるが、そういったラノベ系の言い回しとは異なり、
舞台劇や文学作品に見られるような感じ。特に冬弥と七瀬の会話にその辺が際立つような。

投稿 : 2014/12/29
閲覧 : 116
サンキュー:

4

イカちゃん☆休止中

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

☆恋愛シュミレーション後半

簡単にいうと昼メロハーレム的な芸能ものです。
冬弥が相変わらず魅力なく父親が寝込んでも
心配どころか由綺に会えないので父親や美咲に
八つ当たりする小さい器の子なので観ていて
しらけます。(他にも呆れることばかりです。)

最終回の由綺ちゃんと理奈のデュエットが素敵でした。.:*:・'°☆

OP 「 夢幻」水樹奈々

ED 「 赤い糸」Suara

Tvk 14話-26話2009.10.3-12.25



主観的評価(B)


追記欄_

PS3 アクアプラス

2010.6.24発売

投稿 : 2014/12/11
閲覧 : 170
サンキュー:

4

ネタバレ

razzy

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ドロドロ好きにはオススメ

前後半合わせて26話は長いなぁと思ったけど、前半に埋め込んだ伏線を後半でしっかり回収するテレビドラマ的な作りだと、26話は必要かも。
後半はアダルトシーンが増えて昼ドラ観たいな作品になったけど、これはこれで面白かった。
もう少し理奈ちゃんシナリオを前面に出して欲しかったけど、話がとっちらかるからこの程度になるのかな。
「浮気」がテーマな分、評価が分かれてしまい、あにこれランキングは低くなっちゃうけど、ドロドロしたドラマがお好きな方にはオススメできるアニメです。

☆物語・・・主人公・藤井君の過去を掘り起こしながら、物語が進展する。恋人と上手くいってないからといって、周りの女友達に手を出すのはいただけないが、「浮気」がテーマなんで大目にみますw ラストがはっきりしない終わり方だったのが、ちと残念。その分0.5点減点。
☆作画、☆声優、☆音楽は前半と同じ評価なので省略します。
☆キャラ・・・アニメ版の新キャラが後半から登場。ストーリー展開上必要だったかもだけど、個人的には要らなかったかな。

投稿 : 2014/08/07
閲覧 : 81
サンキュー:

2

おぬごん

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

前半とまとめて評価

分割とはいえ実質2クールなので、前半とまとめて評価

古き良きトレンディドラマを思わせる展開と演出は面白かったが、
主人公の堕ちっぷりとメインヒロインのやらかしがひたすら続く展開に、次第にマンネリ化した。
水樹奈々のOPは2曲とも素晴らしかった。

投稿 : 2014/07/26
閲覧 : 137
サンキュー:

0

ネタバレ

天啓

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白かったです

主人公の周りにはかなり大勢の女性たち(女神たち)
主人公と彼女達の人間関係を中心に、彼女達を取り巻く世間の事情

物凄く複雑に入り組んだ人間関係を丁寧に描いている
登場人物もすごく多く、相関図書かないと理解できないと思う
それもあって物語は複雑で且つ難解なものとなっている
イケメンでもてまくる主人公トウヤ
複数の魅力的なヒロイン達
特に トップアイドルの 緒方理奈(CV水樹奈々)、駆け出しアイドルの森川ユキ(CV平野綾)
この二人がダブルメインヒロイン
その二人を含めた多くの女性たちとの主人公との恋愛物語
アイドルの彼氏なんて男の理想です!(さすがエロゲ原作)
まるでNice!Boat!の伊藤誠君みたいだけど
似ている言えば確かに似ている(どちらもエロゲ原作だしね)
でも、主人公含めた登場人物が精神的に遥かに大人だったことで
Nice!Boat!みたいなENDにはならずにハッピーエンド?だった
主人公から見たらハッピーなのかバッドなのかわからないけど、
ダブルヒロインの友情キープ!ってことで良かったと・・
主人公トウヤは男だからどうでもいい(笑)
最終話で自分は誰も愛することが出来ないと思い、そして女神たちを不幸にしていると自覚する
ここが伊藤君とは大きな違い(笑)

正直物語は理解するのが大変(原作プレーしないと理解難しいと思う)
でも、毎回次が気になる構成になっていて、見るのは楽だった
(それだけ面白かったということだと思う)
感動して泣けるという話では無いんだが、複雑に絡み合う人間関係の中に
引き込まれた。

そして改めて、水樹奈々の歌唱力を再認識できるアニメだった
ラストの理奈&ユキ(水樹&平野)のデュエットした Pauder Snow
とても良かった(ちょっと感動)  この歌がそれまでのドロドロの人間関係を洗い流して ハッピーEND!って感じだった

ただ、不満もある
特に女性陣が簡単に主人公に惚れすぎる
あまりに軽い!=Nice Boat と同じ
もうすこし惚れるだけのエピソードが欲しかった
特に理奈ちゃん! 一目ぼれか?隣の芝生は青く見えたのか?

最後に
昼メロストーリーだわこれ、昼下がりの地上波で実写版でやってても違和感ないね 昼下がりの奥様達に人気出るんじゃない?(笑)

投稿 : 2014/07/23
閲覧 : 130
サンキュー:

13

郎太桃←

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

「女神」の物語
恋、友情、愛、裏切り、がテーマかな

悪くなかったです

投稿 : 2014/06/20
閲覧 : 112
サンキュー:

0

Shemhazai

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

結構面白くなった

こちらは原作にはいない、または登場しなかったキャラが物語に大きく関わる。つまりオリジナル展開だが、物語は悪くなかった。また、原作では見れなかった内容があったのも好印象。終わり方は今一つではあったが、前半より良かった場面が多かった為こちらの評価は高め。

投稿 : 2014/05/30
閲覧 : 144
サンキュー:

11

ネタバレ

いぐぽん

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

浮気をテーマにした恋愛アニメでした。
スクールデイズと同じ感じかなー?って思ってたけど全然違いました笑
恋愛アニメのなかではものすごい良いアニメだと思います^ ^

投稿 : 2014/05/04
閲覧 : 150
サンキュー:

1

ネタバレ

ともか

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

人間関係のもつれを描いた泥沼ドラマの後半 (酷評注意)

お好きな方はスルーをお願いします。

18禁恋愛シミュレーションゲーム原作(未プレイ)、 2009年秋放送。
こちらは「前半」の続きで、分割2クールの後半です。


半分観てしまった以上、結末も観ておきたい。それに後半のほうが評判も良い。
登場人物たちの、これまでの行動原理も分かるかもしれない。
そんな理由で前半から引き続き高速(1.2~1.5倍速)で視聴しました。


作画・演出については、前期から引き続きレトロな雰囲気とドラマ感が出ていて、
制作側の狙い通りに思えます。

キャラについて、
性格の良い人は含まれているかもしれませんが、全体として「つまらない」の一言。
ゲーム原作としては、これまでに観た中で最も魅力に欠けました。

主人公は付き合っている彼女がいるのに
「断る」ということができず、誰の頼みでも引き受けてしまう八方美人な振る舞い。
突然{netabare}キス魔{/netabare}と化すマネージャーも、なぜそのような行動を起こすのか、
最後になって分かったものの、「気持ち悪い人」という印象が残る。
他にも挙げたら切りがないくらい、観ていてイライラ。


ドロドロの関係、心理描写の不足に加えて、
主要な人物が多すぎることも、脳内で人間関係を整理する気は全く起きず、
この作品が苦手だった大きな要因だと感じます。

後になるにつれて登場人物たちが、ようやく考えを口に出して喋ってくれて、
最後は「なるほど」の連続もありました。
本来ならこういう時もう1周観れば良いのでしょうか。


音楽について、OP・EDともに前半と後半で曲が分かれています。
OPの2曲は水樹奈々、EDの2曲はSuara、
作中のアイドル活動内での挿入歌は本作のダブルヒロインといえる
由綺(CV:平野綾)と理奈(CV:水樹奈々)が歌っています。
一部には有名な曲もあるようですが、私は興味がありません。


結局、原作のゲームを知る人と、鬱やドロドロが好きな人、
それに平野綾と水樹奈々のファンが観る作品、という気がします。



なお、DVDのレンタルは全26話が計8巻で済み、財布には比較的優しいです。

投稿 : 2014/03/04
閲覧 : 214
サンキュー:

18

ネタバレ

ばけー

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

揺れ続けた恋の結末

後半は前半よりもテンポアップして結構話が動いてた気がする。
{netabare}てかこの話、バッドエンド以外ありえないよねぇ。って見ながら思ってました。
だけど最終話見終わって、これハッピーエンドじゃね?ってなったwww
後半、怒涛の攻略ラッシュで美咲さんとはるかともやっちゃった冬弥くんwなのにそれでも待ち続けた由騎。それでも愛してると言った里奈。
さすがメインヒロイン。この二人は本当の意味で“女神”だったと思う。
あんだけシリアスドロドロやって、最後はまあまあなハッピーエンドだったのは正直びっくりしました。ただ、誰一人完全なるハッピーエンドを迎えた人はいませんでしたがww
POWDER SNOWはいい曲ですね。二人の曲、っていうのが感慨深い。ラストの冬弥を呼ぶ女神たちの声。あのシーンは意味深でした。
それにしても冬弥くん。ここまでしたならいっそヒロイン全員攻略してもよかったんじゃよ?wwwwwwwwww {/netabare}

つまらなくはなかったけど二回、三回見るには精神的に結構きついですww

投稿 : 2014/01/30
閲覧 : 118
サンキュー:

7

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

想像より よかった

想像より よかった

投稿 : 2014/01/28
閲覧 : 97
サンキュー:

0

ネタバレ

takeru0223

★★★★☆ 3.5
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

つまらない

観終わりました。
・・・何だこりゃ?という感じです。
昼ドラを無理やり綺麗にした感じ?
なぜ主人公が浮気してもヒロインは怒らないし別れないのか?
サブヒロインはなぜ簡単に主人公を好きになり浮気してあっさり離れていくのか?
ハーレムものならまだしも変にシリアスにしている分、余計に違和感が半端ない。
主人公には全く魅力があるわけではないのに・・・
{netabare} ラストは一体どうなったのか?
普通に考えればヒロインとハッピーエンドなのか?
原作がゲームなので他のキャラが好きな方の為にあえてハッキリさせなかったのか?
原作知らないこっちからすればモヤモヤしかしないんだが {/netabare}
この作品の唯一の見所は声優さんが凄いです。
普段、よっぽど棒じゃないかぎり声優さんは気にしないんですが、歌が上手くてビックリした。
アニソンじゃなくて普通に聞いてもいいなと思える曲がいっぱいありました。
結構レビューを見ていると面白いといってる方が多いですが、自分はストーリーは全く面白いと思わなかったので合う合わないがハッキリすると思います。
まあ曲がいいのでそれだけでも一見の価値あり。
途中まで観て面白いと感じれば観ればいいかもと思います。

投稿 : 2014/01/22
閲覧 : 142
サンキュー:

2

退会済のユーザー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

メロドラマじゃなイカ?

水樹奈々の歌が最高じゃなイカ♪昼メロ路線と分かっていてもサクサク見てしまうでゲソ☆後半にたたみかけて面白くなって満足でゲソ♪

投稿 : 2014/01/20
閲覧 : 117
次の30件を表示

WHITE ALBUM-ホワイトアルバム 後半のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
WHITE ALBUM-ホワイトアルバム 後半のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

WHITE ALBUM-ホワイトアルバム 後半のストーリー・あらすじ

時は1986年――“バブル”前夜。来るべき狂乱とその崩壊を、巷は未だ知らない。
電車内でイヤホンをしているのは競馬か野球か英会話を聴くオジサン達だけだった時代。アスファルトには、引き剥がされたプルトップが散らばっていた時代。携帯電話は勿論、自動車電話も珍しかった。駅前の電話ボックスには、テレカを手にしたサラリーマンが列を成していた…そんな時代。
若き恋人は、誰もが腕時計を嵌め、握り締めた受話器から聞こえる呼び出し音に胸を高鳴らせながら、悩み、泣き、誤解し合い、すれ違っていた――。
冬空の下、移ろいゆく彼女との関係……悲しくも、とても優しい物語。(TVアニメ動画『WHITE ALBUM-ホワイトアルバム 後半』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2009年秋アニメ
オフィシャルサイト
www.whitealbum-tv.com/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/WHITE_ALBUM

このアニメの類似作品

この頃(2009年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ