「おまもりひまり(TVアニメ動画)」

総合得点
67.6
感想・評価
812
棚に入れた
5413
ランキング
1368
★★★★☆ 3.4 (812)
物語
3.2
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ValkyOarai

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

出血ありのバトルラブコメ 豹変キャラは小清水さんの鉄板 プリキュアやった後、流子として、むぎのんとして狂演技は受け継がれる、尚優人は数年後...

最初らへんはラブコメに近いが、その後キャラがどんどん増えてハーレム状態になる「ToLOVEる」と同じスタイルだ

小清水さん豹変キャラもできるんだ・・・
ゴールデンではあまり考えられんな
しかし小清水さんはこの1年後、プリキュアに...

そして3年後、キルラキル&とある超電磁砲2期で
本 気 出 す

尚、主人公の天河優人(の前世)はかつて3年前に発売されたPCゲームで{netabare}女を選べず、くたばった...

はずだったが...この7年後、あの世界に転生し

本 気 出 し た{/netabare}

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 348
サンキュー:

4

梅田ヒロ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ごちうさ。程ではないが、原作クラッシャーアニメ。

一言でいえば、微エロ、アクションハーレム作品。キャラデザが原作に全然似ておらず。お色気描写も中途半端。(パンちらや下着姿のシーンは多いが、乳首の描画は無い、Blu-ray版も同じ)ラスボスとのバトルシーンも演出が陳腐で安っぽい。
最後に一言、主人公の優人がはっきり言ってクズ過ぎる。女の子に助けられてばかりで正直イラッとする。声優もややミスキャスト。はっきり言って、Blu-rayを購入したのは大失敗だった。

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 51
サンキュー:

3

ネロラッシュ

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

妖物+ハーレムラブコメ

妖物+ハーレムラブコメ。
ヒロインたちは皆かわいいし、お色気サービスシーンも文句無し。
バトルシーンも良く動いているし、きっと原作とは違っているのだろうが、まぁこのオチでも俺的には違和感はなかった。

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 24
サンキュー:

1

デューク

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

妖怪娘のいる日常。ちなみに予告に出てくるメイドカフェはぴなふぉあですね。

1美少女な敵現る
2主人公の優しさに触れる
3仲間になる

のパターンのハーレムものです。
ですがヒロインたちは妖怪やつくも神とか・・・。

くえすやリズが可愛かったのでもっと活躍するところを見たかったのですが、登場人物が増えすぎて彼女たちの登場シーンが少なかったです。
あと、ひまりの覚醒とか、「んガーッ!」って言ってるだけで、アイデア不足、演出不足でした。

お色気シーンはあるにはありますが、胸がはだけても乳頭は隠れていますので、微エロの範疇ですね。

投稿 : 2019/04/08
閲覧 : 27
サンキュー:

1

ゆい

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

すぐ忘れるレベル

内容をすぐ忘れるレベル…
つまらなかったなぁ

投稿 : 2018/02/27
閲覧 : 87
サンキュー:

1

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まあ…

ごくごく平均的なお色気アリの萌えアニメって感じでした。
ただ、小清水さんのファンなら必見かもしれませんね。

投稿 : 2018/01/13
閲覧 : 55
サンキュー:

1

ネタバレ

うざっしー

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

作画・声優・音楽4.0点、物語・キャラ1.0点というある意味凄い駄エロハーレムアニメ

妖怪がモチーフのエロハーレムバトルものだが…とにかく薄っぺらい。
最初の1~2話とOPEDのヒロイン達を見るだけで最後までの展開が読めてしまう。
特に最終話が一番酷く、{netabare}ただの化け猫のひまりが最強クラス妖怪の玉藻前(九尾の狐)を簡単に倒して、主人公の愛の力でひまりが正気に返って覚醒するとかもうボロボロ。その直後に玉藻前が説明無しで仲間になってるし。最後のほのぼのエンドロールで主人公の両親の葬式が出るのも酷い。{/netabare}
また主人公が猫アレルギーなのだがそれをチャカして描いているシーンが多く、アレルギーの人が見たら不快になると思う。

キャラ描写もとても安っぽく、{netabare}自分は普通でいいんだ!と己の無力を全肯定して自分に都合のいい開き直った主張をする凛子の口だけキャラが不快だった。本当の幼馴染のくえすが出て来てからそのポジションすら失うし。
くえすは見た目が水銀燈そっくりなのが気になるがローゼンメイデンは偉大ってことで。{/netabare}

それと執拗に入るエロシーンも品が無さすぎる。敵対していたヒロインが次の回で主人公ラブになっていたり、エロ展開を止めるべき第三者がしばらく見ていたりと雑な展開が多い。やたら白い光の修正がキツいシーンもあれば乳首が見えているシーンもあったりと適当。

しかし…幸か不幸か作画・声・音楽はどれも良く出来ている。こんな駄アニメなのに、ともったいなく感じる。
ひまりが暴走する時の小清水さんの怒り狂った演技はさすが。なぜ今の若手声優は皆声量が無い奴ばかりなんだろう。
劇伴はハミングの曲がとても良い(ひだまりスケッチや屍鬼を思い出す)。映像を作ってからそれを見て曲を作るという珍しいことをやっているそうで、その成果なのだろう。最初それを知らずに見ていて音楽が良いと感じたので、私のアニオタとしてのステージもずいぶん上がったものだと思う(自画自賛)。

投稿 : 2017/10/18
閲覧 : 141
サンキュー:

2

レモリア

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

エロい

ストーリー的には微妙だが
ちょっぴりエロいのでそこはそこで興味深い。

投稿 : 2017/08/30
閲覧 : 92
サンキュー:

1

ウィーハウック

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

駄作中の駄作

ジャンプ系以外で先に漫画買ってアニメ化した作品・・・だったはず。
物語1.0なんてそうそうつけないけど、この作品は今まで見た中でワースト10に入るレベル、ていうか原作も全く面白くない、ほんと買って損した。何でこんな点数高いのか。
そもそも作者がエロ漫画家でエロメインで描いていた人だから、そこまでの面白さを求めるのは可哀想というもの、まあ最近のエロ漫画は面白いけどね・・・

声優面だと主人公の声が全く一致しない、おどおどして頼りなさそうなハーレム主人公が平川さんって、そこは下野とか童貞声の人間にやらせるべきだろう、これ個人的に思ってたことだったけど、マンガ貸した友達も言ってたから多分そう思った人も少なくないだろう。

作画とキャラの可愛さはそれなりだが、それメインで見るには不十分。

投稿 : 2017/07/06
閲覧 : 87
サンキュー:

1

こっくん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

エロ+妖+ハーレム?

あらすじ

2010年1月tvkほか独立UHF局、およびBS日テレにて放送。原作は、的良みらん。全12話。

主人公・天河優人は、ごく普通の高校生。7年前に両親を亡くし、天涯孤独となってしまった。幼なじみの凜子の家族に世話になっているが、それ以外はどこにでもいるような少年であった。そんな優人が16歳の誕生日を迎えた朝、謎の美少女「緋鞠」が突然現れた。そして、優人の祖父との約束で、これから優人を「守る」ため、ずっと優人のそばに付き従うと言う。しかし、その正体は…。


主人公のもとに来た女の子は実は妖で、昔の恩を返すために守りに来たって話。
パンチラとかおっぱい押し付けとかいろいろなエロ要素満載見たいっす。
元は漫画でいろいろ設定があるけど結構はぶられてるみたいです。
個人的には昔のアニメの髪型のカクカク間が気になります(笑)
きっと、男受けのアニメですね。

投稿 : 2017/06/23
閲覧 : 90
サンキュー:

1

ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

語尾にはまるかどうかで評価がわかれる (偏見です)

 ジャンル 妖怪 + バトル

 ストーリー

 両親なくして、1軒家に1人暮らししているユウト君

だけど、さびしくなんてないよ リンコがいるもの

そんな2人で暮らしていたところ・・・

 急に、謎の転校生が・・・

ここからユウト君の前途多難な生活が始まるb



 物語

 基本、ハーレムですね はいっ

もちろん、妖怪とのハーレムですよね

 最後はバトルも盛り込んでありますが 僕の全体を通しての感想は

ハーレム そうしか言えない


 キャラ

 タイトル通りで語尾に萌えるかどうかで評価がかわる

好きなキャラトップ3

 
 1:しずく (なの がはんぱない( *´艸`))

 2:あげは (こんなエロイ妖怪だったら・・・)



 総評

 語尾ですね やはり、そこにハマる人は高評価

ハマらなかった人は切るでしょうb

投稿 : 2016/08/26
閲覧 : 99
サンキュー:

3

ネタバレ

ダレイオス

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最初はただのエロハーレムアニメだが・・・

先祖が鬼斬り役をやっていた家系である
主人公、優人だが16歳になった時に
おまもりの効力が切れたためか、優人のまわりに
恨みを持つあやかしがやってくるようになった設定のアニメで
その主人公を守るために猫のあやかしのヒロインの少女、緋鞠が男の主人公の元におしかけてくる
典型的なエロハーレムアニメですね。
昔はこういうアニメを喜んで見てましたが
今、再視聴すると見れたものではない内容かも・・・
と恐れながら視聴してみました。

冒頭からテンプレハーレムアニメの開始ですね。
幼馴染のヒロインの1人が優人を朝起こしに家にやってきてくれる
一昔、よくあったパターンの開始で
当時としては普通なんだろうな・・・と思われる内容ですね。
主人公の両親は出てこないし
そうこうしているうちに猫のあやかしのヒロインの少女、緋鞠
がやってきて、幼馴染のヒロイン、凛子と軽い喧嘩になってしまう
よくあるものですね。
ただし、今見るとテンプレ感はさほどはないかな
再視聴している2016年のころのアニメと比べると
大分違うのでわりと面白く感じました。

緋鞠があやかしを倒すシーンなんかは
エロアニメらしくてまずまずかな
そこそこのエロをやりながら敵である
あやかしを倒すあざとさは嫌いではないですね。

ただ、緋鞠は惚れるのがいくらなんでも早いかな
優人とは会ったばっかりだし、優人は当然あまり緋鞠に興味がないのに色仕掛けをしたり
これだとエロハーレムアニメそのものですね。
惚れる過程はもう少し上手く描いてくれないと引っかかるね。
一応後付けで好きな理由が判明はするものの、かなり後なので序盤は苦しい。
凛子は幼馴染なので優人に好意があっても違和感がないし
優人のことを好きだけどそれなりに色々と遠慮はしている素振りはあるので
そこそこ可愛かったりするので設定や態度は大事かな・・・とは思います。

優人は性格は意外にもイケメンでいいことを言って緋鞠を慰めたり
カッコいい場面は多いので、嫌いではないですね。
緋鞠と仲良くなる過程を上手くやっていれば
違和感がなかったんだけど、やはりそれを上手くやってなかったので引っかかるね。
後付けの都合上出来ないのはわかるのですが・・・

優人は平和主義者なので、優人の家系を恨むあやかしの女の子を
上手く説得してハーレム要員にしてましたね。
話が飛んでいるわけではないけど、それでもやはりかなり強引でした。
エロハーレムアニメ的な都合でしょう。
さらに確かに説得はしているものの、そこまでの仲にはなってない状態で
その女の子とのエロが来るので、どうしてもただのエロハーレムアニメかな
と思ってしまいます。
サブキャラよりの敵もハーレム要員になっているし
別に優人のことを好きでもない女の子なので(鬼斬り役として必要なだけ)
女の子とのイチャラブを楽しむことは出来ないし、どうなのかと思う。
前半は何よりエロが優先なので全体的に女の子の可愛さとかを出せてないのはマイナスかな
せめてエロコメディ的な楽しみがあればいいのだけど、それもないし苦しかった。

中盤で鬼斬り役の女の子のくえすが出てきてから、何とか見れる出来になったかな
過去の回想や伏線の回収はしているので
そういうことだったのかというわかる面白さはあったし
優人のしっかりとした対応にはハッとする場面もありで良かったですね。
くえすは普段は性格がわりとキツメな女の子なので
和解時のデレに可愛さとかはあったし
個人的には、くえすの個別回は良かったですね。

緋鞠も後付けだけど優人のことが好きな理由が
過去の回想やキャラの掘り下げで判明したりで優人への気持は理解出来たし
段々主人公の中身が好きな描写が増えてくることにより
好意的に見れるようになりました。
後半の緋鞠のキャラクター描写は中々良かったです。
くえすと緋鞠の対立もお互いの主張は理解出来るので
この2人のストーリー展開は個人的にはそこそこ盛り上がりはありましたね。

終盤は敵の目的はハッキリしていたし
主人公側もそれを阻止するために奮起すると、わかりやすい展開なので
見やすかったかな
敵を倒すために主人公側が結束する展開や色々考える尺もありで
最終決戦まで比較的丁寧に進めてくれたので最後は感情移入しやすかった。
敵を倒す鍵は優人が光渡しが使えることになることと伏線を張っていたものの
どうしても、わからないまま敵との戦いに突入して
結局、ご都合主義的に光渡しの能力に目覚めてましたね。
しかしながら、これがまったく伏線を張らずに能力に目覚めたらご都合主義を強く感じただろうけど
しっかりと伏線を張っていたので、思ったよりは気にならなく
上手くまとめた感じはしましたね。
優人は序盤からあやかしとの共存をテーマにしていたけど
最後までそれがズレなかったのも良かったのではないかと思うし
全体的なストーリー展開も、それをテーマにしていたので
ストーリー展開はわかりやすかったのも良かったと思う。

でも裏を返せば何も進んでいないということかな
敵はある目的のために動いていたのだけど敵の考えそのものは変わることはなかったし
優人は共存を望んでいて、緋鞠があやかしと戦うのを好んでいなかったが
結局は戦うことになるし
緋鞠も優人のためにあやかしと戦うのをやめなかったので
共存のテーマはズレはしなかったものの結論が出なかったことに関しては
腑に落ちないかな
エロハーレムアニメに、そこまでのシナリオを望むのは酷なのはわかるけど
テーマにした以上は何らかの結論は欲しかった。

作画については良い時は良いのだけど、どちらかと言えば
普通な感じで安定していたかな平均的な感じでずっと続いていた。
エロシーンの作画も規制があるせいかもしれないけど
あまりエロいとかは感じなかったかな
エロいことにはエロいけど大胆過ぎるポーズのエロが
印象を悪くしたのかもしれない。

声優さんについては出番が多く喋る量が多かった
緋鞠役とくえす役の声優さんは上手かったと思います。
シリアス時の演技は良かったし
くえす役の声優さんは二面性のあるキャラだけど
演じ分けはバッチリだったし満足ですね。
あまり喋らない凛子役とリズ役の声優さんは
あんまり上手くはなかったけど
あんまり上手くない声優さんをあまり喋らないキャラに
キャスティングしたのは良かった。

最初はあまりにもエロハーレムアニメ的な展開に驚きましたけど
中盤以降はそこそこ見れるストーリーになっていたし
キャラクター描写も良くなっているので
楽しめる出来はありました。
緋鞠とくえすの話を中心に進めたのでキャラを絞ることにより
丁寧さが出ていたのは良かったが
EDでは5人がメインヒロインぽい
演出がされているのにかなり不遇なキャラもいたりで
扱いのバランスの悪さはあった。
リズは何のためにいたのかわからないのは特に不満かな

投稿 : 2016/05/29
閲覧 : 166
サンキュー:

7

エクスカリバー

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

38点 妖怪が守ってくれるハーレムアニメ

エロもありますが
あまり違和感なくぼけーっとみてました
在り来たりすぎて完走できました^^

投稿 : 2016/05/05
閲覧 : 173
サンキュー:

1

ネタバレ

Nandasama

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ちょっと残念です

ストーリーや展開はそれなりですが、主人公があまりにヘタレです。
キャラクターの作画もイマイチ残念です。

投稿 : 2016/03/27
閲覧 : 93
サンキュー:

1

秋月双真

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

★★★☆☆☆

イマイチおもしろくなかった!

投稿 : 2016/03/14
閲覧 : 98
サンキュー:

1

褐色の猪

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ひどい

エロハーレムアニメで終わってしまいました。
原作漫画を読んだ方がいいですね。

投稿 : 2016/02/09
閲覧 : 118
サンキュー:

1

全身タイツ

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

充実のハーレム しかしながら・・・

ハーレムものとしては面白かったです。構成員は可愛くて個性的、露出もそこそこあって眼福ですがw尺の都合のせいか扱いの薄いキャラもいたけど、仕方のないことでしょうw

しかしながら本題の妖との対戦ストーリーとしては残念でした。
特にラスボス戦はラスボスに同情を禁じえませんw
あと主人公、もう少し働きましょうw優しいだけではハーレムの維持はできません。

ハーレム目当てなら充分お楽しみ頂けると思います。

投稿 : 2016/01/28
閲覧 : 105
サンキュー:

4

ネタバレ

ニワカ思考

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

優しい

よくあるハーレムアニメ

その中でもグロやシリアスを抑えた優しい作品

エロ

ギャグ

思っていたより面白かった

投稿 : 2016/01/09
閲覧 : 89
サンキュー:

2

井口ゆゆゆ

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

おまたせエコバッグ

「ブラスレイター」のザーギンAAとともに汎用性高いですよね


まぁ内容はあんま覚えてないんですが主題歌がちょっと好きだったくらいのアニメですね。
特に思い入れもありません。

監督はウシロシンジさん、制作は、出ましたZEXCSです。
名和宗則さんとともにエロゲ原作アニメを多く手掛けてる印象ですが、どれも全編通した作画は微妙ですよね。

あー、小清水亜美さんが今度は猫役をやってますね、「狼と香辛料」といいよく獣役をやるものです。
あとは「電車男」のドラマに出てた野水伊織さんが声優やってますね。

ED「BEAM my BEAM」はちょっとした物議を醸したことで有名ですね。
2番サビ前に無音部分があって、急に止まった感じがしておや?ってなるんですよね。
ちょっと不自然さもあって音源の方のミスではと苦情を送った方もいたそうです。
まぁでもそんなことがあって有名になって、今やアニソンラジオだとリクエストが多い曲の一つですよね。
おまりんこ・L・しずくえすというキャラの名前の一部とったユニット的なもので歌ってます。

"まけこしジャパン"なる言葉があるそうで、本作の幼馴染キャラ・九﨑凜子を含む、主に幼馴染で負けヒロインで組まれたサッカーチームですね。
結構面白くて、「シャナ」の吉田一美を監督に「あの夏」の谷川柑菜、「まどマギ」の美樹さやか、「ましろ色」の乾紗凪、「かんなぎ」の青葉つぐみなど強力な布陣で構成されています。
その中で凜子は中盤に位置してゲームの組み立てを担うチームの要として扱われていますね。


内容とは別に有名になったアニメだと思います!

投稿 : 2015/11/25
閲覧 : 124
サンキュー:

1

Yuyu

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

サムネイルの画像が変

なんか、幼なじみだっけか……? 普通のクラスメイトの女のキャラデザとまったく違う気がするな。

たまに、作品のトップ画像と中身とで乖離が激しいのがあるけど、誰がどこから選んで使っているのかと思う時がある。

作品自体は、主人公を見たい人は最後までイライラするかも知れない。

いや、主人公はひまりだと思えばいいのかも知れないのだけれど、ハーレム系作品なので、そうも言ってられないのか……。

最後まで見れないような作品でもないし、まぁまぁだったかな。

投稿 : 2015/09/21
閲覧 : 173
サンキュー:

3

ネタバレ

華麗なる村人様

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おもしろい・・けど!?

主人公の天河優人は、「鬼斬り役」の末裔のわりに優しく、争いごとが苦手な少年。
九崎凜子から一方的にアプローチされたり、ラッキースケベが時々あったり、
次から次に出てくる女の子にも迫られて、男から見てうらやましいです。
1話を見て続きを見るのか考えましたが、テンポも良くおもしろく、楽しめました。
DVD買ったのでもう一度ゆっくり、見ることにします。
九崎凜子以外の女の子キャラは、だいたい九崎凜子よりも胸が大きいです。

投稿 : 2015/05/26
閲覧 : 257
サンキュー:

3

トゥットゥルー☆

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハーレム物

ヒロインズの中に人間は2人しかいません。
猫、蛇などなど妖怪が出てきて個人的には好きな設定でした。
最終的に女ならラスボスまで(^^;
そしてハーレムに必要ない男ラスボスは切られる運命のようです(^^;

投稿 : 2015/05/19
閲覧 : 402
サンキュー:

1

ネタバレ

リプトンれもん

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なかなか!

他の方の意見どおり気づけば見ている。。。。
おっぱいを特に!!www
まぁ、冗談はさておき、なかなか面白い印象を受けた。終盤の戦闘シーンでひまりのワンパターンが無ければ。。。
そこだけが心残り。泣

投稿 : 2015/05/01
閲覧 : 190
サンキュー:

3

ヨッピィ

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まぁまぁ

主人公が戦うのではなくて、主人公の使いの猫が戦うストーリーで個人的にはあまり好きな分類じゃなかったが苦痛なく見れました!
まぁまぁだったよ!

投稿 : 2014/12/03
閲覧 : 139
サンキュー:

3

(・ω・\)SAN値

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おまもりひまり

僕は基本ハーレム系をはじめとし全ジャンル(ロボット系を除く)
のアニメが好きですなのでこれも楽しめました。
(ノ´д`ノ。・ゎーぃ・。\´д`\)
キャラも悪くないし好みでした。(o゚▽゚)oニパッ
みなさんもぜひ見てくださいデ━d(ゝω・*)b━ス!!  

投稿 : 2014/11/25
閲覧 : 127
サンキュー:

1

ネタバレ

れむれむ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ハーレムアニメ、なの。

エロ漫画で名を馳せていた?的良みらんが原作ということで観てみた。
うむ、期待通りのエロ加減だw
と思ったけど、後半はシリアスなバトルものになっちゃったからなぁ~
ラスボスもなんかあっけなかったし。
でもそんなバトル中であってもパンチラは欠かさないところはちょっと評価したいかもw

ストーリーはかなりありきたりやけど、キャラが皆可愛かったので
そこそこ楽しくは観れた。
ただメインヒロインを緋鞠に据えて軸にしたのはいいけど、そのせいか
他のヒロインがなんだか単なるハーレム要員に。
くえすなんかはまだいい方だが、リズなんてもう・・・
この辺もうちょい掘り下げられなかったものか。

投稿 : 2014/11/17
閲覧 : 158
サンキュー:

0

Takaさん

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

妖しと人間

原作未読

鬼斬り役という妖を退ける役目の末裔の主人公と、
その護りてとなる妖しの白猫の話だけど、その話よりは、
ハーレムにほとんど寄っている感じ。

主人公にホイホイされた数6人かな?

妖しモノで、ハーレム展開だと、
どれも同じような内容になってしまうんだなーと。
このジャンルだと、よくある展開だったと思う。

投稿 : 2014/09/20
閲覧 : 116
サンキュー:

1

ネタバレ

どらむろ

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハーレム&退魔バトル。ラブコメとシリアスのバランスが良い佳作

妖退治の家系の主人公(初め自覚無し、普通のヘタレ少年)が、守護者的な妖怪美少女や他の退魔師美少女らと関わっていく、ハーレムアニメ。
中々のあざとさとエロさのハーレムラブコメだが、妖怪と人間の対立や共存を巡って結構シリアスな展開も。



{netabare}『物語』
あざとくエロい押し掛け女房ハーレムラブコメ。
主人公・優人が棚ボタ的にモテまくるのだが、メインヒロイン・緋鞠(ひまり)が優人を想う理由が次第に判明していき、ちゃんと説得力があった。
優人の記憶が戻るに従い二人の絆が深まっていく過程が丁寧で、ラブコメとして中々萌える。
主人公は実は名門退魔家系で、妖怪と人間との確執やバトルに巻き込まれヒロインと共闘する過程でも、しっかり絆が深まっていくのが好印象。
ストーリーは意外にシリアスで、人間と妖怪、また妖怪排斥派の退魔師や政府との対決や和解・共存を志す主人公の決意等が主軸に、ひまりの暴走や優人の覚醒、ラスボスとの対決に至る。
他の妖怪少女や退魔少女らとのハーレム展開が、最終的に主人公の信念(人間と妖怪との共存)にきちんと繋がっていくのが良かった。

退魔バトルとしては、そこそこ。
ラブコメとしても退魔バトルとしても安定して楽しめた。
層の厚い2010年度アニメの中ではイマイチ評価が低いが、個人的に中々の良作だと思うし、結構好きです。

『作画』
個人的に好みのキャラ作画、黒髪美少女のひまり可愛い。
お色気的にもあざとい。
退魔バトルも中々。

『声優』
ひまり役の小清水亜美さんがあざとい。暴走時や、次第に優人に心開いていく切なさ等、遺憾なく発揮していた。
神宮寺くえす役にはベテラン・松岡由貴さん。
しずく役の真堂圭さんもあざとい好演だった。
藤原啓治さんの、胡散臭い陰謀家っぷりも良かった。


『音楽』
OPはありがちなラブコメか。主題歌からは本編の主題を感じない。
BGMは、まずまずだったような。

『キャラ』
主人公の優人はありがちなハーレム主人公めいて優柔不断な男かと思いきや、次第に成長して能力開花したり、ちゃんと信念持ってヒロイン守ったり傷付きながら戦ったりするナイスガイ、好印象。
主人公に魅力ある(と思う)のは、ハーレム系では重要なポイント。
メインヒロインのひまりは強さと可愛さ兼ね備えた良ヒロイン、当初のあざといお色気よりも、関係深まるにつれて恥じらいや奥ゆかしさ出てくるのが可愛い。
幼馴染の凛子は普通の人間なので蚊帳の外になりがちかと思いきや、最後までしっかり存在感出していた。
蛇妖怪の幼女・しずくも可愛い。蛇で幼女♪
くえすも高飛車許嫁お嬢様かと思いきや、しっかりと秘めた想いがあった。
他の妖怪少女もそれぞれに皆可愛かった。

抜きん出て好きなキャラこそ居ないが、主人公・ヒロイン全員に一定の魅力がある良作。
英国の憑喪神ちゃんは…影が薄かった。{/netabare}

投稿 : 2014/08/23
閲覧 : 158
サンキュー:

9

CR牙狼XX

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 1.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

う~ん

見るに堪えないってわけでもないけど、
面白くない。
全体的に見せ場が無い。
無駄にお色気入れてる所が苦しい。

投稿 : 2014/07/06
閲覧 : 91
サンキュー:

1

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

全12話
2010年1月~2010年3月放送

投稿 : 2014/06/22
閲覧 : 98
次の30件を表示

おまもりひまりのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
おまもりひまりのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

おまもりひまりのストーリー・あらすじ

主人公・天河優人は、ごく普通の高校生。7年前に両親を亡くし、天涯孤独となってしまった。幼なじみの凜子の家族に世話になっているが、それ以外はどこにでもいるような少年であった。
そんな優人が16歳の誕生日を迎えた朝、謎の美少女「緋鞠」が突然現れた。そして、優人の祖父との約束で、これから優人を「守る」ため、ずっと優人のそばに付き従うと言う。しかし、その正体は…。(TVアニメ動画『おまもりひまり』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2010年冬アニメ
制作会社
ZEXCS
公式サイト
newtype.kadocomic.jp/omahima/index.php
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%BE%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%B2%E3%81%BE%...
主題歌
≪OP≫AyaRuka『押しちゃうぞ!!』≪ED≫ひまりんこ・L・しずくえす『BEAM my BEAM』

声優・キャラクター

小清水亜美、平川大輔、野水伊織、真堂圭、大亀あすか、松岡由貴、嶋村侑、鈴木達央、根谷美智子、本多真梨子

スタッフ

原作:的良みらん(月刊ドラゴンエイジ連載/ドラゴンコミックスエイジ刊)、 監督:ウシロシンジ、シリーズ構成:長谷川勝己、脚本:あみやまさはる/鈴木雅詞、キャラクターデザイン:磯野智、美術監督:小坂部直子、色彩設計:岩井田洋、撮影監督:口羽毅、編集:平木大輔、音楽:橋本由香利、音楽プロデューサー:植村俊一、音楽制作:コロムビアミュージックエンタテインメント、音響監督:えのもとたかひろ

このアニメの類似作品

この頃(2010年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ