「刀語-かたながたり(TVアニメ動画)」

総合得点
87.8
感想・評価
2918
棚に入れた
15286
ランキング
91
★★★★☆ 3.9 (2918)
物語
4.1
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

刀語-かたながたりの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

レイ兄 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

癖が強いんじゃ~

「刀語」拝見させていただきました...
いや~面白かった!
ちなみに同じ西尾維新さんではありますが物語シリーズではありません。

この作品の特徴を挙げていきたいと思います。

まず何をおいても「作画」です。これが登龍門となっていることは間違いありません。しかしコードギアス然りそれがこの作品の魅力なっている事も間違いありません。

そして「語り口」、西尾維新さん特有のキャラの語り口が少々出ています。
レビューを見たところこの会話の回りくどさ、テンポが悪さなどを指摘するものが少なからずありました。それをどう受取るかは皆様の感性次第ではないでしょうか。

最後は「話数の構成」、全12話となっていますが、一話あたり約一時間
珍しい構成になっていますが、見応えはあると思います。

と紹介してみたのですが、ご覧の通りかなり人を選びそうな作品になっています。しかし、(2019年7月時点)かなり高い評価がされているので試しに1、2話見る位なら損はないと思います。

「ただしその頃にはこの作品の虜になっている!」と思います。...
.........。・゚・(Д`(⊂(゚Д゚ つチェリオ!

投稿 : 2019/11/04
閲覧 : 129
サンキュー:

1

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今月今宵のお楽しみ。(確かに)

原作は未読です。
奇策士と刀を持たない剣術使いの主人公が12本の変体刀を集める旅の物語。
会話が淡々としていてすごくいい。コミカルでもあり、シリアスでもあり。
世界観は好きですね。いろんな刀を考えるものだなって感心すらします。
実は姉が最強。自分と主人公以外の人間は草と同じ扱いで倒すことを草むしり
と同じと表現する。身体が弱いため自分の実力を出し切ると身体がもたない
から、名だたる相手の剣術や対術などを見るだけで会得しそれを使うことで
身体の負担を和らげているって、どれだけ最強かよって感じですね。
ストーリーも面白かった。最後のほうは「えっ!」ってなります。

語りはメーテル(池田昌子さん)です。

投稿 : 2019/08/17
閲覧 : 123
サンキュー:

6

ネタバレ

ダビデ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白かったけど、終盤しっくりきませんでした。

ファンタジー設定は少な目だけど、和風の時代劇設定のハイファンタジー刀収集バトル語りアニメ(恋愛あり)。
面白かったけど、戦いなのに語りが多いことや、最後三話のテンポの加速具合、話のまとめ方、伏線の回収の雑さにしっくりきませんでした。
オープニングとエンディングの曲は好き(ノイタミナ版)。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 74
サンキュー:

9

ネタバレ

ソラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

結果でなく過程にこそ意味をつける、刃に魂が宿るように。

刀にしろ人にしろシンプルに在り方を描くこの物語は、意味を何処にでも付けたがる【人間】という業の深い代物を看取ったものだ。

解りやすく、一瞬なるほどと納得してしまいそうな言葉遊びや理論を楽しむのに興が乗りました。

タイトルに『刀』と付いているからもっとアクションが主体なのかと思いきや『語』の方が強かったですね。
もちろんアクションは多分にあったし、そこはゴリゴリ動いていましたが、西尾維新先生感の方が濃かったです。

そして何より着地の仕方が好み。
七花が言っていた通り、今生きてる私たちが今頑張るべきだろう。

『ただしその頃には、あんた(俺)は八つ裂きになっているだろうけどな』

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 48
サンキュー:

2

ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とがめぇぇぇ!

「刀語」より

ストーリーの主軸は奇策士とがめと虚刀流七代目当主鑢 七花が四季崎 記紀の作りし完成形変体刀十二本を収集するという単純なお話かと思いきや、そこには歴史の改変という大きな裏の目的があるなど、よく練られたストーリーに感動しました✨

残念だったのは第四話「薄刀・針」で錆 白兵との戦闘シーンが語りのみで終了してしまった点ですかね(;^ω^)
声が緑川 光さんだったので、もっと聞きたかったです(^^♪

また、最強は七花ではなく鑢 七実だと思っています(●^o^●)
七実さん、最強過ぎ(*^-^*)...。

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 38
サンキュー:

1

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

不思議な作画に魅了される… 儚く切ない旅のお話。

1話1話が完結していてとても良い。
1話50分というのは少し長く感じられるかもしれないが、一度見て引き込まれると止まらなくなってしまうでしょう。

田村ゆかりさんの感情伝わる演技はとても揺さぶられました。

{netabare}
12話のとがめのシーンは涙なしには見られないと感じます。

とがめは、七花を殺さないで、それで幸せだといったのは、虚刀流を憎んではいたけれど、憎しみを塗り替えてしまうぐらい七花のことを好きになってしまったんだろうと、伝わるものでした。

憎んでいたままで終われたなら、悔いなどなく死ねただろう。だけど、それでも一人の男を好きになれて、七花に惚れてしまってよかったと。彼女は思っていたのだろう。
最初、とがめは、自分は惚れるつもりなどなかったのでしょう。しかし二人で旅をするうちに、困難を乗り越えていくうちに、自分の刀ではなく、一人の男として彼を愛してしまったのだろう。

もっと二人が幸せになる方法があったのなら…
なぜそうならなかったと哀しく思います。
(それでも無かったんだろうな…と思ってしまいます。
どうしても逃れられない運命だったのでしょう(涙))


二人の幸せなところを最後まで見届けたかった、しかし、悲しい部分もあるからこの物語はよりいっそう素晴らしく感じるのでしょう。


{/netabare}

何度も見てしまう。ふとした時に見てしまう。
感動するところもあり、笑えるところもあり、魅き込まれてしまう! 

二人のいちゃいちゃシーンは2828止まらず目の保養になることでしょう♪ 
二人の旅をしながらの絆を深めていくところ、そして七花だけでなく、とがめも成長し、七花に対する {netabare}
愛が芽生えていく感じ{/netabare}が
とても良い!
{netabare}
最終話、とがめが七花に今までの自分の本当の気持ち、抱えていたこと、それを全て話し、それが最後の会話だと、最後の語りだというシーン。とがめは蛇のように、自分の運命に絡み付かれていた。それを七花が解き放ってくれた。七花もいろんなものをもらい、与えていた。二人の信頼、愛情、それを心から感じられる切ない場面… 互いに共存していた関係。そんな複雑な普通の恋愛感情ではなかったかもしれない。だけれど、最後まで愛し合うことができた。
{/netabare}

{netabare} 七花「とがめ、愛してるよ」嘘偽りない言葉。駒であって駒でない、それは心、愛という感情 {/netabare}


完成度の高い作品だと思いました。作画は少し癖があり、初めて見る人は、なんだろう?この作画の感じは?とやめてしまう人もいるかもしれません。
そうだとしたら勿体ない!独特の、筆で描かれたような作画(個人的な感想)は、慣れてしまえば逆に好きになってしまうと思います!
それでも、合わないな、と思えば無理に見ることはないですが(笑)

物語の起承転結もしっかりしていると感じました。


もう一度。

注目してみたこと。それはやはりとがめの目。
何をもってして目が普通からバッテンになるのか。
片方だけ変わるのもなんなのか。

{netabare}
最終話から見てなんとなく理解したこと。
それはとがめが死ぬ時、目がバッテンから普通の目に変わるところ。父の復讐のこととなるとき、全てのものを駒として、使うものとして、そのときに目がバッテンになっている?
とがめの散るとき、左目のバッテン、いや十字か、これがなくなり、普通の目に変わる。そのとき、とがめは父の復讐をあきらめたのではないか?
その瞬間は七花を駒ではなく、心から愛した人。そう見えた。だからとがめの目が普通の目に戻ったのではないか?
その後のとがめの最後の言葉。
「それでも…私は…そなたに惚れてもよいか?」
この言葉は特にとがめの本心だと思えます。
最後の最後にしか惚れていいかどうかを確認することができなかった。それまで愛していたことも本当かどうか自分ではわからなかった。愛していいかもわからなかった。そう思うと悲しい言葉です…
この言葉に対する七花の返事を待たず、とがめの手は落ちる。そして自分は七花がいった言葉。それは。
「あたりまえだ。」自分はそう思った。
これは「とがめ、愛してる」だった。これが全てを理解した七花の答え。
{/netabare}

投稿 : 2019/06/09
閲覧 : 214
サンキュー:

13

ネタバレ

moti さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白い。けど別に。

まず1時間で比較するなら、ドラマ。
面白さではトントン。
引きは負けている。

内容がそれほどでもないと思う。正直なところ。
面白いけどね見てて、

でも長いよこの内容で1時間。

まぁ・・・つまんないと思いながら最後まで見ました!

嘘です。城の引きこもり倒したとこで見るのやめました。

投稿 : 2019/05/30
閲覧 : 115
サンキュー:

1

ネタバレ

sazan さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おもしろいけど…

話はおもしろかった。最後もアツい。

ただ、会話が多いため眠くなる。

あと、あまりとがめを好きになれなかった。七花がとがめに尽くす理由が良くわからなかった。

投稿 : 2018/11/29
閲覧 : 126
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

残念

3話目まではスイスイ観れたけれど、途中からとがめのウザさが尋常じゃなくて、無駄な萌え要素もエロ要素もひたすらうんざりさせられた。独特な作画は結構好みで設定としても面白くなりそうでしかないのに、やたらとチェリオ!を推してくるのはなぜ... 鎖骨が性感帯ってとこで忍耐袋が切れ、あとは気になるキャラ(こなゆきちゃん)が出てくるところを飛ばし飛ばし観ていただけ。
絶対もっと面白くできると思うんだけどなあ。残念。

投稿 : 2018/08/26
閲覧 : 90
ネタバレ

saiha さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いくつになっても男子は刀を振り回すのが好き

「菊と刀」という書籍がありますが、刀というのは日本文化を象徴するアイテムであり、いつの時代も日本男児の心をくすぐる存在だと思います。

刀語は、伝説の刀鍛冶が作った名刀12振りを、幕府(政府)の命を受けた奇策師:とがめと虚刀流の剣士:七花が収集していく物語です。
虚刀流というのは刀を使わない流派・・・ということで要は体術です。
それが「剣士」を名乗ってるわけですね。
更に名刀12振りというのも鎧とか銃とかからくり人形とか明らかに刀ではないものも混じってたりして。
西尾維新ワールド炸裂してますね。

最終的に七花は名刀12振りをすべて回収するわけですが、最後の最後にとがめを殺されプッツン来てしまったことで最強無敵の存在となります。
実は主人公鑢七花こそが、名刀12振りから更に進化した刀:虚刀「鑢」だったんだよ!という落ちでした。

私は再放送で視聴しましたがOP「拍手喝采歌合」・ED「言ノ葉」ともに非常に良かったです。
曲が良いのはもちろんですがアニメーションがすごく良くて毎回飛ばさずに見てました。
ちなみにオリジナル放送ではED曲が毎回違ったらしいので、それもそれでいつか見てみたいなぁと思っています。

投稿 : 2018/04/27
閲覧 : 111
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

当時好きな声優の田村ゆかりさんがロリババアキャラの声で個人的に萌えたのです
内容はわかりやすくも難しく、展開はおもしろかったです
でも4話針の戦闘シーンなしとか、OP詐欺すぎます、当時放送見るの遅れて戦闘見逃したーってTSUTAYAでDVD借りて見たら戦闘シーンなんかなくて、ええ···ってなったよ
後期のOP拍手喝采歌合 ED言ノ葉 どっちも好きです

投稿 : 2018/02/01
閲覧 : 96
ネタバレ

AI さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

2話まで

2話まで観た
キャラデザ好き、声も好き
何か男がでかすぎなのか女が小さすぎなのか差がありすぎて気になる
裸じゃまずいと服屋さんにつれていったのに出てきたらよけい露出度高くなってるのが気になった。
1話46分で今の所テンポが悪くて長く感じる

投稿 : 2018/01/12
閲覧 : 77
サンキュー:

0

ネタバレ

チータオ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ふむふむ

まず総評として個人的には80点くらいです。 それなりに面白かったと思いますが、キャラデザインや西尾維新原作ということもあり好みは分かれると思います、、、

当初は単純に刀を集めるだけかなと思いましたが思ったよりも風呂敷が広がって歴史の改竄とかの話になってきます。 そしてやはり西尾維新らしい会話劇も見どころです。 個人的には化物語とかよりも入り込みやすかったように思います。

投稿 : 2017/09/25
閲覧 : 70
サンキュー:

0

ネタバレ

キロノ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 5.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

化物語の流れで見てみた。

・化物語とはまったく違った感じ。
・背景は日本の古いお話で、時代劇ファンタジーかな。
・タイトルどおり刀がメインで、いろんな刀とそれを操る主との格闘が見ものっ。
・BLEACHを思い起こした。後、ナルトもこんなのあったかな?
・基本一対一で1話に一振りが登場。
・パターンなストーリーだから、飽きるかもっ
・キャラデザは素朴で、好き嫌いはあると思う。
・期待してるかもだが、女の子はあまり登場しない。

投稿 : 2017/09/07
閲覧 : 86
サンキュー:

0

ネタバレ

しんかわ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おもしろい

人類最強の姉との戦闘シーンは泣けました
ラストにあの女と旅をするのが(゜-゜)って感じですが、内容、作画、非常に良い作品

投稿 : 2017/08/31
閲覧 : 73
サンキュー:

0

ネタバレ

わさビーフ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

変体刀集めの旅

一風変わった作画でしたね(*^^*)
最初は入りにくいなぁーっと思ったけど徐々に観慣れたかな?

13話と短めですが1話あたり50分と長くて内容は結構しっかりしていた。
奇抜で作画とミスマッチしたキャラデザインはかなり印象的
キャライメージ崩壊の姉の回なんかは食い入るように鑑賞しましたね!
後は刀を集める旅のお話で特に大きなアクションもなかった。

最終話に衝撃の展開が待っているけど個人的にこのくだりはかなり疑問
出来ればハッピーエンドの終わりが観たかったです。

1クール完結で長さは丁度良かったけど一気見したので疲れました^^;

投稿 : 2017/08/21
閲覧 : 165
サンキュー:

25

ネタバレ

つぼ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

姉の死ととがめの死の意味。

姉との対決の為に「これじゃ、殺されても仕方ないよね」と姉を殺人鬼に仕立てるシーンに吐き気がします、そもそも、そんなに無理して姉を殺す必要はあるのでしょうか?
更なる不快は、姉を殺しても武道家として人間としても七花は全く成長していない様に私には思えます、作中にえがかれていますでしょうか?

同様に、とがめの死にも意味があったのかわかりません、
結論から書くと、七花は特攻と言う自殺衝動を選んだだけ、としか理解できません、

ふたりの死は原作者都合以外に意味があったのか、七花はそれらを乗り越え得た境地とは?

さっぱり、全く、わかりません、

私には理解出来ないだけで、他の大多数の視聴者に伝えるものがあるのかも知れませんが、本当に安直に「死」を扱い安易に「殺人」をする必要があるのでしょうか?

「殺人」を犯さずとも同様な視聴感を作品として成立させる方法は本当に無かったのでしょうか?

わかる方、是非ご教授下さい、よろしくお願いいたします。

投稿 : 2017/07/10
閲覧 : 130
サンキュー:

3

ネタバレ

ニャンキチ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

推して参る。

 化物語お気に入りで 刀語も評判が良いからと観はじめたけど どうも合わなくて最初の方で断念しました。

 でも化物語も1度最初で断念し再度視聴でハマったので 時間をおいて刀語も再度視聴しました。すると中盤あたりからどんどん引き込まれていき あれよあれよという間に最終話まで観てしまいました。

 最初 感情が読み取りにくい作画はどうかと思いました。でも観ているうちに 残虐や殺伐としたシーンも多いので リアルな見せる作画より この作画で合っていたと思いました。語りもメインですから。

 この先ずーっと 七花ととがめの夫婦漫才が聞けるのかと思っていたのに…ショックでした。

 しかしあの最後は…。あの二人の物語になっていくのでしょうか…。もやもや感が半端ない。

投稿 : 2017/05/24
閲覧 : 84
サンキュー:

12

ネタバレ

R さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

すごく良い作品

1話50分少し長めでしたが
すぐ終わってしまうくらいハマっていました。

とがめと七花のやり取りがとても面白く
最終回はとても悲しかったかなとおもいます。

投稿 : 2017/03/10
閲覧 : 95
サンキュー:

0

ネタバレ

岬ヶ丘 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

42.195km

個人的にマラソンでした。原作未読。

リアルタイムで視聴していないのでそのあたりの事情はわかりませんが、1時間枠での放送は画期的だと思うし、チャレンジングな企画だったのだと思います。一言でいうならボリューム感がすごい。キャラクターやセリフ量など、とにかく情報量が多く処理が追い付かないことがしばしば。総じて結構な体力が必要でした。

内容に関しては、刀を主題にした人物・舞台設定は面白い。ただ特に終盤の展開についていけなかった。西尾節と呼ばれる独特の台詞回しや展開に、最後までなじめなかったのが原因の一つかなと思います。

画も特徴的だとは思いましたが、個人的にはそこまで気になりませんでした。むしろ独創的なタッチは好印象。全体的に柔らかな雰囲気で作品を彩ってくれました。その分ストーリーで死人がたくさん出るので、そこのギャップがなんともいえない。

最後に「大河ドラマ」ならぬ「大河アニメ」というのは言いえて妙だと思います。

投稿 : 2017/02/02
閲覧 : 83
サンキュー:

5

ネタバレ

がおー敦煌 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

西尾維新作品ではダントツに面白い。

とりあえあず見て見ましょう。
物語シリーズ()になりますから。
こっちの続編出せってなりますので。

投稿 : 2017/01/31
閲覧 : 91
サンキュー:

1

ネタバレ

ピエロ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

愛と刀

まず、なぜこんなにいい作品に早く出会わなかったのだろうとめちゃくちゃな後悔と出会えて良かったという幸福感に包まれています。
初めは正直誰もが思うであろう、絵が特徴的なので少し見るのをためらっていました。
そんな過去の自分を殴ってやりたいぐらいに話が良かった。
物語は12本の刀を集めるために鑢七花ととがめの2人が旅をするところから始まります。
無人島の島でほとんど他人と接しないで生きてきた七花は旅の中で七花は人としての倫理観、愛などを学びながらも刀を集めていくのですが、
ここがこの話の良くできてるなと思うところだったのですが、実はとがめの親はしちかの親に殺されていて最もとがめにとっては因縁の相手だったということです。
最後のとがめのシーンはもう本当に久々にアニメで泣いてしまいましたね。笑
ずっと内心は刀としてしか見てこなかった七花に、最後の最後にやっと恋愛として七花を見れたんですね。
最後にとがめは愛を取り、七花は本当の刀となれた、とそんな気がしました。
だから僕はこの物語は刀と愛を人生の終着点にした2人の人生という名の歴史の物語だと思いました。
個人的にはとがめが死んで超バッドエンドでしたが、納得できる終わり方で良かったです。
正直悪かったところが独特な絵以外にありません、その絵ですら見慣れるし全然気になりません。
なんか話が難しくて全然書きたい事が書けないのですがとりあえず見ていない人には見て欲しいです!

最後に、、、、、、、、ちぇりお!!!!
これだけ言いたかったので言わせてください笑

投稿 : 2017/01/13
閲覧 : 110
サンキュー:

7

ネタバレ

カズキ01・x・ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

超強い

最終話がまじで強すぎw
否定姫がわりとかわいい

投稿 : 2016/11/29
閲覧 : 67
サンキュー:

0

ネタバレ

tyuru さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

名作だよ、紛うことなくな。

この作品の存在を知ってから1年くらい放置してました(新アニメを追いかけるのに忙しくて)。今期比較的余裕があったので取りあえず1,2巻をレンタルしてみたら・・・2日後BOXポチってました。バイト代吹っ飛んだけど後悔なし。そんな作品ですw

他の方々も書いてるように色々クセがあります。でもこういうクセこそ、はまると深いし長引く。

まず1回あたり50分弱の尺。自分が愛してやまないダーカーやビバップを彷彿とさせる(話の雰囲気は全然違うけど)。全くムダっぽい喋くりを楽しめるのも余裕があるおかげ。この長さのアニメ、もっと増えないかなー。

それから主人公、七花の目がどんぐりというかドーナツというか。作画うんぬん言われていますが、七花の目以外はごく普通というかむしろ和風の鮮やかな色彩が楽しいし、イラスト寄りプロポーションのキャラ(Aラインの袴が美しい!)がここぞというときには丁寧に動いていると思いました。

でもこのどんぐりまなこの彼が中盤から時折見せる笑顔はグサッと来ます。最初の頃の無表情を思うと。。。また物語の結末を知ってしまうと、今度はこの素直さが物凄く切ない。
蛇足だけど、どんぐりのせいで引き絵になってもほとんど違和感が無い(笑)。

それからハッピーエンドではなく、斜め上に行ってから一回転して突き落とされるようなエンドです。ハッピーだったらどんなにいいか・・・と思うけど、このエンドだからこその号泣、モヤモヤ、諦め、余韻。忘れ様が無い。

この作品に出会えてほんと良かったです。
日本に、現代に生まれたことに感謝感激雨あられ。
時折こういう作品があるから、アニメ見るのを止められないんだ・・・。

{netabare}
七花役の細谷さんの、特に最終回の演技は神がかっていましたね。
とがめとの別れのシーン、いつも涙で画面が見れません。どうしても助からないと分かった上での看取り・・・時間をかけて描いてもらえて良かった。死んじゃった→くそ!ハイ戦闘!はよくあるけど砂の味しかしない。

その他個人的号泣ポイント→11話腹心の約束、12話尋常に・・・はじめ!
{/netabare}

投稿 : 2016/10/27
閲覧 : 95
サンキュー:

2

ネタバレ

べんちゃん☆ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最終回ヤバかったです!

絵に賛否あるでしょうが、慣れました!
むしろ他と似てない作画は貴重な感じさえします。

ぁあ最後まで観て良かった!そんな最終回てした。

最終回の城での「ちぇりぉぉっ」が鳥肌ものです!

投稿 : 2016/09/27
閲覧 : 81
サンキュー:

1

ネタバレ

ぶー子 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

西尾嫌いの根源

{netabare} いや、最終回まではメッチャ面白かったんだ。最終回までは!ヒロイン殺しは、やっちゃダメだって!本当にやめてくれ!
しかも、とがめと旅をすることで刀ではなく人間的な成長をしていたのに、最終回で全部おじゃん(もちろん全て計画の内)。結局、七花は手のひらの上で踊らされたまま、運命通り最強の刀として仕事を果たしましたとさ。

化物語は、意味不明なハーレム設定で会話のやり取りも好きになれなかったし、ヒロイン殺しも平気でするし、本当に西尾大っ嫌い!
そのうち戦場ヶ原も死ぬんじゃないかな・・・そう、最終回あたりに・・・

終わり悪ければすべて悪いとなってしまう自分には、本当に残念な作品でした。{/netabare}

投稿 : 2016/09/02
閲覧 : 137
サンキュー:

0

ネタバレ

アニメにはまりしもの さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

んとー

最初よかったけど、途中戦闘シーン省いた感がたっぷりであきたけど最終回はすごいいい感じでおわった。完全なハッピーエンドが好きだけど、まぁあの終わり方は記憶にとても残ってよかったとおもう!
途中断念しないでよかったかな。

投稿 : 2016/07/29
閲覧 : 61
サンキュー:

0

ネタバレ

GvmMl58510 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とにかく切なかった

刀を集める過程でヒロインとの絆が深まる
そして衝撃の結末が..
ちぇりおー!!
主人公はめちゃくちゃ強いです最強ですね。ラストがやばい。

投稿 : 2016/05/20
閲覧 : 78
サンキュー:

2

ネタバレ

ホラントン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なんだったんだろう…

凄い面白いよ!と言われたので観てみた。周り評価がかなり高かったため期待してたが、正直全く面白いと感じなかった。自分の感性はずれてたり、またはかなり幼稚なのではないかと自信を失いました。別にキャラデザについても全く問題ないし、特有言い回しも結構面白いと思ったが、なんか登場人物がきつかった。主人公の度重なる性格・行動の変動についていけなかった…。てか、なんで否定姫エンドなんだよ!普通将軍じゃなくて、そいつを殺すだろ!将軍いきなり殺されてかわいそうだろ!意味ワカンネー。未熟者の私にはどうやら早過ぎた作品のようです…。また勉強して出直します。

投稿 : 2016/05/11
閲覧 : 105
サンキュー:

3

ネタバレ

DxVNz94635 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

食わず嫌いは勿体無い

和風テイスト溢れる独特な絵柄が印象的な作品。舞台は、江戸幕府が成立しなかった架空(平行世界?)の中世日本です。

全12話(1話約50分)の、多くの部分が主役2名の掛け合いです。主役を演じるのは細谷佳正(鑢七花)と田村ゆかり(とがめ)のお二方。

上述の特徴的な絵柄と、主役2名の声質や演技が気に入るかどうかで、評価が分かれそうです。

笑いあり涙ありアクションありの本作、食わず嫌いをせず観てみれば、きっと楽しめる作品だと思うのですが、とにかく色々と個性の強い作品なので他人様にお勧めし辛い感じなのは否めません…

ちなみに私は大変気に入ったので4周しました。

投稿 : 2016/04/04
閲覧 : 87
サンキュー:

2

次の30件を表示

刀語-かたながたりのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
刀語-かたながたりのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

刀語-かたながたりのストーリー・あらすじ

刀を使わない剣術「虚刀流」の七代目当主である鑢七花は、姉の七実とともに不承島で暮らしていた。
しかし、奇策士とがめの言葉により、伝説の刀鍛冶「四季崎記紀」の作った刀、完成形変体刀十二本を集めるため旅に出ることになる。(TVアニメ動画『刀語-かたながたり』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2010年冬アニメ
制作会社
WHITE FOX
公式サイト
www.katanagatari.com/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%80%E8%AA%9E#.E3.83.86.E3.83.AC.E3.83.93.E3.82.A2...
主題歌
≪OP≫栗林みな実『冥夜花伝廊』、ALI PROJECT『刀と鞘』、≪2013年放送版≫supercell『拍手喝采歌合』≪ED≫妖精帝國『誰そ彼の月華』、少女病『Refulgence』、畑亜貴『千本千女の刃毬唄』、kukui『虚無の花』、とがめ(CV.田村ゆかり)『愛と誠』、ALI PROJECT『雪ノ女』、鑢七実(CV.中原麻衣)『迷い子さがし』、のみこ『からくり眠り談』Annabel『証』、否定姫(CV.戸松遥)『否、と姫は全てを語らず』、飛蘭『亡霊達よ野望の果てに眠れ』、栗林みな実『時すでに始まりを刻む』、≪2013年放送版≫ピコ『言ノ葉』

声優・キャラクター

細谷佳正、田村ゆかり、中原麻衣、鈴木千尋、宮本充、池田昌子

スタッフ

原作:西尾維新『刀語』(講談社BOX)、キャラクター原案:竹、 監督:元永慶太郎、シリーズ構成:上江洲誠、キャラクターデザイン・総作画監督:川田剛、美術監督:工藤ただし、色彩設計:手嶋明美、特効監修:谷口久美子、撮影監督:中村圭介、編集:たぐまじゅん、音響監督:えびなやすのり、音楽:岩崎琢

このアニメの類似作品

この頃(2010年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ