「けいおん!! 2期(TVアニメ動画)」

総合得点
91.2
感想・評価
7069
棚に入れた
28789
ランキング
18
★★★★★ 4.3 (7069)
物語
4.0
作画
4.2
声優
4.3
音楽
4.5
キャラ
4.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

tomledoru

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

けいおんブームを作り出した

哀悼の意を抱きつつも,偉大な京アニの再興を願いつつ書かさせていただきます。

一期の後半から,軽音楽部らしい活動が増え,「放課後ティータイム」のオリジナル曲も,「ふわふわタイム」をはじめとして,流布していきました。

「放課後ティータイムⅡ」の曲「ピュアピュアハート」やOP,EDも当時各曲が,マニアの間では,流行ったという社会現象も起きたように記憶したいます。

ギターやベース,などなど楽器類が,ブームに乗って生産と売り上げが伸びたとか伸びなかったとか。

軽音楽にあこがれる学生さんもきっと増えたでしょうね。秋山澪/琴吹紬のコンビが好きでした。

ジョンレノンとポールマッカトニーみたいに・・・

アニメ以外に,軽音楽部や軽音楽を他の音楽並みにさらにポピュラーらしたという点で「けいおん!!」の功績は大きかったのではないでしょうか。

余談として,経験者としてレスポールモデルのギターはネックが太いので,初心者はネックの細いストラトキャスターの方がいいのではと平沢唯について思いました。手の小さい人はギター選びも慎重に・・・

投稿 : 2019/09/04
閲覧 : 24
サンキュー:

4

けいぴぃ

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今更ながら視終えました。

けいおんアニメ1期2期共に全て見終わりました。

これまで自分がけいおんに対して持ってた事前情報としては
自分が好きなバンド・the pillows(ピロウズ)のメンバーの名前の一部が
キャラの名前として使われている事くらい(山中さわ子、眞鍋和、鈴木潤)

昨年末に原作漫画を読みましたが、年明けから
アニメを視聴始めました。

アニメも基本は漫画と同様、けいおん部員の緩やかな日常の内容ですが、
文化祭や卒業等の節目では感動する流れにして
メリハリがついてあったのが良かったです。
(漫画では感動シーンはほとんどない)

ちゃんと卒業したのも良かったです。
日常系といってもサザエさんやちびまる子ちゃんみたいな
キャラが年とらないのと違い、
たった高校3年間のかけがえのない二度と来ない大切な日常
という感じで良かったです。

投稿 : 2019/08/23
閲覧 : 172
サンキュー:

18

kzyk

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

27141:

たまとg.474ちたそすーつたかたとあつあたうつi

投稿 : 2019/08/18
閲覧 : 44
サンキュー:

1

とうふ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観たい

日常系アニメのトップクラス

日常系アニメでありながら退屈させない面白さ、また音楽の良さ、感動シーンは号泣もの

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 37
サンキュー:

2

ネタバレ

かがみ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

日常系におけるひとつの頂点

ゼロ年代以降のサブカルチャー文化圏において「セカイ系」と「サヴァイブ系」を止揚するような形で現れたのが「日常系」という想像力であり、そこで強調されたのは「ここではない、どこか」目指すのではなく「いま、ここ」をより豊かに彩っていくという青春観であった。こうした日常系におけるひとつの頂点に位置するのが本作である。放課後ティータイムはロックという音楽がかつて内包していた「意味」を全て剥ぎ取り、あくまでこの日常を祝福するために歌う。象徴的なのは17話だろう。部室が使えなかったり、憂が風邪をひいたりするという出来事を通じて唯は「当たり前」がいかに大切なものであるかを思い知る。結果、放課後ティータイム後期を象徴する2つの名曲が産み出された。本作は日常系における「いま、ここ」というコンサマトリーな感覚に徹底して寄り添った作品である。社会学者の見田宗介が言うように現代的成熟とはまさにコンサマトリーな幸福感受性の涵養にある。過去に囚われるのでもなく、未来に生のリアリティを先送りするのでもなく、文字通りの「いま、ここ」により深く潜ることで、ありきたりな日常の風景の中にも、いくらでも瑞やかな歓びを汲み出していけるのである。

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 46
サンキュー:

5

ネタバレ

KANO

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

観てない人達に一言、観れば解るし観なければ解らない

今更のレビューです
恥ずかしながら、本作の鑑賞は1年少し前になります。アニメに嵌ってからも少し後の鑑賞でした。
本作ですが社会現象として作品名ぐらいしか知らず、又後々の作品に多大な影響を与えたと言われた事は本当に納得させられました。
特に2期、3年生ならではのエピソードや、たわいも無い話しを言わば鑑賞してる事で、知らず知らずのうちに作中の彼女達との距離感を近づけられてる演出なのでしょうか…
学園祭では、今回はクラスの発表のエピソードをしっかり描かれいよいよ軽音部のステージが始まり、過去2回とは違い、盛り上がりや個々の表情も描かれ十二分以上に満足できる演出でしたが…この後ですよね。
部室で達成感に浸りながら、今の生活に終わりが近づいている事に気付いてしまう。同時に視聴者も気付いてしまう。彼女達と同様に観てる側も自然に一緒になって涙をこぼす。これは一体何なんでしょうか?まさしく観れば解るけど観ないと解らないシーンだと思います。
で、一般的には彼女達のように女性は周期的に感情をしっかり出しそして次の活力に変えて行き、男性は喪失感に苛まれ、引きづる物だと思います。
観点によれば本作は罪作りな作品なのでしょうね。
もちろん最後も良かったですが、個人的にはやはり部室のシーンです

今回の事件によって
今後、国内のアニメを良く知る方々、海外で日本のアニメを支持していただいてる方々の善意ある行動によって、これから国内全体のアニメーションに対する見識が変化する事を切実に願います

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 45
サンキュー:

6

ISSA

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

深夜アニメへのいざない

10年前、けいおん!けいおん!!けいおん映画…
これ視聴して本格的に深夜アニメにハマった印象的なアニメです。

ユルーイ世界観の中でヒロイン達が高校生という限られた時間の中で生き生きとEnjoyする。

笑いと癒しの世界を初めて知ったアニメ。
最後に「天使にふれたよ」でしっかり泣かせる場面
も…

シンプルなのに耳に残る作中楽曲、ヌルヌル動く作画も合わせて楽しめる要素が満載アニメ。


けいおん見るまではアニメより洋楽邦画の方が沢山観てたしアニメファンなんて変な人って偏見持っていた。
サイコスリラーのキューブリック、ルーカス、コッポラ、スピルバーグ、黒澤明、山田洋次も深作欣二も「楽しめる」「考えさせられる」って感想になるけど。

けいおん!見て「癒される」感情になる映像があるのを初めて知ったし、自身のネガティブな感情を和らげてくれる力がアニメにあったのがある意味驚きでした。

私にとって深夜アニメ&癒されるアニメの原点はここですね。

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 273
サンキュー:

26

勅使河原

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

青春って、いいなあ

1期のレビューでも書いたのですが、けいおんは見る歳によって印象が変わると思います。
若い時に見た時は楽しめたのに、大人になってから見直すと純粋に楽しめなくなったり。
あるいは、若い時は良さがわからなかったけれど、大人になって見直すと見えてくる良さがあったり。
私は後者のパターンでした。

1期は1クールで唯たちが1,2年生の時の様子を描いているため、ただ日常をのんびりと過ごす様子を愛でることが中心でした。
ですが、2期は3年生の唯たち&2年生の梓を2クールに渡って丁寧に描写しています。
そのため、彼女たちのより深い心の交流や曲を試行錯誤して完成させる様子も見ることができます。

また、後半に行くにつれ梓視点のシーンが増え視聴者側まで唯たちとお別れの時間が近づいていることを感じてしまいます。
これはずるいですね。
京アニは完全に泣かせにきてます。
何となく切ない感情を抱きながら迎える最後の文化祭はハンカチなしでは見られません。
この青春が永遠に続いて欲しいだなんて、使い古されたようなことを思ってしまいます。
ああ、青春って、いいなあ。

投稿 : 2019/07/27
閲覧 : 35
サンキュー:

5

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

京アニ爆破事件に関して

アニメ会社というのは、脅迫状や不審者が彷徨いていたりするのは業界的には当たり前のことであり、そういう電話や郵便物等も度々来るのですが、

いかんせん今回は予想外の大惨事だと思います。

企業として避難経路や防災などしかる措置を取れなかったのかという意見もありますが、大企業でもない限り殆どの場合は個人宅であり、廊下や机には無造作に置かれた資料や設定集、原画動画などが散見する形となっていますので、火が付いたら当たり前ですが引火するし、危険が多い職場です。今回逃げ遅れて16人の死傷者(過去最大規模ではないのでしょうか)を出してしまったのもこういった状況下に逃げ遅れてしまったことが原因だと思われます。

基本的にはアニメ会社では自炊する人や住み込みで働く場合が多いので(給料が安いのも原因ですが)火元や電気、ガスも自由に使っているのでそういう緩さがこういった場合に対策が取れない事の要因でもありますが、そういう普通の企業とは違う雰囲気が作品を作るモチベーションとなっていることを考えても、今回の事件は非常に業界を揺るがしました。

これから制作体制自体を問われるアニメ業界に対して、今後いろんな意味で見直しが図られることだと思います。それが良いのか悪いのかは今は何とも言えません。

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 105
サンキュー:

15

リーク

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全ての高校生とこれから高校生になる方は必見‼︎

感想
2期は1期よりも青春の良さを凄く実感できます。特に文化祭の回はめちゃくちゃ泣けます。神曲が非常に多く特に「天使に触れたよ」という曲は聞いてるだけで涙が出ます。笑って泣ける最高アニメです。
火災でこのアニメの原画とその他京アニ作品の原画が全部燃えたことと京アニスタッフ34人が亡くなられたことが凄く悲しいです。青葉真司を許すな

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 242
サンキュー:

21

ネタバレ

フィオーネ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

ほのぼのするアニメとはよく言われるけど、放課後ティータイムめっちゃカッコいいよ。




まぁ、ほのぼのするんですけどね。

投稿 : 2019/07/19
閲覧 : 11
サンキュー:

2

ootaki

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

けいおんなのですが

内容自体はいつものけいおんなのですが、OPとEDが個人的に残念です。
1期よりもこちらの方が評判いいらしいが自分個人的には1期の方が好きです。
この作品から京アニ特有のキャラデザのクセが目立つようになりました。

投稿 : 2019/07/17
閲覧 : 80
サンキュー:

6

ネタバレ

noRespect

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

さすが

戦闘シーンやエロシーンやラブコメ要素もなく、登場人物が少ないのに毎回面白い。ギャグも効いている。感動もできるが天使にふれたよのとこで回想シーンがあったらもっと良かった。が、十分感動した。さすがだと思う。

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 35
サンキュー:

4

ネタバレ

nan-nan

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

人気ですが…。

人気アニメですが、何が面白いのかさっぱり解りません…。
一応全話観ましたが、私には時間の無駄でした…。

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 34
サンキュー:

3

ネタバレ

森可成

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人生のターニングポイント

洋楽を聴き、
髪を染め、
エアマックスを履いた、
高校時代。

サークルに入り、
コンパに行き、
アイリッシュセッターを履いた
大学時代。

社内恋愛をし、
残業自慢をし、
オールデンを履いた
20代の社会人時代。

そんな日々を過ごしておりました。
丁度40歳になって
今振り返ると痛々しくステレオタイプな
歴史であります。
別段後悔している訳ではございません。
まあ、そんなこともあったな、
と感慨を覚えるばかりであります。
ただアニメを観るような若者ではありませんでした。

いきなり遠回りをしてしまいましたが、
そんな過ごし方に大きな影響を与えたのが
「けいおん!」でありました。

何気なく深夜、テレビを観ていた私は、
幸運にもリアルタイムで
見れたのであります。

その時、観たのは1期の3話でありましたが、
それはそれは衝撃を受けたものです。
何せまともにアニメを観たのは中学生以来ですから
一気に未来へワープしたも同然なのであります。

キャラの可愛さ、作画の良さ、曲の素晴らしさ、
有って無いようなストーリー、ふわっとした会話
全てにハマったのであります。

今から10年前は、大人がアニメを観ている、と
公に語ることは気恥ずかしい風潮がありました。
「そんなもん知るか!」と思わせる破壊力が
「けいおん!」にはあった訳で、
私は会社の同僚や友人に布教したのであります。

布教しながら一期も二期も観続けた訳で
ありますが、思い入れがより強いのは、
やはり二期になりましょう。

最初から最後までリアルタイムで観れた、
というのも理由の一つなのですが、
比較的アニメを観るようになった
今をもってしても一番泣いたアニメ作品だから
というのが最大の理由になりましょう。

とはいえ、リアルタイムで観ていた時は、
「U &I」と、あずにゃんの「卒業しないでよぅ」、
以外では泣いていないのです。
しかし、2周、3周としているうちに毎回泣くように
なってしまったのであります。
もはや禁断症状と言わざるを得ません。

全てが、あずにゃんの「卒業しないでよぅ」に
に繋がるような気持ちになってしまったのでしょうか。
学園祭や最終回など、再生する前から涙目であります。

更に厄介なのは曲であります。
作詞の大森祥子女史は人を泣き殺すつもりで
作詞をしているとしか思えません。
「GO!go!maniac」だろうが
「ぴゅあぴゅあはーと」だろうが
聞けば問題無用に目頭が熱くなり、
「U&I」や「天使にふれたよ」なんて
思い出すだけで泣けてくるのであります。

私は「けいおん!」のお陰で、
その後色々なアニメを観るように
なりました。
音楽ものも結構観ております。
アイマス、
デレマス、
ラブライブ、
サンシャイン、
バンドリ、
その他諸々、デレマス以外は
それぞれ良作だと個人的に思っております。

ですが「けいおん!」とそれらを比べるのは
無意味と言わざるを得ません。
不世出の柔道家、木村政彦と同じように
「けいおん!の前にけいおん!なく、
けいおん!の後にけいおん!なし」
なのであります。

まさに孤高の存在なのであります。
いつもゆるふわ、なのに
いきなり泣かせる日常系と
いう謎のジャンルでもあります。

私の拙い文章力では「けいおん!」の
魅力を語り尽くすことは到底叶いません。
皆様のそれぞれの「けいおん!」への
熱い思いを大切にして頂きたい、と
切に願うばかりであります。

最後に私の好きな「けいおん!」の
曲ベスト3をお伝えしたいと思います。

3位
「ふわふわ時間」

2位
「いちごパフェが止まらない」

1位
「Singing!」

二期とは、あまり関係ございませんでした。

投稿 : 2019/06/21
閲覧 : 55
サンキュー:

7

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期の勢いそのままの2期

1期が面白かったので、期待していた2期。

たいていのアニメの場合、2期になると勢いがなくなるものだけど、この2期も面白かった。

主役4人の卒業シーンには涙。

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 30
サンキュー:

4

ネタバレ

ヌルゲーマー

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

元気をもらった

1期のレビューから何年もたって何故か最近になって見たくなった。
今更だが日本の漫画やらアニメは名作多すぎてあれこれ目移りしてしまう…。

そんな理由で改めて1期から視聴しました。やっぱり終始おちゃらけてて最高ですね!唯&律がボケて、澪が呆れて、紬が笑って、あずにゃんがキレる。毎回こんなシンプルな流れなのになんでこんなに癒されるんですかね…。このままのテンションで物語が終われば最高だったんですが………、きっちり卒業まで描くんですね…。まさか泣かしにくるとは…(まあ泣かなかったですが)

漫画ではけいおんメンバーのその後の話も描かれているようですね。でも自分は動いてる彼女たちが見たいです。(ワガママです)もし、軽音楽部をテーマにしたアニメを当時のスタッフがまた作るのなら、何らかの形でHTTのメンバーを出演させて欲しいです。

彼女達のグダグダな放課後の雰囲気が見れないのが物凄く寂しいですが、元気を沢山もらえた事に感謝してます。日本に生まれて良かったわ~

投稿 : 2019/05/21
閲覧 : 69
サンキュー:

6

既読です。

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「けいおん」ロス。

2019年令和元年GW期間中
10日間どこにも行かず

「けいおん」
「響け!ユーフォニアム」

一気に観てしまいました。

今は寂しくて仕方がないです。
(ユーフォロスでもある)

リアルタイムで観てなかったのが
とても悔やまれますが、共に
遅まきながら観ることが出来て
神に感謝レベルで良かったです。

OPもEDもアニメーションは神でしたね。
音楽と動きがマッチしていましたし、
創りもPOPで、これが流行らない訳がない。

「Listen!!」なんか
あの画の動きはマッドネスが
ホンダCITYのCMでやったやつ?

ということは、作画に関った人は
私と同世代かな?
約40年経った今でも新鮮です。

第1期に引き続き、2期も1話完結で、
通して大きな流れがある訳でもなく、
行き当たりばったりでしたが
どの話も完成度は高く、また
その途中途中に散りばめられた
ギャグの数々は珠玉!

思わずPC画面にウイスキーを
吹いてしまいそうになりましたよ。

私にとっての神回は修学旅行です。
まあ、それ以外にも、挙げれば
きりがないのですが、記念写真で
瞼を閉じたヤツは予想外過ぎて
吹き出しました。

さわちゃん先生もノリがいいですし、
やはりなにが一番って
女の子たちが仲良しってところが
視聴者の共感を得たのでしょうね。

ところで「けいおん」の支持率って
男女比では男性>女性かな?

キャラクターの人気投票なども
あるようですが、私は

憂≧律≧ムギ≧唯≧澪≧梓・・・

いや、みんな等しく大好きです!

しかし、一緒に居たいから同じ大学
に進学って・・・どんだけ仲良しなの!
私たちの世代は、目指す大学や学部は
バラバラでしたし、誰かと一緒など
考えもしなかったです。

澪なんて公立蹴ってまで私立行くし
それだけ仲が良いって羨ましいです。
このすごく仲良しな姿こそが
「けいおん」最大の魅力でしょう。

WikiではN女子大となっていますね。

終盤、梓が寂しさに耐えきれず
口にした言葉は、私たちの言葉です。
あの涙は私たちの想いです!

コミックではカレッジ編があるので
「けいおん!!!」女子大編を
制作して欲しいです。
山田尚子先生、吉田玲子先生
是非お願いします!!!

ちなみに福岡では5月5日時点で
1期の第5話が再放送されています。
私みたいに観てなかった人や
新しいファンが増えることを願います。

投稿 : 2019/05/08
閲覧 : 74
サンキュー:

5

taijyu

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ゆるふわ楽しく、見ると幸せになれる。

2年を1クールで描いた1に比べて、1年を2クールで描いた分、薄いといえば薄いです。
しかしこのゆるふわな日常をいつまでも長く続けて欲しい、とい視聴者の願いに応えてくれた結果だと思います。

クラスメートの顔を全員設定するなど作り込みもしっかりしていますね。
ネギま以外でこんなの初めて見ました。

皆可愛くて楽しくて、この世界にいつまでも浸っていたくなる。
見ると幸せになれるアニメです。

しかし着実に近づいていく卒業という別れに、作中キャラと同じように悲しみ、涙した視聴者も多いことでしょう。
ゆるふわ楽しく、終盤は本当に感動的なものでした。とても素晴らしい作品です。

投稿 : 2019/05/02
閲覧 : 46
サンキュー:

5

こーひーなた

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:----

何にも考えず観れる

ぼーっと可愛い女の子達を眺めてるだけで癒されるアニメです。何にも考えないでただ癒されるアニメです。それでも面白いです。

投稿 : 2019/05/01
閲覧 : 54
サンキュー:

4

ストックトン

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

1期目以上に面白かった。
相変わらずのんびりしてて楽しそうで、
細かいところまでいちいち面白かった。
でも終わりに向かうにつれて、涙なくしては
観られなかった。
そうゆうふうになっていくだろうなとは
思っていたけど、予想以上だった。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 32
サンキュー:

4

ZORRRO

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

平成に名を残す神アニメ。

期待値MAXで視聴。期待に応えてくれた神作品。
ところで、永田さん……永田依子さんはいずこへ………


【ストーリー】

1期は唯たちが1~2年生終了まででしたので、2期は3年生の1年間。
そうなるとやはり、卒業に向けて少々シリアスにもなります。
が、1期からの話のテンポとツボは相変わらず抑えていて面白いかつ、
加えて感動させてくれるというなんとも出来の良すぎる物語になってます。

3年生だし、イベントは最後だねーみたいな流れなのはものすごく定番で、
卒業だねー、感動だねー、という定番なのも分かっていたのですが、
感動してしまいました。視聴者目線の「けいおんが終わってしまう~」みたいなのも無かったとは言い切れませんが(笑)


【キャラ】

1期に引き続きキャラがものすごく良い。すべての見どころがキャラにほとんど詰まっていると言っても良い。
メンバーであずにゃんだけ2年生だってのにも注目してほしいです。

私は『おっとりキャラ』というのをあまり好まないのですが、むぎちゃん良すぎる。一生見ていたい癒やしキャラ。
個人的にはむぎちゃんに注目してぜひ癒やされてほしい(笑)


【他】

曲も増えましたし、作画はOPもヌルヌルでむちゃくちゃ良い。
1期から引き続きですが、あにこれ的な項目でなら全てにおいてバランスが完璧。
そのあたりが当時爆発的な人気を誇ったんでしょうね。

当時中学生でしたので、校内放送で唯のキャラソンが流れまくってたのを思い出しました。
『ごはんはおかず』とか当時はアニメ知らんかったので「なんやこのふざけた曲はw」と笑ってた記憶があります。
それほどまでにこの『けいおん』が流行った、またアニオタほ増やしたんじゃないでしょうか(笑)
加えて、ギターとかドラムとか初めた人も少なくなさそうw

ていうか永田依子さんまじどこ行ったん。WA2も(ry

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 70
サンキュー:

12

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1期を見てから見てね^^

日常のおはなしで

毎日お茶しておかしたべておしゃべりして
練習とかはあんまりしないで
たまに新歓コンサートとか学園祭とかあるけど
毎日友だちとだらだら~ってしてるだけw

でもそうやってるうちに
ちょっとずつ毎日がすぎてって
高校生じゃなくなっちゃう

きのうまでおしゃべりしてたみんなと
会おうっておもったら
もうぜったい会えなくなっちゃうわけじゃないのに
もう会えなくなっちゃうのかもって
悲しくなっちゃうのかな。。

{netabare}
はじめのほうから
このままだとあずにゃんが1人になっちゃうって
それじゃあさみしいよねって
みんなで新入生の募集をがんばってたけど
やっぱりむずかしくって

とちゅうであきらめちゃったとき
にゃんは悲しかったなぁ。。
かわりにかわいいトンちゃんは来たけど
やっぱりみんなのかわりにはならないよね。。

みおちゃんファンクラブとかあったから
さがせば誰かけいおん部に入る人とかいたかも。。って

でもやっぱりがんばらなのがけいおん部で
みんながあつくなってたら
ちはやふるとかみたいな
ぜんぜんちがうおはなしになっちゃったんだろうなぁw

それでもいろんなことがあったけど
やっぱり卒業が近づいてきたら
かなしいお話しがふえてきて
泣いちゃうところも多くなってきたみたい

にゃんが好きだったおはなしは

け・い・お・ん・ぶ・のキ-ホルダーのおはなし

むぎちゃん×りつちゃんとむぎちゃん×あずにゃんで
むぎちゃんってお嬢さまで何でもできそうなのに
でもなにをしてもたのしそうでいいなぁって

あと出てくるおかしとかもよかった~w
ケーキとか多かったって思うけど
大福とかもあったよねw

そういえば24話で紅白のおもち(まんじゅう?)
25話でみんなで大福たべてたり
インタビューでおばあちゃんが
「来年も商店街の演芸大会に。。」とかって

もしかしたらけいおんがもうちょっとでおわりで
このころから「たまこまーけっと」って
京アニの人たちが作りたいって思ってたのかも。。

食べもののうたもあったね
「ごはんはおかず」って^^
そうゆえば作者の人は「かきふらい」って
くいしんぼのにゃんは共感しちゃったw

卒業しないでよ。。ってゆったあずにゃん
それからあずにゃんのために作った
「天使にふれたよ」ってとってもよかったね^^
じっと見てたらなんだかなみだがあふれてきちゃった。。
{/netabare}

あとは映画のけいおんだけかな。。

投稿 : 2019/03/22
閲覧 : 917
サンキュー:

219

ネタバレ

かいのゔあ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「笑って泣ける!」とはこのこと

個人的に一期はほのぼのとしたかわいい感じだなあと思い二期の方も見ましたが、まさかあそこまで感動するとは思いませんでした。自分の部活の引退より泣けました(笑)
特に、文化祭のあたりからがすごいです。
{netabare}文化祭のライブが終わり、放課後ティータイム(主人公達のバンドの名前)みんなで部室に集まるシーンがあるのですが、そこで唯たちは来年の文化祭の話を始めます。もちろん唯達は三年生なので来年の文化祭はありません。それでも、「このメンバーでずっとライブをやりたい」という気持ちが溢れて、お互いに次のイベントについて語り合います。
ここの場面で、僕は大号泣しました。放課後ティータイムのメンバーそれぞれ音楽に対する考えは違っても、この仲間とずっと音楽をやりたいという思いは一緒だったのだなと思わされました。
そして、最終回の卒業式!はぜひとも皆さん自身で見てほしいと思います。こちらもまた感動します。
{/netabare}
このアニメの凄いところは、主人公達だけでなく、周りの先生、クラスメイトにまで日常があるところだと思います。
そして、もうこのアニメは放送から約10年が経ちます。
この機に、あの頃は
「なんだこのアニメww」や
「全然面白くないや」と
思っていた方や、いろいろな事情でオタクを卒業した方、
クリアファイルを求めてローソンをハシゴしていた方にもまた見てほしいと思っています。
そうすることで、またあの頃とは違った良さが見えてくるかもしれません。けいおんについてお互いに話していても互いに面白いと思うポイントが違うことがあります。それもまたけいおんの魅力だと思います。
最後になりますが、この機会により多くの人がけいおん!!にふれることを願います!

投稿 : 2019/03/19
閲覧 : 79
サンキュー:

4

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

部長の本気を見せてやるぜぃ~!

日常&ほのぼの系の王様。安定の面白さ。しかし、後半は思わず涙ぐんでしまいます。

第1期は2年間で12話なのに対し、第2期は1年間で24話。一つ一つのエピソードが丁寧に描かれています。
OP・ED・挿入歌とも最高の曲ばかり。そう言えば、『けいおん!』きっかけでアニソン好きにもなったような記憶が・・・。

個人的に一番好きなのは11話。理由は・・・。
何故か分からないけどツボなんですよねぇ。
{netabare}
『暑い!』
唯と紬がスク水になったり、澪と紬が着ぐるみを着たり、唯と律がバケツに足を突っ込んでもめたり、トンちゃんの水槽を取りに行ったり、唯と律が生徒会室に乗り込んだり、全員で部長会議のリハーサルをしたり・・・。たった一日の放課後にどれだけイベントがあるの?
で、色々あったけど、最後は『私クーラー苦手なの忘れてた』ってどういうこと?
{/netabare}

もし、この作品を見始めて、少しでも面白いと感じた方は、長く感じるかも知れませんが、我慢してでも24話まで見て欲しいです。
ほのぼの・ほっこりの連続の後、最後には必ず泣けます。

投稿 : 2019/02/28
閲覧 : 354
サンキュー:

88

プクミン

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

部活は遊び

けいおん2期です。
作中でキャラが楽器演奏して歌ったりしますが、それを取り入れる為に、軽音部にしたんだと思います。
でも、ゆるい話にする為か、コアな話もせず、練習もあまりせず、その癖なぜか上手いという。
特別面白いという感じもなく、印象に残る部分も無いですが、雰囲気は良いです。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 72
サンキュー:

4

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

君は天然色

山田尚子監督作品、構成吉田玲子。
私立桜が丘高校、軽音部の緩やかな日常その2。

初回の冒頭から完璧。唯のギターソロから、
「あっパン、食パン!!」で一気に魅了される。
平沢唯は驚異的なキャラクターである。
学祭の木の役も前髪を切りすぎたのも印象深いです。

軽音部の彼女たちとともに過ごす放課後。
この日常こそけいおんの真骨頂であります。
音楽活動は世界を広げる要素でしかないのです。
たしかに中盤は冗長な印象を残す所もありますが、
原作より先行しすぎない構成でしょうか。
キャラクターの強さで跳ね返していますよ。
担任であり軽音部顧問のさわ子先生も素晴らしいです。

無地のキャンパスほど多彩な色はない。
千差万様それぞれがそれぞれの色をそこに観るのだ。
楽しみ方がまだまだ足りない。
うんと楽しもう。そんなメッセージがここにはある。

青春の1ページを刹那に切り取ったED曲の、
ジャケットデザインにはいつもハッとさせられます。
フロイドやイーグルス、ストーンズの名盤に匹敵する(笑)

時は過ぎ卒業を控える彼女たちと共に、
僕も一抹の寂しさがありました。
楽しい時間も輝いている日々もずっとは続かない。
{netabare}ずっと続けば良いのにと僕としては、
静かに物語を終わらせたのが余韻があって好きです。{/netabare}

けいおん2期は傑作である。
ふわふわで楽しい時間がここにあります。

投稿 : 2019/01/20
閲覧 : 499
サンキュー:

83

ぜろろ

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ありがとう京都アニメーション

久しぶりにレビュー書きます。
年末年始にニコニコで一挙無料配信していたこのアニメについて(現在2019年1月)

私はこのアニメ2回目の視聴でした。はじめて観たのがいつだったかは記憶が定かではありませんがこのアニメと出合うまでいわゆる日常物が苦手だったということは覚えています。今では大好きなきんモザですら3話見て切ってたのですがけいおんに出合って色々価値観を歪まされました(笑)。人生ブレイカーと呼ぶ人も多いこの作品に多大な影響を受けた人は私以外にも多いことでしょう。

このアニメの何がすごいのかと考えると全てがすごいので逆に考えづらいのですが、強いて挙げるのなら、すごい技術(作画と演出)でどこかにほんとにありそうな普通の日常を描いたこと、なのだと私は思いました。改めて見返してやはり日常物こそ作画の良し悪しがものを言うのかなという気がしました。私は絵描きってわけじゃないので専門的なことは分かりませんがけいおんの作画の凄まじさはわかりました(さすが京アニ)。ちょっとしたキャラの仕草、表情とかどんなに細かく作られてても(むしろ細かく作られれば作られるほど)全部は気に留められないかもしれないです。でも、きっとそういう細かいことの積み重ねで見ている側がどれだけキャラをリアルに、身近に感じられるかって決まってくると私は思うのです。神は細部に宿るなんて言葉がありますが、作り込んだ物ってのは無駄なんかでは全然なくて、何だかんだ見ている人の心を強く打つのだと私は思います。あの作画のおかげで私はすっかりけいおん部と一緒にもう一度青春を送った気にさせられました(笑)。

1期2期合わせて3クールにも及ぶ長い期間、あのほとんど練習しない、どこかにいそうな(けどいない)愛すべきけいおん部のメンバーと一緒に青春を送った気分にさせられて、それであの文化祭のシーンや卒業式をやられたら、、、そりゃボロ泣きもします(私は最近けいおんの曲を聞くだけで目頭が熱くなる病気になりました)。

投稿 : 2019/01/14
閲覧 : 64
サンキュー:

12

ネタバレ

kou1221

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

凄いの一言に尽きる

日常系の喪失感がやばかった
人生変えるみたいなツイート疑ってたけど、リアタイで見てたら本当に変わってたかもしれない

レビュー初めて書いた作品だわ

投稿 : 2019/01/04
閲覧 : 118
サンキュー:

3

ネタバレ

ああ

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

GO! GO! MANIAC

やっぱりけいおんはすごい。

前期1クールで高校2年分終わらせておきながら、今期は1年分を2クールでやってだらだらとしてただけなのに見る気を起こさせるのはけいおんでなくては無理だと思います。これは皮肉でなく。

なんせ1年分ですから当たり前の学校行事や季節ネタだけでは到底内容がなく、けいおんならではのネタで最後まで突っ走って、視聴させる力がありました。といっても成分であるように20話が素晴らしく、この作品は一貫して文化祭回の出来が良いですよね。これは一期からだと感じます。そして、今回は最後の文化祭ですからね。部活てきには、卒業も同然。本来の卒業式回よりも良い味が出てました。まあ、卒業式回も素晴らしかったんですけど。

また、今期からはメインの登場人物の多くが卒業といことで進路系のネタも多く、懐かしい感じがして何ともいえない気分にさせられました。

でも、京アニさんらしく何気ないところまで描写されていて、モブキャラもいちいち動いているので何度見ても楽しめますね。

この作品の多くは、何気ない日常回でしたけどやっぱりお気に入りに挙げるような回は文化祭であったりサマフェスであったり新歓であったりの音楽要素がある回だった気がします。

あにこれに登録していて見ていない方はいないと思いますので、このレビューを機にまた見直してもらえるとうれしいかな。

投稿 : 2019/01/01
閲覧 : 145
サンキュー:

16

次の30件を表示

けいおん!! 2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
けいおん!! 2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

けいおん!! 2期のストーリー・あらすじ

高校1年生の春に、軽音部に入学した楽器初心者の平沢唯。部長の田井中律、恥ずかしがり屋の秋山澪、おっとりした琴吹紬の3人とともに、普段の部室でのお茶を中心に、合宿、学園祭、クリスマスと楽しい日々を過ごしていた。高校2年生時には、真面目な新入部員の中野梓を迎え、軽音部2度目の学園祭を5人のバンド「放課後ティータイム」として大成功を収める。そして、唯たちは高校3年の春を迎える…。(TVアニメ動画『けいおん!! 2期』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2010年春アニメ
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
www.tbs.co.jp/anime/k-on/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%91%E3%81%84%E3%81%8A%E3%82%93!#.E7.AC.AC2.E6.9C....
主題歌
≪OP≫放課後ティータイム『GO! GO! MANIAC』、放課後ティータイム『Utauyo!!MIRACLE』≪ED≫放課後ティータイム『Listen!!』、放課後ティータイム『NO,Thank You!』

声優・キャラクター

豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈、真田アサミ、藤東知夏、米澤円

スタッフ

原作:かきふらい(芳文社『まんがタイムきらら』連載)、 監督:山田尚子、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン・総作画監督:堀口悠紀子、プロデューサー:中山佳久/中村伸一/太布尚弘/八田陽子、楽器設定・楽器作監:高橋博行、美術:田村せいき、色彩設計:竹田明代、撮影監督:山本倫、編集:重村建吾、音響監督:鶴岡陽太、音楽:百石元、音楽プロデューサー:小森茂生、アドバイザー:石原立也、アニメーションプロデューサー:大橋永晴

このアニメの類似作品

この頃(2010年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ