「けいおん!! 2期(TVアニメ動画)」

総合得点
91.2
感想・評価
7185
棚に入れた
29585
ランキング
20
★★★★★ 4.3 (7185)
物語
4.0
作画
4.2
声優
4.3
音楽
4.5
キャラ
4.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

けいおん!! 2期の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

後輩中野梓のお仕事

祝!!『けいおん』10周年

が理由の地上波再放送を機に1期を視聴。
いつもどおり感想を書いて、いつもどおりレビュアーさんと交流してという私にとっての日常。
少なからぬ皆さまがこうおっしゃる。

 「2期と劇場版こそ見てね」
 「けいおん!でアニメにハマったのだよ」

視聴機会を逸して半年近く経っての2期視聴でした。
本編24話。特別編+2話。高校3年生になった唯たち軽音部面々の1年間を丁寧に描いた良作です。って私が言うまでもありませんね。
あにこれでも7,000件超の感想数。その社会的影響を含めいろんな方向から語りつくされた日常系アニメの金字塔です。
 
いやー面白かったです。なにが刺さったんだろう?


 時間は有限

 輝きの一瞬

 寂寥感


入学したての新1年生からの2年間を1クールで追った1期とは対照的な2クールの長尺。
変わらない日常をそのまま映した日常系作品の中では明らかに異色で、卒業というゴールを設定してそれに向かっていく時間を丁寧に紡いでいく。
異色ながら毎回繰り広げられるのは他愛のない日常。ドラマチックとは縁遠い日々を重ねていきます。

他愛のない日常の中にもゴールに向かって着実に時計の針が進んでいく様子にどうしようもなく寂寥感なる感情が掻き立てられるのでした。
そんな感情を呼び起こす青春ものと呼ばれる作品は数あれど、派手な演出抜きでじわりじわりとくるものは珍しい。日常系苦手ならなんなら1期飛ばして2期から観ても良いよと言いたいくらいです。

さらに地味ながらアバンで前回の振り返りをせずその尺の分だけ中身は濃いめです。各回が独立しているかのように感じて、まるでフォトアルバムをめくっているかのよう。


一口に“日常系”と言ってもいろいろ。むしろそんな色眼鏡は外しちゃったほうが幸せな気がします。


公言してますが、私は日常系作品が苦手です。
本作『けいおん!』についても当初はそうで、例えるなら新1年生当時のかつての中野梓みたいな反応をしてました。
日々繰り広げられる放課後のお茶会に早々に見切りをつけ一度視聴を止めてます。

退部せずに残ったらどうなっただろうか?・・・かくしてその後の道程は彼女と一緒。
日常の繰り返しの中でハッと思わされることがあり、次第に居心地がよくなって、ついにはこの時間がこのまま続けばいいのになと思ってしまう。

どのキャラが好きというのでも、また誰かが欠けてもいいと言いたいのでもなく、この作品は、


 あずにゃんなくして成立しえない物語


でした。同学年同士では絶対に出せない深みとコク。先行く者と残る者双方の想い。今そこにある“日常”が尊いと素直に思える素敵な作品です。


{netabare}「卒業しないでよぅ~(T_T)」{/netabare}

me. too でした。



※ネタバレ所感

■卒業に向けての振り返りダイジェスト

だっていちいち意識させるんだもん

{netabare}#2 とんちゃん仲間入り。あずにゃんが寂しくないようにとのみんなの愛です。
#4 京都修学旅行。箸が転んでもおかしい女子高生たち。
#5 からの“け”“い”“お”“ん”“ぶ”キーホルダー。あずにゃん嬉しそう。
#7 曽我部先輩のbefore(高3) after(大1)がたった1年でも変わるよね、がわかる。
#8 進路指導入りました
#10 デスデビルのメンバーは〇年後のHTT? 素敵な年の取り方をしてほしいよね。
#12 フェスで星を眺めながら「ずっとHTTでいたい」と5人。
#13 夏祭り。「やっぱり先輩たちといると楽しい」 前半終了 
#16 こっから文化祭モードに。いつの間にやら軽音部の空気にしっかり馴染んだあずにゃん。
#17 唯は憂の風邪をきっかけに“日常”のありがたみを知る。1期で風邪をひいたのは唯でした。

この第17話以降は明確にカウントダウン開始。その前段でのジャブがあとから効いてくるのが心地よい。というか寂しいのでした。{/netabare}


■ほんと些細なことなんだけどさ

{netabare}卒業アルバム用の写真撮影を巡るあれやこれやで1話まるまる使いますかね?{/netabare}

{netabare}卒業式前日だけで1話まるまる使いますかね?{/netabare}

もちろん褒め言葉です。日常の1ページといってもなかなかない切り取り方をしてるのです。演出はいわずもがなの京アニクオリティ。
そして、どちらも高校を卒業してしまえばもう経験しえないイベントなのです。


とても満足したんですけど…こればかりはしょうがない。曲はそれほど響きませんでした。好きな人も多いと思うがごめんよ。
OPなんて早口過ぎておっさんの劣化した聴力では聴き取れません。
歌詞の内容もちょっとこっぱずかしいです。メロディーは普通。


ただしそんなことは大勢に影響を及ぼしませぬ。バンドの巧拙よりも

 楽しそうにやってるだけでそれでいーじゃん

って思うのです。


THANK YOU HTT !



視聴時期:2019年10月

-----
2020.02.12 配点修正+0.1


2019.10.24 初稿
2020.02.12 配点修正
2020.06.23 修正

投稿 : 2020/06/23
閲覧 : 359
サンキュー:

59

SaTuKi さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

全話見終わりました。

全話見終わった感想

基本的にストーリー性、物語性をメインにアニメを見ています。

ジャンルは「青春」「学園」「バンド」だと思います。

2010年に放送された人気作品になります。

2009年に放送された「けいおん!」の2期になりますね。

正直ストーリー性に関しては1期とさほど変わる所はないです。
ただ2期では内容に「卒業」が含まれているので時の経過みたいのも感じる内容ですね、1期から見れば彼女達の変わらない日常と成長が楽しめると思います。

しかし1期のレビューでも言いましたがやはり凄いアニメですね。
4コマからここまで人気になるとは・・。

それにアニメ界ではよくある話で1期がよくても2期が駄作だったりすること結構あるんですがこのアニメは落ちないですね~。

日常と青春、バンド。
これだけで
1期12話 番外編 2話 計14話
2期24話 番外編 3話 計27話
合計41話

合計41話もあって飽きないってすごい事だと思います。
全体的に高評価な感じの作品です。

この作品は2期なので見た事ない人は1期から見る事をお勧めします。
素晴らしいアニメです。

投稿 : 2020/06/08
閲覧 : 37
サンキュー:

5

にゃんたろう さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高でした!!!

特に2期は卒業が近づくにつれて、泣いてしまいましす。話も1話1話面白く、京アニを代表する作品です!

投稿 : 2020/05/14
閲覧 : 64
サンキュー:

7

デルグ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 1.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

憎き「けいおん」を10年経った今、観る。

アマゾンプライムで24+3話視聴。

初めて、アニヲタを卒業しようかと思うきっかけを与えたのが
「けいおん」1期と「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」1期でした。

当時「けいおん」1期に何を感じたのか?
曖昧な記憶ですが、
・練習しない部活動(自分は体育会系のレギュラー争奪部活動で死に物狂いでした)
・ベタベタした関係(思考回路が共感できない)

この2点が特に嫌悪にも近い感情を抱いた事だけは記憶しています。

これが大ヒットしてしまうと、
アニメの流行が類似作品ばかりになるのではないかと
憎んですらいました。

では、何故10年経った今更、続編を視聴したかと言うと、
痛ましい京アニの事件。
京アニの作品にもっと触れたい。感じたいという想いが積もり、
「けいおん」という一度自分が脱落したコンテンツに
腰を据えてもう一度向き合ってみたい想いもありました。

人生経験を重ねた今の自分の感性ならば
違った想いを抱けるのではと期待半分、不安半分で視聴した2期。

結論から言うと、面白い部分もあった。
笑う事も多く、気持ちが軽くなった。

ですが、上述2点の嫌悪感は薄れこそ、感じました。
それにプラスして
・唯が苦手(実際にいたら、頭はたきたくなる)
・声優さんの音楽が苦手(昔から声優さんの歌声はどうしても響かない)

等々、自分自身の嗜好を再確認する事に…。

人生をダラダラと謳歌する女子高生の日常。
優しい世界、優しい人間関係。

総括としては
自分とは違った感性で生きる学生(架空)とすら共感できず
拒絶反応が出てしまう、独り善がりな自分より、
純粋な澄んだ心を持っている人の方が楽しめる作品な気がします。

とりあえず、劇場版も観てみます。

投稿 : 2020/05/09
閲覧 : 296
サンキュー:

18

よし さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

京アニは流石だと思った

京アニの作品全体に言える事だけど、人の心情を描くのが本当に上手い。
今後もこの作品が京アニの代表作であり、傑作である事に変わりはないだろう。

投稿 : 2020/05/04
閲覧 : 52
サンキュー:

6

Baren さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感動しました!

神アニメでした

投稿 : 2020/04/29
閲覧 : 30
サンキュー:

3

まふまふ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

虚無感が半端ない

何気ない日常が好きな人におすすめですね。
僕は個人的に学生時代を思い出してCLANNADくらいに泣きました。
見たいアニメを探しているあなた!1回見てみなさい!

投稿 : 2020/04/14
閲覧 : 72
サンキュー:

5

ネタバレ

暇刃 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いつ見ても面白い最高の日常アニメ!

※長いので読みたい方だけどうぞ!
※めんどくさいので1期・2期の感想をまとめて書きました笑


この作品を初めて見たのは13歳の頃。


当時は衝撃を覚え、見終わったあとも余韻が残りすぎてもう1周しようとしました。
(実際もう1周した気がしますが、記憶が曖昧です)
アニメにハマったキッカケはここです。

それからというもの多種多様のアニメを視聴し続けていますが、8年経った今改めてこの作品を視聴しました。


一言で言い表すなら「音楽と青春」です。


音楽が題材とされていて、軽音楽をしながら部活でお茶したり、キャラクターたちの日常が描かれています。


ただこの作品のすごいところは、些細な日常・会話でさえ全て魅力的かつ面白く描写されているのです。
一つ一つのシーンが印象に残り、「けいおんといったらこのシーンだよね」という一つの固定観念的なものがありません。

印象的なシーンが多すぎて、全て語り尽くせません。

ただ個人的に最も好きなシーンは、王道ですが{netabare}「澪ちゃんの縞パン」「DEATH DEVILの演奏」「最後の文化祭の演奏」「天使にふれたよ!」{/netabare}等です。
{netabare}澪ちゃんとあずにゃんの幻のビデオ{/netabare}も好きです笑


キャラクター1人1人の個性もしっかり立っていて、現実を忘れるほど感情移入してしまいます。

ちなみに一番好きなキャラは唯ちゃんです。13歳の頃はあずにゃん推しでした。
やはり歳をとると好みも変わるんですね。


作品名が「けいおん!」というだけあり、作内で様々な曲が流れます。

1曲1曲クオリティが高く、その中でも一番好きなのが「ふわふわ時間」です。
非常にキャッチーな曲かつ題名通りふわふわした印象で、個人的に唯ボーカルの方が好みです。


そしてなにより、OP・EDが完成されすぎている!

OPは唯ボーカルで、かなり明るい印象です。
10年前のアニメにしては真新しい雰囲気で、古さを感じさせません。

EDは澪ボーカルで、全体的にクールでカッコ良い印象。
本編のまったりゆるゆるした雰囲気から一転して、シリアスな空気になる落差。とても痺れる。
歌と映像も非常にマッチしていて、ハイセンスです。
最初はとにかく歌と映像を楽しんで、慣れてきたら細部まで注目し始めるとまた新しい楽しみ方ができると思います。


しかしまだまだ曲はある。弾は尽きない。それがけいおん。
キャラソンにも注目!

取り上げるとキリがないので1つだけ選ぶとするなら、憂ちゃんのキャラソン「Lovely Sister LOVE」です。
興味本位で聴いてみただけなんですが、歌詞が直球すぎてビックリしました。

{netabare}"好き好き大好きお姉ちゃん大好き、あなたの妹で私よかった"{/netabare}

あれ、憂ちゃんってこんなに{netabare}お姉ちゃんラブキャラ{/netabare}だっけ…?
U&Iとセットで聴いてみると…あとは想像にお任せします。


他にも語りたいことは沢山ありますが、「これほど面白い日常アニメはない」と断言します。
そもそも日常アニメという括りにしていいのか、というくらいメッセージ性が強い作品です。


見たことない人は、ぜひ見てみてください!

投稿 : 2020/04/05
閲覧 : 40
サンキュー:

4

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

日常アニメの最高峰

視聴理由 京アニさん

序盤 おお

中盤 op2超好き

終盤 青春だなぁ

この話は「けいおん!」の続きです
ジャンルは軽音楽部・青春・日常・学園
基本一話完結です。一話ごとに起承転結が存在し、話がまたがってストーリーが展開することは少ないです。いやあることにはあるのですが、それもちゃんと小さい起承転結が一話ごとに存在しているのでなんなく見れます
ジャンルのとこにも書いたように学園の青春ものです。部活で一生懸命になり、受験のことより卒業をきにしてしまう、あの空気がすきです。私の学校には軽音楽部なるものはありませんでしたが、やはり私の友人でもギターを趣味にしてる人もいました。その時は卒業より大学について必死でしたけどw
前作と比較をするなら普通に良いです。前作も青春をしていましたが今作はかなり青春をしています。高校三年生というのもあるのですが、物語の展開もグレードアップしてると思います。さらには日常という要素も上手く絡めてあり、内容を上手くまとめてあります
つまり全体的に内容が素晴らしい、ということです。しかし、一ついうとするならば、全体的過ぎてテーマにかけるということになります。日常アニメでは最高峰なのですが、物語のすばらしさというのは具体的には言えないですね。なのでお気に入りにすることはありません。
が日常アニメとしては面白かったのは事実なのでオススメはします

監督は山田尚子さん。けいおん一期の監督を担当した方ですね
シリーズ構成は吉田玲子さん。ジブリ映画「猫の恩返し」の脚本を担当した方です
キャラクターデザイン・総作画監督は堀口悠紀子さん。らき☆すたのキャラデザを担当した方です
劇伴は百石元さん。劇伴は3回目だそうです
アニメーション制作は京都アニメーションさん。作画はやはり素晴らしかったです

作曲は良く、opなどがぬるぬる動いてました。そしてキャラデザ相変わらず好きです
op1は一期に続き大森祥子さん作詞、Tom-H@ckさん作編曲の「GO! GO! MANIAC」
op2も大森祥子さん作詞、Tom-H@ckさん作編曲の「Utauyo!!MIRACLE」
ed1も一期に続き大森祥子さん作詞、前澤寛之さん作曲、小森茂生さん編曲の「Listen!!」
ed2も大森祥子さん作詞、前澤寛之さん作曲、小森茂生さん編曲の「NO,Thank You!」
声優さんはよく、キャラの表情がわかりやすかったです

総合評価 内容は少ないが日常アニメの最高峰

投稿 : 2019/12/19
閲覧 : 161
サンキュー:

23

ちあき さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろさ横ばい

評価が良く、期待値も高かったせいか盛り上がりに欠ける感じがしました。
ただただ楽しいだけ。挫折だったり、苦難だったり、波風が立たずに、苦労を感じる面が見えないので、全体として物語に抑揚が無いように感じました。
音楽は音を楽しむと書くけれど、本当に楽しもうと思ったら、やっぱり苦しい所はあるものだと思います。そういう姿があまり見えないのは少し残念でした。

2期目の話数も多かったのですが、そういう展開も見えるかと期待していた分、がっかりしました。
あまり先入観を持たずに見れば、楽しいアニメだと思います。

投稿 : 2019/12/15
閲覧 : 131
サンキュー:

11

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

日常系?

これが日常系とされるのであれば、俺の現実の日常は地獄だと思うくらい眩しい。

投稿 : 2019/12/06
閲覧 : 70
サンキュー:

2

勅使河原 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

青春って、いいなあ

1期のレビューでも書いたのですが、けいおんは見る歳によって印象が変わると思います。
若い時に見た時は楽しめたのに、大人になってから見直すと純粋に楽しめなくなったり。
あるいは、若い時は良さがわからなかったけれど、大人になって見直すと見えてくる良さがあったり。
私は後者のパターンでした。

1期は1クールで唯たちが1,2年生の時の様子を描いているため、ただ日常をのんびりと過ごす様子を愛でることが中心でした。
ですが、2期は3年生の唯たち&2年生の梓を2クールに渡って丁寧に描写しています。
そのため、彼女たちのより深い心の交流や曲を試行錯誤して完成させる様子も見ることができます。

また、後半に行くにつれ梓視点のシーンが増え視聴者側まで唯たちとお別れの時間が近づいていることを感じてしまいます。
これはずるいですね。
京アニは完全に泣かせにきてます。
何となく切ない感情を抱きながら迎える最後の文化祭はハンカチなしでは見られません。
この青春が永遠に続いて欲しいだなんて、使い古されたようなことを思ってしまいます。
ああ、青春って、いいなあ。

投稿 : 2019/11/19
閲覧 : 98
サンキュー:

8

シン☆ジ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

初見:に、日常すぎww(と思ったけど劇場版で完結!?)/2周目以降:日常の日々がまぶしかった

=====【初見】=====
<評価>
物語:3.5 作画:5.0
声優:5.0 音楽:3.5 キャラ:5.0

<感想>
本編24話という長丁場。
そうそういい話ばかり並べられないのはわかります。。

でもなんかこう、ちび〇〇子ちゃんかと思うような、日常すぎ感がww
たまにイベントもあるのだけれど、頑張るシーンがなさすぎw
何といっても個人的に重要としている楽曲がピンとこなくてドキドキもワクワクも物足りない。。もっとふわふわタイムとか聴きたかったし主題歌もぶっちゃけ1期の方が良かったと思う。

でも夏フェスとか学園祭とか卒業式の回はさすがに良かった。
ま、個人的に1期が神過ぎでしたし。2期はこういう作風ということで。
多くのストーリーに触れられるのがありがたいと思うことにしますw

=2018.1.3追記=
劇場版を観ました。
その感想は別に記しますがそれを観て思ったこと。
2期は、というかシリーズを通して、劇場版での完結という構成なのですね。
最近の京アニによく見る形ですが、もちろん商業的に成り立たなければ作品もできないワケだし、その判断に納得しましたw

=====【2周目以降】=====
<評価>
上記の通りオール5っす

<感想>
ごめんなさい吹けません。。
じゃなくて、感想が一変しました。

初見の時は、あまり時間的に余裕がなく、早く先の展開が観たいという
願望が強すぎて、つい良かった所より焦った気持ちが勝ってしまいました。

その後原作を読み、ライブBDを観、音楽を聴き・・・
この作品に対する愛が増幅した状態で、1期、2期、劇場版と何度か観たら、まったく感想が変わりました。

まず意外だったのが、予想以上に原作に忠実だったこと。
原作を読んでからアニメを観ると日常過ぎ感も感じないし1話1話がとても尊く感じられました。
またふわふわとかいくつかの歌詞が既に原作中に書かれていることに驚きました。
原作では唯達の大学生活も描かれていてアニメのエピソードを観る目にも若干変化があったり。(特にあずにゃんや憂とのやりとり)

この2期は、1回目のライブで発表され多くのファン達が待ち望んだ中での
2クール放送だったのでしょう。きっとリアルタイム放送時に観ていたら初見から1話1話が尊くみえたことでしょう。

最初に書いた初見の感想もウソではないので残しますが、
2期は長いけど、じっくり観るべきかと思いました。
ちなみにおススメの視聴順序は・・
 けいおん!(1期)
   ↓
 1回目LIVE
   ↓
 けいおん!!(2期)
   ↓
 2回目LIVE
   ↓
 原作
   ↓
 らじおん(※36回目はファン必聴)

かな。
らじおんはTBS公式からどうぞ↓
http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/k-on_tv/radio/radio.html
あ、LIVEは動画サイトではなくDVDかBDがオススメです。
臨場感が違うし映像特典もあるので。

楽曲も、いいものがたくさんあり、聴くのもいいけどカラオケなどで歌うと
よりハマってしまいました。
あと昔ネットオークションで買ってホコリをかぶっていた電子ドラムを
引っ張り出してしまいましたw

にしても、3期・・・やはりないのでしょうか・・
せめてHTTのLIVEだけでも・・
( LIVE当時は東京在住だったのに、不覚>< )

同窓会的なイベントに期待します!
フンス!

--2019.10追記--
え!アニサマ2019でHTTがサプライズ演奏!?
嬉しくて悔しくてリアルに涙出るんですが。。
この盛り上がりを見て単独ライブの判断を是非。

投稿 : 2019/10/25
閲覧 : 205
サンキュー:

26

暗黒面に落ちた美容師 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

祝10周年

唯に癒されて
Don't say lazyのカッコよさにやられ
Utauyo MIRACLE!!を唯の声で歌える豊崎愛生に驚愕し
GO! GO! MANIACで1日が始まる。

日常系が苦手な自分でしたが
一期、二期、OVA、劇場版まで
楽しく観れた作品でした!
京アニさん!頑張って!

投稿 : 2019/10/25
閲覧 : 76
サンキュー:

5

あぁ^〜 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

京アニの本気を感じたアニメ。作画、音楽、キャラ全てにおいて文句のつけようがない。天使にふれたよで梓が『あんまり上手くないですね!』って言ったのが一期の唯と繋がってて本当に丁寧に作られているなって思った。

投稿 : 2019/10/21
閲覧 : 113
サンキュー:

6

ネタバレ

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

愛のベクトル

軽音部を支点として全てのエピソードがゆっくりと、しかし彼女たちにとっては夢のように過ぎて行くのである。いつまでも同じ時間を過ごしていたいという涙は、見守る我々の、かつて経験したであろう、あるいはしたかった何かと重なる。
そして気がつけば、我々の愛のベクトルが同じ方向を向いていることを知る。

“けいおん”がアニメ史の中で一際輝くGEMとなった瞬間だ。

これはコミックまで読んだ数少ない作品の一つだ。
もう一度読み返しても聞こえてくる声は、紛れもなく彼女たちのそれである。
また、“ゆい”を通して歌われる“かきふらい先生”のリリックには何の外連味もない。
基本四コマ漫画なので、コンサートのシーンは描かれないが、コマの間からは“電波ソング”の名曲の数々が聞こえてくる。
“ふわふわタイム”、“ごはんはおかず”、そして“U&I”。

もう少し彼女たちと“ふわふわタイム”を過ごしたいなら、スピンオフの“けいおん! highschool”,“放課後ティータイム”のその後を見ることのできる“けいおん! college”がお勧めだ。

久しぶりの新作である“けいおん!shuffle”はアナザーストーリーだが、
かきふらい先生が体調を悪くされているそうで心配である。

(個人的な忘備録)
“ゆい”の人は、“このすば”の“ゆんゆん”、“レールガン”の“初春さん”、“無駄づかい”の“ロボ”、うーん、素晴らしい。

投稿 : 2019/10/05
閲覧 : 102
サンキュー:

14

ネタバレ

ノベル【旧ルーク】 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

え、みんなあずにゃんがいいの?

いや、わかるよ、わかる
でも俺は律。

あ、2期めちゃくちゃ面白かったです。はい。

投稿 : 2019/10/02
閲覧 : 60
サンキュー:

7

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

けいおんブームを作り出した

哀悼の意を抱きつつも,偉大な京アニの再興を願いつつ書かさせていただきます。

一期の後半から,軽音楽部らしい活動が増え,「放課後ティータイム」のオリジナル曲も,「ふわふわタイム」をはじめとして,流布していきました。

「放課後ティータイムⅡ」の曲「ピュアピュアハート」やOP,EDも当時各曲が,マニアの間では,流行ったという社会現象も起きたように記憶したいます。

ギターやベース,などなど楽器類が,ブームに乗って生産と売り上げが伸びたとか伸びなかったとか。

軽音楽にあこがれる学生さんもきっと増えたでしょうね。秋山澪/琴吹紬のコンビが好きでした。

ジョンレノンとポールマッカトニーみたいに・・・

アニメ以外に,軽音楽部や軽音楽を他の音楽並みにさらにポピュラーらしたという点で「けいおん!!」の功績は大きかったのではないでしょうか。

余談として,経験者としてレスポールモデルのギターはネックが太いので,初心者はネックの細いストラトキャスターの方がいいのではと平沢唯について思いました。手の小さい人はギター選びも慎重に・・・

投稿 : 2019/09/04
閲覧 : 68
サンキュー:

9

けいぴぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今更ながら視終えました。

けいおんアニメ1期2期共に全て見終わりました。

これまで自分がけいおんに対して持ってた事前情報としては
自分が好きなバンド・the pillows(ピロウズ)のメンバーの名前の一部が
キャラの名前として使われている事くらい(山中さわ子、眞鍋和、鈴木潤)

昨年末に原作漫画を読みましたが、年明けから
アニメを視聴始めました。

アニメも基本は漫画と同様、けいおん部員の緩やかな日常の内容ですが、
文化祭や卒業等の節目では感動する流れにして
メリハリがついてあったのが良かったです。
(漫画では感動シーンはほとんどない)

ちゃんと卒業したのも良かったです。
日常系といってもサザエさんやちびまる子ちゃんみたいな
キャラが年とらないのと違い、
たった高校3年間のかけがえのない二度と来ない大切な日常
という感じで良かったです。

投稿 : 2019/08/23
閲覧 : 254
サンキュー:

22

kzyk さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

27141:

たまとg.474ちたそすーつたかたとあつあたうつi

投稿 : 2019/08/18
閲覧 : 73
サンキュー:

1

とうふ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観たい

日常系アニメのトップクラス

日常系アニメでありながら退屈させない面白さ、また音楽の良さ、感動シーンは号泣もの

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 78
サンキュー:

4

ネタバレ

かがみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

日常系におけるひとつの頂点

ゼロ年代以降のサブカルチャー文化圏において「セカイ系」と「サヴァイブ系」を止揚するような形で現れたのが「日常系」という想像力であり、そこで強調されたのは「ここではない、どこか」目指すのではなく「いま、ここ」をより豊かに彩っていくという青春観であった。こうした日常系におけるひとつの頂点に位置するのが本作である。放課後ティータイムはロックという音楽がかつて内包していた「意味」を全て剥ぎ取り、あくまでこの日常を祝福するために歌う。象徴的なのは17話だろう。部室が使えなかったり、憂が風邪をひいたりするという出来事を通じて唯は「当たり前」がいかに大切なものであるかを思い知る。結果、放課後ティータイム後期を象徴する2つの名曲が産み出された。本作は日常系における「いま、ここ」というコンサマトリーな感覚に徹底して寄り添った作品である。社会学者の見田宗介が言うように現代的成熟とはまさにコンサマトリーな幸福感受性の涵養にある。過去に囚われるのでもなく、未来に生のリアリティを先送りするのでもなく、文字通りの「いま、ここ」により深く潜ることで、ありきたりな日常の風景の中にも、いくらでも瑞やかな歓びを汲み出していけるのである。

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 91
サンキュー:

6

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

観てない人達に一言、観れば解るし観なければ解らない

今更のレビューです
恥ずかしながら、本作の鑑賞は1年少し前になります。アニメに嵌ってからも少し後の鑑賞でした。
本作ですが社会現象として作品名ぐらいしか知らず、又後々の作品に多大な影響を与えたと言われた事は本当に納得させられました。
特に2期、3年生ならではのエピソードや、たわいも無い話しを言わば鑑賞してる事で、知らず知らずのうちに作中の彼女達との距離感を近づけられてる演出なのでしょうか…
学園祭では、今回はクラスの発表のエピソードをしっかり描かれいよいよ軽音部のステージが始まり、過去2回とは違い、盛り上がりや個々の表情も描かれ十二分以上に満足できる演出でしたが…この後ですよね。
部室で達成感に浸りながら、今の生活に終わりが近づいている事に気付いてしまう。同時に視聴者も気付いてしまう。彼女達と同様に観てる側も自然に一緒になって涙をこぼす。これは一体何なんでしょうか?まさしく観れば解るけど観ないと解らないシーンだと思います。
で、一般的には彼女達のように女性は周期的に感情をしっかり出しそして次の活力に変えて行き、男性は喪失感に苛まれ、引きづる物だと思います。
観点によれば本作は罪作りな作品なのでしょうね。
もちろん最後も良かったですが、個人的にはやはり部室のシーンです

今回の事件によって
今後、国内のアニメを良く知る方々、海外で日本のアニメを支持していただいてる方々の善意ある行動によって、これから国内全体のアニメーションに対する見識が変化する事を切実に願います

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 79

ISSA さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

深夜アニメへのいざない

10年前、けいおん!けいおん!!けいおん映画…
これ視聴して本格的に深夜アニメにハマった印象的なアニメです。

ユルーイ世界観の中でヒロイン達が高校生という限られた時間の中で生き生きとEnjoyする。

笑いと癒しの世界を初めて知ったアニメ。
最後に「天使にふれたよ」でしっかり泣かせる場面
も…

シンプルなのに耳に残る作中楽曲、ヌルヌル動く作画も合わせて楽しめる要素が満載アニメ。


けいおん見るまではアニメより洋楽邦画の方が沢山観てたしアニメファンなんて変な人って偏見持っていた。
サイコスリラーのキューブリック、ルーカス、コッポラ、スピルバーグ、黒澤明、山田洋次も深作欣二も「楽しめる」「考えさせられる」って感想になるけど。

けいおん!見て「癒される」感情になる映像があるのを初めて知ったし、自身のネガティブな感情を和らげてくれる力がアニメにあったのがある意味驚きでした。

私にとって深夜アニメ&癒されるアニメの原点はここですね。

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 312
サンキュー:

30

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

京アニ爆破事件に関して

アニメ会社というのは、脅迫状や不審者が彷徨いていたりするのは業界的には当たり前のことであり、そういう電話や郵便物等も度々来るのですが、

いかんせん今回は予想外の大惨事だと思います。

企業として避難経路や防災などしかる措置を取れなかったのかという意見もありますが、大企業でもない限り殆どの場合は個人宅であり、廊下や机には無造作に置かれた資料や設定集、原画動画などが散見する形となっていますので、火が付いたら当たり前ですが引火するし、危険が多い職場です。今回逃げ遅れて16人の死傷者(過去最大規模ではないのでしょうか)を出してしまったのもこういった状況下に逃げ遅れてしまったことが原因だと思われます。

基本的にはアニメ会社では自炊する人や住み込みで働く場合が多いので(給料が安いのも原因ですが)火元や電気、ガスも自由に使っているのでそういう緩さがこういった場合に対策が取れない事の要因でもありますが、そういう普通の企業とは違う雰囲気が作品を作るモチベーションとなっていることを考えても、今回の事件は非常に業界を揺るがしました。

これから制作体制自体を問われるアニメ業界に対して、今後いろんな意味で見直しが図られることだと思います。それが良いのか悪いのかは今は何とも言えません。

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 140
サンキュー:

16

リーク さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全ての高校生とこれから高校生になる方は必見‼︎

感想
2期は1期よりも青春の良さを凄く実感できます。特に文化祭の回はめちゃくちゃ泣けます。神曲が非常に多く特に「天使に触れたよ」という曲は聞いてるだけで涙が出ます。笑って泣ける最高アニメです。
火災でこのアニメの原画とその他京アニ作品の原画が全部燃えたことと京アニスタッフ34人が亡くなられたことが凄く悲しいです。青葉真司を許すな

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 308
サンキュー:

24

ネタバレ

ささみジャーキー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

ほのぼのするアニメとはよく言われるけど、放課後ティータイムめっちゃカッコいいよ。




まぁ、ほのぼのするんですけどね。

投稿 : 2019/07/19
閲覧 : 53
サンキュー:

4

ootaki さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

けいおんなのですが

内容自体はいつものけいおんなのですが、OPとEDが個人的に残念です。
1期よりもこちらの方が評判いいらしいが自分個人的には1期の方が好きです。
この作品から京アニ特有のキャラデザのクセが目立つようになりました。

投稿 : 2019/07/17
閲覧 : 107
サンキュー:

7

ネタバレ

noRespect さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

さすが

戦闘シーンやエロシーンやラブコメ要素もなく、登場人物が少ないのに毎回面白い。ギャグも効いている。感動もできるが天使にふれたよのとこで回想シーンがあったらもっと良かった。が、十分感動した。さすがだと思う。

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 63
サンキュー:

5

次の30件を表示

けいおん!! 2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
けいおん!! 2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

けいおん!! 2期のストーリー・あらすじ

高校1年生の春に、軽音部に入学した楽器初心者の平沢唯。部長の田井中律、恥ずかしがり屋の秋山澪、おっとりした琴吹紬の3人とともに、普段の部室でのお茶を中心に、合宿、学園祭、クリスマスと楽しい日々を過ごしていた。高校2年生時には、真面目な新入部員の中野梓を迎え、軽音部2度目の学園祭を5人のバンド「放課後ティータイム」として大成功を収める。そして、唯たちは高校3年の春を迎える…。(TVアニメ動画『けいおん!! 2期』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2010年春アニメ
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
www.tbs.co.jp/anime/k-on/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%91%E3%81%84%E3%81%8A%E3%82%93!#.E7.AC.AC2.E6.9C....
主題歌
≪OP≫放課後ティータイム『GO! GO! MANIAC』、放課後ティータイム『Utauyo!!MIRACLE』≪ED≫放課後ティータイム『Listen!!』、放課後ティータイム『NO,Thank You!』

声優・キャラクター

豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈、真田アサミ、藤東知夏、米澤円

スタッフ

原作:かきふらい(芳文社『まんがタイムきらら』連載)、 監督:山田尚子、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン・総作画監督:堀口悠紀子、プロデューサー:中山佳久/中村伸一/太布尚弘/八田陽子、楽器設定・楽器作監:高橋博行、美術:田村せいき、色彩設計:竹田明代、撮影監督:山本倫、編集:重村建吾、音響監督:鶴岡陽太、音楽:百石元、音楽プロデューサー:小森茂生、アドバイザー:石原立也、アニメーションプロデューサー:大橋永晴

このアニメの類似作品

この頃(2010年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ