「らんま1/2(TVアニメ動画)」

総合得点
71.6
感想・評価
344
棚に入れた
2237
ランキング
1083
★★★★☆ 3.8 (344)
物語
3.7
作画
3.5
声優
4.0
音楽
3.6
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

らんま1/2の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

女性が描く「女体」が一番イヤらしい

お気づきの方は多いかもしれないが、一般に言う「萌え」アニメのアニメーターは基本的に女性が多い。

アニメ会社に行くとわかるが、大半は女性のアニメーターであり、最近はロボットアニメやハリウッドアクション大作のようなアニメが少ないので、男性アニメーターの仕事が少なくなっている。

キャラクタービジネスも圧倒的に女性に向けて作っていることのほうが大きいので、シェアの7割くらいは女性向けだから尚更である。

「らんま1/2」は高橋留美子の作品の中でもとりわけ女性ファンが多い作品であり、美少女が出てくるのだが、嫌味なく女性でも受け入れ易いキャラクターとして可愛らしく描かれていることが最大の特徴だろう。基本、男ではこのようなキャラクターは出てこない。

「うる星やつら」も男女問わず人気なのだが、実は「めぞん一刻」のファンは圧倒的に男性ファンが多いらしく、未亡人の音無響子というキャラクターは男性には非常に「そそられる」キャラクターみたいだが、女性からしてみればめんどくさい女像No.1なんだという。

まあ、実際にもずっと死んだ夫のことを考えていたり、五代のことが好きなのに一切のアプローチもしない女性にリアリティはないわけだから当然だが、そう考えてみると女性の好き嫌いというのは良くも悪くもはっきりしている。

今の萌え系アニメの原型は基本的にはこのアニメが築いたんだろうと思う。

アニメーション技術的にはさほど高くないです。原作は面白いですけどね。

投稿 : 2021/08/21
閲覧 : 396
サンキュー:

8

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

你好、乱馬!

アニメーション制作:スタジオディーン
1989年4月15日 - 9月16日に放映された全18話のTVアニメ。

原作は高橋留美子により、かつて週刊少年サンデーで連載されていたラブコメ漫画。
監督は、芝山努(実質的な監督は望月智充)

【概要/あらすじ】

東京都練馬区の住宅地に、今の住宅事情で考えるとなかなかに立派な和風の家がある。
そこの家主で無差別格闘流の道場主である天道早雲の娘には、かすみ・なびき・あかねの十代の三姉妹がいる。
天道道場には門下生の姿が見えず、家の者が勤めに出ている様子もなく、
どうやって生活しているのかは謎である。

そこへ、早雲と同じ師匠のもとで修行した兄弟弟子であり親友でもある、早乙女玄馬。
そして、玄馬の一人息子の早乙女乱馬が一緒に居候に来るという。

早雲と玄馬は、お互いの子供を結婚させるという約束を結んでいた。
だが、やってきたのはパンダとチャイナ服でお下げ髪の少女であった。
少女・乱馬と天道あかね。格闘家同士である二人は手合わせをする。
その後、少女が入浴して浴槽から出ようとした時、同じく入浴しようと裸で扉を開けた末娘のあかね。
そこには、お下げ髪で全裸の少年がいた。

早乙女乱馬は本来は男なのであるが、
呪泉郷の呪いで水を被ると女になり、お湯を被ると男に戻るという体質になっていたのだった。
父親の玄馬も同様の経緯でパンダに(以下略。
乱馬が女であることに落胆していた早雲であったが元が男なら問題ない!と強引になし崩し的に、
姉たちの意向もあって本人たちの意思を無視して乱馬とあかねの婚約が決まってしまう。

元から男嫌いな上に裸を見られた怒りで、あかねは乱馬を拒絶し、
あかねからの険悪な扱いが原因で、乱馬も好意的に接することが出来ない。
こうした状況から乱馬とあかねの同居生活、そして風林館高校での学園生活が始まる。
それは、血の気が多くドタバタとしたラブコメな日常なのであった。

【感想】

原作漫画は1987年から1996年まで連載された週刊少年サンデーの看板作品であり、
今から30年前に連載が始まったのですが当時はインターネットが無く、無料では手軽に情報が手に入らない時代。
2017年の現在は、例えば格闘技に関しても素人でもそれなりに知識を持っている時代。
中国が大陸や海で何をしているのか?なんてことも。ちょっと調べれば解ることでありまして、
それに比較して、元号が平成になりたての頃の子供なんて、

中国?パンダ?ニーハオ?中国拳法? あ…ジャッキー・チェン!←それは、香港!!

こういう認識の時代だったからこそ、成り立っていた作品なのかもしれません。
『らんま1/2』の中国は怪しげな拳法が跋扈していて、仙人や妖怪がいる国。

白人が妄想するニンジャ!ハラキリ!ゲイシャ!フジヤーマ!の国ニッポンみたいな幻想郷?

今回は、2期である熱闘編を含めると全部で161話と長丁場になってしまうので、1期の18回分だけを扱います。

さて、内容についてですが。
『うる星やつら』がオタクのもの、『めぞん一刻』が大人のもの。
となってしまった感があり、新連載にあたって客層を変えて小学校高学年から中学生の女子がターゲットかな。
スケベでお調子者の諸星あたると比較して、女性にツンツンしてる早乙女乱馬は敷居が低いですね。
無防備で裸体を見せまくる女乱馬も男子中学生を釣るには十分という計算もあったでしょうけど!

格闘ギャグ作品ですので!というか『うる星やつら』からの特徴なのですが、登場人物が喧嘩腰で暴力的。
戦闘能力を持ってる登場人物はいつも口喧嘩してて殴り合い。男と男。女と女なら対等の条件ですが、
男女となると、女は男を殴るけど男は女を殴れない。女に殴りかかってくる男はモブ雑魚ばかり。
妙にフェミがかっているといいますか、そこは作者のこだわり?

『女を殴る男なんてサイテー!』みたいな?
その割には女も男を怒らせる発言してますし、どっちもどっちですけどね。

殴って良いのは殴られる覚悟のある者だけだ!に賛同してる自分としては、女にだけ優しい世界だなと思ったり。
現実では男女の筋力差で理解できるものの、この作品世界では武道やってる女は、
一突きで空手家や相撲取りですら何メートルも突き飛ばして失神させるほど強いですよね。
それどころか、壁を破壊する怪力だったり、棘のついた武器で襲い掛かってくるのだから反撃しないと身が持たない。

恋愛に関しても、恋心の芽生えも許嫁や掟などの形から入ったり、ちょっと優しくされたらチョロく落ちたりで、
芽生えや育つまでの過程も乱雑で共感できるものはないですね。

そもそも、この作品に出てくる“好き”の多くが、
脳筋直情型で相手の都合はお構いなし。目的のためなら手段を選ばず。
乱馬とあかねが人並みの恋愛感情をちょこっと見せるだけで、それが若干マトモに思えるのですから。

ギャグで歯が折れても自然に治るという世界観の作品にマジ突っ込みミットモナイですか?そうかもしれませんね。

さて、このアニメは『うる星やつら』『めぞん一刻』とヒットアニメを立て続けに飛ばした、
高橋留美子が原作の作品として、放送時間は土曜日の19時30分。
当時は平成元年。テレビ番組の視聴率が高く、予算が潤沢で娯楽番組がたくさんあった時代。
土曜日のゴールデンタイムに放り込まれたということは勝利を望まれていたアニメには違いなかったかも知れません。
しかしながら、当時は読売ジャイアンツのナイター中継で視聴率が稼げていた時代でもありました。
数度の野球中継、美空ひばりが52歳で亡くなり追悼番組などなどで放送が次週に繰り越されることが当たり前。
アニメが放映されていた5ヶ月間で中止が5回。既に完成していた格闘ペアスケート編3回分のエピソードが削られ、
21回から僅か18回に短縮された放送分で、この時間帯から撤退することになります。

そして、金曜日の夕方5時30分。『らんま1/2 熱闘編』とタイトルを変えて低予算アニメとしての再スタート。
(格闘ペアスケート編は夕方に移動してから放送)

作画の質が低下したものの、この熱闘編で地道に人気を伸ばして3年間も続いてスタッフが報われたのですから、
アニメを作るのにも山あり谷ありですね。

さて、アニメの内容について適当に箇条書き。

・山口勝平、林原めぐみ、井上喜久子などの声優人生を語る上で欠かせない作品であり、声優陣が豪華。
・アニメ化前は乱馬のモデルになった前作キャラの藤波竜之介役の田中真弓ボイスがイメージされていたのですが、
 蓋を開けてみると男・乱馬の山口勝平と女・乱馬の林原めぐみで二人一役。髪の色を変えてまでキャラの差別化。
 男は男らしく、精神は男であるものの少女は少女らしく。
 中性的なキャラにするより男女で色分けしたのが女性人気を出すためには正解だったのかもね。
・西尾えつ子の主題歌と坂上香織のED曲もアイドルソング風で、うる星と比較して作品との親和性に欠けますね。
・森英治のシンセサイザーによるBGMがチープで盛り上がらない、ていうか尺稼ぎ感しかしない。
 ギターやピアノ、もしくは中国の楽器などの生楽器を使って欲しかったかも。
・ダジャレなどのギャグが全く面白くない上にワンシーンごとが長くてだれる。
・会話の間が長い。原作にない台詞が意味のない尺稼ぎにしか聴こえない。特に九能帯刀の祇園精舎の鐘の声。
・熱闘編では作画予算の削減が見て解るが、会話のテンポが小気味よくなってて面白くなってる。
・この作品を好きな人は、ギャグそのものよりもキャラ萌えなのではないか?
・特に乱馬が好き。もしくは、乱馬とあかねのカプリングを楽しんでるという人たちに支えられている。
・熱闘編も含めて何年もやってると、乱馬とあかねの会話の息がピッタリで面白いのだが、
 初期(あかねの髪が長い時期)はまだ二人の関係がギスギスしてる感じ。ので見ててイラッとする。
・やはり口喧嘩と暴力の応酬だらけで、人と人のコミュニケーションを重視する私には感性的には合わないかな?
・アニオリである第14話『骨盤占い! らんまは日本一のお嫁さん』で東風先生の老母を作っていますが、
 話のつまらなさに匙を投げました。一応は、いい話っぽく終わらせていますけど。

アニメは熱闘編を全部見てこその作品評価だとは思いますが、序盤に過ぎない無印版のみではご覧のとおりでした。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2017/10/05
閲覧 : 422
サンキュー:

37

ネタバレ

yMlmw84708 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

女の子かわいい

うる星、メゾン一刻に続く高橋留美子原作。

以前とは違い割と格闘漫画。
流石に女の子全部かわいい。
らんまを中心にハーレムを形成する。
みんないい子だし見ててニヤニヤする自分がキモい。
高橋留美子さんはやはり凄い。

お気に入りキャラ シャンプー

投稿 : 2015/11/25
閲覧 : 187
サンキュー:

1

ネタバレ

たんぽぽの花 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

半分だけの許嫁

原作者は私の大好きな高橋留美子先生の作品です。
先生曰く、昭和の『うる星やつら』『めぞん一刻』で平成の『らんま1/2』だそうです。平成のアニメになりギャグもありシリアスも有りですが、めぞんがシリアスに偏り気味に対してらんまは逆にギャグ気味です。
中国の呪泉郷で修行中に昔女の子が溺れたと言う伝説の泉に落ち、水をかぶると女の子になってしまう体質になる。そしてらんまには許嫁が居て、その天道家の居候するのだが、、、
作品はギャグラブコメですが、すごく良くできている作品です。ライバルや恋敵など様々なキャラが登場しアニメを盛り上げます。
お勧め度★4で(高橋先生のファンなのでw)

うんちく~~~
男女の身体の違い、これは異性の違いでは有りますが、妊娠中初期は実は女子の身体から始まり男子になる因子、染色体で男女に数週間で変わります。
生まれた後、性転換で一番困るのは子孫を作れないと言う点です。よく同性愛の人は子供を養子で迎え入れるの一般ですが、化学も発展してもうまもなく、人口の子宮で自分の子供も作れる可能性も出てきましたが、これが、宗教家との確執の問題が有り、未だ実現が困難な状態です。でもこの問題が解決すれば、同性愛、禁断の兄妹愛も可能になるのかもしれませんね。
ただ、自然の摂理に対しての何かしらの反動は有るのかも知れませんが、人に希望をもらたす夢や希望は少しでも有って欲しいと思う今日この頃です。

投稿 : 2015/02/18
閲覧 : 264
サンキュー:

19

ネタバレ

こうもり さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

変態アニメ

そのままの意味です。変態がたくさん登場するアニメです。
ただでさえ変態なのに、水をかぶると ~になるとか変態の上乗せですねw

最近のアニメで「らんまっぽいなー」と思った作品は少なくありません。
ラブコメのジャンルだけで言うならエポックメ-キンング的立ち位置です。

投稿 : 2015/01/27
閲覧 : 200
サンキュー:

2

ネタバレ

37111 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

高橋留美子ワールド

まんまそのまま。

投稿 : 2014/11/26
閲覧 : 181
サンキュー:

0

ネタバレ

御黒 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

好きですらんま!

小学生の頃にみて最近またハマっています
らんま 好きな話と苦手な話の差があります
まだ本編はおもしろいです
熱湯編は出ているキャラクターなどで選んでみるべきだとおもいます
やっぱりワンパターンなので

でもこのキャラが好きとかありますよね
私は小さい頃からシャンプーと良牙がすきです
でもらんまも大好きです

オープニング曲やエンディング曲では
昔は「ドンマイ来々ボーイ」が好きです
今は「リトル☆デイト」がすきですね

らんま好きすぎて タイトル聞いたら「あーあの話ね」となるようになってしまって笑

八宝菜の出てる話はみません笑

投稿 : 2013/10/12
閲覧 : 212
サンキュー:

1

ネタバレ

ちゃいにーず☆ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なつかしい!

小学生低学年の時に見ていたあにめ!
なんか俺も温泉に溺れたいいいい!!

投稿 : 2013/04/21
閲覧 : 196
サンキュー:

3

ネタバレ

yokumra さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

マンガとアニメを観て

るーみっくワールドが好みで観ました。
マンガの印象から、やや期待外れも。
設定が面白いですね。
アニメについては、まあ、マンガも同じ感じですが、バタバタ展開です。
キャラは幼い印象があり、どこか共感できない節もあります。
よく読み込んでみると作者の得意とする恋愛観や世界観、キャラの個性がにじみ出てきます。まさにそれこそが作者の味であり、私が彼女の作品にはまった理由なんです。

投稿 : 2013/03/20
閲覧 : 178
サンキュー:

3

ネタバレ

Dragon41 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おもしろい!

最初にパンダが女の子を背負って歩いているのを見てどんなものかと思ったものですが、ストーリーが進んでいくと面白みがましてとても良い作品です。

投稿 : 2012/09/22
閲覧 : 171
サンキュー:

0

ネタバレ

mipob さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ずっと大好き

小学生の頃に再放送でやってたのを見ていたのですが、普通に毎回見ていた気がします。漫画も全巻持ってますw

声優さんが豪華で、林原めぐみさん、山口勝平さん、高山みなみさんなど、ずっとアニメ声優界の第一人者でやってきた方々が勢ぞろいするのも見どころの一つです。

主人公のらんまは、ある呪いで、水をかぶると、女になって、お湯をかけると男に戻るという変わった体質を持ってしまったのですが、これが案外役に立ったり立たなかったり?

そのほかにも水をかけると、パンダになったり子ブタになったりする人がいて…

ヒロインのあかねちゃんはありえないぐらい強いw見ててすっきりするほど強いです。

そのほかにもなびきねえちゃん、かすみさん、右京、シャンプーなど楽しい面々が勢ぞろい~とにかく見て見ないとわからないと思います!


そして多少のエロ?要素も入ってますが、全然いやらしくないエロです、むしろすがすがしいです。ここが最大の見どころだったりして……w

投稿 : 2012/08/16
閲覧 : 237
サンキュー:

1

ネタバレ

kain さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

◎「奴八破奴八破一向聴 はしゃぐ恋は 池の鯉」
ヤパパーイって、こういう字を書くんだ!

呪泉郷」の設定は面白かったなあー
話が進むほど乱発されるのが楽しかったです。
 シャンプーを猫にしたのが 今思うとナイスだったのだな。

レギュラーキャラだけでなく、ゲストキャラも魅力的な人が多かったです。
格闘マンガには なれなかったけどw

第一期と第二期を合わせて、
主題歌が7曲、エンディング曲が9曲もあったのですね!
放送期間が長いとはいえ、この辺から 沢山歌を作るようになってきたのかな?

他にも劇場版が三つ。
OVAが なんと21作!
OVAの歌が12曲。
ゲームが14本。
そしてドラマCDやキャラクターソングなどが 凄く沢山作られていて、人気の物凄さを証明していますね!!

投稿 : 2011/08/09
閲覧 : 281
サンキュー:

1

tokaii さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/11/14
閲覧 : 0

RPGiT79686 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/10/02
閲覧 : 43

いぬわん! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/09/25
閲覧 : 0

ryuu さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/09/20
閲覧 : 0

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/05/12
閲覧 : 27

カメ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/02/28
閲覧 : 6

プールサイダー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2021/02/26
閲覧 : 5

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/02/07
閲覧 : 5

poko さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/24
閲覧 : 7

こなちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/18
閲覧 : 5

makorin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2020/10/08
閲覧 : 9

ザクカズキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/09/06
閲覧 : 10

剣道部 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/05/30
閲覧 : 21

bee5000 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/05/16
閲覧 : 33

LOLO さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/03/28
閲覧 : 25

Toto さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/03/25
閲覧 : 25

v31vv5 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/02/20
閲覧 : 27

nana さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/02/01
閲覧 : 28
次の30件を表示

らんま1/2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
らんま1/2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

らんま1/2のストーリー・あらすじ

中国で修行していた父・早乙女玄馬とその息子・らんまが天道家にやってきた。だがしかし、そこに現れたのは巨大なパンダとかわいい女の子?? 中国での荒行で不思議な体質になった、らんま16歳。日本にやってきたこの日から、次々と登場するライバルたちと戦う日々が始まるのです…(TVアニメ動画『らんま1/2』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1989年春アニメ
制作会社
スタジオディーン
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%BE1/2#.E3.83.86.E3.83.AC.E3.83...
公式サイト
www.mxtv.co.jp/ranma/
主題歌
《OP》西尾えつ子『じゃじゃ馬にさせないで』《ED》坂上香織『プラトニックつらぬいて』、CoCo『EQUALロマンス』

声優・キャラクター

山口勝平、林原めぐみ、日髙のり子、高山みなみ、井上喜久子、大林隆介、緒方賢一、鈴置洋孝、島津冴子、山寺宏一、鶴ひろみ、佐久間レイ、関俊彦、永井一郎

スタッフ

原作:高橋留美子(小学館/週刊少年サンデーコミック刊)
監督:芝山努、シリーズディレクター:望月智充

このアニメの類似作品

この頃(1989年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ