「大魔法峠(OVA)」

総合得点
62.4
感想・評価
211
棚に入れた
875
ランキング
4378
★★★★☆ 3.6 (211)
物語
3.4
作画
3.3
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

大魔法峠の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ケエン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

肉体言語と魔法少女

話の大筋がめちゃくちゃであり、さらに魔法少女なのに魔法ではなくて肉体言語(プロレス)で戦う主人公「田中ぷにえ」の話が大魔法峠だ。
奇想天外な内容がひっきりなしに飛んでくるので、極端なギャグ系の作品が嫌いではなければ、面白く視聴できるとは思う。
この作品は「アンチ萌え系」作品ともいえるだろう。
当時席巻していた「萌え」要素的外見を主人公たちは持ちつつも、性格や言動が全く「萌え」キャラではないといったところが本作の見所だ。
萌え系外見の主人公が出てくるアニメのはずなのに、平気で人をボコボコにする主人公。基本的な作品では、主人公が善人に描かれるために悪事の加害者にならない(または加害者であっても本当の悪者としては描かない)ことが多いが、本作の主人公は自身が助かるために平気で友人を囮にしたりとする。
また、魔法少女だからこそ、肉体言語を用いて敵と戦うことに意外性が生じる。そもそも、突拍子もない話の展開をする作品だからこそ、魔法少女がプロレスを用いることに疑念が生じることがない。しかも、肉体言語の描写(プロレス)が細かく描写されているようであり、魔法少女×肉体言語の組み合わせと意外性を強調できているように思える。
ただし、大魔法峠は意外性を獲得するために他の作品の常識を必要としており、この作品単体ではこの作品の持つ意外性が成立し得ない。
また、かわいい女の子が実は冷酷で悪いことをするという極端な設定は、00年代のキャラ極振りアニメ群の流れの延長戦であるように思える。

投稿 : 2021/12/18
閲覧 : 91
サンキュー:

1

ネタバレ

P さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.3
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

パロディ枠長過ぎ

・パロディネタ
美味しんぼやイニシャルDなど出てきましたが、会話させたらダメなやつでした。
話せば話す程萎えてくる。
絵が上手いだけに残念。
更に言えばネタとしてもそこまででした。

・対幼女(妹達)
関節技で戦い、あらぬ方向へ曲がるのをウリにしていましたが、幼女に対してだけは違いました。
①神を連れ襲撃してきた時、お仕置き(サブミッション)するのかと思いきや即仲直り。
主人公から次は容赦しないと釘を刺される。
②運動会の騎馬戦で裏切り、最後は捕まる。問題の2度目であったが、軽く尻を叩いて終わり。
③大人の体になった2人と戦い関節技を決め倒すも、子供の体に戻るとくすぐり攻めでおしまい。
女友達が止めに入るシーンも入っていましたね。

正直攻めきれていないというか、煮え切らない感じでした。
制作者の好みなのか、視聴者等に気を遣ったからなのかわかりませんが、破天荒ものとしては中途半端だったなーと。

・人間関係
険悪であった人達が急に仲良くなっていたり、謎な展開についていけなかったです。

投稿 : 2020/12/29
閲覧 : 216
サンキュー:

0

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これは大魔法少女ですね。

dアニメストアにて視聴。
邪道魔法少女モノ、らしいが確かに色々邪道だった。てか魔法少女って感じはそこまでしない。
ギャグは基本的にぷにえ様のギャップを楽しむ内容のものがほとんど。たまに出てくるマスコットキャラもジョージボイスになるところが面白い。
...というかこの作品は一度目に見た時に水島監督作品という事もあって高評価しすぎた感があり心残りになっていた。なので修正したけど今の評価がまぁ妥当なとこだと思う。

投稿 : 2020/12/20
閲覧 : 159
ネタバレ

XbKgv76255 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

素晴らしき肉体言語

括りとしては魔法少女アニメになると思いますが
作中で(まともに)魔法が使われることは少ないです。

また、魔法少女といえば敵キャラと魔法を使ってバトル!という流れが
一般的だと思いますが、このアニメでは戦闘=格闘になります。
関節技最強です。

ギャグ要素が強いので人を選ぶアニメかと思いますが
感動系アニメを探していてこのタイトルを発見することはまあ無いと思うので
気になった人にはぜひ観ていただきたいアニメです。

姉御が可愛いです。

投稿 : 2017/11/29
閲覧 : 205
サンキュー:

2

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

サブミッションこそ王者の技

 ジャンル 肉体言語 + 魔法 + ギャグコメ

 ストーリー

 魔法の国から1年地上に転校してきた田中ぷにえ

彼女は魔法使いだった・・・

 転校初日、彼女の圧倒的 かわいさから

男性陣は うぉー と意気揚々 

 だが、そんな彼女のことを快く思わないやつらがいた

そうスケバン 姉御だ

 彼女をしめるために、ぷにえに戦いを挑むが

彼女は魔法使いだけでなく、サブミッションマスターだった・・・

 そんな彼女の学園制服物語



 

 物語

 ぷにえを止めるごとく、ことごとく 敵という敵が襲い掛かるが

魔法の杖であったり、ぷにえのサブミッションに悉く 敗北

 主に ギャグコメディ

全4話だが、 1話に2つの物語が入っている




 

 キャラ

 好きなキャラトップ3

1:ぱやたん

 ハードボイルドなキャラで、特異体質ゆえに ぷにえのサブミッションが

効かない・・・ もしかして、勝利するのではと思ったけど

中田譲二さんがぁー・・・・ 齋藤さんに 変わったー

 これは見た人にしかわからない 面白さ




2:ぴゅん と ぽたる

 僕の好きな声優さんでしたb

そして、姉を容赦なく 殺しにかかる姿は笑えた




3:ぷにえ

 キン肉マンが48の必殺技を習得したのとは逆に

残りの52のサブミッションを習得していたぷにえ ( ゚Д゚)




 感想

 誰かのレビューで 撲殺天使どくろちゃんと同様の

残虐ヒロインという名は伊達ではなかった・・・・

 魔法はほとんど使わず 肉体言語で 敵を倒すw

OPもいいが、EDも面白いww

 撲殺天使どくろちゃんが好きな方はぜひとも視聴を



 

投稿 : 2017/02/19
閲覧 : 280
サンキュー:

4

ネタバレ

Routy さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

表向きは魔法少女

面白いと聞いて視聴。

OPの開始10秒を見て

「なんだ10年前の魔法少女ものかぁ~」

と思ったら・・・・・・・

投稿 : 2016/11/11
閲覧 : 195
サンキュー:

0

ネタバレ

ゆーや さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

肉体言語で語り合おうw

こんな笑える作品にあったのは久しぶりです。
まず、魔法少女が魔法を使わず戦いだすw王者の技サブミッションwあまり派手さのない戦いだけどファンタジー風の服で間接きめてるっと言う構図がすごくよかったです。一番好きだった話はカレーの話です。野菜に喋っていて特にジャガイモがめちゃくちゃ面白かったw

投稿 : 2016/06/22
閲覧 : 193
サンキュー:

5

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

頭から離れないあのメロディー

見た目は可愛い可憐な女の子が実は中身が真っ黒っていうの大好物ですねw
魔法少女っぽいのに関節技で攻める!面白いです笑
最初は恐いと思った姉御さんが一番乙女…

しかも監督はクレヨンしんちゃんの映画監督も務めた水島努さんではないですか!テンション上がりましたねw
一番パヤたんの中田譲治さんヴォイスがツボでしたww

投稿 : 2016/01/06
閲覧 : 200
ネタバレ

maruo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

魔法王国からやってきた少女が C

原作未読

可愛らしい容姿とは裏腹に、どす黒い本性を持つ魔法少女の格好をした田中ぷにえが大活躍する物語です。

関節技で相手を倒すことが多いのですが(あれ、魔法は?)、カポエイラ(ブラジルの足で戦う格闘技)を使いこなすなど、縦横無尽です。
さらに、戦闘ヘリが出てきたり、運動会の騎馬戦に本物の騎馬が出てきたりと、無茶苦茶な展開を見せます。

あと、パロディ・・・どころか、おいしんぼのメンツがそのまま出てきたり、ハチロクのパンダトレノが出てきたり、やりたい放題です。

OPでは金閣寺や国会議事堂が炎上するシーンで、田中ぷにえが可愛らしく踊っています。
EDは30年前のスポコンアニメのような雰囲気で、何か懐かしい感じがします。
勿論、両方とも歌詞の内容はろくでもないです。
OP、EDの歌詞の内容は、HPのニュースの下の方で見ることができます。

さて、実際のところ面白かったのかというと、作中で一度も笑うことができませんでしたww
なので、個人的にはお勧めしません。
ぶっ飛んだ内容が好きな方は見ても良いとは思いますが。

投稿 : 2012/08/11
閲覧 : 295
サンキュー:

7

ネタバレ

( ゚∀゚)o彡° さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これは ひ ど い w

コメディ的な内容で常にボケていますが,

そのボケが ひ ど す ぎ る w w w

しかし現在のボケにはなかなかないひどさなので,現在のアニメのボケに飽きたら見てみるのもいいのではないでしょうか?w

しかしあまりお勧めしませんww

投稿 : 2012/06/15
閲覧 : 241
サンキュー:

2

ネタバレ

jun_skrd さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

続編が欲しい

OPで金閣寺を燃やすとか
キャラクターソングで民主主義否定とか
OVA購入特典(要申込)で独裁者に言及した歌とか
ブラックジョークで済まないことを、もう一度やって欲しい。

投稿 : 2012/05/04
閲覧 : 215
サンキュー:

ネタバレ

ね~す さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハイテンション邪道魔法少女サブミッション任侠アニメ

タイトルの通りです。

主人公の魔法少女、「田中ぷにえ」はごくごく普通の女の子。なわけがない。魔法が使えないとわかった途端、相手に関節技を延々と仕掛け続け、満身創痍に至らしめます。
というか、明らかに、関節技のほうが凶悪です。なぜかキャラも変わります。独特のセリフ回しが素敵。変身呪文の言語センスに脱帽。

魔法少女につきもののマスコット、パヤたんは、その可愛らしい見た目に反して、強烈な過去を持っています。(ヒント:CV斎藤千和→中田譲治)

OP、ED、キャラソン共に強烈な個性を放っています。
特にキャラソンの「ぼくパヤたん」(歌詞:大和田秀樹)は必聴。

邪道魔法少女三部作、「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」「撲殺天使ドクロちゃん」も良かったら見てね?

投稿 : 2011/12/01
閲覧 : 260
サンキュー:

2

ネタバレ

majisyuta さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

邪道魔法少女の完成体

自分が見てきた中で、最高級のギャグアニメです。

OPからオツユが吹き出しました。

カワイイ♪見かけとは裏腹な強靭な肉体を武器に展開するのは、笑えました。

『ぷにえ』と『パヤタン』が闘うシーンはもうグロイのなんのって…

なんと言われようと、絶対オススメです!!

投稿 : 2011/07/02
閲覧 : 398
サンキュー:

1

ネタバレ

風来坊 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

パッケージ詐欺w

「あらすじ」で十分内容が伝わってしまうw魔法少女アニメのスタイルを「装っており」・「肉体言語でおしおきする」ってここまで言ったら本作ではネタバレでしょう??

要するにオトナのためのパロディギャグアニメ♪私としてはドッカンわはは!というよりも、じわじわとくる中毒性のあるタイプの作品でした!

投稿 : 2011/06/11
閲覧 : 397
サンキュー:

6

りほ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.5 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/13
閲覧 : 2

CAPSICUM さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/04/06
閲覧 : 5

さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/03/10
閲覧 : 4

3mei さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/01/02
閲覧 : 5

vQFsy29958 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/12/04
閲覧 : 8

ベスろくろく さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/09/24
閲覧 : 10

ペンギン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/03
閲覧 : 17

UNI さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/25
閲覧 : 16

アニメ評論家1号 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:----

投稿 : 2020/12/11
閲覧 : 15

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/04
閲覧 : 14

マツリカ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/10/11
閲覧 : 17

kuko さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/09/14
閲覧 : 18

ASKA さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2020/07/01
閲覧 : 48

ワルタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2020/05/23
閲覧 : 35

YIN さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/03/26
閲覧 : 47

CnAcF50951 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/02/10
閲覧 : 38
次の30件を表示

大魔法峠のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
大魔法峠のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

大魔法峠のストーリー・あらすじ

魔法の国から地上の学校に転校してきた少女・田中ぷにえ。
地球征服を目論む彼女が、歯向かう相手に「肉体言語」(サブミッション)でおしおきする。
いわゆる魔法少女アニメのスタイルを装っており、キャラクターも愛らしい少女アニメ風のキャラが揃ってはいるが、棘のある台詞の応酬や血と汗が飛び散る格闘シーンが毎回繰り広げられる毒のあるブラックな内容となっている。(OVA『大魔法峠』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
OVA
放送時期
2006年3月18日
公式サイト
www.punie.jp/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B3%A0

このアニメの類似作品

この頃(2006年3月18日)の他の作品

ページの先頭へ