「天空の城ラピュタ(アニメ映画)」

総合得点
90.2
感想・評価
2236
棚に入れた
13211
ランキング
37
★★★★★ 4.2 (2236)
物語
4.4
作画
4.2
声優
4.0
音楽
4.3
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

天空の城ラピュタの感想・評価はどうでしたか?

ひな花凛 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

日本のサブカル文化の礎

改めて2時間ぶっ通しで鑑賞したが、この作品により漫画やアニメやゲーム等における確立された「お約束」的なものは少なくないのではないかと感じた。
王道であり、様々な要素の先駆者であり、アニメーション界の金字塔であり、非常に完成度が高い作品だ。
さすが、繰り返し繰り返し地上波放送されるだけあるな…

投稿 : 2020/04/17
閲覧 : 24
サンキュー:

6

ネタバレ

前田定満 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

宮崎駿監督の最高傑作!

1986年スタジオジブリの最初のアニメーションです。
自分の思うジブリの最高傑作です。

物語、キャラクター、世界観、すべてがすばらしいと思います。
鈴木プロデューサーによるとラピュタのシナリオは宮崎駿監督が小学校5年生の時に考えていたんだそうです。
天才ですね!


あらすじ
{netabare}ムスカ達の黒眼鏡にさらわれたシータ。
しかしムスカ達とシータの乗っている飛行船を海賊ドーラ一家が襲います。
ドーラ一家の狙いはシータの首飾りの飛行石。
もう少しで捕まりそうなところ、足を滑らせ飛行船から落ちるてしまいます。
幸い飛行石の力でシータはゆっくりと地上におりて
主人公パズーに救われるところからお話はスタートします。
パズーとシータが知り合いお互いを知り合ったところにふたたびドーラ一家が来ます。
そのドーラ一家から逃げる家庭でシータとパズーは谷底に落ちてしまいます。
その時にシータの飛行石の力が発動することにより助かり、
改めて石の力を再確認します。
谷底の洞窟でボムじいさんからラピュタの科学力と飛行石について聴きます。
洞窟を出たあとムスカ達軍隊に捕まるもドーラ一家と共にシータを救いだし
ラピュタへと向かいます。
{/netabare}



映画の魅力1 映画に引き込まれる演出
{netabare}
 1 オープニング
{netabare}最初のラピュタができてラピュタ人が地上に降りるまでの画が
サウンドトラックの「空から降ってきた少女」(君をのせてのオーケストラバージョン)とともに流れます。
引き込まれます。最高のスタートです。{/netabare}

 2 世界観
{netabare}やはり何と言ってもラピュタ島でしょう。
まず空に浮かぶ城というのは憧れでもあります。
また誰もほとんど発見出来なかったという未知なる世界。

自分が好きなラピュタのシーンは主人公パズーの父親がラピュタを発見するシーン。
ラピュタ島が未知の島であることが伝わる幻想的なシーン。
ラピュタの全体像のシーンよりも好きです。
やはり全体像を見てしまうとつまらないですよね。
こういうものだで終わりますから。
一部しか見えないほうが想像が膨らんで美しく思うのです。{/netabare}

 3 ワクワク感を与える中盤の演出
{netabare}パズーとドーラ一家が軍の要塞からシータを救い出すシーン。
ここがひとつの山場でもあります。
まずシータが自分のことを守ろうとしてくれていたロボットに最後まで気付けなかった悲しさ。
泣ける人が多いです。
そしてシータを救い出すパズーと操縦の完璧な技を披露するドーラのカッコ良さ。
そしてドーラ一家と仲間になり新たな冒険がスタートするワクワク感。
山場でもあり次の第二部に繋げる素晴らしい演出だと思います。{/netabare}
{/netabare}


映画の魅力2 キャラクター
{netabare}
キャラはみんな凄いです。
パズーもシータもいい子達ですが
ムスカやドーラのキャラの濃さには負けます。
僕はドーラが好きです。
豪快ですが出す指示は非常に的確で
部下達を危険から守ります。
余談ですが私の通っていた幼稚園のときの副園長先生が
青い服を着たおばさん先生で
幼稚園のときあの人はドーラだと思って過ごしていました。

またヒロインについてですが
シータは優しく一途な少女です。
宮崎アニメの描くヒロインは一般的に
男ウケの良い女の子が多いです。
その理由について高畑勲監督は
「宮崎監督は男4人兄弟で身近に女の子がいなかったからだ」と言っていました。
高畑監督は兄弟姉妹だそうです。
だから高畑アニメのヒロインは普通な女の子が多いですが、
宮崎アニメのヒロインは宮崎監督の思う理想の女の子が多いようです。{/netabare}


本編の重要なテーマ「なぜラピュタ帝国は滅んだのか?」
{netabare}ラピュタに到着してからパズーがこのことについて疑問を持っています。
{netabare}「立派な街だったんだ。科学もずっと進んでいたのに、どうして…?」{/netabare}

物語終盤でシータがその答えを言っています。
{netabare}「今は、ラピュタがなぜ滅びたのかあたしよく分かる。ゴンドアの谷の歌にあるもの。『土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春をうたおう。』どんなに恐ろしい武器を持っても、沢山のかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ!」{/netabare}

科学の力に頼り過ぎ、それに酔いしれて、自然から離れてはいけない。
人間は自然に生かされていることを忘れるな。
それをシータそして宮崎駿監督から改めて教わった気がいたします。{/netabare}

投稿 : 2020/02/12
閲覧 : 238
サンキュー:

14

よし さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ジブリの中でも名作

ジブリの中でも名作。
小さい子からお年寄りの方まで楽しめる作品だと思う。

投稿 : 2020/02/11
閲覧 : 24
サンキュー:

2

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

老若男女が楽しめるエンターテイメント

芸術的な面よりも、老若男女が楽しめるエンターテイメント作品というある意味一番難しいジャンルの傑作。正直もはやこういう作品は日本では失われて、宮崎さんのある意味で弟子といえるラセター率いるピクサーに受け継がれたジャンルかもしれない。

 ストーリーのあらすじがどうとかでなく、物語の語り口の妙、世界観の構築ぶりの確かさ、生き生きとしたキャラクターの素晴らしさなどが合わさって、とにかく胸躍る見事な活劇ものとなっている。

 「スターウォーズ」そうだが、一見子供っぽくて浅いようにみられがちな作品でありながら、多くの人々の思い出として刻まれるような作品こそ真に評価されるべき作品だろう。

 アクションシーンのいかにも宮崎さん的なワクワクする動きの楽しさ、静的なシーンの美しさ、食事シーンの楽しさ、シンプルでありながら普遍的なテーマなどなど。日本のアニメの素晴らしさは、その多様性にこそあると思われるが、こういうった作品が見られないのは少し寂しいかな。

あへてマイナスポイントを挙げるなら、良く出来すぎていて歪んでいるからの魅力がない所と、あまりにみんなの血肉となり過ぎてる感ぐらいなもんか。

 

投稿 : 2020/02/06
閲覧 : 68
サンキュー:

17

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

空、好きだよね

空。

投稿 : 2019/12/07
閲覧 : 44
サンキュー:

0

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ビンで頭を殴った少女(違った視点から)

何かのコラムで滅びの言葉より,恐ろしいのは「そのシャツ誰が縫うんだい」というのがあったとかなかったとか。

ジブリの作品全体的に言えるのは「女性」が強く描かれていること。

相手がたとえ悪人でも,ビンで殴ったら「傷害罪ですよ」。(笑)

天空の城ラピュタ は,パズーの冒険物語とか,ロボットがかわいそうとかいうのですが,実は,守っているのがシータで,守られているのがパズーと考えてはいけないでしょうか。パズーは金貨三枚でのこのこ帰っていくし…

ドーラ一家の息子が「あの子もママみたいになっちゃうのかな」と言ってみたり,偵察用の凧に乗る際にシータは女の子だから,戻ってくるように言われるが「おば様も女よ」と言い返したりしている。

玉座の間で銃を向けられるムスカとのやり取り,も,少女とは思えぬ「圧巻」的な態度で感心してしまいます。

最大の疑問は,滅びの言葉「バルス」を言ったとき,言う時でもいいのだけれど「二人とも心中する」覚悟があったのだろうかということ、それが引っかかっていますね。結果オーライですが。

最後大きな木が,天に昇っていくのがブロッコリーに見えるのは私だけでしょうか。

惜しむべきは,「天才的な作品」にもかかわらず,公開当初評価されず,興行成績も芳しくなかった「早すぎた名作」であることかな。

投稿 : 2019/09/10
閲覧 : 123
サンキュー:

4

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何回観てもTVでやっているとついつい観てしまう。

ジブリの1作目の作品ですよね。
今日(2019年8月30日)テレビでやっていたのでついつい観てしまいました。
何度観てもあきないですね。ぜんぜん古く感じません。
世界観も風景画も音楽もいいですよね。宮崎アニメでは一番好きかも。
ドーラの若いときってお綺麗なんですね。ドーラの部屋に掛けてある写真
に初めて気がつきました。何度も観ているのに新しい発見です。
親方と海賊の戦うシーンが結構好きでおかみさんの一言もいいですよね。
喧嘩ってあんな感じなら許せるかも。

投稿 : 2019/08/31
閲覧 : 107
サンキュー:

14

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バルス!

詳細は……毎年やってるから観たらいいと思います。

ま、バルスで一躍有名になりましたが、ボーイミーツ
ガール的なアニメの不朽の名作と言っていいでしょう。

ていうか、観てない人いるのかしら?

投稿 : 2019/08/31
閲覧 : 105
サンキュー:

3

ネタバレ

イムラ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

地球は回るよいつまでも

<2019/8/30 追記>
金曜ロードショー観ました。
やはり名作中の名作。
ジブリの最高峰だと思ってます。

<2018/8/26初投稿>
今から32年前、友人から「これを観ないと人生損する」と強く勧められ、映画館で観ました。
今思うと映画館で観といて良かった。
結局二番館、三番館に転げ落ちたの追いかけて5回観に行きました。

言わずと知れた名作です。
極めてオーソドックスなボーイミーツガールですが、そのカテゴリの中では最高峰じゃないでしょうか。

まずキャラクターが魅力的。

主人公パズーは鉱山で働く好奇心旺盛で快活な男の子。
声は後の「海賊王になる」の人。
挫けそうになるけど挫けない。
たまに名探偵じゃない方のコナンばりのアジリティを見せつけます。
年に一度、ツイッターのサーバを落とすスーパーハカーという噂も。
そしてラピュタパンの発明者。

シータは楚々として誠実、優しく芯の強い、でも怒らすとたぶんむちゃくちゃ怖いであろう典型的な宮崎ヒロイン。
普段は山間部で畜産業に勤しんでます。
ヒロインは空高くから落っこちてくるものだという固定観念を日本人に植えつけた人でもあります。
コナンの彼女とよく似てる気がする。
パズーと組んで年に一度ツイッターに御迷惑をおかけしている。

空の海賊の頭領ドーラは{netabare} ク○ババ○枠、じゃなかった「いい女」枠の肝っ玉ばあちゃん。
豪傑な悪役として最初登場しますが実は気っ風の良い優しいク○ババ○。{/netabare}
毒蝮三太夫と気が合いそう。
若い頃はシータとそっくりだったらしい(人間ってそういうもんだよ)。
特技はホンジャマカの石ちゃんより美味しそうに肉を食べること。

ムスカは{netabare} 寺田農さんの声がハマりすぎるくらいハマってるThe・悪党。
ツイッターと並ぶバルスの被害者。
コナンの敵役とキャラ丸かぶりだけど、なだぎ武のモノマネのおかげで知名度はこちらの方が上。
「見ろ!人がゴミのようだw」「眼がぁー眼がぁー」は名言として今も日本人の心に刻みつけられています。
合掌。{/netabare}

なんと濃ゆい皆さんでしょう。
ステレオタイプなはずなんですが、味付け加減が抜群で魅力的になってます。

1900年代初頭のヨーロッパのような味のある世界観ですが、街中というか平地はあまり出てきません。
切り立った渓谷の上とか、空中船の上とか、ラピュタの上とか高いところがメインなのですが、これらが本当に高く見えて絶景!
高所恐怖症の私は映画館で観ててちょっと怖くなってきたの覚えてます。
VRで観たら大変かも。
でもVRで観てみたい気も。

飛行機や飛空船は宮崎デザインの集大成みたいな感じ。
こういうの本当に好きです。

ストーリーの内容紹介は省きますが、物語はシンプルに展開されつつも、ゆったりした日常と緊迫した場面のメリハリが効いていてひと時も眼が離せません。

フラップターに乗った{netabare} パズーとドーラが、燃え盛る要塞に突っ込んで塔の上から囚われたシータを助け出す{/netabare} シーンは毎度毎度背筋がぞわーーーーーとします。
この時の劇伴も最高に好きです。

映画館で観られて本当に良かった。。

というわけで私の中では文句なしの満点評価です。

<おまけ・・・都市伝説について>
ラピュタでよく言われるエンディングでの都市伝説。
スタッフロールが流れる中、{netabare} パズーがシータをゴンドアの家に送るシーン{/netabare} を見た記憶が私もあったんですよね。
なのでレンタルビデオや金曜ロードショーで観た時、あれ?となったんですけど。
そんなシーンは最初からなかったらしいのですが。
結構はっきり意識にあったので、なんか不思議な感じです。

<2018/7/28追記>
今日、関東は夕方ごっついゲリラ豪雨がありました。
その豪雨を降らした雲がラピュタの「竜の巣」のようだと話題になってますね。
ネットで調べたらまさに「竜の巣」でした。

投稿 : 2019/08/30
閲覧 : 458
サンキュー:

67

ネロラッシュ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

冒険活劇としては文句無しである

今更評価する作品ではないが、少年少女を主役にした冒険活劇としては文句無しである。

未来少年コナンを思わせるキャラ設定が随所にあるのも満足する一つの要因だ。
炭鉱の親方夫婦はダイスとモンスリー夫婦じゃね?だし、ドーラはハイハーバーの不良グループオーロの妹テラが成長したらこんなんじゃね?だし、機関士のじっちゃんはドンゴロスっぽいし(笑)

1番好きな場面はフラップターですれ違いざまにシータをかっさらうところだね。
空中ブランコの技のようで、信頼関係がないとあれは出来ませんし、胸キュンになる。

やはり声を大にして言いたいのは、本職の人をメインキャストにしているのとしてないのでは違うのですよ。
この監督の作品でちゃんと観たのは魔女宅までだ。

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 92
サンキュー:

8

ネタバレ

タツヤ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

傑作

全てが素晴らしい
褒めるとこありすぎてあれなんで
逆になんだっけあの虫、名前忘れたけどあれ気持ち悪笑い。

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 87
サンキュー:

2

ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱり「ラピュタ」かな!?

ジブリ企画www

アナタの一番好きなジブリ作品は何ですか?

私は「天空の城ラピュタ」推しです(-ω☆)キラリ

「バルス」

つい唱えちゃいますよね(笑)

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 50
サンキュー:

3

遊微々 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ボーイミーツガールの手本

宮崎監督が小学生の時に既にプロットを完成させていた作品。

タイトル通りボーイミーツガールの教科書とも言うべき傑作で、未だ高い評価を受けているのも頷ける。
人と自然との関係を神話や伝承等のエッセンスを巧みに混ぜ合わせながら描くのがジブリの強みだと思うのだが、今作はそれに加えてエンターテイメント作品としての要素を加え成立させている。やはり宮崎駿は偉大である。

投稿 : 2019/06/14
閲覧 : 69
サンキュー:

5

ネタバレ

でこぽん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

大空、そして伝説と科学が融合したしたとき、神話が生まれる

この映画は、大空という誰もが憧れる場所を舞台とし、
伝説と科学とを融合させた物語です。

バズーとシータは、地上で運命的な出会いをします。
身につけている飛行石により、空からゆっくりと落ちて来るシータ。そして、その少女を優しく受けとめるバズー。
シータは、かつて天空を浮遊する城ラピュタの王家の末裔の少女です。
そしてバズーは、伝説のラピュタ城への憧れをいだく少年でした。
このシーンを見るだけで、不思議な感動が私の胸にみなぎりました。

バズーもシータも素直で純粋です。まだ子供なので恋愛感情はあまり見えませんが、お互いに相手をすごく大切にしています。
こんな主人公が活躍する物語は、見ていて心地よいです。思わず応援したくなります。

やがて舞台は大空へと変わります。
そして、そこには、伝説のラピュタ城が雲に隠れて浮遊していました。
ラピュタは、大昔に空から地上を支配していた帝国です。
そこには、今もロボット兵が城を守るために働いています。

現代の科学力よりもはるかに高度な技術をもったラピュタ。
その科学力で攻撃を受けると、どんな敵でも、たちどころに破壊・炎上してしまう。
まるで聖書に登場するソドムの町のように。
今も多くの宗教で伝えられている神の力とは、ラピュタのような科学力の仕業だったのかもしれません。

ところで、この物語には、二種類の異なった悪人が登場します。
一つは、空中海賊ドーラ一家。生粋の盗賊です。家族で団結しており、家族愛は人一倍あります。
もう一つは、政府高官のムスカ。表の顔は至って真面目ですが、裏では残虐非道なことを平気でします。
そして宮崎駿監督は、どちらが本当の悪人かを、この映画で私たちに問いかけています。
あなたはどちらが本当の悪人だと思いますか?
私は、{netabare} どちらとも人を平気で殺す悪人 {/netabare} だと思います。

この物語は、上映当時に顧客満足度97.7%という驚異的な数値を叩きだした映画です。
まだ見られていない方は、ぜひ見ることをお勧めします。
きっと、清々しい感動を感じるでしょう。


最後に、この映画に感動された方は、
ルパン三世 2nd series 第155話 『さらば愛しきルパンよ』を見られることを是非お勧めします。
きっと驚きに満ち溢れ、新たな感動が生まれるでしょう。

投稿 : 2019/06/08
閲覧 : 236
サンキュー:

51

プクミン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

宮崎駿先生の作品2

作品2と言っても2作品目という意味ではありません。
気にしないで下さい。

多分これが一番人気あるのではないかなと思います。
とりあえず城が飛んでたら「ラピュタ」と言われるぐらいの知名度もあります。
目をやられた時のセリフも良く使われてますね。
名作の1つです。

一言「目が、目がぁ~~!!」

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 87
サンキュー:

2

ネタバレ

oneandonly さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

冒険物語の王道

世界観:8
ストーリー:9
リアリティ:8
キャラクター:5
情感:5
合計:35

ジブリで一番好きな映画は「耳をすませば」ですが、物語としての完成度の高さはラピュタだと思っています。

{netabare}天空に過去の文明が存在するという舞台設定のもと、少女(シータ)が何者かに追われ、飛行石を首にかけて空から降りてくるシーンから始まり、主人公(パズー)が勇気を振り絞って少女を守ろうと奮闘する物語。テレビでも何度も放送されているので、あらすじなどは書く必要ないでしょうね。構成はお手本のように綺麗にまとまっており、シータを救出するシーンなど見せ場もしっかりあります。

個人的には、天空の城の外壁でパズーが落ちそうで落ちない描写にやや無理があるかなと思った程度ですね(ロボットの兵隊が穴から出てくるところに鉢合わせたシーンが特に)。

物理法則は無視ですが飛行石の設定、ポムじいに会うシーンが地味に印象的で好きです。
「その石には強い力がある。わしは石ばかり相手にしてきたからよくわかるんだが、力のある石は人を幸せにするが、不幸を招く事もよくあるんじゃ。まして、その石は人の手が作り出したもの。その…気になってのう。」

空中海賊たちが仲間になり、ドーラやじっちゃんは印象にも残る良いキャラだと思います。

名作ですが、宮崎アニメは私的に涙腺に響かない(全て「情感」が6以下)ので、お気に入りまでにはなりませんでした。{/netabare}「君をのせて」など音楽も好きなんですけどね。
(2017.6全体的に書き直し、評価調整)

<2019.1.25追記>
ストーリーとキャラクターのバーターによる評価変更。総合評価は変化なしです。

投稿 : 2019/01/24
閲覧 : 247
サンキュー:

40

Dkn さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「天空の城ラピュタクルーズ」はまだですか?

“世界に向けてジャパニメーションとはこれだ!と発信するならば「天空の城ラピュタ」を挙げると思う”

昔アニメーションの権威がそう仰っていました。

日本のアニメーションは他国と比べ多様性に富んでいて、内面的な題材、芸術・娯楽性、マイノリティに特化した、
先鋭的かつ独自の進化をした作品群、日本代表を数作挙げるとするならもっと他の特殊なジャンルも入れたい所。
アニメに詳しくなり自身の嗜好に響くタイトルが増えれば増えるほどこんな気持ちが大きくなっていくものです。
それを覆すほどの“王道”。ラピュタをオススメするレビューなんて、今更感でへそが茶を沸かしちゃいますよ。

・すごく面白かった!!
・楽しいが詰まった映画です
・印象的なシーンの宝庫
・極上のボーイ・ミーツ・ガール

満足度調査にあるような言葉でいいしこれがいい。

日常の中でシーンを浮かべ空想をしてしまうアニメは良いアニメだと、なんの根拠も無さそうな持論があります。

飛行機に乗った時や高層ビルの上でペンダントを胸に下げて飛んだら降りられるかもと思ったり(真似しないでね)
山のように立ち上る積乱雲を見つけては思いを馳せ、空から女の子が降りてきて冒険が始まらないかと夢をみる。

このアニメはそんな想像力を煽る。
伝承やお伽話と科学技術の狭間にある世界観に目を奪われ、各所で出てくる匂い立ちそうな飯に腹がグゥと鳴る
様々な人間の想いや目的が交錯し、まるで自分達も旅をしたような感覚の先に辿り着く場所、明かされる真実。
短くて長い旅の軌跡は名曲と共にフラッシュバックし物語を色褪せさせない。最後には心地良い余韻が待っている。

民間人が宇宙旅行出来るサービスがこの先見込まれていますね。一方こちらはあるかどうかわからない天空の世界。
VR(ヴァーチャルリアリティ)が進化する昨今、作中冒頭から最後までの旅「天空の城ラピュタクルーズ」なんて
体感サービスが出来ればいいのに。…実行したウォルト・ディズニーはすごいな。千葉に行けばあるんだもの(違
いつか叶うならば、ひときれのパン、ナイフ、ランプを鞄に詰め込み、父子が夢見たあの空へ旅立ちたいもんです。

投稿 : 2018/11/27
閲覧 : 273
サンキュー:

38

ザカマン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

視聴6回目くらい

最近図書館で、借りてみた

初めてみたジブリ作品でもある
ジブリアニメは特に、思い出補正込みの評価になってしまうし、年齢、見た時期によって一番好きな作品が変わってしまう
ちなみに現在はもののけ姫が一番

音楽が神すぎて、当時小学校で今月の歌みたいのに選ばれて、みんなで歌いまくってた
たしか音楽の教科書にものった
ロードショーで一番多く放送されてそうだし、アニコレでも上位だし、知名度的にもジブリで一番人気のある作品でしょう

投稿 : 2018/08/27
閲覧 : 101
サンキュー:

5

バンバン さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これぞジブリアニメ

空から女の子が!ボーイミーツガールの代名詞のような作品。いつ見ても新鮮です。ジブリは何故こういうのをだんだん作らなくなっていったのか…

投稿 : 2018/07/09
閲覧 : 106
サンキュー:

3

ネタバレ

よろず さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ラピュタだけでなくTwitterの鯖まで落とした伝説のアニメ

たった一言でラピュタだけでなくTwitterのサーバーまで落としてしまった国民的超有名アニメ

投稿 : 2018/05/25
閲覧 : 106
サンキュー:

1

pop22 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自分の中のボーイミーツガールの原点

宮崎最高傑作と思われる作品

今見ても面白い

ここの評価方法だと4.5/5だが余裕で100点満点

投稿 : 2018/05/22
閲覧 : 122
サンキュー:

4

ストックトン さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

中世の時代のような世界に不釣り合いな
科学技術の織り成す世界観が印象的だった。
あと、食事シーンなんかがやたらとおいしそうで
かなり印象に残っている。

投稿 : 2018/04/13
閲覧 : 78
サンキュー:

2

ネタバレ

ジパミィナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何回でも見てしまう。 88点

全てにおいてハイレベル。
バルスが放映する度に騒がれ、ラピュタパンなどいまだに話題を提供している作品です。
放映して20年以上経過している作品とは思えないクオリティの高さを感じます。

ラピュタを探す冒険が物語の目的ですが、序盤だけの登場の親方の存在感は圧巻です。
また、ドーラの存在はジブリのその後の作品での元祖と思ってます。
ムスカ大佐の名言はネタとして、伝説級ではないでしょうか。

興業成績では、千と千尋、もののけ姫、君の名はなどに遠く及ばないですが、この作品を超える作品はそうそう無いと思います。

投稿 : 2018/04/09
閲覧 : 125
サンキュー:

11

ニワカオヤジ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最高の冒険活劇

リアルタイムで映画館で見て以降、何度も見ています。そしてテレビでちょっと流れているのを見ちゃうと、つい最後まで見てしまいます。

特別難しいテーマもなく、終始ハラハラドキドキさせてくれて、最後は大団円、という、冒険活劇の理想型であり、これぞ宮崎駿の真骨頂だと思います。

しかし「カリオストロの城」と本作が完璧過ぎて、もうこれ以上のものは作れないと思ったんでしょうか、以降は起承転結がはっきりしなかったり、何となく深いメッセージがありそう(だけどそうでもない)な作品が増えていきましたね。

また本作までは主要キャラにプロ声優を起用しているのも大きいと思います。やっぱり上手くて迫力があります。特にパズー。

声優の演技が下手くそだと折角のストーリーと映像が頭に入ってこないと思うんですが、映像には今でもすごく拘っているくせに、なんで声の方は素人の棒読みが好きになっちゃったんでしょう… 宮崎駿の思考回路が理解できません(泣)

投稿 : 2018/03/03
閲覧 : 143
サンキュー:

23

ネタバレ

ヲリノコトリ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ジブリベスト10のためのレビュー

【あらすじ】
父親が見たという天空に浮かぶ城ラピュタ。その実在を証明したい少年パズーは、ある日、空から舞い降りた少女シータと出会う。アニメ史に燦然と輝くジブリ創世記の名作。

【成分表】
笑い★★★☆☆ ゆる★★☆☆☆
恋愛★★★☆☆ 感動★★★★☆
頭脳☆☆☆☆☆ 深い★☆☆☆☆

【ジャンル】
ジブリ2作目(1986)、冒険、名言のオンパレード

【こういう人におすすめ】
「観たことない」と言うと人格を疑われるレベルのジブリ作品。そんなこと言われても金曜ロードショー観てない若者は知らんよなぁ。

【あにこれ評価(おおよそ)】
90.4点。超名作。あにこれ点数順では第1位。

【個人的評価】
世間と同じ評価。
『自分のお気に入り』『おすすめしたい作品』

【他なんか書きたかったこと】
 ルパンベスト10を作った流れでジブリベスト10とコナン映画ベスト10に挑戦中。一般人でも分かるアニメ映画シリーズのベスト10があれば、私自身を理解してもらいやすいかなあと。

 ジブリ作品に共通するテーマとして「水の表現」と「対立」と「内包」があるというのをどっかで聞いた気がします。まあ水なんて2時間分のお話作ったらどっかで絶対出てくるし、対立と内包なんて曖昧な言い方したらなにかしら無理やりこじつけることは可能だと思いますが、その辺を踏まえてみてみるといいかもしれません。

 ↓以下一言くらいの感想
{netabare}
 実はジブリ製作としては第一作だが、ジブリホームページの作品一覧にナウシカも乗っていたので2作目とした。私の認識としても「風の谷のナウシカ」はジブリ作品の一つとしてカウントしたい。実際にはナウシカの後にジブリが設立され、その最初の作品がラピュタ。

 ナウシカとともに「ジブリ」と「アニメ」の地位を押し上げた名作で、アニメ史的にはほとんどオーパーツとも思える作品。86年でっせ旦那。

 再放送されるだけでネットがざわつき、放送時間中にどっかの回線だかサーバーだかがパンクしたりする。現在まで言い伝えられる名言も数多く存在し、私もよく使う。

 おそらく1位に挙げるジブリファンが最も多い作品で、私にとっても「ジブリと言えばラピュタ」という認識。今回ベスト10を作るにあたっても、「ラピュタより好きかどうか」が私の中での順位決定の第一歩だった。

 まだ観てない人は、そろそろ「なんで観てないの!?」と言われることに飽き飽きしてきたと思うので、1回観ときましょう(笑)
{/netabare}

投稿 : 2018/03/03
閲覧 : 154
サンキュー:

13

こっとん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ワクワク感がすごい

小さい時から何度も何度も見ているアニメですが、未だにワクワクします。そんな作品です。

投稿 : 2018/02/28
閲覧 : 85
サンキュー:

2

Marsa さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

30年以上前のジブリ作品ですが、すごいとしか言いようがないです。

1986年上映のジブリ作品。

私がまともに観た2つ目のジブリ作品で、今見終わりました。

物語はボーイミーツガールですが、展開、テンポも良く、
落ち着くところと、ハラハラドキドキのメリハリもあって
良くできてるな〜と。文明の発展の行き着く先
への警鐘、文明と戦争の相互関係、なども織り込まれ
内容の深さも何気なく伝えるセンス、世界観も壮大で
すばらしい。
作画は30年前ですが、色使いが上手だなーと、
感心するばかりです。

しかし、時代背景の異なる今となっては、やや魅力が
薄れているのかもしれないと感じました。
それでも、かなりレベルの高い作品ですので、
観ておくべき作品であると思います。

投稿 : 2018/01/16
閲覧 : 163
サンキュー:

27

ネタバレ

のんちくん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

決断の速さと潔さは、王族か女なジブリ系方程式?

割と、ジブリの中ではヒーローしている主人公だが、なぜか、肝心な決断をするときは、女の強さを主張する。男女の絆とか。応援やバックアップは男の方。
この間、テレビでやっているのをみて、まだ初期の段階だしとは思っていたのだが、もののけ姫やハウルの動く城もそう。まだまだ、女性が強くはなかった時代だし、といっても、新しい時代の予感があって今がある。
時代の移り変わりがそういうことだと、いつか気づく世代が生まれているんだなぁと、思ってみましたが、どんな感想を持ちましたか?
と、作品の感想は、やっぱり、スピード感も展開もいいし、世界に飲み込まれてしまって、そんなことは、あとで、そういえば・・・的なものですので。オタク会議でもしたいなぁと思ったりしました。

投稿 : 2018/01/08
閲覧 : 108
サンキュー:

10

ネタバレ

まる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

伝説ですな

『バルス!!』

これ以上説明あるか?ねーよな。

至高

投稿 : 2018/01/01
閲覧 : 89
サンキュー:

2

次の30件を表示

天空の城ラピュタのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
天空の城ラピュタのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

天空の城ラピュタのストーリー・あらすじ

ある夜、飛行中の飛行客船を、航空海賊の一団が襲撃する。政府特務機関に捕らわれ客船に乗っていた少女シータは、混乱に紛れて特務機関の指揮官であるムスカ大佐を気絶させると、彼の懐から青い石のペンダントを奪い取る。窓を伝って逃げようとするが、海賊に見つかり、驚いた拍子にシータは客船から転落してしまう。雲間を落ちていく中、気を失った彼女の胸にかかっていたペンダントの青い石が突然光を放ち、シータは光に包まれゆっくりと降下していった。鉱山町で働く少年パズーは、青い光とともに空からゆっくりと降りてきたシータを助け、自宅にかくまう。一夜明けパズーは、シータの行方を追う空賊や政府からシータを守り逃走を図る。(アニメ映画『天空の城ラピュタ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1986年8月2日
制作会社
スタジオジブリ
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AE%E5%9F%8E%E3%83%A9%E3%83%94%...
公式サイト
www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20130802/
挿入歌
井上杏美『君をのせて』

声優・キャラクター

田中真弓、よこざわけい子、初井言榮、寺田農、常田富士男、永井一郎、糸博、鷲尾真知子、神山卓三、安原義人、亀山助清、槐柳二、TARAKO

スタッフ

原作:宮崎駿
監督:宮崎駿、脚本:宮崎駿、プロデューサー:高畑勲、作画監督:丹内司、美術:野崎俊郎/山本二三、音楽:久石譲

このアニメの類似作品

この頃(1986年8月2日)の他の作品

ページの先頭へ