「美少女戦士セーラームーン(TVアニメ動画)」

総合得点
70.4
感想・評価
228
棚に入れた
1398
ランキング
950
★★★★☆ 3.8 (228)
物語
3.8
作画
3.5
声優
3.9
音楽
3.9
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

美少女戦士セーラームーンの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

お師匠さんが総作画監督でした

今は齢70代のとあるアニメーターが師匠ですが、何を隠そう当時の幾原邦彦監督の側近。「東映の懐刀」と呼ばれてたお師匠の現役時代の作品。

女児向けのはずが、アニメ好きのマニア層まで食い付きがよく、今に続くプリキュアシリーズなんかもこの作品が延長線にありますね。

これが好きでアニメが好きになった女性は多いはず。。

「ウテナ」もそうですが。

何よりもバブル期最後なので、演出も作画もイケイケな感じが非常にバブリーです。

この作品とドラゴンボールのおかげで、東映の株が急上昇をし、特に海外ライセンスを含めると1000億規模の超大型コンテンツだったと言えます。

今じゃ到底この規模の作品はないですけどね。

投稿 : 2019/10/28
閲覧 : 58
サンキュー:

3

ネタバレ

石川頼経 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

元祖、戦闘魔女っ子

声優も頑張って、物語もなかなか良かったです。
昔は夢中になりました。

投稿 : 2016/09/07
閲覧 : 70
サンキュー:

1

ネタバレ

ふひょー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観たい

現代女子向けアニメNo.1

1番印象に残ってます。

出来ればセーラーVから観たいです。

好きなキャラと声優は全然違いますが・・・

キャラ・・・愛野美奈子/セーラーヴィーナス
声優・・・古谷徹(地場衛/タキシード仮面)

投稿 : 2016/07/08
閲覧 : 84
サンキュー:

0

ネタバレ

ハウリングインセクト さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

そして全ては巻き戻る

終盤の衝撃的な展開はショックを受けた人もいるのではと思います。
当時見てた私も涙して最終回を見るのが怖くなりました。
でも、仲間との絆を持って戦う少女達はとてもかっこよくて、ああいった友達を作りたいとも感じます。

投稿 : 2015/01/13
閲覧 : 115
サンキュー:

0

ネタバレ

泉 星羅 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

第34話「光輝く銀水晶! 月のプリンセス登場」
は、神! これを超越するものは作れないでしょう。
絵コンテがいいのか、演出の小坂春女さんの力か、セーラームーンがセレニティになる所は神秘的で感動的で!何度見てもいい!



まもるとうさぎはツン期も良いです。
おだんごあたまがデレる瞬間が最高にかわいい!
この二人一番かわいいシーンここ。

投稿 : 2014/11/08
閲覧 : 102
サンキュー:

0

ネタバレ

ましゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やっぱりいい!!

改めて最近見直していますが
やっぱり面白いです!

敵の設定としては単純かなと思うところもありますが・・・
戦闘シーン以外のストーリーが素敵だと思います。


恋愛や友情にまっすぐなところが
改めていいと思いました!!

投稿 : 2014/08/25
閲覧 : 136
サンキュー:

0

ネタバレ

たんぽぽの花 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

月に代わってお仕置きよ!なつかしい!

なぜ、今更ながらセーラームーンかとは思う人もいるでしょう?
リメイク版と言うか只今、新しくセーラームーンがTV放送していたので
コメントをしようかと思いました。古いアニメです。
実際、バトルも一方的に勝つ場合がほとんどで、どちらかと言うと普段の
少女達の生活的な部分が面白かった感じがします。
月野うさぎ事セーラームーンははるか昔の月世界の王女様の生まれ変わり、
本人に自覚など無いし王女が戦うのか?って感じもするけど、たの
マーキュリー(水星)マーズ(火星)ビーナス(金星)ジュピター(木星)
の他の4人と共に幻の銀水晶を求めて戦う話です。
名前には色々工夫もされていて、ビーナスは金星の守護の戦士で名前は美奈子と良い読み方ではビーナスと読める工夫をしてました。
単純なアニメでしたが、OPは大ヒットしましたね。今回の新シリーズでも
使われるかと思ってたぐらいですが、さすがにそれはしなかったみたいです。シリーズは続き、土星(サターン)天王星(ウラヌス)海王星(ネプチューン)冥王星(プルート)、、冥王星が惑星基準から外れた現代ではどうなるのか?そこまでは続かないのか?少し期待しています。

話がそれますが、冥王星が惑星基準から外された原因は、まず軌道が変則で有る事と同じくらいの距離に冥王星が惑星基準の星が多数発見されたからです。そうなると惑星の基準を有る程度制限する必要が出来てしまい、冥王星を惑星と認めると、冥王星より、105%の大きさの星が見つかっていたのでそれも惑星にしないといけないと言う事と、冥王星付近には、まだ多数の未確認だが、同じぐらいの星が多数存在する可能性が高いので、こういった理由で惑星から外されました。冥王星は海王星の軌道と交差する地点があり
一時期は冥王星の方が太陽に近い時期が有ったり、昔から少し問題の多い星ではあったのですが、冥王星としての価値が下がった訳ではなく、冥王星の
環境や、星には今でも天文学者は色々と研究しています。
また何かの理由で惑星になる可能性も無い事は無いので、期待しましょう

投稿 : 2014/08/03
閲覧 : 287
サンキュー:

1

ネタバレ

雷撃隊 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

90年代の中核にして女尊男卑の時代の幕開け

新作の情報が入ったのでちょいと思い出を語りつつおさらいをしようと思います。当時中学生。始まった時は女の子が主人公でもかっこいいアクションマンガできるんだー、と感じた。女子の間で人気が出て男子にも隠れファンがチラホラ。でもって自然と男女関係無く共通の話題に。少女マンガだけどジャンプやサンデーと同格の作品としてみんなで楽しんだものだ。僕はマーキュリーこと亜美ちゃん推しだったなー。これ、魔法少女+バトルものの基礎理論を確立した名作だ。例えばアニメ初心者に説明する場合ロボットものは「ガンダムもどき」だし宇宙船ものは「ヤマトもどき」だし、女の子が主役の戦闘ものは「セーラームーンもどき」といえばイメージは伝えられる。「まどか」や「なのは」も「セーラームーンみたいなやつ」で概ね説明がつく。アニパロでもさんざん元ネタにされている。やはりパクリの元ネタにされる作品は偉大だ。主題歌の「ごめんね、素直じゃなくて」は「さらば、地球よ」なんかと並ぶ名曲でみんなが知ってるフレーズだろう。

アニメ誌の表紙から男性キャラがめっきり減ったのもこれがきっかけだ。男性客相手のコンテンツでも女の子が主役でもOKという風潮が出来上がりいわゆる萌えキャラのマーケットが確立されてゆく。セーラームーンの前と後では明らかにアニメキャラの男女比が逆転している。恐るべし。でも男性キャラの単独の需要や商品価値が低くなって久しいのも恐らく本作のせいだろうか。アニメキャラの女尊男卑時代の幕開けだ。

まだ萌えなんて便利な言葉がない時代なのにキャラの古さを感じないのもすげー。うさぎちゃんはツインテだしレイちゃんは巫女さんだしキャラ属性は今でも十分通用する。フェイト・テスタロッサや暁美ほむらの横に月野うさぎがいても違和感感じねーぞ。

名台詞も多し。「お願い銀水晶、みんなが信じようとしたこの世界をもっと私に信じさせて」は未だに好きな台詞。「我が守護木星、雲を呼べ、嵐を起せ、雷を降らせよ」とかカッコイイ。タキシード仮面の「バカヤロー、怪我は無いか」も捨てがたい。みんなそれぞれ見せ場があっておいしいよね。まだアニメが「みんなのもの」だった頃の作品っていいよね。

声優もすげー。これに出てる人達ってアニメの中核の作品を網羅している。
ガンダム、EVA、銀英伝、ヤマト、キャプテンハーロック等、挙げればきりが無い。久川綾さんが「なのは」に登場した時は特撮における宮内洋みたいで嬉しかった。

結局ロボットものが「ガンダムとその他大勢」の域を出ないように萌えアニメもこれの呪縛から離れられないんじゃなかろうか。昨今テンプレな萌えキャラの数々、多かれ少なかれこれの影響を受けている。言い方を変えればベーシックスタイルで基礎問題集みたいなものなのでチェックしておいて損はしない。EVAと並んで90年代の中核だしこれを見ずして和製アニメは語れないぞ。

新作の予告見たけど、作画が原作コミック寄りになっていた。ちなみに僕は只野和子さんのデザインが好きだけど。主題歌はモモクロだけどなんと作曲はあのSOUND HORIZONのREVOさんだ。月野うさぎの映像とREVO節がなんか面白かった。SHファンの僕としては領拡でSHバージョン披露して欲しいな。三石琴乃さん、20年ぶりなのに声変わってなくて感無量。小清水さんや野島さんたち偉大なキャラをどう演じるのか楽しみ。プレッシャーにまけずがんばってほしいな。

とりあえず20周年おめでとう。新作もがんばれ。

投稿 : 2014/06/16
閲覧 : 238
サンキュー:

11

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最終決戦で

思わず涙してしまいましたね。最初のころは今一好きになれなかったけど
最終決戦はとても感動しました。信じてる!がうさぎの基本なんだろうね

投稿 : 2014/05/12
閲覧 : 120
ネタバレ

yokumra さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

第3話観ました。

第1話
昔のだけど展開とか基本的に今風のアニメと変わんない。
泣き声が武器になるなんてありえねぇ。
ウサギなかなか可愛いんだけど。

第2話
コイツら、コントやってんのか。
当時は面白かったんですよね、この展開が。
でも、変身したあとのウサギはカワイイ・・・

第3話
シリアス展開にはしない、子供を飽きさせないためのテクニック。ミニスカートってこの頃から流行ってきたの?
これくらいの年齢の子はウサギみたいな考え方だったんだろね。

投稿 : 2013/12/21
閲覧 : 140
サンキュー:

5

ネタバレ

ネモ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

一体・・・

初代とは関係ないです。
12月に新アニメやるらしいけど
いまだに情報公開されてないなんて
夏から延期されたからさすがにやるだろうと思うんだけど
ニコニコ放送しかしない時点で嫌な予感しかしないわ

投稿 : 2013/12/05
閲覧 : 105
サンキュー:

0

ネタバレ

★hiTa★ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

幼少期好きで、大きくなってからもみたけど映像が独特で敵もなかなか雰囲気がこわい!
主人公はドジっ子でも戦闘シーンで力を発揮するものが多い中セーラームーンはないてばっかりでどうしようもない感じだけどここぞというときはパワーを発揮する!
最終決戦は結構衝撃だった。
まだ衛が好きではなかったときのうさぎとのやり取りとか好きだった!
当時は気にならなかったけどタキシード仮面ってかなりのキザなキャラだったなっておもう。笑
そしてバラの威力が半端ない!!

投稿 : 2013/11/11
閲覧 : 121
サンキュー:

0

ネタバレ

mamiko さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

グッツを大量に持ってました

幼少時代に観ていました。大人になった今物語を振り返ると、友情もあり恋愛もありかわいい戦隊ものだったなぁと思い出します!!小さい頃、アニメのグッツを買いセーラムーンごっこをしてた記憶があります(^^♪

投稿 : 2013/08/23
閲覧 : 127
サンキュー:

3

ネタバレ

南のエデン さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

月に代わってお仕置きしちゃいますw

ハーイ今回の作品は「美少女戦士セーラームーン」なのですw


皆さんほとんどの人が知っていると思います^^


この作品はホントにただ、「悪者」をやっつけるだけじゃなく、愛情、友情、人情まで総動員して画面いっぱいに魅せてくれる作品なのです。


私はホントに「月野うさぎ」ちゃんが大好きです^^


だけど、45話だけはもう見るのも嫌でした::うさぎちゃん以外のセーラー戦士が次々と死んでいくシーンはもうボロ泣き状態で画面が見られませんでした::


このシリーズは本当に「凄い」作品です^^まだ見てない人がいれば、バカにしないで見て欲しいです。

投稿 : 2013/02/18
閲覧 : 234
サンキュー:

15

ネタバレ

(ΦωΦ)華菜* さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

月にかわって おしおきよ(o・ω・o)

■■主な登場人物■■

●月野うさぎ(つきの うさぎ)/セーラームーン●

本作の主人公で少しドジで泣き虫な中学2年生。
成績は悪く、赤点を取る事は日常茶飯事。
しかし友達想いで明るく天真爛漫な性格。
人一倍正義感と使命感を持っている。
月を守護星に持つ、愛と正義のセーラー服美少女戦士セーラームーンに変身して戦う。

*変身台詞*
【ムーンプリズムパワー!メイクアップ!】

*必殺技名*
【ムーンティアラアクション】
【ムーンヒーリングエスカレーション】

*決め台詞*
【月にかわって おしおきよ!】

----------------------------

●水野亜美(みずの あみ)/セーラーマーキュリー●

うさぎと同じ中学校で成績優秀でIQ300を持つ。
将来の夢は医者で人一倍優しい性格。
少しHな事に過敏に反応して照れる一面を持っている。
「勉強ばかりしている」と同級生から避けられている中で、
うさぎだけが話しかけてきてくれた事を感謝している。
水星を守護星に持つ、水と知性の戦士セーラーマーキュリーに変身する。
マーキュリーだけがスーパーコンピューターを所持し、
敵のエネルギーなどを調べたりする。

*変身台詞*
【マーキュリーパワー!メイクアップ!】

*必殺技名*
【シャボンスプレー!】

*決め台詞*
【水でもかぶって反省しなさい!】

---------------------------------

●火野レイ(ひの れい)/セーラーマーズ●

うさぎとは違う中学だが、うさぎがよく行く神社の娘。
気が強く、うさぎに意地悪をしたりする。
霊感がとても強く、妖気を感じたり、変身せずに、
御札で妖魔と戦ったりする。
正義感に溢れ、人一倍情熱的な女の子。
霊感がある事で人々に避けられていたが、
うさぎ達の仲間になれた事でうさぎに感謝している。
火星を守護星に持つ、炎と情熱の戦士セーラーマーズに変身する。

*変身台詞*
【マーズパワー!メイクアップ!】

*必殺技名*
【ファイヤーソウル!】

*決め台詞*
【火星にかわって せっかんよ!】

---------------------------------

●木野まこと(きの まこと)/セーラージュピター●

うさぎの中学校に転校してきた怪力少女。
女性としては珍しく高身長で制服が合わない事から、
前の中学の制服を着用している。
言葉遣いは男勝りだが、1人称は「あたし」と言い、
そして手作りお弁当を持ってきており女性らしい一面も。
両親を幼少の頃に亡くし、中学生にして一人暮らししてる。
人一倍怪力で、そして人一倍乙女な面を持っている。
"怪力少女"と恐れられている中で、うさぎに声をかけられ、
それに感動して、感謝をしている。
木星を守護星に持ち持つ、雷と勇気の戦士セーラージュピターに変身する。

*変身台詞*
【ジュピターパワー!メイクアップ!】

*必殺技名*
【シュープリームサンダー!】

*決め台詞*
【しびれるくらい後悔させるよ!】

------------------------------

●愛野美奈子(あいの みなこ)/セーラーヴィーナス●

うさぎ達よりも先に妖魔と戦っていたセーラーVの正体。
うさぎよりも長い髪で赤い大きなリボンをしている。
当初はクールな感じで登場したが、性格はうさぎと似てる。
アイドル願望があり、イケメン好き。
天真爛漫でよくメンバーを振り回す一面がある。
人一倍愛溢れる性格で、本当に好きな人の為なら、
自分が身を引くという大人な考えを持っている。
英語が得意でバレーボール部に所属していた。
金星を守護星に持つ、愛と美貌の戦士セーラーヴィーナスに変身する。

*変身台詞*
【ヴィーナスパワー!メイクアップ!】

*必殺技名*
【クレッセントビーム!】

*決め台詞*
【愛の天罰、落とさせて頂きます!】

------------------------------

●地場衛(ちば まもる)/タキシード仮面●

うさぎと度々会い、お互いに嫌っていた。
しかし途中からお互い惹かれ合う存在になる。
前世では衛は地球の王子でエンディミオンだった。
うさぎは月のプリンセスでお互いに結婚していた。
記憶はないが、度々夢でプリンセスに「幻の銀水晶を」と言われ、タキシード仮面として銀水晶の行方を追っていた。
KO大学に通っていて、頭脳明晰・容姿端麗。
途中でダーク・キングダムに操られてしまうが、
うさぎの声で最終的に目が覚める。
地球を守護星に持ち、エンディミオンとして戦う。

*必殺技名*
【タキシード・ラ・スモーキング・ボンバー!】

--------------------------------

●ルナ●

うさぎのパートナーで戦士に目覚めさせる役割を持つ。
ダーク・キングダムから地球と未来を守るために、
現代の地球にやってきたメスのネコ。
額に三日月型のハゲがあり、それを隠されると喋れなくなる。「三日月ハゲ」と「黒助」と呼ばれる事を嫌う。
しっかり者でうさぎの面倒を見たり、
時にはツッコミをしたりする。

-------------------------------

●アルテミス●

美奈子のパートナーで白いオスのネコ。
使命感があり、美奈子を戦士に覚醒させた。
おっちょこちょいな一面あるものの、
真面目で天真爛漫な美奈子に頭を悩ませている。
ルナに想いを寄せていて、冷たくされても、
何だかんだルナの所に帰ってくる忠実的な部分も。

--------------------------------


■■総合感想■■


私が幼少の頃から観ていた青春のアニメ。
当初は1期で終わらせる予定だったが、
あまりにも人気が出た為に2期制作が急遽決定した。
14歳という少女が変身して戦うアニメは斬新で、
誰もが「セーラームーンごっこ」をして遊んでいた。
感動的な部分も多く、今も尚、支持されている。


■■オススメシーン■■

第45話の"セーラー戦士死す! 悲壮なる最終戦"。


共に戦っていたセーラー戦士たち。
ダーク・キングダムとの最終決戦に向かう為、
そしてエンディミオンを救う為、
地球を救う為に乗り込むが、
敵のDDガールによって、4人の戦士が命を落とすという回。

当時は
翌日にセーラームーン大好きな子ども達がショックの為に
学校を休んでしまうという社会現象を起こしている。

4人が死ぬシーンは衝撃的で、
すごく悲しかったのを今でも覚えています。

家族の前で泣くまい、泣くまいと我慢していました。

当時のセーラームーンの声は代役で、
セーラームーン役の三石琴乃が体調不良だった為に、
代役で荒木香恵が演じたんですが、
それが好評で荒木香恵さんはちびうさ役に抜擢されました。

社会現象を起こす程のアニメが
今の時代にあるでしょうか???

昔の作品ですが、

2013年の夏にはリメイク版が放送されます!!

レンタル屋さんでもあまり品数が少なくなっているので、
見れない方は是非2013年のアニメをご覧下さい。

是非とも、声優さんが変わらない事を祈るばかりです...

投稿 : 2012/12/29
閲覧 : 169
サンキュー:

9

ネタバレ

にゃっかむ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このアニメがなかったらプリキュアは存在していなかった

このアニメがこんなにも人気が出なければ
おジャ魔女どれみ
プリキュア など
存在していなかったと思います。
曲がとにかく素晴らしいです。
op&edはもちろん
変身中のBGMが疾走感あふれてとにかく最高です。

ただ、ひとつ残念なのが
最終話あたりのうさぎの声優が三石さんではないというところです><
すごくもやもやしながら終わってしまいました><

投稿 : 2012/10/25
閲覧 : 116
サンキュー:

2

ネタバレ

白河ことり さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

萌え!

とにかく、うさぎが可愛い。。今見ても面白い作品です!

投稿 : 2012/07/01
閲覧 : 125
サンキュー:

0

ネタバレ

sii さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

大好き!

無印~スターズまで観ました!やっぱり面白いです。

投稿 : 2012/06/04
閲覧 : 123
サンキュー:

0

ネタバレ

jyopink さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

人生のバイブル

月と星と宇宙とハートに目が無いのはこれがきっかけ。

そしてオシャレで女の子は変わるんだって教わった

投稿 : 2012/05/12
閲覧 : 138
サンキュー:

1

ネタバレ

ほほえみみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

私のオタクにした原因アニメ。ぬるい感想。

面白い!何より変身シーンがすばらしい。
音楽もすごく良いと思う。コンパクトの音とか。

初期なので、声優さんの声が若いのも聞きどころ。

無印は戦い方が後半のにくらべると、
けっこう原始的な気がする。

途中だれるかもしれないけれど、
最後はまじで泣き。

これが夜の6時?7時?とかにやってたのがウソのようだよ!

投稿 : 2011/10/16
閲覧 : 207
サンキュー:

12

ネタバレ

kain さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

◎「ゴメンね 素直じゃなくって、夢の中なら言える」
「どんなピンチの時も絶対諦めない」
kainのアニメ暦1992年。
今回はおまたせしました。『美少女戦士セーラームーン 』です。

でも もう何も言う事が無いですw
それ程の名作になりましたね。
 始まった時は まさか ここまで人気とボリュームが出るとは思いませんでしたよ。
それに最後で うさぎちゃんの主役の座が、はるかさんと みちるさんに奪われるとも思いませんでしたよww

それと それまでは古谷徹と言えば、星飛雄馬かアムロ・レイでしたが、
1992年以降は、古谷徹と言えば 「タキシード仮面様」になりましたww

好きなキャラは美奈子 と ほたるです。
ルナよりもアルテミスが好きでしたw
  それとセーラー戦士達も好かったですが、敵もカッコ好かったです。

劇場版の第一作目も好かったです。
敵の攻撃で倒されたセーラー戦士達が、うさぎとの思い出で立ち上がるシーンは感動でしたよ。

投稿 : 2011/08/10
閲覧 : 245
サンキュー:

4

ネタバレ

まーぽん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

影響をもろに受けた1作

凄く、影響を受けました。
それまでそこそこアニメ好きでしたが
この作品でアニメ好きが開眼
してしまった作品。
携わったスタッフもいまやビックネーム
ばかり、幾原さん・五十嵐さん・さとじゅんさん
その時はそんな事どうでも良かったんだけど
(今もそうだけどね)
最終回みんな死んじゃんだよ!
幼児らは高熱が出て食事も出来なくなる
といった事例も出たそうな。

投稿 : 2011/04/14
閲覧 : 358
サンキュー:

7

ゅず さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/08
閲覧 : 2

燕雨 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/11/23
閲覧 : 3

凪のあすからer さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/16
閲覧 : 2

kou さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 2

ウンベルトA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/19
閲覧 : 3

bee5000 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/10
閲覧 : 2

飴乃* さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/20
閲覧 : 2

aokabi さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/18
閲覧 : 2
次の30件を表示

美少女戦士セーラームーンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
美少女戦士セーラームーンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

美少女戦士セーラームーンのストーリー・あらすじ

『美少女戦士セーラームーン』は、1992年の放送開始後、爆発的な人気を誇り社会現象にまでなった、武内直子原作によるファンタジーアクションアニメの第1シリーズ。【ストーリー】東京の麻布十番街(作中では東京の十番町、中学名は十番中学校)を舞台に、平凡だった中学2年生(初期シリーズ)の月野うさぎが黒猫ルナと出会い、セーラームーンに変身し、仲間たちと共に街を襲う悪者(妖魔、ダイモーンなど多数)を倒して行く。(TVアニメ動画『美少女戦士セーラームーン』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1992年冬アニメ
制作会社
東映アニメーション
公式サイト
sailormoon.channel.or.jp/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%BB%...
主題歌
≪OP≫DALI『ムーンライト伝説』≪ED≫高松美砂絵『HEART MOVING』、橋本潮・コーラス・アップルパイ『プリンセス・ムーン』

声優・キャラクター

三石琴乃、久川綾、富沢美智恵、篠原恵美、深見梨加、潘恵子、高戸靖広、古谷徹、小野坂昌也、柿沼紫乃、真地勇志、高木早苗、川島千代子

スタッフ

原作:武内直子、 企画:東伊里弥/太田賢司、製作担当:樋口宗久、脚本:富田祐弘/柳川茂/隅沢克之、シリーズディレクター:佐藤順一/幾原邦彦、演出:幾原邦彦/竹之内和久/小坂春女、キャラクターデザイン:只野和子、美術:窪田忠雄、音楽:有澤孝紀

このアニメの類似作品

この頃(1992年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ