当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「GOSICK[ゴシック](TVアニメ動画)」

総合得点
87.0
感想・評価
2843
棚に入れた
14790
ランキング
173
★★★★☆ 3.9 (2843)
物語
3.9
作画
3.9
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

GOSICK[ゴシック]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

nakagi rin さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

その髪はどうやって重力に打ち勝っているんだ、、、

「GOSICK-ゴシック-」
軽い気持ちで見始めたら、とんだ時代小説風作品でした。
原作は桜庭一樹先生によるミステリー小説です。

可愛らしい金髪少女が探偵然とした格好と雰囲気を纏ったキービジュアルを見て、よし、ちょっと見てみようかな、と思ったのが出会いでございました。

見始めてみると、物語の導入こそ主人公とヒロインがタッグを組んでの謎解き面白い!と思っておりましたが、話が進むごとに明かされるヒロインの立場、気持ち、そして時代背景。

楽しい気持ちだけで見ることはできない作品ですね。
映像の色合いとか、雰囲気からも、鮮やかさ以外のものをたくさん受け取ると思います。

ただ、最終話まで見てみたら、きっと、この主人公とヒロインにはずっっっと幸せでいて欲しい!と思わずにはいられなくなると思いますよ!

最終話の後半、最後のシーン、皆様はどんな気持ちで視聴されるのでしょうか。

以上、感想でした!

P.S:風邪を引いたヴィクトリカは、本人には申し訳ないけど可愛かったですっ!

投稿 : 2024/03/06
閲覧 : 67
サンキュー:

5

ネタバレ

ソーマ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

推理物として見るのは注意!

24話構成の作品です。
推理物を探していたら見つけて視聴。しかし当初の目的は途中で忘れて、ただただ「メインヒロイン可愛い!」の理由で見てました。個人的な感想ですが前半中盤は楽しく見てましたが、後半は話が大きく進み、今までとは雰囲気が大きく変わり「あれ?」と感じる部分が何度がありました。
しかしこれだけは最後に言わせて欲しい…
{netabare} ヴィクトリカ マジで可愛いです {/netabare}

投稿 : 2022/09/09
閲覧 : 462
サンキュー:

6

ネタバレ

神谷 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感想

GOSICK

感想

 作者は桜庭一樹。作者は直木賞を受賞しています。
 アニメの内容は面白い。推理ものとしてはよく出来ていると思います。
 ただやはりライトノベルなので見る人を選ぶということはありますが、簡単に言うとツンツンデレの美少女と探偵と一緒に恋仲みたいになり物語を通して事件を解決して、最後は仲良くなりました的な感じです。まあでもツンデレというよりクールという感じですが、ラノベなのでヒロインが活躍します。
 そして主人公は日本出身で軍人の家系に値する優男であり、頭が悪いのでヴィクトリカ(ヒロイン)に補助役をする。そして最後は引き裂かれて、主人公は日本に戻るが、ヴィクトリカも日本に来てそこで結ばれるという内容。
  
 ここからは感想。
 作中では中世が舞台ですので、やはり推理ものとしても楽しめますが、やはり、引き離されたり、くっつかれたりすると感動できます。
 ただ、口悪いのはヴィクトリカなので、ややそういう女性が好きな人向けになります。
 
 推理物の醍醐味としてはトリックがどれだけ優れているかで、リアリティがあるとなかなかポイントが高くあります。
 静かなところがあり、子供には分かりにくいところもあると思いますがよく見ると面白いでしょう。

 やはりこの作品の醍醐味は、時代性という障がいというのが邪魔するのがとてもいい。二人は西欧人と日本人なので、日本では戦争前、主人公は坊主にされて言葉遣いを治すように言われる描写があり、虐待を受けて、それを乗り越えて、ヴィクトリカと再会するという描写があります。
 最後の最後まで時代に振り回されるというのがドラマの味付けになっておりなかなか良かったです。

投稿 : 2022/07/04
閲覧 : 277
サンキュー:

5

ネタバレ

テングタケ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

8話まで視聴

1クールだったら頑張って最後まで観るんですが、
2クールあるので断念しました。
推理ものですが、推理はあまり面白くありません。
金髪の少女と日本男子のやり取りを緩く見守れる方ならどうぞ。
OPのミュシャ風の絵は雰囲気が良かったですが、
本編には関係ありませんでした。
推理の例:
主人公が金髪少女の妄想をしたのは、近くに真犯人である
金髪の少女がいたからだ!
えっ、そうなんですか。私がオッパ〇の妄想をしたときは
近くにオッパ〇まる出しの痴女がいたからなんですね。
ナイナイナイ

投稿 : 2021/09/23
閲覧 : 408
サンキュー:

1

ネタバレ

tatsuya さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

推理×ツンデレ

総評 我が人生
注意 独断と偏見が強くなります

日本からの留学生 久城一弥 くじょうかずや
図書館の妖精 ヴィクトリカ・ド・ブロワ

舞台はソヴュール王国と呼ばれるヨーロッパの小さな国
誉ある帝国軍人として学んで来いと留学する久城
外の世界に恐怖を抱いている ヴィクトリカ

図書館に引きこもり紙媒体からこの世知り尽くす ヴィクトリカ
そこに黒い死神がいると気になる噂が・・・

孤独に留学生活をおくる 久城
そこに離れの図書館には金色の妖精がいると気になる噂が・・・

担任の先生から図書館いる不登校のクラスメイトへ渡してほしいと頼まれる久城
図書館に向かい黒い死神と金色の妖精が出会い物語が始まる

どうにか妖精を図書館(外の世界)から連れ出そうとする 久城
図書館にはすべての知識があり必要ないと嫌がる ヴィクトリカ

無駄な押し問答をしているとき久城は身近に起こった気になること(事件)なら彼女は耳を傾けてくれると思い、事あるごとに図書館に行き妖精に話しかける

妖精はまるで現場にいるかの如く死神の気になることを紐解く

徐々に事件(気になること)はヴィクトリカに近づく
黒い死神はヴィクトリカを外の世界へ連れ出す
妖精は久城のわがままに知恵を貸す

ヨーロッパの雰囲気とこの作品独特な雰囲気を楽しむアニメ

投稿 : 2021/06/18
閲覧 : 287
サンキュー:

2

ネタバレ

shitasama さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

暇だったので

暇だったので、見てみたのですが結構面白かった
謎解きと言うにはちょっとどうかと思うが
それを目的に見るとちょっと残念かもしれないが
絵的にもきれいで見ていて飽きるということはないかな…
あと2話ラストどうなるんだろ〜

最期…なんだよ駄作かよと思ったら、最後の最後
良かった(笑)

2周するといいかもしれない(笑)
あとこっちのが先だとは思うが幼女戦記?

投稿 : 2021/05/08
閲覧 : 581
サンキュー:

6

ネタバレ

mew99 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ヴィクトリカ以外アホ

ヴィクトリカが凄いんじゃない、周りがアホすぎる
主人公は帝国軍人三男だかなんだかの柔道のくだりがあるはずなのに、大体負けます。お互い掴み合ってんのに女メイドにさえ負けます。困ったらヴィクトリカぁ〜困らなくてもヴィクトリカ〜!うるさいです。
しかもこの棒読みが受け付けません。
遠くにいる人を呼ぶ叫びなんですよ全部。
危ない目にあうヴィクトリカにも、ヴィクトリカを探すときにも、全部アホな棒読みでヴィクトリカぁ〜!
声優詳しくないんですが、この人嫌いですね。
今日からマ王の主人公のウザさがあります。
全部棒読みコメディで空気読めない人、みたいな。
でもこの主人公の設定って厳しい父に柔道を叩き込まれ、秀才でアジア差別があるにもかかわらず留学が許される程のじんぶのはずなのですが…。ただのなろう主人公のような凡人なんですよ。日本人である意味もないです。柔道も役に立ちません。ヴィクトリカは俺が守るは大体フラグです。
男の人が見るならヴィクトリカ可愛い、それさえあればなんとか乗り越えられるかもしれません。
私もヴィクトリカ可愛いと思いますが、メイド回ではいきなり黙って姿を消して単独行動したり(意味はない、あるとすれば脚本的に主人公を導きたかっただけ)なので違和感が…。
あとこの回ではメイドが意味不明な助言をしたり、メイドの後を追いかけて屋敷から外に出たのにメイドは3階かなんかで火をつけて狂ってたり、女1人捕まえられねーのかwな状況も苦しいし、金貨に目がいって柱時計の中の人は目に入らないとか意味不明すぎるんだよ。柱時計から金貨出てるんだからまず人が目に入るでしょw
この回は他にも色々ツッコミ所満載。
もちろん他の回にもあったんだけど目を瞑れた。
あと主人公がヴィクトリカを守らなきゃっがウザい
お前は負けるからまずヴィクトリカ逃がせって感じ
本読んでるヴィクトリカに自分も見たいからとヴィクトリカからは主人公の頭しか見えないように覆い被さって見る、とか普通の人なら有り得ない行動するんだよこの主人公。
秀才なのにwんで怒られてヴィクトリカぁ〜っ
もうヴィクトリカがゲシュタルト崩壊
ヴィクトリカ以外の友達作れって感じです

投稿 : 2021/04/17
閲覧 : 347
サンキュー:

2

ネタバレ

EbFnl07260 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろい

ミステリー・推理というジャンルに私は疎いので比較のしようがないが、ヒントを分かりやすく提示していて、視聴者にヒントを隠すこともないのである程度推理することが出来た。一つ一つの謎解きも短く、答えもヴィクトリカが分かった時点ですぐ解説してくれるのでだれることもなかった。最終的には一つの線でつながり、綺麗にまとまった作品だなと感じた。ただこのアニメで重要なのは、それらを久城とともにすることで愛を知らなかったヴィクトリカが愛情を手に入れる成長物語の方だと思う。だから、ミステリー・推理ものとしてではなく、恋愛ものとして見てほしい。

投稿 : 2020/08/30
閲覧 : 255
サンキュー:

2

ネタバレ

人類の宝 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヴィクトリカが可愛い

それがなかったら視聴は厳しかったかも

投稿 : 2020/07/01
閲覧 : 280
サンキュー:

1

ネタバレ

マスラヲ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

生きるために力を見せろ

■GOSICK
 ・知恵の泉が語りかけてくる。カオスの欠片を再構成してやろう。わかりやすいように言語化してやる。
 ・かりんとうはどこの国でも犬のふん
 ・ブドウの早掴み
 ・崖から落ちそうになる時に大事なものを落とす。
 ・本当は嬉しいのにその喜びを隠す。後でバレる。
 ・おてんばはこける。
 ・可愛らしい顔をしているのにドアをけり破る。
 ・泥だらけになっても探す
 ・おじいちゃんは冒険家
 ・どれだけ早く助けても開口一番「遅すぎる」
 ・スズと水を混ぜ合わせた弾丸は砕ける。
 ・「生まれた意味も分からぬのに走れるわけがない」
  「大人はみんな勝手なことばかり言う。でも、僕らだってちゃんと悩んで考えて生きてるんだ。生きる意味なんて後でゆっくり考えればいい」
 ・荷物を置いてまで彼女を抱えて逃げる。お姫様抱っこ。
 ・伝言を頼まれる「謎を解け。生きるために力を見せろ」
 ・お前が泣かずともどこへでもかけつける。
感想 
 フィナーレは仲良く手をつないで歩く。愛を教わらなかったヴィクトリアが徐々に溶けていくにつれて感情の現すようになる。母と会うことは叶わなかったが思いは繋がっていた。生きるために力を見せろ。彼女は最後まで生きていた。

投稿 : 2020/06/08
閲覧 : 365
サンキュー:

2

ネタバレ

もも さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

Happy End

中、後期のストーリーはちょっとつまらないと思う。前期と最後の話は良いと思う。特に最終回、少し感動しました。二人はようやく幸せな生活に送ってきました。おめでとう、おめでとう。
ED1が好き。

投稿 : 2020/04/22
閲覧 : 334
サンキュー:

1

ネタバレ

ただのアニメ好き さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ちょっと待てええええい!!!!

変なタイトルで申し訳ない(笑)
しかしながらどうしても言いたいことがあったので...
というのも序盤、中盤、終盤でとーても印象が変わったイメージがありました。
まず序盤、序盤はヴィクトリカと九条の出会いから色々なミステリーと謎解きがあります。
そして中盤、中盤は序盤と同じ謎解きとなんか組織同士の揉め合いにヴィクトリカたちが巻き込まれていき、九条君とヴィクトリカの中が縮まるとこれでもあります。
そして終盤、これは見ているときに「WHAT??」と言ってしまいたいほどでした。
他の方はあまり気にならなかったみたいですが自分は難しいく理解に難解な作品にとても弱く、話が今一見えませんでした。
一応ネタバレは避けますが(もうだいぶネタバレしてしまいましたが...)序盤と終盤では天地ほどの差があったように個人的に感じられました。
というのも終盤では一気に情報が流れ過ぎです。しかも物凄く短い尺で。
自分がバカなだけかもしれませんがどう考えても1度見ただけではでは処理しきれない情報の量でした。

これは何度か見直さないといけませんね...(笑)

ストーリーでは賛否がありそうですが序盤の引き込みと言い個人的には中々好きな作品でした。

投稿 : 2020/03/12
閲覧 : 474
サンキュー:

19

ネタバレ

kawadev さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あまり感情移入できなかった…

吉木りさが歌う「Destin Histoire」を聞いて見た作品。

OPアニメに躍動感があり、期待して見たのだが…ちょっと、期待していたものと異なった。

決して悪いとは言わないが、物語中盤から人間関係と肝心な話の部分でややこしくなっている。

「氷華」や「Another」、「ハルチカ」と比べてはいけないのだけど、ミステリーモノとしては寂しいかな?

投稿 : 2019/08/04
閲覧 : 526
サンキュー:

6

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

にゃんは歴史がにがてだから
ちょっとむずかしかったかな。。
あっ。。あと推理も^^

第二次世界大戦のちょっと前のおはなしみたいで
国はよく分からなけどフランスの近くの国なのかも。。
クジョウカズヤっていう留学生が
ビクトリカっていう女の子に会うの

カズヤくんはとってもやさしくってまじめな男子だけど
たぶんみんな日本人とか見たことないんだろうな。。
友だちもあんまりいなかったみたい

ビクトリカはとってもかわいい子でお人形みたいなの
でも
話し方とかパイプをくわえてたりして
わざと大人みたいにしてるのかなぁ。。

学校に来てもずっと図書室で本を読んでる
とっても頭がいい子なんだ
推理がとくいで
そこにいるだけでいろんなことが分かっちゃうの(すごい)
ツンデレなんだね^^
ほんとは好きなのに
カズヤくんとはよくケンカしちゃうんだw

いつも
フリルがいっぱいついたかわいいお洋服を着てて
おかしが大好きなのもにゃんはよかったナ♪

はじめはちょっとした推理で
見ていてもちろんにゃんにはぜんぜん分からなかったケド
なんとなくミステリーで わー!すごいー。。って見てたw

でも
だんだんむずかしくなってって
にゃんはとちゅうでおいてかれちゃったw
{netabare}
それで
2人はいろんな事件にあって
カズヤくんとビクトリアの気もちが近づいていって
そういうのが伝わってきておもしろかった

ビクトリカはお母さんのことになるとムキになるみたい
そんな気もちが伝わってきた

一生けんめい推理していったら
お母さんがビクトリカのこと
ほんとに思ってくれてたこととか
愛してくれてたことが分かってよかった♪

おわりのほうで
2人が分かれてとってもさびしかったけど
さいごはうれしくって
とつぜんなみだがでちゃった。。
{/netabare}

とちゅうがちょっとむずかしかったけど
このおはなしって推理よりも
2人が助け合ったりしてだんだん仲よくなったり
大人になってったりするおはなしなんだって思うナ

さいごにゃんはとっても感動して泣いちゃったから
よかったって思う☆

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 1409
サンキュー:

225

ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

過大評価されすぎです…。

ココの項目にもありますが「過大評価されすぎ」です。
すっごい悪い言い方になりますが三流の推理物です…。
第二事件あたりからドロップアウトしました。
ごめんなさいm(__)m
あくびが出ます…。

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 635
サンキュー:

2

ネタバレ

Bee@ぐーるぐる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

自分用

ヴィクトリカ~~~~~
カオスの欠片を集め知恵の泉で真実を再構成

投稿 : 2019/03/07
閲覧 : 381
サンキュー:

1

ネタバレ

maki さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

ミステリー物なのは最初だけ

金髪ロリ孕ませアニメ

ミステリー路線なのは最初だけ
中盤からミステリー路線も結構突っ込みどころがあったり(特にメイドのやつ)早くもネタ切れなのかミステリー路線から外れいくつか日常パート挟んだ後お家騒動でgdgdしだす

最後はまとめれなくなったのか主要キャラほとんどぶっ殺して主人公とヒロインがめでたくくっついてハッピーエンド

なんだこれひでぇ・・・

原作を読んでないので違いは分からないがいろいろ酷いアニメだった印象

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 460
サンキュー:

4

ネタバレ

デューク さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

歌うヴィクトリカがとても可愛い

絵も綺麗ですし、お話も練られていて楽しめました。
金髪ツンデレ美少女。
普段はしわがれた話し方のくせに、時々はしゃぐヴィクトリカ、歌うヴィクトリカがとても可愛いです。

投稿 : 2018/12/25
閲覧 : 252
サンキュー:

5

ネタバレ

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゴシック

過去に視聴済み。

一応推理ものなんだけど
その他のストーリーもなかなか素晴らしい。

OPもEDも素敵で好きでした。

原作はまだ続いており
アメリカに拠点を移し探偵事務所を開いている。
その話もとても面白いので続編期待します。

投稿 : 2018/12/16
閲覧 : 257
サンキュー:

10

ネタバレ

あすなろ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

稚拙かな

評価か高いので観ました。が、トリック、ストーリーは稚拙に感じる。
何故 評価が高いのか分からないです。

投稿 : 2018/11/14
閲覧 : 232
サンキュー:

5

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

推理というより時代かな

事件のタネがちゃんとしていたら5.0だった。


第一次世界大戦後のヨーロッパ、日本人である久城一弥はソヴュール王国の学院に留学生としてやってくる、しかし根も葉もない噂で友達ができなかった一弥は図書館塔で金髪の妖精と出会う。

 
話の構成は2、3話で1事件といった感じ。
推理アニメだが事件の仕掛け自体は大したことない、そこまで複雑ではないし、犯人に対する驚きもない、そして何より視聴者(読者?)に考えさせる気がない、なのでガッチガチの推理サスペンスアニメを望んでいた人だとこの作品は期待外れだったかもしれない。

時代設定はちゃんとしている、現実の歴史に準拠しながらもソヴュール王国などのオリジナル設定もあり、各話も時代背景を反映している、正直言って推理アニメというより時代アニメって言った方がよさそう。


声優は良い、主役二人に悠木碧、江口拓也、悠木はともかく江口はそこまで名があったわけではない、各話に登場するゲストキャラもそれなり、リヴァイアサンの速水さんはピッタリすぎて笑った。

どうでもいいけどop歌ってたのってグラビアの吉木りさだったんだ、放送当時は全く分からなかった、というか2011年の時って有名だったっけ???


1~3話→占い師の殺人と客船での殺人
4~5話→アブリルとの出会い、偽アブリル
6~8話→ヴィクトリカ母の汚名を晴らす、灰色狼の村
9~10話→デパートの人身売買
11話→グレヴィールとんがり頭の秘密
12話→夏休み
13~15話→リヴァイアサンの話1
16~18話→修道院での奇術大会、列車の殺し合い
19~21話→リヴァイアサンの話2王妃
22~24話→決戦

投稿 : 2018/09/19
閲覧 : 258
サンキュー:

3

ネタバレ

とらお さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

惜しい

原作(桜庭一樹の小説版)を先に読んだ者としては、ラストが…という感じです(΄◉◞౪◟◉`)完全に尺が足りてない。原作の方は続きがあるので、気になった方は是非。

投稿 : 2018/07/09
閲覧 : 181
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃわん さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ヴィクトリカになりたい!

ある意味オープニングとエンディングで
ネタバレ要素が含まれてあります。

神アニメですね、もっと早くに
この作品に出逢っておけばよかった!
見終わってから後悔すること間違いなし。

黒髪に黒眼=春に来る死神
と言われ本人はその渾名を好んではいない様子
真面目な帝国軍人の三男
※作中には兄などの出番なし

基本的にはヴィクトリカの一番の親友だから
彼女を助けたり逆に支えてもらったり
いい関係である。

灰色狼のヴィクトリカは、
他人に気を許すことがない
久城の事を早い段階で友と称したり
自分の言う事をなんでも聞いてくれる奴から
終盤では、自分の心臓だという

あまいものと推理がいい暇つぶしで
どちらもないと毎回彼女の口癖である
「退屈だ」というセリフをよく耳にする
父親のせいで、2度離れてしまう2人だが
最終的には父親は他界し
陰ながら守ってくれたブライアンと母も絶命
久城と運命を共にこれからは離れないと
並んで歩きいいハッピーエンドである。


久城のヴィクトリカに対する熱意と尊敬、信頼
ヴィクトリカの久城に対する感謝、信頼
この2人が出会い運命を共にし
作中でも大事なものを落としてまで
ヴィクトリカは久城を助けたシーンがあるように
段々、久城にしか見せない甘い笑顔がかわいい

ミステリー作品は、これまでも
見てきましたが
Gosik は2クールで作画が乱れず
続編シリーズの話が長引き
犯人が誰なのかなど気になり
1話みたら止まりません
志向の逸品とも言えるでしょう
この作品こそ、人生と称したい!
見ていると物語に引き込まれ
続きが早く見たいなどの気持ちになるのでは
ないでしょうか。

投稿 : 2018/05/14
閲覧 : 222
サンキュー:

5

ネタバレ

ポンポン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アニメとしてはまぁまぁ。

opもedも良かった。
話自体は面白いし、推理物?としては良くできてたと思う。それと主人公らの関係性などもよかったし、伏線って言えるかわからんがここと繋がってたのか、だとかいいアニメだった。
がしかし、最後の方、主人公らが離れ離れになりシリアスな形に変わって雰囲気も、どっと暗くなった。小説は小説でシリアスな形として、アニメの方は仲良しこよしで終わらせた方が良かったような気がしますね。まぁ、どっちにしても中途半端というか、最後の方は話が詰め詰めで。何とも言い難い感じでした。
楽しめたので良かったです。

投稿 : 2018/02/24
閲覧 : 203
サンキュー:

6

ネタバレ

yHxBt00271 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今までなんで見なかったのだろうか

舞台はヨーロッパのフランス、イタリア、スイスの国境に接するソビュール王国で、そこにある寄宿学校・聖マルグリット学園の図書館に最上階にいるヴィクトリカとソビュール王国に留学しに日本からやってきた久城一弥が出会うところから物語は始まります。

物語:{netabare} ~ WW1後からWW2終了までを描いた物語{/netabare}物語の構成としては、完璧に仕上がっていたかと思います。物語自体、ミステリー作品で人もたくさん出てくるので混乱はするのですが、なんとか理解できたような気はします()
ヴィクトリカという女の子を久城君が必死な想いでヴィクトリカに降り注ぐ悲劇から守るために動く、文章にしてみるととてもシンプルな男女間の人間関係で、ありがちな話ではありますが、事件の謎の方は、ミステリアスな雰囲気を醸し出しつつ、事件のトリックを聞いてみれば、納得できるものでとても見ていて心地よいものでした。久城が事件の犯罪者からヴィクトリカを守ったりするシーンなどは、何とも形容しがたい気持ちが湧き上がってきて、自分はこういう作品が好きなんだなと思いました。

声優:有名な人だけ特筆するとヴィクトリカの声優はみんな大好き悠木碧さん、久城一弥役は当時は初アニメ出演だった江口拓也さん、コルデリアの役は大人びたヴォイスで人気な沢城みゆきさん、グレヴィール役は子安さんと今、見てみると錚々たるメンバーで構成されているなと感じました。悠木碧さんに関してはツンデレだけど、どこか人を見下したような声はさすがだなと思わずにいられませんでした。また、久城を人質に取られてしまって自分と久城を引き裂かれてしまうシーンのヴィクトリカの号泣シーンは、感情移入して見てる自分も泣いてしまいました>< それだけに、見終わってみると、空虚な気持ちになってしまいました。
また時間が経てば、また見返して見たいと思いました。

キャラ:とにかくヴィクトリカがかわいい!と作中で数え切れないくらい思いました。ブライアン兄弟や母親などを永久に失ってしまっても、久城の手紙を頼りに日本にまで渡航してきて、久城とヴィクトリカが感動的な再会シーンは本気で泣いてしまいました。。
久城はヴィクトリカの指輪を、ヴィクトリカは久城からもらったペンダントを。どんなに辛い屈辱や試練を迎えても、それさえあれば、きっと再び会えるのだと。遠く離れていても、心だけは離れることはないのだと。そのような二人を見て、二人の間の深い深い愛を感じました。これこそが、日本の誇れるアニメだと主張したい。

作画:個人的には好きな絵でした。ヴィクトリカが着ていたヨーロピアンな黒い服などすごく可愛くて良かったかと思います。

音楽:OPや作中の音楽、そしてED.
共にとても良いものでした。カラオケで今度歌って見たいと思います()

最後に:ヴィクトリカを見ていて思っていたのですが‥ 


もう俺ロリコンでいいや()

投稿 : 2018/01/23
閲覧 : 230
サンキュー:

6

ネタバレ

CvGDz56516 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

最後が・・・

終わり方がキレイ過ぎて納得いかなかった。
また全体的に話は難しい。終盤はストーリーがかけ足な感じがする。
主人公とヒロインのキャラを好きになれなかったのも評価がイマイチな要因。
キャラを好きになれる人にはイイ作品かも。

投稿 : 2017/12/24
閲覧 : 402
サンキュー:

1

ネタバレ

へんなの さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ラストよかった!

退屈してた?  
君に面白い話を持ってきたよ。

投稿 : 2017/11/24
閲覧 : 220
サンキュー:

2

ネタバレ

jolljoll さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

パイプは探偵の証

TV版に先駆けて発売されたドラマCDでは、ヴィクトリカの声優さんは斎藤千和さんでしたが、TV版では悠木碧さんに変更になっています。斎藤さん演じるヴィクトリカの方が声がしゃがれていたので、ヘビースモーカーらしいといえばらしかったですが、TV版の方もドス(?)を効かせながらもかわいらしさを失わない、魅力的なヴィクトリカを演じられています。ドラマCD版とTV版で同じ話があるので、両者を比較してみてもおもしろいかもしれません。
 話の内容ですが、ヨーロッパにある架空の小国を舞台にした推理ものです。時代は第一次大戦後から、第二次大戦直後までになります。ホームズがヴィクトリカでワトソン君が一弥です。推理する事件も、単純な愛憎劇というよりは、歴史的な事件とリンクした、わりと壮大なものになっています。それ故に、全体的に駆け足気味にストーリーが進行してしまったのは、ちょっと残念だったかなと思います。しかし、2クールの中で一応綺麗に完結できたことは作品の完成度を上げる一つの要因になっています。何より人に勧めやすいです。
 物語評価の難点として、全体的なストーリー進行の速さともう一つ、原作であったヴィクトリカが一弥の住所を自分の体にセルフ入れ墨するシーンがカットされてしまっていたところです。このシーンはヴィクトリカが狂おしい程に一弥を想っているいることが表れている非常にクールなシーンだと思うので、それが無かったことが残念でなりません。
 全体の作風に対しては、これは登場キャラが皆かわいいので仕方ないのですが、怖いと思える程に暗いトーンがあれば完璧でした。
 作画はさすがのボンズです。ミュシャのようなOPもGOODです。
 原作ではこのあとニューヨーク編が続くので、そちらもアニメ化して欲しいですね。

投稿 : 2017/09/28
閲覧 : 250
サンキュー:

5

ネタバレ

ナオ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

推理系が好きな人におすすめ

推理小説が原作のアニメ。人によって好き嫌いは分かれると思う。最後は感動しました。

投稿 : 2017/03/14
閲覧 : 196
サンキュー:

2

ネタバレ

レイディアス・アルナ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最後は何回も見てしまいました!

推理物語と久城とヴィクトリカの物語
信じているから最後は奇跡ではなく必然的な再会に思えるようないい作品でした!
あとヴィクトリカ可愛すぎです!

投稿 : 2017/01/31
閲覧 : 210
サンキュー:

3

次の30件を表示

GOSICK[ゴシック]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
GOSICK[ゴシック]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

GOSICK[ゴシック]のストーリー・あらすじ

聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、〈言語化〉してしまうのだ…という。西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。(TVアニメ動画『GOSICK[ゴシック]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年冬アニメ
制作会社
ボンズ
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/GOSICK_-%E3%82%B4%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF-#.E3.83.86...
主題歌
≪OP≫yoshiki*lisa『Destin Histoire』≪ED≫コミネリサ『Resuscitated Hope』

声優・キャラクター

悠木碧、江口拓也、下屋則子、木内秀信、鹿野優以、沢城みゆき、大川透、根谷美智子

スタッフ

原作:桜庭一樹(角川文庫刊)、キャラクター原案:武田日向、 監督:難波日登志、シリーズ構成:岡田麿里、キャラクターデザイン:川元利浩/富岡隆司、総作画監督:富岡隆司、デザインワークス:竹内志保、美術監督:近藤由美子、色彩設計:岩沢れい子、ビジュアルコーディネーター:京田知己、撮影監督:古本真由子、編集:定松剛、音響監督:原口昇、音響効果:倉橋静男、音楽:中川幸太郎、音楽制作:日本コロムビア

このアニメの類似作品

この頃(2011年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ